PANDA,,PROPAGANDA IN FOCUSロバート・マローン人口減少・マルサス主義哲学・思想・科学

国際的な有力チームであるPANDAグループの哲学的基盤
COVID現象の起源と軌跡

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Origins and Trajectories of the COVID Phenomenon

rwmalonemd.substack.com/p/origins-and-trajectories-of-the-covid

ロバート・W・マローン医学博士、MS

公衆衛生当局がこのパンデミックにアプローチするための哲学の一部は、脅威を最大限に認識する必要があるということでした。マスクはウイルスを阻止することはできません。

しかし、マスクは道行く人にこの致命的なウイルスの存在を思い起こさせるのに極めて効果的で、身動きがとれなくなりました。なぜなら、あなたは動くことができないからです。ウイルスのちょっとした広告のようなものでした。

行動科学者や宣伝専門家を雇い、「これは非常に効果的だ。」そして、人々に、マスクをつけさせて除菌したり、買い物かごを拭かせたりします。狂ったピエロのような芸当をさせるのです。

公衆衛生の原則は、通常、リスクグループを特定し、そのリスクを軽減するためにできることを行い、大多数の人々のリスクは最小であることを指摘し、おびえた人々をなだめ、落ち着かせることです。

また、リスクを変えるためにできることはほとんどないことを説明し、スプレーをかけたり吹き付けたりステッカーや遮光シールドやマスクなどの馬鹿げたお遊びは何もしないことです。

それが健全な公衆衛生の役割であり、人々を落ち着かせるのです。大多数の人は危険にさらされていないことを説明し、小さな子供たちに「おばあちゃんが殺されるよ」と言って怖がらせるのではなく、弱い立場の人を守ることに力を注ぐのです。

-Nick Hudson

国際的な有力チームであるPANDAグループの哲学的基盤

学際的な専門家のグループが 2020年の4月中にPANDAと名付けられた有力な国際コンソーシアムを設立した。このグループは、COVID、特にロックダウンに対する世界的な政治的、公衆衛生的な反応に対応して結成されたが、彼らは、社会の構造に大きな裂け目を生じさせるほど過剰で有害であると見ていた。PANDAは、政治的・経済的に独立した組織として、COVIDの危機について科学的根拠に基づく説明を行い、その仮説を国際的データに照らして検証することを続けている。このような分析をもとに、政府やその他の機関への政策提言に役立てることを目的としている。PANDAは設立以来、開かれた科学と合理的な議論を支持し、欠陥のある科学を良い科学に置き換え、ディストピア的な「新常識」の魔の手から自由と繁栄を取り戻すことを目指してきた。 このグループは、3つの異なる運営チームに分かれている。

この記事の著者は、PANDAの創設者であるニック・ハドソンで、上のビデオクリップでインタビューを受けている。このビデオは、長いインタビューの一部で、こちらで見ることができる。ニック・ハドソンは、個人的な友人であると同時に、金融の分野で幅広い国際的経験を持つアクチュアリーでもあり、現在はプライベート・エクイティ投資家としてキャリアを積んでいる。この記事は、ロバート・マローンによって編集されている。

ハドソン氏は、古典文学の熱心な読者であり、クラシック音楽の愛好家であり、熱心なアマチュア鳥類学者であるなど、幅広い関心を持つ人物である。また、認識論、コーポレート・ガバナンス、投資管理、そして最近ではパンデミックなど、様々なテーマで講演をされている。 以下は、PANDAの設立経緯と、PANDAとその活動の指針となる哲学的基盤の概要である。


COVID現象の起源と軌跡

Nick Hudson

2年前(2020年4月中)南アフリカで出現したロックダウンという社会的、政治的、経済的脅威に対応するため、PANDAを立ち上げた。 2020年10月までに、少なくともここ南アフリカでは、地元の意思決定が無意味になった状況に対処していることは明らかだった。自治体は、未知で未定義の外部ステークホルダーの意向を受けて、物事を展開しているだけだったのである。 COVID現象に関するデータの流れを分析・解釈する独立したグループがほとんどなかった時代に、いち早く事態を把握したことで、PANDAでは国際化が急速に進んだ。すぐに科学諮問委員会を立ち上げ 2020年末には本格的な運営を開始した。その頃には、30カ国以上から代表者が集まり、様々な趣向を凝らした科学者が揃う組織になっていた。

私たちは当初から、プロジェクト全体を認識論(知識の理論)の厳格な適用に基づかせることの重要性を強調していた。この原則は、科学的なものであれ、哲学的なものであれ、あるいは商業的なものであれ、長年にわたって私の役に立つものだった。健全な認識論は、常に良いスタート地点に立つことができる。当然のことながら、どのようにして自分が知っていることを知るのか、何が知識を構成するのか、そして何が他の何かを構成するのかを定義し、理解することが重要だ。

このため、この章ではまず、基本的な言語と用語について説明し、私たち全員が共通の言葉や考え方を持てるようにする。その後、疫病の分析の他のすべての側面を位置づけるために、これらの言葉や概念を参照することにする。この最初の土台作りの後、私はこの闘争の「向こう側」に目を向ける。つまり、承認された物語を開発し、承認し、促進する責任を負う人々の思考と行動を検証することにする。 特に、彼らのプロパガンダとその要素、彼らの思考に見られる3つの主要な認知エラー、そしてそれらの論理的エラーが、私たちが受け取ったCOVIDについての物語にどのように反映されているかに焦点を当てる。次に、彼らの間違いが、知識論に関する認識論的な根拠の誤り、すなわち、その後の公衆衛生政策の連鎖的な失敗の根底にある思考と理解の誤りにどのように関連しているかを検証する。次に、このことが私たちをどこに導くのか、そして、思考、意思決定、公共政策の失敗に対処するために私たちが何をすべきなのかについて、このことが示唆するものについて簡単に説明する。最後に、誰もが繰り返し口にする「なぜ」という問いを取り上げる。

健全な知識理論の重要性

まず、グローバルなCOVID政策の原因となった広範な論理の失敗を引き起こした認識論的基盤(あるいは基盤の欠如)を検証することから始めよう。科学と説明的知識を理解するための近代的アプローチが登場する以前は、知識を発展させる一般的な方法は2つあるという考えが共有されていた:演繹的または帰納的推論の組み合わせの応用である。演繹的推論は観察によって証明される前提から始まり、帰納的推論は具体的かつ限定的な観察から可能性の高い(しかし確実ではない)前提を抽出する。そして、その観察が世界について何を意味しているのかを解明するために、予備知識と内面化された哲学的な枠組みの両方を適用したのである。この考え方では、すべての知識は演繹的であり、いくつかの公理的で再現可能な事実から流れ出るものである。この考え方は、知識の大きさには限りがあるという結論を導き出す。すべての演繹をやり遂げれば、知るべきことはすべて知っていることになるのだ。これと密接に関係しているのが、帰納法という考え方である。過去に毎日太陽が昇った、今日も昇った、太陽はいつも昇っている、そうすると何かが分かるというものである。

アルベルト・アインシュタイン医科大学名誉教授で研究者のシルヴィア・ワッセルハイル=スモラー博士は、科学的方法は仮説や理論を検証するために演繹法を用いており、それが正しければ一定の結果が予測されると述べている。彼女はそのプロセスを次のように要約している。

「帰納的推論では、特定のものから一般的なものへと推論を進めていくる。多くの観察を行い、パターンを見いだし、一般化し、説明や理論を推論していくのである。科学では、帰納的推論(観察に基づく)と演繹的推論(理論に基づく)の間で常に相互作用があり、次第に「真実」に近づいていくが、完全に確実なものにはならない」。

このような推論、つまり、良い説明は演繹法や帰納法によって検証可能であるという考え方は、正式には「論理的経験主義」と呼ばれる。最近の哲学者たちは、知識は演繹法によってではなく、新しい説明(現実のある側面を説明するための推測)を生成する創造的行為によって成長することを理解するようになった。 このように「説明的知識」は、推測と批判、あるいは推測と反駁の絶え間ない繰り返しの中で発展していく。もし誰かが説明と矛盾するような事実を提示すれば、私たちはその説明を否定し、現実と矛盾しないより良い説明を求めて出発する。説明とは、説明された現象に対する我々の理解を深めることであり、説明的理解は説明的知識の本質的な構成要素でなければならない。従って、説明の理論は、理解とは何か、つまり、理解とは何から構成され、真の理解と幻想に過ぎない理解とを区別するものは何かについて、有益なことを述べなければならない。

この知識論、すなわち認識論の下では、あらゆる説明は最終的にはより優れたものに取って代わられる運命にある。この概念を示す好例が、ニュートン力学の歴史にある。アインシュタインが相対性理論を発表するまでは、物体がマクロにもミクロにも互いにどのように関連しているかという問題は解決されたと誰もが確信していたのだが、アインシュタインが相対性理論に関する驚くべき推測を発表し、この問題を粉々に打ち砕いてしまった。そして、アインシュタインが何かをつかんだのかどうか、たった1つの非常に賢い反証実験が必要だったのである。そこで、アインシュタインの独創的な推測がなければ誰も思いつかなかったような、2つの枠組みのどちらかを決定的に否定する極めて重要な実験が計画されたのである。その決定的な実験は、何年もの準備期間を経て行われ、アインシュタインの説明にはないニュートン力学の虚構を証明することになった。もちろん、ニュートン力学が今でも使われているのは、その答えが局所的に正確だからである。しかし、ある状況下では間違っていることが証明されたため、アインシュタインが提供した説明の方がより良いものに取って代わられた。そして、アインシュタインの説明は、多くの科学者が「万物の理論」で行おうとしているように、将来のある時点でより良いものに置き換えられる運命にある。

説明的知識の理論は次のようなものである。すべての知識の成長、すべての知識の生成は基本的に進化的な性質を持っており、したがって演繹と帰納は関係ない。説明的知識のパラダイムの中で活動するとき、我々が行うのは創造性または革新性のプロセスを採用することだ。私たちは新しい説明を考案し、その説明を検証する。このことは、生物学に明らかな類似性がある。生物学の場合、革新的な説明のアナロジーは、革新的な突然変異、あるいは(よ り一般的には)革新的な遺伝子の性的組み換えである。その新しいゲノムは、しばしば適者生存と単純化されるプロセスによって、現実の世界で試されるのである。新しい遺伝子は推測であり、現実の世界でのテストはその批判や反論である。このように、知識は進化の過程で下流のゲノムに取り込まれていくが、それと同様に、知識は説明のための知識の漸進的進化を伴いながら、我々の説明に取り込まれていく。これは、まさにすべての知識に一般化できる。

ほとんどの厄介な問題は、ある程度複雑な領域内に存在し、その複雑さが私たちに挑戦してくる。その複雑さは、いかなる演繹的分析的解決をも拒む。私たちは、その複雑さの限界で説明をテストする。説明は、推測と批判のプロセスを通じて、実世界で成功するか失敗するかのどちらかである。このように、説明からなる知のコーパス(カノン)は、推測と批判を必要とし、この進化的な方法で成長する。そして、私たちは、時間とともに、悪い説明をより良い説明に置き換えていく、無限の無限のプロセスを経ていく。

これが、PANDAがコビッド危機に取り組む際の認識論的な根拠となる。この背景と説明には、いくつかの重要な考え方が含まれているため、時間をかけて作成した。まず、誤り訂正のプロセスを止めようとすると、知識の成長が止まってしまうことが一目瞭然だ。知識が成長し続けるためには、説明に対する批判のプロセスが必要なのである。

説明的知識の枠組みを理解すれば、知識を殺す活動-批判が妨げられるとエラー訂正のメカニズムが破壊される-が、中央集権的権力、あるいはあらゆる種類の権威主義的視点が情報や思想、言論の自由を統制しようとする傾向に直接関係していることは理解できなくもないだろう。権威主義者は、ある種の意見に批判的な言論を止める。そうすると、世界に対する一つの見方(モデル)が存在し、その世界観を改善するためのメカニズムがほとんどないという、停滞した状況が生まれる。批判は権威への挑戦と見なされるため、一切許されない。そして、これこそが、COVIDの全サーガを通じて、私たちが非常に重大に直面したことである。「専門家を信じろ」「科学に従え」「コミュニティの基準に従え」。コビッド危機以前、特にコビッド危機の間、誤った情報、特に誤った情報は、権威と矛盾するが、必ずしも客観的真実(現実)と矛盾しない視点に適用されるラベルとなった。

プロパガンダの構造

コビッド危機をよりよく理解するためのPANDAの活動の指針となった知識理論を定義したところで、次に、相手側が言っていることの構造について検証してみよう。この2年間、私たちはプロパガンダ、つまり思想に影響を与え、公共政策を推進するために意図的に偽りの物語を流すという例を数多く見てきた。この後、その物語がすべての要素において偽りであることについて簡単にお話しする。承認されたシナリオが95%真実で、最後に5%の嘘が付け加えられ、それがすべての問題を引き起こしているというようなことではない。この物語全体が嘘であり、世界的に展開された詐欺的な情報生態系であり、過激にプロパガンダされているのである。

プロパガンダは空白に置かれることはない。どこからともなく現れるものではない。それは政治的意図に由来し、ほとんどの場合、政治的意図は明確かつ透明性をもって語られるのではなく、最初は暗黙のうちに語られるのである。プロパガンダの役割は、その議題を密かに正常化することだ。プロパガンダはイデオロギーを、観察可能な事実や出来事に対する特定の承認された解釈にまで落とし込む。イデオロギーは、政治的アジェンダを正常化し、受け入れられるようにするために作用し、暗黙の了解は、その後、明示的なものへと移行することができる。

コビッド危機の間、私たちはこのプロセスの多くの例を見てきた。2020年3月、「ここでの目標は、最終的にすべての腕に注射を打つことだ」と言ったら、すぐに陰謀論者と揶揄されたことだろう。しかし、ほぼすべてが現実との関連性を欠いた予防接種に関する絶え間ないプロパガンダを1年間続けた後では、それが目標ではない、あるいは目標であってはならないと言うことすら許されなくなった。オヴァートンの窓はこの説明のあたりで閉鎖され、それ以上の公的な議論や反対意見は許されない。イデオロギーが抽出され、伝播し、受け入れられるまで、議題は暗黙のままだ。そうすれば、議題は明確になり、推進者は、「そう、これが我々の議題だ、全ての腕に注射を打つ」と言えるのである。そうして、 暗黙の政治的意図がプロパガンダを推進し、その意図を支持するイデオロギーの蒸留が次第に明確になり、その時点でプロパガンダの形成は継続する必要がないのである。これはどのような状況でも情報戦の構造だ。

アジェンダが顕在化する前の段階でも、隠されたアジェンダの特徴を見抜く方法はある。PANDAでは、その方法の一つを、電気柵に例えて説明している。隠されたアジェンダの周りには電気柵がある。その電気柵に触れたり、覗き込もうとすると、電気ショックが発生する。そのショックはどのようなものだろうか。それは、キャンセル・カルチャーの形で、中傷、名誉毀損、ガス燈、そしてレッテル貼りの形でやってくる。「COVID否定派」、「アンチヴァクサー」、あるいは他の領域では「気候否定派」、「エイズ否定派」、「プーチン否定派」、偏屈者、オルト・ライト、極右、ナチといったレッテルがそうだ。ある物語を守るために行動する人たちによって、そのような用語の使用を引き起こす事実、考え、議論をモニタリングすることによって、プロパガンダは、その内容によってではなく、それを批判する人への反応によって、非常にしばしば識別される。

隠された意図とそれを守るために展開されるプロパガンダを発見するために使用できる、この種の「電気フェンス」のもう一つの重要な特徴は、議論が起こるのを妨げるように作用することだ。電気柵がないところ、つまりある問題や推測が純粋な知識の獲得という通常のプロセスの中で議論可能であるところでは、ラベルは必要ない。偽りの物語、つまりプロパガンダの物語が展開されているときこそ、このような電気柵が必要であり、容易に観察することができるのである。このことから得られる重要な教訓は、電気フェンスを見たとき、それが取り囲んでいる物語が完全に偽りであることを絶対に確信できるということだ。もしその問題に関して議論が行われず、公共の広場が存在しないなら、それはプロパガンダのシステムを扱っている証拠であり、高い信頼性を持って偽物と決めつけることができる。

揺らぐグローバリストの政策基盤

さて、ここまでで認識論とプロパガンダの構造、そしてPANDAチームがコビッド危機に関する説明知識の体系を構築するために用いているプロパガンダ環境の特徴について説明してきた。それでは、私たちが今直面している政治課題に埋め込まれている、実際の考え方の間違いに話を移そう。私たちの観察と結論が進むにつれて、私たちが信じていることを最初に述べるのではなく、なぜこのような方法をとっているのかが明らかになることを期待している。まずは、これまで盛んに宣伝されてきたCOVIDの偽りのシナリオのうち、どの部分が誤りであるかに焦点を当て、高いレベルから始めて、承認された偽りのシナリオの細部に至るまで掘り下げていこう。

考え方の大きな間違いは3つあり、いずれも適切な認識論に基づかないことに起因している。記憶の補助として、私はこれらを「3つのM」として提示するのが好きである。最初のMはマルクス主義だ。マルクス主義の重要な特徴は、基本的に功利主義的な世界観に基づいていることだ。つまり、最大多数のための最大善を達成するために、人間存在のすべての変数を何らかの方法で測定・管理することができる、というものである。そこには社会のためのスプレッドシートのようなもの、コンピュータ化された人工知能のアルゴリズムが存在する。十分なデータさえあれば、中央のエリート指導者が、ある特定の人々には難しいかもしれないが、全体としては大多数の人々のためになるような決定を下すことができるようなアルゴリズムを作り、それを移入し、最適化することができるのだ。十分なデータがあれば、このようなアルゴリズムは、より大きな善を実現することに貢献することになる。これが達成されると、新しいシステム、新しいスプレッドシートを携えて夕暮れ時に出かけ、寿命を延ばしたり、病気を減らしたりして、世界を改善する。マルクス主義に取り付かれた人々は、他の目標や利益、リスクとのトレードオフの存在を全く認識せず、一つの目標に近視眼的に集中する傾向がある。また、なぜその目標達成が不可欠なのか、そもそもそれが良いアイデアなのかさえ規定せず(あるいは議論を許さず)そうすることが多い。

これは、結果が手段を正当化する功利主義であり、マルクス主義的思考の普遍的特徴である。マルクス主義的な功利主義の反対は、徳や価値に基づくシステムで、進化した価値体系によって世界を交渉する。それは、時間の夜明け、文明と文化の初期から私たちにもたらされたもので、一連の文化ルール、規範、タブー、明確な価値によって、すべての社交や文化的言動を交渉する方法を与えてくれる。そして、進化してきたからこそ、そのシステムには知識を埋め込むことができるのである。繰り返しになるが、人間の文化や社会に内在する複雑性は、このシステムが単純な演繹的分析を拒むことを意味し、理解するためには進化的な説明のための知識が必要となる。

グローバル社会のレベルでは、私たちは目を見張るほど複雑なストーリーを扱っている状況にあり、いかなる変化も予期せぬ、意図しない結果をもたらすだろう。これは意図せざる結果の法則(情報機関ではしばしば「ブローバック」と呼ばれる)であり、変化の影響をすべて予見することはできないからだ。だからこそ、賢明な人々は、システム、つまり私たちの社会が、現実の世界と相互作用する進化のプロセスの中で、テストされ、批判され、反論され、さらに修正されるような、余裕のある小さな革新に対応して、時間をかけて進化することが重要であることを理解している。

もし私たちがルールを変えたり、価値観を否定したりすれば、事態は改善されるかもしれないが、同様に破滅的な結果をもたらすかもしれない。そして、その結果はすぐには明らかにならないかもしれない。つまり、生態系、人体、免疫系、社会、文化など、複雑なシステムに干渉しようとする場合は、漸進主義的でなければならないという考え方だ。私たちが解決したい問題がどこにあろうと、漸進的な方法で解決策を講じなければならない。

マルクス主義的な大善の概念、功利主義、そして多くの哲学的な構造が、この物語に組み込まれている。2つ目のMは、マルサス主義という考え方だ。トーマス・マルサスは大陸の哲学者・経済学者で、人間はいずれすべてを使い果たすと主張した。このまま地球上の人口を増やし続ければ、人口暴落、災害、地球上のすべての魂の不幸に直面することになる。

このマルサスの考えは、提唱されるや否やたちまち評判となり、この200年の間に様々な形で再び登場するようになった。私たちは、「緑の惑星」、「宇宙船地球号」、「持続可能性」といった概念にこの考えを見ることができる。これらの概念の背景には、私たちが使い切ってはならない有限のものがあるというマルサス的な考え方がある。

さて、この考え方は、これまで述べてきた認識論とどのように矛盾するのだろうか。私たちの知識理論では、知識には無限の可能性があり、いつでも問題を解決することができる、という考え方を取り入れている。知識ベースは常に改良され、追加されていく。そうすることで、世界とその仕組みについてより良い説明を生み出し、問題を解決し、マルサスの罠から常に逃れることができる。

そして、資源の有限性についてマルサスの恐怖政治が頭をもたげたこの2年間、実際にそのようなことが起こっている。私たちは絶えずその枠から逃れてきた。かつて、地球の最大人口は1億人であるべきだという考えがあった。その後、5億人になり、10億人になった。その後、10億人になり、それが災厄の数字になりそうだった。そして今、私たちは80億人にまで達している。この考え方もまた、多すぎる、物が足りなくなる、というものである。繰り返すが、マルサス主義者が行っているのは、問題を解決し成長を促進する能力を認めないことだ。これが、コロナの世界観に組み込まれたマルサス主義の第二のMである。

最初の2つのM、つまりマルクス主義とマルサス主義の間には、危険な相互作用が存在する。マルクス主義は、その中央集権的で権威主義的な世界観によって、誤りを修正する能力を破壊するので、問題解決と成長の能力も破壊してしまう。このため、マルクス主義は自己実現的な予言となる。

3つ目のMは、ポストモダニズムやポストモダンの相対主義として知られる考え方だ。これは、現実や真実と呼ばれるものは実は存在しない、という考え方だ。この考え方では、すべての視点は主観的なものであり、それらを裁く根拠はない。ドグマとなったものは、その場で最も力のある人物のドグマに過ぎない。現実との対応関係を論じる必要はない。現実は支配的な物語によって捏造される、というものだ。

そして、この相対主義の兆候をたくさん目にすることができる。たとえば、自分が何者でもないことを「識別」するという考え、アイデンティタリアニズムがある。これは、良識ある人ならしないような知識への主張だ。男性である私は、女性であることがどのようなものであるかを知らない。これは当たり前の発言だ。私にはわからない。どんな感じなのか、わかるはずがない。しかし、相対主義が蔓延する中で、私は自分が女性であると表明することができる。ポストモダンの相対主義の世界では、それが許容されるのである。受け入れられる行動なのだ。なぜか?現実との対応が要求されないからだ。私の主観的な解釈は、他の誰のものでもよい。この相対主義の世界では、人々は何かを主張し、批判を叫ぶだけで、どんな無意味なことを話していてもそれが真実になるという考え方に非常に安住してしまっている。そして、こうして主張された彼らの個人的な真実に反する場合は、誤情報や偏見などの罪を犯すことになる。議論して、自分たちの見解と現実との対応を確認する合理的な運動にふける必要はない。

マルクス主義、マルサス主義、ポストモダンの「3つのM」であるが、3つ目のMはちょっとズルいね。そして、それぞれ、私が最初に述べた認識論的根拠に照らして、問題にぶつかってみる。

受け売りの詳細な誤り

では、物語の細部を見てみよう。受け取った物語は、「私たち全員が感染する新しい致命的なウイルスがあり、それに対する治療法がない」というものである。「治療法がないため、ワクチンが届くまでマスクをして隔離しなければならない、さもなければ我々は全員死ぬだろう」というのが基本的なストーリーだ。もちろん他の要素もあるが、これがヘッドラインバージョンである。

そして、このシナリオのすべての要素は誤りだ。私たちは新種のウイルスに対処しているわけではない。これは進化した構造で、実験室から持ち込まれた技術革新や新奇性があるかもしれないが、全体としては、人間の免疫システムにとって非常に認識しやすいものだ。なぜか?冒頭で述べた認識論と密接な関係があるが、複雑な世界の中でウイルスがどのように振る舞うか分からない以上、ゼロからウイルスを作り出すことはほとんど不可能だ。真に新規なウイルスを導入することは、完全に荒唐無稽な推測を主張しようとすることになり、その結果、単にその配列に基づいて、小さな化学物質の出現行動の複雑さを完全に予見することはできないという問題にすぐに突き当たる。なぜなら、その化学物質と人間の体、あるいは他のすべての体、気候や温度との間の相互作用は、私たちが関与し始めることのできない荒々しい複雑さの地形だからだ。

これは非常に現実的な話だ。なぜか?なぜなら、地球上のどこで測定しても、約80%の人がSARS-CoV-2に対する既存の免疫を持っており、免疫反応が起きてウイルスを快適にノックアウトしていることがわかるからだ。

しかし、「新型ウイルス」という概念は、万能感受性の仮定や免疫の素朴さを推進する神話だ。この神話が重要だったのは、モデラーたちが「いいか、病院で診察を受けた症例のうち、1%の病人が死ぬんだ」と言えるようになったからだ。というのも、免疫系がこのような事態を経験したことがないからだ。つまり、ある大きな割合を全人口で掛け合わせると、全員が死ぬことになってしまう。病院を守るために閉鎖する必要がある。野戦病院を建設する必要がある、などなど。

繰り返すが、これはドグマであり、誤りを正すことができない環境で広まったものだ。何十億ドルもの野戦病院が建設されたが、ニューヨークでもロンドンでも南アフリカでも、どこに建てても空っぽのままだった。明らかな誤りに直面しても、致命的なウイルスに対する万人の感受性という考えを覆すには十分ではなかった。決して十分ではない。USSマーシーでさえも、利用されないままニューヨーク港を出港してしまった。

このように、ほとんどスターリン主義のマルクス主義が展開されるわけだ。「ここにルールがある。ドグマはこうだ。我々はドグマに沿った全てのことを行うのだ」 そして、何かがひどく間違っていることを誰も指摘しない、指摘する声が聞こえないからだ。指摘しようものなら黙殺される。

ロックダウンやマスク着用については、これらの政策の失敗を裏付ける、説得力のある大規模な、巨視的な証拠がたくさんある。そして、これらの政策が成功する見込みがなかったと疑うべき、強力な生物学的理由がある。ウイルスが進化したことを認めるなら、私たちが取る行動は、社会的相互作用や顔の前に物をつけるかつけないかの習慣といった一般的な状況と比較して、新しい条件を反映したウイルスの進化の動きによって相殺されることになる。

つまり、効果が期待できない理由があり、全く効果がないという証拠がごく初期にあった。2020年5月の時点で、ある国がロックダウンしているかどうかで、その国のCOVID死亡率がどうなるかという情報量は全くないことがわかった。このように相関がゼロということは、ロックダウンと死亡、マスクの義務化と死亡の間に因果関係はありえないということだ。これはPANDAで指摘して以来、世界中で何百回も再現されている結果だ。

ワクチンの話に移ると、あまり大げさにしなくても、「安全で効果的」というワクチンの語り口の周りに、電気柵があるのは誰でもわかることだ。「安全で効果的だ。」ショックを受けてはその問題に触れることはできない。案の定、勇気を出してその柵を掴んで見渡すと、何が見えるか?ファイザーの第3相臨床試験は、まさにその典型で、プロパガンダの特徴が随所に見て取れる。間違った臨床エンドポイントを設定し、シナリオで主張されていることとは全く関係のない、非常に弱いことを実証しているのである。

そして、その基礎となるデータを隠そうとする大きな努力がなされている環境にある。情報公開請求と2つの裁判所の判決によって、FDAは、裁判の曜日によって75年または55年かけて情報を公開するという、彼らが予想していたこと以外のことをするようになった。というのも、FDAは同じデータに基づいて、わずか108日でワクチンの緊急使用認可を下していたからである。なぜ、75年もかかることになったのだろうか?これは、全体の中心に不正行為があったことを示す明らかなサインであった。

さらに、参照する枠組みが、ゴールドスタンダードである無作為化比較試験から、観察データとして知られるものに即座に切り替わったこともあった。ファイザーはプラセボ群の盲検を解除してしまったので、現実の観察データがすべてになってしまったのである。しかし、複雑な世界では、観察データを操作するのは非常に簡単だ。たくさんの交絡変数が飛び交っているのだから。だから、測定の組み立て方次第で、いつでも自分の見たい結果を示すことができる。マスクの研究もそうだった。このような小さな偏った研究がたくさんあった。ジャーナリストはいつでも、「マスクが効くという研究結果がある」と言うことができる。しかし、それはひどい観察研究だった。このような研究は、そこに存在させようと思えば、いくらでもあるし、お金がその方向に流れれば、現れるものなのである。ワクチンについても同様だ。私たちの評価では、ワクチンの安全性と有効性を示す質の高い証拠は何もない。

なぜ、このようなことが起こるのだろうか?

つまり、最初から最後まで、すべての要素が虚偽で宣伝された物語なのである。さて、このような背景から、「なぜ」という疑問について簡単に話し、最後に私たちが何をすべきかを考えてみたいと思う。

「これはどこから来たのか?」という問いを立てることはできる。しかし、どんな種類の複雑なシステムでもそうであるが、認識論に戻って、「これは何なのか?」と言わなければならない。それは、進化した物そのものである 大規模で顕著なプロパガンダによってイデオロギーが抽出され、その構造全体が進化したものと見なせる。

古くなったという兆候はあるか?そうだ。「3つのM 」に戻ってみよう。マルクス主義は何年前のものか?150年前だ。相対性理論は?70年前。 世界中の大学や学校で 使われてる 計画的な要素もあるが、複雑さによる自然発生的な要素もあるマルサス主義についてはどうだろう?そう、先ほども言ったが、200年前の話だ。

このような考え方は、長い間、流行と衰退を繰り返しながら、現在に至っている。マルクス主義に内在する大いなる善のような概念を正当化する世界観を促進し、より多くの管理、モニタリング国家、プログラム可能な中央銀行デジタル通貨やデジタルIDへの流れなどを正当化するため、時折、特定の既得権益者に好都合なことがある。これらはすべて、より多くの支配を目指すという性格を持っている。

しかし、「誰がやっているのか」といって、一個人や一団体が全体の中心であることを特定する必要はない。世界経済財団、ビルダーバーグ・グループ、世界健康機関だけでなく、大西洋評議会、外交問題評議会、三極委員会、国連周辺のジュネーブ組織、中央銀行界のブレトンウッズ組織、国際決済銀行、IMF、世界銀行など、多くの組織が参加していることも、出現的事象複雑性の特性として見ることができる。非常に驚くべきことだ。大規模な、明らかに、しかし必ずしも協調的ではない、このプロパガンダが美徳であるという合意がある。言い換えれば、彼らはその背後にある政治的意図を支持している。

その政治的意図は彼らにとって明確なのだろうか?まあ、そうだろう。しかし、異なる要素もあるかもしれない。政治的意図が多様である限り、各グループは自分たちの意図を支持するものとして、プロパガンダに署名するかもしれない。その可能性は十分にある。そして、その政治的アジェンダのために抽出されたイデオロギーに非常に満足している可能性もある。ある者は金儲けをしているだろう。ノーベル平和賞を取るという夢を叶える人もいるだろう。ある人は、ただ忙しいだけの人、つまり他人の人生に介入するのが好きな迷惑な人たちである。あるいは、単に鈍い知性の持ち主で、自分は世界を管理する方法を知っていて、それが皆にとって良いことだからそうすべきだと信じている愚かな人々もいることだろう。この連鎖のどの要素にも適合するような、あらゆる種類の目的、インセンティブ、世界観がある。政治的アジェンダ、プロパガンダ、イデオロギーなどである。

どうすればいいのだろう?

私が様々な公の場で何度も述べているのは、政治的意図や、この非常に統制されたメディア環境でプロパガンダがきれいに流布されるメカニズムについて常にもっと知ろうとするべきだが、その点で我々の知識が完全になることはないだろうということだ。そして、それは必ずしも重要ではない。重要なのは、「3つのM」を覚えておくこと、そして、それらが間違っていること、つまり、知識に関する我々の最善の理解、より良い世界を作り、問題を解決する方法と根本的に矛盾していることを、極めて公理的なレベルで覚えておくことだ。

PANDAでは、こうした力学に対する理解を深めることが重要だと考えている。最初のプロジェクトは、WHOの原則、規約、過去に作成したガイドライン、病気の負担をどう考えるかに関する独自の考え方に照らして、WHOの行動を単純に評価するものである。だから、私たちは、世界保健機関(WHO)が主張する目標に照らして、WHOを評価することになる。この最初のプロジェクトは、私たちに多くのことを教えてくれるだろう。どこから圧力がかかってきたのか、そして、どのようにして上級管理職レベルで、これらの原則の一つひとつを覆すことが可能になったのかを知ることができるのである。

なぜPANDAなのか?それは、これをやっている大学はないからだ。大学も他の機関と同じように捕らえられ、葛藤している。政府にも無理だろう。皆がグルだからだ。誰かがやらなければならないのだが、私たちは他に誰も思いつかなかった。そこで、私たちはこのプロジェクトを開始することにした。その過程で、フルタイムの人材が必要であることを明らかにした。そうしないと、組織的な知識が失われるからである。ボランティアと一緒に仕事をしていると、最初に中傷記事を書かれたり、目の前に何らかの障害物が現れたりすると、彼らは簡単に逃げてしまう。彼らはどこかで生計を立てているので、その生計が脅かされれば、すぐに辞めてしまう。ある意味、小さな大学を作るようなもので、学者が来て、給料をもらって、きちんとしたプロジェクトを行うことができるように、全額資金を提供する必要がある。そのほかにも、今は説明しないが、COVID現象の詳細な構造に関する調査を具体化するためのものが4つある。これらは、「何をすべきか」をより深く理解するための重要な作業と位置づけている。

さて、「やるべきこと」だが、再び認識論に戻る。私たちには解決しなければならない問題がたくさんあり、創造しなければならない知識もたくさんある。例えば、この「3つのM」という環境を、普通の人が理解しやすいように説明するのが上手にならなければならない。中央集権に固執するグローバリストがもたらす深刻な脅威を強調し、説得力を持たせなければならない。中央集権的なモデルや制度的な構造について、その不愉快さ、魅力のなさを伝える方法を見つけなければならない。これは解決すべき問題であり、私たちはこの問題に関していくつかのアイデアを持っており、現在取り組んでいる。

私たちは、持続可能性の話全体が非常に魅力のない方向に進んでいること、つまりマルサス的な構造全体であることを示す必要がある。

この実用主義的なディストピアに代わる、ポジティブな世界を示す必要がある。それはどのような世界なのだろうか?価値観の世界だ。なぜ、そのような世界が否定されるのだろうか?私は「神の形の穴」の問題について話している。私たちは世俗化の過程を見てきた。神の戯画が人々に提示され、彼らはそれに現代人の心を調和させることができなかった。そこで彼らは、進化した知識体系を持つ宗教のすべてを投げ捨てたのである。

宗教家にとってさえ、宗教が真理を埋め込んだ進化した知識の体系であると考えることは、多くの人々にとって深く魅力的ではない。彼らはそれを、議論の余地のない受け継がれたドグマとして、信仰の戯画化されたバージョンの一部として読みたがる。だから、その戯画を信じないで去っていく人たちとは戦わない。宗教の独断的なバージョンを存続させたいのだ。宗教そのものは、比較宗教学や宗教史を研究すれば、明らかに進化したシステムであり、それゆえに社会にとって有益な壮大な知識が埋め込まれているのに、だ。だから、天空のヒゲ男は多くの人にとって奇想天外すぎるという理由で神を消し去ることで、価値体系を消し去り、穴を開けてしまう。私はこれを「神の穴」と呼んでいる。そこにファウチが表計算ソフトを持って入ってきた。功利主義的なシステムである。

そのことから、価値観や美徳の優位性、世界についての昔ながらの考え方を再確認するために、何らかのプロセスを開発する必要がある。タブーとされていることだ。そして、正しいこと、世の中で努力すべき徳のあることがある。それを詳細に分析することはできなくても、私たちはそれを受け継いでいるのだから、わかるはずだ。しかし、そのようなことを全面的に否定するようなゲームに興じることはできない。

1950年頃の欧米人ならすぐにわかったはずのことが、たった70年後の2020年にはほとんどわからなくなっている、このような考え方を再主張することが、私には重要だと思う。なぜ再主張するのか?なぜ後退させるのか?それは、私たちが複雑な問題に取り組んでいるからだ。あの表計算ソフトは社会の運営に使われるのは好ましくない。「もっといいのがある 」とは言えない それも失敗する。つまり、単にFauciやWorld Economic Forumのシステムよりも優れているというようなシステムをデザインしたり、ソーシャルエンジニアリングしたりすることはできない。最後にうまくいったこと、つまり、生成的な社会、経済成長、その他もろもろを生み出したことに立ち返り、それから、危険と隣り合わせで修復していくプロセスを再開しなければならない。そして、多くの手直しをする必要がある。それは間違いないだろう。私たちは常にそうしなければならない。

 

ワクチンという恐ろしい事実、その正体を暴く?- ニック・ハドソン

参考

https://alzhacker.com/category/ukraine-crisis/panda-piers-robinson/

タイトルとURLをコピーしました