医療・製薬会社の腐敗研究方法・科学全般

独占:HindawiとWiley、査読リングに関連する500以上の論文を撤回へ
Exclusive: Hindawi and Wiley to retract over 500 papers linked to peer review rings

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

retractionwatch.com/2022/09/28/exclusive-hindawi-and-wiley-to-retract-over-500-papers-linked-to-peer-review-rings/

査読者と編集者のネットワークが査読プロセスを操作していることを明らかにした数カ月の調査の後、ヒンダウィは16誌の511本の論文を撤回する予定であることが、Retraction Watchによって明らかにされた。

出版社とその親会社であるワイリー社が明日ブログで発表する撤回リストは、今後1カ月以内に発行され、調査が進むにつれてさらに増える可能性があるとのことだ。このリストはまだ公開されていない。

ヒンダウィのリサーチ・インテグリティ・チームは、重複した文章を含む査読、多くの査読を行った少数の個人、極めて迅速に査読を行った査読者、出版社が査読候補者を審査するために使用するデータベースの不正利用など、対象となる論文の査読が操作されたいくつかの兆候を発見している。

Hindawi社の研究者・出版サービス担当副社長であるRichard Bennettは、この出版社は、査読者と編集者が協力して原稿を出版まで進める「協調的査読リング」の疑いがあると語っている。ベネット氏は、原稿の中には製紙会社から送られてきたと思われるものもあると述べている。

調査のきっかけを聞いてみた。ベネットはこう語った。

2022年4月、ヒンダウィのリサーチ・インテグリティ・チームは、ある特別号 (SI)に掲載された一部の論文について編集長が懸念を示したため、初期調査を実施した。チームは、そのジャーナルの内容をさらに調査することを決定した。この調査を通じて、チームは、不規則で懸念のある査読者の活動のパターンを強調し、これらの出版物の多くに存在する潜在的な「悪者」を特定した。

こうした懸念から、Publishing InsightsチームとResearch Integrityチームは、最近強化された分析機能と、すべての査読者の活動を見渡せる新しく開発されたダッシュボードを活用して、同じ悪質業者がHindawiポートフォリオの他の場所で査読操作に関与していないかどうかを広く調査することにした。

これらの悪質業者が他のジャーナルにも存在することが判明した後、ヒンダウィのリーダーシップチームは、手作業とデータ駆動型の調査を組み合わせた部門横断的な作業チームを設置し、その結果、さらに出版された論文を特定することに成功した。

8月上旬、ヒンダウィは、ワイリーとヒンダウィの両社から研究公正の専門家、データと分析の専門家、出版・運営チーム、法律顧問を含む合同調査チームのもとで調査を拡大した。このチームは、影響を受けた可能性のあるすべての論文と原稿について、詳細なレビュー活動を評価した。その結果、すでに発見されている悪質業者に加え、「漏洩した」査読者と編集者のリスト、それらの間に存在するネットワークの特定、審査活動のパターン、審査プロセスの各段階における公開論文と原稿に関する洞察が得られ、最初に「漏洩した」とラベルを付けることが出来た。9月6日、合同調査チームは発表済み論文の評価を開始し、その結果、査読者の活動のみに基づき、危うい511件の論文を撤回するよう最初に勧告することになった。現在進行中の調査によって、さらなる撤回が行われることを期待している。

また、出版社は「危険にさらされた可能性のある」個人が関与している投稿原稿の審査・制作を保留し、それらの論文の査定を開始する予定である。

同じようなことが二度と起こらないようにするためにHindawiが何をするのかについて尋ねたが、Bennettは「信頼に基づくシステムを悪用しようとする人たちに新たな標的を提供するだけだと思うので」と、具体的な内容を話すことを避けた」

同氏は、出版社は調査によって特定された個人を出入り禁止にし、研究倫理担当者や部門長に適宜連絡し、調査結果を業界団体と共有したと述べている。

研究の完全性に関する問題の保護と調査に携わるすべての人にとって、ある出版社でリングを閉鎖すると、単に問題が他の出版社に移動するだけだということがますます明らかになってきている。私たちは、それを防ぐために積極的な役割を果たすことを約束する。

他の出版社も最近、大量の撤回を発表している。IOPパブリッシングは今月初め、ペーパーミルによると思われる500本近くの論文を撤回する予定であると発表し、PLOSは8月、操作された査読の件で、主要な雑誌から100本以上の論文を撤回すると発表した。

ワイリーの研究出版担当上級副社長であるリズ・ファーガソン氏は、用意された声明の中で、ペーパーミル、操作された査読、画像の複製やドクターリングなど、研究の完全性に対する攻撃は「巧妙で、連携しているように見える」と述べている。

彼女の発言はこう続く。

このような攻撃の頻度と激しさが増す中、私たちは出版プログラムを通じて研究の完全性を維持することに全力を尽くしている。私たちは、これまでも、そしてこれからも、同業者や業界団体と研究成果を共有し、業界横断的なアプローチを進めていくる。これは、研究に対する信頼を守るために絶対に必要なことだ。

これは、私たちワイリーのコミットメントであり、その結果、私たちは同業者だけでなく、業界団体や第三者データベースなど、できる限り透明性の高い形で調査結果を共有するステップを踏み出した。

これらの会話は非常に建設的なものだった。私たちの業界は信頼に基づくものであり、これは私たちの最大の資産である。協調的かつ協力的な行動によってのみ、私たちは共に成功することができる。これが私たちの目標であり、ワイリーとヒンダウィはこの目標をたゆまぬ努力で達成し続ける。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました