アグノトロジー・犯罪心理学プロパガンダ・全体主義心理学

ポリティカル・ポネロロジー 序文
悪の科学、サイコパス、そして全体主義の起源

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Political Ponerology: The Science of Evil, Psychopathy, and the Origins of Totalitarianism

目次

  • ポリティカル・ポネロロジーを讃える
  • 目次
  • 序文:マイケル・レクテンワルド
  • 編集者紹介
  • ポリティカル・ポネロロジーの歴史
  • 悪の起源
  • ポネロロジーの現在
  • 書籍の概要
  • 新装版に関する覚書
  • オリジナル原稿への序文
  • 初版への序文
  • I. 序論
  • II. 必要不可欠ないくつかの概念
    • 心理学
    • 客観的な言語
    • 人間という個人
    • 本能的な基質
    • 心理的機能・構造・分化
    • 超感覚的現実
    • 人格の崩壊と統合
    • 社会
    • 心理的世界観と社会構造
    • 社会区分
    • マクロパシー
  • III. ヒステロイドのサイクル
  • IV. ポネローグ
    • 病理学的要因
    • 後天的な逸脱
    • 偏執狂的性格障害
    • 前頭葉性人格障害
    • 薬物および疾患によるキャラクタオパシー
    • 遺伝性疾患
    • シゾイディア
    • 本質的サイコパス
    • その他のサイコパス
    • 擬似現象および擬似プロセス
    • 不適切な反応
    • エゴティズム
    • 道徳的な解釈
    • パラモラリズム
    • 逆転の封鎖
    • 逆転の発想
    • スペルバインダー
    • 偽善的な関連付け
    • イデオロギー
    • ポネリゼーション・プロセス
    • マクロ社会現象
    • 社会的ヒステリシスの状態
    • ポネロロジー
  • V. 病的状態 (PATHOCRACY)
    • 現象の本質と起源
    • 現象の内容に関する詳細
    • 病理学とそのイデオロギー
    • パトクラシーの拡大
    • 押しつけられたパソクラシー
    • 武力によるパスクラシー
    • 人為的に感染させられたパソクラシー
    • 一般的考察
  • VI. 病的な支配下にある普通の人々
    • 時間の観点から
    • 自然免疫
    • 理解すること
  • VII. 病理学的支配下における心理学と精神医学
  • VIII. 病理学と宗教
  • IX. 世界のための治療法
    • 真実は癒しである
    • 許し
    • イデオロギー
    • 予防接種
  • X. 未来への展望
  • 付録I ポーランド語版への序文 (1997)
  • APPENDIX II 民主主義について (1997)
  • APPENDIX III ボグスワフ神父への応答 (2000)
  • APPENDIX IV ポネロロジーの問題点 (2006)
  • 用語集
  • 書誌事項
  • 著者について

政治的ポネロロジーを賞賛する

「さまざまな種類の悪の源や起源、悪を生み出し永続させるシステムの探求と解明における深さと、多くの知識の領域を横断するアイデアの豊かな到達点における広さである。これらは共に、魅力的で不可欠な読書となる。」

-フィリップ・ジンバルド(スタンフォード大学心理学名誉教授、「ルシファー効果」の著者

「全体主義的な病政の起源と本質を論じた書籍は数少ない。病理学的な行動は、どのようにして社会の中で支配的になるのだろうか。共産主義下に生きたウオバチェフスキは、M・スコット・ペックが「嘘の人々」と呼んだ人たちの貴重な心理分析をしている。この貴重な著作を読めば、よりよく理解できるだろう。」

-アーサー・ヴァースルイス(『新審問会』『黙示録的時代の会話』著者

「パスクラシーは、いったん明らかにされると、突然、世界の意味を理解する助けとなる、隠れた概念の一つである。それは人類の歴史に満ち、今日もなお悲しいことに世界を苦しめている混乱と苦しみの多くを説明するものである。この点で、われわれはロバチェフスキと彼の著書『ポリティカル・ポネロロジー』に多大な借りがある。」

-スティーブ・テイラー博士、『DisConnected』『The Fall』の著者

アンドリュー・ロバチェフスキの『ポリティカル・ポネロロジー』は、政治理論にとって最も重要でありながら、最も無視されている、現代の統治力学の説明、すなわち政治生活における臨床精神病質者の影の役割を理解するために、極めて重要な書物である。もしあなたが、従来の政治学の標準的で陳腐な決まり文句を越えて、人間の政治生活の本当の鼓動に迫りたいのであれば、本書は不可欠なものである。ハリソン・ケーリの新版は、ロバチェフスキの主要なアイデアや議論を、英語ではまだ入手できない他の著作との相互参照により、さらに充実させたものである。さらに、ケーリの新しい脚注は、ロバチェフスキの豊かで挑発的な政治分析から放射される多くの探求の道を追いかけたい人にとって不可欠な資料のカタログを構成している。

-マイケル・マッコンキー(『裁判中の管理職クラス』の著者)

「もしあなたが、政治家階級に関係する犯罪性精神病質について知らないなら、アンドリュー・ロバチェフスキの『ポリティカル・ポネロロジー』をチェックすることを心から勧める。」

-ジェームズ・コルベット、コルベット・レポート

「これは並外れた本である。現代において政治・経済エリートを支配する少数の専制的な人々の生物学的側面を判断することはできないが、直感的にはそれが病的な状態であることを確信している。本書で提示された分析と予後は、1948年と。..イスラエル占領の歴史の両方について、私自身の仕事を考えたとき、何度も何度も真実味を帯び、有効であった。」

-イラン・パッペ(エクセター大学歴史学教授、『パレスチナの民族浄化』の著者

「このような環境下で人的・経済的リスクを管理する人、健全な変化を起こそうとする人に、本書を強く薦める。洞察は深く豊かで、集中力を必要とする。そして、その指摘は何度も何度も胸に迫ってくる。イグノータ・ヌラ・キュラティオ・モルビ-理解できないものを治そうとしてはならない」。

-キャサリン・オースティン・フィッツ、ソラリ社社長、第一次ブッシュ政権住宅担当次官補

「あなたが手にしているこの本は、あなたがこれから読む本の中で最も重要な本かもしれない。この本は、マクロ社会の悪についてだけでなく、日常的な悪についても書かれている。なぜなら、非常に現実的な意味で、この二つは切り離すことができないからだ。日常的な悪の長期的な蓄積は、常に必然的に、この地球上の他のどんな現象よりも罪のない人々を破壊する壮大なシステム悪につながるのである。」

-ローラ・ナイト・ジャドック

-Laura Knight-Jadczyk, Sott.net 創設者, 『From Paul to Mark』著者。

パウロからマルコまで:古キリスト教

「【ポリティカル・ポネロロジー】はたくさんの点で私に感銘を与え、私たちが「悪」と呼ぶものの性質と起源についてもっと考えるよう挑発した。この本の最も強い部分は、サイコパスがどのように権力を得るか、そしてそのような社会の行動についての分析である。… 全体として、読んでよかったと思える本であり、ある種の悪がどのように広がっていくのかという研究を今後も促進することを期待する。そして特に、多くの人がそのように見ることができないものを「悪」として名指しし続けることにおいて、である。」

-Philip R. Davs. 聖書学名誉教授。

シェフィールド大学聖書学名誉教授、『聖書はいったい誰のものなのか?』

“この本は、私たちがしばしば理解できない出来事を理解するために必要な鍵を与えてくれるので、すべての人が読むべきだと思う。本書は「悪」の起源とその本質を説明し、それがどのように社会全体に広がっていくかを描いている。”

-シルヴィア・カトーリ、フリーランス・ジャーナリスト

「本書は、現在米国政府を支配している人物の病理を暴いただけでなく、友人、活動家仲間、企業や市民団体のリーダーなど、身近な人物に光を当てることができる貴重な作品であり、意識を高めようとするすべての人間が読むべきものである。本書の目的は。…..21世紀の私たちを取り囲む悪の恐ろしい兆候を乗り越えるために、見識を養い、生来の直感への信頼を強めることである。」

-キャロリン・ベイカー(心理療法士、歴史学・心理学教授、『Sacred Demise』著者

「悪の主題は、単に神学的あるいは道徳的な観点から(あるいは、現在あまりにも頻繁に行われているように、政治的な観点から)厳密にアプローチされる問題としてではなく、科学的な観点から研究されることが長い間待たれていた。最終的には、人間の生物学的な科学と社会科学だけが、この人間の特性を研究し、治療することができるようになるだろう。著者は、ポネロロジーの分野が、この人間存在の永遠の悩みの解決策となるには、科学的、人文科学的な多くの分野の研究に依存することになるだろうと、おそらく正しい。」

-アイオワ大学古典学・人類学准教授 グレン・R・ストーリー

博士 アンドリュー・M・ロバチェフスキ

改訂増補版 2022年

ポリティカル・ポネロロジーのポーランド語原文は1984年に書かれ、1985年にニューヨーク大学のアレクサンドラ・チクセルト博士によって翻訳された。1998年に著者によって本文が訂正され 2006年と2022年に編集者によってさらに文法的・誤植的な訂正が行われた。初版は2006年にRed Pill Pressから出版された。英語の原題。ポリティカル・ポネロロジー。政治的目的のために調整された悪の本質に関する科学。

序文

マイケル・レクテンワルド

アンドリュー・M・ロバチェフスキの『ポリティカル・ポネロロジー』に初めて出会ったとき、私は権威主義的な左翼がいかにしてアメリカ合衆国を本質的に支配してきたかを理解しようと苦心したものである。ニューヨーク大学教授時代に熱狂的な社会正義の戦士たちと出会って以来、拙著『Springtime for Snowflakes』1 で述べたように、現代左翼の権威主義的な性格に少なからず危機感を抱くようになった。そして、「目覚め」のイデオロギーの出現と、アカデミズムから社会全体へのその転移は、私に全体主義の台頭を理解する使命を課した。

私は、ロシアのボルシェビキ革命に始まり、ボルシェビキの変種が東欧やアジアに輸出されたことを検証していった。共産主義は、私にとってナチズムよりも興味深く、アメリカのアカデミーでは無視されている分野だった。さらに、現在の状況との関連性も高い。左翼の政治犯罪を研究しようとしたとき、私は、学会がいかに歴史の多くを葬ってきたかに驚き、憤慨した。例えば、中国の文化大革命の際に流行した「闘争セッション」や「自己批判」の実践を検索しても、ほとんど何も出てかない。これらと関連する話題は、扱われていないか、あるいは単に消滅していた。私は、この分野では大規模な隠蔽工作が行われているのではないかと疑った。

しかし、この分野は私の専門ではなかった。私は30年近く学者をやっている。19世紀のイギリスにおける科学史とその文化との関わりを研究してきた。私は、1851年にジョージ・ジェイコブ・ホリヨークが創設した「世俗主義」という、あまり知られていない発展に着目していた。当然ながら、私は『共産主義の黒書』を漁った。この本は、欧米のマルクス主義者の間では悪名高く、彼らが無頓着なために、私自身、マルクス主義者である間は読むどころか開く気にもなれなかった本である。NYUを定年退職した私が利用できるスターリニスト・デジタル・アーカイヴを掘り起こすなど、勉強することは山ほどあった。また、全体主義に関する古典的なテキストや、今では有名だがまだあまり顧みられることのない作家が書いた文学的な記述も読んだ。

全体主義の病因を理解する手段を得たのは、『ポリティカル・ポネロロジー』 (Political Ponerology)を読んでからだ。ここに、「悪の起源の一般法則」を発見したという大胆な主張をする著者がいた。もしそれが本当なら、この本は物理学でいえばニュートンの『プリンキピア』に匹敵するものであり、より実際的な重要性を持っていることになる。この著者の自信と決意には驚かされた。そして、心理学という学問的な観点からこの領域にアプローチした。このような「個人主義」的な方法論は、私自身、そして他の多くの人文・社会科学分野では、単なる「心理学主義」として退けられてきた。私は、ウオバチェフスキが「マクロ社会的悪」の展開を理解するために、なぜ個々の心理的障害に注目するのか不思議に思っていた。私は、政治的イデオロギーを研究する必要があり、全体主義的な悪がどのように、そしてなぜ生まれるのかについて知る必要のあることは、ほとんどすべて政治的イデオロギーで説明できると思っていた。

ポリティカル・ポネロロジーを読み進めるうちに、「大衆形成」(反体制派が最近紹介し、主流メディアがコビッド・プロパガンダの文脈で悪口を言った言葉)が、病的な個人から始まって社会全体に広がり、国家全体を覆い尽くす可能性があることを確信し始めた。ウオバチェフスキはそのプロセスを、始まりから不名誉な終わりまで、読者に説明する。私は、ウオバチェフスキが苦心して描き出したパターンを理解した。それは、歴史的な全体主義の事実と一致している。そして、これらのパターンは、全体主義的な政治イデオロギーに屈する人々の割合と、抵抗する人々の割合に至るまで、今日でも有効であることを指摘した。

イデオロギーといえば、『ポリティカル・ポネロロジー』は、私を悩ませていた現象を説明している。共産主義者のイデオローグたちは、自分たちが「労働者」「人民」「平等主義」のために犯罪を犯したと、どうして大衆に信じ込ませることができたのだろうか。しかし、それ以上に不可解なのは、イデオローグたちが、自分たちの犯罪が庶民のためになるものだと、どうやって自分たちを納得させたのか、ということだ。全体主義イデオロギーは2つのレベルで機能している。真の信者はオリジナルのイデオロギーの用語を額面通りに受け取るが、党内関係者は同じ用語に二次的な意味を代入し、普通の人々はガスライティングにさらされる、とウバジェフスキは説明する。認知者であるサイコパスだけが、二次的な意味を知り、理解する。彼らは、「労働者」のために行われると称する行動が、サイコパス自身のために党と国家を支配することにつながることを認識している。真実は、党の内部関係者が主張することとは正反対であり、彼らはそれを知っている。ポリティカル・ポネロロジーはこのように、オーウェルの描いた「ダブルスピーク」の起源を説明している。偶然にも、ロバチェフスキが『ポリティカル・ポネロロジー』を書き上げたのは1984年である。

同様に、本書は異例であると同時に記念碑的な業績である。この本は、新しい科学である「ポネロロジー(悪の科学)」の第1巻である。マクロ社会的な悪の発生と発展について、科学的な正確さをもって徹底的に説明されている。

本書はどのようにして書かれ、どのようにしてこの科学分野が発見されたのだろうか。どちらも生きた実験室で生まれた。ウオバチェフスキはその方法を開発した科学者の一人であるだけでなく、その研究室の被験者でもあった。彼はその研究室の被験者でもあったのだ。ロバチェフスキは、ドイツ占領下のナチズム下で成人し、その後共産主義下で生活した。彼は心理学者となり、精神病理学に対する臨床的な理解から、祖国を覆っていた共産主義政治体制が持つ精神病理学的な性格を明らかにするようになった。

先に述べたように、『政治的ポネロロジー』において、ロバチェフスキは、それまで適用できないとされてきた心理学の方法論(方法論的個人主義、唯物論)を用いて、この領域に介入している。彼は、この新しい科学であるポネロロジーに、現代史における最も悪質な展開のひとつであり、計り知れない苦しみの原因となっているものを理解し、多少なりとも改善する見込みがあると主張している。

ロバチェフスキは、全体主義を十分に研究することは、これまで間違った領域で研究されてきたために不可能であったと論じている。全体主義は、文学、イデオロギー研究、歴史、宗教、政治学、国際政治学などの分野で扱われてきた。ソ連、東欧諸国、ナチス・ドイツに関する文学的考察や研究は、ハンナ・アレント、アレクサンドル・ソルジェニーツィン、ヴァーツラフ・ベンダ、ヴァーツラフ・ハヴェルなどの代表作が思い起こされる。このような人たちは、欠くことのできない貢献をしている。しかし、彼ら自身のせいではないが、問題の根源、すなわち「パスクラシー」、すなわち精神病質者による支配の始まりと発展の精神病質的次元を必ずしも把握できていない。

支配者たちによって行われた重大な不正や現実の破壊に対する正常な人間の反応は、これまで自然的な世界観の観点からしか理解されていなかった。感情や道徳的な判断が、被害者の目を曇らせたのだ。学者のアプローチや一般人のモラリズムの欠陥は、パスクラシーを本質的に誤認させ、同様に人類にそれに対する有効な防御策を与えないままにしていた。ウオバチェフスキは、これらの欠陥を是正し、防御策を提供する。

この知識を得るための重要な要件は、斬新で適切な分類法を導入することである。ウオバチェフスキは、分類学の必要性を徹底的に説明し、客観的で科学的な用語の導入と、それらが伝える概念の正当性を主張する。未知の領域に足を踏み入れた科学はすべて、同じことをしなければならなかったのだと著者は思い起こさせる。なぜなら、用語は要素を分離し、定義し、それらを制御するための道具を提供するからだ。「現象の本質に焦点を当てるためには、客観的な生物学的、心理学的、精神病理学的な用語に頼るしかなかったのだ」とロバチェフスキは書いている。これらの用語のほとんどとその定義の紹介は、編集者である著者自身に任せるとして、病理学とその特徴の適切な命名が著者の大きな貢献の一つであることだけを指摘しておこう。このような命名は、その発展と拡散に対する最初の最善の防御を提供するものであることを、彼は明確にしている。

本書では、多くのことが語られているため、単なる一般論に過ぎないように思われるかもしれない。しかし、読者は、ウオバチェフスキが個人と社会の正常な心理的・心理社会的状況を論じていることに細心の注意を払うよう努力しなければならず、それによって、その特徴を示す病的な人物の出現を見分け、理解し、可能ならば、防ぐことができる。これらの特徴は、鋭い洞察力と驚くべき明晰さを持って論じられている。私がそうであったように、同じような状況下で生活している読者は、パターンに注目し、自分の経験と比較することによって著者の発見を検証することだろう。そうすることで、著者が約束する「病的政治」の影響に対する防御策を見いだし始めるだろう。ウオバチェフスキが言うように、「ポネロロジーの性質を持つ現象に言及すれば、単なる正しい知識だけで、個々の人間を癒し、心の調和を取り戻す手助けを始めることができる」のである。政治的ポネロロジーを読むことは、狂気と非人間性の中で自分自身の正気と人間性を維持しようと苦闘する人々にとって、拡張されたセラピーセッションを構成することになる。私にとってはそうであった。

このような理由から、読者は本書をめまいのするようなものだと感じるかもしれないが、同時に最も重要なものだとも思う。ポリティカル・ポネロロジー』は、思想家や、過去と現在の全体主義に苦しむすべての人々にとって必読の書である。特に、左翼的な全体主義が再び台頭している今日、今度は西洋で、特に心の生活を含む生活のほぼすべての側面に影響を及ぼしている今日、この本は極めて重要である。

こうして「世界の全体的な治療」が始まるのである。

マイケル・レクテンワルド (PhD)

ペンシルベニア州ピッツバーグ、2022年2月27日

マイケル・レクテンワルド博士は、Thought Criminal(2020)、Beyond Woke(2020)、Google Archipelago(2019)、Springtime for Snowflakes(2018)等の著者である。マイケルは、親米教育プラットフォーム「American Scholars」の最高学務責任者兼共同創設者である。2008年から2019年までNYUのリベラル・スタディーズおよびグローバル・リベラル・スタディーズの教授を務めた。

編者紹介

「権力は手段ではなく、目的である。人は革命を守るために独裁を確立するのではなく、独裁を確立するために革命を行うのである。」

-オブライエン、ジョージ・オーウェル著「1984年」の中で

「すべての政府は、繰り返し起こる問題に苦しんでいる。権力は病的な人格を引きつける。権力は腐敗させるのではなく、腐敗しやすいものに引き寄せられる。そのような人々は暴力に酔う傾向があり、すぐに病みつきになってしまう。」

-Missionaria Protectiva、フランク・ハーバートの『チャプターハウス』所収

デューン

「私は常々、革命、特に民主主義革命においては、狂人、それも礼儀上そう呼ばれるのではなく、本物の狂人が、非常に大きな政治的役割を担ってきたと思っている。一つ確かなことは、半狂乱の状態はそのような時にふさわしくないものではなく、しばしば成功につながることさえあるということである。」

-アレクシス・ド・トクヴィル『フランス革命の回想』より

1951年、ポーランドをはじめとする東欧・中欧の国々に共産主義が押しつけられてから数年後のことである。それまでは、フッサールの弟子であるローマン・インガルデンをはじめとする学者たちの講義が行われていた。しかし、その年、マルクス・レーニン主義の洗脳講義を受けるために、学生たちが大勢でホールに入ってくると、見知らぬ男が教壇に現れ、自分たちが新しい教授になることを告げた。このクラスの学生たちは、まもなく心理学の学位を持って卒業するが、全体主義や精神病理学の本質について重要な教訓を学ぼうとしていた。

その男は実際の教授ではなかったし、それが表れていた。彼は大学にふさわしくないナンセンスな話をした。学生たちはすぐにそれに気づき、彼が高校を出ていることを知ったが、実際に卒業しているかどうかは不明であった。しかし、この教授が高校を卒業したかどうかは不明で、学生を軽蔑し、憎しみの目で見ていた。その暴虐な教え方は、彼が「社会的に進んだ」新しい地位のために感謝しなければならない共産党指導者の教え方と同じであった。

共産党の教化活動は恥ずかしくなるほど効果がなかった。しかし、共産主義体制の核心にある人格と心理的過程を学ぶことができた。本書の著者であるアンジェイ・ウオバチェフスキ博士(1921-2007)4は、このクラスの学生の一人であり、この残酷な新しい現実を知る上で、この教授が最初の指導者であったと述べている。その教授がいなければ、おそらく本書はなかったかもしれない。

ジョン・コネリー (John Connelly)は、その著書『囚われの大学』で、こストームのような時代を研究している。

「東ドイツ、チェコ、ポーランドの高等教育のソ連化、1945-1956」という本で、こストームの時代を研究している。ソ連で確立されたこのイデオロギー的買収の雛形について、彼はこう書いている。

大学から敵がいなくなった後、大学は表向きの支持者で満たされなければならなかった

つまり、社会的に恵まれない層の学生で、政権に忠誠を誓い、社会的地位を向上させようとする者たちである。ソビエトの歴史における初期の躍進期には、「労働者と農民出身」の学生が優先的に採用された5。

共産党は、西側で「アファーマティブ・アクション」と呼ばれるプログラムを制定し、「労働者・農民」階級、つまり教育制度に数的に不足している恵まれない人々から学生を入学させようと積極的に動いた。また、大学進学のための補習コースも設けられた。しかし、例えばチェコでは、労働者階級の学生を受け入れるために、中流階級の志願者を強制的に減少させなければならなかった(これは、今日多くのアジア系アメリカ人に馴染みのある政策である)。労働者階級の学生は、多くの科目で並み、あるいは他の科目で優れており、今日のアファーマティブ・アクションを反映して、多くの点で成功したが、これらの学生の多くは、特に技術分野で手に負えなくなり、平均より高い割合で退学していった。しかし、結局のところ、これは共産主義であり、クォータは満たされなければならない。しかし、ここは共産主義、つまりノルマを達成しなければならないのだ! そこで、ポーランドと東ドイツの役人は、単に基準を下げ、学生を早く卒業させることでこの問題を解決した。1952 年 1 月にポズナン大学の代表者がクラソフスカ教育次官と会談した際、学長アジュ キエヴィッチは、「当局がわれわれを卒業させるしかない、そうしなければ計画を達成できないからだ」と感じている学生の間で「不適切な行動」が見られると話した7。

この状況を利用したのは、学生だけではなかった。「教授対教授」と題されたセクションで、コネリーは、当時の教員にとっておそらく「最も意気阻喪する経験」であった、一部の教授による同僚への個人的・職業的攻撃が、自主退職、早期退職、解雇につながったことを述べている。大学当局は「『人民民主主義体制に敵対する態度』を示した教授の教員資格を無効にし」、「政治的に信頼できないと判断された仲間を排除する投票を行った」8。また、この新しい政治状況を利用して「古い決着をつけようとした」者もいた。東ドイツでは、「同僚に反対票を投じる習慣も広まっていた」。イデオロギー的に正しくない発言をした同僚を国家保安局に送るよう教授が投票することもあり、あるケースでは「労働者階級の優れた指導者」を批判する発言を理由にした。9 共産党体制は、思想犯罪の例を見つけ出し、犯罪者を(有罪か否かにかかわらず)処罰し、恐怖によって強制されるわずかな遵守と思想的合意を維持できるかどうかにかかっていたのだ。

ワバシェフスキの政治的教化の体験から70年後の今日、ポーランドでは高等教育の政治化の幕開けである。少なくとも2016年以降、欧米諸国の大学では類似のプロセスが進行しているが、その種は数十年前から発芽していた。ポストモダニズムと批評理論の拷問された論理、「安全な空間」、「マイクロアグレッション」、「ノープラットフォーム」、「トリガー警告」、反体制の声の「キャンセル」は大学キャンパスでいたるところに見られる10(ヤギェウォ大学自体も新しい教化を免れていない11)。現在のイデオロギー的なウイルスである「社会正義」は、大学の研究室から企業、政治、教会、教育といった文化の主流に逃げ込んでしまったのだ。この時だけは、政府による強制は必要なかった。

実際、社会正義のイデオロギーは、「ジェンダー論」、「批判的人種論」、そして増え続ける学問的に疑問のある「研究」部門のリストに根を張り、トロイの木馬のようなものである。表面的には「多様性、公平性、包括性」を推進するが、厳格なイデオロギー的適合、不平等、そして意見の異なる者の排除を強制する。もし異論を唱える勇気があれば、「差別」(=思想犯)であり、「歴史的に疎外されたグループ」の「安全」(=感情を害すること)を危険にさらす罪で有罪となる(そのグループの人々が実際にどう考えているかは別として)。あなた方は、平等の名の下に、含まれるに足る多様性を持ち合わせていないことを証明することになる。その論理はカフカ的であり、その道徳はオーウェル的である。

2007年に亡くなったウォバシェフスキは、30年以上前にこのような警告を発し、あらゆる形態の全体主義の精神病理学的性質を診断し、それがどのように、なぜ発展するのかを説明し、再び起こらないようにするための解決策を提案した。彼は、ポーランドが20世紀の共産主義革命、敵対的買収、浸透につながった大衆の狂気の再現を免れることに希望を抱いていた。しかし、アメリカについては、それほど期待していなかった。しかし、残念ながら、彼の著作はいまだに知られておらず、その著作が災難を回避するのに役立ったかもしれない機会の窓は、すでに過ぎてしまったかもしれない。そうであろうとなかろうと、彼の著書は今こそ必要とされている。彼の考えは、今日の西洋世界を支配している狂気の世界を理解するのに役立つだろう。しかし、その前に、この本がどのようにして生まれたのか、その歴史を簡単に説明しておく。

政治的ポネロロジーの歴史

1940年代後半、東欧・中欧諸国に共産主義が押し付けられた後、主にポーランド、ハンガリー、チェコスロバキアの科学者たちが、秘密裏に全体主義の本質を科学的に研究するために共同研究を行っていた。2007年に亡くなるまで、ロバチェフスキはこのグループの最後の存命メンバーとして知られていた。本書は、彼が数十年にわたる共産主義下のポーランドでの生活と仕事の経験から導き出した結論と、このグループの他のメンバーから収集できたあらゆるデータを収録したものである。心理学、精神医学、社会学、歴史学などを総合して「ポネロロジー」と命名した。ポネロロジーの名称は、ポーランドの歴史的な村、ティニエツにあるベネディクト会修道院の2人の修道士が、彼の希望でつけた。新約聖書のギリシャ語「poneros」に由来するこの言葉は、腐敗させる影響を持つ先天的な悪を示唆しており、サイコパスとその社会的影響を表すのにふさわしい言葉である。

この研究のヒントは他のところにもあるが、私たちが知っていることは、実質的にすべてこの本から得られている。ウオバチェフスキが他の研究者と接触したのは、引退したステファン・シューマン(1889-1972)を通じてであり、彼は匿名の研究概要をグループのメンバーに渡していた。科学者たちは、逮捕や拷問、あるいは致命的な「仕事中の事故」など、発覚すると大変なことになるため、厳格な秘密保持の共同作業が不可欠であった。ナチスやソ連の占領下での過去10年間の抵抗で学んだ作戦方法を採用することで、彼らは自分たちと自分たちの仕事を守っていた。もし、逮捕されても、拷問されても、仲間の名前も居場所も明かせない。

後のインタビューや著作で、ロバチェフスキが名前を明かしたのは、この活動の初期に何らかの形で関わった前世代のポーランド人教授、ステファン・ブワチョフスキ(1889-1962)とカジミエシュ・ドンバロフスキ(1902-1980)の2人だけである。ブワチョフスキは不審な死を遂げたようで、ロバチェフスキは、研究に参加したために国家警察に殺害されたと推測している。この頃、ドンバロフスキは移住し、米国で働くためにポーランド国籍を捨て、二重国籍のままカナダのアルバータ大学に職を得ている。ドンバロフスキが英語で出版した著作をよく読むと、後にポネロロジーの基礎となる理論的なルーツが示されている13。

ドンバロフスキは、ウオバチェフスキと同様に、精神病質は「人格と社会集団の発展における最大の障害」14であると考え、警告を発している。「このような人物の心理的タイプを認識できないことが、計り知れない苦しみ、集団恐怖、暴力的な抑圧、大量虐殺、文明の衰退を引き起こしている。サイコパスの暗示的(催眠的、呪術的)な力が、事実と、彼の教義の道徳的・実際的な結果と向き合わない限り、社会集団全体が彼のデマゴギー的な訴えに屈するかもしれない」15 政治的サイコパスについて初めて明確に言及した1つとして、彼は、野心と権力や金銭的利益に対する欲望の極端さは「犯罪者あるいは政治的サイコパスにおいて特に明白である」16と述べている。

集団間の不和を広げるための方法が開発される(「Divide et impera」(分割統治)の格言にあるように)。政治における反逆と欺瞞は正当化され、肯定的な価値として提示される。また、具体的な状況を利用する原則も展開される。政治的な殺人、反対者の処刑、強制収容所、大量虐殺は、一次統合のレベルの政治システムの産物である(すなわち、サイコパス)17。

ドブロウスキーは、その時代より何十年も前の一節で、「成功」していないサイコパスは刑務所で見つかり、成功しているものは権力のある地位、すなわち「政治家や軍の国家指導者、労働組合のボスなどの間で見つかる」ことを観察している。(企業や「成功した」サイコパスの概念は、ここ数十年の間に西洋で始まったばかりである)。彼は、この「感情的な遅れ」を特徴とする指導者の例として、ヒトラーとスターリンを挙げている。両者とも「共感の欠如、感情の冷淡さ、無制限の冷酷さ、権力への渇望」を示している18。

ドニブロフスキとウェバシェフスキは、この恐怖を身をもって体験した。1939 年 9 月、ナチスはポーランドに侵攻し、その後、推定 600 万人のポーランド人の死をもたら す恐怖の体制を確立した。精神医学は非合法化され、ハーバード大学医学部のジェイソン・アロンソンによれば、ナチスは開業していた精神科医の大半を殺害した。この激動の時代に、ロバチェフスキはポーランドの地下抵抗組織である家庭軍に兵士として志願し、心理学を学びたいという思いを募らせた。

後に彼が通うことになるヤギェウォ大学は、戦時中、クラクフ市の知的エリートを絶滅させるという一般的な計画の一環として、大きな被害を受けた。1939年11月6日、138人の教授と職員が逮捕され、強制収容所に送られた21。彼らは、ドイツのポーランド教育計画に関する強制講義に出席するようにと言われていたのだ。到着すると、彼らは講義室で、建物にいた他の全員と一緒に逮捕された。ありがたいことに、国民の抗議によって、大多数は数カ月後に釈放された。大学はナチスによって略奪され、破壊されたが、この作戦の生存者は1942年に地下大学を設立することができた22。1945年に通常の講義が再開され、ロバチェフスキはヤギェウォ大学の精神医学教授エウゲニウス・ブレジツキに学び始め、そこで教える有名な心理学者ステファン・スマンと出会ったのは、おそらくそれからすぐのことだった。(前述したように、スツマンは後年、ロバチェフスキの秘密資料や研究の情報提供者として活躍することになる)。

ヤギェウォをはじめとするポーランドの大学は、数年間は自由を享受していたが、1947年のポーランド人民共和国の成立と翌年のボレスワフ・ビエルツによる権力強化により、そのほとんどが終了した。ポーランドはソ連の衛星国となり、党は高等教育を掌握し、医療と精神医療は社会化され、臨床精神医学は完全に空洞化された。こうして、ポーランドの教育と研究の「スターリン化」は、ヒトラーが去った後の段階を引き継いだのである。コネリーはこう書いている。

おそらく、旧来の教授職の強さのために、大学の破壊はポーランドで最も進んだ。再編は、人文・社会科学から学問的資源をシフトさせた。以前は、ルブリンの国立大学 (UMCS)を除けば、ポーランドのどの大学でも哲学を学ぶことができた。現在では、哲学、心理学、教育学はワルシャワでしか学べない23。

こうして、権力者から「イデオロギー的に正しくない」と見なされていたクラクフの旧来の心理学教授が教える最後の授業が、ウオバチェフスキの授業となった。ウオバチェフスキが語るように、大学生活に党の手が伸びていることを十分に感じたのは、前述した学校教育の最後の年(1951)だけであった。この非人間的な「新しい現実」の体験は、戦争が心理学への最初の興味をかき立てたように、その後のロバチェフスキの研究の道筋にインスピレーションを与えることになった。

ウオバチェフスキは、ポーランドのサブカルパティア州にある質素な荘園で、「古い木々、犬や馬に囲まれて」育った。彼は養蜂を行い、夏には農場で働いて、巣箱の心理についていくつかの洞察を得た。戦後は機械科の高校を卒業し、建築業で生計を立てていた。卒業後の30年間は、共産主義下の生活で、総合病院や精神病院、鉱業界の産業心理学者として働いた。学問の道に進むことは許されなかったが、ポーランドでの生活の厳しさは、彼がこの新しい社会的現実と折り合いをつけるために必要な臨床診断の技術を高め、自らの研究を行う十分な機会を与えてくれた。また、このような過酷な支配のもとで最も苦しんでいる人々に心理療法を施すことも可能であった。

1950年代後半に秘密研究プロジェクトが始まるとすぐに、ロバチェフスキは、この現象の原因となるさまざまな精神障害の研究を任された。元々、彼は研究のごく一部にしか貢献しておらず、主にサイコパシーに焦点を当てた。最終的な研究の総合的な完成を担当した人の名前は秘密にされていたが、その研究は日の目を見ることはなかった。1960年代初頭、スターリン後の弾圧の波の中で、ウオバチェフスキの人脈はすべて機能しなくなり、彼にはすでに手に入っていたデータだけが残された。そして、そのデータは、焼却されたり、秘密警察の書庫に保管されたりして、永久に失われた。

このような事態に直面し、彼は自分一人で仕事を完成させることを決意した。しかし、このような秘密主義的な努力にもかかわらず、政治家たちは、彼が「危険な知識」を持っていると疑うようになった。この間、ウオバチェフスキは3度にわたって逮捕され、拷問を受けた。1968年、著書の第一稿を執筆していたとき、作業をしていた村の住民から秘密警察の襲撃が迫っていると警告された。4度目の逮捕か、それとも米国への「自主的」亡命かの選択を迫られたロバチェフスキは、後者を選び、米国に向かった。彼は、ほとんど何も持たずに出国した。

ニューヨークに到着すると、ポーランドの治安当局は、ニューヨークの人脈を利用して、ロバチェフスキが自分の専門分野の仕事にアクセスするのを妨害した。外国に住む科学者の場合、ポーランド秘密警察の手口は、アメリカの共産党や関連団体のカモや「役に立つバカ」を利用し、騙されやすいメンバーにある行動を提案し、それを実行に移すというものであった。そのため、ウオバチェフスキは肉体労働の仕事に就かざるを得ず、出勤前の早い時間に本の最終稿を書き上げた。統計データやケーススタディは論文と一緒にほとんど失われてしまったので、思い出せるものだけを掲載し、自分や他の人の数十年にわたる研究、こうした体制の犠牲者が書いた文献の研究に基づく観察と結論に主に焦点を当てた。

1984年に本が完成し、翌年には適切な英訳がなされたが、出版にこぎつけることはできなかった。心理学の編集者は「政治的すぎる」と言い、政治学の編集者は「心理学的すぎる」と言った。カーター大統領の国家安全保障顧問を務めたこともある同胞のブレジンスキーは、当初はこの本を賞賛し、出版に協力すると約束してくれたのだが、残念ながら、しばらく連絡を取り合った後、ブレジンスキーはこの本の出版を断念した。しかし、しばらくやり取りをしているうちに、ブレジンスキーは沈黙し、「うまくいかなかったのは残念だ」という趣旨の返答をするにとどまった。結局、学者向けの少部数の出版にとどまり、学者や批評家に大きな影響を与えることはできなかった27。

1990年、体調を崩したロバチェフスキはポーランドに戻り、別の本を出版し28、『ポリティカル・ポネロロジー』の原稿をコンピューターに書き写した。そして、その原稿をレッド・ピル・プレス社の編集者に送り 2006年に出版された。その1年後の2007年11月、彼は再び健康を害し、この世を去った。

悪の起源

20世紀は、工業的な規模で残虐行為が行われた時代だった。大量虐殺を行う死の部隊、強制収容所と絶滅収容所、拷問と恐怖の官僚制度、逮捕と処刑のノルマ、大量モニタリング、カフカ的な見せしめ裁判と公開処刑、繕いきれないほど不条理なオーウェル的プロパガンダ-こうした大量スケールでの人間的過剰悪はしばしば次のような応答を呼び起こする。「政府が自国民にこんなことをするなんて。..」。このような体制への移行を経験した人の話では、左が正しくて右が悪いという別世界に入ったようなものだと表現している。突然、世界がどのように機能しているかについての自分の考えが全く不十分であるように思える。

しかし、それは大量に発生する悪だけではない。比較的ありふれた犯罪が、日常的に同じような反応を呼び起こす。詐欺師が認知症の老女を騙して貯金を奪い、貧困に陥れる。もっとひどい場合は、強姦して殺害することさえある。母親が一人っ子を殺してしまい、警察の取り調べに対して「何が問題なの?もう一人産めるんだから」と。連続殺人犯は他の人間を狩り、殺す前に、あるいは殺した後に、レイプし、体を切断し、そして家に帰り、彼の秘密の生活について何も知らない妻や子供の元に帰る。そして私たちは、「どうしてそんなことができるのか」と問いかける。

ウオバチェフスキのテーゼは、斬新であると同時にナンセンスである

どちらの問いに対する答えも同じである。悪の力学とその発生は、家族、社会、マクロ社会など規模に関係なく類似しているのである。しかし、私たちはまず悪を定義しなければならない。この言葉や概念は、宗教的な意味合いを持つという理由で、多くの人が軽率に拒絶している。心理学者のフィリップ・ジンバルドーは適切な定義をしている。「悪とは、罪のない他人を傷つけ、罵り、卑下し、人間性を失わせ、あるいは破壊するような行動を意図的にとること、あるいは自分の権威や組織力を使って、自分の代わりに他人にそうすることを奨励、許可することである」29。

第二の疑問、つまり、このような悪の行為は何によって説明されるのか、という問いに対する答えは、自然対育成の側面に沿って分かれる傾向がある。後者の支持者の多くは、すべての犯罪は社会的に構築されたものであると主張している。社会が彼らをそうさせた、あるいは虐待する親をそうさせたのであって、自然は何の関係もない。社会を変え、意識を変えれば、犯罪はなくなる。また、犯罪者は単に悪い種であると確信している人もいる。虐待を受けた子供時代やその他の環境的要因は無関係であり、性格の悪さの安っぽい言い訳である。

最初の疑問、すなわちホロコーストのような大量虐殺行為を説明するものは何かという疑問は、第二次世界大戦後にテオドール・アドルノとその同僚たちが「権威主義的人格」を定義しようとしたきっかけとなったものである。また、1963年にスタンレー・ミルグラムが権威への服従に関する有名な実験を行うに至ったのも、この仮説によるものである。1971年にフィリップ・ジンバルドが行ったスタンフォード監獄実験では、その意味が明らかにされた。そして、この疑問は、戦時中の占領下のポーランドでユダヤ人(男性、女性、子供)を殺害する任務を負った「普通の男たち」、ドイツ予備警察101大隊に関するクリストファー・ブラウニングの著書の背後にある疑問でもある30。しかし、これらすべての研究者が答えた疑問は、次のように言い換える方が適切かもしれない。「一見普通の人々が、なぜ怪物に変身することができたのか?」 つまり、この問いには、他の重要な説明を遮断する可能性のある前提が隠されている。

これらの研究結果は、ある条件下では、普通の人々が残虐行為を行うことができ、また実際に行っていることを示唆している。しかし、この重要な観察と、悪事を働くのはもっぱら、あるいは主として普通の人々である、あるいは彼らの参加が現象全体に最も大きく寄与しているというもっと広い結論との間には、大きな隔たりがあるのだ。この論文は、普通の人々がどのようにそのような行為を行うことができるかを説明することはできても、必ずしも包括的な説明を提供するものではない。例えば、重大犯罪の大部分はサイコパスによって引き起こされているというような、2番目の質問に対する最良の答えの結果を統合していないように思われるからだ。自然対育成の議論では、どちらの側も正しくない、というより、どちらも正しい。ウオバチェフスキが主張するように、生物学的要因だけで悪に強く傾く場合(サイコパスのように)もあれば、生物学的要因と環境要因の組み合わせで悪に傾く場合(脳の損傷、母親のネグレクト、幼児期の栄養不良など)もある31。

ミルグラム実験を例にとってみよう。いくつかの明らかな疑問は、あまり考慮されることがない。被験者たちは、権威者の犯罪的な命令(この場合、他のボランティアと思われる人たちに致命的なショックを与えること)に従うという任務を負った、普通の人々の一人一人の役割を担っている。これだけなら、現実の条件と実験室で人為的に作り出された条件との間で容易に変換できる。しかし、被験者に(被験者が知っている限り)他の被験者を殺害するように命令するのは実験者であり、現実の世界でこの力学がどのように展開するかを理解するためには、間違いなくこの実験者が最も重要な変数となる。彼がいなければ、あの致命的と思われるショックはそもそも与えられなかったのだから。なぜなら、通常、彼は日常生活でそのようなことはしないからだ。そうでなければ、研究者が日常的に被験者に他の被験者を殺害させるということが蔓延してしまうからだ。問題は、普通の人々がなぜ残虐行為を行うのか(その答えは参考になるのだが)ではなく、誰が命令を下すのかである。研究室でモデル化されているのは現実のどのような状況なのか、そしてその本質的な特徴は何なのか?

そのヒントを得るために、結果を詳しく見てみよう。確かに大多数の被験者は、ある条件下では、実験者の命令で致命的な電気ショックを与えることを厭わなかった(ただし、別の被験者が拒否するなど、別の条件下ではコンプライアンスが低下した)。しかし、悪魔は細部に宿る。ミルグラムとジンバルドの実験は、殺人を拒否する少数派(20%以下)、消極的な参加者(状況に適応するが、観察されないと殺人を控えるかもしれない)のはるかに大きなグループ、そしてサディスティックで熱心な殺人者の小さな核という、ドイツの警察大隊の記録で見られたものと同じ傾向を示した32。ミルグラムの実験では、致命的なショックを与えた大多数は、不本意ながらそうした33。実験者が通常、些細な理由で他人を処刑するように指示しないように、被験者も通常、他人に致命的なショックを与えるように指示されてはいなかったのだ。この状況は斬新であり、そのため、被験者の大半は、内心の緊張が高まっているにもかかわらず、それに従わざるを得なかった。ブラウニングが描いたドイツの予備役警官の多くは、残虐行為を行った後、少なくとも最初は嘔吐し、その後、酒を飲んで昏倒してしまうのだそうだ。では、現実の世界では、実験者が演じる役割、つまり方針を決定し命令を下すのは、誰が一番多いのだろうか?彼らもまた「普通の人」であることが多いのだろうか。それとも、人生の新たな天職を見つけたサディスティックな殺人者の小集団のように、人間は他の心理的基準に従って自己選択する傾向があるのだろうか。

ここでもまた、ウオバチェフスキの答えは、振り返ってみれば自明といえるほど常識的なものだが、これほど明確に述べられたことはほとんどない。イアン・ヒューズは、ジンバルドーの「悪事を働く者も英雄的な行為をする者も、基本的には普通の人、平均的な人である点では同じだ」という記述に対して、この視点をまとめている。それは事実かもしれない、平均的な人々に関しては。しかし、ヒューズはこう書いている。

現代の心理学では。…..人間はみな等しく暴力や強欲に走ることができるという考え方に疑問を投げかけている。歴史が明らかに示しているように、普通の人々も残虐行為に参加することができるし、実際に参加している。一方、現代の精神医学は、少数ではあるが重要な人物が、大多数とは異なる種類の残虐性と軽蔑をもって他人を扱う生来の、一見不変の能力を持っていることを明らかにしている34。

20 世紀の専制君主は単独で行動したわけではないことを指摘し、こう付け加える。

20世紀の暴君は単独で行動したのではなく、ごく一部の心理的障害のある人たちからなる大衆運動の一部であり、その人たちは多くの心理的に正常な人たちを自分たちの大義に取り込むことができた。したがって、危険なパーソナリティ障害を持つ人々がもたらす危険を理解するための鍵は、個々の障害がどのようにして集団病理となるのかを理解することである35。

人間は複雑であり、悪を理解するためには、この複雑さを十分に理解することが必要である。例えば、人間は多くの特性で異なる。現在の最良のモデルは、人間の性格を、互いに独立して変化する5つの特性、すなわち開放性、良心性、外向性、同意性、神経症に分解するものである。保守派は良心的な性格が高く、リベラル派は開放的な性格が高い傾向がある。さらに、「ダークトライアド」モデルは、冷酷で悪意ある人物に最もよく関連する特徴であるナルシシズム、サイコパス、マキャベリズムを捉えるために開発された。HEXACOモデルは、5大要素に6番目の次元である「謙虚さ-正直さ」を加えたもので、これが「闇の三極」の性格特性をとらえるのに役立つと主張する人もいる。ヒューズが言及した危険な人格障害や、本書でロバチェフスキが説明した人格障害は、この種のモデルに該当する可能性がある36。

こうした個人の特性に、負の選択(才能のある普通の人々が既存の社会階層から排除され、さまざまな人格障害を持つ人々に取って代わられるプロセス)のような集団プロセス、心理的誘導 (例えば、社会伝染、集団ヒステリー、「呪縛」)のような社会プロセスが組み合わされて初めて、そのレベルの複雑性に近づき始めるのである。

これが、大幅に簡略化されてはいるが、ウオバチェフスキが提供する図式である。対人関係レベルでは、人格障害者は他人の精神にトラウマを植え付け、特にその子供の思考、感情、行動のパターンを変形させてしまう。社会的なレベルでは、このような人物はイデオロギーによって他人を呪縛し、魅了し、不満を操作することによって支持を集め、民族や階級間の分裂を増幅させることができる。悪の発生には、非日常的あるいは異常な状況(様々な社会悪や紛争を含む)に対応する多様な「普通の」人々と、その状況を利用して自己に有利なように形成する人格障害者「マキャベリ」などが複雑に絡み合っている。

最後に、マクロ社会的なレベルでは、そのような個人の活発な核が、集団全体に同様の影響を及ぼす。このような力学は、あらゆるレベルでフラクタル的に繰り返される。上層部の専制君主は下層部の専制君主の鏡であり、病的な規範を強制し、反対意見を罰し、新しいシステムに最もよく適応した者に報酬を与える。大多数の人々は不本意ながら従い、自らの良心の変形を代償に生活に適応していくだけである。

ポネロロジーの現在

本書の第5章の冒頭で、ウバシェフスキは読者に、ゴシック様式の大きな大学の建物、つまり前述のヤギェウォ大学の講堂にいる自分を想像するよう求めている37。こうして彼は、私たち読者を彼自身の場所に置き、彼が経験したことを自ら体験させてくれる。そして、この「新しい教授」がきっかけとなり、その後の彼の個人的、職業的な人生、ひいては本書の結論を決定づけ、鼓舞することになる経験を語っていくる。彼の願いは、彼が長年の苦しみと努力の末に学んだことを、私たちも学び、人類史上最悪の暴君(「共産主義」)の下で苦しんだすべての人々と同じような運命を避けることである。

この回想の中に、彼の主題である全体主義と呼ばれる現象の本質がすべて含まれているからだ。当時、彼は知らなかったが、新しい教授との出会いと、その教授が学生のごく一部に与えた影響は、当時ポーランドに広がっていた現象の小宇宙を表していた。この現象は、その後40年間、共産主義諸国を特徴づけることになる。

その講義室では、一国の帝国の専制政治が展開された。ドローレス・アンブリッジのような人物で、革命的な狂信者のように自信たっぷりにイデオロギーの流言を吐き、鉄拳で支配し、それまでの良識や科学的権威の常識を覆すような規則を強制する。多くの学生は、精神的ショックを受けた。社会的、感情的な絆が断ち切られ、クラスはすぐにどこか不可解な路線で二極化した。しかし、この教授の性格、無礼な振る舞い、無意味な考え方に反発する学生ばかりではなかった。中には、教授のやり方や思想に共鳴し、かつての友人や同僚を敵に回してしまった学生もいた。ある者は一時的なものであったが、ある者は党に入り、自ら小暴君となった。しかし、これまで6%だけ。教授が学生から釣り上げる新人の数には、おのずと限界があった。

この新しい区分の奇妙なところは、それがあらゆる社会レベルで再現されることであった。村でも都会でも、金持ちでも貧乏人でも、宗教家でも無神論者でも、学歴があってもなくても、この新しい区分は、それまでの社会的区分を一刀両断に切り裂いた。そして、その後40年間、この6%が新しい指導者の核となった。まるで、目に見えない磁石の引き合う鉄片のように、その基準は、才能、功績、経験、美徳、富、生まれなど、それまで得られていたものとは似ても似つかないものであった。

ウオバチェフスキは、共産主義が単なる政治・経済システムの「違い」、すなわち、指令経済による一党独裁国家と自由市場による自由民主主義国家との違いではない、と主張している。そのような分類では、その非人間的な残虐性と托卵を十分に説明することはできない。(また、そのようなシステムが誕生する前の狂気の時期を適切に説明することもできない)。むしろ、彼と彼の同僚は、共産主義が「マクロ社会的な病理現象」、すなわち社会病と病的に反転した社会システムを表していると確信していた。ボルシェビキはロシア帝国をただ乗っ取ったのではなく、革命は、ある政党が暴力的に追い出され、代わりに別の政党が動き、たまたまその政党が帝国に対して異なる政策目標と計画を持っていただけであるような、単なるクーデターではなかった。そうではなく、ボルシェビキには、他の政治集団とは根本的に異なる何かがあり、そのイデオロギーに加え、その背後にある何かがあったのだ。革命後の数十年間、ソビエトは既存の社会構造を完全に破壊し、根本的に新しく、異なるものに置き換えることを進めた。ウオバチェフスキにとって、この現象の本質を適切に説明するのに近い唯一のものは、心理学の言葉、特に精神病理学の分野であった。

この数年間の社会の急激な再編成は、あらゆるレベルの暴力的な粛清によって助けられたが、実際には強制的な心理的選別プロセスであった。正常で健全な社会では、社会的な関係や地位は、才能、能力、美徳といった人間の本質に基づいた特定の心理的基準によって支配される。コンピュータのプログラマーは、プログラミングができなければならない。彼の上司は有能であるべきだ。また、権力や影響力のある立場にある人は、ある程度の徳や人格を備えていなければならない。汚職、基本的道徳観の欠如、犯罪行為などの正当なスキャンダルに巻き込まれた人は、社会的に良い地位を失う。基本的な社会規範に著しく違反する者は、サイコパス(アメリカの囚人人口の20%程度を占める)のように罰せられる。この点で完璧な社会はないが、全体として、人類はこのように自己選択する傾向があり、ある社会の個人がどの程度自分の職業や社会的地位に適しているかは、その社会の健全性を測る良い指標となる。この社会は必然的に階層化される。ある者は常に他の者より裕福で、賢く、才能があり、美しく、成功しており、上位階級に入るための基準(他の者より恣意的なものもある)が常に存在する。

革命とその衛星国における人為的なトップダウンの再生産は、偉大な平準化装置として、これらすべてを破壊した。革命は、それまでの社会階層とその基盤を取り壊し、それを逸脱した心理的基準に置き換えた。暴力や窃盗に参加することで「自分を証明」しなければならない犯罪組織のように、ミロヴァン・ジラスの言葉を借りれば、「新しい階級」に入るための基準は、明らかに精神病理学的なものだった。良心の欠如を積極的かつ明確に推進するシステムが、良心のない人々によって支配されるようになったことは、驚くには値しない。実際、ロバチェフスキの「新教授」は、無学な党員であっただけでなく、精神病質者でもあった。彼はサイコパスでもあったのだ。

1917年のロシア革命当時、精神病質に関する科学はまだ黎明期にあり、その後の研究の方向性を示す科学的な著作が出版されるのは、それから数十年後の1941年である38。西側からこれらや将来の発展を知ることができなかったロバチェフスキは、このテーマについて独自の結論を出し、ニューヨークに移住してから自分の考えを裏付けるものを見つけた。しかし、彼は、これから起こることを研究するための準備を十分に整えていた。当時のヤギェウォは、強力な心理学と精神医学の学部を誇っていたが、新しい政治指導者がそれをイデオロギー的に抹殺するまでは(関連の教科書はすぐに「記憶封印」され、下位学問は禁止された)、その時点から教育を受けた者はいなかった。その時点から教育を受けた誰も、必要な事実を自由に扱うことができなくなった。新体制の全体主義的な性質は、海外から研究を調達できないだけでなく、逮捕、拷問、死の危険なしに国内で研究を共有することもできないことを意味した。

サイコパスは、さまざまな対人情緒的特徴と反社会的行動を特徴とする人格障害である。サイコパスは人を操り、魅力的である。また、冷酷で完全に自己中心的である。彼らは他の人々がするような感情を感じない。彼らは罪悪感、恥、恐怖を感じない。自分の母親を売るような人間でありながら、自分は偉大で愛すべき息子であると、他人を説得する。最も広く使われている評価ツールは、カナダの心理学者ロバート・D・ヘアの「サイコパス・チェックリスト改訂版 (PCL-R)」である。その項目は以下の通りである:口達者/表面的な魅力、自己価値の誇大妄想、病的な嘘、狡猾/策士、反省や罪悪感の欠如、浅い感情、冷淡/共感の欠如、責任を認めない、刺激を求める、寄生的生活、現実的な長期目標なし、衝動性、無責任、行動制御が下手、初期の行動問題、条件付き釈放の撤回、犯罪的多才さ。ポール・バビアクとロバート・ヘアーは、このように説明している。

私たちが言いたいのは、いくつかの能力-実際にはスキル-が、サイコパスの正体を見抜くことを難しくしているということだ。まず、彼らは「人を読む」才能があり、相手を素早く見極めることができる。彼らは人の好き嫌い、動機、ニーズ、弱点、弱点を見分けることができる。彼らは、人の感情をうまく利用する方法を知っている。私たちは皆、押される可能性のある「ボタン」を持っているが、サイコパスは他の人よりも、常にそれを押す準備ができている。..第2に、多くのサイコパスは優れた口頭でのコミュニケーション能力を持っている。彼らは、ほとんどの人の妨げとなる社会的な抑制をすることなく、すぐに会話に飛び込むことができる。彼らは、メッセージの内容はその伝達よりも重要でないという事実を利用する。専門用語や決まり文句、華やかなフレーズをふんだんに使った自信に満ちた積極的な話し方で、他人との交流における実質と誠意の欠如を補うのである。このスキルは、自分が取れるものは何でも取って当然だという信念と相まって、サイコパスはその人について学んだことを、その人と接する際に効果的に利用することができる。第3に、彼らは他人の印象を管理する達人である。他人の心理に対する洞察力と、表面的ではあるが説得力のある流暢な言葉遣いによって、彼らは状況や自分のゲームプランに合わせて巧みに自分のペルソナを変化させることができる。彼らは、多くの仮面をつけ、相手によって「自分が誰であるか」を変え、意図する被害者に好感を持たれるようにする能力を持っている39。

般人口の1%と推定されるが、研究者のケント・キールは、成人男性サイコパスの大部分(90%以上)は、刑務所に入っているか、仮釈放や保護観察など、アメリカの刑事司法制度に巻き込まれていると主張する40。しかし、最も才能のある成功したサイコパスは、刑務所や派遣会社にいる者よりも知的で衝動的でないため、影響力や名声のある地位に就くことができる(ただし、一般的に才能のある者と同様に、彼らはより平凡な者より数が少なくなる)。サイコパスの世界的な専門家であるヘアーはかつて、もし刑務所でサイコパスを研究しないのであれば、証券取引所で研究すると発言している。サイコパスの起業家やリスクテイカーは、金融の水源地、特に莫大な利益を生み、規制が緩い場所に引き寄せられる傾向があると仮定すると」42 サイコパスにとって詐欺は自然なことであり、長年彼らと接してきた専門家でさえ、常に騙されるのだ。クレックリーはこの印象操作の専門性を「正気の仮面」(このテーマに関する彼の古典的な本のタイトル)と呼んでいる。

対照的に、共産主義では、ウオバチェフスキはこの現実が逆転していることを発見した。社会のサイコパスはほとんどすべて新体制に統合され、その割合は100%に近かった。全体主義体制の異質さ、残忍さ、反人間的な性質、その方法、新体制の超現実的な質、その動機、目標、実践を形成したのは、彼らの存在と影響力であった。キャリア組の犯罪者、無責任な放浪者、無能なエゴイスト、そして経験豊富で知的な操作者、これらの人々が政府のあらゆるレベル、軍隊、連邦警察や地方警察、裁判所、教育、ビジネス、工場、自治会、青年団など、あらゆる社会制度において影響力を持つ立場にいる政府のシステムを想像してみて欲しい。ソ連で数十年にわたっておこなわれたこのプロセスは、第二次世界大戦後の約10年間、東ヨーロッパで人為的に再現された(ただし、第5章でワバチェフスキが述べている理由によって、これほど成功したとはいえない)。

ポネロロジーの主要な問いの一つは、全体主義に、そのあらゆる種類の決定的な「テイスト」を与えるものは何かということである。ナチス・ドイツ、ソ連、毛沢東の中国、ポル・ポトのカンボジアはいずれも重要な、時には深刻な違いをもっていたが、類似点が多いため、政治学者はこれらをすべて「全体主義」として分類する傾向がある。しかし、全体主義に関する古典的な研究は、何か重要なことを見逃している、問題の本質を十分に掘り下げていない、という印象をぬぐえない。それは、周辺視野にいつまでも残っている物体に焦点を合わせようとするようなもので、そこにあることは分かっていても、細部まではよく分からない。サイコパスとの個人的な出会いが、人を当惑させ、恐怖を与え、士気を失わせる(そして破産させる)ように–特に、自分が今経験したことが一体何なのか分からないときに–マクロ社会レベルでのサイコパスとの出会いもまた然りなのである。

サイコパスは、世界に対して異なる見方や経験をする。彼らは世界が自分たちに何か、あるいは何でも借りがあると思っており、自分たちが欲しいものを手に入れ、それを維持するために必要なあらゆる手段(テロ、拷問、殺人、絶滅など)を使うことに何のためらいもない。もし、そのような手段が許されない状況であれば、彼らは喜んであなたの評判やキャリアを台無しにするようなことをする。犬猿の仲、弱肉強食、適者生存、そして彼らこそが適者なのだ(彼らの目には)。彼らが夢見る世界は、自分たちが主導権を握る世界であり、ナイーブな道徳、宗教、伝統、美徳を持つ「ノーマン」ではない。そういうのはカモのためだ。彼らは「自由」「解放」「平等」「ユートピア」を求めているが、合理的な普通の人が想像するような形ではない。彼らが求めるのは、刑務所に入ったり、路上でリンチされたりすることなく、自分のしたいことをする自由なのである。

前世紀、政治的サイコパスは、共産主義、ファシズム、イスラム主義などの便利なイデオロギーを使って、複数の国で絶対的な権力を獲得した。それは、広く訴え、彼らを頂点に導くのに十分な大衆の支持があるイデオロギーで、しばしば狂気に巻き込まれて道を切り開いたナイーブな真の信者に気づかれないまま、彼らのために行われるのだ。(社会正義はまさにそのようなイデオロギーである。だからトロイの木馬なのだ。イデオロギーは、単純化され、破壊的で、往々にして単純に間違っているため、その批判者にとっては、表面的には十分に悪いものである。しかし、この批判者たちが想像するよりも、もっと悪い。このようなイデオロギーは、社会構造を完全に破壊し、病的な戯画に置き換える手段である。

全体主義に関する現代最高の本は、政治学部のものではなく、宗教学の教授で神秘主義やグノーシス主義の専門家によるものである。Arthur Versluis著『The New Inquisitions: Arthur Versluis著『The New Inquisitions: Heretic-Hunting and the Intellectual Origins of Modern Totalitarianism』である。ヴェルスルイスは、20世紀の全体主義のみならず、スペイン異端審問やフランス革命に共通するパターンを明らかにし、その過程で過去の形式と現在の形式をつなぐ共通の知的系譜を追跡している。これらのすべての体制におけるイデオロギーの重要性を強調し、イデオクラシーの例とし て、「中央集権的な国家テロ装置を通じたイデオロギーの強制に基づく支配」を挙げている43。このページで読者がわかるように、ロバチェフスキはこの次元の重要性に確実に同意している。しかし、ヴァースルイスは、こうしたシステムのイデオパシー的な性質(「多くの犠牲者を生む硬直したイデオロギーの病的な主張」)44を指摘することで、問題の核心に迫っている。

ズビグニエフ・ヤノフスキー教授も、『ホモ・アメリカヌス』のなかで同様の見解を示している

2021年に出版された『The Rise of Totalitarian Democracy in America』でも同様の見解を示している。

大規模な病理学的行動が全体主義政権の特徴である限り、それは、全体主義が、われわれが自由社会と呼ぶものでは病理学的とみなされる程度に病理学を発展、繁栄させるだけでなく、全体主義自体が病理的であるからだ45。

この社会病とサイコパシーの役割に関するウオバチェフスキの記述は画期的であり、全体主義を理解する上で不可欠であるが、彼の著作の別の特徴は、そもそも病理学がどのように発展するのかという、現時点での西洋社会が理解すべきさらに重要な点である。ウオバチェフスキは、知らず知らずのうちに、この「新教授」によって、パスクラシーの謎に足を踏み入れていた。彼が書いているように。

彼は熱意をもって話したが、そこには科学的なものは何もなかった

彼は科学的な概念と一般的な信念を区別することができなかった。科学的概念と俗信の区別がつかない。その境界線上の概念を、疑う余地のない知恵であるかのように扱った。毎週90分間、彼は素朴で思い込みの激しい類比論と、世界と人間に関する病的な見方を私たちに浴びせかけた。私たちは軽蔑と憎悪の念で扱われた。冗談を言うとひどい目にあうので、注意深く、厳粛に話を聞くしかなかった。

新任の教授に気に入られた学生について、彼はこう書いている

「彼らは、何か秘密の知識を持っているような印象を受けた。…..われわれは、彼らに何を言うかに注意しなければならなかった」。残念ながら、これらの記述は、今日、欧米諸国のあらゆる教育レベルの学生が経験していることと、そう大きくはずれていない。「社会正義」のイデオロギーは、非科学的な学会の片隅から、企業、メディア、エンターテイメント、政治、軍事の主流に移った46。「多様性、平等、包括」は、現在のイデオロギーの流行語である47。

1917 年のロシア革命から 1960 年代後半の毛沢東の文化大革命まで、20 世紀に起こった出来事と本書で説明されたプロセスには、不気味なほど馴染み深い何かが西側世界 で起こっているのだ。このプロセスの種は、現在の社会政治システムの根幹をなす哲学に内在する弱点や矛盾に遡ることができるが、現在の社会正義思想の知的系譜は、1960年代から1970年代のポストモダニズムと批判理論・新左翼に遡る。2018年、マイケル・レクテンワルド教授は、このイデオロギーを「実践的」あるいは「応用的」なポストモダニズムと表現した。

(社会正義の)信念、実践、価値観、テクニックには、紛れもないポストモダニズムの刻印がある-ただし、何を探せばいいのかを知らなければならないが。このような理由から、また社会正義がリアルワールドに大きな影響を及ぼしていることから、私は現代の社会正義を「実践的ポストモダニズム」あるいは「応用的ポストモダン理論」と呼んでいる。これらのフレーズは、ポストモダニズムに精通した合理的な読者にとっては、矛盾しているように感じられるはずだ。ポストモダン理論のような不明瞭で、反実践的で、ほとんど説明のつかない命題の集合が、どうして適用されたり、実践されたりするのか、と彼らは当然に問いかける。実践されることによって、と私は答える。現代の社会正義は、ポストモダン理論の日常生活への非実用的な「実践的」応用である48。

ヘレン・プラックローズとジェームズ・リンゼイは後に、こうしたイデオロギーの「変異」を次のように述べている。

[これらの思想は1980年代後半から1990年代にかけて出現した一連の新しい理論のなかで変異し、固まり、政治的に実行可能なものになった(「応用ポストモダニズム」)。2010年頃から、[これらの考え方の第二の進化]は、ポストモダンの原則とテーマの絶対的な真理を主張した[「再定義されたポストモダニズム(reified postmodernism)」]。この変化は、学者や活動家が既存の理論と研究を組み合わせて、単に「社会正義の学問」として最もよく知られる単純で独断的な方法論にしたときに起こった49。

米国やカナダに住む、あるいは訪れる東欧の人々は、厄介な既視感を味わうことになる。ロバチェフスキは、1980年代のアメリカの社会情勢についてこう書いている。「米国に住む白髪のヨーロッパ人は、自分たちの青春時代(つまり第一次世界大戦争前)のヨーロッパとこれらの現象が似ていることに驚かされる」。しかし、1980年代のヨーロッパ人がアメリカの状況を世紀末のヨーロッパに似ていると見ていたのに対し、今日の彼らは、アメリカがますます全体主義的になり、共産主義思想の下での生活に似ていると見ている。その著書『嘘によらず生きよ。ジャーナリストのロッド・ドレハー氏は、著書『Live Not by Lies: A Manual for Christian Dissidents』の中で、「私はかつて共産主義下で暮らしたことのある多くの男女と話をした。私は彼らに、アメリカの生活もある種の全体主義に向かっていると思うか、と尋ねた。このことは、中国からの移民についても同じことが言える51。

保守的なポーランドの哲学者二人が、このテーマについて挑戦的だが重要な書物を書いている。リシャルト・レグトコ教授の2016年の著書『民主主義の中の悪魔』(原題:The Demon in Democracy)。原著は2012)は、民主主義国におけるこうした傾向を初めて指摘した一冊である。彼は70年代に米国を訪れた際、自由民主主義の友人たちの「共産主義に対する異常なまでの柔和さと共感」を目の当たりにして、初めてそのことを実感したのだそうだ。このような思いは、ポーランドの反共産主義者が自由民主主義への脅威とみなされた 1989 年以降、さらに90 年代には欧州議会での勤務経験-「政治的独占の典型的な息苦しい雰囲気」-を通じて新たに出芽た52 Zbigniew Janowski は、すでに述べた『Homo Americanus』で、次のように書いている。

ここアメリカに住むわれわれは、全体主義的な現実、あるいはそれに急速に近づきつつある現実に生きていることを理解しているアメリカ人はごくわずかであるようだ。かつて全体主義の鉄のカーテンの背後にあった国からの訪問者は、今日のアメリカにおける自由の欠如が、多くの点で、社会主義下で経験したものよりも大きいことにすぐに気づく。..今日のアメリカ人の行動は、昔のホモ・ソビエチスを、さらには文化大革命の時代の中国人を痛烈に思わせる53。

そして、現在の政治情勢について、ドレアーはこう書いている。

今日の西洋では、私たちは退廃的な、全体主義以前の条件のもとで生活している。社会の原子化、孤独の蔓延、イデオロギーの台頭、制度への信頼の喪失などが、前世紀にロシアとドイツが屈した全体主義の誘惑に社会を脆弱にしている54。

ここ数年、西洋(特に北米)の政治と文化が全体主義的な性格を強めているという同様の見解が、社会学者のマチュー・ボック=コンテ、国際関係論のアンジェロ・コデヴィラ教授、政治学者のウェイン・クリストード、人文科学のポール・ゴットフリード教授、政治学者のゴードン・M・ハーン、数学者のジェームズ・リンゼイ、リベラル派のマイケル・レクテンワルド、アーサー・ヴァースリュイ、フェミニストの作家ナオミ・ウォルフらあらゆる政治 分野で出されてきた55。

2022年の今、社会正義に加えて、COVID-19危機に対する世界的な対応では、多かれ少なかれ世界的に権威主義的な措置が厄介なまでに台頭し、その多くは住民に進んで受け入れられている56。この見出しは、その心理をよく表している。「このウイルスを倒すにはビッグブラザーが必要だ」 (The Times, Apr.20, 2020)。当然ながら、全体主義的な権力の掌握や政策(しばしばあからさまな違法行為)に対する批判者は、「人種差別主義者」、「女嫌い」、そしてまさに悪人というレッテルを貼られる。

われわれの未来が、ハクスリーの『ブレイブ・ニュー・ワールド』(享楽的で技術的な「ソフト」全体主義であり、人々は実質的に何の反対もなく奴隷であることを完全に受け入れる)か、オーウェルの『1984』(残酷な抑圧、「人間の顔を踏むブーツ」-永遠に)か、あるいはこの二つの組み合わせか、どちらに近いかはまだ分からない。あるいは、ハクスリーは必然的にオーウェルへと変身しなければならないのかもしれない。ウオバチェフスキを読むと、社会の社会構造、規範、宗教、伝統、制度がその襲撃をはねのけるに足る強さを持っていない限り、後者であることが示唆される。残念ながら、西洋のこうした状況を見る限り、希望を抱く余地はあまりない。

本の概要

本書は、序論と基礎的な資料(第I~IV章)、それに続くパスクラシー現象や特定の関心領域へのその資料の適用(第V~VIII章)、そして最後の2章(第IX~X章)での解決と結論に分けることができる。短い序論の後、第2章では、後続の章(特に第IV章)で説明される現象の背景となる基本的な心理学的概念が紹介される。これらの概念には、個人心理学と集団心理学に対するワバシェフスキの理解、それぞれに対する一般的な理解の欠点、彼の主題に関連する人間性の主要な特徴などについての短い概説が含まれている。例えば、連想記憶、一般知能、感情知能などの心理的機能、これらの能力と個人の才能の自然な変動、社会職業的適応(自分の才能を生かせる職業の度合い)、社会ヒステリー現象(任意の社会が感情の伝染、認知エラー、常識の喪失にどの程度さらされるかを示す尺度)などが挙げられる。

本章で明らかにされた人間性の特徴は、いくつかの理由で重要である。まず、人間の普遍的な性質として、個人や集団に影響を与える政策を立案・実施する際、また社会的相互作用における個人の心理の問題を扱う際に考慮されなければならない。これが無視されたり、否定されたりすると、対人関係の問題が生じ、政策が失敗し、否定的な結果を招く。(ウオバチェフスキによれば、現代のすべての政治システムは、このような欠陥のある理解の上に成り立っており、その結果、さまざまな種類のマクロ社会的な病が発生する可能性がある)。第2に、第4章で述べたさまざまなタイプの精神病理学において、影響を受けたり、変形したりする特徴である。したがって、効果的な人間関係や政策は、人間の本性だけでなく、その本性からの特徴的な逸脱も考慮しなければならない。第3に、これらの特徴は、認知・感情の構成が自然か環境か、あるいはその両方によって変形している個人によって利用される。したがって、これらの基本的な知識は、危険な人格に対する保護手段であると同時に、どのような行動方針が最も有望な成功の見込みがあるかを示す指針ともなり得るのである。最後に、人間の性質とその変化は、どのような社会であっても、その形と構造を決定し、基本的な人間の道徳観の輪郭を決定するものである。ある種の特徴が無視されればされるほど (例えば、才能がある分野での社会的地位の基準でなくなれば)、社会構造は不健全なものになる。これとは対照的に、人間の本性を最大限に理解し、表現することで、健全で創造的な社会構造が生まれる。

第3章では、社会的ヒステリーのサイクル(あるいは「ヒステロイド・サイクル」)について述べている。世俗的なサイクルは何世代にもわたって歴史的、経済的、社会学的な研究の対象になってきたが、ロバチェフスキはこうした成長と衰退のサイクルの心理的側面の重要性を強調している。教授の一人であるE.ブレジツキの研究にならい、ロバチェフスキは、こうしたサイクルの末端には社会ヒステリーの風土があり、第5章で述べるような病的な社会構造(ロバチェフスキはこれを「パソクラシー」と呼ぶ)が発生しやすいことを指摘する。執筆当時、ロバチェフスキは、米国が数十年後(すなわち 2000年代か2010年代)にこのようなプロセスを通過する危険性があると予測していた。彼の予測は、ピーター・ターチン (Peter Turchin)のような研究者の予測と密接に一致しており、その研究成果については脚注でさらに詳しく説明する。

第4章では、ポネロロジーの主要な概念とプロセスが紹介される。これらは、あらゆるレベル(対人関係、家族関係から国家政治というマクロ社会レベルまで)において作用する。このうち最も中心的なものは、現代の精神医学で一般に人格障害と呼ばれる「精神病理学的要因」である。西洋医学のアプローチはほとんど記述的なものであるのに対し、ウオバチェフスキはこれらの要因を原因に基づいて分類し、遺伝的なものと後天的なもの(すなわち、自然と養育)の2つの主要な病因に区別している。前者は「精神病質」と呼ばれるものである。これは人格の障害、すなわち基本的な人格特性の障害であり、彼が「感情・本能的な基盤」と呼ぶものの異常な発達に根ざしている。ポネロロジーの最も重要な障害は、サイコパスである(ロバチェフスキはこれを「本質的サイコパス」と呼んでいる)。その他の人格障害としては、シゾイド、回避性(あるいは「アステニック」)、強迫性(あるいは「アナンカスティック」)などが注目される。

彼は、「後天性」障害を、さらに2つの病因論的経路に分類している

すなわち、脳の器質的損傷(特に幼児期)と、ある種の親の影響(すなわち、母親、父親、あるいはその両方が関連する障害のいずれかを患っている場合)による人格形成の結果である。前者は、タデウシュ・ビリキエヴィッチに倣って「人格障害」と呼ばれ、前頭葉の損傷(境界性人格障害や反社会性人格障害に見られるような効果をもたらす)、妄想性人格障害、その他のさまざまなタイプの脳損傷(たとえば特定の薬物や感染症など)に共通する感情反応の鈍化などの結果を含んでいる。後者(つまり親の影響)については、彼は別のところで「社会病質」と呼んでいる。例えば、妄想性パーソナリティ障害は、脳の器質的損傷と、そのような人物に育てられたことによる機能的影響のいずれかによって生じ得ると、彼は主張している。このように、彼は、パーソナリティ障害の発症経路として、遺伝性(サイコパス)、器質性(キャラクタオパス)、社会性(ソシオパス)の3つを挙げている。

この考え方は、精神病理学に対する現在の「心理生物社会的」アプローチと同じではないが、共鳴するものである。このアプローチは、このような障害を、遺伝的素因、性格特性、脳の損傷や機能不全、さまざまな社会的/環境的影響という、異なるが重なり合うタイプのさまざまな危険因子から理解すべきと主張するものである。このモデルによると、ウオバチェフスキが純粋に遺伝すると理解している障害には環境要因が、純粋に後天的に起こると理解している障害には生物学的素因が存在する可能性がある。

さらに、ポネロロジーの概念として、ポネロロジーック・アソシエーション(犯罪組織や腐敗した社会・政治運動など、人格障害者が著しく多く存在する集団)、解離性または「転換」思考(認知エラー)、エゴイズム(ナルシズム、自己重要感、無関心さ)を挙げている。自己重要性、他の視点を考慮しようとしないこと)、「逆境遮断」(「大きな嘘」)、パラモラリズム(通常の道徳的衝動が反転する手段)、超適当な本能的反応(通常は状況に対して適応的な反応が、ある条件下では不適応になること、例. g.,を扱う場合など)、「呪術師」(政治的扇動者)、イデオロギー(多くの場合、人間性の誤解や過度の単純化に基づく固有の欠陥を含む)、ポネリゼーション(集団が病的要因によって徐々に克服される)等である。これらの現象や力学はすべて、第II章ですでに述べた人間性の特徴の変形や利用を根底に持つものである。

第5章には、彼の主な研究対象であり、本書の中心的な内容が含まれている

病的政治の本質と発展 全体主義に関する経済的、政治的、社会的な説明は慢性的に的外れであるとし、このような社会システムの主要な特徴の精神病理学的な根源を提示す。第IV章で説明されている各要因は、それぞれ特徴的な形で本章で説明されている現象に寄与している。たとえば、ウオバチェフスキは、シゾイド、キャラクターパス、ソシオパスがパスクラシーの初期段階に最も貢献すると主張している(シゾイドはイデオロギー理論家、ユートピア革命家として、キャラクターパスとソシオパスはイデオロギー呪術師、政治扇動者、初期の行政官として)。時が経つにつれ、サイコパスが優位に立ち、病的な政治ネットワークを形成し、その時点でキャラクターパスとシゾイドは傍流に追いやられてしまう。病的政治のシゾイドとキャラオパシーの段階は、社会の激動と大量の残虐行為 (例:ロシア革命、内戦、大テロル)によって特徴付けられるが、サイコパスの段階は比較的安定していて暴力的ではなく、サイコパスに似た異質な、あるいは二枚舌の「正気の仮面」によってますます特徴付けられる (例:ソ連の最後の40数)。正常な人間集団に対する統制はより的を射たものであり、病的政治の本質的な精神病理学的特徴の暴露を防ぐことに特に注意が払われる。これには、例えば精神病質に関する研究など、特定の主題や実践を学術的に禁止することが含まれ、非病理主義国の研究者との科学的共同研究を制限する必要がある(学術的自由によってそのような研究が可能な場合)。こうして、問題の本質的な診断が妨げられている。

次に、ウオバチェフスキは、精神病質を覆い隠す仮面としてのパソクラシー下のイデオロギーの機能、その寄生的性質によって必要とされるパソクラシーの帝国主義的拡大、そしてパソクラシーを押し付けるための手段について説明する。病理主義は、既存の支配的エリートの「上」、あるいは自前の革命的勢力の「下」のいずれか(あるいは両方)でポネリゼーションが起こる一次形態と、既存の病理主義国家が他国を征服して病理主義を武力で押し付ける、あるいは心理戦、政治戦、革命戦を通じて「人為的に感染させる」二次形態とがある。

第6章では、病的な支配のもとでの普通の人々の経験について述べている。パスオクラシーの主な特徴の一つは、心理生物学的な線に沿って社会を鋭く分断することである。それまでの社会秩序が破壊され、人格障害のある層が新たな支配階級となる。このことは、やがて、病的な支配に対抗して、一般の人々のあいだに強い連帯感を生み出す効果をもたらす。ウオバチェフスキはこれを「正常な人々の社会」の出現と呼んでいる。彼らは、自分たちが置かれたカフカ的な現実を乗りこなすために、並行する制度や理解を作り出している。それは、正常な人々が生き残るために行わなければならない適応(それにもかかわらず、人格形成に歪みをもたらす)、共通言語の発達(病的なエリートが使う病的な二重表現に対応する)、病政に長くさらされた結果として発達する心理的免疫や抵抗力である。この「自然免疫」こそが、病理主義というマクロな社会病に対するウオバチェフスキの提唱する治療・予防策のカギとなる。人格障害者の親、家族、パートナー、上司、同僚などからトラウマ的な影響を受けて苦しんでいる人は、そのような人の本質を学ぶだけで、驚くべき癒しの効果がある。パソクラシーの本質を学ぶことも、同様の癒し効果がある。このように、ウオバチェフスキは、最も効果的な癒しの手段は教育であることを示唆している。病的な生活をしている人は、理解を深めることで免疫力を高め、理解を明確にし、病的な生活を自分で経験していない人は、強くないながらも、病的な生活への感受性の予防策として機能する一種の「人工免疫」を獲得する。

第7章では、検閲や政治的反体制者の弾圧手段としての精神医学の濫用など、病理主義下の心理学と精神医学のあり方に焦点を当てる。第VIII章は、宗教の問題を扱っている。パソクラシーは、世俗的な形態(この場合、宗教を厳しく迫害する)と、宗教的な形態(この場合、宗教組織を変質させ、異端審問のような神権政治を作り出す)のいずれかをとることが可能である。ウバシェフスキは、宗教はその創設時から病的な要素を含んでいるか、あるいは時間の経過とともにそれを獲得する可能性があり、宗教的ポネロロジーを防ぐためには、そうした要素を特定する必要があると主張する。宗教施設は、ポネロロジーを防ぐための主要な社会的防御手段を形成していると、ワバチェフスキは考えている。一次病理主義が自律的に出現するとき、それは地域の宗教がそれを防ぐことに失敗したことを示している。

第9章では、パトクラシーを癒し、その出現を防ぐためのウトバチェフスキの提言が紹介されている。これには、第VI章で紹介した、真実の癒しの力、ポネロロジーの新たなサイクルを防ぐための許しの重要性、病的イデオロギーに対してどのようなアプローチをとるべきか、人工的な免疫、そしてサイコパスを指導的地位に就けないようにする法律など、いくつかの具体的政策提言などのコンセプトが含まれている。また、第10章では、その後の著書『Logokracja [Logocracy] 』の主題である、自然法に基づき、ポネロロジーの理解を取り入れた国家システムのビジョンを含む、彼の未来像について結んでいる。

新装版について

2006年に出版されて以来、多くの人が知っているように、ロバチェフスキの『ポネーロロジー』を初めて読むのは大変なことだが、それと同じくらいやりがいのあることである。15年前、私が初めてこの本のページに飛び込んだとき、いくつかの箇所は謎のままだったが、他の箇所は私の現実認識の穴がようやく埋まったような明確な印象を与えてくれた。この間、私は数え切れないほどこの本を読み返し、常に何か新しい洞察を得てきた。そして、この新版の準備を始めてから、私の長年の読書や研究がいかにこの本に導かれてきたかを思い知らされることになった。この本が役に立てば幸いである。

ウオバチェフスキはこの本を書くつもりはなかった。別の科学者が他の研究者の研究を統合することになっていたが、彼は地図から消え、おそらく秘密警察の刑務所に入ったか、もっとひどい目に遭ったのだろう。この地下組織の唯一の生き残りとして、ロバチェフスキはこの仕事を精一杯引き受け、何度も当局と対立した末に亡命してようやく完成させた。

今回の新版では、危険度は低いものの、私も同じような立場に立たされることになった。私はここで議論されているどのテーマにも決して専門家ではないが、そのほとんどに関心を持っており、今のところ他に仕事をする人がいないようだ。それが変わることを願っている。ポネロロジーを最初に書き、そして出版したとき、多くの人にとってサイコパスは比較的不明瞭な概念であり続け、ポネロロジーはおそらくごく少数の人の心の中にかろうじて垣間見える直感であった。しかし、サイコパスに関する何十冊もの本、テレビの特集番組やドキュメンタリー番組、そして、小さいながらも明らかにポネロロジーの方向に進む作品群によって、これらのテーマについて必要な認識が徐々に人々の意識に入りつつある58。

上に挙げた全体主義に関する著作に加え 2006年以降、ポネロロジーの「病政」的側面に直接関連する著作が着実に出版されるなど、言及に値する重要な書籍がいくつか出版されている(その多くは脚注で繰り返し引用する)。ワバチェフスキの著書が出版された翌年には、アメリカ人エンジニア、バーバラ・オークリーの著書『悪の遺伝子』が発売された。ローマはなぜ滅び、ヒトラーは復活し、エンロンは失敗し、妹は母のボーイフレンドを盗んだのか』 (Prometheus Books, 2007)という本が出版された。オークリーは独自に、全体主義と特定の人格障害や脳機能障害との関係を明らかにしただけでなく、全体主義システムを構成するそうした個人の安定したネットワークを特定するなど、さまざまな洞察を示している59。

同年、心理学者のフィリップ・ジンバルドは、スタンフォード監獄実験に関する著書『ルシファー効果』 (The Lucifer Effect)をついに出版した。同年に心理学者フィリップ・ジンバルドがスタンフォード監獄実験に関する著書『The Lucifer Effect: Understanding How Good People Turn Evil (Random House, 2007)』を出版し、この実験が広く社会的、政治的意味を持つことについて考えを述べている。ジンバルドは、個人の性格特性の重要性を軽視し、研究の方法論やそこから導かれる結論について批判を受けているが、普通の人々が残虐行為を行うことに影響を与えうる状況的要因に焦点を当てたことは、上述のように、ポネロロジーの重要な側面である60。

その7年後、サイコパスの専門家エイドリアン・レインが、自身の大著『暴力の解剖学』を出版した。サイコパスのような遺伝性の強い障害、胎内・幼少期・成人期における様々な脳へのダメージの影響、治療や予防のための既知の介入策など、反社会的行動の要因に関する研究の現状を調査した重要な本である。(サイコパスに関する重要な著作も多数出版され、注と参考文献に明記されている)。

2018年、ポリティカル・ポネロロジーを直接引用した最初の著作のひとつが登場した

アイルランドの物理学者で精神分析医のイアン・ヒューズの『Disordered Minds: How Dangerous Personities Are Destroying Democracy』 (Zero Books、2018)。第2章と第3章には、スターリン、毛沢東、ヒトラー、ポルポト、そしてそれぞれのポネロイドネットワークに関するポネロイドのケーススタディが掲載されている61。世界の指導者の心理プロファイリングの最も新しい概要は、神経生物学者で科学作家のDean A. HaycockのTyrannical Mindsである。Psychological Profiling, Narcissism, and Dictatorship (Pegasus Books, 2019)である。(この本で紹介されている1965年から1986年までCIAの分析官兼プロファイラーだった精神科医ジェロルド・M・ポストは、このテーマでいくつかの自著や論文を書いている)。

2020年、「苦情処理研究事件」で有名な数学者ジェームズ・リンゼイは、「サイコパスと全体主義の起源」と題するポネロロジーの影響を受けたエッセイを発表した(『新談話』2020年12月25日号)。2021年、ジョシュア・スローカムは、「社会正義」左派や政治一般における「クラスターBの力学」(すなわち、自己愛性、境界性、ヒストリオニック、反社会性)の解明に専念するポッドキャスト「ディスアフェクテッド」を開始した。また、2021年には、フリーランスの学者であり教育者でもあるマイケル・マッコンキー博士が、「生政治、病的政治、イタリア流の政治的リアリズムの交差点」を探るために、「The Circulation of Elites」というサブスタックを立ち上げている63。

Political Ponerologyがより多くの読者を獲得するにつれて、ワバチェフスキの洞察を受け止め、それを拡大、修正、改良できる新世代のPonerologistが生まれることを期待している。彼が述べたプロセスは、現在、新たなイデオロギーの仮面の下で再び起こっており、少なくとも事態が大きく悪化する前に止められるという保証はない。しかし、ひとつだけ確かなことは、本書のコンセプトを意識することで、少なくとも個人にとっては影響を軽減できるということだ。そして、それが多くの人に起これば、「普通の人の社会」を作るための絆を再構築することが容易になる。

初めてポネロロジーを読む人、そしてもう一度その奥深さを掘り起こすために戻ってくる人のために、私は最新の研究、他の資料からの関連する引用、その他の説明資料を注釈として提供した。できる限り、私が15年前に持っていたらと思うようなノートを書くように努めた。多くの場合、具体的な事柄に精通していなければ、ウボチェフスキの一般論を完全に理解することは難しい。もちろん、彼が指摘するように、現実の生活を経験することなく、パスクラシー下の生活の実態を把握することはほとんど不可能である。だからこそ、私は知っている人の話に耳を傾けるよう、最善を尽くしてきた。

なお、Łobaczewskiの数少ないオリジナルの脚注には、私の脚注と区別するために「著者注」と記されており、「-Ed.」と記されている。注の読みやすさを考慮し、最初に引用する資料には著者名、タイトル、出版年だけを記載した。それ以降の引用はタイトルを短縮したものを使用した。出版物の詳細は書誌に記載されている64。

また、英語版と1997年に出版されたポーランド語版 (PPP)を照合した。PPPに英語訳にない追加資料がある場合は、本文に組み込むか、「著者注(1997)」と前置きして注に含めた(後者の場合、明らかに1997 年に書かれた資料がほとんどである)。また 2000年に出版されたポーランド語の小冊子『Ponerologia』(第IV章の内容を中心に改訂・拡大したもの)と2007年に出版されたポーランド語の『Logokracja』から短い抜粋を注に掲載し、ここで書かれている内容をさらに拡大した内容を含むようにした。ポーランド語と意味が食い違うところ、単語やフレーズが誤訳されているところ、意味が不明瞭なところなどは、翻訳を更新している。例えば、「nescience」を「ignorance」、「variegated」を「varied」または「diverse」、「imaginings」を「notions」など、一般的ではない単語の選択を、より親しい同義語に変更した。また、PPPに特有の資料(その序文と最終章の民主主義に関するいくつかの段落)の新訳や、『ポネロギア』に収録された、ある司祭のポネロロジーに対する反応に答える短いセクションも付録としてつけた。

新しい資料の翻訳に協力し、原文の一部をチェックしてくれたアネタ・ウォランスカに感謝する。Iza Roscaには原文と照らし合わせてくれて、「はじめに」と「ノート」に関して有益なコメント、批判、追加ソースの提供、英訳のさらなる修正をしていただいた。Gabriela Segura博士は、医学的な事柄について関連する情報源を提供してくれた。Lucien KochとMichael Rectenwaldには、本文を読んでコメントをくれて、Michaelは序文の執筆を快く引き受けてくださった。ダミアン・アセルスが表紙をデザインし、セルゲイ・コペイカが印刷用の書式を整えるのに不可欠な存在となった。

私はMindMattersという番組を通じて、本書の注に引用されている研究者の何人かと話す機会があり、彼らの研究を非常に高く評価している(時にはわれわれの分析が食い違うこともあるかもしれないが)。Joseph Azize, John Buchanan, Nicholas Capaldi, James Carpenter, Tom Costello, Rod Dreher, Zbigniew Janowski, Ryszard Legutko, Michael Rectenwald, George K. Simon, Joshua Slocum, Richard B. Spence そして Arthur Versluis. 彼らと、私の共同司会者であるエラン・マーティン、アダム・ダニエルズ、コリー・シンクに、感謝とお礼を申し上げたい。レクテンワルド・リーディング&ライティング・ツリーハウスの参加者は、各章と序文の原稿を読み、有益なフィードバックと提案、そして励ましを与えてくれた。

本書が広く読まれるようになることは、ウオバチェフスキの願いであり、過去と未来のすべての読者なしには実現しなかっただろう。この点では、本書の初版の編集者であるローラ・ナイト=ジャッジクに最大の感謝を捧げなければならない。彼女が書いたサイコパシーの研究ページには、ウボチェフスキの結論と驚くほど類似したものがあり、それが最初に彼の目に留まり、原稿のコピーを送るよう促された65。

そして最後に、アンドレイ・ワバシェフスキ自身が、地獄に落ちて、より賢く、より親切になり、災害を防ぐために必要な知識を身につけて戻ってきたことに感謝しなければならない。その知識を生かすかどうかは、私たち次第である。

ハリソン・コーリ (Harrison Koehli)

レッド・ピル・プレス編集部 Random House, 2008), p. 5.

ミルグラムとジンバルドの両著作の要約も掲載されている『Reserve Police Battalion 101 and the Final Solution in Poland』 (New York: Harper Perennial, 2017) (Zimbardoも『The Lucifer Effect』の267-276 ページでミルグラムについて論じている)。

(ヴィンテージ、2014)

How Dangerous Personities Are Destroying Democracy (Winchester, UK: Zero Books, 2018), p.9.

『 職場のサイコパスを理解して生き残る』(ニューヨーク:ハーパー・ビジネス、2019)、49-50頁。

「 歴史、神経科学、治療、経済」『ジュリメトリクス』51(2011)。355-397.

//www.hare.org/comments/comment2.html. 企業のサイコパスについては、Babiak and Hare, Snakes in Suits (2019)を参照。

Heretic-Hunting and the Intellectual Origins of Modern Totalitarianism (New York: Oxford University Press, 2006), p.141. ヴァースルイスは、ジョージ・W・ブッシュ政権の対テロ戦争政策の異端審問的・全体主義的特徴を指摘した数少ない人物の一人である(13章、「例外のアメリカ国家」)。同様に、リベラルなフェミニスト作家ナオミ・ウルフは 2007年の著書『The End of America: リベラルなフェミニストであるナオミ・ウルフは 2007年の著書『The End of America: Letter of Warning to a Young Patriot』で、すべての暴力的独裁政権が進む10のステップが、ブッシュ時代にある程度整備された、と論じている。1)内外の脅威を煽る、2)秘密刑務所を設置する、3)準軍事組織を育成する、4)一般市民をモニタリングする、5)市民団体に潜入する、6)市民を任意に拘束・解放する、7)要人を標的にする、8)報道を規制する、9)批判を「スパイ」、反対意見を「反逆」として扱う、10)法の支配を転覆させる、などだ。政治理論家のSheldon S. Wolinは、著書『Democracy Incorporated』において、やや異なるアプローチをしている。2010)は、カリスマ的指導者が率いる革命勢力が腐敗した政治体制を打破しようとする「古典的全体主義」と、企業国家に匿名性を見出す「逆全体主義」を対比させている。「逆全体主義」は、民主主義の理想を口先では強調しながらも、ロビイストが立法に影響力を持ちながら、自由な選挙が行われているかのように見せかけるなど、積極的にその理想を覆そうとする。反対意見も、それが実効性のないものである限り、ある程度は許容し、古典的な体制に特徴的な、より粗野な形の抑圧に頼ることなく、支配を維持する。その代わりに、テクノロジー、マス・コミュニケーション、経済力を利用して、そのイデオロギーを促進し、維持する。しかし、これらの支配形態が弱まるにつれ、統制は強化され、体制はより「古典的全体主義」に似てくることになる。

St. Augustine’s Press, 2021), pp.200-201. ヤノフスキが大規模な悪の実行者について純粋に科学的な説明と良心に基づく道徳的判断の間に緊張関係があると見て後者を支持しているのに対し、ウバチェフスキは、幼い頃から良心が出芽ない根本的に異常な個人の存在と、個人とシステムが他者の道徳感覚の発達を阻む可能性の両方を考慮に入れた説明を論じている。

新しい言説に関するソーシャル・ジャスティス用語の平易な百科事典:https://newdiscourses.com/translations-from-the-wokish/。企業を格付けするための「環境・社会・ガバナンス」 (ESG)指標も、イデオロギー統制のための同様の企業ツールである。レクテンワルド「覚醒したヘゲモニー」参照。The ESG Index and The Woke Cartels」 (Lotus Eaters, Feb.23, 2022)。

How Activist Scholarship Made Everything about Race, Gender, and Identity – and Why This Harms Everybody (Durham, NC: PitchS-1, 2020), p. 17.参照。Douglas Murray, The Madness of Crowdsも参照。Gender, Race and Identity (London: Bloomsbury Continuum, 2021); and Stephen Baskerville, The New Politics of Sex: The Sexual Revolution, Civil Liberties, and the Growth of Governmental Power (Kettering, OH: Angelico Press, 2017)がある。

(Sentinel, 2020), p. xi.

(Encounter Books, 2018)、1,4頁。

//thecirculationofelites.substack.com/p/politics-psychopathy-pathocracy)や「サイコパスと管理職層」(2021年11月17日、https://thecirculationofelites.substack.com/p/psychopaths-and-the-managerial-class)などがある。また、著書『The Managerial Class on Trial』 (Vancouver, BC: Biological Realist Publications, 2021)も参照されたい。

「企業や政府」)のマーサ・スタウトのOutsmarting the Sociopath Next Door: How to Protect Yourself against a Ruthless Manipulator (New York: Harmony Books, 2020)や、彼女の前著「パラノイア・スイッチ」(The Paranoia Switch: Terror Rewires Our Brains and Reshapes Our Behavior-and How We Can Reclaim Our Courage (New York: FSG, 2007)」がある。イギリスの心理学者スティーブ・テイラーは、2021年の論文「ユートピア社会を目指して」の中で、ワバジェフスキのパスクラシーの概念について論じている。From Disconnection and Disorder to Empathy and Harmony,” Journal of Humanistic Psychology (Jun. 2021), and “The Problem of Pathocracy,” The Psychologist 34 (Nov. 2021)で述べている。

臨床心理学者マティアス・デスメットの大衆形成に関する研究(グザヴ・ル・ボンの『群衆』[1895]を参照)も、集団ヒステリー化から全体主義、つまりパソクラシーへの移行に関わるものとして、チェックする価値がある。(Dan Astin-Gregory
WHY DO SO MANY STILL BUY INTO THE NARRATIVE? #MassFo...
Does it sometimes feel like you’re surrounded by people who’ve been hypnotised in some way? Well, maybe you are.My guest tonight is Mattias Desmet, Professor...
とAubrey Marcus
Psychological Tricks That Make People WILLINGLY Give...
What are the conditions in any society that will cause a people to willingly sacrifice their freedoms? Mattias Desmet has studied and lectured extensively on...
とのインタビューを参照) 近刊のThe Psychology of Totalitarianism (Chelsea Green, in press) は、このテーマをより詳細に扱うことが約束されている。

The Metaphysics of Evil (2nd edition, Otto, NC: Red Pill Press, 2021)では、ジョン・ナッシュとアイラ・アインホーンについて幅広く議論し、精神病質が悪の政治・経済学に与える影響について取り上げている。私は、彼女とヘンリー・シーの脚注の多くを初版から引き継いだり、脚色したりした。初版の彼女のオリジナル序文は、現在redpillpress.comで無料公開されている。

オリジナル原稿への序文

名誉ある読者にこの本を贈るに当たって、私は通常、困難な生活のために出発する前の早い時間に取り組んだものであるが、異常な状況の結果生じた欠陥について、まず謝罪したいと思う。なぜなら、本書の基礎となる事実が緊急に必要とされるからであり、著者の過失によらず、これらの資料の入手が遅すぎた。

読者は、内容だけでなく、この著作が編纂された長い歴史と状況について説明を受ける権利がある。実はこの原稿は、私がこの同じテーマで作成した3枚目の原稿である。最初の原稿は、数分後に行われた公式の捜索にぎりぎり間に合ったので、中央加熱炉に投げ入れた。第2稿は、アメリカ人旅行者を介してバチカンの教会高官に送ったが、彼に託された小包の運命について、いかなる情報も得ることはできなかった。

このように長い間、主題を練り込んできた経緯が、第3版の作業をさらに困難なものにしていた。最初の草稿のどちらか、あるいは両方の草稿の前の段落や前のフレーズが、書き手の脳裏を離れず、内容の適切な計画を立てることを難しくしている。

失われた2つの草稿は、特に精神病理学の分野で必要な背景を持つ専門家のために、非常に複雑な言葉で書かれていた。第二版の復元不可能な消失は、その分野の専門家にとって非常に貴重で決定的であったはずの統計的データと事実の圧倒的多数の喪失を意味するものでもあった。また、個々の症例に関するいくつかの分析も失われた。

このような統計データは、頻繁に使用されたために記憶されていたもの、あるいは十分な精度で再構築することができたものだけが、現在のバージョンに含まれている。また、一般教養のある読者、特に社会科学や政治学の代表者、政治家にこのテーマを紹介するために不可欠と思われるデータ、特に精神病理学の分野からのよりわかりやすいデータを追加した。また、この著作がより多くの読者に届き、現代世界とその歴史を理解するための基礎となる有用な科学的データを利用できるようになればと願っている。また、読者が自分自身や隣人、そして世界の他の国々をより理解しやすくなるように。

この本のページで要約されている知識を生み出し、仕事をしたのは誰なのか。この本は、私の努力だけでなく、多くの研究者(中には著者が知らない研究者もいる)の共同作業によるものである。本書は状況的な背景から、それぞれの成果を分離し、各人の努力に適切な謝意を表すことは事実上不可能である。

私は長年、活発な政治・文化の中心地から遠く離れたポーランドで仕事をしていた。そこで私は一連の詳細な実験と観察を行い、その結果を他の様々な実験者の一般論と組み合わせて、私たちを取り巻くマクロ社会現象を理解するための全体的な入門書を作成することにした。最終的なまとめ役を期待されていた人物の名前は、時代と状況を考えれば理解できることであり、必要なことであるが、秘密であった。ポーランドやハンガリーの他の研究者が行ったテストの結果を匿名でまとめたものがごくたまに送られてくるが、専門的な研究が行われていることを疑われないため、いくつかのデータは公開されており、これらのデータは現在でも入手することができる。

しかし、期待された研究成果は得られなかった。60年代初頭、スターリン以後の弾圧と研究者の秘密逮捕の波が押し寄せた結果、私のコンタクトはすべて機能しなくなった。私の手元に残った科学的データは、貴重なものではあるが、非常に不完全なものであった。このような断片を、私自身の体験と研究によってつなぎ合わせ、一つのまとまったものにするために、何年も孤独な作業を続けた。

本質的なサイコパスと、マクロ社会現象におけるその例外的な役割に関する私の研究は、他の人々の研究と同時に、あるいはその直後に行われたものである。彼らの結論は、後から私に届き、私自身の結論を確認することができた。私の研究の中で最も特徴的なものは、「ポネロロジー」と名付けられた新しい学問分野の一般的な概念である。読者は、私自身の研究に基づく他の情報の断片を見つけることができる。また、全体的な構成も可能な限り工夫した。

最終作の著者として、研究を始め、キャリアや健康、命を危険にさらして研究を続けたすべての人々に、ここに深い敬意を表する。苦しみや死の代償を払われた方々に敬意を表す。この作品が、彼らの犠牲に対する何らかの補償となりますように。この資料の理解を深めるために、私が知らなかった人、忘れてしまった人の名前が思い出されるかもしれない。

1984年8月、ニューヨーク州ニューヨーク

初版への序文

この本を書いてから20年が過ぎた。私はずいぶん年寄りになった。ある日、私のコンピュータが量子未来グループの科学者たちと接触し、私の本が人類の未来に役立ち、成熟した時期に来ていることを確信した。そして、わざわざ出版してくれた。

この20年間は、政治的な出来事も多くあった。私たちの世界は、この本に書かれている現象の自然法則によって、本質的な部分で変化してきた。善意の人々の努力によって知識は飛躍的に増加した。それにもかかわらず、私たちの世界はまだ健康を取り戻したわけではなく、大病の残滓がまだ活動している。その病は、別のイデオロギーと結びついて再び姿を現した。悪の発生の法則は、個人と家族の何百万という個々のケースに作用している。平和を脅かす政治的現象は、軍事力によって立ち向かいる。小規模な事象は、道徳科学の言葉によって非難され、抑制される。その結果、悪の本質に関する客観的な自然知識の裏付けなしに行われた過去の偉大な努力は、不十分で危険なものであったということになる。これらの努力はすべて、本書のモットーとなっている医学の偉大な格言を考慮に入れることなく行われた。66 共産主義者の支配の終わりは高い代償を伴うものであり、現在自由だと思っている国々は、やがてまだ代償を払っていることに気付くだろう。

疑問が湧かなければならない

マクロ社会的な悪の病が蔓延するのを防ぐという、まさにこの目的のために著名な研究者と著者によって作られたこの著作は、なぜその機能を果たすことができなかったのだろうか。話は長くなる。私はオーストリアで、この「危険な」科学の担い手として、「友好的な」医師から認められていたが、その医師が共産党の諜報員であることが発覚した。ニューヨークの赤のノードとネットワークはすべて動員され、この本に含まれる情報が公に広く利用できるようになることに対する対抗措置を組織した。私がつい最近逃れたあからさまな弾圧体制が、より隠密ではあるが、アメリカでも同じように蔓延していることを知った時は、恐ろしくなった。意識的、無意識的な手先のシステムがどのように機能しているのか、共産主義者のエージェントとは知らずに意識的な「友人」を信頼している人々が、愛国的な熱意を持って私に対する仄めかしの活動を行うのを見て、やるせなくなった。その結果、私は一切の援助を断られ、生きるために定年を迎えても労働者として働かなければならなくなった。健康を害し、2年間を棒に振った。また、同じような知識を持ってアメリカに来た使者は、私が初めてではなく、他の2人も同じような目に遭っており、むしろ3人目であったことも知った。

それでも、この本は1984年に書き上げられ、丁寧に英訳された。読んだ人たちは「とても参考になる」と評価してくれたが、出版は見送られた。心理学系の編集者にとっては「政治的すぎる」、政治系の編集者にとっては「心理学や精神病理学が多すぎる」というのがその理由である。場合によっては、「編集の締め切りがすでに終了していた」ということもあった。次第に、この本が「インサイダー」の検査に通らないことが明らかになってきた。

本書が大きな政治的価値を持つ時期は終わっていない。その科学的本質は、永久に価値と感動を与え続ける。その科学的なエッセンスは、永久に価値と感動を与え続けるものである。これらの分野の研究がさらに進めば、数千年にわたり人類を悩ませてきた諸問題に対する新たな理解が得られるかもしれない。ポネロロジーの研究は、近代的な自然主義的アプローチによって、何世紀にもわたる道徳科学を補強することができるだろう。このように、この研究は普遍的な平和への進歩に貢献することができる。私が20年の歳月を経て、すでに色あせた原稿を苦労してコンピュータに入力しなおしたのは、そのためである。この原稿は、20年前にニューヨークで書かれたもので、本質的な変化はない。この原稿は、暗黒の時代、悲劇的な時代、不可能な状況下で、著名な科学者と私が行った非常に危険な仕事の記録として、また、優れた科学の一片として残しておくことにしよう。

筆者の願いは、この仕事を引き継いでポネロロジーの理論的研究を進め、失われたものに代わる詳細なデータを充実させ、すべての民族と国家のために役立つさまざまな価値ある目的のために実践することができる人々の手にこの仕事を委ねることである。

ラウラ・ナイト・ヤドチェック夫人、アルカディウシュ・ヤドチェック教授、そして彼らの友人たちの心からの励ましと理解、そして私の旧著の出版に尽力してくれたことに感謝する。

アンドリュー・M・ワバチェフスキ (Andrew M. Łobaczewski

2005年12月 ポーランド、ルゼズフ

著者について

アンドリュー・M・ロバチェフスキ(1921-2007)は、ポーランドの美しいピードマウンテン地方にある田園地帯の土地で育った。ナチス占領下、彼は農場と養蜂家として働き、その後、ポーランドの地下レジスタンスである家庭軍の兵士として働いた。ソ連侵攻後、当局に領地を没収され、ロバチェフスキの家族も立ち退きを迫られた。

生活のために働きながら、クラクフのヤギェウォ大学で心理学を学んだ。共産主義体制下で、彼は精神病理学に関心を持ち、特にそのような体制における精神病理学者の役割について研究した。このような研究者は彼が初めてではなく、古い世代の科学者の地下ネットワークがその研究を始めたが、すぐに秘密警察によって解散させられた。

ロバチェフスキ博士は、精神病院や総合病院、開放型精神保健サービスなどで臨床診断や心理療法の技術を高めていった。1977年、ロバチェフスキ博士が、自分たちの支配の病的な本質を知りすぎていると政治当局に疑われ、移住を余儀なくされる。アメリカでは、国内外の共産主義者の謀略のターゲットとなった。苦難の末、1984年にニューヨークで『ポリティカル・ポネロロジー』を完成させたが、出版には至らなかった。この間、2冊目の著書『ロゴクラシー』の草稿を完成させた。

1990年、体調を崩した彼は、旧友である医師たちの世話になりながらポーランドに帰国した。病状は徐々に回復し、心理療法と社会心理学に関するもう一冊の本『言葉の手術』を完成させることができ、これまでの二冊の本がポーランド語で出版されるのを見ることができた。2007年に逝去。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました