研究方法・科学全般

健全な科学(Sound Science)
Sound Science

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.sourcewatch.org/index.php/Sound_science

健全な科学

健全な科学とは企業の広報担当者や政府機関の広報担当者が、ある主張や立場を正当化するために用いる科学的研究のことを指す言葉としてよく使われる。しかし、健全な科学(Sound Science)には具体的な科学的定義そのものがないため、このフレーズは主観的に使われている。「健全な科学」とは、「良い科学」の実践と同義ではなく、政策決定における科学の使用基準について、よりイデオロギー的な政策声明である。ある研究や科学的主張の妥当性に疑問を投げかけるために使われることがほとんどである。

「健全な科学」の欠如は、公衆衛生や消費者運動家に対して、公衆の安全や環境リスクに関する懸念の信用を落とそうとする際によく使われる批判である。ジャンク・サイエンスはしばしば「健全な科学」の対極にあるものとして紹介されるが、これは通常、産業界に有利な宣伝目的のためである。

健全な科学 – ジャンクサイエンス
健全な科学と ジャンク・サイエンス
ジャンクサイエンスの冤罪
スティーブン・J・ミロイTASSC
ピーター・フーバーウォルター・オルソン
マンハッタン研究所
ジャンク・サイエンス (Doc Index)
Fox News&K. Rupert Murdoch

クリス・ムーニーの著書『The Republican War on Science[1]によれば、「健全な科学」は、特にデータ品質法と関連して、しばしば「公衆衛生と環境を守るために行動を起こす前に、より高い証明責任を求める」ことを意味している。彼はまた、「健全な科学運動はまた、科学的分析の質を、与えられた問題に関して達成された科学的確実性の程度と混同している」と述べ、「主流の発見に対する疑いを植え付けるために科学的外れ値に頼る」ことによって不確実性を製造していると述べている。

「The Environment:Environmental Working Group」が入手した「A Cleaner, Safer, Healthier America」(よりクリーンで安全、健康的なアメリカへ)[2]と題する2002年のジョージ W. ブッシュ大統領へのメモで、保守派の政治コンサルタントFrank Luntzは、「健全な科学」の主張は「科学に挑戦する機会の窓」を提供するとし、「あなたの見解に同調する専門家をさらに活発に採用する」よう政治家に呼びかけている。言い換えれば、健全な科学の擁護者は、「良い科学」や客観性、あるいは「健全な」科学の実践には興味がなく、特定の視点を支持するために科学を政治化し、しばしば自分たちが雇った、特別な利害関係のある「専門家」の証言に頼っている。

その目的は、政府の規制を遅らせたり、阻止したりすることであることが多い。

Tobaccospin.jpg この記事は 2006年から2009年にかけてアメリカン・レガシー財団から助成を受けたソースウォッチのタバコポータルの一部。

タバコ産業関連資料

1994年のフィリップ・モリス (PM)の文書には、PMが広報会社バーソン・マーステラBM)を使って「健全な科学」フロントグループを組織し、政治家に有利な影響を与え、ヨーロッパにおけるタバコ製品の健康影響について独自の情報を流布できるようにしたことが記されている。

PMとBMは、1994年の「健全な科学プロジェクト」の組み立てにPMが深く関与していることを隠すように努めた。このプロジェクトのために接触した科学者たちでさえ、タバコ産業(特にフィリップ・モリス)の関与に懐疑的だった。この文書には率直にこう記されている。「・・・科学者の中には、タバコ産業との関係を重要な問題として自ら問題提起した者もいる・・・」

BM社は、PM社の関与が明らかになれば、計画全体が破たんする可能性があることも指摘している。フィリップモリスの科学者へのインタビュー結果を、フィリップモリスの科学者へのアプローチに使ってはならない。「さらに、BM社はPM社以外の企業にも「サウンド・サイエンス・プロジェクト」の共同スポンサーになってもらうよう働きかけた。PM社だけがセミナーのスポンサーになっていることがばれると、科学者たちやプロジェクト全体の信頼性が失われてしまうからだ。

「総理大臣だけでなく、より多くのスポンサーから資金を得ることが重要なのである。そうでなければ、科学者との関係でセミナーの信頼性を確保できないからだ。そして、もしセミナーがその信頼性を持っていなければ、会議の成果は大きな価値を持たないだろう」[3]

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました