官僚主義・テクノクラート認知バイアス

利口なバカ | なぜIQの高い人は常識に欠けがちなのか
Clever sillies: Why high IQ people tend to be deficient in common sense

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19733444/

Clever sillies: Why high IQ people tend to be deficient in common sense

要約

私はこれまでの論説で、科学界における無心で社会性のない「変人教授」のステレオタイプや、知的な現代人(科学者を含む)が成長を拒み、代わりにいつまでも新しさを求める思春期の状態にとどまる「心理的ネオテニー」現象について書いてきた。

これらは、高い技術力を持つ知的な人々が、その専門領域以外では愚かな考えや行動をしていると(他の大多数の人々から)見られる「賢いバカ」現象全般の具体例と見ることができる。要するに、IQの高い人は「常識」に欠けていることがしばしば観察されるのであり、特に他の人間と接するときにはそうである。

一般的知能は単なる認知能力ではなく、認知的な気質でもある。つまり、IQが高いほど認知能力が高く、「経験に対する開放性」、「啓蒙的」または進歩的な左翼的政治的価値観、無神論などの特徴的な高IQの性格タイプを伴う傾向がある。

カナザワの考え方を参考にして、知能と性格の関連性を説明すると、IQが相対的に高くなると、問題解決に一般知能を使いすぎる傾向があり、常識と呼ばれるような本能的で自然な進化した行動様式を無視しがちになるというものである。

抽象的な分析を優先的に用いることは、近代化社会に見られる多くの進化的新奇性に対処する際にはしばしば役立つが、人間が「領域固有」の適応行動を進化させてきた社会問題や心理問題に対処する際には通常役に立たない。

そして、進化した常識は通常、社会的領域において正しい答えを生み出すので、このことは、社会的問題の解決に関しては、最も知的な人々は、平均的な知能の人々よりも、斬新だが馬鹿げた考えを持ち、その結果、不適応に信じ、行動する傾向が強いことを意味する。

さらに、知識人が現代のIQ能力主義という進化的に新しい文脈の中で自らの高い知性を「宣伝」している場合、最も知的な人々のこのランダムな愚かさが増幅され、体系的な誤りを生み出す可能性があることを指摘する。

ほとんど同じような知能を持つ他者としかコミュニケーションをとらないという認知的に階層化された状況は、最も高いIQを持つ人々の間に、常識に欠けるだけでなく逆説的に間違った意見や行動を生み出すのである。

それゆえ、「ポリティカル・コレクトネス」 (PC)という現象が起こる。この現象により、誤った愚かな考えが国家全体の支配的エリートを支配し、道徳的に強制されるようになった。

IQと進化した問題解決

全体として、そして他のすべてが同じであれば、現代社会では一般的な知能(知能指数またはIQで測定)が高いほど、その人の人生はより良くなる。しかし同時に、IQと出生率の間には逆相関があるため、IQの向上は生物学的に不適応であることが1世紀以上前から認識されている[6-8]。つまり、現代の条件下では、高い知能は適応度を低下させるのである。

このような社会適応と生物適応の乖離を探る過程で、カナザワ・サトシは、高い一般知能は主に進化的に新規な生活問題に対処する際に役立つという洞察的な見解を示している。対照的に、祖先の狩猟採集時代に人間の生活の正常な部分であった問題解決におけるパフォーマンスは、高いIQによって助けられない(あるいは、むしろ妨げられる)かもしれない[9,10]。

(この発言には資格が必要である。人が何らかの脳損傷、あるいは脳機能に影響を与える病理を受けた場合、一般的な認知の障害をもたらす可能性がある。つまり、脳の病理の部位と程度に応じて、一般的な知能と他の進化した認知機能の両方を低下させる。IQの低い集団には、脳の病理によってIQが低下した者も含まれるので、この集団では社会的知性や常識の平均レベルもおそらく低くなるであろう。このような脳の病態の交絡効果によって、IQと社会的知性・常識の間には弱い非因果的な統計的相関が生じ、その相関は主にIQの低いレベルで明らかになると予想される(IQが低いと、社会的知性・常識の相関は低くなる)。

IQが進化の新奇性にどのように役立つかの例として、IQの測定値の増加が、抽象的推論や新しい知識や技能の迅速な学習を必要とする幅広い能力、例えば教育の成果や現代の複雑な仕事の能力と強く正の相関があることが十分に実証されている[1-5,11]。科学と数学は、人類の進化の歴史の中でごく最近に生まれた問題解決活動の典型例であり、そこでの能力の差は相対的な一般知能によって非常に強く予測される[12]。

しかし、人間の祖先が何世代にもわたって繰り返し遭遇してきた課題も多く、自然淘汰によって「本能的」かつ自然発生的な対処法が生み出されることも少なくない。人間は社会的霊長類であるため、そのような主要なカテゴリーは社会的問題であり、他の人間の行動を理解、予測、操作することに関係している[13-16]。このような人間の基本的な状況に対処するために適応的に行動できることを、私は「常識」を持っていると呼ぶことにする。

カナザワの考えは、したがって、私たちの祖先の適合性に影響を与え、すべての正常な人間が行動的対応を進化させてきた反復的な、主に社会的問題と、進化的に新規であるが現代社会の文脈で個人の機能に大きな影響を与える問題とは対照的である、というものだ[9, 10]。問題が進化的に新規なものである場合、一般的な知能の個人差は、問題を分析し、その解決方法を学習する各個人の能力に大きな違いを生じさせる。つまり、IQが高ければ、新しい問題を理解し、それに対処する能力が高いことが予想されるが、IQが高くても、社会的状況に対処するための常識的な能力のレベルは高まらないという考え方である。

IQは単なる能力ではなく、気質でもある一般的な知能は通常、認知能力の差として概念化されるが、IQは能力だけでなく、性格的な意味合いもある[17]。

例えば、ある集団ではIQと経験に対する開放性(「オープンネス」)の性格特性との間に正の相関があり[18,19]、広く社会主義やリバタリアン型の「啓蒙的」または進歩的価値観との間に正の相関があり[20]、宗教性との間に負の相関がある[21]。

つまり、高いIQによる高い認知能力は、やや特徴的な高いIQの性格タイプを伴っている。この関連について私が提案する説明は、IQが高くなるにつれて、問題解決に一般的知能を用いる傾向が強まる、つまり、常識と呼ばれるような本能的で自然な進化した行動様式を上書きしてしまうということだ。

抽象的推論の過剰使用は社会的領域において最も顕著である。通常の人間は、今ここにある相互作用 (例えば、顔の表情、ジェスチャー、姿勢、会話のイントネーションから感情を素早く読み取る)と、他者の行動を予測し操作するための社会的相互作用の「戦略」モデル化の両方に、進化した心理メカニズムを豊富に備えている[16]。社会的戦略は他人の気質、動機、意図について推論された知識を展開する。最も知的な人々が社会的知性システムを上書きし、より高いIQの人々の間で強化されるような一般的、抽象的、系統的な推論を適用するとき、彼らは非専門家システムを支持して「専門家システム」を無視している。

最も知的な人々がIQを使って常識を覆す傾向があることを示唆するとき、私はそれが社会的推論能力の欠損によるものかどうか、おそらく認知能力間のトレードオフによるものなのかどうか、バロン=コーエンのアスペルガー症候群の概念化で示唆されているように、体系化/共感する脳の男性型対女性型[22]など、よく分からない。あるいは、抽象的な分析を多用する習慣的な傾向であり、努力や訓練によって克服できるかもしれない(原理的には)。近代化社会における「バカ」の普遍性を観察すると、抽象的な推論を過度に利用するIQの高いバイアスは、おそらく生得的で比較的安定していると思われる。

実際、IQが高い人ほど「開放性」という性格特性が高いのは、この抽象的なものの使いすぎの裏返しかもしれないと私は考えている。開放性は、生来の社会的知性が予測可能で安定した結果をもたらす傾向があるのに、社会的問題に対して抽象的な分析を展開した結果、不安定で予測不可能な結果をもたらすと私は考えている。このことは、近代化社会で最も知的な人々が「左翼的」な政治的見解を持つ傾向をもっともらしく裏付けているかもしれない[10,20]。

ネオフィリア(または新奇性追求)は開放性の性格特性の原動力であり、私が「心理的ネオテニー」と呼んでいるものを示す青年や未熟な成人によく見られる性質だと主張したい [23,24]。問題が常識的な「直感」を使って分析される場合、評価プロセ スはすべての正常な人間に同じ答えを導くと予想され、これらの答えは時間とともに安定する可能性が高い。しかし、IQの高い人は、常識を無視したり、常識を覆したりすると、さまざまな常識はずれのアイデアを生み出してしまう。このような考えは、感情によって弱く、あるいは全く支持されないので、常識的な考えよりも弱く保持され、時間の経過とともに変化しやすくなる。

例えば、知能の低い人々が本能的な社会的知性を用いて社会的状況を分析した場合、おそらく他の人々と同じ伝統的な結論に達し、この結論は時間とともに変化しない。一方、より知的な集団は対照的に抽象的分析を用いて、より幅広い新規かつ説得力のない解決策を生み出すかもしれない。このような行動は、あたかも新しさを求めることに動機づけられているかのように見える。

社会的状況に抽象的分析を適用することは「創造的」と見なされるかもしれず、実際、開放性は創造性を支える主要な性格特性として提唱されている[19,25]。これは、開放性の高い知性は常識を無視し、進化した知性の様式を使う人には単一の「明白な」解決策しか得られないような、進化上おなじみの問題に対して複数の予測不可能でよく知らない答えを生み出す可能性があるという意味で、合理的である。しかし、私はその代わりに、IQの高い人が抽象的な体系化知能を、通常は本能的な知能によって行われる活動に適用することは、真の意味で「創造的」なプロセスではない、と主張したい。

むしろアイゼンクに倣って、私は真の心理的創造性を主にアイゼンクが特性Psychoticism(精神病傾向)の一部として含む連想活動であるとみなし、認知的には睡眠、せん妄、精神病の「第一過程」思考に類似している[26,27]と考えている。これら2つの創造性の概念の大きな違いは、「開放性の創造性」が抽象的で、冷静で公平、そしてあたかも新しさを求める(ネオフィリア)ことによって駆動されるのに対し、「精神性の創造性」は感情によって検証される。高い心理主義的創造性を持つ人は、自分自身の創造的生産に対する感情的反応によって導かれる。

IQ能力主義における利口なバカたち

したがって、エキセントリックで世間知らず、無関心、あるいは鈍感な科学者-彼らは仕事では優秀だが、日常生活の面では太っ腹で無能である-という民間伝承やステレオタイプの考え方はもっともらしく思える[28]が、これは抽象知能を過度に利用したり不適切な状況でそれを利用する心理的傾向の結果である可能性がある。

しかし、この現象にはさらなる側面がある。現代社会は、人口が多いこと、分業が進んでいること、社会的役割(仕事、職業)が(過去の多くの社会でそうであったように)世襲ではなく学歴と職務遂行能力に基づいて満たされる傾向にある「能力主義」形式の社会組織であることを特徴としている。これは、現代社会ではかつてないほど高度な認知的階層化が行われていることを意味する[29]。認知的階層化とはIQによる社会組織の階層化であり、居住地、学校教育、職業が狭い範囲の知能によって特徴づけられることである。したがって、現代の大国は、政治、行政、法律、科学技術、マスメディア、教育といった主要な社会システムにおいて、高い知能を持つ人々の集中によって支配されている。これらのエリートにおけるコミュニケーションは、ほとんど高知能者間のみである。

このような進化的に前例のない人工的な「温室」環境では、IQに関連した行動が増幅されるのはもっともなことだ。一つには、あまり新奇性のない性格の、あまり知的でない人たちからの対抗圧力がほとんどないためで、おそらく主な理由はIQ宣伝が大量にあることだろう。実際、現代社会のエリートはかなりのIQシグナリングによって特徴づけられているように見える[19]。これは直接的な広告であることもあれば (例えば、知的達成度や高度に選抜された大学への出席を自慢するとき)、人々が高い知能に関連する態度、信念、ファッション、マナー、趣味を示すときに、微妙に間接的にシグナリングが行われることも多い。IQが人類の進化の歴史において一般的な適性の尺度であり、幅広い適応的形質と関連していたとすれば、この宣伝はおそらく性淘汰に基づいている[30]。

私の直感では、このようなIQ宣伝のせいで、現代社会で最も知的な人々が、(抽象的な分析を不適切に適用したために)ランダムに間違っているだけではなく、体系的に間違っている社会現象についての考えを持つようになったのではなかろうかか。私が言っているのは、ポリティカル・コレクトネス (PC)と呼ばれる現象で、支配的な知的エリートの間で愚かで誤った考えが道徳的に強制されるようになったということだ。そして、こうした考え方は、学問的、政治的、社会的な言説に侵入している。なぜなら、ハードサイエンスにおけるステレオタイプの変人教授は、優秀な科学者ではあるが、それ以外のことについては愚かであるのに対し、社会科学や人文科学のステレオタイプの変人教授は、「それ以外のこと」について愚かなだけでなく、彼らの専門的仕事においても愚かだからだ。

ハードサイエンスに関連する問題に対する答えを得ることは、極めて知的困難であり、(その対象が進化的に新規なものであるため)必然的に抽象的な推論を必要とする[12,26]。したがって、ハードサイエンスの研究者は、平均的な一般人よりもその科学において常に膨大な能力を有しており、自分の知性を宣伝するために新奇性を追求する必要はない。

しかし、人間の社会的行動を含む科学の問題に対する答えを得ることは、進化した人間の心理的メカニズムによってすでに非常にうまく行われていることである[13-16]。このような状況では常識を改善することは難しく、-教えられなくても-普通の人はすでに人間の動機、インセンティブと抑止力、そして社会の基本的な原因と結果のプロセスについてかなりよく理解している。心理的・社会的知性の専門性は非常に広く、適応的であるため、社会科学者は自分の知性を宣伝するために、常識とは体系的に異なるもの、斬新で(必然的に)直感に反するものを生み出さなければならない。そして、それは進化した心理学に反するため、この場合、何か違うことは何か間違っている可能性が高い。なので、社会問題に対して抽象的な推論を展開する社会科学者の専門家は、進化した自発的な社会的知性の常識を用いている一般市民よりも、正しい答えを生み出す可能性が低いことが多い。

したがって、人間科学や社会科学の分野では、専門家として逆説的に間違っていること、言い換えれば、愚かであることにインセンティブが働くのである。そして、これは実際に見られることである。ある学問分野の主題が常識を必要とするものであればあるほど、あるいは常識に依存するものであればあるほど、それは愚かなものになる。

認知階層化とIQ宣伝の結果は、芸術や学問の全領域の価値を破壊するほど悪いものであり、公共政策の領域では、その結果は悲惨なものであった。過去40年の間に、非生物学的なポリティカル・コレクトネスという不正直な空想世界の言説は、国全体、おそらく先進国全体の知的アリーナを支配するまでに発展し、間違った馬鹿げた考えが主流となっただけでなく、強制されるようになった。

なぜなら、巧妙な愚かさはエリートの場におけるいくつかの競合する考えの一つに過ぎず、代替案を完全に排除するほどの熱意をもって知的にも道徳的にも強制されているからである[32]。防御の第一レベルは、PCの主張を否定することは頭が悪い、あるいは錯乱していることの証明とみなされることであり、反論なしに平然と否定することが十分な反応とみなされることである。しかし、最も厳しい強制は道徳的なものである。愚かで巧妙な虚偽を信じず、何か違うことを主張する賢くて正常な人は、単に頭が悪いと非難されるだけでなく、実際に悪として枕を並べられる[33]。

ポリティカル・コレクトネスの道徳的毒の背後にある動機は、人間の自然発生的な本能は普遍的であり、PCの不合理な抽象概念よりも強力に感じられるという事実、さらに常識は基本的に正しいがPCはひじょうに間違っているという事実だと私は推察している。したがって、PCのコンセンサスを守ろうとすれば、何としても公正な議論を妨げなければならない。常識は汚名を着せられ、無力化されなければならないことになる。

最終的にこれらの作戦は知的エリートの権力、地位、独自性を守るために役立っている[34]。これらは短期的には社会的に適応的であるが、長期的には生物学的に不適応である。

結論

進化した「常識」は通常社会的領域で正しい答えを生み出すが、最も知的な人々は社会的領域で抽象的な分析を過度に使用する性格を持っているため [9,10]、最も知的な人々 は社会問題の解決に関して馬鹿げた考えを持ち、不適応に行動 する傾向があることが示唆される。

近代化社会で認知階層が発達して以来 [29]、利口なバカたちがほとんど独占的に「主導権」を握ってきた。彼らは本当に賢くもあり愚かでもある

– しかし、賢さは抽象的であるのに対して、愚かさは心理的・社会的な領域に焦点を合わせている。その結果、現代の支配エリートの致命的な欠点は、常識の欠如、特に人間心理と社会政治情勢の誤った解釈にある。私の推測では、この常識の欠如は本質的で克服できないものであり、おそらく高い知能の進化と近代の勃興と生物学的に結びついている[35]。

スタノヴィッチはまた、分析システムによって自律システムの「ダーウィン脳」が上書きされることを説明し、この現象が現代の非適応的な倫理的推論の根底にあるものとして同定している[36]。スタノヴィッチはまた、分析的評価の使用における個人間差の多く(全てではない)をIQが説明すると述べている。しかし、スタノヴィッチは伝統的な「常識」に代わる抽象化の使用の増加を「愚か」ではなく、現代の社会道徳の高い地位と彼が解釈するものの重要な側面として非常に肯定的にとらえている。

なぜなら、強迫的な抽象化によって認知的にとらわれ、ほとんどの人間が伝統的に精神的・社会的現実とみなしてきたことに直接、自発的に関わることができず、人類の共通体験から締め出され、代わりにきらめくが浅い新奇性の海の表面で断絶されることになるからだ。それは世界から疎外されることであり、感情的な確信にしっかりと裏打ちされた安定した人生の意味を見出せないことである[37]。利口なバカが通常、少子化を選択するのも、おそらくは不思議ではないだろう [6]。

西洋の支配的エリートを「利口なバカ」と呼ぶことは、もちろん広範な一般化ではあるが、単なる名指しではない。なぜなら、ポリティカル・コレクトネスが組織的に不正直であるのと同様に[33,34]、絶対的出生率や差動出生率との関連で、現代のエリート行動は厳密には生物学的に不適応であることが客観的に示されているからだ。IQエリートの遺伝的な自己消滅が、彼らが支配する社会の自己消滅につながるかどうかは、まだわからない。

注:正直に言って、私はこの現象を内部から認識している。つまり、私自身が「利口なバカ」の典型的な例である。思春期から成人期にかけて、IQの高いエリートが認めた、独創的ではあるが破たんしたアイデアを受動的に吸収してきたが、後になって、苦しまぎれに解体しなければならなかった。私は結局、精神・社会的な領域に関しては、支配的なエリートの最新の流行に敏感な洞察よりも、歴史を通じて大多数の一般人の常識的な判断の方がはるかに正確であることを認めざるを得なくなった。だから、この記事は、過去にはほとんどいつも間違っていたけれども、今は正しいという、非常に挑戦的な前提のもとに書かれているのだ。…..。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました