その他のワクチン(HPV,炭疽菌,他)ワクチン 生殖への影響中西部の医師人口減少・マルサス主義

人口減少ワクチンの全歴史
あなたが思っているよりもずっと一般的なものである

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

amidwesterndoctor.substack.com/p/the-complete-history-of-depopulation

The Complete History of Depopulation Vaccines

A Midwestern Doctor 中西部の医師

この記事の第一部で、私は、社会の支配層には、好ましくない人々を標的にして人口を減らそうとする長年の関心があることを論証しようとした。過去において、こうしたプログラムは、通常、貧しい人々、有色人種、植民地の人々、国の遺伝子プールにとって危険だと考えられる遺伝子異常を持つ人々を標的としていた。この話題についてもっと知りたい、現代でもよくあることだという方には、この記事の最初の 部分と、ロバート・F・ケネディ・ジュニア著『The Real Anthony Fauci』の第10章をぜひ読んでいただきたいと思う。

このため、過去には人口削減の対象ではなかったグループ(読者の皆さんもそうだろう)が、今では対象になっている。今や私たちは皆、獲物なのである。

人口抑制に良い方法はないので、非常に厄介なアプローチが数多く試されてきた。前回、私は過去の恐ろしい事例をいくつか取り上げ、これが大規模に実施された明確な事例があることを示そうとした。

ワクチンがほとんどの人々から無条件に信頼され、投与が非常に簡単であることを考えると、もしワクチン接種が一回の注射で不妊化あるいは少なくとも生殖能力を低下させることができれば、支配階級が一世紀以上も直面してきたジレンマに対する技術的解決策となる。私が思いつく唯一の優れた代替案は、他に大きなダメージを与えずに将来の生殖能力を損ねる(そして、COVID-19後に男性である程度観察されている)感染力の高い呼吸器ウイルス(あるいは「自己伝播型ワクチン」)ということだろうか。

私が見つけたワクチン候補は、いずれも受精や妊娠に必要なタンパク質と類似した抗原を持ち、自己免疫反応を起こして生殖能力を低下させるという、似たような仕組みのものだった。

一つは、必要な抗原を作り、免疫賦活剤と混ぜ合わせる方法、もう一つは、その抗原を持つ感染性生物を遺伝子操作で作り、リウマチ熱と同様に、免疫系がこの病原体と戦うようにプログラムされているため、生殖機能に障害が起きるという方法である。

前回 軍の炭疽菌ワクチン接種計画について述べたが、元々ロシアが開発した生物兵器の一種で、感染性の生物に必要なヒトの組織をスプライシングして、時間差で自己免疫の生物兵器を作るものである。SARS-CoV-2 スパイクプロテインの不思議な点は、それが通常のヒト組織と高い類似性を持っていることで、私は、ひどい自己免疫を引き起こすために故意にウイルスに細工されたのではないかと疑っている。

この分野で働く友人は、カナダで最初にSARSが発生した現場にいたのだが、彼らは、最初のSARS発生は偶然の実験室漏れだったと比較的確信していると言っていた。そのウイルスは非常に改変しやすく、優れた送達プラットフォームであるため、この分野の誰もが好んでエンジニアリングに手を出す対象になっていると彼らは言っている。この大流行が始まったときから、彼らはSARS-CoV-2が人工的なものであることを確信していた(それは遺伝子配列から痛いほど明らかだった)。

人口抑制策の長い歴史と、支配者層がその有効な手段を開発する必要性を増していることから、私はコロナワクチンがいずれ少子化対策として発見されるのではないかと思っていた。結局、これは優生学者が見逃すとは思えない千載一遇のチャンスだったのだ。

マイク・イードン博士は早くから、スパイクプロテインと妊娠を維持するのに必要なタンパク質(シンシチン-1)の重複が生殖能力に対する明らかなリスクであることを認識していた。彼は大きな危険を冒して、最初のワクチン試験で妊娠可能年齢の女性を保護するよう規制当局に正式に請願書を提出したのである。しかし、彼の懸念は払拭されず、その後、欧州FDAから流出した規制文書により、ファイザー社は、通常必ず要求される不妊症のリスクテストを免除していたことが明らかになった。

この副作用は、当初はあらゆる医学的権威によって否定されたが(他のワクチンでは起こらない)、最終的には、重要ではない炎症の現れであると認められ、合理化された(つまり、もう一度言うが、「ワクチンが効いている」ということだ)。

私は当初、これらの変化は体内の血液凝固の程度の違いによるものではないかと考えていた(漢方では、瘀血は月経異常の主な原因であり、多くのワクチン患者が、これらのワクチン以前には見られなかった月経周期の大量の血塊を報告している)。その後、日本の情報公開請求が認められ、ワクチンmRNAを含む脂質ナノ粒子の生体内分布研究が公開され、卵巣に集中することが示された。これは非常に珍しく、脂質ナノ粒子がこの目的のために設計された可能性を提起している。

卵巣は月経周期を調節しているので、月経の変化はワクチンが卵巣に何らかの障害を与えた結果であることが示唆された。これは、単に「ああ、炎症が原因だろう」と言うよりもずっと妥当な説明である。このことから、卵子に何らかの永久変化が生じ、それが現れるまでに何十年もかかるのではないかとも心配した(多くの健康問題が思い起こされる)。私が思いつく唯一の関連する前例は、妊娠中の母親に広く処方されていた(皮肉にも妊娠中の合併症を防ぐために)、今では禁止されているエストロゲン類似物質のDESである。DESには、性器の変化や胎児の数十年後に癌になるリスクの増加など多くの副作用があった。

私は医薬品開発や規制当局との仕事の経験があるが、イードン博士は私よりかなり多くの経験をお持ちですので、彼の許可を得て引用させてもらう。

私はちょうど、主要なC19「ワクチン」の基本的な設計ポイントとの最初の出会いを振り返っていたところだった。私がmRNAに注目したのは、それが最も危険な選択肢であると考えたからだ。この業界は、何年もかけて、この治療法を実現しようと試みていたが、いくつかの重大な障壁を克服することはできなかった。ひとつは、mRNAは安定しておらず、すぐに分解されてしまうということ。もう一つは、電界や有毒化学物質を使った暴力的なプロセスを経なければ、細胞にmRNAを取り込ませることはほぼ不可能であるということだった。なぜ、そうなるのだろうか?自分の遺伝子を完全に補うことが、子孫に残すために最も重要なことだと考えてみてほしい。外来遺伝子の侵入を防ぐために、細胞が複数の防御機構を備えているのも不思議ではない。

つまり、mRNAの「ワクチン」会社はリボース核酸塩基を化学的に変化させ、天然の塩基でなくしてしまったのである。また、mRNAを特殊な脂質で包んで、免疫システムを欺き、エイリアンの侵入を許したのである。

危険そうなものばかりで、不要な効果を調べるために十分な期間投与されることはない。必要ない人にまで何十億も注射する計画で、それも効果があった場合だけなのに(それはない…だから、現実の数字は治験の主張とは全く違うので、効果について嘘をついている)。

しかし、最近になって、彼らは皆、ひどい間違いを犯していることに気がついた。正直に勝負していたら、そんなことはあり得ない。

  • 1.彼らは、ウイルスの中で最も危険な部分であるスパイクプロテインを選んで発現させたのである。現在では、重篤な合併症のほとんどがスパイクの毒性から生じていることが分かっている。なぜ4人ともこの部分を選んだのだろうか?これは遺伝子配列の13%ですから、他に選択肢はいくらでもあったはずだ。
  • 2.彼らはウイルスの中で遺伝的に最も不安定な部分を選んでしまったのである。それはただのバカで、そうしなければ「新しい変種の主張」を演じることができなかったのである。それが選んだ理由なのだろうか?
  • 3.彼らは、他の多数のヒトのタンパク質から最も類似性の低い部分を選んでいる。それが、自己免疫反応のリスクを最大化する。

見れば見るほど、人を傷つけるための談合にしか見えない。

ところで、人間の免疫システムがこのような感染症にどのように対処しているか、現在、実に包括的な研究が行われている。あなたの広範な「免疫レパートリー」の中で、スパイクプロテインに向けられる免疫応答はわずか10%である。残りはすべて病原体の他の部分に向けられるのである。偶然の一致?そうではないだろう。

COVIDが展開されていた頃の私の最初の仮説は、mRNA市場の開放によって何兆ドルもの利益を得られるため、mRNAワクチンが押し切られ、他のものはすべてバスの下に投げ出される(大体その通りになった)、というものだった。mRNA製品は、不必要な閉鎖によって生じた前例のない「緊急」事態以外では人間に投与するにはあまりにも安全ではないため、この窓口を最大限に活用することが商業的利益によって決定されたのである。

もう一つの仮説は、中国軍がSARS-CoV-2のワクチン候補として最も可能性の高い、スパイクプロテインを大量生産するベクターを実際の兵器として設計し、敵地に投入して自国を自滅させるというものである。なお、中国もこれらのワクチンを開発したが、配備されることはなく、代わりに従来のワクチン接種プラットフォームが国民に使用された。

現時点では、それぞれの仮説が真実である可能性はまだかなり高いと私は感じており、この記事シリーズの目的は、イードン博士が解説の中でほのめかしているマルサス的解釈の証拠を紹介することである。最後に、私はこのウイルスが重大な自己免疫(COVID-19感染とワクチン傷害の両方の重要な特徴)を作り出すために意図的に操作された可能性が高いと考える一方で、感染者の生殖能力を低下させるために特別に操作されたのか、あるいはそのようなことができるようになるウイルスの初期の原型だったのかを知ることはずっと困難である。

ここで、私が確認した生殖能力低下に寄与していると思われる予防接種を一つ一つ確認していく。それぞれ、以下のような特徴がほとんどである。

  • 妊娠に必要な蛋白質に対して自己免疫を産生する傾向がある。
  • 異常な投与スケジュール
  • 妊娠可能な年齢のすべての女性に配布された。
  • 強制的かつ強引な手段で、高い接種率を確保する。

見覚えはないだろうか?

では、以下の予防接種について確認する。

  • 百日咳の全細胞ワクチン
  • hCGワクチン
  • HPVワクチン
  • 炭疽菌ワクチン
  • 豚透明帯の避妊ワクチン

百日咳ワクチン(ホールセル)

破傷風・ジフテリア・百日咳ワクチンは、元々イギリスとアイルランドの間で、イギリス国王が離婚を求めたことに端を発し、イギリスがアイルランドを酷く扱ったという過去がある。アイルランドの孤児院は、当然のことながら、危険なワクチン接種の実験に適した脆弱な被験者を提供する結果となった。

2014年、アイルランドの孤児に属する無名の集団墓地が発見された。さらなる 調査により、これらの墓地は、1930年代に初期の危険なジフテリアワクチンが秘密裏に実験された2051人の子どもたちのものであることが明らかになった。アイルランドの子どもたち(乳児や障害児を含む)に対するこの非倫理的な人体実験は、少なくとも1960年代から1970年代にかけてアイルランドのケアホームで続けられ、別の調査では、初期の破傷風、ジフテリア、百日咳の予防接種がこれらの子どもたちに密かにテストされていたことが判明した。

そこで開発された百日咳ワクチン(破傷風、ジフテリアとの混合ワクチン)が問題となり、当時の医師たちは、ワクチン導入以前には乳幼児突然死症候群(SIDS)は存在せず、乳幼児の死亡は必ずワクチン接種と相関して起こると観察していたのである。SIDSの正確な時期については、さまざまな資料を見たが、ほとんどの資料では、SIDSの90%は生後2-4カ月の間に起こり、DTPワクチンは通常生後2,4、6カ月の3回接種されるとしている。

この仮説を最も強力に支持する証拠が、COVIDの最初のロックダウンである。従来の医学界では、ウェルドチャイルド(ワクチン)訪問に来ない乳児は深刻な被害を受けると予測する人が多かった。実際、SIDSは減少し 早産(ワクチン接種との関連)もかつてないほど減少した。

SIDSに加え、DTPワクチンは脳に損傷を与えることで知られており、犯罪率やADHDの増加(いずれも脳の損傷を反映していることが多い)とある程度の相関関係がある。この脳障害の問題は非常に一般的で(例えば私の親戚の子供2人がこの合併症を経験した)、1980年代にはメーカーを相手に訴訟が殺到し、その訴訟費用がワクチン接種による収入を上回ったため、この訴訟状況がNational Vaccine Injury Programの創設の基礎となった。

このプログラムは、法廷で理不尽な困難に直面する親への支援を生み出す議会の消費者擁護団体と、ワクチン製造を継続できる方法を必要とするメーカーとの間の妥協点を意図していた。ファウチはこの取引の仲介で重要な役割を果たし、プログラムは当初の構想から、すべての法的責任からワクチンメーカーを保護するものに急速に流れ込んでいったのである。その後、慢性的な自己免疫疾患や神経疾患(自閉症など)が爆発的に増加した(これらの変化については、アンソニー・ファウチの著書『Real Anthony Fauci』に詳しくある)。

DTP混合ワクチンの製造方法には、「全細胞型」百日咳ワクチン(DTwP)と「無細胞型」百日咳ワクチン(DTaP)の2種類があった。トレードオフとして、全細胞型は病気の予防効果は高いものの、重度の有害事象を引き起こす可能性も高くなる。また、コストに関するトレードオフとして、医学会誌の引用になるが、以下のようなものがある。「DTaPワクチンは有害事象が有意に少ないが、DTwPよりも高価である」

このような背景から、次に何が起こったか想像してみてほしい。

アメリカでは、このワクチンに対する大衆の反発により、「より安全な」DTaPが使用され、DTwPはアフリカに送られ、今日まで広く使用され続けているのである。

ポリオ、MMR、DTP(特にDTP)の3つのワクチンは、世界の公衆衛生プログラムの基礎とされており、これらのワクチンの配布と摂取は、ほぼすべてのプログラムにおいて疑う余地のない優先事項となっている。Peter Aaby博士は、WHOの委託を受け、これらのワクチンの乳児死亡率に対する総合的な効果を調査した。しかし、このような調査はほとんど行われていないため、子どもたちに接種されるワクチンの多くが実際に利益をもたらしているかどうかを示すデータはまだ得られていない状況である。

結果はAabyの予想とは異なり、MMRワクチンでは死亡率の有意な減少が見られたが、DTPワクチンでは逆の効果が見られ、彼のデータではこのプログラムを廃止する必要があることが示唆された。
彼の論文を引用しよう。

「DTPはワクチン未接種に比べ死亡率が5倍高い。DTPが生存に有益であることを示したプロスペクティブスタディーはない。残念ながら、DTPは最も広く使われているワクチンであり、DTPを受けた人の割合は国の予防接種プログラムの成果を示す指標として世界的に使われている」

論文の別の部分では、全体の死亡率が男の子で3.93倍、女の子で9.98倍(平均5倍)増加したと明記されている。これは、男の子で自閉症が多く発生していることを説明していると仮定されている(男の子は自閉症になるが女の子は死ぬだけ、再び人口削減には理想の効果である)。

「定期接種の全死亡率に対する効果が無作為化試験で検証されていないことは懸念されるべきことである。現在入手可能なすべてのエビデンスは、DTPワクチンがジフテリア、破傷風、百日咳から子どもを救うよりも、他の原因から子どもを殺すことが多いことを示唆している。ワクチンは対象疾患から子どもを守るが、同時に無関係な感染症への感受性を高める可能性がある」

これは、コロナワクチンが、ワクチンによる循環障害でワクチン接種者の死亡総数がはるかに多いにもかかわらず、COVIDから命を救うために国民に義務付けられたことと類似している(長期的影響が明らかになればさらに高くなる可能性がある)。もちろんAabyの結果は葬り去られた。彼の発表以来、再評価されるどころか、DTPの配布は増加する一方である。これは主に、ビル・ゲイツがWHOの焦点を(命を救う公衆衛生プロジェクトではなく)ワクチン接種へと移行させたことによる。

Peter Gøtzsche MDは、エビデンスに基づく医療におけるヒーローの一人で、権力に真実を語り、安全でない医療行為を終わらせるために何度も首を突っ込んできた重要な改革者である(一般的にはワクチン接種を支持しているが)。その後、GøtzscheがDTPに関する証拠の綿密な系統的レビューを求められたとき、データから「低所得国では、DTPワクチンが総死亡率を増加させる可能性が高いというエビデンスがある」と結論付けている。

hCGワクチン

ワクチン接種による不妊治療(現在では婉曲的に「免疫避妊」と呼ばれている)の最も研究されている方法の一つは、妊娠を維持するために必要なホルモンであるhCGに対する免疫反応を起こすことである。その結果、免疫システムは生存可能な妊娠を防ぐのに十分なhCGレベルを低下させる。

hCGワクチンの年表は、以前の記事で紹介した炭疽菌ワクチンの年表と非常によく似ている。

  • 1.技術的な解決策がない重要なニーズが存在した(新世代のワクチン製品を可能にする効果的なアジュバントと、ワクチン接種による効果的な不妊化手段)。
  • 2. 実行可能だが問題のある解決策が見つかった(アジュバントとして使用されるスクアレンとは対照的に、ワクチンに添加されるhCG)。
  • 3.この方法を開発するために、大規模な秘密強制実験キャンペーンが実施された。
  • 4.この方法の大まかな部分に対して、世間からの反発と疑念が生じた。
  • 5.責任ある当局は、当初、このようなことが起こる可能性をあらゆる理由で激しく否定した(WHO/HCGワクチン対軍/炭疽病ワクチン)。
  • 6.独立したテストが行われ、問題の物質がワクチンに含まれていることが示唆された。
  • 7.責任ある当局が、より軟弱な否定に転じた(陽性結果は実験室のエラーによるもので、この添加物を含むワクチンはあるが、決して人には使わない、など)。
  • 8.さらなる検査で、薬剤が存在することが間違いなく証明された。
  • 9.議論は終わったが、非倫理的な実験は何十年も続けられ、技術も徐々に改善された。
  • 10.その技術の利用が常態化する。

この10段階のプロセスについて考えれば考えるほど、私たちは実際、酸化グラフェンのような注射可能なナノテクノロジー(ワクチン中に存在することを示唆する証拠はあるが反論の余地はない)を導入するステップ6におり、最終的にステップ10に到達するのではないか、と思う。

より高度なアプローチが開発される以前は、hCGは破傷風トキソイドに添加されて破傷風ワクチンとして投与されるのが一般的だった。1972年にWHOはヒト生殖に関する「特別プログラム」を開始した(プログラムの最初の20年間に約4億ドルが投資された)。その年の後半にWHOとロックフェラーの科学者は全米科学アカデミーに試作品を成功させて提示できた。数年後、「The Real Anthony Fauci」を 引用すると、次のようになる。

1976年までにWHOの科学者は機能的な「避妊用」ワクチンの結合に成功した。WHOの研究者たちは、彼らの処方が「すでに妊娠している女性には流産を、まだ妊娠していない被接種者には不妊を誘発することができる」と得意げに報告した。そして、「繰り返し接種することで不妊症が長引く」とも述べている。

実験的なキャンペーンはすぐに行われた。その典型的な景品は次のようなものであった。

  • 既存のワクチンの新しい「特別バージョン」が導入される。
  • 妊娠可能な年齢の女性にのみ接種する。
  • 通常のワクチンでは追加接種は必要ない(各キャンペーンは、βhCGと結合した破傷風トキソイドのWHO避妊用結合型ワクチンの公表プロトコルに従った:6カ月間隔で5回の「TT」ワクチン投与)。

1993年、WHOは「家族計画」のための「産児制限ワクチン」を発表した。1993年11月までに、堕胎効果のあるワクチンが破傷風の予防薬として使用されているとの出版物が現れた。メキシコ、フィリピン、タンザニア、ニカラグアの何百万人もの無防備な女性が人間のモルモットにされ、不妊治療ワクチンを注射されながら破傷風ワクチン以外の何ものでもないと言われているのである

1995年6月のHLIレポート・ニュースレターで詳述したように、フィリピンで最初の報告があったとき、WHOとフィリピンの保健当局者はワクチンにhCGが含まれていることをきっぱりと否定した。ワクチンの小瓶にhCGが含まれていたことを示す実験室検査の証拠と、ワクチンを接種された30人の女性のうち27人に高レベルのhCG抗体があったという実験室の証拠に直面したとき、WHOの役人は言い訳を始めたのである。

著者の言葉を借りれば、

「最初はワクチンにhCGは入っていないと言い、次に、入っているが微量であると言い出した。そして、hCGはワクチン製造過程の一部であると言い出した。今、彼らはhCGを検出するテストに欠陥があり、『多くの偽陽性』を生じさせると言っている。しかし、議論の余地のない事実が一つある。hCGが人為的に体内に導入されない限り、ワクチン接種を受けた女性の血液中にhCG抗体が存在することは知られていない」

参考までに、このワクチンを受けた女性30人を検査したところ、26人にhCGの抗体があった。

前回の記事で述べたように、これは炭疽菌ワクチンの時と全く同じことであり、この論争に対するWHOの反応にも表れている。この種の否定は、20年間の追加情報が入手可能になると、いつも極めて洞察的なものとなる。

このサブスタックのために私が最初に時間を費やした記事の一つは、PR産業に焦点を当てたものである。これは、人気のない公共政策が提案されると、世論に耳を傾ける代わりに、関係者全員が嘘をつき、PRによってこのアプローチが機能し、人気のない政策が実現することを理解するために重要なことだからだ。

その後、ビル・ゲイツがWHOの買収に乗り出し、2010年に100億ドルを投じてWHOの焦点をワクチン接種と少子化対策にシフトさせた。

2013年、延期されていた破傷風ワクチン接種キャンペーンがケニアでようやく開始されたが、このキャンペーンは出産可能な年齢の女性のみを対象とし、通常のワクチン接種(5回接種、各ブースター間隔は6カ月 )は行われなかった。

また、通常であれば国中にワクチンを配布する必要がある拠点がワクチンを受け取らず、集中管理された拠点がワクチンを受け取り、警察によって(空の小瓶も含めて)常に警備されていた。私が確認できる唯一の例は、COVID-19ワクチン展開の初期に、厳しく警備されたワクチンのサンプルを入手し、独自に検査できなかったこと(決定的に供給数が少ないという理由で)である。

それにもかかわらず、ケニアのカトリック医の小さなチームが最終的にワクチンのサンプルを入手することができ、それを検査すると明らかにhCGの存在が示された。関係者全員が繰り返し否定した後、結局このプログラムはケニア政府によって打ち切られた。イベントの年表は簡単に言えば次の通りである。

この記事を掲載した後、ある読者が次のようなコメントを残してくれた。この滅菌ワクチンが生殖能力に長期的な影響を及ぼしたことを強調している。

「私の妻はケニア人だが、15年ほど前、彼女がまだ10代の頃、「破傷風」ワクチンを強制的に接種させられた。拒否していた他の生徒と一緒に部屋に追い詰められ、強制的に注射を打たされたのだ。今でも付き合いのある学生仲間は、ほとんど全員が不妊症になり、子供を授かるのが難しくなっている。妻自身、何度も流産を経験している。ひどい痛みと数週間にわたる月経周期、子宮内の赤ちゃんの突然死などなど。生きていた赤ちゃんが一人う。緊急帝王切開で出産した医師は、こんなことは見たことがないと言っていた…すべてがうまくいかず、赤ちゃんは早い段階で発育を止めてしまった…娘は今5歳であらゆる面で普通であるが、奇跡としか言いようがない。

貧しくて学費が払えない彼女の村の少女たちは、ワクチンの接種を免れ、妊娠・出産に問題はないそうだ。

この恐怖はケニアで今も続いている、コビッドショットで」

このとき同時に、ステップ9も実施されていた。2011年の論文を考えてみよう。

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)は、受精後すぐに合成され、胚の着床に必須である。hCGを標的としたワクチンは、免疫学的避妊法として理想的な選択肢である。Talwarらによって開発された抗hCGワクチンは、以前にフェーズII有効性試験を受け、原理を実証している。これらの試験では、妊娠を防ぐために必要な生体内中和抗hCG抗体価の閾値が設定されたが、この抗体価(>50 ng/ml)は免疫した女性の80%でしか達成されていない。本コミュニケーションでは、hCGβと大腸菌熱傷性エンテロトキシンのBサブユニットをC末端で遺伝子的に融合した、免疫原性が向上した新しいリコンビナント抗hCGワクチンを報告する。このリコンビナント融合タンパク質(hCGβ-LTB)はPichia pastorisで発現し、免疫調整剤としてMycobacterium indicus pranii(MIP)と共にAlhydrogelに吸着させると、免疫したBALB/cマウスの100%に非常に高い抗hCG免疫反応が誘発された。このリコンビナントワクチンは、コスト削減とともに、分子整合性のある結合体の大量生産が可能になると期待されている。

わかりやすく言うと、hCGの最初の研究が行われた後、その知識を利用して、無菌状態を作り出す感染性微生物を遺伝子工学的に作り出したということだ。この数十年にわたる研究の積み重ねは、上記の論文で紹介した以外にも多くの研究者によって研究されてきた。

RFK Jr.はいつも1988年に制定されたNational Vaccine Injury Programに注目しているが、それは現在の慢性疾患時代の始まりとなったアメリカの予防接種プログラムの転換点であったからだ。この新しい時代に開発された最も危険な3つの予防接種には、重篤な自己免疫疾患の発症と頻繁に関連していることと、生殖能力に悪影響を及ぼすという2つの特徴が共通していたのである。

一つ目の炭疽菌は前回紹介した。二つ目のガーダシルは、COVID-19以前に、私が市場で最も危険だと考えていたワクチンで、私が直接知っている複数の人が負傷したり障害を負った。三つ目はもちろんCOVID-19ワクチンだ。これらのワクチンについて述べた後、豚マラワクチンについても簡単にレビューすることにしよう。

炭疽病ワクチン

恐ろしい自己免疫疾患に加えて、炭疽病ワクチンは不妊症と頻繁に関連していた。ワクチンを受けたこともなく、イラクにも行かなかったある読者の言葉を引用しよう(本人の許可を得ている

「というのは、夫が湾岸戦争で受けた注射と錠剤の副作用で胃の調子が悪くなったことを気にしていたからだ。というのも、夫は湾岸戦争で受けた銃弾と錠剤の影響で胃の調子が悪くなったことを心配して、すぐに妊娠を控えた。出産した数人の赤ちゃんは、あらゆるものに対する極度のアレルギー、極度の皮膚疾患、消化器系の異常など、奇妙な問題を抱えた重病児で、そのうちの数人は最終的に亡くなってしまった。インターネットも携帯電話もソーシャルメディアもない時代だから、これはすべて口コミによるものだった。最初の1年間は、夫の知り合いの兵士が何人か、ランニング中に心臓発作を起こして死んでしまったこともあった。

また、奇妙ながんで亡くなった人の話も何人か聞いた。例えば、知り合いの民間人医師から、ほとんど全身が癌のほくろで覆われてしまった女性の話を聞いた。彼女は、何が原因で、どのように治療すればよいのか、誰も知らないまま、無惨な死を遂げた。

この読者は世界の反対側に住んでいるにもかかわらず、ケニアから来た読者と同じような経験をした。西洋医学は膨大な数の死体を抱えており、この副読本の中心的な論点は、これらの人間は医学の重要な、しかし忘れられた側面を担っているということである。

炭疽菌ワクチンの最も気になる点は、接種した兵士の家族や将来の子供に影響を与える傾向があり、多くの場合、「理論的にはありえない」シェディングがかなり深刻だったことである(COVID-19ワクチンでも不可解なシェディングが起こるようだが、炭疽菌接種後に起こったものよりは深刻ではない)。例えば、上記の引用者の家族(特に子供)は現在も続く深刻あるいは命に関わる健康問題を体験した。

この病気は、生物兵器計画によって開発された感染性のステルス細菌が部分的に原因であることを示唆する証拠が複数ある。しかし、これは複雑なテーマなので、簡略化のために、スクワレンアジュバントが主な原因であることに焦点を当て、ステルス病原体については、今後の記事で説明することにした。

HPVワクチン

COVID-19と同様に、メルク社のHPVワクチンGardasilにも多くの問題があり、数年前に承認されないか、少なくとも市場から撤去されるべきだった。このワクチンは何の利益もなく、多くの深刻な害と関連付けられている。

例えばピーター・ゴッチェは典型的なワクチン接種支持者であるが、HPVワクチンの問題点に気づき、同僚と別れて反対を表明した。その少し前、ゲイツ財団がコクラン共同計画(世界で最も公平な医学的証拠の評価機関と広く認められている)を買収した。そしてゴッチェはこのワクチン反対論を述べたために共同設立者から追放されたのである。

それ以来、コクラン共同体は誠実な論文を発表しなくなった(例えば、『The Real Anthony Fauci 』で取り上げられているように、コクランの新しい指導者は、イベルメクチンのタンクとして使われ、その結果多くの人々を殺した非常に悪いレビューを故意に発表している)。

HPVワクチンは、特に妊娠可能な年齢の女児を対象としていた(性行為による最初のHPV曝露前にワクチンを接種することを目的としていたため、初回接種は11歳を予定しているが、それ以前に接種することもある)。これらの女児は社会人として最も妊娠する可能性が高く、通常の世界では、ワクチンの生殖能力への影響は、あらゆる薬剤の規制当局にとって重要視すべきものであったはずだ。

このセクションでは(主に書籍 『HPV Vaccine on Trial』の第10章から出典:)、実際に評価担当者が取り組んだ生殖能力への潜在的影響を見ていく。2020年には 13歳から17歳の少女の77.1%がこのワクチンを受けていると推定されており、イングランドではおよそ90%の少女がワクチンを受けている。ここでは数字が重要ですので、グラフに移る前に頭に入れておいてみてほしい。

臨床試験では、ガーダシル接種者の流産率は25%、後のガーダシル9では27.4%であった。これは、一般的な流産率が8〜15%で、年齢によって流産率が増加する(したがって10%が安全な推定値)のと比較すると、より高い確率である。この結果は破滅的なものであるにもかかわらず、COVID-19の予防接種がフリーパスとされたのと同じように、FDAはこの流産データを問題視しないことにした。FDAの「理由」は、25%の流産率はプラセボ群でも見られたが、これは「プラセボ」がワクチンの主要毒性成分であるガーダシル・アジュバントだったためであった。競合するHPVワクチンであるサーバリックスの臨床試験では、より危険性の低いアジュバントを使用しており、流産率は対照群で8.3%、ワクチン群で13.5%が観察された。このことから、ガーダシルが流産率を4倍にしたことをFDAに知らせるべきだった。

ガーダシル9の場合、流産率は28.4%で、プラセボ群では12.7%であったのに対し、受胎後30日以内に接種した場合、さらに高くなった。また、このワクチンを接種した人のうち、23歳から26歳の年齢層では40%、16歳から22歳の年齢層では18.9%だった。またしても、FDAはこの安全シグナルを完全に無視し、ヨーロッパのFDAと同等の機関(EMA)は単に説明を求め、サインオフしただけだった。

最初のガーダシル・ワクチンの承認プロセスで、FDAはガーダシルを妊娠30日以内に投与した場合に先天性欠損症が大幅に増加する(「プラセボ」の0に対して5)ことにも気づいた。前回同様、FDAはこの問題を取り上げることにした(添付文書にも記載されておらず、単に「妊婦への影響に関するデータはない」と書かれているだけだった)。

ファイザーのコロナワクチン(そしておそらく文書がリークされていない他のコロナワクチンも)は、ヒト試験に進む前に必要な動物試験の多くを省略し(実施された試験も非常に不完全なことが多い)、ガーダシルも同様に、非常に部分的な動物試験しか行わず、生殖能力への影響も動物試験中にしか検証されていない。ガーダシルも同様に、非常に部分的な動物実験しか行われておらず、生殖能力への影響も動物実験の中でしか検証されていない。メスラットの生殖系に対する主要な毒性試験は行われておらず、ラットの生殖能力を長期間観察することもなく、オスラットはワクチン投与後すぐに処分された。

ガーダシル以前は、原因不明の早発卵巣不全(POF)は非常に稀だった(1998年から2008年に研究者によって2例が確認され、ガーダシルの最初の市場参入後の2008年から2013年には13例が確認されている)。2013年にAmerican Journal of Reproductive ImmunologyがHPVワクチン投与後の自己免疫とPOFの3事例を発表している。2014年、Deidre Little博士は、健康な10代の若者がワクチン接種後にPOFを発症した3症例を発表した。

現在、VAERS(1990年から運用)では、POFが25例報告されており、HPVワクチンで21例、コロナワクチンで4例、早発閉経(関連疾患)が75例報告されており、そのうちHPVワクチンで54例、コロナワクチンで16例が報告されている。ポリソルベート80は卵巣の自己免疫損傷に関連し、直接的な卵巣毒性を有する。ガーダシル(COVID-19ワクチンも同様)に含まれているため、POFの原因として考えられるが、他のワクチン接種にも含まれているため、この関連性は十分に特定できないと思う。

このようなことを考えると、ガーダシルが私たちの次の世代に投与されたら、どのようなことが起こると予想されるだろうか?

例えば、同じイギリスでも隣国のスコットランドでは 2007年から2015年にかけて10代の妊娠率が60%減少している。

一般的に、2つの事象の間に因果関係を導き出すことは、他の多くの変数も存在するため、非常に困難である。ガーダシルはすべての年齢層で出生率に影響を与えたが、このデータセットはこの相関関係を明確に示すことができる点で注目に値する。10代の生殖能力が著しく低下していることは当初認識されていたが、原因が特定できなかったため忘れ去られ、それ以来その傾向が続いている(今グーグルから引っ張ってきた最初のグラフは、HPVワクチンの臨床試験が発表された数年後に作成されたものである)。

私自身は、妊娠時の母親の年齢が若ければ若いほど、その子供は健康であると信じており(16歳の母親から生まれた赤ちゃんと40歳の母親から生まれた赤ちゃんの体質には劇的な違いがある)、この妊娠時の年齢シフトが社会の健康に与えた影響は何だろうとよく考えているのであるが、いかがだろうか。

豚透明帯ワクチン

この記事の最後に、豚マラ(PZP)ワクチンについて説明する。このシリーズで私が説明しようとした重要な点は、一般市民向けに採用されている人口抑制方法が、野生動物管理で使われている方法と大きく重なることである。これは、これらの方法が最初に動物向けに開発されたことによるものか、捕食支配階級が私たちを彼らの動物として見ているからか、どちらかだろう。

私が動物の権利を支持し、非人道的な動物実験に反対する主な理由は、そのような虐待が許されれば、いずれ人間にも起こるからだ。例えば、バイオテクノロジー企業のオキシテック社は、交尾時に雌蚊を不妊化する雄蚊の開発に何年もかけ、蚊の数を減らす非常に有効な手段を提供した。この計画は取り返しのつかない多くの問題を作り出す可能性があるという理由で科学者や活動家の幅広い連合が反対している。それにもかかわらず、この蚊は配備され、最近EPAはフロリダとカリフォルニアでのリリースを承認した。このテーマを研究している限りでは、人間にとって、投与者の性的パートナーを滅菌できる薬剤は、炭疽菌ワクチンが最も近い。正直言って、これが自分の望むタイプの研究なのかどうか自問する必要がある。

hCGワクチンのように、COVID-19 mRNAワクチンには非常に変わった投与スケジュールがある。このスケジュールは、PZPワクチン(これもワクチンAで説明したより毒性の高いオイルアジュバントの1つを使用している)と一致し、mRNAワクチンのように冷凍保存しなければならない(ただしそれほど低い温度は必要ではない)。PZPワクチンは、すべての哺乳類の卵子に存在する精子受容体に対する抗体を作り、受精を不可能にするもので、馬などの哺乳類の野生個体群のコントロールに使用されている。

PZPワクチンは、精子が卵子と融合するのを安全に阻止するだけとされているが、実際には、PZP抗体が卵巣ジストロフィー、卵巣炎(卵巣の炎症)、すべての成長卵胞の卵子の破壊、休止卵胞の枯渇を引き起こすという証拠があり、このワクチンについては賛否両論がある。正確な計算は困難であるが、hCGワクチンのように、PZPワクチンはブースター投与ごとに徐々に長い不妊期間を引き起こすようだ(3回の投与で8年の不妊期間があると推定される)。

また、コロナワクチンと同様に、PZPは重大な月経不順を引き起こす可能性がある。PZP抗体は母乳を通じて移行する(これを結びつけるのは少し無理があるが、VAERSでは、ワクチン接種した母親の母乳を飲んで重症化したり死亡した乳児の報告がある)。最後にPZPワクチンと死産には関連があり、これもCOVID-19ワクチンで報告されていることである。

PZPワクチンの大きな課題は、野生動物に繰り返し接種することが現実的でないため、長い無菌期間を確保することだった。複数のグループがこの問題を検討し、比較的新しいバイオテクノロジー企業であるSpayVacは、脂質ナノ粒子によってこの課題を解決することができた。

この粒子は抗原を保持するように設計されているため、組織内で長時間の持続的な免疫反応を引き起こし、これがワクチンのスパイクプロテインがCOVID-19感染によるものより破壊力が強い理由の一部かもしれない。また、SpayVacが使用した脂質ナノ粒子(IMVのDPX)は卵巣に移動して最終的に中身を放出するように設計されているという推測も読んだ(IMVもDPXベースのコロナワクチンを開発中である)。私は最善を尽くしたが、これらの脂質ナノ粒子の特許や薬剤研究を見つけることができなかったので、私の知る限り、この推測を裏付ける証拠はない。とはいえ、ファイザーの脂質ナノ粒子は明らかに卵巣に移動するので、それが重要かどうかはわからない。もしDPXの脂質ナノ粒子と同様の方法で、その部位で長期の免疫反応を引き起こすように特別に設計されているものが動作するのなら、これはかなり問題である。

また、ファイザー社のCEOであるアルバート・ブルラ氏は獣医師であり、PZPワクチンに携わった可能性が高いことも指摘されている。このことを掘り下げてみると、もっと恐ろしいことが分かった。雄豚を養殖する場合、去勢をしないと、雄の20%に、人によっては味が嫌いな肉(「猪肉病」と呼ばれる)ができてしまうのだそうである。

ファイザー社が開発したインプロバックというワクチンは、GnRHに対する自己免疫を作り出し、体内のホルモン産生を大幅に低下させる。これにより豚を化学的に去勢し、安価で簡単な方法でイノシシ汚染防止ができるのである。ルプロンのような、市場で最も毒性の強い薬物は、通常、より深刻な女性の健康問題やトランスジェンダーの子供の思春期を阻止するために使われるが、インプロバックよりも一時的なものではあるが、GnRH受容体を妨害する機能を有しているのだ。

以下の3分間の無名のビデオ(私が見つけたときは2,000回再生されていた。

これを見る限り、彼がPZPワクチンについて知っていたことは比較的確実で、おそらくヒトの男性の生殖能力を管理するために同様のアプローチを用いることの価値を認識していたと思われる。2020年12月28日には、新しいヒトGnRH受容体遮断薬であるRelugolixの権利に関する42億ドルの契約にも調印している。

結論として、以下の点が明らかになったかと思う。

  • 支配者層の中心的な信念は、人口を減らすことが必須であるという(誤った)信念であった。
  • 多くの人を傷つけたり殺したりする政策が必要だと見なされれば、指導者たちは通常、その政策の実行をためらうことはないだろう。
  • 疑問のある政策を実施する場合、それを実施する人々は常に嘘をつき、大規模な(PR)産業がその嘘を可能にする。
  • 多くの政策は、それを実行するのに必要な技術がまだ存在しなかったという理由だけで、制定されていない。
  • これらの技術を開発するために、非倫理的な秘密の医学実験が定期的に行われている。
  • ワクチンは、上記の点と不可分に絡み合っている。
  • 社会的弱者のために立ち上がることが、誰にとっても最善の利益となるような文化を作る必要がある。なぜなら、そこで虐待が止められなければ、いずれは自分たちの目の前に現れることになるからだ。

最後に、私のTodoリストには、SARSCoV-2スパイクプロテイン(および他のいくつかのタンパク質)と、私が過去2回の記事で特定した主要な免疫学的標的を比較する非常に詳細なBLAST分析がある。私はBLASTが得意ではないので、この分野の経験者で手伝ってくれる人がいたら、ぜひ教えてほしい。

この記事と、その文脈を説明するための先行記事は、書くのに大変な労力を要している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました