生物兵器ワクチン

フランシス・ボイル

フランシス・ボイル教授 インタビュー 2024年6月13日

!function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=function(){(r._=r._||._.length==1){l=u.createElement(m),e=u.getElementsByTagName(m),l.async=1,l.src
合成生物学・生物兵器

論文:見えない戦争 国際人道法の文脈における生物兵器の心理的影響 2023/09

Invisible Warfare: The Psychological Impact of Biological Weapons in the Context of International Humanitarian Law」 イシュワ・アッバス・カワジャ1 1 パキスタン、
フランシス・ボイル

COVID-19は米国製の生物兵器である – フランシス・ボイル教授が警鐘を鳴らす:トランスクリプト

この対談では、国際法学者のフランシス・ボイル教授が、COVID-19の起源について深く掘り下げ、それが米国の国防総省と中国の武漢ウイルス研究所による生物兵器開発の産物である可能性を指摘している。また、ワクチンそのものも兵器である可能性があり、関係者を殺人罪などで訴追すべきだと主張
アメリカ同時多発テロ事件(911)

書籍:『生物兵器とテロリズム』 2005

Biowarfare and Terrorism レビュー 本書は、米国における生物兵器をめぐる法律、政策、科学の歴史的背景を再検討するものである。米国政府が、この壊れやすい地球という惑星において、人類という種とそれを支える生物圏に破滅的な結果をもたらしかねない違法な生物兵器開発
フランシス・ボイル

1989年の生物兵器/反テロ法を執筆した法学教授が、COVID 19 mRNAナノ粒子注射が大量破壊兵器であるとの宣誓供述書を提出

Law Professor Who Wrote 1989 Biological Weapons/Antiterrorism Act Provides Affidavit That COVID 19 mRNA Nanoparticle Injections Are Weapons
生物兵器ワクチン

実験レポート:ブルートゥース・エクスペリエンス X プロジェクト
Projet Bluetooth Expérience X

Projet Bluetooth Expérience X AI 解説 この文章は、COVID-19ワクチンや抗原検査を受けた人々から特定の条件下でBluetoothの周波数帯域に不明なMACアドレスが検出されるという現象について調査した実験レポートである。以下にその概要をまとめ
LGBTQ、ジェンダー、リベラリズム

学術記事:民間を装った軍事作戦 パート3:バイオ・ナノのガバナンスと人類2.0の利用規約
Military Operations in Civilian Disguise, Part 3: Bio-Nano Governance and Terms of Use for Humans 2.0

Military Operations in Civilian Disguise, Part 3: Bio-Nano Governance and Terms of Use for Humans 2.0 Lissa Johnson Daniel Broudy David A. H
FLCCC,ピエール・コリー

癌に対するイベルメクチンの驚くべき可能性: キャスリーン・ラディ博士
The Surprising Potential of Ivermectin Against Cancer: Dr. Kathleen Ruddy

The Surprising Potential of Ivermectin Against Cancer: Dr. Kathleen Ruddy イベルメクチンに抗癌剤としての可能性があるとは、誰よりも驚きました。彼女は、重度の末期がん患者がイベルメクチンを服用した後、好転し始
パンデミック 総括・批評

書籍:『恐怖の国家:コヴィッド19の大流行時、英国政府はいかに恐怖を武器にしたか』2021

A State of Fear: How the UK government weaponised fear during the Covid-19 pandemic A State of Fear(恐怖の国家)』は暗く、説得力があり、それでいてこの恐ろしい日々を乗り越えようとす
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

シュプリンガー:「Covid-19」心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 第1巻
“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy Volume 1

“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy 「Covid-19」、心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 デイヴィッド・A・ヒューズ(David A. Hughes) 英国リンカーン大学社
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

書籍:地に足をつけ、健康になる

Get Grounded, Get Well 称賛 「シナトラ博士は、身体を健康に保つための洞察力とアドバイスにおいて、私の頼りになる専門家であり、先生であり、お守りのような存在だ。彼が初めてグラウンディングについて説明してくれたとき、私はそれを自分の生活に取り入れ、特に睡眠の質
レプリコンワクチン

日本では数万人がWHOの「グローバルヘルスをめぐる超国家的掌握」に抗議した
WHOが提案したパンデミック条約と国際保健規則(2005)の改正案に抗議するため、週末に東京都心の公園で何万人もの人々が集会を開いた

In Japan, Tens of Thousands Protest WHO’s ‘Supranational Grab Over Global Health’ 24年04月16日 マイケル・ネブラダキス博士 世界保健機関(WHO)が提案したパンデミック(世界的大流行)防止条約
ワクチン HPV,炭疽菌,他

ワクチンは社会にどれほどのダメージを与えたのか? 中西部の医師
ワクチン接種がもたらす、あまり評価されていない、あるいは忘れられている結果を示すデータ

How Much Damage Have Vaccines Done to Society? 中西部の医師 2024年4月14日 一目でわかるストーリー 新しい予防接種が市場に導入された後、重傷者が相次いだという長い歴史がある。ほとんどの場合、これらの傷害はビジネスを守るために隠
COVIDの起源

世界的パンデミックはエリートのマルサス的アジェンダと米国のバイオ戦争の産物か?

Is the Global Pandemic a Product of the Elite’s Malthusian Agenda and U.S. Bio-warfare? by マックス・パリー / 2020年3月21日 3月11日、世界保健機関(WHO)は、2009年の新型
メディア、ジャーナリズム

書籍:『自由の喪失』 – 気候危機、移民危機、コロナ危機(2021)

Vom Verlust der Freiheit: Klimakrise, Migrationskrise, Coronakrise レイモンド・アンガー 目次 序文 第1章 心理的背景 トップダウン・ジャーナリズムコロナとメディア・リテラシー 順応性 世代を超えた戦争トラウマ有
COVID 思想・哲学

COVID-19:恐怖、シミュラークル、現実の時代

COVID-19: an age of fear, simulacra, or reality? ザキア・レシド・エセン&クルシド・アラム Zakia Resshid Ehsen a and Khurshid Alamb aパキスタン、ラホール、リファ国際大学リファ言語文学研究所
パンデミックⅡ・疾病X、鳥インフルエンザ

パンデミックの影 政権の台頭

Pandemic's Shadow: Rise of the Regime プレプリント - 2023年10月 ダグラス・C・ユーヴァン 2023年10月15日 かつて多様性、自由な思想、無限の可能性で繁栄していた世界で、「沈黙の太陽の影」は、単一の万能の存在に支配された恐ろしい
ダグラス・ユーヴァン

フェルミ・パラドックス、ウイルスパス、人口削減

Fermi Paradox, Viropaths, and Depopulation プレプリント - 2022年2月 ダグラス・C・ユーヴァン、チャールズ・ジュヴォン 2022年2月18日 アンソニー・S・ファウチ 2012年 「この分野で働く科学者たちは、私が実際にそう言って
パンデミック対策

『心を自由にする』操られる新しい世界と、それに抵抗する方法
Free Your Mind

Free Your Mind: The new world of manipulation and how to resist 2023年7月 献辞 コールへ イーサン ソニー 自由な心への最大の希望を鼓舞する者たちへ。 目次 表紙 タイトルページ 著作権 読者の皆様へ 献辞 は
マルサス主義、人口管理

「黄金10億人説」の真実

The truth about the ‘golden billion theory’ キレロス・アブデルマラク 2023年6月6日(火) ウクライナ戦争とコビッド19のパンデミック、そして世界人口を減らそうとする「黄金の10億人理論」には関連性があるのだろうか、とキレロス・アブ
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました