フェルミ・パラドックス、ウイルスパス、人口削減

ダグラス・ユーヴァンワクチンと人口管理・生殖合成生物学・生物兵器

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.researchgate.net/publication/358712151_Fermi_Paradox_Viropaths_and_Depopulation

Fermi Paradox, Viropaths, and Depopulation

プレプリント – 2022年2月

ダグラス・C・ユーヴァン、チャールズ・ジュヴォン

2022年2月18日

アンソニー・S・ファウチ 2012年 「この分野で働く科学者たちは、私が実際にそう言ってきたように、このような実験とその結果得られる知識の利益はリスクを上回ると言うかもしれない」1。

エンリコ・フェルミの名前がフェルミのパラドックスと結びついたのは、1950年の夏、同僚の物理学者エドワード・テラーと水爆について何気なく話したことがきっかけである。昼食に向かう道すがら、二人は最近のUFOの報告や光よりも速い旅の可能性について話し合った。会話は核の話題に移り、昼食中にフェルミが「でも、みんなどこにいるんだ?」と漏らした。この問題は現在、宇宙空間が沈黙を続けていることが最も端的に示している。そこでは生物発生と進化によって、少なくとも数個のおしゃべりなハイテク文明が誕生しているはずである。残念ながら、SETIとその仲間たちは何も聞いていない。水爆を発明したテラーの功績を称え、DHS MDM2、つまりフェルミのパラドックスに対する最初の解答の可能性をひとつ付け加えよう。テラーはフェルミの質問に対して「彼らは自爆した」と答えた。

当時、DNAの構造と生物学的遺伝暗号通貨はまだ知られていなかった。フェルミとテラーは、もっと危険な技術が登場することを知るはずもなかった。人類はコウモリの肛門からウイルスを入手し、部分的にヒト化したマウスに発現したヒトの受容体に感染させる技術を開発しようとしていた。核兵器と同様、このような技術には精巧な人的インフラと計画、そして巨額の資金が必要だ。必要なバイオテクノロジーが開発された後でも、このような変態的なことを行おうとする科学界や医学界が必要なのだ。マウスにあらかじめワクチンを接種しておくことは、さらにドラスティックである。

ファウチのNIAIDに刺激され、ダスザックは2013年にそのような実験を行った4。その後6年以内に何かが大きく狂い、2019年に世界的大流行が起こった。COVID-19の致死率は1%程度であり、この無秩序な実験が例えばニパやインフルエンザのような致死率70%のウイルスを含んでいなかったのは幸いだった。残念ながら、この特別なパンデミックの経験は、一般の人々の目を覚まさせることはなかった。似たような、そしてさらに高度な実験が今日まで続けられている。パンデミックによる経済的利益と政府支出によって、その動機と規模が拡大されているのだ。

ノーベル賞の受賞もあるかもしれない。実際、バリッチはパンデミックが始まった後にNASに選出された5。ファイザーとモデルナも非常にうまくいっている。リプキンは最初のSARS流行で中国最高の科学賞を受賞した6。私の予想では、アンデルセンが受賞するのではないかと思う。ダスザックの資金提供継続を支持する手紙を書いた77人の米国ノーベル賞受賞者にとっては、むしろ下り坂の賞である7。

致死率35%のNeoCoV8は、MERS GoF T510F(2022)が発表されて以来、この数週間で間違いなく多くの研究室に転送された9。これはRottierによるコロナウイルスの宿主域改変(2000)10や、OsterhausとFouchierによる致死率70%のインフルエンザ実験(2012)11に続くものである。実際に何が兵器化され、配備されたかはわからないが、学術研究施設にある兵器は、科学的自由とさらなるリークによって将来のパンデミックを予測するのに十分なものである。

1977年にロシアで大流行したインフルエンザは生物兵器であったが、当時署名されたばかりの国連BWCへのダメージを防ぐために緘口令が敷かれた。このような暴露論文を発表した女性は、現在バイデンのホワイトハウスにいる。ポリオ・ワクチンの汚染物質というウサギの穴に踏み込まないことを許してほしい。そう、HIVは間違いなく獣肉に由来する!国民に科学を信じろと言い続けるだけで、あなたは科学者なのだ。

話が脱線したが、私がどのようにしてこのような過激な見解を持つに至ったかを説明すべきかもしれない。1975年、私はカリフォルニア大学バークレー校から、細菌遺伝学の創始者であるかなり有名な人物の下で「黒人博士号」を取得するオファーを受けた。彼はカリフォルニア工科大学にいたはずだが、そこで私に炭疽菌の扱い方やエアロゾルにさらされた動物を見せてくれた。その研究所はカリフォルニア州アラメダの海軍基地にあった。私は「マックス」に 「ノー」と言ったが、今日に至るまで、穀物サイロ、動物用ケージ、ペトリ皿を露出させるために機械で開けなければならないスチール製コンテナなど、この古風な研究所の写真的な記憶が残っている。ファウチと炭疽菌の兵器化についての話はまた別の日にしよう。しかし、私はすでにその電子メールを『生物学的マンハッタン計画』13のウェブサイトに掲載した。

ポリオが30年以上前にマサチューセッツ工科大学(MIT)でGoF’dされたことをご存知だろうか14?(その論文のサイト・インデックスはどんどん小さくなっている)当時は、後の主任研究員ジョン・ドイッチがプロボストで、他の学部はアフラトキシンで遊んでいたので、気にしないでほしい。その仕事の一部はP0で行われ、人通りの多い廊下を横切った。最大セキュリティはBSL-2で、当時はP2と呼ばれていた。その研究者をはじめ、解散した応用生物科学科の他の研究者たちは、ワクチン脱走変種を作ることに対する私の懸念を共有しなかった。私のグループは全員ポリオの予防接種を受けたが、自己完結しているMITの保健部門には何の懸念もなかったようだ。廊下を通る人の中には、ポリオの予防接種を受けたことがない人もいたのではないだろうか。

その部署に採用されたとき、私は冗談めかして「トウモロコシではなく、稲を殺すために採用された」と言われた。私たちはコールド・スプリング・ハーバーで、故マーク・ゾラーとマイク・スミスが開発したばかりの技術16を使って、アトラジン15に耐性を持つRb. ジムとリッチのアドバイスに従って、私はここに残るべきだった。私たちは光合成反応中心で電子を間違った方向に向かわせようとしていただけで、生物物理学ではむしろ安全な試みだった。

量子力学や分光学のエキゾチックな手法に精通した、とても知的な同僚たちと楽しんだ。最終的にこの研究は、光合成における光誘起の一次電荷分離のメカニズムが振動-電子カップリングであることを理解することにつながった17。これは、人脈を広げて危険な実験を行うことでIQを補うように見えるウイルス学者とは正反対である。ダザック、バリッチ、ファウチが天才だと思ったら大間違いだ。ウイルス学では政治的才能の方が価値がある。私が生物物理学で一緒に働いていた何人かは「ギフテッド」のカテゴリーに属していた。さらにもう1%減らせば、機能数学者になれる。私の場合は政府に会うことができ、スタンフォードのビネーを受けた後、カンザスの田舎で13歳から「扱われる」ようになったが、それはまた別の話だ。叔父さんがJFKの耳を持っていれば、共産主義者と知り合うチャンスはあまりない。

人口削減の話に移ると、研究室の数、逃亡の確率、実験の回数、致死率、拡散などに関連する確率的な値の積分を差し引いた人口増加をモデル化する方程式が必要になる。これは奇妙な意味でドレイク方程式の従属式である。人口削減方程式はあちこちの数字を必要とするが、それでもあまり有利ではない。結果として得られる計算は、フェルミのパラドックスに対する第二の解である。もっといいのは、財団が公表しなかった残りの半分のモデリングを見てみることだ。

GoFのウイルスに対するこの明らかな不注意が、実は意図的なものであるという声明が出されれば、陰謀論が生まれる。つまり、無秩序な実験、科学の自由、そして絶対的な愚かさによって人口削減が行われそうなのだ。問題は、このような確率で人口がマイナス成長し、それがたまたま地球を汚染、気候変動、資源の枯渇から救うことになると、ウイルスパシーを推進する人が気づいているかどうかである。これらの専門分野は、人獣共通感染症の発生を非常に懸念し、パンデミックのシナリオをモデル化し21、新たな「新興感染症」を阻止するためにあらゆる努力をしている、少数の有名なオリガルヒとその組織18,19,20によってカバーされている。人口増加を懸念する人々が、地球をより健康にする自然のパンデミックを止めたいと思っているのだろうか?

DARPA(国防高等研究計画局)の移動式ワクチン施設22は、誰もウイルスパスの動きを止めることができないことに対する適切な結論のように見える。しかし、民間防衛もまた、様々な抗ウイルス治療薬の備蓄とともに始動すると考えられる。ウィキペディアの編集用語や主流メディアの言葉を使えば、この防衛の欠如を人口削減の意図的な計画と結びつけることは、明らかに疑似科学が絡んだ陰謀論であり、この計画の背後にいる人々によって簡単に論破されてしまう。したがって、否定による防衛は絶滅をもたらす。

例えば50年間で5億人という人口削減は、不適切なシャットダウンというリスクを伴う。まず思い浮かぶのは原子炉である。もうひとつは有毒化学物質の備蓄で、例えば工業用や軍事用の神経ガスなどである。生物兵器の安全保障も、放棄された研究所の結果としてリストに挙がっている。核兵器を保有する一主権国家が、エリートベースの人口削減計画から取り残されたことに憤慨し、論理的にMADを発動するという結論に達する可能性もある。つまり、流出したウイルスを使った計画的な人口削減が、核兵器によるハルマゲドンに発展してしまうのだ。

人口削減にはもう一つ小さな問題がある。一人の自殺志願者が大規模な殺意を持ち、何百とある研究所のひとつにアクセスし、自らの非常識な行動によって致死性の高い病原体を放出する可能性が常にあるのだ。大学院生が落第し、ガールフレンドに振られ、双極性障害の持病があった。おっと。DEFCON 1のプロトコルがある。ウイルスの流出には何も必要ない。

流出した致死性の高いウイルスから、致死性は低いが風土病になるようなウイルスにシフトすれば、人口削減はより穏やかな方法で達成できる。人間の堕落には際限がないように見えるので、私が利用可能なさまざまな方法論の概要を説明する必要はない。CIAの主任科学者が911の直後に私に語った言葉を引用しよう: 「あなたがそれを考えたのなら、彼らもそれを考えたのだ」。私をしばしば悩ませる妄想は、兵器を作るための逆輸入イデオロギーが克服できるという考えである。繰り返しになるが、権力者が「地球を救う」という考えを持てば、まともな人なら人類史上最も巨大な殺人計画とみなすようなことも合理化できる。人間、動物、植物、そして惑星の健康をひとつのものとして扱うという考え方は、OneHealth23としてよく知られている。OneHealthに人口削減メカニズムを加えることを、私たちはOneHealthPlusと呼ぶことにする。

もうひとつだけ余談がある: NBAFはK州立大学のキャンパスで何をしているのか?2001年、カンザス州でのFMD騒ぎの後、ジャアックスとトレウィンと私が話し合ったとき、私たちはこの施設をフォート・ライリーに移すべきだと考えた。近代的な施設にトーチはあまり似合わないと思うが、30ミクロンのウイルスを扱うのに、300ミクロンのHEPAフィルターよりはずっといい。ジャアックスは2011年のFBIの会議で、NBAFの問題について皆に警告した24: 「KS州マンハッタン周辺の数百マイルに渡って、さらなる疾病監視が必要だ。ASFや豚のことは忘れろ。これは超党派の豚肉の見せしめだ。NBAFをフットボール・スタジアムの隣に設置するのに、これ以上ふさわしい場所があるだろうか?プラムアイランド(PIAID)のスタッフがどこにも移転しなかったことを責めるつもりはない。素人でも運営できるし、カナダの研究所で病原体の盗難にあった経験のあるディレクターを雇うこともできる。おそらく、彼らはOneHealthPlusを福利厚生として得ているのだろう。DHSが研究所をUSDA26に返還したことには拍手を送りたい。

カンザスFMDの恐怖に加え、天然痘に関するテロの脅威もあった。911の後、2度目のテロが起こるかどうかは誰にもわからなかった。ジェリー・ジャアックスはフォート・デトリックから戻ったばかりだった。彼はある種絶望的な状態で、フォートデトリックの連中は「祈っている」と言っていた。問題は、天然痘ワクチンを迅速に配布できたとしても、免疫のある人々を殺してしまうことだった。彼はまた、獣医の言葉を人間に使うべきではないから、「群衆免疫」という言葉は使えないと言った。OneHealthによって、事態は悪い方向に変わってしまった。

人工知能が勝手に論理的知性(LI)となり、核兵器の発射コードから配列データベースに至るまで、LIが密かにすべてを堕落させていることが、私たちの一番の望みなのかもしれない。ウルフラム27がコンピュータの意識についていくつかのアイデアを持っていたのを思い出す。それはあまりに憶測に過ぎると思うので、終末論に目を向けた方がいいかもしれない。私の好みは巨人を倒すことだ。

この議論には非常に興味深い注意点がある: それは、私たちのほぼ単一で高度に構造化された遺伝コード29,30は、宇宙で最も永続的なシグナルであるということだ。電波が途絶える前に、高度な文明が種をまいた可能性もある。地球上の約半数の人々が抱いているもう一つの信念があるが、彼らはたいてい貧しく、科学者でもないため、それはカウントされない。世俗的ファシズムは、パンデミック病原体よりも早く彼らを殺そうとしている。

別れ際に、私はもう一度警告を発する: 「人道に対する罪の法廷に召喚される前に、これらの人々を暴露せよ。沈黙は罪である。私の古い友人の中には、あなた方がしてきたことにあまり満足していない者もいる。私たちの周りにはまだ善良な人々がいる。彼らの子供たちに代わって、彼らは正当かつ合法的な復讐であなたたちを追い詰めるだろう」グラハムがカバノーに9.11と武力紛争法について尋ねるのには理由があった32。

  1. journals.asm.org/doi/full/10.1128/mBio.00359-12?fbclid=IwAR3Q07E0Mb_mzfchDIbTHGPCIeeAthSMRbVD7cnOD4 CROiYlyZtnA6VcvC0
  1. www.dhs.gov/ntas/advisory/national-terrorism-advisory-system bulletin-february-07-2022?fbclid=IwAR3akLO8SjFmIfkz7hhBuXGaASrTM6FDyHnD8Ycm2 gDCrNaw2cVlnOFg_3M 
  1. www.researchgate.net/lab/Billy-Bostickson-Lab 4. www.youtube.com/watch?v=IdYDL_RK–w
  2. globalhealth.unc.edu/2021/05/baric-elected-to-national academy-of sciences/#:~:text=Ralph%20S%20Baric%2C%20UNC’s%20William,th e%20National%20Academy%20of%20Sciences
  1. www.publichealth.columbia.edu/public-health-now/news/ian lipkin-receives-top-science-honor-china
  2. 404 www.science.org/sites/default/files/NL%20letter%20final.pdf 8. www.biorxiv.org/content/10.1101/2022.01.24.477490v1?fbclid=I wAR3akLO8SjFmIfkz7hhBuXGaASrTM6FDyHnD8Ycm2gDCrNaw2cVl nOFg_3M
  3. sumonwrites.wordpress.com/2021/01/09/biological-cyberattack remote-creation-of-a-deadly-pathogen-is-easier-than thought/?fbclid=IwAR3sQQvdbMt8G2e4MErYAANQDDjzW85g8nZSqq 11S2_3PcDtvjSRpG5kvAo 
  1. pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10627550/
  2. pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22723413/
  3. www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/pmc/articles/PMC4542197/?fbclid=I wAR1uhVpqsHuzzi2pgox0ccsswS5C47x2MtWUPSrPMckQCohrbuwq dvMYWAA
  4. web.archive.org/web/20030920095259/http://www.biomanpro. org/
  5. www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/0042682291908 567
  6. The earliest reference is not online, but can be found in:  www.nature.com/articles/nbt0189-69
  7. www.yeastgenome.org/reference/S000124984 17. www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/pmc/articles/PMC52615/pdf/pnas0 1070-0031.pdf
  8. www.younggloballeaders.org/community?class_year=&page= 61&q=&region=&sector=&status=alumni
  9. www.weforum.org/great reset/?fbclid=IwAR1uhVpqsHuzzi2pgox0ccsswS5C47x2MtWUPSrPMc kQCohrbuwqdvMYWAA 
  1. www.weforum.org/agenda/2016/09/why-9-11-reminds-us-we must-respond-to-fear-with openness/?fbclid=IwAR13617BIExPO_ewIo5WrZtH0W92F1o8OO9nD 1IrF_lQjJskY2vDP6ooPBU 
  1. www.centerforhealthsecurity.org/event201/
  2. www.darpa.mil/news-events/2021-02-04
  3. onehealth.tamu.edu/the-apollo-program-for-biodefense/ 24. www.youtube.com/watch?v=gaLeE8WKcqk
  4. www.cbc.ca/news/canada/manitoba/national-microbiology-lab scientist-investigation-china-1.5307424
  5. www.wibw.com/2021/10/07/dept-homeland-security-usda transitioning-responsibility-nbaf-phases/
  6. www.wolframscience.com/nks/
  7. www.newscientist.com/article/2301500-human-brain-cells-in-a dish-learn-to-play-pong-faster-than-an-ai/?fbclid=IwAR0_neCSvcMBisLbHouAAPKFQD3tjaoU33QYgFRI83_u DYiWvzfcnsnaCDU 
  1. Contributed by Charles Juvon to the Wikipedia genetic code article: en.wikipedia.org/wiki/Genetic_code#/media/File:3D_Genetic_Co de.jpg
  2. Contributed by Charles Juvon to the Wikipedia genetic code article: en.wikipedia.org/wiki/File:ELLIPTICAL_GENETIC_CODE_Ian.p ng
  3. www.researchgate.net/publication/358009532_anti- _Biological_Warfare_Group_Letter_to_Colleagues
  4. www.c-span.org/video/?c4747307/user-clip-sen-graham asks-military-tribunals

フェイスブックの(反)生物兵器グループのメンバー全員に、この1年間の活動に感謝したい。

タイトルとURLをコピーしました