オックスフォード大学とアストラゼネカのワクチン開発者が英国の優生学運動と関係
オックスフォード大学とアストラゼネカ社のワクチン開発者は、英国優生学協会(British Eugenics Society)やウェルカム・トラスト(Wellcome Trust)のような他の優生学関連機関と、以前は公表されていなかったつながりを持っている。

アンリミテッド・ハングアウトワクチンと人口管理・生殖ワクチン倫理・義務化・犯罪・責任問題官僚主義、エリート、優生学

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Developers of Oxford-AstraZeneca Vaccine Tied to UK Eugenics Movement

unlimitedhangout.com/2020/12/investigative-series/developers-of-oxford-astrazeneca-vaccine-tied-to-uk-eugenics-movement/

2020年12月26日

4月30日アストラゼネカとオックスフォード大学は4月30日、COVID-19ワクチンの開発に関する。「ブレイクスルー合意」を発表した。この合意では、アストラゼネカが開発、製造、流通を監督し、オックスフォード側はジェンナー研究所とオックスフォード・ワクチン・グループを通じてワクチンの研究開発を行う。この合意から1カ月も経たないうちに、オックスフォードとアストラゼネカのパートナーシップは、米軍と米情報機関が主導する官民合同のCOVID-19ワクチン接種活動である「ワープ・スピード作戦」の一環として、米政府から契約を獲得した。

この提携は4月に発表されたが、オックスフォードのジェンナー研究所はその数カ月前にすでにCOVID-19ワクチンの開発に着手していた、1月中旬.BBCの最近の報道によれば、ジェナー研究所がパンデミックの深刻さを認識したのは1月のことで、ジェナー研究所に勤め、オックスフォード・ワクチン・グループを率いるアンドリュー・ポラードが、「英国の緊急事態科学諮問グループに勤めるモデラーとタクシーで乗り合わせた」タクシーに乗っている間、「その科学者は、1918年のインフルエンザと同じようなパンデミックが起こることを示唆するデータを彼に話した」。このたった一度の出会いのために、ジェンナー・インスティテュートは、危機の範囲が明らかになる前に、COVID-19のワクチン開発に数百万ドルを注ぎ込み始めたと言われている。

2020年の間、オックスフォード・アストラゼネカ社のワクチンは初期の有力候補として扱われたが、その後、参加者の死亡、突然の試験中断、副作用を伴う問題のある「プラセボ」の使用、一部の参加者の「意図的ではない」誤投与による自己申告の有効率の偏りなど、臨床試験に関連するスキャンダルによって、そのリードは傷つけられることになった。

臨床試験中に明らかになった重大な問題は、主要メディアでさえその合併症に批判的な関心を寄せているにもかかわらず、ワクチンの開発責任者である2社からはほとんど懸念の声が上がっていない。オックスフォード・アストラゼネカ・ワクチンの開発責任者であるエイドリアン・ヒルは12月9日、NBCの取材に対し、この実験的ワクチンは安全性試験が終了する前に承認され、一般に配布されるべきだと述べた。「このワクチンは有効であり、大規模で入手可能であり、配備も容易である」

このワクチンのもう一人の主任研究者であるサラ・ギルバートは、早期の安全性承認が可能であると考えていたようで、12月13日にBBCの取材に対し、年内にワクチンが発売される可能性は「かなり高い」と語っている。現在、英国はクリスマス直後にオックスフォード・アストラゼネカのワクチンを承認する見込みであり、インドも来週には承認する予定である

同ワクチンの臨床試験をめぐる論争によって、最終的にはそれまでのトップランナーの地位は失墜したが、オックスフォード・アストラゼネカのワクチンは、主な競合相手であるファイザーやモデルナよりも安価で、保管の手間もかからないため、開発途上国で選択されるワクチンとして、現在も盛んに宣伝されている。

今月初め、ランセット医学誌の編集長リチャード・ホートンは CNBCに対し、「オックスフォード・アストラゼネカ・ワクチンは、我々が今持っているどのワクチンよりも効果的かつ迅速に地球を予防接種できるワクチンだ」と語った。CNBCはまた、シティ・グループのヘルスケア担当グローバル・ヘッドであるアンドリュー・ボーム氏の言葉を引用し、オックスフォード・アストラゼネカ・ワクチンは、「発展途上国の何百万という人々において、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2を抑制、あるいは根絶することができる唯一のワクチンである」と述べた。

オックスフォード・アストラゼネカ・ワクチンは発展途上国のためのワクチンになるという長年の主張に加えて、このワクチン候補は、「非営利ベースで世界中に(ワクチンを)供給するという明確な意図、つまり、地球上で最も貧しい国々が資金不足のために治療法から締め出される心配がないということ」によって、主流派、さらには独立系メディアのいくつかの報道機関によって、「人々にとっては良いこと、利益にとっては悪いこと」として扱われている。

しかし、ワクチン開発者や彼らの「営利を目的としない誓約」の実態を調査してみると、この1年の大半の間、企業のプレスリリースや専門家、ワクチンと結びついた学者たちや主要な報道機関によって喧伝されてきたものとはまったく異なるストーリーが浮かび上がってくる。

例えば、主要メディアは、オックスフォード大学とアストラゼネカのパートナーシップにおける、ワクチン開発者の民間企業であるバシテックの役割について、ほとんど何も語らなかった。彼ら全員が、ワクチンの開発者であるエイドリアン・ヒルとサラ・ギルバートとともに、ワクチンから利益を得る立場にある。特に、COVID-19のワクチン接種を当面の間、毎年行うようにするという、今や明らかな推進策が現実のものとなれば、利益は急増するだろう。

とりわけ問題なのは、このワクチンの主要開発者がウェルカム・トラストや、エイドリアン・ヒルの場合はガルトン研究所と直接つながっていることである。「優生学の父」フランシス・ガルトンにちなんで命名された後者の団体は、英国優生学協会を改称したもので、人種差別的な疑似科学を推進し、劣等とみなされる人々の人口を減らすことによって「人種的ストックを改善」しようとする努力で1世紀以上悪名高い団体である。

彼がギルバートとともに開発したオックスフォード・アストラゼネカ・ワクチンを、発展途上国、特にラテンアメリカ、南・東南アジア、アフリカの国々に選択されるワクチンにしようとしていることを考えれば、エイドリアン・ヒルとガルトン・インスティチュートとの結びつきは明らかな懸念を抱かせるはずである。

『ワープ・スピード作戦』シリーズ最終回では、アメリカ政府のワクチン接種への取り組みと人種差別、オックスフォード・アストラゼネカ・ワクチンと優生学関連機関との関係、ヴァクシテックの秘密裏の役割、そしてワクチン販売が「非営利」で利他的動機に基づくという神話について詳しく探る。

グラクソ・スミスクラインとジェンナー研究所

エドワード・ジェンナー・ワクチン研究所は当初、医学研究評議会と保健省を通じた英国政府と製薬大手グラクソ・スミスクラインとの官民パートナーシップとして、1995年にバークシャーのコンプトンに設立された。研究所の)スポンサーによる見直し」を経て 2005年、ウェルカム・トラストの人類遺伝学センターで上級職を務めていたエイドリアン・ヒルの指揮の下、オックスフォードで再スタートした。オックスフォード大学とアストラゼネカ社が共同開発したCOVID-19ワクチンの開発責任者であるヒルは、現在もウェルカムの研究グループを率い、「さまざまな感染症、特に重症呼吸器感染症に対する感受性の遺伝的基盤の解明」を目指している。特に重症呼吸器感染症)に対する感受性の遺伝的基盤を理解する」ことを目的とした研究グループを率いており、その研究のほとんどをアフリカで行っている。英国の医学研究評議会もウェルカム・トラストと協力関係にあり、特にワクチン関連のイニシアチブをとっている。ウェルカム・トラストは、後にグラクソ・スミスクラインとなる会社を設立したヘンリー・ウェルカムの資金によって設立された。

ジェンナー研究所でのヒルのパートナーであり、オックスフォードCOVID-19ワクチンのもう一人の共同開発者はサラ・ギルバートである。ギルバートもまた、ウェルカム・トラストで「プログラム・ディレクター」を務めていた出身で、ヒルの教え子である。ギルバートとヒルは共に、世界的なパンデミックに対応するため、オックスフォード研究所を将来的なワクチン接種の中心的存在にすべく努力してきた。

オックスフォードでのサラ・ギルバート教授写真:John Cairns

ジェンナー研究所のオックスフォードへの移転は、同研究所の当初のスポンサー(グラクソ・スミスクライン、医学研究評議会、保健省)をオックスフォード大学と動物衛生研究所(現在はピルブライト研究所と呼ばれる)に変更することが決定された後 2005年から2006年にかけて125万ポンドを寄付した医学研究評議会によって大きく促進された。パーブライト研究所が関与したことで、再スタートしたジェンナー研究所は、ヒトと家畜の両方のワクチンを開発するユニークな存在となった。

再出発したジェンナー研究所は、英国における公的資金によるワクチン開発だけでなく、世界最大の製薬会社が製造するワクチンの臨床試験も支配するようになり、近年はメディアの関心が高いワクチンの安全性試験を監督してきた。ジェンナー研究所が実施した臨床試験の中には 2009年に南アフリカの乳児を使った試験で7人の乳児が死亡するなど、後に物議を醸すものもある。

『British Medical Journal』誌が行った調査によると、ヒル率いるジェンナー研究所は、南アフリカの例では、動物実験での否定的な結果や疑問のある方法について、またワクチンが無効であることが知られていたことについて、故意に保護者を欺いていたことが判明した。問題のワクチンは、エマージェント・バイオソリューションズ社とジェンナー研究所が共同開発した実験的な結核ワクチンであったが、乳児を対象としたこの物議を醸す研究によって、ワクチンが無効であることがすでに知られていたことが確認されたため、廃棄された。オックスフォード大学とウェルカム・トラストから多額の資金提供を受けたこの臨床試験は、その後BBCによって、”歴史的な“と賞賛された。この研究が行われた当時、ヒルは個人的にワクチンと金銭的な利害関係があった。

有効性試験における不正行為や増量の影響について、同様の事例があることから、ワクチンの専門家たちは、ヒルとギルバートが開発したCOVID-19ワクチンを批判している。ヒルとギルバートはオックスフォード・アストラゼネカ社のCOVID-19ワクチンにかなりの出資をしている。このワクチンの有効性は90%以上と報告されているが、この数字は主流派の報道でしばしば引用されるもので、ワクチンの開発者と製造者(すなわちオックスフォードのチームとアストラゼネカ社)が自己申告したものである。ヒルと他のジェンナー研究所の科学者が、以前、個人的に投資しているワクチン製品に利益をもたらすために試験結果を操作したことが発覚していることを考えると、これは重大なことである。

ジェナー・インスティテュートがワクチン開発・試験で注目されるようになったのは、ヒルが英国のワクチン・ネットワークでリーダーシップを発揮するようになってからである。ワクチン・ネットワークはまた、「どのようなワクチン技術が将来のアウトブレイクにおいて重要な役割を果たしうるか」を特定する重要な役割も担っている。英国のワクチン・ネットワークの主な支援者は、ウェルカム・トラストとグラクソ・スミスクラインの2社である。

当然のことながら、ワクチン・ネットワークはヒルが運営するジェンナー研究所に何百万ポンドもの資金を提供し、迅速なワクチン接種のための「プラグ・アンド・ディスプレイ」ウイルス様粒子プラットフォームなどのプロジェクトを完了させた。また、コロナウイルス(この場合はMERS)に対する新しいチンパンジーアデノウイルスワクチンのジェンナー研究所の初期研究も、ワクチンネットワークの資金提供を受けている。ワクチン・ネットワークに加え、ジェンナー研究所はEUのワクチン・ネットワークに相当するMultiMalワクチン接種の活動もコーディネートしている。

ジェンナー研究所のエイドリアン・ヒル教授、写真:ジョン・ケアンズ

ジェンナー研究所はまた、グラクソ・スミスクラインや、2014年にグラクソ・スミスクラインに買収されたイタリアのバイオテクノロジー企業オカイロスとも密接な関係にある。買収された直後、オカイロスとその新しいオーナーであるグラクソ・スミスクラインは、2014年の実験的エボラワクチンプッシュの主要プレーヤーとなった。このワクチンの安全性試験は、エイドリアン・ヒルとジェンナー研究所が監督し、英国政府とウェルカム・トラストが資金を提供した。グラクソ・スミスクラインとオカイロスは、ジェンナー研究所の科学諮問委員会に参加している唯一の企業である。

ジェンナー研究所は、グラクソ・スミスクライン・オカイロス社、イマクシオ社というフランスの小さなバイオテクノロジー企業とともに、2015年から実験的なマラリア・ワクチンの開発を進めており、2020年12月12日にそのワクチンのヒト臨床試験が発表された。この臨床試験は、2021年にかけてアフリカの4,800人の子どもたちを対象に実施される予定で、ウェルカム人類遺伝学センターのヒルの研究グループがいくつかの病気に対する遺伝的感受性を研究しているのと同じ国の多くで行われる。「アフリカでは今年、コビッドで亡くなる人よりもマラリアで亡くなる人の方が多いでしょう」とヒルは最近、間もなく始まる臨床試験について語った。

現在、ジェンナー・インスティテュートはジェンナー・ワクチン財団から資金援助を受けている。財団の文書には、ウェルカム・トラスト戦略賞からかなりの資金が流入していることが何度か記されている。ウェルカム・トラストの「特別審査委員会」は、実際にジェンナー研究所を訪問し、その活動を評価した後、さらに「戦略的中核的資金」をトラストから申請するよう働きかけた。ジェンナー研究所は、ウェルカムからの資金提供は、「ウェルカム・トラスト戦略賞支援の成功モデルに基づいて」行われる研究開発決定の重要な指針であるとしている。

しかし、ジェンナー研究所の収入源は財団だけではない。ヒルとギルバートは、研究所が開発したワクチンの多くを、彼ら自身の私企業であるVaccitech社を通じて商品化することに取り組んでいる。メディアの報道では、このワクチンはアストラゼネカとオックスフォード大学の共同開発であるかのように書かれているが、ワクチン候補がヒルとギルバートによって開発され、ヴァキテックが所有している技術に依存していることを考えると、ヴァキテックはこのパートナーシップにおける重要な利害関係者である。オックスフォード大学とアストラゼネカのワクチンに関するほぼすべての報道から、なぜこの会社の名前が消えているのか、ヴァキテック社について詳しく調べてみると、このワクチンが「非営利」であり、慈善的な理由から低価格で提供されている、という宣伝文句を否定する手がかりが得られる。

ワクチンテック 「良いこと」をすることで「良いこと」をする?

サラ・ギルバートとエイドリアン・ヒルが2016年にVaccitechを設立した正式な理由は、『タイムズ』紙によると、「オックスフォード大学の研究者は、研究を商業化するために会社を設立することを奨励されている。」からである。ヴァキテックは、他の」商業化された」オックスフォード大学の研究企業と同様に、大学の商業化部門であるオックスフォード・サイエンス・イノベーションズを通じてジェンナー研究所からスピンアウトした。ヒルとギルバートは10%の株式を保有していると報じられている。

オックスフォード・サイエンス・イノベーションズの最大の投資家、ひいてはワクチンテックの大株主のひとつは、ドイツ銀行のロンドン支店で長年株式取引のグローバル責任者を務めていたアンドリュー・クロフォード=ブラントが2019年に立ち上げたベンチャーキャピタル、Braavos Capitalだ。オックスフォード・サイエンス・イノベーションズへの出資を通じて、Braavosはヴァキテックの約9%を所有している。

COVID-19に先立ち、ヴァキテックが特に昨年力を入れていたのは、インフルエンザの万能ワクチンの開発だった。この点でのヴァキテックの努力は、同じくヴァキテックに投資しているグーグルからも賞賛された。同時に、ビル&メリンダ・ゲイツ財団は世界共通のインフルエンザ・ワクチンを開発するための研究に資金を提供していた。昨年のSTATニュースの報道によると、インフルエンザ・ワクチン学の分野では、「毎年冬に人々に感染するインフルエンザ株や、破壊的で致命的なパンデミックを引き起こす可能性のある自然界に存在するインフルエンザ株から広く守るインフルエンザ・ワクチンを設計する」ことがまだできていなかったからだと言われている。ゲイツ財団はもともと、グーグルの共同設立者であるラリー・ペイジとルーシー夫人と提携していた。

ヒル・アンド・ギルバートのヴァキテック社、特に万能インフルエンザ・ワクチンの開発に必要な資金を全額調達するため、オックスフォード・サイエンス・イノヴェーションズ社は、6億ポンドを求めた。その代表的なものが、ウェルカム・トラストとグーグルのベンチャーキャピタル部門であるグーグル・ベンチャーズである。つまり、グーグルは、同社の動画プラットフォームYouTubeが、オックスフォード・アストラゼネカ候補を含むCOVID-19ワクチンに否定的な光を当てるCOVID-19ワクチン関連コンテンツの禁止に動いている時に、オックスフォード・アストラゼネカ・ワクチンから利益を上げる態勢を整えたことになる。Vaccitechへの他の投資家には、セコイア・キャピタルの中国支店や中国の製薬会社Fosun Pharmaが含まれる。さらに、英国政府は推定500万ポンドを同社に投入しており、オックスフォード・アストラゼネカのワクチンでもリターンが期待されている。

エイドリアン・ヒルとサラ・ギルバートの共同設立者であるVaccitechのホームページ。vaccitech.co.ukより

オックスフォード・アストラゼネカ・ワクチンの背後にある利益動機に関する情報は、ヒルとギルバートがワクチンのロイヤリティを徴収することはなく、アストラゼネカはワクチンで利益を上げていないという主張をメディアが大々的に宣伝したため、混濁している。しかし、これはパンデミックが「公式に」終息したと宣言され、ウイルスが持続性あるいは季節性であるとされ、COVID-19ワクチンの定期的、場合によっては年1回の大量投与が必要とされるまでの話である。スカイニュースは、パンデミックの終息時期の決定は、「さまざまな(不特定の)独立機関の見解に基づく」と報じている。その時点で、ヴァキテックとオックスフォードの両社は、アストラゼネカのワクチン販売からロイヤリティを得ることになる。

COVID-19ワクチンが間もなく毎年接種されるようになるという考えを広める中心となっているのは、このワクチンに関係する人々である。例えば、5月初旬、オックスフォード大学の医学教授でオックスフォード大学とアストラゼネカの提携の「立役者」であるジョン・ベルは、NBCニュースにこう語っている。「将来的には、コロナウイルスに対する比較的定期的なワクチン接種が必要になるかもしれない」。NBC ニュースは、ベルが関与しているオックスフォードとアストラゼネカのワクチンが、もし実現すれば経済的に大きな利益を得ることになることを指摘していない。

さらに最近、ベルは『ザ・ウィーク誌に、「将来、コロナウイルスに対する定期予防接種の市場ができると証明されれば、『儲けもの』になる」と語った。アストラゼネカのパスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)も、パンデミックの終息が宣言され、COVID-19が定期的な予防接種が必要な季節性疾患とみなされれば、同社は「それなりの利益」を上げられると先月ブルームバーグに語っている。この件に関して、Vaccitech社のCEOであるビル・エンライト氏は、パンデミックが終息したと宣言され、COVID-19ワクチンが季節的なイベントとなった場合、Vaccitech社の投資家は「成功したワクチンからのロイヤルティと『マイルストーン』支払いの大部分」を受け取ることになると述べた。

特にヴァキテック社は、この可能性が現実になることを確信しているようだ。オックスフォード・アストラゼネカ・ワクチンのその後のすべての反復について、ヴァキテックは、現在最初の反復についてオックスフォードと分割しているワクチンの権利を、より大きな割合で再取得することになる。スカイニュースは、ヴァキテックが所有する技術は「COVID-19ワクチンの第2世代を牽引する可能性がある。」とし「その開発のために(すでに)230万ポンドの公的資金を受けている」と述べている。

アンソニー・ファウチのような米国政府高官も、COVID-19ワクチンは年1回の接種が必要であると示唆している。注目すべきことに、政府は保健福祉サービスのBARDAを通じて、オックスフォード・アストラゼネカのワクチン開発に10億ドル以上を注ぎ込んでいる。政府関係者だけでなく、最近発表されたいくつかの主要メディアの報道でも、COVID-19ワクチンに関して「専門家」のコンセンサスは「インフルエンザ・ワクチンのように毎年接種する方向に傾いているようだ」と主張されている。たとえば、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のチャールズ・チウ教授(感染症学)は最近、次のように語っている。サロン「これは、1回限りでも2回限りでもないワクチンになるかもしれない」

このような2021年以降のCOVID-19ワクチンの年1回接種に関する示唆は、COVID-19ワクチンの大手メーカー自身から最近よく聞かれるようになった。例えば、12月13日、ファイザーのアルバート・ブーラCEOは『テレグラフ』紙に次のように語っている。「この(ワクチンの)予防効果がいつまで続くかは我々にはわからない。定期的な予防接種が必要になる可能性は高いと思う」ファイザー社も最近声明を発表し、「ウイルスがどのように変化するかはわからないし、ワクチン接種による防御効果がどの程度持続するかもわからない」と述べ、ワクチンが数ヶ月しか免疫反応を示さない場合には、同社のワクチンは「ブースター注射として繰り返し投与するのに適している」と付け加えた。

そしてこの火曜日、モデルナはCOVID-19ワクチンによる免疫が数ヶ月しか持続しないことを示唆する情報を発表した。フォーブスは、「モデルナのワクチンによる中和抗体の持続期間は比較的短く、1年未満になる可能性がある」と書いている。ファイザーのCOVID-19ワクチンの開発者であるBioNTech社のUgur Sahinも火曜日、「このウイルスは今後10年間は我々と一緒にいることになる。. .われわれは、さらなる流行があるという事実に慣れる必要がある」その後、彼はこう付け加えた。「……私たちの生活が正常に戻るためには、ワクチンの摂取量を増やす必要があるかもしれない」と付け加え、今後10年間に起こるであろう定期的なアウトブレイクが、ワクチン投与の増加と相関関係にあることを示唆した。

オックスフォード・アストラゼネカ社のワクチン開発者自身の言葉も、パンデミックが支配的な未来と、ワクチンが広く行き渡るように危機を長引かせたいという願望を指し示している。ギルバートは8月にUKインディペンデント紙に、COVID-19は始まりに過ぎず、近い将来COVIDのようなパンデミックが頻発するようになると信じていると語った。ジェンナー研究所のワクチン・チームはコロナワクチン作りに強い執念を燃やしているようで、6月にはヒルがワシントン・ポスト紙、パンデミックが定着することを望んでいるとの発言を引用し、「少なくとも少しの間はCOVIDが残ることを望んでいるという奇妙な立場にいる。しかし、感染者は減少している」。彼はまた、彼のチームは「ウイルスが消滅するのと競争している」と述べた。

ワクチン開発者、「医学専門家」、政府関係者、そして大手ワクチン製造会社のCEOのすべてが、季節性COVID-19ワクチンの可能性が高まっていることに同意していることから、ジェンナー・インスティチュート/バシテックとアストラゼネカが共同COVID-19ワクチンで使用している最初の「非営利」モデルに関する下心の可能性を考える価値がある。

数カ国のワクチンガイダンスでは、多回接種のCOVID-19ワクチンの各投与量は、前回の投与量と同じ製造業者によって製造されたものでなければならないとされていることから、定期的にCOVID-19ワクチンの変種を接種する必要がある場合、最初にオックスフォード・アストラゼネカ社のワクチンを接種した人は、同じ「ブランド」のワクチンを季節ごとに接種する必要がある可能性が高いことが示唆される。言い換えれば、オックスフォード・アストラゼネカ社のワクチンを最初に接種した人は、同じ「ブランド」のワクチンを2回接種するだけでなく、毎年同じ「ブランド」のワクチンを接種し続ける必要がある可能性が高い。注目すべきことに、COVID-19ワクチンと他の薬や他のワクチンとの相互作用に関する研究はまだ行われていない。

もしそうだとすれば、オックスフォード-バシテック-アストラゼネカのチームは、その後のCOVID-19の年間ワクチン市場を最大化するために、初年度に自分たちのワクチンが最も広く使用されることを望んでいることになる。これが、オックスフォード-アストラゼネカ・パートナーシップの「オックスフォード・ワクチンを全世界に供給する。COVID-19に対して最も脆弱なグループにワクチンを供給する」という努力の背後にある動機である可能性がある。このワクチンは、規制当局の承認前にもかかわらず、ヨーロッパ、北米、オーストラリア、ラテンアメリカのほとんどの国々を含む世界中の政府によってすでに購入されている。

ウェルカム・トラスト

エイドリアン・ヒルは現在、ウェルカム・トラストのヒトゲノム研究センターで上級職を務めている。ウェルカム・トラストはロンドンを拠点とする科学慈善団体で、製薬王ヘンリー・ウェルカムの資金によって1936年に設立された。前述したように、ウェルカムは最終的に業界大手のグラクソ・スミスクラインとなる製薬会社を設立した。現在、ウェルカム・トラストは259億ドルの基金を有し、臨床試験や研究への資金提供を含む慈善活動を行っている。

ヒルは何十年もの間、ウェルカムと密接に結びついてきた。1994年にはウェルカム人類遺伝学センターの設立に参画し、翌年にはウェルカム・トラストの主任研究員(Principal Research Fellowship)を授与された。1996年にはウェルカム・ヒト遺伝学教授となった。

ウェルカム人類遺伝学センターのウェブサイトは、アフリカで実施した大規模な遺伝子マッピングを誇っている。同センターはまた、男性の生殖能力と 「生殖の成功」に関する遺伝的性質を探求する論文も発表している。人種と遺伝子の間の交差点は、同センターの研究において重要である。同センターのマイヤーズ・グループというワーキンググループ全体が、「移住の遺伝的影響」のマッピングに専念しているからである。同センターはまた、優生学が強制的なものでない限り、政策として受け入れられると主張する論文にも資金を提供している。この論文は、「ある行動や政策が優生学のケースであるという事実は、必ずしもそれをやってはいけない理由になるのか?」と問いかけている。ウェルカム・トラストのサイトにあるヒルのページによれば、人種と遺伝学は彼の科学的アプローチにおいて長い間中心的な役割を果たしており、彼のグループは現在、特定の感染症に対する感受性に関してアフリカの集団で遺伝学が果たす役割に焦点を当てている。

ウェルカム・センター・フォー・ヒューマン・ジェネティクスを擁するウェルカム・ゲノム・キャンパスは、英国ケンブリッジシャー州のヒクストン・ホールの敷地内にある。

さらに懸念されるのは、昨年『サイエンス・マグ』誌が、ウェルカムが内部告発者と南アフリカ・ケープタウン大学の双方から、「適切な法的合意もなく、チップ開発に提供されたDNAを使用した何百人ものアフリカ人の同意もなく遺伝子チップを商品化し、何百人ものアフリカ人を違法に搾取している」と告発されたと報じたことである。南アフリカ・ケープタウン大学の生命倫理学者であるジャンティナ・デ・フリースは、「明らかに非倫理的である」と同誌に語った。この論争以来、ナミビアの先住民ナマ族など他のアフリカの機関や民族が、ウェルカム社に収集したDNAの返還を求めている。

ウエルカム・センターは、ゲイツ財団と定期的にワクチンや避妊法の研究開発に共同出資している。ゲイツ財団は、アフリカや南アジアにおける人口と生殖のコントロールに積極的であり、特に注射可能な長時間作用型可逆的避妊薬(LARCs)の普及に優先的に取り組んでいる。ウェルカム・トラストは、ルワンダの農村部などでLARCの「服用を改善する」方法を開発しようとする研究にも直接資金を提供している。

研究者のジェイコブ・レヴィッチが『パルグレイブ帝国主義と反帝国主義百科事典』で書いているように、LARCは、グローバル・サウスに住む女性たちに、「実際に不妊手術を行うということ以外では、可能な限り少ない選択肢しか与えない」ものである。LARCのなかには、5年間も不妊にできるものもあり、レビッチが主張するように、「コンドームや経口避妊薬、伝統的な方法よりも、はるかに多くのコントロールを提供者の手に委ね、女性の手には委ねない」のである。

その一例が、シェリング社(現バイエル社)が製造した、最長5年間妊娠を防ぐことができる避妊用インプラント、ノープラントである。このインプラントは、5万人以上の女性が同社と処方した医師を相手取って訴訟を起こし 2002年に米国市場から販売中止となった。これらの集団訴訟のうち70件は、うつ病、極度の吐き気、頭皮の脱毛、卵巣嚢腫、偏頭痛、過剰出血などの副作用に関するものであった。

わずかに改良され、ジャデルとして再ブランド化されたこの危険な薬は、USAIDとEngenderHealthと共同でゲイツ財団によってアフリカで宣伝された。以前は「人類改良のための不妊化連盟」と名づけられていたEngenderHealthの当初の使命は、人種優生学に触発され、「人類の生物学的ストックを向上させる」ことだった。ジャデルは米国ではFDAの認可を受けていない。

もうひとつのスキャンダルにまみれたLARCは、ファイザー社のデポ・プロベラで、アフリカやアジアのいくつかの国で使用されている注射用避妊薬である。ゲイツ財団とUSAIDは、この薬の流通に資金を提供し、ウガンダ、ブルキナファソ、ナイジェリア、ニジェール、セネガル、バングラデシュ、インドなどの国々の医療システムに導入するために協力している。

ヒルのジェンナー研究所があるオックスフォード・ワクチン・グループのディレクター、アンドリュー・ポラードはゲイツ財団と深く関わっている。彼の雇い主であるオックスフォード大学は、過去3年間で財団からワクチン開発研究のために1100万ドル、過去10年間で2億800万ドルの助成金を受け取っている。2016年、ゲイツ財団はワクチン開発のためにポラードが率いる研究者チームに3600万ドルを提供した。さらに、ポラードの個人研究所はゲイツ財団から資金援助を受けている。このことを考えれば、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が設立し、現在資金を提供している官民パートナーシップであるGAVI(Global Alliance for Vaccine Initiative)が、オックスフォード・アストラゼネカのCOVID-19ワクチンが承認されれば、主にアフリカとアジアの低所得国に配布する予定であることは驚くには当たらない。

ガルトン研究所21世紀の優生学

ウェルカム・トラストエイドリアン・ヒルはともに、ヨーロッパで最も悪名高い優生学協会、英国優生学協会と密接な関係にある。優生学協会は1989年にガルトン・インスティテュート改名されたが、これは優生学の父と呼ばれるフランシス・ガルトン卿へのオマージュである。

ウェルカム・トラストの場合、同トラストの図書館が優生学会の歴史的アーカイブの保護者となっている。ウェルカム・トラストがコンテンポラリー・メディカル・アーカイブ・センターを設立した当初、最初に取得を目指した組織アーカイブが、優生学協会-ガルトン・インスティテュートのものであったことは、実に興味深い。ウェルカムのウェブサイトには、優生学会の当初の目的について、「国民の遺伝に対する理解を深め、英国の親子関係に影響を与えること。20世紀前半に急速に発展した遺伝の生物学から、避妊法、人工授精、統計学、性教育、家族手当の提供まで、会員の関心は多岐にわたった」とも書かれている。ウェルカムの上級アーキビストであるレズリー・ホールは、ウェルカムに所蔵されている優生学会のアーカイブについて論じる中で、人種差別主義者であった優生学者フランシス・ガルトンを「19世紀後半の傑出した博学者」として紹介している。

1930年代に優生学協会-ガルトン研究所が発行したポスター(ウェルカム図書館所蔵)

旧英国優生学協会(現ゴルトン研究所)のいくつかの最高管理職には、元々ウェルカム・トラストに勤務していた人物が含まれており、その中にはゴルトン・インスティチュートのトゥーリ・キング会長も含まれている。現在のガルトン・カウンシルメンバーでガルトンの講師でもあるエレナ・ボチュコワは、以前はウェルカム・トラストの人類遺伝学センターでエイドリアン・ヒルの指導の下で働いていた。ガルトン研究所の上級遺伝学研究員であるジェス・バクストンは、以前はウェルカム・トラストの「遺伝学研究員」であり、その後ウェルカムの資金援助を受けて独立した研究を行なっていた。彼女の研究は特に人種に重点を置いており、ナイジェリア原住民の遺伝子配列図を初めて作成したこともある。さらにエイドリアン・ヒル自身 2008年に優生学協会・ガルトン・インスティチュートの創立100周年記念式典で講演している。

ガルトン・インスティテュートは、現在は『ガルトン・レビュー』(以前は『優生学レビュー』)と呼ばれるものを発行しており、自称 “学会“のさまざまなメンバーが、人口問題、遺伝学、進化生物学、不妊に焦点を当てた論文を発表している。

『優生学評論』の初期の号を見ると、ガルトンの当初の野心に光が当たる。1955年発行の「有色人種の移民」と題された号では、著者がこう問いかけている。「このまま黒人やネグロイドの移民が野放しにされ続ければ、数十年の間に、我々の国民性や優れた技量などはどうなってしまうのだろうか?」この記事は、読者に対し、国会議員に手紙を書き「人種の改善や悪化」の観点から「現在のアフリカ人やその他の黒人の流入を抑制する」ために緊急に何かをしなければならないことを強く求める訴えで締めくくられている。

今日、ガルトン・インスティテュートは、ヨーロッパ都市への人種的マイノリティの移民を歯止めなき脅威と見なし続けているようだ。オックスフォード大学の人口統計学教授で同研究所のフェローであるデビッド・コールマンは、マイグレーションウォッチという反移民団体と擁護団体を運営している。その使命は、合法的な移民を阻止するよう政府に働きかけ、移民増加の生物学的・文化的脅威を示すとされるデータを公表することで、イギリスのヨーロッパ文化を守ることである。

1961年に発行された『優生学評論』誌の「差し迫った危機」と題された号は、今度の研究所の会議の目的は「マーガレット・サンガーを称えること」だと主張し、人口危機を「量が質を脅かす」と表現している。

サンガーは 「アメリカにおける避妊運動の先駆者」として知られているが「人種改良」の推進を強く主張し「有色人種のために設立された」と主張するニグロ・プロジェクトの主要な立案者であった。しかし、ハーバード大学医学部の医療倫理フェロー、ハリエット・ワシントンがその著書『Medical Apartheid』で論じているように、「ニグロ・プロジェクトは、優生学的原理を推進することによって、黒人の人口を減らす最善の方法を見つけようとした」のである。サンガーはイギリス優生学会のアメリカ人会員であった。

ガルトン・インスティテュートのもう一人の初期メンバーは、著名な実業家であり優生思想家でもあったジョン・ハーヴェイ・ケロッグである。ケロッグは人種改良財団を設立し、移民や非白人はアメリカの遺伝子プールにダメージを与えると主張した。ナチス・ドイツの優生学者と共同研究を行い、ナチス・ドイツの残虐な人種政策に貢献したことで知られる科学者チャールズ・ダベンポートは、1931年にガルトン研究所の副所長を務めた。

オックスフォードのウェザーオール分子医学研究所がその名を冠している。ウェザオールは、ガルトン研究所がまだ優生学協会という名称だったころのメンバーで、2018年に亡くなるまで在籍していた。科学への貢献が認められ、1987年に英国君主からナイトの称号を授与されたウェザオールは、度もガルトン研究所で講演を行い、2014年には同研究所で遺伝学に関する上級講義を行ったが、その記録や映像は残っていない。オックスフォード大学の教授であったウェザオールは、エイドリアン・ヒルの博士課程の指導教官であり、ヒルがウェザオール研究所でアフリカでの免疫研究を始めたときには、最終的に彼の上司となった。ウェザーオール分子医学研究所の設立当初から重要な役割を果たしているのが、ガルトン研究所の元所長ウォルター・ボドマーである。

ガルトン・インスティテュートは、表面的な広報活動によって、人種優生学を推進した過去から距離を置こうとしているが、偽科学を推進し、賞賛する本を執筆するインスティテュートの一部のメンバーを止めることはできなかった。例えば、ガルトン・インスティテュートの分子遺伝学の名誉教授であり、その役員の一人であるデビッド・J・ガルトンは 2002年に『優生学』を出版している:『Eugenics:The Future of Human Life in the 21st Century』。デビッド・ガルトンは、ガルトンの元会長ウォルター・ボドマーが夢想したヒトゲノムマッピングプロジェクトは、「DNAを操作する非常に強力な技術が開発されたため、……優生学の幅を莫大に広げた」と書いている。

この新しい「より広い優生学の定義」について、ガルトンは「ドナーによる選択的人工授精、遺伝子治療、生殖細胞の遺伝子操作によってゲノムの質を向上させるだけでなく、人口数を調整する方法も対象となる」と述べている。この新しい定義を拡大解釈すると、ガルトンは「ある方法を国家が強制すべきか、それとも完全に個人の選択に委ねるべきか」については中立的である。

誰が最も安全なワクチンを接種するのか?

オックスフォード・アストラゼネカ・ワクチンの背後にいる人物や組織(開発責任者を含む)が、人種優生学の台頭と永続に貢献してきた組織と結び付き、つながっている度合いを考えると、この特定のワクチンが科学者やメディアによって、貧困層やグローバル・サウス(南半球)のためのCOVID-19ワクチンとして描かれていることが気になる。

オックスフォード・アストラゼネカのワクチンは、競合するCOVID-19ワクチンの数分の一の価格で販売されている。モデルナは1回あたり25ドルから37ドル、ファイザーは20ドルである。CNNが最近報じたように、オックスフォード・アストラゼネカ社のワクチンは「発展途上国での輸送や配布が、複雑でコストのかかるコールド・サプライ・チェーンを必要とするライバル製品よりもはるかに容易」である。トムソン・ロイター財団が何人かの専門家に、どのCOVID-19ワクチンが「最も早く最も貧しい人々に届く」可能性があるかを尋ねたところ、全員がオックスフォード・アストラゼネカ社の候補を優先すると答えた。

さらに、このワクチンには安全性の問題が山積しているという事実もある。最近、11月21日、インドに住むアストラゼネカの臨床試験に参加した40歳の男性が、このワクチンによって急性神経脳症(脳障害)を発症したとして、インド血清研究所に法的通知を送った。通知書の中で参加者は、「少なくとも、彼と彼の家族が受けた、そして将来受ける可能性のあるすべての苦痛について補償されなければならない」と述べている。

これに対して血清研究所は、参加者の合併症はワクチン試験とは無関係であると主張し、脳障害を負った参加者に対して、会社の評判を傷つけたとして「法的措置」を取り、1300万ドルを超える損害賠償を求めると述べた。スポンサーが治験参加者を脅したという話は初めて聞いた。血清研究所はビル&メリンダ・ゲイツ財団から少なくとも1860万ドルを受け取っており、アストラゼネカ社とは10億回分のワクチンを製造する契約を結んでいる。

オックスフォード・アストラゼネカがワクチン製造に選んだ他のメーカーもまた、論争に無縁ではない。例えば、中国の製造パートナーである深圳康泰生物製品有限公司は、特に2013年に同社のB型肝炎ワクチンで17人の乳児が死亡した後、何年にもわたって論争の中心にあった。ニューヨーク・タイムズ紙は、米外交問題評議会(Council on Foreign Relations)のグローバル・ヘルス担当シニア・フェロー、黄燕中氏の言葉を引用し、「中国で再び同じようなスキャンダルが報じられた場合を想像してみてほしい。. . .ワクチンを製造している会社の信頼が損なわれるだけでなく、アストラゼネカ社自身とそのワクチンの評判も悪くなるだろう」と述べている。

別の例では、米国でのワクチン製造に選ばれた製造パートナーは 2001年の炭疽菌テロ事件と関係のあるスキャンダルまみれの企業、エマージェント・バイオソリューションズ社である。Emergent Biosolutions社は、以前はBioPort社として知られていたが、炭疽菌ワクチンBioThraxや生体防御製品Trobigardなど、安全性や有効性がテストされていない製品を故意に販売・マーケティングしてきた長い実績がある。エマージェント・バイオソリューションズの米国における主要製造施設の現在の品質管理責任者は、医薬品製造の専門知識を持たず、代わりにイラク、アフガニスタンなどで活動していた元軍事情報部の高官である。

オックスフォードとアストラゼネカの臨床試験で報告された副作用や、臨床試験の実施方法によって、製品の安全性に関して暗い歴史を持つメーカーと提携するという決定が提起した問題は、さらに複雑になっている。9月、アストラゼネカは、英国の女性が「重篤な反応の疑い」を発症し、ニューヨーク・タイムズ紙が横断性脊髄炎と一致すると報じたため、実験的なCOVID-19ワクチンの臨床試験の一時中断を余儀なくされた。横紋筋炎は、中枢神経系の主要な要素である脊髄の炎症を特徴とする神経疾患である。多くの場合、手足の脱力、膀胱の排泄障害、麻痺などを引き起こす。患者は重度の身体障害者となる可能性があり、現在のところ有効な治療法はない。

TMとワクチンとの関連についての懸念は、よく知られている。2009年に発表された症例研究のレビューでは、乳幼児、小児、成人において、B型肝炎、麻疹・おたふくかぜ・風疹、ジフテリア、百日咳、破傷風など様々なワクチンと関連した37例のTMが報告されている。イスラエルの研究者たちは、「異なるワクチンと一つの自己免疫現象との関連は、アジュバントのようなこれらのワクチンの共通項がこの症候群の引き金になっている可能性を示唆している」と指摘している。アストラゼネカの臨床試験に関するニューヨーク・タイムズ紙の記事でさえ、ワクチンがTMを誘発する可能性があるという過去の「憶測」に言及している。

7月、オックスフォード大学とアストラゼネカ社の臨床試験参加者がTMの症状を発症し、ワクチン試験は一時中断された。「独立委員会」は最終的に、この病気はワクチンとは無関係であると結論づけ、試験は継続された。しかし、フーリンダース大学のニコライ・ペトロフスキー氏がオーストラリア放送協会に語ったように、このようなパネルは通常、「生物統計学者と治験を実施しているスポンサー製薬会社の医療担当者」で構成されている。その後、10月にブラジルで治験参加者が死亡したが、この場合、アストラゼネカ社は、その人は対照群の一員であり、COVID-19ワクチンを受けていなかったと示唆した。

『フォーブス』誌によれば、アストラゼネカのワクチンは動物実験ではコロナウイルスの拡散を阻止する効果がなかったという。アストラゼネカのCOVID-19ワクチンを注射された6匹のサルはすべて、接種後にコロナウイルスに感染した。すべてのサルは死刑にされたので、これらのサルが他の副作用を被ったかどうかは不明のままである。

もう一つの懸念は、試験管理者が対照群に(ヒトと動物の両方の試験で)、生理食塩水ではなくファイザー社の髄膜炎ワクチンであるニメンリックスを投与したことである。「ファイザーの髄膜炎ワクチンを対照プラセボとして使用することで、アストラゼネカはCOVID-19ワクチン群の副反応を軽視することができる。アストラゼネカの臨床試験における髄膜炎ワクチンは、私が『フェイクセボ』と呼んでいるもので、ワクチン群における傷害をごまかしたり隠したりすることが本当の目的である偽の対照である」とChildren’s Health Defenseの顧問弁護士メアリー・ホランドは言う。

別名の優生学

こうした安全性への懸念や臨床試験の不祥事にもかかわらず、160カ国近くがオックスフォード・アストラゼネカのワクチンを購入しており、現在、地球上で2番目に人口の多い国であるインドが来週までにこのワクチンを承認する可能性が高いとの報道がなされている。

ここに記したように、このワクチンは「低所得国にとって不可欠」と宣伝されているかもしれないが、オックスフォード・アストラゼネカのプロジェクトは単なる慈善事業ではない。このワクチンの背後には大きな利潤追求の動機があるだけでなく、研究責任者が英国優生学協会とつながりがあるため、もう一段階精査する必要がある。

優生学者にまつわる話に遭遇すると、そのような活動を「陰謀論」として片付けてしまうのが一般的だ。しかし、現在も活動を続けている著名な個人や団体のいくつかが、ほんの数十年前にはそれほどタブー視されていなかった優生思想と明確なつながりを持っていることは否定できない。残念なことに、オックスフォード=アストラゼネカ社のコロナワクチンに関連する個人や機関も同様である。彼らは、この記事で示したように、人種科学と人口抑制の研究に没頭し、主にアフリカで活動しているが、その一方で、最悪の優生学運動と直接的かつ長年のつながりがある機関と密接に連携している。

このシリーズで示したように、米国内外の人種とCOVID-19ワクチン接種キャンペーンが交わる点については、公私ともに多くの懸念がある。このシリーズの第1部では、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターの政策形成的役割について疑問を投げかけた。このセンターは、アメリカ政府がCOVID-19ワクチンを少数民族と知的障害者に優先的に接種できるようにすることを提案した。第2部では、米国でCOVID-19ワクチンを割り当てるために、保健機関がパランティア社の作成したプログラムを利用していることを説明した。パランティア社は、移民政策や人種差別的な取り締まりを通じて、米国政府機関が少数民族を標的にするのを支援した実績を持つ企業である。

さらに、「自発的に」予防接種を受けるよう人々に圧力をかけるために、経済的強制とも言える合理的な行使が計画されている。このような強制は、貧困層や労働者コミュニティに対してより効果的であることは明らかである。

これらの事実と、上記で述べたオックスフォード・アストラゼネカの「手頃な」ワクチンオプションの安全性を精査するケースを考慮すると、米国内外のワクチン配分政策によって引き起こされる害は、貧困層、特に有色人種のコミュニティに不釣り合いに影響を及ぼす可能性が高い。

そのため、一般市民は、たとえ包括性、人種的公正、公衆衛生の保全という言葉で覆われていたとしても、すべてのワクチン配給政策の主張を、一塩の塩を持って受け止めるべきである。アメリカ優生学協会(後に社会生物学研究協会と改称)の共同設立者フレデリック・オズボーンが1968年に述べたように、「優生学的目標は、優生学以外の名称で達成される可能性が最も高い」のである。


著者注:デイヴィッド・ガルトンの関係者から連絡を受け、彼は現在ガルトン・インスティチュートがその名を冠しているサー・フランシス・ガルトンと血縁関係はないと聞いた。どちらの主張も確認できる第二の情報源を見つけることができなかったので、この作品から二人のガルトンの家族関係に関する言及を削除するのが最善であると判断した。しかし、デイヴィッド・ガルトンの著作と研究所での役割は、この作品に大いに関係しており、その情報は変更されていない。

著者 ジェレミー・ロフレド

ジェレミー・ロフレドはワシントンDC在住のジャーナリスト、リサーチャー。以前は「RT AMERICA」のセグメント・プロデューサーを務め、現在は「Children’s Health Defense」の調査レポーター。

著者 ホイットニー・ウェブ

ホイットニー・ウェブは2016年からプロのライター、リサーチャー、ジャーナリストとして活動している。複数のウェブサイトに寄稿し、2017年から2020年まではMint Press Newsのスタッフライター兼シニア調査記者だった。現在はThe Last American VagabondとUnlimited Hangoutに寄稿している。