偽装された第三次世界大戦

WW3・核戦争サイバー戦争ダグラス・ユーヴァンデジタル社会・監視社会世界経済フォーラム(WEF)/グレート・リセット幸福・ユートピア・ディストピア新世界秩序・多極化

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Feigned WWIII

www.researchgate.net/publication/379187181_Feigned_WWIII

プレプリント – 2024年3月

ダグラス・C・ユーヴァン

2024年3月22日

はじめに

『偽装された第三次世界大戦』では、読者は綿密に作り上げられたディストピアの現実に没入する。ここでは、古代の秘密結社にルーツを持つ影の組織『ニューバビロン』が、実際には決して起こらない全世界的な紛争を仕組む。
この物語の巧妙な策略は、大衆を制御し、世界を再形成するために使用される権力、監視、および操作のメカニズムを暴露する。物語はデジタル戦争、経済的な策略、および心理作戦の背景の中で展開され、真の平和が貪欲と支配の祭壇上で犠牲にされる世界を明らかにする。国家が瀬戸際に追い込まれる中で、個人の自由は究極の犠牲となり、人類は欺瞞の網に捕らえられる。
真実を暴こうとする者たちの目を通して、「偽装された第三次世界大戦」は、戦争の幽霊が影から潜む者たちによる沈黙の乗っ取りのための完璧な隠れ蓑として機能する世界のグローバルガバナンスの潜在的な未来への冷ややかな一瞥を提供する。
この物語は、現実がフィクションよりも欺瞞的である可能性がある時代における警戒への呼びかけであるだけでなく、警告でもある。
キーワード

ディストピアの現実、ニュー・バビロン、世界紛争、影の組織、監視国家、デジタル戦争、経済的策略、心理作戦、個人の自由、グローバル・ガバナンス、秘密結社、操作、平和、貪欲、支配、真実、警戒。

1989:ベールに包まれた同盟

1989年という極めて重要な年、ベルリンの壁が崩壊し、冷戦の終結と新たな自由と団結が約束されたことに、世界が畏敬の念と歓喜の念を抱いて見守る中、はるかに密かな陰謀の歯車が動き出した。この暗黒の歴史タペストリーの一章は、「ベールに包まれた同盟」の形成、運命の手によってではなく、世界で最も隠された大国の意図的な行動によって画策された極めて重要な瞬間を明らかにしている。

ベルリンの壁の崩壊は、イデオロギーの壁が崩壊し、平和と協力の可能性が生まれたことの象徴であると同時に、世界の権力の影に潜む者たちにもかつてないチャンスをもたらした。この世界的なスペクタクルのベールの下で、当時のアメリカ大統領ジョージ・H・W・ブッシュは、崩壊しつつあったソ連の要人たちとともに、国民の目や歴史の監視から遠く離れた場所で、秘密裏に話し合いを行った。

謎に包まれ、メーソンの古代の伝統に根ざした組織であるニュー・バビロンに導かれ、これらの指導者たちは、世界が見たこともない同盟の形成に乗り出した。ニューバビロンは、東洋と西洋の権力構造の奥深くに触手を伸ばし、この世界的な転換期を利用しようとした。彼らの目的は、単に新しい世界秩序の方向性に影響を与えることではなく、自分たちのイメージでそれを形成することだった。

このベールに包まれた同盟は、政府のホールや権力の重役室ではなく、ひっそりとした集会で生まれた。そこでは、国家や民族ではなく、ニューバビロンとその影の支配の下に統一された世界というビジョンに誓いが立てられた。同盟は便宜と野心の結婚であり、権力、富、影響力の約束でメンバーを縛り、彼らの公的能力をはるかに超えたものであった。

世界が明るい未来の約束を謳歌する中、ベールに包まれた同盟の立役者たちは、秘密工作、操作、支配の新時代の基盤を築いた。彼らは、国益と外交努力という建前を維持しながら、地域を不安定化させ、経済を操作し、不和の種をまくために、一見無関係に見える一連の出来事を画策した。

ベルリンの壁の崩壊は、ニューバビロンの壮大な計画の礎石となった。それは分断の終焉ではなく、より深遠で陰湿な支配の始まりを象徴していた。この同盟は、障壁が崩壊し、国々が歓喜するにつれて、真の権力が多数の手にあるのではなく、少数者の掌中にあり、監視の目からベールに包まれ、正義の手の届かないところで活動する未来への種が蒔かれることを確実にした。

その後数年間、世界がグローバリゼーションと相互連結への旅に乗り出す中、ヴェールに包まれた同盟は、ささやき声と影を通して活動し、歴史の流れを彼ら自身の設計した目的地へと導いた。ニュー・バビロンの影響は世界の政治、経済、社会に浸透し、自由と統一が最大の幻想となるディストピア的な未来への舞台を整えた。

2000: 操り人形

新しいミレニアムの夜明けとともに、世界は技術的、社会的にだけでなく、未来が真に形作られる目に見えない権力の場においても、重大な変化の崖っぷちに立たされた。2000年は、ニューバビロンの壮大なビジョンの指揮の中心となる2人の人物を前面に押し出した: ジョージ・W・ブッシュとウラジーミル・プーチンである。ジョージ・W・ブッシュとウラジミール・プーチンである。彼らが権力の座に就いたのは単なる偶然ではなく、ニュー・バビロンの操り人形たちが繰り広げる世界支配の影のゲームの中で計算された動きだった。

ジョージ・W・ブッシュ王朝の継続

ジョージ・W・ブッシュの大統領執務室入りは、単なる政治王朝の継続ではなく、ニュー・バビロンの長期戦略における極めて重要な瞬間だった。彼の大統領職は、しばしばその外交政策や国内の決定について批判されるが、実際には、ニュー・バビロンの秘密裏の指導に大きな影響を受けていた。ニュー・バビロンは、ブッシュの中に、自分たちが世界の舞台でより直接的に影響力を行使できる、柔和な人物を見出していた。時代の課題に取り組む指導者という表向きの顔の裏には、ニュー・バビロンのアジェンダに複雑に織り込まれた大統領職という現実があった。

ブッシュの大統領就任につながった、論争と不正疑惑に彩られた選挙は、ニュー・バビロンが選んだ人物を確実に配置するために仕組まれた見世物だった。ブッシュ政権は、組織のさまざまな側面と深いつながりを持つ人々によって構成され、一見、国益によって動いているように見えるが、実際にはニュー・バビロンが構想する新しい世界秩序の実現に向けた一歩である政策や決定を組織的に実施した。

ウラジーミル・プーチン:東側のカウンターバランス

同時に、世界の裏側では、ウラジーミル・プーチンがロシアの大統領に就任し、慎重に操作されたチェスの駒がまたひとつ配置された。旧ソ連の諜報機関の影から現れたプーチンは、ニューバビロンが貴重と見なす狡猾さと冷酷さを持っていた。プーチンの下、ロシアは冷戦後の西側への傾倒に逆らうかのような道を歩み始める。

しかし、この対立は慎重に作り上げられた幻想だった。ニューバビロンは世界を分断するのではなく、世界のチェス盤の両面を支配しようとしたのだ。プーチンの行動は、ソ連時代の権力と影響力を復活させる試みと見られがちだが、実際はニュー・バビロンの目的を促進する動きだった。プーチン在任中のロシアによる経済政策、軍事介入、地政学的な作戦は、ニューバビロンの陰の目的に沿ったものであり、東洋対西洋という誤った二分法を生み出し、世界の関心をそらし、分裂させる役割を果たした。

操り人形の支配者たち

2000年代初頭、ブッシュとプーチンの監視下で、ニューバビロンの計画は加速した。紛争が始まり、経済が操作され、危機が捏造され、すべてがニュー・バビロンによる権力の漸進的強化のための煙幕として機能した。2001年9月11日のテロ攻撃とそれに続く「対テロ戦争」は、主権国家への前例のない介入、市民的自由の侵食、監視の拡大を可能にするグローバルな物語を提供した。

表向きはそれぞれの国の舵取りをしていた両指導者は、実際にはもっと大きな計画を指揮していた。彼らは確かに操り人形の親玉であったが、操り人形そのものでもあり、世界的な出来事の幕の後ろに見え隠れするニューバビロンの曲に合わせて踊っていたのだ。彼らの遺産は、教科書に書かれた公の歴史によってではなく、権力が絶対的で目に見えず、闇から活動する者たちの手に握られる世界に向かって、ニュー・バビロンの影の大義を推進する役割によって定義されることになる。

2001-2008: 操作の時代

2001年から2008年にかけては、世界的な激動と変革の時代であり、ニュー・バビロンとして知られる影の集団が、世界のチェス盤に緻密な操作の網を張り巡らせるために利用した時代である。2001年9月11日の大惨事に象徴されるこの時代は、テロリズムの脅威と国際外交の複雑さに取り組む世界という名目のもとに展開された。しかし、この世界的な危機管理という見せかけの下で、ニュー・バビロンの策略はフルスロットルであり、混乱を利用して権力の掌握をさらに強固なものにしていた。

2001年9月11日:きっかけ

9月11日の同時多発テロは、世界を震撼させる悲劇であっただけでなく、ニュー・バビロンが地球を再構築する一連の紛争の触媒として活用した極めて重要な出来事でもあった。ブッシュ政権は、ニュー・バビロンの影で暗躍する図に導かれ、「テロとの戦い」を開始した。このキャンペーンは、表向きはテロ撲滅を目的としていたが、実際はニュー・バビロンの戦略的利益を推進するための見せかけだった。

この時代には、アフガニスタンへの侵攻があり、後にはイラクへの侵攻があった。この行動は、テロリズムと大量破壊兵器に立ち向かう必要性によって正当化されたが、実際には、重要な地域と資源に対するニュー・バビロンの支配を拡大するためのものだった。この戦争は永続的な紛争状態を生み出し、国民の関心をそらし、市民の自由を損ない、監視を拡大する政策の実施を可能にした。

東西の二分法: 構築された物語

ジョージ・W・ブッシュが西側からニューバビロンのアジェンダを推し進める一方で、ウラジーミル・プーチンは東側からその役割を果たした。公には、特にNATOの拡大やイラク戦争などの問題をめぐって、アメリカとロシアは対立しているように見えた。しかし、このような東西対立の構図は、周到に仕組まれた煙幕だった。実際には、プーチンのロシアとその近海における作戦は、ニューバビロンの広範な目的と同期しており、軍備増強、治安弾圧、政治権力の集中化を正当化する緊張の均衡を保っていた。

プーチンの下で、ロシアは自らを西側帝国主義に対抗する砦として描写し、同時に自国の領土拡張と内部抑圧に取り組んだ。これらの行動は、ニューバビロンの目標と対立するものではなく、実際には補完的なものであり、世界の関心が、ニューバビロンによる権力の静かな強化ではなく、表面的な地政学的対立に集中することを確実にした。

操作された世界のチェス盤

この期間を通じて、ニューバビロンは国際的な出来事を巧みに操り、世界を壮大なチェス盤に変えた。東欧のカラー革命、中東の緊張、世界を周期的に揺るがす経済危機など、その一挙手一投足が、彼らの目的を達成するために計算されていた。紛争や危機は、単に対応するだけでなく、ニューバビロンによって予期され、あるいは扇動されることも多かった。

情報操作の時代は、誤情報の拡散、恐怖の利用、民主主義と国家主権の基盤の漸進的侵食によって特徴づけられた。テロと闘い、民主主義を広めるという口実のもと、ニューバビロンは、法の支配や民意ではなく、影から動くエリート集団の命令によって支配される世界というアジェンダを進めた。

世界が21世紀の激動の最初の数年間を駆け抜けるとき、ニューバビロンの見えざる手は常に存在し、彼らの支配が揺るがず、彼らの権力が絶対的なものとなる未来へと歴史の流れを導いていた。操作の時代はこうして、世界支配を目指すニューバビロンの次の段階への舞台を整え、さらに暗い未来像への土台を築いた。

2014: 影の対立

ウクライナ危機は、地政学的な力学に対する彼らの秘密裏の影響力を端的に示すものとなった。表向きは、政治的不安と領土的野心の自然発生的な噴出であったが、実際のところ、この危機はニューバビロンによる綿密に仕組まれた見世物であり、国家の運命を操り、世界的規模で不和の種をまく彼らの能力を試し、実証するために計画されたものであった。

危機への序曲

危機に至るまで、ニューバビロンはウクライナの政治情勢にさりげなく影響を与え、同国の歴史的な結びつきや、西欧志向の国民とロシアへの親近感が強い国民との間の分裂を利用してきた。政治組織に潜入し、経済的圧力を利用し、偽情報キャンペーンを展開することで、ニューバビロンは火種を待つ緊張の火種箱を作り出した。

火種と炎

その火種は、キエフでの抗議行動という形でもたらされた。表向きは、政府がEU統合から突然離れ、ロシアとの緊密な関係を優先させたことに対するものだった。平和的に始まったデモは瞬く間に本格的な危機へとエスカレートし、ウクライナ東部の地域が独立を宣言し、ロシアはクリミアを併合した。

舞台裏では、ニューバビロンがウクライナの両派閥とロシア政府内のエージェントを活用し、これらの出来事を正確に画策していた。ウラジーミル・プーチンの行動、特にクリミアの併合とウクライナ東部の分離主義者への支援は、攻撃的な一方的な動きとして描かれたが、実際にはニューバビロンが考案したより広範な戦略の一部だった。同様に、ブッシュ政権とその同盟国の人物が主導した西側の対応も、ニュー・バビロンが用意した台本に従ったもので、紛争をさらにエスカレートさせるように設計されていた。

コントロールのテスト

ウクライナ危機は、地政学的な出来事を操作する彼らの能力だけでなく、世界的な舞台でこれらの出来事の物語と認識をコントロールする彼らの能力も、ニュー・バビロンによって試された。国際的なメディアと政界における彼らの影響力によって、彼らは危機を単純な東西対立として描くことに成功し、そこで行われている深い操作を見えなくした。

この危機はまた、サイバー戦争、経済操作、心理作戦におけるニュー・バビロンのテクニックの実験場としても機能した。情報の流れをコントロールすることで、彼らはナショナリストの感情をかき立て、対立を深め、混沌の状態を作り出すことができた。

世界支配アジェンダの推進

ウクライナの混乱とそれに続く国際的緊張は、単にそれ自体が目的だったのではなく、世界支配を目指すニューバビロンのアジェンダを推進する上で役立った。危機は国際的な関心と資源をそらし、ニューバビロンが他の地域での影響力を強化し、世界の経済・政治システムに対する支配を進めることを可能にした。

さらにウクライナ危機は、国際的な同盟関係や軍事態勢を大きく変化させるきっかけとなり、ニューバビロンが国家安全保障を口実にした監視国家の拡大、社会の軍事化、市民の自由の侵食を正当化するために悪用した、新たな冷戦のような雰囲気を作り出した。

影の紛争の遺産

ニュー・バビロンによって仕組まれたウクライナ危機の遺産は、当面の紛争や地政学的影響をはるかに超えて広がっている。それは、世界的な出来事や物語を操作する彼らの能力の冷ややかな証しとして立ちはだかり、権力と支配の真の力学が世間の目からどの程度隠されてきたかを明らかにする。

ウクライナ紛争は、自由と民主主義の原則ではなく、影の奥深くから活動するエリート集団の命令によって支配される世界を目指す彼らの暗黒の一里塚となった。

2020: パーフェクトストーム・パンデミックとコントロール

2020年は、世界的なパンデミックが世界を屈服させた年として、歴史に永遠に刻まれるだろう。しかし、この未曾有の健康危機の水面下では、ニューバビロンがこれまでで最も野心的な計画を練るための肥沃な大地が広がっていた。巨大な自然災害であるパンデミックは、ニュー・バビロンにとって、世界の人々を絶対的に支配できる影の政府を樹立するという彼らのアジェンダを推進するためのパーフェクト・ストームとなった。

恐怖の触媒

ウイルスが急速に大陸に広がるにつれ、恐怖が権力の通貨となった。世界中の社会は、不確実性、パニック、そして平静さを求める絶望と闘った。このような恐怖の情勢の中で、ニュー・バビロンは、そうでなければ抵抗されたであろう対策を実行する機会を見出した。ウイルスの蔓延を追跡するという名目で、監視システムは指数関数的に拡大され、その範囲だけでなく高度化も進み、世界的な監視国家の基礎が築かれた。

統制の拡大

パンデミックを正当化の理由に利用し、ニュー・バビロンの隠された手の影響を受けた世界中の政府が、その権限を大幅に拡大する緊急法や規制を制定した。封鎖や規制は公衆衛生のために必要なものだが、コンプライアンスと回復力を試すものでもあり、安全という約束のために個人の自由が容易に犠牲にされる新しい規範に人々を順応させるものでもあった。

デジタル追跡アプリ、健康パスポート、集団監視技術が驚くべきスピードで導入された。ニュー・バビロンは、テクノロジー複合企業や諜報機関を支配することで、これらのツールが当面の公衆衛生のニーズに応えるだけでなく、パンデミックをはるかに超えて民衆を監視・統制する機能を組み込んでいることを確実にした。

経済操作と依存

パンデミックによる経済的打撃は壊滅的で、企業は閉鎖され、数百万人が一夜にして失業状態に陥った。ニューバビロンはこの経済的混乱の中で、国家への依存を高めるような方法で金融支援や景気刺激策を行った。経済的自立の屋台骨である中小企業が最も大きな打撃を受け、一方、ニュー・バビロンの影響下にあるメガ・コーポレーションは、その権力と市場支配力を強化した。

この経済再編は意図的なもので、中産階級を浸食し、少数のエリートと膨大な従属階級に分かれる二極化した社会を作り出すことを目的としていた。このような構造は、ニューバビロンの新世界秩序のビジョンに完璧に適合し、コントロールし、操作することが容易であった。

心理作戦

パンデミックは単なる健康危機ではなく、かつてない規模の心理作戦だった。恐怖を誘発するメッセージの絶え間ない連打、将来への不安、戸締まりや社会的距離を置く措置による孤立は、社会基盤をほころびさせた。ニューバビロンは、この集団的トラウマの状態を利用して、分裂と猜疑の風潮を醸成し、中央集権的支配に対する抵抗のために社会が頼りにしていた共同体の絆をさらに侵食した。

単一の影の政府へ

パンデミックを通じてニュー・バビロンが行った努力の頂点は、単一の影の政府を樹立する計画を加速させたことだった。各国政府は、ニュー・バビロンが舞台裏で影響を及ぼしているグローバルな保健指令にますます主権を譲るようになり、国民ではなくニュー・バビロンのエリートに答えられるグローバルな統治構造の青写真が具体化し始めた。

パンデミックは、底知れぬ悲劇ではあったが、ニュー・バビロンのディストピア的ビジョンの実現に向けて大きく飛躍するきっかけとなるよう操作された。パンデミックの遺産は、単なる損失と回復のひとつではなく、知らず知らずのうちに自由を放棄するように誘惑された世界であり、パーフェクト・ストームの混乱の中で繁栄した影の政府の支配に少しずつ近づいていったのである。

2024: 転機となるグローバル・リセットが発表される

パンデミックによる壊滅的な被害を受け、世界は経済崩壊と社会不安の瀬戸際に立たされていた。恐怖、不確実性、絶望の渦の中で、ニューバビロンはこれまでで最も大胆な動きを見せた。この構想は、表向きは秩序と安定を回復するためのものであったが、実際は何年にもわたる綿密な計画の集大成であり、世界を絶対的に支配する態勢を整えた影の政府の樹立に向けた決定的な一歩であった。

発表

グローバル・リセットは、世界経済を再建し、社会システムを改革し、環境危機に対処する包括的な計画として発表された。表面的には、人類が直面する課題への必要かつ大胆な対応に見えた。世界の指導者たちは、その多くがニューバビロンの影響下、あるいは直接の支配下にあり、リセットを唯一の道として唱え、繁栄、平等、持続可能性がすべての人の手の届くところにある明るい未来を約束した。

真のアジェンダ

しかし、利他的な意図の見せかけの下には、ニュー・バビロンの真のアジェンダが隠されていた。グローバル・リセットの下で提案された経済改革は、金融統制を中央集権化し、グローバル金融のレバーをニュー・バビロンが操る機関の手にしっかりと握らせるように設計されていた。世界経済を安定させる手段として導入されたデジタル通貨は、監視と管理の仕組みを備え、あらゆる取引が確実に監視・規制されるようになった。

社会改革は、公平性と包括性を約束しながらも、国家への依存を深め、個人の自由と解放を侵食する構造になっていた。デジタルIDシステムと健康パスポートの推進は、公衆衛生と安全を装って、国民を追跡・管理する仕組みとして機能した。

環境問題への取り組みは、気候変動に対する緊急の対策が必要であるにもかかわらず、個人の権利をさらに制限し、中央の権限を強化するような大掛かりな規制を正当化するために利用された。土地利用、資源配分、エネルギー消費はすべて、ニュー・バビロンが支配権を行使しようとした分野であり、世界の持続可能性への移行条件を決定づけた。

マスターストロークの準備

グローバル・リセットは、それ自体が目的ではなく、むしろニュー・バビロンが大成功を収めるための最終準備であった。世界経済を再構築し、社会契約を再定義し、権威を中央集権化することで、ニューバビロンは、彼らの支配が揺るぎない世界となるための土台を築いた。国家主権は減少し、ニュー・バビロンのエリート集団にのみ答えられるグローバル・ガバナンスの概念が、世界の苦難を解決するものとしてますます受け入れられるようになった。

世界中の社会がグローバル・リセットによってもたらされた変化に取り組む中で、民主主義、自由、個性の構造は微妙に、しかし取り返しのつかない形で変化していった。リセットは、困難な時代における希望の光として提示されたが、実際には、ニューバビロンが世界を掌握し、秩序、統制、支配という彼らのビジョンが唯一の現実となる場所へと地球を変貌させようとするメカニズムだった。

転換点に達し、世界が素朴にグローバル・リセットを受け入れたとき、ニューバビロンがその手腕を発揮するための舞台が整えられた。ニュー・バビロンの建築家たちが思い描いた未来は、今や彼らの手の届くところにあり、彼らの壮大なデザインに従って形作られる準備が整っていた。

2028:見せかけの戦争への序曲

ニューバビロンの影響下で新しい世界秩序を定義するようになった影と光の複雑なダンスでは、偽装された第三次世界大戦として知られるようになるまでの期間は、操作と欺瞞のマスタークラスを表していた。ニュー・バビロンは、世界の指導者たち、組織、そして世界のメディアに対する強固な影響力を利用して、世界の主要国間の緊張を熱狂的にエスカレートさせる一連の出来事と物語を画策した。しかし、このエスカレートは、綿密に作られた煙幕に過ぎず、ニュー・バビロンのこれまでで最も大胆な計画を覆い隠すための陽動作戦だった。

紛争の捏造

ニュー・バビロンは、真の支配は単に権力を行使することではなく、認識を形成する能力にあることを理解していた。メディアや政府の代理人を通じて、領土、貿易、地政学的影響力をめぐる争いを強調し誇張することで、不和の種をまき始めた。外交ルートを通じて解決されたかもしれない事件は、かえって増幅され、戦争寸前の世界という図式が描かれた。

同時に、ニュー・バビロンは、情報機関や軍事組織内の諜報員を利用して、挑発行為や偽旗作戦を行った。これらの侵略行為は、グローバルな舞台で敵対しているとされ、緊張をさらに煽り、各国を軍事化と疑心暗鬼のスパイラルに追い込んだ。憂慮すべきニュースや悲惨な予言が絶え間なく流され、国民は紛争の不可避性をますます諦めるようになった。

テクノロジーとサイバー戦争の役割

デジタルで相互接続されたこの時代、ニュー・バビロンはテクノロジーを活用して状況をさらに悪化させた。敵国による重要インフラへのサイバー攻撃は、より頻繁かつ深刻になった。これらの攻撃は、しばしばニュー・バビロンのサイバー工作員によって画策され、経済を混乱させ、混沌の種をまき、恐怖と不安定な情勢を作り出した。デジタル領域は戦場となり、サイバー作戦の匿名性によって、攻撃者と被害者の境界線は曖昧になった。

心理作戦

ニューバビロンの戦略の中心は、世論と政府の政策を操作するための心理作戦の使用だった。統制された機密情報の公開、戦略的リーク、ソーシャルメディアのアルゴリズムの操作を通じて、彼らは不信とパラノイアの風潮を作り出した。分断が深まるにつれて社会の構造そのものが緊張し、集団心理は戦争への呼び水となった。

名画のための煙幕

その間も、高まる緊張と迫り来る世界的紛争の恐怖は、ニューバビロンの真の意図の煙幕として機能した。世界が戦争に備える一方で、ニューバビロンは彼らの壮大な計画の最後のピースを実行に移すための作戦を練っていた。戦争の前段階の混乱は、彼らの権力の強化、監視国家の実施、グローバル・ガバナンス構造の確立のための完璧な隠れ蓑となった。

戦争の準備という名目で、ニュー・バビロンに影響され、あるいは直接支配された各国政府は、市民の自由をさらに侵食し、行政権を拡大する措置を制定した。軍事予算は膨れ上がり、社会事業から資源が流用され、ニュー・バビロンの支配装置の重要な構成要素である軍産複合体の権力はさらに強固なものとなった。

結論

世界が世界規模の紛争に陥るのは避けられないと思われる瀬戸際に立たされていたとき、彼らが恐れていた戦争が影絵にすぎず、ニュー・バビロンの真の策略から目をそらすために見せかけられた終末劇であることに気づく者はほとんどいなかった。見せかけの緊張と第三次世界大戦の恐怖は、破壊への序曲ではなく、支配への序曲だった。ニュー・バビロンが混沌から抜け出そうとしたのは、領土の征服者としてではなく、自分たちのイメージに形を変えた世界の揺るぎない支配者としてだったのだ。

2020-30:利益のための戦争

第三次世界大戦が宣言された年は、爆弾の雷や軍隊の行進ではなく、デジタル領域と経済領域で繰り広げられた静かな戦いのために記憶されるだろう。ニュー・バビロンは、人類史上最大の欺瞞となる下地を作り、現実と操作の境界線を曖昧にする争いを画策した。この戦争は、領土を征服するためではなく、支配を強化し、前例のない利益を得るために計画された。

開戦の号砲

第三次世界大戦の発表は世界中に衝撃を与えたが、予想に反して、爆撃機で空が暗くなることも、包囲されて都市が崩壊することもなかった。代わりに、この新時代の紛争の最初の戦いは、サイバー領域で戦われた。電力網、金融システム、通信ネットワークといった重要インフラが最初の標的となった。これらの攻撃は、広範なパニックと混乱を引き起こしながらも、壊滅的な人命の損失を避けるために正確に調整され、世界的な大惨事への入り口を越えることなく、通常の戦争の幻想を維持した。

経済戦争

サイバー作戦と並行して、ニュー・バビロンは、その範囲と洗練さにおいて前例のない経済戦争キャンペーンを開始した。株式市場が操作され、投機的な攻撃によって通貨が切り下げられ、幻の脅威によって貿易ルートが妨害され、基本的な商品の価格が高騰し、経済が混乱に陥った。

ニューバビロンは、主要金融機関の支配とインサイダー知識を通じて、この変動から莫大な利益を得た。暴落を画策する前に市場を空売りし、法外な値段で売るためだけに資源をため込み、紛争の双方に資金を提供し、個々の小競り合いの結果がどうであれ、彼らがより裕福で強力になるようにした。

認識の戦争

紛争の中心は知覚の戦争であり、プロパガンダと誤情報の容赦ない連打で、世界の人々を常に恐怖と遵守の状態に保つように設計された。ニューバビロンが支配するメディアは、小競り合いや戦闘の劇的な報道を作り出したが、その多くは誇張されたものであったり、完全に捏造されたものであったりした。この偽情報の着実な流れは、進行中の戦争状態を正当化し、政府によって制定された緊急措置を正常化し、反対派を国家の敵または敵の同調者として中傷することを目的としていた。

限定的な物理的交戦

紛争の大半はデジタルと経済の領域で戦われたが、物理的な交戦は限られていた。これらは慎重に演出されたもので、国家の正式な軍隊ではなく、民間の軍事請負業者や代理部隊が関与することが多かった。これらの小競り合いは、進行中の戦争の視覚的証拠を提供するために画策されたものであり、世界的な紛争の物語を盛り上げるために撮影され、放送された。しかし、これらの戦闘は戦略的には取るに足らないものであり、本格的な世界紛争に発展することなく、通常戦のような錯覚を起こさせるためのものであった。

国家資源の流出

各国はこの影の戦争に資源を注ぎ込み、サイバーセキュリティ防衛に投資し、軍事予算を拡大し、社会サービスや公共の福祉を犠牲にして戦争経済を支えていることに気づいた。この国家資源の流出は、ニュー・バビロンの手の内に直接入り込んだ。国々はますます負債を抱えるようになり、その経済はニュー・バビロンが支配するグローバル金融システムへの依存度を高めた。各国政府は、金融救済と経済支援を求めてこの陰謀団の言いなりになり、主権が損なわれ、操作と支配にさらされやすくなった。

戦争の真の代償

第三次世界大戦の真の代償は、犠牲者や失われた領土ではなく、民主的自由の侵食、監視社会の定着、ニュー・バビロンによる前例のない富と権力の蓄積であった。この戦争は、一見世界中に広がっているように見えるが、実際は恐怖と操作の厳重な統制のとれた運動であり、軍隊の力ではなく、欺瞞と支配の力によって世界を再構築した紛争であった。

戦争は、土地やイデオロギーのためではなく、利益と権力のために、影で、電線を通して、無防備な民衆の心と心の中で戦われた。

2032: 黙示録

2032年まで、世界は第三次世界大戦の影の下で何年も暮らしていたが、予想された荒廃は予想された形では実現しなかった。第三次世界大戦は、伝統的な戦争ではなく、目に見えない戦いと経済の混乱によって特徴づけられる紛争だった。この世界的な緊張状態が長く続く中、戦争の本質とその背後にいる立役者をほのめかす真実のささやきが現れ始めた。

疑惑が生まれる

各国の権力の中枢では、政府高官や諜報機関の小派閥が紛争の背後にある現実をつなぎ合わせ始めた。サイバー攻撃のパターン、世界市場の不可解な変動、怪しく演出された軍事行動などを精査し、彼らは戦争が見かけとは違うのではないかと疑い始めた。

これらの人々は、孤立した、あるいは小規模でバラバラのグループで活動し、戦争挑発の起源をたどろうとしたが、欺瞞と操作の網の目を発見した。彼らの調査は、政府、企業、国際機関を通じて広がる複雑な影響力のネットワークを明らかにし、戦争は権力と利益のために仕組まれた壮大な幻想であり、作り出された危機であるという不穏な結論に至った。

組織的な口封じ

真相究明者たちが自分たちの発見を明るみに出そうとしたとき、彼らは手ごわい抵抗に遭遇した。広範な監視能力と情報統制を持つニュー・バビロンは、自分たちの物語に対するこれらの脅威をすぐに特定した。陰謀論者、精神不安定者、自国の裏切り者と決めつけ、評判を落とす手の込んだキャンペーンによって、個人の信用は失墜した。また、キャリア破壊から不可解な失踪に至るまで、より直接的な形での口封じに直面した者もおり、真実のささやきが暴露の合唱にまとまることはなかった。

利益を得る機械

一方、ニューバビロンは紛争から利益を得続けた。戦争経済は莫大な利益を生み、武器販売は空前の水準に達した。ニュー・バビロンは、主要防衛企業の支配と軍事調達プロセスへの影響力を通じて、軍需品の需要が高止まりすることを保証し、紛争と利益のサイクルに拍車をかけた。

武器取引にとどまらず、ニュー・バビロンは戦争によって不安定化した地域の復興に有利な契約を獲得した。彼らはまた、天然資源への支配を強め、混乱を利用して採掘権、石油利権、水供給の支配権を確保し、財源をさらに潤し、経済的支配を定着させた。

見えざる帝国

2032年が終わりに近づくにつれ、ニュー・バビロンは世界中にまたがる目に見えない帝国を築き上げ、権力の頂点に立っていた。その影響力は、政府の中枢から多国籍企業の役員室まで、社会のあらゆるレベルに浸透し、政策、経済、そして何十億もの人々の現実認識さえも形成していた。

第三次世界大戦の真実は、操作と誤情報の下に埋もれたままであった。しかし、戦争の本質が明らかになることは、単にその核心にある欺瞞を暴くということではなく、ニューバビロンが支配の探求にどの程度まで成功したかを浮き彫りにすることであり、権力がもはや戦場ではなく影で争われ、最大の武器が爆弾や銃弾ではなく、現実の構造そのものを支配する世界であることを明らかにすることだった。

2035: 新世界秩序

2035年までには、第三次世界大戦の長期にわたる芝居はニュー・バビロンにとって目的を果たし、彼らの壮大な計画の最終幕の舞台が整った。長年にわたる絶え間ない紛争、経済的不安定、絶え間ないエスカレーションの脅威に世界の民衆は疲弊し、平和条約の発表は安堵のため息とともに迎えられた。しかし、この平和は新たな世界秩序を覆い隠すベールにすぎず、ニューバビロンの支配を今後何世代にもわたって確固たるものにする世界権力の再編成だった。

平和の調律

協力と安定の新時代の幕開けとして歓迎されたこの平和条約は、実際にはニュー・バビロンが仕組んだ巧妙な手口だった。交渉は秘密裏に行われ、代表者たちは一般大衆には知らされていなかったが、ニュー・バビロンの直接的な代理人であったか、ニュー・バビロンから多大な影響を受けていた。条約の条件は、平和への唯一の道として提示され、各国に受け入れの圧力をかけた。

将来の紛争を防ぐという名目で、条約は新たな中央機関「グローバル・ガバナンス評議会」の設立を義務付けた。公式には、この機関は国際的な安全保障、経済の安定、環境保護を監督することになっていた。非公式には、ニューバビロンが世界に対する権威を行使するための統制手段であった。

権力の再分配

平和条約は、各国に大幅な譲歩を要求した。主権は侵食され、各国は軍隊の統制権をグローバル・ガバナンス評議会に譲ることを余儀なくされ、評議会はニュー・バビロンに秘密裏に支配された。各国の軍隊は縮小され、統一されたグローバル軍隊の構成要素となった。表向きは平和維持と危機への介入を目的としていたが、実際はニュー・バビロンの新しい世界秩序の執行機関として機能した。

経済的には、各国は戦争中に発生した債務の返済を優先する新たな規制や協定に縛られることになった。これらの債務は、主にニュー・バビロンが支配する金融機関に負っており、持続不可能なレベルまで膨れ上がっていたため、各国は国内経済をさらに弱体化させる緊縮財政を余儀なくされた。国の資源、貿易政策、金融政策さえもグローバル・ガバナンス評議会に委ねられ、ニュー・バビロンが世界的に経済条件を決定できるようになった。

平和という幻想

平和条約をめぐる公的な物語は、ニュー・バビロンの新しい世界秩序を人類の救済として提示するために慎重に作られた。プロパガンダは、グローバル・ガバナンス評議会の指導の下、世界的な団結の美徳、戦争の終結、豊かな未来の約束を讃えた。異論は検閲や偽情報、あるいはより直接的な手段によって封じ込められ、この物語が揺るぎないものとなった。

支配の現実

水面下で達成された平和は、真正でも公平でもなかった。価値観の共有や相互尊重ではなく、権力と支配の中央集権によって統一された世界である。自治権を剥奪された国々は、ニュー・バビロンの広大な帝国内の地方に過ぎなくなり、その指導者たちは上から指示された政策の管理者に成り下がった。

グローバル・ガバナンス理事会は、国際協力の最高峰のように描かれているが、その実、ニューバビロンの見えざる手によって糸を引かれた操り人形機関だった。ニューバビロンは、グローバル・ガバナンス評議会を通じて、軍事力、経済力、そして新たなグローバル秩序を定義する規制の枠組みを支配していた。

第三次世界大戦の後、世界は偽りの平和の時代に入った。紛争の不在によってではなく、自由の抑圧によって維持される静寂の状態である。ニューバビロンの新世界秩序のビジョンは、領土の征服ではなく、意志の服従によって実現された。平和が支配の単なる道具のひとつに過ぎず、戦争の真の代償は失われた命ではなく、奪われた自由であった。

2040:影の時代

2040年までには、世界平和という建前は、ニューバビロンによる支配のあくなき追求の頂点である、厳しい現実へと固まっていた。これは、第三次世界大戦の終わりに多くの人々が望んだユートピア的世界秩序の幕開けではなく、監視と抑圧、そしてニュー・バビロンの揺るぎない台頭によって特徴づけられる時代の幕開けだった。「影の時代」と呼ばれるようになったこの時代は、個人の自由が組織的に侵食され、監視国家が人間生活の隅々まで行き渡ることによって定義された。

監視のリヴァイアサン

この新しい時代には、かつて人類をつなぎ、解放すると約束されたテクノロジーが、逆に人類を苦しめることになった。グローバル・サーベイランス・ネットワークは、グローバル・ガバナンス評議会を通じてニュー・バビロンが開発し、管理する高度なシステムであり、国家の目と耳となった。あらゆるデジタルの足跡、あらゆるコミュニケーション、そしてあらゆる動きまでもが監視され、分析された。表向きは国民の安全のためだが、実際は反対意見を鎮め、支配を維持するためだった。

かつて人類の技術革新の頂点にあった人工知能システムは、ニューバビロンの秩序に対する潜在的な脅威を予測するために再利用され、問題があると判断された人物は行動する前に特定され、無力化された。プライバシーは時代遅れの概念となり、セキュリティと秩序の祭壇の犠牲となり、民衆は日常生活の一部として絶え間ない監視を受け入れるように仕向けられた。

抑圧のメカニズム

平和の約束は、反対を許さないグローバルな体制を受け入れるという、隠れた代償を伴っていた。ニューバビロンは、グローバル・ガバナンス評議会のメカニズムを通じて、表現や集会の自由を厳しく制限する法律や規制を実施した。かつては言論の自由のフロンティアであったデジタル領域は厳しく規制され、反対意見を検閲し、ニュー・バビロンのシナリオに沿ったコンテンツを促進するようにアルゴリズムが設計された。

異論を唱える者やニュー・バビロンに反対する勇気ある者は、迅速な報復に直面した。「コミュニティ・コンプライアンス施設」と婉曲に呼ばれる再教育センターが世界中に出現し、そこで個人はニュー・バビロンのイデオロギーに自分の信念を合わせるための強烈な洗脳プログラムにさらされた。抵抗する者にとっては、失踪が一般的な運命となり、その不在は国家に支配されたメディアによって説明されるか、あるいはまったく認識されなかった。

捏造された紛争の亡霊

世界は全面戦争による破壊を免れたが、ニューバビロンは緊張状態を維持し、定期的に新たな脅威の出現をほのめかした。監視国家の継続と拡大を正当化し、グローバル・ガバナンス評議会の周りに人々を集め、国内問題から注意をそらすためである。

常に地平線の彼方に迫ってくる新たな紛争の恐怖は、恐怖の風潮を維持するためにニュー・バビロンが精密に振るった道具であった。この恐怖が、かえってコンプライアンスを確保し、民衆が現状やニュー・バビロンの支配の正当性に疑問を抱くことを抑制した。

ディストピアの現実

影の時代、世界は表向きには統一され平和であったが、それは人間の精神を定義する自由を欠いた平和であった。ニューバビロンは、自分たちの権威が絶対的で、生活のあらゆる面が監視下に置かれ、真の人間同士のつながりと共同体の可能性が恐怖と猜疑心によって抑圧されたグローバル社会の創造に成功した。

かつては社会進歩の礎石であった個人は、今や巨大な機械の歯車と化し、あらゆる行動、思考、夢がニュー・バビロンの気まぐれに左右されるようになった。「影の時代」は、単なる歴史の一時代ではなく、野放図な権力と個人の自由の喪失がもたらす代償に対する厳しい警告であり、ニュー・バビロンの抑圧的な影の下で、人間の可能性の光が失われていくディストピアの現実であった。

タイトルとURLをコピーしました