書籍:『生物兵器とテロリズム』 2005

アメリカ同時多発テロ事件(911)合成生物学・生物兵器生物兵器ワクチン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Biowarfare and Terrorism

レビュー

本書は、米国における生物兵器をめぐる法律、政策、科学の歴史的背景を再検討するものである。米国政府が、この壊れやすい地球という惑星において、人類という種とそれを支える生物圏に破滅的な結果をもたらしかねない違法な生物兵器開発競争を、どのように、そしてなぜ開始し、維持し、そして劇的に拡大させたのか。米国政府に対する最初の生物兵器テロ攻撃(2001年の米議会に対する炭疽菌攻撃)が起こった政治的・法的・科学的環境を整理することで、この不穏な疑問に新たな光を当てようとするものでもある:

この歴史的に前例のない事件は、なぜメディアの議論からあっという間に消えてしまったのか?なぜ議会は、このテロ攻撃の具体的な事例とその影響、そして犯人を見つけられなかったことの両方を追及しなかったのか?なぜその失敗に対する反発がないのか?どのような理由で真犯人が見つからないのだろうか?

最も重要なことは、ボイルが、米国の生物兵器研究とそれに関連する民間の準備プログラムの膨大な拡大について調査し、ブッシュ政権による生物兵器禁止条約違反の最新のエスカレーションに世論の反発を招きかねない、化学・生物学研究プロジェクトに関連する発見を明らかにしたことである。そして、米国政府に対する最初の生物兵器テロ攻撃(2001年の米議会に対する炭疽菌攻撃)が起こった政治的・法的・科学的環境を提供し、これらの不穏な疑問に新たな光を当てようとしている:

目次

  • 序文:ジョナサン・キング
  • 破壊を目的とした病原体の遺伝子組み換えの禁止を求める
  • はじめに
  • 第1章
    • 生物兵器禁止条約
    • BWC条約の起源
    • BWCの抜け穴
    • レーガン派ネオコン
  • 第2章
    • 生物兵器の製造
    • 生物兵器製造プロセスの段階
  • 第3章
    • 米国政府の生物兵器契約
    • イリノイ大学における生物兵器研究
    • アーバナ・シャンペーン・キャンパス
    • アメリカの大学はBDRPのトラフに並ぶ
    • 揺らぐ科学倫理は生物兵器の問題か?
    • 適切な生物兵器契約審査の必要性
  • 第4章
    • 生物兵器
    • 1989年反テロ法
    • バイオテクノロジー産業の方針転換 生物兵器規制に対する政府の抵抗
    • 研究
    • レーガン政権下のネオコンが生物兵器禁止条約に違反する
    • ブッシュ・シニア政権は生物兵器に関して責任ある行動をとる
    • 生物兵器の主な特徴
    • テロ防止法
    • 生物兵器研究の抜け穴をふさぐ
  • 第5章
    • 米国の生物兵器に関する国際法違反
    • イラク医学実験に関するニュルンベルク綱領
    • クリントン政権は生物兵器禁止条約に違反した
    • 生物兵器禁止条約違反
    • ジョージ・W・ブッシュ政権は生物兵器禁止条約の検証議定書を否認した。142
  • 第6章
    • 国内テロ:米国議会に対する炭疽菌攻撃
    • FBIの隠蔽工作動機
    • 響き渡る沈黙
    • 炭疽菌攻撃と9.11の関連性?
  • 第7章
    • 生物兵器と戦い、「勝利」するための準備
    • 大量破壊兵器の提携核兵器と生物兵器
    • PNACの爆弾発言は前触れか?
    • ブッシュ・ジュニア政権のバイオ大量破壊兵器による侵略戦争計画
    • ブッシュ軍備管理担当国務次官-バイオ兵器に熱中する
    • バイオ戦争で戦い、「勝利」する: その前提条件
    • スモーキング・ガンペンタゴンの化学・生物兵器防衛計画
    • 「民間防衛」の攻撃的本質
    • CBDPのさらなる犯罪暴露
    • 第三次世界大戦は遠くない?
    • ブッシュ・ジュニアのバナナ共和国
  • 第8章
    • 生物兵器研究を抑制する
    • どうすればできるのか/なぜしなければならないのか
    • BWCの義務を誤って解釈した米国に逃げ場はない
    • 生物兵器禁止条約の申し立て手続きを開始する
    • 国連による調査のためにBWCに提訴する
    • 事務総長
    • ブッシュ・ジュニア政権を自縄自縛に陥れる
    • 国連総会を通じたさらなる手段
    • 国連総会
    • 科学者への警告
    • 生物科学の平和的発展のためのキャンペーン
    • CBDP最終計画環境影響評価書に関する国防総省への要望書フランシス・A・ボイル、テリー・J・ロッジ
    • 結論
  • 付録I 国防総省の生物防衛研究計画に対する批判(1988)
  • 付録II イリノイ大学獣医学部における生物兵器研究
  • 附録III 窒息ガス、毒ガスその他のガスおよび細菌学的戦法の戦争における使用禁止に関する議定書
  • 附録IV バクテリオロジカル(生物学的)兵器および毒素兵器の開発、生産および備蓄の禁止ならびにその破壊に関する条約
  • ノート
  • 索引

献辞

リチャード・C・ルウォンティンに捧ぐ: 教師、指導者、そして友人

1969-1970年度、シカゴ大学のコモン・コア・バイオロジー・シークエンスで教鞭をとってくださった先生方に深く感謝する: ローナ・ストラウス(生化学)、リチャード・C・ルウォンティン(集団生物学)、バーナード・ストラウス(遺伝学)である。特に、ディック・ルウォンティンの勇気、誠実さ、原則は、高等教育でのキャリアをスタートさせた当初から、常に私に多大なインスピレーションと指針を与えてくれた。彼と一緒に仕事を続けられなかったことを、私はいつも懐かしく悔やんでいる。そこで、本書をハーバード大学のアレクサンダー・アガシズ教授(動物学・生物学)であり、現在は名誉教授であるリチャード・C・ルウォンタンに捧げる: ストラットである!とはいえ、本書の内容に関する責任は私一人にある。

F.A.B.

序文

ニクソン大統領が生物兵器を否定し、米国と100カ国以上が1972年の生物兵器禁止条約を批准したとき、それは人類史上最も広範な軍縮条約であった。悲しいことに、人類史の中でこの惨劇が収束したと思われたまさにその時、ブッシュ政権は大規模なプログラムを開始した。ボイル教授が並外れた率直さ、知識、献身をもって示すように、拡大するバイオテロ計画は、われわれの国民にとって重大な新たな危険である。生物兵器研究への回帰として、バイオテロ計画は国家間の国際関係も脅かしている。

もちろん、このような計画は常に防衛的と呼ばれる。しかし生物兵器の場合、防御的プログラムと攻撃的プログラムはほとんど完全に重なり合い、その区別は限られている1: そのためには、生物兵器を特定し、その感染を診断し、予防ワクチンや予防薬を開発する必要がある。

しかし、そのような治療法や予防法を獲得するには、実際の病原性バイオテロ病原体に関する知識と経験が必要である。そのため推進派は、最も感染力が強く、最も混乱させやすく、最も危険な微生物を想像せざるを得ない。すなわち、容易に拡散し、ごく少量で感染し、感染力が強く、診断が困難な微生物である。そして、その感染性生物を生み出し、育てようとする。

最も一般的な提案は、ハイブリッド、キメラ、遺伝子操作株など、自然に進化した病原体には見られない特徴を持つもの、検出や診断が困難なもの、免疫系を回避したり欺いたりする病原体、特異的な効力をもって拡散する病原体などである。

このような病原体に対するワクチンを製造するためには、感染性の病原体を必要としないかもしれない。しかし、遅かれ早かれ、そのような病原体に対する防御を提供できると主張する場合には、ワクチンの試験が必要となる。そのためには、ほとんどの場合、動物やヒトに感染を起こしうる力価や濃度まで生育させる必要がある。実際のテストでは、ワクチンを接種した動物や人間のボランティアに感染性生物を感染させ、ワクチンの有効性をテストする必要がある。

入念な封じ込め体制にもかかわらず、事故は起こり、不注意が生じ、危険性の誤った評価が政策となる。誤った判断が予想されるのは、新規または新奇な薬剤の場合である。産業事故の歴史は、遅かれ早かれ、これらの新規感染因子が地域社会に持ち込まれたり、放出されたりすることを示している。

それこそが、このような研究所が非常に隔離された環境にあった理由: ロングアイランドの先端にあるプラムアイランドでは口蹄疫とそれに関連する感染性ウイルスが、ユタ州の砂漠にあるダグウェイ実験場では生物兵器の実験が行われていた。しかし、プロジェクト・バイオシールドのようなプログラムの大幅な拡大により、何十もの都市部で新しい病原体が存在するようになるだろう。

生物の最も驚異的な特徴は、自己増殖する能力である。化学物質の放出、重金属汚染、石油流出などは、産業社会にとって非常に有害な汚染源である。しかし、いったん環境中に放出された化学物質は、それ以上繁殖することはない。石油は分解され、金属は鉱物の形に戻り、放射性物質による汚染や放射性降下物も分解される。生物はそうではない。一度生態系に定着すると、成長し、繁殖し、突然変異を起こし、呼び戻すことはできない。

ムラサキツユクサが淡水池を占拠するような良性のものもあれば、クリ枯れ病やオランダニレ病などあまり良性のものではないもの、ペスト、コレラ、豚インフルエンザ、SARS、HIVなど人間に壊滅的な打撃を与えたものもある。

近代的な衛生環境、生物医学の研究、医療へのアクセス拡大の結果、これらのいくつかは歴史に残ることになった。多くの感染症は克服されたものの、HIV、SARS、結核の再来、抗生物質に耐性を持つ株の出現など、人類はいまだに感染症に苦しめられている。

したがって、ヒトや動物に新たな病原体を発生させるような試みは、細心の注意と懐疑心をもって検討される必要がある。われわれは、ヒトの病気を引き起こす実際の感染因子に向けられた、より多くの公衆衛生学的、微生物学的研究を切実に必要としている。バイオテロ計画は、新たな防護を提供するどころか、公衆衛生に新たなリスクをもたらす可能性の方がはるかに高い。この10億ドル規模のプログラムはまた、これらのプログラムから利益を得ようと企む大小企業のネットワークを生み出している。

最初の事故が起きたとき、病気になった人々は自分が何に感染したかを知ることができるのだろうか?それとも、手遅れになるまで、国家安全保障の観点からその起源は否定されるのだろうか?2004年にボストン大学の職員に野兎病が発生したのは、ボストン大学が市内の最も人口の多い地域にバイオテロ研究施設を建設しようとしていることに対して、地元市民が強い懸念を抱いたからである。

テロリストや気違いは存在するのか?存在する。彼らはどこで新しい病原体を手に入れるのだろうか?もし、ボイル教授の言うようなプログラムの継続が許可されれば、危険な病原体を生成するバイオテロ研究所は、主要な潜在的供給源となるだろう。2001年から2002年にかけてパニックを引き起こした炭疽菌は米軍によって作られたものであった。最も可能性の高い発生源は米軍の研究所である2。

テロリストはガレージや地下の実験室で新種の病原体を作り出せる、と主張する人々がいる。しかし、これは高度な技術が必要であることを理解していない。例えば、炭疽菌の芽胞を精製するには、複雑な培養・分離装置、フィルター付きの換気・空気処理設備、無菌手順が必要である。このような作業を自宅の地下室で行おうとすれば、兵器級の物質を製造する前に、ほぼ間違いなく感染症にかかるであろう。

これらのプログラムは、アメリカ国民の安全保障を向上させるものではない。最も恐ろしい種類の新たなリスクを国民にもたらすのだ。

真の安全保障はどこから来るのか?完全な公開と透明性からである。ボイル教授の言うように、生物兵器禁止条約を弱体化させようとするのではなく、むしろ強化することからである。この原稿を書いている時点で、アメリカ政府は生物兵器禁止条約の調査・透明性議定書の実施を積極的に阻止していた。これによって、各国が懸念する施設を査察できるようになるはずだった。ジョン・ボルトン率いるアメリカ代表団は 2002年にこのイニシアチブを阻止した。

ボイル教授が明らかにしているように、バイオテロ計画は深く、根本的に健全ではない。米国は国際協定と安全保障の道に戻るべきである。1972年の生物兵器禁止条約の範囲を再確認し、特に、致死性の生物・毒素兵器だけでなく、非致死性の生物・毒素兵器の開発・生産・備蓄の禁止と、あらゆる敵対的目的のための生物・毒素兵器の禁止を再確認すべきである。このような目的には、人間や動物、植物を殺したり傷つけたりするための生物兵器や毒素兵器の使用、物質を劣化させるための生物兵器や毒素兵器の使用が含まれるが、これらに限定されるものではない。

米国政府は、生物学的防御を含むあらゆる目的のために、攻撃力を強化した新規の生物・毒素製剤の製造を禁止することを約束することが不可欠である。

ジョナサン・キング

M.l.T.分子生物学教授

破壊を目的とした病原菌の遺伝子改変の禁止を求める

2001年 11月 3日ハーバード大学神学部 マサチューセッツ州ケンブリッジ 02138

最近、米国郵便公社が炭疽菌に汚染された郵便物をばらまいたことは、意図的な病気の蔓延によって害をもたらす生物科学の倒錯によってもたらされた、世界中の人々に対するより一般的な脅威を浮き彫りにしている。

われわれは、米国に対し、自然界に存在する生物を軍事目的で遺伝子操作するすべてのプロジェクトを直ちに中止するよう求める。

私たちは、1972年に締結された生物兵器禁止条約の締約国に対し、同条約の禁止条項を拡大し、軍事目的の生物製剤の遺伝子組み換えをすべて対象とするよう求める。 この文脈における攻撃と防御の境界線は薄いか存在しないので、「防御」のための抜け道は存在すべきではない。ワクチンやその他の医療目的のための病原体の遺伝子組み換えは、民間の研究所で、厳格な国際的管理のもとに行われるべきである。

最後に、我々は米国に対し、生物兵器禁止条約の議定書を支持し、国家と個人および準国家組織の両方による条約の条項の厳格な遵守を保証することを求める。

署名

フランシス・A・ボイル、イリノイ大学法学部国際法教授、1972年生物兵器禁止条約の米国実施法、1989年生物兵器テロ防止法の著者。

ジョナサン・キング博士、マサチューセッツ工科大学分子生物学教授、生物学電子顕微鏡施設長。

マーティン・タイテル博士、責任ある遺伝学評議会会長。

スーザン・ライト博士、ミシガン大学準研究員。

米国を含むいくつかの先進国は、病原微生物やその他の微生物を軍事目的で遺伝子操作することを目的としたプロジェクトを開始した。軍事目的のプロジェクトには次のようなものがある:

1)プラスチック、燃料、ゴム、アスファルトなどの物質を消化できる「スーパーバグ」を開発する;

2)そのような遺伝子組み換え株に対する「防衛」の名の下に、ワクチンによる防御を克服する炭疽菌の株を開発する。

これらのプロジェクトは、生物兵器禁止条約の下で「防衛」のために必要であると正当化されている。このようなプロジェクトは、防衛を提供するどころか、より危険な生物兵器戦争の可能性を開くものであり、それに対する防衛は不可能である。 また、これらのプロジェクトの実際の動機が非常に曖昧であるため(もしある国が生物兵器禁止条約から脱退すれば、彼らのプロジェクトは直接攻撃的な用途に使われることになる)、また世界の他の場所でも同様のプロジェクトを刺激することになるため、条約を弱体化させている。

はじめに

2001年10月、世界はアメリカ政府に対する炭疽菌テロを目撃した。それは明らかに、共和国としてのアメリカの歴史において非常に重要な時期、つまり9月11日の同時多発テロ直後、アメリカ議会を閉鎖することを意図したものであった。このまさにその時こそ、議会は会期中であり、重要な決定を下し、行政府、特にジョージ・W・ブッシュ大統領率いるホワイトハウス、ジョン・アシュクロフト司法長官率いる司法省、ドナルド・ラムズフェルド国防長官率いる国防総省、ジョージ・テネット長官率いる中央情報局を厳しく監視すべきであった。このような米国議会の監視が行われなかったのは、この炭疽菌テロ事件があったからである。さらに悪いことに、ブッシュ大統領とアシュクロフト司法長官は、この炭疽菌テロを巧みに操り、アメリカ国民とアメリカ議会を欺き、全体主義的なU.S.A.愛国者法を制定させたのである。

本書では、米国における生物兵器の法律、政策、科学の歴史的背景の一部を論じる。米国政府が、この壊れやすい地球上の人類とそれを支える生物圏に破滅的な結果をもたらす可能性のある違法な生物兵器開発競争を、どのように、そしてなぜ開始し、維持し、そして劇的に拡大したのか。

本書は、米国政府に対する歴史的な初の生物兵器テロ攻撃(2001年の米議会に対する炭疽菌攻撃)が起こった政治的・法的・科学的環境の文脈を明らかにすることで、これらの不穏な疑問に新たな光を当てようとするものでもある: この前代未聞の事件は、なぜメディアの議論からあっという間に消えてしまったのか?なぜFBIによる犯人探しは勢いを失ったのか?なぜ議会は、このテロ攻撃の具体的な事例とその影響、そして犯人を見つけられなかったことの両方を追及しなかったのか?なぜその失敗に対する反発がないのか?どのような理由で真犯人が見つからないのだろうか?

ブッシュ政権が最近、人体実験を含む「生物学的防衛」研究への資金提供を拡大していること、そして生物兵器がアメリカ国民だけでなく人類全体にもたらす脅威が明白であり、今や実証されていることを踏まえ、本書は、生物兵器のパンドラの箱を開けようとする歴代アメリカ政権の決意を阻止する方法について、政治学的な指針を提供する。

第1章 生物兵器禁止条約

BWC条約の起源

長い話になるが、1969年、リチャード・ニクソン大統領は、マキャベリ的な現実政治的理由から、この生物兵器プログラムの終結を決定した。第一に、生物兵器は軍事的に逆効果であり、制御が難しいため、現地の米軍だけでなく、本国にいる米国民にも「反撃」が起こりやすいと考えられた。第二に、米国はすでに、あらゆる種類の核兵器とそれに関連する運搬システムという、大規模で圧倒的な兵器庫を保有していたのに対して、生物兵器は「貧者の原子爆弾」と認識されていた。ニクソンは、第三世界の国々が比較的安価な大量破壊兵器(WMD)を入手するのを防ぐため、これらの「生物兵器」を排除したかったのである。「バイオ兵器」を禁止する生物兵器禁止条約によって、世界の核兵器保有国は、1968年の核兵器不拡散条約によって成文化されたばかりの大量破壊兵器のほぼ独占状態を維持し、強化し、さらに拡大することができるようになる2。この同じ倒錯したマキャベリズム的計算が、ずっと後になって、同じ核兵器保有国を、化学兵器の開発、生産、備蓄および使用の禁止ならびに破壊に関する1993年条約の交渉、締結、批准を支持させることになる3。

1969年、ニクソン大統領は、米国の対人生物兵器と軍需品の廃棄を一方的に命じた。最終的に米国は、1975年3月26日に発効した「細菌兵器(生物兵器)および毒素兵器の開発、生産および備蓄の禁止ならびにそれらの廃棄に関する1972年の条約」(以下、BWCという)の交渉、締結、批准を支援した6。

BWCの抜け穴

BWC第1条は、締約国に対し「いかなる場合においても、微生物その他の生物学的製剤を開発し、生産し、備蓄し、またはその他の方法で取得し、若しくは保持してはならない」と義務づけている:

  • (1) 微生物その他の生物学的製剤または毒素は、その起源または製造方法が何であれ、予防、防護またはその他の平和目的のために正当な理由のない種類および量のものを開発、製造、備蓄またはその他の方法で保有してはならない;
  • (2) 敵対的な目的または武力紛争において、そのような薬剤または毒素を使用するために設計された武器、機器または運搬手段。

BWC第1条は、「予防、防護、その他の平和的目的」のための「研究」を禁止していない。これは、BWC第1条に見られる「バイオ」禁止という一般規則を無効にするために、米国政府が悪用したことわざのような例外となった7。また、BWCは戦争における生物兵器の「使用」を禁止していないことにも注意されたい。この禁止は、1925年のジュネーブ議定書によってすでに確立されていた。とはいえ、BWCの前文によれば、この条約の締約国は基本的に、戦争における生物兵器の使用に関する議定書の禁止を参照することによって組み入れた:

議定書の原則と目的を堅持することを再確認し、すべての国に対し、議定書の原則と目的を厳格に遵守するよう求めるものである。

ニクソン政権時代、アメリカ政府は、その偉大な功績により、最終的に攻撃的生物兵器プログラムを停止した。しかし、最も不吉なことに、国防総省の地下には、昔の化学・生物兵器(CBW)部隊の残党が潜んでいたのである。今にして思えば、この官僚的吸血鬼は、議会によって予算の杭を心臓に打ち込まれ、きっぱりと抹殺されるべきだったのだ。

レーガン派ネオコン

そして1981年、レーガン政権が誕生し、国防総省に自称ネオコン(新保守主義者)の工作員が多数送り込まれた。それから20年後 2001年のブッシュ・ジュニア政権の誕生とともに、同じネオコン工作員の多くが政権に復帰し、過去に提供した極悪非道なサービスのために官僚的昇進を果たした8。レーガン派は、核、化学、生物、宇宙、レーザー、コンピューターなど、あらゆる科学分野におけるアメリカの技術的優位性を、戦争に関連する目的のために全面的に利用するという立場をとった9。

世間一般の誤解とは裏腹に、BWC第1条には「報復」はおろか、「防衛」や「抑止」のための例外規定も設けられていない。その現実を物語るかのように、レーガン派のネオコンは、「最善の防御は優れた攻撃である」というマキャベリズムの原則を熱烈に信じ、特に「バイオ」に関しては、それに従って行動するようになった。これと同じマキャベリズム的計算が、ブッシュ・ジュニアのネオコンにも当てはまり、(予防的とされる)侵略戦争の遂行や、「バイオ」を含む大量破壊兵器の先制使用に関する彼らの教義については、以下で詳しく論じる。

恒常的なドルベースで見れば、レーガン政権は「防衛的」とされる生物兵器研究に、米国政府があからさまに攻撃的で積極的な生物兵器プログラムを持っていたニクソン政権と同程度の資金を費やした12。特にレーガン派は、BWC締結後に生命科学の最前線に登場したDNA遺伝子工学研究における米国の技術的優位性を積極的に利用しようとしたが、そのためBWCは、生物兵器の開発を目的とした「遺伝子スプライシング」現象を具体的に考慮するようには起草されていなかった13。BWCの観点からは、DNA遺伝子工学がもたらす問題は、それが本質的に、また現在でも、攻撃的用途と防衛的用途の両方に同時に使用されうるという、不可避的な二重用途であるということである。バイオテクノロジーはどちらの場合でも全く同じだ。

第2章 生物兵器の製造

生物兵器製造プロセスの段階

生物兵器を開発するためには、政府は3つの基本的な構成要素を必要とする。

  • (1) 劇的な生物学的病原体。
  • (2) 「生命科学者」が開発した生物製剤による「反撃」から自国の軍隊や市民を守るために接種するワクチン。
  • (3) 生物製剤の効果的な運搬装置と拡散メカニズム。

そのプロセスは次のようなものだ。DNA遺伝子工学によって、いわゆる「生命科学者」は攻撃的な新種の生物製剤を開発する。次に、まったく同じ遺伝子スプライシング・バイオテクノロジーを使って、この「生命科学者」たちはワクチンを開発する。そして、その生物学的薬剤をエアロゾル化し、生物に投与する実験を行い、意図したターゲットに計画通りの悪影響を与えることができることを証明する。最後に、この「生命科学者」たちは、新しくテストされた生物兵器のこれら3つの構成ユニットを、製造、備蓄、そして最終的には配備と使用のために政府に引き渡す。この時点で、これらの「生命科学者」たちは、議論の余地なく免除される「研究」から、BWC第1条に違反する、明らかに禁止された「バイオ」の「開発」へと進んでいることに気づく。

一般的な命題として、政府の生物兵器契約が違法で禁止された攻撃的な目的であることを示す明白なヒントの一つは、契約の対象である生物製剤のエアロゾル化に成功することを特に要求していることである。ほとんどの対ヒト生物兵器は空輸によって目的の被害者に届けられるため、このことは新型生物兵器の成功にとって極めて重要である15。

不誠実な政府の手にかかれば、DNA遺伝子工学は、一方的に「防衛的」であると宣言した免除された「研究」を実施するという名目で、BWCを回避し、無効にし、そうでなければ時代遅れにするために、簡単に操作・悪用することができる。

これこそが、レーガン派ネオコンが進めたことである。レーガン派国防総省は、「生物防衛研究プログラム(BDRP)」というオーウェルのような名前の下で、自然界から得られる可能性のあるあらゆる外来病に対する、攻撃と防御を同時に行うDNA遺伝子工学プロジェクトを実施するために、アメリカ中の評判の良い大学の研究者と契約を結んだ16。

ブッシュ・ジュニアのネオコンは、BDRPの直接の後継者である国防総省のいわゆる化学・生物学的防衛計画(CBDP)のもとで、今日もまったく同じことを行っている。

第3章 米国政府の生物兵器契約

1980年代後半になると、アメリカの多くの大学で、あるいはアメリカ政府の研究所で働く科学者たちが、DNA遺伝子工学を悪用して、(1) 攻撃用の生物製剤を開発し、(2) 次に「防御用」とされるワクチンを開発し、(3) その製剤をエアロゾル化し、(4) エアロゾル化された製剤がブタなどの人間に似た動物を殺すかどうかをテストし、(5) その「研究」と「開発」の成果を国防総省に引き渡していることが明らかになった17。言い換えれば、この卑劣な死の科学者たちは、大量のDNA遺伝子操作生物兵器を製造するのに必要な部品ユニットを国防総省に提供していた。そこから国防総省は、BWC第1条に違反する生物兵器を簡単に製造し、備蓄し、配備し、使用することができる。

責任ある遺伝学のための協議会(Council for Responsible Genetics)の要請を受けた私は、1988年8月5日付の詳細な法律覚書によって、レーガン派BDRPの行ごとの分析を国防総省に提出し、トランスナショナル出版社から拙著『国際法とアメリカ外交政策の未来』(1989)の第8章として出版された。この分析は、私自身とテリー・ロッジ弁護士による2004年のCBDP最終計画環境影響評価書に対する現代的批評(下記参照)で扱われている問題が、数十年にわたる国防総省の継続的な、そして実際に凝り固まった方向性を反映していることを示す目的で、本書の付録Iに含まれている。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校での生物兵器研究

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン・キャンパスで締結されたBDRP契約の一部を入手し読んだとき、これらの科学者たちが、公の場では反対の抗議をしたにもかかわらず、実際には攻撃用生物兵器開発に従事していることを知っていたことがはっきりした。さらに、これらのBDRP契約は、イリノイ大学の全キャンパスに設置された「倫理委員会」によって審査され、承認されていた。倫理委員会は、動物実験を含む科学的契約に倫理基準が適用されることを保証することを任務としている18。

倫理委員会のお墨付きは無意味であることが判明した。大量のブタやその他の動物が、エアロゾル化された生物製剤によって悲惨なガス処刑を受けた。この研究プロジェクトにまつわる問題についてのさらなる洞察は、薄っぺらな口実、正当な理由の欠如、動物への凶悪な苦痛の原因という点で、BDRPと現在のCBDPの典型であることは間違いない。

アメリカの大学がBDRPの桶に並ぶ

イリノイ大学の「倫理委員会」によるBDRP契約の承認は、そのような大学内の倫理委員会が通常いかに無価値であるかを証明した。このような政府との契約は、どの大学にとっても莫大な資金が絡んでいるため、その「倫理」委員会が拒絶する。私がこれらのBDRP契約や、CIAが関与する他の非倫理的な政府契約について公に内部告発した後、私たちはこれらの契約の学術的妥当性について公開討論会を開催した19。イリノイ大学は、契約を擁護するために公式代表を送り込んだが、その代表は、イリノイ大学自身が「オーバーヘッド」という架空の会計上の名目で、外部の研究契約金の51%を直接受け取っていることを公に認めた。

単刀直入に言えば、イリノイ大学とその選り抜きの「倫理委員会」は、キャンパス内で実施される、違法ではないにしても非倫理的な科学的「研究」契約を承認することで、既得の経済的利益を得ていたのである。私は、今日、国内の他のほとんどの大学キャンパスでも同じことが言えるのではないかと思う。同じ原則が、組み換えDNA研究プロジェクトの安全性を監督することになっている、アメリカの大学、民間のバイオテクノロジー企業、アメリカ政府の研究所にある、連邦政府が義務付けた機関バイオセーフティ委員会にも当てはまる20。

アメリカの大学には、その研究課題、研究者、研究所、研究室がペンタゴンとCIAの共同支配を受け、堕落し、変質していくことを進んで許してきた長い歴史がある21。このような研究優先順位の歪曲に対する科学界の反発を反映して、全米の主要な微生物研究者750人以上が、ブッシュ・ジュニア政権に対し、国家の科学的焦点をより基本的な病原体に戻すよう公然と要求した。署名者には、米国微生物学会の少なくとも5人の元会長と現会長代理が含まれている22。

揺らぐ科学倫理は生物兵器問題か?

さらに、米国立衛生研究所(NIH)の資金提供を受けている科学者7,760人を対象とした最近の科学調査によると、中堅回答者の38%、若手回答者の28%、合計33%が、過去3年間に倫理的に「制裁を受けるべき」10の行為のうち少なくとも1つを行ったことがあると認めている23。ブッシュJr.政権によって目の前にぶら下げられた莫大な資金によって、資格を持たない多くの生命科学者が誘惑され、生物兵器に関する仕事をするようになった今、この割合は増えるのではないかと私は思う。いずれにせよ、この調査に基づけば、今後大幅に増加する生物兵器に関する仕事の少なくとも3分の1は、科学者自身が採用する基準に照らせば、そもそも「非倫理的」なものであることが予想される。このような生物兵器の違法性と犯罪性については、本書の別のカ所で論じている。

適切な生物兵器契約見直しの必要性

この問題の範囲を考えてみよう。上述したように、アメリカ中の科学者たちが、ジョージ・W・ブッシュ大統領の政府が現在用意している豊かな餌の桶に集まっている。アメリカの大学だけでなく、海外の大学もこうしたプロジェクトがもたらす経済的インセンティブに屈している。前述した750人の科学者の立派な努力にもかかわらず、全体としては、このプロセスにブレーキをかけるどころか、多数の科学者個人がこの行為に加担する可能性があまりにも高い。

ここで公共の利益を代弁する権限を組織的に与えられているのは誰なのか?誰が保護者を守るのか?なぜ狐が鶏小屋の番をさせられるのか?人類全体、現在、そして未来にとって重大な問題を、なぜ西部開拓時代に相当するような規制の中で進めているのだろうか?

ほとんど避けられない将来の生物兵器による大惨事において、生物兵器の犬が放たれた瞬間をどこで特定できるのだろうか?

著者

フランシス・A・ボイルは、アメリカを代表する国際法の教授、実務家、提唱者である。1972年の生物兵器禁止条約の米国実施法である1989年生物兵器テロ防止法の起草に携わる。イリノイ大学シャンペーン校で国際法を教え、ハーバード大学で法学博士号(Magna Cum Laude)と政治学博士号(Ph.D.)を取得している。

ジョナサン・キングはM.L.T.の分子生物学教授であり、微生物の遺伝子とタンパク質の権威である。責任ある遺伝学評議会(Council for Responsible Genetics)の創設者であり、同評議会の生物学的研究の軍事利用に関する委員会の元共同議長でもある。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました