電磁波・5G

アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

概日リズムに対する電磁場の影響:ヒトの健康と病気への影響

Influence of electromagnetic fields on the circadian rhythm: Implications for human health and disease オンライン公開 2023年1月19日 . PMCID: PMC101050
リスク因子(認知症・他)

査読論文:低強度電磁場は電位依存性カルシウムチャネル(VGCC)活性化を介して作用し、超早期発症アルツハイマー病を引き起こす:18種類の証拠

Low Intensity Electromagnetic Fields Act via Voltage-Gated Calcium Channel (VGCC) Activation to Cause Very Early Onset Alzheimer’s Disease:
電磁波・5G

査読論文:実生活環境下における5Gモバイルネットワーキング技術の健康への悪影響 2020

Adverse health effects of 5G mobile networking technology under real-life conditions ロナルド・N・コストファ*、ポール・ヘルーb、マイケル・アシュネルク、アリスティデス・ツァツァキスドe 202
電磁波・5G

研究論文:6GHz以上の5G機器の出力電力レベルに対するEMF暴露制限の影響

Implications of EMF Exposure Limits on Output Power Levels for 5G Devices above 6 GHz 全抄録はIEEE Xploreに掲載、DOI: 10.1109/LAWP.2015.2400331 著者紹介
電磁波・5G

査読論文:5G放射線の発がんについて提唱された3つの潜在的メカニズムの新たな考察

A New Look at Three Potential Mechanisms Proposed for the Carcinogenesis of 5G Radiation オンライン公開:2020年12月1日 doi:10.31661/jbpe.v0i0.2008-1157
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

シュプリンガー:「Covid-19」心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 第1巻
“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy Volume 1

“Covid-19,” Psychological Operations, and the War for Technocracy 「Covid-19」、心理作戦、そしてテクノクラシーのための戦争 デイヴィッド・A・ヒューズ(David A. Hughes) 英国リンカーン大学社
メラトニン

書籍:『メラトニン奇跡の分子』(2022)

Melatonin Miracle Molecule: Transform your life with Melatonin. Why higher doses are safe and benefits beyond sleep as the bodies master str
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

技術先進社会におけるアース(接地)不足による病気

Illnesses in technologically advanced societies due to lack of grounding (earthing) オンライン公開 2022年11月3日. ジェームズ・L・オッシュマン 要旨 ここに要約したグラウンディングやアー
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

電磁波衛生に関連するグラウンディング(アーシング):統合的レビュー

Grounding (earthing) as related to electromagnetic hygiene: An integrative review オンライン公開 2022年12月7日 . PMCID: PMC10105031 PMID:36496151 要旨 身
地震

自然災害は自然なものばかりではない
Natural Disasters are Not All Natural

Natural Disasters are Not All Natural 自然災害は自然なものばかりではない Fabien Deruelle(ファビアン・デルエル) a++* 論文情報 オープン査読の歴史本誌はAdvanced Open Peer Reviewの方針に従う。査読
AI(倫理・アライメント・リスク)

人間と社会に対するデジタルの脅威
Digital Threats to Humans and Society

Digital Threats to Humans and Society 2022年6月29日 私たちは、デジタル技術が(健康や持続可能性に関連する問題を含む)世界的な大問題の解決に大きく貢献する可能性を秘めていることを認める。また、イノベーションと新たな経済セクターを促進する
LLM - LaMDA, ChatGPT, Claude3

ChatGPTとの対談第4弾 スパルタカス
A Fourth Talk With ChatGPT Now with document analysis

A Fourth Talk With ChatGPT Now with document analysis ChatGPTの新機能追加 最近、ChatGPTがアップデートされ、PDF解析ができるようになった。私はこの機能を利用して、いくつかの文書を分析させることにした。そして、そ
電磁波・5G

ワイヤレス電話の使用と脳腫瘍のリスク増加の証拠
Use of Wireless Phones and Evidence for Increased Risk of Brain Tumors

2017年補遺 Lennart Hardell医学博士、スウェーデン、オレブロ大学病院腫瘍科准教授 Michael Carlberg医学修士 スウェーデン、オレブロ大学病院、腫瘍科 バイオイニシアチブワーキンググループのために作成 2017年11月 I. はじめに 無線デジタル技
情報戦・心理戦・第5世代戦争・神経兵器

脳科学は実験室から戦場へ: 神経兵器の現実とリスク|CGSRセミナー
Brain Science from Bench to Battlefield: The Realities – and Risks – of Neuroweapons | CGSR Seminar

Brain Science from Bench to Battlefield: The Realities – and Risks – of Neuroweapons | CGSR Seminar 105,459 回視聴 2017/08/30 ローレンス・リバモア国立研究所のグ
指向性エネルギー兵器

指向性エネルギー・ビーム兵器
Directed-Energy Beam Weapons Bahman Zohuri

Directed-Energy Beam Weapons Bahman Zohuri 本書は息子のサーシャに捧げる。 序文 過去数十年間見てきたように、指向性エネルギー兵器(DEWs)は異なる方向に向かっており、指向性エネルギー・ビーム兵器(DEBWs)として新たなアプローチをと
ジョン・ラポポート

5Gワイヤレス:グローバル・コントロールのための馬鹿げた前線
5G wireless: a ridiculous front for global control

2019年9月9日 5G wireless: a ridiculous front for global control まず、背景を少し説明するために、いくつかの言葉を引用しよう。 5Gのスピードは、好きな番組の全シーズンを2秒でダウンロードしなければならない人々のためのものだ
RFK Jr.、子どもの健康防衛(CHD)、JFK

ジョー・ローガン × ロバート・F・ケネディ Jr. エピソード #1999
Joe Rogan and RFK (Robert F Kennedy) Episode 1999

ジョー・ローガン 0:00 このようなことが起こるのは、人々は、自分がトラブルに巻き込まれたり、自分のチャンネルがトラブルに巻き込まれたりするようなことを言わせることに非常に気を使うからです。例えば、自己検閲をたくさんしている人たちがいます。 そして、あなたと会話をするときにも、
電磁波・5G

隠された危険 5G
政府、通信事業者、電力会社は、電磁波の危険性について、どのように真実を隠蔽しているのか

Hidden Dangers 5G: How governments, telecom and electric power utilities suppress the truth about the known hazards of electro-magnetic fiel
トランスヒューマニズム、人間強化、BMI

アーミン・クリシュナン博士へのインタビュー
Interview with Dr Armin Krishnan 

Interview with Dr Armin Krishnan 2023/02/28 イーストカロライナ大学准教授、安全保障研究部長。軍事アウトソーシング、自律型兵器システム、標的型殺人、神経戦、準軍事作戦など、現代の戦争と国際安全保障の新しい側面に関する5冊の本と多くの学術論
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

専門家との対話_ アーミン・クリシュナン博士 – 2022年7月7日
Conversations with Experts_ Dr Armin Krishnan - July 7, 2022

Conversations with Experts_ Dr アーミン・クリシュナン - July 7, 2022 レン・ベル 0:00 クラウドです。さて、こんにちは、私の名前はレン・ベアです、ツイッターでは今日は2022年7月7日なのでピースやドニーとしても知られています。そ
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました