2. コロナウイルスワクチンワクチンの安全性・有害事象免疫予防

COVID-19 将来のパンデミックを防ぐ(免疫の弱体化に寄与する2000の要因)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

COVID-19: Preventing Future Pandemics

smartech.gatech.edu/bitstream/handle/1853/62907/PREVENT_FUTURE_PAND_FINAL_06_17_2020.pdf

ロナルド・N・コストフ(Ronald N. Kostoff)博士、ジョージア工科大学公共政策学部研究員、ジョージア工科大学ゲインズビル校、バージニア州 20155

マイケル・B・ブリッグス, M.S., 独立コンサルタント, ロズコモン, MI, 48653

アラン・L・ポーター博士、ジョージア工科大学公共政策学部名誉教授、ジョージア工科大学アトランタ校、ジョージア州、ジョージア州、30332

共著者

ロナルド・N・コストフ博士

ジョージア工科大学公共政策学部研究員

キーワード

パンデミック;コロナウイルス;COVID-19;SARS-CoV-2;重症急性呼吸器症候群;SARS-CoV;中東呼吸器症候群;MERS-CoV;文献関連の発見;文献に基づく発見;クロロキン;レムデシビル;ヒドロキシクロロキン;アジスロマイシン;免疫抑制;免疫賦活;過敏症;自己免疫性 主なリンパ系臓器;骨髄;胸腺;脾臓;リンパ節;粘膜関連リンパ組織;MALT;細胞免疫応答;NK細胞活性;リンパ球免疫フェノタイピング;好中球機能アッセイ;マクロファージ機能アッセイ;サイトカインプロファイリング;免疫学的バイオマーカー;血清免疫グロブリン;補体活性化;自己抗体

概要

COVID-19のパンデミックは、世界的に健康と経済に悪影響を及ぼした。SARS-CoV-2(COVID-19に関連するウイルス)の蔓延を抑制するために取られている主な対策は 2002-2003年のコロナウイルス主導のパンデミックでSARS-CoVの蔓延を抑制するために取られたものと概念的には同じである:衛生管理、フェイスマスク、検疫(ロックダウン)。違いは、SARS-CoV-2の場合、これらの対策の規模が大きくなっていることである。

免疫系の弱体化が、ウイルス感染に対する重篤/致死的反応の主な決定要因であると考えられている(COVID-19,SARS、インフルエンザの場合も同様)。ウイルス曝露の悪影響を軽減するために、免疫系を増強または強化するために、現在採用または検討されている4つの主要なアプローチがある。主に免疫系の強化に焦点を当てた3つのアプローチは、世界の人口の多くが免疫力を弱めている生活習慣を維持しながら、パンデミックを制御・予防することができるというコンセプトに基づいている。第四のアプローチは、将来のパンデミックを最小限に抑えるために、免疫システムを本質的に強化することを目的とした対策を特定し、導入することに基づいている。

4つの対策とは、次のようなものである。

1)ウイルスへの曝露を制限する、

2)ウイルス負荷を低減するための反応性・戦術的治療を行う、

3)感染を予防する、あるいは少なくとも感染を減衰させるためのワクチンを開発する、

4)免疫系を弱体化させる要因を特定し、それらを可能な限り包括的、徹底的、迅速に除去・低減する、そしてb)除去された要因を免疫強化要因に置き換えることにより、免疫系を本質的に強化する、という4つの対策である。

本モノグラフでは、主に内在的な免疫システムの強化に焦点を当てている。このモノグラフでは、免疫系の弱体化に寄与する数百もの要因と、免疫系を強化するための対策を明らかにしている。また、ワクチン開発が無数のフォーラムで強調されていることから、ワクチンの問題にも取り組んでいる。有効性試験の特徴である短期試験では特定できない、中長期的なワクチンの副作用の可能性を特定している。安全性を確保するためには、実生活条件下での長期試験(複数の毒性刺激への暴露)が必要である。政府や産業界が進めているワクチン開発の加速化と、ワクチンの安全性を検証するために必要な長い時間との間には相容れないものがある。

要約すると、1) 総人口のうち最も脆弱なごく少数の人々に主に適用される、大多数の人々の活動に対するロックダウン後の厳しい制限を継続することについては、医学界の間で一致した意見はない。3) 現在提案されているように、安全なCOVID-19ワクチンをどのように開発し、1年から2年の時間スケールで完全に試験することができるかを見ることは困難である。4) 将来のCOVID-19パンデミックやその他のウイルスパンデミックに対する唯一の真の防御策は、SARSパンデミック、MERSパンデミック、COVID-19パンデミック、および毎年のインフルエンザパンデミックで効果が実証されたものである。自然が意図した通りに侵入してくるウイルスを中和することができる健康な免疫システムである。我々は、徹底的に、包括的に、そして可能な限り迅速に、免疫系を弱めるそれらの要因を特定し、排除するために、操作ワープスピード(現在、記録的な短い期間でワクチンを生産するために目標とされている米国連邦政府の努力)を必要としている

文書への引用

Kostoff RN, Briggs MB, Porter AL. COVID-19。将来のパンデミックを防ぐ。ジョージア工科大学。2020. PDF. smartech.gatech.edu/handle/1853/62907

著作権およびクリエイティブコモンズライセンス

著作権について

ロナルド・N・コストフ, マイケル・B・ブリッグス, アラン・L・ポーター

アメリカ合衆国で印刷されたもので 2020年に初版が発行された。

クリエイティブコモンズライセンス

この作品は、原著作者にクレジットを与えることを条件に、どのような媒体や形式でもコピーして再配布することができる。CC BYライセンスの詳細については、http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/

この作品はクリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス<creativecommons.org/licenses/by/4.0/>の下でライセンスされている。

免責事項

本書に記載されている見解は、あくまでも著者の見解であり、ジョージア工科大学の見解を代表するものではない。

第1章 序論

1A. 背景

過去20年間で、少なくとも3つの主要なコロナウイルスベースの感染症アウトブレイク/エピデミック/パンデミックが発生している。2002年~2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)2012年から始まる中東呼吸器症候群(MERS)2019年12月から始まるCOVID-19である。これら3つの感染症の間には、選択されたバイオマーカー(例えば、好中球、リンパ球、アルブミン、CRP、TNF-αなど)の異常値、肺の炎症、肺の損傷など、多くの類似点がある。これらの感染症の中で最も重要な類似性は、最も重篤な影響を受ける人口統計学である。これらは、併存疾患を持ち、免疫系が弱っている高齢者などに多い傾向がある[1-11]。

COVID-19とインフルエンザとの類似点もある。”COVID-19とインフルエンザの両方(COVID-19とインフルエンザ)は、発熱、咳、体の痛み、疲労を引き起こし、時には嘔吐や下痢を起こす。さらに、「どちらのウイルスも細菌感染にしか効かない抗生物質では治療できない。

COVID-19とインフルエンザの死亡者数の比較は?上記リンク先(およびその他の参考文献)によると、インフルエンザの場合、「全世界で10億人、米国で年間930万人から4500万人」、それに伴う「全世界で291,000人から646,000人、米国で12,000人から61,000人」の死亡者数が推定されている。これまでのコロナウイルスによるアウトブレイク/パンデミック/パンデミックでは、これらの症例数/死亡者数はインフルエンザの数よりも桁違いに少なくなっている。SARSパンデミックでは、SARS症状を呈した約8,000人が関与し、そのうち約800人が死亡した[12-13]。MERSのパンデミックでは、約2,500人の症例が発生し、約900人が死亡している(http://www.emro.who.int/pandemic-epidemic-diseases/mers-cov/mers-situation-update-january-2020.html)。COVID-19については(2020年6月8日現在)。”世界では約403,267人の死亡が報告されている。米国では110,514人がCOVID-19で死亡している」と、上記のホプキンスのリンク先に記載されている。これらの数字の妥当性については、付録2で取り上げる。

SARS-CoV-2コロナウイルス(COVID-19の原因となっている)の感染拡大を抑制するために行われている主な対策は 2002-2003年にSARS-CoVコロナウイルスの感染拡大を抑制するために行われたものと概念的には一致している。違いは、これらの対策の規模である。現在、多くの国がロックダウン(重症度の差はあるが)を実施しており、多数の人が近接して集まる活動や事業が制限されている。2020年6月上旬の時点では、これらの制限がいつまで続くかは不明である。

1B. 処置

このモノグラフで提案されている将来のパンデミックを防ぐための対策は、一般的にはより多くの人口を対象としており、特に最も脆弱な人口層を対象としている。前述したように、この脆弱な人口層は、「併存疾患を持ち、免疫システムが弱っている高齢者など」で構成されている。加齢に伴う免疫系の低下はあるが、高齢者では、併存疾患の方が年代的な年齢よりも免疫力低下の予測因子として優れている[14-15]。

一般的に使われている併存症は、他の疾患を意味しているのが一般的である。慢性疾患の予防および逆転を目的とした我々の過去の研究[16]の観点から見ると、これらの疾患のそれぞれは、その発症に寄与する数百もの基礎的因子(例えば、喫煙、過剰アルコール、農薬、高脂肪食、PFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸)PFAS(パーおよびポリフルオロアルキル物質)など)の代理人である。言い換えれば、病気への基礎的な寄与因子は、真の独立変数(個人および/または政府がある程度のコントロールを持っている)と見ることができ、病気は従属変数である。このように、コーディネートシステムを疾患から基礎的寄与因子に切り替えると、SARSとCOVID-19の両方に罹患した主要な人口層は、疾患への基礎的寄与因子に大量にさらされていた/さらされていたということになる。

これはインフルエンザの経験と類似している。”併存疾患とは、インフルエンザによる合併症のリスクが最も高いことを意味する。喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)その他の肺疾患、心臓疾患、免疫不全者など、これらすべての患者は、一般人口よりもインフルエンザによる合併症のリスクが著しく高い」
US Flu Cases Reach 32 Million, Pediatric Hospitaliza...
The influenza hospitalization rate for children and young adults has surpassed the rate documented during the second wave of the 2009 H1N1 pandemic.
。これらの致死性感染症の中で最も脆弱な人口層は、疾患の基礎的な寄与因子を多く持っていることが、将来のパンデミックを予防するためのこのモノグラフのアプローチの根底にある重要なポイントです!

現在のCOVID-19パンデミックでは、SARSパンデミックとの共通点が見られる。どちらのケースでも死亡者のほとんどは肺炎に起因している。死亡者のほとんど(すべてではない)は高齢者であり、併存疾患が多く免疫システムが弱っている人の間で最も多く見られるようである。我々の説明の中の座標系を入れ替えると、死亡者のほとんどは、(現在と同様に、生涯にわたって)大量の疾病の原因因子にさらされている人、および/または免疫系が弱っている人の間にいることになる。

疾病の要因はまた、正のフィードバック機構を誘発する。疾病の要因は免疫系を弱め(本研究の結果が示すように)その結果、感染に対する脆弱性を増大させる。感染はさらに免疫系を弱め、これが再び感染に対する脆弱性を高める。このフィードバックループを破壊するための我々の管理下での介入は、免疫系の弱体化に寄与する因子を減少させたり、排除したりすることである。

1C. 治療の定義

免疫システムの弱体化は感染症、特に感染症の最悪の結果に対する脆弱性を増大させることを考えると、将来のパンデミックを防ぐためには、免疫システムを強化する対策を採用する必要がある。免疫システムを強化するための選択肢は大きく分けて2つある。1つはワクチンで、これについては付録3で詳しく説明している。もう一つは、免疫系を弱める曝露や行動を取り除き、場合によっては免疫系を強化する曝露や行動に置き換えることである。後者のアプローチは「戦略的」治療法と呼ばれている[17]。以下のセクションでは、戦略的治療を定義し、より大きな治療の文脈の中に位置づける。

治療法が健康を改善する一連の行動として定義されるならば、(少なくとも)2つのタイプの治療法が可能である[17]。最初のタイプは、肯定的な治療法として定義することができる。これらの治療は、ハイテク治療とローテク治療に細分化できる。ハイテク治療とは、薬物(またはサプリメント)および/または放射線および/または手術が実施され、症状が緩和される古典的な治療法である。これらのハイテクな陽性治療は、基本的には健康の異常なマーカーに対する反応的な戦術的な反応である。それらは、短期的な治療(例えば、細菌感染症のための抗生物質、ウイルス感染症のための抗ウイルス剤など)または長期的な治療(例えば、スタチン、血液薄め薬、抗高血圧薬など)に適用することができる。ローテク治療には、食事、睡眠、および免疫系に積極的に影響を与えることが示されているその他の行動の変化が含まれる(ローテク治療の簡単な参考文献については、セクションA4-Cを参照のこと)。長期的な効果を得るためには、これらのローテク治療を無期限に維持する必要がある。平均して、ハイテク治療はローテク治療よりもリスクが大きい。

第二のタイプは、病気の原因となる因子をまず特定し、それを除去するネガティブネガティブ治療と定義することができる。名前の由来は数学の世界で、マイナスのマイナスがプラスになることに由来している。これらのネガティブネガティブ治療は、基本的には、健康の異常なマーカーに対する積極的な戦略的対応であり、典型的には、健康の改善のために、ライフスタイルの長期的な変更や有害な暴露を伴う。

1D. 戦術的治療

この時点で最も脆弱な人口層を支援するための努力の多くは、他の(主に)ウイルス性疾患と闘うために使用されていた/使用されていた治療法を探し、実験していた。2020年6月8日現在、233の治療法が検討されている(161のワクチンが開発中)。

milkeninstitute.org/COVID-19-tracker%5D。これらの治療法には以下のものが含まれるが、これらに限定されない。

Actemra/Tocilizumab; Avigan/Favipiravir; Azithromycin; Baricitinib/Olumiant; Bevacizumab/Avastin; Calquence/Acalabrutinib; Chloroquine; Colcrys/コルヒチン; Convalescent Plasma; EIDD-2801; Fingolimod/Gilenya; Galidesivir; Hydroxychloroquine; Ilaris/Canakinumab。イベルメクチン;Jakafi/Ruxolitinib;Kaletra/Lopinavir/Ritonavir;Kevzara/Sarilumab;Kineret/Anakinra;Leronlimab;Mavrilimumab;Methylprednisolone;Olumiant/Baricitinib;Otezla/Apremilast;Remdesivir;Tamiflu/Oseltamivir;Umifenovir/Arbidol;Xeljanz/Tofacitinib [https. //milkeninstitute. org/COVID-19-tracker; www.drugs.com/condition/COVID-19.html; www.goodrx.com/blog/coronavirus-treatments-on-the-way/%5D。

その他の新規治療法は、当社の文献関連発見と革新(LRDI)に基づいた治療法の再利用方法を用いて特定することができる[18]。

1E. 戦略的治療法

戦略的治療がこのモノグラフの焦点である。その特定には2段階のプロセスがある。第一に、免疫系の健康状態を示すマーカー(特定のバイオマーカーからより一般的な記述子まで)を選択する。次に、これらのマーカーのレベルを低下させる(すなわち、免疫機能障害、免疫毒性、免疫抑制などにつながる)物質(喫煙、過度のアルコール、農薬など)行動(鎮静的なライフスタイル、物質乱用など)などを同定し、排除を推奨する。本研究で特定された戦略的治療法は、免疫系の中核的文献(第2章で定義)に記載されているものである。また、LRDIに基づいた治療法の再利用方法[18]を用いて、新たな戦略的治療法を特定することも可能である。

1F. 反応性戦術的治療と積極的戦略的治療

ウイルス曝露による感染症に対抗するための反応性戦術的治療法は、バイオマーカーレベルを改善し、(成功すれば)症状を軽減するが、通常、病気に対する身体の抵抗力を改善することはほとんどない。ウイルス感染症に対しては、戦術的治療は、弱った免疫系(およびその他の)を強化することにはほとんど役立たないだろう。一度のウイルス感染に対する戦術的治療の後、免疫系が弱くなった人々は、次に遭遇する有害なウイルスにさらされることで、再び重篤な感染症の影響を受けやすくなる。

先を見越した戦略的治療法は、病気や免疫系の弱体化の原因となる重要な因子を取り除くことで、免疫系(およびその他の)を強化する(免疫系に不可逆的な損傷が生じている場合や、免疫系に先天的な損傷やその他の遺伝的な損傷がある場合を除く)。これらの戦略的治療法は、治療を受けた人に長期的なアドヒアランスを要求する傾向がある。その結果、戦略的治療を受けた人は、次に遭遇する有害なウイルス(SARS-CoV-2など)への曝露による感染に対する脆弱性が低くなる。SARS-CoVおよびSARS-CoV-2に曝露された多くの健康な人々と同様に、(典型的には)長期的なプロアクティブ戦略的治療レジメンに成功したこれらの人々は、自分がコロナウイルスに曝露されていること、またはコロナウイルスに感染していることにさえ気づかないかもしれない。感染の兆候は、血清中のコロナウイルス抗体のみである。

1G. モノグラフの構造

本モノグラフの残りの部分は以下のように構成されている。第2章では、免疫システムを強化するための戦略的治療法を特定するために使用された方法論を示す。第3章では、考察と結論を含む研究結果を提示する。第4章は参考文献を含む。

付録1では、生態系の中でのウイルスの位置という、より大きな文脈でのウイルスの役割をフレーム化している。付録2では、ウイルスパンデミックの性質、COVID-19の死亡者数の正確さ、COVID-19の症例や死亡者を過剰に報告することに対する金銭的なインセンティブについて述べている。付録3では、COVID-19ワクチンの可能性について述べている。付録4には、本研究で特定された免疫系の弱体化に寄与する因子の完全なリスト、これらの寄与因子の出典記録の限定的な書誌、および免疫系の強化に寄与する(主にローテクな)因子の限定的な書誌を掲載している。

1H. 経済的側面

COVID-19パンデミック、あるいは将来のウイルスパンデミックへの対応の経済的側面について簡単に議論して、本序論
を終了する。これまでのセクションで示したように、対応には2つの一般的なタイプ(戦術的/反応的対応と戦略的/積極的対応)があり、短期的には並行して行うことができる。長期的には、現実的にはどちらか一方に重点を置かなければならないだろう。

1H1. 反応的なアプローチ

第一に、(主に)外因性の対策(検疫、新開発の治療法、再利用された治療法、ワクチンなど)の助けを借りて、ウイルス負荷を低減し、免疫系を強化する戦術的/反応的なアプローチと、第二に、(主に)内因性の免疫防御を強化してウイルス曝露を中和する戦略的なアプローチがある。

それぞれの対応には、短期/長期の投資と、失われた収益/経済活動の2種類のコストが関連している。戦術的アプローチの場合、投資の要素は、(主に)新規/再利用の医薬品やワクチンの開発、試験、製造、流通のためのコストである。このようなコストの正確な見積もりを見つけるのは困難であるが、一部の政府や一部の産業界が公約していることを考えると、このコストは 200 億ドル(USD)を超え、おそらくそれをはるかに超える金額になるであろう (www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-eu-virus/world-leaders-pledge-8-billion-to-fight-COVID-19-but-us-steers-clear-idUSKBN22G0RM; cepi.net/news_cepi/2-billion-required-to-develop-a-vaccine-against-the-COVID-19-virus-2/; www.sciencemag.org/news/2020/06/nih-grapples-researchers-rush-claim-billions-pandemic-research-funds; www.statnews.com/pharmalot/2020/05/21/astrazeneca-covid19-coronavirus-vaccine-barda/; techcrunch.com/2020/03/30/johnson-johnson-partners-with-barda-to-fund-1-billion-in-COVID-19-vaccine-research/; techcrunch.com/2020/03/30/johnson-johnson-partners-with-barda-to-fund-1-billion-in-COVID-19-vaccine-research/; www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-moderna-funding/moderna-receives-483-million-barda-award-for-COVID-19-vaccine-development-idUSKBN21Y3E0)。

失われる収入は、基本的には世界的なロックダウンによる経済活動の減少である。この数字を見積もったり予測したりすることは同様に困難であるが、現在の予測に基づいて、5年間で数兆ドル、あるいはおそらく数百兆ドルの損失が発生する可能性がある(https://www.marketwatch.com/story/today-in-scary-numbers-pandemic-could-cost-global-economy-82-trillion-2020-05-19)。ロックダウンの他の側面(感染症以外の原因(自殺など)による人命の損失、二酸化炭素排出量の削減など)に関連した重要なコスト・便益があり、より詳細なコスト・便益調査を行う必要がある。

1H2. 積極的な取り組み

戦略的・積極的治療アプローチでは、排出規制の強化により、先進技術(およびその健康への悪影響)の利用が減り、代わりに技術を導入しないか、あるいは効率は低いが排出量は少ない技術を導入した場合に、追加の投資費用が必要となる可能性がある。このような追加コストの試算は、主に戦略的治療アプローチの実施に関わる問題があまり注目されていないために見られていない。

戦略的治療アプローチの実施によって失われる収入は、有害技術の排除・削減に伴う経済活動の減少に由来する。例えば、無線放射線技術は、実施後に何兆ドルもの潜在的な収益を生み出すと予測されている。これらの技術の放射線放出制限値を(安全なレベルまで桁違いに)下げることは、多くの無線放射線応用が経済的に実現可能ではなくなるため、追求されなくなることを意味する。本論文で特定された免疫系に有害な技術の数は膨大であり、さらに大規模な調査で特定される可能性があることを考えると、これらの技術への依存度を下げることで失われる経済活動は、数百兆ドル規模になることは容易に予想される。これらの損失を部分的に相殺するために、国民の免疫システムを広範囲に強化することができれば、ロックダウンを回避できる可能性があり、ロックダウンによる経済的損失も回避できる。

このように、(主に)戦術的アプローチと(主に)戦略的アプローチの両方において、現在のパンデミックへの対応が将来のパンデミックへの対応を示唆するものであるとすれば、発生した経済的損失(または回避された経済的損失)は驚異的なものになるであろう。戦略的アプローチは、1)免疫システムを強化することで健康と長寿を改善し、2)将来のロックダウンを回避することで経済的損失を削減するという潜在的な利点を提供する。さらに、免疫系の弱体化の要因の多くが蔓延しているため(これらは他の多くの感染症や慢性疾患の要因でもある[16])これらの要因を排除することで、これらの無数の疾患による苦痛を軽減し、結果として長寿をさらに伸ばすことができる。これら2つのアプローチの間で(長期的には)選択することは、1) 健康/長寿の改善と、2) 先進的ではあるが有害な技術の導入による繁栄の改善の間の古典的なトレードオフを意味している。

第2章 方法論

本研究の主な分析目的は、免疫システムの弱体化に寄与する要因を特定することである。この目的のために、そのような因子を含む可能性の高いレコードを検索するクエリを生成した。このクエリは、Medlineから10,733件のレコードを検索した。このクエリで検索されたレコードから特定されたいくつかの追加レコードも解析に使用した。検索されたレコードを目視で検査し、手動で寄与因子を抽出した。これらの寄与因子は、既存の分類法 [19] に基づいて分類され、第3章で要約し、付録4に全文を示す。

SCI-Medlineからこれらのレコードを検索するために使用されたクエリを以下に示す。

研究に使用された最終的なクエリ

原文参照


当初は、より広範なクエリを開発し、数万件のレコードを検索した。しかし、予測された分析は、検索されたレコードの目視による検査と、手動での要因の抽出という手間のかかるものであったため、検索されるレコード数は少なくても、関連性(精度)の高い確率で検索できるような、より焦点を絞ったクエリを生成することにした。箱型クエリはその目標を達成した。

第3章 結果、考察、結論

検索された記録の約65%が評価された。抽出された寄与因子は、5つのカテゴリー(Lifestyle, Iatrogenic, Biotoxin/Biomaterial, Occupational/Environmental, Psychosocial/Socioeconomic)のいずれかに分類されたが、多くの寄与因子は複数のカテゴリーに分類された可能性がある。今後の研究では、他のカテゴリーに分類することで、さらなる洞察が得られる可能性がある。表3-1には、免疫系を弱めることが繰り返し示されている(データベースに高頻度で出現している)要因が含まれている。それらは以下の通りである。

表3-1 免疫系の脆弱化に寄与する高頻度要因

CATEGORY CONTRIBUTING FACTOR
LIFESTYLE smoking, excess alcohol, substance abuse, high-fat diet, protein-
deficient diet, high-cholesterol diet, Western-style diets, chronic sleep
restriction, etc.
IATROGENIC immunosuppressive drugs, gamma radiation treatments,
nanomedicinal products, adjuvanted vaccines, acetaminophen, non-
steroidal antiinflammatory drugs (NSAIDs), surgical stress, serotonin
reuptake inhibitors, selected anasthetics, selected antibiotics, highly
active antiretroviral therapy drugs, etc.
BIOTOXIN/ BIOMATERIAL aflatoxin, ochratoxin, T-2 toxin, anatoxin-A, mycotoxins, microcystin-
LR, dietary toxic cyanobacteria, yessotoxin, scorpion venom;
Streptomyces californicus; Pseudomonas aeruginosa; Rhinovirus,
respiratory syncytial virus, etc.
OCCUPATIONAL/ microplastics, endocrine-disrupting chemicals, heavy metals,
ENVIRONMENTAL pesticides/insecticides/herbicides, nanoparticles, perfluorooctanoic
acid (PFOA), polychlorinated biphenyls (PCBs), polyaromatic
hydrocarbons (PAHs), perfluorooctanesulfonate (PFOS), fine
particulate matter, air pollution, acrylamide, aromatic halogenated
disinfection byproducts, benzene, benzo(a)pyrene, crude oil, corexit,
ultraviolet (UV) radiation, wireless radiation-cell phones/cell
towers/WiFi, sodium fluoride, etc.
PSYCHOSOCIAL/ depression, chronic stress, restraint stress, social isolation, stressful
SOCIOECONOMIC life events, childhood adversity, etc.

これらの有害曝露/行動を除去/改善するには、個人の動機/努力と政府の努力、特に規制レベルでの努力の組み合わせが必要である。ライフスタイルのカテゴリーの要因は、食品添加物の規制や加工食品の内容を表示するためには政府の規制が有益であろうが、排除するためには主に動機と意志の力が必要である。逸脱性カテゴリーでは、治療の安全性を確保するために政府の規制が必要である。NSAIDsやオピオイドなどの鎮痛剤の過剰・不必要な使用や、不必要・選択的な手術をなくすためには、個人のモチベーションを高める余地がある。

バイオトキシン/バイオマテリアルのカテゴリー(特にバイオトキシン成分)のメンバーは、個人が排除することがより困難である。COVID-19で見られるように、ウイルスへの曝露は(細菌への曝露と同様に)コントロールが困難である。表 3-1 に記載されているマイコトキシンは多数ある。食品に含まれるものは、不適切な保管やマイコトキシンを除去するための不十分な加工が原因である可能性がある。屋内環境では、不十分な水分・湿度管理に起因する可能性がある。これらの問題のいくつかは、より厳格な政府の規制によって対処することができる。

職業/環境カテゴリーは、より厳格な政府の規制から実質的に利益を得ることができる。暴露のほとんどは個人のコントロールを超えたものであり、実際、個人はこれらの物質にさらされていることを知らないことがほとんどであろう。

例えば、労働安全衛生局(OSHA)は、ほとんどの職場の有毒曝露を規制する責任を持っている。EPAに登録されている85,000以上の化学物質のうち、OSHAが発行しているのは、これらの化学物質のうち約500種類の連邦強制可能な許容曝露限度(PELs)のみである。2018,最初の著者は、サンプリング技術を用いてOSHAのPELの妥当性についての研究を発表した[20]。サンプリングされたそれらの物質のうち、そのPELは、生物医学的文献で示されている損傷を引き起こす曝露量よりも1~4桁高いものであった。

別の例として、FCCによって承認された無線放射線(携帯電話/セルタワー/WiFiなど)の放射線被曝限度は、生物医学的文献に示されている損傷を引き起こすとされる被曝よりも3~6桁高く、その不一致は損傷のレベルによって異なる[21]。

しかし、このカテゴリーでも、個人の選択と動機が役割を果たしている。免疫システムを強化したい人は、無線放射線、フッ化ナトリウムを含む水、強力な農薬、強力な消毒剤などへの曝露を減らすことを(特に家庭環境で、一部は職場環境で)選択することができる。

PsychoSocial/SocioEconomicのカテゴリーは、個人のストレスの多い状況を軽減する政府の介入(例えば、経済/健康/職業の安全性を提供する、最も弱い立場にある人(非常に若い人、高齢者、障害者)へのより多くの保護を提供する、など)から恩恵を受けることができるだろう。有害事象やストレスの種類の中には、政府や個人の手に負えないものもあるが、ここでも個人は、これらのタイプのストレスの多くへの対応を改善するための措置をとることができる。

表3-1に報告されているデータを収集した研究、特に実験室での研究のほとんど(および付録4に示されているより広範な表)は、1つのストレッサー/有毒刺激の単独の影響に焦点を当てている。実生活では、人は無数の有毒刺激に、並行して、また異なる期間にわたってさらされている。一般的に、有毒刺激を組み合わせると、単一のストレッサー実験から決定された量に比べて、損傷を引き起こすために必要とされる組み合わせの各成分の量が少なくなる [22]。したがって、表3-1(および付録4に示す表)の有毒刺激への無数の暴露による免疫系の実際の弱体化は、単一の有毒刺激の研究で報告されたものよりもはるかに大きい。

要約すると、再利用された(主に)抗ウイルス治療法は、これまでに実施された試験に基づいて、最も重篤な影響を受けたSARS-CoV-2ウイルス負荷を制御する上で、非常に限られた結果しか期待できない。さらに、付録3の調査結果によると、現在提案されているような安全なCOVID-19ワクチンを開発し、1~2年の時間スケールで完全に試験することができるかどうかを見ることは難しい。

最後に、将来のCOVID-19パンデミックやその他のウイルスパンデミックに対する唯一の真の防御策は、SARS、MERS、COVID-19,毎年恒例のインフルエンザパンデミックで実証されたものである。私たちは、可能な限り徹底的に、包括的に、そして迅速に、免疫システムを弱体化させる要因を特定し、排除するために、ワープ・スピード作戦(現在、米国で記録的な短期間でワクチンを生産することを目標としている連邦政府のプログラム)を必要としている。

付録1-生態系におけるウイルスの役割

パンデミックにおけるウイルスの役割は、生態系におけるウイルスのより大きな役割を列挙することなしには理解できない。生物圏の指針となる原則は、生態系の持続可能性の最適化である。この目標を達成するための運用原理は、「適者生存」である。このことは、地球上のすべての生物(人間を除く)を調査するときに最も明確に見ることができる。彼らのライフスタイルは、生態系の持続可能性の教科書的な例です(種の持続可能性と同一視されるべきではない。

この運用原則は、レッドチーム/ブルーチームのアプローチとしてセキュリティ担当者にはお馴染みのプロセスによって実施される。このような生物圏の継続的な挑戦は、地球上の生命に対するものであり、マクロ、種、ミクロの3つのレベルで表現される。マクロレベル(風、雨、太陽、暑さ、寒さ、湿度など)では、生物(と植物など)に継続的な適応を必要とする挑戦がある(通常はホルモンレベルであるが、時には大きな挑戦もある)。弱い生き物は、大規模な挑戦の下では屈する。

種のレベルでは、捕食者による継続的な攻撃があり、獲物が生存のチャンスを得るためには、獲物が最高の状態を維持する必要がある。最も遅いガゼルが最も速いライオンに勝てない日が、ガゼルの地球上での最後の日になるという古いことわざがある。

ミクロレベルでは、ウイルス、バクテリア、真菌、寄生虫などを含む無数の微生物が課題となる。このモノグラフでは、ウイルスの役割に注目している。以下のボックスは、ウイルスの有益な効果と病原性の効果についての概要を提供している。

ウイルスの有益な効果と病原性の効果 [23]

ウイルスは宿主生物に寄生する。宿主にとって有益な場合もあれば、病原性を持つ場合もある。

有益な効果
  • あるウイルスへの感染は、別の病原体への超感染から宿主を保護することができる。
  • いくつかのウイルスは、非感染性疾患に関しても有益な効果がある。
  • 特に、バクテリオファージは、特定の細菌集団に感染することにより、腸内細菌叢を調節すると考えられている。
  • いくつかの内因性レトロウイルスは、宿主の進化を含め、宿主において有益な役割を果たすことが示されている。
病原性効果
  • “ウイルスは、一般的には感染症を引き起こす毒物のような原因物質と考えられている。これらの微小な生物は、人間や非人間の動物などの生物に大きな被害を与えることがあるため、かなりの重要性を持っている。
ウイルスの多様性
  • 現在、ヒトに感染することが知られているウイルスは、25のウイルス科から約263種類ある。
  • 新興感染症の多くは、霊長類、げっ歯類、コウモリなどの野生動物が主な原因となる人獣共通感染症(動物から人へと飛び移った病原体が原因で起こる感染症)である。-PREDICTプログラムでは、これまでに1100種類以上のウイルスが動物とヒトから発見されている。
  • Global Virome Projectの参加者は、主要な人獣共通感染症ウイルスファミリーの中から約167万種のウイルスが哺乳類や鳥類の宿主に存在し、これらの未知のウイルスのうち631,000~827,000種が人獣共通感染症の可能性を持っていると推定している。

ウイルスのサブセット、すなわちヒトに病原性があると思われる人獣共通感染性ウイルスは、免疫系に継続的に挑戦している。このプロセスは両刃の剣のように見える。強い免疫系は、継続的な挑戦によってさらに強化され、他のウイルスの挑戦からさらに保護される。弱い免疫システムは、結果として生命を脅かす症状の発生を防ぐことができない。これが、自然が微生物レベルで「適者生存」を実現する方法である。

付録2 – ウイルスのパンデミックと統計学

A2-A. ウイルス性パンデミック

付録1では、生物圏でウイルスが果たす役割のいくつかを示し、生命そのものに対するウイルスの中心性を示した。この付録では、生命のプロセスの重要な構成要素であるこのウイルスが、どのようにして国民の意識の中で危険な存在へと変容していったのかを検証する。

類推が非常に有益な場合がある。この付録では、パンデミックへのウイルスの貢献を説明する二つの類推から始める。以下のボックスには、これらの類推が含まれている。

最初の類推とウイルスのパンデミック

砂漠に大きな家がある。屋根は30年間完全に放置されている。屋根には10個の大きな穴が開いている。雨が降っていないため、その穴は修復されずにどんどん大きくなっていく。ある日、千年に一度の大雨がやってくる。屋根の穴から水が流れ込んでくる。緊急の助けを求める声が寄せられる。救急隊員や近所の人などが助けに来て、バケツやポンプを持って一日中水を汲み出してくれる。彼らは去り、家の所有者は助かったが、再び乾燥した状況が発生したため、屋根の穴を修復するために何もしない。3年後、また千年に一度の大雨がやってきて、別のパニックが起こる。

混乱と被害の原因は雨だったのか、屋根の穴だったのか、それともその両方だったのか。
屋根に穴が開いていなければ、雨の心配をする必要はなかったのであろうか?

比喩的に言えば、雨はコロナウイルスであり、屋根の穴は、各人がさらされている有害な刺激であり、免疫システムを弱める原因となっている。有毒な刺激とそれに伴う免疫系の弱体化がなければ、コロナウイルスへの曝露や感染は、(通常)血清中に現れる抗体を生成することを除いては、ほとんど効果がない。それは多くの健康な人に見られ、同じことが2002-2003年のSARSパンデミックで見られた。それは誰もがテストされているわけではないので、露出したが、最小限に影響を受けた人々の正確な数を取得するのは難しいであるが、テストされている人は重く重篤な症状を示すものに向かって重み付けされる傾向がある。

この仮定のケースでは、雨が犯人ですか?屋根に穴が開いていない場合、雨は何の影響もなかった。屋根に穴がない場合、雨は何の影響もない。原因を特定しなければならないのであれば、なぜ雨ではなく、屋根の穴に原因を特定すべきではないのであろうか?

第二のアナログとウイルスパンデミック

部屋の中に人が立っていて、部屋の中には4つの金属製の壁、金属製の天井、金属製の床以外には何もないとする。この人がマッチに火をつけて、床に投げつけたとする。どうなるか?答え:何も起こらない。マッチは燃え尽きる。

次に、床に可燃性のハンカチがあるとする。この人は、火をつけたマッチをハンカチの上に投げる。どうなるか?答え:ハンカチは1分ほど燃えて、燃え尽く。それでも問題ない。

さて、床の上に硝酸アンモニウム(農業でも使用される爆発物)が100ポンドと、他の10種類の可燃性/爆発性化合物があると仮定する。その人が火のついたマッチを床に投げたとする。どうなるか?答え:人は来世へと運ばれる。

比喩的に言えば、マッチはコロナウイルスであり、爆発性/可燃性の成分は、人がさらされている有毒刺激であり、免疫システムを弱めることに貢献している。有毒刺激と関連する免疫系の弱体化がなければ、コロナウイルスの暴露は、(通常)血清中に現れる抗体を生成することを除いて、ほとんど/何の効果もない。これは多くの健康な人に見られ、同じことが2002年から 2003年のSARSパンデミックで見られた。それは誰もがテストされているわけではないので、露出したが、最小限に影響を受けた人々の正確な数を取得するのは難しいであるが、テストされている人は重く重篤な症状を示すものに向かって重み付けされる傾向がある。

この仮定のケースでは、マッチが犯人ですか?完全に裸の部屋では、マッチは何の効果もなかった。爆発物/可燃物と組み合わせたときだけ効果があった。原因が割り当てられなければならないならば,なぜそれが硝酸アンモニウムに割り当てられるべきではないか,または他の爆発性/可燃性物質のいくつかに割り当てられるべきではないか。


上記の両方の類推は、COVID-19に関して、私たちが木を見ていて森を見落としているかもしれないという事実を反映している。検疫(ロックダウン)に焦点を当ててみよう。これは世界中で広く実施されている。SARS-CoV-2によって最も重篤な影響を受けた人は、典型的に肺炎を発症し、肺炎(または他の重篤な呼吸器疾患)で死亡する。これが公式のバージョンであるが、もっと複雑でニュアンスがある。いくつかの背景を、まず。

最初の著者は、慢性疾患の予防と逆転のための一般的なプロトコルを開発し、3つの慢性疾患(CKD(慢性腎臓病)AD(アルツハイマー病)PN(末梢神経障害)/PAD(末梢動脈疾患))に特化したプロトコルを開発した。[16]. プロトコルの重要な構成要素は、疾患の基礎となる要因(すなわち原因)を特定し、それらの基礎となる原因を除去することである。特定された原因が他の疾患ではなく(医学界の一部では原因について語る際に部分的に用いられている)個人または政府の規制下にある(理論的には)有形の項目(例えば、喫煙、過度のアルコール、臭素系難燃剤、重金属、殺虫剤、無線放射線など)であるため、「foundational」という修飾語が用いられている。

調査した3つの慢性疾患については、それぞれ500~1,000の基礎的原因が生物医学的文献から同定されており、この数は、実際に存在する基礎的原因の数を大幅に過小評価していると考えられる。これらの基礎的原因の多くは(上記のような)広汎性があり、複数の疾患に影響を与えていることを意味している[24]。肺炎(COVID-19(およびSARS-CoV)コロナウイルス感染の中心的な致死的結果である)も同様に何百もの基礎的原因が存在すると予想される。これは重要なポイントである。

最初の著者は2002-2003年のSARSコロナウイルスパンデミックについても研究し、このトピックに関する2つの論文を発表した [12-13]。これらの研究から得られた重要なポイントは、SARSコロナウイルス(SARS-CoV)に曝露された/感染した人々には、大まかに3つのタイプの結果があったということである。1つのグループは症状を示さず、曝露/感染の指標は血液中のSARSコロナウイルス抗体のみであった(SARSに関連しない理由で血液検査が行われた)。第2のグループは呼吸器感染症に特徴的な症状を示し、ある程度の不快感の後に回復した。このような症状を呈して医療機関を受診した人は世界で約8,000人った。第三のグループは、主に肺炎を発症し、最終的に亡くなった方は肺炎で亡くなった。この後者のグループは全世界で約 800 人でした。しかし、この後者のグループは8,000人の中から無作為に選ばれたわけではない。このグループのメンバーは、共存性が高く、免疫システムが弱く、高齢者が多く住む傾向があった。

一般的には、併存疾患とは、他の疾患を意味する言葉として使われることが多い。このモノグラフの本文で述べられているように、これらの疾患のそれぞれは、その発症に寄与する何百もの基礎的要因の代理とみなすことができる。したがって、因果関係の座標系を疾患から基礎的寄与因子(ここでは基礎的原因が独立変数であり、疾患が従属変数である)に切り替えると、SARSに罹患した併存率の高いグループは、疾患の基礎的寄与因子の数が多いことになる。ここが重要なポイントである。

現在のCOVID-19パンデミックにはSARSパンデミックとの共通点がある。両者の死亡者のほとんどが肺炎によるものである。死亡者のほとんどは高齢者であり、併存疾患が多く、免疫システムが弱っている人に最も多くみられるようである。疾病の基礎的寄与因子に基づく調整システムの観点から見ると、死亡者の多くは、(現在と同様に生涯にわたって)大量の疾病の基礎的寄与因子にさらされている人たちである。免疫系が弱って生まれた人の死亡例もあるかもしれない。

一般的に、一般の人々は有毒刺激の混合物にさらされており、無数の結果を引き起こしているのは混合物の影響である[22]。異なる人々は異なる混合物にさらされ、混合物の組成とその人の遺伝的構造と健康の全体的なレベルに基づいて、異なる反応を示す。混合物の構成成分の間には実質的な相乗効果があり、その結果、その組み合わせによる有害作用が増強されることがある [22, 25]。ここで重要な概念は、混合物が結果を決定するのであって、その構成要素のいずれか1つを単独で決定する必要はないということである。

COVID-19に対する世界中の政府(米国を含む)の反応は、国民に検疫を課し、毒性刺激混合物の多くの成分のうちの1つ、SARS-CoV-2への曝露を制限することでした。これは、混合物の数少ない構成成分の一つであり、技術的な分岐点や、生産および/または消費の利害関係者の裏付けを持つ技術(例えば、農薬、工業用化学物質、放射線源など)に関連することができないものである。

したがって、現在の検疫は、混合物の多くの成分のうちの1つだけを排除するものであり、それは、生産および/または消費の利害関係者の強力な裏付けを持たない成分である。

もしパンデミックの責任を、前述の強力な利害関係者の支持を得られずに、有毒混合物の1つの成分に割り当てることができるならば、これらの生産および/または消費の利害関係者は、責任とそれに伴う法的な結果から保護されることになる。大パンデミックの責任を負う者よりもむしろ母なる自然に責任を負わせることは、これらの有害な慣行とそれに関連した大パンデミック(いわゆるインフルエンザの大パンデミックに関連した最も脆弱な人口層の年間死亡者数を含む)が衰えることなく継続することを確実にしている。

なぜ、混合物の他の構成成分のどれもが検疫下に置かれていないのであろうか?喫煙、大気汚染、過度のアルコール、無線放射、農薬、工業化学物質が隔離されないのはなぜであろうか?SARS-CoV-2に起因する死亡者は世界で約40万3000人(2020年6月8日現在)
COVID-19 vs. the Flu
であり、過去20年間に発生した3つのコロナウイルスパンデミックに起因する死亡者数を合計すると、上記の推計値はさらに1700人増加することになる。これらの有害な影響をすべて統合した場合の死亡者数は世界的に見てはるかに多くなる。

パンデミック(および特にパンデミックに伴う死亡者数)の責任を人為的でない原因に押し付けることは、SARS-CoV-2ウイルスに限ったことではない。SARSパンデミックとCOVID-19の両方において、死因の一部に責任があるとされているもう一つの要因は、免疫機能障害とそれに関連した「サイトカインストーム」である。”疾患の重症度は、ウイルス感染のレベルではなく、免疫の調節障害によるものかもしれない。この調節障害は、不十分なI型インターフェロン反応(少なすぎて遅すぎ)と、肺胞マクロファージ、樹状細胞、肺炎球による異常なプロ炎症性ケモカインの分泌によって特徴づけられるだろう」[26]。別の言い方をすると “SARSに対する免疫応答の不成功は、「自然免疫から抜け出せない」と表現することができるが、抗体産生を伴う適応免疫への進行は、良好な結果と強く相関している」[27]。[27]. 言い換えれば、場合によっては、最も脆弱な人口層が経験する深刻な問題は、免疫系が自然防衛から適応防衛へとタイムリーに切り替えられないことに起因しているということである。

本文で示したように、免疫システムの弱体化に寄与する基礎的な要因は何百もある。最も脆弱な人口層は多くの併存疾患を抱えている傾向があり、これは免疫システムの弱体化に寄与する多くの基礎因子にさらされていることを意味している。したがって、免疫系の弱体化は従属変数となり、免疫系が自然モードから適応モードに切り替えられないのは、(いくつかの/多くの/ほとんどのケースで)内在的な欠陥によるものではなく、むしろ免疫系の機能不全を助長する多くの基礎的因子への曝露による悪影響によるものである可能性がある。繰り返しになるが、主流メディアと生物医学文献の両方で報告されている免疫系の機能不全の責任は、基礎的要因の背後にある生産および/または消費の利害関係者の利益にあるのではなく、むしろ生産および/または消費の利害関係者が責任を負わない免疫系の何らかの欠陥にあるとされている。

SARSの結果(およびおそらく現在のCOVID-19の結果)から明らかなように、コロナウイルスへの曝露は(ほとんどの場合)他の毒性刺激が大量にない場合には、外向きの症状や軽度の症状をもたらさない。したがって、現在のパンデミックと将来のパンデミックに対して、より保護的な検疫は、混合物の本質的に有毒な成分に対して検疫を課すことであろう。それらが現在のコロナウイルス検疫/遮断と同じような非常に短期的な利益をもたらすかどうかは疑問であるが、長期的な観点から見れば、より広範な検疫は、毎年のインフルエンザ感染症を含む最も脆弱な人口統計学上の将来のウイルス攻撃に対して非常に保護的であろう。

現在のパンデミックや将来のパンデミックに対して完全に防御するためには、当面の脅威を乗り切るための戦術的なリアクティブな対応と、問題や被害の再発を防ぐための戦略的なプロアクティブな対応の両方が必要である。この目的のために、最初の著者はCOVID-19に対する戦術的・戦略的治療法を特定するための文書を発表した[17]。この文書は、現在のモノグラフで提示されている分析の基礎となっている。

A2-B. ウイルス性パンデミックにおける死亡者数の割り当て

メディアやその他の場所でのCOVID-19パンデミックに関する議論の多くは、COVID-19に起因する死亡者数を中心に展開されている。ここでは主に2つの問題がある。それは、死亡者数をSARS-CoV-2曝露の結果に基づいて分類することの妥当性と、死亡者数をCOVID-19に分類する基準の統一性である。前節では、死亡は主に有毒混合物への曝露の結果であり、責任や責任の所在は、事前に選択された構成要素ではなく、有毒混合物にあるべきであるという議論を提示した。ウイルスが引き金であり、弾が入っていなければ、引き金を引いても何の効果もない。

死亡者をCOVID-19に割り当てる基準は、国によって一様ではなく、米国では、州によっても一様ではない。さらに、米国では、COVID-19の死亡者を割り当てるための最高レベルのガイダンスは、やや「ソフト」である。例えば、国立健康統計センター(National Center for Health Statistics)が医療従事者に配布している死亡をCOVID-19に分類するためのガイダンス[28]を考えてみよう。

“死亡診断書に「可能性の高いCOVID-19」や「可能性の高いCOVID-19」などの用語が記載されている場合、これらの用語には新しいICDコードが割り当てられる。NCHSがこれらの症例をフォローアップする可能性は低い。COVID-19は、疾患が死亡の原因となった、または死亡に寄与したと推定されるすべての死亡者の死亡診断書に報告されるべきである。

この文言は、死亡をCOVID-19や、最も脆弱な人口統計学的特徴を持つ他の併存疾患に分類する際に、かなりの柔軟性を持たせることを可能にしている。死亡をCOVID-19に分類することには、政治的・経済的動機が無数にあるため、これは重要な要素である。

“なぜなら、メディケアに加入している場合、一般的には、診断に関連したグループ一時金は5,000ドルになる。しかし、COVID-19 肺炎であれば 13,000 ドル、COVID-19 肺炎患者が人工呼吸器を使用している場合は 39,000 ドルになる。

つまり、SARS-CoV-2への死亡者の割り当てには統一性はないが、仮にあったとしても、上記のように基本的な考え方と基本データには完全に欠陥があるということだ。多成分混合物の一つの成分に死亡者を割り当てることは、純粋に恣意的なものであり、政治的(および財政的)目的のために行われた政治的行為である。

付録3 – COVID-19 VACCINESの有望性

A3-A. 概要

本書の本文では、第一のタイプの戦略的治療を取り上げた。1)免疫系の弱体化に寄与する因子の特定と除去(これらの寄与因子の表についてはセクションA4-Aを参照)および2)免疫系の強化に寄与する因子の特定と追加(ローテクな免疫系強化因子の参考文献についてはセクションA4-Cを参照)である。本付録では、第2のタイプの戦略的治療、すなわちCOVID-19ワクチンの開発と実施について述べる。このようなワクチンの展望については、開発期間、有効性、安全性という3つの基準の観点から検討する。

最近の研究では、COVID-19ワクチン開発の進行中のアプローチを評価し、次のように述べている。”通常、ワクチンの開発期間は12~15年である」[29]。このような背景から、SARS-CoV-2ワクチンは、開発、安全性試験、製造、流通を桁違いに加速することが目標とされている。本参考文献に記載されている各加速化ステップは、通常の開発から大幅に短縮されている。

A3-B. 過去のコロナウイルスワクチン開発の歴史

21世紀には2つのコロナウイルスパンデミックが発生している。2002年~2003年のSARSと2012年に始まったMERSである。それぞれのパンデミックの最盛期には、それぞれのワクチン開発が開始/加速された。これらの先行するコロナウイルスワクチン開発の成果はどのようなものだったのであろうか?

MERSワクチン開発に関する2019年の包括的な記事[30]によると、「現在までのところ、このウイルス性疾患に対して有効であることが証明された特定の治療法はない。さらに、これまでのところ、MERS-CoV感染を予防するワクチンは認可されていない … 一般的に、潜在的なワクチン候補は、ウイルスベクターベースのワクチン、DNAワクチン、サブユニットワクチン、ナノ粒子ベースのワクチン、不活化ホールウイルスワクチン、ライブアッテネーターワクチンの6つのタイプに分類することができる。

SARSとMERSのワクチン開発に関する2020年の包括的な記事[31]によると、「2020年4月現在、これらのコロナウイルス株に対して市販されているワクチンはない」とされている。ワクチンがない理由については、以下のような根拠が示されている。”SARSとMERSについて、市販されている有効なワクチンがない理由は様々である。MERSの場合は、前臨床実験中に適切で費用対効果の高い小動物モデルが不足していたため、ワクチン開発が遅れた可能性が高い。さらに、(インフルエンザ、HIV、結核などの他の世界的で持続性のある感染症と比較して)比較的症例数が少なく、地理的に集中している疾患のワクチンへの投資に対する関心が低いために、ワクチンが提供されなかった可能性が高い。2004年に症例が報告されなくなったSARSのワクチンへの投資を続けることは無意味であると考えられたという意味で、この最後の要因もSARSのワクチンがないことに寄与しているかもしれない」と述べている。

SARSのパンデミックが終息したかに見えた後、ワクチンへの関心は薄れたかもしれないが、そのようなワクチンの研究は続いてた。上記の記事の参考文献には、SARSワクチンの研究がパンデミック終了後も10年以上も続いていることが示されている[32-33]。

SARSやMERSの経験に基づいて、ワクチン開発の成功は、約10年、あるいはそれ以上の研究期間を経ても達成されなかった。このことは、COVID-19コロナウイルスワクチンの開発・安全性試験・配布が1年程度のタイムスケールで予想されていることを意味していない。

A3-C. ワクチン開発成功における問題点

A3-C1. 概要

成功したコロナウイルスワクチン開発が直面している主な問題は、開発までの時間、ワクチンの有効性、そして最も重要なことはワクチンの安全性であるとまとめることができる。29]に記載されている問題点のいくつかについて、補足的な観点から以下のように述べることができる。

“第一に、ウイルスのスパイクタンパク質は保護のための有望な免疫原であるが、最適な免疫応答を確実にするためには、抗原設計の最適化が重要である。例えば、全長タンパク質を標的とするか、受容体結合ドメインのみを標的とするかなど、最適なアプローチについては議論が続いている。

第二に、SARSおよび中東呼吸器症候群(MERS)に対するワクチン候補の前臨床経験から、直接または抗体依存的な増強の結果として、肺疾患を悪化させることが懸念されている。このような悪影響は、2型ヘルパーT細胞(Th2)反応と関連している可能性がある。したがって、適切な動物モデルを用いた試験と臨床試験における厳格な安全性モニタリングが重要である」[34]。

ワクチンによる中期的および長期的な潜在的な副作用が多数確認されている。これらには以下のようなものがある。1) 抗体依存性亢進(抗体によって多くの細胞型におけるウイルスの侵入と複製が亢進する) [35-36] [2) ワクチン関連ウイルス干渉(自然感染に関連した非特異的免疫を受けないため、ワクチンを接種した人は他の呼吸器ウイルスのリスクが高まる) [37-38]。3) ワクチンに関連したインプリンティングの減少(幼少期に感染を経験した子供たちに与えられる保護である「インプリンティング」の利点をワクチン接種によっても減少させる可能性がある)[39-40]。4) 免疫系に対する非特異的ワクチンの影響(過去の感染により、無関係な疾患に対する感受性が変化する可能性がある) [41-42] [5) 感染経路の免疫系への影響(免疫保護は曝露・投与経路によって影響を受ける可能性がある) [43-44] [6) 有毒刺激の組み合わせの影響(人々は生涯にわたって無数の有毒刺激にさらされるため、あらゆるワクチンの影響に影響を与える可能性がある) [25] 。これらの影響のそれぞれについて、より詳細に対処する。

A3-C2. 抗体依存性の増強

以下は、ワクチン誘発性亢進についての懸念をさらに増幅させるものである。”ワクチンによってウイルス感染に対する感受性が増強された例や、ウイルスの病原性が異常に増強された例は、異なるウイルスファミリーのメンバーによる感染について文書化されている。いくつかのメカニズムがあり、その多くはまだ十分に理解されていないが、この現象の基礎となっている。.ある種の実験的レンチウイルスワクチンは逆効果であることが証明されている。ワクチンによって誘発されたネココロナウイルス、デングウイルス、ネコ免疫不全ウイルスのような特定のウイルスへの感染に対する感受性の増強については、抗体依存性増強(ADE)が重要な役割を果たしていることが示されている。.その結果、ワクチンによって誘発された増強は、特定のフラビ、コロナウイルスの開発における主要なつまずきのブロックとなっている。

パラミクソワクチン、パラミクソワクチン、レンチウイルスワクチンなどがある。また、HIVに対するワクチンの開発における最近の失敗は、少なくとも部分的には、感染に対する感受性の増強の誘導に起因するかもしれない」[35]。

ADEのメカニズムに関する別の視点については

“多くのウイルス性病原体にとって、特定の条件下では、抗体は多くの細胞型でのウイルスの侵入と複製を強化する魅力的な手段を提供する。感染の抗体依存性増強(ADE)として知られているこの現象は、ウイルスと抗体の免疫複合体が補体やFc受容体を持つ細胞と相互作用して、ウイルスの内部化を促進し、感染を増加させるときに起こる。ウイルス性疾患の増悪と頻繁に関連しており、感染のADEはワクチン接種によるウイルス性疾患の予防に大きな障害となり、静脈内免疫グロブリンなどの新規抗ウイルス治療薬の副作用の一端を担っていると考えられている”。[36]. これらの影響は、多数の研究でさらに確認されている[45-49]。

A3-C3.ワクチンに関連したウイルスの増強

ADEに加えて、ワクチンに関連したウイルス干渉の影響(ワクチンを接種した人は、自然感染に関連した非特異的免疫を受けないため、他の呼吸器ウイルスに対するリスクが高まる可能性がある)[37]に対処する必要がある。以下の例を考えてみよう。

“我々は、ライノウイルスおよびコックスサッキー/エコーウイルス感染症のリスクの有意な増加を含む、TIV{3価不活化インフルエンザワクチン}接種者における非インフルエンザ呼吸器ウイルス感染症のリスクが統計的に有意に増加していることを確認した。.. TIVの受領は、非インフルエンザ呼吸器ウイルスに対する免疫力の低下を犠牲にしてインフルエンザ免疫力を高める可能性がある」[38]。

“2008-09年のTIVを事前に受けていたことは 2009年春夏の間に医療機関で受診したpH1N1疾患のリスク増加と関連しており、推定リスクまたはオッズ比は1.4~2.5の範囲であった」[50]。

“小児では、非インフルエンザ呼吸器病原体によるARI{急性呼吸器疾患}の危険性が、同時期にワクチンを接種していない小児と比較して、インフルエンザワクチン接種後に増加していた” [51]; [51]。[51];

“インフルエンザA型が早期にパンデミックした場合、RSV{呼吸器同期ウイルス}のパンデミックは遅れる傾向にあり、コロナウイルスのパンデミックは激化する傾向にあった。” [52]。

“非インフルエンザウイルスを具体的に調べると、ワクチン接種を受けた人のコロナウイルスとヒトメタニューモウイルスの両方のオッズは、ワクチン接種を受けていない人と比較して有意に高かった(OR = 1.36 と 1.51,それぞれ)…我々の研究における実験室のデータは、インフルエンザワクチン接種を受けた人のコロナウイルスとヒトメタニューモウイルスのオッズが増加したことを示している。.。インフルエンザワクチン接種はインフルエンザに対する保護を提供しているが、自然なインフルエンザ感染は、これらのウイルスに対する一時的な非特異的免疫を提供することで、非インフルエンザ呼吸器ウイルスのリスクを減少させる可能性がある … 一方、最近発表された研究では、ワクチンと関連したウイルス干渉の現象が記述されている;つまり、自然感染に関連した非特異的な免疫を受けていないため、ワクチン接種を受けた人は他の呼吸器ウイルスのリスクが高まる可能性がある」[37];および

“ここでは、OECD 加盟国 29 カ国のインフルエンザワクチン接種率が、最近観察された SARS-CoV-2 感染率と有意に関連していることを示している。この初期の結果は、さらなる調査に値するものであり、現在のコロナウイルス大発生時には、インフルエンザワクチン接種の背景がSARS-CoV-2感染に関連する因子である可能性を示唆している」
Association between Influenza Vaccination Rates and ...
From December 2019 to early March 2020, the local outbreak of novel corona virus disease (COVID-19) in central China’s Hubei region has grown into a worldwide p

A3-C4. ワクチンに関連した刷り込みの減少

ワクチン接種はまた、以下に示すように、幼少期に感染を経験した子供たちに与えられる保護である「刷り込み」の利点を減少させる可能性がある。

“最初の小児インフルエンザ感染によるインプリンティングは、プライミングエピトープに焦点を当てた長期的な免疫を付与することが知られている。我々の知見は、ワクチンのミスマッチがインプリンティング免疫と負の相互作用をする可能性を示唆している。ワクチンのインプリンティング制御効果(I-REV)の免疫学的メカニズムは調査の対象となる” 39];および

“我々は、現在のワクチン接種結果に対する遠隔インフルエンザ免疫インプリンティングの潜在的な影響を、次世代またはユニバーサルワクチン候補の設計において考慮すべきであることを示唆している” [40]。

A3-C5. 免疫系に対する非特異的ワクチンの影響

“感染症に対するワクチンは、免疫系が他の病原体を処理する能力に非特異的な影響を与える。例えば、無作為化試験では、結核と麻疹ワクチンは、対象疾患の予防では説明できない、小児の全死亡率の大幅な減少と関連している。新しい研究では、ワクチンの非特異的効果は、無関係な病原体との適応免疫系の交差反応性と、エピジェネティックなリプログラミングを介した自然免疫系の訓練に関連していることが示唆されている。.ジフテリア-破傷風-百日咳(DTP)ワクチンは、3つの標的疾患に対しては保護されているものの、他の感染症による女性の死亡率を増加させる。.そして、はしかワクチンの後に投与されたDTPワクチンが、高力価麻疹ワクチン試験で観察された女性の死亡率の増加の説明であることが判明した。.. 免疫系に対するワクチンの効果は、他の免疫調節因子によって調節される可能性がある。ワクチンと高用量ビタミンAの補給との間には相互作用が見られる。.そして、2つのワクチンを同時に投与すると全く異なる効果が得られるかもしれない… 我々は、我々の効果的な介入が他のワクチン、薬物、または微量栄養素と同時に投与され、異なる順序で投与された場合に何が起こるかを系統的に調べる必要がある」[41]。疫学的データは、過去の感染が個人の無関係な疾患への感受性を変化させることを示唆している … 大幅な研究努力は、免疫記憶の古典的な概念を拡大し、自然免疫の長期的な変化や抗原に依存しない適応免疫の再活性化も含んでいる。これらのプロセスを総合すると、急性感染症が長期的な変化を引き起こし、それが無関係な病気に対する免疫力にも影響を与えるという説明が可能になる。.このように警戒心が高まった状態は、無関係な感染症にも対抗する免疫系の能力を高めるだけでなく、自己免疫の感受性を高める可能性がある。同時に、感染によって引き起こされた調節コンパートメントの変化は、その後の免疫応答を弱め、病原体の持続性を促進する可能性がある。[42].

A3-C6. 感染経路の免疫系への影響

ワクチンを用いた感染症は、自然暴露とは異なる暴露経路を有しており、これが免疫系に異なる影響を与える可能性がある。典型的なワクチンは血液中に直接注射されるため、自然免疫系の多くをバイパスしているのに対し、自然に獲得した感染症は、自然免疫系による遅延と抵抗という時間のかかるプロセスを経て進化していく。さまざまな経路での曝露の効果を調べる研究が行われていた。例えば、「我々の研究では、動物モデルにおけるLAV候補{live attenuated viruses}および免疫保護マーカーの同定が、使用される感染経路によって強く影響を受けることを実証している」[43]。ワクチン接種のための非経口的な方法に依存するのではなく、代替的な方法を検討することは、改善された有効性と長期的な記憶反応をもたらすワクチン接種戦略につながる可能性がある。このような防御の改善は、ブルセラ症を全身疾患のみを引き起こす疾患ではなく、粘膜疾患として考えることによってもたらされた。粘膜からのアプローチを強化することで、特にほとんどの感染は粘膜曝露後に起こるため、感染に対する防御のために追加のリンパ球を利用することができる」[44]。

A3-C7. 有毒刺激の組み合わせによる影響

“組み合わせの場合、通常、単一のストレッサー実験から決定された量と比較して、損傷を引き起こすために必要とされる組み合わせの各成分の量は少ない。したがって、単一の毒性刺激実験に基づく曝露限界は、ストレッサーの組み合わせの限界を設定するには不十分である。[22].

A3-C8. 長期安全性の要求事項

COVID-19ワクチンの有効性の問題は、最近のレビュー[29, 34]で広範囲に列挙されているが、中長期的な安全性を確保するためには、より重視する必要がある。ワクチンは、多くの医薬品と同じ安全性要件を持っているようには見えない。例えば、安全性に関連した選択されたワクチンの挿入物からの以下の抜粋を考えてみてほしい
https://www.vaccinesafety.edu/package_inserts.htm

M-M-Rワクチン「M-M-R IIは、発がん性や突然変異原性、生殖能力を損なう可能性については評価されていない。M-M-R II を用いた動物の生殖試験は実施されていない。

-インフルエンザワクチン「FLUARIX QUADRIVALENT」は、動物における発がん性や変異原性、男性不妊の可能性について評価されていない。

-DTAP ワクチン「INFANRIX」は、発がん性、変異原性、男性不妊症の可能性は評価されていない」、HPV ワクチン「GARDASIL 9」は、発がん性、遺伝毒性、男性不妊症の可能性は評価されていない」。

ワクチンの長期安全性試験はまれである(ただし、いくつかの例については、本付録の最後にある参考文献を参照)。典型的なワクチン試験は有効性を目的としている。このような試験は数ヶ月間に及ぶ傾向があり、主な評価基準は血清中の抗体価である。

ワクチン、特に小児ワクチンは、スケジュールに従って投与され、現在では約16種のワクチンをカバーする約70回以上の投与で構成されている。これら70種以上のワクチンのスケジュールに基づく組み合わせ効果は試験されていないため、実際のワクチンとの相乗効果による副作用は不明である。

ワクチンの有害事象に関する公表データの多くは(少なくとも米国では)VAERSデータベースに由来している。VAERSは受動的なモニタリングシステムであり、他の同様のシステムと同様に、有害事象の報告が大幅に不足している[53]。ハーバード・ピルグリム・ヘルスケア社が行った画期的な研究[54]では、「ワクチンの有害事象が報告されているのは1%未満」と報告されている。つまり、ワクチンの有害事象の実数は、VAERSで報告されているものよりも1~2桁も多いのです!

この結果を得るための方法論は次のようなものであった。”ワクチンを受けているすべての患者が自動的に識別され、次の30日間、彼らのヘルスケア診断コード、実験室検査、および投薬処方が、ワクチンの有害事象を示唆する値について評価される。有害事象の可能性が検出されると、それが記録され、適切な臨床医に電子的に通知される。”

このように、これらの有害事象は一回限りの短期的な有害事象(ワクチン接種後30日以内)である。これらの有害事象は、30日よりも長い期間に行われたワクチン接種の組み合わせの結果を反映しておらず、また、いかなるタイプのワクチン接種であっても、中長期的な結果を反映していない[54]。

ワクチン有害事象の1%未満が報告されている場合、このサンプルは実際に経験した有害事象の総数をどの程度反映しているのであろうか?これは、統計的に妥当な結果を得るために必要とされるような、無作為に選択されたサンプルではない。このように、VAERSのデータに基づく短期的な有害事象の分析でさえ、重大な欠陥がある。また、短期的な有害事象の1%未満が報告されたとして、長期的な有害事象(有害事象とワクチン接種との関連性が時間の経過とともに曖昧になっていく)のうち、どの程度の割合が報告されるのであろうか?VAERSのような受動的なモニタリングシステムでは、長期的な有害事象の報告はごくわずかであると結論づけるしかない。

A3-C9. 信頼できるCOVID-19ワクチン安全性試験に必要な時間

上記の結果が示すように、ワクチンは免疫系への長期的な影響(陽性と陰性)と、他の疾患への短期的な影響と長期的な影響があり得る。ワクチンの効果は、感染経路、予防接種の既往歴、および上記のBennらが述べているように、”他のワクチン、薬剤、または微量栄養素との投与、および異なる順序での投与 “によって異なることがある。[41]. 長期的な安全性を実証するために必要な時間を短縮するために、実験室での実験は通常、寿命が比較的短い動物を用いて行われており、無数の毒性刺激に対する反応は人間のそれに似ている。

これらの動物実験とヒトモデルとの大きな違いの一つは、ヒトモデルが有毒刺激の海の中で生きているのに対し、実験室実験は通常、単一の有毒刺激剤の投与で行われるか、あるいは2つの有毒刺激剤の投与で行われるということである。

有毒刺激への複合暴露が有害作用を示したのに対し、単離(同じ用量で)で同じ刺激への暴露は有害作用を示さなかったという生物医学的文献に多くの例がある[25, 55]。このように、これらの実験室での実験は、関連する免疫調節剤の組み合わせの範囲で行われない限り、安全性評価の目的では信頼性がないだろう。このような実験には膨大な資金と時間のリソースが必要となる。

もう一つの選択肢は、ヒトを用いて安全性試験を実施することである。長期的な安全性試験の場合、信頼できる結果を得るためには数十年かかる可能性がある。このように、COVID-19ワクチンの信頼性の高い安全性試験に必要な時間と、今日のメディアの意思決定者によって提唱されている1年以内のワクチンの商業化との間には大きな隔たりがあるのである。

A3-D. ワクチン参考文献-短期および長期のワクチンの影響

以下は、短期および長期のワクチンの悪影響を示す可能性のある記録の短い抜粋。

  • Agmon-Levin N, Zafrir Y, Paz Z, Shilton T, Zandman-Goddard G, Shoenfeld Y. Ten cases of systemic lupus erythematosus related to hepatitis B vaccine. Lupus. 2009;18(13):1192-7.
  • Classen JB, Classen DC. Public should be told that vaccines may have long term adverse effects. British Medical Journal. 1999;318(7177):193-.
  • Geier DA, Geier MR. Rubella vaccine and arthritic adverse reactions: An analysis of the Vaccine Adverse Events Reporting System (VAERS) database from 1991 through 1998. Clinical and Experimental Rheumatology. 2001;19(6):724-6.
  • Gunes AT, Fetil E, Akarsu S, Ozbagcivan O, Babayeva L. Possible Triggering Effect of Influenza Vaccination on Psoriasis. Journal of Immunology Research. 2015.
  • Orbach H, Agmon-Levin N, Zandman-Goddard G. Vaccines and Autoimmune Diseases of the Adult.Discovery Medicine. 2010;9(45):90-7.
  • Geier DA, Geier MR. Anthrax vaccination and joint related adverse reactions in light of biological warfare scenarios. Clinical and Experimental Rheumatology. 2002;20(2):217-20.
  • Bragazzi NL, Watad A, Amital H, Shoenfeld Y. Debate on vaccines and autoimmunity: Do not attack the author, yet discuss it methodologically. Vaccine. 2017;35(42):5522-6.
  • Classen JB. The timing of immunization affects the development of diabetes in rodents. Autoimmunity.
  • 1996;24(3):137-45.
  • Geier DA, Geier MR. Hepatitis B vaccination and adult associated gastrointestinal reactions: A follow-up analysis. Hepato-Gastroenterology. 2002;49(48):1571-5.
  • Huisman W, Martina BEE, Rimmelzwaan GF, Gruters RA, Osterhaus ADME. Vaccine-induced enhancement of viral infections. Vaccine. 2009;27(4):505-12.
  • Jakimovski D, Weinstock-Guttman B, Ramanathan M, Dwyer MG, Zivadinov R. Infections, Vaccines and Autoimmunity: A Multiple Sclerosis Perspective. Vaccines. 2020;8(1).
  • Geier DA, Geier MR. Hepatitis B vaccination and arthritic adverse reactions: A followup analysis of the vaccine adverse events reporting system (VAERS) database. Clinical and Experimental Rheumatology. 2002;20(1):119-.
  • Shaw CA, Li Y, Tomljenovic L. Administration of aluminium to neonatal mice in vaccine-relevant amounts is associated with adverse long term neurological outcomes. Journal of Inorganic Biochemistry. 2013;128:237-44.
  • Geier DA, Geier MR. A case-control study of serious autoimmune adverse events following hepatitis B immunization. Autoimmunity. 2005;38(4):295-301.
  • Geier DA, Geier MR. An analysis of the reactivity of vaccines administered in Texas from 1991 through 1999. Texas medicine. 2002;98(7):50-4.
  • Shoenfeld Y, Aron-Maor A. Vaccination and autoimmunity – ‘Vaccinosis’: A dangerous liasion? Journal of Autoimmunity. 2000;14(1):1-10.
  • Wang B, Shao X, Wang D, Xu D, Zhang J-a. Vaccinations and risk of systemic lupus erythematosus and rheumatoid arthritis: A systematic review and meta-analysis. Autoimmunity Reviews. 2017;16(7):756-65.
  • Agmon-Levin N, Zafrir Y, Paz Z, Shilton T, Zandman-Goddard G, Shoenfeld Y. Ten cases of systemic lupus erythematosus related to hepatitis B vaccine. Lupus. 2009;18(13):1192-7.
  • Agmon-Levin N, Arango M-T, Kivity S, Katzav A, Gilburd B, Blank M, et al. Immunization with hepatitis B vaccine accelerates SLE-like disease in a murine model. Journal of Autoimmunity. 2014;54:21-32.
  • Agmon-Levin N, Paz Z, Israeli E, Shoenfeld Y. Vaccines and autoimmunity. Nature Reviews Rheumatology. 2009;5(11):648-52.
  • Ajithkumar K, Anand U, Pulimood S, Chandi SM, George S, Jacob CK, et al. Vaccine-induced necrobiotic granuloma. Clinical and Experimental Dermatology. 1998;23(5):222-4.
  • Bassi N, Luisetto R, Del Prete D, Ghirardello A, Ceol M, Rizzo S, et al. Induction of the ‘ASIA’ syndrome in NZB/NZWF1 mice after injection of complete Freund’s adjuvant (CFA). Lupus. 2012;21(2):203-9.
  • Batista-Duharte A. Vaccines and autoimmunity: a strange association under debate. Revista peruana de medicina experimental y salud publica. 2012;29(2):265-71.
  • Batista-Duharte A, Portuondo D, Perez O, Carlos IZ. Systemic immunotoxicity reactions induced by adjuvanted vaccines. International Immunopharmacology. 2014;20(1):170-80.
  • Blitshteyn S, Brinth L, Hendrickson JE, Martinez-Lavin M. Autonomic dysfunction and HPV immunization:an overview. Immunologic Research. 2018;66(6):744-54.
  • Bot A. The Landmark Approval of Provenge (R), What It Means to Immunology and “In This Issue”: The Complex Relation Between Vaccines and Autoimmunity. International Reviews of Immunology. 2010;29(3):235-8.
  • Classen JB, Classen DC. Vaccines and the risk of insulin-dependent diabetes (IDDM): potential mechanism of action. Medical Hypotheses. 2001;57(5):532-8.
  • Cohen AD, Shoenfeld Y. Vaccine-induced autoimmunity. Journal of Autoimmunity. 1996;9(6):699-703.
  • Cohen C, Houdeau A, Khromava A. Comment on “Central Demyelinating Diseases After Vaccination Against Hepatitis B Virus: A Disproportionality Analysis Within the VAERS Database”. Drug Safety. 2018;41(12):1425-7.
  • de Martino M, Chiappini E, Galli L. VACCINES AND AUTOIMMUNITY. International Journal of Immunopathology and Pharmacology. 2013;26(2):283-90.
  • DeLong G. A Positive Association found between Autism Prevalence and Childhood Vaccination uptake across the US Population. Journal of Toxicology and Environmental Health-Part a-Current Issues. 2011;74(14):903-16.
  • Dorea JG. Low-dose Thimerosal (ethyl-mercury) is still used in infants’ vaccines: Should we be concerned with this form of exposure? Journal of Trace Elements in Medicine and Biology. 2018;49:134-9.
  • Esteghamati A, Keshtkar A, Heshmat R, Gouya MM, Amoli MS, Armin S, et al. Adverse Reactions Following Immunization with MMR Vaccine in Children at Selected Provinces of Iran. Archives of Iranian Medicine. 2011;14(2):91-5.
  • Fernandez-Canga P, Lamoca-Martin M, Prada-Garcia C. ASIA (Autoimmune/Inflammatory Syndrome Induced by Adjuvants): A new case? Revista Clinica Espanola. 2020;220(1):73-4.
  • Fraunfelder FW, Suhler EB, Fraunfelder FT. Hepatitis B vaccine and uveitis: an emerging hypothesis suggested by review of 32 case reports. Cutaneous and Ocular Toxicology. 2010;29(1):26-9.
  • Gallagher C, Goodman M. Hepatitis B triple series vaccine and developmental disability in US children aged 1-9 years. Toxicological and Environmental Chemistry. 2008;90(5):997-1008.
  • Geier DA, Geier MR. Chronic adverse reactions associated with hepatitis B vaccination. Annals of Pharmacotherapy. 2002;36(12):1970-1.
  • Geier DA, Geier MR. A case-control study of serious autoimmune adverse events following hepatitis B immunization. Autoimmunity. 2005;38(4):295-301.
  • Geier DA, Hooker BS, Kern JK, King PG, Sykes LK, Geier MR. A Dose-Response Relationship between Organic Mercury Exposure from Thimerosal-Containing Vaccines and Neurodevelopmental Disorders. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2014;11(9):9156-70.
  • Girard M. Autoimmune hazards of hepatitis B vaccine. Autoimmunity Reviews. 2005;4(2):96-100.
  • Griffin M, Makris M. Vaccination induced neutropenia. International Journal of Laboratory Hematology.
  • 2013;35(5):E33-E.
  • Gunes AT, Fetil E, Akarsu S, Ozbagcivan O, Babayeva L. Possible Triggering Effect of Influenza Vaccination on Psoriasis. Journal of Immunology Research. 2015.
  • Geier DA, Kern JK, Geier MR. Increased risk for an atypical autism diagnosis following Thimerosal-containing vaccine exposure in the United States: A prospective longitudinal case-control study in the Vaccine Safety Datalink. Journal of Trace Elements in Medicine and Biology. 2017;42:18-24.
  • Hallbook T, Azakacs A, Bialek F, Feltelius N, Landtblom A-M, Malmgren K. Narcolepsy–rare disease that has received increased attention. Pandemrix vaccination caused a higher incidence among children and adolescents. Lakartidningen. 2014;111(41):1770-3.
  • Hernan MA, Jick SS. Recombinant hepatitis B vaccine and the risk of multiple sclerosis: A prospective study – Reply. Neurology. 2005;64(7):1318-.
  • Hernan MA, Jick SS, Olek MJ, Jick H. Recombinant hepatitis B vaccine and the risk of multiple sclerosis – A prospective study. Neurology. 2004;63(5):838-42.
  • Hogenesch H, Azcona-Olivera J, Scott-Moncrieff C, Snyder PW, Glickman LT. Vaccine-induced autoimmunity in the dog. Schultz RD, editor1999. 733-47 p.
  • Hooker B, Kern J, Geier D, Haley B, Sykes L, King P, et al. Methodological Issues and Evidence of Malfeasance in Research Purporting to Show Thimerosal in Vaccines Is Safe. Biomed Research International. 2014.
  • Hornos Carneiro MF, Morais C, Barbosa F, Jr., Gobe GC. Thimerosal in childhood vaccines contributes to accumulating mercury toxicity in the kidney. Toxicological and Environmental Chemistry. 2013;95(8):1424-47.
  • Lane C, Leitch J, Tan XH, Hadjati J, Bramson JL, Wan YH. Vaccination-induced autoimmune vitiligo is a consequence of secondary trauma to the skin. Cancer Research. 2004;64(4):1509-14.
  • Leroy Z, Broder K, Menschik D, Shimabukuro T, Martin D. Febrile seizures after 2010-2011 influenza vaccine in young children, United States: A vaccine safety signal from the vaccine adverse event reporting system. Vaccine. 2012;30(11):2020-3.
  • Lopalco PL. Vaccines and autoimmunity: real association or false myth? European Journal of Clinical Investigation. 2017;47:71-.
  • Lyons-Weiler J, Ricketson R. Reconsideration of the immunotherapeutic pediatric safe dose levels of aluminum. Journal of Trace Elements in Medicine and Biology. 2018;48:67-73.
  • MacIntyre CR, Kelly H, Jolley D, Butzkueven H, Salmon D, Halsey N, et al. Recombinant hepatitis B vaccine and the risk of multiple sclerosis: A prospective study. Neurology. 2005;64(7):1317-.
  • Maeda K, Idehara R. Acute Disseminated Encephalomyelitis Following 2009 H1N1 Influenza Vaccination.
  • Internal Medicine. 2012;51(14):1931-3.
  • Maubec E, Pinquier L, Viguier M, Caux F, Amsler E, Aractingi S, et al. Vaccination-induced cutaneous pseudolymphoma. Journal of the American Academy of Dermatology. 2005;52(4):623-9.
  • Moise L, Beseme S, Tassone R, Liu R, Kibria F, Terry F, et al. T cell epitope redundancy: cross-conservation of the TCR face between pathogens and self and its implications for vaccines and autoimmunity. Expert Review of Vaccines. 2016;15(5):607-17.
  • Mouchet J, Begaud B. Authors’ Reply to Cohen et al.’s Comment on “Central Demyelinating Diseases after Vaccination Against Hepatitis B Virus: A Disproportionality Analysis within the VAERS Database”. Drug Safety. 2018;41(12):1429-30.
  • Mouchet J, Begaud B. Central Demyelinating Diseases after Vaccination Against Hepatitis B Virus: A Disproportionality Analysis within the VAERS Database. Drug Safety. 2018;41(8):767-74.
  • Olczak M, Duszczyk M, Mierzejewski P, Meyza K, Majewska MD. Persistent behavioral impairments and alterations of brain dopamine system after early postnatal administration of thimerosal in rats. Behavioural Brain Research. 2011;223(1):107-18.
  • Payne DC, Rose CE, Jr., Kerrison J, Aranas A, Duderstadt S, McNeil MM. Adverse reactions to anthrax vaccine (eg, optic neuritis) may be more complex or delayed than reported initially by Payne et al (2006) – In reply. Archives of Neurology. 2007;64(3):458-.
  • Perricone C, Alessandri C, Valesini G. ‘ASIA’ – Autoimmune/inflammatory syndrome induced by adjuvants: even and odd. Reumatismo. 2011;63(2):63-6.
  • Perricone C, Ceccarelli F, Nesher G, Borella E, Odeh Q, Conti F, et al. Immune thrombocytopenic purpura (ITP) associated with vaccinations: a review of reported cases. Immunologic Research. 2014;60(2-3):226-35.
  • Prestel J, Volkers P, Mentzer D, Lehmann HC, Hartung H-P, Keller-Stanislawski B, et al. Risk of Guillain-Barre syndrome following pandemic influenza A (H1N1) 2009 vaccination in Germany. Pharmacoepidemiology and Drug Safety. 2014;23(11):1192-204.
  • Ravel G, Christ M, Horand F, Descotes J. Autoimmunity, environmental exposure and vaccination: is there a link? Toxicology. 2004;196(3):211-6.
  • Ruiz JT, Lujan L, Blank M, Shoenfeld Y. Adjuvants- and vaccines-induced autoimmunity: animal models.
  • Immunologic Research. 2017;65(1):55-65.
  • Sarkanen T, Alakuijala A, Julkunen I, Partinen M. Narcolepsy Associated with Pandemrix Vaccine. Current Neurology and Neuroscience Reports. 2018;18(7).
  • Sato N, Watanabe K, Ohta K, Tanaka H. Acute Transverse Myelitis and Acute Motor Axonal Neuropathy Developed after Vaccinations against Seasonal and 2009 A/H1N1 Influenza. Internal Medicine. 2011;50(5):503-7.
  • Schumm WR. Adverse reactions to anthrax vaccine (eg, optic neuritis) may be more complex or delayed than reported initially by Payne et al (2006). Archives of Neurology. 2007;64(3):457-8.
  • Segal Y, Shoenfeld Y. Vaccine-induced autoimmunity: the role of molecular mimicry and immune crossreaction. Cellular & Molecular Immunology. 2018;15(6):586-94.
  • Shoenfeld Y. Infections, vaccines and autoimmunity. Lupus. 2009;18(13):1127-8.
  • Shoenfeld Y, Agmon-Levin N. ‘ASIA’ – Autoimmune/inflammatory syndrome induced by adjuvants.
  • Journal of Autoimmunity. 2011;36(1):4-8.
  • Singh VK, Lin SX, Newell E, Nelson C. Abnormal measles-mumps-rubella antibodies and CNS autoimmunity in children with autism. Journal of Biomedical Science. 2002;9(4):359-64.
  • Singh VK, Lin SX, Yang VC. Serological association of measles virus and human herpesvirus-6 with brain autoantibodies in autism. Clinical Immunology and Immunopathology. 1998;89(1):105-8.
  • Soriano A. The Paradigm of ASIA (Autoimmune/Inflammatory Syndrome Induced by Adjuvants): A Concept in Evolution. Israel Medical Association Journal. 2014;16(2):113-4.
  • Tishler M, Shoenfeld Y. Vaccines and Autoimmunity. Rose NR, Mackay IR, editors2006. 309-16 p.
  • Tomljenovic L, Shaw CA. Mechanisms of aluminum adjuvant toxicity and autoimmunity in pediatric populations. Lupus. 2012;21(2):223-30.
  • Umeda Y, Morikawa M, Anzai M, Sumida Y, Kadowaki M, Ameshima S, et al. Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis after Pandemic Influenza A (H1N1) Vaccination. Internal Medicine. 2010;49(21):2333-6.
  • Vadala M, Poddighe D, Laurino C, Palmieri B. Vaccination and autoimmune diseases: is prevention of adverse health effects on the horizon? Epma Journal. 2017;8(3):295-311.
  • Veerappan GR, Mulhall BP, Holtzmuller KC. Vaccination-induced autoimmune hepatitis. Digestive Diseases and Sciences. 2005;50(1):212-3.
  • Vera-Lastra O, Medina G, Del Pilar Cruz-Dominguez M, Jara LJ, Shoenfeld Y. Autoimmune/inflammatory syndrome induced by adjuvants (Shoenfeld’s syndrome): clinical and immunological spectrum. Expert Review of Clinical Immunology. 2013;9(4):361-73.
  • Vial T, Descotes J. Autoimmune diseases and vaccinations. European Journal of Dermatology.2004;14(2):86-90.
  • Vlachopoulos C, Xaplanteris P, Sambatakou H, Mariolis E, Bratsas A, Christoforatou E, et al. Acute systemic inflammation induced by influenza A (H1N1) vaccination causes a deterioration in endothelial function in HIV-infected patients. Hiv Medicine. 2011;12(10):594-601.
  • Wahlberg J, Fredriksson J, Vaarala O, Ludvigsson J, Grp AS. Vaccinations may induce diabetes-related autoantibodies in one-year-old children. In: Sanjeevi CB, Eisenbarth GS, editors. Immunology of Diabetes Ii: Pathogenesis from Mouse to Man. Annals of the New York Academy of Sciences. 10052003. p. 404-8.
  • Wang B, Shao X, Wang D, Xu D, Zhang J-a. Vaccinations and risk of systemic lupus erythematosus and rheumatoid arthritis: A systematic review and meta-analysis. Autoimmunity Reviews. 2017;16(7):756-65.
  • Young HA, Geier DA, Geier MR. Thimerosal exposure in infants and neurodevelopmental disorders: An assessment of computerized medical records in the Vaccine Safety Datalink. Journal of the Neurological Sciences. 2008;271(1-2):110-8.

 

付録4 – 免疫系を弱めたり強めたりする要因、参考文献

A4-A. 免疫系の弱体化の要因

本節では、検索されたデータベースの解析結果をもとに、免疫系の弱体化に寄与する因子の全リストを提示する。第2章で示したクエリを用いて約10,800件のレコード(および解析の過程で判明したその他のレコード)を検索し、そのうち約7,000件のレコードを解析し、約4,700件(7,000件のうち)のレコードから免疫系の弱体化に寄与する因子を特定した。これらの約4,700件の記録の中から、免疫系の弱体化に寄与する因子を集計し、2,200件強の寄与因子を下表のように入力した。すべての冗長性が解消されたわけではないが、30%程度の冗長性があったとしても、約1,500件の免疫系弱体化の要因が特定されたことになる。

これは非常に保守的な推定値である。第2章のクエリは、検索された論文から免疫系弱体化因子を特定するための労力のかかるアプローチを考慮して、免疫系弱体化因子に最も関連性の高い論文を検索するように書かれている。精度が低いとはいえ、より広範囲な検索を行えば、数万件の論文を検索することができ、より多くの寄与因子を得ることができたであろう。

しかし、1,500件というのはかなりの数であり、我々がこれまでに見てきたどの記事よりもはるかに多く、おそらくすべての主要な要因をカバーしているだろう。個人や政府の規制当局が免疫系の健康を守るために取ることができる対策は、すでに特定されている1500のうちのごく一部にしか対応できないであろう。

表A4-1からA4-5には、5つのカテゴリーに分類された約2,200の要因が含まれている。生活習慣」、「逸脱性」、「バイオトキシン/バイオマテリアル」、「職業/環境」、「心理社会/社会経済」の5つのカテゴリーに分類されている。これは、私たちが過去数年間使用してきた分類法です[16]。他にも多くの分類が可能であり、さらなる洞察を提供してくれるかもしれない。

表 A4-1. 免疫系の脆弱化に寄与する要因 (ライフスタイル)

  • 高度な糖化最終製品
  • 年齢
  • アルコール乱用
  • アニリン-異性化された菜種油
  • アルジェモンオイル
  • バイオマススモーク暴露
  • シーザリアン分娩
  • カンナビノイド
  • チーズ
  • 慢性的な睡眠制限
  • たばこの煙
  • シナモンアルデヒド
  • コカイン
  • 牛乳インシュリン
  • クラック(コカイン)
  • 食餌性ビオチン欠乏症
  • 食事の過剰脂質
  • 食事性脂肪酸の摂取量
  • 食事性鉄欠乏症
  • 食事の鉄分過剰
  • 食事性低脂質
  • 食事性ナイアシン欠乏症
  • 食事性酸化脂質
  • 食事性リン欠乏症
  • 食事のたんぱく質制限
  • 食事性ピリドキシン欠乏症
  • 食事性チアミン欠乏症
  • 食餌性バリン欠乏症
  • 食事性亜鉛欠乏症
  • ダイエット肥満
  • 薬物乱用
  • 初期の抗生物質の使用
  • 早期生活ダイエット
  • 離乳食初期のストレス
  • 電子タバコ
  • エクスタシー
  • エタノール消費量
  • エタノール中毒
  • 過剰な食事性コレステロール
  • 過剰なセ
  • 拡張コンタクトレンズ装着
  • ファーストフードバーガー
  • 脂肪酸アニリド
  • 胎児のアルコール曝露
  • 魚のエキス
  • 魚油のサプリメント
  • フレーバー付き電子タバコリキッド
  • 葉酸欠乏症
  • 授乳
  • ゲニステイン
  • のり付け溶剤
  • グルテン
  • 重い競争
  • ヘビートレーニング
  • 高脂肪ダイエット
  • 高グルコース暴露
  • 高N – 6脂肪酸-トランス脂肪
  • ハイコレステロールダイエット
  • 高脂肪食
  • 衛生仮説
  • アイスクリーム
  • 亜硝酸イソブチル
  • イソフラボン
  • リノール酸
  • リノレン酸
  • 低食生活N – 3脂肪酸
  • 低出生前~新生児期の動物性細菌
  • エクスポージャー
  • トウモロコシのプロラミン
  • 栄養不良
  • 早期生活における母性分離
  • 母体の喫煙
  • 母性栄養失調症
  • 薬の使用
  • 覚せい剤
  • メチレンジオキシメタンフェタミン
  • 初期環境における微生物枯渇
  • 豚ひき肉
  • 七面鳥のミンチ
  • 携帯電話
  • モルヒネ依存症
  • N-プロピルガレート
  • 肥満の妊娠
  • オピオイド
  • パラセタモール
  • ピーナッツ
  • ペパーミントオイル
  • フェンシクリジン
  • フロレチン含有果物
  • 出生前の栄養素のエネルギーオーバーロード
  • 出生前の栄養不足
  • タンパク質の栄養失調
  • たんぱく質不足のダイエット
  • レクリエーションドラッグ
  • 直腸授精
  • 赤肉の消費量
  • 新生児微生物環境の低下
  • 座りっぱなし
  • セレン欠乏症
  • スナッフ
  • 亜硝酸ナトリウム
  • 合成食品添加物 酸化防止剤
  • テトラヒドロカンナビノール
  • タバコの喫煙
  • 交通公害
  • ビタミンA欠乏症
  • ビタミンB12欠乏症
  • ビタミンB-6欠乏症
  • ビタミンC欠乏症
  • ビタミンD欠乏症
  • 洋式ダイエット
  • 小麦グルテン
  • ヨーグルト
  • 亜鉛欠乏症

表A4-2. 免疫系の脆弱化に寄与する要因 医原性

  • ([2-Fluoro-2′,5′-Dimethyl-4′-[6-(3-Methyl-2-
    Butenyloxy) Pyridin-3-yl] Biphenyl-4-yI]-(3-Methyl-2-
    Butenyl) Amine)
  • (S)-1-(3-Hydroxy-2-Phosphonylmethoxy Propyl) Cytosine
  • 145-2C11
  • 17α-エチニルエストラジオール
  • 17β-エストラジオール
  • 18β-グリチルレチン酸
  • 1-クロロ-2,4-ジニトロベンゼン
  • 2,2′-ジクロロジエチルスルフィド
  • 2,4-ジクロロフェノキシ酪酸
  • 2-[ビス(2-クロロエチル)アミノ]テトラヒドロ-2H1,3,2-オキサゾホスホリン2-オキシド
  • 2’3′-ジデオキシイノシン
  • 2-Amino-2-(2-[4-Octylphenyl]Ethyl)-1,3-
  • 塩酸プロパンジオール
  • 2-アリールカルバペネム
  • 2′-デオキシコホルマイシン
  • 3,3′-ジインドリルメタン
  • 3-アジド-2′,3′-ジデオキシチミジン
  • 3-メチル-2-キノキサリンベンゼンビニルケト-1,4二酸化物
  • 4aza1378
  • 5 α-ジヒドロテストステロン
  • 5-アザシチジン
  • 5′-デオキシ-5-フルオロウリジン
  • 5フィートの毛皮
  • 5’Dfurd
  • 5-フルオロウラシル
  • 6-フルオロ-8-ニトロ-4-オキソ-1,4-ジヒドロキノリン3-カルボキシレート
  • 9-(N-メチル-L-イソロイシン)-シクロスポリンA
  • アバカビル
  • アバタセプト
  • アブシキシマブ
  • アベタ予防接種
  • アベティマス
  • アセトアミノフェン
  • アセチルサリチル酸塩
  • アセチルサリチル酸
  • アクテオシド
  • アクチノマイシンD
  • 非環状レチノイド
  • アシクロビル
  • アダリムマブ
  • Adenosine 5′-Monophosphate (AMP) Quantum
    Dots (QDs) (AMP-QD)
  • アジュバントワクチン
  • アジュバント
  • アドリアマイシン
  • ADTPワクチン
  • アドバグラフ
  • アフェリモマブ
  • アルデスロイキン
  • アルドステロン
  • アレファセット
  • アレムツズマブ
  • アレンドロネート
  • アラファテシンぞく
  • アルキル化化学療法
  • 同種骨髄移植
  • 同種造血幹細胞移植
  • アロプリノール
  • アロキサン
  • アロブジン
  • アルファエチニルエストラジオール
  • アルファメチルドパ
  • アルファモモルチャリン
  • アルトレタミン
  • アンビソーム
  • アミオダロン
  • アムロジピン
  • アモキシシリン
  • アンフェニコルもく
  • アンホテリシン
  • アムプレナビル
  • アムサクリン
  • 蛋白同化アンドロゲンステロイド
  • アナキンラ
  • 麻酔
  • 抗生物質
  • アンチカルシニューリン
  • 抗CD20
  • 抗CD3モノクローナル抗体
  • 抗けいれん剤
  • 抗CTLA-4抗体
  • 抗D免疫グロブリン
  • 抗D(β)H-サポリン
  • 抗リンパ球グロブリン
  • アンチプログラムされた死 1
  • 抗レトロウイルス剤
  • 抗リンパ球グロブリン
  • 抗甲状腺グロブリン治療
  • 抗結核薬
  • 抗ウイルス治療
  • 抗ウイルスワクチン
  • アピシジン
  • アプレミラスト
  • アークチゲニン
  • アリピプラゾール
  • アルテミシニン
  • アスピリン
  • アットギャム
  • ATG-フレゼニウスS
  • アトロピン
  • AZA
  • アザシチジン
  • アザチオプリン
  • アジドチミジン
  • アジスロマイシン
  • バシルカルメットグリンワクチン
  • 肥満手術
  • バジリキシマブ
  • ベゲロマブ
  • ベラタセプト
  • ベリムマブ
  • ベリノスタット
  • ベンダムスチン
  • ベンゾカイン
  • ベルベリン
  • β-ジケトン系抗生物質
  • β-ラクタム系抗生物質
  • ベタラクタムス属
  • ベタメタゾン
  • ベバシズマブ
  • ベキサロテン
  • ベザフィブラート
  • バイオピン
  • ビスホスホン酸塩
  • ブレオマイシン
  • ブリナツモマブ
  • 輸血
  • 骨髄移植
  • ボルテゾミブ
  • ボスチニブ
  • BR96 sFv-PE40
  • 乳房インプラント
  • ブレンツキシマブ ベドチン
  • ブリアキヌマブ
  • 斑点斑
  • ブシラミン
  • ブデソニド
  • ブプレノルフィン
  • ブスルファン
  • ブタルビタール
  • カバジタキセル
  • カルシニューリン阻害剤
  • フォリン酸カルシウム
  • ヒドロキシラパタイトカルシウム
  • カナキヌマブ
  • カペシタビン
  • カルバマゼピン
  • カルベンダジム
  • カルボプラチン
  • カルボキシホスファミド
  • 心臓外科
  • 心肺バイパス
  • カーフィルゾミブ
  • カーモフール
  • カームスチン
  • カスタノスペルミン
  • カテコラミン
  • 仙骨結紮と穿刺
  • セフォテタン
  • セフタジジム
  • セフトリアキソン
  • セフロキシム
  • セレコキシブ
  • セファロスポリン
  • セルトリズマブ ペゴール
  • Cervus Korean TEMMINCK Var. Mantchuricus
    Swinhoe
  • 化学放射線治療
  • 化学療法
  • 化学療法
  • 漢方薬注射
  • クロラムブシル
  • クロラムフェニコール
  • クロルデコンもく
  • クロルヘキシジン
  • クロロキン
  • クロルプロマジン
  • コリノトロピック製剤
  • シドフォビル
  • シメチジン
  • シプロフロキサシン
  • シスプラチン
  • シス白金
  • シタロプラム
  • クラドリビン
  • クラウラン酸
  • クレマスチン
  • クロファラビン
  • クロメタシン
  • クロナゼパム
  • クロザピン
  • コルヒチン
  • 抗レトロウイルス剤併用療法
  • 完全フロイントアジュバント
  • 先天性心疾患の手術
  • 臍帯血移植
  • 里芋の木 Coriandrum Sativum
  • コルチコイド
  • コルチコステロイド
  • コルチコステロン
  • コルチコトロピン
  • コルチゾールインプラント
  • 酢酸コルチゾン
  • コトリモキサゾール
  • 頭蓋放射線治療
  • クレモフォ-エル
  • CsA
  • CT20126
  • カプラビット
  • キュプリゾン
  • シクロホスファミド
  • シクロホスファミド
  • シクロスポリン
  • シクロスポリン
  • シクロスポリンG
  • サイタラビン
  • サイトカイン遺伝子治療
  • 静電気治療薬
  • 細胞障害性薬物療法
  • サイトキサン
  • ダカルバジン
  • ダクリズマブ
  • ダクチノマイシン
  • ダプトマイシン
  • ダサチニブ
  • ダウノルビシン
  • ダウノクソーム
  • Death-Ligand 1 Antibodies
  • デシタビン
  • デフラザコート
  • デルタ(9)-テトラヒドロカンナビノール
  • デオキシスペルガーリン
  • γ-アミノ酪酸の誘導体
  • デキサメタゾン
  • デキサゾキサン
  • DHPG
  • ジアゼパム
  • ジクロフェナク
  • ジダノシン
  • ジエチルスチルベストロール
  • ジゴキシン
  • ジヒドラジン
  • ディランチン
  • フマル酸ジメチル
  • ジヌツキシマブ
  • ジフェニルヒダントイン
  • ジフテリア破傷風・ポリ骨髄炎ワクチン
  • ドセタキセル
  • ドロートグラビル
  • ダウ2 Dow2
  • ドキシフリジン
  • ドキシル
  • ドキソルビシン
  • D-ペニシラミン
  • ドロスピレノン
  • ドラッグG1
  • エクリズマブ
  • エファリズマブ
  • エファビレンツ
  • Enemas
  • エンフバルチド
  • エピルビシン
  • エクイーン抗リンパ球グロブリン
  • エリブリン
  • エリスロマイシン
  • エストラジオール
  • エストラムスチン
  • エタネルセプト
  • ETC-216
  • エチニルエストラジオール
  • 4-イソチオシアナトブタン酸エチル
  • エトポシド
  • エベロリムス属
  • フェノフィブラート
  • フェノフィリン酸
  • フェラヘム
  • フィブラート
  • フィンゴリモッド
  • エフケー506
  • エフケーファイブ
  • フラビウイルスの予防接種
  • フロルフェニコール
  • フロキシリジン
  • フルアズロン
  • フルクロキサシリン
  • フルコナゾール
  • フルサイトシン
  • フルダラビン
  • フルドロコルチゾン
  • フルオシノロンアセトニド
  • フルオロキノロン類
  • フルオロウラシル
  • フルオキセチン
  • フォスカルネット
  • エフティー720
  • フシジン酸
  • ガドブトロール
  • 硝酸ガリウム
  • ガンシクロビル
  • 胃切除術
  • ジェムシタビン
  • ゲムフィブロジル
  • ゲムツズマブ オゾガマイシン
  • ゲンタマイシン
  • グラティラマー
  • グリメピリド
  • グライベック
  • グルココルチコイド
  • GM-CSFワクチン
  • ゴリムマブ
  • ゴセリンアセテート
  • 顆粒球コロニー刺激因子
  • グスペリヌス属
  • ハアート
  • ハロペリドール
  • ハロセン
  • hCG関連オリゴペプチド
  • HDAC阻害剤
  • 造血幹細胞移植
  • 血液透析
  • ヘパリン
  • 肝切除術
  • B型肝炎免疫グロブリン
  • B型肝炎ワクチン
  • Hgd40
  • 高活性抗レトロウイルス療法
  • ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤
  • ヒト免疫不全ウイルスプロテアーゼ
  • 阻害剤
  • ヒトパピローマウイルスワクチン
  • ヒダントイン
  • ヒドラジン
  • ヒドロクロロチアジド
  • ヒドロコルチゾン
  • ヒドロキシクロロキン
  • ヒドロキシエチルデンプン
  • ヒドロキシルアミン
  • ヒドロキシ尿素
  • ハイペリシン
  • イブリツモマブ チウキセタン
  • イブルチニブ
  • イブプロフェン
  • イコチニブ
  • ID35
  • イダルビシン
  • イデラリシブ
  • アイエフエヌアルファ
  • アイエフエヌベータ
  • イホスファミド
  • イグ免疫複合体
  • IKブロッカー
  • IL-15 スーパーアゴニスト
  • イマチニブ
  • イミキモド
  • 免疫チェックポイント阻害剤
  • 免疫グロブリンG免疫複合体
  • 免疫グロブリン
  • 免疫調節性モノクローナル抗体
  • 免疫賦活オリゴデオキシヌクレオチド
  • 免疫抑制剤
  • 免疫抑制性酸蛋白質
  • 免疫抑制剤
  • 免疫抑制剤
  • 免疫抑制導入療法
  • インジナビル
  • インドメタシン
  • インフリキシマブ
  • インフルエンザ予防接種
  • インフルエンザワクチン
  • インテフェロンアルファ/ベータ
  • インターフェロン アルファコン-1
  • インターフェロンアルファN3
  • インターフェロンアルファ
  • インターフェロンα療法
  • インターフェロンベータ1a
  • インターフェロン1型
  • インターフェロンアルファ
  • インターロイキン2受容体抗体
  • ガンマグロブリン静注
  • 静脈内免疫グロブリン
  • 静脈内免疫グロブリンG
  • イピリムマブ
  • イプロニアジッド
  • イプロニアジド
  • イリノテカン
  • イソフルラン
  • イソニアジド
  • イソプロテレノール
  • イベルメクチン
  • イキサベピロン
  • イキサゾミブ
  • Jak-阻害剤
  • ケトロラック
  • 鍵穴リンペットヘモシアニン
  • L. アシドフィルス
  • ラミブジン
  • ラモトリギン
  • Lアルギニン
  • L-カナリン
  • L-カナバニン
  • レフルノミド
  • 左室補助装置
  • レナリドミド
  • 酢酸リュープロライド
  • レバミソール
  • リネゾリド
  • 脂質化Tn-ApoA-I
  • リポソーム剤
  • リカマイシン200
  • ロムスチン
  • ロピナビル
  • ロラビット
  • ロラカーブ
  • ロラゼパム
  • エルトリプトファン
  • リンパ球免疫グロブリン
  • M344
  • mAbs
  • 主な手術
  • 乳腺シリコーンインプラント
  • M-カルボキシ桂皮酸ビスヒドロキサミド
  • 麻疹、おたふくかぜ、風疹ワクチン
  • メクロルメタミン
  • 血液と接触する医療機器
  • ストリーム
  • メドロキシプロゲステロン
  • メドロキシプロゲステロン酢酸塩
  • メフェナム酸
  • メグルミンアンチモニエート
  • メルファラン
  • メポリズマブ
  • メルカプトプリン
  • メロペネム
  • メタドン
  • メチマゾール
  • メトトレキサート
  • メチルプレドニゾロン
  • ミダゾラム
  • ミノサイクリン
  • ミルタザピン
  • ミソプロストール
  • ミトキサントロン
  • ミトキサントロン
  • ミゾリビン
  • モメタゾン
  • モメタゾンフロロエート
  • モノクローナル抗16/6 Id抗体
  • モノクローナル抗体
  • モノクローナル抗リンパ球抗体
  • フマル酸モノメチル
  • モルヒネ
  • モルヒネ硫酸
  • モキシフロキサシン
  • ムリン由来モノクローナルCD3抗体
  • ムロモナブ
  • ミコフェノレートモフェチル
  • ミコフェノール酸ナトリウム
  • マイコフェノール酸
  • マイコフェノール酸
  • N4-トリメトキシベンゾイル-5’-デオキシ-5-イル
  • フルオロシチジン
  • N-アシルヒドラゾン
  • ナノメディシン製品
  • ナノ粒子製剤
  • ナプロキセン
  • ナリズマブ
  • N-デスメチルクロザピン
  • ネララビン
  • ネオマイシン
  • ネビラピン
  • N-ヒドロキシ-7-(-4-)
  • ジメチルアミノベンゾール)アミノヘプタンアミド
  • ニフェジピン
  • ニロチニブ
  • ニトロフラントイン
  • 窒素マスタード
  • ニボルマブ
  • ノミフェンシン
  • 非ステロイド性抗炎症薬
  • ノルフロキサシン
  • ニコチン酸ノルフロキサシン
  • ノボビオシン
  • 否定論
  • 核酸をベースとした治療薬(Nats)のA別販売実績
  • ナノキャリア
  • オビヌツズマブ
  • オクレリズマブ
  • オファツムマブ
  • オフロキサシン点眼液
  • オラパリブ
  • オメガインターフェロン
  • 開胸手術
  • 手術
  • 経口抗生物質治療
  • オリザサティバ
  • オセルタミビル
  • オキサリプラチン
  • オクスカルバゼピン
  • オキシテトラサイクリン
  • オザニモド
  • パクリタキセル
  • パルボシクリブ
  • パニツムマブ
  • パノビノスタット
  • パラメタゾン
  • パロキセチン
  • パゾパニブ
  • ペフィシチニブ
  • ペフロキサシン
  • ペガスパルガーゼ
  • ペグインターフェロンアルファ2a
  • ペグインターフェロンアルファ2b
  • ペグインターフェロンベータ1a
  • ペンブロリズマブ
  • ペメトレキセド
  • ペニシラミン
  • ペニシリン
  • ペニシリンG
  • ペンタミジン
  • ペンタミジンイセチオネート
  • ペントサン
  • ペントスタチン
  • ペンチレンテトラゾール
  • ペプロマイシン
  • 腹膜透析
  • ペルメトリン
  • フェンプロコウモン
  • フェニルアラニン
  • フェニトイン
  • リン脂質ベースの相分離ゲル
  • 光力学療法
  • 光免疫療法
  • ピメクロリムス
  • ピペラシリン
  • ピペリン
  • ピラセタム
  • ピラルビシン
  • ピルフェニドン
  • 血漿由来ヒト血清アルブミンP
  • 肺炎球菌13価/23価
  • 多糖類ワクチン
  • 肺炎球菌ワクチン
  • ポリオ骨髄炎ワクチン
  • 多価免疫グロブリン
  • ポリクローナル抗リンパ球抗体
  • ポリクローナル抗リンパ球抗体
  • ポリ乳酸-コ-グリコール酸ナノ粒子
  • 重合ポーシンヘモグロビン
  • ベドリズマブ
  • ベンラファキシン
  • ヴェノキュラン
  • ベラパミル
  • ベラパミル塩酸塩
  • ベスナリノン
  • ビガバトリン
  • ビランテロール
  • ヴィンブラスチン
  • ヴィンクリスチン
  • ヴィンデシン
  • ビノレルビン
  • ボクロスポリン
  • フォリノスタット
  • ワルファリン
  • ワルトマンニン
  • YFワクチン
  • ザルシタビン
  • ザナミビル
  • ジドブジン

表A4-3. 免疫系の脆弱化に寄与する要因

  • 09 LPS
  • 192 IgG-サポリン
  • ATCC 25285
  • A. アクチノマイセテムコミタン
  • AahI
  • AahII
  • アブシジン酸
  • エアロゾル化された豚の脳
  • アフラトキシン
  • アフラトキシンB
  • アフラトキシンB1
  • アフラトキシンM1
  • アフラトキシン
  • 空気中の真菌
  • アルコール類
  • アミロシン
  • アナトキシンエー
  • Androctonus Australis Hector Scorpion Venom
  • 炭疽菌致死毒素
  • 抗ドーパミンβヒドロキシラーゼ免疫毒素
  • 抗原性ペプチド P815E
  • アンチエックスエー
  • アソバラジャポニカベノム
  • アスペルギルス・フミガタスの胞子
  • 癜風
  • アタキシン-1オリゴマー
  • アトラノンA
  • アトラノンC
  • B. フォーサイス
  • カルメットグリンきん
  • イラレウス菌
  • 細菌
  • 妊娠中の細菌感染症
  • フラギリス菌
  • ボーベリシン
  • ベルテリーナシトリーナ
  • β-(1,3)-グルカン
  • ビリルビン
  • ボルデテラ百日咳
  • ブルグドルフェリ菌
  • ウシウイルス性下痢症ウイルス
  • ブレベトキシン
  • 茶色の赤毛のスパイダーベノム
  • メリテリ菌
  • バーサル病ウイルス
  • ブチル化ヒドロキシトルエン
  • C. アルビカンス属
  • C. パーフリンゲン
  • COVID-19. 将来のパンデミックの予防 Copyright © 2020 Kostoff, Briggs, and Porter
  • C. 直腸
  • カンジダ・アルビカンス水溶性フラクション
  • カプノサイトファーガもく
  • 心臓配糖体
  • カラギーナン
  • カタラーゼ
  • キトサン
  • 肺炎クラミジア
  • コレラ毒素
  • 慢性ウイルス感染症
  • クリソラ・クインケチルハ・ヴェノム
  • シスウロカン酸
  • シトリン
  • クラードBヒト免疫不全ウイルス
  • パーフリンゲンクロストリジウム
  • CMV
  • コブラベノムファクター
  • 腸ヘルミン症との感染症
  • コラーゲン
  • コンカナバリンA
  • アレルゲンとのコンタクト
  • コテシアチロニスベノム
  • コクサッキーウイルスB3
  • 凍結保存された間葉系間葉系間質細胞
  • 藍藻類
  • シアノバクテリアの代謝物
  • シアノトキシン
  • シクロトピアゾン酸
  • シリンドロスペルモプシン
  • サイトメガロウイルス
  • ダフナンジテルペンエステル
  • デモデックスダニ
  • デング感染症
  • デオキシニバレノール
  • テルンギョソウ属第5班
  • D-ガラクトサミン
  • ディーガラクトース
  • 渦鞭毛藻属Alexandrium
  • ドモウ酸
  • ほこり
  • ホコリダニ
  • E. 大腸菌エンドトキシン
  • E. ノダタム
  • イービーブイ
  • エキナセア
  • エキノコッカス
  • エンドトキシン
  • エニアティンB
  • エプスタインバーウイルス
  • エシェリヒア・コリ 0:14 リポ多糖類
  • 大腸菌リポ多糖類
  • エストロゲン
  • エストロゲン性常在菌
  • 過剰な成長ホルモン
  • 抽出可能な有機物
  • 肝性筋膜炎
  • 小麦粉の粉
  • 虎の尾
  • 友白血病ウイルス
  • FtoxG50
  • フモニシンB1
  • 真菌バイオエアロゾル
  • フサレノンX
  • フザリン酸
  • フサリトキシン
  • フザリウムT-2毒素
  • ヌクレアタム菌
  • ガラクトサミン
  • ジベレリン酸
  • イチョウ葉エキス
  • グリアジン
  • グリオトキシン
  • グルコース-6-リン酸イソメラーゼ
  • グルタミン酸
  • 穀物の塵
  • グラム陰性菌
  • 草花粉
  • A群β溶血性連鎖球菌
  • エッチワンエヌワン
  • HBV
  • HCV
  • ヒートショックプロテイン65
  • B型肝炎ウイルス
  • C型肝炎ウイルス
  • ヒスタミン
  • エイズ
  • エイズワン
  • ハウスダストダニ
  • HPV16 E7
  • HT-2
  • ヒトサイトメガロウイルス
  • ヒトヘルペスウイルス8
  • ヒト免疫不全ウイルス
  • ヒト白血球抗原G
  • ヒトパピローマウイルス
  • ヒト呼吸器接合体ウイルス
  • ヒトライノウイルス
  • インドキサカルブ
  • インフルエンザAウイルスタンパク質PB1-F2
  • インフルエンザウイルス
  • インターロイキン-10
  • カイニン酸
  • カリオトキシン
  • カポジ肉腫関連ヘルペスウイルス
  • ケトン類
  • ラクト-N-フコペンタオース3
  • 扁平苔癬
  • リポ多糖類
  • リンパ球性絨毛膜炎ウイルス
  • M. 結核
  • マロンジアルデヒド
  • マレック病ウイルス
  • はしかウイルス感染症
  • ミクロシスチン-LR
  • ミクロシスチン
  • F.カリカの乳白色の樹液
  • ミトマイシン
  • ミトマイシンC
  • 混合カビ菌毒症
  • 湿気の多い建物
  • モニルホルミン
  • モノクロタリン
  • カタルシスカタルリス
  • カビ
  • ムリヌスガンマヘルペスウイルス-68
  • ムスM 1
  • 結核菌アジュバント
  • マリン菌
  • 結核菌
  • ゼノピ菌
  • マイコラクトン
  • マイコトキシン中毒症
  • マイコトキシン
  • 新生児感染症
  • ニバレノール
  • ノデュラリン
  • 藍藻
  • エヌティーエイチ
  • オクラトキシンA
  • オクラトキシンB
  • 岡田酸
  • オレイン酸
  • 機会感染症
  • オーガニックダスト
  • オーバルブミン
  • P. ジンギバリス
  • P. インターメディア
  • Pam3Cys
  • パスツレラA1リポ多糖類
  • 病原体と関連した分子パターン
  • パチュリン
  • ペプチドグリカン
  • ペプチドグリカン-多糖類
  • 百日咳毒素
  • フォルボールエステル
  • フィトエストロゲン
  • プラスモディウム
  • 花粉
  • ポリメトキシル化フラボンエキス
  • ポリオマウイルスBK
  • ポルシン美容液
  • 鞭毛虫
  • プレモリス・セミルファ
  • プレボテラ インターメディア
  • COVID-19. 将来のパンデミックの予防 Copyright © 2020 Kostoff, Briggs, and Porter
  • プロラクチン誘導蛋白質
  • プロテオグリカン
  • 原生動物寄生虫
  • 緑膿菌
  • シュードモナスエクソトキシンA
  • 麒麟藻
  • フトモモジラミ毒
  • 藻類
  • 組換えインターロイキン-2
  • 呼吸器系病原体
  • ライン
  • ライノウイルス
  • リボソーム阻害タンパク質
  • リシン毒素A
  • ロタウイルス
  • ローヤルゼリー
  • 風疹
  • ルブラトキシンB
  • S. インターメディウス
  • S. ミュータンス属
  • S. アウレウス
  • サポリン
  • マンソン病
  • グアニ強皮症毒
  • セプシス
  • 沈降ダスト
  • 滋賀毒素
  • シミアン免疫不全ウイルス
  • シヴカプツ
  • 大豆の粉
  • 担子菌の胞子
  • スクアレン
  • ウスズメダイぞく
  • ブドウ球菌エンテロトキシンB
  • 黄色ブドウ球菌
  • 表皮ブドウ球菌
  • 肺炎球菌
  • ピオゲネス連鎖球菌
  • ストレプトマイセス・カリフォルニカス
  • スミラックス由来の硫黄燻蒸多糖類
  • グラブラロックスブ
  • スーパーアンチゲン
  • スウェインソニン
  • T-2 毒素
  • テニアソリウムメタセコイア
  • 畳 1-72
  • 破傷風毒素
  • タラソフライネ・ナッテレリスフィッシュベノム
  • 好熱性放線菌
  • チチラストキシン
  • TLRリガンド リポ多糖類
  • 有毒藍藻
  • トキソプラズマ・ゴンドイ
  • 木の花粉
  • トリコテセネスぞく
  • トリプテリギウム・ウィルフォーディー・フックF
  • チューリパーリンA
  • II型コラーゲン
  • 傘科
  • ウレアプラスマ
  • ワクチンウイルス
  • 妊娠中のウイルス感染症
  • ウイルス関連血液悪性腫瘍
  • ヴミトキシン
  • 小麦アルファアミラーゼ阻害剤
  • キサンチンオキシダーゼ
  • イェソトキシン
  • ザントキシルアミドプロトアルカロイド
  • ゼアラレノン
  • ジモサンA

表 A4-4. 免疫系の脆弱化に寄与する要因 (職業/環境)

  • (90)Sr
  • (Z)-シスビフェントリン
  • 1,1,1-トリクロロ-2,2-ビス(4-メトキシフェニル)エタン
  • 1,1,1-トリクロロ-2,2-ビス(p-クロロフェニル)エタン
  • 1,1,1,1-トリクロロエタン
  • 1,1-ジクロロ-2,2-ビス(P-クロロフェニル)エタン
  • 1,1-ジクロロ-2,2-ビス(p-クロロフェニル)エテン
  • 1,1-ジクロロエチレン
  • 1,2,3,4,6,7,8-ヘプタ
  • クロロジベンゾ-P-ダイオキシン
  • 1,2,3,4,7-ペンタクロロジベンゾフラン
  • 1,2,3,7,8-ペンタブロモジベンゾ-P-ダイオキシン
  • 1,2,3,7,8-ペンタクロロジベンゾ-P-ダイオキシン
  • 1,2,3,7,9-PeCDF
  • 1,2,4-ベンゼントリオール
  • 1,2:5,6-ジベンザントラセン
  • 1,2-ジブロモプロパン
  • 1,2-ジクロロエタン
  • 1,2-ジメチルヒドラジン
  • 1,3,6,8-TCDF
  • 1,3-ブタジエン
  • 1,3-ジブロモプロパン
  • 1,4-ビス[( 2-アミノエチル)アミノ]-5,8-ジヒドロキシ9,10-アントラセンジオンジ塩酸塩
  • 1.8 GHzの電磁界
  • 12-メチルベンズ[a]アントラセン
  • 17α-エチニルエストラジオール
  • 17α-メチルテストステロン
  • 1-ブロモブタン
  • 1-ブロモプロパン
  • 1-クロロ-4-(トリフルオロメチル)ベンゼン
  • 1-メチル-3-オクチルイミダゾリウムブロミド
  • 1-メチル-4-フェニルピリジニウム
  • 1-メチル-4-フェニル-1,2,3,6-テトラヒドロピリジン
  • 2,2′,4,4′-テトラブロモジフェニルエーテル
  • 2,2′,4,6,6′-ペンタクロロビフェニル
  • 2,3′,4,4′,5-ペンタクロルビフェニル
  • 2,3,4,7,8-PeCDF
  • 2,3,4,7,8-ペンタクロロジベンゾフラン
  • 2,3,5,6-テトラクロロ-4-(メチルスルホニル)ピリジン
  • 2,3,7,8-テトラブロモジベンゾ-P-ダイオキシン
  • 2,3,7,8-四塩化ジベンゾ-P-ダイオキシン
  • 2,3,7,8-テトラクロロジベンゾジオキシン
  • 2,3,7,8-テトラクロロジベンゾフラン
  • 2,3,7,8-テトラクロロジベンゾ-P-ダイオキシン
  • 2,3-ジクロロ-1-プロパノール
  • 2’,3′-ジデオキシイノシン
  • 2,3-ジヒドロ-2,2-ジメチル-7-ベンゾフラノールNMethylcarbamate
  • 2,4,6-トリブロモフェノール
  • 2,4,6-トリクロロフェノール
  • 2,4,6-トリヨードフェノール
  • 2,4,6-トリニトロベンゼンスルホン酸
  • 2,4,6-トリニトロフェニル-N-メチル-ニトラミン
  • 2,4,6-トリニトロトルエン
  • 2,4,6-トリフェニル-4H-セレノピラン
  • 2,4-ジアミノトルエン
  • 2,4-ジクロロフェノール
  • 2,4-ジクロロフェノキシ酢酸
  • 2,4-ジニトロフルオロベンゼン
  • 2,5-ヘキサンジオン
  • 2,6,10,14-テトラメチルペンタデカン
  • 2,7-ジクロロジベンゾ-P-ダイオキシン
  • 2100Mhzの高周波放射
  • 2450Mhzマイクロ波
  • 2-アセチル-4(5)-(1,2,3,4-テトラヒドロキシブチル)
  • イミダゾール
  • 2-アセチルアミノフルオレン
  • 2-Amino-1-Methyl-6-Phenylimidazo[4,5-
  • b]ピリジン
  • 2-アミノアントラセン
  • 2-ブロモプロパン
  • 2-メルカプトベンゾチアゾール
  • 2-メトキシ酢酸
  • 2-メトキシエタノール
  • 2-メトキシエチルアセテート
  • 2-オクチノイン酸
  • 3-(2-クロロエチル)-2(2-メジロキシエチルアミノ)
  • テトラヒドロ-2H-1,3,2-オキサザホスホリン-2-オキシド
  • 3-(3,4-ジクロロフェニル)-1,1-ジメチルウレア
  • 3,3′,4,4′,5,5′-ヘキサブロモビフェニル
  • 3,3′,4,4′,5,5′-HexaCB
  • 3,3’、4,4’、5-ペンタCB
  • 3,3′,4,4′,5-ペンタクロロビフェニル
  • 3,3’,4,4′-テトラCB
  • 3,3′,4,4′-テトラクロロアゾベンゼン
  • 3,3′,4,4′-テトラクロロアゾキシベンゼン
  • 3,4,3′,4′-テトラクロロビフェニル
  • 3,4,5,3′,4′,5′-ヘキサブロモビフェニル
  • 3,4,5,3′,4′,5′-ヘキサクロロビフェニル
  • 3,4-ジクロロアニリン
  • 3,4-ジクロロプロピオンアニリド
  • 3,4-ジクロロプロピオンアニリン
  • 3-メチル-4-ニトロフェノール
  • 3-メチルコラントレン
  • 3-モノクロロ-1,2-プロパンジオール
  • 3-フェノキシ安息香酸
  • 4-(メチルニトロサミノ)-1-(3-ピリジル)-1-ブタノン
  • 4,4′-チオビス-(6-t-ブチル-m-クレゾール
  • 460Mhzマイクロ波
  • 4-ジメチルアミノ-3-メチル-N-カルバメート
  • 4-ヒドロキシ-2-ノネナール
  • 4-ヒドロキシジクロフェナク
  • 4-メチルアニソール
  • 4-ニトロキノリン-1-オキシド
  • 4-ノニルフェノール
  • 4-ペンチルフェノール
  • 5-(3-3-Dimethyl-1-Triazeno)Imidazole-4-
  • カルボキサミド
  • 50 Hz 振幅変調 2.45 GHz
  • 電子レンジ
  • 6:2 フルオロテロメルスルホンアミド アルキルベタイン
  • 6:2 FTAB
  • 60コガンマ放射線
  • 6-ヒドロキシドパミン
  • 6-メルカプトプリン
  • 6-プロピル-2-チオウラシル
  • 7,12-ジメチルベンズ(A)アントラセン
  • 8:2フルオロオテロマーアルコール
  • 835 Mhz の無線周波数
  • 9-(2-ヒドロキシエトキシメチル)グアニン
  • 9,10-ジメチルアントラセン
  • 900 MHzの高周波放射
  • 915MHz マイクロ波放射
  • アバメクチン
  • 廃墟となった製油所
  • アベストス
  • アセフェート
  • エイサー3欠乏症
  • アセトアルデヒドアセタミプリド
  • アセトクロール
  • アセトフェン酸塩
  • アセトン
  • アセトキシジメチルニトロサミン
  • アセチルナリン
  • 酸性水
  • アクロレイン
  • アクリルアミド
  • アクリロニトリル
  • 活性炭
  • 活性汚泥
  • アダムサイト
  • エージェントオレンジ
  • 農薬
  • 大気汚染物質
  • 大気汚染
  • 空気中浮遊粒子
  • 空気中浮遊粒子状物質
  • 空中浮遊物質
  • クエン酸アル
  • アラクロル
  • アルジカルブ
  • アルキルフェノールポリエトキシレート
  • アルキルフェノール
  • アルファ3(IV)コラーゲン
  • α-サイペルメトリン
  • α-ナフチル-AS-アセテートエステラーゼ
  • α-ナフチル酪酸エステル分解酵素
  • 変化した酸素供給
  • アルミナナノ粒子
  • アルミニウム
  • 塩化アルミニウム
  • アルミニウム
  • 塩化アルミニウム
  • 水酸化アルミニウム
  • 硫酸アルミニウム
  • 三塩化アルミニウム
  • アルミニウム系ナノ粒子
  • 周囲の粒子状物質
  • アミノカルブ
  • アミトラズ
  • アンモニア
  • ヘキサクロロプラチン酸アンモニウム
  • メタバナジン酸アンモニウム
  • 亜硝酸アミル
  • 無水物
  • アントラセン
  • 抗重力姿勢
  • アンチモン
  • PWの水性分率
  • アラビア原油
  • アーク溶接ヒューム
  • アレコリン
  • アロクロール1254
  • アロクロール1260
  • アロクロール1242
  • アロクロール1248
  • アクロールズ
  • 芳香族アミノ化合物
  • 芳香族ハロゲン系消毒副生成物
  • 芳香族炭化水素受容体アゴニスト
  • 芳香族炭化水素
  • 芳香族ニトロ化合物
  • アーセナート
  • ヒ素
  • 三酸化ヒ素
  • ヒ素鉱
  • アルセノベタイン
  • アリール-トリアゼン誘導体
  • アスベスト
  • 大気汚染
  • アトラジン
  • オーロチオプロパノール-スルホン酸塩
  • オーロチオプロパノールスルホン酸ナトリウム塩
  • アベルメクチン
  • BDE-99
  • アルミニウム
  • 酸化物
  • ベンジオカルバミン酸塩
  • ベンタゾンTP
  • ベンタゾン
  • ベンズ(a)アントラセン
  • ベンズ(a)ピレン
  • 塩化ベンザルコニウム
  • ベンザントロン
  • ベンゼン
  • ベンゼン類
  • 塩化ベンゼトニウム
  • ベンゾ[a]ピレン
  • ベンゾ[a]ピレン-7,8-ジヒドロジオール
  • ベンゾ[b]フルオランテン
  • ベンゾ[k]フルオランテン
  • ベンゾ-1,4-キノン
  • ベンゾジアゼピン系
  • ベンゾチアゾール
  • ベンジル3-キヌクリジル酸塩
  • ベンジルアルコール
  • ベリリウム
  • β-クロロ乳酸
  • β-サイペルメトリン
  • β-N-メチルアミノ-I-アラニン
  • Bi2Se3ナノ粒子
  • ビフェントリン
  • 生物学的
  • バイオマススモーク
  • バイオタンパク質核酸還元型変異体
  • ビフェニル
  • ビス(2-クロロエチル)スルフィド(HD)
  • ビス(トリ-N-ブチルスズ)オキシド
  • セレン化ビスマス
  • ビスフェノールA
  • ビスフェノールF
  • ビスフェノールS
  • 二価イオン水星
  • 漂白クラフトパルプ工場排水
  • ホウ酸
  • 窒化ホウ素ナノフレーク
  • 分岐型ポリエチレニミンナノ粒子
  • 臭素化ジフェニルエーテル
  • 臭素化テトラブデ
  • ブロモジクロロメタン
  • バーン
  • ブタクロル
  • ブチルチンもく
  • C60ナノ粒子
  • カドミウム
  • 酢酸カドミウム
  • 塩化カドミウム
  • カドミウムナノ粒子
  • 酸化カドミウム
  • テルル化カドミウム量子ドット
  • キャラメルカラーIII
  • カルバメート系農薬
  • カルバリル
  • カルベンダジム
  • カルボフラン
  • カーボンブラックナノ粒子
  • 二硫化炭素
  • カーボンフラーレン
  • カーボンイオン放射
  • 一酸化炭素
  • カーボンナノ粒子
  • カーボンナノチューブ
  • 四塩化炭素
  • カルボスルファン
  • カルボン酸被覆Qds
  • カーペットシャンプー
  • カテリシジン
  • 苛性ソーダ
  • CdS/CdTe量子ドット
  • CdSe/ZnS量子ドット
  • CdTe量子ドット
  • CeCl3
  • 携帯電話の電磁波
  • セメントキルンダスト
  • 化学汚染物質
  • 化学的ストレス
  • 化学兵器
  • 化学兵器
  • 化学分散油
  • キラル有機リン系農薬
  • チット Chit
  • クロルデン類
  • クロルフェンビンホス
  • クロリダゾン
  • 塩素化芳香族炭化水素
  • 塩素化炭水化物
  • 塩素化ジベンゾジオキシン類
  • 塩素化ジベンゾフラン
  • 塩素化ジベンゾ-P-ダイオキシン類
  • 塩素系難燃剤
  • 塩素化炭化水素
  • 塩素系農薬
  • 塩素
  • クロロアセトフェノン
  • クロロベンゼン
  • クロロホルム
  • クロロニトロベンゼン類
  • クロロフェノール
  • クロロプラチン酸
  • クロロタロニル
  • クロルピリホス
  • 六価クロム酸塩
  • クロム
  • クリセン
  • CI-994
  • タバコの煙
  • シスビフェントリン
  • シスノナクロル
  • シトラール
  • シトラールジメチルアセタール
  • クラーク一世
  • クレソジム
  • クロチアニジン
  • 二酸化炭素
  • 石炭飛灰
  • コールタール
  • コバルト
  • 塩化コバルト
  • コカエチレン
  • 冷たさ
  • 冷たいストレス
  • 冷水ストレス
  • 一定の照明
  • 一定の光
  • コンタクトレンズ
  • コプラナーポリ塩化ビフェニル
  • コポリマー-I
  • アルギン酸銅繊維
  • 炭酸銅ナノ粒子
  • 塩化銅
  • 銅ナノ粒子
  • 酸化銅ナノ粒子
  • 硫酸銅
  • コレクシット9500
  • コレクシット/オイルミックス
  • 宇宙放射線の過剰被ばく
  • コットンダスト
  • 酢酸クラシン
  • クロトンアルデヒド
  • 原油
  • 結晶性シリカ
  • クメンハイドロパーオキサイド
  • シアヌル酸
  • シクロスポリンA
  • シペルメトリン
  • ダプソン
  • D-サイフェノトリン
  • DDT
  • De-71
  • デカブロム化ジフェニルエーテル
  • デクロラン602
  • デシメーター波
  • デシメータ帯電磁界
  • デヒドロアビエチン酸
  • デルタメトリン
  • デンタルアマルガム
  • DEP ベンゼン抽出物
  • 皮膚バイオインプラント
  • デキストラン硫酸ナトリウム
  • デキストラン安定化酸化鉄ナノ粒子
  • デキストラン硫酸
  • フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)
  • ジアジノン
  • ジベンズ(a,c)アントラセン
  • ジベンズ(a,h)アントラセン
  • ジベンゾ[Def,P]クリセン
  • ジベンゾフラン
  • ジベンゾフラン
  • ジベンゾ-P-ダイオキシン類
  • ジベンゾピレン
  • ジブロモ酢酸
  • フタル酸ジブチル
  • ジブチルスズ
  • ジクロフルアニド
  • ジクロロ酢酸
  • ジクロロジフェニルジクロロエチレン
  • ジクロロジフェニルトリクロロエタン
  • ジクロロエタン
  • ジクロロメタン
  • ジクロロフェン
  • ジクロロプロパノール
  • ジクロフォップメチル
  • フタル酸ジシクロヘキシル
  • ディルドリン
  • ディーゼル排気
  • 食餌性塩化ニッケル
  • ジエタノールアミン
  • ジエチルジチオリン酸
  • ジヒドロキシ-ジ-N-プロピルニトロサミン
  • フタル酸ジイソノニル
  • ジイソプロピルエーテル
  • 夜の薄暗い光
  • ジメトエート
  • 炭酸ジメチル
  • リン酸ジメチルジクロロビニル
  • ジメチルニトロソアミン
  • ジメチルスルホキシド
  • ジメチルベンズ(A)アントラセン
  • ジメチルホルムアミド
  • ジメチルニトロサミン
  • ジメチルスルホキシド
  • ジ-n-ブチルスズ二塩化物
  • ダイノキャップ
  • ジ-n-オクチルスズ二塩化物
  • ディノテフラン
  • ダイオキシン類型ポリ塩化ビフェニル
  • ダイオキシン類
  • ジフェノール類
  • ジフェニルエーテル
  • ジフェニルメタン ジイソシアネート
  • 消毒副産物
  • Disperse Red 1
  • ジチオカルバメート
  • ディウロン
  • 国内の廃棄物処理施設
  • D-フェノトリン
  • 電磁界
  • 電磁放射
  • 電磁波
  • 電子廃棄物
  • 内分泌かく乱物質
  • エンドスルファン
  • エンドスルファン
  • エンドリン
  • エンジン排気装置
  • エンジニアリングナノ材料
  • 環境化学品
  • 環境ホルモン
  • 環境汚染物質
  • エピクロロヒドリン
  • エリオナイト
  • エスフェンバレレート
  • エタノール
  • エテフォン
  • エチルベンゼン
  • カルバミン酸エチル
  • エチルt-ブチルエーテル
  • 二臭化エチレン
  • エチレングリコール
  • エチレンオキサイド
  • 電子廃棄物処理場
  • 排気ガス
  • 極めて高い周波数
  • ファモキサドン-シモキサニル
  • フェニトロチオン
  • フェンシオン
  • フェンバレレート
  • フェロセン類
  • 微細粒子状物質
  • フィプロニル
  • 消防のオーバーホール環境
  • フルオランテン
  • フッ化物
  • フッ素エデナイト繊維
  • フルオロオテロマー
  • フルバリン酸塩
  • フライアッシュ
  • フットショック
  • フォアファク1157
  • ホルムアルデヒド
  • FR167653
  • 燃料油
  • フラーレンナノ粒子
  • フーラン
  • フルフルーロール
  • フルフリルアルコール
  • 家具の粉塵
  • フロセミド
  • ガリウム
  • 砒化ガリウム
  • ガンマ線
  • ガンマクロルデン
  • ガンマヘキサクロロシクロヘキサン
  • ガソリン
  • ガソリンの排気ガス粒子
  • 地源性粉塵
  • 地質性粒子状物質
  • 地球温暖化
  • グルカンナノ粒子
  • グルフォシン酸アンモニウム
  • グルタルアルデヒド
  • グリシダミド
  • グリコールエーテル 2-メトキシエタノール
  • グリホサート
  • 金ナノ粒子
  • 金塩
  • グラフェンナノプレート
  • グラフェン酸化物
  • グアイアコル
  • ハロカーボン
  • ハロゲン化芳香族炭化水素
  • ハロゲン化ベンゾ-1,4-キノン
  • ハプテン
  • ハードウッドの煙
  • HCC-230fa(1,1,1,1,3,3,3-ヘキサクロロプロパン
  • ヘッドダウンチルトベッドレスト
  • 熱ストレス
  • 重質原油
  • 重い機械的外傷
  • 重金属
  • 重油
  • 肝毒性化学物質
  • 肝毒性物質
  • ヘプタクロル
  • ヘキサクロロベンゼン
  • ヘキサクロロシクロヘキサン
  • ヘキサクロロエタン
  • ヘキサヒドロフタル酸無水物
  • 高高度
  • 高周波電磁放射
  • 高温
  • 高水温
  • 高線量太陽光
  • 高塩素化ビフェニル
  • 病院排水
  • ヒドラジン
  • 炭化水素油
  • 過酸化水素
  • 硫化水素
  • 疎水性フッ化ナトリウム系
  • ランタニドイオンをドープしたナノ結晶
  • 疎水性
  • ハイドロキノン
  • ヒドロキシル化フラーレン
  • 超重力
  • 過酸化水素
  • ヒポキサンチン
  • 低酸素
  • イミダクロプリド
  • イミプロトリン
  • インデノ[1,2,3,c,d]ピレン
  • インジウム
  • インドール-3-酪酸
  • 硫酸インドキシル
  • 工業用エアロゾル
  • 産業用ノイズ
  • 工業用有機溶剤
  • 吸入粒子
  • 激しい音
  • ヨウ素過剰症
  • ヨウ素ガディタール
  • 電離放射線
  • アイアン
  • 鉄ナノ粒子
  • 酸化鉄ナノ粒子
  • 鉄含有化合物
  • 照射
  • イソシアネート
  • イソホロンジイソシアネート
  • ジェット燃料
  • ジェットA
  • JP-8
  • 乳酸
  • ラムダ-キハロトリン
  • ランタノイド属
  • 酢酸鉛
  • 硝酸鉛
  • レプトホス属
  • ルイーサイト
  • リンデン属
  • 脂質ベースのナノ粒子
  • リチウム
  • 炭酸リチウム
  • 塩化リチウム
  • 長距離フライト
  • 低周波高強度磁界
  • 低周波ノイズ
  • 硫酸マグネシウム
  • マラチオン
  • マンコゼブ
  • マンガン
  • マタシル
  • 機械的な換気
  • メコプロップ
  • メラミン
  • 塩化水銀
  • 水銀
  • メソ-2,3-ジメルカプトコハク酸
  • メソポーラスシリカナノ粒子
  • 金属ナノ粒子
  • メタリック水銀蒸気
  • 金属酸化物ナノ粒子
  • 金属
  • 金属加工用流体
  • メタニトロトルエン
  • メタクリル酸塩
  • メタミドホス
  • メタノール
  • メトキシクロル
  • 臭化メチル
  • 塩化メチル
  • メチルエチルケトン
  • メチルオイゲノール
  • イソシアン酸メチル
  • メチルメタンスルホン酸塩
  • メチル三級ブチルエーテル
  • メチル水銀
  • 塩化メチル水銀
  • 硫化メチル水銀
  • メチルニトロソ尿素
  • メチルニトロウレア
  • メチルパラチオン
  • メチルテトラヒドロフタル酸無水物
  • メトリブジン
  • 微結晶セルロース
  • 微小重力
  • 微粒子
  • マイクロプラスチック
  • 電子レンジ
  • ミリ波
  • ミネラルダスト
  • 鉱物油蒸留液D-11
  • ミネラルオイル
  • マイニング
  • ミレックス
  • M-ニトロトルエン
  • 水分ダメージ
  • フタル酸モノ-2-エチルヘキシル
  • フタル酸モノイソデシル
  • フタル酸モノイソノニル
  • モノメトキシ(ポリエチレングリコール)-ポリ(D,LL乳酸-コ-グリコール酸)-モノメトキシ(PELGE)ナノ粒子
  • モノメチルアルソン酸
  • フタル酸モノ-N-オクチル
  • モノフタル酸塩
  • 尿酸ナトリウム一水和物結晶
  • 多層カーボンナノチューブ
  • 市営廃棄物処理場
  • マスタードオイル
  • N,N,N,-ジエチル-M-トルアミド
  • N,N1-ビス(ジクロロアセチル)-1,8-オクタメチレン-ジアミン
  • N,N-ジエチルアニリン
  • N,N-ジエチル-M-トルアミド
  • N-アセチルノイラミン酸
  • ナノセリア ナノ粒子
  • ナノ材料
  • ナノ粒子プロテインコロナ(NP-PC
  • ナノ粒子
  • ナノ粒子状TiO2
  • ナノプラスチック粒子
  • ナノシェル
  • ナノシリカ
  • ナノシルバー
  • ナフタレン
  • ナフテン酸
  • N-ビス(2-ヒドロキシプロピル)ニトロソアミン
  • N-ブチルベンゼンスルホンアミド
  • N-ブチル-N-(4-ヒドロキシブチル)ニトロソアミン
  • NdCl3
  • ネブ-コロロスタチン
  • 負の荷電粒子優勢な室内
  • 空調
  • ネオニコチノイド
  • N-エチル、N-ニトロソウレア
  • 中性子照射
  • エヌエイチフォーブイオースリー
  • エヌヘキサン
  • ニッケル
  • ニッケルエアロゾル
  • ニッケルナノ粒子
  • 酸化ニッケル
  • 亜硫化ニッケル
  • 硫酸ニッケル六水和物
  • にえんそ
  • ニコチンアミド
  • ニコチン
  • ニリダゾール
  • ニテンピラム
  • 亜硝酸塩
  • ニトロベンゼン
  • ニトロフラゾン
  • 二酸化窒素
  • 窒素酸化物
  • ニトロソアミン
  • ニトロソメチル尿素
  • 亜酸化窒素
  • N-メチル-D-アスパラギン酸
  • N-メチル-N’-ニトロ-ニトロソグアニジン
  • N-メチル-ニトロソ尿素
  • エヌニトロソジブチルアミン
  • エヌニトロソジエチルアミン
  • エヌニトロソジメチルアミン
  • エヌニトロソジプロピルアミン
  • N-ニトロソメチルブチルアミン
  • N-ニトロソメチルエチルアミン
  • エヌニトロソメチルプロピルアミン
  • N-ニトロソ-N-メチルウレア
  • 騒音
  • 非ハロゲン化p-ベンゾ-1,4-キノン
  • ノノキシノール-9
  • ノニルフェノール
  • O,O,S-トリメチルホスホロチオエート
  • O,O-ジエチル-O-4-ニトロフェニルチオリン酸塩
  • O,O-ジメチル、S-エチルホスホロチオエート
  • O,P-ジクロロジフェニルジクロロエチレン
  • O,S-ジメチルアセチルホスホラミドチオエート
  • O3分解AA
  • 海洋酸性化
  • オイルの露出
  • オイルフライアッシュ
  • オイルミスト
  • オイルサンドプロセス水
  • オイルサンド テーリング水
  • オイルサンド由来のナフテン酸
  • オイルの流出
  • O-イソプロピルメチルホスホノフルオライド
  • オレイン酸アニリド
  • オメトフェート
  • O-ニトロアニソール
  • orange-II
  • 兵器
  • 有機酸無水物
  • 有機炭化水素
  • 有機汚染物質
  • 有機溶剤
  • 有機塩素化合物
  • 有機塩素系汚染物質
  • 有機塩素系殺虫剤
  • 有機塩素系農薬
  • 有機ハロゲン系難燃剤
  • 有機リン酸塩系難燃剤
  • 有機リン系農薬
  • 有機リン化合物
  • 有機ケイ素化合物
  • 有機スズ化合物
  • オルソフェニルフェノール塩
  • オルソフタルアルデヒド
  • オーエスリーチエート
  • オルトロンパーフルオロケミカル
  • オワバン
  • オキサゾロン
  • 酸化剤ガス
  • オゾン
  • P,P’-ジクロロジフェニルジクロロエチレン
  • 塗料
  • パラジウム
  • パルミトオレイン酸
  • パルミラ
  • パマムデンドリマー
  • 膵臓酵素
  • 紙・パルプ工場の排水
  • パラベン
  • パラニトロトルエン
  • パライバット
  • パラチオン
  • 粒子状物質
  • 受動喫煙
  • 酢酸鉛
  • PBDE-209 妊娠中の暴露
  • P-ブロモフェニルアセチルウレア
  • プリント基板118
  • プリント基板126
  • プリント基板153
  • プリント基板169
  • プリント基板
  • P-クロロアニリン
  • P-クロロニトロベンゼン
  • P-ジクロロベンゼン
  • ペンディメタリン
  • ペンタブロモジフェニルエーテル
  • ペンタシービービー
  • ペンタクロロフェノール
  • ペルクロルエチレン
  • パーフルオロアルキル化物質
  • パーフルオロ化合物
  • パーフルオロアルキル
  • パーフルオロアルキル酸
  • パーフルオロアルキルカルボキシレート
  • パーフルオロアルキル物質
  • パーフルオロ-N-デカン酸
  • パーフルオロノナン酸
  • パーフルオロオクタン硫酸塩
  • パーフルオロオクタンスルホン酸塩
  • パーフルオロオクタンスルホン酸
  • パーフルオロオクタノエート
  • パーフルオロオクタン酸
  • パーフルオロオクタンスルホン酸
  • 周産期の化学物質曝露
  • パーマノーネ
  • ペルメトリン暴露
  • 難分解性有機汚染物質
  • 難分解性有機塩素化合物
  • 農薬
  • 石油化学廃棄物処理場
  • 石油化学廃棄物
  • 石油化学製品
  • 石油
  • PFAS
  • ピーエフオーエー
  • PFOS
  • PHAHS
  • 医薬品
  • フェナントレン
  • フェノール
  • フェノール類
  • フェノキシフェノール
  • フェニルヒ素化合物
  • ホスゲン
  • ホスファミドン
  • フタル酸塩
  • 物理的疲労
  • 生理的要因
  • 生理的ストレス
  • ピコキシストロビン
  • ピペロニルブトキシド
  • ピリミカルブ
  • ピリミホスメチル(O-2-ジエチルアミノ-6-イル
  • メチルピリミジン-4-イルO,O-ジメチル
  • ホスホロチオエート)
  • 白金ナノ粒子
  • プルトニウム
  • PM2.
  • P-ニトロアニリン
  • P-ニトロトルエン
  • 汚染物質
  • ポリ乳酸・コハク酸・グリコール酸ナノ粒子
  • ポリ(カルボキシベタイン)ナノ粒子
  • ポリ乳酸ナノ粒子
  • ポリエチレングリコールナノ粒子
  • ポリアミドアミンデンドリマー
  • 多価芳香族炭化水素
  • ポリ臭化ビフェニル
  • ポリ臭化ジフェニルエーテル
  • ポリ臭化難燃剤
  • ポリカーボネート
  • ポリ塩化ビフェニル 153
  • ポリ塩化ビフェニル化合物
  • ポリ塩化ビフェニル混合物
  • ポリ塩化ビフェニル
  • ポリ塩化ジベンゾフラン
  • ポリ塩化ジベンゾ-P-ダイオキシン類
  • ポリ塩化ダイオキシン類
  • ポリ塩化ジフェニルエーテル
  • ポリ塩化ナフタレン
  • 多環芳香族炭化水素
  • 多環芳香族
  • 多環式炭化水素
  • ポリエチレンマイクロプラスチック
  • ポリフルオロ化合物
  • ポリフルオロアルキル
  • ポリハロゲン化芳香族炭化水素
  • ポリハロゲン化ビフェニル
  • ポリハロゲン化炭化水素
  • ポリイノシン:ポリシジル酸
  • 高分子ナノ粒子
  • 多核芳香族炭化水素
  • ポリホスホエステル系ナノ粒子
  • ポリリボイノシン-ポリリボシジル酸
  • ポリスチレン
  • ポリウレタン
  • ポリ塩化ビニル
  • 池の堆積物
  • 臭素酸カリウム
  • カリウム塩
  • ソルビン酸カリウム
  • 四塩化白金酸カリウム
  • P-フェニレンジアミン
  • プラレトリン 1.
  • 出生前のヒ素曝露
  • 出生前のトリクロロエチレン
  • プレチラクロール
  • 生産水
  • プロパニール
  • プロポキサー
  • プロポキサー
  • 胆汁酸プロピル
  • プロール400
  • パルプ工場排水
  • パルス変調高周波
  • ピュニカラギン
  • ピュラクロフォス
  • ピュラクロストロビン
  • ピレネー
  • ピレスロイド系殺虫剤
  • ピレスロイド代謝物
  • ピレスロイド
  • 臭化ピリドスチグミン
  • ピロカテコール
  • ピロリジジンアルカロイド
  • 石英
  • キノセトン
  • キノリン酸
  • キノネス
  • 無線周波数
  • 放射性同位元素
  • 放射能
  • ラジオコントラストメディア
  • 高周波放射
  • 放射性ヨウ素131
  • ラジオ放送局
  • 放射線治療
  • 残油飛灰
  • 樹脂製グラスアイオノマー
  • 呼吸器同期型ウイルス
  • 網膜レーザーバーン
  • ラウンドアップ
  • 塩分濃度の変化
  • 塩ダスト
  • 砂塵
  • サリン
  • 廃クランクケースオイルのカス
  • 副流煙
  • セレン
  • セファデックス
  • セルトラリン
  • シレジアダスト
  • シリカ
  • シリカナノ粒子
  • 珪酸塩
  • 二酸化ケイ素ナノ粒子
  • シリコーン
  • シルバー
  • 酢酸銀
  • 銀ナノ粒子
  • シマジン
  • 単層カーボンナノチューブ
  • SiO2ナノコンポジット
  • 酢酸ナトリウム
  • ヒ素酸ナトリウム
  • 臭素酸ナトリウム
  • 炭酸ナトリウム
  • クロム酸ナトリウム(VI)
  • ドデシル硫酸ナトリウム
  • フッ化ナトリウム
  • メチルジチオカルバミン酸ナトリウム
  • オルトフェニルフェノールナトリウム塩
  • タングステン酸ナトリウム
  • 太陽模擬放射
  • 溶剤
  • ソマン
  • 宇宙放射線
  • 脊髄損傷
  • スピネトラム
  • 廃棄物焼却からのスタックガス凝縮物
  • 植物
  • スタナスクロライド
  • ストンプ
  • ストロビルリンもく
  • スチレン
  • スチレンブタジエンゴムの製造
  • スルフラミド
  • スルフォキサフロ
  • 二酸化硫黄
  • 硫黄イペライト
  • 硫酸
  • サンセットイエローFCF
  • スーパーシペルメトリンフォルテ
  • 浮遊粒子
  • 甘口原油
  • なめし工場排水
  • タンニン
  • タートラジン
  • Tcms ピリジン
  • テブコナゾール
  • テラヘルツ放射
  • tert-ブチルヒドロキノン
  • 酢酸第三級ブチル
  • テトラブロモビスフェノールA
  • テトラブロモエチルシクロヘキサン
  • テトラクロロジアリルメタン
  • テトラクロロエチレン
  • テトラクロロメタン
  • テトラエチル鉛
  • テトラメトキシプロパン
  • 塩化テトラフェニルアルモニウム
  • テトリル
  • 熱傷
  • チアベンダゾール
  • チアメトキサム
  • チメロサール
  • チオアセトアミド
  • チミジンジヌクレオチド
  • チモール
  • アスコルビン酸チタン
  • シュウ酸チタン
  • TiO2複合体
  • チタン
  • 二酸化チタン
  • 二酸化チタンナノ粒子
  • チタンインプラント
  • チタン新世
  • タバコの煙
  • トルエン
  • トルエン 2,4-ジイソシアネート
  • トルエンジイソシアネート
  • 全粒子状物質
  • 有害廃棄物サイト
  • 交通関連粒子
  • トランスノナクロル
  • トラウマ
  • 都市排水の処理
  • トレハロースジミコレート
  • トリアレート
  • トリアジンイルガロール1051
  • トリブチルスズ
  • トリブチルスズクロライド
  • トリブチルスズオキシド
  • トリブチルスズ-スルフヒドリル
  • トリクロロ酢酸
  • トリクロロエタン
  • トリクロロエチレン
  • トリクロサン
  • トリエタノールアミン
  • トリフロキシストロビン
  • トリメリット酸無水物
  • トリメチルスズ
  • 塩化トリ-N-ブチルスズ
  • トリ-N-ブチルスズオキシド
  • トリニトロベンゼンスルホン酸
  • トリニトロトルエン
  • トリ-N-プロピルスズクロライド
  • トリオルソクレシルフォスフェート
  • トリオルトルトリルリン酸塩
  • トリフェニルホスフェート
  • トリフェニルスズ
  • 酢酸トリフェニルスズ
  • 塩化トリフェニルスズ
  • トリフェニルスズ誘導体
  • トリス(1,3-ジクロロイソプロピル)リン酸塩
  • トロポロン
  • タングステン
  • タングステン物質
  • A型トリコテセン
  • B型トリコテセン
  • Uhf電界
  • 超微細粒子状物質
  • 紫外線B
  • 紫外線
  • 紫外放射
  • 非対称ジメチルヒドラジン
  • 未処理の都市排水
  • 都市大気汚染
  • 都市排水
  • ウレタン
  • ウスタ10EC
  • UVA
  • UVR
  • バナジウム
  • 五酸化バナジウム
  • 自動車の排出量
  • ビンクロゾリン
  • 塩化ビニル
  • 塩化ビニリデン
  • 揮発性有機化合物
  • 火山泥
  • ブイックス
  • 洗濯用ソーダ
  • 水性セレン
  • 溶接エアロゾル
  • 溶接ガス
  • 全身の振動
  • ホールスモーク・コンディショニング・ミディアム
  • 広帯域変調電磁界
  • 異生物学的物質
  • キシレン
  • 亜鉛
  • 塩化亜鉛
  • 酸化亜鉛ナノ粒子
  • 亜鉛ピリチオン
  • ジラム

表A4-5. 免疫系の脆弱化に寄与する要因 (心理社会的・社会経済的)

  • 蓄積されたライフストレス
  • 急性期の心理的ストレス
  • 不利益なライフイベント
  • 不安
  • 不安な女性
  • 子供時代の逆境
  • 慢性的なライフストレス
  • 慢性的なマイルドストレス
  • 慢性拘束ストレス
  • 慢性的な社会的ストレス
  • 慢性ストレス
  • 複合ストレス
  • うつ病
  • 災難
  • 苦悩
  • 強烈な知的ストレス
  • ライフストレス
  • 男性パートナーの暴力
  • 軽度のストレス
  • ネガティブストレスの多い生活
  • 心的外傷後ストレス
  • サイコ・情動ストレス
  • 心理的ストレス
  • 拘束ストレス
  • 社会行動の欠陥
  • 社会的混乱
  • 社会的孤立
  • 社会的ストレス
  • ストレス
  • ストレスの多いライフイベント
  • ストレス関連行動
  • 外傷性のライフイベント
  • 脆弱性
  • 仕事のストレス
この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました