書籍:『Too Many Dead』あまりにも多くの死者 オーストラリア医療従事者協会
オーストラリアの過剰死亡率に関する調査

COVIDワクチンの有害事象ケビン・マッカーナン、SV40、DNA混入テス・ローリー/世界健康評議会(WCH)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Contents

Too Many Dead

あまりにも多くの死者

本書は、COVID-19に対する政府の公衆衛生上の対応によって被害を受けたすべてのオーストラリア人に捧げられる。

あまりにも多くの死者-オーストラリアの過剰死亡率に関する調査

本書に含まれる著作物および図版の著作権は各著者に帰属する。

無断転載を禁ずる。著作権法で認められている使用を除き、著作権所有者の事前の許可なく、本書のいかなる部分も複製、記録、検索システムへの保存、またはいかなる形でも送信することはできない。

著作権 © オーストラリア医療従事者協会 E: hotline@amps.asn.au

T: 61 7 3497 5048

レッドユニオン出版 41 Campbell Street Bowen Hills

QLD 4006

オーストラリア

初版 2023年 オーストラリア、キャンベラ

ISBN 978-0-646-88551-3

表紙写真 表紙写真:Karolina Grabowska

National Library of Australia nla.gov.au.obj-135682653 カバーデザイン: ゲイリー・デラハンティ

タイプセット ゲイリー・デラハンティ

本書は自由にダウンロード可能ですが、その費用を賄うため、また医療関係者や政治関係者に無料でハードコピーを提供するために、寄付をいただけると大変ありがたいです。余剰資金は、私たちの医療法闘争基金と将来のキャンペーン活動を支援します。

amps.redunion.com.au/too-many-dead

目次

  • はじめに
  • 第1部 これは現実であり、起きていることである
    • 原因不明-突然死の流行:エド・ダウド著
    • ワクチン接種と遺伝子組換え-何が間違っているのだろうか?
  • 第2部 不十分なテスト – 彼らは知っているべきだった
    • mRNAウイルスワクチンの新規性と潜在的有害性:スクーピングレビュー by Matthew T.J. Halma, Jessica Rose and Theresa Lawrie
    • mRNA注射におけるエンドトキシンの役割と危険性 by Geoff N. Pain
    • モデルナとファイザーの二価 mRNA ワクチンのシークエンシングから、投与量あたりナノグラムからマイクログラムの発現ベクター dsDNA 量が明らかになった: Kevin McKernan、Yvonne Helbert、Liam T. Kane、Stephen McLaughlin 氏
    • 成人の無作為化試験におけるmRNA COVID-19ワクチン接種後の重篤な有害事象:Joseph Fraiman、Juan Erviti、Mark Jones、Patrick Whelan、Sander Greenland、Robert M. Kaplan、Peter Doshi
  • 第3部 エビデンスの欠如が政策の失敗につながる
    • COVID-19政策の失敗:クレア・クレイグ著
    • COVID-19 m RNAワクチンに関する誤情報のパンデミックを、真のエビデンスに基づく医療によって治療する Part 1:アシーム・マルホトラ著
    • COVID-19 m RNAワクチンに関する誤情報のパンデミックを、真のエビデンスに基づく医療で治療する Part 2:アシーム・マルホトラ著
  • 第4部 オーストラリアのデータ-ファーマコビジランスが不十分だと安全性のシグナルが認識されない
    • なぜ全死亡率がCOVID-19の最も重要な統計となったのか?
    • COVID期間中のオーストラリアにおける過剰死亡数:クレア・ペイン著
    • オーストラリアにおける過剰死亡率-警告の兆候はいつ明らかになったのか?アンドリュー・マドリー著
  • 第5部 世界の過剰死亡-オーストラリアだけではない。
    • ONS死亡率COVID-19サーベイランスデータからワクチンの安全性と有効性について何がわかるか:ノーマン・フェントン、マーティン・ニール、クレア・クレイグ、スコット・マクラクラン著
    • 米国のワクチン有害事象報告システム(VAERS)の報告。
    • COVID-19メッセンジャーリボ核酸(mRNA)生物学的製剤に関する米国ワクチン有害事象報告システム(VAERS)の報告:Jessica Rose著
    • 2021年フィンランドにおける過剰死亡異常:Tore Aarhus Gulbrandsen、Kasper Rönning著
  • 第6部 政策の失敗から異所性危機へ
    • オーストラリアのCOVID-19パンデミック: 異所性過剰死亡のBradford Hill分析: Wilson Sy
    • 過剰死亡率とCOVID-19注射の相関におけるシンプソンのパラドックス:オーストラリアの高齢者に対する異所性パンデミックの事例研究:by Wilson Sy
    • 過剰死亡率と死別:Monique O’Connor著
  • 結論

はじめに

何か違うものが、オーストラリア人を異常な方法で、しかも大量に殺そうとしている。この不穏な事実はオーストラリア医療専門家協会にも明らかになり、それに立ち向かう時が来た。医学界の権威や主流メディアは、この問題を詳細かつ明確に扱おうとはしていないようだ。本来のプライオリーを考えれば、これは恥ずべきことだ。言い訳のしようがない。思い切った公衆衛生政策によって可能となった医療パターナリズムは、患者を尊重することでバランスを取り戻す必要がある。オーストラリアの現在の過剰死亡率は常識であり、慎重に検証されるべきである。もし保健当局がこれを推進しないのであれば、首相が行うべきである。そして、国会の両院が公共の利益のために調査しないのであれば、我々が調査する。

どの社会でも、人間は一定の割合で死んでいくものであり、それは知られ、予想され、モデル化され、詳細に理解されるようになる。病気、事故、殺人、自殺はすべて、その国の通常の死亡率を構成する要素である。これらの図は、すべての死因による死亡を含めて集計され、全死因死亡率となる。死亡率は驚くほど予測可能なものである。ある国で何かが根本的にうまくいかなくなった場合、おそらく戦争や極端な自然災害や経済的災害が起こった場合のみ、統計的な平均値と比較して、さまざまな可能な方法論によって、死亡者数を明らかに超過するほど増加させることができるのである。オーストラリアでは、この統計的な超過が30ヶ月連続で明らかであると我々は主張する。

端的に言えば、オーストラリアの死亡者数は劇的に増加し、予想される月別・年間死亡者数をはるかに上回って推移している。本書は、献身的なオーストラリアの医師や科学者たちによって始められた共同研究の成果である。本書は、オーストラリアで活躍する医師や科学者たちによって始められた共同研究の成果であり、高い地位と資格を持ち、相当な研究の末に意見をまとめ、査読プロセスにも慣れている人たちが集まった。その結果、18本の論文が発表された。

この紹介は、会議録の出版が行われる前に採用された好奇心の立場から出発したものである。セミナーのプロシーディングでは、まずナイーブな立場から始まり、論文ごとに会議が提起した問題に対する結論へと導かれるのが通例である。しかし、このケースでは、そのアプローチを困難にする問題が発生した。6カ月間にわたり、制度に縛られない独立した研究者たちから、そして結局のところ、私たちと同じように懸念している人たちから、研究が次々と寄せられたのである。証拠が増え始め、執筆者たちが指し示す結論はますます明確になっていった。その証拠がどれほど説得力のあるものかは、読者にも容易にお分かりいただけるだろう。

保健当局には、この会議に出席し、自分たちの研究を発表し、持参するよう正式に要請した。不思議なことに、彼らからの返事はなかった。

このことが、死にゆくオーストラリア人というテーマについて、保健当局があまり適切でないように思わせるとしたら、それは彼らだけではない。政治権力者の多くが同じような立場にある。AMPSがこのような行動に出たのは、オーストラリア連邦上院が、わが国が経験している過剰な死について公聴会を開くという動議を否決した後である。医療従事者の団体として、私たちは知識を深め、選挙で選ばれた人、選ばれていない人を問わず、国民の意のままに仕事をする人たちの真の注意を喚起することが私たちの義務であると考えた。なぜ多くの人々が不慮の死を遂げるのかは、あらゆるレベルの医療システムが日常的に綿密に追跡し、政治家に伝えるべきことである。この義務を果たさないのであれば、政治家も公務員も同様に責任を問うべきだ。確かに、真の調査を妨害するようなことはあってはならない。

その一方で、問題とその解決策が、我々にとってそうであるように、彼らの多くにとって明白である可能性も十分にある。政党政治は、選挙で選ばれた人たちを支配しようとするだろう。それと同じように、選挙で選ばれたわけでもない医局は、制度に代わって支配しようとするだろうし、奉仕の誓いを守り、倫理に強く立ちたいと願う一線級の開業医を犠牲にしようとするだろう。したがって、真実に近づくためには、既存のシステムを迂回し、独立した出版物を提供しなければならなかった。

COVIDによる公衆衛生の成功の政府による定義は何だったのだろうか?全死因死亡率以上に成功か失敗かを示す公衆衛生の指標があるだろうか?もし多くのオーストラリア人の命が救われたと主張するのであれば、それは仮定の多いモデリングに基づくものでしかないが、COVID-19病が深刻な貢献をしたと解釈されるはるか以前の2021年前半から、週ごと、月ごとに過剰死亡率が上昇していることと、どのように両立するのだろうか?仮に、スコット・モリソン前首相が2022年の不運な選挙キャンペーン中に主張したように(モデル化された仮定に非常に大きく基づいている)、早期のパンデミック政策によって3万人のオーストラリア人の命が救われたとしても、なぜそれが全死因死亡率の底辺に現れていないのだろうか?救われた哀れな魂は、観察された過剰死亡を生み出すために、他の多くの人たちとともに再び失われたのだろうか?もしそうだとしたら、どのような要因があったのだろうか?

我々は、COVID-19そのもの、あるいはその続編であるいわゆるロングCOVIDが、過剰死亡の真の原動力であるということには同意しない。特にクイーンズランド州のデータでは、同州でSARS-CoV-2が大流行する8ヵ月前に過剰死亡が証明されている。したがって、この傾向は感染がないときに始まったが、ロックダウンやワクチン展開のような政策の真っ只中にあったのである。このような容易に検証可能な事実は、予防原則に従って、公務員によるこのような政策の批判的評価を引き起こすはずであった。SARS-CoV-2が唯一必要な説明であると主張し続けることは、故意の盲目と言えるかもしれない。それは、治療法が実際には病気よりも悪いものであった(少なくともオーストラリアの海岸に到達するまでに)という可能性を評価しなかったことになる。

過剰死亡におけるCOVID-19の役割については、さらに多くのことを語る必要があるが、私たちは、公認された専門家がまだ説明していないパラドックスに注目している。COVID-19に起因する公式の死亡率が注目されるようになったのは、なぜ大多数のオーストラリア人が「安全で効果的」とされるワクチンを接種した後だったのだろうか?

さらに、重篤な病気や死亡から守るという治療上の主張が実際に有効であったのなら、なぜもっと軽症のオミクロン型が、ワクチン接種の多い人々にこれほどの犠牲者を出したのだろうか?ケンブリッジ辞書は「失敗」を「誰かまたは何かが成功しなかったこと」と定義している。このように、全死因死亡率の超過という基本的な問題があるにもかかわらず、集団予防接種とその他の関連政策が批判的検討を免れ続けることができるのだろうか?

COVID-19そのものが、過剰死亡の現象論に必要な説明のすべてであるかのように訴え続けている。これはオーストラリアで見られる現象であり、先進国のワクチン接種の多い地域では一貫して見られる現象である。2023年9月、私たちはオーストラリアのパンデミック管理に関する非王室委員会が計画されていることを知らされた。これによって科学が発展するのだろうか?また、そのような委員会では、これまでの立場を超えるような答えが得られるのだろうか?

強制的な強制閉鎖とワクチン接種のみの戦略が実施されるまで、死のパンデミックがなかったことは注目に値する。しかし、私たちは今、戦時中以来の過剰死亡率の連続増加という、まさにそのような事態に陥っている。秘密主義が続く中、当局は権威主義的なパンデミック政策を実施し、それは自らのパンデミック対策計画と完全に矛盾するものであった。このような行動が、何らかの形で多くの命を奪ったのだろうか?失敗の結果は無視できない。

オーストラリアには深刻な問題がある。緊急事態法制によって作られた政府の過剰な権力が、私たちの自由を侵害することを許してきた。それらはほとんど非科学的で、容易に反論可能な主張によって正当化された。政治指導者たちは、国民をコントロールするために秘密の健康アドバイスを使い、恐怖心を不当に利用した。保健衛生法は、パンデミック(世界的大流行)の間、彼らが妥当だと考えることはほとんど何でもできる前例のない権限を保健衛生責任者に与えた。

ある政権の疑いようのない真理にあえて異を唱えたために、人々がその重要な仕事をキャンセルされたり、外されたりしたために繁栄した社会があっただろうか?現代の医学界の権威主義者たちは、歴史上の専制君主を裁くのと同じ軽蔑の目で振り返られることを望んでいるのだろうか?

国中に、そして世界中に、安全性のシグナルを発し、質問への答えを求め、手紙を書き、分析のためにデータの透明性を求め、報告書を送りながら、医療規範と誓いを果たすために戦おうとしている医師や科学者がいる。彼らの多くは単独で活動し、調査結果を直接伝えているため、その構成や努力の総和を測る尺度棒を作成することはできない。しかし、真実、名誉、誠実さの力を信じ、代償を払ってでもそれを支持しようとする膨大な数のオーストラリア人がいることは間違いない。私たちは、真の討論、開かれた科学的言説、傷害の承認、編集されていないデータへの自由なアクセスを必要としている。医師と患者の関係は、政府や官僚のような第三者が介入すべきではない。

本書では、伝統的な医学・科学の原則を守り、エビデンスに基づく科学から真実を追求するために、キャリアや生活を犠牲にすることを厭わないごく一部の人々の仕事を紹介する。読者は、ここで取り上げられている医師たちが、医療界のヒエラルキーに属する人々の行為について、あえて事実-意見ではなく事実-を語っただけで、略式停職や失職に直面しなければならなかったことを、読書の過程で心に留めておく必要がある。彼らは科学的根拠に基づいて、あえてプロトコルに疑問を呈し、生活と奉仕の能力という大きな代償を支払ったのである。主流メディアの多くの人々が、同じレベルの勇気と人類の福祉へのコミットメントを持たなかったことは、非常に残念である。

経済協力開発機構(OECD)によれば、公衆衛生に対する信頼は、政府の行動が国民の監視の目にさらされ、公的機関が「タイムリーな情報を積極的に公表し、……透明で首尾一貫した公的コミュニケーションを強化し、……国民と関わる」ことによって、自ら関与することを求めている。

公衆衛生の基本原則、政治的デューデリジェンス、制度的規制、法的手段はすべて無視されるか、コンプライアンスを最大化するためのコンセンサス達成という一点集中によって没却されてきた。それは、権力を持つ者たちが、自分たちの報告書さえ読まずに、最も基本的なレベルの検証を拒否しているように見える、虚偽で誤解を招く情報に基づいたコンプライアンスである。

ウィンストン・チャーチルは、『勇気とは、立ち上がって話すために必要なものである。われわれが知っているような保健所や医療制度の権威は、本書の内容を享受することはできないだろうと考えている。どのような官僚組織においても、自分の部署内で保有し、表明しているデータ、分析、意見は、他のあらゆる入手可能な情報源から得たものよりも優れていると考えたくなるのは間違いない。しかし、選挙で選ばれたわけでもない政府の執行部門に属する人々は、このわずかではあるが代表的な科学サンプルの結果として、自分自身に情報を提供する必要がある。真に独立した、制約のない研究者たちが公式データから導き出したものであり、そのデータに従って自由に行動できるのだ。私たちの公務員は注意を払う必要がある。なぜなら、彼らが取り仕切っているシステムが大きな損害を与えているように見えるからだ。オーストラリア国民は、政治指導者と医療当局が沈黙を続け、それを許していることに注目している。

第1部 これは現実であり、起きていることだ

多くの人々が死んでおり、私たちはその理由を知る必要がある。

人間の死は、偶然に隣の星から降ってくるものではない。必ず原因がある。それらは詳細に分類され、数字が記録されている。2021年初頭のオーストラリアでは、どういうわけか、憂慮すべき事態としか言いようのないほど、死亡者数を増加させる出来事が重なった。本書では、様々な高資格を持つライターが、もはや無視できない事実を指摘している。この国のパンデミック政策がもたらす潜在的な弊害を見直し、反省すべき時は過ぎている。オーストラリアの医療制度を動かしている人々は、なぜ超過死亡者数が過去の平均を大きく上回っているのかを説明することができず、これを変える努力も、議論する努力さえしていないように見える。2021年初頭、オーストラリア社会にはCOVID-19はほとんど存在しなかったが、偶然にも過剰死亡率が顕著に上昇し始めた。観察された傾向は、新規性の高い医薬品の導入期と、世界で最も過酷なパンデミック政策対応とが結びついたものである。著者の一人であるオーストラリアのアストリッド・レフリングハウゼン博士のコメントを紹介しよう:

ワクチンは注射部位に留まり、リンパ系に取り込まれ、その後すぐに分解されると思われていた。結局のところ、どれも正しくなかったのだが……。不可能ではないにせよ、物理的にありえないことであるにもかかわらず、誰もがワクチンが健康と予防をもたらすと信じていた。あらゆる約束にもかかわらず、COVID-19ワクチンは安全ではなかった。

他の国々も同じ状況にある。アメリカの作家エド・ダウドは、健康な若者の死亡における初期の傾向を特定した。彼の著書のタイトルは『原因不明:2021年と2022年の突然死の流行』である。

ダウド氏は、全死因死亡率のデータが、健康な現役世代のオーストラリア人に不釣り合いな過剰死亡という実に憂慮すべき傾向を示していると主張している。同様の傾向はアメリカなど他の国でも見られ、「ミレニアル世代はベトナム戦争に匹敵する経験をし、わずか12ヶ月の間に6万人以上の過剰死亡者を出した」と彼は言う。ダウド氏は、アメリカの生命保険会社から、現役世代の死亡が40%も増加しており、そのほとんどがCOVIDに起因するものではないことを確認したという報告書を次々と発見した。

たとえば、ワンアメリカ社のスコット・デイヴィソンCEOは、ある商業会議で次のような発言をしている: ワンアメリカだけでなく、このビジネスの歴史上、最高の死亡率を目の当たりにしている。そのデータは、この事業のすべてのプレーヤーに一貫している」。オーストラリアで明らかになったように、これらの死亡の大部分はCOVIDに起因するものではない。同様の調査結果は、さまざまなデータソースを通じてオーストラリアでも見ることができる。ダウド氏は再び、『これらの死を無視することは、これらの人々と悲嘆にくれる家族に対して、我々が示すことのできる最大の無礼である』と述べた。

原因不明-突然死の流行

エド・ダウド

ほとんどすべての規制機関、医療責任者、政治家は、COVID-19ワクチンはウイルスの感染と拡散に対して100%有効であると発表した。集団予防接種は、人々が通常の生活に戻るための唯一の解決策であった。安全で効果的という謳い文句は虚偽であることが証明された。政府の報告書によれば、このような主張が正当化されることはなかった。なぜなら、これらの新しい治療薬が感染を阻止し、病気を阻止し、公共政策の観点から最も重要なことである感染を阻止できるという決定的な証拠がなかったからである。ワクチンがCOVID-19の感染も伝播も防ぐことができないことが明らかになるにつれ、世論も変わっていった。ワクチンは「重篤な入院や死亡を防ぐ」効果があると言われるようになった。これは今日に至るまで証明されたことのない主張であり、科学というよりもマーケティングに近い主張である。

興味深いことに、2021年9月1日、CDCはワクチンの定義を静かに変更した。ワクチンは「特定の病気に対する免疫を作り出す」接種剤ではなく、「病気に対する身体の免疫反応を刺激するために使用される製剤」となった。この定義変更により、これらのCOVID製品はワクチンというよりも治療薬となる。

1 この記事はエド・ダウドの近著『Cause Unknown: The Epidemic of Sudden Deaths in 2021 & 2022』に基づいている。データ分析は、www.phinancetechnologies.com、過剰死亡率プロジェクトと記載されているセクションで見ることができる。

「Cause Unknown」(原因不明)2021年・2022年の突然死の流行
"Cause Unknown": The Epidemic of Sudden Deaths in 2021 & 2022 (Children’s Health Defense) 目次 タイトルページ 読者への注意事項 目次 ロバート・F・ケネディJr.による序文 はじめに 健康

徐々に明らかになり、分析されつつあるデータは、2021年から22年にかけて雇用されていたことが実際に健康に有害であったことを裏付けているようだ。パンデミックの間、私たちの安全を守るために導入された公共政策措置はすべて、過剰死亡という異所性パンデミックと思われる結果をもたらした。自殺、過剰摂取、急速に発症する致命的ながんの治療遅れによる死亡が、すべて義務化導入後に急増したのは、統計的にありえないことである。

以下のオーストラリアの四半期別過剰死亡率分析は、オーストラリア統計局、保健・高齢者医療省、データで見る我々の世界、国連を情報源として実施された。データは特定の年齢層についてのみ入手可能である。

四半期別超過死亡率分析

我々は、毎週の超過死亡分析に基づくデータを四半期ごとに集計することで、四半期ごとの超過死亡推定値を得ている。

週ごとの超過死亡率を推定するために、2段階のアプローチでベースライン死亡数を推定する。第1段階は、方法論論文で述べたように、年次データを用いて死亡率のトレンドを推定することである。

第2段階は、ある週の死亡者数または死亡率を平均死亡率と比較することで、週ごとの超過死亡者数を推定することである。平均死亡率は、N年間(データの入手可能性にもよるが、通常5年から10年)の死亡者数の週ごとの平均頻度を用いて計算される。この2つの方法を併用することで、超過死亡率のトレンド調整済み推定値と年度調整済み推定値が得られる。

四半期ごとの超過死亡の分析により、異なる指標を用いて超過死亡の季節調整パターンを推定することができる。例えば、2022年第1四半期と2021年第1四半期の超過死亡率を比較し、ワクチン接種政策が超過死亡率に及ぼす影響を観察することができる。

超過死亡率の四半期ごとの変化 vs ワクチン接種。

以下のグラフは、2020年から2022年までの四半期ごとの(年率換算した)超過死亡率を年齢層別に示したものである。COVID-19の予防接種データ(右側の目盛り)は、各四半期末時点の累積接種回数の合計であり、各年齢層人口に対する割合である。

2 この記事のグラフはオーストラリア統計局によるもので、https://phinancetechnologies.com/HumanityProjects/Quarterly%20Excess%20 Death%20Rate%20Analysis%20-%20AU.htm に掲載されている。

3 phinancetechnologies.com/HumanityProjects/Resources.htm

2020年から2022年までの四半期別超過死亡率

超過死亡率-比較指標

超過死亡率の四半期別比較指標

下のグラフは、2020年、2021年、2022年の超過死亡率の四半期ごとの変化の推移を示している。ユーザーは希望する年齢層を選択することができる。パンデミックの進展に伴い、自然免疫の増加やワクチン接種の結果、超過死亡率の変化はマイナスに転じることが予想される。

下のグラフは、特定の期間における全年齢層の超過死亡率の四半期ごとの変化を示している。年齢層人口に占めるCOVID-19ワクチン接種回数の割合も示されている。ユーザーは期間を指定することができる。

年齢群別過剰死亡率の四半期比較 次のグラフでは、2020年、2021年、2022年の各年齢群の過剰死亡率の四半期比較を行うことができる。

このグラフは、異なる年の季節的に相当する時期の超過死亡率を調べるのに特に興味深い。2021年末のワクチン普及率も示されている。

異なる年齢層の超過死亡率の四半期比較

オーストラリアのデータによると、働き盛りのオーストラリア人の全死因死亡率が急増し始めたのは、ワクチン接種義務化後の2022年であった。ウイルスの感染者の多くが高齢者で、既往症のある脆弱な人々であることを知っていながら、公衆衛生当局は、オーストラリアの労働年齢層の死亡数が統計的に有意に増加していることをどのように説明できるのだろうか?そして、なぜ誰もそれを知ろうとしないのだろうか?

私たちは、規制機関が金融や政治的利害関係者に取り込まれ、社会のために調査や規制を行おうとする問題の真相に迫ろうとしないか、迫れない世界に生きている。偏りのない包括的な調査がなければ、良くて誤った政策決定、悪ければ怠慢や不正行為につながる危険性がある。COVID-19の大流行時ほど、このことが明白になったことはない。

このような状況では、公共の利益の門番として機能する独立したエージェントが必要である。我々はそのようなエージェントとなり、同様の結果を求める他の個人や機関に質の高い研究を提供するつもりである。

我々のデータ分析によれば、健康な若者が驚くべき頻度で死亡し、障害を負っている。こうした事件の発生率は新しく異常なものであり、政府当局も十分に説明していない。まぎれもなく、公衆衛生に関する疑問は、権力者たちによって問われることも、答えられることもない。現時点では、このパンデミック(過剰な死)に対する当局の対応は、無能と片付けられる域を超えているようだ。有害だとわかっている製品の大量使用を許可(さらには強制)しているのだ。公衆衛生や製薬会社の権力者たちは、完全に隠蔽工作に走っているように見える。現時点では、その過失は犯罪的といえるだろう。

ワクチン接種と遺伝子組み換え-何が間違っているのだろうか?

コニー・ターニとアストリッド・レフリングハウゼン1著

オーストラリアで主に使用されているワクチンは、今日までモデルナとファイザー・バイオンテックによるmRNAワクチンであるため、このエッセイのテーマもそれである。

この総説はオーストラリアの視点から書かれており、執筆当時、オーストラリアではCOVID-19ワクチンがまだ盛んに宣伝されていた。その時点で政府は4回目の注射と、特に小さな子供と妊婦への注射を推進していた。米国のFDAに相当するオーストラリアの治療用品管理局(TGA)は、同時期にそのウェブサイトで、どのワクチン製造業者からも完全なデータパッケージは得られておらず、大規模試験はまだ進行中であると述べていたにもかかわらず、である。

しかし、『ワクチンは安全で効果的である』という一般向けのメッセージは至るところで聞かれた。ワクチンは注射部位に留まり、リンパ系に取り込まれ、その後すぐに分解されると思われていた。結局のところ、どれも正しくなかった。2020年までのワクチンは、常に注射された物質が免疫反応を引き起こし、最終的に免疫を獲得するものだった。その物質である抗原は通常、病原体かその一部(破傷風ワクチンがトキソイドであったような例外はあるが)であり、常に細胞外の別個の存在で、正確かつ明確に定義された濃度で投与されるものであった。

1 この記事は、COVID-19ワクチンについて批判的に検討し、公的発表と科学的事実を比較したオーストラリア初の論文である、2022年9月1日付のConny TurniとAstrid Lefringhausenによる総説に基づいている。この論文は、COVID-19ワクチンの副作用に特化した世界中のおよそ1100の症例研究と科学的発表に基づいている。

COVID-19注射は合成ウイルスに似た働きをするもので、一過性の遺伝的プロワクチンと呼ぶべきものである。COVID-19ワクチンには遺伝情報が含まれており、脂肪のエンベロープで保護され、バイアル瓶の内容物の完全性、希釈方法、注射技術、被接種者の生理学的状態によって、注射された人の未知の数の細胞に入り込む。この遺伝情報は、宿主細胞にウイルスのスパイクタンパク質を産生させ、その後細胞表面に提示され、スパイクタンパク質を産生する細胞に対する免疫系による攻撃(本質的には自己免疫反応)を誘発することにより、ワクチンとして機能する。

エンベロープを構成する脂質ナノ粒子(LNP)は、コレステロールと2種類の合成脂質の混合物である: ALC-0315とALC-0159である。これらのナノ粒子の製造元であるエシュロンは、「研究用であり、ヒトには使用しない」と明記している。) ALC-0315はイオン化可能なカチオン性アミノ脂質で、脂質ナノ粒子の形成に他の脂質と組み合わせて使用されてきた[2]。一方、ALC-0159はポリエチレングリコール(PEG)脂質コンジュゲートで、その性質上、非イオン性界面活性剤である。LNPは、そのサイズと反応性の結果、あらゆる生物学的障壁を通過することができる-血液脳関門や血液胎盤関門がその例である。日本政府はファイザー社に、LNPが肝臓、卵巣、副腎に急速に蓄積し、脳や他の臓器にも少量蓄積することを示す生体内分布研究を要求した。同様の研究は2021年1月にTGAに提出され、同年末に情報公開請求に応じて非臨床評価報告書の一部として公開された(FOI 2389 document 6 (tga.gov.au))。表1はその報告書からの抜粋で、数分から数時間以内に血液や血漿を含む様々な臓器にLNPが蓄積することを示している。ファイザー社は報告書の4ページに結果を要約し、評価の範囲についても指摘している。彼らは、マウス、ラット、アカゲザルでワクチンをテストし、mRNA COVID-19ワクチンであるBNT162b2がサルとマウスで体液性免疫応答と細胞性免疫応答を誘導することを発見した。

しかし、サルの抗体とT細胞は2回目の投与から5週間後には急速に減少し、長期的な免疫が懸念された。サルに投与されたワクチンの用量は100ugで、ヒトに投与された用量の3倍以上であった。『アカゲザルは臨床症状を示さず、一般にSARS-CoV-2感染による肺病理は軽度である』ので、研究対象としては最適ではなかったかもしれない。さらに心配なことに、『高齢動物のSARS-CoV-2感染からの防御や免疫後の防御期間に関する研究はなかった』。動物実験は短期間のものであり、長期間の免疫は評価されていない。スポンサーは、長期間の免疫はヒトのデータで対応するとしている。

非臨床評価報告書 BNT162b2(mRNA)COVID-19ワクチン、45ページの表1: 50ug mRNA/ラット単回IM投与後の組織および血液中の放射能濃度の平均値(男女合計)

公式の臨床試験は2020年末に終了し、プラセボ群へのワクチン接種によって無効となったので、これは2021年1月にTGAが、オーストラリアの人口がこれらの新しい注射の長期免疫試験に使用されるグループの1つになることを知らされたことを意味する。また、予防期間、高齢者の予防、長期的な副作用に関する情報がなかったことも明らかで、安全でも効果的でもないようだ。プロ・ワクチンの一過性の性質でさえ、部分的にしか真実でないことが判明した。mRNAは、潜在的な自然免疫の認識を減らすためにヌクレオシド修飾されており、半減期が数分しかない通常の細胞mRNAよりもはるかに安定している。

ワクチンmRNAは、注射から60日後には被接種者の体内から検出された[3,4]。そのため、被接種者それぞれがどれだけのスパイクタンパク質をどれだけの期間産生するのかを予測することは不可能である。残念ながら、スパイクタンパク質はヒトの細胞に対して毒性があり、ヒトにおける呼吸器感染症の重篤な副作用のほとんどを引き起こしている。そのS1サブユニットはワクチン接種後まもなく血液中を循環し、血小板上のフィブリノゲンやACE2と結合することで血液凝固を誘導することが分かっている[5]が、S2サブユニットはBRCA-1、2、P53とシリコで相互作用することが示されている[6]。P53は細胞分裂とアポトーシスを制御するタンパク質をコードする遺伝子で、一般的な腫瘍抑制因子として知られている。BRCA-1および2遺伝子産物は、損傷したDNAの修復に関与しており、女性の乳がんや卵巣がん、男性の前立腺がんと関連している。mRNAワクチンが細胞のDNA修復機構を妨害する他の可能な方法としては、RNAポリメラーゼIやそのプロモーターのようなハウスキーピング遺伝子のスパイクによるダウンレギュレーション、miRNAの調節異常がある。MiR-148はそのようなマイクロRNAの一つであり、スパイクタンパク質の産生後、トランスフェクトされた細胞によってエクソソーム中に排泄され、相同G1期組換えをダウンレギュレートするとともに、ヒトのミクログリアを過活性化し、その過程で中枢神経系(CNS)にダメージを与えることが示されている[7]。

ケビン・マッカーナンと彼のチームは、mRNAワクチンの塩基配列を決定したところ、プラスミドDNAが最大30%混入していることを発見した。最も懸念されるのは、二価ワクチンに含まれるシミアンウイルスのプロモーター(SV40)である。さらに、mRNA-LNP複合体中に細菌プラスミドベクターが存在することは、高レベルの汚染エンドトキシン(細菌膜の一部であり、ヒトの免疫系を強く刺激し、アナフィラキシー反応を引き起こす)がワクチン中に存在する可能性があるという警告サインと見なす必要がある。2021年8月に行われたDoshiらによる研究[8]では、ファイザーのワクチンはプラセボに対して重篤な有害事象(SAE)のリスクが36%高かったと結論づけている。モデルナでは、SAEリスクはプラセボに対して6%高かった。Shimabukuroによる別の研究[9]では、v-safe妊娠登録の妊娠中の参加者を追跡調査し、登録された女性のうち妊娠を完了したのはわずか21%であった。

mRNAワクチンの効果については、スパイク蛋白質だけでなく、スパイク、エンベロープ、膜蛋白質、ヌクレオカプシド蛋白質など、すべての蛋白質を含むウイルス全体にさらされるという事実だけで、より広範で強固な防御をもたらす自然感染に劣る可能性が高い。研究によると、自然感染のみがI型インターフェロン産生、細胞毒性、循環形質芽細胞の増加に関連する遺伝子をアップレギュレートするのに対し、mRNA注射はインターフェロン反応を抑制するようである。スウェーデン、カリフォルニア、フィンランド、イスラエルの研究では、COVID-19から回復した後の再感染率はワクチン接種者よりも低く、世界中の病院でワクチン接種を受けた医療従事者がワクチン接種後に高い確率で感染していることが示された。オミクロンが2021年後半に世界に進出して以来、COVIDに感染し深刻な影響を受けるのは、ますますワクチン接種を受けた人々であった。2022年後半までワクチン接種状況別にCOVID-19感染者、入院者、死亡者を公表していた数少ない州の一つがニューサウスウェールズ州であった。

図1 2022年12月31日までの2週間で、過去14日間にCOVID-19と診断され、入院、ICU入室、または死亡したと報告された人。数字は、ワクチン接種の有無が判明している患者の入院、ICUへの入室、死亡の総数に対する割合である。ワクチン接種状況が判明した患者のうち、合計1415人が入院し、105人がICUに入り、88人が死亡した。(https://www. health.nsw.gov.au/Infectious/covid-19/Documents/weekly-covid-overview-20221231.pdf )

図1は、2022年12月31日までの2週間に得られたデータと、ブースター注射の効果の悪化を示している。COVID-19感染が重篤化したオーストラリア人に対しては、呼吸困難、言語障害、運動能力の低下、錯乱、胸痛が発生した場合のみ医療機関に連絡することが推奨された。推奨された治療法は、モルヌピラビルやパクスロビドのような暫定承認された高価な新薬であった。無視されたのは、呼吸器疾患の治療で長年うまく使われてきた薬剤であった。COVID-19の死因のほとんどは二次性肺炎によるもので、2020年以前は、インフルエンザや二次性細菌感染の結果、呼吸困難に陥った患者に抗生物質を投与することが標準的なケアであったが、COVID-19のパンデミックではこの習慣が全面的に中止され、悲惨な結果を招いた。これは不可能ではないにせよ、物理的にはありえないことであったにもかかわらず、誰もがワクチンが健康と予防をもたらすことを信じていた。粘膜免疫系は、免疫系全体の中で最大の構成要素であり、感染脅威の主要部位である粘膜で防御を提供するように進化してきた。SARS-CoV-2は最初に上気道に感染するため、免疫系との最初の相互作用は、反応の誘導期と効果期の両方において、主に呼吸器粘膜表面で起こるはずである。 ワクチン接種によって産生される血清学的IgG抗体は、呼吸器ウイルス感染と闘う上ではわずかな役割しか果たさない。ウイルスが粘膜上で何日も複製された後に初めて、血液に入り、ワクチンによって誘導された抗体と出会うことができるのである。

表2:ファイザーまたはモデルナによるmRNAワクチン接種後の重篤な有害事象に関する1016の症例研究および出版物から報告された全症状。

* は、個別に報告されたいくつかのサブタイプを持つ副作用を示すが、この表ではまとめている。

TGAが管理するDAENデータベースを見ると、2021年から報告された有害事象の急増を無視することはできなかった。米国とドイツの大手保険会社は、18~64歳の全死因死亡率が40%上昇したことを指摘しているが、これはCOVID-19だけに起因するものではない。上記の表2は、ルート論文’COVID-19ワクチン-オーストラリアのレビュー’のSAE表を濃縮したもので、2022年7月までに発表された1016件の症例報告や研究を要約したものである。 [11] COVID-19ワクチンは間違いなく他のどのワクチンよりも多くの副作用を引き起こすが、その理由はおそらく両成分、mRNAとLNP、そして生成物であるスパイク・タンパク質が非常に炎症性の反応性分子であり、I型インターフェロンのシグナル伝達を妨害し、タンパク質合成を調節し、免疫細胞の形成とアポトーシスの両方に影響を与えるからであろう。

このスパイク・プロテインは、提示細胞に対する免疫攻撃が始まった後も自由に循環していることが分かっており、ACE2発現細胞(残念ながらほとんどすべての臓器系に存在する)に付着することができる。ACE2は通常、I型積分膜タンパク質として働き、結合すると活性化され、アンチオテンシンIIをアンジオテンシンに切断し、血圧を調節する。SARS-CoV-1感染では、スパイクタンパク質(SARS-CoV-2のそれと76-78%同一)のACE2への結合は、カゼインキナーゼII依存性のアクチベータータンパク質-1転写因子の活性化を引き起こし、それに続く遺伝子の転写イベントは、通常は転写されないmRNAの産生を誘導した。 [12] スパイク蛋白はまた、肺組織における合胞体形成を誘導することができる。合胞体形成は、最終的には細胞死につながるが、ウイルス感染時には、ヒト細胞から脱出して免疫系に暴露することなく、ウイルスを拡散させることができる。

表2で証明された重篤な副作用のほかに、他の副作用の可能性も考えられるが、ワクチンの量や質が極めて多様であること、またワクチン接種者の生理や病態が異なることから、今のところ注射とは無関係であり、おそらく注射が原因であることが決定的に証明されることはないだろう。Lyons-Weilerによる研究[13]では、SARS-CoV-2タンパク質の3分の1以上がヒトの主要タンパク質と問題のある相同性を示し、自己免疫疾患の発症につながる可能性があることが示された。すでに2つの自己免疫疾患が見つかっているが、極めてまれな疾患としてごまかされているのが、免疫性血小板減少症とギラン・バレー症候群である。スパイクタンパク質は、アミロイド形成性(凝集しやすい)であり、ヘパリン結合アミロイドタンパク質との相互作用によってタンパク質の凝集を開始することによって、認知症、アルツハイマー病、パーキンソン病などの神経変性疾患の原因や悪化に関与していることが示唆されている。

[14]抗体依存性増強(ADE)は非常に現実的な懸念であり、SARS-CoV-2に感染した際のワクチン接種者とワクチン未接種者の罹患率の増加を説明することができる。スパイクタンパク質の変異率が非常に高いため、ほとんどすべてのワクチンは、接種初日から体内で消滅したスパイクタンパク質を産生させることになる。これが非中和抗体となれば、感染時に変異した新型ウイルスに利用され、より容易に免疫細胞に侵入し、細胞の資源を利用して増殖することができる。

すべての約束にもかかわらず、高齢者にとってもCOVID-19ワクチンは安全ではなかった。過剰死亡率とCOVID-19注射の相関関係におけるシンプソンのパラドックスを調べたウィルソン・サイによる最近の研究[15]では、「COVID注射が病気や死亡を減らすという以前の疫学的証拠は、現在では方法論的に無効になっており、注射が弱者にとって有益であるという主張は反証されている。注射はCOVID以外の過剰死亡の謎を説明するものである。オーストラリアでのパンデミックは、特に高齢者にとっては不釣り合いな被害を被っており、本質的に異所性であることが示されている。この明確な証拠を故意に無視することは、異所性老年殺人に等しい」。

参考文献

[1] Turni, C., Lefringhausen, A. (2022) COVID-19 vaccines – An Australian Review. Journal of Clinical & Experimental Immunology. 7(3):491-508.

[2] Saadati, F., Cammarone, S., Ciufolini, M.A. (2022) A Route to Lipid ALC-0315: a Key Component of a COVID-19 mRNA Vaccine. Chemistry. 28(48):e202200906. doi: 10.1002/chem.202200906.

[3] Röltgen, K., Nielsen, S.C.A., Silva, O., Younes, S.F. et al. (2022). Immune imprinting, breadth of variant recognition, and germinal center response in human SARS-CoV-2 infection and vaccination. Cell. 185, 1025 – 1040. DOI: doi.org/10.1016/j.cell.2022.01.018

[4] Fertig, T.E., Chitoiu, L., Marta, D.S., Ionescu, V.-S., Cismasiu, V.B., Radu, E., Angheluta, G., Dobre, M., Serbanescu, A., Hinescu, M.E., et al. (2022) Vaccine mRNA Can Be Detected in Blood at 15 Days Post-Vaccination. Biomedicines. 10, 1538. doi.org/10.3390/biomedicines10071538

[5] Zhang, S., Liu, Y., Wang, X., Yang, L., Li, H., Wang, Y., … &Hu, L. (2020).SARS-CoV-2 binds platelet ACE2 to enhance thrombosis in COVID-19. Journal of Hematology & Oncology. 13(1), 1-22.

[6] Singh, N., Singh, A. B. (2020). S2 subunit of SARS-nCoV-2 interacts with tumor suppressor protein p53 and BRCA: an in silico study. Translational Oncology. 13(10), 100814.

[7] Mishra R and Banerjea AC (2021) SARS-CoV-2 Spike Targets USP33-IRF9 Axis via Exosomal miR-148a to Activate Human Microglia. Frontiers in Immunology. 12:656700. doi: 10.3389/fimmu.2021. 656700

[8] Doshi, P. (2020) COVID-19: Do many people have pre-existing immunity? 17 September 2020 BMJ. 2020; 370 doi: doi.org/10.1136/bmj.m3563

[9] Shimabukuro, T. T., Kim, S. Y., Myers, T. R., Moro, P. L., Oduyebo, T., Panagiotakopoulos, L., Meaney-Delman, D. M. (2021) Preliminary findings of mRNA COVID-19 vaccine safety in pregnant persons. New England Journal of Medicine. 384:2273-2282 DOI: 10.1056/NEJMoa2104983

[10] Russell, M.W., Moldoveanu, Z., Ogra, P.L., Mestecky, J. (2020) Mucosal Immunity in COVID-19: A Neglected but Critical Aspect of SARS-CoV-2 Infection. Frontiers in Immunology. 11, 611337. doi: 10.3389/ fimmu.2020.611337.

[11] Seneff, S., Nigh, G., Kyriakopoulos, A. M., McCullough, P. A. (2022). Innate immune suppression by SARS-CoV-2 mRNA vaccinations: The role of G-quadruplexes, exosomes, and MicroRNAs. Food and Chemical Toxicology, 164, 113008.

[12] Suzuki, Y.J., Gychka, S.G. (2021) SARS-CoV-2 Spike Protein Elicits Cell Signaling in Human Host Cells: Implications for Possible Consequences of COVID-19 Vaccines.Vaccines (Basel).9(1):36.doi: 10.3390/vaccines9010036. PMID: 33440640; PMCID: PMC7827936.

[13] Lyons-Weiler, J. (2020) Pathogenic priming likely contributes to serious and critical illness and mortality in COVID-19 via autoimmunity. Journal of Translational Autoimmunity, 3, 100051.

[14] Idrees, D., Kumar, V. (2021) SARS-CoV-2 spike protein interactions with amyloidogenic proteins: Potential clues to neurodegeneration. Biochemical and Biophysical Research Communications, 554, 94-98.

[15] Sy, Wilson. (2023) Simpson’s Paradox in the correlations between excess mortality and COVID-19 injections: a case study of iatrogenic pandemic for elderly Australians. www.researchgate.net/publication/371342838_ Simpson’s_Paradox_in_the_correlations_between_excess_mortality_and_ COVID-19_injections_a_case_study_of_iatrogenic_pandemic_for_elderly_ Australians

 

第2部 不十分なテスト – 彼らは知っているべきだった

次の著者は、一般大衆に薬理学的製品を提供する際の予防原則の重要性を指摘している。mRNAワクチンがヒトへの使用が承認されたのはこれが初めてである。mRNAワクチンは合成コードを提供することで作動する。m-Ψ-RNA送達システムは、スパイクプロテインをコードする天然のmRNAを提供するのではなく、(天然に存在するヌクレオチド塩基であるウリジンをシュードウリジン(Ψ)に置換することによって)急速に分解することなく、ヒトの体内に長く留まるように操作された改変されたmRNAコードを提供する。脂質ナノ粒子送達システムには潜在的な害がある。長期的な影響についてはまだまったく不明である。潜在的に危険な実験的、新規遺伝子ベースの製品は、COVID-19の感染と拡散を阻止する効果についてテストされたことはなく、オーストラリア医療専門家協会の意見では、遺伝毒性、発がん性、免疫毒性、生殖毒性についても十分にテストされなかった。このような証拠基準の引き下げは正当化できない。

2021年7月、オーストラリア国民は、保健官僚と政治家が繰り返し安全性と有効性が証明されたと語っていた、不十分な試験で仮承認された遺伝子ベースのワクチン接種を、強制的な手法で強制されようとしていた。治療用品管理局(TGA)は治療用品規制法を改正し、COVIDの治療や予防のための医薬品の安全性と有効性の要件をさらに引き下げようとしていた。

裁判所から公表された文書によると、ファイザー・バイオエヌテック社のCOVID-19ワクチンBNT162b2の緊急使用許可(EUA)は、わずか170人の患者の有効性データに基づいて許可された。TGAは、EUAが承認された170人の患者において、プロトコルに重大な不適格な逸脱が確認されたことを懸念すべきであった。このようなプロトコル逸脱は、臨床試験の正当性、科学的規範、倫理的原則に重大な懸念をもたらすものである。ファイザー社は、コロナウイルス感染症の予防に95%の効果があるとして、わずか2カ月の臨床試験でCOVID-19注射剤の仮承認を得た。しかし、統計的検出力だけでなく、これらのデータに見られるプロトコルの逸脱に関しても重要な懸念が表明されている。国際的な医薬品規制当局が圧力をかけ、これらの懸念を無視して行進しているにもかかわらず、TGAは臨床試験の正当性を調査することに関心を持つべきだった。

Fraimanらによる「成人における無作為化試験でのmRNA COVID-19ワクチン接種後の重篤な有害事象」と題する分析は、このセクションでファイザーとモデルナの無作為化試験データをレビューしている。それによると、重篤な有害事象のリスクはワクチン接種者約800人に1人である。この 「有害事象に必要な数」は、ワクチン接種の利益、すなわち 「ワクチン接種に必要な数」の最も寛大な見積もりよりもはるかに高い数字である。規制当局は、このような高い有害性の可能性を、認識されている潜在的利益と照らし合わせて検討したのだろうか?ともあれ、私たちは、多くの保健当局者がこの論文の膨大な価値に注目していることを承知している。

われわれの疑念を信じがたい人々は、新規ワクチンの試験サンプルが非常に大きかったとよく言う。しかし、半数のみが治験用mRNAワクチンに暴露されたという事実を考慮してサンプルサイズを半分にすると、サンプルサイズはあまり印象的でなくなる。mRNAワクチンプラットフォームの安全性は、ファイザー・バイオエヌテック・コミルナティでは2020年11月14日、モデルナのSpikeワクチン接種では11月25日の時点で報告されている。この2つの試験を組み合わせ、2020年12月時点でFDAに提出されたデータを利用することで、著者らは、33,986人のmRNAワクチン接種者と33,951人のプラセボ接種者の有害事象プロファイルを比較する独自の解析を行った。重要なことは、その時点までの試験期間がまだ短かったとはいえ、ファイザーとモデルナの初回発表に用いられた成熟度の低い安全性データセットよりもはるかに優れているということである。多くの人々がこの論文とその憂慮すべきメッセージに反論しようとしているが、保健省やオーストラリア予防接種技術諮問グループ(ATAGI)のような関連団体を含め、その方法論に反論したものはない。

ここで、ワクチンの製造方法について考えてみよう。これは安全性と有効性を確保するための規制プロセスの不可欠な部分である。ファイザー社の臨床試験を分析したところ、試験中に投与されたワクチンのほぼすべてが、プロセス・ワンと呼ばれる臨床バッチに由来することが判明した。大腸菌を使用する第二の製造方法では、DNAを迅速に複製し、そこからRNAを迅速に抽出し、大量生産することができる。この2つの違いは非常に大きく、第2工程ではmRNAの完全性が低下する。このことは、プラスミドDNAやエンドトキシンによる汚染の可能性から、人々の健康やヒトゲノムに計り知れないリスクをもたらす。はっきりさせておこう。規制当局がファイザーのワクチンを承認したのは、第一工程に基づいた、とてつもないリスクを伴う工程を承認したためである。その後、第二工程を用いたワクチンで250人だけがテストされ、大量世界注射のためのEUAが許可された。言い直すと、規制当局はファイザー社の遺伝子に基づくワクチンを承認したが、その製造工程はファイザー社の製品の世界的大量生産には使用されなかったということである。わずか250人を対象にテストされたプロセス2の製造プロトコルは、破滅的としか言いようのないリスクをはらんでいることを理解する必要がある。このミスの大きさを過小評価してはならない。プラスミドDNAとエンドトキシンの存在がもたらすリスクのため、その意味するところは恐ろしい。エンドトキシンという言葉は、非科学的な議論では決して耳にすることはないが、地球上で最も有毒な産物の頂点にある。これについては、このパートで著者たちが論じている。

ファイザー社は、コロナウイルス感染症の予防に95%の効果があるとして、わずか2カ月の試験でCOVID-19注射剤の仮承認を得た。同時にファイザー社は、臨床試験データだけでなく、製品の内容物についても75年間の情報公開禁止を定めた。このような極めて狭い範囲の臨床試験データでは、私たちは2回の「安全で効果的な」注射でウイルスが止まり、社会は正常に戻ると聞かされていた。やがてそれは3回になった。そして4回になった。今ではそれ以上である。オーストラリア・ワクチン諮問委員会の記録によれば、妊婦はこの研究にも他の研究にも含まれておらず、mRNAの分布と分解に関するデータも、脂質ナノ粒子の毒性に関するデータもなかった。これでは、安全で効果的という政府のマントラは、ファイザー製品がリスクをもたらすとは『予想されない』と繰り返し主張するプロパガンダに過ぎない。希望的観測は決定的なデータではなく、予防原則の基礎となる通常の考慮事項ではない。

1 ジョシュ・ゲツコウ教授、BMJ誌、2023年5月13日号。

製造業者は、仮承認された注射剤の安全性と有効性のデータを政府に提供するために6年間を与えられただけでなく、そのデータを証明する必要もなくなった。また、その医薬品が他の利用可能な医薬品よりも大きな利益をもたらす可能性があることや、その医薬品が治療上大きな進歩をもたらす可能性があることを証明する必要もなくなった。

COVID-19 mRNAワクチン製品は、ヒトへの使用が承認された初めてのmRNAワクチンであり、ヒトで初めて承認されたコロナウイルスワクチンでもある。COVID-19の設計、開発、承認、投与のスピードは、製薬史上前例がなく、ヒトに使用する生物学的製剤の従来の試験スケジュールを無視したものである。 - Halma, et al.

そして

これらの結果は、mRNAワクチンが緊急承認時に当初推定されたよりも多くの害と関連していることを懸念させるものである。さらに、我々の解析では、ファイザー社の試験において、ワクチン接種者における重篤な有害事象のリスクが36%高いことが確認された。 - Fraiman, et al.

mRNAウイルスワクチンの新規性と潜在的有害性:

Matthew T.J. Halma、Jessica Rose、Theresa Lawrieによるスコープレビュー

要旨:ファーマコビジランスのデータベースは、改良型COVID-19 mRNA製剤に関する有害事象の証拠を示している。最近の発表によると、COVID-19 mRNAワクチンに関連した有害事象報告は、有害事象の病因としてスパイクプロテインを指摘しているものが多いが、われわれはプラットフォームそのものに原因がある可能性があることを提案する。現在および将来のmRNAワクチンの安全性を評価するためには、発現抗原を特定するのではなく、プラットフォームそのものに起因するリスクについてさらなる分析が必要である。もし危害がスパイクプロテインのみに起因し、かつ決定的であるならば、他の抗原を発現する将来の mRNA ワクチンは安全である可能性がある。もし害がプラットホームそのものに起因するのであれば、発現される抗原の毒性、あるいはその欠如にかかわらず、プラットホームは本質的に安全ではない可能性がある。この研究では、脂質ナノ粒子(LNP)によるRNAベースのデリバリーに関する先行研究を検証し、危害の原因となりうる要素を分解する。

1. はじめに

医薬品や医療機器の承認は、様々な規制機関を通じた体系的な承認プロセスを完了することが前提となっている。歴史的に、承認プロセスは、すべての新規承認を厳格な安全性評価の対象とすることで、患者の安全に寄与してきた。しかし、承認プロセスで発生した特定の安全性因子の見落としが顕在化したために、事後的に医薬品の承認が覆された例も数多く存在する[1]。このような承認プロセスにおける規制当局の安全性評価の失敗は、健康被害や経済的被害という点で高くつく。 [2]この問題を整理すると 2005年から2010年の間にEUで承認された309件の新規の心臓血管、整形外科、神経系機器のうち、73件(24%)が安全性警告または製品回収の対象となっており[3]、他の医療機器の報告率と一致している[4]。 重要なことは、新規製品の複雑性が増すにつれて、承認の成功率が低下することである[5]。例えば、新薬の承認は、低い第Ⅲ相試験の成功率(-10%)によって傷つけられている[6]。

前例のない新薬の成功率の低さ[6,7,8]と集団に対する潜在的リスクを考慮すると、薬理学的製剤、特に大規模集団に投与される製剤を承認する際には、予防原則[9]を採用することが重要である。COVID-19 mRNAワクチン製品は、ヒトへの使用が承認された最初のmRNAワクチンであると同時に、ヒトで承認された最初のコロナウイルスワクチンでもあり、新規の送達システムを有している。設計、開発、承認、投与のスピードも製薬史上前例がなく[10]、ヒトに使用する生物学的製剤の従来の試験スケジュールを無視したものである。

mRNAプラットフォームが世界中の保健規制当局から承認されたことで、mRNAは標的抗原の遺伝子配列のみを必要とする汎用性の高いプラットフォームであるため、業界はmRNAを用いた新しいワクチンの開発に態勢を整えた。何十億回という投与実績から、このプラットフォームに対する業界の熱意は高く、同じコア技術を用いた他のmRNA製品も開発されている[11,12]。

COVID-19のmRNA製品の新規性を評価するために、mRNAワクチンの歴史を見てみよう。

[13]。合成RNA技術には、遺伝子発現を低下させるための低分子干渉RNA(siRNA)の送達や、治療価値のあるタンパク質をコードするためのメッセンジャーRNA(mRNA)の送達、あるいはmRNAワクチン接種戦略のように免疫反応を刺激するための抗原をコードするための送達など、多種多様な用途がある(補足表SI)[1v4]。

注入されたmRNAからタンパク質を発現させようとする初期の試みは、いくつかの課題に直面した[35,36]。第一に、ベアRNAは炎症反応を引き起こし、分解されるためRNAの発現能が制限される[37]。第二に、ベアRNAは細胞膜を通過することが困難である[38]。これらの問題は、それぞれ擬ウリジル化[39]と脂質ナノ粒子(LNP)へのmRNAの封入というプロセスによって解決された[40]。 [後者の発見は、RNAを宿主の免疫反応やRNAsesから保護するだけでなく、細胞への効率的な取り込みを可能にし[40,42]、宿主のリボソームによる効率的な翻訳を可能にした。後にシュードウリジンは、より高い翻訳忠実度、高い発現量、宿主の免疫反応からのより良い回避により、Nl-メチル-シュードウリジンに取って代わられた[43]。

LNPの開発は、PEG化[45]とカチオン性脂質の使用という2つの革新によって改善された[46](図1)。ポリエチレングリコール(PEG)によるLNP表面修飾によって、脂質ナノ粒子はより長い時間生存することが可能となり[47]、抗原が発現された際に、そのパッケージの内容物を細胞に送達して免疫応答を引き起こすことができるようになった[48]。 [48]。LNPのもう一つの重要な開発は、カチオン性脂質の使用であり、mRNAの効率的な自己組織化とカプセル化を可能にする[49]。カチオン性脂質はさらに、mRNAを送達する際に重要な考慮点である、特定の細胞タイプに薬剤を送達するように修飾することができる[50,51]。従来の脂質ナノ粒子によるリポソームは、ファイザー-バイオエヌテックBNT162b2ワクチンとモデルナmRNA-1273ワクチンであった[40]。

図1 mRNA-LNPワクチン成分の概要

いくつかの仮定は、実験的証拠[53]や臨床的証拠[54]によって疑問視されたり覆されたりしている。理論的な安全性の利点は、汚染されずに製造が容易であること(mRNAワクチンは生ウイルスを使用する必要がない)[55]、感染や宿主ゲノム統合のリスクが低い(理論的には存在しない)ことであった[55,56]。

例えば、LNPは注射部位に留まり、mRNAは速やかに分解されるという二重の仮定は誤りであることが証明されている。生体内分布と生体蓄積のデータは、LNPが血流に入りうることを示しており[53]、注射から2カ月後の生体内試験においてmRNAとスパイクプロテインの両方が持続することを示す研究がある。 [別の研究では、注射後4カ月でスパイクプロテインの循環が確認されている。[62] mRNAワクチンの新規性、および臨床報告[54]、疫学[63]、実験室科学[64]による有害性のエビデンスが増加していることから、今後の研究により対処すべき安全性に関する懸念が残されている。

この総説では、mRNAワクチン接種者に対する既知の危害のメカニズムを要約し、mRNAワクチンの製造中や試験中に安全性のシグナルが明らかであったかどうかを判断するために、mRNAワクチンの過去のデータを検討する。数万人が参加したCOVID-19ワクチンの臨床試験以前には、様々なmRNAワクチンを投与された患者285人についての公開データしか存在せず、最も古い臨床試験は2018年に終了し、高率(10%以上)の重篤な有害事象を示した(補足表SI)。mRNA-LNP製剤の安全性評価の指針として、その新規性を強調しなければならない。なぜなら、現在の承認にはまだ多くの疑問が残されており、現在のエビデンスに基づいて重篤なリスクを決定的に否定することはできないからである。

本総説では、過去の治療薬に関する文献をレビューすることにより、mRNAワクチンの各成分について知られていることを要約する。さらに、COVID-19以前のmRNAワクチンの既知の安全性効果や、他のコロナウイルスワクチンの安全性についてもレビューする。

2. mRNAワクチンの要素と危害の可能性

2.1 脂質ナノ粒子(LNP)による害

脂質ナノ粒子は、1990年に真菌感染症治療薬AmBisome(LNP内包アムホテリシンB)がEUで承認されたのを皮切りに、数十年にわたって薬剤の送達に使用されてきた[52]。米国環境では、LNP投与による最初の薬剤は、カポジ肉腫治療薬のDoxil(LNP内包ドキソルビシン)とアスペルギルス症治療薬のAbelcet(LNP内包アムホテリシンB)であった[52]。

LNPの最も単純な形態はリポソームであり、これは内因性で産生される。

[単純なリポソームは体内の免疫系によって検出され破壊されるが[67,68]、ポリエチレングリコール(PEG)を加えることで、リポソームは宿主の免疫反応を回避し、体内でより長く持続してカプセル化された製剤を送達することができる。 [69]。PEGは体内では不活性であることが多いが、PEGを注射すると抗IgM抗体が誘発され、この免疫反応の結果、PEGを含む後続の注射は早く排出される。

[70] さらに、人口のごく一部がPEGに対するアレルギーを有しており、COVID-19ワクチンを接種した数人の患者のように、注射によってアナフィラキシーが誘発されることがある[71,72,73,74]。

ファイザーとモデルナのCOVID-19ワクチンに使用されたLNPの成分であるl,2-ジステアロイル-Sn-グリセロ-3-ホスホコリン(DSPC)の安全性が研究されている[75]。マウスを用いた研究では、臨床症状が認められなかったことから、ヒトに対する毒性はない可能性が高いとされた[75]。

2.2 外来RNAによる害外来RNAは、toll様受容体(TLR)[79]やレチノイン酸[79]のように、炎症反応を引き起こす。

[79]やレチノイン酸誘導性遺伝子I(RIG-I)[80]が活性化される。細胞外RNAは凝固促進物質として存在し[81]、脳微小血管の内皮細胞の伝染性を増加させる[82]。偽ウリジル化によってRNAを修飾した当初の理由は、TLRの活性化を回避するためであった[83]。偽ウリジル化RNAはRNAよりも翻訳忠実度が低かったため[84]、ヌクレオシドをNl-メチル-シュードウリジンに修飾し、翻訳忠実度をRNAのそれに近づけた[85]。

YRNAとNl-mYRNAの両方の性質はある程度深く研究されているが、疑問はまだ残っている。例えば、分子生物学のセントラルドグマを応用して、RNAワクチンはゲノムに組み込まれないと仮定されている。この声明は実験によって支持されておらず[86]、実際、ファイザーBioNTech社のCOVID-19 mRNAワクチンのヒト肝細胞株への逆転写を示す実験によって否定されている[64]。

YRNAは自然界にも存在し、ヒト細胞株中のウリジン含有量の0.2%~0.6%を占め、RNAとは生物学的に重要な違いがある[87]。Nl-mYRNAは自然界にも存在し、古細菌の中で発見されているが[88]、その特性に関する研究は2015年まで遡るのみである。

2.3. 体外転写(IVT)RNAによる害複雑さの次の段階は、宿主のリボソームによって能動的に転写されるRNA治療薬への移行である。IVT-RNAから発現された蛋白質は、外来的に供給された蛋白質よりも、標的細胞タイプに適した転写後修飾(およびその後のコンフォメーション)を受けている可能性が高いためである[90]。このような応用のためには、通常、薬剤を長期間にわたって反復投与する必要がある。[90,91]。反復投与では、安全性が非常に重要であり、投与1回当たりのAE発生率が低くても、何回も投与するうちに複合的な AEが発生する可能性があるからである。

これまでのところ、この治療法に関する研究のほとんどは薬剤の有効性に焦点を当てており、安全性に関するデータは限られている。mRNAの非免疫学的応用に関する2021年のレビューでは、タンパク質代替療法としてLNP-mRNAを用いた全ての研究で肝毒性が示されたか、安全性データが欠如していた[90]。いくつかの研究では抗薬物抗体(ADA)[92,93,94]の発現も示されており、これらは薬物を不活性化し、治療を妨げる可能性がある[95,96,97,98]。

もう一つの懸念は、内因性タンパク質に対する交差反応性の発現の可能性であり、内因性タンパク質が投与されたmRNAから発現されたタンパク質と類似した構造モチーフを有する場合に起こりうる。

[典型的には、ADA反応は、コードされたタンパク質が外来性タンパク質とは対照的に「自己」タンパク質である場合に減少する[102]。

最近の研究では、アデノウイルスベクターCOVID-19ワクチンではなく、ファイザーBNT162b2(COVID-19ワクチン)を3回接種した後に、IgG4抗体反応へのクラススイッチが観察されたことが示された[103]。[104,105]

2.4 RNAワクチン接種の有害性

IVTのRNAに存在する他の有害性に加えて、RNAワクチンには、免疫応答と免疫記憶を生成するという明確な目的のために外来性タンパク質を発現させるという安全性の課題もある。

感染症に対するRNAワクチンの安全性データは限られている[16-23](補足表SI)。COVID-19ワクチンの臨床試験以前には、285人の患者に関するデータがあり、非HIVワクチンに関する最も早い臨床試験は2018年に完了したばかりであった。これらの探索的試験の重篤な有害事象(SAE)発生率は14zb 2%(グレード3以上)であった。比較として、英国におけるインフルエンザワクチンの市販後調査研究では、SAE発生率は0.16%であり[107]、mRNAワクチンのSAE発生率のほぼ100分の1以下であった。

mRNAワクチンの新規性を考えると、長期安全性データは限られている。ワクチン接種の種類(すなわち、弱毒生ウイルス、不活化ウイルス、mRNA)は、産生されるIgG抗体に大きな影響を与えないはずであるが、重要な考慮点を挙げなければならない。mRNAワクチンは、ほとんどの場合、単一の抗原をコードしており、他のタンパク質を含む広範な抗体応答よりも、むしろ免疫逃避を可能にする。最近の証拠により、Comirnaty mRNA産物の文脈でIgGlからIgG4へのサブクラススイッチが明らかになったが、これはがん[108]、妊娠[109]、IgG4関連疾患に影響を及ぼす可能性がある[103,110]。COVID-19 mRNAワクチンはヨーロッパと北米で一般的に使用されており、これらはスパイク(S)タンパク質のみを特異的にコードしている[111,112]。

2.5 コロナウイルス予防接種の弊害

mRNAワクチンの新規性についての考察に加え、C19 mRNAワクチンは、ヒトで承認された最初のコロナウイルスワクチンであるという別の点でも、前例のないワクチンである。2002年から2003年にかけて発生したSARS-CoV[115]と2012年に発生したMERS-CoV[116]に続き、ヒトに感染するコロナウイルスに対するワクチンが注目されるようになり、その後ヒトだけでなく動物モデルでも試験されるようになった[117]。

SARS-CoV候補ワクチンをフェレットに投与したところ、肝炎が増強された。

[118] フェレットを用いた4種類のSARSワクチン候補の動物実験では、感染に対する初期防御期間が示され、その後SARS-CoVの再チャレンジに対する過敏性が示された。フェレットは4つのワクチン候補のすべてで、ウイルスチャレンジから誘発された肺の病理組織学的変化を発症し、免疫介在性障害を示唆した[119]。しかし、マウスとアカゲザルを用いたMERS-CoVワクチンの研究[120]では、目に見える病理組織学的変化を伴わない防御が示された。

抗スパイクIgG抗体は、すべてのmRNA COVID-19ワクチンで産生され[122]、他のCOVID-19ワクチンでは有意に低いレベルで産生される[123]。抗スパイクIgG抗体は、アカゲザルにおいてウイルスへの再暴露時に重篤な急性肺傷害を引き起こすことが実証されており、狭い免疫応答の負の効果を示唆している[124]。

ワクチンによる免疫介在性危険性は、コロナウイルスワクチンの開発における現存する問題であることが広く認められており[125-131]、現在のエビデンスによって裏付けられている[132]。COVID-19ワクチンの急速な開発中、抗体依存性増強(ADE)に対する十分な長期モニタリングを確立することが懸念事項であった[133,134]。残念ながら、本稿執筆時点では、ウイルスへの再チャレンジによる影響を含め、COVID-19ワクチンの長期的影響に関する利用可能なデータはない。

他のコロナウイルスに対する動物用ワクチンは入手可能であり、最近の総説にまとめられている[135]。ネココロナウイルスに対するワクチン接種に関する細胞培養実験では、免疫依存性増強の証拠が存在した。136,137,138]。ADEは、コロナウイルスの一つである鳥類伝染性気管支炎ウイルス(IBV)でも懸念されている[139,140]。IBVでは、最適でないワクチン接種がウイルスの進化動態を変化させ、エスケープ変異体の産生に寄与する可能性がある[141,142,143]。[141,142,143]。広範に中和するIBVワクチンを見つけることは、家禽産業にとって依然として大きな課題である[144-148]。

初期の犬コロナウイルスワクチンは、神経症状が出たため中止されたが[149,150]、現在のワクチンには同じ安全性の問題はない。[151,152]牛コロナウイルスのワクチン接種は、その後の再感染に対する免疫を提供できないことが多い[153,154,155]。豚の伝播性胃腸炎ウイルス(TGEV)に対する予防接種は、歴史的に免疫防御の誘導に問題があったが[156,157]、現在では広く使用されている。ワクチン抗原への曝露頻度が高すぎると、TGEVに対する免疫応答が低下する可能性がある[158]。もうひとつの豚コロナウイルスワクチンである豚流行性下痢症ウイルス(PEDV)は、広く使用されている[159]。PEDVワクチンの安全性に関する懸念は軽微であり、ほとんどが有効性の欠如に関するものである。

COVID-19ワクチンが承認される以前にも、コロナウイルスワクチンのヒト試験がいくつか行われている(表1)。ヒトに感染する常在コロナウイルスに加えて、過去20年間にいくつかのコロナウイルスの流行株が発生している。すなわち 2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS-CoV)[115]と2012年の中東呼吸器症候群(MERS-CoV)に関連するコロナウイルスである[160]。これらの流行は、最近の総説[117]に要約されているコロナウイルスワクチン候補の製造を促した(表1)。COVID-19ワクチンの開発以前には、SARSまたはMERSワクチン候補を投与された合計179人のヒト被験者に関するデータが存在し、このうち7人(4.2%)に重篤な有害事象が発生した(表1)。成人63人を対象としたMERSワクチン候補のヒト試験では、重篤な有害事象は認められなかったが、参加者の36%に感染症が認められた[161,162]。

表1 COVID-19以外のコロナウイルスワクチンのヒト試験の要約。[117]から引用した。

コロナウイルスワクチンの研究は、ヒト参加者数が限られており、まだ新しい技術であるが、COVID-19の大規模なワクチン接種プログラムが最近実施されたことにより、ヒトコロナウイルスワクチンの安全性を評価するために利用可能なデータが増加した。

2.6 SARS-CoV-2スパイク(S)抗原を用いたRNAワクチン接種の有害性

SARS-CoV-2のスパイク(S)タンパク質をコードするワクチンには、Sタンパク質特有の生物学的影響に起因する、さらなる害のメカニズムがあると考える理由がある。文献にはいくつかの研究があり[169- 172]、この総説の範囲を超えているため、実質的に深く取り上げることはできない。しかしながら、RNAワクチンの複雑さを評価する上で、スパイクプロテインの追加はもう一つの要因となる。この複雑さと、起こりうる害に関する不確実性は、自明なものではなく、現在のデータに基づいて否定することはできない。本節では、スパイクプロテインをコードするmRNAワクチンによる危害の仮説と、臨床疫学的見地からのそれぞれの証拠、および実験室での研究から得られたメカニズム的データを簡単に取り上げる。

RNAワクチンの安全性に関する基本的な主張と矛盾するいくつかの観察がなされている。例えば、RNAは細胞内で比較的不安定で一過性であると考えられていた。しかし、いくつかの研究では、注射後数ヵ月後にスパイクプロテインとワクチンmRNAが同定されている[61,62]。スパイクプロテインは、実験室環境において炎症[173,174]や血管障害[175]を引き起こし、アミロイド形成の種として作用することが示されている[176]。

3. 考察

mRNAワクチンの安全性評価を行うための情報は限られている。mRNAワクチンのカテゴリーでは、385人の患者データがある。感染症に対するmRNAワクチンでは、285例のデータがある。重篤な有害事象の発生率は、広義のRNAワクチン(がんワクチンを含む)では385例中64例、17%であり、感染症ワクチンに限定すると、SAE発生率は41/285例、14%となる。投与量を決定しなければならない新規技術の臨床試験(これらの臨床試験の多くは第Ⅰ相試験である)では、高水準が予想されるが[177]、これらの知見は、戦略としてのmRNAワクチン接種が相対的に未熟であることを示している。SARS-CoV-2のmRNA製剤の有効性の低さと防御期間の短さ[178,179]、およびCOVID-19合併症による多くの集団のリスクの低さ[180]を考慮すると、特定のリスク集団ではmRNAワクチンの接種を中止することが望ましいかもしれない。

mRNAワクチンの反応性の鍵は、外来抗原を発現していることであり、その抗原提示細胞は破壊のためにマークされている。脂質ナノ粒子はそれ自体、急性炎症反応を示すが[77,78,181]、これまでのところ、LNPを用いた臨床試験では、LNPを低分子、非発現RNA、または内因性タンパク質のRNAの送達に用いても、大きな安全性シグナルは見つかっていない[77,78,181]。LNP-RNA送達システムによる一般的な免疫反応に起因する害に加え、スパイクプロテインに特異的な害もいくつか存在する。これらのメカニズムのいくつかは、実験室での実験や臨床所見によって裏付けられているが、さらなる調査が必要である。医学には、その時点で十分な証拠がないまま安全性が仮定され、後に残念なことに健康と生命を失うことになった事例が数多くある。mRNAワクチンは、予期せぬ大きな害を示しており、これらの害は、治療法を特定するために重要なメカニズムのさらなる調査が必要である。

新しい生物医学技術は、様々な症状や疾病に救済をもたらすことができる。しかし、その使用にあたっては、起こりうる害を考慮しなければならない。ここでわれわれは、mRNA技術は、現在および将来の製品における安全性の懸念を決定的に排除できないほど新規なものであり、現在および将来のユーザーに対する安全性を確保するためにさらなる研究を行う必要があると主張する。

他のワクチン・プラットフォームには、そのメカニズムに関するより長期的なデータがあり、それらの方が未知の長期的影響は少ない。mRNA-LNP製剤自体のデータが不足していることを考慮すると、我々はmRNA-LNP製剤の強固で独立した広範な安全性監査を推奨し、規制当局に対し、特に一般集団で予防的に使用される製剤については、メーカーに高い安全基準を課すよう求める。

補足資料:以下の補足資料は、https://www.mdpi.com/article/10.3390/j6020017/si。表SI:過去のLNP-mRNA製品の安全性プロファイル。

著者貢献: 構想、M.T.J.H.、執筆-原案作成、M.T.J.H.、研究、M.T.J.H.、J.R.およびT.L.、執筆-校閲および編集、M.T.J.H.、J.R.およびT.L.、監修、M.T.J.H. 著者全員が本原稿の出版版を読み、同意した。

資金提供:本研究は外部資金援助を受けていない。

謝辞:Cristof Plotheのコメントに感謝する。

利益相反:M.T.J.H.とT.L.は、全人的健康増進のための非営利団体である世界健康評議会のメンバーである。

4. 参考文献

[3] Vajapey, S.P.; Li, M. Medical Device Recalls in Orthopedics: Recent Trends and Areas for Improvement. J. Arthroplast. 2020, 35, 2259-2266. [CrossRef ]

[4] Young, R.; Bekele, T.; Gunn, A.; Chapman, N.; Chowdhary, V.; Corrigan, K.; Dahora, L.; Martinez, S.; Permar, S.; Persson, J.; et al. Developing New Health Technologies for Neglected Diseases: A Pipeline Portfolio Review and Cost Model. Gates Open Res. 2020, 2, 23. [CrossRef ]

[5] Dowden, H.; Munro, J. Trends in Clinical Success Rates and Therapeutic Focus. Nat. Rev. Drug Discov. 2019, 18, 495-496. [CrossRef ]

[6] Wong, C.H.; Siah, K.W.; Lo, A.W. Estimation of Clinical Trial Success Rates and Related Parameters. Biostatistics 2019, 20, 273-286.
[CrossRef ]

[7] Dahlin, E.; Nelson, G.M.; Haynes, M.; Sargeant, F. Success Rates for Product Development Strategies in New Drug Development. J. Clin. Pharm. Ther. 2016, 41,198-202. [CrossRef ]

[8] Hayes, A.W. The Precautionary Principle. Arh. Hig. Rada Toksikol.
2005, 56,161-166.

[9] Ball, P. The Lightning-Fast Quest for COVID Vaccines—And What It Means for Other Diseases. Nature 2020,589,16-18.
[CrossRef ]

[10] Le, T.; Sun, C.; Chang, J.; Zhang, G.; Yin, X. MRNA Vaccine Development for Emerging Animal and Zoonotic Diseases. Viruses 2022,14,401. [CrossRef ] [PubMed]

[11] Ladak, R.J.; He, A.J.; Huang, Y.-H.; Ding, Y. The Current Landscape of MRNA Vaccines Against Viruses and Cancer-A Mini Review. Front. Immunol 2022,13, 885371. [CrossRef ] [PubMed]

[12] Dolgin, E. The Tangled History of MRNA Vaccines. Nature 2021,
597, 318-324. [CrossRef ] [PubMed]

[13] Mu, X.; Hur, S. Immunogenicity of In Vitro-Transcribed RNA. Ace.
Chem. Res. 2021, 54, 4012-4023. [CrossRef ]

[14] Guo, S.; Li, H.; Ma, M.; Fu, J.; Dong, Y.; Guo, P. Size, Shape, and Sequence-Dependent Immunogenicity of RNA Nanoparticles. Mol. Ther. Nucleic Acids 2017, 9, 399-408. [CrossRef ]

[15] Wadhwa, A.; Aljabbari, A.; Lokras, A.; Foged, C.; Thakur, A. Opportunities and Challenges in the Delivery of MRNA-Based Vaccines. Pharmaceutics 2020,12,102. [CrossRef ]

[16] Pandey, M.; Ojha, D.; Bansal, S.; Rode, A.B.; Chawla, G. From Bench Side to Clinic: Potential and Challenges of RNA Vaccines and Therapeutics in Infectious Diseases. Mol. Asp. Med. 2021, 81,101003. [CrossRef ]

[17] Anderson, B.R.; Muramatsu, H.; Nallagatla, S.R.; Bevilacqua,PC.; Sansing, L.H.; Weissman, D.; Kariko, K. Incorporation of Pseudouridine into MRNA Enhances Translation by Diminishing PKR Activation. Nucleic Acids Res. 2010, 38, 5884-5892. [CrossRef ]

[18] Hou, X.; Zaks, T.; Langer, R.; Dong, Y. Lipid Nanoparticles for MRNA Delivery. Nat. Rev. Mater. 2021, 6,1078-1094. [CrossRef ]

[19] Morais, P.; Adachi, H.; Yu, Y.-T. The Critical Contribution of Pseudouridine to MRNA COVID-19 Vaccines. Front. Cell Dev. Biol. 2021, 9, 789427. [CrossRef ]

[20] Strachan, J.B.; Dyett, B.P.; Nasa, Z.; Valery, C.; Conn, C.E. Toxicity and Cellular Uptake of Lipid Nanoparticles of Different Structure and Composition. J. Colloid Interface Sci. 2020, 576, 241-251. [CrossRef ] [PubMed]

[21] Nance, K.D.; Meier, J.L. Modifications in an Emergency: The Role of Nl-Methylpseudouridine in COVID-19 Vaccines. ACS Cent. Sci. 2021, 7, 748-756. [CrossRef ] [PubMed]

[22] Andries, O.; Me Cafferty, S.; De Smedt, S.C.; Weiss, R.; Sanders, N.N.; Kitada, T. N(l)-Methylpseudouridine-Incorporated MRNA Outperforms Pseudouridine-Incorporated MRNA by Providing Enhanced Protein Expression and Reduced Immunogenicity in Mammalian Cell Lines and Mice. J. Control. Release 2015, 217, 337-344. [CrossRef ] [PubMed]

[23] Suk, J.S.; Xu, Q.; Kim, N.; Hanes, J.; Ensign, L.M. PEGylation as a Strategy for Improving Nanoparticle-Based Drug and Gene Delivery. Adv. Drug Deliv. Rev. 2016, 99, 28-51. [CrossRef ] [PubMed]

[24] Kulkarni, J.A.; Darjuan, M.M.; Mercer, J.E.; Chen, S.; van der

Meel, R.; Thewalt, J.L.; Tam, Y.Y.C.; Cullis, PR. On the Formation and Morphology of Lipid Nanoparticles Containing Ionizable Cationic Lipids and SiRNA. ACS Nano 2018,12,4787-4795. [CrossRef ] [PubMed]

[25] Yuan, H.; Chen, C.-Y.; Chai, G.; Du, Y.-Z.; Hu, F.-Q. Improved Transport and Absorption through Gastrointestinal Tract by PEGylated Solid Lipid Nanoparticles. Mol. Pharm. 2013,10,1865- 1873. [CrossRef ] [PubMed]

[26] Teijaro, J.R.; Farber, D.L. COVID-19 Vaccines: Modes of Immune Activation and Future Challenges. Nat. Rev. Immunol. 2021, 21, 195-197. [CrossRef ]

[27] Brader, M.L.; Williams, S.J.; Banks, J.M.; Hui, W.H.; Zhou, Z.H.; Jin, L. Encapsulation State of Messenger RNA inside Lipid Nanoparticles. Biophys. J. 2021,120, 2766-2770. [CrossRef ]

[28] Kim, M.; Jeong, M.; Hur, S.; Cho, Y.; Park, J.; Jung, H.; Seo, Y.; Woo, H.A.; Nam, K.T.; Lee, K.; et al. Engineered Ionizable Lipid Nanoparticles for Targeted Delivery of RNA Therapeutics into Different Types of Cells in the Liver. Sci. Adv. 2021, 7, eabf4398. [CrossRef ]

[29] Han, X.; Zhang, H.; Butowska, K.; Swingle, K.L.; Alameh, M.-G.; Weissman, D.; Mitchell, M.J. An Ionizable Lipid Toolbox for RNA Delivery. Nat. Commun. 2021,12, 7233. [CrossRef ]

[30] Akinc, A.; Maier, M.A.; Manoharan, M.; Fitzgerald, K.; Jayaraman, M.; Barros, S.; Ansell, S.; Du, X.; Hope, M.J.; Madden, T.D.; et al. The Onpattro Story and the Clinical Translation of Nanomedicines Containing Nucleic Acid-Based Drugs. Nat. Nanotechnol. 2019, 14,1084-1087. [CrossRef ] [PubMed]

[31] Ogata, A.F.; Cheng, C.-A.; Desjardins, M.; Senussi, Y.; Sherman, A.C.; Powell, M.; Novack, L.; Von, S.; Li, X.; Baden, L.R.; et al. Circulating Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2 (SARS-CoV-2) Vaccine Antigen Detected in the Plasma of MRNA-1273 Vaccine Recipients. Clin. Infect. Dis. 2022, 74, 715-718. [CrossRef ]

[32] Deb, A.; Abdelmalek, J.; Iwuji, K.; Nugent, K. Acute Myocardial Injury Following COVID-19 Vaccination: A Case Report and Review of Current Evidence from Vaccine Adverse Events Reporting System Database. J. Prim. Care Community Health 2021, 12, 21501327211029230. [CrossRef ]

[33] Pardi, N.; Hogan, M.J.; Porter, F.W.; Weissman, D. MRNA Vaccines—A New Era in Vaccinology. Nat. Rev. Drug Discov. 2018,17, 261-279. [CrossRef ]

[34] Park, J.W.; Lagniton, P.N.P.; Liu, Y.; Xu, R.-H. MRNA Vaccines for COVID-19: What, Why and How. Int. J. Biol. Sci. 2021,17, 1446-1460. [CrossRef ] [PubMed]

[35] Pepini, T.; Pulichino, A.-M.; Carsillo, T.; Carlson, A.L.; Sari-Sarraf, F.; Ramsauer, K.; Debasitis, J.C.; Maruggi, G.; Often, G.R.; Geall, A.J.; et al. Induction of an IFN-Mediated Antiviral Response by a Self-Amplifying RNA Vaccine: Implications for Vaccine Design. J. Immunol. 2017,198, 4012-4024. [CrossRef ] [PubMed]

[36] Edwards, D.K.; Jasny, E.; Yoon, EL; Horscroft, N.; Schanen, B.; Geter, T.; Fotin-Mleczek, M.; Petsch, B.; Wittman, V. Adjuvant Effects of a Sequence-Engineered MRNA Vaccine: Translational Profiling Demonstrates Similar Human and Murine Innate Response. J. Transl. Med. 2017,15,1. [CrossRef ]

[37] Theofilopoulos, A.N.; Baccala, R.; Beutler, B.; Kono, D.H. Type

I Interferons (oc/ (3) in Immunity and Autoimmunity. Annu. Rev. Immunol. 2005, 23, 307-335. [CrossRef ]

[38] Nestle, F.O.; Conrad, C.; Tun-Kyi, A.; Homey, B.; Gombert, M.; Boyman, O.; Burg, G.; Liu, Y.-J.; Gilliet, M. Plasmacytoid Predendritic Cells Initiate Psoriasis through Interferon-a Production. J. Exp. Med. 2005, 202,135-143. [CrossRef ]

[39] Roltgen, K.; Nielsen, S.C.A.; Silva, O.; Younes, S.F.; Zaslavsky, M.; Costales, C.; Yang, F.; Wirz, O.F.; Solis, D.; Hoh, R.A.; et al. Immune Imprinting, Breadth of Variant Recognition, and Germinal Center Response in Human SARS-CoV-2 Infection and Vaccination. Cell 2022,185,1025-1040.el4. [CrossRef ]

[40] Bansal, S.; Perincheri, S.; Fleming, T.; Poulson, C.; Tiffany, B.; Bremner, R.M.; Mohanakumar, T. Cutting Edge: Circulating Exosomes with COVID Spike Protein Are Induced by BNT162b2 (Pfizer-BioNTech) Vaccination Prior to Development ofAntibodies: A Novel Mechanism for Immune Activation by MRNA Vaccines. J. Immunol. 2021, 207, 2405-2410. [CrossRef ] [PubMed]

[41] Welsh, K.J.; Baumblatt, J.; Chege, W.; Goud, R.; Nair, N. Thrombocytopenia Including Immune Thrombocytopenia after Receipt of MRNA COVID-19 Vaccines Reported to the Vaccine Adverse Event Reporting System (VAERS). Vaccine 2021, 39,3329-3332. [CrossRef ] [PubMed]

[42] Alden, M.; Olofsson Falla, F.; Yang, D.; Barghouth, M.; Luan, C.; Rasmussen, M.; De Marinis, Y. Intracellular Reverse Transcription of Pfizer BioNTech COVID-19 MRNA Vaccine BNT162b2 In Vitro in Human Liver Cell Line. Curr. Issues Mol. Biol. 2022, 44, 1115-1126. [CrossRef ] [PubMed]

[43] Tenchov, R.; Bird, R.; Curtze, A.E.; Zhou, Q. Lipid Nanoparticles-From Liposomes to MRNA Vaccine Delivery, a Landscape of Research Diversity and Advancement. ACS Nano 2021,15,16982- 17015. [CrossRef ]

[44] Nsairat, H.; Khater, D.; Sayed, U.; Odeh, F.; Al Bawab, A.; Alshaer, W. Liposomes: Structure, Composition, Types, and Clinical Applications. Heliyon 2022, 8, e09394. [CrossRef ] [PubMed]

[45] Harashima, H.; Hiraiwa, T.; Ochi, Y.; Kiwada, H. Size Dependent Liposome Degradation in Blood: In Vivo/In Vitro Correlation by Kinetic Modeling. J. Drug Target. 1995, 3, 253-261. [CrossRef ]

[46] Vemuri, S.; Rhodes, C.T. Preparation and Characterization of Liposomes as Therapeutic Delivery Systems: A Review. Pharm. Acta Helv. 1995, 70, 95-111. [CrossRef ]

[47] Hattori, Y. Delivery of Plasmid DNA into Tumors by Intravenous

Injection of PEGylated Cationic Lipoplexes into Tumor-Bearing Mice. Pharmacol. Pharm. 2016, 7, 272-282. [CrossRef ]

[48] Wang, X.; Ishida, T.; Kiwada, H. Anti-PEG IgM Elicited by Injection of Liposomes Is Involved in the Enhanced Blood Clearance of a Subsequent Dose of PEGylated Liposomes. J. Control. Release 2007,119, 236-244. [CrossRef ]

[49] Kuehn, B.M. Rare PEG Allergy Triggered Postvaccination Anaphylaxis. JAMA 2021, 325,1931. [CrossRef ]

[50] Cox, F.; Khalib, K.; Conlon, N. PEG That Reaction: A Case Series of Allergy to Polyethylene Glycol. J. Clin. Pharmacol. 2021, 61, 832-835.

[CrossRef ] [PubMed]

[51] Sellaturay, P; Nasser, S.; Ewan, P. Polyethylene Glycol-Induced Systemic Allergic Reactions (Anaphylaxis). J. Allergy Clin. Immunol. Pract. 2021, 9, 670-675. [CrossRef ] [PubMed]

[52] Castells, M.C.; Phillips, E.J. Maintaining Safety with SARS-CoV-2 Vaccines. N. Engl. J. Med. 2020, 384, 643-649. [CrossRef ] [PubMed]

[53] Ohgoda, O.; Robinson, I. Toxicological Evaluation of DSPC (1,2-Distearoyl-Sn-Glycero- 3-Phosphocholine). Fundam. Toxicol. Sci. 2020, 7, 55-76. [CrossRef ]

[54] Doktorovova, S.; Kovacevic, A.B.; Garcia, M.L.; Souto, E.B.
Preclinical Safety of Solid Lipid Nanoparticles and Nanostructured Lipid Carriers: Current Evidence from in Vitro and in Vivo Evaluation. Eur. J. Pharm. Biopharm. 2016,108, 235-252. [CrossRef ]

[55] Moghimi, S.M.; Simberg, D. Pro-Inflammatory Concerns with Lipid Nanoparticles. Mol. Ther. 2022, 30, 2109-2110. [CrossRef ]

[56] Ndeupen, S.; Qin, Z.; Jacobsen, S.; Bouteau, A.; Estanbouli, H.; Igyarto, B.Z. The MRNA-LNP Platform’s Lipid Nanoparticle Component Used in Preclinical Vaccine Studies Is Highly Inflammatory. iScience 2021, 24,103479. [CrossRef ]

[57] Kawasaki, T.; Kawai, T. Toll-Like Receptor Signaling Pathways.
Front. Immunol. 2014, 5,461. [CrossRef ]

[58] Wienert, B.; Shin, J.; Zelin, E.; Pestal, K.; Corn, J.E. In Vitro-Tran scribed Guide RNAs Trigger an Innate Immune Response via the RIG-I Pathway. PEoS Biol. 2018,16, e2005840. [CrossRef ]

[59] Kannemeier, C.; Shibamiya, A.; Nakazawa, F.; Trusheim, H.; Ruppert, C.; Markart, P; Song, Y.; Tzima, E.; Kennerknecht, E.; Niepmann, M.; et al. Extracellular RNA Constitutes a Natural Procoagulant Cofactor in Blood Coagulation. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2007,104, 6388-6393. [CrossRef ]

[60] Fischer, S.; Gerriets, T.; Wessels, C.; Walberer, M.; Kostin, S.; Stolz, E.; Zheleva, K.; Hocke, A.; Hippenstiel, S.; Preissner, K.T. Extracellular RNA Mediates Endothelial-Cell Permeability via Vascular Endothelial Growth Factor. Blood 2007,110, 2457-2465. [CrossRef ] [PubMed]

[61] Kariko, K.; Buckstein, M.; Ni, H.; Weissman, D. Suppression of RNA Recognition by Toll-like Receptors: The Impact of Nucleoside Modification and the Evolutionary Origin of RNA. Immunity 2005, 23,165-175. [CrossRef ] [PubMed]

[62] Eyler, D.E.; Franco, M.K.; Batool, Z.; Wu, M.Z.; Dubuke, M.L.; Dobosz-Bartoszek, M.; Jones, J.D.; Polikanov, Y.S.; Roy, B.; Koutmou, K.S. Pseudouridinylation of MRNA Coding Sequences Alters Translation. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2019, 116, 23068-23074. [CrossRef ] [PubMed]

[63] Kim, K.Q.; Burgute, B.D.; Tzeng, S.-C.; Jing, C.; Jungers, C.; Zhang, J.; Yan, L.L.; Vierstra, R.D.; F>j’uranovic, S.; Evans, B.S.; et al. Nl-Methylpseudouridine Found within COVID-19 MRNA Vaccines Produces Faithful Protein Products. Cell Rep. 2022,40,111300. [CrossRef ]

[64] Domazet-Loso, T. MRNA Vaccines: Why Is the Biology of Retroposition Ignored? Genes 2022,13, 719. [CrossRef ]

[65] Borchardt, E.K.; Martinez, N.M.; Gilbert, W.V. Regulation and Function of RNA Pseudouridylation in Human Cells. Annu. Rev. Genet. 2020, 54, 309-336. [CrossRef ]

[66] Pang, H.; Ihara, M.; Kuchino, Y.; Nishimura, S.; Gupta, R.; Woese, C.R.; McCloskey, J.A. Structure of a Modified Nucleoside in Archaebacterial TRNA Which Replaces Ribosylthymine. 1-Methylpseudouridine. /. Biol. Chem. 1982, 257, 3589-3592. [CrossRef ]

[67] Kwon, H.; Kim, M.; Seo, Y.; Moon, Y.S.; Fee, H.J.; Fee, K.; Fee, H.

Emergence of Synthetic MRNA: In Vitro Synthesis of MRNA and Its Applications in Regenerative Medicine. Biomaterials 2018,156,172
193. [CrossRef ]

[68] Vlatkovic, I. Non-Immunotherapy Application of FNP-MRNA:

Maximizing Efficacy and Safety. Biomedicines 2021, 9, 530. [CrossRef ]

[69] Kowalski, PS.; Rudra, A.; Miao, L.; Anderson, D.G. Delivering the Messenger: Advances in Technologies for Therapeutic MRNA Delivery. Mol. Ther. 2019, 27, 710-728. [CrossRef ]

[70] Zhu, X.; Yin, F.; Theisen, M.; Zhuo, J.; Siddiqui, S.; Fevy, B.; Presnyak, V.; Frassetto, A.; Milton, J.; Salerno, T.; et al. Systemic MRNA Therapy for the Treatment of Fabry Disease: Preclinical Studies in Wild-Type Mice, Fabry Mouse Model, and Wild-Type Non-Human Primates. Am. J. Hum. Genet. 2019,104, 625-637. [CrossRef ] [PubMed]

[71] An, D.; Schneller, J.L.; Frassetto, A.; Liang, S.; Zhu, X.; Park, J.-S.; Theisen, M.; Hong, S.-J.; Zhou, J.; Rajendran, R.; et al. Systemic Messenger RNA Therapy as a Treatment for Methylmalonic Acidemia. Cell Rep. 2018, 24, 2520. [CrossRef ] [PubMed]

[72] Jiang, L.; Berraondo, P; Jerico, D.; Guey, L.T.; Sampedro, A.; Frassetto, A.; Benenato, K.E.; Burke, K.; Santamaria, E.; Alegre, M.; et al. Systemic Messenger RNA as an Etiological Treatment for Acute Intermittent Porphyria. Nat. Med. 2018, 24, 1899-1909. [CrossRef ]

[73] Bartelds, G.M.; Krieckaert, C.L.M.; Nurmohamed, M.T.; van Schouwenburg, P.A.; Lems, W.F.; Twisk, J.W.R.; Dijkmans, B.A.C.; Aarden, L.; Wolbink, G.J. Development of Antidrug Antibodies against Adalimumab and Association with Disease Activity and Treatment Failure during Long-Term Follow-Up. JAMA 2011, 305,1460-1468. [CrossRef ] [PubMed]

[74] Moots, R.J.; Xavier, R.M.; Mok, C.C.; Rahman, M.U.; Tsai, W.-C.; Al-Maini, M.H.; Pavelka, K.; Mahgoub, E.; Kotak, S.; Korth- Bradley, J.; et al. The Impact of Anti-Drug Antibodies on Drug Concentrations and Clinical Outcomes in Rheumatoid Arthritis Patients Treated with Adalimumab, Etanercept, or Infliximab: Results from a Multinational, Real-World Clinical Practice, Non-Interventional Study. PLoS ONE 2017,12, e0175207. [CrossRef ]

[75] Pratt, K.P Anti-Drug Antibodies: Emerging Approaches to Predict,Reduce or Reverse Biotherapeutic Immunogenicity. Antibodies 2018, 7,19. [CrossRef ] [PubMed]

[76] Krishna, M.; Nadler, S.G. Immunogenicity to Biotherapeutics—The Role of Anti-Drug Immune Complexes. Front. Immunol. 2016,7, 21. [CrossRef ]

[77] Clarke, J.B. Mechanisms of Adverse Drug Reactions to Biologies.

In Handbook of Experimental Pharmacology; Springer: Berlin/Heidelberg, Germany, 2010; pp. 453-474. [CrossRef ]

[78] Pichler, W.J. Adverse Side-Effects to Biological Agents. Allergy 2006,

61, 912-920. [CrossRef ]

[79] Sathish, J.G.; Sethu, S.; Bielsky, M.-C.; de Haan, L.; French, N.S.; Govindappa, K.; Green, J.; Griffiths, C.E.M.; Holgate, S.; Jones, D.; et al. Challenges and Approaches for the Development of Safer Immunomodulatory Biologies. Nat. Rev. Drug Discov. 2013,12, 306-324. [CrossRef ]

[80] Banugaria, S.G.; Prater, S.N.; Ng, Y.-K.; Kobori, J.A.; Finkel, R.S.; Ladda, R.L.; Chen, Y.-T.; Rosenberg, A.S.; Kishnani, PS. The Impact of Antibodies on Clinical Outcomes in Diseases Treated with Therapeutic Protein: Lessons Learned from Infantile Pompe Disease. Genet. Med. 2011,13, 729-736. [CrossRef ]

[81] Irrgang, R; Gerling, J.; Kocher, K.; Lapuente, D.; Steininger, R; Habenicht, K.; Wytopil, M.; Beileke, S.; Schafer, S.; Zhong, J.; et al. Class Switch towards Non-Inflammatory, Spike-Specific IgG4 Antibodies after Repeated SARS-CoV-2 MRNA Vaccination. Sci. Immunol. 2022, 8, eade2798. [CrossRef ] [PubMed]

[82] Vidarsson, G.; Dekkers, G.; Rispens, T. IgG Subclasses and Allotypes: From Structure to Effector Functions. Front. Immunol. 2014, 5, 520. [CrossRef ] [PubMed]

[83] Bianchini, R.; Roth-Walter, F.; Ohradanova-Repic, A.; Flicker, S.; Hufnagl, K.; Fischer, M.B.; Stockinger, H.; Jensen-Jarolim, E. IgG4 Drives M2a Macrophages to a Regulatory M2b-like Phenotype: Potential Implication in Immune Tolerance. Allergy 2019, 74, 483-494. [CrossRef ] [PubMed]

[84] Chaudhary, N.; Weissman, D.; Whitehead, K.A. MRNA Vaccines for Infectious Diseases: Principles,Delivery and Clinical Translation. Nat. Rev. Drug Discov. 2021, 20, 817-838. [CrossRef ]

[85] Suhr, O.B.; Coelho, T.; Buades, J.; Pouget, J.; Conceicao, I.; Berk, J.; Schmidt, H.; Waddington-Cruz, M.; Campistol, J.M.; Bettencourt, B.R.; et al. Efficacy and Safety of Patisiran for Familial Amyloidotic Polyneuropathy: A Phase II Multi-Dose Study. Orphanet J. Rare Dis. 2015,10,109. [CrossRef ]

[86] Balwani, M.; Sardh, E.; Ventura, P.; Peiro, P.A.; Rees, D.C.; Stolzel, U.; Bissell, D.M.; Bonkovsky, H.L.; Windyga, J.; Anderson, K.E.; et al. Phase 3 Trial of RNAi Therapeutic Givosiran for Acute Intermittent Porphyria. N. Engl. J. Med. 2020, 382, 2289-2301. [CrossRef ]

[87] Alberer, M.; Gnad-Vogt, U.; Hong, H.S.; Mehr, K.T.; Backert, L.; Finak, G.; Gottardo, R.; Bica, M.A.; Garofano, A.; Koch, S.D.; et al. Safety and Immunogenicity of a MRNA Rabies Vaccine in Healthy Adults: An Open-Label, Non-Randomised, Prospective, First-in-Human Phase 1 Clinical Trial. Lancet 2017, 390,1511-1520. [CrossRef ]

[88] Aldrich, C.; Leroux-Roels, I.; Huang, K.B.; Bica, M.A.; Loeliger, E.; Schoenborn-Kellenberger, O.; Walz, L.; Leroux-Roels, G.; von Sonnenburg, F.; Oostvogels, L. Proof-of-Concept of a Low-Dose Unmodified MRNA-Based Rabies Vaccine Formulated with Lipid Nanoparticles in Human Volunteers: A Phase 1 Trial. Vaccine 2021, 39,1310-1318. [CrossRef ]

[89] Feldman, R.A.; Fuhr, R.; Smolenov, I.; Ribeiro, A.M.; Panther, L.; Watson, M.; Senn, J.J.; Smith, M.; Almarsson, 6.; Pujar, H.S.; et al. MRNA Vaccines against H10N8 and H7N9 Influenza Viruses of Pandemic Potential Are Immunogenic and Well Tolerated in Healthy Adults in Phase 1 Randomized Clinical Trials. Vaccine 2019, 37, 3326-3334. [CrossRef ]

[90] Bahl, K.; Senn, J.J.; Yuzhakov, O.; Bulychev, A.; Brito, L.A.; Hassett, K.J.; Laska, M.E.; Smith, M.; Almarsson, O.; Thompson, J.; et al. Preclinical and Clinical Demonstration of Immunogenicity by MRNA Vaccines against H10N8 and H7N9 Influenza Viruses. Mol. Ther. 2017, 25,1316-1327. [CrossRef ]

[91] Jacobson, J.M.; Routy, J.-P; Welles, S.; DeBenedette, M.; Tcherepanova, I.; Angel, J.B.; Asmuth, D.M.; Stein, D.K.; Baril, J.-G.; McKellar, M.; et al. Dendritic Cell Immunotherapy for HIV-1 Infection Using Autologous HIV-1 RNA: A Randomized, Double- Blind, Placebo-Controlled Clinical Trial. J. Acquir. Immune Defic. Syndr. 2016, 72, 31-38. [CrossRef ] [PubMed]

[92] de Jong, W.; Aerts, J.; Allard, S.; Brander, C.; Buyze, J.; Florence, E.;

van Gorp, E.; Vanham, G.; Leal, L.; Mothe, B.; et al. IHIVARNA Phase Ha, a Randomized, Placebo-Controlled, Double-Blinded Trial to Evaluate the Safety and Immunogenicity of IHIVARNA-01 in Chronically HIV-Infected Patients under Stable Combined Antiretroviral Therapy. Trials 2019, 20, 361. [CrossRef ] [PubMed]

[93] Leal, L.; Guardo, A.C.; Moron-Lopez, S.; Salgado, M.; Mothe, B.; Heirman, C.; Pannus, P; Vanham, G.; van den Ham, H.J.; Gruters, R.; et al. Phase I Clinical Trial of an Intranodally Administered MRNA-Based Therapeutic Vaccine against HIV-1 Infection. AIDS 2018, 32, 2533-2545. [CrossRef ] [PubMed]

[94] Gandhi, R.T.; Kwon, D.S.; Macklin, E.A.; Shopis, J.R.; McLean, A.P; McBrine, N.; Flynn, T.; Peter, L.; Sbrolla, A.; Kaufmann, D.E.; et al. Immunization of HIV-1-Infected Persons With Autologous Dendritic Cells Transfected With MRNA Encoding HIV-1 Gag and Nef: Results of a Randomized, Placebo-Controlled Clinical Trial. JAIDS J. Acquir. Immune Defic. Syndr. 2016, 71, 246-253. [CrossRef ]

[95] Sahin, U.; Oehm, P; Derhovanessian, E.; Jabulowsky, R.A.; Vormehr, M.; Gold, M.; Maurus, D.; Schwarck-Kokarakis, D.; Kuhn, A.N.; Omokoko, T.; et al. An RNA Vaccine Drives Immunity in Checkpoint-Inhibitor-Treated Melanoma. Nature 2020, 585, 107-112. [CrossRef ]

[96] Papachristofilou, A.; Hipp, M.M.; Klinkhardt, U.; Frith, M.; Sebastian, M.; Weiss, C.; Pless, M.; Cathomas, R.; Hilbe, W.; Pall, G.; et al. Phase lb Evaluation of a Self-Adjuvanted Protamine Formulated MRNA-Based Active Cancer Immunotherapy, BI1361849 (CV9202), Combined with Local Radiation Treatment in Patients with Stage IV Non-Small Cell Lung Cancer. J. Immunother. Cancer 2019, 7, 38. [CrossRef ]

[97] Eigentler, T.; Bauernfeind, F.G.; Becker, J.C.; Brossart, P; Fluck, M.; Heinzerling, L.; Krauss, J.; Mohr, P; Ochsenreither, S.; Schreiber, J.S.; et al. A Phase I Dose-Escalation and Expansion Study of Intratumoral CV8102 as Single-Agent or in Combination with Anti-PD-1 Antibodies in Patients with Advanced Solid Tumors. JCO 2020, 38, 3096. [CrossRef ]

[98] Doener, F.; Hong, H.S.; Meyer, I.; Tadjalli-Mehr, K.; Daehling, A.; Heidenreich, R.; Koch, S.D.; Fotin-Mleczek, M.; Gnad-Vogt, U. RNA-Based Adjuvant CV8102 Enhances the Immunogenicity of a Licensed Rabies Vaccine in a First-in-Human Trial. Vaccine 2019, 37,1819-1826. [CrossRef ]

[99] Translate Bio Announces Results from Second Interim Data

Analysis from Ongoing Phase 1/2 Clinical Trial of MRT5005 in Patients with Cystic Fibrosis (CF). Available online: https:// www. …biospace.com/article/translate-bio-announces-results-fromsecond-interim-data-analysis-from-ongoing-phase-1-2-clinical-trial-of-mrt5005-in-patients-with-cystic-f / (accessed on 13 October 2022).

[100] Burris, H.A.; Patel, M.R.; Cho, D.C.; Clarke, J.M.; Gutierrez, M.; Zaks, T.Z.; Frederick, J.; Hopson, K.; Mody, K.; Binanti-Berube, A.; et al. A Phase I Multicenter Study to Assess the Safety, Tolerability, and Immunogenicity of MRNA- 4157 Alone in Patients with Resected Solid Tumors and in Combination with Pembrolizumab in Patients with Unresectable Solid Tumors. JCO 2019, 37, 2523. [CrossRef ]

[101] Costello, C.L.; Gregory, T.K.; Ali, S.A.; Berdeja, J.G.; Patel, K.K.; Shah, N.D.; Ostertag, E.; Martin, C.; Ghoddusi, M.; Shedlock, D.J.; et al. Phase 2 Study of the Response and Safety of P-Bcma-101 CAR-T Cells in Patients with Relapsed/Refractory (r/r) Multiple Myeloma (MM) (PRIME). Blood 2019,134, 3184. [CrossRef ]

[102] Gregory, T.; Cohen, A.D.; Costello, C.L.; Ali, S.A.; Berdeja, J.G.; Ostertag, E.M.; Martin, C.; Shedlock, D.J.; Resler, M.L.; Spear, M.A.; et al. Efficacy and Safety of P-Bcma-101 CAR-T Cells in Patients with Relapsed/Refractory (r/r) Multiple Myeloma (MM). Blood 2018,132,1012. [CrossRef ]

[103] Anttila, V.; Saraste, A.; Knuuti, J.; Jaakkola, P; Hedman, M.; Svedlund, S.; Lagerstrom-Fermer, M.; Kjaer, M.; Jeppsson, A.; Gan, L.-M. Synthetic MRNA Encoding VEGF-A in Patients Undergoing Coronary Artery Bypass Grafting: Design of a Phase 2a Clinical Trial. Mol. Ther. Methods Clin. Dev. 2020,18,464-472. [CrossRef ] [PubMed]

[104] Late-Breaking Science Abstracts and Featured Science Abstracts From the American Heart Association’s Scientific Sessions 2021 and Late-Breaking Abstracts in Resuscitation Science From the Resuscitation Science Symposium 2021. Circulation 2021,144, e564-e593. [CrossRef ]

[105] Gan, L.-M.; Lagerstrom-Fermer, M.; Carlsson, L.G.; Arfvidsson, C.; Egnell, A.-C.; Rudvik, A.; Kjaer, M.; Collen, A.; Thompson, J.D.; Joyal, J.; et al. Intradermal Delivery of Modified MRNA Encoding VEGF-A in Patients with Type 2 Diabetes. Nat. Commun. 2019, 10, 871. [CrossRef ]

[106] de Lusignan, S.; Damaso, S.; Ferreira, F.; Byford, R.; McGee, C.; Pathirannehelage, S.; Shende, V.; Yonova, I.; Schmidt, A.; Schuind, A.; et al. Brand-Specific Enhanced Safety Surveillance of GSK’s Fluarix Tetra Seasonal Influenza Vaccine in England: 2017/2018 Season. Hum. Vaccines Immunother. 2020,16,1762-1771. [CrossRef ]

[107] Crescioli, S.; Correa, I.; Karagiannis, R; Davies, A.M.; Sutton, B.J.; Nestle, F.O.; Karagiannis, S.N. IgG4 Characteristics and Functions in Cancer Immunity. Curr. Allergy Asthma Rep. 2016,16, 7. [CrossRef ]

[108] Schlaudecker, E.P; McNeal, M.M.; Dodd, C.N.; Ranz, J.B.; Steinhoff, M.C. Pregnancy Modifies the Antibody Response to Trivalent Influenza Immunization. J. Infect. Dis. 2012, 206,1670-1673. [CrossRef ]

[109] Zhang, X.; Lu, H.; Peng, L.; Zhou, J.; Wang, M.; Li, J.; Liu, Z.; Zhang, W.; Zhao, Y.; Zeng, X.; et al. The Role of PD-1 /PD-Ls in the Pathogenesis of IgG4-Related Disease. Rheumatology 2022, 61, 815-825. [CrossRef ]

[110] Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine, COMIRNATY®(Tozin ameran). Available online: www.who.int/publications/m/ item/ comirnaty-covid-19-mrna-vaccine (accessed on 30 December 2022).

[111] Moderna MRNA-1273, COVID-19 Vaccine. Available online:
www.who.int/publications/m/item/moderna-covid-19 -vaccine- (mrna-1273) (accessed on 30 December 2022).

[112] Chakraborty, C.; Bhattacharya, M.; Sharma, A.R. Present Variants of Concern and Variants of Interest of Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2: Their Significant Mutations in S-Glycoprotein, Infectivity, Re-Infectivity, Immune Escape and Vaccines Activity. Rev. Med. Virol. 2022, 32, e2270. [CrossRef ]

[113] Chakraborty, C.; Sharma, A.R.; Bhattacharya, M.; Lee, S.-S. A Detailed Overview of Immune Escape, Antibody Escape, Partial Vaccine Escape of SARS-CoV-2 and Their Emerging Variants With Escape Mutations. Front. Immunol. 2022,13, 801522. [CrossRef ]

[114] Zhong, N.; Zheng, B.; Li, Y.; Poon, L.; Xie, Z.; Chan, K.; Li, P; Tan, S.; Chang, Q.; Xie, J.; et al. Epidemiology and Cause of Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS) in Guangdong, People’s Republic of China, in February, 2003. Lancet 2003, 362,1353-1358. [CrossRef ] [PubMed]

[115] Gastanaduy, P.A. Update: Severe Respiratory Illness Associated with Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus (MERS- CoV)—Worldwide, 2012-2013. MMWR Morb. Mortal. Wkly. Rep. 2013, 62,480-483.

[116] Li, Y.-D.; Chi, W.-Y.; Su, J.-H.; Ferrall, L.; Hung, C.-F.; Wu, T.-C. Coronavirus Vaccine Development: From SARS and MERS to COVID-19. J. Biomed. Sci. 2020, 27,104. [CrossRef ] [PubMed]

[117] Weingartl, H.; Czub, M.; Czub, S.; Neufeld, J.; Marszal, R; Gren, J.; Smith, G.; Jones, S.; Proulx, R.; Deschambault, Y.; et al. Immunization with Modified Vaccinia Virus Ankara-Based Recombinant Vaccine against Severe Acute Respiratory Syndrome Is Associated with Enhanced Hepatitis in Ferrets. J. Virol. 2004, 78,12672-12676. [CrossRef ] [PubMed]

[118] Tseng, C.-T.; Sbrana, E.; Iwata-Yoshikawa, N.; Newman, PC.; Garron, T.; Atmar, R.L.; Peters, C.J.; Couch, R.B. Immunization with SARS Coronavirus Vaccines Leads to Pulmonary Immunopathology on Challenge with the SARS Virus. PLoS ONE 2012, 7, e35421. [CrossRef ]

[119] van Doremalen, N.; Haddock, E.; Feldmann, F.; Meade-White, K.; Bushmaker, T.; Fischer, R.J.; Okumura, A.; Hanley, P.W.; Saturday, G.; Edwards, N.J.; et al. A Single Dose of ChAdOxl MERS Provides Broad Protective Immunity against a Variety of MERS-CoV Strains. bioRxiv 2020, preprint.

[120] Bolles, M.; Deming, D.; Long, K.; Agnihothram, S.; Whitmore, A.; Ferris, M.; Funkhouser, W.; Gralinski, L.; Totura, A.; Heise, M.; et al. A Double-Inactivated Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus Vaccine Provides Incomplete Protection in Mice and Induces Increased Eosinophilic Proinflammatory Pulmonary Response upon Challenge. J. Virol. 2011,85,12201-12215. [CrossRef ]

[121] Bliden, K.P.; Liu, T.; Sreedhar, D.; Kost, J.; Hsiung, J.; Zhao, S.; Shan, D.; Usman, A.; Walia, N.; Cho, A.; et al. Evolution of Anti-SARS-CoV-2 IgG Antibody and IgG Avidity Post Pfizer and Moderna MRNA Vaccinations. medRxiv 2021. [CrossRef ]

[122] Macdonald, P.J.; Schaub, J.M.; Ruan, Q.; Williams, C.L.; Prostko, J.C.; Tetin, S.Y. Affinity of Anti-Spike Antibodies to Three Major SARS-CoV-2 Variants in Recipients of Three Major Vaccines. Commun. Med. 2022, 2,109. [CrossRef ]

[123] Liu, L.; Wei, Q.; Lin, Q.; Fang, J.; Wang, H.; Kwok, H.; Tang, H.; Nishiura, K.; Peng, J.; Tan, Z.; et al. Anti-Spike IgG Causes Severe Acute Lung Injury by Skewing Macrophage Responses during Acute SARS-CoV Infection. JCI Insight 2019, 4, 123158. [CrossRef ]

[124] Lee, W.S.; Wheatley, A.K.; Kent, S.J.; DeKosky, B.J. Antibody-De pendent Enhancement and SARS-CoV-2 Vaccines and Therapies.

Nat. Microbiol. 2020, 5,1185-1191. [CrossRef ] [PubMed]

[125] Wen, J.; Cheng, Y.; Ling, R.; Dai, Y.; Huang, B.; Huang, W.; Zhang, S.; Jiang, Y. Antibody-Dependent Enhancement of Coronavirus. Int. J. Infect. Dis. 2020,100,483-489. [CrossRef ] [PubMed]

[126] Xu, L.; Ma, Z.; Li, Y.; Pang, Z.; Xiao, S. Antibody Dependent Enhancement: Unavoidable Problems in Vaccine Development. Adv. Immunol. 2021,151, 99-133. [CrossRef ] [PubMed]

[127] Sanchez-Zuno, G.A.; Matuz-Flores, M.G.; Gonzalez-Estevez, G.; Nicoletti, F.; Turrubiates-Hernandez, F.J.; Mangano, K.; Munoz- Valle, J.F. A Review: Antibody-Dependent Enhancement in COVID-19: The Not so Friendly Side of Antibodies. Int. J. Immunopathol. Pharm. 2021, 35, 20587384211050200. [CrossRef ] [PubMed]

[128] Thomas, S.; Smatti, M.K.; Ouhtit, A.; Cyprian, F.S.; Almaslamani, M.A.; Thani, A.A.; Yassine, H.M. Antibody-Dependent Enhancement (ADE) and the Role of Complement System in Disease Pathogenesis. Mol. Immunol. 2022,152, 172-182. [CrossRef ] [PubMed]

[129] Ricke, D.O. Two Different Antibody-Dependent Enhancement (ADE) Risks for SARS-CoV-2 Antibodies. Front. Immunol. 2021, 12, 640093. [CrossRef ]

[130] Wan, Y.; Shang, J.; Sun, S.; Tai, W.; Chen, J.; Geng, Q.; He, L.; Chen, Y.; Wu, J.; Shi, Z.; et al. Molecular Mechanism for Antibody-Dependent Enhancement of Coronavirus Entry. J. Virol. 2020, 94, e02015-e02019. [CrossRef ]

[131] Shimizu, J.; Sasaki, T.; Koketsu, R.; Morita, R.; Yoshimura, Y.; Murakami, A.; Saito, Y.; Kusunoki, T.; Samune, Y.; Nakayama, E.E.; et al. Reevaluation of Antibody-Dependent Enhancement of Infection in Anti-SARS-CoV-2 Therapeutic Antibodies and MRNA-Vaccine Antisera Using FcR- and ACE2-Positive Cells. Sci. Rep. 2022,12,15612. [CrossRef ]

[132] Lurie, N.; Saville, M.; Hatchett, R.; Halton, J. Developing Covid-19 Vaccines at Pandemic Speed. N. Engl. J. Med. 2020, 382, 1969-1973. [CrossRef ]

[133] London, A.J.; Kimmelman, J. Against Pandemic Research Exceptionalism. Science 2020, 368,476-477. [CrossRef ]

[134] Tizard, I.R. Vaccination against Coronaviruses in Domestic Animals. Vaccine 2020, 38, 5123-5130. [CrossRef ] [PubMed]

[135] Olsen, C.W.; Corapi, W.V.; Ngichabe, C.K.; Baines, J.D.; Scott, F.W. Monoclonal Antibodies to the Spike Protein of Feline Infectious Peritonitis Virus Mediate Antibody-Dependent Enhancement of Infection of Feline Macrophages. J. Virol. 1992, 66, 956-965. [CrossRef ] [PubMed]

[136] Hohdatsu, T.; Yamada, M.; Tominaga, R.; Makino, K.; Kida, K.; Koyama, H. Antibody-Dependent Enhancement of Feline Infectious Peritonitis Virus Infection in Feline Alveolar Macrophages and Human Monocyte Cell Line U937 by Serum of Cats Experimentally or Naturally Infected with Feline Coronavirus. J. Vet. Med. Sci. 1998, 60,49-55. [CrossRef ] [PubMed]

[137] Takano, T.; Nakaguchi, M.; Doki, T.; Hohdatsu, T. Antibody-Dependent Enhancement of Serotype II Feline Enteric Coronavirus Infection in Primary Feline Monocytes. Arch. Virol. 2017,162, 3339-3345. [CrossRef ]

[138] Hamilton, Z.; Simpson, B.; Donald Reynolds, D.V.M. Antibody Dependent Enhancement of Infectious Bronchitis Virus in Poultry; UCARE Research Products: Minneapolis, MN, USA, 2022.

[139] Toro, H.; Pennington, D.; Gallardo, R.A.; van Santen, V.L.; van Ginkel, F.W.; Zhang, J.; Joiner, K.S. Infectious Bronchitis Virus Subpopulations in Vaccinated Chickens after Challenge. Avian Dis. 2012, 56, 501-508. [CrossRef ]

[140] Brandao, P.E.; Berg, M.; Silva, S.O.S.; Taniwaki, S.A. Emergence of Avian Coronavirus Escape Mutants Under Suboptimal Antibody Titers. J. Mol. Evol. 2022, 90,176-181. [CrossRef ]

[152] Cho, K.-O.; Hasoksuz, M.; Nielsen, PR.; Chang, K.-O.; Lathrop, S.; Saif, L.J. Cross-Protection Studies between Respiratory and Calf Diarrhea and Winter Dysentery Coronavirus Strains in Calves and RT-PCR and Nested PCR for Their Detection. Arch. Virol. 2001,146, 2401-2419. [CrossRef ]

[153] Heckert, R.A.; Saif, L.J.; Hoblet, K.H.; Agnes, A.G. A Longitudinal Study of Bovine Coronavirus Enteric and Respiratory Infections in Dairy Calves in Two Herds in Ohio. Vet. Microbiol. 1990, 22,187-201. [CrossRef ]

[154] Fulton, R.W.; d’Offay, J.M.; Landis, C.; Miles, D.G.; Smith, R.A.; Saliki, J.T.; Ridpath, J.F.; Confer, A.W.; Neill, J.D.; Eberle, R.; et al. Detection and Characterization of Viruses as Field and Vaccine Strains in Feedlot Cattle with Bovine Respiratory Disease. Vaccine 2016, 34, 3478-3492. [CrossRef ]

[155] Hu, S.; Bruszewski, J.; Smalling, R.; Browne, J.K. Studies of TGEV Spike Protein Gpl95 Expressed in E. Coli and by a TGE-Vaccinia Virus Recombinant. Adv. Exp. Med. Biol. 1985,185, 63-82. [CrossRef ] [PubMed]

[156] Gomez, N.; Wigdorovitz, A.; Castanon, S.; Gil, F.; Orda, R.; Borca, M.V.; Escribano, J.M. Oral Immunogenicity of the Plant Derived Spike Protein from Swine-Transmissible Gastroenteritis Coronavirus. Arch. Virol. 2000,145,1725-1732. [CrossRef ] [PubMed]

[157] Lamphear, B.J.; Streatfield, S.J.; Jilka, J.M.; Brooks, C.A.; Barker,D.K.; Turner, D.D.; Delaney, D.E.; Garcia, M.; Wiggins, B.; Woodard, S.L.; et al. Delivery of Subunit Vaccines in Maize Seed. J. Control. Release 2002, 85,169-180. [CrossRef ] [PubMed]

[158] Gerdts, V.; Zakhartchouk, A. Vaccines for Porcine EpidemicDiarrhea Virus and Other Swine Coronaviruses. Vet. Microbiol. 2017,206,45-51. [CrossRef ]

[159] Al-Abdallat, M.M.; Payne, D.C.; Alqasrawi, S.; Rha, B.; Tohme, R.A.; Abedi, G.R.; Al Nsour, M.; Iblan, I.; Jarour, N.; Farag, N.H.; et al. Hospital-Associated Outbreak of Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus: A Serologic, Epidemiologic, and Clinical Description. Clin. Infect. Dis. 2014, 59,1225-1233. [CrossRef ]

[160] Yoon, I.-K.; Kim, J.H. First Clinical Trial of a MERS Coronavirus DNA Vaccine. Lancet Infect. Dis. 2019,19, 924-925. [CrossRef ]

[161] Modjarrad, K.; Roberts, C.C.; Mills, K.T.; Castellano, A.R.; Paolino, K.; Muthumani, K.; Reuschel, E.L.; Robb, M.L.; Racine, T.; Oh, M.; et al. Safety and Immunogenicity of an Anti-Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus DNA Vaccine: A Phase 1, Open-Label, Single-Arm, Dose-Escalation Trial. Lancet Infect. Dis. 2019,19,1013-1022. [CrossRef ]

[162] Lin, J.-T.; Zhang, J.-S.; Su, N.; Xu, J.-G.; Wang, N.; Chen, J.-T.; Chen, X.; Liu, Y.-X.; Gao, H.; Jia, Y.-R; et al. Safety and Immunogenicity from a Phase I Trial of Inactivated Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus Vaccine. Antivir. Ther. 2007, 12,1107-1113. [CrossRef ]

[163] Martin, J.E.; Louder, M.K.; Holman, L.A.; Gordon, I.J.; Enama, M.E.; Larkin, B.D.; Andrews, C.A.; Vogel, L.; Koup, R.A.; Roederer, M.; et al. A SARS DNA Vaccine Induces Neutralizing Antibody and Cellular Immune Responses in Healthy Adults in a Phase I Clinical Trial. Vaccine 2008, 26, 6338-6343. [CrossRef ]

[164] Koch, T.; Dahlke, C.; Fathi, A.; Kupke, A.; Krahling, V.; Okba, N.M.A.; Halwe, S.; Rohde, C.; Eickmann, M.; Volz, A.; et al. Safety and Immunogenicity of a Modified Vaccinia Virus Ankara Vector Vaccine Candidate for Middle East Respiratory Syndrome: An Open-Label, Phase 1 Trial. Lancet Infect. Dis. 2020, 20, 827-838. [CrossRef ]

[165] Fathi, A.; Dahlke, C.; Krahling, V.; Kupke, A.; Okba, N.M.A.; Raadsen, M.P; Heidepriem, J.; Muller, M.A.; Paris, G.; Lassen, S.; et al. Increased Neutralization and IgG Epitope Identification after MVA-MERS-S Booster Vaccination against Middle East Respiratory Syndrome. Nat. Commun. 2022,13,4182. [CrossRef ]

[166] Folegatti, P.M.; Bittaye, M.; Flaxman, A.; Lopez, F.R.; Bellamy, D.; Kupke, A.; Mair, C.; Makinson, R.; Sheridan, J.; Rohde, C.; et al. Safety and Immunogenicity of a Candidate Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus Viral-Vectored Vaccine: A Dose- Escalation, Open-Label, Non-Randomised, Uncontrolled, Phase 1 Trial. Lancet Infect. Dis. 2020, 20, 816-826. [CrossRef ] [PubMed]

[167] Bosaeed, M.; Balkhy,H.H.; Almaziad,S.; Aljami, H.A.; Alhatmi,H.; Alanazi, H.; Alahmadi, M.; Jawhary, A.; Alenazi, M.W.; Almasoud, A.; et al. Safety and Immunogenicity of ChAdOxl MERS Vaccine Candidate in Healthy Middle Eastern Adults (MERS002): An Open-Label, Non-Randomised, Dose-Escalation, Phase lb Trial. Lancet Microbe 2022, 3, ell-e20. [CrossRef ] [PubMed]

[168] Buzhdygan, T.P.; DeOre, B.J.; Baldwin-Leclair, A.; Bullock, T.A.; McGary, H.M.; Khan, J.A.; Razmpour, R.; Hale, J.F.; Galie, P.A.; Potula, R.; et al. The SARS-CoV-2 Spike Protein Alters Barrier Function in 2D Static and 3D Microfluidic in-Vitro Models of the Human Blood-Brain Barrier. Neurobiol. Dis. 2020,146,105131. [CrossRef ]

[169] Forsyth, C.B.; Zhang, L.; Bhushan, A.; Swanson, B.; Zhang, L.; Mamede, J.I.; Voigt, R.M.; Shaikh, M.; Engen, PA.; Keshavarzian, A. The SARS-CoV-2 SI Spike Protein Promotes MAPK and NF-KB Activation in Human Lung Cells and Inflammatory Cytokine Production in Human Lung and Intestinal Epithelial Cells. Microorganisms 2022,10,1996. [CrossRef ]

[170] Bhargavan, B.; Kanmogne, G.D. SARS-CoV-2 Spike Proteins and Cell-Cell Communication Inhibits TFPI and Induces Thrombogenic Factors in Human Lung Microvascular Endothelial Cells and Neutrophils: Implications for COVID-19 Coagulopathy Pathogenesis. Int. J. Mol. Sci. 2022, 23,10436. [CrossRef ]

[171] Choi, J.-Y.; Park, J.H.; Jo, C.; Kim, K.-C.; Koh, Y.H. SARS-CoV-2 Spike SI Subunit Protein-Mediated Increase of Beta-Secretase 1 (BACE1) Impairs Human Brain Vessel Cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2022, 626, 66-71. [CrossRef ]

[172] Hsu, A.C.-Y.; Wang, G.; Reid, A.T.; Veerati, PC.; Pathinayake,

PS.; Daly, K.; Mayall, J.R.; Hansbro, P.M.; Horvat, J.C.; Wang, F.; et al. SARS-CoV-2 Spike Protein Promotes Hyper-Inflammatory Response That Can Be Ameliorated by Spike-Antagonistic Peptide and FDA-Approved ER Stress and MAP Kinase Inhibitors in Vitro. Biorxiv 2020. [CrossRef ]

[173] Khan, S.; Shafiei, M.S.; Longoria, C.; Schoggins, J.W.; Savani, R.C.; Zaki, H. SARS-CoV-2 Spike Protein Induces Inflammation via TLR2-Dependent Activation of the NF-KB Pathway. eLife 2021,10, e68563. [CrossRef ]

[174] Lei, Y.; Zhang, J.; Schiavon, C.R.; He, M.; Chen, L.; Shen, H.; Zhang, Y.; Yin, Q.; Cho, Y.; Andrade, L.; et al. SARS-CoV-2 Spike Protein Impairs Endothelial Function via Downregulation of ACE 2. Circ. Res. 2021,128,1323-1326. [CrossRef ] [PubMed]

[175] Nystrom, S.; Hammarstrom, P. Amyloidogenesis of SARS-CoV-2

Spike Protein. J. Am. Chem. Soc. 2022,144, 8945-8950. [CrossRef ] [PubMed]

[176] Muglia, J.J.; DiGiovanna, J.J. Phase 1 Clinical Trials. J. Cutan. Med. Surg. 1998, 2, 236-241. [CrossRef ] [PubMed]

[177] Meyer-Arndt, L.; Schwarz, T.; Loyal, L.; Henze, L.; Kruse, B.; Dingeldey, M.; Giircan, K.; Uyar-Aydin, Z.; Muller, M.A.; Drosten, C.; et al. Cutting Edge: Serum but Not Mucosal Antibody Responses Are Associated with Pre-Existing SARS-CoV-2 Spike Cross-Reactive CD4+ T Cells Following BNT162b2 Vaccination in the Elderly. J. Immunol. 2022, 208,1001-1005. [CrossRef ] [PubMed]

[178] Chau, N.V.V.; Ngoc, N.M.; Nguyet, L.A.; Quang, V.M.; Ny, N.T.H.; Khoa, D.B.; Phong, N.T.; Toan, L.M.; Hong, N.T.T.; Tuyen, N.T.K.; et al. Transmission of SARS-CoV-2 Delta Variant among Vaccinated Healthcare Workers, Vietnam. 2021; preprint. [CrossRef ]

[179] Pezzullo, A.M.; Axfors, C.; Contopoulos-Ioannidis, D.G.; Apostolatos, A.; Ioannidis, J.P.A. Age-Stratified Infection Fatality Rate of COVID-19 in the Non-Elderly Population. Environ. Res. 2023, 216,114655. [CrossRef ]

[180] Kedmi, R.; Ben-Arie, N.; Peer, D.The Systemic Toxicity of Positively Charged Lipid Nanoparticles and the Role of Toll-like Receptor 4 in Immune Activation. Biomaterials 2010, 31, 6867-6875. [CrossRef ]

mRNA注射におけるエンドトキシンの役割と危険性

by Geoff N. Pain 博士号、理学士号

要旨

COVID-19注射による死亡や傷害を考えるとき、従来の毒物学の概念は捨てなければならない。流産、アナフィラキシー、失明、心臓障害から耳鳴りや帯状疱疹に至るまで、既知のA-Zの文書化された有害事象はすべて、既知の生物学的経路とメカニズムによって予測することができる。生きているバクテリアの中でプラスミドを増殖させるmRNAワクチン技術は、製造技術上、すべてのバイアル瓶や大多数が従う一般大衆の腕に行き着く液体から、超毒性の生殖細胞壁の断片を取り除くことができないため、本質的に安全ではない。

1. 本質的な背景と中心的な論文

本論文では、オーストラリアでCOVID-19の予防のために推進されているmRNAワクチンにおける汚染物質エンドトキシンの潜在的役割について検討する。エンドトキシンの病態生理学的検討とともに、「工程2」として知られる大腸菌ベースの製造工程に照らして、バッチ汚染とバッチのばらつきの両者の基礎を明らかにする。この巻の他の著者が取り上げているように、死亡例を含む重篤な有害事象の多くは、汚染されたエンドトキシンに起因している可能性があるというのが著者の見解である。ワクチン投与の合併症として認識されている特定の病態におけるエンドトキシンの役割について考察する必要がある。

オーストラリアで販売された予防接種はすべて、SARS-CoV-2に対する抗体を作ると主張している。合成スパイク蛋白質、あるいは被接種者の細胞機構を乗っ取ってスパイク蛋白工場にするように設計された長さの合成mRNAかDNAを注射する。その結果、外来抗原を発現している細胞が検出され、標的化され、この方法でトランスフェクトされた細胞を破壊することで身体が反応することになる。この戦略は失敗する運命にあった。なぜなら、目、鼻、口からの感染でウイルスの複製を阻止するのに十分な量の粘膜抗体を作れなかったし、キラー能力もなかったからだ。現在、一般市民がほとんど知っているように、ワクチンは感染、ウイルス複製、呼気による伝播を防いでいない。

ここでの中心的な論旨は、内毒素血症が、特に投与後初期に見られる、前例のないほどの標的外影響の大きさを説明しているということである。エンドトキシンのユニークな毒性学では、遅延効果や反復暴露の影響も考えられる。他の考察の中で、汚染エンドトキシンがスパイクタンパク質のような暴露の他の要素と相乗的に作用する可能性がある方法が論じられている。

残念ながら、本稿執筆時点では、バイアル中のエンドトキシン濃度の明確な定量化は、国の規制当局、大学の研究室、オープンソースの調査のいずれからも提供されていない。このことは本論文にとって極めて重要であるため、エンドトキシン測定の分析について、有用である可能性が最も高い方法と、問題を難解にし覆い隠してしまう可能性が最も高い方法を含めて紹介し、バッチ中の正確な濃度の公表を明確かつ緊急に呼びかける。

1.1 プロセス1とプロセス2とは何か?

ファイザーとモデルナの両mRNA製品では、2つの異なる製造工程が利用されてきた。1つ目は臨床試験の初期段階(工程1)で、2つ目は臨床試験の最終段階(工程2)で、現在に至るまで世界的に展開されている。工程2のバッチに影響を及ぼすと思われるエンドトキシンレベルの違いを理解するためには、その違いを理解することが不可欠である。

1.1.1 工程1:逆転写PCR 工程1では、スパイクタンパク質をコードするmRNA鎖を製造するために逆転写PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)を採用していた。この方法はサンプルの純度は高いが、臨床試験を超えるスケーラビリティはほとんどなかった。そのため、ファイザーとモデルナの被験者は、プロセス1によって製造されたワクチンが細菌に暴露される必要なく製造されたため、はるかに低いエンドトキシンに暴露された。

RT-PCRで生成されたmRNAによる免疫は、大量展開で注射されたワクチンと同じ脂質ナノ粒子を用いてカプセル化されたため、観察された違いはおそらく原薬製造に関連したものであろうと推測するのが妥当である。

ごく限られた数のプロセス1ワクチンで、約0.5EU/mLのエンドトキシンレベルが報告されている。アナフィラキシーのような問題を引き起こす可能性のあるこの比較的低い値は、原薬(mRNA)がスパイクタンパク質をコードするように設計された合成mRNAのRT-PCRによって作られたためと考えられる。つまり、治験で使用されたプロセス1ワクチンに含まれるエンドトキシンは、バイアル瓶に入れられた脂質ナノ粒子中のmRNAの懸濁液である医薬品の製造に使用された材料の汚染から生じたものである。糖は主要成分であり、エンドトキシンの発生源となる可能性がある。

1.1.2 工程2:プラスミドDNA mRNAに基づく免疫における内毒素は、プラスミド相補DNAの製造に使用される大腸菌の断片から生じ、このDNAはmRNAプロドラッグの製造に使用され、緩衝液や脂質ナノ粒子と結合して製剤となる。製造に使用される粗い濾過プロセスでは、エンドトキシン、特にリピドAに関する成分を防ぐことはできない。リピドAは簡単に壊れ、細菌壁の大きな塊よりもはるかに毒性が強い。

mRNAワクチン中のエンドトキシンは、LNPの外側に自由に浮遊するだけでなく、表面に付着したり、内部に閉じ込められたりすることもある。そのため、どの程度のエンドトキシンがmRNAや汚染DNA、バイオバーデンに結合しているかはまだ不明である。

約252人の被験者が、臨床試験の最後期に供給されたファイザー・プロセス2の予防接種を受けたと考えられている。さらに、ファイザー社は、プロセス2とプロセス1の極小の「比較試験」の臨床評価結果を公表するつもりはないと表明している。2021年3月13日の締切日まで進行中の第3相臨床試験C4591001では、製品に関連すると考えられるアナフィラキシー症例が1例あった。この患者はプロセス2のワクチンを接種したと思われる。

ファイザーのプロセス2ワクチンに含まれるエンドトキシンは、一般的にEU/mL(エンドトキシン単位/1mlあたり)で定量される。しかし、この分野の専門家が指摘するように、これはやや曖昧である。おそらく、1EU/mlは1mLあたり200ピコグラムに相当するのだろう。EUは12.5EU/mL、FDAは5EU/mLを筋肉内ワクチンと予防接種に認めている。大量展開に使用されたファイザー・プロセス2ワクチンのエンドトキシンレベルは公表されていない。TGAはバッチリリースのページに「合格」と記載するだけで、その詳細は最小限である。

プロセス2ワクチンの出現により、アナフィラキシーの犠牲者数が大幅に拡大したように思われる。一例を挙げると、盲検化されていない段階で、プラセボを2回接種した後にプロセス2ワクチンを1回接種した17歳の女性被験者が、2020年12月14日に注射後6分でアナフィラキシーを起こした。彼女はアドレナリンの注射で助かった。彼女は2021年1月27日に試験から離脱した。

その後、2021年1月7日のワクチン有害事象報告システム(VAERS)通知によると、53歳の女性がプロセス2ロットEE8403の初回注射後にアナフィラキシーを起こした。2021年7月までに、ファイザー社はアナフィラキシーの犠牲者について、より率直かつ拡大的な見解を示しており、その中には市販後注射キャンペーンにおける9人の死亡も含まれている。工程2で製造されたmRNAワクチンの接種者におけるアナフィラキシー発症率の差は、臨床的に注目すべきエンドトキシン汚染が起こっていることを示す強力な状況証拠であることがわかるだろう。

1.2 バッチのばらつきとバッチ汚染の証拠は何か?

現在、有害事象の発生率に差があるなど、バッチばらつきに関する証拠は豊富にあり、適正製造基準(GMP)に関する基本的な懸念を引き起こしている。

様々なワクチンプラットフォームの開示された成分から、バイアルに何が入っているかは基本的に分かっている。多くの成分は明らかに有毒である。特に、グラフェンやその誘導体が使用されている証拠は開示されていない。

1.3 実験室の方法と定量化の緊急性

TGAのラボラトリー部門は、馬蹄形血液抽出物、リムルスアメーボサイト溶解物アッセイ(LALアッセイ)を使用しているが、これは大きな断片にのみ適している。この検査は、ワクチンに含まれるようなカチオン性脂質やmRNAの存在によって損なわれるため、実際のエンドトキシン濃度は検査室検査で示される濃度よりも高くなる可能性が高い。TGAのような規制当局では使用されていないが、間違いなく使用されるべき、より洗練された検査(分離と揮発性誘導体形成後の大衆形成後の質量分析に基づく)がある。エンドトキシンは非常に有毒であるため、フェムトグラムレベル、すなわち100万グラムの10億分の1を検出できる電子センサーが作られている。

1.4 その他の重要な背景

1.4.1 エンドトキシン毒性に関する一般的考察

本稿では、mRNAワクチンに含まれる最も致死的と思われる成分、すなわちリポ多糖(LPS)としても知られるエンドトキシン、特にリピドAと呼ばれる画分に焦点を当て、エンドトキシンとCOVID-19ワクチン接種後の多数の有害症状を関連付ける可能性のある、もっともらしいメカニズム論について議論する。

オーストラリアのTGA(The Therapeutic Goods Administration)のウェブサイトには、興味深い情報が奇妙な場所に隠されている。図1には、エンドトキシンとその研究室での測定方法[2]に関するプレゼンテーションのスライドが掲載されている。エンドトキシンとは、しばしばLPSと互換的に使われる用語だが、より広義には、細菌細胞が崩壊する際に放出されるあらゆる毒性物質を指す。LPSは大腸菌を含むグラム陰性菌の主要な内毒素であり、菌の外膜に存在する大きな分子である。LPSは細菌細胞壁の構造的完全性において重要な役割を果たし、宿主免疫に対する保護層として機能する。遊離LPSは通常ミセル中に存在し、生体内で凝集することがある。

図1

16世紀の医学者パラケルススの有名な言葉、sola dosis facit venenumhi:「すべてのものは毒であり、毒のないものはない。非常に低用量のLPSが、複数の増幅メカニズムを介して、不釣り合いな生物学的影響を及ぼしうるという事実により、治療用生物製剤のエンドトキシン汚染は、製薬業界とその州の規制当局の長年の懸念事項となっており、適正製造基準(GMP)の中で数多くの基準の対象となっている。

1.4.2 広範な生体内分布

筆者の考えでは、バイオエヌテック・ファイザー社や、世界中の政府部門を含むCOVID-19ワクチンの販売に加担した販売業者たちが、LNPとその内部または外部にあるmRNAが単に腕の筋肉細胞に入り、それを乗っ取り、合成スパイク生成とその結果としての抗スパイク抗体の工場にさせるだけだと繰り返し言ったのは、全くの誤りであった。LNPの広範な生体内分布を指摘することは、汚染されたエンドトキシンが注射後にどのように体内で広範に拡散するかを理解するために必要である。

BioNTechの創設者の一人が行った講演では、注射内容の実際の標的は、排出リンパ節と脾臓を含むより広いリンパ系であることが明らかだ。大量ワクチン計画が始まると、ファイザーのワクチン設計に関わる他の人々も、リンパ系へのワクチンの作用について極めて率直に語った。

2021年9月のインタビューで、ドリュー・ワイズマン教授はこう語っている:

LNPはmRNAをカプセル化して細胞外分解から保護し、エンドソームから細胞質へのmRNAの放出を促進する。LNP-Ψ-mRNAが筋肉に注入されると、すべての細胞がそれを取り込むが、筋肉細胞にとっては非常に効率が悪い。LNPの大きさは80nmで、これはウイルスの大きさとほぼ同じだ。LNPはリンパ管を通ってリンパ節に移動し、リンパ節ではDC(樹状細胞)がLNPを取り込む。また、筋肉にもリンパ球が浸潤し、粒子を拾い上げる。ワクチンがリンパ節に到達すると、DCはmRNAを翻訳し、それをB細胞やT細胞に提示して活性化させる。

ファイザーの臨床試験から、リンパ節腫脹は同社のプロセス1製品による小規模な問題であることが知られていたが、プロセス2に移行したときに爆発的な症例が発生し、製造に使用された大腸菌の内毒素が原因であった。予想されたように、リンパ節腫脹は通常、線量を受けた体の側で検出される。

これらの観察結果は、情報公開請求によってTGAから入手した具体的な証拠書類、すなわち80nmのLNPの広範な生体内分布を示したファイザーComirnaty非臨床評価報告書を裏づけるものである。これらの文書は世界中で議論され、LNPとそのペイロードが、一般に作用部位と理解されている筋肉内注射部位をはるかに超え、ワイズマン教授が詳しく説明したように、リンパ排水系をはるかに超えて拡散するという概念を広めた。実際、LNPは多くの臓器に行き渡り、mRNAだけでなくエンドトキシンを含む汚染物質も運ぶ。このことは、エンドトキシンに関連した潜在的毒性に関する現在の議論にとって極めて重要である。

英国政府から入手したトライアル文書から引用すると、『BNT162b2ワクチンの副反応としてリンパ節腫脹が確認された。

私がオーストラリアにおけるリンパ節腫脹の大きな問題に気づいたのは、有害事象通知データベースを閲覧した時だ。2021年8月23日までにすでに1,126件の症例があった。2022年4月までの全世界でのファイザー社の報告症例数は、リンパ節腫脹73,287例(全副反応報告の5.44%)、リンパ節痛8,395例、ワクチン接種部位リンパ節腫脹4,540例、リンパ節炎2,115例、リンパ浮腫75例、リンパ球減少症274例であった。

2. エンドトキシン毒性におけるサイトカイノパシーの重要性

1985年、ニューヨークのロックフェラー大学に勤務していたピーター・ホテツ教授は、エンドトキシンを変化させたマクロファージから分泌される分子で「エンドトキシン耐性」マウスを殺すことができるチームの一員であった。運命に翻弄されたマウスの症状は、食欲不振と悪液質(筋肉の衰え)であった。その後の数年間で、これらの実験はカシェクチン(ネズミの腫瘍壊死因子、TNF)と、エンドトキシンのような暴露によって誘発されるサイトカインが、全身性の炎症反応を誇張させることを理解する基礎を築いた。これは古典的には正のフィードバックループと呼ばれている。パンデミックの間、メディアの報道のおかげで、サイトカインと「サイトカインストーム 」という概念は、一般大衆の辞書に同化された可能性が高い。

科学的な現実は、インターロイキン6(IL-6)やIL-1β(頂点サイトカインと呼ばれる)、その他の炎症性刺激は正のフィードバックループによって増幅されるため、微量のエンドトキシンでもパラケルススの学説を打ち破るということである。

2.1 エンドトキシンはどのようにして人体にサイトカイノパチーを介した組織障害をもたらすのか?

後述するように、ファイザーとモデルナの免疫におけるエンドトキシンは、完璧なサイトカインストームを作り出している。図2は、エンドトキシンがもたらすダメージの一部であり(Fajgenbaum)、サイトカインストームが本質的に人体のあらゆる種類の組織にダメージを与えうることを示している。生殖系への影響はこの図にはない。

図2

私たちの自然免疫系は、保存された病原体関連分子パターン(PAMPs)を認識することにより、侵入してくる病原体から身を守る。PAMPsの認識は、細胞表面または細胞内コンパートメントに発現する病原体認識レセプター(PRR)に依存している。重要な免疫細胞にはマクロファージや単球がある。

生物学的システムに単純なものはなく、これは図を使って説明するのが一番である。残念ながら、多くの略語が一般的に使われているため、本文はMohammad and Thiemermann[2]から改変している。

図3

図3では、LPSは血液中でリポ多糖結合タンパク質(LPB)と結合し、これがグリセロホスファチジルイノシトールアンカー型タンパク質(CD14とも呼ばれる)と協調する。LBPはN末端の塩基性パッチを介してLPSミセルと結合し、C末端で分泌型CD14(sCD14)または膜結合型GPIアンカー型CD14(mCD14)と一過性の三元複合体を形成する。CD14/LBP/LPSミセルの生成後、CD14はLBPから解離し、単量体LPSを受け取る。

Toll様受容体4(TLR4、PRR)のシグナル伝達は、骨髄分化一次応答タンパク質88(MyD88)依存性およびMyD88非依存性の経路を介して起こり、核因子κβ(NF-κB)関連の標的遺伝子を活性化する。TLR4は、LPS結合ポケットを持つ分泌糖タンパク質MD-2と複合体を形成する。

MyD88依存性の経路では、MyD88が活性化され、インターロイキンIL-1受容体関連キナーゼ-4(IRAK-4)をリクルートする。IRAK-4はIRAK-1をリン酸化し、腫瘍壊死因子受容体関連因子6(TRAF6)がIRAK1と会合するのを可能にする。IRAK1-TRAF6は次にTAK1、TAB1、TAB2を活性化する。TRAF6、TAK1、TAB1、TAB2は、ユビキチン結合酵素E32 variant 1 isoform A(Ubc13)およびUev1Aとより大きな複合体を形成し、TAK1を活性化する。その後、ポリユビキチン鎖はA20とconserved cylindromatosis (CYLD)によって除去される。活性化されたTAK1はIKK複合体(IKKα、IKKβ、IKKγ)をリン酸化し、最終的にNF-κBの核内移行をもたらし、炎症性サイトカインの転写を引き起こす。

MyD88非依存性の経路では、TIRドメイン含有アダプター誘導性インターフェロン-β(TRIF)が関与し、TNF受容体関連因子3(TRAF3)の活性化と、インターフェロン調節因子3(IRF3)の核への移行を引き起こし、IFNB遺伝子の転写につながる。

2.2 エンドトキシン耐性と炎症性プライミング

ゲイの男性は、大腸菌による内毒素血症のリスクが高い。各人の血漿LPSレベルが異なる2つのサンプルを比較した研究によると、潜在性内毒素血症のHIV陰性男性は、CD4-CD8 T細胞比と血漿サイトカインレベルが変化していた。生体内における潜在性レベルの血漿中エンドトキシンは、T細胞増殖能、単球サイトカイン放出、HLA-DR発現を変化させ、さらにマイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)経路成分のリン酸化を低下させることによってTLR交差寛容を誘導する。既存のエンドトキシンが高いサンプルの単球は、エンドトキシン刺激後にサイトカイン産生を有意に増加させなかったが、一致するエンドトキシンが低いサンプルの単球は、サイトカイン産生(IL-8を除く)を8~150倍増加させた。したがって、エンドトキシン耐性の証拠は議論に値する。

エンドトキシンに繰り返し暴露されると、慢性的な非解消性炎症が起こるが、ワクチンの複数回接種に関する研究では、直感に反する結果が得られている[6]。ドグマによると、2回目の高用量のエンドトキシンは、炎症性サイトカインの誘導があまり強くなく、抗炎症性サイトカインの産生が増加するという特徴があると考えられており、エンドトキシン耐性として知られている。注射後のシュワルツマン効果(Sanarelli-Swartzman効果)は、おそらくエンドトキシンが少なくとも2つのコンパートメントに存在し、一方は自由浮遊してすぐに利用可能であり、もう一方はLNP、mRNA、DNA、あるいはバイオバーデンに付着してゆっくりと放出されることで説明できる。

超低用量エンドトキシン(LPS)でしたマウスは、高用量でのチャレンジに反応して死亡率が増加する。図4のMorrisらによるスキームは、エンドトキシン中毒の複雑さを示している。

図4

LPS = エンドトキシン、TLR4 = Toll-Likeレセプター、MyD88 = 骨髄分化一次反応88タンパク質、TRIF = インターフェロンβを誘導するToll/IL-1Rドメイン含有アダプタータンパク質、IRAK = インターロイキンレセプター関連キナーゼ; GSK3 = Glycogen Synthase Kinase 3; JNK = c-Jun N-terminal Kinase; AKT = Protein kinase B (PKB); ERK = Extracellular signal-Regulated Kinase; IKK = IκB Kinase; NFκB Nuclear Factor κ of activated B cells.

シュワルツマンは、正常なウサギにグラム陰性菌(COVID-19 mRNA免疫に使用した大腸菌など)の滅菌培養濾液のプライミング用量を皮内注射し、24時間後に同じ培養濾液から2回目の静脈内チャレンジ(誘発用量)を行うと、最初の注射で真皮壊死が起こることを発見した。ウサギの22%は全く反応しなかったが、これは「エンドトキシン耐性」の結果であろう。その後、TNF、IL-1、IL-12、IL-15、あるいはIFN-γなど、エンドトキシン敗血症性ショックで生成されるサイトカインがエンドトキシンの代わりになることが示された。

1952年、コルチゾンで前処置したウサギにグラム陰性細菌性エンドトキシンを単回静脈注射したところ、多臓器、特に腎臓に障害が生じたことが発見された。これには大量のフィブリン沈着が伴っていた。2006年には、エンドトキシン・シュワルツマン効果による多臓器障害には、肺と肝臓の血栓症をもたらす播種性血管内凝固(DIC)が関与していることが示された。

ファイザーとモデルナの注射に含まれるエンドトキシンは、完璧なサイトカインの嵐を引き起こす。

ファイザー社の注射後の有害事象のリストは、米国裁判所が75年間隠したがっていた会社の報告書の公開を命じたとき、世界中の人々を驚かせた。最も広く読まれているファイザー社の文書のひとつは、約170ページにも及ぶもので、数千に及ぶ医学的記述がある。英国政府がイエローカード報告システムに殺到する報告に対処するため、人工知能の契約を結んだのは有名な話だ。米国政府もまた、VAERSシステムの契約を結ばなければならなかった。

私は、エンドトキシンが注射後数分から数日、あるいはそれ以降に報告されるすべての有害事象を説明できることを示した。mRNA注射によって健康な細胞を乗っ取って製造される合成スパイク・タンパク質は、もちろん有毒である。実際、スパイク・タンパク質はエンドトキシンと結合することで相乗効果を発揮し、大きなエンドトキシンのミセルを破壊して、より毒性の強いリピドAにするのを助ける。

COVID-19ワクチンに含まれる合成mRNAから転写された合成SARS-CoV-2スパイク・タンパク質が、一世代に甚大な長期的ダメージを与えることは間違いないが、ワクチン接種後数分から数日で経験される有害な、時には致命的な反応の原因にはなりえない。

この最もエレガントな証明は、2022年初めにイタリアのチームによって発表されたもので、彼らは市販の研究所からウイルススパイクのサンプルを入手し、ヒトマクロファージ(MΦ)に対する炎症作用についてテストした。彼らは、それ以前の多くの研究は、エンドトキシン汚染を考慮に入れていなかったために否定されていたか、少なくとも混乱していた可能性があると結論づけた。

天然のウイルススパイクは、結晶学、酵素消化、質量分析によって決定されたように、糖鎖のコーティングで免疫系を回避する。mRNA注射による合成スパイクにはこの糖鎖コーティングがないため、炎症性が高い。

3. 内毒素血症はワクチン有害事象の主要な要因として見落とされていないか?

3.1 致死的事象における内毒素血症の考えられる役割

3.1.1 アナフィラキシーの既知のリスクと考えられるメカニズム的関連性

前述のように、2021年1月7日のVAERS報告によると、53歳の女性がプロセス2ロットEE8403の初回投与後にアナフィラキシーを起こした。2021年7月までに、ファイザー社はアナフィラキシーの犠牲者について、より率直かつ拡大的に説明した。

ファイザー社は、『アナフィラキシー反応SMQ(Broad and Narrow)検索戦略から、最も頻繁に報告された関連PT(優先用語)(2%以上)は以下の通りであった: アナフィラキシー反応(435)、呼吸困難(356)、発疹(190)、そう痒症(175)、紅斑(159)、蕁麻疹(133)、咳(115)、呼吸困難、喉のつかえ(各97)、舌腫脹(93)、アナフィラキシーショック(80)、血圧低下(72)、胸部不快感(71)、顔面腫脹(70)、咽頭腫脹(68)、口唇腫脹(64)であった。’

この明確な危険信号にもかかわらず、ファイザー社は次のように報告している:

結論: アナフィラキシーは、非アナフィラキシー性の過敏事象と同様に、製品添付文書に適切に記載されている。サーベイランスは継続する。

ファイザー社の市販後データでは、2022年4月までに判明している被害者数は以下の通りである:

アナフィラキシー反応 7,214

アナフィラキシーショック 1,184

アナフィラキシー様反応 197

アナフィラキシー様ショック 8

妊娠アナフィラキシー様症候群 1名ファイザー社は、より致死性の高いロット番号に強い関心を寄せていた。

2021年初頭にオーストラリアのビクトリア州サンシャイン病院で使用されたロットER7449は3%以上のアナフィラキシーを引き起こした。TGAはロットER7449をエンドトキシン検査なしで使用させた。

EP9605、ER2659、ER9480、EY2173など他のロットもアナフィラキシー、傷害、死亡の主な原因として挙げられている。

米国のMass General Brigham病院で行われた前向き研究では、2020年12月16日から2021年2月18日の間にmRNA COVID-19ワクチンの初回投与を受けた従業員を追跡調査した。追跡調査は3日間に限定された。25929人(40%)がファイザー・バイオンテックワクチンを受け、38971人(60%)がモデルナワクチンを受けた。興味深いことに、スタッフの19%が使用された調査方法のいずれにも回答しなかった。かゆみ、発疹、じんましん、腫れ、呼吸器症状などの急性アレルギー反応症状がみられた。これはファイザー社の推奨する用語と一致しないことに注意されたい。

アナフィラキシーは16人の従業員(ファイザー7人、モデルナ9人)で確認された。アナフィラキシーの犠牲者の94%は女性であった。アナフィラキシー発症までの平均時間は17分(範囲は1分~120分)であった。

3.1.2 心筋炎の既知のリスクとの関連性

エンドトキシン汚染は、COVID-19ワクチンに含まれるmRNAやLNP成分とは無関係に、ワクチン誘発性心筋障害の新たなメカニズムと考えられるだろうか?あるいは、LPSが後の心毒性やワクチン関連心筋炎(VAM)を誘発するのだろうか?

VAMに罹患した人の典型的なプロファイルは、2021年4月に認識されて以来、若年男性で、しばしば2回目の接種後である。とはいえ、心筋炎や心膜炎はあらゆる年齢の男性や女性にも起こる可能性があり、ブースター接種後に発症することもある。最終投与からの間隔は数日から数週間である。

VAMは、過敏性心筋炎に適合する好酸球性または他の形の浸潤ではなく、CD4優位のリンパ球性浸潤を心筋に伴うようだ。現在のところ、VAMは自己免疫現象であると考えられている。Baumeierら(2022)は、心臓生検でワクチン由来のスパイクタンパク質を調べ、炎症はその外来抗原に対する反応であると仮定した。Barmadaら(2023)は、VAM罹患者とそうでないワクチン接種者との症例対照研究において、偏りのない免疫サンプリング技術を用いた。これらの研究者らは、末梢血マーカーでIL-1やIL-15を含むサイトカイノパチーのパターンを示し、異常な細胞傷害性リンパ球を認めた。心臓組織は調べられなかったが、末梢血サンプルには心臓自己抗原やBリンパ球やTリンパ球のクローン性増殖が見られなかったことから、著者らは古典的な自己免疫以外の免疫・炎症性メカニズムが関与していると結論づけた。

さらに最近、2023年にEuropean Journal of Heart Failureに発表された「COVID-19 mRNA-1273ブースターワクチン接種後の心筋障害発生率における性差」と題する研究論文(Beurginら)は、ブースターを受けた777人の医療従事者を対象とした前向き研究であった。3日目のトロポニン上昇が40例で検出されたが、判定の結果、22例はモデルナワクチン曝露以外に心筋障害の説明がつかないと考えられた。興味深いことに、このサンプルには女性が多く含まれていた。超高感度血液検査で心筋壊死が検出されるこの病態を明確にすることは重要である。この所見は心毒性を示すものであり、長期的な影響を判断するためにはさらなる研究が必要である。無視されるべきではなく、非常に深刻に受け止めるべきだが、35人に1人の接種者が心筋炎に罹患していると過剰に解釈すべきではない。なぜなら、心筋炎の診断に必要な基準がすべて調べられ、満たされているわけではないからだ。

ワクチン投与後の心臓障害も超急性期に急速に起こる可能性があり、これは直接的な心毒性を引き起こすのに十分なmRNAからのスパイク蛋白の転写とは適合しない可能性があり、スパイク蛋白に対する抗体の生成に予想されるよりも早いことは確かである。ある症例では、2価のファイザーBNT162b2(野生型とBA.4-5)を注射したわずか1日後に、ある男性が呼吸困難、心拍207、血圧74mmHgで病院に運ばれた。この男性は5回目であった。診断は心室頻拍を伴う心筋炎であった。

一方、心臓への悪影響は、エンドトキシンの直接障害やサイトカイン障害を介して起こることもある。炎症性インターロイキンによる心臓とその血液供給系細胞へのエンドトキシン障害はよく知られている。サンプル数が少ないという制限のある前向き多国籍研究では、血中エンドトキシン濃度が50ピコグラム/mlを超えると、心血管系疾患の有意なリスク予測因子となることが示された。エンドトキシンによるIL-1βの誘導によって心臓が傷害されることがマウスで実験的に証明され、IL-1βの正のフィードバックループによる増幅が確認された。重要なことは、後者がmiR-155の発現を誘導することである。

SARS-CoV-2感染者とエンドトキシンに暴露された人の両方で検出されるmiR-155のアップレギュレーションは、COVID-19とは独立して、心筋障害と炎症の予測因子である。心筋梗塞の際、miR-155は心筋のマクロファージで急激に発現が上昇し、エクソソームとして細胞外に放出される。これらのエクソソームは線維芽細胞に送達され、miR-155は線維芽細胞において、炎症から保護し線維芽細胞の増殖を促進するタンパク質をダウンレギュレートする。その結果、心筋梗塞では心破裂が起こりやすくなる。心筋炎による死亡が若い人ほど多い理由としては、高齢者は筋肉量が少なく、サルコペニア指数で測定することができるため、miR-155の生成量が少ないというのが最も妥当な説明かもしれない。

気道生検サンプルを分析したところ、若い人のmiR-155は高齢者よりもはるかに高く、心筋炎のリスクを劇的に高めていることが示された。

エンドトキシンは、誘導性一酸化窒素合成酵素(iNOS)として知られるカルシウム非依存性NO合成酵素を誘導する。発熱、低血圧、リンパ球減少を伴う頻脈は、エンドトキシンの注射から予想される結果であり、ヒトの反応はマウスのそれとは異なることが知られている多くの注意深く管理された臨床実験で実証されている。

ファイザー社によれば、試験中、オリジナルBA.1 30/30μg群の1人(0.3%)が、ワクチン接種1日目に心房細動という生命を脅かす(グレード4)有害事象を報告した。ファイザー社が製品をプロセス2注射剤に変更した後、2022年4月15日までに3,285例の心房細動と22,873例の頻脈が報告された。

ファイザー社は、COVID-19製品によって損傷を受けた多数の心臓を薄めるために、多数の医学用語を使用している。

3.1.3 生命を脅かす臓器機能障害との明白な関連性

腎臓と肝臓の疾患はエンドトキシンによって引き起こされる可能性がある。ファイザー社が2022年4月に過剰な数の腎臓障害を報告したことは知られており、数千の症例の警告シグナルは多数の専門医学用語に広がっている。エンドトキシンはメサンギウム細胞(MC)に直ちにダメージを与え、メサンギウム細胞は腎臓の糸球体が正しく機能するための糸球体濾過速度に間接的に関与している。

1952年、コルチゾンでしたウサギにグラム陰性菌のエンドトキシンを1回静脈注射したところ、多臓器、特に腎臓に障害が起こることがわかった。1968年、Starzlはエンドトキシンプライミングの疑いによるヒト腎臓の破壊を証明し、3人の移植患者で報告した。研究者らは、不死化した市販のマウス腎細胞を用いて、アペックスサイトカインIL-1βやインターロイキン36β(IL-36β)を含むいくつかの特定の炎症性サイトカインが、LPS暴露に反応してアップレギュレートされることを示した。このことは、腎臓組織におけるNLRP3インフラマソームの形成とIL-17/IL-23軸の活性化につながり、その結果、尿細管間質性病変(通常、慢性腎臓病と関連する)の形成を可能にする尿細管上皮細胞における炎症性および線維化因子の増加を誘導する。100ピコグラム/mlの濃度で強い効果が認められた。

ファイザー社はまた、臨床試験と集団ワクチン接種の最初の90日間から、重篤で致命的な肝不全が70例5人の死亡者を出し、自社製品による全身性攻撃の明らかなシグナルであることを知っていた。肝障害の中央値はわずか3日であった。ワクチンによる肝不全の多くの症例は、「敗血症」や「多臓器不全」の下に隠されている可能性が高く、剖検はほとんど行われていないようだ、というのが筆者の見解である。ファイザー社は、122の異なる、しばしば曖昧な肝障害の説明を’肝胆道系障害’という見出しで使用し、明らかに何万人もの犠牲者を隠している。

エンドトキシンによるMiR-155のアップレギュレーションは、ファイザーの免疫後に急速に肝不全や肝機能障害を引き起こす原因である可能性がある。2007年、エンドトキシンはE-miR-155トランスジェニックマウスとその野生型同腹子に致命的な肝障害を引き起こすことが示された。ガラクトサミンを投与されたラットは、血清アルカリホスファターゼ(ALP)、アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、トリグリセリド、総コレステロール、脂質過酸化のレベルが上昇し、血清総タンパク質、アルブミン、細胞性グルタチオンS-トランスフェラーゼ(GSH)のレベルが低下した。ガラクトサミンは、NFκBの核内移行を増加させ、iNOSタンパク質の発現、腫瘍壊死因子(TNF-α)、インターフェロン(IFN-γ)、炎症性インターロイキンIL-1β、IL-6、IL-12、IL-18を上昇させ、抗炎症性IL-10のmRNA発現を減少させた。エンドトキシン-ガラクトサミン肝毒性のメカニズムには、エンドトキシンがToll様受容体4(TLR4)に付着することによるクッパー細胞の攻撃が関与している。

TNF-αはmiR-155の肝毒性を増強することが知られており、miR-155はいくつかのタンパク質-FADD(Fas-Associated Death Domain protein)、IκBキナーゼε(IKKε)、受容体(TNFRスーパーファミリー)-相互作用セリン-スレオニンキナーゼ1(Ripk1)をコードする転写産物を直接標的とすると考えられている。Eμ-miR-155トランスジェニックマウスは、エンドトキシンにさらされると、より高レベルのTNF-αを産生し、正のフィードバックループを促進した。

mRNAワクチンはヒトのガラクトサミンをアップレギュレートし、それによってエンドトキシンmiR-155経路の致死率を高めるのだろうか?ワクチンはヒトのウリジン経路を変化させるのか?ガラクトース経路に関連するかもしれないワクチンによる肝障害に人種差はあるのか?卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンへのガラクトサミンの関与に関連して、女性は男性よりも肝臓障害や致死率が高いのだろうか?近い将来、これらの疑問に対する答えが明らかになることが期待される。

3.2 非致死的事象に関する内毒素血症の考えられる役割

3.2.1 リンパ節症

バイオエヌテック・ファイザー社や、世界中の政府省庁を含むCOVID-19注射薬の販売に加担した販売業者は、脂質ナノ粒子とその内部または外部に浮遊するmRNAが単に腕の筋肉細胞に入り込み、それらを乗っ取って、合成スパイク生成とその結果としての抗スパイク抗体の工場にさせると言ったとき、一般大衆に嘘をついたのだろうか?バイオエヌテックの創設者の一人が行った講演によれば、ワクチンの中身の実際の標的は、排出リンパ節と脾臓を含むより広いリンパ系であることが明らかだ。

一旦大量注射が始まると、ファイザー社のワクチン設計に携わった他の人たちは、リンパ系への作用が意図されたものであることを極めてストレートに理解した。

2021年9月のインタビューで、ドリュー・ワイズマン教授はこう語っている:

LNPはmRNAをカプセル化して細胞外分解から保護し、エンドソームから細胞質へのmRNAの放出を促進する。LNP-Ψ-mRNAが筋肉に注入されると、すべての細胞がそれを取り込むが、筋肉細胞にとっては非常に効率が悪い。LNPの大きさは80nmで、これはウイルスの大きさとほぼ同じだ。LNPはリンパ管を通ってリンパ節に移動し、リンパ節ではDC(樹状細胞)がLNPを取り込む。また、筋肉にもリンパ球が浸潤し、粒子を拾い上げる。ワクチンがリンパ節に到達すると、DCはmRNAを翻訳し、それをB細胞やT細胞に提示して活性化させる。

ファイザーの臨床試験から、リンパ節腫脹はプロセス1で製造されたmRNAワクチンによる小規模な問題であることが知られていたが、製造に使用された大腸菌の内毒素のため、プロセス2に移行すると爆発的に症例が増加した。予想通り、リンパ節腫脹は通常注射を受けた側で検出される。

英国政府から入手した治験文書には、『BNT162b2ワクチンの副反応としてリンパ節腫脹が確認された』とある。盲検化されたプラセボ対照の追跡調査期間中、BNT162b2群では9人、プラセボ群では2人がリンパ節腫脹のAEを報告した。これはプロセス1の注射を受けた約22,000人の約0.041%である。

この数字は、プロセス1ワクチン2回目投与1ヵ月後までの追跡調査で増加した。

2020年11月14日の臨床試験中間終了日までに、ファイザー社は日本の規制当局に以下のデータを報告した:

海外第2/III相試験C4591001において、重篤な有害事象はコミルナティ群21,621例中126例(0.6%)、プラセボ群21,631例中111例(0.5%)に発現した。

リンパ節腫脹の発現率はコミルナティ群で0.3%(21,621例中70例)、プラセボ群で0.0%(21,631例中7例)であった。これらの事象のうち、コミルナティ群では50名、プラセボ群では4名の事象が試験ワクチンに関連していると考えられた。リンパ節腫脹はほとんどが腕または頸部に発生した。多くの事象は、試験ワクチン接種後2~4日以内に発生したが、コミルナティ群12名、プラセボ群3名の事象は、ワクチン接種後8日以上(遅くとも98日後)に発生した。コミルナティ群の被験者1名は、ワクチン接種後30分以内にリンパ節腫脹を経験した。Comirnaty群の被験者1人のイベントは重篤であり、試験ワクチンに関連すると考えられ、転帰は「回復せず」であった(データカットオフ日:2020年11月14日)。

有害事象通知データベースが示すように、オーストラリアにおけるリンパ節腫脹の問題は大きい。2021年8月23日までに1,126件の症例があった。ファイザー社の2022年4月までの全世界での報告症例数は、リンパ節腫脹73,287例(全副反応報告の5.44%)、リンパ節痛8,395例、ワクチン接種部位リンパ節腫脹4,540例、リンパ節炎2,115例、リンパ浮腫75例、リンパ球減少症274例だ。

また、次のようなリンパ節腫脹の症例も関連している: エプスタイン・バーウイルス感染の再活性化、115例;エプスタイン・バーウイルス感染、109例;エプスタイン・バーウイルス抗体陽性、26例だ。

ワクチン接種群と対照群それぞれ平均884,828人を含むイスラエルの大規模な研究では、リンパ節症(リスク比、2.43;95%CI、2.05〜2.78;リスク差、78.4事象/100,000人;95%CI、64.1〜89.3)がファイザー注射の多くの害の一つとして際立っていた。

症例報告には、ファイザーCOVID-19注射のわずか1日後に右乳房にリンパ節腫脹がみられた女性が含まれている。また、72歳の女性で3日目にリンパ節腫脹が見つかったというファイザー注射の症例も報告されている。リンパ節腫脹はマンモグラフィー検査で検出され、その後の注射で発生率が増加した。前述したように、リンパ節症は複数回の注射によって引き起こされる多くのIgG4疾患の一つとして認識されている。EMAの文書によれば、ファイザーのブースターの副作用を報告した人の14%がリンパ節症を発症している。

スコットランドのエンドトキシン血症の研究者たちは、血漿中のエンドトキシン濃度が10ピコグラム/mL上昇するごとに、脾腫と頚部リンパ節腫脹の発生のオッズ比(OR [95% CI])はそれぞれ1-19 [1-01-1-4]と1-16 [1-02-1-35]であることを発見した。

リンパ節腫脹の爆発的な増加に関するレビューでは、癌の再活性化と転移の発生が認められ、特に悪性腫瘍を基礎に持つ患者では、反応性リンパ節腫脹と転移性リンパ節腫脹を区別するために、画像解釈には細心の注意が必要であることが指摘されている。

ファイザー社のブースターは、血管免疫芽球性T細胞リンパ腫の急速な進行と関連していた。

4. その他のメカニズムに関する知見

4.1 免疫寛容と内毒素血症

SARS-CoV-2スパイク蛋白COVID-19に対する免疫寛容は、複数回のワクチン接種によってIgG4スイッチングによって誘導されることが示されている。WHOはIgG4クラスのスイッチングがヒトの免疫系を弱めることを公式に懸念している[4]。

IgG4関連疾患(IgG4-RD)は、以前はIgG4関連全身疾患として知られていた。IgG4-RDは、リンパ球やIgG4分泌形質細胞による組織浸潤と、組織の瘢痕化をもたらす様々な程度の線維化を特徴とする慢性炎症性疾患である。IgG4疾患には、リンパ節症、アトピー性皮膚炎、自己免疫性膵炎、気管支喘息、リーデル甲状腺炎、間質性肺炎、間質性腎炎、前立腺炎、後腹膜線維症、炎症性大動脈瘤、多くの凝固疾患やその他の血液疾患が含まれる。

グラム陰性エンドトキシンは明らかにIgG4疾患に関与している。ガレクチン-3はIgG4病に関連する抗原であり、患者の循環形質芽細胞とCD4+細胞傷害性T細胞の増殖を促進し、重症のCOVID-19のマーカーである。ガレクチンはエンドトキシン炎症反応を増強する。ガレクチンは、低濃度のエンドトキシン(LPS)(血清なしで1μg/mL、血清ありで1ng/mL)がin vitroでヒト好中球上のCD11b発現と活性酸素種(ROS)発生をアップレギュレートすることを可能にし、好中球表面へのLPSの結合効率を劇的に高めることが示された[5]。

2023年5月31日にメルボルンで開催されたAMPSのイベントでの講演とその後の個人的なディスカッションの中で、ロバート・クランシー名誉教授は、IgG4病とメラノーマ、その他のがん感受性の危険性について言及した。他の研究グループは、IgG4が私たちの癌を撃退する能力を抑制し、乳癌や大腸癌、発癌性物質による皮膚乳頭腫を実際に加速させることを発見している。

4.2 発癌と内毒素血症

症例報告では、mRNA免疫後に癌が突然発症したり、休眠状態の癌患者が急速に悪化したりすることが指摘されている。ファイザー社は「良性、悪性および特定不能の新生物(嚢胞およびポリープを含む)」という見出しの下に468の異なる記述語を使用した。これらには35の異なるタイプのリンパ腫と14の異なる白血病の用語が含まれていた。残念なことに、『ターボ癌』という用語は、ワクチン接種後、癌の進行の速さを表現するために使われるようになったようだ。この概念は、英国の著名な腫瘍学者であり、1970年代に米国でファウチ博士とともに働いたがん生物学者でもあるアンガス・ダルグリーシュ教授が2022年後半に発言したときに強まった。ダルグリッシュ氏は、以前はコントロールされていたがんがmRNAブースター投与後に再活性化するという、彼の診療所で見られる顕著なパターンについて警鐘を鳴らした。

マルチヒット仮説」によれば、がんは、時には遺伝的脆弱性と組み合わさって、薬剤を含む多くの環境暴露によって引き起こされる可能性がある。世界的なワクチン接種プログラムによって発がんが促進されるという、これ以上憂慮すべきシナリオを想像するのは難しい。しかし、もっともらしいメカニズムも存在する。特にスパイクタンパク質の能力は、いったん核内に運ばれると、細胞培養実験で示されたように、P-53(抑制)とBRCA(活性化)を有害な形で調節することができる。この発見は今のところin vivoでは再現されていないが、それにしても気になるのは、医学生なら誰でも、P-53とBRCAがそれぞれ最もよく知られた重要な癌抑制遺伝子と癌遺伝子の一つであることを確認できるだろう。先に述べたように、エンドトキシンによって発現が上昇するmiR-155もまた、がんを促進したり悪化させたりする可能性がある。例を挙げると、miR-155を過剰発現する遺伝子改変マウスが血液がんの研究のために飼育されている。

著者の意見では、mIR-155への影響を考慮すると、COVID-19 mRNAワクチンの結果、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫、ホジキンリンパ腫、バーキットリンパ腫のサブセット(潜伏期III型エプスタイン・バーウイルス陽性バーキットリンパ腫)の急増が予想される。

ヒトにおけるmiR-155の過剰発現は、乳がん、肺がん、結腸がんなどの固形がんでも証明されている。特に肺がんでは、miR-155の過剰発現は予後不良の指標となる。mRNAワクチンに含まれる汚染エンドトキシンはマイクロRNA群を変化させ、休眠癌の再活性化、いわゆるターボ癌の誘発の一因として考慮されるべきである。

オーストラリアでは、AusVaxSafety 3日間調査の特別サブグループとして、数千人のがん犠牲者がファイザー社製ワクチンの実験に使用された。固形ガンの場合、彼らは一般の人々よりもはるかに苦しんでいた。12歳の子供も使用された。被害者の約40人に1人が、注射後3日以内に病院の救急部や医師の診察を受けなければならなかったと報告している。血液がん患者は、実験では別のグループとして扱われ、恐ろしい副作用に苦しんだ。ファイザー社は、白血病の既往症のある被験者を多数実験に使用し、BNT162b2ワクチンの注射を受けた被験者には14人の余分な症例があったのに対し、プラセボ群には11人の余分な症例があったと報告している。

4.3 リプロダクティブ・ヘルス

4.3.1 COVID-19ワクチン接種で不釣り合いに苦しむ女性;生殖能力への影響

ファイザー社の報告によると、2022年4月15日までに発生した1,348,079件の副作用のうち68.5%が女性であった。オーストラリアでは、2023年2月8日に終了したAusVaxSafetyの短期調査で男女別のデータはなかったが、全年齢層の回答者の57%が女性であった。

ワクチン接種後3日以内に病院の救急外来または医師を受診しなければならなかったと報告した妊婦の数は、2回目の接種後には50人に1人に増加し、その後の予防接種でも同数であった。回目の接種後に胃腸症状(吐き気、嘔吐、下痢、腹痛)を訴えた妊婦は14%で、一般集団の11%より高かった。

女性におけるファーマコビジランスシグナルを形成する影響の範囲は、女性におけるエンドトキシン影響と重複しており、月経不順、血栓症、子宮内膜症、妊娠喪失、子癇前症(これは妊産婦および出生前の死亡の主な原因である)、自己免疫疾患、生存している子供の発育障害などが含まれる。特にLPSは子宮内膜症の病態生理に関与しており、子宮内膜症では月経血中にLPSが検出される。

エンドトキシンとニッケルはどちらも、toll様受容体4に付着することでダメージを与える。ニッケルアレルギーを持つことが分かっている人からのファイザー免疫後のVAERS報告の93%が女性であったことは、非常に刺激的である。

COVID-19の大流行以降、出生数が減少していることを示すオンラインレポートや研究は数多くある。戸締まりや経済不安が結婚や妊娠の減少につながったという時系列的な関連性を指摘する人もいるかもしれないが、集団予防接種が出生数の減少に貢献したという状況証拠もある。ファイザー社は338種類の「生殖系および乳房障害」を報告しており、これは警告シグナルを薄めるのに役立っている。何千人もの女性が月経周期の乱れや閉経後の出血を報告している。ファイザー社は、臨床試験中にワクチン投与後7日以内に閉経後出血を起こした症例を報告している。

オランダ当局の公式データでは、2021年12月1日までに非常に明確な警告シグナルが得られている。閉経後女性は閉経前女性に比べて敗血症エンドトキシン死亡率が増加する。閉経後の女性や卵巣摘出手術により閉経が誘導された女性は、B細胞や抗炎症性サイトカインであるIL-4、IFN-γのレベルが低下し、NK細胞の活性やTNF-α、IL-1β、IL2、IL-6などの炎症性サイトカインのレベルが上昇している。

子宮に対するエンドトキシンの直接的影響も研究されている。血中エストロゲンの保護的役割に関する以前の議論とは逆に、子宮マクロファージに細菌性エンドトキシンを打つと、生物学的に活性な炎症性IL-1βの産生が誘導される。エンドトキシンに汚染された免疫の潜在的な結果としてのサイトカインストームは、現在ではよく理解されている。

NF-κBのRelA(p65)サブユニットとプロゲステロン受容体は相互作用し、相互抑制を示す。TNF-αによるNF-κBの活性化はまた、プロゲステロン受容体(PR)の抑制をもたらし、一方PRはTNF-α誘導性のNF-κB活性を抑制することができる。脱落性ギプスは、プロゲステロンレベルの停止により、脱落した子宮内膜の支持が失われた時に起こる可能性がある。エンドトキシンがプロゲステロンを減少させるという決定的な証明は、体外受精治療を受けた45人の女性において、エンドトキシン暴露のマーカーであるリポ多糖結合蛋白(LBP)の全身レベルと卵巣の炎症レベル(卵胞液IL-6)、さらにステロイドホルモン産生との関連を測定することによって行われた。

エンドトキシンは、このシステムに大きな打撃を与え、一般に卵子予備能として知られる原始卵胞プールを永久的に減少させることが知られている。エストラジオールは、ヒト末梢血単球とマクロファージにおけるエンドトキシン中毒を抑制する。高用量のエストラジオールは、エストロゲン受容体依存的にエンドトキシン誘発性IL-1β発現を増強する。視床下部下垂体卵巣軸(HPO)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体形成ホルモン、エストロゲンおよびプロゲステロンのバランス(ワクチンの反復投与)に対する影響により、周期の延長と月経量の増加も予想される。

これらの効果を実証するために、数多くの動物が用いられてきた。大腸菌血清型O111:B4(invivogen)由来の超高純度エンドトキシン(LPS)100μgを腹腔内に注入したマウスのエンドトキシン注入の影響に関するin vivo研究を見ると、効果は劇的であり、用量依存的である。エンドトキシンの結果、休止卵胞、すなわち成熟を阻害された後に吸収される卵胞が生じる。この研究では、ノックアウトマウスを用いて、エンドトキシンがtoll-like receptor 4(TLR4)を攻撃することが証明された。牛やラットに対するエンドトキシンのin vitroでの同様の作用が報告されている。図5の図式に示すように、母体も胎児も、体内を循環するエンドトキシンに脅かされている。

現在では、エンドトキシンとLPSがヒトの女性の生殖系と発育中の胎盤と胚を攻撃する方法に焦点が移っている。2022年8月22日までの米国VAERSデータには、過少報告であることが認められている。ヤンセン、モデルナ、ファイザーのCOVID-19注射の妊娠への影響に関する優れた対話型ガイドの中で、Openvaet1は、VAERS報告のテキストから症状を抽出することにより、ファイザー後に15人の母体死亡と908人の胎児死亡を発見した。また、報告された妊娠の見逃しの27.5%は、注射後1週間以内に起こっていた[13]。2022年4月15日までに、ファイザー社は、注射後の全有害事象事例の1.3%が17,156人の妊娠中または授乳中の女性によるものであったと報告している。ファイザー社は、これらの有害事象を「傷害、中毒および処置の合併症」と「妊娠、産褥および周産期の状態」という2つの主要な見出しの下、179の異なる記述の下に広げた。

図5

この図式は、インターロイキン1β、IL-1βが早産と胎児の炎症性傷害の炎症カスケードにおける「頂点サイトカイン」であることを示している。先に述べたように、このサイトカインは自己増幅することが知られており、パラケルススのドグマを覆している。PR-A/PR-B = P4レセプターAおよびB; PGs = プロスタグランジン; MMPs = マトリックスメタロプロテアーゼ; PGF2α = プロスタグランジンF2α; PLV = 脳室周囲白質軟化症; BPD = 気管支肺異形成; NEC = 壊死性腸大腸炎。色の濃さが増すほど炎症反応が強くなっていることを示す。

女性および発育中の胎児がエンドトキシンに暴露されると、発熱、白血球増加、頻脈、子宮圧痛、早産性膜破裂を伴う絨毛膜羊膜炎を引き起こす可能性がある。妊娠第一期の胎盤形成障害はLPSによって引き起こされる可能性があり、MAPKシグナル伝達経路のリン酸化とIL-8とIL-6の増加が関与している。エンドトキシンは、単球ケモカイン-1(MCP-1)と相関するらせん動脈のリモデリングにダメージを与え、以下のスキームに従って胎盤の絨毛外絨毛浸潤に関連するマーカーをダウンレギュレートする[14]。

図6

MyD88 = Myeloid differentiation 88、IRAK = Interleukin Receptor 5Associated Kinase、TLR4 = Toll-Like Receptor 4、ERK = Extracellular signal-Regulated Kinase、TRAF6 = TNF Receptor Associated Factor 6、MAP3Ks = Mitogen-Activated Protein Kinase 3、MEK = MAPK Extracellular signal-regulated Kinase、p38 = p38 Mitogen-Activated Protein Kinase、JNK = c-Jun N末端キナーゼ。TLR4はCOVID-19、エンドトキシン、ニッケルの標的であり、いずれもIL-8を上昇させる。

1 www.openvaet.org

マウスモデルでは、10μg/kgのエンドトキシンを妊娠13日目に注射し、40μg/kgのLPSを妊娠16日目まで毎日注射した。エンドトキシンは妊娠マウスのCD86+、TNF-α+、IL-1β+、iNOS+のdMφ(M1サブタイプ)の割合を大幅に上昇させたが、CD206+、CD163+、IL-10+、Arg-1+のdMφ(M2サブタイプ)の割合は減少させた。エンドトキシンは、単球ケモカイン-1(MCP-1)と相関するらせん動脈のリモデリングにダメージを与え、胎盤の絨毛外絨毛浸潤に関連するマーカーをダウンレギュレートした。十二指腸マクロファージ(dMφ)は、妊娠中に2番目に多く存在する免疫細胞であり、エンドトキシンの悪影響を受け、流産や胎児の成長制限を引き起こす。

妊産婦と周産期死亡の主な原因である子癇前症に罹患した女性は、高血圧、蛋白尿、頭痛、嘔吐、腎臓と肝臓の機能障害を経験する。子癇前症の女性は、抗炎症性インターロイキン10(IL10)のレベルが低い。

子癇前症の女性とそうでない女性の胎盤が比較された。その結果、α7ニコチン性アセチルコリン受容体(α7nAChR)の減少が、炎症の亢進というエンドトキシン反応に関与していることが示された。コリンアセチルトランスフェラーゼ(CHAT)のレベルは、子癇前症の女性とエンドトキシン処理マウスで低下していた。

エンドトキシンは早産を誘発するために日常的に使用されており、子宮や羊水への注射など様々な経路でエンドトキシンを投与できるヒツジは好んで使用される実験動物である。早産は周産期死亡と長期罹患の主な原因である。

ファイザー社は、COVID-19の予防接種が、妊娠前または妊娠中に注射された母親の生存する胎児にどのような影響を及ぼすかを調べる催奇形性試験を実施中である。世代間の不妊は大きな懸念事項である。エンドトキシンによる卵巣への催奇形性障害はよく知られている。妊娠ラットにエンドトキシンを腹腔内注射したところ、子宮内発育制限と血清抗ミュラーホルモンの低下が認められた。ファイザー社は2022年4月までに376種類の「先天性、家族性、遺伝性疾患」を報告している。ファイザーを注射された女性が、発育中の子供に心臓障害が検出されたため、妊娠25週で妊娠中絶を選択したケースがVAERSに掲載されている。

これらの注射を受けた第二世代の子孫に何が起こるか、その全容を知るにはおそらく20年はかかるだろう。

4.3.2 エンドトキシンは男性の生殖能力を低下させる

男性の不妊はあまり注目されていない。これまでのところ、ファイザー社の注射試験中に、有害事象として記載された性腺機能低下症の症例を2例見つけた。

ファイザー社は、FOI要求によって入手したオーストラリアの治療用品管理局(the Therapeutic Goods Administration)への文書で、多数の精巣有害事象の症例(括弧内の数字)を報告している。その内訳は、精巣痛(385例)、腫脹(90例)、不妊(60例)、睾丸炎(52例)、血精液症(43例)、非感染性睾丸炎(20例)、障害(22例)、精巣不快感(16例)、捻転(10例)、水腫(4例)、嚢胞(3例)、梗塞(3例)、膿瘍、出血、損傷、新生物、退縮(各2例)、萎縮、肥大、腫瘤、微小石症、壊死、乏精子症、睾丸摘出、精子数異常(4例)、精子数減少(9例)、精子分析異常、精索出血、精液変色(各1例)。

GELDING(Gut Endotoxin Leading to a Decline In Gonadal)機能とは、ライディッヒ細胞のステロイド生成経路を直接阻害することによって、また下垂体の黄体形成ホルモン駆動を低下させることによって間接的に、精巣によるテストステロン産生をエンドトキシンが低下させ、精子産生の低下につながることを示す適切な用語である。

37人の精子提供者を対象とした正式な前向き研究で、ファイザー社投与3ヵ月後にワクチンによる障害が認められた。ファイザーの臨床試験や大量展開で日常的に観察される39℃〜40℃の発熱は、精子総数の減少、急速に進行するグレードaの運動率、ゆっくりと進行するグレードbの運動率、79日間にわたる精液ボランティアの生命力の低下を引き起こす。38℃〜39℃の発熱で精子頭部の大きさが減少する。精子が完全に存在しない無精子症は、発熱によって生じる可能性がある。AusVaxSafety調査のデータによると、青少年は高齢のワクチン接種者よりも発熱を多く報告している。

mRNA注射に含まれるエンドトキシンは、ヒトの精巣と精巣上体でサイトカインストームを起こし、メッセンジャーRNAと1型副甲状腺ホルモン受容体(PTH1R)の発現を減少させることによって、男性の生殖能力を攻撃すると考えられる。酸化ストレスは精子数減少の一因として同定されている。炎症反応における炎症性メディエーターは呼吸バーストを誘発し、酸化ストレスをもたらす。形成された活性酸素種(ROS)は白血球精子症を引き起こす可能性がある。白血球に関連した一酸化窒素レベルの上昇は精子にダメージを与える可能性がある。

ファイザー社は、前立腺炎(99件)、前立腺特異抗原増加(63件)、前立腺がん(35件)、前立腺肥大症(26件)、前立腺肥大症(18件)、前立腺障害(13件)、前立腺痛(8件)、その他前立腺障害17件を報告した。ファイザー社はまた、亀頭包皮炎(22)、性器炎(19)、射精障害(18)、射精不全(18)、性器浮腫(18)、器質性勃起不全(17)、プリアピズム(17)を報告している、自然陰茎勃起 (15)、性器水疱 (16)、性器紅斑 (16)、性器知覚麻痺 (16)、陰茎水腫 (13)、精索静脈瘤 (13)、性器病変 (11)、陰茎出血 (11)、性器知覚低下 (10)、陰茎紅斑(10)、陰茎静脈血栓症(10)、陰嚢紅斑(10)、ペイロニー病(9)、性器分泌物(8)、勃起痛(8)、陰茎水疱(7)、陰茎発疹(7)、陰嚢水腫(7)、陰茎縮小(6)、射精痛(5)、陰茎排出物(5)、陰茎不快感(5)、精巣上体嚢腫(4)、陰茎剥離(4)、陰茎血腫(4)、陰嚢不快感(4)、(2)。上記の水腫、精索静脈瘤、精巣捻転は、抗精子抗体(ASA)攻撃による精子の破壊を引き起こす可能性があり、これは永久的なものである。ファイザー社は、血中テストステロン異常、血中テストステロン減少、(15)、血中テストステロン増加(8)の例を報告している。

4.3.3 授乳の問題

VAERS報告において、授乳中の母親とその赤ちゃんにファイザーの注射剤がダメージを与えたというショッキングな証言がある。母乳が出なくなったり、青や緑色の母乳が出るようになったり、母乳を採取中に出血したりした母親がいた。少なくとも、母親は自分の症状のために鎮痛剤を飲むことができる。ある研究では、mRNAワクチン注射後に緑色の母乳が出た女性は60人に1人であった。別の研究では、88人に1人の授乳婦が変色した母乳に苦しんでいた。ヘム系酵素がこのような作用を引き起こす可能性がある。ヘムペルオキシダーゼであるラクトペルオキシダーゼ(LPO)とミエロペルオキシダーゼ(MPO)はヒト母乳中に存在し、授乳開始後数日間はLPOが優勢である。

4.4 内毒素は容易に脳に入る

NADPHオキシダーゼ(NOX)とiNOSが相乗的に作用して脳細胞を破壊することが証明されている。エンドトキシンiNOSはオリゴデンドロサイト(OL)前駆細胞(OPC)にダメージを与え、ミクログリアを介して未熟児の脳障害で最も一般的な脳室周囲白質軟化症(PVL)を引き起こす。エンドトキシンをマウスに注射すると、iNOSが上昇し、それに伴う記憶喪失やアミロイドーシスが見られ、アルツハイマー病と関連する。

エンドトキシンはトリプトファンから一連の工程を経てキノリン酸を生成する。キノリン酸は神経毒、グリオトキシン、炎症性メディエーター、プロオキシダント分子として作用し、血液脳関門の完全性と凝集性を変化させる。キノリン酸はアルツハイマー病、HIV関連神経認知障害、パーキンソン病、運動ニューロン疾患、ハンチントン病、多発性硬化症、主要な精神疾患に関連している。脳障害のさらなる側面については、エンドトキシンによって引き起こされる自己免疫疾患という見出しで論じている。

注射後の最も一般的な症状は頭痛であり、これは人間のボランティアが文字通り磁気共鳴画像法で頭を検査した結果、脳の温度が非常に急速に上昇し、疲労、頭痛、筋肉痛、発熱、悪寒を生じていたことから容易に理解できる[8]。

図7

線維筋痛症の有無にかかわらず、女性ボランティアは、300~400ピコグラム/kgのエンドトキシンを注射されると、脳の温度が上昇した。

図9] ナルコレプシーはしばしば不安感や恐怖感の増大を伴うが、これはエンドトキシンを用いて実験的に動物で生じている。多発性硬化症を含む他の脳機能障害との関連については、さらなる研究が必要である。

ファイザー社は、注射後の症例数を次のように報告している:振戦10,748例、安静時振戦21例、平衡障害4,497例、運動障害2,736例、歩行障害1,678例、徐脈197例、パーキンソン病105例、パーキンソニズム44例、パーキンソニアン歩行6例、パーキンソニアン安静時振戦4例、歯車硬直4例、パーキンソニアン危機1例、血管パーキンソニズム1例。

インスリン抵抗性はパーキンソン病患者の脳における病理学的特徴である。ファイザー社の有害事象報告書には、糖尿病の症例が何千例も記載されており、35の項目に分かれている。エンドトキシンをウィスター系雄ラットの右線条体に注射したところ、予想通り運動能力が低下し、α-シヌクレインとtoll様受容体4(TLR4)のレベルが上昇した。エンドトキシンはまた、IRS1とIRS2のmRNAレベルを低下させ、GSK3βのmRNAとタンパク質を増加させ、インスリン抵抗性の発症を示した。

図8

ファイザー注射剤試験後、神経学的副作用として顔面神経麻痺と末梢神経麻痺が早期に認められた。ファイザーの注射剤製造に使用されているグラム陰性大腸菌由来の内毒素は、細菌の糖鎖と末梢神経のガングリオシドとの間の分子模倣を介して麻痺を引き起こす。

ギラン・バレー症候群(GBS)は、おそらくナルコレプシーと同様の脳への攻撃から生じており、カンピロバクター・ジェジュニや肺炎マイコプラズマのグラム陰性菌感染と関連している。内毒素がダメージを与え、分子模倣レベルで説明された多糖類に焦点が当てられている。カンピロバクター・ジェジュニ由来のものはギラン・バレー症候群患者のガングリオシドと関連している。インフルエンザワクチンのエンドトキシン濃度は、VAERSに報告されたGBS症例と相関している。

インフルエンザ鼻腔治療後のベル麻痺は、エシェリヒア・コリのエンドトキシンをアジュバントとして使用した製品のキャンセルにつながった。

ミクログリアは通常静止状態(M2)にあるが、パーキンソン病ではα-シヌクレイン凝集体の存在によりM1状態になることがある。M1ミクログリアは、TNFα、インターロイキン(IL)-1β、IL-6などの炎症性因子を放出し、運動神経細胞を死に至らしめる。これはエンドトキシンのエピジェネティックな影響によるものである。

死滅した細胞はM1ミクログリアの活性化を増加させる因子を放出し、細胞死を継続的に増加させる正のフィードバックループを引き起こす。

α-シヌクレインの凝集は、ミトコンドリア機能の破壊を通じてドーパミン作動性神経細胞死を引き起こす。

黒質にはエンドトキシンを標的とするミクログリアが高密度に存在し、エンドトキシンによるチャレンジに対して特に敏感である。図9は、長いCOVIDを論じた論文から引用したものである。[10]この図は、エンドトキシンが味覚の変化から動悸に至るまで、いかに幅広い問題を引き起こすかを理解するためにも用いることができる。

味覚の変化は、特にニッケルアレルギーのある人において、mRNA注射後にVAERSに報告されている。これは、ニッケルがその毒性メカニズムにおいてTLR4経路も利用していることと関係があるかもしれない。

エンドトキシンが中枢神経系に入ると、交感神経経路に関与する細かく調整されたフィードバックループにダメージを与える。注射後に下痢や嘔吐が頻繁に報告されるのはこのためだ。

数百万人のオーストラリア人を対象とした大規模なAusVaxSafety調査によると、9人に1人が2回目の注射後に下痢、嘔吐、吐き気、腹痛などの消化器症状を訴えた。これは初回接種後の報告よりもかなり多かった。これは、彼らの体が成分に対してアレルギーを起こしたことを示している。

2022年4月までに、ファイザー社は「一般的障害および投与部位の状態」で798種類の「神経系障害」と多数の重篤な影響を報告している。

図9
4.4.1 失明

ファイザーのワクチン製品は、自社の文書によれば、400以上の異なる名前の眼障害を引き起こしている。

子羊にエンドトキシンを注射すると、角膜の温度上昇を非侵襲的な全身炎症のモニタリング方法として非常に正確に測定することができる。mRNA注射後に片側または両側の失明が起こる多くの原因の背後には、おそらく複数のメカニズムがある。イーロン・マスクが注目したことで有名な研究では、ワクチン接種後2年間で、あらゆる形態の網膜血管閉塞症のリスクが高く、全体のハザード比は2.19(95%信頼区間2.00-2.39)であった。

モデルナとファイザーのワクチンは、他のワクチンと比較して特に悪かった。1984年から2014年の間に、合計289例のワクチン関連ぶどう膜炎が報告された。ファイザーは2022年4月15日までに327例のぶどう膜炎を引き起こした。

mRNAのCOVID-19注射後に眼球障害が報告されており、ミエロペルオキシダーゼ(MPO)抗好中球細胞質抗体(ANCA)に起因している。サイトカインストームはMPOの発現を増加させる。

VAERSでは、フランスの93歳の女性がファイザーのワクチン注射により48時間以内に失明したことを記録している。彼女は意識を失い死亡した。ロット番号はEJ6788であった。

4.4.3 耳鳴り

2022年に米国オハイオ州で行われた調査によると、mRNA注射を受けた患者の0.038%が1回目の注射後に耳鳴りを起こし、0.031%が2回目の注射後に耳鳴りを起こした。ファイザー社の臨床試験中に耳鳴りの症例が多数報告されており、インフォームド・コンセントに従ってこれらの症例が報告されるべきだった。

ファイザー社は、耳鳴りは多数の「リスクではないと判断されたシグナル」の一つであると判断し、欧州医薬品庁もこの見解を共有したようである: 第3回MSSR AR(2021年2月1日から2月28日まで)では、難聴および/または耳鳴りを報告した症例の累積レビューに基づき、コミルナティ曝露との因果関係は示唆されないと結論づけられ、シグナルはクローズされた」と述べている。

2022年4月15日までに、ファイザー社は14,233例の耳鳴りを報告しており、これは注射後の有害事象を報告した全症例の1.06%に相当する。ファイザー社はまた、76の他の「耳および迷路障害」についても膨大な数を報告している。人々はしばしば複数の症状に悩まされる。以前は健康だった香港人男性の症例報告によると、ファイザー社の注射を初めて打った2日後、発熱、右耳と耳介の痛みと小水疱、めまい、耳鳴り、聴力喪失に襲われた。また、顔面神経麻痺、舌のしびれ、味覚障害にも見舞われた。

この分野の専門家たちは、耳鳴りは一酸化窒素サイクルの阻害によるものであり、エンドトキシンの影響であることが知られている[11]。

4.5 自己免疫

図10

その図の右側に示されているおなじみのサイトカインの嵐に注目してほしい。頭字語は以下の通りである:eNOS 内皮一酸化窒素合成酵素;IFN インターフェロン;IL インターロイキン;iNOS 誘導性一酸化窒素合成酵素;NF 核因子;NMDA N-メチル-D-アスパラギン酸;nNOS 神経性一酸化窒素合成酵素;TNF 腫瘍壊死因子。

ファイザー社は100種類以上の自己免疫疾患を有害事象として挙げている。この中には、専門医が特定の病名を用いて診断したものも含まれており、明確な警告シグナルを薄めていることに注意されたい。ファイザー社は、このような苦痛のリストを統合することに関心を示さないようだ。

IFN-γによって誘導されるモノカイン(MIG、GはGammaの意)とその受容体は、Th1リンパ球のリクルートを含む正のフィードバックループを介して自己免疫を引き起こすことが知られている。

大腸菌の内毒素は、他の種類の細菌に由来するものより優れたMIG自己免疫反応の刺激因子である。

COVID-19とその注射による甲状腺の損傷に関する報告は数多く発表されている。その中の一つに、ファイザー社の注射が2日以内に甲状腺に損傷を与えることが示されている。キヌレニン経路の破壊を介した甲状腺疾患の原因としてのエンドトキシンについてはレビューされている。

自己免疫疾患は抗リン脂質抗体の発現によって引き起こされる。ファイザー社の注射剤に含まれるエンドトキシンリピドAは、抗リン脂質抗体、特に全身性エリテマトーデス(SLE)aCL型(β2GPI依存性)およびループスアンチコアグラントを誘導することがウサギで示されている。

私たちはインフルエンザ集団治療の影響から学ぶことができる。インフルエンザワクチンの反復投与は、自己免疫性全身性エリテマトーデス(SLE)、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群のリスクを増加させる。

2022年4月15日までに、ファイザー社は1,461例のギラン・バレー症候群(GBS)を報告した。ミエリン関連糖タンパク質(MAG)抗体がシステムを攻撃する。広範に反応するインフルエンザ抗体は、インスリン、エンドトキシン(リポ多糖、LPS)、二本鎖DNA(dsDNA)など他のタンパク質とも結合し、自己反応性を示すことが知られている。

平野俊夫による重要な論文では、インターロイキン6(IL-6)の同定と単離、そして関節炎を含む自己免疫疾患におけるその役割についての研究が取り上げられている。

[15] CD4+T細胞エフェクター応答の一部門であるTh17ヘルパー細胞は、IL-17のようないくつかの炎症性サイトカインを分泌し、自己免疫疾患を含む様々な慢性炎症状態を引き起こす。IL-6が介在するSTAT3を介したシグナル伝達は、RORγの発現を増強することによってTh17細胞の数を増加させる。Hiranoは、NFκBとSTAT3(JAK- Signal transducer and activator of transcription 3)が関与する、自己免疫疾患における非免疫細胞へのこのIL-6触媒的正帰還ループを示した。

正帰還ループを開始することによってそれ自体の発現を触媒するIL-1βの場合、心臓を含む多臓器への直接攻撃が観察される。

4.6 帯状疱疹の場合

2021年8月、クイーンズランド州保健局は帯状疱疹について写真入りで説明することを決定した。この機会に、「50歳から69歳、80歳までは処方箋があれば接種可能だが、自費となる」ゾスタバックス®ワクチンのプロモーションを行った。COVID-19注射後に帯状疱疹患者が急増したためだ。と彼らは言う:

過去に水疱瘡にかかったことのある人は帯状疱疹になる可能性がある。これは不活性な水痘ウイルスが背骨近くの神経細胞にとどまるためだ。帯状疱疹が発症するのは、ウイルスが再び活性化したためだ。通常、帯状疱疹は一生に一度しか発症しないが、免疫力が低下している場合、再び発症することがある。

2021年、ケビン・マッカーナンらによる論文(2人の査読者が好意的な評価を下した後、編集者によって検閲された)は、mRNA注射によって帯状疱疹を含む休眠ウイルスが再活性化することは憂慮すべき警告信号であると主張し、mRNAメカニズムの可能性を指摘した。その他にも、帯状疱疹の症例報告数の増加とファイザー社製品を関連付ける論文がいくつか発表された。

2021年7月27日までに、European EudraVigilanceデータベースは、ファイザーTozinameran投与後の帯状疱疹症例4,103例を報告し、注射後に報告された事象全体の1.3%を占め、アストラゼネカ、ヤンセン、モデルナ投与後に報告された症例よりもはるかに高い発生率であった。2023年1月までに、欧州のEudraVigilanceデータベースは、BNT162b2後の帯状疱疹症例15,887例を記録しており、報告された事象全体の1.5%を占めている。

ワクチン誘発性帯状疱疹の重篤な結果の一つに眼への障害がある。2022年8月の日本からの報告では、ある犠牲者の帯状疱疹の傷口に合成スパイクが見られた。

2020年に行われたBNT162b1を用いた第1/II相試験では、注射後最初の数日間で、用量依存的にリンパ球が減少したことが報告されている。これはバッファーをリン酸塩からトロメタミンに変更する前である。

帯状疱疹の再活性化には主に2つのシグナル伝達経路が関与している: 1] ホスファチジルイノシトール-3キナーゼ(PI3K)-Akt経路 2] MAPK経路である。MAPK経路。

神経成長因子(NGF)受容体TrkAの枯渇は、いくつかのin vitro実験において帯状疱疹の再活性化につながる。帯状疱疹のメカニズムに関する文献を検索することは、関連するヘルペスウイルスであるカポジ肉腫関連ヘルペスウイルス(KHSV)に関する大量の研究により、少し難しくなっている。このウイルスも潜伏を示すことがある。

このウイルスがmiR-K12-11として知られるマイクロRNAをコードしていることは興味深い。このマイクロRNAは細胞内のmiR-155のオルソログとして機能し、細胞増殖とアポトーシスに関与することが知られている遺伝子の発現を制御することによって、KHSVに複製能力をもたらす。エンドトキシンは明らかに帯状疱疹と関連している。

2014年の敗血症患者、すなわちCOVID-19に暴露されていない患者は、ヘルペス、エプスタイン・バー、サイトメガロウイルスの測定可能な負荷量が非常に多く、エンドトキシンによる炎症性サイトカインの嵐が、休眠ウイルスに対する免疫抑制を弱めたことを示している。

4.7 エンドトキシンのエピジェネティクス

エンドトキシンのエピジェネティックな影響は広範囲に及び、人体内の何百ものタンパク質の発現を変化させる。その複雑さには、マスト細胞が脅威に反応して引き起こされる数多くのタイプの免疫応答細胞へと変化することが関係している。これらの細胞は、致命的な敗血症を引き起こすサイトカインストームの原因となる毒素を分泌する。

5. 疑問がある

エンドトキシンとは別に、大腸菌由来の他の分子がmRNA注射用バイアル中に様々な量で浮遊しているのだろうか?(私が挙げた例はアスパラギナーゼである。)もう一つの価値ある疑問:ファイザー社の合成mRNA断片はヒトのDNAに入り込むことができるのか?

バッファーをリン酸塩からトロメタミンに変えたことが、相対的毒性に影響を与えたのだろうか?ロットの明らかな違い、特にデンマークで使用されたロットの違いに注目することで、手がかりが得られる可能性はある。しかし、実際に使用された投与数の在庫が完全ではないという根本的な問題がある。私は、何人かが疑ったロットはすべてプラセボで、エンドトキシン中毒と一致する症状が出たことを発見した。

もっと独立した実験室での研究が必要なのは明らかだ。

6. 根本原因分析と救済:いくつかの結論

COVID-19ワクチン構想は、汚染仮説とエンドトキシンというバイオハザードの表面的な扱いに苦しんでいるように見える。もし、COVID-19ワクチンに起因する比類ない重篤な有害性の証拠がなかったら、産業界や相反する承認規制当局の擁護者たちが、明白で恐ろしいシグナルから目をそらすために何を言おうとも、また、バッチばらつきで証明されるような汚染や標準以下の製造基準の証拠がなかったら、mRNAワクチンのエンドトキシン汚染に関して、明確さと科学的透明性を求める推進力はもっと少なかったかもしれない。

しかし実際には、有害事象の発生率に差があるなど、バッチばらつきに関する多くの証拠が存在し、適正製造基準(GMP)に関する基本的な懸念が提起されている。現在、この難問を解明するプロセス2の意味するところが世界的に注目されており、私たちは、保健省内および独立した研究所の両方において、正確な測定によるエンドトキシン問題の解決を期待し、要求している。

冒頭のセクションで述べたように、TGAの検査室部門はLALアッセイ(馬蹄形血液抽出物、リムルスアメーバサイト溶解物アッセイ)を使用しているが、これは大きな断片にのみ適しており、カチオン性脂質やmRNAが存在すると損なわれる。組み合わせることで、バイアル中の実際のエンドトキシン濃度を過小評価し、覆い隠してしまう可能性があることは明らかだ。

早急に必要な対策は、分離と揮発性誘導体形成後に、大衆分析に基づくより洗練された検査を行うことである。隠蔽の意図がない限り、検査を繰り返すことに反対する論拠はない。エンドトキシンは、フェムトグラムレベル、つまり100万分の1グラムの10億分の1を検出できる電子センサーが作られているほど猛毒であることを忘れてはならない。前述したように、TGAが超毒素リピドAを検査している証拠は見当たらない。

英連邦がモデルナなどのパートナーとともに、新しいmRNAワクチンの陸上製造能力を開発する意向を表明しているという、新たな背景があることを忘れてはならない。国民の利益のために、これらの問題を完全かつ透明性をもって見直すことを怠ることの非常識さは、いくら強調してもしすぎることはない。ここで明確に指定された清算をせずに進めることは、無謀な無関心となる。

文献

[1] en.wikipedia.org/wiki/Paracelsus

[2] Therapeutics Goods Administration Australia.

[3] Mohammad S and Thiemermann C. 2020. Role of Metabolic Endotoxemia in Systemic Inflammation and Potential Interventions. www.frontiersin.org/articles/10.3389/fimmu.2020.594150/ full

[4] WHO. 18 May 2023. Statement on the antigen composition of COVID-19 vaccines. www.who.int/news/item/18-05-2023- statement-on-the-antigen-composition-of-covid-19-vaccines

[5] Lopes Fermino M, et al. LPS-Induced Galectin-3 Oligomerization Results in Enhancement of Neutrophil Activation. 2011. https:// journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0026004

[6] Morris MC, et al. 2015. Innate immune programing by endotoxin and its pathological consequences. www.frontiersin.org/ articles/10.3389/fimmu.2014.00680/full

[7] Fajgenbaum DC and June CH. 2020. Cytokine Storm. www. nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMra2026131

[8] Sandiego CM, et al. 2015. Imaging robust microglial activation after lipopolysaccharide administration in humans with PET. www. pnas.org/doi/10.1073/pnas.1511003112

[9] Anderson G, et al. 2019. Multiple Sclerosis: Melatonin, Orexin, and Ceramide Interact with Platelet Activation Coagulation Factors and Gut-Microbiome-Derived Butyrate in the Circadian Dysregulation of Mitochondria in Glia and Immune Cells. www.mdpi. com/1422-0067/20/21/5500

[10] Shin Jie Yong. 2021. Persistent Brainstem Dysfunction in Long-COVID: A Hypothesis. www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/ articles/PMC7874499/

[11] Pall ML and Bedient SA. 2007. The NO/ONOO- cycle as the etiological mechanism of tinnitus. International Tinnitus Journal. 13(2):99-104.

[12] Coler BS, et al. 2021. Landscape of Preterm Birth Therapeutics and a Path Forward. www.mdpi.com/2077-0383/10/13/2912

[13] OpenVaet. VAERS Domestic Data – Analyzing COVID Vaccine impact on pregnancies, as per USA’s adverse effects watch Study version 1.1, last VAERS report on 2022-08-26 openvaet.org/ studies/vaers_fertility?currentLanguage=en

[14] Anton L, et al. Lipopolysaccharide induces cytokine production and decreases extravillous trophoblast invasion through a mitogen-acti- vated protein kinase-mediated pathway: possible mechanisms of first trimester placental dysfunction. 2012. academic.oup.com/ humrep/article/27/1/61/714411

[15] Hirano T. 2010. Interleukin 6 in autoimmune and inflammatory diseases: a personal memoir. www.jstage.jst.go.jp/article/ pvaccine dose/immunisation/injection/86/7/86_7_717/_article

[16] Ju Y, et al. 2022. Anti-PEG Antibodies Boosted in Humans by SARS-CoV-2 Lipid Nanoparticle mRNA Vaccine. ACS Nano, 16:11769-11780.

 

 

【中略】

第6部 政策の失敗から異所性危機へ

われわれの著者は、一貫して調査の必要性を指摘してきた。我々は実際に政策によって引き起こされた健康危機にあり、それは継続する兆候を示していると主張する人々がいる。さらに、注射は免疫系に累積的な影響を与えるようで、2022年1月初旬の最初のブースターキャンペーンはオーストラリアで壊滅的な効果をもたらした』。このようにウィルソン博士は言う。そしてまた次のように言う:『オーストラリアの全人口に対して、COVID-19注射は、主張されているように重篤な病気や死亡を減少させるのではなく、増加させることが示された』。

オーストラリア国民は、客観的な科学情報の基本レベルを否定されたことに怒りを覚えるかもしれない。政府の報告書は、これらの注射の安全性や有効性が証明されていないことを、彼らが十分な技術、注意、勤勉さをもって知っていたか、知るべきであったことを示している。

ウィルソン・サイ博士による、ブラッドフォード・ヒル基準を用いたオーストラリアの全死因死亡率データの前刷りレビューでは、COVIDワクチン接種展開との因果関係が証明されている。

オーストラリアの公式死亡率データには、2020年に大幅な過剰死亡があったという明確な証拠はなく、WHOの古い定義からCOVID-19のパンデミックはなかったことが示唆される。季節性分析によると、2020年のCOVID-19による死亡はインフルエンザや肺炎による死亡の誤分類であった可能性が高い。オーストラリアの超過死亡率が有意になったのは、パンデミックと呼ぶに十分な高水準となった2021年以降である。有意な過剰死亡率は、5ヵ月前のCOVID-19集団注射と強い相関(+74%)を示した。相関の強さ、一貫性、特異性、時間性、および用量反応関係はブラッドフォード・ヒルの最も重要な基準であり、このデータはオーストラリアでのパンデミックの異所性を示唆するものである。従って、オーストラリアにおけるCOVID-19パンデミックの病因は異所性であり、COVID-19注射の死亡リスク・ベネフィット比は非常に高いことが示された。

– ウィルソン博士は言う。

もしこれらの調査結果が正確であるならば、無能を通り越して悪事の域に達したこの欺瞞に対する説明責任と正義がなければならない。官僚、政治家、過去最大規模のワクチン接種試験を監督した各部局の責任者たち、すべてが人権と憲法を弱体化させる一翼を担った。独立した医学や科学の専門家が政策やデータを検討し、議論することを認めるという申し出は、プロセスのあらゆる段階で拒否された。かつては参加型民主主義的な統治モデルの正常な一部であった客観性と透明性は、検閲、恐怖、強制的な手法を使って潰された。

オーストラリアのCOVID-19パンデミック

ブラッドフォード・ヒルによる異所性過剰死亡の分析 ウィルソン・サイ1著

1 要旨

オーストラリアの公式死亡率データには、2020年に顕著な過剰死亡があったという明確な証拠はなく、WHOの古い定義からCOVID-19パンデミックはなかったと推測される。季節性分析によると、2020年のCOVID-19による死亡はインフルエンザおよび肺炎による死亡の誤分類であった可能性が高い。オーストラリアの超過死亡率が有意になったのは、パンデミックと呼ぶに十分な高水準となった2021年以降である。有意な過剰死亡率は、5ヵ月前のCOVID-19集団注射と強い相関(+74%)を示した。相関の強さ、一貫性、特異性、時間性、および用量反応関係は、オーストラリアでのパンデミックの異所性を示唆するブラッドフォード・ヒルの基準を満たすものである。その結果、オーストラリアにおけるCOVID-19パンデミックの病因は異所性であり、COVID注射の死亡リスク・ベネフィット比は非常に高いことが示された。

  • 1 2023年3月27日改訂、インベストメント・アナリティクス・リサーチ、バイオテクノロジー・ユニット、ディレクター、博士。Lex StewartとJeremy Beckには有益なコメントをいただいた。著者は金銭的、政治的利益相反はなく、外部からの資金提供も受けていない。この論文はJournal of Clinical and Experimental Immunologyに掲載された。Sy, W. オーストラリアCOVID-19パンデミック: 異所性過剰死亡のブラッドフォード・ヒル分析、J Clin Exp Immunol, 8(2), 542-556.
  • 2 はじめに

2020年3月11日、世界保健機関(WHO)はCOVID-19パンデミックを宣言した[1]。114カ国で118,000症例、4,291人が死亡し、各国の平均症例数は約1,000人であった。この非常に少ないサンプルに基づいて、WHOはCOVID-19の感染力は強く、感染致死率(IFR)は少なくとも0.4%であると仮定した。したがって、COVID-19のパンデミックは、WHOが以前にインフルエンザのパンデミックについて定義したように、事実ではなく、予想に基づいて宣言された[2]。

インフルエンザ・パンデミックは、ヒト集団が免疫を持たない新型インフルエンザ・ウイルスが出現し、その結果、莫大な数の死者や疾病者を伴う流行が世界中で同時に数回起こるときに起こる。

と強調されている。そうでなければ、季節性インフルエンザやライノウイルスの風邪でさえ、パンデミックとして宣言される可能性があるからである。今となっては、PCR検査で定義された症例数が著しく誇張されている可能性があることは明白である(第2節参照)。

症例数」が「莫大な死者数」につながると仮定することによって、WHOは科学的事実ではなく、仮定に基づいてパンデミックを宣言したのである。政府が健全な科学を前提とすることで、逆効果になりかねない厳しい公衆衛生対策を正当化することができ、結果的に多くの死者を出すことになった。本稿では、客観的なデータに基づき、オーストラリアでパンデミックを宣言するに足る過剰死亡があったかどうかを評価する。これらの過剰死者数を調査することで、オーストラリアにおけるパンデミックの原因と思われるものを推論する。

第2節では、SARS-CoV-2ウイルスに起因するCOVID感染例と死亡例が十分に証明されていないため、COVID感染例と死亡例のみに基づくパンデミックの定量的な評価には疑問があることを論じている。つまり、科学的に欠陥のあるCOVID-19のデータからパンデミックを正確に評価することはできない(後述)。本稿では、WHOのパンデミックの定義に沿った全死因死亡率データに基づいて、オーストラリアにおけるCOVID-19のパンデミックを評価する。

正確で信頼できるデータは、有効な結論を導き出すためのデータ分析のインプットとして決定的に重要であるため、データの方法論については第3節で述べる。2020年、ビクトリア州の多くの死者がCOVID-19に起因するものであったが、総死亡率への影響はオーストラリアでパンデミックを宣言するには不十分であった。2020年を「パンデミック前」の段階と表現することを正当化するために、その詳細と説明の可能性について第4節で述べる。

オーストラリアの過剰死亡は2021年に統計的に有意なレベルまで上昇し始め、「パンデミック」と呼ぶにふさわしいものとなった。初期の超過死亡の増加は、COVID-19の大量注射の早期展開に伴うものであった。この注射は「ワクチン」と呼ばれたが、感染症を予防するものではなく、感染症に対する予防接種のテストも行われていないことは、最近ファイザー社が欧州議会で認めた通りである[3]。

この論文は、COVID-19注射を『ワクチン』と呼ぶことを拒否する。COVID-19注射を『ワクチン』として受け入れるように、一般大衆は誤った情報を与えられ、惑わされてきた。この注射が明らかに伝播性を減少させることができなかったとき、『ワクチン』の利益という美辞麗句は、重篤な病気や死亡を減少させることに変わった。この論文でもこの主張が誤りであることが証明されている。過剰死亡の増加によって定義されるパンデミック期は、第5節でCOVID-19の大量注射と相関関係があることが示されている。

第5節では、注射の投与量と5ヵ月後の過剰死亡者数の増加との間に強い相関関係があることから、異所性の因果関係が示唆されている。この可能性は、第6節の一貫性と特異性によってさらに強化され、因果関係の証拠は時間と地理的な一貫性によって見られる。また、「ワクチン未接種者」が注射を受けた可能性がある公式定義ではなく、単に注射を受けていない者と定義されている「ワクチン未接種者」よりも、「ワクチン接種者」の方が死亡する可能性が高いという事実からも、特異性は明らかである。

第5節と第6節で取り上げる本稿の主な貢献は、異所性パンデミックに対するブラッドフォード・ヒル[4]の因果関係の5大基準と考えられるものである。ブラッドフォード・ヒル分析の残りの4つの側面については、第7節で首尾一貫性ともっともらしさについて、第8節で実験と類推について、既存の文献から簡単にレビューする。

基本的に、パンデミックの異所性は、病理学と疫学に関する既存の知識と首尾一貫しており、それに反するものではない。多くの点で、今回のパンデミックは2009年の豚インフルエンザのパンデミックと類似しているが、2009年のパンデミックはパンデミックではなく、集団予防接種も行われなかった。

第9節では、前節までのまとめとして、ブラッドフォード・ヒルの9つの基準について、その概要を表にまとめている。最終節では、オーストラリアのCOVID-19パンデミックが異所性によるものであることを示す有力な事例が示されたと結論している。

2 COVID-19のデータ

このセクションでは、COVID-19の症例と感染の定義が不十分であったため、オーストラリアのCOVID-19パンデミックをCOVID-19のデータから正確に評価できない理由を説明する。したがってCOVID-19のデータには科学的な欠陥があるが、それにもかかわらず誤った保健政策を推進し、今も推進している。

COVID感染には明確な症状がなく、SARS-CoV-2ウイルスの存在によって検出されたのではなく、PCR検査陽性によって定義された。しかし、PCR検査が陽性であっても、COVID-19の決定的な病原体であるSARS-CoV-2ウイルスの存在は検出されない。CDCは以下の免責事項を明示している:[5]。

検査が開発され、本研究が実施された時点では、2019-nCoVの定量化されたウイルス分離株はCDCが使用できるものではなかったので、2019-nCoV RNAの検出用に設計されたアッセイは、臨床検体を模倣するために、ヒトA549細胞の懸濁液とウイルス輸送培地(VTM)からなる希釈液に、力価(RNAコピー/μL)が既知のin vitro転写全長RNA(N遺伝子;GenBank accession: MN908947.2)の特徴的なストックをスパイクして試験された。

強調した。従って、COVID-19の症例は他のRNAウイルスによる呼吸器感染症である可能性があり、COVIDの症例や死亡例が、その起源が議論のあるものであろうと、SARS-CoV-2ウイルスに誤って起因している可能性も示唆している。

PCR検査の欠陥は、2021年半ばにCDCがLab Alert[6]を発行し、検査中止を計画した時点で認められている:

2021年12月31日以降、CDCは米国食品医薬品局(FDA)に対し、SARS-CoV-2のみを検出するために2020年2月に初めて導入されたアッセイであるCDC 2019-新型コロナウイルス(2019-nCoV)リアルタイムRT-PCR診断パネルの緊急使用認可(EUA)の申請を取り下げる予定である。

CDCは検査施設に対し、SARS-CoV-2とインフルエンザウイルスの検出と鑑別を容易にするマルチプレックス法の採用を検討するよう奨励している。

と強調されている。2022年以降、SARS-CoV-2とインフルエンザウイルスを区別できないPCR検査に代わり、CDCは多重化法の使用を提案している。クアドラプレックス法[7]が発見されたのは2021年初頭のことで、研究者たちは臨床検体から2つのSARS-CoV-2遺伝子とインフルエンザAおよびインフルエンザBウイルスを同時に検出したと主張している:

著者らの知る限り、これは2つのSARS-CoV-2遺伝子、hIAVとhIBVを完璧な臨床性能で検出するための四重鎖rRT-PCRアッセイを報告した最初の研究である。

と強調した。この研究が独立して検証されたのか、SARS-CoV-2を検出するための四重鎖法が2022年以降に商業的に生産され、広く使用されているのかは不明である。COVID-19のデータに科学的な欠陥があることは、2022年以前もそれ以降も明らかである。オーストラリアのデータはPCR検査がまだ使用されているため、欠陥がある。SARS-CoV-2とインフルエンザウイルスの検出を区別できないことは、根本的な科学的不確実性であり、COVID-19のデータを科学的に欠陥のあるものにしている。

COVIDの感染と症例で同定されるものについての不確実性に加えて、感染の存在を定義するのに必要な力価(単位体積あたりの遺伝子断片)についてもかなりの不確実性がある。十分な回数の力価増幅が行われれば、PCR検査はほぼ常に陽性となる。その結果、誰かがCOVIDに感染しているかどうかは、PCR検査でははっきりしない。

医学史上初めて、何の症状もなく完全に健康な人が、信頼性の低いPCR検査陽性のみに基づいてCOVID感染者と宣告されたのである。微量のインフルエンザウイルスの死骸を持つ人が、公衆衛生に対する脅威としてCOVIDと宣言される可能性もあるのだ。

このような基本的な不確実性に加えて、あるCOVIDによる死亡がCOVIDによる死亡なのか、あるいは死亡者が他の合併症を持っている典型的なケースにおけるCOVIDによる死亡なのかという問題がある。主観的な判断は、時には金銭的なインセンティブによって歪められ、剖検によって客観的に取り除くことのできる不確実性を生み出しているが、剖検はほとんど行われていない。

したがって、COVIDの症例と死亡例はパンデミックの特徴づけには使えない。過剰死亡の原因をCOVIDと非COVIDに分けるのは恣意的で不正確だからである。オーストラリアの保健政策は、科学的に根拠のない欠陥のあるCOVID-19データからの誤情報に基づいている[9]。

本稿では、オーストラリアにおけるパンデミックの重症度を示す指標として、COVIDによる死亡ではなく、全死因死亡と超過死亡に焦点を当てる。

3 データの方法論

COVIDの生データが信頼できないとしても、一般に公開されているオーストラリアの公式COVID-19データは、州保健当局が照合した生データですらない。保健当局は、公式データを独自に検証するために必要な生データを公開することなく、週報や月報で厳選したデータを管理・公表している。保健当局からのこれらの報告は、選択と分類の偏りにより、「ワクチン」に関連した有害事象や死亡を見えにくくしているため、誤解を招く可能性がある。

例えば、公式報告によって、国営放送ABCは2022年7月のゴールデンタイムのテレビで、「ワクチン未接種者」は二重に「ワクチン接種者」よりも死亡する確率が16倍から37倍高いと誤報を流した[8]。この誤報は、COVID-19の注射を、しかもしばしば複数回受けているにもかかわらず、死亡者の一部を「ワクチン未接種者」と分類したことから生じる公式データ報告の重要な欠陥に基づいていた[9]。

この論文では、選択と分類のバイアスを排除するために、保健当局の報告書の加工データを避けている。主に、最も利害の対立が少ない国の収集機関であるオーストラリア統計局(ABS)のデータ[10]に頼っているが、以下に示すように、そのデータや報告書も無批判に受け入れられているわけではない。

科学的研究においては、生データとその出典は一般に公開または入手可能であるべきであり、データ分析の方法は、この研究またはその他の研究の結論を正確に再現できるように、明確に開示されるべきである。

図1

本研究は、主にABSが公表している2015年1月から2022年9月までの全死因死亡率データに依拠している。生データを図1に示すが、水平の緑線と傾斜した赤線は「レジーム・チェンジ」を示唆するために発見的に追加したものである。

緑色の水平線(ガイダンス用)は、2020年は全死因死亡率が比較的安定的に変動するというこれまでの傾向が続いているに過ぎないことを示唆している。超過死亡率に基づくパンデミックの定義では、2020年にはオーストラリアではパンデミックの証拠はなく、これはプレパンデミックフェーズと呼ぶことができ、その後2021年からパンデミックフェーズが始まる(傾斜した赤線)。

本稿では、ABSが公表している公式の超過死亡率データを単純に受け入れるのではなく、上記の生データを用いて超過死亡率を計算している。ABSは、2022年の超過死亡率を計算するためのベースラインの定義を、十分な正当性を示すことなく、一貫性のない方法で変更した(言い換えれば、ゴールポストを移動させた)。

通常、超過死亡率算出のベースラインは過去5年間の平均であるが、ABSは2022年のベースラインを、十分な理由もなく、2017年から2019年と2021年の4年間の平均と定義している:10。

本報告書全体を通じて、死亡者数は前年の平均死亡者数と比較されている。本報告書では、2021年のデータは、これまでの出版物と同様、2015年から2019年の5年間に記録された平均死亡数と比較されている。2022年のデータは、2017~2019年および2021年からなるベースラインと比較される。2020年は、死亡者数が予想を大幅に下回る期間が含まれていたため、2022年のデータのベースラインには含まれていない。

強調した。死亡者数が予想を大幅に下回った」年である2020年を恣意的に除外することで、ベースラインが高くなり、2021年と2022年の超過死亡統計が低くなり、パンデミックの深刻度が低いという誤解を生むことに注意されたい。

COVID-19がオーストラリアの死亡率に及ぼす影響を評価するために、本研究では2015年から2019年までの5年間の平均値を一律にベースラインとして用いている。その結果、2022年の超過死亡率統計はABSの公式統計とは異なっている。その差は大きくないが、科学的に明確にするために、本稿では一貫したベースラインを使用する。

2015年から現在までのオーストラリアの年間超過死亡率を図2に示す。

図2

2020年の年間超過死亡率は、統計上の通常の変動の範囲内であり、したがって、2020年に約900人のCOVID-19による死亡者(通常、ABSは時間の経過とともに下方修正する)がいたにもかかわらず、オーストラリアではパンデミックはなかったという命題を正当化するものである。

明らかに、2021年以降、過剰死亡者数の劇的な増加が起きており、最後の棒グラフ(図2)は9ヵ月間の実データに基づく年間推定値である。

図3

2020年の超過死亡率に対して、2021年は約7倍、2022年はすでに14倍を超え、19倍を超える可能性がある。超過死亡率のデータからも、オーストラリアのパンデミック期が2021年に始まったことが検証され、2021年と2022年の超過死亡者数の合計は、2020年の26倍にあたる41,000人以上に達する可能性がある。

明らかに、2020年のプレパンデミック期と2021年以降のパンデミック期の境界線は、部屋の中の象である。過剰死亡率との関係を調べるために、COVID-19注射の全国総投与量に関する生データを、Our World in Dataのような国際的なデータプロバイダーにもデータを提供している第三者データアグリゲーターCovidBaseAU[11]から入手した。そのデータを図3に示す。

2,580万人の人口に対して6,400万回以上の投与が行われている。COVID大量注射の2つのピークは、2021年9月の初回ドライブと2022年1月の初回ブースタードライブで発生した。これらのピークは、その約5ヵ月後の死亡者数のピークと相関している。

図1-3の上記の生データは、データ操作のほとんどないものであり、本稿の残りの部分では、オーストラリアのCOVIDパンデミックの異所性(iatrogenesis)を調査するために、データ解析を透過的に行う主要な情報源である。

4 パンデミック前段階

オーストラリアでのパンデミックの異所性仮説は、政府がCOVID-19を大量に注射するという介入を行う以前には有意な過剰死亡がなかったという客観的証拠に必然的に依存している。その証拠は、2020年の全死因死亡率が通常の予想の範囲内であった上記の図2にすでに明らかである。

2020年にはパンデミックは起こらなかったが、2020年に記録された900人のCOVID-19による死亡は、新型コロナウイルスによるパンデミックの発生を予兆しているのだろうか?オーストラリアの死亡率データから季節性を分析すると、SARS-CoV-2ウイルスがオーストラリアでどの程度 「新型 」であるかについて重大な疑問が生じる。最も近縁の2003年SARS(現在はSARS-CoV-1と呼ばれている)は、パンデミックですらなく「アウトブレイク」と宣言された。呼吸器系ウイルスは比較的頻繁に変異を起こすが、どのような変異が「新規」なのだろうか?COVID-19ウイルスには多くの変異があったが、なぜ『新規』ウイルスではないのか?

呼吸器疾患は季節性であり、ほとんどの死亡は冬の終わり、南半球では8月と9月に起こる。季節性の典型的なパターンは、2015年から2019年までの5年平均に基づく図4の青い棒で示されている。

図4

それに比べ、2020年は非常に変則的な年で、インフルエンザと肺炎による死亡者数(図4の赤い棒グラフ)は、晩冬の通常のピーク付近の数ヶ月間、実質的に姿を消した。平年の変動と2020年の変動の相関は-20%とマイナスであり、季節的な異常がかなりあったことを示している。

しかし、COVID-19はインフルエンザや肺炎(I&P)と症状が似ている呼吸器疾患であり、特にビクトリア州では2020年の8月頃にCOVIDと思われ