COVID-19 フェイスブックで健康と科学をファクトチェックするのは誰?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

政策・公衆衛生(感染症)医療の誤報・偽情報・検閲
Covid-19: Who fact checks health and science on Facebook?

https://www.bmj.com/content/373/bmj.n1170

2021年5月25日掲載

ローリー・クラーク(フリーランス・ジャーナリスト)

政府や一般市民からの圧倒的な圧力により、ソーシャルメディアのプラットフォームは、パンデミックにおいてユーザーがオンラインで共有する内容について、これまでにない対応を迫られている。しかし、誰がファクトチェックをするのであろうか?ローリー・クラークのレポート

コビット・パンデミックに対応して各国政府が緊急権限を持つようになったことになぞらえて、Facebookは1600万件のコンテンツを削除し、約1億6700万件に警告を加えた。YouTubeは、「危険な、あるいは誤解を招くようなコービッド19の医療情報 」に関連する85万本以上の動画を削除した。

このようなコンテンツの中には、故意に誤った判断を下したり、執念深く誤解を招いたりしたものもあるであろうが、パンデミックでは、プラットフォームや文脈に応じて削除や優先順位の引き下げを余儀なくされた科学的意見の例が多く見られる。これは、科学的な真実を定義することの難しさを浮き彫りにするものであり、Facebook、Twitter、Instagram、YouTubeなどのソーシャルメディアプラットフォームが、この問題に取り組むべきかどうかという大きな疑問を投げかけている。

英国ケンブリッジ大学の社会心理学教授であるサンダー・ヴァン・デル・リンデンは、「科学的なコンテンツが、人々の受け止め方によって間違った情報のレッテルを貼られるのは非常に危険だと思います」と述べている。「非常に技術的な意味では(間違った情報の)定義に当てはまるかもしれませんが、より一般的な表現として正しいかどうかはわかりません。なぜなら、科学の政治化が進む可能性があり、それは望ましくないからです」。

ファクトチェックの仕組み

過去10年間、偽情報(disinformation)(意図的に誤解を招くように仕組まれたもの)を売り込んだり、知らず知らずのうちに間違った情報(misinformation )(ユーザーが偽だと気づかないもの)を共有したりするユーザーと、望むと望まざるとにかかわらずそれを取り締まる義務を負うソーシャルメディア・プラットフォームとの間で軍拡競争が繰り広げられていた1。

BMJがFacebook、Twitter、YouTube(Googleが所有)に質問したところ、いずれも有害な可能性のあるコンテンツを削除し、世界保健機関(WHO)や米国疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention)など、COVID-19やワクチンに関する権威ある情報源にユーザーを誘導するよう努めていることがわかった。各社のモデレーションポリシーには若干の違いがあるが、WHOやCDCなどの保健機関が発信する情報に異議を唱えたり、ワクチンの危険性に関する誤った情報など、有害と思われる誤った健康上の主張を広めたりするコンテンツは、おおむね削除または流通を抑制している。

しかし、今回のパンデミックでは、これらの企業が間違った情報の境界を定義するために採用している基準が、パッチワークのように変化している。例えば、パンデミックの初期には、マスクがCOVID-19の拡散を防ぐのに役立ったという投稿は「誤り」とされていたが、現在では、学術的な議論や公式な勧告の性質の変化を反映して、その逆になっている。

Twitterではファクトチェックを社内で管理している。しかし、FacebookとYouTubeは、フロリダ州セントピーターズバーグにある非営利のジャーナリズムスクール、Poynter Institute for Media Studiesが運営する、他のファクトチェック機関を認定する超党派の機関であるInternational Fact-Checking Networkの傘下にある第三者のファクトチェック機関とのパートナーシップに依存している。Poynter Instituteは、Charles Koch Institute(公共政策研究組織)National Endowment for Democracy(米国政府機関)Omidyar Network(「慈善的投資会社」)さらにはGoogleやFacebookなどが上位の寄付者となっている。また、Poynter社は、Tampa Bay Times紙や、注目のファクトチェッカーPolitiFactを所有している。Poynter Instituteは、この記事に対するThe BMJのコメント要請を拒否した。

科学や医療に関するコンテンツについては、International Fact-Checking Networkに、SciCheck、Metafact、Science Feedbackなどのあまり知られていない組織が参加している。Science Feedback社の子会社であるHealth Feedback社は、科学者を厳選して評決を下する。この方法で、メリーランド州ボルチモアにあるジョン・ホプキンス大学のマーティ・マカリー教授(健康政策・経営学)が書いた、2021年4月までに米国が集団免疫を獲得するというウォール・ストリート・ジャーナル紙の意見記事2を「誤解を招く」とした。これを受けて同紙は、「Facebookのファクトチェッカ-」と題した反論記事を掲載し、この評価は「ファクトチェックを装った反論」であると主張した3。

Science Feedback社の広報担当者は、BMJ誌に対し、主張を検証するために、「主張や記事の分野における専門性 」に基づいて科学者を選んでいると述べている。彼らは、「Science Feedbackの編集者は通常、関連する学術文献を検索し、関連するテーマの論文を執筆したことのある科学者や、内容を評価するのに必要な専門知識を持つ科学者を特定することから始める」と説明している。

そして、選定された科学者に直接意見を求めるか、メディアやソーシャルメディア上での主張を収集して評決を下する。マカリィの記事の場合、20人の科学者を特定し、3人の科学者から意見をもらった。

“Follow the science” 科学に従え

このような判断が議論を呼ぶのは、間違った情報と偽情報という曖昧な概念を、ソーシャルメディアのプラットフォームがどのように定義するかにもよる。この決定は、科学的なコンセンサスという考え方に依存している。しかし、科学者の中には、科学的コンセンサスが異質な意見を封じ込め、科学が一枚岩であるという誤解を助長していると指摘する人もいる。

これを象徴するのが、“Follow the science”(科学に従え)というパンデミックのスローガンである。ケンブリッジ大学Winton Centre for Risk and Evidence Communicationの議長であるDavid Spiegelhalter氏は、これを「絶対的にひどい」と言い、科学者たちは密室の中で、かなり根本的なことについて常に議論しており、深く意見をぶつけ合っていると述べている。

彼は次のように述べている「科学は、前面に出て何をすべきかを指示するものではない。科学はあなたのそばを歩いていて、独り言を言ったり、見ているものについてコメントしたり、特定の道を行けば何が起こるかについて暫定的な提案をしているようなものです。」

「間違った情報」という言葉自体が、科学的な議論をフラットにしてしまう可能性がある。マサチューセッツ州ボストンにあるハーバード・メディカル・スクールのマーティン・クルドーフ教授は、ロックダウンに関する自身の見解を批判されているが、これは彼の母国スウェーデンのより緩やかな戦略に近いものである。この心配は、助成金や科学論文を発表する能力に影響を与えるのではないかという不安によって、さらに大きくなると彼はBMJ誌に語っている。

科学的な主張が正しいか正しくないかという二元的な考え方は、パンデミックを特徴づける分断主義につながっている。英国オックスフォード大学の健康社会学者であるSamantha Vanderslott氏は、「Nature」誌に対し、「捏造記事を訴えることで、あなたの知名度が上がる 」と述べている。同じ記事の中で、イタリアのファクトチェックサイト「Facta」のディレクターであるGiovanni Zagni氏は、「悪い情報と闘う尊敬される声」になることで「キャリアを築くことができる」と指摘している5。

しかし、このことは、科学者たちがお互いの立場に間違った情報(misinformation )や偽情報(disinformation)のレッテルを貼るという逆のインセンティブにつながっている6。ヴァン・デル・リンデンはこのことを、ドナルド・トランプが批判者を黙らせるために「フェイクニュース」という言葉を武器にしたことになぞらえている。彼は、「同意できない科学があると、それを偽情報とする『間違った情報』という言葉と少し似ていると思う」と言う。

Health Feedback社のウェブサイトによると、「意図的であるかどうかにかかわらず、誤った情報を広めている」ことで信頼性が損なった場合、主張を検証するための科学者を選ばないとしている。実際には、フェイスブックが偽情報とする意見を科学者が表明した場合、ファクトチェックの一環として意見を述べることができなくなるというカフカな状況が生まれる可能性がある。エコーチェンバー効果を強めるのは、Health Feedbackが、科学者がツイッターやメディアで発言した内容を見て主張を検証することがあることだ。

科学的な “真実”

ヴァン・デル・リンデンは、科学の領域では「不確実性があり、議論があり、時間をかけて洞察を蓄積し、意見を修正していくものだ」ということを人々が理解することが重要だと言う。健全な議論は、小麦と籾殻を分けるのに役立つ。ワシントン大学(シアトル)情報学部准教授のJevin Westは、ソーシャルメディアのプラットフォームは、「科学に関わる議論には細心の注意を払うべき 」だと言う。彼はこう説明する。「科学という制度は、こうした規範や行動を自己修正できるように発展させていた。したがって、(ソーシャルメディアのプラットフォームが)そのような会話に踏み込むことは、問題があると思う」と説明している。

BMJの取材に応じた専門家は、少数派の科学的意見と、客観的に間違った意見(偽情報)を区別することは不可能に近いと強調している。Spiegelhalter氏は、これは難しい「合理的な科学的意見とは何かについての法的判断」を構成するだろうと述べている。「誤解を招く恐れがあるかどうかを判断するために、私は自分なりの基準を持っているが、それを成文化することは非常に困難です」。

このような科学的偽情報へのアプローチがパンデミックよりも長引けば、科学的な議論が商業的な要請に左右されるようになるのではないかと心配する科学者もいる。カリフォルニア大学サンフランシスコ校准教授のVinay Prasad氏は、MedPage Todayのウェブサイトで次のように主張している。「大企業から中小のバイオ製薬会社や医療機器メーカーまで、生物医学界の無数のプレーヤーが、ソーシャルメディアや雑誌社に懸念を持ち込む危険性がある。抗がん剤のようなテーマでは、新薬の承認に批判的なごく一握りの人々は、その企業と協力関係にある主要なオピニオンリーダーよりも10対1の割合で多いかもしれない」7 このように、最も声が大きく、最も目立ち、最も多くの人がオンラインで発言した多数派が、世間から「正しい」と判断されるかもしれない。

ソーシャルメディア企業は、昨年から導入された新しい一連の措置をまだ試している最中であり、そのアプローチを変更する可能性もある。Van der Lindenによると、Facebookとの話し合いでは、科学の仕組みに対する理解を深めるためにFacebookがどのように貢献できるかに焦点が当てられた。

この議論は、「真実」という理想が「健全な議論」よりも優先されるようになってきている、より広いイデオロギーの争いの中で展開されている。Kulldorffは、「一般的に物事を排除することは、良くないことだと思います。なぜなら、たとえ何かが間違っていたとしても、それを削除してしまうと議論する機会をなくすからです」例えば、彼は一般的なワクチン接種には賛成であるが、使用されているワクチンに不安や疑問を持っている人をオンラインスペースで黙らせるべきではないと言う。「科学の世界でオープンな議論が行われなければ、科学と社会に多大な影響を及ぼすことになるでしょう。」

このようなアプローチは、結果的に公衆衛生への信頼を損なうのではないかという懸念がある。米国では、政府やメディアへの信頼が低下しているとウエストは言う。アメリカでは、政府やメディアに対する信頼が低下している。「科学は今でも信頼できる機関のひとつですが、タグ付けをして科学の中での会話を遮断するようになれば、それは個々の記事を投稿すること以上に悪いことだと思います」と説明している。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker