鳥インフルエンザの恐怖が高まる ジョセフ・マコーラ博士
Bird Flu Scare Narrative Ramps Up

ジョセフ・マコーラパンデミックⅡ・疾病X、鳥インフルエンザ政策・公衆衛生(感染症)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

articles.mercola.com/sites/articles/archive/2023/04/03/BIRD-flu-scare-narrative-ramps-up.aspx

ジョセフ・マコーラ 博士による分析

Bird Flu Scare Narrative Ramps Up

ストーリー一覧

  • 世界的なバイオセキュリティが、全体主義的な「ひとつの世界政府」を樹立するために選ばれた主要な戦術のひとつであることを考えれば、今後さらなるパンデミックが起こることは明らかであり、兵器化された鳥インフルエンザが発生する可能性もありそうだ。
  • 歴史上、天然の鳥インフルエンザ(H5N1)が人類に脅威を与えることはなかったが、科学者たちは人類にパンデミックの可能性を持つハイブリッドを作り出した。
  • もし致死的な鳥インフルエンザが発生した場合、それが人為的なものであると疑う理由は十分にある。また、鳥インフルエンザのワクチンは効果がないか、危険か、あるいはその両方であると疑うだけの理由がある。
  • H5N1(鳥インフルエンザ)は現在、スカンク、クマ、アザラシ、キツネ、ミンク、さらにはイルカなど、以前には見られなかった割合で哺乳類に感染している。感染は哺乳類間でも広がっている。これは科学者たちを心配させている新たな展開である。もしウイルスが哺乳類の間で変異して(あるいは変異させられて)広がっているのなら、人間への感染もそう遠くないかもしれない
  • すでにアメリカや他の国々は、「念のため」H5N1ワクチンを備蓄している。従来のワクチンもラインナップされているが、H5N1をターゲットに調整されたmRNAワクチンも計画されており、おそらくCOVIDワクチンのために行われた以上の追加検査を受ける必要はないだろう。

鳥インフルエンザは常に詐欺であり、だからこそ私は15年近く前にニューヨーク・タイムズ紙でベストセラーとなった『The Great Bird Flu Hoax(鳥インフルエンザの大デマ)』を書いたのである。ジョージ・ブッシュ大統領は70億ドル以上を費やし、200万人以上のアメリカ人が死亡する可能性があると警告した。

書籍:『鳥インフルエンザの大デマ』 2009
THE GREAT BIRD FLU HOAX 本書が可能な限り正確なものとなるよう、あらゆる努力が払われている。本書の目的は教育である。本書は、情報提供を目的とした科学的証拠のレビューである。本書に記載されている情報の利用は、読者自身の判断と責任において行うものとする。したがっ

それから15年が経ち、今や世界的なバイオセキュリティは、全体主義的な「ひとつの世界政府」を樹立するための主要な戦術のひとつとなっている。2022年の春、ビル・ゲイツはまた新たなパンデミックが発生すると警告し、そのパンデミックは「今度こそ注目されるだろう」と述べた2。

今、報道されているニュースを見る限り、兵器化された鳥インフルエンザの可能性は高いと思われる。2022年3月30日のCenterPointのインタビューで、アメリカ疾病予防管理センターの元所長であるロバート・レッドフィールド博士は、この可能性を示唆する以上のことを語っている。

「大流行が起こるのはまだ先のことで、それは人間にとっての鳥インフルエンザの大流行だろう。死亡率は10~50%に達するだろう。大変なことになるだろう。

鳥インフルエンザは科学者が兵器化するまで脅威ではなかった

歴史上、天然の鳥インフルエンザ(H5N1)が人類に脅威を与えることはなかったが、その後、科学者たちはこの鳥インフルエンザに手を加え始め、ヒトへのパンデミックの可能性を秘めたハイブリッドを作り出した。

ゲイツと米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の前所長であるアンソニー・ファウチ博士も、H5N1に関する機能獲得研究に資金を提供している8。

ある実験では、河岡は鳥インフルエンザ・ウイルスとスペイン風邪ウイルスを混合し、ヒトへの感染能力を持つ致死性の高い呼吸器系ウイルスを作り出した。河岡はまた、H5N1と2009年のH1N1(豚インフルエンザ)ウイルスを混ぜ合わせ、ヒトの免疫システムを回避できる空気感染するハイブリッドウイルスを作り出した10,11,12。

鳥インフルエンザはさまざまな方法で操作され、手を加えられ、空気感染するようになり(当初はそうではなかった)、種を越えて感染するようになった。

ファウチはまた、遺伝子操作とフェレットへの連続感染を組み合わせて鳥インフルエンザの空気感染版を作り出したオランダの研究者であるウイルス学者ロン・フーチエの研究にも資金を提供した15。つまり、鳥インフルエンザはさまざまな方法で操作され、いじられ、空気感染するようになり(当初はそうではなかった)、また種を越えて感染するようになったのである。

2012年、KawaokaとFouchierの研究は、機能獲得型研究(gain-of-function research)が偶発的にヒトのパンデミックを引き起こす可能性があることが容易に認識され、広く懸念の火種となった16,17。

その結果、米国政府は2014年に特定のウイルスの機能獲得研究を一時的に禁止し、それは2017年12月まで継続された。

世界保健機関(WHO)にパンデミックに関する意思決定を独占させようとしている技術者集団の地政学的目的を達成するために、兵器化された鳥インフルエンザが最終的に放出されるかもしれない。

鳥インフルエンザは、アメリカでは家禽や野鳥19の間で広く流行している20が、自然のウイルスは人間にはあまり感染せず、致死性もない。そのため、もし致死的な鳥インフルエンザが人間に感染した場合、それが人為的なものであると疑う十分な理由がある。また、鳥インフルエンザ・ワクチンは効果がないか、危険か、あるいはその両方であると疑われるだけの理由がある。

鳥インフルエンザが哺乳類に拡大

2023年2月9日のABCニュースの報道によると、21H5N1(鳥インフルエンザ)は、スカンク、クマ、アザラシ、キツネ、ミンク、さらにはイルカなど、これまでには見られなかった割合で哺乳類にも感染している。マサチューセッツ大学ボストン校のウイルス学者ニコラ・ヒルはABCニュースに次のように語っている:

この大流行によって影響を受けた種の大きさ、範囲、数は前例がない。

哺乳類の間での散発的な感染は20年前から報告されていたが、現在では、感染した鳥を食べて感染した哺乳類だけでなく、哺乳類間でも感染が広がっているようだ。

これは科学者たちを心配させている、まったく新しい進展である。ウイルスが変異して(あるいは変異させられて)哺乳類の間で広がっているのだとしたら、人間への感染もそう遠くないかもしれない。

次は人間か?

2022年、米国疾病予防管理センターのインフルエンザ部門は、7カ国で50人以上の鳥インフルエンザ患者を追跡調査しており、極めてまれではあるが、CDCはさらなる感染の発生を予測している。2023年3月17日付のH5N1最新情報22で述べられている通りである。

「現在までのところ、HPAI(高病原性鳥インフルエンザ)A(H5N1)ウイルスは、鳥類や家禽類で循環しており、哺乳類への波及やヒトへの感染を引き起こしたウイルスは、ヒトの上気道に多く存在するレセプターに容易に結合する能力を有していない。したがって、HPA. H5N1)ウイルスによる公衆へのリスクは、現在のところ低いままである。

しかし、インフルエンザウイルスは急速に進化する可能性があり、HPA. H5N1)ウイルスは野鳥や家禽の集団発生で世界的に広く流行しているため、今後も散発的なヒトへの感染が予想される。

世界中の野鳥、家禽、哺乳類、そして人間におけるこれらのウイルスの包括的なサーベイランスを継続し、頻繁に再評価を行うことは、継続的な準備努力とともに、公衆衛生上のリスクを判断するために極めて重要である。

カナダの専門家も、鳥インフルエンザの現在の勢いがヒトへのパンデミックになる可能性を危惧している。Global Newsが2023年3月25日23:23に報じたとおりである。

北米と南米で現在流行しているのはH5N1クレード2.3.4.4bである。記録的な数の鳥類が死亡し、哺乳類にも感染している。

オンタリオ獣医科大学の教授で副学部長のシャヤン・シャリフ氏は、ヒトに感染するケースはまだ稀だが、ウイルスは『勢いを増して』おり、ヒトの脅威となりつつあると警告している。

このウイルスがヒトの間で感染するようになるには、パズルの様々なピースが組み合わさっている』と彼はグローバル・ニュースに語った。この特定のウイルスはパンデミックウイルスになる可能性があり、もしそうなれば、このウイルスの致死率はCOVID-19で見られたものよりはるかに高くなる可能性があるため、私たちは絶対に準備しなければならない』」

現在の鳥インフルエンザ対策は誤ったアプローチである

COVIDの大流行で見られたように、保健当局は鳥インフルエンザの流行に対する解決策はただひとつ、ワクチン接種しかないと主張している。一方、その戦略は状況を悪化させている。

一羽でも感染者が出るたびにすべての鶏を淘汰することは、基本的に自然免疫の発達を妨げることになる。感染で死んだ鶏は処分するが、生き残った鶏は生かしておくというのが、はるかに健全な戦略だろう。

再生農家のジョエル・サラティンが鳥インフルエンザのサイクルについて論じた興味深い記事が、2023年3月中旬にBrownstone Instituteから発表された。

思慮深い人々がCOVIDの大流行から学んだことがひとつあるとすれば、それは政府の公式見解は政治的に傾斜しており、しばしば真実ではないということである。今回のHPAIの流行で、おそらく最もひどい真実からの逸脱は、鳥が病気の結果死亡し、生存者の安楽死が最善かつ唯一の選択肢であるという考え方である。

確かにHPAIは致死的である。なぜ一部の鳥が繁栄する一方で、周りの鳥が死んでいくのか、その理由も調べずに、免疫力を無視して大量殺処分を行う政策は正気の沙汰ではない。畜産と繁殖の最も基本的な原則は、農家が健康な免疫系を選択することを求めている。私たち農家は何千年もの間、そうしてきたのだ。

しかし、米国農務省(USDA-Usduh)はその知恵の限りを尽くして、健康な生存者を選別し、保護し、繁殖させることにはまったく関心がない。方針は明確で単純である。病気の鳥に接触したものはすべて殺処分する。HPAIを阻止するワクチンを見つけることである。

焦土化政策が唯一の選択肢だが、それが功を奏しているようには見えない。実際、サイクルはより早く、より多くの鳥に影響を及ぼしているようだ。誰かがその有効性を疑うべきだ。

理にかなった鳥インフルエンザ対策

サラチンが指摘するように、農家の間では、狭い部屋と地理的に近すぎる養鶏場が問題であることはよく知られている。「米国農務省と業界は、野鳥や裏庭の群れ、汚れた靴のせいにしようと必死だが、鏡を見て、これは自然が「もうたくさんだ!」と叫んでいることなのだと気づくことはできない」とサラティンは書いている。

答えは比較的簡単だ。感染から生き延びた鳥を救い、繁殖させる。そうすれば、将来の世代は自然免疫を持つことができる。「もし群れがHPAIに感染したら、そのまま経過を見守ろう。殺処分される鳥は殺処分されるが、数日後には生存者が明らかになる。もしHPAIに感染したら、その群れはそのままにしておき、繁殖プログラムに組み込むのだ」とサラティンは書いている。

第二に、養鶏業者も最適な群れのサイズに集中することで、伝染病を防ぐことができる。例えば、野生の七面鳥は数百羽以下の群れで行動する。野生の豚は100頭を超えることはほとんどない。サラティンによれば、鶏の場合、最適な群れの大きさは約1,000だという。彼はさらにこう説明する:

ある養鶏業界の年配の科学者が私たちの農場を訪れ、家々が鶏を1000羽のグループに分ければ、病気はほとんどなくなると言った。

彼は、1,000羽単位であれば、家の中に10,000羽いても問題ないと言った。そうすれば、彼らの社会構造は自然な相互作用の中で機能する。動物にはいじめっ子と臆病者のヒエラルキーがある。その社会構造は、最適なサイズを超えると崩壊する……

HPAIに感染しやすいということを軽々しく言いたくはないが、よく管理された放牧群では感染率が低いことは間違いない。

ワクチンで免疫システムを上書きしたり、人間の賢さで病気の変異や適応を先取りしようとしたりするのと同じくらい、免疫力を高めるプロトコルを作ることは研究に値するに違いない。思い上がりに頼るのではなく、謙虚に解決策を自然に求めてはどうだろうか?

HPAIの専門家の正統派とCOVIDの正統派との類似点は枚挙にいとまがない。人々は恐怖を感じれば、どんなことでも受け入れるだろう・・・よく考えて、より自然な救済策を受け入れよう。

これからの物語に注意を払う

今後、どのようなシナリオが語られるのか注視する必要がある。繰り返しになるが、鳥インフルエンザがヒトの流行やパンデミックになった場合、兵器化されたウイルスだと疑う理由はいくらでもある:「予防接種を受けること」である。

COVID-19のmRNAワクチンが広範囲に害を及ぼしたことを考えると、私たちは迅速な鳥インフルエンザ予防接種がより安全で、より効果的なものになると信じることができるのだろうか?すでにアメリカや他の国々はH5N1ワクチン25を「念のため」備蓄している。

従来のワクチンもラインナップされているが、H5N1をターゲットに調整されたmRNAワクチンも計画されており、おそらくCOVIDワクチンのためにすでに行われた以上の追加試験を受ける必要はないだろう。

最近、mRNAを利用したインフルエンザ予防接種の試みが失敗に終わっているにもかかわらず、である。ロイター通信が伝えているように:26

世界有数のインフルエンザ・ワクチン・メーカーは、もし新型の鳥インフルエンザが種を越えて飛来した場合、数ヶ月以内に数億の鳥インフルエンザ・ワクチンを人間用に製造する可能性があると述べている。

パンデミックでは、ワクチン製造会社は季節性インフルエンザ・ワクチンの製造を中止し、必要なときに新型インフルエンザに合わせたワクチンを製造することになる。

パンデミック予防接種の可能性のあるワクチンの多くは、安全で免疫反応を促すというヒト試験のデータに基づいて、規制当局によって事前に承認されている。

このことは、たとえどの株がヒトに感染したとしても、その株により適合するように微調整する必要があったとしても、それ以上の人体実験を必要としない可能性があることを意味する。ワクチンが実際にどの程度感染を防げるかというデータは、リアルタイムで収集される。

専門家たちは、季節性インフルエンザと流行性インフルエンザの両方について、ワクチン開発における新しいアプローチを長年提唱してきた。COVIDは、ウイルスそのものを増殖させるのではなく、病原体からの遺伝情報を利用するワクチンであるため、変化するウイルスにより迅速に適応できるmRNA技術の可能性を証明した。

モデルナのmRNAワクチン研究は、実はパンデミックインフルエンザから始まり、COVID用に改良されたものである、とモデルナの感染症担当エグゼクティブ・ディレクター、ラファエル・ナッハバガウアーは言う。

同社は、新型鳥インフルエンザに合わせたmRNAパンデミックインフルエンザワクチンの小規模ヒト試験を2023年前半に開始する予定であり、モデルナはアウトブレイクシナリオに『非常に迅速に』対応できると付け加えた。モデルナの季節性インフルエンザ候補のデータはまちまちであったため、結果が注目される。

兵器化された鳥インフルエンザに対するmRNAベースの予防注射が、COVID-19の予防注射よりも安全だと考えるのは、私に言わせれば極めてナイーブである。

備えよ

私が青春時代にした最高のことのひとつは、ボーイスカウトに入ったことだ。彼らのモットーである「備えあれば憂いなし」は、私の人生に大いに役立った。鳥インフルエンザにも当てはまる。研究が行われていないので確かなことはわからないが、COVIDの早期外来治療で使われているのと同じプロトコルの多くが、鳥インフルエンザにも有効である可能性が高い。

予防の第一歩として、ビタミンDを最適化しよう(理想的な範囲は60ng/ml~80ng/ml)。血液検査をしない限り、自分のビタミンD濃度を知る方法はないので、確認のために必ず測定すること。

夏がもうすぐそこまで来ている。だから、ビタミン剤の内服はやめて、服を脱ぎ、太陽正午(米国ではほとんどの人が午後1時)の頃に太陽の下に出よう。もっと詳しく知りたい方は、stopCOVIDcold.comで入手可能な私の「COVID-19予防におけるビタミンD」レポートをダウンロードしてほしい。

万が一病気になった場合は、ネブライザーを購入し、症状の最初の兆候で過酸化水素を噴霧できるようにすることを強くお勧めする。私のBitchuteチャンネルで過酸化水素のビデオを探してほしい。過酸化水素吸入のやり方が詳しく説明されている。

現在、Front Line COVID-19 Critical Care Alliance (FLCCC)が最良のCOVID治療プロトコルのひとつを持っているようだ。これはI-CAREと呼ばれ、Covid-19criticalcare.com.27からダウンロードできる。また、RSVとインフルエンザの治療プロトコルもある。これらをプリントアウトし、基本的なサプリメントを薬箱に入れておくようにしよう。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました