暗黒の啓蒙に向けて加速する(加速主義)
Accelerating Toward Dark Enlightenment

アンリミテッド・ハングアウトイアン・デイビステクノクラシーマルサス主義、人口管理全体主義・監視資本主義加速主義官僚主義、エリート、優生学民主主義・自由

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.ukcolumn.org/article/accelerating-toward-dark-enlightenment

「加速主義」という言葉を聞いたことがある人はあまりいないだろう。この言葉は、経済学では1970年代半ばから、テクノ社会の到来を早めるという意味では2010年代初頭から、イギリスの批評理論教授ベンジャミン・ノイスによる新しい造語として証明されている。本稿でこの言葉を使うのは、わずか10年前の後者の用法である。だから、加速主義がすでにいたるところで使われていることを知ったのは、ちょっとした衝撃だった。

“加速主義”(Accelerationism)は、20世紀から21世紀にかけて生まれた哲学や政治理論の一種で、科学技術の進歩と社会変革の速度を極大化することを主張する。その名称は、技術革新や社会進歩が加速しているという観察からきている。

加速主義には多くの派閥が存在し、それぞれが異なる目標や観念を持っているが、共通しているのは、社会や文化、または技術的な変革のスピードを増すべきだという主張である。その背後にある思想は、既存の社会経済的な制度や文化的な構造が人間の可能性を制限しているという考え方である。

左派加速主義は、資本主義の矛盾と問題を解決するために、技術進歩と社会主義理念を組み合わせることを主張する。つまり、技術革新を利用して経済の生産力を最大限に高め、全ての人々がその恩恵を受けられる社会を実現しようという考え方である。

一方、右派加速主義は、無制限の技術進歩と市場主義を促進し、社会や個人の進歩を加速することを主張する。これはしばしば自由放任主義や自由市場原理に基づく考え方で、政府の規制や介入を排除し、個人や企業が技術の恩恵を最大限に受けられる社会を目指す。

このように、加速主義は、その核心となる技術や社会に対する考え方によって、さまざまな解釈や応用が可能な理論である。それぞれの派閥が異なる方法で技術進歩や社会変革を追求し、それぞれの目標に向かって加速しようとしている。

(by GPT-4)

加速主義は、地球上で最も権力を持つ人々や組織の多くに採用されている。その影響力は広く浸透している。

世界経済フォーラムが国連と戦略的パートナーシップを締結した際、その目的は「持続可能な開発のための2030アジェンダの実施を加速させること」だと主張した。ブラックロックのCEOであるラリー・フィンクは、2021年の株主宛書簡の中で、加速について7回言及している。例えば、「パンデミックはまた、より深い傾向を加速させた」、「資本の再配分は、私が予想したよりもさらに速く加速した」、「勢いは増し続け、2021年には加速するだろう-世界経済に劇的な影響を与えるだろう」最近、英国政府はイノベーション・アクセラレーターを立ち上げ、英国経済成長計画とされる最近の声明で、クワシー・クワルテン財務大臣(英国財務相)は次のように述べた:

私たちは、優先的に加速させるインフラ・プロジェクトのリストを公表している。私たちは改革を加速させることを発表できる。

疑似パンデミックの間、世界保健機関(WHO)は「Access to COVID-19 Tools(ACT)Accelerator」(COVID-19対策ツールへのアクセスを加速する(取組)を設立した。

英国国防省は2016年、国防技術の「活用可能な革新」のための官民パートナーシップとしてDefence and Security Accelerator(DASA)(「防衛とセキュリティ加速機構)を設立した。

世界的な投資大手バンガードのチーフ・エコノミスト、ジョー・デイビスは、フィンクの感想を先取りする形で、「パンデミックはすでに起こっているいくつかのトレンドを加速させた」と論じた記事を2020年に発表した。The Future Accelerated(加速する未来)と題されたセクションで、彼はこう書いている:

パンデミックは、雇用者の漸進主義に対するコールオプションとして機能した。もはや在宅勤務は、生産性の管理実験としての役割は果たせず、必要不可欠なものとなった。準備ができたかどうかは別として、雇用主はほとんどの場合、安全で効率的な在宅勤務を可能にし、チームダイナミクスを再定義することに成功した。[. . .]

COVID-19は、レストランや実店舗型小売店が直面する課題も加速させた。パンデミック以前からすでに人気が高まっていた電子小売や食品宅配は、対面でのやり取りを心配する消費者にとって不可欠なものとなった。

デイビスの発言は、この「加速する」という概念についてもう少し明らかにしている。私たちの多くは、”accelerate”(加速する)という動詞の現在分詞だと考えている。しかし、フィンクとデイビスはこの概念に別の意味を持たせているようだ。彼らにとっての「加速」は破壊を意味し、着実な進歩ではなく、飛躍的に達成される変化のきっかけを意味する。

「加速主義」が明確な社会政治哲学であることを知れば、これらの「加速器」はすべて、実際にはイデオロギーに基づくものなのか、と問うのが妥当だろう。「加速」という概念には、見た目以上のものがあるのだろうか?シュワブ、フィンク、デイビス、クワルテングといった人々がこの言葉を使うのは、単に「加速する」という以上の意味があるのだろうか?

加速主義左翼

『Guardian』紙のアンディ・ベケット記者は、加速主義についての有益な考察の中で、その支持者である加速論者の核となる信念について概説している:

加速論者は、テクノロジー、特にコンピューター・テクノロジーと資本主義、特に最も積極的でグローバルな資本主義を、大幅にスピードアップし、強化すべきだと主張する。

加速論者は自動化を支持する。デジタルと人間のさらなる融合を支持する。彼らはしばしば、ビジネスの規制緩和や政府の大幅な縮小を支持する。経済や技術の進歩はコントロールできるという妄信はやめるべきだと考える。彼らはしばしば、社会的・政治的激変はそれ自体に価値があると信じている。

彼はまた、加速主義とは何でないかという見解も示した:

したがって加速主義は、保守主義、伝統的な社会主義、社会民主主義、環境主義、保護主義、ポピュリズム、ナショナリズム、ローカリズム、その他すべてのイデオロギーと対立する。

ベケットは、1990年代半ばにウォーリック大学のサイバネティック・カルチャー・リサーチ・ユニット(CCRU)で急進的な加速主義者たちの活動について書いている。政治や社会から経済や哲学に至るまで、あらゆるものを脱構築しようとしたサイバーパンクのイコノクラストたちのドラッグに溺れた思索を、虚無的なへそ曲がりに過ぎないと切り捨てるのは簡単だろう。それは間違いである。

サディ・プラント教授やニック・ランド教授のようなCCRUの「ソート・リーダー」たちの考えが、マーク・フィッシャーやアレックス・ウィリアムズのようなそれを推進し続ける人々のおかげで、世界の政策課題に大きな影響を与えるようになったことは明らかだ。このような関連は、多くの場合、宣言されることなく、気づかれることもないが、後述するように、グローバリストのシンクタンクとそれを形成する人々の戦略計画には、加速主義が浸透している。

加速主義は政治的右派であり、いわゆる「オルタナ右翼」や「極右」が好む「大衆主義」の表現であるとして、一部の人々から攻撃されてきた。その理由については後ほど述べる。しかし、左派、特に環境主義的左派と呼ばれる人々にも取り上げられている。

2013年 2008年の世界金融危機を受け、カナダの学者アレックス・ウィリアムズとニック・スルニセックは、CCRUの活動を基に加速主義者宣言(日本語)を発表した。このマニフェストは、著者たちが「惑星の気候システムの崩壊」と呼ぶものに対して、加速主義という解釈が唯一可能な対応策であると宣言した:

今日の政治は、来るべき消滅に立ち向かい、解決するために社会を変革するのに必要な新しいアイデアや組織形態を生み出すことができないことに悩まされている。

私たちは、今日の左翼における最も重要な分裂は、ローカリズムの民衆政治を堅持する人々と、抽象性、複雑性、グローバル性、テクノロジーの近代性と安易につきあう加速主義政治と呼ばれるべきものを概説する人々の間にあると考える[. . .]

加速主義的な政治は、後期資本主義の利益を維持しながら、その価値体系、統治構造、大衆の病理が許容する以上に前進しようとする。グローバル化されたポスト資本主義か、原始主義、永続的危機、そして惑星生態系の崩壊へと向かう緩慢な分断かのどちらかである。

ウィリアムズとスルニチェクは、グローバル化されたポスト資本主義の実現に向けて行動する以外に選択肢はないと主張した。彼らは、加速主義が地球を救う鍵であると考えたが、同時に、新自由主義ヘゲモニーの加速主義にも反対した:

加速の思想と結びついてきたシステムがあるとすれば、それは資本主義である。新自由主義の形態では、そのイデオロギー的自己呈示は、創造的破壊の力を解放し、加速し続ける技術革新と社会革新を自由にするというものである。

彼らは、「ポスト資本主義」の方向性が明確に定義されない限り、シュンペーターの「創造的破壊」は無目的であると示唆した。新自由主義的な加速主義は、「脳死的な突進」にすぎないと彼らは言った。そうではなく、加速主義は「ナビゲーショナル」であり、「発見の実験的プロセス」に基づくものでなければならない。したがって問題は、右翼の資本主義的新自由主義者が加速主義を誤って解釈したことにある。

ウィリアムズとスルニチェクは、これに対する左派の対応として、新自由主義を含む近代に不可分に組み込まれた経済的諸力と政治哲学を捨てるのではなく、むしろ適応させるべきだと主張した:

加速主義者は、潜在的な生産力を解き放ちたいと考えている。このプロジェクトでは、新自由主義の物質的基盤を破壊する必要はない。共通の目的のために再利用する必要がある。既存のインフラストラクチャーは、破壊されるべき資本主義の舞台ではなく、ポスト資本主義に向けて出発するための踏み台なのだ。

他の加速主義者と同様、ふたりはデジタル技術、とりわけコンピューターモデリングを重視した:

経済モデリングは、簡単に言えば、複雑な世界を理解可能にするために必要なものである。ソーシャルネットワーク分析、エージェントベースモデリング、ビッグデータ分析、非平衡経済モデルなどに見られるツールは、現代経済のような複雑なシステムを理解するために必要な認知的媒介物である。加速論者の左派は、こうした技術分野の知識を身につけなければならない。

気候変動による大災害を回避するためには社会を変革しなければならないため、二人は「社会の変革には経済的・社会的実験が必要だ」と述べた。これによって左翼は、「生産、金融、物流、消費」を「ポスト資本主義的な目的に向かって再形成」する「社会技術的ヘゲモニー」を創造することができるだろう。

すべてを変革するという途方もない努力は、特定の国家や多国籍企業、国民によって達成されるものではない。十分な手段を持つすべての人が参加しなければならない:

必要なのは-常に必要とされてきたのは-組織の生態学である[…] インフラ、イデオロギー、社会的、経済的変革の正のフィードバック・ループが、新たな複合的ヘゲモニー、ポスト資本主義の新たな技術社会的プラットフォームを生み出す。[. . .]

加速主義的な左翼は、政府、機関、シンクタンク、組合、あるいは個人の篤志家のいずれからであれ、効果的な新しい政治的インフラを構築するために必要な資源と資金の流れについて、もっと真剣に考えなければならない[…]。

ポール・メイソンやアーロン・バスタニといった人々によって表現される新左翼の現代建築家たちの思想は、「加速主義」という言葉にますます違和感を抱くようになっている。アンディ・ベケットが「環境主義(……)や他のすべてのイデオロギー」にはこの言葉がないと主張する理由の一端は、おそらくここにある。

特にポール・メイソンは、「ソシオテクニカル・ヘゲモニー」(社会技術による支配)の反人間的な要素に憤慨している。その代わりに彼は、テクノロジーによって解放されるが搾取はされない「ネットワーク化された個人」という概念を提唱する。

ウィリアムズとスルニチェクもまた、加速主義から距離を置き、今では言及することさえ拒否している。しかし、これらの左寄りの思想家は皆、加速主義の中心的な考え方の多くを明らかに自分の仕事に取り入れている。

彼らのビジョンでは、雇用はテクノロジーに取って代わられ、人間はある種のユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)によって生きるようになる。従来の階級構造は無意味になり、その結果、階級闘争は無意味になる。階級間の不平等は解消され、知的で創造的な自由な個人からなるメトロポリタンなモノクラスに取って代わられ、資本主義的な「富」と「財産」は時代錯誤となり、全員が資源の公平な再分配の恩恵を受けるようになる。

これらすべては、社会全体が「来るべき滅亡」を回避することを可能にし、一般的な利益のためになる。AI主導のテクノロジー・ユートピアは可能であり、私たちは必要かつ避けられない適応を行うことを保証される。欠乏はなく、新たな手段を獲得する必要もない。

ポール・メイソンが書いたように、「情報技術はユートピア社会主義を可能にする」私たちは何も所有しなくなり、幸せになる。このような考えを持つ他の人々は、このビジョンを「パンの略取完全自動化された贅沢な共産主義」、「贅沢な共産主義と呼んでいる。

加速論者の左派に公平を期すために言っておくと、彼らは想定されるユートピアがただ実現すると言っているのではない。政治的・規制的環境がポスト資本主義社会の創造に資するものでなければならないことは認めている。彼らは、明らかにそうなっていることを喜ばなければならない。

では、なぜCCRUのフリンジ哲学を復活させながら、自分たちの現在の世界観を支えるイデオロギーにこれほど臆病なのだろうか?

CCRUは、Cybernetic Culture Research Unit(サイバネティック・カルチャー研究ユニット)の略で、1995年から2003年までイギリスのワーウィック大学で活動していた研究グループである。

このグループは、ニック・ランド教授の下で学んだ学生たちを中心に組織され、哲学、文化理論、サイバネティクス、ゴシック文学、音楽、映画などを横断的に研究した。CCRUは、ニール・スティーブンソンの小説「スノウ・クラッシュ」やウィリアム・ギブソンの「ニューロマンサー」のようなサイバーパンクの影響を受け、サイバースペースやAI、虚数経済、ネクロンミコンなどについての奇抜な理論を展開した。

CCRUは、その過激な思想と実験的なアプローチから、一部の学術界で否定的な評価を受けた一方で、思想のフロンティアを拡張した先駆的なグループとして、現在では再評価される傾向にある。

CCRUのメンバーの中には、後に重要な理論家となるマーク・フィッシャーや、音楽グループ「Kode9」のスティーヴ・グッドマンなどが含まれている。また、ニック・ランド自身は、CCRUの活動後、右派加速主義の理論家として注目を集めることになった。

(by GPT-4)

加速主義者の右派

ポスト資本主義左派の集団が、加速主義的なルーツを公然と認めることを恥ずかしがるのは、その信奉者が敵とみなす人々に対する強い嫌悪感に基づいているように見える。彼らは加速主義を放棄したのではなく、加速主義を採用している他の人々を軽蔑しているだけであり、それゆえに自分たちは同じ軌跡をたどっていないかのように装っているのだ。

2009年、PayPalやPalantir Technologiesで有名な、あるいは見方によっては悪名高い億万長者のベンチャーキャピタリスト、ピーター・ティールは、情報機関やディープ・ステート、そしてアメリカの共和党と様々なつながりを持ち、『The Education of a Libertarian』を書いた。金融危機の後、ティールの意見は、自由市場というリバタリアンの目標を達成する見込みは「実に厳しい」ものであり、「政治家」を味方につけようとするのは「愚か者のすること」であるというものだった。

ティールは、1920年から1921年にかけてのアメリカの金融大暴落は、政府がシュンペーターの創造的破壊を抑制しなかった最後の時であったと述べた。ティールは、急激なデフレ不況は良いことだと信じている。ティールは、1929年のウォール街大暴落が最終的にもたらしたものではないにせよ、1920年代の狂乱経済の10年間はその結果であったと主張した。

そして、資本主義民主主義の概念を「矛盾」と呼び、「社会民主主義」は「無思慮なデーモスの産物だと付け加えた。彼の考えでは、民主主義も政治も完全に失敗したのだから、「リバタリアンの偉大な仕事は、あらゆる形態の政治からの脱出を見つけることだ」と結論づけた。

2012年、CCRUの前代表であるニック・ランドは、加速主義に関する膨大な論考『暗黒の啓蒙』を発表した。「啓蒙」のプロセスは、一度発見したら決して捨て去ることのできない「自明の」概念の上に成り立っていると主張するランドは、その結果、避けられない社会的・政治的「ベクトル」が生じることを示唆した。人々は関連する「進歩」から利益を得るかもしれないが、啓蒙のプロセスの行き着く先は「新たな暗黒時代」であるとの見解を示した。

そのベクトルが末期的なものだとわかっているのなら、民主主義の進歩がもたらすとされる光に反発するのが唯一の論理的立場だとランドは主張する:

民主主義の容赦ない退廃傾向は、暗黙のうちに反作用の事例を提示している。

「新反動主義者」(NRx)は、「全体主義的破局」に向かうどうしようもない道から脱却するために、暗黒啓蒙の教訓を追求しなければならない。ティールの考えを取り上げ、その表現を「マイルストーン」と呼ぶランドは、こう書いている:

筋金入りの新反動主義者[NRxs]にとって、民主主義は単なる破滅ではなく、破滅そのものである。民主主義から逃れることは、究極の急務である。このような反政治主義を推進する地下の流れは、明らかにホッブズ的であり、首尾一貫した暗黒の啓蒙主義である。

暗黒の啓蒙主義は「社会契約」を否定する。なぜなら、その合意はすべての人を「民主政治」に駆り立てるからだ。これは、「民主主義国家」を自らの目的のために、他のすべての人の犠牲の上に運営する「主権者」しかもたらさない。「民主的な」メカニズムとは、政治であり、それ自体が私たちすべてを「破滅」へと導いているのだ:

民主化の力学は、基本的に退行的なものである。私的な悪徳、恨み、欠落を、それが集団的犯罪や包括的な社会腐敗のレベルに達するまで、組織的に強化し、悪化させる。民主的な政治家と有権者は、互いを扇動し合う回路で結ばれており、その中で、互いに相手を、叫び、飛び跳ねるカニバリズムの、より恥知らずな極限へと追いやり、叫ぶことの唯一の選択肢が食べられることである。

ランドは、Mencius Moldbugというペンネームで執筆していたソフトウェア・エンジニアでインターネット起業家のカーティス・ヤービンの発したアイデアをここで展開した。Moldbugとして、ヤーヴィンは2007年にさまざまな「無条件の予約」を書き始めた。2013年、ヤーヴィンMoldbugの別名)は、分散型ピアツーピア(P2P)ネットワーク技術企業であるUrbitのためにピーター・ティールから起業資金を受け取った。

ティール、ヤーヴィン、ランドは、「主権」とは他者に対して行使される政治的権力によってのみ定義されると考える多くの人々の一人である。その結果、ランドはそのような主権は「排除することも、檻に入れることも、コントロールすることもできない」と主張する。最高資本家の金銭的権力もまた避けられない現実であり、それゆえ「資本家が政治的便宜のために誰に金を払っているか」を特定することが課題となる。この実権力のいわゆる「マッピング」によって、「民主政治の真に支配的な事例」を構成する「支配主体」を明らかにすることが可能になる。

従って、「支配的な事例」は、ネオリアクション派の人々によって、柔和な「民主的」政治と私的資本という腐敗要素の融合体であると考えられている。この支配的事例には、「民主主義」の普遍的な「進歩的」真理を基礎とする、揺るぎない道徳が吹き込まれている。ヤーヴィンは、この社会政治構造が「メディアとアカデミックの複合体」を通じて表現され、彼が「カテドラル/大聖堂」(社会における支配的な政治的・文化的な価値観やイデオロギーを教義として広め、その価値観に従わない者を異端と見なす、教会の体制やその役割になぞらえたメタファー)と呼ぶ無敵の「支配体」を作り上げていると宣言した。

ヤーヴィンは、カテドラルの「行政、立法、司法、メディア、学問的特権」を数値化することによって、カテドラルの説明を行うべきだと提案した。そして、これらの要素にそれぞれ金銭的価値を与え、その後に「換金可能な株式に変換」することができる。彼はこのプロセスを「ネオ・カメラリゼーション」(会議所の再編成を意味する)と名付けた。

こうして理解されたカテドラルは、最終的には「gov-corp」と呼ばれる企業構造に変化する可能性がある。これは資本主義の利害関係者によって所有され、ビジネスとして運営されるだろう:

「国家は市民のものである」という民主主義神話を打ち砕くことが不可欠である。新議会主義のポイントは、主権を握る真の利害関係者を買収することであり、大衆の権利に関する感傷的な嘘を永続させることではない。ひとたび民主的腐敗の宇宙が(自由に譲渡可能な)政府の持ち株に転換されれば、国家の所有者は合理的な企業統治を開始することができる。

加速論者によれば、カテドラルにはポストモダンの「セントラル・ドグマ」がはびこり、見当違いだが「絶対的な道徳的自信」を与えているという。カテドラルの世俗化された「新ピューリタニズム」は「福音主義国家」を神格化し、それに反対するものはすべて異端である。

ランドは、ポストモダニズム的な確信に基づいた、本来は何の問題もないはずのこの社会が広く受け入れられていることを「近代(モダニティ)1.0」と呼んだ。彼は、この「福音主義」社会を支える経済は、常に人口増加を上回る経済成長に依存しなければならないと主張した。それゆえ、カテドラルは本質的に不安定で自己矛盾に満ちた力なのだとランドは言う。

「発展を加速させる」技術力は必要な成長をもたらすが、それは現存するカテドラルの「レントシーキングをする特別な利害関係者」によってほぼ完全に消費されてしまう。その成長の果実は、他の誰かが味わう前に、利害関係者によって飲み込まれてしまうのだ。

「レントシーキング」は、経済学の用語で、特定の利益(「レント」)を獲得または保持するために、企業や個人が政府や他の機関に対して影響力を行使する行為を指す。(by GPT-4)

このような破壊が、ネオ・ピューリタンたちのカテドラル民主主義への信仰によって心ならずも容認されていることから、ランドはこの病気を「民主硬化症」(大衆が変化を受け入れることができないように硬化すること)と表現した。彼はそれが致命的な状態だと主張した。彼は、「ポストモダン」という概念から始めて、このすべてがどこへ向かうのかについて、いくつかの予測を提示している:

ポストモダン このシナリオは、マルサス的な限界が残酷にも再び押し寄せる新たな暗黒時代を本質的に意味し、近代1.0が自らの病的状態を根本的にグローバル化し、世界の未来全体がその周囲で崩壊することを想定している。もしカテドラルが「勝利」すれば、私たちはそうなる。

現実的に考えて、カテドラルが民主主義の果実を享受し続けるためには、現在の利害関係者はより多くのものを消費しなければならない。ランドは、彼らが近代1.0を超え、その大食漢ぶりを世界に広げなければならないと想定していた。

ランドは、中国の開放が利害関係者の食指を動かす鍵を握っていると指摘した。2012年、ランドは近代2.0はパックス・アメリカーナの世界秩序の必要な解体に基づいており、それによって他の国家が食卓に招かれることになると予測した。これによって英米のパワーは衰えるだろうが、同時に他国にも人口減少をもたらすだろう:

モダニティ2.0 グローバルな近代化は、新しい民族地理的中核 [東洋]から再活性化され、その前身であるヨーロッパ中心主義の退廃的な構造から解放される。これは(プロモダニズムの観点からは)圧倒的に心強く、もっともらしいシナリオであり、中国が現在の軌道をほぼ維持したままであれば、確実に実現するだろう。

加速主義者にとっては、暗黒の啓蒙主義が解決策となる。近代1.0と2.0は同じ消滅点に向かっているとしか理解されておらず、2.0の反復は単にその道をさらに突き進むだけであるため、シュンペーターの創造的破壊(この用語は英国の誤った名前の保守党でも使われている)を加速させ、カテドラルを粉々に粉砕するために残忍な高みへと押し進めるべきである。1929年以降の大恐慌の長引く苦しみに対して、1920年の金融大暴落の短く鋭い衝撃のように、これは、近代2.0の緩慢で長引く窒息よりも望ましいと考えられている。

ランドによれば、その後に「西洋ルネサンス」が生まれるという:

西洋のルネッサンス生まれ変わるためには、まず死ぬ必要がある。包括的な危機と崩壊は、最高の確率を提供する。

暗黒の啓蒙者である加速論者は、カテドラル関係者の深く凝り固まった私利私欲が、「ベクトル」を動かせないものにしていることを認めている。カテドラルの最終的な崩壊だけが、政府による西方ルネッサンスの促進を可能にする:

文明の存亡に関わるような大変動が起きない限り、このようなことは起こらないことはすでに明らかだ。政治家に自らの権力を制限するよう求めるのは無理な話だが、それよりもさらに無理な話であれば、少しでも正しい方向に向かうことはない。

したがって、熱心なネオリアクション主義者は現実的な見方をして、カテドラルの終焉を早めるべきだ:

競争は良いことだから、西洋のルネッサンスがスパイスになるだろう。たとえ、圧倒的にありそうなことだが、近代2.0が未来への世界の主要な高速道路だとしても。それは、西洋が100年以上続けてきたこと(科学、技術、ビジネスの革新だけを除く)のほとんどを止め、逆転させることにかかっている。

したがって、新反動主義者が西洋文明の価値を見出す唯一の部分は、その「科学、技術、ビジネスの革新」である。

ダーク・エンライトメント(暗黒の啓蒙主義)の提唱者たちによって明らかにされた解決策の提案によって、物事は実に「ダーク」になり始める。

カテドラルを評価し、その機能に株価を割り当てるために「主権」をマッピングする作業において、国民は実質的に無関係:

有権者が賄賂を贈る価値がある限り、有権者をこの計算から完全に除外する必要はない。

暗黒の啓蒙主義は論理的に、「国家の所有者」とは、カテドラルの「利害関係者」を「買い取る」のに十分な手段をすでに持っている人々であると提唱している。ランドはそうは言わないが、このことは、現在の「利害関係者」が、ネオ・カメリカリゼーション(「政治権力の形式化」)を通じて、単にゴブ・コープが提供する西洋ルネサンスの主要な「株主」になることを暗示している。

ティールの言う「思考停止したデーモ」は、主権の取り分が微々たるものであるため賄賂を贈る価値もなく、単にゴブ・コープの「あまり聡明でない」顧客となる。ランドは、この企業国家の主な業務は、gov-corpの鈍い顧客(国民)から「主権賃貸料」(税金)を最大限に徴収することであるため、gov-corpは破壊的な民主主義よりも改善されると主張する:

政府系企業は、効率的で、魅力的で、活力があり、清潔で、安全な、顧客を惹きつけるような国の運営に集中するだろう。

顧客はNPC(ノン・プレイング・キャラクター)であり、その唯一の目的は、グローバル・ガバメントのネオリアクション的株主(ステークホルダー)にとって、金は存在しないが、金づるとして機能することである。暗黒の啓蒙主義は、私たちが「テクノスフェアに取り込まれ、例えばゲノムの情報処理によって、読書と編集が完全に一致する」ようになれば、私たちは「理解できるようになる」と約束している。

「生物学と医学が共進化」する世界では、「テクノプラスティック・ビーイング」(テクノロジーによって改造可能な存在を意味する)として、私たちは皆、「科学的な情報に基づいた精密な改造」を集団で受けながら、政府の前に我が子をひれ伏させることができる。「バイオニックの地平線」を越えたとき、私たちはついに神を殺し、「被造物としての人間の本質」を捨て去り、人間性を犠牲にして「新たな進化の段階」に乗り出すことができる。

加速主義のプラグマティスト

出版された政治哲学を読む限り、暗黒啓蒙の予言やポスト資本主義の社会主義ユートピアンの理論は、退屈な戯言として簡単に捨てられてしまうだろう。しかし、現在の出来事やグローバリストのシンクタンクの政策課題、各国政府の政治戦略や政策に照らして考えてみると、加速主義がいたるところに存在しているという不快な現実が見えてくる。

急進左派と急進右派の加速主義に対する解釈には、かなりの重なりがある。どちらもシュンペーターの「創造的破壊」の極端な適用を、破局に近づく唯一の実行可能な解決策として提唱している。左派にとって、それは気候変動による災害とそれに伴う社会の崩壊であり、右派にとって、それは経済と金融の崩壊とそれに伴うモラルの崩壊である。

どちらもグローバルな問題に対するグローバルな解決策を提唱している。国際的な経済、金融、政治、社会構造の全面的な変革に勝るものはない。それが私たちの進化の宿命であり、ウルトラモダンの要求に適応する唯一の方法なのだから。

両者とも、私たちが管理された手先となる万能の国家を想像し、階級対立を振り払うが、特に左派は、おとなしい降伏であるために、これを公然と認めたがらない。とはいえ、社会主義者のユートピアである強制的な怠惰(労働なし)とユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)は、支配階級という概念をすべて捨て去り、代わりに国家の「ケア」のもとで偏狭な生活に服従させるものであり、私たちが想定しているゴブ・コープ(以下に定義する用語)の顧客としての奴隷化と実質的に区別がつかない。

同じように、どちらの哲学も同じ根本的な誤りを犯しており、結果としてどちらも無価値だが、理由は異なる。左翼は世俗的な新教徒主義的熱意をもって「民主主義の価値」を擁護し、右翼の目立つ脳死的突進は「民主主義」を心から攻撃するが、両翼とも民主主義とは何かを理解していない。

両者とも、「代議制民主主義」が民主主義であると誤って思い込んでいる。

真の民主主義は、政治権力を個々の市民に分散させ、「主権」を一人ひとりに平等に委譲する。主権者である市民は、あらゆることに対して主体性を持ち、責任を負う。

右派も左派も「民主主義」を間違って想像している代表民主主義は、政治的統制と権威を集中化するように設計されたシステムであり、それによって主権を行使する力を主張する一部の人間に限定している。加速主義者である右派は、個人の主権がカテドラルに打ち勝つことはできないと主張し、すべての人に学習性無力感の状態を受け入れさせる。左派の、権力に取り組むことなく権力を再構築しようとする熱意は、無力化であると同時にナイーブでもある。

このため右寄りの加速論者は、「民主主義」が経済的、社会的、道徳的崩壊の元凶だと結論づける。彼らが本当に言いたいのは、代議制民主主義が犯人だということだ。彼らは、利用可能な解決策が何なのかさえ知らずに、必然性を仮定している。

逆に、加速主義左翼は、民主主義、つまり代議制民主主義は腐敗しており、修正する必要があると考えている。実際、「代議制民主主義」は設計通りに機能しており、それを浄化するという彼らの夢はまったく無意味な仕事である。彼らもまた、民主主義という明白な解決策を見落としている。

この記事を書いている間にも、加速主義を戦略として地球上で展開しているのは、右翼の視点も左翼の視点も気にしない人々である。彼らにとって、左右分断は文字通りの人口統制のための便利な道具に過ぎず、そのイデオロギーの支持者は、ことわざで言うところの「役に立つ馬鹿者」に過ぎない。

左派も右派も、自分たちの望みを叶えることはできない。加速主義は、グローバリストの加速主義的実利主義者、つまり利害関係者の手にしっかりと握られている。

あらゆる政治哲学や経済思想と同じように、利害関係者は両理論の翼の側面を選び取り、自分たちに都合のいいものは残し、都合の悪いものは捨てているのだ。

もうひとつの例は、「市民社会」に対するステークホルダー・アプローチである。アミタイ・エツィオーニのような共同体主義的市民社会論の知的指導者たちは、これを民主的説明責任を高めるための方法だと考えている。しかし、コミュニタリアン理論には本質的な設計上の欠陥があるため、権力者は同時にそれを受け入れ、自らの広報を向上させ、またそれを悪用して住民の権利を奪うことができる。

この選択的で利害関係者による加速主義への適応が、経済的、軍事的、貨幣的な権力が東へと移動する一方で、利害関係者による資本主義という形で、政府系企業が同時に創設される中で、気候変動による大災害と「民主的価値観」の擁護という、言わば烏合の衆のような事態に直面する理由である。それはまた、なぜ「存亡に関わる文明の大変動」が、一連の相互依存的な危機という形で進行中でありながら、カテドラルがそれらにまったく苦しめられず、むしろ繁栄しているのかの説明にもなる。

「ポスト資本主義」のユートピアである「ソシオテクニカル・ヘゲモニー」が「生産、金融、物流、消費」を熱心にプログラムし直している一方で、その変革から生まれつつあるのは、新たな極端な略奪資本主義の到来を告げる政府系企業である。左派と右派がいがみ合う中、加速主義的な実利主義者たちが躍進している。

例えば、2022年1月の世界経済フォーラムに寄稿したシーメンス会長で元マースク会長のジム・ヘーゲマン・スナベは、大いなる加速:気候変動に取り組むために私たちがなすべきこと」を書いた。存亡の危機を主張するという加速主義的な戦術を用い、慎重論は捨て去られ、破壊的な加速主義に取って代わられた:

2021年は、国連が宣言した「行動の10年」の元年であった。この10年は、世界最大の問題に対する持続可能な解決策を急加速させるという考え方である。[ほとんどの企業や国は、20-30年あるいはそれ以前にネットゼロ目標を設定しているが、その多くがグリーン技術への転換をためらっているのは、市場がまだそのような急激な変革に対応できていないことを正当に懸念しているからである(中略)彼らは炭素価格を待っているのだ。気候変動との戦いに関しては、そんなことをしている暇はない。私たちは信念を持って飛躍すべきだ。私たちは今行動すべきだ。

スナベの言う。「炭素価格」は、ネット・ゼロ詐欺を裏切るものだ。「ラディカル・トランスフォーメーション」-加速主義の略-は、炭素排出の「削減」とは何の関係もない。シーメンスやマースクのような企業は、グリーン・インフラ・プロジェクトに投資したり、いわゆるグリーン・エタノールのような「ネット・ゼロ」エネルギー・ソリューションを採用することで、二酸化炭素排出量を相殺するのだ。

世界が食糧危機に陥り、またもや加速主義の現実主義者に利用される中、トウモロコシは船の燃料として使われている。このバイオ燃料は船の「カーボンフットプリント」を削減すると主張されている。予想通り、この計算では、作物を栽培するために必要なエネルギーは無視され、バイオマスを燃料に変換するための非効率的な作業も無視される。これを考慮すると、いわゆる「グリーン・エタノール」は、同等の「化石燃料」よりも二酸化炭素排出量が多いことになる。

食料価格は高騰し、人々は飢え、炭素排出量はせいぜい変わらない。一方、シーメンスとマースクは、20-30年までに100兆ドル(約100兆円)の市場価値を達成すると推定される新しいカーボンボンド市場に参入しながら、数々の危機の深化の一翼を担い、「ネット・ゼロ」の模範となることを宣言することができる。

マースクのグリーン・エタノールへの移行を賛美するスナベの言葉は、加速主義的な計画の真髄を示している。大災害の予測モデルに基づき、その結果生じる「インフラ、イデオロギー、社会、経済の変革」が現実の崩壊を生み出し、それが「新たな複合覇権」を正当化するために利用される。

しかし、なぜそこで止まるのか?

WEFのボルゲ・ブレンデ会長が指摘するように、「私たち」は世界経済を加速させ、強化する方法を見つけ出す必要もある。世界経済はもちろん脅威にさらされている。インフレ危機、低成長、気候変動など、すべてが相まって、ブレンデによれば「世界経済は前例のない事態に直面し、今後30年間で最大18%縮小する可能性がある」という。

加速主義のマントラを私たちの小さな心に叩き込み、彼はこう付け加えた:

これには、生物多様性の損失や人命の損失という点で、私たちの地球が直面するであろう荒廃は含まれていない。

カテドラルは「人口硬化症」を世界に広めるため、近代2.0に移行している。WEFのマルチステークホルダー・パートナーシップは、私たちを「生物多様性の喪失」と死から救うことができると主張している。彼らには計画があり、「中国がほぼ現在の軌道を維持するのであれば、それは確実に実現する」という

多くの先進国が有望な見通しを持っている。たとえば中国は昨年、輸出が6,750億ドル以上も急増し、前年比26%増となった。[中国への投資額は過去最高の1790億ドル(前年比20%増)を記録した。[デジタル・トランスフォーメーションに力を与える必要がある。

世界経済のデジタル化は、中国の第14次5カ年計画が、「デジタル経済の中核産業」が2020年の7.8%から2025年までにGDPの10%を占めるようにすることを求めている理由である。だからこそ私たちは、グローバルなアクターが他者の犠牲の上にしか繁栄がもたらされないと考えるようなゼロサム・マインドセットから脱却しなければならないのだ。中国の習近平国家主席が1月の世界経済フォーラム(ダボス会議)のアジェンダで述べたように:「人類が進むべき正しい道は、平和的発展とウィンウィンの協力である」

加速主義のプラグマティストたちは疑似パンデミックから学んだ。私たちは、命令に従って必要な輪をすべてくぐり抜け、条件付きの報酬を受け取る準備を整え、好成績を収めた。

その結果、加速主義の現実主義者たちは、「AI、ブロックチェーン、デジタル化などの新技術の進歩」によってもたらされる個人的な二酸化炭素排出許容量に、技術可塑的な存在である私たちが容易に適応することを期待している。これらは、私たちが適切に追跡され、「製品やサービスの消費に関する倫理的な選択」が適切に管理されることを保証する。

このグローバルな官民パートナーシップは、AIグリッドによって「ステークホルダー」が「認知能力と社会規範のレバー」を引くことができる「スマートシティ」に私たちを「キュレート」する。Gov-corpは、何も考えていないdēmosに「ライフスタイルの排出量を削減する方法について、オーダーメイドでタイムリーなアドバイス」を提供する。

このディストピアの悪夢から逃れたいと願うかもしれない。加速主義者の現実主義者たちは、SFの中で長い間予期されていた、あなたたち人間の願望を知っている。だからこそ、「バリューチェーン全体のすべての利害関係者」が、「誰も置き去りにすることなく、ネット・ゼロの未来の達成に向けて貢献する」ために集まっているのだ。

ある意味では、加速論者は正しい。このような事態はすべて避けられないのだ。もし私たちが、国家が私たちの面倒を見てくれると思いながら、寝ぼけた生活を続けているのなら。これは緊急事態であり、私たちは行動しなければならないというのも正しい。しかし、彼らは脅威であり、大変動は彼らの計画によるものなのだ。

確かに、私たちには選択肢がある。臥薪嘗胆のまま「科学的な情報による変貌」を受け入れるか、ライオンのように立ち上がり、機械に怒り狂うか。それは本当にあなた次第なのだ。

しかし、選択するのはあなたひとりであり、誰かがあなたのために選択することを望むことは、私たちの集団的な加速主義的未来を保証することになる。

イアン・デイヴィス

主にIainDavis.comで執筆活動を行う作家、ブロガー、研究者、短編映画製作者。

タイトルとURLをコピーしました