ワクチン関連まとめ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

スティーブ・キルシュワクチンワクチン後遺症

Bret Weinstein

Sam Harrisは2つのカテゴリーを示しています。1つはワクチンの危険性を心配するがCOVIDは気楽に考える人たち。もう1つはCOVIDに関心があるがワクチンにはあまり関心がない人たち。

私たちのカテゴリーは「私はワクチンもCOVIDも心配している」というものです私が指摘したいのは、ワクチンを受けた人と受けていない人の二分法を強要するような分析は、本質的に間違っているということです。残念ながら、COVIDに感染した人の中には、明らかに免疫を持っている人がたくさんいます。

もしワクチンに意味のある有害事象のシグナルがないと信じていたら、「じゃあ、ワクチンを接種してもコストはかからないじゃないか」と反論するかもしれません。しかし、そんなことはありません。様々なデータの中で非常に明らかになっているそのシグナルが無意味であることを誰も立証していません。

無意味な可能性もありますが、無意味であると信じている人は、異常に大きなシグナルが何の意味も持たないことを示す責任があります。それができるまでは、COVIDを発症していない人、発症した人をすべて対象にして、ワクチンの副作用で何の利益も得られないという危険性を排除することに意味があります。

私が言いたいのは、数学の方程式のようなものだということです。皆が証拠を見て、人類への害を最小限に抑えようという動機を持っているなら、その部分は方程式の両側で相殺されます。そして残るのは、証拠が何を示唆しているかについての意見の相違です。最善の方法で進めていくには、一方が他方を害悪に無関心であるかのように、あるいは昨日エリック・トポルが私を捕食者と呼ぶかのように描くことなく、なぜこのような議論ができないのかということです。

私が言いたいのは、たとえワクチン接種が変異株の発生に重要な役割を果たしているという議論があったとしても、私はワクチン接種を受けた人たちを責めたりはしない、ということです。同様に、ワクチンを受けていない人が非難されるのも見たくありません。

総合

ワクチンへの躊躇が許容される理由について 医学雑誌に掲載された50の情報源に基づく
Acceptable Reasons for Vaccine Hesitance w/ 50 Published Medical Journal Sources [repost without crosspost to avoid NNN quarantine for non...
予防接種を受けるべきか?
Should you get vaccinated? スティーブ・キルシュ 2021年5月25日 はじめに 私はいつも予防接種を受けている。私はModernaワクチンを完全に接種している。 しかし、ワクチンの副作用、現在のCOVIDの発生率、早期治療...

ワクチンの安全性・評価

デレク・スローン議員、医師や科学者への検閲に懸念を表明 - 2021年6月17日
MP Derek Sloan raises concerns about censorship of doctors and scientists – June 17, 2021 バイラム・ブライダル博士 私の名前はバイラムです。私はゲルフ大学でウイルス免疫学...
マウス全部死んだ 東京理科大学 村上康文名誉教授からの警告動画 | 黄金の金玉を知らないか?
コロナワクチンが危険な理由 (まずはこの記事を読んでください。 重要な事項はここにまとめています。)|荒川央 (あらかわ ひろし)|note
「コロナワクチンが危険な理由」 ※この記事は2021年6月8日に書いた最初の記事で、コロナワクチンの危険性に関する総括的な内容となっています。記事内の情報にアップデートがあった場合等には随時修正しますが、その際は修正した箇所に日時を明記し、理由や詳細はコメント欄にて補足しています。 1)遺伝子ワクチンである コロ...

https://www.amed.go.jp/content/000066814.pdf

ファイザー社製COVID-19ワクチン接種の副作用に関する専門家評価
Expert evaluation on adverse effects of the Pfizer-COVID-19 vaccination 08V2021 version 3 Pfizer-COVID-19 ワクチン接種の副作用に関する専門家評価 Insti...
BNT162b2 mRNA Covid-19 ワクチンの全国規模での安全性について
Safety of the BNT162b2 mRNA COVID-19 Vaccine in a Nationwide Setting Noam Barda, M.D., Noa Dagan, M.D., Yatir Ben-Shlomo, B.Sc., Eldad Ke...
COVID-19 病理医の視点で考えるべきポイント - ライアン・コール博士
COVID-19: Points to Ponder from a Pathologist's Perspective - Ryan Cole, MD Craig M. Wax, DO 次のスピーカーは、ライアン・コール博士です。彼はバージニア州のMedical Coll...
ワクチンの安全性を示すシグナルの定義
Defining Away Vaccine Safety Signals クロロキン・ウォーズ Part XLVIII ワクチンの安全性を示すシグナルの定義 "我々は疑いと不確実性の領域を厳密に定義することを要求する。" -ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』...
JPSikaDoctor - ニコニコ
JPSikaDoctorさんのユーザーページです。

臨床試験

研究機関であるVentavia Research Groupに勤務していた地域責任者は、同社がデータを改ざんし、患者の盲検化を解除し、十分な訓練を受けていないワクチン接種者を採用し、ファイザー社の主要な第3相試験で報告された有害事象のフォローアップが遅かったとBMJ誌に語っている。品質管理のチェックを行ったスタッフは、発見された問題の多さに圧倒されていた。このような問題を何度もベンタビアに報告していたリージョナルディレクターのブルック・ジャクソンは、米国食品医薬品局(FDA)にメールで苦情を申し立てた。ベンタビアは同日中に彼女を解雇した。ジャクソンはBMJに数十枚の社内文書、写真、音声記録、電子メールを提供している。[R]

  • 注射後の被験者が廊下に出され、臨床スタッフがモニタリングしていないこと
  • 有害事象が発生した患者のフォローアップがタイムリーに行われていない
  • プロトコルの逸脱が報告されていない
  • ワクチンが適切な温度で保管されていない
  • 実験室での検体のラベル貼り間違い
  • このような問題を報告したVentavia社のスタッフが標的にされていること。
The BMJ: COVID-19 ファイザー社のワクチン試験におけるデータインテグリティ問題を研究者が内部告発
Covid-19: Researcher blows the whistle on data integrity issues in Pfizer’s vaccine trial  2021年11月02日掲載 ポール・D・サッカー(調査報道ジャーナリスト) 著者...

何か悪いことが起きても、心配せずに隠ぺいすればいいのである。例えば、ファイザー社の12-15歳対象の臨床試験で負傷し、生涯麻痺が残る12歳の少女、Maddie de Garayさん。2回目の投与から24時間も経たないうちに発症した。ファイザー社はこれを「腹痛」と表現して見事に処理した。

これにより、FDAの承認を得るのが非常に容易になった。FDAは家族や医療記録を信じない。彼らは決して調査しない。製薬会社の言うことしか聞かないのである。家族が受け取った補償金は ゼロだ。家族が署名した治験書類には、重篤な有害事象がないことが約束されていたが、それは子供たちを登録させるために必要なことであった。[R]

心筋炎

COVID-19注射用生物製剤に関連した米国のワクチン有害事象報告システム(VAERS)における心筋炎の有害事象に関する報告
A Report on Myocarditis Adverse Events in the U.S. Vaccine Adverse Events Reporting System (VAERS) in Association with COVID-19 Injectable B...
世界で急増するスポーツ選手の突然の体調不良と死
WORLDWIDE SURGE OF SPORTS PEOPLE SUFFERING SUDDEN HEALTH ISSUES AND DEATH notonthebeeb.co.uk/post/surge-of-sports-people-worldwide-sufferin...
13歳から!?突然の訃報や重病を患ったアスリートの数々
2021年10月28日 この調査には長い時間をかけて、1つ1つのケースをピックアップしてきた。2021年半ばの時点で、スポーツやエリートスポーツにおいて「突然の予期せぬ死」が目立っていたのだろうか。公的機関の誰もが、遺伝子ワクチン接種開始以降の蓄...

人間は本来、コンセンサスによって説得されるものです。しかし、このことは、腐敗、強制、反対意見の検閲によって確立された偽りの合意に基づく操作に対して脆弱であることを意味しています。本当のことを知りたければ、彼らが燃やしたがっている本を読めばいい。

ジェシカ・ローズの論文「COVID-19注射用生物学的製剤に関連する米国のワクチン有害事象報告システム(VAERS)における心筋炎の有害事象に関する報告」が出版された。しかし、我々が出版社に連絡したところ、ジャーナルの編集者の反対を押し切って論文を取り下げた。

彼らが挙げた理由は見事なもので、出版社はこの論文が 「招待されていない 」と主張したのである。誰も疑わないだろう。この論文は、心筋炎が人々に信じられていたよりも危険であるという事実を明らかにした。それが削除されたのは、ワクチンは安全で効果的だという誤ったシナリオを覆すことになるからだ。[R]

ADE

「注射と強制命令」パート1:パラドックス|ロバート・マローン博士との対話
"INJECTIONS & INJUNCTIONS" PART 1: PARADOX | A CONVERSATION WITH DR. ROBERT MALONE </ iframe> Robert Malone 0:35 ...
Robert W Malone, MD

臨床試験には欠陥があります。臨床試験は完璧とは言えず、ある種の有害事象を検出できないように設計されていると言う人もいるかもしれませんが、特に抗体依存性増強を検出できないように設計されています。

このことはFDAも認識しており、緊急使用許可のためのFDA承認書の中で、抗体依存性増強を展開するにはデータが不十分であり、重大なリスクであることを明確に述べ、抗体依存性増強の有無を検出するためのフォローアップ臨床研究を行うべきであるとワクチン会社に提案しています。

しかし、彼らはワクチン会社にそのようなことを要求しませんでした。そして、文献のclinical trials.govを見た限りでは、ワクチン会社は、ADEが起こるかどうかを調査せず、パスすることにしたのです。

COVID-19 ワクチン ADEを恐れるべきか?
COVID-19 Vaccines: Should We Fear ADE?  発行:2020年8月12日 概要 COVID-19ワクチンは、ヒトを抗体依存性増強(ADE)ブレークスルー感染症に感作するのではないか?ヒトにおけるコロナウイルス感染症は、デングウイ...
抗体依存性免疫増強(ADE)
「抗体依存性免疫増強(ADE)」の記事一覧です。
SARS-CoV-2の亜種の限界とその表現型の影響を予測できるか?
Long term evolution of SARS-CoV-2, 26 July 2021 SARS-CoV-2を根絶やしにすることは不可能であるため、我々は常に亜種が存在すると断言できる。変異体の数は対策次第である。 ここでは、SARS-CoV-2がさらに進化し...
COVID-19における最適ではない抗体反応の潜在的な危険性
The potential danger of suboptimal antibody responses in COVID-19 発行:2020年4月21日 COVID-19における最適ではない抗体反応の潜在的な危険性 岩崎亜希子、Yexin Yang Na...
感染促進抗SARS-CoV-2抗体は、オリジナルのWuhan/D614G株とDelta変異株の両方を認識する 集団予防接種の潜在的リスク ?
Infection-enhancing anti-SARS-CoV-2 antibodies recognize both the original Wuhan/D614G strain and Delta variants. A potential risk for mass ...
COVID-19ワクチンが臨床疾患を悪化させるリスクについてのワクチン試験対象者へのインフォームドコンセント開示について
Informed consent disclosure to vaccine trial subjects of risk of COVID-19 vaccines worsening clinical disease ティモシー・カルドゾ、ロナルド・ヴィアジー ...

スパイクタンパク

Robert Malone on LinkedIn: #Science #Data #honestyisthebestpolicy | 89 comments
Regarding dosing of the COVID genetic vaccines (mRNA, recombinant adenovirus) versus the more traditional vaccines (including Novavax). There are some... 89 co...

Robert W Malone, MD

まず、現在の遺伝子ワクチン(サノフィ、J&J、ファイザー、Moderna)は、私の知る限り、投与量の範囲や投与量のタイミングの臨床研究という時間をかけた評価を受けていません。 私は、Modernaの投与量がどのように選択されたかについての直接の第一人者のレポートを持っています(機密情報源)が、それは基本的に委員会のコンセンサスによるSWAGでした。

個人的な意見ですが、現在のmRNAワクチンは用量が高すぎて、シグモイドの用量反応曲線の上の方に位置していたため、過剰な有害事象が発生したのではないかと考えています。 ワクチンの用量選択は、通常、有害事象と効力・効果・効能のバランスを慎重に検討し、安全性にバイアスをかけて行われます。
(訂正:ファイザー社では適切な用量設定が行われましたが、サンプル数が限られていました。)

第二の不都合な真実は、免疫反応を引き起こすという点では、スパイクタンパクが実際の活性物質であるということです。 そして、従来のワクチンの場合、スパイクタンパクの投与量は比較的正確に定義されています。 遺伝子ワクチンの場合は、(私の知る限り)そうではありません。

COVID遺伝子ワクチンを投与した後、患者に生成されたスパイクタンパクの総量の平均値、中央値、範囲などが定義されたデータを私は知りません。 通常、FDAはこのようなことには非常にうるさいのですが、この重要な変数が決定されたことを知りません。 したがって、スパイクタンパクの発現量に起因する可能性のある有害事象の範囲と重症度は、遺伝子導入効率とその後のスパイク発現量の患者ごとの違いを反映している可能性があります。

mRNA技術の発明者であるロバート・マローン博士がスパイク・プロテイン・インタビューを語る
Dr. Robert Malone Inventor of mRNA technology discusses the Spike Protein Interview Dr. Erin Stair 0:08 皆さん、こんにちは!Dr. Erin Stairです。こ...
SARS-CoV-2スパイクタンパク質による血小板の活性化 ウイルスおよびワクチンによる血栓性血小板減少症のメカニズム
SARS-CoV-2 spike protein-induced platelet activation: Mechanism for virus and vaccine-induced thrombotic thrombocytopenia 概要 Cov...
SARS-CoV-2スパイクタンパク質とアミロイド生成タンパク質の相互作用 神経変性の手がかりとなる
SARS-CoV-2 spike protein interactions with amyloidogenic proteins: Potential clues to neurodegeneration オンラインで2021年3月24日に公開 ダニッシュ・イドリー...
COVID-19ウイルスおよびSARS-CoVウイルスのスパイクタンパク質によって誘導される病原体抗体(抜粋)
Pathogenic antibodies induced by spike proteins of COVID-19 and SARS-CoV viruses キーワード COVID-19感染症、病原性抗体、抗スパイク抗体、新しい発症メカニズム COVID-19ウ...
スパイクプロテインの毒性と関連する論文・文献 覚え書き
基礎研究 COVID-19 ワクチン接種後の血栓性血小板減少症 メカニズムの解明に向けて 抗SARS-Cov-2スパイク蛋白質抗体の血小板因子4との交差反応性 交差反応は,ある特定の抗原に対する抗体が,他の抗原のエピトープをうまく認識する場合に生じる.例えば,S...
荒川央 (あらかわ ひろし)|note
1991年 京都大学理学部卒業 1996年 京都大学理学博士 (分子生物学、免疫学) バーゼル免疫学研究所 (バーゼル)、ハインリッヒ・ペテ研究所 (ハンブルク)、ヘルムホルツ研究所 (ミュンヘン)、マックスプランク研究所 (ミュンヘン) を経て現在分子腫瘍研究所 (ミラノ)所属

 

 

How to save the world, in three easy steps

ロバート・マローン

試験管では対照的な卵巣の特別な特徴があり、それによっていくつかの説明ができるかもしれませんが、それによって2つの核心的な事柄から離れることはできません。

1つ目。これはオリジナルのデータパッケージで知られていたことですが、日本のデータパッケージは基本的に歴史的な文書です。FDAが現在検討しているものとは異なります。つまり、これらのデータはずっと前から存在していたということです。そう、私たちには公開されていないメッセージがたくさんあるのです。公表されていません。それは、規制当局が保護する機密事項の範囲内です。

ブレット・ワインスタイン

そのメッセージは、少なくとも規制当局とデータの内部で明らかになっていたシグナルとは矛盾していたのです。骨髄には長期的な影響があるかもしれないし、卵巣には短期的な影響があるかもしれないし、長期的な影響があるかもしれないということですね。

私が当初から最も心配していたのは、長期的に現れる可能性のある自己免疫疾患ですが、このリストに加えたいと思います。その可能性はありますか?

ロバート・マローン

以前にもお話ししましたが、私の場合は、確かにメリットはありますが、脂質成分というよりは、自己免疫疾患です。私たちが予想しなかったのは、循環する遊離スパイクタンパクの方です。

文献によると、開発者はこのようなことは起こらないと断言していました。文献によるとフリースパイクは起こらないようです。ところが、ハーバード大学とブリガム大学が看護師を対象にした研究を行ったところ、なんと、ワクチン接種後に明らかに遊離型スパイクが発生したのです。

これには全く別の意味合いがあります。外来タンパク質と正常なヒトのタンパク質の複合体に対する自己免疫疾患の発症は、確実にモニタリングしなければならないものです。しかし、私たちが議論していたように、自己免疫疾患の発症には通常時間がかかるため、第3相試験の最初の患者グループに2~3年のフォローアップ期間を設けて、自己免疫疾患が発症しないことを確認するのが理由の一つです。

スティーブ・キルシュ

そうですね。これが、「早く開発されたワクチンは存在しない」と言われる理由です。今までで一番早く開発されたワクチンは、7年くらいでしょうか?

ロバート・マローン

そうですね、もし私たちが、物事が最後まで失われていた100年前に戻らなければ、おそらくそうなるでしょうね。

スティーブ・キルシュ

しかし、それには理由があります。今はもっと優れた技術がありますが、12歳の子供に長期的な影響があるかどうかを確認する必要があるのです。実際、動物モデルを使ってそれを行うことができます。そして、動物モデルがこれらのことを明らかにするための前提は、私たちの責任です。

ロバート・マローン

動物モデルが与えてくれるのは、人間で注意深くフォローアップする必要があることを警告するシグナルです。

3つの簡単なステップで世界を救う方法(抜粋)
How to save the world, in three easy steps 3つの簡単なステップで世界を救う方法 ブレット・ワインスタイン 皆さん、ダークホース・ポッドキャストにようこそ。私は、今回はブレット・ワイン博士と言うべきでしょう。今回のテーマに応じて...

生殖毒性

 

卵巣への蓄積

Robert W Malone, MD

私がこの活動に就いたきっかけの一つは、Bret Weinsteinとダークホースのポッドキャストが話題になったことで、ファイザーが緊急使用許可を得るために日本政府に提出したデータパッケージの評価を依頼されたことでした。しかし、FDAのルールブックに記載されているケースでは、一般の人はそのパッケージを見ることができず、FDAの内部の人だけが見ることができるのです。機密保持契約が結ばれているからです。

一方、日本の場合は、その情報を掲載することが条件となっています。それが掲載されたので、私はそれを確認するよう依頼されました。その結果、当時の私にとっては衝撃的な内容だったので、より上級の規制担当者に確認してもらいました。

つまり、世界の規制当局は、私が審査した唯一のパッケージであるファイザーについてのみ述べることができますが、安全性、毒性、遺伝毒性、生殖毒性試験に通常求められる最低基準さえ満たしていない、極めて不完全なデータを用いて、ファイザーがヒト試験を進め、緊急使用許可を得ることを許可したということです。

「Vaccine pioneer says ‘rules don’t apply’ to unaccountable, ‘corrupt’ Fauci, FDA」-Robert W Malone, MD

 

ビデオ撮影を始める前に、私たちは皆、自分たちがどれほどのリスクを抱えているかを認識しました。実際、スティーブ・キルシュは、自分が設立した会社の最高経営責任者としての職を失いました。ワクチン否定派やワクチン懐疑派と同じように報道機関から誹謗中傷を受けたからです。ブレット・ワインスタイン博士はYouTubeプラットフォームから排除され、家族の収入の大半を失ってしまいました。私もマスコミに誹謗中傷され、攻撃を受けました。

「科学者が警告する、ワクチンを宣伝するための「高貴な嘘」とは?」

SARS-CoV-2ワクチン接種後の、現在および過去に月経のあった成人の大規模かつ多様なサンプルにおける月経出血の変化について
Characterizing menstrual bleeding changes occurring after SARS-CoV-2 vaccination 考察 SARS-CoV-2ワクチン接種後の、現在および過去に月経のあった成人の大規模かつ多様なサンプル...

ウイルスの再活性化

テス・ローリー博士がCOVIDとワクチンについて語る
Dr. Tess Lawrie Discusses COVID and Vaccines Been 0:02 All this Dr. mobian Surya from Dr. bean.com One more showへようこそ。今日のショーも特別です。今日...

Tess Lawrie

これらのデータベースでは、潜伏ウイルスの再活性化が多く見られることから、免疫力の向上ではなく、免疫力の低下が示唆されています。水ぼうそうの後にできる帯状疱疹の症例が多く見られます。通常は、ストレスや免疫力の低下があった場合に発症します。また、ヘルペスの再活性化も見られます。英国では狂犬病の症例もあります。狂犬病は潜伏ウイルスであり、いつでも再活性化する可能性があります。このように、有害事象の範囲は非常に広く、多系統の炎症やCOVIDのような症状が見られます。考えてみれば当然のことで、COVIDの害、血栓症、アレルギー性の肺、多系統の炎症、脳のぼんやり感など、長い間COVIDを使ってきましたが、これらはスパイクタンパクに関連していました。

子供へのワクチン

アメリカの5歳から11歳の子供にmRNA製剤を注射するためのファイザー社のEUA申請に対するFDAのリスク・ベネフィット分析に見られる10の赤信号
Ten red flags in the FDA's risk-benefit analysis of Pfizer's EUA application to inject American children 5 to 11 with its mRNA product ...
The Epoch Times スコット・アトラス博士、子供へのワクチン義務化、自然免疫、フロリダのCOVID-19急増について語る
Dr.Scott Atlas on Vaccine Mandates for Children, Natural Immunity, and Florida’s COVID-19 Surge 私にとって、社会が子どもを大人の盾にするのは非良心的なことです。私たちは社...
小児用Covidワクチンは緊急使用許可を得るべきではない
Covid vaccines for children should not get emergency use authorization 2021年5月7日 子供の大量ワクチン接種に対する緊急使用認可は、成人の場合とは異なるリスクとベネフィットのバラン...

私にとって、社会が子どもを大人の盾にするのは非良心的なことです。私たちは社会として、文明として…自分たちを守るために、子供たちに大きな利益をもたらさない実験的な薬を注射しようとしているのでしょうか?

– Scott Atlas M.D スタンフォード大学フーヴァー研究所 シニアフェロー

なぜ子供たちにCOVID-19の予防接種をするのか?
Why are we vaccinating children against COVID-19? Author links open overlay panelRonald N.KostoffaDanielaCalinabDarjaKanduccMichael B.B...
COVID-19: 子供へのワクチン接種 - 議論はヒートアップ
COVID-19: Vaccinating kids – the debate heats up 2021年9月23日|COVID-19 Maryanne Demasi, PhD 5歳から11歳の子供たち 今週、オーストラリア連邦保健大臣は、ファイザー社がプレスリリー...
子供たちが効果的にCOVID免疫を持ち、すでにワクチンを受けていると考えられる生物学的・分子的証拠
Biological and molecular evidence why children are effectively COVID immune and can be considered already vaccinated ポールアレクサンダー 9月...
図3 VAERSで報告された心筋炎の症例数を年齢別に示したヒストグラム

図3は、心筋炎患者の年齢別分布を10年ごとにまとめたものである。心筋炎報告全体の41%が10歳から 20歳までの子どもで、72%が10歳から30歳までの若年層であった。この分布は若い年齢層に向かって右に偏っており、これは統計的にも有意である

中長期的な影響

バイオマーカーを測定しなかった

なぜ子供たちにCOVID-19の予防接種をするのか?
Why are we vaccinating children against COVID-19? Author links open overlay panelRonald N.KostoffaDanielaCalinabDarjaKanduccMichael B.B...

信頼できる質の高い安全科学実験であれば、汗腺、糞便、唾液、呼気などから排出される、mRNAの相互作用、LNPシェルの相互作用、mRNAが生成したスパイクタンパク質によって刺激された可能性のある休眠ウイルスなどから生じる生成物のフラックス測定が必要となるであろう。

最も重要なことは、これらのタイプの測定では、症状の発現レベルには達していないものの、将来のある時点で深刻な症状や病気になる確率が高くなるような、宿主の異常の一般的なレベルを上げるような宿主の変化が示されたことであろう。しかし、これらの実験には質の高い安全科学が反映されていないため、判断できるのは短期的な副作用や死亡例だけである。

このように症状に焦点を当てたことで、mRNAによる介入の真のコストが隠されてしまった。これらのバイオマーカーの異常値の増加によって証明されるように、介入によって健康状態が悪化した可能性のある人々の数は、おそらくもっと多いはずである。例えば、臨床試験やVAERSでは、重篤な症状や死亡に至った血栓が報告されているが、mRNAによる介入によって、将来的に微小な血栓が形成される可能性が高くなったことについては何も示されていない。

後者は、これらの接種の結果、複数の血栓に基づく(およびその他の)重篤な疾患に罹患する素因が高まることで深刻な影響を受ける可能性のある、長い未来を持つ子供たちに特に関係がある。

VAERS

過少報告係数(URF)

なぜCDCやFDAはVAERSの過少報告係数 URFを明らかにしないのか?
Why won’t the CDC or FDA reveal the VAERS URF? 2021年10月25日 このオピニオン記事に記載されている見解は、執筆者の個人的な見解であり、必ずしもTrialSiteの見解ではないことにご注意ほし...

VAERSについて知っておくべき最も重要なことは、常に過小報告されているということである。これは広く知られていることだ。 あらゆる安全性データを適切に解釈するためには、過少報告係数(URF)を知る必要がある。 例えば、有名なLazarusレポートでは、VAERSのURFを100以上と推定している。

計算してみると、URFは41で、Baker論文に書かれている平均値や範囲とよく一致していることがわかる。つまり、これまでに15万人以上の人がワクチンによって死亡していることになる(その論文では8つの異なる方法を示しているが、VAERSを使用しているのはそのうちの1つだけだ)。

彼はACIPやVRBPACの委員会で発表する際に、VAERSの報告数が少ないことや報告係数を指摘しないため、URFが1であるかのように装っている。我々はそのすべてを記録している。 FDAやCDCの外部委員会のいずれのメンバーも、私の何度もの要求に応えてくれなかった。

はっきりさせておきたいのは、VAERS URFを知らずして、いかなるリスク・ベネフィット評価もできないということである。それは不可能だ。

2021年10月25日現在、誰もVAERSのURFを知らないという事実は、FDA、CDC、そしてその外部委員会の大規模な無能と腐敗の表れである。

これは歴史上最大の隠蔽工作だ。CDC、FDA、主流メディア、ほぼ全ての医学界、そして全ての主要ソーシャルメディア企業が、聞いてはいけない質問をする私のような人々を黙らせるために協力している。 主流メディアの誰もそのような質問をしていないのはとても悲しいことだ。

公衆衛生のための電子支援-ワクチン有害事象報告システム(ESP:VAERS)
Electronic Support for Public Health–Vaccine Adverse Event Reporting System (ESP:VAERS) グラントID R18 HS 017045 公衆衛生のための電子支援-ワクチン有害事象報告システム...

VAERSは歴史的に有害事象を約2桁過少に報告してきたため 2020年12月中旬から 2021年5月末までの期間、COVID-19の接種による短期的な死亡者数は米国で数十万人に達し、COVID-19の実際の死亡者数を押しのける可能性がある。最後に、これまでに報告されたVAERSの死亡者数は、非常に短期的なものである。臨床試験ではこれらのテストを行っていないため、中長期的な死亡数はわからない。

PCR

PCRの発明でノーベル化学賞を受賞したカリー・マリス博士は、自分の発明を感染症の診断に使ってはならないと何度も公言している。1997年7月、カリフォルニア州サンタモニカで開催された「Corporate Greed and AIDS」というイベントの中で、マリス博士はビデオを使って「PCRを使えば、誰でもほとんど何でも見つけることができる。

すべてのものはすべてのものに含まれているという、仏教的な考え方を信じたくなるよね。つまり、もしPCRによって1つの分子をモデル化して、実際に測定できるレベルまで増幅することができれば、少なくとも1つの分子が体内に存在しない分子はほとんどないということである。

「いいですか?つまり、意味があると主張するために、誤用しているとも考えられるのです」。

「PCRの大きな問題点は、簡単に操作できることです。PCRは、1回転するごとに拡大していくという循環プロセスを採用しています。分子レベルでは、我々のほとんどが、コロナウイルスに似た遺伝子断片を微量に持っています。このプロセスをオーバーサイクルさせるだけで、ネガティブな結果をポジティブな結果に変えることができます。CDCやWHOなどの統治機関は、医療業界にサイクル閾値(CT)の増減を助言するだけで、感染者数をコントロールすることができるのです。

2020年8月、ニューヨーク・タイムズ紙は、「34回転を超えるCTでは、生きたウイルスが検出されることは非常に稀で、ほとんどの場合、伝染病にもならない死んだヌクレオチドが検出される」と報じた。CDCやWHOの指導にしたがって、米国の多くのトップラボが40回転以上のサイクル閾値で検査を行っている。NYTはマサチューセッツ州、ニューヨーク州、ネバダ州のデータを調査し、陽性と判定された人のうち最大で90%がほとんどウイルスを持っていないと判断した」 90%!? [R]

2021年5月、CDCは予防接種を受けた人のPCRサイクルの閾値を40から28以下に変更した。このたった1回の数字の調整で、ワクチン推進派はワクチンが大成功したと称賛することができた。

2020年4月、ジャーナリストのセリア・ファーバーとの「Uncover DC」のインタビューの中で、カナダの研究者、生物学者、Rethinking AIDSの代表であるデビッド・クロウは、「つまり、(PCR検査を)20回で打ち切ってしまえば、誰もが陰性になるということです。50回で切り上げれば、全員が陽性になるかもしれません」。

立証責任

Robert W Malone, MD

今回、バイオンテック社の商品の販売許可をFDAが出したレターで、FDAはこのワクチンに関連した有害事象を評価し、それを実現するにはデータ収集能力が十分ではなかったと明確に述べていることがわかりました。

当時、私がタッカーに言ったことは、当時は異端視されていましたが、FDAがワクチンメーカーに厳密な研究を要求せず、この受動的な情報収集システムに頼っていたこともあり、ワクチンの稀少なリスクを評価する能力がなかったということでした。リスクを完全かつ厳密に評価するために必要なデータを収集する能力がありませんでした。そのため、FDAが完全に希望しても、国民に知らせることができなかったのです。

異端とされた当時の私の発言と今とで変わったのは、私の発言が正しかったことを、FDAが公式文書で自由に認めたことです。このようなツールを持っていないので、アメリカでは特にイスラエルやイギリスにデータを求めているのです。

FDAは、ワクチンメーカーに厳密な研究を要求せず、この受動的な情報収集システムに頼っていたのです。

つまり、アメリカでは、ワクチンのリスクを評価するためのデータシステムが不十分であり、そのため国民がそのリスクを十分に認識することができないという認識があるという奇妙な状況にあるのです。イスラエルやイギリスのデータに頼ろうとしていますが、私の目には、都合が悪くなると「アメリカにはデータがない」と言ってきます。イギリスではワクチン接種者の感染などのリスクや問題が指摘されているが、アメリカではまだそのデータを見ていないので、実際の問題であることを否定しているのです。

あなたがタッカーに言ったのは、人々は原理的に判断できないということではないのですか?

Robert W Malone, MD

そうではありません。データの問題です。情報が入手できないということです。適切なシステムが構築されていないために、情報が提供されず、捕捉されていないのです。[R]

ポストコロナワクチン症候群・治療

これまでCOVIDに感染したことがない人が、ワクチン接種後3~4ヵ月後に長期不調組と呼ばれる症状が出ることがあります。

バイオインフォマティクスのバイナリモデルを使ってみたところ、全員が「Long-hauler」と判定されました。実際、免疫学的にはLong-hauler(COVID長期不調組)に非常によく似ているので、同じように治療し、治療に成功しています。

-Dr.Bruce Patterson

I-RECOVER(アイリカバー)Covid-19の予防と治療のためのプロトコル
Management Protocol for Long Haul COVID-19 Syndrome (LHCS) Long-hauler時のCOVID-19症候群(LHCS)の管理プロトコル 以下に示すアプローチは、Mobeen Syed博士(...
Syed Haider博士、COVIDマネジメントについて語る(2021年7月)
Dr.Syed Haider Discusses COVID Management (July 2021) Dr. Been 0:02 このドキュメントはすべてdrbeen.comから保存されています、もう一つのショーにようこそ。サイード・ヘザー博士は紹介するまでもなく、...
Dr. Been

そこで質問ですが、ワクチンによる問題の後、このような患者をどれくらい診ていますか?症状は?症状はPost-COVIDと似ていますか?COVIDとは違った症状はありますか?

Syed Haider

ええ、これは、私が見たのはほんの一握りで、これまでに5~10人だったと思いますが、これからもっと増えていくでしょう。でも、今のところ10人くらいで、彼らはLong-COVIDのような症状ではなく、もっとターゲットを絞った特定の症状を持っているようでした。

最初に見たのは、ひどい耳鳴りが主な症状でした。つまり、ある特定の場所に集中しているようで、通常見られるようなLong-hauler型の症状がすべて出るわけではありません。しかし、彼らはそのうちの1つか2つ、つまり特定の症状を持っています。これまでのところ、イベルメクチンは彼らによく効いているようで、すぐに反応するようです。必ずしも問題全体を解決するわけではありませんが、イベルメクチンだけで70~80%程度の大幅な緩和が得られています。

Syed Haider

つまり、ワクチン接種後の症候群に効く薬と同じものが、Long-haulerにも効くのです。イベルメクチン、ステロイド、フルボキサミン、マラビロクなどです。私の経験では、これまでのところ、10人から 15人程度で、それほど多くの人を見たわけではありません。現時点ではそのような可能性があります。皆、とても良い反応を示しているようです。しかも、とても早く。一般的にLong-haulerよりも扱いやすいようです。

ワクチン接種必要例数 Number Needed to Vaccinate (NNTV)

製薬会社はNNTVの話をすることを嫌うが、COVID-19ワクチンに関してはNNTVの話をすることをさらに嫌う。NNTVがあまりにも馬鹿げて高いため、このワクチンは正直なリスク・ベネフィット分析を通過できないからである。

ドイツとオランダの研究者は、イスラエルでの実地調査で得られた大規模なデータ(50万件)を用いて、ファイザー社が販売しているmRNA注射によるCOVID-19の1件の感染を防ぐためのNNTVを200~700と算出した。彼らはさらに進んで、「1人の死亡を防ぐためのNNTVは9,000から100,000(95%信頼区間)の間で、16,000がポイント推定値である 」と考えた。

ファイザー社の成人を対象とした6ヶ月間の臨床試験では、ワクチン(「治療」)群では22,000人中1人のコビッドが死亡し、プラセボ群では22,000人中2人のコビッドが死亡した(表s4参照)。つまり、NNTV = 22,000となる。しかし、心臓発作による死亡は、ワクチン群では5件、プラセボ群では1件しかなかった。つまり、コビッドで救われた1人の命に対して、ファイザー社のワクチンでは心臓発作で4人が死亡したことになる。6ヶ月間の試験での全死亡率は、ワクチン群で20人、プラセボ群で14人であった。つまり、ワクチン接種者の全死因死亡率は42%増加したのである。ワクチンは6ヶ月後には実質的にすべての効力を失うので、研究を縮小しなければならなかった。盲検化を解除し、プラセボ群にワクチンを提供した。その時点で、上昇する有害性の線は、沈みゆく有効性の線ととっくに交差していたのである。

バイデン政権の計画では、コロナウイルスで死亡する45人の子供を救うために、ファイザー社のmRNA注射で5,248人の子供を殺すことになる。

この注射で救われた子ども1人に対して、さらに117人が殺されることになるのである。

ファイザー社のmRNA注射は、5歳から11歳までの子供を対象とした正直なリスク・ベネフィット分析では失敗する。

もし、FDAやCDCが別のNNTVを計算したいなら(そして、その数値に至った経緯を説明したいなら)私は大いに聞きたい。しかし、FDAがNNTVの計算を拒否したのは、忘れていたからではなく、この年齢の子供に対するmRNAワクチンのケースを破壊するほど高い数値であることを知っていたからであることは周知の通りである。CDCの場合は、ガイダンス文書の中で、この数値を提示しなければならないとしている。

ファイザー社のEUA申請に基づき、5歳から11歳の子供のCOVID-19による死亡事故を1件防ぐために必要なワクチン接種数(NNTV)はどのくらいか? また、それだけの数の子供に注射することに伴うリスクは何か?
What is the Number Needed to Vaccinate (NNTV) to prevent a single COVID-19 fatality in kids 5 to 11 based on the Pfizer EUA application? ...

因果関係

予防接種後の有害事象の因果関係評価:多因子病態の問題点
Causality assessment of adverse events following immunization: the problem of multifactorial pathology オンラインで2020年4月14日公開 バージョンの変更 改訂版 ...

ワクチンによる副反応の大部分は、過剰または偏った炎症反応や免疫反応として起こる。これらの好ましくない現象は、時に重篤であり、多くの異なる内因性および外因性の要因と関連しており、これらの要因はしばしば複雑に相互作用している。AEFIとワクチン接種の間の因果関係の確認または否定は、WHOのガイドラインに基づいて決定され、4段階の分析とアルゴリズム・ダイアグラムが提案されている。最初からの評価プロセスでは、AEFIを説明する可能性のある「その他の原因」をすべて考慮し、その結果、ワクチンの役割を除外する。その後、ワクチンとAEFIの間に因果関係を示す生物学的な妥当性と時間的な整合性があったとしても、ガイドラインでは、ワクチンがその事象を引き起こした可能性がないことを示すあらゆる可能な証拠を探すよう求めている。このようなアルゴリズムを用いた方法は、副作用の遺伝的感受性に関する新たな知見を含め、ワクチンによって引き起こされる炎症や免疫の病態の多因子性に照らして、ここで議論されるようないくつかの懸念をもたらす。因果関係の評価は、推定される「他の原因」がワクチンとの相互作用とは独立している場合にのみ、有害事象とワクチンとの一貫した関連性を除外できることが提案されている。さらに、科学文献は、除外基準としてではなく、副反応を引き起こす上でのワクチンの役割に対する賛否両論のすべての証拠の包括的な分析として見るべきである。多因子疾患の評価におけるこれらの不備を考慮すると、WHOガイドラインは再評価され、改訂される必要がある。

ここ数十年の間に多因子疾患が増加したことで、循環器学7から疫学8,9,薬理学10から介護11,あるいは法医学12に至るまで、「複雑性の医学」6が発展していた。現代医学におけるこのテーマの重要性を強調するために 2002,Science誌は「複雑な病気のパズル」を特集した(296巻、5568号)。糖尿病13,全身性エリテマトーデス(SLE)14,統合失調症15の原因に関する論文を含め、一般的な病気の発症における複数の遺伝的、感染的、生活習慣的な要因とそれらの相互作用を整理するという課題を検討している。自己免疫疾患の病態は、遺伝的要因と環境要因、免疫・ホルモン反応の複雑な相互作用によって特徴づけられており、これが話題の「自己免疫のモザイク」16である。ワクチン学の分野では、バイオインフォマティクスの強力なツールを活用した「ワクチノミクス」や「アドバーソミクス」という新しい分野が発展しており、システム生物学的なアプローチを用いてワクチンの副作用を研究している17-22。さらに、過剰な炎症反応のエピソードを特徴とする疾患「炎症性亢進状態」や「自己炎症症候群」は、多因子疾患として発症し、臨床所見の重症度や頻度に影響を及す

第一段階では、因果関係が否定されるような「強い」別の原因を系統的に探すことに留意する必要がある。この「強さ」の概念は定義されていないので、誤解される可能性がある。医学史家のコスマシニ154氏によると、因果関係の基準は現代の病気の疫学によって変化しているという。強い因果関係の基準は、病原体の原因、例えば感染体が「強制的に」病理学的な効果、すなわち病気や出来事に続いている場合に生じ、弱い因果関係は原因が「あまり強くない」または「相対的に弱い」場合である。一方、弱い因果関係とは、原因が「あまり強くない」または「相対的に弱い」場合をいう。以上のように、多くの可能性のある原因が存在し、そのどれもがその疾患を決定するのに必要または十分ではない場合、伝統的な原因の概念は、”危険因子 “という新しい概念に変化する。ワクチンによる副反応の観察や、病理学や免疫病理学の最近の知見から得られた多因子の視点(上記のセクションを参照)は、因果関係の「強さ」の概念が確率的な意味を持つことを意味する。したがって、いくつかの可能性のある原因および/またはメカニズムを含む疾患の場合、AEFI分類の目的は、決定的な原因を「特定」することではないが、関係する1つまたは複数の要因(ワクチン、遺伝的またはエピジェネティックな形質、以前または同時に受けた感染症、薬剤、年齢、性別、栄養および代謝など)が事象の発生に寄与した可能性をどの程度の確率で確立しようとすることの方が正しいかもしれない。

これは非常に重要な点であり、見落としてはいけない。疾患の性質が多因子性である場合、ワクチンの寄与を除外するのに十分な強さを持つと考えられるには、「他の原因」が、免疫反応に対するワクチン自体の効果との相乗的な相互作用の可能性から独立していなければならない。例えば、肺炎球菌ワクチン接種後の進行性腫瘍の合併症は、(WHOガイドラインの例のように)死亡の「原因」と考えることができるが、自己免疫を起こしやすいHLAハプロタイプは、肝炎ワクチン接種後に生じた自己免疫疾患の「原因」とは考えられない。

ワクチン接種後かなり時間が経ってから発症する可能性のある慢性疾患や自己免疫疾患を考慮すると、問題が大きくなる可能性がある。自己免疫疾患については、これまで見てきたように、ワクチン接種との関連性が「弱い」ため、その難しさはさらに大きくなる。例えば、システマティックレビューとメタアナリシスによると、ワクチン接種はSLE(RR=1.50; 95%CI 1. 05-2. 12, P=0.02)と関節リウマチ(RR=1.32; 95%CI 1. 09-1. 60, P=0.004)のリスクを有意に増加させることが示唆されている65。これは理論的には、約3人に1人のSLE患者もワクチンを介して発症する可能性があることを意味している。しかし、すべてのSLE患者の中で、ワクチンが原因となった人はいない。ワクチン接種後にSLEが発症した人は、ワクチンが病気の発症に悪影響を及ぼした可能性が10分の3程度であると言うことができる

ワクチン接種後最大12ヶ月間のリスク増加が観察されている157。一方で、ほとんどの慢性疾患が多因子性であることを考えると、より長い期間、ワクチンとは無関係に慢性病理を決定する他の原因が発生している可能性も否定できない。したがって、1つの症例の観点から見ると、ワクチン接種からかなり離れた場所で発生した望ましくない反応は、因果関係を証明する可能性から逃れることができる可能性が非常に高いのである。

WHOの因果関係評価は、主に直接的な「因果関係」に基づいており、炎症や免疫現象の多因子性を考慮していない。相互作用する因果関係を過小評価することにより、この方法では、因果関係を、他の原因がある場合には「矛盾している」と分類し、ワクチンが原因である可能性があるが、ワクチンが「原因である」という証拠がない場合には「不確定である」と分類している。この因果関係の定義を用いると、ワクチンが原因としての役割を果たしている多くの有害事象が認識されないままとなる。また、この方式では、慢性心不全の高齢者がインフルエンザワクチン接種後に急性心不全を発症しても、ワクチンとの因果関係は認められない可能性があると指摘している。同様に、心臓病の既往のある乳児のワクチン接種後の突然死は、ワクチンとの関係がないかもしれない。さらに、遺伝的要因で脳症になりやすい患者の脳症を誘発することへのワクチンの寄与も考慮されない。このような問題が発生すると、負傷者に不利益をもたらすだけでなく、あるワクチンのリスクを全体的に過小評価することになる。

ワクチン開発の文脈で3つの観察研究に適用される因果推論の概念:理論から実践へ
Causal inference concepts applied to three observational studies in the context of vaccine development: from theory to practice オンラインで202...
COVID-19ワクチンと起こりうる有害事象との因果関係の一般的判断
General determination of causation between Covid-19 vaccines and possible adverse events Vaccine. 2021 Mar 5 オンラインで2021年1月29日に公開 Le...
ワクチンの安全性を示すシグナルの定義
Defining Away Vaccine Safety Signals クロロキン・ウォーズ Part XLVIII ワクチンの安全性を示すシグナルの定義 "我々は疑いと不確実性の領域を厳密に定義することを要求する。" -ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』...
予防接種後の有害事象の因果関係評価:多因子病態の問題点
Causality assessment of adverse events following immunization: the problem of multifactorial pathology オンラインで2020年4月14日公開 バージョンの変更 改訂版 ...
The Epoch Times スコット・アトラス博士、子供へのワクチン義務化、自然免疫、フロリダのCOVID-19急増について語る
Dr.Scott Atlas on Vaccine Mandates for Children, Natural Immunity, and Florida’s COVID-19 Surge 私にとって、社会が子どもを大人の盾にするのは非良心的なことです。私たちは社...

世界保健機関(WHO)は、最近、予防接種後の有害事象(AEFI)の分類方法を改訂した。ワクチン製品関連反応として分類されるのは、これまでの疫学研究でワクチンが原因であることが認められた反応のみである。市販後のサーベイランスで観察された死亡は、それに先立つ小規模な第3相試験で記録された死亡数に統計的に有意な増加がなかった場合、「ワクチンとの因果関係と一致する」とは見なされない。

認可後、死亡例やすべての新しい重篤な副反応は、「偶然の死亡例/事象」または「分類不能」とされ、ワクチンとの関連性は認められない。その結果、パラドックスが明らかになっている。

因果関係の定義も変更された。現在では、「プロセスに介在する他の要因がない」場合にのみ使用されている。したがって、先天性心疾患(その他の要因)が基礎にある子どもが、ワクチン接種後に発熱と心不全を発症したとしても、心不全はワクチンとの因果関係があるとはみなされない。

ワクチンの安全性に関する世界諮問委員会は、心臓病の既往症を持つ子どもたちが五価ワクチンを接種した後に多くの死亡例があったことを記録している。現在、WHOはそのような子供たちにワクチンを接種する際には注意を促すようになっている。これにより、死亡のリスクは減少した。新しい因果関係の定義を用いると、この関係は認められず、命が危険にさらされることになる。以上のことから、AEFIマニュアルの再評価と改訂を早急に行う必要がある。AEFI報告は、ワクチンの安全のためと言われている。ワクチンの安全性(ワクチンに対する安全性)ではなく、子どもの安全性(子どもの安全性)に重点を置く必要がある。

改正した世界保健機関(WHO)の予防接種後の有害事象の因果関係評価 - 批評
Revised World Health Organization (WHO)’s causality assessment of adverse events following immunization—a critique バージョン2 オンライン2018年...

剖検

ハイデルベルグ大学病理学研究所のペーター・シルマッハー所長は、COVID-19ワクチンを接種してから2週間以内に死亡した人の40件以上の解剖を行い、その結果に警鐘を鳴らしている。

Schirmacher氏は、調査した人の30〜40%がワクチンによって死亡したと述べ、予防接種による致命的な結果の頻度は 「過小評価されている」との見解を示している。

今回の調査結果を受けて、Schirmacher氏は、ワクチンが死亡に結びついているかどうかをさらに見極めるために、ワクチンを接種した人の検死をさらに行うことを求めている。同氏は、ワクチン接種による死亡の未報告例が多いのは、”ワクチン接種後に、あるいはワクチン接種が原因で死亡した患者のほとんどについて、病理医が何も気づかない “という事実が一因であると警告している。

Schirmacher氏の警告は、様々な製薬会社に10億ドル相当の長期的なビジネスを失わせる可能性があることは注目に値する。そのため、彼の調査結果は、ワクチン推進派によって精査され、汚されている。

Schirmacher氏 自身もワクチンを受けたことがあるので、予防接種に反対しているわけではないと述べている。

German Chief Pathologist Sounds Alarm on Fatal Covid Vaccine Injuries
“Jab is Cause of Death in 30-40% of Autopsies of Recently Vaccinated” Peter Schirmacher, the director of the Pathological Institute of the University of Heidelb...
Media Blackout: Renowned German Pathologist’s Vaccine Autopsy Data is Shocking… and Being Censored
Dr. Peter Schirmacher is not just an average pathologist. The German doctor is world-renowned in his field, honored by The Pathologist as one of the 100 most in...

ドイツの病理学者の独立したグループがダブルチェックして、検証してくれました。

彼は世界でもトップレベルの病理学者であり、彼の分析に異論を唱える人々は実際に遺体を見たことがないのです。では、世界トップ100の病理学者が行った分析を信用できると思いますか?彼は基本的に正しく、利害関係もありません。競合するワクチンを持っている他の製薬会社からお金をもらっているわけでもありませんし、そんなこともありません。つまり、この人は基本的に、何十年もかけて築き上げてきた自分の評判全体を危険にさらしているのです。

-Steven Kirsch

統計学者 Matthew Crawford

マシュー・クロフォード ワクチンは役に立たない
Mathew Crawford: The vaccines are useless !function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=function(){(r._=r._||._.length==1){l=u.createElement...
Matthew Crawford 9:52

実際には、データを偽造したり、ごまかしたりすることなく、すべてのことができると思います。どこかに汚いデータがないというわけではありません。データがどの程度ごまかされているのかはわからないかもしれませんし、裁判の報告書もよくできていますので、それについてはまた後日お話します。しかし、COVIDが何であるかという分類を除いては、データを1つも改ざんすることなく、このすべてを達成することができるとは思えません。

Steven Kirsch 10:25

そうですね、ほんの少しの修正ですね。言い換えれば、ちょっとしたごまかしで、全く機能していない雑誌を、何かしているように見せることができるということですね。

Matthew Crawford 10:34

そうです。この統計学的なトリックは、ある意味では素晴らしいものですね。そして、もっと多くの統計学者が歩み寄らないのは残念なことです。


人を守るという点では、私の考えでは、80%の確率でワクチンでは守れないと思います。そして、わずかな期間、あるいは限られた時間ではありますが、予防効果がある人やサブセットが存在する可能性があります。しかし、長期的には疑問です。

というのも、被害のリスクが高い人たちこそが、ワクチンによって守られたかもしれない人たちだと思うからです。これについては後でもう少し詳しく説明しますが、私は80%、おそらく85%の人が、これらのワクチンはほとんど何も守っていないと思います。

さて、これで第一幕が始まりました。つまり、試験はブラックBOX的な出来事だということです。そして、私たちは大々的にメディアを使って、「よく運営された治験」「よく運営された臨床試験」という言葉を何度も耳にしました。そして、私が話をした人たちは、その臨床試験についてあまり知らないでしょう。

私はネット上で人々と議論を交わしていました。そこで私は、「彼らが行った偏ったデータ除外についてどう思いますか?何を言っているんだ?とかね。つまり、臨床試験報告書の読み方を理解していない人が、統計で何が重要なのかを理解していない、というようなことです。頭のいい人でも、4,5,6人の頭のいい人がいないと、試験報告書をよく理解しているとは思えないでしょうね。これが私の率直な意見ですが、誰も一人で試験報告書を読むべきではありません。あまりにも多くの面で専門知識が必要だからです。


そうですね。はっきりさせておきたいのですが、これは普通の試験ではありません。これは全く新しい技術なのです。でしょう?私たちに強制されているんですよね?人々に義務づけられているのです。FDA(米国食品医薬品局)の審査を受けず、未発表のデータがあり、企業は発表に反対しています。そのうちの1社は、私が信じているところでは、史上最も優秀な企業であり、最も起訴された企業であり、もう1社は、これまで何の成功も収めていない企業です。そして彼らのデータはさらにブラックBOX化しています。


臨床試験は以前、ほとんどアメリカで行われていました。少なくとも病院内で、中立的なオブザーバーの監督下で行われていました。しかし、ファイザー社は治験のプロセスを設計し、そのほとんどが誰の目にも触れないように行われています。彼らは試験参加者を部分的に選択しますが、これが人々が理解すべき結果のバイアスです。

私は、これだけで十分にコントロールされた試験であると言えると思います。しかし、彼らは、「問題があったら、自分の主治医ではなく、ファイザーの医師に報告する」という基準で参加者を選んでいるようです。

これでは、ファイザーがデータを隠したり、細工したりする可能性がありますね。


BMJの内部告発者の名前は覚えていませんが、ブルック・ジャクソンさんでしたよね?ヴィンテージ・ビアの内部告発者ですね。ブルーク・ジャクソンが指摘していたように、患者が知る機会は何度もあり、おそらく患者は自分がどちらのアームにいるのかを知っていたでしょう。つまり、私たちは定義上、ランダム化比較試験を行っていないということです。コントロールされていませんよね?そして、無作為化のプロセスがわからないので、そこには余分な要素があります。


RCT原理主義者にとっては、これを無作為化比較試験と呼ぶことはできません。これは無作為化されていないし、盲検化もされていません。そして、データの報告や不正の可能性に加えて、あなたが指摘したように、Magic Terryのケースのように、他にも様々な問題があります。


8人くらいの人がファイザーのストックオプションを持っていたんですよね。そこで私は、何か統計的なトリックがあるのではないかと思い、調べてみました。そして、すぐに気づいたのですが、試験が行われている間のリスクを調整していませんでした。


つまり、生存者バイアスとは、自己免疫疾患や免疫不全のある人たちが、ワクチンを接種してもすぐに死んでしまう、あるいはその一部がワクチンを接種してもすぐに死んでしまうというものです。そして、このワクチンを接種したグループの中で、自己免疫疾患のない人たちがいます。

彼らが発表した数字によると、ワクチンを接種した人は、非COVIDによる死亡率が70%ほど減少していたそうです。COVIDによる死亡を除いた後では、突然、死亡率の改善が見られたのです。それも、驚くべき死亡率の改善でした。

ワクチンを接種していないグループは、まるで保険数理表のように、その数字や死亡率は予想通りのものでした。しかし、ワクチンを接種したグループでは、突然、全死因死亡率が70%も減少し、生存者バイアスが明らかになったのですね。むしろ、それを証明していると言っても過言ではありません。ほとんど証明されています。

ジャネット・ウッドコックや他の人たちにもメールを送りましたが、私はこう言いました。あるいは、ある種の自己免疫疾患のようなものが見られたとか、検査されたとか……そういう事例を1つでも示してくださいと言ったのですが、彼らは答えてくれませんでした。


100万回の接種あたり1000人強の死者が出ていることになり、個人では500人強の死者が出ていることになりますが、高齢者を優先して接種している可能性があります。しかし、彼らは高齢者に先にワクチンを接種していたと思われるので、数字はもう少し低くなるでしょう。そして、私が書いた記事でもそう言っていますが、トレンドラインで見ているものと全く一致しています。この相関分析でもそうです。


そのような論文を何日もかけて読んで理解する人だけが、その論文を理解できるのです。だからこそ、医師が自信を持ってエビデンスを語ることができないという、大きな問題があるのです。あのような論文にあれだけの時間をかけて深入りする医師の数は?ええ、ゼロです。彼らには時間がありません。

まず、時間がないですよね。しかし、医学部では、製薬業界に洗脳されていて、論文を一定の方法で見て、次に進むように教えられています。専門分野の人に話を聞くと、彼らは論文をもっと上手に読めるが、これは彼らが勉強したことのないレベルの統計分析なのです。そうでしょ?パラドックスとか、情報のある打ち切りというのは、数年前に生物医学で名付けられたもので、生物医学以外の分野では、分析問題とか、条件問題とか、ウォール街の分析でよく出てくるようなものです。

このようなシミュレーション作業は、自分たちが見ているシグナルを理解するために常に行っていました。しかし、そのようなレベルの統計は、医師の教育には到底届きません。


しかし、それとは全く逆のことが起こっています。製薬会社は独自の偽の統計を持っているのですね。話せば長いのですが。今日は時間がありませんが、いつかビデオで紹介したいと思っています。統計学では、実際には全くの誤りであることを教えられています。知る由もありませんが、生命統計学界とそれ以外の人たちがいます。

これらの人々は皆、これらの人々が本当の統計を行っていないと考えています。医者はそのことに気づかないんですよ。そう、統計学のコミュニティでは両者の間に緩衝材があるのです。そして、使用されている多くの手法は、現実的で厳密なものとは見なされていないということです。

 

集団免疫

ハーバード大学の疫学者Martin Kulldorff氏が、ワクチンパスポート、デルタバリアント、COVIDの「公衆衛生上の大失敗」について語る。
Harvard Epidemiologist Martin Kulldorff on Vaccine Passports, the Delta Variant, and the COVID ‘Public Health Fiasco’ Martin Kulldorf...
C-19 パンデミア Qo vadis, homo sapiens?
C-19 Pandemia: Quo vadis, homo sapiens? 1. 概要 WHOの集団予防接種プログラムは、国際的に懸念されている公衆衛生上の緊急事態に対応するために設置されたものである。集団予防接種キャンペーンの初期の段階で、少なくとも...
The Washington Times バイデンチームの見当違いで致命的なCOVID-19ワクチン戦略
Audio Clip: Biden team’s misguided and deadly COVID-19 vaccine strategy 私はピーター・ナバロである。私は、共同執筆者であるロバート・マローン博士と共に書かれたワシントン・タイムズ紙の論説を読ませてい...

自然免疫

自然免疫とCOVID-19 雇用者、保健所職員、政治家と共有すべき29の科学的研究
Natural Immunity and Covid-19: Twenty-Nine Scientific Studies to Share with Employers, Health Officials, and Politicians ブラウンストーン研究所 20...

リーキーワクチン・ワクチン耐性

不完全なワクチン接種は強毒性病原体の感染を促進する
Imperfect Vaccination Can Enhance the Transmission of Highly Virulent Pathogens オンラインで2015年7月27日公開 Andrew F. Read, 1 , 2 ,* Susan J. B...
ワクチンが病原体を進化させる
Vaccines Are Pushing Pathogens to Evolve 抗生物質がバクテリアに耐性を与えるように、ワクチンは病気をコントロールできないような変化を引き起こす可能性がある。研究者たちは、新たな脅威の進化を防ぐために取り組んでいる。 2018...
臨床試験中のCOVID-19ワクチンの耐性進化のモニタリング
Monitor for COVID-19 vaccine resistance evolution during clinical trials David A. Kennedy ,Andrew F. ReadPLOS x 公開 2020年11月9日発行 概要 抗...
COVID-19 ワクチン接種後の進化 流行か絶滅か?
COVID-19 Evolution in the Post-Vaccination Phase: Endemic or Extinct? Ariel Fernández*(アリエル・フェルナンデス) 概要 この作品は、SARS-CoV-2のワクチン接種後の進化...

ワクチン義務化

反ワクチン

COVID-19 Injection Campaign Violates Bioethics Laws. Dr. Robert Malone - Global Research
All Global Research articles can be read in 51 languages by activating the “Translate Website” drop down menu on the top banner of our home page (Desktop versio...

デル社の調査によると、以前は、反ワクチンを自認する人は1~2%程度だったのですが、それが今では40%を超えています。明らかに、人口の40~50%が反ワクチン主義者です。このような人たちは、ワクチンを受け入れようとはしません。-Robert W Malone, MD

テキサス州アボット知事、ワクチン義務化について語る。

FOXニュースのタッカーから

責任

生命倫理への違反

EUA下でのCOVID実験用ワクチン展開の生命倫理:そろそろ立ち止まって、何が起こっているのかを見てみよう
Bioethics of Experimental COVID Vaccine Deployment under EUA: It’s time we stop and look at what’s going down. 2021年5月30日 ...
現在のCOVID-19ワクチンは、許される医療実験の指針としてのニュルンベルク医療倫理綱領の10の信条すべてに違反している
The present COVID-19 vaccines violate all 10 tenets of the Nuremberg Medical Ethics Code as a guide for permitted medical experiments. ...
政府やメディアに阻まれたCovidの現実
Barricaded from Covid reality by government and media ネヴィル・ホジキンソン 2021年9月23日 アナリストのウィル・ジョーンズ博士は、世界はCOVID-19の登場に対して、宗教的なマニアの...
ロバート・マローン COVID-19注射キャンペーンは生命倫理法に違反している
Robert Malone COVID-19 Injection Campaign Violates Bioethics Laws 概要 メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの発明者であるロバート・マローン博士は、この技術の利点と潜在的なリスクについて意見を述...

私は常にリベラル派で、政治的には左寄りであり、自由、言論の自由、寛容、思いやり、自分の体に対する個人的な自律性などの原則を熱心に支持し、「My Body, My Choice(私の体、私の選択)」を猛烈に擁護してきた。

私は、リベラル派の友人たちを、心が広く、批判的な思考を持ち、思いやりがあり、寛容で、どこで別の情報を探せばいいのか知っているだけの教養と才覚があり、データを解釈し、あからさまなプロパガンダから事実を見分けることができ、言論の自由、自由、身体的自治を守る人たちだと考えてきたが、これらはすべて、明らかにリベラリズムの基本原則である。

今、私はこれらのパラダイムの一つ一つを打ち砕かれた。

一つ残らずだ。

私は今、自分がリベラルであることを恥じている。

リベラル派の人々は、すべての「ニュース」を、最も腐敗した主流の情報源から得ている。彼らはGoogle Universityに集まり、自分たちが賛成することも反対することも確認したり否定したりするが、Googleが公式シナリオに反するものをすべて検閲しているという事実には気づかない。彼らは、他の検索エンジンが存在することさえ知らないようである。2020年3月の1130億ドルから 2021年7月31日には1924億ドルと、パンデミックの間に「偶然にも」794億ドルもの資産を増やしたベゾスを軽蔑しながらも、彼が発行する「ワシントン・ポスト」に群がり、スプーンで与えられた腐敗したプロパガンダを疑うことなくすべて消化し、議論の余地のない真実として誇らしげに口にする。

自分たちの偽善に負けないように、すべての商品をアマゾンで購入し、その便利さを嬉々として賞賛する一方で、地元の小さな企業は生き延びるのに必死だったり、自分たちが支持したロックダウンのために永久に閉鎖されたりしている。

 

私が最初に危険信号を感じたのは、「パンデミック」のずっと前、ハイテク企業がアレックス・ジョーンズなどの人々を検閲し始めたときであった。言論の自由を守るリベラルな友人たちが検閲を支持していることが信じられなかった。そのとき、何か本当に憂慮すべき事態が進行していることを感じ始めた。もちろん、アレックス・ジョーンズやトランプに賛成するかどうかは問題ではない。オーウェル的な現実のねじれの中で、「危険な偽情報」の拡散を阻止するという名目で、真実が検閲されているのである。

リベラル派が常に理解しているように、検閲はファシズムの具体的な基盤であり、歴史上のあらゆる全体主義政権の基本的な教義である。「私はあなたと意見が合わないかもしれないが、あなたがそれを言う権利を守るためには死ぬまで戦う」というのが、リベラリズムと言論の自由の指針であり、私が猛烈に守ってきたものであった。

 

彼らはしきりに「組織的な人種差別」や「過去の隔離」について語っているが、自分たちが今、50年代よりもさらに隔離された二層構造の社会、つまり医療アパルトヘイトを作っているという事実にはまったく気がついていない。もし、いわゆるワクチンパスポートがすべての人に現実のものとなれば、特定の人種だけでなく、複数のグループの人々が含まれることになる。

今、全国で何千人もの医療従事者が、ワクチン接種を拒否したために解雇されようとしている。なぜこれほど多くの医療従事者が、必要のないワクチンを拒否しているのか、考えてみたことはあるか?1年前、あなたはこれらの人々を 「我々を守るために最前線で働くヒーロー 」と呼んだことを忘れたのだろうか?看護師は社会の中で最もまともで人道的人たちだ。彼らが全員「トランプ派」だと思うほど、あなたは脳みそが腐っているのであろうか?今、あなたは彼らの解雇を応援している。

恥を知れ。

私のリベラルな種族の堕落
The Corruption of My Liberal Tribe by DAVID SMITH 2021年10月4日 私は常にリベラル派で、政治的には左寄りであり、自由、言論の自由、寛容、思いやり、自分の体に対する個人的な自律性などの原則を熱心に支持し、「M...

インフォームドコンセント

COVID-19ワクチンが臨床疾患を悪化させるリスクについてのワクチン試験対象者へのインフォームドコンセント開示について
Informed consent disclosure to vaccine trial subjects of risk of COVID-19 vaccines worsening clinical disease ティモシー・カルドゾ、ロナルド・ヴィアジー ...
ニコライ・ペトロフスキー教授(Nikolai Petrovsky)

私はワクチン開発者として、20年間、このような状況や、パンデミックだけでなく他の状況のためのワクチンを開発するために毎日仕事をしてきました。

しかし、私はワクチンに情熱を持っていますので、ワクチン開発者として、この18ヶ月間に起こったことに十分な自信を持てないと言わなければならないのは辛いことです。世界のワクチン開発者の中で、今、非常に不安を感じているのは私だけではないでしょう。誤解される可能性があるので、とても言いづらいことですが、これは事実です。私たちは、まだ初期段階にある非常に新しい技術を持っています。それは、mRNAワクチンと、ウイルスベクターを使用するアデノワクチンです。

通常のプロセスを経ているということは、どの程度の信頼性があるのでしょうか。通常は10年から15年の間、数千人の人々を対象とした厳格な試験が行われますが、その数千人の人々はリスクを受け入れます。そして、5-10年の間、15年間の追跡調査を行います。そして彼らが生き残り、ひどい出来事がなければ、規制当局はすべてのデータを見て、製品を承認します。しかし、今回のような事態は初めてのことです。だからこそ、私たちは腰を据えて、このワクチンを受ける人は全員、臨床試験のようにインフォームド・コンセントに署名すべきではないかと言わなければならないのです。私の個人的な見解としては、まず害を与えないこと、そしてインフォームド・コンセントの原則に従うことです。私たちにはニュルンベルク綱領があります。

つまり、ナチスはインフォームド・コンセントを取らなかったのです。その結果、戦後、多くのナチス関係者が戦争犯罪で処刑されました。このような状況では、物事を加速させて非常に迅速にワクチンを開発することができますが、それはまだ不確実性があるため、人々に正直な真実を伝えなければなりません。

私は、10年後にmRNAワクチンに確かな効果があるかどうかは、誰にも言えません。それができないのに、そのような不確実性の高いものを義務付けることができるでしょうか。それにはインフォームド・コンセントが必要です。つまり、強制ではなく、インフォームド・コンセント形式にして、ワクチンを受ける人がすべての情報を得て、強制ではなく自分の自由意志で、このワクチンを受けることに署名・同意するようにすべきです。

例えば、実験をさせられた囚人のように、あなたは情報を与えられない状況に置かれています。そして、あなたがやりたくないことを強制的にやらせようとしているのです。医者としては、どこかに行って誰かを傷つけるようなことはしたくありません。ドイツの医者も同じように、体としては誰もが彼らの行ったところには行かなかったのではないでしょうか?

国が何かをしろと言ったからといって、それが正しいとは限りません。私たちはそのことに疑問を持つ必要があると思います。ですから、複雑な状況ではありますが、私はワクチンに賛成です。しかし、最終的には、このような状況では、インフォームド・コンセントを得た上で接種しなければならないと思います。

私の考えでは、長期的な結果やリスクがどんなに小さくてもわからない、まだ実験的なものを強制することはできません。なぜなら、臨床試験でインフォームド・コンセントに署名するとき、私たちは自分たちがやろうとしていることが人を殺すことになるとは考えていないからです。

しかし、私たちは、あなたに与えるものがあなたを殺すかもしれないという可能性を言わなければなりません。それがインフォームド・コンセントの原則であり、リスクは重要ではなく、臨床試験では100万分の1のリスクかもしれませんが、それでも私たちはそれを白黒つけなければなりません。

実際、よく太字にしてくれと言われますが、「これは死ぬかもしれない」と強調すると、「でもこれは本当に無害な治療法なんだよ」と言われます。インフォームド・コンセントの原則に従わず、インフォームド・コンセントがないのに、実際にはこれを義務づけているという状況に、私はちょっとしたスキャンダルを感じています。

ここでは誰もが何かを選択することを強いられ、実際には多くのことがわかっていません。なぜmRNAが心筋炎を起こしているのか、私が会った世界中の科学者の誰もが説明できません。わからりませんが 副作用を起こしていることはわかっています。

私たちの多くは、今後5年から10年の間にmRNAが承認されるとは思っていませんでした。地球上のすべての人がmRNAを持つことを義務づけられるとは思っていませんでした。 私が言うように、業界の人間は、この出来事の速さと、ほとんどの人がまだ実験的な治療法だと考えているものを、すべての人に服用させようとするキャンペーンの積極性に、本当にショックを受けています。

そして、その実験の最終的な結果はわかりません。ですから、私が言うように、このことを受け止めてください。私は人々にショックを与えたくありません。このパンデミックのためには、戦略の一環としてワクチンが必要なのは確かです。しかし、まずは慎重に、害を及ぼさないようにしなければなりません。特に、人々が選択権を持たず、インフォームド・コンセントを得ていない現状では、そのことに自信を持てるかどうかわかりません。現代の民主主義の原則は、常にインフォームド・コンセントを得ることです。それがここでは実現していないのです。

ファイザーの契約書問題

ファイザー社の契約書が明らかになったことについて、情報セキュリティの専門家は「ファイザーがこれらの契約の詳細を隠そうと戦ったのには正当な理由がある」と述べた。
Information security expert on revealed Pfizer agreements: ‘There’s good reason Pfizer fought to hide the details of these contracts’ 投...
ファイザー、コロナワクチン販売で主権免除の放棄などの深刻な不公正契約(ハンギョレ新聞) - Yahoo!ニュース
 新型コロナウイルスのワクチンを製造する米国のファイザーが、寡占的地位と各国の差し迫った事情を利用して結んできた、相手にとって一方的に不利な契約の実態が公開された。これまで過度な秘密維持要求などが一

利益相反

公衆衛生

COVID-19パンデミックへの世界的対応がヘルスプロモーションなしで行われる場合
When the worldwide response to the COVID-19 pandemic is done without health promotion リンダ・カンボン、アンリ・ベルジュロン、パトリック・カステル、... 初出 2021年6月1...
COVID-19は地球外生命体の(例外的な)病気なのか?
Covid-19: An extra-terrestrial disease? 2021年7月26日 Elisabeth Paul,1,⁎ Garrett W. Brown,2 Mélanie Dechamps,3 Andreas Kalk,4 Pierr...
合理性の多面性 合理性大論争の臨床的意思決定への含意
Many faces of rationality: Implications of the great rationality debate for clinical decision‐making オンライン版2017年7月20日掲載 Benjamin Djulb...
「情報が変われば、結論も変わる」SARS-CoV-2パンデミックへの適応的な対応の失敗と、COVID-19を管理するための医療システムの準備不足から何を学ぶことができるか?
“When My Information Changes, I Alter My Conclusions.” What Can We Learn From the Failures to Adaptively Respond to the SARS-CoV-2 Pandemic ...
COVID-19パンデミックと統合的かつ衡平なアプローチの必要性 国際的な専門家によるコンセンサス・ペーパー
The COVID-19 Pandemic and the Need for an Integrated and Equitable Approach: An International Expert Consensus Paper オンラインで2021年6月24日に公開 ...

研究者

ロバート・マローン博士
「ロバート・マローン博士」の記事一覧です。

ロバート・マローン博士

ロバート・マローン博士は、1988年にソーク研究所でmRNAワクチンを発明した人物で、DNAワクチンの発明者でもある。マローン博士は、約100の査読付き出版物と発表された要旨を持ち、査読付き出版物は11,477回引用されている。マローン博士は、「リスクの高い集団に対しては、USAワクチンのリスク・ベネフィット比は理にかなっているようだ」と考えているが、「これらの遺伝子ワクチンが集団免疫に利用できる唯一の道である」とか「完全に安全である」と主張するのは「明らかに誤りである」としている。

現在、殺害予告を受けているとされるマローン博士は、地球上で最も悪者扱いされている科学者の一人となり、『アトランティック』誌などの雑誌や主流メディア、ソーシャルメディア全体で彼の業績が誹謗中傷されている。

Who Are These COVID-19 Vaccine Skeptics and What Do They Believe?

 

人々は私に反ワクチンのレッテルを貼っていますが、これは全く馬鹿げています。私は30年間、ワクチンの開発に携わってきましました。私はワクチンを大いに支持しています。しかし、私は、安全で十分な特性を持ち、倫理的に物事が行われるようにすることに全力を注いでいます。私は、臨床研究や生命倫理などのトレーニングを数多く受けてきましたし、規制関連の仕事もしてきましました。

これらの製品は、急いで作られたワクチン製品ですが、なぜ急いで作られたとわかるのでしょうか?通常、ワクチンは承認を得るまでに少なくとも10年はかかります。ですから、製品化を急ぐ理由は理解できます。しかし、なぜそれを義務化するのかは理解できません。なぜこれほど多くの規則があるのか、なぜ必要な安全性テストをしていないのか理解できません。

当時の広報活動では、政府が擁護していた主要なテーマ、ストーリーは、「ワクチンは完璧です。ワクチンは完璧で、100%効果があり、完全に安全である」というものでしました。私はそれが真実ではないことを知っていましました。そうでないことを示すデータがあることも知っていましたし、それが真実でないことも知っていましました。それが一般に公開されていなかったのです。私はそれに異議を唱えましました。そして、それは今でもさまざまな形で続いています。私だけでなく、世界中の多くの人々が同じことを主張しています。

ウィキペディアのネガティブ・キャンペーン

ウィキペディアの共同創設者 ラリー・サンガー 自分が作ったウェブサイトはもう信用できない
Wikipedia co-founder: I no longer trust the website I created Larry" Sanger 0:00 もし、事実の一つのバージョンしか認められないとすると、富豪や権力者が自分の権力を強化するために、ウィキペディア...

バンデン・ボッシュ博士

バンデン・ボッシュ博士
「バンデン・ボッシュ博士」の記事一覧です。
2人の偉大なウイルス学者の警告は、政府と大メディアによって無視されている。
Two Great Virologists’ Frightening Warnings Ignored by Government and Big Media 2021年8月22日 By: ジョエル・S・ハーシュホーン(Joel S. Hirschhorn) ...

 

ピーター・マカロー博士

Peter McCullough博士は、National Library of Medicineに1,000以上の論文を発表し、500以上の引用を行っている、政府のCOVID政策を最も率直に批判している一人である。彼はテキサス州の上院厚生委員会で、ヒドロキシクロロキンとイベルメクチンを含む彼の治療プロトコルにより、死亡率が85%減少したと証言した。また、COVID-19の大量接種については、ワクチンの安全性への懸念もあり、批判的な見解を示している。

「循環器内科医で内科医でもあるマカロー博士は、6月のウェビナーで「今日、800件の若者が心筋炎、つまり心臓の炎症を発症している。”私は、若い人がワクチンを接種することに臨床的なメリットが全くないので、1例でも多すぎると意見する。”

マカロー博士は、ビル・クリントン大統領の医療諮問委員会のメンバーや、米国国立衛生研究所および米国食品医薬品局の24以上のデータ安全性モニタリング委員会の委員長などを歴任している。COVIDの方針を批判した後、McCulloughはベイラー大学メディカルセンターの内科副部長およびベイラー心臓血管研究所の心臓血管研究部長の職を失った(pdf)。Cardiorenal Medicine誌の編集長からも外され、8つの専門家としての認定もすべて剥奪される見込みである。

「Who Are These COVID-19 Vaccine Skeptics and What Do They Believe?」

COVID-19注射用生物製剤に関連した米国のワクチン有害事象報告システム(VAERS)における心筋炎の有害事象に関する報告
A Report on Myocarditis Adverse Events in the U.S. Vaccine Adverse Events Reporting System (VAERS) in Association with COVID-19 Injectable B...
治療のニヒリズムとの戦いに勝つために、信頼できる治療法と未検証の新しい治療法を比較する。
Winning the War Against Therapeutic Nihilism & Trusted Treatments vs Untested Novel Therapies ピーター・マカロー ありがとうございました。ありがとうございます。と...

バイラム・ブライドル博士

バイラム・W・ブライドル博士は、受賞歴のあるゲルフ大学病理生物学部のウイルス免疫学准教授で、オンタリオ州政府から資金提供を受けてCOVID-19ワクチンを開発したワクチンプラットフォームを持つ先進的な研究室を率いてた。

ワクチン学の専門家である彼は、「SARS-CoV-2に対する自然獲得免疫は、ワクチン接種のみで得られる免疫よりも優れている可能性が高いことを示す科学的文献が数多く存在する」と述べている(PDF)。

さらに、「3つの独立したグループの研究により、自然に獲得した免疫を持つ人は、ワクチン接種前に免疫学的にナイーブだった人に比べて、COVID-19ワクチンによる重篤な副作用を経験することが証明された」と付け加えている。つまり、自然免疫を持っている人にとっては、ワクチン接種は不要であるだけでなく、被害のリスクが高まることになるのである。このことを知った上で、誰もCOVID-19の接種を義務付けるべきではない」。

自然免疫を持っているにもかかわらず、大学のワクチン義務化(pdf)に従わないために大学キャンパスから追放されたブライドル氏は、職場が「私に対するいじめ、嫌がらせ、憎しみが絶えない毒された環境」になったと考えており、自分の人生が “破壊された “と述べている。

「Who Are These COVID-19 Vaccine Skeptics and What Do They Believe?」

ドクタートーク: 挑戦という課題 バイラム・ブライドル博士
Doctor Talks: Challenge Issued Dr Byram Bridle Wayne 1:01 やあ、カナダ、そして世界の皆さん、ごきげんよう。今日は素晴らしい皆さんにお会いできて、とても興奮しています。実はここではライブ・ストリーミングのキックオフが...
勇気、これ以上ないというくらいのタイミングで Byram Bridle
Courage It Couldn't Come At A Worse Time 第90話 ショーンがThe University of GuelphのByram Bridle博士にインタビューし、ついに待ち望んでいた情報を手に入れることができました。 Sean ...
予防接種を受けるべきか?
Should you get vaccinated? スティーブ・キルシュ 2021年5月25日 はじめに 私はいつも予防接種を受けている。私はModernaワクチンを完全に接種している。 しかし、ワクチンの副作用、現在のCOVIDの発生率、早期治療...
ウイルス免疫学者のバイラム・ブライドル博士が医療の自由を求めてウォータールー地域で講演 10/24/21
Viral immunologist Dr. Byram Bridle speaks at Waterloo region for medical freedom rally 10/24/21 !function(r,u,m,b,l,e){r._Rumble=b,r||(r=f...

ライアン・コール博士

Dr. Ryan Cole(ライアン・コール)#StoptheMandate(ストップ義務化)
Dr. Ryan Cole #StoptheMandate Dr. Ryan Cole 0:05 こんにちは、ライアン・コール博士です。私はMayo Clinicで研修を受けた解剖学・臨床病理学者の資格を持っています。皮膚の病理学を専門としており、その分野でもフェローシッ...

1人の患者の症状を軽減するためには、文字通り120人が2回の注射を受ける必要があるのです。その120人のうち、何人が2~3年後に自己免疫疾患になり、何人が2~3年後、あるいは4~5年後に癌になるのでしょうか?それはわかりません。しかし、私が実験室で見ているのは、すでにこのようなことです。これは非常に気になることです。

この注射を打つと、体内の白血球の種類を見ることができます。T細胞、B細胞、その比率を見ることができ、ウイルスを撃退したり、がんを抑制したりするために協力する幅広い免疫細胞があります。実験室ではすでに、ある重要なT細胞が減少しているというシグナルが確認されています。これは自然免疫系が必要であることを示しています。子供たちが驚異的な成果を上げ、今年は統計的に100%の確率でこのウイルスから生き延びることができたのは、大人のT細胞免疫反応の2~3倍の活性を持つ自然T細胞免疫反応を持っているからであり、細胞内に小さな手榴弾を投げ込み、感染した細胞を吹き飛ばす酵素を大人に比べて2~3倍持っているからです。だからこそ、子供たちはこのウイルスに見事に対抗できたのです。

しかし、実験室では、これらのワクチンを受けた人が、体内に必要な重要なキラーT細胞のプロファイルが低下していることを確認しています。これは、HIVとほぼ逆で、ヘルパーT細胞、CD4細胞を失ってしまうのです。ワクチン後のウイルスでは キラーT細胞であるCD8細胞が減少していることがわかります。CD8細胞は他の全てのウイルスを抑制する働きがあります。

実験室で見たところ、ヘルペスファミリーのウイルスが増えていました。ヘルペス、帯状疱疹、マノ、子宮頸部生検、子宮頸部乳頭腫検査では、ヒトパピローマウイルスが急増しています。それに加えて、子供には伝染性軟属腫という小さな感染症があります。これを抑制するためには、CD8キラーT細胞が必要です。私は、50歳以上の人に、この小さな発疹のぶつぶつが20倍も増えていると見ています。これ自体は何でもないことだと思います。

しかし、これは注射を受けた人の免疫状態を物語っています。文字通り、彼らの免疫システムを弱めているのです。何よりも気になるのは、体内には癌を抑制する免疫細胞のパターンがあるということです。実験室では1月1日以降、子宮内膜がんが毎年のように発生しており、20倍にもなっています。誇張しているわけではありません。こんなに多くの子宮内膜がんを見たことはありませんでした。若い患者さんに浸潤性のメラノーマが見られます。通常は、薄いメラノーマを早期に発見します。ここ1~2ヶ月で、厚いメラノーマが急増しています。私はすでに初期のシグナルを見ています。ドイツで行われた研究では、ファイザー社が発表した後の若い人たちのプロファイルを見て、免疫システムを弱体化させていますが、どのくらいの期間で免疫システムが再生して、この比率が元に戻るかはわかりません。しかし、誰がそれを研究しているのでしょうか?また、長期的な試験はどこで行われているのでしょうか?2ヶ月、4ヶ月?このプロファイルはどのくらいの期間固定されているのでしょうか?私たちにはわかりません。そして、2年、3年と、どのようにして持続するのでしょうか?今後2、3、4年、5年の間に固形癌の増加はどうなるのでしょうか?

私は予測はできますが、わかりません。私はデータアナリストです。私は政治家ではありませんが、データを見ていると、すでに気になるパターンが見えてきます。仕事を続けるためには、自分の体を危険にさらさなければなりません。ファイザーがFDAに提出した申請書には、非常に重要なことが書かれています。

これらの注射の問題点は、ヒトでの実験の前に動物実験を行ったことで、ヒトは基本的にモルモットでした。そして、彼らが提出した補遺の1つに、ラットと不妊に関する研究が記載されています。メディアや一部の科学報道では、このような意見が聞かれます。妊孕性の長期的な結果はどうなるのでしょうか?正直なところ、私たちにはわかりません。しかし、ファイザーの研究では、受胎率が16%減少しました。16%というと、どうでしょう?大したことではないと思いませんか?ネズミは地球上で最も繁殖力の強い生物の一つです。ネズミの繁殖力が16%低下したということは、少なくとも私たちに「自分たちのやっていることに過剰な注意を払わなければならない」というシグナルです。

繰り返しになりますが、これは人類に対する実験であり、雇用を維持するために誰かに実験を強要することです。これは医療倫理、倫理に反する行為です。つまり、これは管理者の純粋な不正行為なのです。私の同僚の医師たちは、ある時点で彼らの昏睡状態やトランス状態から目を覚まし、自分たちが人類に与えている害を反省するだろう。パンデミックの最中に、人類は一度も「パンデミック中にワクチンを打とう」と言ったことがありませんでした。

これは、文字通り、変異株を選択するのです。パンデミックの最中にワクチンを接種する場合、このようなことをするのは免疫学的にも非論理的です。そして、私たちは、科学に反することをしているのです。今年は科学の話を聞きました。科学とは、仮説を立て、理論化し、テストし、成功したり失敗したりして、その仮説を理論化し、修正してまた何かをすることであり、それが私たちのすべきことなのです。結果がどうなるかわからないことを気ままに進めて、人々を苦しめるようなことはしてはいけません。

リュック・モンタニエ博士

彼の結論は 「予測不可能な未来を前にして、棄権した方が良い」ということだ。 しかし、ほとんどの人は、すべての強制とワクチンの義務化に抵抗することは非常に難しいだろう。

モンタニエ氏は 2020年4月、変異株の話が出てくる前、実験的なワクチンが展開される前に、COVID-19に対するワクチンが利用可能になった場合、それを拒否するように人々に呼びかけた。 彼の主旨は常に忘れてはならない。「感染を防ぐのではなく、感染を加速させることになる」。 今日、ワクチンを接種した人々に新たに発生したSARS-CoV-2の変異株が、彼の論文を証明している。 彼の科学的思考によれば、大量のワクチン接種は、より致命的なパンデミック感染の新たな波を引き起こすかもしれない。

話題になっている、希望に満ちた集団免疫については、彼はこう言っている。「ファイザー、モデルナ、アストラゼネカのワクチンは、ウイルスの人から人への感染を防ぐことはできず、ワクチンを接種した人も接種していない人と同じように感染してしまう。 したがって、ワクチン接種者数の増加による「集団免疫」を期待することは全く無駄である。

ポジティブな面ではこう提唱している。「ウイルスの効果を増幅させる細菌の補酵素があるので、イベルメクチンや細菌性抗生物質による感染症の早期治療を行うこと。」

2人の偉大なウイルス学者の警告は、政府と大メディアによって無視されている。
Two Great Virologists’ Frightening Warnings Ignored by Government and Big Media 2021年8月22日 By: ジョエル・S・ハーシュホーン(Joel S. Hirschhorn) ...

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました