ワクチンワクチン リスク・ベネフィットワクチンの安全性・有害事象ワクチン後遺症子どものワクチン

アメリカの5歳から11歳の子供にmRNA製剤を注射するためのファイザー社のEUA申請に対するFDAのリスク・ベネフィット分析に見られる10の赤信号

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Ten red flags in the FDA’s risk-benefit analysis of Pfizer’s EUA application to inject American children 5 to 11 with its mRNA product

tobyrogers.substack.com/p/ten-red-flags-in-the-fdas-risk-benefit

FDAの説明文書は、とんでもないジャンクサイエンスであり、直ちに撤回しなければならない。

トビー・ロジャース

はじめに

ファイザー社のmRNA COVID-19「ワクチン」を5歳から11歳の子供に投与した場合のFDAのとんでもないリスク・ベネフィット分析については、どこから始めたらよいのだろうか?

まずは私の善意から始めよう。私はアメリカで最も優れたリベラルアーツカレッジの1つであるスワースモア大学で1年間、統計学を学んだ。大学院では、政策分析の分野でNo.1と評価されているカリフォルニア大学バークレー校の修士課程で統計学を1年間学んだ。そして、世界でもトップレベルの大学(シドニー大学)で政治経済学の博士号を感染した。私の研究テーマは製薬業界の汚職したがって、5年間、ほぼ毎日、ワクチンに関連する科学的研究を読んできた。キャリアの初期には、地方自治体から減税や契約などの譲歩を得ようとした企業が作成した粗悪な費用便益分析を引き裂く仕事をしていた。このように、私はリスクベネフィット分析について多くのことを考えてきたので、これらの文書を読むのに適していると言える。

ファイザー社が5歳から11歳までの子どもたちにCOVID-19ワクチンを注射するための緊急使用許可(EUA)申請に関連するFDAのリスク・ベネフィット分析は、私がこれまでに見た中で最も粗雑な文書のひとつである。

上から順に見ていこう。

🚩5歳から11歳の子供におけるCOVID-19の発症率は非常に低く、治療群(n=1,518)または対照群(n=750)のいずれにおいても、重篤なCOVID-19の症例とCOVIDによる死亡例はゼロであった。

つまり、ファイザー社のワクチンが子供たちに「90%の効果がある」という報道を目にしても、それは子供たちが通常すぐに回復する(そして強固な広域免疫を持っている)軽度の症例に言及しているので、意味がないということだ。つまり、この集団には緊急使用許可を申請できるような緊急事態は文字通り存在しないのである。もしFDAが科学的根拠と規則に従っていれば、ファイザー社の申請は却下されるはずである。このトピックについては後述する。

🚩ファイザー社の子供を対象とした臨床試験は、有害性を隠すために意図的に規模を小さくして行われた。

これは、製薬業界のよく知られた手口である。FDAは今年の夏の初めにそのことを指摘し、ファイザーに臨床試験の拡大を求めたが、ファイザーはそれを無視したのである。(ファイザーは別の試験からデータを取り込んでごまかしたが、この別の試験は17日間しか有害事象をモニタリングしていないので、むしろ新しいデータは結果を明確にするどころか汚染している)。) 簡単に言えば、この注射によって子供たちに起こる特定の有害事象の発生率が5,000人に1人で、試験で治療群に登録されたのが1,518人であれば、臨床試験ではこの特定の有害事象を発見することはできないということだ。つまり、「安全かつ効果的」ということだそうだ。

🚩ファイザー社は、”SARS-CoV-2感染の証拠がない5~11歳の参加者 “のみを登録している。

ファイザー社のmRNA注射は、英国政府のこのデータに示されているように、自然免疫を消し去り、何もしないよりも悪い状態になるのだろうか?SARS-CoV-2に感染したことのある子供たちはこの試験から除外されているので、ファイザーにはわからない。これは意図的なものだ。毒物汚染者は、将来の裁判で自分の決定的な証拠を見つめることにならないように、答えを知りたくない質問はしないことを学んだ。

🚩ファイザー社は4.9%の臨床試験参加者と連絡が取れなかった?

FDAのリスク・ベネフィット文書にはこう書かれている。「コホート1の参加者のうち、95.1%が2021年9月6日のデータカットオフの時点で投与2後2ヶ月以上の安全性フォローアップを受けていた。」では、投与2カ月後に安全性の追跡調査を受けなかった4.9%の人たちはどうなったのだろうか?彼らは治療群と対照群のどちらに属していたのだろうか?ファイザー社が発表していないので、我々にはわからない。試験の規模が小さいことを考えると、4.9%の参加者にフォローアップを行わなかったことは、結果を歪める可能性がある。

🚩フォローアップの期間が意図的に短すぎた。

これは、有害性を隠すための製薬業界のもう一つのよく知られた手口である。コホート1は2ヶ月、コホート2は17日間しか有害事象をモニターしていないようである。癌や自己免疫疾患など、ワクチンの害が現れるまでにはもっと長い時間がかかる。古くから言われているように、「早く済ませることも、正しく済ませることもできるが、両方はできない」のである。ファイザーは「迅速」を選んだ。

🚩FDAが作成したリスク・ベネフィット・モデルでは、ファイザー社のmRNA注射の既知の害である心筋炎のみを対象としている。

しかし、ファイザー社のmRNA注射による現実の害は心筋炎にとどまらず、アナフィラキシー、ベル麻痺、心臓発作、血小板減少症/血小板低下症、永久的な障害、帯状疱疹、ギラン・バレー症候群(GBS)などが含まれることがわかっている。癌、糖尿病、内分泌障害、自己免疫疾患が後から現れることもある。しかし、FDAは売るべきワクチンがあるので、そのような要素をすべて無視してモデルを作っているので、そのようなことは気にしていない。

🚩ファイザー社は、最初にプラセボを接種した子供たち全員にワクチンを接種することで、コントロールグループを意図的にすぐに消してしまう。

彼らはこれを「倫理的な理由」から行っていると主張している。しかし、ファイザー社の本当の目的は、長期的な安全性の研究ができないように、比較対象グループを一掃することだと誰もが知っている。対照群を消すことは犯罪行為であるにもかかわらず、Pfizer、Moderna、J&J、AZはFDA/CDCの承認を得て標準的な行為としてこれを行っているのである。

🚩以上のことを踏まえて、FDAは一体どのようにしてこの注射の効果を主張したのであろうか?

この部分はとても重要なので、腰を下ろして見た方がいいだろう。ここで重要な一文がある。

ワクチンの効果は、SARS-CoV-2の50%中和抗体価(NT50,SARS-CoV-2 mNGマイクロ中和法)を免疫泳動することで推測される。

ちょっと待て、どういうこと!?説明しよう。5歳から11歳の子どもを対象とした臨床試験では、COVID-19が重症化したケースはゼロだった。つまり、ファイザーとFDAは実際の健康被害をすべて無視したのだ(緊急事態ではないので、申請は無効だ)。そこでファイザー社は、血液中の抗体を調べる方法に切り替えた。一般的に、抗体は免疫力を予測するのに適していない。なぜなら、この研究では、重篤なCOVID-19の症例はゼロだったからである(治療群でも対照群でもゼロ)。そこで、ファイザー社は工夫を凝らさなければならなかった。そこでファイザー社が考え出したのが「免疫ブリッジング」である。ファイザー社は、16歳から25歳までの人々を対象とした別の研究の血液中の抗体のレベルを調べ、その集団で保護されていると思われる抗体のレベルを把握し、5歳から11歳までの子供たちのうち何人が同じようなレベルの抗体を血液中に持っているかを把握し、16歳から25歳までの集団の抗体レベルと健康状態に基づいて、将来5歳から11歳までの集団でこの注射によってどれだけの症例、入院、ICU入所、死亡が防げるかという数字を導き出したのだ。このような拷問のような論理は、リスク・ベネフィット分析では前例がないため、頭が痛くなるかもしれない。

つまり、FDAが説明文書の冒頭でこの歪んだ論理を使うと、そこから派生する計算はすべて間違ったものになってしまう。単に間違っているだけでなく、とんでもなく、犯罪的に間違っていることになる。

全ての問題は、FDAのリスク・ベネフィット文書の34ページにある表14に集約される。そこには、猛烈な赤信号が立っている。

FDAのモデルは、2回接種後の6ヶ月間のワクチン保護の効果しか評価していない。さらに、その期間中、ワクチンの有効性が一定であると仮定している。これはいくつかの点で問題がある。

まず、小児の軽症患者を減らすことは、望ましい臨床結果ではない。Geert Vanden Bossche博士が指摘するように、大量のワクチンを接種すると、子供たちはより多くの感染性のある変異株を排出するようになる。

「コロナウイルス(CoV)やその他の呼吸器系ウイルスに対する自然免疫を低下させるだけなので、健康な若年者にはいかなる場合もワクチンを接種すべきではない。彼らの生来の免疫は、通常、自然に大部分を保護し、集団レベルで感染性CoVの圧力を希釈するという一種の集団免疫を提供しているが、大量のワクチン接種は、彼らをより感染性の高い変異株の排出者に変えてしまう。この病気にかかった子供や若者は、ほとんどが軽度から中等度の病気を発症し、その結果、広範で長寿命の免疫を獲得して集団免疫に貢献し続けている。ワクチンを接種して病気になった場合、あなたも生涯にわたる免疫を獲得できるかもしれないが、特に若くて健康なときに、なぜリスクを冒してまでワクチンを接種するのであろうか?第一に、潜在的な副作用のリスクがある。第二に、ウイルスと結合したままワクチン抗体が機能しなくなり、それによってADEや重症化の可能性が高まるという、常に高まるリスクがある。….」

第二に、初回投与後1ヶ月間のワクチン効果は、免疫系を抑制するためにマイナスであり、4ヶ月後には衰え始めることがわかっているので、FDAのワクチン効果の推定値はすべて水増しされている。

第三に、これらの注射による心筋炎の害は、何年もかけて展開していくと思われる。mRNA技術の発明者であるロバート・マローン博士は、FDAは子供たちが年に2回、永遠に注射を受け続けることを認めていると指摘している(そのため、FDAのリスク・ベネフィット・モデルでは6ヶ月という期間が設定されている)。しかし、「心筋症などの有害事象は累積する 」というリスクがある。つまり、6ヶ月という期間しか見ていないモデルは、本当の有害事象率を隠していることになる。

🚩FDA/Pfizerは、心筋炎の推定値を早とちりしている

まず、公的なVAERSシステムではなく、民間の「Optum health claim database」のデータを用いて、「過剰な」(注射が原因となっている)心筋炎を推定している(p.32)。そのため、一般の人が彼らの主張を検証することは不可能である。そして、ワクチンによって心筋炎を発症した子どもが何人入院し、ICUに入室するかを推定する際には、Vaccine Safety Datalink(33ページ参照)を使用している。なぜ別のデータベースを使っているのだろうか?最後に、「過剰な」心筋炎による死亡数をどのように算出したのか説明がないので0としている。

FDAは、5歳から11歳までの子供たちに二重刺青をした100万人あたり106人の心筋炎患者が発生すると推定している。米国には5歳から11歳までの子供が28,384,878人います。バイデン政権は、その全員にファイザー社のmRNA注射を打ちたいと考えており、すでにそのための十分な量を購入している(この注射を子供に打ちたいと考える親は1/3しかいないのに)。つまり、(バイデン政権の意向であれば)100万人あたり106人の過剰心筋炎患者×2838万人で、ファイザー社のワクチンが承認された場合、ワクチン接種後に3,009人の過剰心筋炎患者が発生することになる。

そして、数年の間にその子供たちの多くが亡くなることになる。アンソニー・ヒントン博士(「NHS(英国保健医療局)で30年の経験を持つコンサルタント外科医」)は、心筋炎は2年後の致死率が20%、5年後の致死率が50%であることを指摘している。

トニー・ヒントン2016のツイッターアバター

「軽度の心筋炎」はありえない。「ちょっとした妊娠」がありえないのと同じだ。

アンソニー・ヒントン博士 @TonyHinton2016

ウイルス性心筋炎は、2年後には10人に2人、5年後には10人に5人が死亡する。軽度ではない。心筋が死んでしまう。 -ニール・オリバー @thecoastguy

2021年10月20日

2,286リツイート4,450いいね


集団免疫を低下させる子供の軽度のCOVIDを予防したいのに、心筋炎の害については平気で嘘をつくという、FDAは全く逆のことをしているわけですね。

私は勝手にFDAの表14を実際のリアルワールドのデータで修正し、5年間に拡大してみた。それは次のようなものである。

ハーバード・ピルグリム・ヘルスケア社が米国保健社会福祉省のために行った調査では、VAERSは実際のワクチン被害の1%しか把握していないと推定されている。Steve Kirsch氏は、COVID-19ワクチンによる死亡事故の報告不足係数を41とする精巧なモデリングを行っている(上記の数字に41を掛けている)。また、心筋炎はCOVID-19ワクチンによる数多くの可能性のある害の一つに過ぎない。Jessica Rose博士は最近、ワクチン接種後のすべての重篤な有害事象について、Under-Reporting Factorを31と算出した。

結論

ファイザー社のワクチンは、5歳から11歳の子供への使用に関して、正直なリスク・ベネフィット評価を行うことができない。ファイザー社のmRNAワクチンを5歳から11歳の子どもに使用した場合のFDAのリスク・ベネフィット分析は、粗雑なものである。科学的根拠に基づかない所定の結果に到達するために、(まともな学術誌であれば拒否されるような)拷問のような論理を用いている。FDAの説明文書はフィクションであり、直ちに撤回されなければならない。もしFDAがこのグロテスクな茶番劇を続ければ、子供たちに取り返しのつかない損害を与え、FDAの指導者たちはいつの日か人道に対する罪で起訴されることになるだろう。

これはライブ記事である。FDAは会議の資料を確認するのに2日しか与えないので、私はこの記事をすぐに公開しなければならなかった。もし間違いを発見された方は、私にお知らせほしい。また、FDAのリスク・ベネフィット分析の不備を発見された方は、コメント欄に書き込んでほしい。

革命が迫っている。✊

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました