3つの簡単なステップで世界を救う方法(抜粋)

COVIDワクチンの有害事象スティーブ・カーシュダークホース/ブレット・ワインスタインフルボキサミン/シグマ1受容体ワクチン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

How to save the world, in three easy steps

youtu.be/-_NNTVJzqtY

3つの簡単なステップで世界を救う方法

ブレット・ワインスタイン

皆さん、ダークホース・ポッドキャストにようこそ。私は、今回はブレット・ワイン博士と言うべきでしょう。今回のテーマに応じて、その内容も変わってきます。私が何者であるかを少し説明してから 2人のゲストを紹介します。

私は生物学の博士号を持っています。進化論が専門ですが、免疫生物学の知識もあります。今日は、教授として、時には学生として、時には交通整理として、そして翻訳者として行動するつもりです。これは、この非常に複雑な話を、最も重要なことなので、人々が理解できるようにシンプルにするための私の計画です。

そうですね。それは、大学院生のときにテロメアの老化とがんに関する研究をしていて、偶然にも医薬品安全性システムの欠陥を発見してしまったことです。いずれにしても、私が医薬品安全性の問題に直面したのはこれが初めてではありません。茨の道であり、厄介な問題だと言えるでしょう。

私の右隣には、ロバート・マローンがいます。ロバート・マローンは、医学博士であり、修士と医学博士であり、また、ここで最も重要なことは、大学院生の時にmRNAワクチン技術を発明したことですが、間違いないでしょうか?

ロバート・マローン

はい、そしてメリーランド州の医師免許を取得しています。

ブレット・ワインスタイン

そして私の左隣にいるのが彼は連続起業家です。COVIDでのあなたの役割について教えてください。治療の研究についてです。

スティーブ・キルシュ

私はCOVID-19早期治療基金を設立し、世界中の科学者に資金を提供して、外来患者向け臨床試験のための再利用薬を研究しています。パンデミックを終息させるためには、再利用医薬品を使用することが最も早く、安全で、低コストの方法だからです。

スパイクタンパク質

スティーブ・キルシュ

そして、カナダの医師会のバイロン・ブリトル博士と電話で話したときのことです。彼はこのチャートを見せてくれました。彼が言うには、通常、誰かにワクチンを接種すると、ワクチンは肩に入り、肩の部分に留まります。そして、抗体が生成され、肩にある抗原を攻撃して一掃してしまう。私たちは大丈夫でしたが。

しかし、バイロン・ブリトル氏は、日本政府に情報公開請求を行い、生体内分布のデータを調べました。彼が発見したのは、肩にとどまらないということです。全身に行き渡り、脳や心臓にまで到達してしまうのです。

これには2つの問題があります。1つ目の問題は、そこは理想的な場所ではないこと、以前のすべてのワクチンで考えられていた場所ではないということです。

ブレット・ワインスタイン

もう1つの問題は、これはあなたの専門分野ですが、これらのワクチンはスパイクタンパク質だけをコード化して、免疫系がタンパク質を認識することを学習し、COVIDに直面したときにすぐにキャッチできるようにしていることです。

しかし、スパイクタンパク自体は非常に危険で、細胞毒性があることがわかっています この表現は正しいですか?

ロバート・マローン

この危険性については、何ヶ月も前にFDAに警告していました。

スティーブ・キルシュ

議論の結果への公平を期すために。FDAはS1サブユニットとスパイクタンパクが毒性を持つとは考えていませんでした。恐ろしいのは、生体内分布が卵巣でピークに達することです。

ロバート・マローン

誤解を恐れずに言えば、彼らは知らなかったのです。私は彼らに原稿を送りましたが、彼らの判断はスパイクタンパクの一形態であり、スパイクが生物学的に作用するリスクを十分に証明するものではないと考えたのです。

スティーブ・キルシュ

スパイクが生物学的に活性な細胞であるとは思わなかったということですね。

ブレット・ワインスタイン

これが大きな謎でしたが、今ではスパイクタンパクが非常に危険であることがわかっています。生物学的には非常に危険ですが、ワクチンのパンフレットに書かれているように、転写を行う細胞の膜に留まるような働きをするとすれば、破壊力は格段に少なくなるはずです。ですねよね?

ロバート・マローン

その通りだと思います。そして、あなたの言うとおりです。ワクチンに関する資料は文献だけではありません。ワクチンを開発した人たちが発表した先行文献なのです。クローンを開発した人たちは、スパイクが生物学的に活性化して有害事象を引き起こすリスクがあることを認識していました、細胞に張り付いていなければ。

このクローンは、RNAを導入して作られたものです。いいですか。そして、遺伝子工学的な手法を用いて、膜貫通ドメインを導入し、スパイクが確実に固定されるようにしたのです。

そして、限定的な非臨床試験を行い、「どうやら固定されるようだ」と言いました。動かないように設計しました。そして、それを発表したのです。しかし、一般的に非臨床データのパッケージでは十分ではないということです。

ここが重要な点です。製品を人間に使用するためにリリースする前に、急ぎではない通常の状況では、動物で行わなければならない非常に厳密なテストがあります。

私が明らかにしたのは、スパイクが発現する細胞から切断されて自由になるということは、この製品が人間に使われる前に、絶対に知っておくべきことであり、よく理解しておくべきことだったということです。というわけで、この話はここまでにしておきます。

スティーブ・キルシュ

それが決定的な証拠ということですね。

新しいワクチン

ブレット・ワインスタイン

彼らが言いたいことはこうです。私は、この機能がどのように働くのかを理解したいのです。あなたの話を聞いてみましょう。「私、スティーブは、様々な立場で私の家を訪れた何人かの人々と話をし、驚くほど多くの非常に恐ろしい話を聞きました。」

さて、このテーブルにいる全員が同意するでしょう。それは逸話かもしれません。それは全くの…逸話でさえなく、サンプリングエラーの結果にすぎないかもしれません。そうかもしれない。絶対にそうだ。だからこそ、重要なのは、そのようなことがサンプリングエラーでないかどうかをどうやって絶対的に見極めるのか?

他の人の意見を聞いてみる?そう、確認のために探すのです。あなたが経験したことと同じ時期に、私は少し違った経験をしていました。私は自分が接するすべての人と話していましたが、これは間違いなくランダムなサンプルではありません。

一方で、髪を切ってくれる女性や担当医の話をしていると、出会う人すべてに話しかけていましたし、歯医者さんにも聞いていました。「ワクチンを打ちましたか?そうです。あなたの経験はどうでしたか?」と聞くと、驚くほど多くの人が怖い話をしてくれました。

実際、異常な反応を示さなかったのは、私の両親とヘザーの母親だけだったと思います。しかし、重要なのは、私がこれまでに聞いたことのあるワクチンとは似ても似つかぬ話があったということです。

ロバート・マローン

私は規制の専門家です。私は規制の専門家であり、FDAと話をします。また、FDAには良い友人がいます。上級職の人たちです。彼らは、私たちが無作為化臨床試験を行っていた頃、このような有害事象が発生していることを知っていましたし、その多くは奇妙で後になって起こっており、ワクチン試験としては異例のことでした。

これは全く新しい技術です。私たちが抱えている問題の一つは、このワクチンがこれまで見てきた他のワクチンと同じであると思い込んでいることだと思っています。しかし、実際にはまったく異なる技術です


ブレット・ワインスタイン

このような奇妙な症状は、まるで私たちが注射器を、このワクチンについてどう感じるかというある種の代弁者のための伝達手段と勘違いしているかのようです。

ヘザーと私はこの番組で、ワクチンがどのように作用するか、そしてこのプロセスで加速されたことを聞いたとき、私たちが感じたのは、人間への展開に関して全く新しい技術を提供することになり、それが免疫系と相互作用するということでした。

このプロセスを加速させることで、本当に危険なことを警告してくれるかもしれない動物実験をスキップしていたことは知りませんでした。私が知っている限りでは、彼らはそれを気にしていませんでした。

ロバート・マローン

私は、スティーブが言っていたカナダ人が情報公開法によって入手したデータパッケージを、公開後24時間以内に受け取りました。そして、トライアルサイト・ニュースの依頼を受けて、それを確認しました。

率直に言って、非常に異常なものであると感じました。そこで、さらに年長で経験豊富な規制関連の専門家にレビューしてもらったところ、彼はリプロ・トークがないことなどを指摘しました。私は、通常はゲノム毒性に含まれるはずの生殖毒性パッケージを綴っています。

遺伝毒性とは、試験系の遺伝子に対する毒性のことです。さて、これらの生物は、私たちが注入した生物であり、この場合は主にエイムズ試験です。これが遺伝毒性分析のレベル1のようなものです。しかし、これらは不完全なアッセイです。研究や臨床以外の分野では、マウスは嘘をつき、猿は誤解を招くと言われていますが、何かが安全で効果的であるかどうかを本当に証明できるのは人間だけなのです。

VARES・リスク・ベネフィット比

スティーブ・キルシュ

VAERSシステムとは、非常に自発的なワクチン有害事象報告システムのことです。そうです。誰もそのことを知りませんこのシステムのことは誰も知りません。そして人々は報告しない。実際、医師が報告すると、「これは報告しないでください」と言われます。つまり、医師の同意なしに、医師からの報告が覆されたこともあるのです。

ブレット・ワインスタイン

この領域に入ると、何が証拠になるのかという基準が、科学の文脈や科学が実際に機能する方法からすると、不合理なものになってしまうことがあります。しかし、あなたがしたことは完全に正当化されます。もし、あなたの周りにいる3人の人間だけを見て、問題があると結論づけていたら、正当化はできなかったでしょう。それは単なる観察です。

しかし、私がもっと遠くを見ても、このワクチンには問題があるという信号は消えることはありません。この信号は肯定する方向に向かって続いていくのです。

スティーブ・キルシュ

様々なデータベースを見てみると、VAERSが登場してから30年間はずっと横ばいで、その後急上昇していて、まるでホッケーのスティックのようでした。これをどう説明したらいいのでしょうか。あのグラフィックを持ち出すべきかもしれませんね。

ロバート・マローン

そこが重要なポイントです。なるほど、問題ですね。そこで、技術的な話をしてもいいでしょうか?そうですね。しかし、今日この議論をする前に、私は準備ができているかどうか確認したかったのです。今朝、FDAの友人たちに電話して、データベースやデータベース分析について話をしました。そして、私が誤解していないか、間違った説明をしていないかを確認したいと思いました。

彼らは「混沌としている」「整理されてない」「効率的にデータを分析できていない」などと言っていました。人手が足りず、圧倒されている。さらに、これらのすべては、V-SAFEやVARESデータベースにかかわらず、医師には警告されており、何年も前からベクターを使用するように言われており、多くの医師が使用しています。

様々なことが自己申告されていますが、臨床研究では良い分子、良い分母を持っていません。私たちはこのようなことはしません。私たちが構造化された臨床試験を行っている場合は、すべての重篤な有害事象が慎重に報告され、慎重に評価され、医師はそれが薬剤投与に関連していないのか、関連している可能性があるのか、あるいは確実に関連しているのかを判断しなければならないのです。

そして、もし誰もが、ほんの少しでもこのことを考えたならば、もし私たちの目標が安全性を確保することであるならば、何らかの関連性があると仮定し、バイアスを追跡するために時間をかけるということをしなければならないのです。

そこに問題があります。最後に私が言いたかったのは、COVID-19の緊急時使用許可と最新のEUAを時間をかけて読み直してみたということです。また、FDAのガイダンスも読みました。FDAは、ワクチンのスポンサーや開発者に対して、安全性に関するより厳密なデータ収集を要求する余地がありました。しかし、FDAはそれを選択しませんでした。彼らは意識的にそのような決定をしませんでした

これは他のポッドキャストでも何度か言っていることですが、リスク・ベネフィット比率はとても科学的に聞こえます。しかし、科学的である必要があります。そして、科学的にすることができます。CDCのACIP(Advisory Committee on Immunization Practices)が実施している標準的なプロセスでは、質調整生存年に関する正式な計算が行われており、これがリスク・ベネフィット方程式の基礎となっています。そして、標準的なコホートの括りに基づいて決定します。

思春期、妊娠、乳幼児など、さまざまなケースがあります。また、高齢者や免疫不全者も特別な対象となります。通常、政府の標準的な慣行では、これらのコホートごとに真のリスク・ベネフィットの正式な評価が行われます。ところで、リスク・ベネフィットは、発症率の変化に伴って時間とともに変化していきます。

ブレット・ワインスタイン

COVIDのケースの場合、メリットはありません。まさに、リスクを取るべき1つの理由です。そうですね。しかし、このケースでは、意図を推測したくないことを尊重しています。しかし、このケースでは、分子と分母の両方が不正に操作されているように見えました。

ロバート・マローン

なぜなら、これらは十分に文書化されていないので、私たちが持っているものはほとんど価値がないと言えるからです。

ブレット・ワインスタイン

こういう言い方もできますね。ベネフィットの計算では、適切な選択肢があるかどうかを理解するために、代替案をすべて検討する必要があります。

実際の死者数

ブレット・ワインスタイン

私たちが知っている5000人の中には、実際には単なるサンプリングエラーであるものもいくつかあるでしょう。そして、大多数のものは、どれも説明されていませんよね。私たちは皆、地球上のすべての人がタバコが癌を引き起こすことを知っていた時代を生きてきた年齢ですが、私たちはその時代を調査していません。

しかし、それを証明できるかどうかを裁判で争っていました。というのも、個々の死が証明できなかったからです。そのため、集団レベルではなく、タバコを吸い続けて肺がんで亡くなった人のことを考えるようになるまでには、長い時間がかかりました。そうでしょう?

スティーブ・キルシュ

FDAは私に専門家に相談するように言ったからです。そこで私は、このデータを見ている様々な人たちに連絡を取りました。そして、5000人と書かれていますが、何年もこのデータを見てきたあなた方はどう思いますか?本当の数はどれくらいだと思いますか?

すると彼らは、「もちろん、本当のところは誰にもわからない」と言いました。しかし、彼らの分析によると、2万人前後の死者が出ているようです。

あなたが報告した統計が間違っていたら教えてください。でも、あなたが言っていることは、過去30年間に他の70種類のワクチンを合わせたよりも死亡者数が多いということだと思います。それは何かを物語っていますね。

私たちは仮説を立てました。そうです。この毒性のあるスパイクタンパク質が分離して、脳や心臓など全身に行き渡り、これらの言葉を引き起こすというのは、私たちが観察していることと完全に一致していますね。

ええ。もし誰かがもっと良い仮説を持っているとしたら、何がこの現象を引き起こしているのでしょうか。これを他で説明するには、誰かがこのデータを挿入した、というような次元のものでなければなりません。

イギリスでも全く同じパターンが存在しているのです。この報告書に目を通してみると、ここにあるすべての症状、それぞれのカテゴリーにあるすべての死亡者数を見ることができます。

生命倫理・情報弾圧

ロバート・マローン

確かに、現在は実験的なワクチンです。西洋の生命倫理には、3つの基本的な基盤となる原則があります。一つは、リスクの完全な開示。一つは、実験的な製品を摂取しようとする人々がリスクを十分に理解すること。このデータベースは、責任者が外部から照会できないようになっています。

ところで、学術的な出版物であれば、JAMAに、「このV字型の安全なデータベースの分析に基づいて、ワクチンは安全であり、死亡例はない」と結論づけます。

いいですか?もしそれを言うのであれば、要求に応じて第三者による外部分析のためにこれらのデータを提供しますと言わなければなりません。この情報を責任ある適格な第三者が独自に分析することは認められていません。

ブレット・ワインスタイン

懐疑的でなければならないことに懐疑的な態度を示すと、道徳的に悪いとみなされるような環境で、何かが形成されるのでしょうか?苦しんでいる人たちと一緒に集まろうとすると、同じ症状が出る?「議論してはいけない」という言葉が飛び交っていますが、これは前例のないことです。

スティーブ・キルシュ

マーク・ザッカーバーグがメールを送り、これが公開されていますが、彼はそれをファウチに送り、「物語に反するものはすべて検閲する」と言いました。つまり、基本的にはそのように言ったのです。

Facebookで7万人のワクチングループがあったとして、そのグループは一晩で消えてしまいました。あなたは、COVIDワクチンの副作用12万人の別のFacebookグループが一夜にして消えてしまいました。

このCOVIDワクチンの副作用のグループに20万人もの人がいながら、何も話すことがないと言っているようなものですよね?「だって、完全に安全なワクチンなんだから」!?

ロバート・マローン

人々や、何が正しいかを議論することさえ許されていないのです。

ブレット・ワインスタイン

まったく狂っていて普通ではありません。要するに、私たちは通常のヒューリスティックスを使って、何かがどれだけ危険かを判断しています。しかし、そのような議論が許されないのであれば、「これは非常に安全だ」という感覚を人為的に持ってしまっては意味がありません。ですから、これは異常なことなのです。

スティーブ・キルシュ

私の専門分野の話ですが。これが安全である可能性についての人々の結論には何かとても不自然なものがあることが明らかになりました。信じられないほど危険だと考える人もいれば、完全に安全だと考える人もいるでしょう。そして、その中間が多いと予想されますが、私たちの環境曲線は全く逆なんですよね。

チームに分かれていて、チーム同士は基本的に嫌悪感から反発し合っています。そうでしょ?ええ、違います、絶対に。これは、このチャンネルで最初から直面していることですが、何が起こっているのかというニュアンスを解明しようとすることは、この嫌悪メカニズムの矢面に立つことであり、この問題を提起すること自体が道徳的に悪いことなのです。

今?科学者たちが「この新しい技術は実際にどれくらい安全なのか」という疑問を投げかけることが、道徳的に欠落した立場であるとは考えられないでしょうか?そうです。

それが正しいことなのです。科学とは疑問を投げかけることであり、科学はシナリオを疑う自由を持つべきだと思います。

ロバート・マローン

私の記事には何の問題もありませんでした。これはもう一つの症状ですね。これは、その線上にある別のデータポイントです。率直に言って、これが私が最も困っていることです。その多くは学術界から来ています。私はこれを、自称学術的警察官と呼んでいます。

再利用医薬品の開発

ロバート・マローン

利益を上げることができないものに、誰が2,000万ドルも出すでしょうか?だから、私はUAEで生きているんですよ。さて、私はジカ熱用の第二鉄医薬品の会社を設立しました。製薬会社と密接に協力して、再利用された医薬品のポートフォリオを開発し、その多くは抗ウイルス剤であるため、現在COVIDに適用されています。

さて、私は倒産しました。投資家は全く興味を示さなかった、儲ける方法がないからだ。そうですか。そして、製薬会社もパートナーにはなりませんでした。なぜなら、儲ける方法がないからです。ですから、私は個人的な経験から、医薬品の再利用には金銭的なインセンティブがあるため、再利用は行われないというテーゼを検証しています。

 

動物モデル

ロバート・マローン

私はかつてDavis大学の霊長類センターの研究者でしたので、動物モデルについては理解していますし、ここの動物モデルを開発した最先端の友人もいます。私たちはかなり良い動物モデルを持っていますし、ゴールデンハムスター、ゴールデンハムスターも持っていますので、そこまでする必要はありません。

そして、それらのハムスターがCOVIDを入手し、感染します。私は感染については知りません。もし、感染についての質問をしたいのであれば、それは別です。それはまた別の話ですが、ウイルスの複製をチェックしたり、そういったことは現在受け入れられている動物モデルです。

私が言いたいのは、もしそこに行くのであれば、そのようなことができるということです。良い動物モデルを構築するには、ウイルスの投与量の調整など、様々なことが必要です。決して安くはありません。

でも、最後はあなたの出番です。「マウスは嘘をつき、サルは誤解を招く」と言ったことを覚えていますか?人間が人間であることを教えてくれる唯一のものだと。でも、このような文脈で人間について本当に知ることができる方法は、メタ分析です。

ブレット・ワインスタイン

なぜなら、私はゴールデンハムスターのテロメアが異常に長いと考えており、これは飼育下での繁殖の結果であり、スパイクプロテインのような有害な現象にどれだけ影響を受けやすいかを意味しているからです。

というわけで、私の感覚では、フェレットの方がモデルとしては優れていると思います。また、薬剤の動物への影響だけでなく、疫学的な影響もモデル化できますからね。

イベルメクチン

スティーブ・キルシュ

イベルメクチンが効くことをすでに知っている人は、この分野の専門家に聞いてみたところ、ピアレビューやシステマティックレビュー、メタ分析が覆されたケースはこれまでなかったそうです。

この分野の専門家に聞いてみたところ、トップレベルのエビデンスを持っている場合はどうなるのか?システマティックレビューの結果は?

これは効果があると言っています。しかし、もう一つのシステマティックレビューでは、それが原因となって1つの問題が発生したとしたら、その問題をどう解決しますか?すると彼女は、「そんなことは歴史上一度も起こっていません。だから心配する必要はありません。」と。

ロバート・マローン

私は、あなたの火にもう一つの丸太を加えたいと思います。イベルメクチンのデータに対する批判ストームの中で、よく出てくるのが、世界中の様々な場所で独立して行われたこれらの小規模な研究が査読を経ずに発表されているということですが、私が火に加えたいのは、再利用薬に関する査読を経ることが非常に困難になっているということです。

いや、編集者が辞めてしまったんですよ。でも、

私はそのうちの1人でした。

というのも、これらの論文が通ってしまうと、ジャーナルは「これは気に入らない」と判断したからです。イベルメクチンは非常に..,非常に恣意的です。ですから、これも何かに取り込まれているシグナルだと思います。そう、そうなんです。

ロバート・マローン

私がお伝えしたかったのは、仮想的な異議申し立て者が出したこの議論です。これまでに何かを発表したことがあるわけでもないのに、神に誓って専門家だという人たちがいます。そして、私はLinkedInやTwitterで彼らといつも接しています。

しかし、それらのデータやメタ分析が査読を受けて発表されていないという反論は、非常に奇妙な状況になっているという事実を見落としています。

私は学術界の同僚と交流があるので分かるのですが、査読を受けて何かを得ることがこれほど難しくなっているという、このような状況に遭遇したことはありません。

再利用可能な医薬品に関するものは、ほとんど不可能です。それは簡単です。再利用薬が効かないと主張する研究があれば、それを我々は「再利用薬」と呼ぶことができます。そうすれば、私たちは次のように呼ぶことができます。

ロバート・マローン

これはネガティブな報告バイアスです。私は、そのような事例がいくつかあると思います。古典的には、否定的な研究は発表されないという肯定的報告バイアスがあります。これは、古典的なPハッキングとは逆です。そうですね、現在、スクリプトが反転しているというかなり強い証拠があります。そうですね。

ブレット・ワインスタイン

つまり、ある種のシステムの腐敗を示す証拠があるということです。そうでしょう?あるいは、単なる逸話かもしれません。重要なのは、何かの理由でデッキが不利になっているということです。

構造的阻害要因

ロバート・マローン

その理由は後で説明しますが、ここでは伏せておきます。しかし、今回のパンデミックでは、病院が構造的な阻害要因の1つである法的責任を明らかにしたことは驚くべきことです。管理者なのです。医師ではありません。つまり、MBAが医療行為や代替医薬品の使用を管理することは許されないということですね。

もう一つの阻害要因は、これは本当に、連邦政府の国庫から出ているもので、皆さんの税金から出ているものです。さて、彼らは同じ報酬を得られないということです。もし彼らが、治療期間中に6~8千ドルの薬を処方したとしましょう。

対して、イベルメクチンを処方した場合。1回の投与量は1ドルですね。なるほど。同じ金額ではありません。そうでしょう?つまり、法的責任の構造的な阻害要因があるということですね?はい、そうです。そして、金銭的な阻害要因もあります。

今、3つ目の話をしていましたよね。もう1つの大きなテーマは、COVIDの話をしていた病院で見失ってしまったのですが、あなたが言っているのは、Long-COVIDということです。そして、それは様々なツールを使ってテストする場であるということです。だから、私はそれを失ってしまったのです。

構造的にシャットダウンしただけではありません。今の新しい特徴は、それに関するコミュニケーションが禁止されていることですね。自然な情報の蓄積が妨げられているのです。

 

脂質ナノ粒子の生体分布図

スティーブ・キルシュ

ブリトル博士はファイザーのデータを日本政府に要請をしました。そして、彼は生体内分布図を手に入れました。そして、私の論文の中でオリジナルのデータにリンクしたことは確かです。このグラフはそのファイザーのデータから作られたものです。つまり、これはファイザー社の研究のデータそのものではありません。これはグラフですが、これをダブルチェック、トリプルチェックしています。これは申し訳ありませんが要約図で、以下のようなグラフになっています。

ロバート・マローン

私は主要データを確認していますが、主要データはあなたがうまくまとめたグラフと一致していると思います。

ブレット・ワインスタイン

私たちが見ているのは、様々な組織に含まれるスパイクタンパクの濃度を示す異なる線のグラフです。そう、これは脂質のナノ粒子です。これはリビング・ナノ粒子で、これはデリバリー・デリバリー・メカニズムですよね。

薬剤のmRNAが入っている箱です。つまり、そのmRNAはスパイクタンパク質の製造を引き起こすものです。しかし、脂質ナノ粒子が見つかれば、薬剤がこの場所に到達したことがわかります。そうです。つまり、mRNAが入っている宅配便の箱なのです。

ロバート・マローン

これは、まさにその通りです。これは脂質成分ですね。そう、これが配達をしてくれます。

ブレット・ワインスタイン

とてもいいですね。ここにあるのは、25分から48時間の間に、さまざまな組織での濃度を示すさまざまな線ですが、ここには強いシグナルがあります。全血では最初の4時間で濃度が上昇していますが、これは驚くことではありません。つまり、この物質は動き回っている循環しているということです。

ロバート・マローン

それ自体が異常ですが、もう少し正確に言うと、この複合体の三角筋に針で投与しました。脂質の部分を追跡しているのですね。RNAも含まれていますが、おっしゃる通り、すぐに血漿中に移行し、無細胞分画になります。これが黄色のマスタードラインです。灰色の線は全血ですから、血液の細胞部分も含まれます。では、続けてください。

ブレット・ワインスタイン

はい。そして、上昇する線もあります。これらはすべて、基本的に体内を拡散していくにつれて減少していきますが、実際には腕の中に留まっていてほしいと思うようなものではありません。濃度は、より均一に分散されるにつれて低下していきます。そして、48時間後に迫った時点で、2つの場所で濃度が目立って上昇しています。

1つは卵巣で、非常に高くなっています。このデータを見た人は誰でも、「ああ、これは非常に危険なことだ」と言うでしょう。

スティーブ・キルシュ

CDCが言っているのは、これは妊娠中の女性には安全だということですが、私との間には認知的不協和音があります。「これは完全に安全です」と

CDCのウェブサイトにも掲載されています。信じられませんよね。あるレベルでは

ブレット・ワインスタイン

女性にとっては全く安全ではありません。つまり、これはこれで正しいのです。データを解釈する前に、リスナーの皆さんに理解してもらいましょう。

さて、卵巣では何らかの理由で高濃度になっていますが、それは卵巣に集中しているということです。そして、もう一つの場所でシグナルが出ていますが、これは将来的に心配しなければならないことを示唆していると思います。

私の考えが正しいかどうか、ロバートさんに教えていただきたいのですが、実際に骨髄に集中して現れるということは、次のようなことが起こる可能性を示唆しています。 このようなことが起こるとは言いませんが、白血病のようなものは骨髄で作られるためここで起こるのではないかと考える必要があると思います。

また、他の研究では、リンパ節に好んで現れることがわかっていますので、リンパ腫ができるのではないかという疑問もあります。

いずれにしても、これらは長期的な影響の可能性であり、これらの物質が1年以上人に注入されていないため、発生しないことを確認する方法はありません。

ロバート・マローン

FDAの友人が教えてくれたのですが、明らかになりつつある2つの有害事象のシグナルは、あなたが骨髄に注目しているということに関連しています。

もしシグナルがあるとしたら、通常、形成性貧血、白血病、リンパ腫などは、半年後、3年後、9年後には症状が見られるかもしれません。

いいですか、カクテルです。なぜなら、これは複数の変異を必要とすることが多い癌の進行だからです。リスクはありますが、モニタリングする必要があります。

ブレット・ワインスタイン

あなたは、誰かが何かのシグナルを見始めていると言いましたが、それが何なのか私にはよく分かりませんでした。

ロバート・マローン

そうですね。私もそれを調べようと思いました。2つのシグナルが出始めています。彼らがなぜそれほど起こっていることを理解するのに時間がかかるのか、というニュアンスにまで踏み込む時間は今はありません。

しかし、その一つが血小板減少症で、血小板がない状態です。血小板減少症は、骨髄で製造される血小板がない状態です。今、私たちは骨髄のシグナルに注目しています。血小板減少症はその一つです。

もう一つ、非常に理解しにくいのですが、データベースに出てきているのが、潜伏ウイルスの再活性化です。これは帯状疱疹です。帯状疱疹はその一例です。しかし、他にもたくさんあります。そして、文献には、ヒトの潜在的なヒトレトロウイルスの再活性化に関するものがあります。

私は、これらのデータを評価するために受け取ったときに、その全体像をお伝えしたのだと思います。なるほど。ところで、卵巣の信号で不思議なのは、精巣には信号がないことですね。非常に低いのです。

私の同僚であるケビン・トマロー医師は、泌尿器科医として悩んでいたこともあり、この点について多くのことを考え、読んできました。彼は男性の生殖器系を専門にしています。彼は、電荷を帯びた脂質であることから、電荷に関連した理論を持っています。

試験管では対照的な卵巣の特別な特徴があり、それによっていくつかの説明ができるかもしれませんが、それによって2つの核心的な事柄から離れることはできません。

1つ目。これはオリジナルのデータパッケージで知られていたことですが、日本のデータパッケージは基本的に歴史的な文書です。FDAが現在検討しているものとは異なります。

つまり、これらのデータはずっと前から存在していたということです。そう、私たちには公開されていないメッセージがたくさんあるのです。公表されていません。それは、規制当局が保護する機密事項の範囲内です。

ブレット・ワインスタイン

そのメッセージは、少なくとも規制当局とデータの内部で明らかになっていたシグナルとは矛盾していたのです。

骨髄には長期的な影響があるかもしれないし、卵巣には短期的な影響があるかもしれないし、長期的な影響があるかもしれないということですね。

私が当初から最も心配していたのは、長期的に現れる可能性のある自己免疫疾患ですが、このリストに加えたいと思います。その可能性はありますか?

ロバート・マローン

以前にもお話ししましたが、私の場合は、確かにメリットはありますが、脂質成分というよりは、自己免疫疾患です。私たちが予想しなかったのは、循環する遊離スパイクタンパクの方です。

文献によると、開発者はこのようなことは起こらないと断言していました。文献によるとフリースパイクは起こらないようです。

ところが、ハーバード大学とブリガム大学が看護師を対象にした研究を行ったところ、なんと、ワクチン接種後に明らかに遊離型スパイクが発生したのです。

これには全く別の意味合いがあります。外来タンパク質と正常なヒトのタンパク質の複合体に対する自己免疫疾患の発症は、確実にモニタリングしなければならないものです。しかし、私たちが議論していたように、自己免疫疾患の発症には通常時間がかかるため、第3相試験の最初の患者グループに2~3年のフォローアップ期間を設けて、自己免疫疾患が発症しないことを確認するのが理由の一つです。

スティーブ・キルシュ

そうですね。これが、「早く開発されたワクチンは存在しない」と言われる理由です。今までで一番早く開発されたワクチンは、7年くらいでしょうか?

ロバート・マローン

そうですね、もし私たちが、物事が最後まで失われていた100年前に戻らなければ、おそらくそうなるでしょうね。

スティーブ・キルシュ

しかし、それには理由があります。今はもっと優れた技術がありますが、12歳の子供に長期的な影響があるかどうかを確認する必要があるのです。実際、動物モデルを使ってそれを行うことができます。そして、動物モデルがこれらのことを明らかにするための前提は、私たちの責任です。

ロバート・マローン

動物モデルが与えてくれるのは、人間で注意深くフォローアップする必要があることを警告するシグナルです。

ADE(抗体依存性増強)

ブレット・ワインスタイン

はい、わかりました。では、ちょっと待ってください。この部分を明確にしておきましょう。短期的には非常に憂慮すべきものがあります。短期的には、どこに脂質があるのか、どこにスパイク状のタンパク質があるのかという点で憂慮すべきものがあり、このようになるとは思われていなかったため、懸念すべき理由となっています。

また、このシステムで報告されている危険性や死亡率、あるいは有害性や死亡率についても、憂慮すべきシグナルが出ています。これは劇的な過少報告であると考えられる理由がありますね。そうですね。そして、これらはすべて、危害の方程式の5つの分布部分と一致しています。

さて、危害の方程式とは、短期的には憂慮すべきレベルの危害が発生しているように見え、長期的には起こっていることについて既に分かっていることに基づいて、かなり妥当な危害が発生しているというものです。しかし、我々はもちろん、それが判明しているかどうかを判断するのに時間がかかります。

そして、それは手遅れになるでしょう。自分でワクチンを打つことはできても、今夜は絶対にできません。

今夜、ワクチンを打つことはできません。さて、それではこのワクチンには他にも2つの害がある可能性があります。これらを心配する価値があるかどうか、あなたの意見を聞きたいと思いました。

その一つは、この番組にゲスト出演していたギャレット・バンデンボスが有名にした、ワクチンの危険性です。ワクチンはスパイクタンパクの進化を非常に集中的に促進するので、パンデミックに先立ってではなく、パンデミックに合わせてワクチンを接種すると、逃亡変異体の進化を引き起こしやすく、実際には最終的にもっとひどいパンデミックを引き起こす可能性があるというものです。

ロバート・マローン

これは理論的な話ではなく、現実の話なのです。私たちはすでにデータを持っています。それはどういうことかというと エスケープミュータントがあちこちで発生しているのです。

ブレット・ワインスタイン

ええ。あなたはそれがワクチンによって引き起こされていると信じていますか?

ロバート・マローン

私はそうと言うことができません……2つの変数が起こっているからです。同時に。ワクチン接種と自然感染があります そうですね。でも、私の中では、つまり、データはあるのです。エスケープミュータントが起きているという。

私たちは、ワクチンドメインからの逃避に関連するスパイクドメインに注目してきましたが、コミュニティとして蓄積されている他の変異に注目することを怠ってきました。これはサンプリングや選択の偏りのようなもので、私たちはワクチンに注目しているため、現在も続いていますが、変化しているのはそれだけではありません。

HIVを例に挙げましたが、HIVは感染するたびに進化します。HIVは、それぞれの患者に感染する間に進化します。ですから、ウイルス学者として、また獣医学の生物学者として、このことについて話しています。筋金入りの生物学者やワクチン学者だった私たちにとっては、これは常識です。

そう、これが現実なのです。私たちはそれを受け入れて生きていくしかないのです。先ほど、いくつかの発言に少し異論を唱えましたが、これは私が言いたかったことに似ています。

私の考えでは、私たちは一生このウイルスやその下流の亜種に悩まされることになるでしょう。進化を続け、逃れることのできない信念の亜種が流通し続けるという意味で、インフルエンザのようになっていくでしょう。

ブレット・ワインスタイン

私が理解しているところでは、そうなるかもしれないと主張しています。私は当初からそのことを心配していましたが、それが起こる可能性は、初期の対応を失敗し、そのために実験を行うための大きなキャンバスを与えてしまったことと関係があると思います。しかし、私はまだ何も見ていません。このことから、もし今、この問題に取り組んだとしても、2ヶ月や3ヶ月の共同作業では、この問題を解決することはできないと思います。

ロバート・マローン

ポリオや天然痘で実際にやってみた経験を除けば。しかし、あなたの楽観主義を認めることができれば嬉しいです。あなたが正しく私は間違っていることを願っています。

ブレット・ワインスタイン

いいですね。やってみないともったいないですよ。でも、トニー・ファウチでは、そうはいかないでしょうね。それは、ありえない。

私には計画があります。今にわかるさ よし いいわ 私たちはこのパズルの2つのピースを手に入れました。短期的、長期的な患者への実害と、エスケープミュータントの進化による疫学的リスクです。

そして、3つ目のカテゴリーとして気になるのは、抗体依存性増強に関するものですね。これが何かわからないリスナーの方もいらっしゃるかと思います。

間違っていたら訂正していただきたいのですが、基本的なポイントは、抗体は複雑なタンパク質で、一連のタンパク質が結合していて、基本的には、様々なサイトなどで見たことがあるような、先端がY字型になっているもので機能しています。

このY字型のものは、電荷の逆集合、あるいは電荷のほぼ逆集合を持つ非常に特定の物体に対する先端部の電磁的親和性に基づいて付着します。そして、そのくっつき方がだんだん良くなっていくという進化があります。ワクチンは、抗体のような受容体を持つ細胞内の抗体を訓練して、より良く認識できるようにしているのです。

ロバート・マローン

とても良い説明です。ええ、私はこの話をかなり簡略化しようとしていました。

ブレット・ワインスタイン

仕事の話や、フォークの話もしました。いずれにしても、これはすべて真実です。しかし、重要なのは、私と妻は、奇妙で思いがけないことに遭遇するたびに、ある言葉を使います。私達は「複雑系へようこそ」と言います。なぜなら、いつも自分が知っているとは限らないからです。

ロバート・マローン

免疫学は究極の複雑系です

ブレット・ワインスタイン

人間の中の複雑系である免疫系、文明の中の複雑系である伝染病の免疫系を持っていますが、これは複雑で、非常に難しいパズルです。

とにかく、私たちが期待しているのは、抗体が抗原に付着し、抗原に付着することで、例えばスパイクタンパク質がh2受容体に階段状に付着するなど、それらの相互作用をブロックすることで、ウイルスが細胞内に侵入できないようにすることです。それが期待されることです。

しかし、違う可能性もあります。なぜなら、私たちが話しているのは、他のものにくっつくものですが、実際に感染力を高めるような形でくっつくこともあるからです。

つまり、免疫システムに抗原を導入した後に何が起こるかはコントロールできず、進化によって予測できない効果を持つものが生まれる可能性があり、結果的に正反対のことが起こるということです。

そして実際に、これは単なる理論上の可能性ではありません。これは実際に見られたことであり、mRNAワクチンでも見られたことだと思います。これは正しいですか?

ロバート・マローン

これまでmRNAワクチンや他の生物は存在しませんでしたが、私たちは初めて試みられた生物なのです。

しかし、あなたがおっしゃっていることは、私たちが最初からこのことについて論文を書き、発表しようとしていたことを意味しています。これは純粋に理論的なものではありません。デング出血熱の基礎となるものです。

つまり、彼が話していることは、彼の頭の中で考え出されたものではないということです。デング熱の2回目の発作が悪化するのはこのためです。

生物学と免疫学の相互作用を理解したいのであれば、「デング熱」はその世界に飛び込むのに最適な方法です。しかし、あなたがもう少しでたどり着けるニュアンスの1つは、もしそうなら。

フォークの比喩を使ってみましょう。そうですね。フォークの歯は、彼が言っている抗体のネバネバした部分に似ていると思います。しかし、フォークには尻尾があります……私たちが掴んでいるハンドルですが、その尻尾はただ存在するだけではありません。その尻尾には、それなりにクールに進化した、きちんとした役割があるのです。

いいですか。その一つが、進化した特定の受容体に付着することです。これはFC領域と呼ばれていますが、これは抗体の一定の領域だからで、あなたが言うように、歯は可変です。

つまり、突き出た部分には、結合する受容体があるのです。受容体は、通常はウイルスに感染しない細胞、樹状細胞やマクロファージに存在します。ちなみに、樹状細胞やマクロファージは、リンパ節に行き、体中を動き回り、免疫反応を起こすための中心的存在です。

抗体依存性の増強には様々なタイプがありますが、もし抗体という言葉が、フォーク依存性の増強なしには起こらないとすると、何が増強されるのでしょうか。強化されているのは、感染とウイルスの複製です。それはどのようにして起こるのでしょうか?

抗体がウイルスをブロックしているのに、抗体の存在がウイルスの感染能力を高めるとはどういうことでしょうか?なぜなら、基本的には、フォークのハンドルがマクロファージや樹状細胞などの抗原提示細胞のFC受容体と相互作用し、通常は感染できない細胞にウイルスが入り込むことができるようになるからです。

そして、それらの細胞は、体中を移動する、つまり免疫細胞です。これらの細胞は、抗原を提示する役割を担っています。ですから、抗体依存性増強によって起こることは、ウイルスの複製だけでなく、炎症反応の活性化も爆発的に増加するということであり、これは感染から約7日後に起こります。

これまでに開発されたワクチンは、主に動物用に開発されたものであり、ヒト用のコロナウイルスワクチンを開発しようとした試みは、すべてADEのために失敗しています。私が長い間ワクチンを摂取しなかった理由は、ADEのシグナルに注目していたからなのです。私たちは皆、それを探していますが、それが見つかっていません。それはいいことです。


ロバート・マローン

はなぜ後回しになったのでしょうか?そう、なぜ後回しにしたのか?さて、2つの理由ですが、最終的に私だけが、そのことを完全に透明化していて、他の複数のポッドキャストやオンラインでも紹介してきたからです。

OK、理由は2つです。私は、初期の段階では関与しないようにしていました。なぜなら、ADEシグナルが証明されるにも、されないにしても、時間がかかることがわかっていたからです。

なるほど。それで私は、もう十分に時間が経っているし、ADEシグナルは見られないという結論に達しました。そして、そのことをあまり心配する必要はありません。

Long-COVIDを覚えていますか?そうです。ワクチンがLong-COVIDに効くというレポートがたくさん出ていましたよね。

そして2つ目は、旅をすることで、旅をする際ルールを強いられています。特にヨーロッパや海外に行きたい場合は、ルールがどんどん増えてきています。まあ、それはそれとして。私はCOVIDから移動するために現実の世界に住んでいます。私と妻がワクチンを摂取した理由は、彼女がワクチンの専門家でもあるので、妻と私が最新の最高用量のワクチンを購入した理由です。

私が皆に忠告しているのは、もし何かを摂取するのであれば、モデルナ社のものではなく、ファイザー社のものを摂取するようにということです。

私は何度も何度もそうアドバイスしてきましたが、私が住んでいるバージニア州ではその選択肢はありませんでした。


ロバート・マローン

少なくとも、これまでヒトでは経験したことがなく、動物でも長い間さらされていないこれらの新規脂質の相対的な濃度に関するシグナルと、この限られたげっ歯類の研究では、できれば適正な実験方法で行われなかったシグナルがあることはわかっています。その結果、この限られたネズミの研究では、適切な実験方法で行われていなかったことがわかりました。

スティーブ・キルシュ

でしょう?それができなかったのですか?そのスパイクが実際に何だったのかを調べたかったのですが、私は次のように話しました。

ロバート・マローン

この件についてはCBREのディレクターと話したことを覚えています。そして彼は、それは当時の話で、今は新しいデータパッケージがあると言いました。それを評価する時間をくださいと。なるほど。ピーター・マークはFDAの中でも最も優秀な人物です。彼は時間をかけてテストされた人物です。彼は賢い、誠実な人です。彼は私に、製品を評価するために彼らを尊重することを求めました。そして、私たちはそれを認めなければならないと思っています。

しかし、カナダ人が提供してくれたパッケージのデータから判断すると、先ほど示したグラフのように、卵巣組織には、これまでにテストされたことのない、非常にユニークな特性を持つ新規の脂質試薬が濃縮されています。それは、イオン化可能な特性をもちます。それが何を意味するのかはわかりません。

ここからが本題です。私が最初にFDAの歴史を学んだとき、現代のFDAの特徴はサリドマイドへの対応でした。それが、FDAの立法構造や組織構造全体の指針となっているのです。サリドマイドは、生殖毒性と先天性障害の可能性についての問題です。

ファイザー社が非臨床試験において、包括的な遺伝子アトピック毒性と生殖毒性パネルをピーターに提出したことを期待していますが、そうは言ってもラットは人間ではありません。

私たちが学んだのは、生殖に関するリスクが必ずしも第一世代に現れるとは限らないということです。ですから、私は脅かすつもりはありませんが、正直に、そして誠実に話したいと思っています。

正直な立場としては、もしあなたが私に「ロバート、あなたはこの信号の生殖上の影響を知っていますか」?と聞かれたら、私はこう答えなければなりません。

「いいえ、データがないのでわかりません。」

また、過去に、動物モデル実験では予想されなかった女性の生殖組織への影響があった例はあるかと聞かれたら、「あります」と答えざるを得ません。

ですから、私の立場は、生命倫理に戻りますが、誤解を恐れずに言えば、完全でオープンな情報開示が必要だと思います。私たちには、この危機に直面し、正しいことをしたいと思っていた人々や聴衆に対して、その義務があると思います。

私たちは、「自分の体は自分で守る」ということに立ち返るべきだと思っています。政府は、私たちに何をすべきかを教えるのではなく、情報に基づいて何をすべきかを私たちに納得させる義務があると思います。これはバイオの倫理の根幹である、完全なオープンディスクロージャー(情報開示)に通じるものです。

私は、女性の生殖組織における高い濃度のシグナルは、生殖に影響を与える可能性があると考えています。私は透明性が必要だと思います。

月経困難症のような報告は、若い女性が月経不順に悩まされていても、それを口にするのは社会的に恥ずかしいことです。しかし、ミレニアル世代だったらすぐにインターネットにアクセスして投稿すると決めつけてはいないでしょうか。私はそうは決めつけられないと思います。

私が公衆衛生のコミュニティを代表して言えることは、透明性の側に立つべきだということです。そして、アメリカ国民や世界中の人々、つまり自分の健康のために決断する能力のある大人たちを信頼するのです。

思春期の子供たち、乳幼児、青少年にもです。彼らはインフォームド・コンセントを与えることができないことを忘れないでください。本人に代わってインフォームド・コンセントを与えることができるのは、両親や保護者だけです。

現在、様々な文化圏で耳にする、アイスクリームを配って子供たちに予防接種を受けさせようとする戦略には、強い違和感を覚えます。これは間違っていると思います。

ブレット・ワインスタイン

そうですね。今では、「私たちは予防接種を受けます」という言葉が持つ、間違った、非常に恐ろしい意味合いを考えると、それは悪に等しいのです。

ロバート・マローン

振り返ってみましょう、文化が直面しているように、多くの文化が大きな危機、戦争やその他のことに直面しているように、倫理的な一線を越えるような決定がなされることがありました。最近のアメリカの歴史では、第二次世界大戦での経験から、収容所がありました。ドイツも同じような経験をしています。

戦争の霧の中では、それは簡単なことです。アウトブレイク対応の最前線にいるからこそ言えるのですが、これは戦争のようなものです。私たちの中核的な倫理原則を損なうほどのメリットがあるかどうかを判断するのは簡単です。

そして必ず、後から振り返って「あれは間違いだった」と言うことになるのです。そうですね。私はこのままにしておきます。

Youtube コメント

スティーブ・キルシュ(固定コメント)

皆さんのコメントをすべて読ませていただきました。あなたの言うとおり、私は失礼なことをしてしまい、情報を伝える妨げになってしまいました。ロバートには謝りましたが、私たちは今でも最高の友人です。どうか、私の性格の欠点がこのビデオのメッセージの邪魔にならないようにしてください。

面白いのは、このビデオで伝えられたメッセージのどれも、誰も攻撃していないことです。私だけです。これは重要なポイントだと思います。誰も攻撃できない事実で物語に挑戦すれば、人々はあなたを攻撃するでしょう。今回のケースでは、確かにその攻撃は正当なものでしたが、私たちはそれを乗り越えてメッセージを考えるだけの知恵を持っているでしょうか?

トニー・ファウチはウイルス研究に資金を提供していました。研究室からの脱走は事故でしたが、トニーは自分が出資したウイルスが脱走したことに気づくと、クリスティアン・アンダーセンやジェレミー・ファーラー(ウエルカム社)などと共謀して、それを隠蔽しました。つまり、すべてはトニーの責任であり、彼は議会に嘘をつき、それを隠蔽し、電子メールは不適切に編集されていたため、実際に何が起こったのかを知ることができないのです。このことはクリス・マーテンソン氏の素晴らしいビデオにすべて記録され、説明されています(ファウチの不正と共謀者の暴露!#007と#008を参照)。ジェレミー・ファーラーは、何が起こったかを説明するために私が彼(私は彼を知っています)に送ったメールに答えませんでした。KristianはTwitterでChrisをブロックし、5,000のツイートを削除して、誰にもわからないように自分の痕跡を消しました。誰もそのことについて質問していません。

ブレットのインタビューでは、このウイルスが社会を永遠に変えてしまうかもしれないし、私たちは永遠にこのウイルスと付き合っていくことになるかもしれないと話しました。ワクチンによるADEは、将来のアウトブレイクに対してより脆弱になるかもしれません。しかし、ファウチは平手打ちすらされていないのです 早期治療について語らないことで、マスコミはイベルメクチンやフルボキサミンについて行われた研究を信用しないでしょう。彼は、ウイルスを作り、人々の命を救うことができたかもしれない初期治療を抑制したことで、世界中で何百万人もの人々が死亡し、何兆ドルもの損害を被った責任があります。なぜ誰も彼の辞任を求めないのか?議会に嘘をついて司法を妨害したことに対する刑事告発は?過失致死罪では?

私は、トニー・ファウチが歴史上最大の大量殺人者であると主張します。しかし、彼はまだ仕事を続けているし、ランド・ポール上院議員以外は誰も質問をしない?たった一人の上院議員!議会の他のみんなは100%彼を支持しています。

それに比べて、私は2時間の無礼な振る舞いで罪を犯している(最後の45分はもっと礼儀正しかった)。本当の悪役は誰なのか?

これは意図したものではありませんが、私たちや将来の世代に影響を与える世紀の犯罪ではなく、私や私の行動について会話をそらすために、いかにアド・ホミネム攻撃(メッセージではなく私に焦点を当てること)が簡単に利用できるかということを教えてくれる瞬間だと思っています。

私たちは、COVID(ファイザー社)の第3相臨床試験に基づいて、COVIDを得るための0.71%の絶対リスク削減を検討しています。しかし、今日では、多くの人々がワクチンを接種しているので、COVIDにかかる可能性ははるかに低くなっています(社会を救うために死んだ人もいます)…利益は今ではごくわずかです….政府が教えてくれない不都合な真実です。これは、あなたの人生を失う価値があるでしょうか?テス・ローリーの報告書は、私たちがこれらのワクチンを今すぐ中止すべきであることを独立して証明しています。何千人ものアメリカ人の命(最低でも5千人、最大で5万人)を奪った原因は、誰にも説明できません。私はOpenVAERSの関係者と話をしましたが、彼らは死者数を2万人と見積もっており、VAERSから消えたデータについて非常に懸念していました。

適切な検査が行われていなかったのです。スパイク・プロテインは思ったよりも危険です。動物実験も行われていません。

フェーズ3の試験では、最初の投与で反応があった人は落とされました。投与量の増加試験は行われなかった。ワクチンLNPは卵巣に蓄積されます。第3相試験では、20週未満の自然流産率は82%(通常は10%)で、赤ちゃんは重度の損傷を受けていました。ワクチンの被害者の声は検閲されています。救急隊員や医師たちは、シナリオに反して発言することを恐れ、解雇される危険を冒しています。政府は、実際の死亡者数を公表していません。政府は、10代の若者の心筋炎や心膜炎が50倍に増加していることを認めていません。

私たちは「安全な」ワクチンであると言われているので、副作用は別の原因に帰され、誰が見ても何も問題がないように見えます。初期の治療法が意図的に抑制されている。イベルメクチンのシステマティックレビューがNIHで3ヶ月間行われましたが、彼らは何もしませんでした。現在はまもなく査読付きジャーナルに掲載される予定です。GoogleはGaviにイベルメクチンを貶める広告を出させています。フェイスブックは、20万人のユーザーのワクチン副作用グループを削除し、それを放置しています。YouTubeはイベルメクチンの動画を削除し続けていますが、子供や妊婦、すでにコビットにかかっている人にとってワクチンが完全に安全であるという動画は検閲していません。政府は、リスク・ベネフィット分析を決して示さない。インフォームド・コンセントもありません。

OSHAの法律を変えて、雇用者が有害事象を記録しなくてもいいようにしたので、誰もワクチンの安全性を知ることができません。

trialsitenews.com/osha-waves-29-cfr-1904s-recording-requirements-so-employers-that-mandate-vaccines-have-no-need-to-record/

trialsitenews.com/does-the-21st-century-cures-act-allow-the-government-to-bypass-informed-consent-for-experimental-vaccines/

これらは、コメントが取り上げるべき問題です。….. 私たちはそれについて何をするつもりですか?私がどれだけ失礼なことを言ったかを議論する? 私の行動についての教訓は大声で聞かれました。

お願いだから、ワクチンの問題や、早期治療の選択肢を意図的に抑制したり、透明性を避けるために意図的に法律を変えたりすることについての問題に戻ってくれませんか?

皆さん一人一人がメッセージを発信することができます。プロの手による5分間のビデオを作成しますので、それを共有してください。

ツイッターは今日、C19 Evidence -Based Clinical Responseパネルを一掃しました。

twitter.com/louisaclary/status/1403143282562064384

もし私の意見に賛同していただけるのであれば、

vaccinevictims.locals.com/

に参加してください。私はそこに、あなたが共有を検討するためのダイジェスト版の資料のURLを掲載します。参加は無料です。モバイルアプリもあります。もうひとつアプリを紹介して申し訳ありませんが、検閲が行われている中で、地元の方のおかげで、スロットルや検閲を受けずにコミュニケーションをとることができます。10万人の会員がいれば、上記のような問題について発言できる、関心のある市民の基盤を築くことができるでしょう。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました