ファイザー社の契約書が明らかになったことについて、情報セキュリティの専門家は「ファイザーがこれらの契約の詳細を隠そうと戦ったのには正当な理由がある」と述べた。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ワクチン
Information security expert on revealed Pfizer agreements: ‘There’s good reason Pfizer fought to hide the details of these contracts’
https://americasfrontlinedoctors.org/frontlinenews/information-security-expert-on-revealed-pfizer-agreements-theres-good-reason-pfizer-fought-to-hide-the-details-of-these-contracts/

投稿者:Mordechai Sones

2021年7月28日

“なぜイベルメクチンが抑えられたのかと思ったら、各国がファイザーと交わした契約では、COVID-19を治療する薬が発見されることになっても、契約を無効にすることはできないという、契約を逃れることができないからである。”

「COVID-19ワクチン」として知られる実験用生物製剤について、ファイザー社と各国政府との間で交わされた未公開の契約書は、引き続き明らかにされている。

情報セキュリティの専門家であるエフデン・ビーバー氏は、アメリカズ・フロントライン・ドクターズ(AFLDS)のフロントライン・ニュースに、最近出てきた最初の文書は、アルバニアの新聞『Gogo.al』が発見したものだと語った。 ビーバー氏はその後、デジタル署名されたブラジルの契約書と、欧州委員会との契約書、ドミニカ共和国との契約書など、少なくとも2つの契約書を見つけることができた。

AFLDSの最高科学責任者であるマイケル・イェードン博士は、アルバニアの契約書を見て、「本物のように見える」と述べている。彼はこう続けた。「私はこれらの契約書の基本的な構造を知っているが、私が期待するような欠落したものは何もなく、偽物であることを示唆する手がかりも見当たりなかった」。

Yeadon氏は、「最も驚くべき事実」として、「あなたの国にファイザー社が起訴される可能性のある法律や規制がある場合、あなたはそれを排除するために法律や規制を変更することに同意する」と規定している条項を挙げた。(強調)

その後、スレッドの最初のツイートを除いて削除されたツイッターのスレッドで、ビーバーは明らかになった契約の意義を説明している。”契約書を作成するコストは非常に高く、時間もかかるため(法的審査のサイクル)ファイザーは他の企業と同様に、標準化された契約書のテンプレートを開発し、これらの契約書を異なる国で比較的わずかな調整を加えて使用している。

「これらの契約書は機密事項であるが、幸運にもある国では契約文書の保護が十分ではなかったため、私はそのコピーを手に入れることができました。」

「これからご覧になるように、ファイザー社がこれらの契約の詳細を隠そうと戦っていたのには、それなりの理由があります」

「まず、製品について説明します。この契約は、COVID-19とその変異体のワクチンの製造だけでなく、『そのようなワクチンの投与に使用される、あるいはその使用や効果を高めるためのあらゆる装置、技術、製品』についても対象となっています。

“なぜイベルメクチンが抑えられたのかというと、各国がファイザーと交わした契約では、COVID-19の治療薬が見つかることになっても、契約を無効にすることはできないからです。”

 

“製品の供給:「ファイザー社は、推定納入日に従って用量を納入しなかった場合、いかなる責任も負わないものとする。.また、そのような失敗は、購入者に本製品のいかなる数量の注文も取り消す権利を与えるものではない」。

 

“‘ファイザー社は、ファイザー社が決定する原則に基づき、購入者に支払うべき契約用量および納入スケジュールの数の必要な調整を決定するものとし、購入者はいかなる修正にも同意するものとする。

「購入者は、法律上、衡平法上、またはその他の方法で、以下に起因または関連するすべての権利および救済手段を放棄します: ファイザーが納入スケジュールに従って契約用量を納入しなかった場合。」

もう一度言いますが、「いかなる状況においても、ファイザーは納品遅延ペナルティの対象とはならず、また責任も負いません」。

“何があっても製品を返品することはできません:「ファイザーはいかなる状況においても製品(またはいかなる用量)の返品を受け付けません…いかなる状況においても製品の返品はできない」。

“さて、重大な秘密ですが、1回の投与量が12ドルで、約25万ユニットです。ファイザー社が1回の投与で19.50ドルを米国に請求していたのに、少量の投与でこの価格というのはおかしいですよね。

「アメリカの納税者はファイザーに騙され、おそらくイスラエルも騙された。」

“支払いについて、国は「本契約に基づくか否かを問わず、ファイザー社に支払うべき金額を、ファイザー社またはファイザー社の関連会社がファイザー社に支払うべき(または支払うべきになる)その他の金額と差し控え、相殺し、回収し、または引き落とす権利」を持ちません。

「破損した商品。リコールを受ける唯一の方法は、cGMP違反を証明できる場合です。」

“‘明確にするために、購入者は、製品が仕様またはcGMPに実質的に適合しない場合を除き、サービスに関する苦情に基づいて製品を拒否する権利を持たないものとする。

 

” 本契約は、州のいかなる現地法にも優先する。

“長期的な効果と有効性

『購入者は…ワクチンの長期的な効果と有効性は現在知られておらず、また、現在知られていないワクチンの副作用があるかもしれないことを認める。」

「原因による終了 解約の可能性についての条項がありますが、実際には、これまで見てきたように、買い手には重大な違反とみなされるものはほとんどありませんが、ファイザー社は、お金を得られない場合やそう判断した場合には、簡単に解約することができます。

“購入者は、注文した用量をどれだけ消費したかにかかわらず、ファイザーが承認を得たかどうか(それはEU以前の承認でした)あるいは、本契約に定められた推定納入日に従って契約用量を納入したかどうかにかかわらず、ファイザーに支払わなければならない。

“購入者はここに、あらゆる訴訟、請求、訴訟、要求、損失、損害、負債、和解、罰則、罰金、費用および経費から、ファイザー社、バイオンテック社(および)その関連会社を補償し、防御し、害を及ぼさないことに同意する。

国はファイザーを擁護しなければなりません。「(ファイザー)は、補償を求める損失を購入者に通知しなければならない…そのような通知があった場合、購入者は速やかに(ファイザー)に代わって、そのような補償された請求の防御の指揮および管理を行うものとする」。

ただし、「ファイザーは、かかる防御の管理を引き受ける権利を有し…購入者は、発生した合理的な弁護士費用およびその他の費用を含むがこれに限定されない、すべての損失を支払うものとする」としています。

「ファイザー社は、国がすべての費用を負担することを確認しています。『被補償請求に関連して被補償者が負担した弁護士費用を含む費用および経費は、購入者が四半期ごとに払い戻すものとする』。

賠償責任:「これには、第三者/患者からの請求をカバーする製造物責任保険は含まれず、またこれを構成するものでもなく、かかる一般的な賠償責任保険は、本契約に定められた購入者の補償義務を損なうものではない」。

“第8条(補償)に基づいて与えられた補償 “の場合や、購入者が「ファイザー」への支払いを怠った場合の国の責任には制限がない。

「購入者は免責の権利を放棄し、ファイザー社に損害賠償を支払う義務を制限する可能性のある法律を放棄する。」とコメントしている。ニューヨークの裁判所は、ある国が契約に違反した場合、その国の国際的な資産を保有することができる。

「供給の条件 購入者は、請求およびすべてのLossesに対する責任からの保護をファイザー社に提供しなければならず、法定または規制上の要件を介してそれを実施しなければならず、そのような努力の十分性はファイザー社の独自の裁量に委ねられる。

“Confidentiality, part 1:

「各受領者は、開示当事者の秘密情報の機密性および専有性を、同種の自己の秘密情報または専有情報を保持するのと少なくとも同程度の注意を払って保護しなければならない」。

 

“Confidentiality, part 2:
受領者は、本契約における義務を果たすために、そのような機密情報を開示する」:「受領者は、本契約の表現において知る必要のある機密情報を開示する」:「受領者は、本契約の表現において知る必要のある機密情報を開示する」。

“Confidentiality, part 3: The contract must be keep confidential for 10 years. なぜイスラエルでは30年なのか?

“‘本第10条(秘密情報)の規定は、本契約の終了または満了後も10年間存続するものとする。

” 仲裁と準拠法 仲裁は、国際商業会議所の仲裁規則に従い、米国ニューヨーク州の法律に準拠して、ニューヨークで行われなければならない。

“契約を保護するために特定の省庁が割り当てられていた場合、それらはそうし続けなければならない。’…他の締約国の必要な事前の書面による同意なしに行われた権利の譲渡または義務の委任もしくは下請けの試みは無効であり、効果がないものとする。

私が最初に見つけたのは、「KONTRATEN-E-PLOTE」という文書で、訳すと「契約書全文を読む」という意味です。

「後になって、2021年1月にこの文書を公開したのがアルバニアのウェブサイトであることを知りました。アルバニアのウェブサイトが2021年1月にこの文書を公開したことを知りました。この文書を公開したアルバニアのウェブサイトは賞賛に値しますが、世界中のジャーナリストはこの文書を発見して報道しなかったことを恥じるべきです。」

「各国は、より良い契約を交渉したと主張するかもしれませんが、南米から得た証拠によれば、この契約は本物であり、世界中で使用されているものと類似しているようです」と述べています。

ある厚生省の役人、ヤロン・ニブ氏は、1回の投与でイスラエルに62ドルかかったと、別の菅氏のインタビューで語っている。ネタニヤフ首相はまさに魔術師です。イスラエルにアルバニアの5倍の金額を支払わせ、このBADな契約で人々に崇拝させました。

「この契約は、実際には見かけよりも悪いものです。」

「CGMP(Current Good Manufacturing Practice)はFDAによって規制されています。cGMPではmRNAについては何もわかりません。なぜなら、mRNAワクチンのcGMPはなかったので、cGMPの不正を証明することはできません。

「追記 ブラジルのファイザー社の元社長でラテンアメリカ担当のCEOは、ブラジルの委員会で、ファイザー社はすべての国からのワクチン購入に同じ条件を要求したと証言しました。」

 

ブラジルのファイザー社元社長でラテンアメリカ担当CEOのカルロス・ムリーリョ氏は本日、COVID CPIでの証言で、ブラジルへのワクチン提供について製薬会社が提案した条項は、エドゥアルド・パズエロ元保健大臣が述べたような「略奪的」なものではないと述べました。

「ムリロ氏によると、ファイザー社はCOVID-19に対するワクチンの購入について、すべての国に同じ条件を要求したとのことです。さらに、製薬会社が大使館や軍事基地などの国家資産を担保として要求したであろうという主張は正しくないと述べています。歪んだ情報だ」と断言した。

ビーバーはこう締めくくった。「偽物だと思っている人へ。私の大学の法学教授は、法律はコンピュータコードのようなものだと言っていた。法律の関数や変数、プロセスを使っている。私は大手製薬会社で働いており、これまでに多くの契約書を検討してきましたが、この文書は限りなく本物に近いものだと思います。」

「7月13日にこれを書きました。イスラエルは、多国籍企業の優先事項が国民の優先事項に優先するような、製薬バナナ共和国になってしまった。ここはもはやユダヤ人の祖国ではなく、ファイザーランドなのです。」

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker