なぜワクチンは約束を果たせないのか?
COVID-19ワクチンのゴールポストを繰り返し動かす医療 "当局 "が、私たち一人ひとりに教えてくれること

ワクチンワクチン 倫理・義務化・犯罪・責任問題ワクチン- 製薬会社、CDC、FDA、DoD中西部の医師医療・感染症の歴史医療・製薬会社の不正・腐敗、医原病生物兵器ワクチン

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

amidwesterndoctor.substack.com/p/why-do-vaccines-continually-fail

Why Do Vaccines Continually Fail to Live Up to Their Promises?

中西部の医師

2023/07/12

一目でわかるストーリー

  • ワクチンは多くの場合、その対象となる病気を封じ込めるのに適していない。そのため、国民がワクチン接種キャンペーンに同意するよう、偽りの約束をしなければならない。だから、時間が進むにつれて、ワクチンが失敗するにつれて、ゴールポストは絶えず移動させられなければならない。
  • ワクチンの失敗の仕方は比較的一貫しているので、失敗も失敗に対する政策的反応も、かなり簡単に予測できる。COVID-19ワクチンで起きたことはほとんどすべて、アメリカ国民に配備される前にわかっていたはずだ。
  • COVID-19ワクチンの失敗は、ワクチン接種の実践を支える重要な問題を理解する上で、非常に貴重な教訓を与えてくれる。これらの教訓は、次にやってくる感染症で同じワクチン詐欺ができないように、誰もが学ぶことが不可欠である。

2019年10月、私の親戚が12月に中国へ旅行に行くことになったが、理由は説明できないが、そこで何か恐ろしいことが起こるのではないかと強く感じ始めた。しかし、クリスマスの少し前に彼らが戻ってくると、何も起きていなかった。匿名掲示板をよく見ている同僚が、「中国であのウイルスに感染したのか?」と聞いてくるまで、私はそれをどう考えればいいのかわからなかった。私はそれを調べ、すぐに中国で何か問題が起きていることに気づいた。しかし、(感染症は常にセンセーショナルに報道される)メディアでそのことが取り上げられるどころか、その(本当の)危険性は検閲され、メディアも民主党も、その可能性を示唆する人物を積極的に攻撃していた。

2019年末、私は今後3年間に起こることのすべてを閃いた。それ以来の私の体験は、悪夢が現実に現れるのを見るという超現実的な経験であり、私の最善の努力にもかかわらず、それを止めることはできなかった。この体験について私が見つけた最高の例えは、海辺の砂粒のようなもので、私をあちこちに動かしている海の波に対して無力だったということだ。

同様に、注目のNEJM研究が ファイザーのワクチンに関する発表されたとき、私は30分かけてその研究に目を通した後、今後数年間にワクチンで何が起こるかを正確に理解した。 私はそのことを多くの同僚に話したが、ほとんどすべての同僚は、私が昨年すでに発表していたパンデミックの経過に関する予測は正しかったが、極めて異例なものであったにもかかわらず、私のことを気違いか、ワクチン学を理解していないと思い、聞く耳を持たなかった。その後、私の予測(当時は異端だった)が的中し、ワクチンをめぐる集団催眠の多くが解けたため、多くの人が私に謝罪した。

私がこのような予言をすることができたのは、私が透視能力者であることとは何の関係もない。むしろ、すでに確立された原理や前例を用い、論理的な結論に導いた結果なのだ。そしてこの1年半の私の仕事の多くは、私たちが過去3年間に目撃した災害(そしてそれに先立つ他の災害)が今後も繰り返されないように、それらの原則に気づきをもたらそうとするものだった。

COVID-19への準備

2015年、アメリカ全土でワクチンを義務化するための協調キャンペーンが始まった。当初は、 末にカリフォルニア州で 2014年発生した小規模な麻疹アウトブレイクが正当化された。 死者は出なかったが、メディアはヒステリックなキャンペーンを展開し、やがてSB277カリフォルニア州でワクチンを義務付ける法案明言提出された。(カリフォルニア州にはワクチンで負傷した子供を持つ親が多い)大規模な政治的抗議を引き起こし、議事堂での賛否両論の議論の後、最終的に州知事が法案に署名した。 知事は署名のメッセージの中で、 ワクチン接種に対する医学的免除尊重されなければならないと合意したとした。

この後、全国でワクチン義務化が推し進められたが、すべての場合、法案に反対する市民の抗議や証言にかかわらず、議員たちは党派を超えて投票した(民主党はすべて義務化を望み、共和党はすべて反対した) コロラド州では、ある活動家が製薬会社のロビイストがノートパソコンで民主党議員にメッセージを打ち込んでいるのを目撃し、それが法律案の公聴会でそのまま繰り返されたことも鮮明に覚えている。

これは見ていて非常にシュールであり(以前は民主党がビッグファーマに立ち向かっていたのだから)、この政治状況の急速な変化が、トランプがワクチン懐疑論をポピュリスト的な大統領選挙キャンペーンに採用した重要な理由のひとつだと私は考えている。

このようなことが起こっていたとき、シェリー・テンペニーは、これは計画の序論に過ぎずWHOとビル・ゲイツのワクチン、成人へのワクチン接種義務化は数年後に実施されるだろうと警告していた。彼女がこのように言ったとき、私はそんなことは絶対に起こりえないと信じていた。なぜなら、そのためにはほとんどありえない緊急事態(たとえば、伝染性の高い生物兵器が集団に侵入する)が必要だからだ。だからご想像の通り、2019年末に私はとてもとても心配になった。

SB277が可決された後、カリフォルニア州ではワクチン接種の免除を求める声が高まり、その結果、(SB277が保護するはずだった)免除を書いた医師を追及するPRキャンペーンが展開された。そのためこの記事参照、(前述のようにSB277が保護するはずだった)免除措置を書いた医師を追及するPRキャンペーン(例えば)が展開された。

SB276は、医師がワクチン接種の免除を書く権利を剥奪し、医師会は免除をした医師のキャリアを抹殺する(既存の免除を組織的にすべて取り消す)というものだった。この法案も大規模な抗議を受けたが、COVID-19が始まる。2カ月前に署名された

カリフォルニアの医師たちは、免除を書くリスクを引き受けたがらなかった。そのため、COVID-19ワクチンが世に出たとたん、医師による甚だしい倫理違反の話を数多く耳にすることになった(例えば、ある人が致命的な血栓がワクチンによるものだとICUの医師たちが認めたため、カリフォルニアのICUに収容された後、2回目のワクチン接種のためにその患者にワクチン免除の書類を書こうとする医師は誰もいなかった)。

注:この時期の出来事については、こちらで詳しく取り上げている。

ワクチン神話

私たちの社会は、ワクチン接種を感染症蔓延の暗黒時代から抜け出させてくれた救世主とみなしている。この(不正確な)神話のせいで、ほとんどの医師はワクチンを完全に安全で効果的なものと見なしている。その結果、医師は一般的に、ワクチン接種のぜひに疑問を投げかけるようなことを考えるのに抵抗があり(そうすることは、医師としてのアイデンティティに直接疑問を投げかけることになるからである)、 この問題に関してさまざまな認知的盲点を持っている。

例えば、ワクチンは安全で効果的であると思われているため、医師は、ワクチン接種者に「ワクチンで予防可能な病気」の兆候としてさえ考慮しないことが多い。 そのため、百日咳のような病気 (百日咳の感染や伝播はワクチンでは防げないことを知っている医師はほとんどいない)の発生が、ワクチンを接種した集団ではまず認識されないのである。

COVID-19接種キャンペーン当時、医療現場に蔓延していた根本的な誤解は次の2点:

1. ワクチン接種は集団免疫を保証しない。 それどころか、ワクチンは通常、病気の感染を防ぐことができず、ワクチンに耐性を持つ変異型の進化を引き起こす。これは複雑な問題であるため、より長い記事で 説明し、他の多くの予防接種でどのように起こってきたか、ワクチンが失敗する典型的なパターンを レビュー した。 COVID-19ワクチンの場合、製造者はワクチンが感染を防ぐかどうかをテストすることさえせず、このことはワクチンが市場に出回る前の2020年にはよく知られていた

しかし、現在の第III相臨床試験は、実際にはどちらも証明するようには設定されていない(表1)。現在進行中のどの試験も、入院、集中治療の使用、死亡などの深刻な転帰の減少を検出するようには設計されていない。また、ワクチンがウイルスの感染を阻止できるかどうかも研究されていない。

2. どのワクチンも害をもたらすーしばしばよく似た方法で。ほとんどの場合、ワクチンが傷害を引き起こす確率は、ワクチンが「予防」する病気による同等の重症度の傷害を予防する確率よりもかなり高い。これはまた複雑なテーマであるため、以前の記事で取り上げて 各ワクチンの相対的なリスクとベネフィットに関するいる。これは、 多くの親がどのワクチンを子どもに接種しないようにすべきか私に尋ねてきたことから書かれたものである(いくつかのワクチンは他のワクチンよりもはるかに危険である)。

こうしたことから、一般的にワクチン接種でも同様のパターンが見られる。

-当初、ワクチンは実際よりも劇的に安全で効果的であるかのように宣伝される。これは、自主的かつ限定的な集団予防接種キャンペーンを支持するよう一般大衆を説得するために用いられる。

注:ここ数十年、学術出版業界にも腐敗が蔓延し、その結果、臨床試験で観察された副作用を隠蔽し、効果のない薬を効果があるように見せかけるための、かなり一貫したプレイブックが開発された。この不正を見抜くのは比較的簡単だが(例えば、本書や本書で取り上げられている)、残念ながら医学雑誌は製薬会社に財政的に依存しているため、決して暴露しない。 例えば、NEJMの論文を COVID-19ワクチンに関する読んだとき、私は恐ろしいHPVワクチンの臨床試験を知っていたため、おそらく不正な研究が行われているのだろうということをよく理解していた。このため、私が予測した研究不正や負傷した臨床試験参加者へのガスライティングの多くは、後に内部告発者や試験参加者によって確認された

  • ある一定の人数がワクチンを接種すると、多くの人がワクチンを接種したという事実が、ワクチン接種を義務付ける政治的正当性を生み出すために利用される。
  • ワクチンは約束されたことを果たせず、多数の被接種者を傷つけ、人々に広範な抵抗勢力を生み出す。

注:短期間でのワクチンの積極的なマーケティングは、ワクチンに重大な問題があることを示唆しており、ワクチンに対する耐性が広まる前に、義務化に必要な閾値を満たす必要がある。

  • このワクチンの失敗は、ワクチンが病気の発生を防げなかった(場合によっては悪化させた)のではなく、十分な数の人々がワクチンを接種しなかったことの表れだと解釈されている。
  • 通常、自然界では、何かがうまくいかなかったり、望ましくない状態に至ったりすると、是正措置によってそれが継続しないようにする(これは負のフィードバックとして知られている)。ワクチンの失敗は、その代わりにワクチンへの絶え間ない信頼と相まって、その失敗がワクチン接種への熱意を高めるという正のフィードバックループをもたらす。
  • (特に最も危険なワクチンの場合)いくつかのケースでは、その使用に対する広範な抗議につながった( 例えば、炭疽菌の義務化に反対する広範な抗議が軍で起こった)。最も古い例は、失敗した天然痘ワクチンに対する 100年以上前に大規模な抗議活動であり、最終的には強制接種が廃止され、天然痘もそう遠くない時期に廃止された。

COVID-19ワクチンに対する市民の抗議活動で私たちが目撃したことは、天然痘の大失敗の脱ワクチンー であり、こうしたパターンがいかに深く私たちの集団心理に根付いているかを物語っている。

注:最近、『タイムズ』紙が、 SARS-CoV-2が実験室由来であったことを認める調査結果を発表した (パンデミックの初期から明らかであったことだが、パンデミックの間中、我々はガス抜きされ、検閲されていた)。その記事の中で、私の目を引いた言葉がある:

研究者たちは、中国軍が潜在的な生物兵器として使用できるよう、ウイルスのワクチン開発に関心を持っていたと考えている。もし、ある国が自国の秘密ウイルスを国民に接種することができれば、世界のパワーバランスを変化させる武器を手にすることができるかもしれない。

SARS-CoV-2に対するワクチン接種の試みは失敗に終わり、集団感染に対処するために、中国はさまざまな強権的な政策をとらざるを得なかったこれは民衆の広範な抵抗に遭った。この引用が注目されるのは、ワクチン接種への信頼が、その戦略が裏目に出る可能性があることを中国が認識していないことを示すか、あるいは、調査官自身のワクチン接種への盲目的な信頼が、中国の軍部もその信頼を共有しているに違いないと思わせたかのどちらかだからである。

欠陥だらけのCOVID-19ワクチンデザイン

COVID-19ワクチンが市場に出回ったとき、多くの人が知らなかったいくつかの大きな問題があった。

第一に、COVID-19ワクチンを開発することが現実的かどうかという深刻な疑問があった

  • コロナウイルスに対するワクチンを作るのは難しい(例えば、コロナウイルスは急速に変異する)。
  • SARSは20年以上前に初めて出現し、このより危険なコロナウイルスに対するワクチンの製造に多くの研究が費やされたにもかかわらず、成功例はなく、動物で試験されたSARSワクチンは、抗体依存性の増強により、ワクチン接種を受けた動物のSARS感染を改善するどころか悪化させた。
  • (少なくとも多少は)成功するワクチンの開発には何年もかかる。年以内に開発し、人体実験し、大量生産することは不可能に近い。不可能であるがゆえに、そのスケジュールを達成するためにあらゆる可能性を切り開かなければならなかった。このため、必要な研究の多くがスキップされ(しかし規制当局からはパスが与えられた)、前例のない品質管理の問題が 最終的に製造されたワクチンにはあった。
  • 国民のほとんどがすでにCOVID-19に感染している段階でワクチンを接種することは、ワクチンがCOVID-19の蔓延を防ぐために意味のあることをする可能性が低いことを意味し、むしろ有害な変異体を作り出すことによってパンデミックの経過を悪化させることになる(例えば、ゲルト・ヴァンデン・ボッシュは このことについて繰り返し警告を発しようとしていた)。

このような問題の多くは、主流のワクチン学者たちの間では知られていたことであり、ピーター・ホテズ ( 米議会の委員会で証言)のような極端なワクチン狂信者でさえ、このワクチンの製造には深刻な問題があると警告していた。

要するに、1年以内に安全で効果的なワクチンを作ることは不可能に近かったのだ。

第二に、ワクチンの設計に重大な問題があった:

  • 脂質ナノ粒子の安全性は、ワクチン接種前に確立されておらず、その特有の問題点(ポリエチレングリコールの使用など)は無視された。
  • mRNAワクチンはスパイクプロテインを体内で大量生産することで機能する。ワクチンが最終的にどこに行き着くのか、体内でどのくらい持続するのかは確立されていなかった(ファイザーとモデルナは承認前にこのテストを省略することを許されていた)。

その後、私たちがワクチンに関して遭遇した問題の多くは、mRNAとスパイクプロテインが体中に残留し、拡散することに起因している。当初は、(DNAがある場所を除いて)筋肉の細胞にだけ入り込み、その後急速に消滅すると約束されていたのを覚えているだろうか。脂質ナノ粒子はすでに全身に広がることが知られており、ワクチンのmRNAは体内で分解されにくいように改良されていたため、その可能性を否定するデータがなければ、このようなことが起こることは想定されていたはずである。

  • スパイクプロテインは、コロナウイルスの中で最も急速に変異する部分の一つである。歴史的に、1つの抗原に対してのみ作られたワクチン(「1価ワクチン」)は、抗原の変異が遅い場合でも、ワクチンの抗原を持たなくなるよう病原体に選択圧をかけるため、失敗する傾向がある。
  • 体内に直接注入されたワクチンは、血液中のスパイクプロテインに対して免疫反応を起こした。しかし、呼吸器の粘膜(鼻粘膜など)では、このタンパク質に対する免疫反応は起こらなかった。このため、ワクチンは症状を軽減する可能性はあったが、感染を防ぐことはできなかった。しかし、この原理はワクチン学者にはよく知られたことであり、ファイザー社自身の論文でも、自社のワクチンが感染を防ぐとは主張していなかったにもかかわらず、感染を防ぐと仮定され、国民を敵対させ、強制接種を行う正当な理由として使われたのである。
  • スパイク・プロテインは免疫原性が高かった。 さらに、スパイクプロテインはヒトの組織と特異的に一致する部分が多く、自己免疫を引き起こすことが知られており、スパイクプロテインのワクチンが市場に出回る前に多くの学者が警告して いた。 さらに悪いことに、スパイクプロテインは合成mRNAが導入された細胞の表面に発現していた。驚くなかれ、このmRNAワクチンは自己免疫疾患を引き起こす率が非常に高く、私の知る限り、これに匹敵するような医薬品は他にない。
  • スパイクプロテインは、身体のゼータ電位を崩壊させる非常に効果的な薬剤であるように見えた (これはCOVID-19感染の際立った特徴であった)。 これはすべてのワクチンに共通する害のメカニズムであるが、通常、ゼータ電位への悪影響ははるかに小さい。 これが、とりわけワクチン接種後に血栓がよく見られる理由であり、またワクチンによる傷害が生理的なゼータ電位を回復させる治療にしばしば反応する理由である。

これらのことから、有毒なスパイクプロテインを体内で大量生産することに基づくワクチンは、効果が期待できず、害をもたらす可能性が高いことがわかった。時が経つにつれ、私たちはそのことを前例のない規模で目の当たりにし、免疫系を混乱させる他のさまざまな「予期せぬ」方法を発見した。

悲しいことに、このようなことはどうでもよく、私たちの最善の努力にもかかわらず(例えば、最も議論の余地の少ない赤旗を持ち出した)、私たちは同僚たちのワクチン接種を防ぐことができなかった。過去にも似たようなことはあったが、このワクチンのマーケティング・キャンペーンがいかに効果的であったか、そしていかに多くの医師がこのワクチンをパンデミックを終わらせる現代の奇跡だと信じていたかを目の当たりにすると、ほとんど非現実的であった。

ワクチンの設計があまりにひどかったため(その問題の多くは容易に回避できたはずであり、ファイザーの科学者たちにも明らかだったはずだ)、私たちの多くは、ワクチンが意図的に失敗するように設計されたのではないかと考えてきた。これは一見ナンセンスに思えるが、ワクチンの失敗に対する説明責任がなく、その失敗が新たなブースターを必要とする新たな亜種に起因する可能性があることを考えると、できるだけ多くの製品を売ることが目的であったとすれば、非常に理にかなっている。

注:COVID-19ワクチンが決して機能しない理由については、こちらに長い議論がある。

COVID-19のゴールポストを動かす

「ゴールポストを動かす」とは、ゴールベースのスポーツに由来する比喩で、 あるプロセスや競技のルールや基準(ゴール)を、それがまだ進行中である間に、 新しいゴールが一方に有利または不利になるように 変更することを意味する。

ワクチンは必然的にその不可能な約束に沿うことができないため、国民にワクチンを押し付けることを正当化するための新たな理由が絶えず考案されなければならない。覚えているかもしれないが、COVID-19ワクチンは当初、任意接種であることが提示され(実際には、当初は 各受給者がワクチンを接種する特権を持つ希少性モデルの下でマークされていた )、2回接種のmRNAワクチンの奇跡によってパンデミックはすぐに終わると主張され、ブースターの潜在的な必要性については一言も言及されなかった。

その後、ゴールポストは義務的な予防接種に移され、ワクチンは死亡する確率を下げるだけで、ウイルスは当分の間、私たちとともにあり、毎年何度もブースターが必要になった。この逆転現象は、以前の予防接種ですでに開発された脚本に従ったものであり、まったく予想できたことだった。

幸いなことに、ワクチンがいかに実現不可能であったか、そしてその不可能な約束がいかに積極的に国民に不誠実に宣伝されたか(その多くをここにカタログ化した)により、多くの人々が詐欺全体に目を覚ました–特にファイザーの代表が欧州議会で、ワクチンが感染を防ぐという嘘をついたことを認めた後 (皮肉にも、ワクチン製造の非現実的なスケジュールによりそうせざるを得なかったという事実の下に、この嘘を正当化した)。 そのため、私はこのようなミームを頻繁に目にした:

 

ミームの正確さに加えて、このミームが作られて以来、COVID-19ワクチンを正当化する根拠はことごとく崩れてきた。第一に、多くのデータセットが、ワクチンはCOVID-19のリスクを増加させ、このリスクは接種回数が増えるほど増加することを示している。 これは、クリーブランド・クリニックの研究で 51011人を対象とした最も明確に示された ):

同様に、ワクチン接種キャンペーンが死亡率の上昇と相関関係があることを示すデータセットも増えている:

それを示すことができるいくつかのデータセットでは、この死亡率はワクチン接種を受けていることと直接関連していることも示されている:

さらに、このリスクはwas shown ワクチン接種後にのみ増加することが示された:

注:メディケアのデータ(ここに要約) )でも、ワクチン接種後の死亡リスクの増加が示されている。

最近、別のSubstackの著者が、 最後のゴールポストを破壊する研究を掘り起こした。 メルク社の非常に疑わしいCOVID-19療法について、バージニア州内の患者を対象としたレトロスペクティブ研究であった(その方が大規模で比較的均質なデータセットが得られる)。ワクチン接種患者とワクチン未接種患者との間でCOVID-19の重篤な転帰を比較した。Igor Chudovの言葉を引用しよう:

 

注:これらの結果は、非常に懸念すべきものであると同時に(リスクプロファイルがはるかに小さい薬剤は市場から撤退している)、上に示したように、一致している ワクチンで観察された他のすべてのことと。

結論

COVID-19の大失敗には2つの根本的な問題があり、それは多くの点でコインの表と裏の関係にある。

第一は、ワクチン・ポジティブ・フィードバック・ループである(製薬業界はこれを奨励しようと躍起になっている)。何か新しいものが導入されると、最初はそれを採用することに慎重になる。そして、その新しいものが有害で、意図されたものとは逆の効果(例えば、命を救う代わりに人を殺す)をもたらす兆候が見られたら、あなたはその導入から手を引くだろう。しかし、ワクチンのポジティブ・フィードバック・ループのせいで、正反対のことが起こり、ワクチン接種キャンペーンの支持者は、さらにワクチン接種を強化するのである。

天然痘の例で、示そうとしたように私たちは1世紀以上もの間、この機能不全に陥った考え方の結果とともに生きてきた。ワクチン接種への揺るぎない信頼が、ワクチン接種による危害の発生率を劇的に減少させる可能性のある習慣(例えば、ワクチン接種の間隔をあける、最も有害なワクチンを接種しない、ワクチンによる発熱の後にタイレノールを投与しないなど )をいまだに守ろうとしない理由なのである。また、ワクチン傷害の徴候やメカニズムの多くを理解している医療従事者が少ないのも、(これらのメカニズムは数十年前に解明されているにもかかわらず)、ワクチン傷害に対する簡単な治療法(例えば、生理的ゼータ電位の回復)がいまだにほとんど知られていないのもそのためである。

もうひとつは、医療制度にどれだけのお金が投入されているかということであり、医療業界が人々を健康にするという義務(病気でない人に薬を売ることはできないので、医療業界は間違いなく利益相反の関係にある)を果たすことよりも、いかにしてより多くのお金を手に入れるかに相互に焦点を当てているということである。この傾向は、年々、医療費に使われるお金が増えているという事実によく表れている:

 

しかし、アメリカで使われるお金のほぼ5分の1が医療費に使われているにもかかわらず、他の先進国よりも医療の成果が著しく悪い 。 それどころか、機能不全に陥った医療制度にさらなる支出を続けている。

このレンズを通して物事を見れば、すべてがより理にかなってくる。例えば、臨床試験には莫大な費用がかかる。利益重視の製薬会社が、臨床試験に投資した資金を失うことを示唆するデータを入手した場合、そうでないことを示唆するデータを捏造しないだろうか?同様に、医学雑誌、メディア、政府規制当局がこの不正を摘発する責任があるにもかかわらず、製薬会社の資金に依存しているのであれば、彼らが捏造された臨床試験を暴露すると期待できるだろうか?

年を追うごとに、製薬業界の貪欲さと、それを阻止するすべての関係者の腐敗が目につくようになった。COVID-19の期間中、それは多くの一般市民にもわかるほど加速した。また、ビッグテック(この業界は、 パンデミックという大義名分を脅かすオンライン上のあらゆるものを熱心に検閲するという前代未聞の措置を講じた )のような他の業界にも入り込み、連邦政府内の腐敗した指導者たちは、アメリカ国民よりも製薬業界を擁護することでますます図々しくなっていった。

例えば最近、私はこの業界の投資家向け年次会議(来年以降の医薬品キャンペーンの方向性を決める会議)を取材した。その会議では、FDAのトップであるカリフ(ビッグファーマと手を携えて仕事をしてきた長い歴史がある)が基調講演者として招かれた。さらに、会議が始まる直前、キャリフは従来とは異なる新薬の認可を取り仕切り、偶然にもその新薬(およびFDAが最近熱心に認可した他の数種類の新薬)によってもたらされる経済的機会が会議の焦点となった。

注:私がこの会議を特に取り上げたのは、彼らがこれらの新しいフランチャイズの治療のために宣伝した薬には多くの大きな問題があったが、アルツハイマー病の安全で手頃な価格の効果的な治療 法や肥満の治療法は、 何年も、多くの場合、何十年も前から存在していたからである。 残念なことに、他の多くの効果的な治療法と同様、誰も儲けることができないため、単に医学の側面から忘れ去られているだけなのだ。

しかし、医療関係者や社会制度が、この正のフィードバック・ループが生み出す下り坂のスパイラルを断ち切ることができない一方で、負のフィードバック・システムとして機能しているものがまだ存在している。 たとえば、最近の調査 アメリカの成人1000人を対象とした結果を考えてみよう:

上段:COVID-19ワクチンの副作用により、かなりの数の原因不明の死亡が発生している可能性はどの程度あるか?

下段:COVID-19ワクチンの副作用が原因で死亡したと思われる人を個人的に知っているか?

COVID-19ワクチンを一般大衆に押し付けるという選択は、長期的には製薬業界にとって莫大な損失をもたらすだろう。この状況について私が思いつく最高のたとえ話は、『金の卵を産んだガチョウ』である。

大金持ちになった後、所有者はさらに金が必要だと考え、ガチョウを殺して卵を取り出そうとした。他の多くの人たちと同様、私も業界が与えてくれた前例のない機会を利用して、黄金のガチョウを手に入れるために全力を尽くしている。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました