国防総省はなぜ「昆虫を兵器化」するのか?

グローバルリサーチワクチン- 製薬会社、CDC、FDA、DoD遺伝子組み換え生物・蚊

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Why Is the Pentagon “Weaponizing Insects”?

www.globalresearch.ca/pentagon-weaponizing-insects/5658460

ウィリアム・エングダール

グローバルリサーチ、2024年03月03日

国防総省がその研究開発機関であるDARPAを通じて、潜在的な敵国の農作物を破壊することができる遺伝子組み換え昆虫を開発しているという強力な証拠がある。この主張はDARPAによって否定されているが、第一線の生物学者たちは、新しい「遺伝子編集」技術CRISPRを使って、事実上昆虫を兵器化することが行われていると警鐘を鳴らしている。 聖書に登場するイナゴの疫病を 21 世紀にアップデートしたようなものだが、潜在的にははるかに悪いものだ。

米国防総省国防高等研究計画局(DARPA)は、「昆虫の同盟」(Insect Allies)という奇妙な名前のプログラムに資金を提供している。DARPAのブレイク・ベクスタイン博士は、このプログラムについて、「自然で効率的な2段階のデリバリー・システムを活用して、改変された遺伝子を植物に伝達する」と説明している。DARPAは、このプログラムは「米国の農作物システムを維持することを目標に、食糧供給に対する潜在的な自然および人工の脅威に対して、拡張性があり、容易に展開可能で、一般化可能な対策」を提供するものだと主張している。

DARPAのプロジェクトでは、作物の遺伝子構成に直接影響を与えるために、遺伝子改変剤やウイルスを昆虫の集団に導入する。DARPAはリーフホッパー、シロバエ、アブラムシを使い、選択したウイルスを作物に導入する計画だ。DARPAは農家が「気候変動」と闘う手助けになると言っている。特に国防総省も米国FDAも尋ねていないように、誰も答えられないのは、昆虫の遺伝子操作ウイルスが環境中の他の微生物とどのように相互作用するかということである。もし作物が常に遺伝子組み換えウイルスに侵されているとしたら、作物に依存している人間の遺伝学的・免疫学的システムにどのような変化をもたらす可能性があるのだろうか?

バイオ戦争警報

現在のアメリカの食糧供給のほとんどは、遺伝子組み換え植物とともに有毒なラウンドアップやその他の除草剤、殺虫剤で汚染されているため、現在のアメリカの作物システムを懸念する国防総省の声明の正直さを疑うかもしれない。ヨーロッパの科学者グループが、10月5日発行の『サイエンス』誌に科学論文を発表した。

DARPAの「Insect Allies」プログラムは「作物の染色体を直接編集するように設計された感染性の遺伝子組み換えウイルスを畑にばらまくことを目的としている」と論文では指摘されている。『これは』水平継承」と呼ばれるもので、遺伝子組み換え植物の品種を作るために、実験室で作られた標的種の染色体に変更を加える垂直的な遺伝子組み換え方法とは対照的である。作物への遺伝子組み換えは、自由な自然の中で「昆虫による拡散」によって行われる。

ヨーロッパの科学者たちは、DARPAが昆虫を合成ウイルスを環境中に拡散させる無制限の手段として使用する説得力のある理由を提示していないと指摘する。さらに、昆虫同盟プログラムは、日常的な農業利用よりも、生物兵器としての利用の方が容易であると主張している。

マックス・プランク研究所のガイ・リーブスによれば、「遺伝子編集を使って植物を枯死させたり不妊化させたりするのは、除草剤や昆虫に耐性を持たせるよりも非常に簡単です」

Science』誌の記事は、このような野外での遺伝子編集法の安全性については、監視はおろか、科学的な議論もなされていないこと、また利点があるのかどうかさえまったくわかっていないことを指摘している。 米国農務省は、遺伝子編集された植物や昆虫の健康や安全性のテストを一切拒否している。「その結果、このプログラムは、敵対的な目的のために生物学的製剤とその運搬手段を開発する努力であると広く認識される可能性がある。

不安定な技術

詳細は不明だが、CRISPR-Casツールを使った昆虫同盟の遺伝子編集プロジェクトが、「遺伝子ドライブ」と呼ばれるものを利用していることは間違いない。 国防総省のDARPAも遺伝子編集に多額の資金を提供しているジーン・ドライブは、蚊であれ人間であれ、わずか数世代で遺伝子改変を集団全体に強制的に広めることを目的としている。

遺伝子編集における遺伝子ドライブの開発を最初に提案した科学者、ハーバード大学の生物学者ケビン・エスヴェルトは、遺伝子編集と遺伝子ドライブ技術との組み合わせによる遺伝子編集の開発には、憂慮すべき失敗の可能性があると公に警告している。彼は、CRISPRがしばしば失敗し、保護変異が生じる可能性があるため、良性の遺伝子ドライブでさえも攻撃的なものになると指摘している。彼は、「ほんの数個の遺伝子操作された生物が、生態系を取り返しのつかないほど変えてしまう可能性がある」と強調する。エスヴェルトのコンピューターによる遺伝子ドライブのシミュレーションでは、編集された遺伝子は「わずか10世代で個体群の99%に広がり、200世代以上持続する可能性がある」と計算されている。

遺伝子編集の主要な資金提供者であるビル・ゲイツがどう主張しようとも、遺伝子編集はいかなる意味でも精密な技術ではない。 中国では、科学者たちが特定の遺伝子を編集するために、生児が生まれるはずのない胚のドナーから提供されたヒト胚を使用した。その結果、試験した細胞は意図した遺伝物質を含むことができず、悪い失敗であった。主任研究者のジュンジウ・ホアンは『ネイチャー』誌に次のように語っている。「それが中止の理由です。まだ未熟すぎると考えています」と。

グルジアの生物兵器研究所、昆虫の味方に?

DARPA(国防高等研究計画局)やアメリカ政府の他の機関に、マッドサイエンティストがいて、今日世界で最も重要な穀物生産国であり、遺伝子組み換え作物を作らないことを法律で定めているロシアのような敵対国に対して、致命的な新型生物兵器剤を放つ準備をしているのだろうか?あるいは中国、イラン、インドに対して……?

ロシアと西側のメディアは最近、ロシアに隣接するグルジアのトビリシ空港の近くにある、 国防総省が出資する安全性の高いバイオ・ラボにスポットライトを当てている。 グルジアの目撃者の報告によれば、このラボはリチャード・G・ルーガー公衆衛生研究センターで、3億5000万ドルをかけて建設された施設である。 ルガー・センターには、米陸軍医療研究資材司令部の科学者が常駐している。

今年初め、グルジアの元国家保安大臣イゴール・ジョルガゼはモスクワで記者インタビューに応じ、同センターが危険な実験を行い、多くの人々が死亡したことを裏付ける証拠を持っていると語った。彼はその証拠をロシアの関係当局と共有した。

まるで1969年のロバート・クライトンのSF小説 『アンドロメダ・ストレイン』の一章のようだが、SFではないことだけは確かだ。EUの裁判所は、遺伝子編集は遺伝子組み換え作物(GMO)の一種として規制されなければならないとの判決を下した。米国はいかなる規制も拒否している。1987年の中距離核戦力条約を破棄し、ロシア政府高官や産業界に繰り返し制裁を課している人々が、「世界平和」の名の下に、遺伝子編集ウイルスに感染した何十億匹もの昆虫を介して、ロシアの重要な穀倉地帯を破壊する恐ろしい新型生物兵器を解き放ったり、解き放つと脅したりする誘惑に駆られると信じるのは難しくない。

国防総省はDARPA(国防高等研究計画局)を通じて、農業の発展を装ったバイオ兵器の開発という。「二重利用」の研究を行っているのだろうか?しかし、「まともな神経をしていれば、生態系に取り返しのつかない変化をもたらすようなリスクを冒す人はいない」と言う人もいるだろう。しかし、遺伝子組み換えに関連してある生物物理学者が言ったように、まともでない人々もいるのだ。

*

F.プリンストン大学で政治学の学位を取得し、石油と地政学に関するベストセラー作家。グローバル・リサーチ誌への寄稿も多い。

タイトルとURLをコピーしました