私のリベラルな種族の堕落

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ワクチン倫理・義務化医療の誤報・偽情報・検閲
The Corruption of My Liberal Tribe

https://brownstone.org/articles/the-corruption-of-my-liberal-tribe/

by DAVID SMITH

2021年10月4日

私は常にリベラル派で、政治的には左寄りであり、自由、言論の自由、寛容、思いやり、自分の体に対する個人的な自律性などの原則を熱心に支持し、「My Body, My Choice(私の体、私の選択)」を猛烈に擁護してきた。

私は、リベラル派の友人たちを、心が広く、批判的な思考を持ち、思いやりがあり、寛容で、どこで別の情報を探せばいいのか知っているだけの教養と才覚があり、データを解釈し、あからさまなプロパガンダから事実を見分けることができ、言論の自由、自由、身体的自治を守る人たちだと考えてきたが、これらはすべて、明らかにリベラリズムの基本原則である。

今、私はこれらのパラダイムの一つ一つを打ち砕かれた。

一つ残らずだ。

私は今、自分がリベラルであることを恥じている。

リベラル派の人々は、すべての「ニュース」を、最も腐敗した主流の情報源から得ている。彼らはGoogle Universityに集まり、自分たちが賛成することも反対することも確認したり否定したりするが、Googleが公式シナリオに反するものをすべて検閲しているという事実には気づかない。彼らは、他の検索エンジンが存在することさえ知らないようである。2020年3月の1130億ドルから 2021年7月31日には1924億ドルと、パンデミックの間に「偶然にも」794億ドルもの資産を増やしたベゾスを軽蔑しながらも、彼が発行する「ワシントン・ポスト」に群がり、スプーンで与えられた腐敗したプロパガンダを疑うことなくすべて消化し、議論の余地のない真実として誇らしげに口にする。

自分たちの偽善に負けないように、すべての商品をアマゾンで購入し、その便利さを嬉々として賞賛する一方で、地元の小さな企業は生き延びるのに必死だったり、自分たちが支持したロックダウンのために永久に閉鎖されたりしている。

ファイザーをはじめとする大手製薬会社が、嘘をつき、医師や科学者を買収し、FDAなどの規制機関を取り込み、データを隠蔽し、談合や価格操作を行い、何十億もの罰金を支払ってきたことが記録されている、1マイルもの長い犯罪記録を持っていることをよく知っているからだ。今や彼らは、これらの企業を企業の聖人、人類の救世主とみなし、その紛れもない汚職の歴史を指摘したあなたを嘲笑し、憎み、辱め、嘲笑するであろう。

明らかに、政治的な部族主義集団思考がこの問題の大きな部分を占めている。カメラが回っているときはマスクをして、カメラが止まった瞬間にマスクを外す政治家や芸能人を見てみよう。”Follow the science “(科学に従え)だろうか?

私が最初に危険信号を感じたのは、「パンデミック」のずっと前、ハイテク企業がアレックス・ジョーンズなどの人々を検閲し始めたときであった。言論の自由を守るリベラルな友人たちが検閲を支持していることが信じられなかった。そのとき、何か本当に憂慮すべき事態が進行していることを感じ始めた。もちろん、アレックス・ジョーンズやトランプに賛成するかどうかは問題ではない。オーウェル的な現実のねじれの中で、「危険な偽情報」の拡散を阻止するという名目で、真実が検閲されているのである。

リベラル派が常に理解しているように、検閲はファシズムの具体的な基盤であり、歴史上のあらゆる全体主義政権の基本的な教義である。「私はあなたと意見が合わないかもしれないが、あなたがそれを言う権利を守るためには死ぬまで戦う」というのが、リベラリズムと言論の自由の指針であり、私が猛烈に守ってきたものであった。

私が左派の知的崩壊と道徳的破綻を完全に理解し始めたのはこの時であった。検閲を支持しながら、政府に「望ましくない者」(今では「ワクチンを受けていない者」と呼んでいる)から自分を守ってくれるよう懇願してきた皆さんは、マルティン・ニーメラーがナチス・ドイツで学んだのと同じ教訓を間もなく学ぶことになるだろう。

自由主義者に自分の自由について話すと、彼らは「あなたの “自由呆け “に私の命を危険にさらす権利はない!」とあなたを嘲笑うであろう。

“Freedumb”?

私はあなたを殺す自由を持っている。

Freedumb(フリーデエム)

自由とは、他の人々の権利を侵害することも含めて、文字通り何でもできることを意味するという、(多くのアメリカ人の)全く無意味で非論理的な信念。私にはあなたに病気を与える自由がある!

ベンジャミン・フランクリンは、あなたの自由と安全について何と言ったであろうか?「本質的な自由を安全と引き換えにする者は、どちらも得られない。」 微生物や「あの人たち」を恐れても、この歴史的事実は変わらない。

非合理的であろうとなかろうと、あなたの恐怖心が、すべての人の譲れない権利や本質的な自由を奪う権利を与えるわけではない。もしあなたが恐怖の中で生活したいのであれば、そうするのは完全に自由である。

家にいて、2つのマスクをして、仕事を止めて、精神病を和らげるような薬を自分に注射して、お守りを握りしめて、セイント・ファウチの祈りのろうそくを灯してほしい。それどころか、普通の自由な生活をしようとする人たちを、自分たちが引き起こしたトラウマの原因である悪魔や科学的知識のない人たちだと非難する。自由な社会で生きることは、それ自体がリスクをはらんでいる。生存率99.8%の風邪のウイルスが怖いのなら、それよりもはるかに大きなリスクである雷に打たれることが怖くないのであろうか?

国立気象局によると、雷に打たれる確率は15,300分の1で、他の人が雷に打たれることで影響を受ける確率は1,530分の1だそうである。

この「パンデミック」が始まって以来、ヒューストンの子どもたちが何人コビッドで死んだのか、市の独自のデータに基づいて教えてくれるリベラルな友人はいないだろうか?

誰か?

それなのにあなたは、子どもたちがこの風邪のウイルスに感染しても99.999%の確率で生き延びることができるという事実や 2019年にインフルエンザで死んだ子どもの方が多いという事実を無視して、子どもたちの心理的な健康や正常な発達を全く気にせずに、マスクの着用を強要したいのか。もし99.999%の確率が怖いのであれば、なぜ今まで子供を家から出させてきたのであろうか?もし2年前に誰かが落雷を恐れて子供に避雷針付きのヘルメットを被らせたとしたら、あなたはその人を児童虐待だと非難したであろう。

彼らは、いかに黒人やマイノリティを大切にしているかを常に美談にしながら、「パンデミック」を「ワクチン未接種者」のせいにしているが、ワクチン未接種者が多いのは「トランパー」や「右翼」ではなく、黒人やヒスパニックであるという事実をなぜか無視している。

例えば、43州全体では 2021年9月20日時点で、1回以上のワクチン接種を受けた白人の割合(53%)は、黒人の割合(45%)の1.2倍、ヒスパニック系の割合(49%)の1.1倍となっている。いくつかの州ではこの数字がさらに高くなっている。

彼らはしきりに「組織的な人種差別」や「過去の隔離」について語っているが、自分たちが今、50年代よりもさらに隔離された二層構造の社会、つまり医療アパルトヘイトを作っているという事実にはまったく気がついていない。もし、いわゆるワクチンパスポートがすべての人に現実のものとなれば、特定の人種だけでなく、複数のグループの人々が含まれることになる。

今、全国で何千人もの医療従事者が、ワクチン接種を拒否したために解雇されようとしている。なぜこれほど多くの医療従事者が、必要のないワクチンを拒否しているのか、考えてみたことはあるか?1年前、あなたはこれらの人々を 「我々を守るために最前線で働くヒーロー 」と呼んだことを忘れたのだろうか?看護師は社会の中で最もまともで人道的人たちだ。彼らが全員「トランプ派」だと思うほど、あなたは脳みそが腐っているのであろうか?今、あなたは彼らの解雇を応援している。

恥を知れ。

もしかしたら、私のリベラルな友人たちの何人かは、ずっと本当のレイシストやヘイトだったのかもしれないし、私はそれを見る目がなさすぎたのかもしれない。アメリカは人類史上最も多様で統合された社会であるにもかかわらず、人種差別を筆頭に、何事にも美徳を振りまく彼らを私はいつも疑ってきた。それをどこにでも表示する必要があるとしたら、あなたはどれほど徳が高いのであろうか?それどころか、本当に徳のある人はそんなことはしない。

この「パンデミック」が始まって以来、生きがいとなるすべてのものから孤立し、「社会的に距離を置かれた」若者たちの自殺率が桁外れに高くなっているのも不思議ではない。家族、友人、プロム、デート、結婚式、スポーツ、エンターテイメントなど、何でもある。明るい未来への希望は打ち砕かれ、上昇志向はなく、ディストピア的な未来での卑屈な生活しか楽しみがないと感じているのである。

フランスの社会学者エミール・デュルケムは、名著『自殺について』の中で、個人や社会が社会的な結びつきを失ったときに、個人的あるいは集団的な自滅行為に走る傾向があることを考察している。デュルケムは、個人の主体性と共同体の連帯感との間の健全なバランス、すなわち「生命維持のための均衡」と呼ばれる本質的なものは、社会的な結びつきが強いときにのみ達成されるとしている。

逆に言えば、自己破壊的な行為に陥りやすいのは、この絆や均衡が破壊された個人や社会であると彼は書いている。この重要な均衡を破壊するのに、孤立や「社会的距離」よりも効率的な方法があるだろうか。残酷な皮肉を込めて、我々はこれが連帯の行為であり、「我々はみんな一緒にいる」と言われる。

ジークムント・フロイトが理解していたように、衰退期にある国は無意識のうちに死の本能を抱く。永続的な進歩の幻想に癒されなくなると、ニヒリズムに対する唯一の解毒剤が失われる。抑圧と自由を混同する(例えば、ACLUが最近発表したワクチン接種義務化に関する声明を見てみよう。「市民の自由を損なうどころか、ワクチンの義務化は実際には市民の自由を促進するものである」と。) 彼らは破壊と創造を混同している。”Build Back Better “(より良い復興)は、彼らが信じるように言われているスローガンである。

フロイトやジョセフ・コンラッド、プリモ・リーヴァイが文明社会の薄っぺらな面の裏に潜んでいると知っていたように、彼らは知らず知らずのうちに原始的な野蛮人へと徐々に堕ちていく。理性はもはや彼らの人生を導くものではない。ショーペンハウエルが言ったように、理性は意志の苦役の下僕である。

先日、ある有名なリベラル派の政治家のツイッターを見た。彼女の名前の下には、義務的な美徳を示す「she/her/hers」という性別代名詞があった。これは一体何なのか?彼女が女性であるかどうか、誰か混乱していないか?性自認に関するこのような奇妙なナンセンスは、道徳的に破綻し、ニヒリスティックで、精神的に死んだ社会を示している。これらの人々は、「あの人たち 」よりも高潔であるように見せることを追求するために、完全に心を失っている。明らかに、これは政治的な部族主義と集団思考である。皮肉なことに、これは信号ばかりで美徳がない。

この1年半の間に、まだ公衆衛生の問題だと考えているのであれば、自分が冷たいテクノクラティックな全体主義のディストピアに住んでいることに気づき、悪夢のような目覚めを経験することになるであろう。そこでは、身体的な自治も、言論の自由も、反対意見もなく、一生家畜のようにデジタルで追跡されながら、延々と予防接種を受け続け、レストランに入るだけでも延々と列に並ばされるのである。

きっと皆さんの多くは、この1年半の間に、何かがおかしい、「専門家」は嘘をついている、「科学」は意味をなさない、「公衆衛生」とは無関係の非常に深遠な何かが起こっている、と感じてきたのではないかと思う。支配者である寄生虫たちはコントロールを失いつつあり、今、梯子を引き上げ、人口の大部分の人々の上昇志向を消し去り、政敵やその他の「望ましくない者」を淘汰し、言論の自由に口を塞ぎ、残りの人類を厳しい鎖で縛ろうとしている。

フランク・ザッパの言葉を借りれば、彼らは自由という幻想を、その幻想を続けることが利益になる限り続けるのだ。今や、幻想を維持するにはあまりにもコストがかかりすぎるため、彼らは風景を取り壊し、カーテンを引き下げ、テーブルや椅子を邪魔にならないように移動させ、あなたは劇場の後ろにあるレンガの壁を見つめることになるであろう。

下のシンプルなミームを見てみてほしい。これは、あなたが安全という幻想のために、どれほどの人間性をすでに放棄しているかを示している。これが、人間性を失ったテクノクラティックな全体主義社会におけるあなたの未来である。

あなたの “ニューノーマル “を楽しんでほしい。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker

コメント コメント欄を設置しました!