自然免疫とCOVID-19 雇用者、保健所職員、政治家と共有すべき29の科学的研究

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

自然免疫
Natural Immunity and Covid-19: Twenty-Nine Scientific Studies to Share with Employers, Health Officials, and Politicians
Natural Immunity and Covid-19: Thirty Scientific Studies to Share with Employers, Health Officials, and Politicians ⋆ Brownstone Institute
These studies demonstrate what was and is already known: natural immunity for a SARS-type virus is robust, long-lasting, and broadly effective.

ブラウンストーン研究所 2021年10月10日 政策, 公衆衛生, 社会

も く じ

はじめに

2020年3月のSARS-CoV-2ウイルスのロックダウンが始まったときから、自然免疫(感染後免疫ともいう)のテーマは軽視されてきた。ワクチン接種が普及すると、最初はほぼ沈黙していたものが、ほぼ完全なブラックアウト状態になってしまった。

今でも、オープンな議論は行われていない。おそらく、世界共通のワクチン接種を推進し、公共の生活や仕事の市場に参加する条件として、そのようなワクチン接種を証明する書類の提出を要求することが目的なのであろう。

しかし、科学は存在している。多くの研究がある。これらの研究の著者は評価され、認められ、その声を聞く権利がある。

これらの研究は、SARS型ウイルスに対する自然免疫は、突然変異があっても強固で長期間持続し、広範囲に有効であり、一般的にはワクチンよりも有効であるという、過去にも現在にも知られていることを示している。実際、20世紀の科学の大きな貢献は、古代から知られていたこの原理を発展させ、さらに解明したことである。すべての専門家は、現在の議論のずっと前からこのことを知っていたと思われる。そうでないかのように装うことは、最高レベルの科学的スキャンダルである。特に、このテーマを無視し続けることは、何十億もの人々の権利と自由に影響を与えているからである。

ウイルスに感染し、回復した人々は評価されるべきである。また、強固な免疫力を得るために、ウイルスにさらされるリスクを好む人々には、その選択をする自由が与えられている。自然免疫は、現在、米国の人口の半分程度、世界中の何十億人もの人々に関係しているが、これが有効な防御手段であるという認識は、ワクチンの義務化に劇的な影響を与えるはずである。

生活や自由が否定され、削除されている人々は、このウイルスに関する科学文献にアクセスする必要がある。のリンクを広く発信してほしい。科学者たちは沈黙していたわけではなく、彼らにふさわしい世間の注目を浴びていなかっただけなのである。このリストの作成には、ポール・エリアス・アレキサンダー氏から提供されたリンクと、自然免疫に関するRational Ground独自のチートシートが役立った。

1. COVID-19療養者の1年間の持続的な細胞性免疫と体液性免疫

One-year sustained cellular and humoral immunities of COVID-19 convalescents
AbstractBackground. The longitudinal antigen-specific immunity in COVID-19 convalescents is crucial for long-term protection upon individual re-exposure to SARS

Jie Zhang、Hao Lin、Beiwei Ye、Min Zhao、Jianbo ZhanらによるClinical Infectious Diseases 2021年10月5日。

「SARS-CoV-2特異的IgG抗体、およびNAbは、95%以上のCOVID-19療養者において、発症後6カ月から12カ月の間、持続することができる。COVID-19の回復者(ELISAとMCLIAのダブル陽性)のうち少なくとも19/71(26%)は、発症後12mの時点でSARS-CoV-2に対する循環IgM抗体が検出された。注目すべきは、SARS-CoV-2特異的T細胞反応(SARS-CoV-2抗原S1,S2,M、Nタンパク質のうち少なくとも1つ)が陽性であった療養者の割合は、6mと12mの時点でそれぞれ71/76(93%)67/73(92%)であったことである。さらに、回復者の抗体およびT細胞メモリーレベルは、いずれも病状の重さと正の相関があった。」

2. SARS-CoV-2の自然免疫とワクチンによる免疫の比較

Comparing SARS-CoV-2 natural immunity to vaccine-induced immunity: reinfections versus breakthrough infections
Background Reports of waning vaccine-induced immunity against COVID-19 have begun to surface. With that, the comparable long-term protection conferred by previo...

「再感染とブレイクスルー感染の比較」Sivan Gazit, Roei Shlezinger, Galit Perez, Roni Lotan, Asaf Peretz, Amir Ben-Tov, Dani Cohen, Khitam Muhsen, Gabriel Chodick, Tal Patalonによるもの。MedRxiv 2021年8月25日。

「我々の分析では、SARS-CoV-2未接種者は、最初のイベント(感染またはワクチン接種)が2021年の1月から2月の間に発生した場合、既感染者と比較して、デルタ変異株へのブレイクスルー感染のリスクが13.06倍に増加したことが実証された。このリスクの増加は、症状のある疾患の場合にも有意であった。… この分析により、自然免疫は、BNT162b2の2回接種ワクチンによる免疫と比較して、SARS-CoV-2のデルタ変異株による感染、症候性疾患、入院に対して、より長期的で強力な保護を与えることが実証された。」

3. ワクチンを接種しても感染性SARS-CoV-2が排出されること

Shedding of Infectious SARS-CoV-2 Despite Vaccination
The SARS-CoV-2 Delta variant might cause high viral loads, is highly transmissible, and contains mutations that confer partial immune escape ,. Outbreak investi...

Kasen K. Riemersma、Brittany E. Grogan、Amanda Kita-Yarbro、Gunnar E. Jeppson、David H. O’Connor、Thomas C. Friedrich、Katarina M. Grande著、MedRxiv 2021年8月24日。

「SARS-CoV-2デルタ変異株は、高いウイルス負荷を引き起こす可能性があり、高い感染性を持ち、部分的な免疫逃避をもたらす変異を含んでいる。アウトブレイク調査では、ワクチン接種者がデルタを拡散させる可能性が示唆されている。2021 年 6 月 29 日~7 月 31 日にウィスコンシン州で採取された 699 個のスワブ検体を,単一の受託検査機関が実施した定性試験で得られた RT-PCR サイクル閾値(Ct)データを比較した。検体は、ウィスコンシン州南部および南東部を中心とした36郡の住民から採取され、症例の81%はアウトブレイクとは関連していなかった。この間、ウィスコンシン州におけるデルタ型の推定有病率は、69%から95%以上に上昇した。ワクチン接種の状況は、自己申告と州の予防接種記録によって決定された。」

4. 過去に感染した人へのCOVID-19ワクチン接種の必要性

Necessity of COVID-19 vaccination in previously infected individuals
Background The purpose of this study was to evaluate the necessity of COVID-19 vaccination in persons previously infected with SARS-CoV-2. Methods Employees of...

Nabin K. Shrestha, Patrick C. Burke, Amy S. Nowacki, Paul Terpeluk, Steven M. Gordonによる、MedRxiv 2021年6月5日。

「SARS-CoV-2に感染したことのある個人は、COVID-19ワクチン接種の恩恵を受ける可能性は低く、ワクチンは過去に感染したことのない人に安全に優先的に接種することができる。」

5. BNT162b2 mRNAワクチンまたはSARS-CoV-2感染後の抗体価の減衰に関する大規模研究

Large-scale study of antibody titer decay following BNT162b2 mRNA vaccine or SARS-CoV-2 infection
Background Immune protection following either vaccination or infection with SARS-CoV-2 decreases over time. Objective To determine the kinetics of SARS-CoV-2 I...

by Ariel Israel, Yotam Shenhar, Ilan Green, Eugene Merzon, Avivit Golan-Cohen, Alejandro A Schäffer, Eytan Ruppin, Shlomo Vinker, Eli Magen. MedRxiv 2021年8月22日。

「この研究は、ファイザー・バイオエヌテック社のmRNAワクチンを受けた個人が、SARS-CoV-2ウイルスに感染した患者と比較して、抗体レベルの動態が異なることを示しており、初期レベルは高いが、最初のグループでは指数関数的な減少がはるかに速いことを示している。」

6. SARS-CoV-2 mRNA ワクチンと感染に対する個別の免疫応答シグネチャー

Discrete Immune Response Signature to SARS-CoV-2 mRNA Vaccination Versus Infection
Both SARS-CoV-2 infection and vaccination elicit potent immune responses. A number of studies have described immune responses to SARS-CoV-2 infection. However,

Ellie Ivanova、Joseph Devlin、er al)。Cell 2021年5月号による。

「感染とワクチン接種の両方が強固な自然免疫反応と適応免疫反応を誘導する一方で、我々の分析により、2種類の免疫チャレンジの間には大きな質的な違いがあることが明らかになった。COVID-19患者では、免疫応答は高度に増強されたインターフェロン応答によって特徴づけられ、これはワクチン接種者ではほとんど見られなかった。」

7. SARS-CoV-2感染は、ヒトにおいて長寿命の骨髄形質細胞を誘導する

SARS-CoV-2 infection induces long-lived bone marrow plasma cells in humans - Nature
SARS-CoV-2 infection induces long-lived bone marrow plasma cells that correlate with anti-SARS-CoV-2 spike protein antibody titres in individuals who have recov...

by Jackson S. Turner, Wooseob Kim, Elizaveta Kalaidina, Charles W. Goss, Adriana M. Rauseo, Aaron J. Schmitz, Lena Hansen, Alem Haile, Michael K. Klebert, Iskra Pusic, Jane A. O’Halloran, Rachel M. Presti, Ali H. Ellebedy。ネイチャー 2021年5月24日。

「本研究では、SARS-CoV-2の感染が、ヒトにおいて抗原特異的な長寿命BMPCを誘導するかどうかを明らかにしようとした。その結果、19人の回復者のうち15人の骨髄吸引液からSARS-CoV-2 S特異的BMPCを検出し、11人の対照者からは全く検出されなかった。… この結果は、SARS-CoV-2感染が、T細胞依存性のB細胞反応を引き起こすという正統的なものである。続いて、より安定したレベルの血清抗体が維持され、これは長命のBMPCによって支えられている。」

8. SARS-CoV-2感染後、持続的な抗体反応とメモリーB細胞およびT細胞を伴う永続的かつ広範な免疫記憶が、縦断的な解析により示される

Longitudinal analysis shows durable and broad immune memory after SARS-CoV-2 infection with persisting antibody responses and memory B and T cells
Ending the COVID-19 pandemic will require long-lived immunity to SARS-CoV-2. We evaluated 254 COVID-19 patients longitudinally from early infection and for eigh...

by Kristen W. Cohen, Susanne L. Linderman, Zoe Moodie, Julie Czartoski, Lilin Lai, Grace Mantus, Carson Norwood, Lindsay E. Nyhoff, Venkata Viswanadh Edara, er al)。 MedRxiv, April 27, 2021.

「COVID-19 パンデミックを終息させるには、SARS-CoV-2に対する長寿命の免疫が必要である。254人のCOVID-19患者を感染初期からその後8カ月間、縦断的に評価したところ、広義の免疫記憶反応が優勢であることがわかった。SARS-CoV-2スパイク結合抗体と中和抗体は、二相性の減衰を示し、半減期は200日以上と長く、寿命の長い形質細胞の生成を示唆していた。さらに、持続的なIgG+メモリーB細胞反応が見られ、これはウイルス再暴露時の迅速な抗体反応を示唆している。」

9. 既往感染者またはワクチン接種者における重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-2感染の発生率

Incidence of Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus-2 infection among previously infected or vaccinated employees
Introduction The protective effect of previous infection versus vaccination is poorly studied. Among a clinical laboratory that has been conducting routine work...

by N Kojima, A Roshani, M Brobeck, A Baca, JD Klausner. MedRxiv 2021年7月8日。

「SARS-CoV-2感染歴およびSARS-CoV-2ワクチン接種歴は、定期的に検査を受けた従業員におけるSARS-CoV-2への感染または再感染のリスク低下と関連していた。ワクチンを接種した人と感染歴のある人の間には,感染率の差はなかった。今回の結果が,新たなSARS-CoV-2変異株の出現と一致するかどうかを判断するには,さらなる研究が必要である.」

10.SARS-CoV-2 mRNAワクチン接種後のT細胞およびB細胞レパートリーのシングルセルプロファイリング

Please Wait... | Cloudflare

by Suhas Sureshchandra, Sloan A. Lewis, Brianna Doratt, Allen Jankeel, Izabela Ibraim, Ilhem Messaoudi. BioRxiv 2021年7月15日。

「興味深いことに、自然感染後に観察されたように、すべてのワクチン接種者にクローン的に拡大したCD8 T細胞が観察された。しかし、TCR遺伝子の使用量は、ヒト集団におけるレパートリーとMHC多型の多様性を反映して、変化していた。これは、mRNAワクチンでは見られなかった、ウイルスが提示する広範なウイルスエピトープを認識したためと考えられる。今回の研究では、初期のCD4 T細胞反応がB細胞反応の発達を促進し、エフェクターCD8 T細胞の大幅な増加をもたらすという、協調的な適応免疫反応が強調されており、これらは将来の想起反応に貢献することができる。

11.mRNAワクチン誘導T細胞は、懸念されているSARS-CoV-2の変異株に同じように反応するが、事前の感染状態に応じて寿命とホーミング特性が異なる

Please Wait... | Cloudflare

Jason Neidleman, Xiaoyu Luo, Matthew McGregor, Guorui Xie, Victoria Murray, Warner C. Greene, Sulggi A. Lee, Nadia R. Roan. BioRxiv, July 29, 2021.

「感染していない人では、2回目の投与でSARS-CoV-2特異的T細胞の量が増加し、表現型の特性が変化したが、回復者では2回目の投与ではどちらも変化しなかった。回復期ワクチン接種者のスパイク特異的T細胞は、感染していないワクチン接種者のスパイク特異的T細胞とは著しく異なり、その表現型の特徴は、長期的な持続性と鼻咽頭を含む呼吸器系への帰巣能力に優れていることを示唆していた。これらの結果は、ワクチンによって誘導されたT細胞が、新たに出現したウイルスにしっかりと反応することを再確認させ、回復者が2回目のワクチン接種を必要としないことを確認し、ワクチン接種を受けた回復者は、感染していない者に比べて、より持続的に鼻咽頭にホーミングするSARS-CoV-2特異的T細胞を持っている可能性を示唆している。」

12. SARS-CoV-2に対する免疫学的記憶を感染後8ヶ月まで評価

Immunological memory to SARS-CoV-2 assessed for up to 8 months after infection
Understanding immune memory to SARS-CoV-2 is critical for improving diagnostics and vaccines, and for assessing the likely future course of the COVID-19 pandemi...

Jennifer M. Dan, Jose Mateus, Yu Kato, Kathryn M. Hastie, et al Science, January 6, 2021.

「SARS-CoV-2に対する免疫記憶を理解することは、診断法やワクチンを改善するために、またCOVID-19パンデミックのありそうな将来の経過を評価するために重要である。本研究では、COVID-19症例188人の254サンプル(感染後6カ月以上経過した43サンプルを含む)を対象に、SARS-CoV-2に対する循環免疫メモリーの複数のコンパートメントを分析した。スパイクタンパク質に対するIgGは、6カ月以上にわたって比較的安定していた。スパイク特異的メモリーB細胞は、症状発症後1カ月よりも6カ月の方が多かった。SARS-CoV-2特異的CD4+ T細胞とCD8+ T細胞は、3~5カ月の半減期で減少した。SARS-CoV-2に対する抗体、メモリーB細胞、CD4+ T細胞、CD8+ T細胞のメモリーを統合的に研究することで、SARS-CoV-2の免疫メモリーの各構成要素が異なる動態を示すことが確認された。」

13. SARS-CoV-2感染から1年後の中和抗体の持続性

Persistence of neutralizing antibodies a year after SARS-CoV-2 infection
Understanding for how long antibodies persist following Severe acute respiratory coronavirus 2 (SARS-CoV-2) infection provides important insight into estimating...

Anu Haveri、Nina Ekström、Anna Solastie、Camilla Virta、Pamela Österlund、Elina Isosaari、Hanna Nohynek、Arto A. Palmu、Merit Melinによるものである。MedRxiv 2021年7月16日。

「野生型SARS-CoV-2感染後の血清抗体の持続性を、診断から6カ月後と12カ月後に評価した。」367人のうち、13%が入院を要する重症だった。SARS-CoV-2スパイク(S-IgG)および核タンパク質IgG濃度と、中和抗体(NAb)を持つ被験者の割合を決定した。」

14. Quantifying the risk of SARS-CoV-2 reinfection over time(経時的なSARS-CoV-2再感染のリスクの定量化)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8209951/pdf/RMV-9999-e2260.pdf

Eamon O Murchu、Paula Byrne、Paul G. CartyらによるRev Med Virol. 2021.

「再感染は珍しい事象であり(絶対率0%~1.1%)経時的に再感染のリスクが増加したと報告した研究はなかった。また、1つの研究だけが、一部の患者の全ゲノム配列に基づいて再感染の集団レベルのリスクを推定したが、その推定リスクは0.1%(95%CI:0.08~0.11%)と低く、初感染後7カ月までは免疫力の低下を示す証拠はなかった。これらのデータは、自然に獲得したSARS-CoV-2の免疫力は、感染後少なくとも10カ月間は衰えないことを示唆している。しかし、これらの研究が新しい変異株やワクチンによる免疫に適用できるかどうかは不明である。」

15. SARS-CoV-2抗体陽性は95%の有効性で少なくとも7ヶ月間再感染を防ぐ」

DEFINE_ME

Laith J. Abu-Raddad, Hiam Chemaitelly, Peter Coyle, Joel A. Malek. The Lancet誌 2021年7月27日号。

「カタールの若くて国際的な人口では再感染はまれである。自然感染は再感染に対する強力な保護を引き出すようで、少なくとも7ヶ月間は有効性~95%である。」

16. COVID-19に対する自然免疫は、再感染のリスクを大幅に低減する「血清調査参加者のコホートからの知見」

Natural immunity against COVID-19 significantly reduces the risk of reinfection: findings from a cohort of sero-survey participants
Conflicting reports on the persistence of antibody levels in individuals recovered from COVID-19 infection, suggest that the immunity against COVID-19 may not b...

Bijaya Kumar Mishra, Debdutta Bhattacharya, Jaya Singh Kshatri, Sanghamitra Pati. MedRxiv 2021年7月19日。

「これらの知見は、自然感染後の抗体の発達が、ウイルスによる再感染を大きく防ぐだけでなく、重度のCOVID-19感染症への進行を防ぐという強い妥当性を補強するものである。」

17. SARS-CoV-2の過去の感染による保護は、BNT162b2ワクチンによる保護と同様である。イスラエルでの3ヶ月間のナショナル・エクスペリエンス

Protection of previous SARS-CoV-2 infection is similar to that of BNT162b2 vaccine protection: A three-month nationwide experience from Israel
Worldwide shortage of vaccination against SARS-CoV-2 infection while the pandemic is still uncontrolled leads many states to the dilemma whether or not to vacci...

by Yair Goldberg, Micha Mandel, Yonatan Woodbridge, Ronen Fluss, Ilya Novikov, Rami Yaari, Arnona Ziv, Laurence Freedman, Amit Huppert, er al)。 MedRxiv 2021年4月24日。

「同様に、文書化された感染に対するSARS-CoV-2の先行感染からの全体的な推定防御レベルは94-8%(CI:[94-4, 95-1])入院94-1%(CI:[91-9, 95-7])重症96-4%(CI:[92-5, 98-3])であった。今回の結果は、既感染者へのワクチン接種の必要性を問うものである。」

18. 軽度のCOVID-19患者と非被爆者の免疫記憶により、SARS-CoV-2感染後のT細胞応答の持続性が明らかになる

Immune Memory in Mild COVID-19 Patients and Unexposed Donors Reveals Persistent T Cell Responses After SARS-CoV-2 Infection - PubMed
Understanding the causes of the diverse outcome of COVID-19 pandemic in different geographical locations is important for the worldwide vaccine implementation a...

(Asgar Ansari、Rakesh Arya、Shilpa Sachan、Someshwar Nath ジャー、Anurag Kalia、Anupam Lall、Alessandro SetteなどによるFront Immunol. 2021年3月11日には

「HLAクラスII予測ペプチドメガプールを用いて、非曝露者の約66%にSARS-CoV-2交差反応性CD4+T細胞を同定した。さらに、軽症のCOVID-19患者が回復して数カ月後に、防御的な適応免疫の重要な役割を担うCD4+T細胞とB細胞に検出可能な免疫記憶が見られ、CD8+T細胞の寄与はごくわずかであった。興味深いことに、COVID-19患者の持続的な免疫記憶は、主にSARS-CoV-2のSpike糖タンパク質を標的としていることがわかった。この研究は、インドの人口において、高度な既存の免疫記憶と持続的な免疫記憶の両方の証拠を提供している。」

19. SARS-CoV-2の19A、20B、20I/501Y.V1,20H/501Y.V2分離株に対する回復期の患者およびワクチン接種を受けた被験者における生ウイルス中和試験

Live virus neutralisation testing in convalescent patients and subjects vaccinated against 19A, 20B, 20I/501Y.V1 and 20H/501Y.V2 isolates of SARS-CoV-2
Background SARS-CoV-2 mutations appeared recently and can lead to conformational changes in the spike protein and probably induce modifications in antigenicity....

Claudia Gonzalez、Carla Saade、Antonin Bal、Martine Valetteら、MedRxiv 2021年5月11日

「軽度のCOVID-19を持つHCWと重症患者では、20Bと19Aの分離株の間に有意な差は見られなかった。しかし、20I/501Y.V1については、19A株と比較して、重症患者と感染後6カ月のHCWで中和能力の有意な低下が認められた。20H/501Y.V2については、19A株と比較して、すべての集団で中和抗体価が有意に低下していた。興味深いことに、ワクチンを接種したHCWでは、2つの変異株の間に中和能力の有意な差が観察されたが、回復期のグループでは有意ではなかった。」

20. 無症候性SARS-CoV-2感染症における高機能ウイルス特異的細胞性免疫反応

https://rupress.org/jem/article/218/5/e20202617/211835/Highly-functional-virus-specific-cellular-immune

by Nina Le Bert, Hannah E. Clapham, Anthony T. Tan, Wan Ni Chia, et al, Journal of Experimental Medicine, March 1, 2021.

「このように、無症候性SARS-CoV-2感染者は、弱い抗ウイルス免疫を特徴としているわけではなく、それどころか、高機能なウイルス特異的細胞性免疫反応を起こしている。」

21. SARS-CoV-2特異的T細胞メモリーはCOVID-19回復期患者で10ヶ月間持続され、幹細胞様メモリーT細胞の開発に成功した

SARS-CoV-2-specific T cell memory is sustained in COVID-19 convalescent patients for 10 months with successful development of stem cell-like memory T cells - Nature Communications
T cells are instrumental to protective immune responses against SARS-CoV-2, the pathogen responsible for the COVID-19 pandemic. Here the authors show that, in c...

Jae Hyung Jung, Min-Seok Rha, Moa Sa, Hee Kyoung Choi, Ji Hoon Jeon, et al, Nature Communications, June 30, 2021.

「特に、SARS-CoV-2特異的T細胞の持続的な多機能性と増殖能が観察された。活性化誘導マーカーによって検出されたSARS-CoV-2特異的CD4+およびCD8+ T細胞のうち、幹細胞様メモリーT(TSCM)細胞の割合が増加し、約120DPSOでピークに達している。TSCM細胞の発生は、SARS-CoV-2特異的MHC-Iマルチマー染色によって確認される。TSCM細胞の自己再生能力と多能性を考慮すると、我々のデータは、SARS-CoV-2特異的T細胞がCOVID-19から回復した後も長く続くことを示唆しており、したがって、COVID-19対策として効果的なワクチン接種プログラムの実現可能性を支持するものである。」

22. SARS-CoV-2 mRNA ワクチン接種後の抗体の進化。

Please Wait... | Cloudflare

by Alice Cho, Frauke Muecksch, Dennis Schaefer-Babajew, Zijun Wang, et al, BioRxiv, et al, BioRxiv, July 29, 2021.

「自然感染によって時間をかけて選択された記憶抗体は、ワクチン接種によって誘発された抗体よりも大きな効力と幅を持つと結論づけている。これらの結果は、現在利用可能なmRNAワクチンでワクチン接種を受けた人をブーストすると、血漿中和活性の量的増加が得られるが、回復期の人にワクチンを接種することで得られる変異株に対する質的優位性は得られないことを示唆している。「 新しいバージョンでは 」これらの結果は、現在入手可能なmRNAワクチンでワクチン接種を受けた人を後押しすることで、血漿中和活性は増加するが、回復期の人にワクチンを接種して得られたものと同等の広がりを持つ抗体は得られない可能性があることを示唆している。」

23. SARS-CoV-2 mRNAワクチンの2回目の投与が、ナイーブな人とCOVID-19回復者のT細胞免疫に及ぼす影響の違い

Please Wait... | Cloudflare

Carmen Camara, Daniel Lozano-Ojalvo, Eduardo Lopez-Granados. Et al., BioRxiv, March 27, 2021.

「BNT162b2ワクチンによる2回接種レジメンは、ナイーブな人では95%の有効性が得られることが実証されているが、以前にSARS-CoV-2の自然感染から回復した人における2回目のワクチン投与の効果については疑問視されている。本研究では、BNT162b2ワクチンを接種したナイーブな人と過去に感染した人におけるSARS-CoV-2スパイク特異的な体液性免疫と細胞性免疫の特徴を明らかにした。その結果、ナイーブな人では2回目の接種で体液性免疫と細胞性免疫の両方が増加することがわかった。逆に、COVID-19回復者では、BNT162b2ワクチンの2回目の投与により、細胞性免疫が低下することから、SARS-CoV-2に過去に感染した人では、現在の標準的なワクチン接種法に従った2回目の投与は必要ないかもしれない。」

24. COVID-19の自然免疫。Scientific Brief. 世界保健機関 2021年5月10日

https://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/341241/WHO-2019-nCoV-Sci-Brief-Natural-immunity-2021.1-eng.pdf?sequence=3&isAllowed=y

「利用可能な科学的データによると、ほとんどの人では、感染後少なくとも6~8カ月間は免疫反応が強固に保たれ、再感染に対して防御的であることが示唆されている(現在、強い科学的証拠のある最長の追跡調査は約8カ月である)。SARS-CoV-2ウイルスの中には、スパイクタンパク質に重要な変化がある変異型ウイルスがあり、血液中の抗体による中和作用が弱くなっている。中和抗体は主にスパイクタンパクを標的とするが、自然感染により誘発される細胞性免疫は、スパイクタンパクよりも変異株間で保存されている傾向のある他のウイルスタンパクも標的とする。」

25. オーストリアにおけるSARS-CoV-2の再感染リスク

SARS-CoV-2 re-infection risk in Austria - PubMed
We observed a relatively low re-infection rate of SARS-CoV-2 in Austria. Protection against SARS-CoV-2 after natural infection is comparable with the highest av...

Stefan Pilz, Ali Chakeri, John Pa Ioannidis, er al)。 Eur J Clin Invest. 2021年4月のことである。

「第1波のCOVID-19生存者14,840人に40件の暫定的な再感染を記録し(0.27%)残りの一般集団8,885,640人に253,581件の感染を記録した(2.85%)結果、オッズ比(95%信頼区間)は0.09(0.07~0.13)となった。オーストリアではSARS-CoV-2の再感染率が比較的低いことがわかった。自然感染後のSARS-CoV-2に対する防御は、ワクチンの効果に関する最も高い推定値に匹敵する。公衆衛生対策やワクチン接種戦略に関するエビデンスに基づいた決定を改善するためには、この問題に関してさらに十分にデザインされた研究が早急に必要である。」

26. 一般集団におけるSARS-CoV-2自然感染に対する抗スパイク抗体反応

Anti-spike antibody response to natural SARS-CoV-2 infection in the general population
We estimated the duration and determinants of antibody response after SARS-CoV-2 infection in the general population using representative data from 7,256 United...

Jia Wei, Philippa C. Matthews, Nicole Stoesser, et al, MedRxiv, 2021年7月5日.

「再感染に対する保護に関連する抗体レベルは、平均して1.5~2年持続する可能性が高く、重度の感染からの保護に関連するレベルは数年間存在すると推定された。これらの推定値は、ワクチン接種のブースター戦略の計画に役立つ可能性がある。」

27. イングランドにおける抗体陽性と抗体陰性の医療従事者のSARS-CoV-2感染率:大規模多施設前向きコホート研究(SIREN)

DEFINE_ME

ビクトリア・ジェーン・ホール(FFPH)サラ・ファルケス(MSc)アンドレ・シャーレット(PhD)アナ・アティ(MSc)らによる「The Lancet」2021年4月29日号に掲載された。

「SARS-CoV-2の感染歴は、感染リスクの84%低下と関連しており、保護効果の中央値は初感染から7カ月後に観察された。この期間は、セロコンバージョンが含まれていないため、最小確率の効果である。この研究は、SARS-CoV-2に過去に感染したことで、ほとんどの人に将来の感染に対する有効な免疫が誘導されることを示している。」

28. フェロー諸島の全国規模の研究でSARS-CoV-2の自然抗体反応が少なくとも12ヵ月間持続することが判明

SARS-CoV-2 Natural Antibody Response Persists for at Least 12 Months in a Nationwide Study From the Faroe Islands
Dear Editor,

Maria Skaalum Petersen、Cecilie Bo Hansen、Marnar Fríheim Kristiansenらによる、Open Forum Infectious Diseases、Volume 8,Issue 8,2021年8月。

「抗体の保護的役割は現在のところ不明であるが、我々の結果は、SARS-CoV-2抗体が症状発症後少なくとも12カ月、おそらくそれ以上の期間持続したことを示しており、COVID-19発症者が再感染から保護されている可能性を示している。今回の結果は、未発見の患者がほとんどいない環境で、全国規模のコホートにおけるSARS-CoV-2抗体免疫を示すものであり、自然免疫やSARS-CoV-2ワクチンの免疫反応の予想される持続性についての理解を深めるものと考えられる。さらに、これらの結果は、公衆衛生政策やワクチン提供のための継続的な戦略に役立つと考えている。

29. カタールに到着した航空旅客におけるSARS-CoV-2のPCR検査陽性結果とワクチン接種および過去の感染との関連性について

Association of Vaccination and of Prior Infection With Positive PCR Tests for SARS-CoV-2
This study explores the association of vaccination against COVID-19 or prior SARS-CoV-2 infection with PCR test positivity in airline passengers arriving in Qat...

Roberto Bertollini, MD, MPH1,Hiam Chemaitelly, MSc2,Hadi M. Yassineによるものである。JAMA Research Letter 2021年6月9日。

「ワクチン接種の記録はないが、PCR検査の少なくとも90日前に先行感染の記録がある9180人(第3群)のうち、7694人はワクチン接種の記録も先行感染の記録もない人(第2群)と一致させることができ、そのうちPCR陽性率はそれぞれ1.01%(95%CI,0.80~1.26%)と3.81%(95%CI、3.39%~4.26%)であった。PCR陽性の相対リスクは、ワクチン接種の記録や過去の感染記録がない場合と比較して、ワクチン接種者では0.22(95%CI,0.17-0.28)過去の感染記録がある人では0.26(95%CI,0.21-0.34)であった。」

著者

ブラウンストーン研究所

Brownstone Institute for Social and Economic Researchは、公共生活における暴力の役割を最小限にする社会を支援するために 2021年5月に構想された非営利団体である。

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました