ワクチン接種・遺伝子ファイル 偶然の発見
 長期スパイク発生やターボガンなど一部の有害事象を説明できるmRNAワクチン詐欺のゲームチェンジャーが登場

ケビン・マッカーナン、SV40、DNA混入ブラウンストーン研究所

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

brownstone.org/articles/vax-gene-files-accidental-discovery/

The Vax-Gene Files: An Accidental Discovery

1928年、科学者アレクサンダー・フレミングが2週間の休暇を終えて研究室に戻ったとき、研究室のベンチに誤って置いてあった細菌の入ったシャーレに、なぜかペニシリウム・ノータムのカビが混じっていた。フレミングはこのカビが細菌の成長を阻害していることに気づく。この偶然の発見が、抗生物質の時代の幕開けとなり、医学史、そしておそらく人類史の転換点となった。

最近、また偶然の発見があり、科学者たちは、私たちが歴史の中で別の角を曲がったのではないかと考えている。

物語は、ゲノム分野で25年の経験を持ち、DNAとRNAの配列決定法の第一人者である科学者、ケビン・マッカーナンから始まる。彼は、ヒトゲノム・プロジェクトに携わり、最近ではDNAの塩基配列を決定するメディシナル・ゲノミクスに取り組んでいる。

シーケンスの問題を整理する過程で、McKernanは匿名で送られてきた、ファイザーとモデルナのCOVID-19二価ワクチンをmRNAのコントロールとして使用した。

誰かが、これは完璧なコントロールだ…純粋であるべきだ、と思って送ってくれたのです。だから、これをうまく使えば、mRNAのシーケンスの問題も解決するはずです。

と、マッカーナンは最近のインタビューで説明している。

私たちの問題を解決してくれたのです。しかし、その過程でわかったことは、mRNAは純粋なものではなかったということです。実は、背景にはたくさんのDNAがあったのです。

マッカーナンは衝撃を受けた。

私たちが探していたものとは違う…私は、mRNAの中にある新しい修飾ヌクレオチドは、より高いエラー率を持つかもしれないと直感しました。だから、この間違いを見つけるためには、何度も何度も何百万倍も深く配列を変えなければならないと思ったのです。そうすると、DNAが浮かび上がってきて、「これはもっと大きな問題だ。これはもっと大きな問題だ、これに集中しなければ」と思いました。…私はパニック状態になり、これを調べるための予算がないことに気づいたのです。

ここで一旦中断して、COVID-19のmRNAワクチンについて言われたことを見てみよう。私たちは確信した:

  • 注射は安全である。一方、世界中の有害事象報告システムでは、これまで見られなかった有害事象や傷害の発生率が記録されています;
  • 予防注射は有効である。だが、何のために有効なのかというと、感染を止めるためではない。重症化を防ぐという点についても、最近のデータやニューサウスウェールズ州の保健省の報告書によると、ワクチン接種者に病院やICUへの入院が不釣り合いであることが証明されており、よくわからない。
  • 注射剤は注射部位に留まる。最近公開された情報公開法に基づいて入手した文書には、脂質ナノ粒子が肝臓、脾臓、副腎、卵巣、精巣など広範囲に分布することが示されています;
  • 注射でDNAは変わらない。

最後の1行をもう少し詳しく見てみよう。

オーストラリアTGAは、COVID-19ワクチンに関する評判の良い情報は、ウェブサイトの「それは本当?」セクションで見つけることができると述べている。見る価値はある。「COVID-19ワクチンは私のDNAを変えることができるのだろうか」という質問に対して、TGAは「いいえ、COVID-19ワクチンはあなたのDNAを変えることはない」と明確にしている。

「mRNAワクチンは、RNAという合成遺伝暗号を用いて、コロナウイルス特有のスパイクプロテインの作り方を細胞に指示する。mRNAワクチンでコード化されたタンパク質が作られると、体はスパイクプロテインを異物と認識し、それに対する免疫反応を起こす。ワクチンのRNAは、DNAに何ら変化や影響を与えない」と説明している。

ふふっ、それならそれでいいんじゃないのか

2022年、Aldenらがヒト肝細胞を用いた試験管内試験で、ファイザーのmRNAが6時間以内にDNAとして発現することを示した、迷惑な論文が発表されるまでは、mRNAがDNAに変換する経路(逆転写と呼ばれるプロセスも含む)の可能性は否定された。

しかし、マッカーナンの発見により、新たな可能性が見えていた。ワクチンにすでにDNAが含まれていたとしたら、mRNAがDNAに逆転写するかどうかという議論とは無関係になってくる。

マッカーナンは、予想されたmRNAのほかに、mRNAの断片、その他のRNA、そして直鎖状と環状の2種類のDNAを発見した。環状のDNA、つまりプラスミドDNAの意味が重要である。プラスミドDNAは、細菌細胞にmRNAを大量生産させるための「完全なレシピ」である。このDNAは存在しないはずだ。マッカーナンのさらなる調査により、ワクチンに含まれるプラスミドDNAは、実際に細菌細胞内で生存し、形質転換が可能であることがわかった。

つまり、マッカーナンが検査したファイザーとモデルナの二価ワクチンのバイアルには、DNAが混入していたのである。スパイク遺伝子をコードするDNAは、生物のゲノムに挿入できる可能性がある。

問題は、このDNAがヒトのゲノムの一部になる可能性があるか、もしそうならどんな影響があるかということだ。そのためには「遺伝毒性」を調べる必要があるが、オーストラリアのTGAは、(ファイザー)注射が検査されておらず、TGAが求めてもいないことだという。

欧州医薬品庁(EMA)とFDAは、RNA1ミリグラムあたり330ナノグラムのDNAを許容量としている。オーストラリアでは、TGAが1回の投与につき10ナノグラム以下と定めている。

(この上限がどのように決定されたかは不明である。個人的には、mRNA注入時のDNAがゼロであることを望む)

しかし、マッカーナンの分析では、二価の注射液のサンプルに最大35パーセントのDNAが混入していた。これは、規制当局が「許容範囲」と見なす値の最大1,000倍である。

次に、マッカーナンは、一価の注射を分析した。ファイザー社の1価の注射にも、それほどではないものの、DNAが混入していることがわかった。ファイザー社の1価の注射に含まれるDNAのレベルは、EMAの制限値の18〜70倍であった。

では、これからどうなるのだろうか?

この結果は、科学界でさらに検証されている最中である。マッカーナンは、スピードの本質を追求するため、研究結果と方法をSubstackとオンラインで公開した彼は、『パンデミックの最中の出版システムは、政治的な影響を受けています。だから、それではおそらく、あまり早く情報が伝わらない。私は、このすべてを文書化し、データを公開することに全力を尽くさなければなりませんでした』。

マッカーナンの発見が検証された場合、その影響は深刻である。DNAの混入が広範囲に及べば、mRNAワクチン液の製造工程、安全システム、規制当局の監督など、すべての品質に疑問符がつくことになる。さらに、DNAだけが汚染物質ではないかもしれない。

この汚染発見は、疑問を投げかけるものである。オーストラリアの遺伝子技術規制庁(OGTR)は、これらのmRNA注射の安全性について何を知っているのか? また、これらの注射の安全性について、TGAとOGTRの間でどのような議論がなされたのか?

これらの質問のいくつかは、質問され、うまくいけば答えが得られるだろう。近いうちにと、私たちは願っている。

もう一つの疑問が重くのしかかっている。この「偶然の発見」は、mRNAワクチンを受けた人たちの健康、子孫、そしてヒトゲノムの将来という点で、何を意味するのだろうか?

科学者やゲノミクスの専門家はこの発見に衝撃を受けている。マッカーナンも、『ファイザー社の製造方法の設計図がすべて小瓶の中に入っているとは思わなかった』と言う。

私たちもそうだった。

著者紹介

Julie Sladden

ジュリー・スラッデン

ジュリー・スラッデン博士は、医療における透明性に情熱を注ぐ医学博士であり、フリーランスのライターでもある。彼女の論説は、The Spectator AustraliaとThe Daily Declarationの両方に掲載されている。2022年、タスマニア州ウェスト・タマールの地方政府評議員に選出される。

Julian Gillespie

ジュリアン・ガレスピー

ジュリアン・ギレスピーは、オーストラリアの弁護士で、元弁護士である。COVID-19の暫定承認が規制基準に適合していないとして法的に無効とされることを求める活動も行っている。ジュリアンは、Children’s Health Defense, Australiaの理事も務めている。

タイトルとURLをコピーしました