ワクチンワクチンの安全性・有害事象ワクチン免疫・感染免疫子どものワクチン

子供たちが効果的にCOVID免疫を持ち、すでにワクチンを受けていると考えられる生物学的・分子的証拠

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Biological and molecular evidence why children are effectively COVID immune and can be considered already vaccinated

trialsitenews.com/covid-injections-offer-children-no-opportunity-for-the-benefit-and-only-potential/

ポールアレクサンダー

9月20日, 2021

子供たちがCOVIDで効果的に免疫を獲得し、すでにワクチンを接種していると考えられる生物学的・分子的証拠;COVID注射は子供たちに利益をもたらす機会はなく、害をもたらす可能性があるだけである。

この意見記事に記載されている見解は、執筆者の個人的な見解であり、必ずしもトライアルサイトの見解ではないのでご注意ほしい。この記事は有料ではなく無料で読むことができ、シェアすることができる。

 

私は、子どもたちが効果的にCOVID免疫を持ち、すでにワクチンを接種していると考えることができる理由について、生物学的・分子的に明確な証拠があると主張する。そう、すでにワクチンを受けていて、COVIDワクチンは必要ない。放っておこう。COVIDの注射は、子どもたちに利益をもたらす機会はなく、害をもたらす可能性しかない。子供たちにCOVIDワクチンを接種してはいけない。重要なのは、これらのワクチンが必要ではないということだ。なぜ子どもたちがこれらのワクチンを受けなければならないのかについて、公衆衛生の専門家はまだ誰も論じていない。さらに、開発者はワクチンを適切な期間追跡調査しておらず、これは非常に厄介なことであり、我々はこのワクチンの接種者に将来何が起こるかわからないのである。私は反ワクチン派ではなく、ワクチンを支持しているが、適切に開発されたものでなければならない。この研究は、研究方法、追跡調査の期間、適切な安全性試験の欠如などの点で適切に開発されておらず、結果として得られた推定値には疑問があり、特に一般の人々への発表方法については疑問が残る。騙すことを目的としている。一般の人々は騙されている。子供たちに長期的にどのような影響を与えるのか見当もつかず、子供たちに深刻なダメージを与え、死に至らしめる可能性もあるのである。子供は、大人のように感染して重症化するような分子的・生物学的基盤を持っていないので、自然に保護される。私がFDAに警告しているのは、もしこれを承認してしまうと、何千人ものアメリカの子供たち(そして世界の子供たち)を殺し、心筋炎やその他の自然保護によってこれまで免れてきた重篤な症状で害を与える危険性があるということである。ワクチンとスパイクタンパクが循環に入り、子供たちの血管系に壊滅的な結果をもたらし、血栓、出血・溶血などを引き起こす可能性がある。

CDCやNIH、NIAIDはこの件に関して全くの誤りを犯し続けている。CDCやNIH、NIAIDはこの件に関して全く間違っている!医学的な理由はなく、私はFDAにこの件を止めるよう嘆願する。子供たちは大人を守るためにいるのではなく、この問題を解決するために子供たちの免疫を必要としているのではない。早期治療があるからこそ、高齢者やハイリスクの人たちを二重三重に守り、早期治療をしなければならないのであるが、社会にすでに備わっている自然の免疫力を無視してはいけない。子どもたちがすでに持っている免疫力である。最近では、デング熱のワクチン「デングバシア」の子どもたちへの被害が注意を促している。子供たちはそれによって深刻な被害を受けた。

推定されるIFRは、子どもと若年層ではゼロに近い。PANDAの報告によると、19歳未満のIFRは0.003%である。Levin氏は、年齢別の推定IFRは10歳で0.002%、25歳で0.01%と報告している。一方、American Council on Science and Health(ACSH)では、IFRを以下のように報告している。0-4歳:平均0.003%、5-9歳:平均0.001%、10-14歳:平均0.001%、15-19歳:平均0.003%、20-24歳:平均0.006%。米国小児科学会による最新のデータによると、「COVID-19の全死亡者数のうち、子どもは0.00%~0.19%であり、(米国の)10の州では子どもの死亡者数はゼロと報告されている。報告している州では、子供のCOVID-19の全症例のうち0.00%~0.03%が死亡に至っている」としている。

リスクの生物学的・分子的な理解については、私は以下のような証拠をまとめて、子どもたちはすでに免疫を持ち、ワクチンを接種しているという仮説を立てた。実際には、免疫反応の非常に未熟なライブラリを付与する、最適ではないスパイク特異的注射によるワクチン接種よりも優れている。PatelとBunyavanich(ACE 2受容体の研究で、小児では発現が限られていることを示した)Loske(小児の上気道では、事前に活性化された抗ウイルス自然免疫(粘膜コンパートメント)があることを示した)Yang(小児にはSARS-CoV-2に結合できるメモリーB細胞があることを示し、小児期の早期(事前)の風邪コロナウイルスへの曝露が強力な役割を果たしていることを示した)WeisbergとFarberら(小児のT細胞は比較的ナイーブであることを示した)による強力な研究がある。(子供のT細胞は比較的ナイーブで、ほとんど訓練を受けていないため、新しいウイルスに反応する能力が高いことを示している)、Galow(子供は他の子供に感染しないが、子供に感染するのは大人であることを示している)などの論文がある。

このような生物学的仮説は、COVIDに関する子供のリスクが非常に低いことを大きく説明することができるが、観察型の疫学的研究についてはどうであろうか。子供のリスクが低いことを示す研究は数多くあるが、ここではいくつかの良い例を紹介する。フレンチアルプスで行われた質の高い確実な研究では、COVID-19のクラスターを介したCOVID-19ウイルスの拡散を調査した。この研究では、感染した1人の子どもが3つの学校を訪れ、他の子どもや教師、さまざまな大人と交流した様子を追跡調査した。彼らは、密接な交流にもかかわらず、二次感染の例はないと報告している。これらのデータは1年以上前からCDCをはじめとする医療専門家公開

Ludvigsson氏は、スウェーデンの1歳から16歳までの子どもとその教師を対象としたCOVID-19に関するブレイクスルー論文をNew England Journal of Medicine誌に発表した。スウェーデンの学校で追跡調査された約200万人の子どもたちの中から、マスクの義務化がなくても、COVIDによる死亡者はゼロで、感染して入院した例はわずかだったと報告されている。

繰り返しになるが、子どもたちには自然のACE2プロテクションがあり、それが彼らをしっかりと守ってくれているようである。ワクチンによって大人に起こった死を、子供たちはこれまで免れてきた。それは、この自然な保護機能と、私が上で説明した分子的な理由によるものである。彼らにはCOVIDワクチンは必要ない。これは彼らを殺す可能性があるからである。CDCやNIH、ワクチン開発者は国民を欺いており、適切な研究を行っていない。これは非常に無謀で危険なことである。アンソニー・ファウチ博士は、すべての子供たちにワクチンを投与するという、この狂気のような行為を止めなければならない。今日に至るまで、彼はその理由を説明できない。それは常に非論理的で、非合理的で、無意味で、科学的なメリットがなかった。トランプ大統領は名乗り出て、少なくともこれらの注射が子供たちの腕に入らないようにすることを主張しなければならない。このワクチンプログラムはトランプ大統領の下で始まったものであり、彼は安全性に関して浮上している厄介な問題を見ているはずである。子供たちに深刻な被害を与える可能性があるため、バイデン大統領にもこれに続いて、子供たちへの注射に反対してもらいたいのである。あまりにも多くのリスクがある。親たちは立ち上がって、ファウチ、コリンズ、ワレンスキー、そして無謀で憶測に満ちたテレビの医療専門家たちのこの狂気を拒絶しなければならない。もしこれらの公衆衛生の指導者たちが、我々の子供たちがワクチンを接種されるべきであり、これらが安全であると考えるのであれば、彼らが享受している食卓から責任保護を取り除くべきである。責任保護は彼らを守るものであり、我々の子供たちを守るものではない。安全だと思うなら、それを取り除きなさい。あなたに責任がないということは、親からの信頼を得られないということである」。

最後に、歴史が教えてくれるのは、大きな結果をもたらした過去のミスや無理な失態を一旦立ち止まって振り返ることである。2009年のパンデミックに使用されたH1N1インフルエンザASO3アジュバントワクチン(Pandemrixインフルエンザワクチン接種プログラム)の後、スカンジナビア諸国の子供たちにナルコレプシーの発生率が増加したことを思い出すのが良いであろう。 また、デング熱ワクチンがフィリピンの子どもたちに与えた被害も、人間社会に負担をかけたものとして思い浮かぶ。サノフィパスツール社は、エボラ出血熱に似た血漿漏出の非常に危険なリスクを理由に 2017年にワクチンの接種を中止した。「血漿漏出症候群」という合併症だ…彼(ハルステッド)はとても心配して、科学雑誌に社説を書き始め、フィリピン政府にもこの問題について警告した。..私が言いたいのは、完全に正常で健康な人にワクチンを投与して、血漿漏出症候群のリスクを一生負わせることはできないということだ。そんなことをしてはいけない。1955年に米国で子どもたちが病気になり、致命的な麻痺を負った汚染されたポリオワクチンも、この文脈で検討する価値がある。子どもたちへの大量のワクチン接種を迅速に展開することで生じる弊害は、すべてのケースで安全であると証明されたわけではない。おそらく、このコメントは注目に値するであろう。「例えば1977年には、欠陥のあるバッチによる3種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風)の接種により、数人の子供が失明し、耳が聞こえなくなり、永久に障害が残った。子供たちは事実上COVID免疫を持っており、上記の生物学的・分子的説明の通り、すでに完全なワクチン接種を受けていると考えることができる。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました