ワクチンワクチン 生殖への影響ワクチンの安全性・有害事象

不妊症の懸念にはもっともな根拠はあるのか?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Is There a Plausible Basis For Fertility Concerns?

ashmedai.substack.com/p/is-there-plausible-basis-for-fertility

アッシュメダイ

10月1日

私の住んでいる地域では、ワクチン接種を躊躇している多くの人々、特に妊娠可能な年齢の若い女性が最も気にしていることは、不妊への悪影響を懸念していることである。そのためか、医師たちは、ワクチンに起因する他の種類の副作用よりも情熱と復讐心をもって、生殖能力への懸念を軽蔑的に退けている。そこで、ワクチンが不妊症に影響を与えるのではないかと正当に心配する理由をまとめておくことは、人々にとって有益なことだと思う。以下では、これらのワクチンが不妊症に影響を与える可能性があるとするいくつかの合理的な論拠を、一般の人々の言葉で簡単に、わかりやすく説明する。

ワクチンメーカーに対して、ワクチンの遺伝子治療部分に関する標準的なテストの実施を求めていないFDAの失敗

現在、米国で使用されているワクチンはすべて、遺伝物質をタンパク質に変換するために宿主細胞を利用するという意味で、「遺伝子治療」と呼ばれるものを利用している。遺伝子治療は、通常のワクチンや治療法とは異なり、厳格な試験が行われることになっている。

これらのテストには、遺伝物質の運搬手段の毒性(人体内の何かと有害な相互作用をするかどうか)人体内のどこに行き着くか(分布)タンパク質の生成期間、タンパク質の生成量、人体内でのタンパク質の分布、生成されたタンパク質の毒性などを評価することが含まれる。

重要なのは、これには特に生殖毒性を評価するための特別なテスト群も含まれていることである。これらの試験はいずれも人間を対象にしておらず、ほとんどが動物でも行われていないようである。私の知る限りでは、これらの試験に関する厳格なテストの公式文書は存在せず、存在しないことになっている。

さらに懸念されるのは、すべてのワクチン試験から妊婦が除外されていたことである。そのため、ワクチンを接種した女性と接種していない女性の間で、妊娠中の損失や先天性障害に違いがあるかどうかを確認するための、対照群を用いた適切な研究がまだ行われていない。さらに、対照群がワクチンを接種したわずか数ヶ月後に試験は不可逆的に終了しており、試験から長期的なデータが得られる可能性(脅威?妊孕性を適切に評価するためには、長期的な研究が必要であるが、実際の臨床試験ではそのようなデータは得られない。

つまり、臨床試験ではワクチンが生殖能力に影響を与えないことは証明されておらず、「専門家」は影響を与えないと思い込んでいるだけなのである。専門家の意見が医薬品の安全性の証拠とみなされないのには、それなりの理由がある。つまり、専門家が物事を予測する場合、特に新薬に関しては(さまざまな幅広い理由で)通常は間違っているからである。残念なことに、専門家は自分の専門性の限界をほとんど認識しておらず、コビッドに関してはその存在に全く気付いていないようである。もし、専門家の意見が新製品の安全性を判断する有効な方法であれば、FDAは廃止されるかもしれない。このように、「専門家の意見」というのは、空虚で無意味な戯言なのである。

「専門家」たちは、ワクチンが月経周期に影響を与えることは考えられず、これらの報告はほとんどが誇張されたものか虚偽であると主張していたが、これは驚くべき転換である。このようなことは起こらないという「専門家」の意見はこれまでである。こうなると、専門家が同様に根拠なくワクチンが原因ではないと主張している原因は他にもあるのではないかと考えてしまう。

より詳細な部分に入る前に1つ注意しておきたいのは、以下の点のほとんどすべてが、たとえ真実であったとしても、特定のパラメータの範囲内でのみ真実となるということである。例えば、何らかのダメージを与えるためには、最低限のスパイクタンパク質が必要である。しかし、彼らはテストを省略したので、これらの数値についてはよくわからず、それゆえに懸念されるのである。

LNP(リピッド・ナノ・パーティクル)について

どちらのmRNAワクチンも、脂質化合物の混合物を「デリバリー・ビークル」として利用して、mRNA自体を宿主細胞に運び、mRNAが細胞を「ハイジャック」してスパイクタンパク質を産生する。これらのLNPにはいくつかの潜在的な懸念がある。

  1. ファイザー社が日本政府に提出した薬物動態学的な前臨床動物試験の生体分布報告書によると、LNPは卵巣にかなりの数が蓄積されていた。明らかに、特に敏感な器官である卵巣に蓄積された異物の存在は、卵巣機能に実際にどのような影響があるのかを疑わせるものである。もしかしたら、何もないかもしれない。また、LNPはラットでは卵巣に行くだけで、人間では行かないのかもしれない。実際のところ、これは人間を対象としたテストではないので、わからないのである。
  2. LNP粒子を機能させるためには、必然的に正電荷を帯びた脂質(カチオン性脂質)が必要となる(より具体的には、LNPがmRNA分子と適切に結合してmRNAの周りに脂質の「シェル」を形成するため)。カチオン性脂質は、ヒトに対して毒性を持つことが知られている。mRNA技術の開発において、初期の段階で最も困難だったのが、脂質の毒性であった。ワクチンメーカーは(もちろん)この問題を解決したと考えているが、LNPが蓄積する可能性のある体内のあらゆる場所で、使用した「修正液」が持ちこたえるかどうかを確認する適切なテストはなかった。また、LNPの毒性の兆候が見られないmRNAプラットフォームを一般に使用してきた長い実績もない。繰り返しになるが、今回のものはもしかしたら全く毒性がないかもしれないし、この脂質の毒性を十分に抑制して毒性の問題を回避することに成功したのかもしれないが、これにはテストが必要である。
  3. ナノ粒子はそれ自体が生殖能力の低下を引き起こす可能性があると考えられており、「Potential adverse effects of nanoparticles on the reproductive system(ナノ粒子の生殖系への悪影響)」という研究でもその可能性が指摘されている。

スパイクタンパク質

これらのワクチンはすべて、宿主細胞にスパイクタンパクとして知られるコビッドウイルスの一部を産生させる。コビッドウイルスのスパイクタンパク質の機能は、細胞の表面タンパク質と結合することで、コビッドウイルスがその細胞に「侵入」できるようにすることである。ワクチンを設計した当時は、スパイクタンパクは単なる「鍵」のようなもので、それ以上のものではないというのが常識であった。残念なことに、この数ヶ月の間に、スパイクタンパクがコビッドウイルスの中で最も大きなダメージを与える部分であることを明確に示す新しい研究が数多く発表された。これは、同じメカニズムが生殖器官にもほぼ適用されることに関連している。スパイクタンパク質は全身を循環していることがわかっているので、一部が卵巣に到達することは十分に考えられる。

  1. スパイクタンパク質は、ACE2受容体と結合するだけで、細胞の機能障害を引き起こし、さらには細胞を死滅させる。(興味深いことに、ワクチンが生成するスパイクタンパク質の改変の1つは、S1をRBDが露出したオープンな構造に固定することであり(非常に短いレイマンバージョン)これはS1と細胞内の受容体タンパク質との結合親和性を高めることが事実上保証されている)。ACE2受容体は、生殖器官・組織を含む全身に遍在しているため、十分な量のスパイクタンパク質が卵巣のACE2と結合した状態で循環すると、生殖能力に悪影響を及ぼす可能性がある。
  2. スパイクタンパク質は、免疫系の過剰反応を引き起こし、非常に有害な炎症やその他の有害な生理現象を引き起こす。スパイクタンパク質が卵巣に蓄積すると、卵巣組織に対する免疫反応を引き起こし、卵巣組織に影響を与える可能性があり、卵巣に悲惨な結果をもたらす可能性がある。
  3. また、mRNAが残っているLNPが卵巣に到達した場合、卵巣細胞がスパイクタンパクを産生し、「感染した」卵巣細胞を直接標的とした免疫反応を引き起こす可能性があり、これも卵巣に悲惨な結果をもたらす可能性がある。

動物実験における受胎率の低下

EUからのモデルナ社のEMAには、ラットの妊娠率が、ワクチン群では14%、対照群ではわずか7%であったことが認められている。ファイザー社が報告した限定的な生殖毒性試験では、「着床前の損失が2倍に増加し、対照群の4.1%に対して9.77%になった」、「胎児の間では(中略)胃捻転、口・顎の奇形、右側大動脈弓、頸椎の異常の発生率が非常に低かったが、これらの所見は過去の対照データの範囲内であった」としている。この効果がワクチンによるものなのか、それとも単なる統計上のアーチファクトなのかを判断するために、これらの研究は追跡調査に値するはずである。過去の対照データの範囲内であるからといって、その結果がランダムな偶然の産物であることを意味するものではないし、特定の異常がプラセボと比較してワクチン群でより多く見られたという明確なシグナルは、初歩的な注意として、適切で厳密な試験によって解決することが求められる正当な懸念である。

交差反応性抗体

スパイクタンパク質がシンサイティン-1と呼ばれる妊娠に重要なタンパク質によく似ているため、スパイクタンパク質と結合するために作られた抗体がシンサイティン-1と「偶然に」結合するのではないかという主張が話題になった。私は当初、この主張は実証されていないと考えてた。しかし、私が知っている中でこれを調べようとした唯一の研究では、ワクチン接種前とワクチン接種後の間で、抗シンキュティン-1抗体の代理として測定していたものが明らかに相対的に増加していた(BNT162B2 COVID-19 mRNAワクチン接種後の抗シンキュティン抗体レベル、および不妊と母乳育児に関する懸念への対応、図2B)。(この研究は、方法論の不備と著者による検証されていない主張のために、特に混乱した状態で行われており、このエッセイでは適切に扱うことができない)。私は、この結果が事実ではないことを確認するために、さらに調査すべきだと思う。

また、最近になって、コビトの感染によるある種のスパイクタンパクの抗体がマウスの妊娠を引き起こす(特に)という研究がプレプリントとして発表されたが、これは人間にも起こりうる可能性があるというシグナルである。

COVID-19ウイルスおよびSARS-CoVウイルスのスパイクタンパク質によって誘導される病原性のある抗体

概要

本研究では、ウイルスフリーマウスモデルを用いて、COVID-19やSARS-CoVウイルスなどの高病原性コロナウイルスのスパイクタンパク質に特異的なある種の抗体の病原性の役割を調べた。その結果、これらの病原性抗体は、ADAA(Antibody Dependent Auto-Attack:抗体依存性自己攻撃)のメカニズムにより、損傷した肺上皮細胞などの宿主の脆弱な細胞や組織を標的として結合し、自己攻撃的な免疫反応を開始し、ARDS、サイトカインの放出、死亡などの重篤な病態を引き起こすことがわかった。また、この病原性抗体は、腎臓、脳、心臓などにも炎症や出血を引き起こす。さらに、病原性抗体は未成熟な胎児組織に結合し、妊娠マウスの流産、産褥、死産、新生児死亡の原因となる。これらの病原性抗体の宿主への結合を阻害することにより、COVID-19のパンデミックに対抗するための新しい臨床的介入策を開発することができる。さらに、本研究で検討されたADAAの新しい概念は、高病原性インフルエンザ感染症など、他の感染症にも適用できる可能性がある。なお、試験した7つのモノクローナル抗体のうち、有意な病原性を示したのは2つだけで、抗スパイク抗体の大部分は非病原性であることがわかった。

ワクチンによる臨床結果、特に月経不順の蔓延

上述した命題の個々のメリットがどうであれ、不妊に関わるワクチンの副作用が雪崩のように起こっていることは否定できない。

  1. 月経異常 – これは、おそらく最も広く見られる深刻な副作用である。シカゴ大学の調査では、ワクチン接種後に月経不順を経験した500人の女性を対象にしていたが、今のところ14万人を超えている。英国では、3万件以上の公式報告が、英国版VAERS(イエローカード)に掲載されている。これは、ほとんどの女性にとって非常にプライベートな問題であることを忘れてはいけない。つまり、他のワクチンの副作用に比べて、報告数の少なさがより顕著になっている可能性がある。また、これらの報告の中には、生理が来ないとか、重くて不快だとかいうことにとどまらないものもある。生理に影響を与えるものは、そうでないと証明されない限り、自動的に妊孕性に関して注目すべきものであるというのが定説である。
  2. 妊娠喪失 – VAERSではこれまでに1,000件以上が報告されているが、これは非常に過小評価されている。私は、治療を担当した産婦人科医がワクチンが最も可能性の高い徴候であると考えた、奇妙な(時には恐ろしい)胎盤の損傷の個々のケースをいくつか聞いたり見たりした。妊婦にワクチンを接種することが、妊娠にどのような影響を与えるのかを教えてくれるであろう、ワクチン接種群と対照群の間で、より多くの妊娠損失があるかどうかを確認するために、正直に設計され、実行される、適切で大規模な前向き対照研究が必要なのである。

我々は、何がわかっていないのかわからない

1年後、あるいは5年後、10年後に何が発見されるかはわからない。きちんとした厳密なテストが行われていれば発見できたかもしれないものについても、我々は知らない。もしかしたら、他のワクチンとの相互作用によって、二次的、三次的に生殖能力に影響が出るかもしれない。天才的な専門家である科学者が予見できなかった予期せぬ結果があるかどうかを確認するために、新薬は少なくとも数年にわたる長期的な試験が行われるのはこのためである。何かが起こらないという「専門家の推測」は、それが本当に起こらないかどうかについての有益な情報をほとんど提供しない。

結論

若者、特に女性、言い換えれば妊娠した人は、コビッド自体によるリスクは実質的には些細なものである。「妊娠は併発疾患である」という言い回しは、恐怖心を煽る戦術として流布されている不条理に誇張された主張の一つに過ぎないので、生殖能力に対するごくわずかなリスクであっても、妊娠している、あるいはいつかは妊娠したいと考えているほとんどの女性にとっては正当な考慮事項である。


もし誰かが間違いを見つけたり、私が書いたことが完全に正確ではなかったり、見落としていたことがあれば、遠慮なく以下にコメントしてほしい。本当にありがとう。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました