現在のCOVID-19ワクチンは、許される医療実験の指針としてのニュルンベルク医療倫理綱領の10の信条すべてに違反している

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ワクチン倫理・義務化
The present COVID-19 vaccines violate all 10 tenets of the Nuremberg Medical Ethics Code as a guide for permitted medical experiments.

https://trialsitenews.com/the-present-covid-19-vaccines-violate-all-10-tenets-of-the-nuremberg-medical-ethics-code-as-a-guide-for-permitted-medical-experiments/

ハワード・テンバウム(HowardTenbaum)

2021年6月29日

現行のCOVID-19ワクチンは、許可された医学実験の指針としてのニュルンベルク医学倫理綱領の10の信条すべてに違反している。

なお、この意見記事で述べられている見解は執筆者の個人的な見解であり、必ずしもトライアルサイトの見解ではない。

Howard Tenenbaum, DDS, PhD, Paul E. Alexander, MSc, PhD, Parvez Dara, MD, MBA


我々は、ニュルンベルクの医療倫理規定のうち、どれだけのものが現在のCOVID-19ワクチンの展開によって違反されているのかを調べようとした。これらの規定は、被験者/参加者/被接種者の適切な保護を可能にする医療実験を制約するために考案されたものである。「50年前、ドイツのニュルンベルクで、23人の医師と科学者が、第二次世界大戦の前後に犯した戦争犯罪の罪で裁判を受けた。この医療裁判と、そのより有名な前身である国際軍事裁判は、我々に倫理的原則の決定的な声明を残した」。

読者やCOVID-19ワクチンに関わるすべての人は、ニュルンベルク綱領の条項に基づき、まだ承認されていない、つまり実験的なワクチンの配布に関わる個人や関係者は、被験者の十分なインフォームド・コンセントを得ずに実験的な医療行為や装置を投与した場合、人道に対する罪に問われる可能性があることを理解しておく必要がある。1947年当時、「私は命令に従っただけです」という弁明は通用しなかった。インフォームド・コンセントは、ワクチンや医薬品などの投与において非常に重要な要素であり、これまでに行われたワクチンの投与や今後の投与において、毎回違反されていると考えているからである。

我々は、ニュルンベルク綱領をポイントごとに分析して非常に悩んだので、読者のためにそれを提示したいと思う。この分析では、「ワクチン」という言葉は、COVID-19ワクチン、特にmRNAワクチンとDNAワクチンを指す。ワクチン接種者」とは、ワクチンを受けた個人を指す。この検討のためのテーブルを設定することが重要だ。なぜこの問題に焦点を当てるのか?我々がこの問題に注目しているのは、これらのワクチンが政府によって緊急使用許可(EUA)のみの状態で許可されており、繰り返しになるが、したがって、まだ実験的な性質を持っているからである。

これらのワクチンは、メーカーが進行中の実験の一環として継続的に結果やデータを提供することを条件に、暫定的な承認を得ている。繰り返しになるが、これらのワクチンの有益性と有害性を適切に評価した完全な規制当局の承認はない。現状では、EUAであっても、適切な毒性試験や動物実験は行われていない。さらに、最初のヒトでの試験は、基礎疾患のない(例えば、太っていてもよい)50歳以下の全く健康な人を対象に行われたが、後述するように、現在では試験に含まれていない疾患を持つ人にもワクチンの接種が推奨されており、これには妊娠も含まれる。また、子どもは試験から除外された。予防接種のフォローアップ期間の中央値は約2ヶ月しかなかった。つまり、この斬新なワクチン技術を試す時間が取れなかったのである。 現在使用されているワクチンアプローチの新規性については、mRNA-脂質ナノ粒子、またはDNAアデノウイルスベクターのいずれのプラットフォームも、これまでにヒトを対象にして試みられたことのない方法で、しかもこのような大規模なワクチン接種キャンペーンでは、さらに優れた効果を発揮すると指摘している。 これらのワクチンの最も特徴的な点は、人間の細胞にプログラムして、免疫を形成するタンパク質(スパイクタンパク質)を製造(遺伝子綱領の翻訳)させることである。スパイクタンパクがSARS CoV-2ウイルスの重要な部分であることを考えると、これが最も適切な戦略であると考えられた。 このアプローチは創造的であるが、現時点では、ワクチン接種後に予想される長期的な副作用や有害事象があるとしても、それを解明できるデータがないことを指摘する。前述のように、長期的な安全性を確認するためには、ワクチンを市場に投入するまでに平均で10年から12年、15年かかるところを、我々はこれらのワクチンを数ヶ月間しか追跡しなかった。ワクチン開発の最も重要な側面の1つである、ワクチンとその効果(有効性および/または有害性の有無)をモニタリング下で綿密に追跡する「時間」の要素が無視されたのである。重要なのは、当初の試験ではプラセボ群にもワクチンを接種することが認められていたため、当初の対照群は急速に減少し、存在しない状態になっている。このことだけでも、現在進行中のランダム化比較試験の影響力は激減していると言えるであろう。

この綱領の10のポイントは、裁判官の評決の中の「許される医学実験」という項目に示されていた。

も く じ

1.被験者の自発的な同意は絶対に不可欠なものである。

後遺症に関する情報を提供せずに、実験薬(ワクチン)の投与を強制したり、買収したり、強要したりすることは、この規定に反する。強制は、我々の国の政府や世界各地で、直接・間接的に行われている。直接的には、ワクチンを接種していない人にワクチンを接種するように事実上の恥をかかせるPSAがある。間接的な強制としては、MSMや航空会社、クルーズ、レストランなどの業界が、サービスを受けるためにはワクチンを接種しなければならないと要求したり、少なくともマスクをしたり、不正確な検査を受けたりする必要がないように要求している。規制1と同様に懸念されるのは、政府がこれらの実験への参加を促進するために膨大な強制力を行使していることである。例えば、ワクチン接種者に宝くじを提供して賞金を得たり、食事を無料にしたり、囚人の刑期を短縮したりするなどの手法を用いて、参加が任意であるという素振りを完全に否定している。 最後に、潜在的なワクチン接種者は、ワクチン接種後に発生することが知られている重篤なAEに関する情報をほとんど、あるいは全く提供されていないという逸話的な(リアルワールドの)証拠が数多く存在する。ワクチンのリスクとベネフィットは完全に説明されなければならない。その時になって初めて、彼ら(国民)が本当に「情報を与えられ」、倫理的に同意したと断言することができる。このように考えると、研究に参加する可能性のある人がインフォームド・コンセントを提供することは単純に不可能である。我々は、これまでにワクチンを受けた人の中で、倫理的に適切な同意を得た人は一人もおらず、それによって完全なインフォームド・コンセントを得た人もいないと主張する。ワクチンのテントや場所、ワクチンの投与についてのメディアのデモンストレーションを見れば、適切な同意を得られないまま、ほとんど加工工場のように運営されていることがわかる。これは、ニュルンベルク綱領の第1綱領に対する重大な違反である。このことは、これらの実験への参加が自発的なものとは考えられないという主張をさらに強めるものである。

2.実験は、社会の利益のために実りある結果を生み出すようなものであるべきであり、他の方法や研究手段では実行不可能なものに限り、また無作為でも本質的に不要なものであってはならない。

現時点でワクチンが実験的な性格を持っているということは、社会全体が歴史上最大の臨床研究に参加することを強要されているということである。 社会に有益な結果をもたらす可能性があるように設計されているという点では、実験用ワクチンは2つの大きな理由から不要であり、社会に有益な結果をもたらすことはできないと考えられる。まず、ワクチンが開発される前に、COVID-19に対する早期の多剤併用外来治療があり、入院や死亡(およびLong-COVID)をワクチンとほぼ同じ割合で減少させることができたことは周知のとおりである(現在では、より効果的であることもわかっている)。したがって、EUAは違法に付与されたものである。第二に、ワクチンには開発者が認めた、あるいは期待した以上の害があることが次第に明らかになってきている。これは、社会のためになる結果とは一致しない。

3.実験は、動物実験の結果、及び病気の自然な過程についての知識、研究中の他の問題についての知識、に基づき設計され、予想される結果が実験を正当化させるものでなければならない。

現在入手可能な情報によると、動物実験は行われなかった 当初の実験案は、フェーズ1,2,3の研究であった。動物実験なしにフェーズ1を進めることはできない。とはいえ、いくつかの動物実験は行われているが、第1相試験の承認に十分なものではなく、第2相や第3相試験はおろか、特にワクチン接種後の追跡調査に中央値2ヶ月という縦断的な人工時間の制約があるため、承認されなかった。さらに、COVID-19の自然史は完全には理解されておらず(現在も理解されていない)それでもワクチン開発は進められた。

4.実験は、すべての不必要な肉体的および精神的な苦痛や怪我を避けるものであるべきである。

現在記録されている死亡を含む有害事象の発生率を考えると、現在も進行中の研究の初期段階で治験責任者がこれらを知らなかったということはほぼありえない。 したがって、被験者は肉体的、精神的な苦痛を含む不必要なリスクにさらされたことはほぼ確実である。繰り返しになるが、これは本規範で定義されている完全な同意なしに行われ、現在も行われている。さらに、駐車場や薬局のような場所で実験薬を投与することは、十分な訓練を受けた医療従事者の雇用を含め、被験者が不必要な危害から保護されることを保証するものではないが、これは不足していた。

5. 先験的に死や障害が発生すると考えられる場合には、実験医師が被験者となる実験を除いて、実験を行ってはならない。

この綱領の部分については、進行中の実験の告発に参加した医師の多くがワクチンを接種していた可能性がある。そのため、綱領5に違反したと考えられる理由はあるものの、完全に違反したわけではない。しかし、mRNAベースの試験用ワクチンの使用に関連した死亡を含む危険なAEに関する過去の知識を考慮すると、治験責任医師は実験開始時に死亡または身体障害を伴う傷害の明確かつ現在のリスクがあることを知っていたか、または知るべきであったと考えられる。

6.起きうるリスクの程度は、実験によって解決されるべき問題の人道的重要性によって決定されるものを超えてはならない。

リスクの程度は、年齢別に評価されなければならない。この点については、ワクチンが成功した場合、たとえAEの発生率がある程度低くても、高齢者への使用は実験で解決すべき問題に関連したリスクを超えるべきではないという議論も考えられる。残念ながら、そうではないという証拠が増えている。しかし、それはさておき、このワクチンや接種後のリスクを伴うワクチン(すべてのワクチンは何らかのレベルでリスクを伴う)を使用することは、綱領6に記載されている概念に完全に反している。この点、子どもや青年は、SARS CoV-2に感染しても死亡することはおろか、症状が出てしまうことさえもほぼゼロである。 現在のmRNA/DNAワクチン研究において、この年齢層を被験者として含めることには、何の根拠もない。

7.被験者を、わずかな怪我や障害の可能性から守るために、適切な準備と、適切な設備のもとで行われるべきである。

上述したように、実験用ワクチン(または薬剤)の投与は、試験用注射の投与直後に発生する可能性のあるAEに対して、迅速な治療とすぐに利用できることが合理的に期待できる環境で行われなければならない。これは、駐車場やポップアップの予防接種センター、薬局などでは不可能である。実際、不適切な環境でのワクチン投与をめぐる最大の謎の1つは、少なくともカナダでは、mRNAワクチンは薬局で投与されていたが、最近になってMDにワクチンが提供され、被験者に投与されるようになったという事実にある。また、ワクチンの保存に関しても、零度以下の温度管理が守られていない場合や、使用期限を超えている場合などがあり、それだけでも警戒が必要である。

8.実験は科学的に資格のある人によってのみ行われるべきである。実験を行う者、または参加する者は、その実験のすべての段階を通して、最高度の技術と注意が要求されるべきである。

広く研究を行っている人は、ほとんどの場合資格を持っている。しかし、研究を実施している他の者に、RNAや薬剤師、その他の訓練を受けていない者が含まれているという事実を含めると、この基準さえも満たされないことになる。

9.実験の過程で、被験者が実験の継続が不可能であると思われる肉体的または精神的状態に達した場合、実験を終了する自由を被験者に与えるべきである。

これは前述のとおりである。mRNAやDNAベクターを用いたワクチン接種には重大な問題があることを人々が認識し始めているにもかかわらず、政府側は絶え間ないPSAやその代理人(前述の産業界)によって、強制的なまでにワクチン接種を奨励している。また、ワクチンを接種すれば刑期が短縮される可能性のある刑務所の受刑者の利用についても再度言及する。最大50%の減刑は、最も残酷で、率直に言って、最も攻撃的な強制手段である。政府はこれに合わせて、SARS CoV-2に対する恐怖心をさらに高めるために死亡者数を誇張し、さらに被験者に試験への参加を強要している。また、COVID-19やSARS CoV-2を高感度PCR検査で識別したことが原因ではなく、COVID-19を発症したことが原因で死亡した人も含めて死因を再定義するという不正確さ(控えめな表現)により、今や世界的な恐怖の環境に拍車をかけていることも指摘したい。 これには巨大な強制力があり、さらに多くの無防備な人々をこの「ワクチン」の研究調査/実験に登録させることができるのだ

10.実験の過程で、責任者たる科学者は、その立場で求められる誠実さ、優れた技能、注意深い判断力、に基づいて、万一被験者に傷害、身体障害、または死をもたらす可能性がある場合には、いつでも実験を終了できるよう、備えをしておかなければならない。

本試験の第1段階では,治験責任医師が重篤なAEを観察しなければならないという主張にもかかわらず,最初の試験の中止についてはある程度許容されるかもしれない。 しかし、現時点では、mRNAワクチンや同様のワクチンには、死亡を含む非常に重篤なAEが伴うことは間違いない。 集団全体では絶対的なリスクは小さいのであるが、前述のように年齢別に見るとそうではない。 さらに、AE(この場合は死亡)と比較した場合、研究に参加する可能性のある人は、リスクが同じであると伝えられるか、全く知らされないことが事実上保証されている。同等性は明らかに間違っているだけでなく、同程度の数のワクチン接種者の死亡数は、インフルエンザワクチンに関連する死亡数の少なくとも20倍である。もし、この実験が継続されるのであれば、少なくとも研究者は当初設定された試験を中止し、代わりに最も高いリスクレベルの患者に焦点を当てることを決定したと期待される。 被験者は、インフォームド・コンセントを得るために必要なすべての情報を得ることができなかった。 したがって、本研究は項目10に記載された規制に違反している。

結論

以上、ヒトの研究に関するニュルンベルク綱領の10項目に関連したコメントをまとめると、この試験が違法な状態で継続されていることは明らかである。被験者は現在のように強制されることはない。 上記では述べていないが、ワクチンパスポートの導入や導入の脅し、人口の一定割合がワクチン接種(「予防接種」という意味ではない)を受けない限り、ロックダウンやマスク規制、レストランの占有などを解除しないという脅しも、悪質な強制の一例であると言えるであろう。我々は、ニュルンベルグ綱領に明確に示された信条に基づき、mRNA/DNAワクチンの研究を今すぐ中止し、研究者を人道に対する罪で告発し、それとともに政府指導者、特にこの実験を支援した人々に責任を負わせなければならないと考えている。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker