「注射と強制命令」パート1:パラドックス|ロバート・マローン博士との対話

ロバート・マローン酸化グラフェン・ナノ粒子

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

“INJECTIONS & INJUNCTIONS” PART 1: PARADOX | A CONVERSATION WITH DR. ROBERT MALONE

www.bitchute.com/video/VLjIX18XrrhO/

Robert Malone 0:35

私はワクチンの技術と安全性に関するこのスレッドに参加することになりました。その理由は、コア技術プラットフォームの最初の発見と開発に携わったからです。私はバイオディフェンス、ワクチン、医療対策の分野で政府のために複雑な問題を解決するチームを作っています。

私は多くの感染症を経験してきました。ファウチ博士は、ただ何かを言っているだけです。彼は自分が言いたいと思うことを何でも言うし、それは必ずしも事実に基づくものではありません。ただ、彼の意見に基づいているだけです。そして、それはしばしば彼が最良と考えるものに基づいていることがわかっています。

データに基づいているというよりは。データと一致しないことを次々と言われてきたことは間違いありません。虚偽の報告とも言えるし、全くの嘘とも言える。このようなことは、ほとんど毎日のように起こっています。ワクチンを導入する場合、極めてリスクの高い人にワクチンを導入すべきであり、一般の人には導入すべきではありません。では、なぜ彼らはそんなことをしているのでしょうか?他には?いいえ、それは逆説的です。個人的には、私たちが目にしているのは、横行する戦争と利益追求だと思います。

Robert Malone 2:27

私はロバート・マローンです。メリーランド州で医師免許を取得し、科学者として活動しています。私は約30年間、ワクチンの開発に携わってきました。幸か不幸か、複数のパンデミックや伝染病の発生を経験し、バイオディフェンスにおける両方の発生に精通するようになりました。

私のクライアントは、小さな新興企業から非常に大きな製薬会社まで多岐にわたります。また、商業的な情報収集や鑑定も行っています。これらの業務を通じて、私は国防総省と密接に協力しています。仕事は何をしているのかと聞かれると、すぐに答えられます。

答えは簡単で、バイオディフェンスやワクチン、医療対策の分野で、政府のために複雑な問題を解決するチームを作っています。例えば、フレデリックとフォート・ディートリッヒで行われた、ジカ熱に対する薬の再利用についての仕事です。その前には、ニューリンクが所有していたエボラ出血熱のワクチンを公衆衛生機関がカナダで接種できるようにするために、神に代わって緊密に連携し、初期開発とすべての助成金や契約書の作成などを行った仕事もありました。

そして、DIYの資金提供を受けて前進しました。私はメルクという会社を導入し、ニューリンクからワクチンを購入しました。今では認可されたエボラワクチンになっています。私はこのプロジェクトに深く関わり、メルク社を参加させ、資金を集めてプロジェクトを前進させました。

また、セビーにつながるノルウェー政府とのつながりを持っていたので、ノルウェー政府に働きかけたのも私です。このように、私はバイオディフェンス全体について深い知識と専門性を持っていました。また、保健省では、ナイアードに対する8件の大規模な契約の入札で、研究部会の議長を務めるようによく頼まれます。

そして、今回のアウトブレイクでは、何年も前から一緒に発表しているマイケル・キャラハンという同僚から電話がありました。この人は 2019年の第4四半期に武漢にいたインテリジェンスの人です。彼は1月4日に私に電話をかけてきて、自分のチームを立ち上げたほうがいいと言ってきました。

この新しいウイルスが問題になりそうだったからです。私がワクチンの技術と安全性に関する現在の議論の場に参加することになったのは、核となる技術プラットフォームの初期の発見と開発における私の役割と、政府と技術と開発状況に関する私の知識の能力のためです。

例えば、エボラ出血熱の時代に私が指導した同僚がいますが、彼はプロジェクトマネージャーで、現在は大佐になっていますが、オペレーション・ワーク・スピード・マジョルナプロジェクトのプロジェクトマネージャーでした。このプロジェクトについては、FDAにも良い友人がいて、1年以上前からいろいろと話し合っていました。このようにして、私の意見を求めている人のために、現在の状況を説明しました。

Interviewer 6:12

mRNAとは何か?そして、mRNAワクチンとは何なのか、あるいは、ワクチンと呼ぶのが適切なのか、遺伝子治療と呼ぶのが適切なのか、などです。

Robert Malone 6:24

分子生物学を知らない人に説明するときに、私がよく使う例えは、「DNAがRNAを作り、RNAがタンパク質を作る」という生物学のセントラルドグマです。というのも、RNAにはさまざまな種類があり、タンパク質の生成を導くRNAもあれば、構造的な役割を果たすRNAもあるからです。

タンパク質の製造を導くRNAもあれば、リボソームに取り込まれる構造的なRNAもあります。さて、タンパク質の製造を導くためのRNAはメッセージと呼ばれています。DNAから細胞質にあるタンパク質製造装置に行くためのメッセージです。

それで、メッセンジャーRNAと呼ばれているわけです。これを概念的に考えてみると、私たちの多くがノートパソコンを持っていたり、コンピュータに慣れ親しんでいたりすることが助けになるかもしれませんが、核に存在するDNAを考えてみると、それはハードディスクのようなものなのです。

ハードドライブにあるプログラムは、遺伝子や制御配列に似ています。mRNAは、核内のDNAから生成されるパンチカードやテロップのようなものです。パンチカードという比喩を使ったのは、コード化された情報の文字列を持つ物理的な分子だからです。

コンピュータのバイナリコードのような2塩基のコードではなく、実際には4塩基のコードです。パンチカードの束の中のパンチカードのように、核となるプログラムであるDNAや核から外へと移動します。そして、その情報を物理的な分子として、小さな小さなバイオロボットのような機能を持つものに伝達します。

自動車を製造するロボットや、木を彫るロボットを想像してみてください。これはリボソームに似ています。RNAは、DNAのメッセージであるメッセンジャーRNAから、リボソームという小さなバイオロボットに送られ、そこでタンパク質を製造します。ワクチンの場合、タンパク質はスパイクを製造しています。そして、このプロセスによって、あなたの細胞は、実際の最終的なワクチン製品であるタンパク質スパイクの小さな製造工場となるのです。

Interviewer 9:09

それは意味がありますか?このようにして伝えられたメッセージが、「この細胞はスパイクを生成しない」ということが延々と伝えられ続けないという保証はどこにあるのでしょうか?

Robert Malone 9:23

これは良い質問ですね。これは、アドノーウイルスベクターとmRNAベースのワクチンの重要な違いの1つです。数年前に私が考えた論理は、RNAを薬剤としてあらゆる用途に使用することの利点は、レトロウイルスのように遺伝子を細胞内に入れる従来の遺伝子治療のアプローチとは異なり、実際に染色体に組み込まれるということでした。

しかし、「RNAを薬に」や「RNAワクチン」の背景にある考え方は、「RNAは、かなり長い胆汁性のポリヌクレオチドである」ということです。つまり、負の電荷を帯びた分子の長いひもです。パックマンの例えのように、酵素によって非常に速く噛み砕かれます。

細胞質にあるときは、片方の端に導火線のようなものがあり、それが徐々に燃えていきます。そして、それが噛み切られると、残りのRNAは急速に分解されていきます。つまり、RNAベースのアプローチを使えば、患者に投与することができるということです。

もし有害事象や問題が発生しても、RNAは分解されているので、患者さんに投与する必要はありません。一方、通常の遺伝子治療では、問題が発生した場合には、DNAが細胞に組み込まれているため、身動きが取れなくなります。ウイルスベクターとは、人工的に作られたDNAウイルスのことで、タンパク質をコードするオープンリーディングフレームの遺伝子配列を、コールドウイルスに入れることができます。

ウイルスが細胞に感染すると、DNAは核に入り、通常は統合されませんが、長い間そこに留まります。ウイルスベクターは、高レベルのタンパク質を長期間発現するように設計されており、RNAの一過性の発現と迅速な分解を目的としています。つまり、タンパク質の発現パルスを得ることができるのです。しかし、これらの製剤が実際に人間に適用されるかどうかは、残念ながら、人間に広く適用される前には十分に評価されませんでした。

Interviewer 11:52

このような試験は、企業自身が行っていたのですね。

Robert Malone 11:57

私はそんなことはしませんよ。それは少し控えた方がいいでしょう。興味深い状況ですが、あのバイランドの技術はドイツ政府が出資しており、モデルナはDARPAが出資しています。mRNAコンストラクトの構築と初期テストは、NIAIDの一部門であるワクチン・リサーチ・センターが行いました。

最終的な製剤プロセスの開発は、ボストン地域にあるgingkoという会社が行いました。つまり、モデルナは最終的な製造に関してはあまり関与していないということです。多くの部分を外部に委託したのです。また、資金の多くはオペレーション・ワープ・スピードによってもたらされましたが、そのプロセスの管理や、濃度の決定、どれだけ投与するかなどの管理もすべてオペレーション・ワープ・スピードが行いました。これらはすべて、オペレーション・ワープ・スピードの担当者によって処理されましたが、その多くは政府の職員でした。

Interviewer 12:56

誰が試験を実施しているのかという点で、ラウスが運転しているのは、独立した勢力や信頼できる人がいるのかということです。あるいは、あなた自身がワクチンを分子レベルで見たことがありますか?いいえ、あなたは誰も知りません。

Robert Malone 13:12

私は、最終的な医薬品がベンチに置かれた後に、それを見たと主張する人たちを知っています。私が問題にしているのは、これらの脂質製剤は室温ですぐに凝集してしまうことです。私が見た電磁波では、その物質が何であるかを見分けることができませんでした。

脂質ポリヌクレオチドの凝集体、マクロな凝集体である可能性が高いと思います。酸化グラフェンのテストについては、成分として記載されていないので何とも言えません。もし存在すれば、それは不純物です。私の意見としては、このような噂がある以上、FDAは監査を行い、これらのロットの1つを評価したり、いくつかのロットをサンプリングして分析に回すべきだと思います。確かに、ファイザーの契約書には、第三者が最終製品を分析することができないような条項があると思います。

Interviewer 14:24

今、私たちが手にしているのは、ショップにあるものについてのそれぞれの会社の言葉だけです。

Robert Malone 14:33

また、ブライダル博士が入手した日本語の共通技術文書がありますが、そこにはいくつかの重要な研究が明らかにされています。私は翻訳版を見ていないので、他にどんな情報があるのかわかりません。おそらくFDAは完全な資料を持っていると思いますが、私はブライダルの文書が明るみに出た後、この件についてピーター・マークと話したと聞いています。ピーター・マークと話したのは、ブライドル文書が明るみに出た後です。そして彼は、現在審査中のファイザーの資料はこれまでとは異なり、はるかに充実したものだと断言しました。

さて、そのアドバイザーは

Interviewer 15:23

日本人が作った原因は、流通に関係していますよね。

Robert Malone 15:30

つまり、その部分が非常に注目されているのです。しかし、一般的な技術文書やインデント・アプリケーションは、包括的な要約です。その製品について知られているすべてのことをまとめたものです。わかりました。

Interviewer 15:42

そのレビューを日本人が行ったのか、それともアドバイザーが行ったのか、どちらなのでしょうか?

Robert Malone 15:48

薬事関連の仕事はどのように行われるのでしょうか?スポンサーが書類を提出し、規制当局がその書類を審査するのでしょうか?それがあなたの質問です。

Interviewer 15:57

その通りです。そこで次の質問ですが、規制当局、立法レベルの政治家、行政レベル、防衛レベル、そしてこれらの巨大企業はどれほど緊密に連携しているのでしょうか?つまり、以前のインタビューであなたがおっしゃっていたように、私たちもインタビューを行いましたが、少なくとも回転ドア人事があることは明らかで、規制に取り込まれていることもありますし、どこからどこまでが規制で、どこからどこまでが規制ではないのかは非常に不明確です。

Robert Malone 16:32

システム全体が水平統合されていて、FDAでは規制の取り込みや回転ドア人事が行われているという十分な証拠があることは間違いありません。一例を挙げると、ワクチン研究部門の元責任者であるノーム・ベイラー氏は、退職後すぐに生物製剤コンサルティンググループの責任者となり、現在はすべての主要なワクチン企業のコンサルティングを行っています。


公衆衛生機関としてのFDAですが、あなたの仕事はそれをどのようにサポートしていますか?

Norman Baylor 17:08

私の仕事は、安全で効果的なワクチンの入手を容易にする責任があるという意味で、それを支えています。私たちはそれらの製品の評価に携わっています。基本的にはメーカーからの書類を審査していますが、様々な製品の試験や研究にも携わっています。私たちは、ブースターが必要な段階に来ているのでしょうか?とありますが、ブースターを作る準備をしてきたことは良いことだと思います。ブースターが必要な時期になったという証拠がないのです。

Norman Baylor 17:46

ブースターについてのもう一つのポイントは、どのタイプのブースターを使うかを決める必要があるということです。CDCの高官で、メルク社のワクチン担当副社長になった人がいました。


Robert Malone 17:58

彼女の名前はJulie Gerberdingです。彼女はCDCの責任者でした。エボラワクチンのメルクとの契約を結ぶために、私が連絡を取ったのも彼女でした。

Interviewer 18:14

このコミュニティは非常に結束が固く、皆が小さいのですね。

Robert Malone 18:17

私の同僚や、政府の対応について話をするにしても、世界は狭いのです。一般的には、私自身のことしか言えませんが。私たちは何度も何気ない会話を交わしましたが、どれほど時間がかかり、不便で、非効率的で、どう表現したらいいのかわからない、ただのおっちょこちょいだということに驚いていました。その間、政府の対応は様々なことに対して無意味でしたね。私はこのようなアウトブレイクを何度も経験してきました。

あの、ファウチ博士はただ何かを言っているだけなんです。言いたいことは何でも言うし、それは必ずしも事実に基づいているわけではない。ただ、彼の意見に基づいているだけです。そして、それはデータに基づいているというよりも、彼が最善だと思うことに基づいていることが多いということがわかっています。ですから、私たちにとって認知的不協和音のようなものは、データに執着することです。

当時の私たちの理解では、SARSからの十分な文献があり、マスクの使用は有用であり、中国ではマスクの使用が一般的であったというものでした。SARSからの文献、最初の評価で取り出した文献、そして人民共和国では95枚のマスクが一般的に使用されていることに基づいていたのです。

私たちの意見としては、マスクは自分を守るためのものであり、一般的な環境から飛来する可能性のある病原菌や大きな空気中の粒子から自分を守るためにできる活動の一つであると考えました。一般的には相手を守るためのものではありません。

Interviewer 20:21

そうですか。

それは興味深いことですし、政府が言っていることの裏返しでもありますが、あなたが言っている「浮遊物」とは何のことでしょうか?症状のある人にしか出ないような大きな痰の粒子のことを言っているのでしょうか?

Robert Malone 20:34

症状があってもなくても、感染するものの多くは、少なくとも当時の私たちはその可能性が高いと考えていました。例えば、エボラ出血熱はエアロゾルでは感染しませんが、誰かが咳をしたときに感染する可能性があります。このように、どうすることもできないような小さな粒子から、粘液やその他の物質の中にロックダウンられた粒子まで、さまざまな種類があります。

Interviewer 21:10

健康な無症候性の人々、つまり文字通り体内にSARSコビーが存在しなかったために無症候性であったかもしれない人々は、全員マスクをして通りを歩くべきだったと思いますが、あなたの意見はいかがでしょうか。

Robert Malone 21:25

通りを歩いていても、マスク使用に関連したメリットがあるという証拠はありません。マスクはあなたを守るためのものです。一般の人々をあなたから守るためというこの論文は、このタイプのマスクとは一致しないのです。密閉性の高い呼吸器を使用するのであればそうですが、その場合でも、密閉性の高い呼吸器を、他の人が遭遇する可能性のある粒子の付着を防ぐために使用するのではなく、他の人が付着する可能性のある粒子や、粉塵などから発生する可能性のある粒子を吸い込まないようにするために使用するのです。

つまり、論理全体としては、データと一致しない一連のことを言われてきたことは間違いありません。それを誤魔化しと呼んだり、真っ赤な嘘と呼んだりしますが、それらはほぼ日常的に起こり続けています。公衆衛生担当者は、公共の利益のためにこのような虚偽の報告をしても構わないと考えているようです。

私はこのことについて、「高貴な嘘」として多くのポッドキャストや執筆活動で語ってきました。例えば、信じられないかもしれませんが、1984年に連邦官報に掲載された記事には、ポリオワクチンに関する明確な記述があります。そこには、ウイルスに関して真実であろうとなかろうと、ワクチンを躊躇させるような情報は、抑制されるべきであり、一般大衆には公開されてはならない、と書かれています。

つまり、これは20世紀の概念で、一般の人々のために嘘をついてもいいということです。プラトンにまで遡る概念がありますが、これは通常、政治にのみ適用されます。これは時代遅れであり、一般的なルールや臨床研究の要件、完全な情報開示などとは全く矛盾していると思います。しかし、ファウチ博士からの回避メールに記されているように、明らかに HHSのリーダーシップは、彼らが定義する共通の利益のために国民に嘘をつくことは全く問題ないと考えています。

Interviewer 23:59

NIH、NIH、あるいはそのどれかから出てきた、最もひどい高貴な嘘は何ですか?まあ、ファウチからですね。

Robert Malone 24:08

私は、彼らはただ続けているだけで、どうやってランク付けしたらいいのかわかりません。ワクチンは完全に安全で、完全に効果的であるという声明は、私のリストの一番上にあります。あなたはワクチンを打ったことがありますか?私も打ったことがありますが、なぜワクチンを打ったのかと必ず聞かれるので、打ちました。

これは数ヶ月前のことです。思い起こせば 2020年の2月下旬にCOVIDを受けたと書きました。Long-COVIDを発症しました。今も持っています。長期不調組の世界では、ワクチンがこの症候群に効くという噂が流れていました。

私は十分な時間をかけて観察し、抗体依存性増強のリスクが実際には現れていないと感じていたので、その心配は当時の私にとってもはや焦点ではありませんでした。今はむしろそうですね。そして、私たちは旅をする必要がありました。そこでモデルナを何度か服用しましたが、2回目以降はどちらも有害事象が発生し、グレード3の高血圧、咳の増加、ナルコレプシー、レストレスレッグシンドロームを発症しました。最近、イベルメクチンを3日ほど服用したところ、驚くべき反応がありました。スタミナが回復し、ハイキングができるようになり、夜も眠れ、咳をせずに起きられるようになりました。

 

Interviewer 25:41

それはもしかしたら、ワクチンが病気と同じスパイクを作るため、疑われているのではないでしょうか。そしてそこに?ってことですよね。

Robert Malone 25:50

それが私の作業仮説なわけです。これまで何度もお話ししてきましたが、ワクチン接種後の症候群、私はこれをLong-COVIDと呼びたいのですが、この間には明らかな重複があります。そして、病気そのものにも、アドノーウイルスベクターでもmRNAでも、これらの症状の多くはワクチン接種後の症候群に現れます。

科学者としては、これらの特徴を持つすべてのソースに共通するものは何か、と考えなければなりません。その答えは「スパイク」です。私は他の方法を知りません。それを説明する他の仮説は持っていません。

Interviewer 26:33

最近、あるお医者さんか科学者が出てきて、スパイクの開発に携わっていたこと、つまりワクチンの開発に携わっていたことを語っていましたが、彼はこう言いました。「我々はとんでもない間違いを犯してしまった。

私が思うに、何を考えてあのような危険なものを作ったのか」

Robert Malone 26:57

コロナウイルスについて。非常にシンプルですね。SARSやMERSでは、抗原としてのスパイクに注目した研究が行われていました。実際、スパイクを開いた状態にするためにワクチンのスパイク抗原に組み込まれた特定の変異は、以前に試験的に行われたものです。

私はその論文を引っ張り出してきてお見せすることができますが、これはまさに「現場」のケースでした。アドレナリンが出まくっていて、できるだけ早く何かをしようと気合が入っていた人たちが、効果的なワクチンと思われるものを作るために、最も簡単な経路を選んだのです。

そして、自分自身に疑問を持つことはありませんでした。そのような決断をすることは、いつでも必要なことです。それは必要なことです。しかし、なぜかトニーは私をチームに参加させるために呼んでくれませんでした。VRCチーム、バイオテックチーム、J&Jチームは、明らかに同じことを考えていました。

なぜなら、彼らは文献を見て、成功する可能性が最も高いと思われるものを選ぶからです。起業家の世界では、これをlow hanging fruitと呼んでいます。そして、それを選んで使ったのですが、何がいけないのかについてはあまり考えませんでした。

私は、ADE(抗体依存性増強)が、いくつかの動物用ワクチンを除いて、これまでのコロナウイルスのワクチン開発の成果を台無しにしてきたことをよく知っていましたが、それを克服することができたのです。しかし、そのような場合でも大きな問題がありました。

私は当初、SARS COVID-2に対する安全で効果的なコロナウイルスワクチンの開発には長い時間がかかると考えていましたが、それはその理由のひとつでした。そして、私のチームにとっても、開発に注力するのは適切ではありませんでした。抗体依存性増強とは、説明しやすいスペクトルの1つで、ワクチンを接種することで実際に病気が悪化したり、感染症やウイルスの複製がより効率的になったりする、ワクチンで起こりうる効果のスペクトルです。

Robert Malone 29:30

抗体依存性増強の場合、この3つの言葉にはそれぞれ意味があり、理解に役立ちます。抗体は、ウイルスと結合して、ウイルスが感染しない細胞への侵入や感染を促進することができます。そして、それは以下のような形で現れます。 つまり、はるかに高いレベルの複製が可能になり、場合によっては病理学的にも増加するのです。

このような効果があるからです。最も顕著な例は、60年代に呼吸器合胞体ウイルスで起こったことです。このウイルスはワクチンであり、幼い乳児をかなり高い頻度で死亡させます。このワクチンは、従来のMMRシリーズの次に開発される小児用ワクチンとして予定されていました。

初期の臨床試験では、このワクチンを接種した小児、乳児は、ワクチンを接種していない陰性対照群に比べて、実際に高い頻度で死亡することがわかりました。抗体依存性増強は、苦労して作った製品が実際にはより悪い病気を引き起こすという、ワクチン開発者にとっては最悪の悪夢です。

抗体依存性増強は通常、力価が先細りするワクチン反応の衰退期に現れます。今回起こったパーフェクトストームは、ファイザー社のワクチンがあまり耐久性がなく、6~7ヶ月以上は保護できないことがわかりました。通常、何が起こるかというと、B細胞とT細胞の集団がリンパ節で生成された抗原を教育し、それらがエフェクター細胞からメモリー細胞へと分化します。

そして、その記憶細胞がエフェクター細胞集団を補充します。しかし、エフェクター細胞は一定期間生き続け、抗体を作ります。そして、その抗体は半減期を持っていて、それを循環させます。つまり、全体としては、長い尾を引く減衰曲線となり、成績表などに見られるような正規分布ではありません。

そして、その後、漸減していきます。問題は、その先細りの斜面で、保護のための交差点がどこにあるのかということです。私たちが学んだことは、ファイザー社のワクチンの場合、その先細りは実際には非常にシャープであり、約6ヶ月後には、経験的に保護と考えられているものを、そのワクチンはもはや提供していない、ということでした。

Interviewer 32:26

は、そもそも全く保護を提供していなかったのですね。

Robert Malone  32:31

臨床試験には欠陥があります。臨床試験は完璧とは言えず、ある種の有害事象を検出できないように設計されていると言う人もいるかもしれませんが、特に抗体依存性増強を検出できないように設計されています。このことはFDAも認識しており、緊急使用許可のためのFDA承認書の中で、抗体依存性増強を展開するにはデータが不十分であり、重大なリスクであることを明確に述べ、抗体依存性増強の有無を検出するためのフォローアップ臨床研究を行うべきであるとワクチン会社に提案しています。

しかし、彼らはワクチン会社にそのようなことを要求しませんでした。そして、文献のclinical trials.govを見た限りでは、ワクチン会社は、ADEが起こるかどうかを調査せず、パスすることにしたのです。

 

Interviewer 33:23

有効性という点ではどうでしょうか?つまり、どのようにして私たちは、相対的なリスクの減少と絶対的な効果を知ることができるのでしょうか?

Robert Malone 33:30

この議論全体に言えることですが つまり、それは何なのかということです。

本当に90%以上のコントロールの改善なのか?それとも、1~2%の改善でしょうか?病気や死亡を防ぐという意味では?いくつかの証拠があり、データを都合よく加工したり、データを操作したり、報告手段を選択したりしているように見えますが、確実に、病気や死亡からの保護があるという妥当な臨床的証拠があると言えます。

感染、複製、拡散からの保護効果はかなり高いと言われています。しかし、特にイスラエルのデータでは、ワクチンを接種した被験者の感染、複製、伝播からの保護は60%に過ぎない可能性があることが示されています。これらのデータから明らかなのは、この期間、特にイスラエルのデータやイギリスのデータ、そしておそらくマサチューセッツ州の研究では、ワクチンを接種した人が高い確率で感染しているという兆候があるということです。

病院に入院している人は全員ワクチンを接種していないという発言は真実ではないというのが、私の最も親切な表現ですが、イスラエルのデータとイギリスのデータは、ワクチンを接種した人の感染や病気の発生率が非常に高いことを明らかにしています。

これは本来、正当なことであり、ある種の洗礼でもあります。ワクチンを接種した人もしていない人もたくさんいるのに、ワクチンを接種した人がワクチンを接種していない人よりも多く入院しているという事実がありますか?それは、ワクチンを接種した人の割合の違いによるものです。

しかし、それでは納得できなくなってきています。ますます分かってきたのは、ウイルスの負荷レベルの分布で、それがPCRサイクルで測定されたものであろうと、あるいはワクチン接種を受けた人の負荷レベルとより直接的に相関する何らかの指標であろうと、少なくとも同じくらい高いということです。

ワクチンを接種した人のうち、ブレイクスルー感染を起こした人の割合は、ワクチンを接種していない人の割合と少なくとも同じくらいです。そして、私の目には ワクチンを接種して感染した患者の中には、ワクチンを接種していない人よりもウイルスの複製レベルが高い人がいるのではないかと考えられます。

それが事実であれば、抗体依存性増強を示す決定的な証拠となるでしょう。そのようなことが起きている可能性を示す兆候はますます増えています。イギリスのデータでは、ワクチンを接種した人の入院率は低いのに、死亡率はワクチンを接種していない人よりも高いという奇妙な逆転現象が見られます。

数は少ないですが、持続的に見られます。このように、データの中には「幽霊」とでも呼ぶべきものがあり、ある程度の抗体依存性増強があることを示唆しています。例えば、イスラエルのデータでは、米国と比べてかなり短い期間に、基本的にはパルス状にボーラスでワクチンを接種していることを念頭に置く必要があります。

イスラエルのデータでは、アメリカに比べてかなり短期間に、基本的にはパルス状にワクチンを接種しています。そのため、もしADEが衰退期に起こっているとしたら、以前にワクチンを接種したことのある多くの患者の波として突然現れてくることになるでしょう。

Interviewer 37:49

デルタ・変異株とブースター・ショットをどのように考慮すればよいのでしょうか。

Robert Malone 37:54

そうすると、データの曖昧さを解消するのが難しくなりますね。今、私たちが手にしているのは、ほとんどがデルタ・変異株です。イスラエルの科学者に聞いてみましたが、彼らは公式データベース以外のデータを集めています。イスラエルでは、病院から独自にデータを収集しているグループがあります。

彼らには、ワクチンを接種してから6ヶ月以内の患者と、6ヶ月以上前に接種した患者の力価を解析するよう依頼しています。そして、これらの集団のウイルス量に違いがあるかどうかを確認します。ですから、そのデータを得ることを楽しみにしています。うまくいけば、2週間後には届くかもしれません。

Interviewer 38:43

基本的にほとんどの人が入院したり死亡したりすることのない病気で、どうやって有効性のシグナルを得ることができるのでしょうか?

Robert Malone 38:54

妥当な質問ですね。あなたの数字は、あなたがこのことについてどのように考えているかについて、少し異議を唱えているようです。私が感じたのは、あなたが政府と同じ論理の罠に陥っているのではないかということですが、誰が大丈夫なのかというと、おそらくあなたが政府に質問をさせているからでしょう。

70歳から80歳の高齢者の罹患率と死亡率は非常に高いです。乳幼児から10代までの、単独の原因による罹患率と死亡率はほとんどありません。感染が始まって以来、18歳までに死亡した人たちは皆、重大な合併症を抱えており、他の種類の病気にも罹患していました。

さらに、ミス・キャットや過剰な死因分類が炭素に起因しているという報告も数多くあります。このように、すべてのデータは基本的にジャンクであるということです。アウトブレイクの初期には LinkedInなどの専門的なネットワークでこの話題をしていた私たちは、中華人民共和国のデータの質や、そのデータがどのように操作されているかについて嘲笑していました。

振り返ってみると、あのデータは現在のものに比べてかなりクリーンだったと言えるでしょう。ですから、それは正しい指摘ですが、私が異議を唱えたいのは、あなたやあなたの視聴者に、SARS-CoV-1の感染症を一般的な病気とは別のものとして考えることを、本当に強くお勧めしたいということです。

SARSコビーから感染は必要ですが、十分ではありません。COVID病は、SARS-CoV-2に感染したことに対する体の炎症反応です。さて、これとは別の話になりますが、彼らがまだ私に尋ねていないのは、COVIDとは一体何なのかということです。

一連の症状ですが、その多くは極めて非特異的で、多くはインフルエンザと重複しています。CDC PCRテストのインフルエンザとSARSの交差反応性と特異性の欠如を加えると、全体のスレッドが浮かび上がってきます。コビーは、どの程度の誤分類があったのか、北米でのインフルエンザ患者の不可解な突然の崩壊は、部分的にインフルエンザをSARSに誤分類した結果ではないかと考えています。

Interviewer 41:42

しかし、CDCのガイダンスでは、COVIDを想定しています。

Robert Malone 41:47

しかし、しかし、私の最大の反論は、この病気のリスク、死亡や病気のリスクを全人口、全年齢コホートに広げることは本当に有益ではないということです。曲線を見ると、年齢ごとにこのようになっていて、70歳くらいになると指数関数的になっているのです。

Interviewer 42:14

しかし、それは78歳以上の高齢者にも起こることではないでしょうか。

Robert Malone 42:20

罹患率や死亡率が高くなります。そして、その死亡者のほとんどが複数の合併症を抱えています。ですから、これがどのくらい致命的なのかというのは有効な問題です。薬物治療による遺伝性疾患という言葉がありますが、特に初期の頃の罹患率や死亡率は、誤った管理の結果であり、人工呼吸器や陽圧の使い過ぎが原因であることは間違いありません。

イタリアの場合は 例えば、集中治療室の医師や呼吸器科医、介護士が過度に熱心にヒドロキシクロロキンを使用したことも原因の1つと考えられます。私は中華人民共和国の治療プロトコルを初めて手にした時のことをはっきりと覚えています。

People’s Republic of China(中華人民共和国)というのが正しいですね。彼らは主にクロロキンを使用していましたが、その後、毒性が低く耐容性に優れたヒドロキシに切り替えられました。しかし、イタリアで発生した第1波では、非常に多くの人が亡くなったため、私の目には、「多少のことはいいが、もっとやればいい」という考えが非常に多く見られました。

そして、人々はヒドロキシを大量に過剰摂取し、それが死につながったのではないかと思います。レムの消失は過剰に使用され、適切に使用されていると言えるでしょう。それから、明らかにデキサメタゾンが過剰に投与されているというケースもあります。

大統領がデキサメタゾンを投与されたことは、デキサメタゾンを投与すべき非常に狭い範囲を定義した回復試験とは全く矛盾していますが、集中治療室の医師の間では、COVIDをデキサメタゾンで治療すると考えられていて、病院に来るすべての人にデキサメタゾンを投与していました。

デキサメタゾンは免疫系に絶対的な打撃を与えます。このように、多くの過大な治療、誤った治療、誤った管理が行われていました。それから、デキサメタゾンの政治的な問題、ローラ・アンガーマン ドナルド・トランプ、そしてヒドロキシ・クリス、すみません。 ハイドロキシ・クリス・クオモ、その他もろもろの問題が重なりました。

Interviewer  45:00

少量であれば、世界中の多くのクリニックで、彼らの心をジグザグに動かし、おそらく本当に良い効果を示したようです。

そして彼らは

Robert Malone 45:08

特に初期に投与された場合には、その効果は絶大でした。振り返ってみると、大きな、大きな間違いがたくさんあります。

Interviewer 45:19

しかし、このような状況にもかかわらず、また、オピオイドによる絶望的な死亡者が出たにもかかわらず、全体的な死亡率は、例えばアイルランドの人口が昨年増加した他の年と比べても、それほど大きな差はありませんでした。

つまり、あなたはそう理解しているのですか?つまり、全体的な死亡率が大幅に上昇しているのでしょうか?この言葉を使ってもいいですか?

Robert Malone 45:44

そうではありません。なぜならば、ほとんどの人にとってはそれほど致命的ではなく、高齢者の中でもリスクの高いごく一部の人にとっては致命的なのです。つまり、私の主張の核心は、ワクチンを接種する場合は、極めてリスクの高い人に接種すべきであり、一般の人に接種すべきではないということです。

では、なぜ彼らはそれを行っているのでしょうか?私にはわかりません。それは逆説的なことです。商業的な金銭的利益と無能さ、そして単なる傲慢さと強気さを切り離して考えるのは、本当に難しいことです。

そして、グレート・リセットや世界経済フォーラムに関する様々な理論もあります。そして、私たちは理論の世界へと入っていくのです。繰り返しになりますが、私は政府の透明性と明確なコミュニケーションの欠如に責任があると思います。

このような脅威に直面したアクティブマインドの持ち主は、説明を求めるでしょう。政府がもっと透明性を高め、何が起きているのかを正直に伝えていれば、多くの考えが明らかになり、彼女の不安も解消されたはずです。

でも、それは私たちの政府だけではありませんよね?これは深遠なパラドックスであり、すべての政府に言えることです。そして、私は最高だ。一番簡単な説明は、オッカムのカミソリで思いつくのは、製薬会社がメディアを共同利用する力です。

製薬会社だけではありません。ゲイツ財団は、世界保健機関の請求書の非常に大きな部分を支払っています。そして、ビルはワクチンに全力を注いでいます。トニーもそうです。フランシス・コリンズもそうですし、莫大なお金が動いています。さらに、ウエルカム・トラスト、ロバート・ウッド・ジョンソン財団、J&J、ファイザー、GSKの財務的利益もあります。メルクはファイザーの株をかなり所有しているそうですが、これらは私の目には、ダボス会議には行かない私のレベルでは、思いつく限りの説明をしているように見えます。

 

私のレベルでは、ダボス会議にも行かないし、そういう人たちとも付き合わない。彼らが何を考えているのか、私にはわかりません。でも、私が知っているのは、製薬会社は、このようなことを考えているということです。私が知っているのは、製薬業界は政府を共同で選ぶことに非常に長けているということです。

彼らには莫大な資金があります。これは個人的には、私たちが見ているのは横行する戦争の利益誘導であり、膨大な資本を生み出していると思います。そしてその資本は、契約合意やAI、情報の利用可能性や通信能力、サンプル採取や評価を制限する契約合意を通じて、次々と政府を共同で選んでいます。

Robert Malone 49:22

また、情報の入手、コミュニケーション能力、サンプルを採取してショット自体を評価する能力、臨床結果を評価する能力、臨床結果を開示する能力を制限する契約です。さらに、私自身が経験したこともあります。つまり、私はこのようなコンソーシアムから繰り返し攻撃を受けるという奇妙な状況を経験してきました。

そこで私は、私や他の多くの人々に起こっていることを理解しようとする気になりました。そして私が見つけたのは、トップレベルや取締役会において、製薬業界、大手ハイテク企業、大手メディアの間には驚くべき相互浸透があり、それらはお互いの穴に座っているということでした。それらはすべてつながっているのです。そして、これらの深いつながりは、私が丘で働いていた人であるという観点からも、戻ってきます。

私はロビイストとして登録されているわけではありませんが、議会関係者と多くの時間をかけて話をしてきました。彼らは皆、トニーを愛している。トニーは基本的に膨大な予算をコントロールしており、それを議会地区ごとに配分しているからだ。彼は議会地区ごとに追跡しています。彼が議会を支配しているのです。その逆ではありません。本来の姿ではありません。しかし、それが彼のやり方なのです。

そして、彼はビル&メリンダ・ゲイツ財団と結びついています。NIHの財団はビル&メリンダ・ゲイツから多くの資金を得ていますし、CDCの財団も同様です。このように、私たちは時間をかけて、自己資金による自己利益のループを構築し、それがどんどん強くなっていったのです。

私の同僚と私は、このような状況の中でどのような反応をしていたのかと聞かれました。私たちの反応の一つは、世界的にコントロールされた情報統制とメッセージングのプロパガンダという点で、こんなことは見たことがないというものでした。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました