政府やメディアに阻まれたCovidの現実

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

プロパガンダイベルメクチンワクチンワクチン倫理・義務化一般記事-IVM
Barricaded from Covid reality by government and media

https://www.conservativewoman.co.uk/barricaded-from-covid-reality-by-government-and-media/

ネヴィル・ホジキンソン

2021年9月23日

アナリストのウィル・ジョーンズ博士は、世界はCOVID-19の登場に対して、宗教的なマニアのようなものを感じていると指摘している。私は彼が正しいと思っている。我々はこの躁状態から大きな被害を受けており、さらに大きな危機に直面しているのである。

ダルクのように「ワクチンを打て!」と叫んでいる。しかし、多くの信頼のおける医師や科学者は、何ヶ月にもわたって、そのユニークで実験的な作用様式に関連した死傷者を含む、このワクチンによる既存の危険性と、さらに悲惨な可能性のある将来のリスクについて警告してきた。(こことここも参照してほしい)。)

私はこの1年間に、最初は「Lockdown Sceptics」(現在は「The Daily Sceptic」に改称)に、次に「The Conservative Woman」(現在は「TCW Defending Freedom」に改称)に、コービッドに関する記事を35回ほど書いた。これらの日刊ニュースレターと関連ウェブサイトは、主にボランティアによって運営されているが、資金力のある主流メディアや学術雑誌よりもはるかに優れた仕事をしており、事実だけでなく強い倫理観に基づいてCovidの正統性に一貫して疑問を投げかけている。これはダイナミックな分野であり、彼らは見事にその課題に立ち向かっている。

寂しさもあるが、私はしばらくの間、この論争から身を引くことにした。私がジャーナリストとして取材した科学的には無意味な「HIV」や「エイズ」と同じように、「COVID-19」も多くの強力な利害関係者のために何十年も生き残ってきたが、事実、理性、倫理が危機に対する世界的な対応の中でほとんど役割を果たさないような形で、人々の想像力と言説を捉えている。

事態がどれほどおかしくなっているかを示す最近の例として、ウェスタン・オンタリオ大学の倫理学教授である

が制作した5分間のビデオを見てほしい。 彼女は1年生のためにこのビデオを録画した。彼女は、「実験的なワクチンを体内に注入されることに同意しない」という理由で、20年後に解雇されると脅されていた。

「私の仕事は批判的に考えることです」と彼女は言う。質問をすることです。疑問を持つことです。誰がこの命令を下しているのでしょうか?この人たちに自分の体を任せていいのでしょうか?

「教授である私は、ニュースを見なくても、コービッドのワクチンが安全かどうかを知ることができます。 私は医学雑誌を読み、科学や医学の教授である同僚に相談しています。医師から聞いたところによると、このワクチンの安全性には重大な疑問があるようです。ワクチンの効果についても疑問があります。 ワクチンを打てばコービッドにかからない、コービッドを感染させないとは誰も約束していません。」

「しかし、最終的には、私にとってはそのどれもが重要ではありません。なぜなら、私は倫理学の教授であり、カナダ人だからです。理由がどうであれ、自分の体に入るもの、入らないものを選択する権利があります。」

「もし私が大学に戻ることを許されたら、これが間違っていることを学生に教えるのが私の仕事です。実験的な医療行為を雇用の条件として課すことは、倫理的に間違っています。これは私の今年最初の、そして最後の授業になるかもしれません」。

9月7日、Ponesse氏は解雇された。現在、ジョー・バイデンは8千万人のワクチン未接種のアメリカ人にワクチン接種を義務付けると脅している。

私の元医療・科学特派員の同僚や、FacebookやGoogle(広告部門がTCW Defending Freedomのプラットフォームを解除した)などのソーシャルメディアの巨人たちのほとんどが、「全員がワクチンを接種しなければ勝てない戦争に巻き込まれている」という誤った信念に引き込まれている。

この信念は、科学がSARS-CoV-2をもたらしたという事実に対する罪悪感を和らげようとする科学界によって、最初から支持され推進されてきたものだ。SARS-CoV-2は、アメリカと中国の科学者による遺伝子操作の産物であることは明らかなのだが、この事実を世間から隠そうとするハイレベルな決定がなされた。

ウエルカム財団のジェレミー・ファーラー卿や、世界的製薬企業グラクソ・スミスクラインの元研究開発部長で、現在は政府の最高科学顧問を務めるパトリック・ヴァランス卿など、英国のトップ科学者たちは、コービッド-19が世界的な健康上の緊急事態と宣言された翌日、対応策を決定するための秘密会議に参加した。

「ネイチャー」や「ランセット」といった科学界のバイブルは、ウイルスが動物を宿主として人間に渡ったという説を盛んに宣伝しており、多くの記者と同様、私も最初はそれを信じていた。

しかし、当初の隠蔽工作は不十分で、ネイチャー誌はこの問題をごまかし続けてきたが、1年半が経過した先週、ランセット誌は16人の科学者からの書簡を掲載し、自然発生説を直接支持する科学的に有効な証拠はないと宣言し、「客観的で、オープンで、透明な議論」を呼びかけた。

パンデミックが始まって以来、何年にもわたる実験室での研究が、コウモリのウイルスを人間にとって危険なものに変えるような変化をもたらしたことを証明するのは、多くの場合、公式な連絡ルートから締め出された個々の「破天荒な」研究者に任されてきた。

しかし、約1年半前、英国とノルウェーのワクチン研究者チームは、電子顕微鏡を使って、ウイルスのスパイク・プロテインに6つの「ユニークな指紋」を記載し、これによってウイルスが様々な人間の細胞に侵入できるようになったことを明らかにした。彼らは、このタンパク質自体が危険であり、ワクチン候補に使用する際には、特別な注意が必要であると警告した。

彼らの報告は隠蔽され、現在でも科学界はその壊滅的な意味合いを考慮することを避けている。

コービッドはプランデミックだったのか?SARS-CoV-2の登場に先立って、国際的なハイレベルのパンデミック・シナリオ・プランニングが行われていたが、最初の感染者が出たときの中国での明らかなパニックと、英米の関与を隠蔽しようとしたことは、計画された危機というよりも、偶然の脱出を物語っている。

しかし、非常に影響力のある財団は、いわゆる「世界的な健康安全保障」や「パンデミック対策」のキャンペーンに資金を提供することで、自らの経済的利益や投資を実現しており(例えば、ここ、を参照)この危機に貢献している。 彼らは、自分たちが対抗すべき脅威そのものを生み出す手助けをしたのである。 これらの影響を明らかにし、悪意のある結果を認めない限り、我々は過ちを永続させることになるであろう。

少なくとも英国では、閣僚たちは、NHS(英国保健医療局)を「救う」ために行われたロックダウンが逆の結果をもたらしたことに気付いているかもしれない。NHS(英国保健医療局)は、多くのスタッフが意気消沈し、何百万人もの人々が治療を待っている状態である。特に子供と老人が苦しんでいる。

しかし、世論は恐怖に駆られ、特にコビッド・ワクチンを中心とした、より厳しい規制の提案に対して、広く賛同を得ている。

政府の科学者たちが常に保証しているように、コービッド・ワクチンの接種が本当に「安全で効果的」なのか、あるいは実際には益よりも害の方が大きいのかについて、明確な証拠がないにもかかわらず、である。この問題は非常に政治的なものになっており、事実とプロパガンダを区別するのは難しいのであるが、私はイングランド公衆衛生局がワクチンパスポートや「ワクチンを打たないと仕事ができない」という政策を推進する一方で、我々が想像を絶する規模の災害に直面する可能性があるという証拠に頭を抱えていると思う。

イングランドは、「救われた命」や「回避された感染症」という膨大な数の数字を無闇に持ち出して、ワクチンによって失われた命を正当化しようとしている。 ワクチンの効果が低下していることや、追加接種が必要であることを示すデータは、これらの主張がせいぜい大げさなものであることを示している。高度にワクチンを接種したイスラエルでの最新の経験(こことここを参照)は、控えめに言っても落胆させられるものである。

私は、スパイクタンパクの毒性や、スパイクタンパクが血液中に運ばれて全身に行き渡り、特に卵巣に蓄積して生殖能力を損なう可能性があることを知る前は、RNAワクチンの創意工夫に感心し、その効果を期待していた。

しかし、77歳になった今、私は、体の最初の防御機能を迂回するように設計されたワクチンよりも、ほとんどの人が自然の免疫機構によってうまく対処できることがわかっているウイルスに賭けてみたいと思っている。

人間の体は驚くべき回復力と知性を持っており、これまでにワクチンを受けて回復した何百万人もの人々のほとんどは、通常、1日か2日以上の不快感を感じることなく元気に過ごせると思う。

しかし、今、NHS(英国保健医療局)は12歳から15歳の子供たちへの予防接種を開始しようとしており、教師のリーダーたちはそれに賛成している。健康な子供は基本的にウイルスのリスクがゼロであることを知っている専門家の反対は、英国の4人のチーフメディカルオフィサーによって認められているが、脇に置かれてしまっている。これは、英国医療自由連盟(Medical Freedom Alliance)などの心からの嘆願にもかかわらずである。

親の意向に反して、12歳の子供たちに特定の毒性を持つ実験的なワクチンを接種するのか?どうしてこのような手段を考えるような愚かな状態になってしまったのであろうか?

そして、それは必ずしも終わらない。ファイザー社とモデルナ社は、5歳から11歳までの子供たちにこの実験を拡大する許可を得ようとしている。

私が驚き、悩んでいるのは、この危機的状況への対応を議会がほとんどモニタリングしていないことである。 まるで、選挙で選ばれた代表者たちがひとつの政党に成り下がり、その政党でさえ、選挙で選ばれたわけではないアドバイザーや役人の曲に合わせて踊っているかのようである。

私は、労働党のリーダーに手紙を書いて、政府にもっと強く異議を唱えるように促そうかと思ったが、その後、「組合とUターン」という長いエッセイを読んだ。このエッセイは、なぜ大臣たちがこれほど長い間、悲惨な形で躓いてきたのかというパズルの重要なピースを提供してくれる。

哲学者であり、作家であり、運動家でもあるベン・アーバインが書いたこの本は、アーバインがイギリスの「コロナパンの大失敗」と呼ぶ事態において、公共部門の労働組合が主に舞台裏で果たした推進力について述べている。社会主義者たちが、首相にCovid政策の度重なるUターンを促した役割を理解することが、「この残念な混乱を解き明かす鍵となる」と彼は書いている。

例えば、最大の教職員組合が一方的に学校を閉鎖すると脅した翌日に、最初の隔離が開始されたことをご存知ないかもしれない。あるいは、最初のロックダウンの間、多数の教職員組合が職場復帰を拒否していたこと。また 2020年の夏には、交通機関の労働組合が、政府が電車内でのマスク着用を義務づけないとストライキを行うと脅迫したこともあった。あるいは、同じ夏に小売業の労働組合が、政府が店舗でのマスク着用を義務づけないとストライキを行うと脅した。3回目の隔離は 2021年1月に数十万人の教師が職場復帰を拒否するという大規模な教員反乱が起きた翌日に起きたこと。あるいは、子供たちが学校で残酷なマスクをされてきたのは、反乱を起こした教職員組合が要求したからだとか。

私は、これから時間をかけて、人間の精神に欠けているものは何か、人間をこのような狂気に陥れているものは何かを探りたいと思っている。

貪欲さも一因である。政府やWHO(世界保健機関)に友人を持つ大手製薬会社が、この危機をうまく利用しているのは明らかである。

英国のこれまでの危機管理にかかった4,000億ポンドという莫大な費用が、一時帰宅制度や怪しいキットを使った大量検査、未検証のワクチンに費やされるのではなく、栄養面や社会的支援体制を通じてウイルスに対する免疫力を高めることに費やされていたら、どれほど良かったことであろうか。

しかし、強力な労働組合がこの災害を増幅させたという事実を目の当たりにして、私は、科学的な恥ずかしさや資本主義の強欲さだけでなく、左派の人々が特に陥りやすい誤った同情心が、政策の誤りを引き起こしていることに気付きた。 Save Lives – Stop Living(命を守ろう、生きるのをやめよう)」は、このオーウェル的な時代の、私のお気に入りのスローガンのひとつである。

エイズが発生した初期の頃、私はメディア関係者と一緒に、感染から発病までのタイムラグが長いため、性的に活発な人すべてが危険にさらされると言われていたウイルスに警鐘を鳴らしていた。我々は、公衆衛生活動に貢献していると感じ、満足していた。

しかし、アメリカやオーストラリアの「反体制派」の科学者たちの活動のおかげで、「HIV」が本物の病原体ではないことが徐々にわかってきた。 HIV/エイズ」は、初期のエイズ患者の苦境が無残にも無視されていた時期を経て、アメリカ政府の科学者がイギリスやその他の国の同僚の支援を得て、巧みな技術と緊急性をもって売り出した概念だったのである。

ウイルス理論は、病気を民主化し、非難に代わって同情をもたらした。ゲイリブのリーダーたちは、差別的な法律や態度をなくすために何年も戦ってきたが、エイズが登場したとき、乱れたアナルセックスや大量の薬物使用に関連する「ゲイの疫病」という初期の特徴が、運動を頓挫させる恐れがあった。

その後、大金が政治的正しさと結びつき、一枚岩の信念体系を作り上げ、完全には解体されず、甚大な被害をもたらした。 米国の「エイズの皇帝」アンソニー・ファウチ(現在はCovid社で同様の役割を果たしている)の指導のもと、HIV/エイズは数千億ドル規模のビジネスとなり、無数の善意のNGOや科学雑誌、研究者を支援するようになった。

検証されていない検査キットの使用により、アフリカの貧しい国々では、アフリカ大陸が恐ろしい伝染病に侵されているという誤った認識が植え付けられた。バロース・ウェルカム社が販売していた米国政府主導の高額な致死性医薬品は、何千人もの同性愛者、HIV陽性の子供、血液凝固障害の血友病患者を殺し、拷問した。(1990年にニューヨークのアスクレピオス社から出版されたジョン・ローリッツェン著『PoIson By Prescription – The AZT Story』を参照。) 存在しないウイルスに対するワクチンを探すという無駄な作業は、35年後の今日まで続いているのである。

科学界は、HIVパラダイムの核心にある誤りを認めることなく、挑戦に激しく抵抗した。

当時のサンデー・タイムズ紙の編集者アンドリュー・ニールがエイズの異説を発表し続けると、検閲、弾圧、嘲笑が行われた。他のマスメディア、特にBBC、ガーディアン、インディペンデント、オブザーバーは、我々の血を求めた。Health Education Council(健康教育協議会)は、特に我々の名誉を傷つけようと、エイズジャーナリズム賞を創設した。科学雑誌「ネイチャー」は、STのオフィスをピケッティングすることを考えてた。

ノーベル賞受賞者を含む一流の科学者たちが、エイズ研究に広く使われ、現在はコービッドの診断と称して誤用されているPCR検査の発明者であるカリー・マリスなどの挑戦を受けたにもかかわらず、彼はHIVがエイズ症候群に見られる免疫系の崩壊の原因であるという科学的証拠はないと主張した。

私はこの時、証拠の空白が大きければ大きいほど、反対意見への不寛容さとマインドコントロールの強さが増すことを学んだ。

AZTと呼ばれる公定薬以外の方法でエイズを治療しようとした医師は、医師登録を抹消されるなどして追い出された。他の方法でエイズを治療しようとした科学者は、出版することができなかった。

検閲は徹底的に行われた。ある時、HIV説を否定する主要な論文が、著名な雑誌に受理されたことがあった。しかし、HIV/エイズ信仰の擁護者たちがそれを聞きつけ、編集者は解任され、後任者はその論文を出版のパイプラインから取り除いたのである。正統派の考え方に疑問を持った患者は、悪質な嘘をつかれ、罵倒され、時には致命的な結果を招くこともあった。

WHOは、サハラ以南のアフリカがこの病気で壊滅的な打撃を受けていると主張し続けていたが、異性愛者の間で世界的なパンデミックはないと認めるまでに25年を要した。1993年、私はアフリカのエイズ多発地帯を数週間にわたって取材したが、これも事実に反するものだった。検証されていない 「HIV 」検査によって作られた架空の伝染病に、乏しい資源が誤って投入されていることを知ったのである。科学界や医学界はこのレポートに熱狂したが、反論されることはなかった。

「HIV/エイズ」とは異なり、「COVID-19」はあまりにも現実的である。理由はよく分かっていないが、この病気は、一般的には短い期間にはっきりとした波があり、他の病気や高齢のためにすでに死の入り口に近づいている人には致命的な病気である。

武漢の研究所から流出したとき、遺伝子操作されていることを知っていた人たちは最悪の事態を恐れ、世界的な警報が発せられたのは確かである。

しかし、昨年末から、ウイルスに感染した患者が死亡する割合は全体で0.2%以下であり、インフルエンザがパンデミックした年と比べてもそれほど多くはなく、当初考えられていたよりもはるかに低いことがわかっている。

しかし、その頃には、本格的な恐怖のプロパガンダが始まっていた。校正されていない診断テストが急に出され、実際には陽性の人の多くが健康であったにもかかわらず、「症例」が多発しているという誤った印象を与えてしまった。

高齢者の死は、がんや心臓病、不適切な薬物使用によるものであっても、コービッドに分類されていた(このスキャンダルについては、葬儀屋さんのレポートに感動的な記述がある)。

HIV/エイズと同様に、ビタミンDやイベルメクチンのような安価な治療法は、一部の医師が患者を病院に行かせないために使用していたが、公式に否定され、禁止された。

マスクの義務化、ロックダウン、強制的な隔離などが、科学的な根拠もなく無差別に行われ、完全に不釣り合いな恐怖をもたらした。

現在、科学者たちは、実験室で作られたキメラウイルスであるコビッド・ウイルスから注意をそらすために、SARS-CoV-2のようなウイルスが数多く存在し、常に動物から人間に飛び火し、新たなパンデミックを引き起こす可能性があると言っているように思える。

彼らはまた、ウイルスの遺伝子の変化がもたらす脅威についても語っているが、実際には、オックスフォード大学のスネトラ・グプタ教授がここで説明しているように、その変化は一般的に取るに足らない自然なものである。

彼らは、「自然免疫は、コビッドに対する強固で耐久性のある高レベルの防御を与えるだけでなく、ワクチンによる免疫よりも優れた防御を提供する」という証拠を無視している。

その一方で、いわゆる変異株は、既存のワクチンが失敗したときの便利な言い訳となり、製薬会社にとっては終わりのない大当たりの基礎となりうるブースターショットの論拠となる。

エイズよりもコビッドの方が早く正気に戻れるかもしれないという希望はないのだろうか。

ビル・ゲイツと大手製薬会社が出資している英国のMedicines and Healthcare products Regulatory Agency (MHRA)を含む世界中の政府機関は、コビッド・ワクチンに関連する可能性のある膨大な種類の副作用に直面して沈黙を守っている。英国の「イエローカード」制度では1,500人以上の死亡者と数千人の負傷者が報告されており、米国ではさらに数千人が報告されているが、規制当局は被害を認めることに極めて消極的である。

HIV/エイズの時代との大きな違いは、インターネットのおかげで、検閲にもかかわらず、Covidの正統性を批判する人たちが挑戦的なデータや意見を投稿できるようになったことである。

2,260万人のフォロワーを持つ有名人ラッパーのニッキー・ミナージュが、いとこの友人がコービッドワクチンを接種した後、睾丸が腫れてインポになったとツイートしたところ、ほとんどの人が嘲笑した。しかし、アナリストのスティーブ・キルシュ氏がTrialSite Newsで報告したように、ミナージュ氏は正しく、世界中の専門家は間違ってた。

「ワクチン・ディストピア」を終わらせることができる情報はそこにある。英国のTCW Defending FreedomやThe Daily Scepticを含む多くの情報源に存在しているが、政府やそのアドバイザー、主流メディアによって、いまだに多くの人々に公開されていない。

私は、人口減少計画が進行中であるとか、ワクチンを受けていない人を収容するためにスーパー刑務所が建設されているとか、狂ったテクノクラートによってマイクロチップが埋め込まれるとか、そういった見解には同意しない。しかし、ウイルスを作り出した研究に資金を提供したトップ科学者たちが自分たちのしたことを否定し、SARS-CoV-2が実験室で作られたことを知らされた世界の指導者たちが、このような悲惨な反応をもたらしたパニックモードに陥っている間は、このような説が信憑性を増すのも理解できる。

科学者も政治家も、リーダーたちは壁に囲まれて現実を見聞きすることができないのである。今回は、悲劇的な「HIV」や「エイズ」の話とは異なり、おそらく第4機関は、善意のパニックステーションから一歩下がって、その壁を崩すことができることをすぐに認識するだろう。


この記事を評価してくださった方は、The Conservative Womanへの寄付を検討してもらえると幸い。他の多くのウェブサイトとは異なり、我々は独立した資金を受け取っていない。編集者は無給であり、寄稿者の大半が自発的に仕事をしているが、ウェブサイトの運営にはどうしてもコストがかかる。そのため、読者の皆さんには、定期的なご寄付や単発のご寄付をお願いしておる。ご寄付はこちらからお願いする。ありがとう。

 

ネビル・ホジキンソン(Neville Hodgkinson)

ネビル・ホジキンソンは、サンデー・タイムズ紙の元医療・科学特派員であり、1996年にAIDSをテーマにした「The Failure of Contemporary Science」を出版した。AIDS: The Failure of Contemporary Science』(1996年、Fourth Estate社刊)の著者。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker