バンデン・ボッシュプロパガンダ・全体主義ワクチンワクチン メカニズム・耐性政策・公衆衛生(感染症)自然免疫集団免疫

2人の偉大なウイルス学者の警告は、政府と大メディアによって無視されている。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Two Great Virologists’ Frightening Warnings Ignored by Government and Big Media

trialsitenews.com/two-great-virologists-frightening-warnings-ignored-by-government-and-big-media/

2021年8月22日

By: ジョエル・S・ハーシュホーン(Joel S. Hirschhorn)

COVID実験用ワクチンをすべての人に接種しようとする現在の世界的な動きについて、2人の偉大な学者が同じような結論を出したら、我々は細心の注意を払うべきである。 経験豊富な二人の科学者は、このワクチン接種の取り組みに全く否定的な見解を示している。 効果がないどころか、世界の人々の健康に悪影響を及ぼすと指摘している。 ファウチは、この2人の真実を語る高名な医学研究者を、無能で、欺瞞的で、危険な人物であるかのように見せている。

この記事で指摘されているのは、ファウチ氏は、悲惨な結果を招く可能性のあるパンデミック対策を誤って推し進めただけでなく、正しい対策を阻んだということである。

二人のウイルス学者の発言の多くは、非常に技術的な内容である。 この記事では、彼らの論争の的になっているメッセージを、その本質的な意味を失うことなく単純化している。 政府や公衆衛生機関、大手メディアによるワクチン推進のプロパガンダに反論する彼らの警告を、一般の人々は理解する必要がある。

警告:読み続けると、鬱になるかもしれない。

リュック・モンタニエ博士

フランスのウイルス学者であり、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の発見で2008年にノーベル医学賞を受賞したリュック・モンタニエ博士の考えをまず紹介する。 彼は医学の博士号を持っている。 しかし、彼が偉大な専門家であると結論づけるには、それだけではない。彼は、 フランス国家功労勲章、レジオン・ドヌール勲章など20以上の主要な賞を受賞し、ラスカー賞、シェール賞、ルイ・ジャンテ医学賞、ガードナー賞、米国アカデミー賞ゴールデンプレート賞、キング・ファイサル国際賞(アラブのノーベル賞と呼ばれる)アストゥリアス皇太子賞などを受賞している。

彼は、COVID-19ワクチンの危険性を明らかにするために尽力していた。COVID-19ワクチンは、まだ実験段階であるが、残念ながら間もなく完全に承認される可能性がある。 この著名なウイルス学者は、ワクチンはウイルスを止めるものではなく、逆に「ウイルスに餌を与える」ものであり、より強力で感染力の強い変異株への発展を促進するものであると主張している。 これらの新しいウイルスは、ワクチン接種に対してより抵抗力があり、「元の」バージョンよりも多くの健康上の問題を引き起こす可能性がある。

モンタニエ氏は、大量のワクチンプログラムを「受け入れがたい過ち」と呼び、「医学的な過ちであると同時に科学的な過ち」であるとしている。 彼の主張は、「歴史書を見れば、…変異株を生み出しているのはワクチン接種であることがわかるだろう 」というものだ。 言い換えれば つまり、「ワクチンによって作られた抗体があり」、ウイルスは「別の解決策を見つける」か「死ぬ」かを迫られている。 「ここで変異株が生まれるのである。 それは、ワクチン接種による生産物であり、結果である、変異株である。これらの考えについて立ち止まって考えてみてほしい。 変異株の生成について、これ以上の説明を聞いたことがあるか? 私はそうは思わない。

彼が言っているのは、抗体依存性強化(ADE)と呼ばれる現象によるウイルスの突然変異と強化のことである。 ADEとは、ウイルスが細胞に侵入する能力を高め、病気を悪化させるメカニズムである。

世界中のデータから、COVID-19の原因となるSARS-CoV-2でADEが起こることが確認されていると、モンタニエ氏は言う。「各国で見られるのは同じで、ワクチン接種の曲線の後に死亡者の曲線が続くというものです。 今、我々が耳にしている話と同じです」つまり、ブレイクスルー感染症がエスカレートして、何人かの人が亡くなっているのである。 そして、この災害へのスパイラルには終わりがないかもしれない。

2020年11月のドキュメンタリーで、彼は有害で不合理なマスクの義務化だけでなく、ロックダウン、検疫、政府の行き過ぎた行為の濫用を強調し、ヒドロキシクロロキンなどの効果的なCOVID治療法の使用を支持した。 この映画は、YouTubeをはじめとするほとんどの主流メディアで公開が禁止された。 当時、ファウチは、安価なジェネリック医薬品を使ったCOVID治療法の普及を阻止することに成功し、ワクチンを待つという戦略をとってた。

モンタニエ氏は、大規模なワクチン接種キャンペーンを声高に批判している。 世界で最も早く、最も大規模なワクチン接種キャンペーンを展開したイスラエル国家最高裁判所の長官と判事に宛てた手紙の中で、モンタニエ氏はその中止を主張している。 彼はこう言った。「大規模なワクチン接種政策において、これらのワクチンの潜在的な危険性をまとめたいと思う。」ここではその内容を紹介する。

1.短期的な副作用

どのような予防接種でも見られる通常の局所的な反応ではなく、混合ワクチンの成分によるアナフィラキシーショック、重度のアレルギーや自己免疫反応、細胞の形成不全など、接種者の生命に関わる深刻な反応がある。 このグループには、脳卒中や脳出血などの原因となる血栓や血小板の減少を伴う多くの致死的な血液疾患も含めるべきである。

2. ワクチンによる保護の欠如

2.1

誘導された抗体はウイルス感染を中和するのではなく、受信者によっては逆に感染を促進してしまう。 後者はすでに無症状でウイルスにさらされている可能性がある。 自然に誘導された抗体は、ワクチンによって誘導された抗体と競合する可能性がある。

2.2

ウイルスに高度に暴露された集団において、ワクチン接種によって誘導された抗体が産生されると、これらの抗体に耐性のある変異株が選択されることになる。 これらの変異株は、より毒性が強くなったり、より伝染しやすくなったりする。 これが現在の状況である。 ウイルスとワクチンの果てしない競争は、常にウイルスにとって有利な方向へと向かうのである。

3. 長期的な影響 メッセンジャーRNAワクチンのメーカーの主張とは逆に、ウイルスのRNAがヒトのゲノムに組み込まれる危険性がある。

我々の細胞は、RNAからDNAに逆転写する能力を持っている。 これは稀なケースであるが、生殖細胞のDNAを通過して、次世代に伝染する可能性は否定できない。

彼の結論は 「予測不可能な未来を前にして、棄権した方が良い」ということだ。 しかし、ほとんどの人は、すべての強制とワクチンの義務化に抵抗することは非常に難しいだろう。

モンタニエ氏は 2020年4月、変異株の話が出てくる前、実験的なワクチンが展開される前に、COVID-19に対するワクチンが利用可能になった場合、それを拒否するように人々に呼びかけた。 彼の主旨は常に忘れてはならない。「感染を防ぐのではなく、感染を加速させることになる」。 今日、ワクチンを接種した人々に新たに発生したSARS-CoV-2の変異株が、彼の論文を証明している。 彼の科学的思考によれば、大量のワクチン接種は、より致命的なパンデミック感染の新たな波を引き起こすかもしれない。

話題になっている、希望に満ちた集団免疫については、彼はこう言っている。「ファイザー、モデルナ、アストラゼネカのワクチンは、ウイルスの人から人への感染を防ぐことはできず、ワクチンを接種した人も接種していない人と同じように感染してしまう。 したがって、ワクチン接種者数の増加による「集団免疫」を期待することは全く無駄である。

ポジティブな面ではこう提唱している。「ウイルスの効果を増幅させる細菌の補酵素があるので、イベルメクチンや細菌性抗生物質による感染症の早期治療を行うこと。」

バンデン・ボッシュ博士

Montagnierの厳しい意見は、ベルギーの著名なウイルス学者であるVanden Bossche博士も共有している。 彼もまた、彼の意見を考慮に入れるに値する相当な資格を持っている。 彼は、ドイツのホーエンハイム大学でウイルス学の博士号を取得している。 ベルギーとドイツの大学で教職に就いていた。 ケルンのドイツ感染症研究センターでは、ワクチン開発室の室長を務めた。 民間企業では、いくつかのワクチン企業(GSK Biologicals、Novartis Vaccines、Solvay Biologicals)で、ワクチンの研究開発やワクチン開発に従事した。 また、ジュネーブのGlobal Alliance for Vaccines and Immunization (GAVI)では、Senior Ebola Program Managerを務めた。

彼の意見は最近の記事で分析されている。 彼もまた、集団予防接種プログラムの中止を声高に訴えている。 彼は、もしワクチン接種を止めなければ、ウイルスの強力な変異株がどんどん進化し、「スーパーウイルス」が定着して膨大な数の人々を死に至らしめることになると考えている。

これが彼の大胆な見解である。

「大規模なワクチン接種キャンペーンとそれに伴う封じ込め対策によって引き起こされる膨大な量の免疫逃避を考えると、人間が介入することでCOVID-19パンデミックが世界と個人の健康にとって信じられないような大惨事にならないとは考えられない。」

ここに、彼の考え方の本質的な要素がある。 今回のパンデミックで行われていることのほとんどは、ウイルスの排除を保証するものではない。 起こっているのは、選択的なウイルスの「免疫逃避」であり、中和抗体がウイルスの複製や排除を防ぐことができないために、感染者(ワクチンを接種した人もしていない人も)からウイルスが排出され続けているのである。

このような「免疫逃避」によるウイルスの進化的選択圧によって、他の変異株よりも競争力のあるウイルスの強毒株が生み出され、抗体による防御を突破する可能性がますます高まっていく。 ワクチンによって誘導された免疫システムが提供する防御力。 これが「ワクチン耐性」である。 何が起こるかというと、ワクチンメーカーは変異株を出し抜こうとし続けるが、失敗する。 だから、彼らはブースターや毎年のワクチン注射を押し続けるのである。 これが「多ければ多いほど良い」というアプローチである。 これは、大手メディアがワクチンに関する多くの否定的な事実を抑制することによって助けられている。

ボッシュ氏の恐ろしい予測によると、パンデミックの最悪の事態はまだこれからだという。 感染者数、入院者数、死亡者数などの悪いニュースばかりが喧伝されていることを考えると、とても信じられない。 しかし、彼は、我々は今、究極ストームの前の静けさを経験していると考えている。 これまでに見られたものよりもはるかに悪い感染の新しい波を想像してみてほしい、というのがボシュの考えである。

これはどのように起こるのであろうか? ワクチンによる適応免疫系がほとんど抵抗力を持たない変異株や変異株が増える。 それと同時に、自然免疫の効果も低下する。 自然免疫を高めるために様々な工夫をしない限り、である。

ボッシュは一貫して、周囲にまだ大きな感染がある中で行われている既存の世界規模の大規模なワクチン接種プログラムは前例がなく、これがうまくいくという科学的な証拠がないことを指摘している。 これが、彼がほとんど無視されている理由である。

彼は、歴史的な予防接種プログラムでは、感染圧力がない状態で集団に予防的にワクチンを接種することが常に重要視されてきたと強調している。

また、免疫逃避を防ぎ、接種したウイルスをすべて死滅させるような殺菌免疫を提供する別のタイプのワクチンが使用されていれば、状況はまったく違ったものになっていただろうと主張している。 ほとんどの人は、現在の実験的なワクチンが実際にはウイルスを死滅させず、ワクチンを受けた人も受けていない人もウイルスを排出していることを理解していない。 また、ワクチンを接種してもしなくても、ウイルスは排出される。 そして、あらゆる伝染病対策は、様々な形態のウイルスの広範な拡散を阻止するのに十分な効果を発揮しないのである。

これが彼の大局的な見方である。「今、危機に瀕しているのはただ一つ、率直に言って、我々人類の生存です。」

しかし、ボッシュが最近言ったもっと強い言葉にも注目してほしい。「部分的に』あるいは『完全に』ワクチンを接種している人はすべて、歩く病気の潜伏システムであり、他のすべての人が、ワクチンが原因の致命的な『変異株』に感染して死ぬ危険性がある。 ワクチンを接種した人は、他の人に病気を広げる歩く殺人者なのである。 ファウチ・インフルエンザのために注射を受けることは、愚かなだけでなく、ワクチンを受けていない人が、ワクチンを受けた人の体内で製造されている致命的な病気に感染するリスクを負うことになるという点で、殺人の一形態でもあるのである。 そもそもトランプ氏がワクチンを導入していなければ、パンデミックはとっくに鎮火していただろう。 しかし、トランプ氏がワクチンを推し進めたために・・・”デルタ “という変異株が野火のように広がっており、秋のシーズンに入るとすぐに他の “変異株 “が続くことになる。”

これも非常に強い見解だ。 「大量のワクチン接種プログラムは…集団免疫を生成することができない。」もし本当なら、COVIDのパンデミックが終息する見込みはほとんどない。

その解決策とは? ボッシュは、現在の大規模なワクチンの取り組みに代わる必要なものを特定した。 それは、「この最初の重要なステップは、大規模なワクチン接種プログラムを直ちに中止し、その代わりに抗ウイルス剤である化学予防薬を広く使用するとともに、公衆衛生の大規模なリソースをCOVID-19感染症の早期多剤併用療法の拡大に充てることによってのみ達成できる」というものである。 これは、イベルメクチンやヒドロキシクロロキンのような安価で安全、かつ完全に承認されたジェネリック医薬品に基づいた早期の自宅/外来治療プロトコルのことを指している「Pandemic Blunder」には、この治療法を用いるための多くのデータやアドバイスが掲載されている。 つまり、両ウイルス学者は、ファウチ氏が阻止した治療法の使用を支持しているのである。

「Pandemic Blunder/パンデミックの失策」 ファウチと公衆衛生は早期在宅コロナウイルス治療...
Pandemic Blunder: Fauci and Public Health Blocked Early Home COVID Treatment 目次 序文 第1部 パンデミックの大失態を理解する 1.1 どのくらい大きな失 ...

また、ボッシュは次のような行動提言をしている。 「健康的な食生活とライフスタイルを促進するキャンペーンを展開すること」。 言い換えれば、人々は自然な免疫力を高めるために行動する必要があり、その中にはサプリメントも必要であり、ビタミンC、ビタミンD、亜鉛、ケルセチンなどのカクテルも含まれる。

結論

8月21日のバノンショーに出演したパトリック・ウッド氏は、欧米で入手可能なすべてのデータによると、COVID実験用ワクチンで約10万人が死亡していると結論づけている。 私はその評価に同意する。 この記事を読む頃には、FDAがファイザー社のワクチンを完全に承認しているかもしれない。

また、イスラエルのデータによると、「イスラエルの保健省によると、ファイザー社とバイオンテック社のワクチンのフル経過は、感染症の予防には39%、デルタ・コービッド-19変異株による症状のある感染症の予防には41%しか効果がなかった 」とのことである。 また、COVIDの入院患者の60%がワクチンを接種していた。

デルタ・変異株に関するイングランド公衆衛生局の最新のデータでは、ワクチンの効果は50歳以上でわずか15%、50歳未満で37%に低下し、死亡者数は50歳以上で80%減少したが、50歳未満ではわずか12%であった。

要点は単純である。 COVIDワクチンの危険性と効果のなさが日々明らかになっているのである。

この二人の専門家の意見を考慮した上で、現在の政府関係者の意見、すなわちCOVIDの症例、入院、死亡の急増をワクチンを受けていない人のせいにするという意見を批判するのが適切である。 この考え方に対する大きな代替案は、変異株を含むパンデミックの問題を起こしているのはワクチンを接種した人たちであるということだ。

必要なのは、COVIDワクチンに対する全く新しいアプローチである。もしかしたら、これに取り組んでいる企業があるかもしれない。 そうなると、現在のワクチンメーカーの1兆円規模のビジネスが脅かされることになる。

もし、すべての権力を持つ人々、機関、組織がこの2人の非常に頭の良い人の話を聞けば、現在のワクチンに代わるものを使うことにすべてのエネルギーを注ぐであろう。 我々にはそれがある。 特に、多くの偉大な医師たちが患者を救うために作成し、使用してきた治療プロトコルがある。 例えば、ブライアン・タイソン医師とジョージ・ファリード医師は、これまでに6,200人の患者を治療し、彼らを生かして病院から出している。

他にも多くの医師や医学研究者が、大手製薬会社にとってのワクチン大当たりの現状に歯止めをかけようと呼びかけている。 一方で、事実を見ようとするすべての人々にとって、実験的なワクチンが有効でないことは、日々明らかになっている。 効果のないことを続けたり、拡大したりするのは狂気の沙汰だ。 今、我々が経験しているのは、ブレイクスルー感染症や血液の問題、その他のワクチンによる健康への悪影響で多くの人が亡くなっているにもかかわらず、そのような非常識な世界である。

おそらく、ワクチンに関する醜い真実が広く明らかになるのは、すべての注射やワクチンを打ったにもかかわらず、大規模で広範囲な死が発生したときだろう。 そうなってしまっては、パンデミック対策を、お金に追われた愚かなものから、命を守るための医学的に道徳的な行動に変えるには遅すぎる。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました