メラトニン

Long-COVIDメカニズム

“LONG COVID”-生物学的基盤および薬理学的治療戦略を理解するための仮説
“LONG COVID”—A hypothesis for understanding the biological basis and pharmacological treatment strategyd

Pharmacol Res Perspect. 2022 Feb; 10(1): e00911. 2022年1月13日オンライン公開 要旨 SARS-CoV-2ウイルスのヒトへの感染は、無症状から重症肺炎まで幅広い症状を呈 ...
Long-COVIDメカニズムLong-COVID治療Long-COVID/後遺症メラトニン
オフラベル薬

アルツハイマー型認知症治療薬の再製剤化について

Repurposing Licensed Drugs for Use Against Alzheimer’s Disease 2021年6月1日オンライン公開 要旨 薬物の作用機序,in vivo試験,疫学データなどから,FD ...
オフラベル薬メラトニン
ガン

メラトニンは21世紀の宝(コルヌコピア)か?

Is Melatonin the Cornucopia of the 21st Century? オンラインでは2020年11月5日に公開 概要 メラトニンは、夜間に松果体や松果体外細胞で産生・分泌されるインドールアミン系ホル ...
ガンメラトニン睡眠神経発達障害(自閉症・ADHD)
メラトニン

アルツハイマー型認知症患者におけるメラトニン療法について

Melatonin Therapy in Patients with Alzheimer’s Disease オンライン 2014 Apr 10 概要 アルツハイマー病(AD)は大きな健康問題であり、その予防のための努力を政府 ...
メラトニン
ステロイドホルモン

小規模研究で実際に効果があったアルツハイマーの治療法!

ALZHEIMER’S TREATMENTS THAT ACTUALLY WORKED IN SMALL STUDIES! (BASED ON NEW, CUTTING-EDGE, CORRECT THEORY!) THAT WILL NE ...
ステロイドホルモンメラトニン書籍認知症 栄養補助食品
メラトニン

神経変性疾患と高用量メラトニン(メガドース)

高用量投与に関する文献 メラトニンは、筋萎縮性側索硬化症の疾患進行を遅らせる可能性がある 主要生存分析では、メラトニン使用者は非使用者に比べて年間死亡率が有意に低かった(ハザード比,0.241;95%信頼区間,0.088-0.6 ...
メラトニン神経変性疾患・その他
メラトニン

致死性ウイルス感染症治療のためのメラトニンの推定投与量:COVID-19に焦点を当てて

Estimated doses of melatonin for treating deadly virus infections: focus on COVID-19 Received: 2020年4月19日; Accepted: 受理 ...
メラトニン
メラトニン

メラトニン高用量療法と低用量療法における時間生物学的考察の重要性の違い
Divergent Importance of Chronobiological Considerations in High- and Low-dose Melatonin Therapies

オンラインで2021年3月9日に公開 リューディガー・ハードランド(Rüdiger Hardeland) アレハンドロ・ロメロ・マルティネス(学術編集者 概要 メラトニンは、様々な目的で臨床前および臨床で使用されてい ...
メラトニン
メラトニン

酸化・炎症性疾患の典型的なサイトカインストーム中のミトコンドリア機能不全に対するメラトニンと微量栄養素の効果の可能性

Potential Effects of Melatonin and Micronutrients on Mitochondrial Dysfunction during a Cytokine Storm Typical of Oxidat ...
メラトニン治療・補助療法 COVID-19
メラトニン

メラトニン:神経変性における臨床的展望

Melatonin: Clinical Perspectives in Neurodegeneration オンラインで公開2019年7月16日 概要 神経変性疾患の予防は、現在、我々の学会の主要な目標であり、すべての好気性生物に ...
メラトニン抗酸化剤睡眠
メラトニン

COVID-19を含むウイルス感染症に対するメラトニンのポテンシャル 現在のエビデンスと新しい知見

Melatonin potentials against viral infections including COVID-19: current evidence and new findings ハイライト ウイルス感染 ...
メラトニン医薬(COVID-19)
コロナウイルス予防と治療

COVID-19 ビタミンDとメラトニンの相乗効果メカニズム

COVID-19感染の標的としての肺。ビタミンDとメラトニンの保護的共通分子機構と新たな相乗効果の可能性 Lungs as target of COVID-19 infection: Protective common molecular ...
コロナウイルス予防と治療ビタミンD・紫外線・日光浴(総合)メラトニン治療・補助療法 COVID-19食事・栄養素(免疫)
メラトニン

COVID-19 メラトニン

コロナウイルス・メラトニンと免疫 関連記事 COVID-19患者におけるメラトニン使用のための治療アルゴリズム COVID-19患者におけるメラトニン使用の根拠 ヒトにおけるCOVID-19感染によって引き起こさ ...
2. コロナウイルスメラトニン免疫予防治療・補助療法 COVID-19
その他

メラトニンの医学的効果(認知症・アルツハイマー)覚書

はじめに メラトニンは、脳の松果体線から分泌されるホルモンの一種で、睡眠調節(概日リズム調整)、フリーラジカルの除去、免疫の改善、酸化防止に深く関わる。 アルツハイマー病患者はメラトニン濃度が低い メラトニン分泌量は健康な成人と比 ...
その他メラトニン睡眠
メラトニン
メラトニン

メラトニンサプリメントのタイプ・用法(認知症・アルツハイマー)

メラトニン・ラメルテオン 摂取量・種類など 私は睡眠力は幸福力ではないかと思っている 水木しげる メラトニン 用量 生理学的用量 0.1~0.3mg 低用量 0.5~1mg 中用量 3~5mg 高用量 10mg 超高 ...
メラトニン睡眠
メラトニン
メラトニン

メラトニンを自然に増やす5つの方法

メラトニンを自然に増やす5つの方法(認知症・アルツハイマー) 充実した一日を過ごせば、幸せに眠れる レオナルド・ダ・ヴィンチ は   加齢によりメラトニン生成量が減少する理由は、単純ではなく、複合的、複雑な理由と仕組 ...
メラトニン睡眠
メラトニン
メラトニン

メラトニン 多彩な10の医学的効果

睡眠だけではないメラトニンの多彩な効能 睡眠は最高の瞑想である。  ダライ・ラマ メラトニンの多彩な効果 メラトニンサプリメントというと睡眠サプリメントだと思っている人が多いが、睡眠以外にも非常に多彩な効能をもっている。 1 ...
メラトニン睡眠
メラトニン
Alzhacker.com をフォローする
タイトルとURLをコピーしました