官僚主義・テクノクラート研究方法・科学全般

21世紀の科学 知の独占と研究カルテル
Science in the 21st Century: Knowledge

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.researchgate.net/publication/252797131_Science_in_the_21st_Century_Knowledge_Monopolies_and_Research_Cartels

Henry H. Bauer

化学・科学研究名誉教授 文科系名誉学部長 バージニア工科大学

要旨

技術的な問題に対するマイノリティの意見は、公的な場ではほとんど聞かれない。科学の企業組織化が進み、知識の独占が進み、無批判なマスメディアの助けを借りて、一種の検閲が行われている。企業科学組織は研究資金も支配しているので、異端的な研究への資金提供を拒否することによって、研究カルテルとして、また知識の独占として機能しているのである。現代科学の関連する側面として、商業化がある。

科学は今や、自発的な個人による、世界を理解するための伝統的な無関心な探求とは全く異なるものとなっている。国家機関や国際機関が科学的情報として公言するものは、伝統的なピアレビューのプロセスによって保護されるものではない。社会は、科学的な事柄に関する公的な情報が信頼に足るものであることを保証するための新しい仕組みを必要としている。

独占企業やカルテルの力を抑制するための措置としては、反対研究への資金提供の義務化、諮問委員会への反対意見の出席の義務化、技術論争を裁く科学法廷、様々な組織でのオンブズマン事務所などが考えられる。そして、最も必要とされているのは、科学ジャーナリズムの精力的な調査である。

キーワード 21世紀の科学-知識の独占-科学における独占-研究カルテル-官僚制と科学-科学の制度-科学的制度

前文

HIV/AIDSに関する情報を検索すると、UNAIDSや世界銀行が発行した報告書は明らかに信頼性に欠け、無能でさえあることがわかる1。明らかに、ピアレビューは、これらの組織によって公に発表されたものの完全性を保護することはない。

現代科学のその他の懸念すべき側面としては、利益相反や実際の不正行為の横行、主流派科学による異端的な意見や知見の無視などがある。

このような考えから、このエッセイは生まれた。主張の内容は多岐にわたるが、必要とされる論証や資料の充実は、書籍の長さでは不可能である。ここに挙げた引用や逸話は、あくまでも例示であり、私の考えが単なる作り話でないことを示すのに十分であろう。繰り返しになるが、ここですべての例外を認めたり、必要に応じて注意事項を述べたりすることは不可能である。その代わり、現代の状況が一枚岩ではないことを全体的に認める。私が変化と呼ぶものは、実際には、場所によって、分野によって、また時間によって、その影響が異なる傾向である。しかし、科学に関連する最も重要な事柄について、権威あるはずの情報が、科学を共同支配する官僚機構の力によって、危険なほど誤解を招くものになっている、という主旨は堅く守っている。

制度としての科学

機能不全と陳腐化は、ある機関が卓越性を獲得したまさにその瞬間から、目立たないように、しかし陰湿に進行し始める。このパーキンソンの法則(Parkinson, 1958)2の代表的な例として、(英国)海軍が挙げられる。海を支配するようになった海軍は、徐々に官僚主義的な肥大化に陥っていく。管理者とオペレーターの比率が高まり、海軍の目的である国土防衛は、官僚の目的である自己奉仕に従属するようになったのである。このような変化は徐々に起こり、その効果が明らかになるまでには何十年もかかった。

科学は19世紀末に西洋文化におけるヘゲモニーを獲得した(Barzun, 2000: 606-607; Knight, 1986)。科学主義とは、人間が考えるあらゆる疑問に対して、科学だけが適切な答えを見出すことができるという妄信を生むものであった3。官僚主義による資金調達、商業化、利益相反など、その他の機能不全も後に発生した。しかし、このような変化は徐々に起こり、事態が深刻に悪化したことが否定できなくなったのは、20世紀後半になってからであった4。

21世紀の科学は、17世紀から20世紀にかけての「近代科学」とは別種のものであり、「科学が組織され、遂行される方法における、急進的、不可逆的、構造的」な「世界規模の変革」(Ziman, 1994: 5, 7)があったことを評価する必要がある。1950 年頃、デレク・プライス(1963/1986)は近代科学が指数関数的に成長したことを発見し、それ以上の 成長が不可能になった20世紀後半に科学の性格が変化することを予言した5。その変化の一端は、科学的倫理観が、利害関係のない懐疑と公開という伝統的な「マートン的」6規範に対応しなくなり、企業価値に従属するようになったことだ。マートン流の規範は科学を信頼できるものにしていたが、Ziman(1994)が述べた新しい規範はそうではない7。

症状

20世紀半ばから、心霊現象、UFO、ネス湖の怪物、ビッグフットなど、広く人々の関心を集める不思議な現象について、科学が人々の好奇心を満たすことができなかったことが、おそらく後から振り返ったときに分かる変化の兆候の1つであった。しかし、その100年前、著名な科学者たちは、ミディアムシップのような謎を躊躇なく調べ、大きな関心を集めていたのである。

私は、UFOや霊媒が科学の体系に属する現象であると主張するのではなく、一般大衆が “UFOの目撃談はどうなっているのか “を知りたがっているのであれば、一般大衆は十分な情報を得た上で答えるべきであると提案したいだけである8。かつて、科学の目的は自然界のあらゆる側面について真実を追求することであると考えられていた9。この伝統的な目的は、マートン流の規範によって果たされてきた。科学は、中立的で、適切な懐疑心と独創性をもって、公共財としての普遍的に有効な知を追求する。

しかし、20 世紀半ばから、ある種の状況において、科学の主要な組織が、独立した個人 の自発的な団体ではなく、官僚主義的な振る舞いをするようになった。その結果、一部の人々の不満が「ニューエイジ」的な動きを促した。1980年代には、科学者たちが新しい組織、特に科学探査協会や国際奇形動物学会を設立し、主流派組織が無視してきた世間の関心事に目を向けさせるようになった。

さらに広く知られるようになったのは、科学者による詐欺や不正行為が著しく増加したことだ。1981年、米国議会11が公聴会を開き、4つの著名な研究機関における科学的不正行為が公表された。そして、科学ジャーナリストのブロードとウェイド(1982年)は、「真実の裏切り者たち:科学の殿堂における不正と欺瞞」という包括的な告発を発表した。NIHのガイドでは、不正を認め、何年間か特定の活動から締め出された研究者の記事を読むのが日課となった12。1989年、米国国立衛生研究所(NIH)は、科学的誠実性事務局(Office of Scientific Integrity)を設立した13。あまりに不正行為が蔓延したため、「研究倫理」という新しい学問分野が生まれた14。専門の科学者団体は、倫理規定を起草または改訂した。政府機関を含むさまざまな団体が、従来は当然とされてきたこと、すなわちマートン的規範のようなものを研究者に規定しようとしたのである。

20世紀後半の不正行為の流行は、普遍的な知識という公共の利益ではなく、個人的な利益を追求する科学者が増えてきたことを明確に意味している。もちろん、科学者は常に不正の誘惑にさらされてきた。しかし、20世紀後半になると、科学者たちの私利私欲の追求が激しくなった。しかし、20世紀後半になると、利害の衝突は、ピアレビュー、出版、資金提供など、科学のあらゆる側面における誠実さを疑わせるほど広まり、極端になった(Krimsky, 2003)。最も権威のある医学・栄養学雑誌に掲載される論文には、しばしば欠陥や偏りがある(Kauffman, 2004)。Ziman (2000)によれば、1980 年頃には、科学は商業的利益と深刻に絡み合うようになった製薬会社は、自社製品を賞賛する医師や研究者に贈り物をし、医師や科学者に金を払って、専門誌のゴーストライターの論文に名前を貸す(Krimsky, 2003: 115 ff. )。2003年には、製薬会社がNIHの科学者に何百もの支払い(総額数百万ドル)を行っていたことが明らかになった(Willman, 2003a-f)。

産・官・医の複合体が医学と医療を支配している15。製薬会社は、連邦政府機関が医薬品の安全性と有効性を承認または不承認する際に、その結果を信頼する臨床試験を実施または委託している。伝統的に、科学における信頼性のゴールドスタンダードは、独立した研究者がある発見を確認した場合に与えられていたが、最近では、新薬の試験において、そのような信頼性の保証が欠けている。その結果、実際に証明された事実がせいぜい疑わしい、有名な名前の薬で大きな利益を得ているのである16。一般大衆は、多くの訴訟や死者が出て無視できなくなるまで、マスメディアからも、監督・規制するはずの政府機関からも警告を受けることはない。警告を発するのは主に、断固として反対を唱える個人、常識はずれのウェブサイト、党派的な出版物であり、主流の識者たちは、連座制によって異端的な見解の信憑性を容易に非難できるようになっている17。

近代科学の歴史を通じて、信頼性を守る最大の手段は共同体による批評であった(Ziman, 2000)。科学は直感から始まる。うまくいったものは、フロンティアサイエンスの一部となる。有能な仲間たちがそれを注目に値すると思えば、その項目は一次研究文献に掲載される。他の研究者がそれを有用かつ正確であると認めれば、その知識は最終的に総説や単行本になり、最終的には教科書になるのである。科学の歴史は、遅かれ早かれ、ほとんどのフロンティアサイエンスが修正を必要とするか、誤解を招くか、あるいは完全に間違っていたことが判明することを示している。科学には知識フィルターがあり、ゆっくりと麦と籾殻を分けていく(Bauer, 1992: chapter 3; figure 1参照)。

このフィルターは、査読者や研究者の誠実さと無関心さに比例して機能する。近代科学の初期、知識が高度に専門化・区分化される前、知識を求める者たちは互いの主張を全面的に効果的に批評し合うことができた。その後、一時期は、あるテーマについて独立して研究を行う人々が十分に存在したため、有能で利害関係のない批評が得られることもしばしばあった。しかし、20世紀半ば以降、研究にかかる費用と、協力的な専門家チームの必要性から、直接知識があり、かつ利害関係のない批評家を見つけることがますます難しくなり、本当に知識のある人は、事実上同僚か競争相手のどちらかである。のため、大きな科学官僚機構からの報告書は、発行される前に独立した審査を受けることができず、注118で述べたような欠陥がある。

利益相反の激増は、査読システムの完全性を危うくした。NIHは、「他に有能な査読者がいない場合」、査読者が利益相反を持つことを認めている(Brainard, 2004)。とはいえ、審査対象者の競争相手である査読者は、知的に誠実であることができれば、非常に効果的である可能性がある。一方、同僚である査読者は、欠点を見つけたくないという逆のインセンティブを持っている。大規模な研究チームや大規模な研究機関がますます優勢になり、「唯一有能な査読者」が共同研究者であることが判明したため、査読という伝統的な保護手段は本質的に消滅してしまったのである。

図1.

ピアレビューは、科学を行うという人間の活動の一部である推測、主張、間違い、誤った行動から、信頼できる科学的知識をろ過するためにどのように作用するか(Bauer, 1992より、許可を得て引用)。

原因

プライス(1963/1986)は、第二次世界大戦後の研究費の爆発的な増加が、指数関数的に成長した科学の時代に終止符を打つメカニズムである可能性が高いと考えた。このような現象は、研究費の高騰と、それに見合うだけの資金がないまま研究者の数が増え続けたことに起因していると思われる。研究者たちは、ますます競争にさらされるようになった。20 、それはより無節操になることを意味しがちであった。その結果、資金やパトロンの誘惑は大きくなり、有形無形の紐帯を無視して、資金やパトロンを受け入れるようになった。

十分な公的資金を提供できない、あるいは提供しようとしない政治家たちは、学界の科学者たちに、企業や産業界と協力することを奨励した。そうすると、公共の利益として、それがどのようなものであれ、真実を追求するという科学の目的が、収益性の高い応用や技術を見つけようとするあまり、歪められてしまうのである21。このことは、最近でいえば、「ドットコム」バブルや「バイオテク」バブルのときに最も顕著であったと思われる。1980年代には、科学者による利害関係のない真実の探求が損なわれるのではないかという懸念にもかかわらず、大学は産業界と合弁会社を設立し、特に医学部は製薬会社やバイオメディカル会社と提携していた(Krimsky, 2003, especially chapters 3 & 5)。

信頼に足る科学の衰退の一因が、有用な応用をもたらすというその成功にあったことは皮肉なことだ。第二次世界大戦中のマンハッタン計画による原子爆弾開発の成功は、科学が十分に支援されれば何を達成できる かという抑えきれない幸福感や「不合理な高揚感」22 を煽った23 。一般市民や政治家の側では、期待が機能不全に陥るほど非現実的なものとなった。1970年代の全米科学財団の「国家的ニーズに応える研究」や、1971年にニクソン大統領が宣言したNIHの「癌との戦い」のような事業を通じて、科学は不可能を可能にするよう求められた。このような精神から、科学者は遺伝子治療や幹細胞による万能薬のような大衆迎合的な夢物語のための資金を募るようになった。

非現実的な期待と、科学がどのように機能するかの誤解が相まって、より多くの科学者を採用すれば、優れた科学は拡大し、加速することができるという、いわれのない思い込みを生んでしまったのである。しかし、第二次世界大戦以降、政府資金が大量に投入された結果、必然的に有害な結果がもたらされた。研究者の数が増えれば、優秀な研究者が減り、凡庸な研究者が増えることになる24。査読者は、創造性や真のイノベーションを奨励するよりも、むしろ抑制する傾向がある中央集権的な資金調達と中央集権的な意思決定により、科学はより官僚的になり、独立した、自発的な真理探究者の活動ではなくなりつつある科学には、好奇心旺盛な理想主義者ではなく、キャリア主義者が集まってくる25。大学や個人は、科学研究を、良い科学を行うために必要な資金を求めるのではなく、あらゆる目的のために「間接費」26として資金をもたらす現金輸送手段であると考えるようになるのである27。科学的成果の尺度は、有用な知識の生産ではなく、もたらされる「研究支援」の量になる28。

商業化が最も顕著なのは現在のところ医学分野かもしれないが、報酬を伴う実用化の機会を提供するあらゆる分野が同じ方向に向かっているように見える。コンピュータ・情報技術複合体は、過剰かつ過度に速い商業化の不幸な結果を示す上で、(たとえそうであっても)医学分野に遠く及ばない。実際、1960年代にはすでに、エリート大学の経済学や経営学の教授陣が、統計学、システム分析、行動心理学を使って「社会問題解決」を売り物にする会社を設立し、大学が提供する資源を利用して個人的利益を得ていた(Ridgeway, 1968)。

しかし、科学を企業形態へと駆り立てる力は、商業化だけではない。国家機関や国際機関が、社会的・政治的目的のために科学活動を共同利用し、管理する傾向が強まっているのである。

知識の独占と研究カルテル

研究の主張に対する懐疑論は、信頼性を守るために絶対に必要である。企業では、研究成果が企業目標を達成することが期待されるため、批判は不誠実と見なされ、懐疑的な態度は抑圧されるかもしれない。Ziman(1994)が指摘するように、「学術的な」科学におけるマートン的規範は、特許や利益を追求する独占的な環境に適した規範に取って代わられ、研究者は信頼できる知識という普遍的に妥当な基準ではなく、地元の経営者に答えられると感じられるようになった。NIHや国連機関のような非営利の官僚機構が科学に資金を提供し、その成果を普及させることによっても、懐疑心が抑圧されるという同様の現象が起こっている。

科学活動を取り巻く環境の変化は、2世紀、3世紀には極めて緩やかなものであったが、現在ではその種類も変化している。企業科学、ビッグサイエンスは学術科学とは異なる種類のものであり、社会はそれに対処する必要がある大規模な組織的官僚機構が、今や科学の表舞台を支配している。ロックフェラーやフォードといった民間財団、米国心臓協会や米国癌協会といった慈善団体といった長年の後援者が、疾病管理予防センター、NIH、全米科学財団といった政府官僚機構に加わり、その影に隠れている。これらの機関が発表する声明、プレスリリース、正式な報告書は科学的な情報を伝えると称しているが、実際にはそれらを発行する官僚機構の企業利益のために作られたプロパガンダと見るのが最も妥当であろう。もちろん例外はあるが、一般論としては、世界銀行29やUNAIDS(注1)のプレスリリースは、例えば旧ソ連共産党中央委員会の発行するものよりも信用すべきではないだろう。

これらの組織の報告書の中には、従来の科学出版物には見られないような、信頼すべきでないことを認める細かい字句がある。UNAIDSは、この出版物に含まれる情報が完全で正しいことを保証せず、その使用の結果生じたいかなる損害にも責任を負わない」(UNAIDS, 2004)。それにもかかわらず、メディアはこの報道をもとに、”Migration ‘threatens Europe with huge HIV crisis”’ というような見出しをつけた。

(Sunday Telegraph [UK], 4 July, p. 24) や”Aids [sic] cases hit new record” (Daily Telegraph [UK], 7 July, p. 12)といった見出しで報道されたのである。明らかに見落とされているのは、この報告書の数字が、2001年から2003年にかけてのHIV感染率の上昇をほとんど示していないことだ。いずれにせよ、これらの数字はコンピュータ・モデルによる推定値に過ぎず、実際の数ではない。このコンピューターモデルは、著者自身が暫定的な仮定に基づいており、HIV抗体へのセロコンバージョンから死亡までの平均時間が961年であるなど、著しく誤った入力をしている30。さらに、HIVのサーベイランスと検査の質はせいぜい不安定であることが認められており、言い換えれば、コンピュータ・モデルに投入されたわずかな実数さえも妥当性に疑問がある(Sexually Transmitted Diseases, 80, Supplement 1)。このような不確実性にもかかわらず、このUNAIDSの報告書は、2025年の人口がエイズのあるなしにかかわらず、どうなっているかを推定することを躊躇していない。しかも、2003年はエイズの新規感染者数、死亡者数が過去最大であったと主張している。この主張は、より多くの資源が必要であるという典型的な官僚の言い分であるが、実際に知られていることからはかけ離れた外挿に基づくものである。HIVの発症率(HIV陽性と判定された人の割合)はほとんど変化していないため(報告書自体によると!)、死亡数と人口増加は新規感染と釣り合うはずだが、このバランスは、2003年に死亡数と新規感染数が過去最低水準になった可能性も、まったくない可能性も等しく受け入れることになる。

この報告書やその他の報告書に明らかな不確実性や欠陥があるにもかかわらず、メディアは(概して)世界銀行、世界保健機関、UNAIDS、NIH、疾病対策センター、アメリカ心臓財団、フォード財団などからの統計や予言、勧告を事実であり信頼できるものとして、つまり批判的コメントなしに受け流してしまうのである。これらの組織が、批判的で有能な、利害関係のない査読の試練を経ていない主張や解釈を自由に発信していることは見落とされているようだ31,32。これとは対照的に、個々の科学者は、あえて査読付き雑誌に掲載される前に結果を公表すると、大衆メディアを含めて厳しく非難され続ける32。しかし、大規模な官僚組織は、科学的と称する情報を日常的に発表しているため、このような基準には当てはまらない。

その結果、政策立案者や一般市民は、地球温暖化、健康的な食事、心臓病のリスク要因、適切な薬物療法、HIV/AIDS、遺伝子治療、幹細胞など、社会的に重要な問題について、ほとんど誰もが正しいと考える理論に疑問があり、それに対する証拠があることを認識していない。

化石燃料の乱暴な燃焼が地球の気候を温暖化させていることは「誰もが知っている」33。しかし、有能な専門家がこのことに異論を唱えていること34 、公式の予測は、何十年も後にしかその妥当性を知ることができないコンピュータモデルに入力された暫定的なデータに基づいていること(Crichton, 2003)、は誰も知らないのである。

コレステロールと飽和脂肪酸の少ない食事が心臓に良いことは「誰もが知っている」。実際のところ、この主張を裏付ける証拠はない(McCully, 1998; Ravsnkov, 2000)。

「危険因子」を減らしたり取り除いたりすることが望ましいことは”誰もが知っている”ことだ。実際のところ、いわゆる危険因子のほとんどは単なる統計的相関関係であり、原因であることも必要十分であることも、部分的であることさえも示されていない。

毎日少しのアスピリンが心臓発作を遠ざけることは”誰もが知っている”ことだ。しかし、より副作用の少ない、より良い方法があることを、誰もが知らないのである(Kauffman, 2000)。

citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.558.6115&rep=rep1&type=pdf

心臓発作を防ぐにはアスピリンを飲むべき?

要旨-米国の大多数の医師は、アスピリンの臨床試験に女性が含まれていないにもかかわらず、50歳以上のほぼすべての人に、初発の心臓発作の予防にアスピリンを勧めている。アスピリンは初発の心臓発作の約1/3を予防するが、その副作用は非常に大きく、プラセボに比べ全体として死亡率が高くなる。内出血や白内障などの致命的でない副作用は、アスピリンを何年も使用した後に顕著に現れる。ほとんどの勧告の根拠となっている主要な研究では、アスピリン単独を使用していない。したがって、実際に服用した緩衝化アスピリンに含まれるカルシウムとマグネシウムが、有益な効果の一部を担っている可能性がある。マグネシウムとビタミンEのサプリメントは、心臓発作の発生率や死亡率を下げるのに、アスピリンよりも効果的であることが示されている。アスピリンは、数週間服用すると、2回目の心臓発作の発生を約1/5に減少させる。マグネシウムとコエンザイムQ10のサプリメントは、心血管系疾患の治療においてアスピリンよりも効果的であることが示されている。

AZTがAIDS患者を延命させることができる最初の薬であることは「誰もが知っていること」である。誰もが知らないのは、AZTがHIVやAIDSの診断を受けた長期生存者が避ける猛毒(Lauritsen, 1990)であるということである30。

食品医薬品局のウェブサイト(www.fda.gov)には、かつて「安全で効果的」であると承認されながら、取り消された薬剤のリストが掲載されている。例えば、眠気を誘わないが心不整脈を引き起こす可能性のあるセルデインのような抗アレルギー剤や、前述の(注13)スタチン、ベイコールがその例である。

主要な公共問題に関連する科学について「誰もが知っている」ことは、しばしば科学的知識の実際の状態を反映していない。事実上、国際的、国内的な官僚機構からなる知識の独占が存在するのであるこれらの組織は研究資金や研究成果の普及に大きな役割を担っているので、これらの独占は同時に研究カルテルでもある少数派の意見は広く読まれる定期刊行物には掲載されず、異端的な研究は主要な資金提供団体から支援されない。利害関係のない専門家による査読の代わりに、主流派のインサイダーは、自分たちの威信と特権的地位を永続させるために、自分たちの見解を主張する。これは、宇宙の起源に関するビッグバン説のような学術的な問題でさえそうなのである35。HIV/AIDSのような世間で注目されている問題では、公式見解に異論を唱えると悲惨な結果になる。南アフリカのムベキ大統領は、少数意見の代表者を含む事実調査グループを結成した大胆さを理由に、世界中から非難を浴びた。レトロウイルス研究の第一人者であるピーター・デュースバーグは、研究資金を失い、米国科学アカデミーの会員として同アカデミー紀要に発表する権利を行使することさえ困難な状況に追い込まれた。結局のところ、HIVが分離されたかどうか、あるいはHIVがエイズを引き起こすかどうかを疑うことは、単に研究の主張に疑問を呈するだけではなく、世界保健機関、UNAIDS、世界銀行、疾病管理予防センター、NIH、その他多くの有力組織の権威に抵抗することだ。アフリカのHIV/AIDSとの闘いに何十億ドルも費やすという多くの政府の公約に疑問を投げかけることだ。ダイアナ妃、ネルソン・マンデラ、ビル・ゲイツ、エルトン・ジョン、アーサー・アッシュなどの有名人が設立し宣伝しているにもかかわらず、多くの「エイズ慈善事業」が誤解され、誤った方向に進んでいることを示唆するものである。

このような著名人が、どうして間違っているのだろう?この修辞的な質問は、”誰もが知っている”ことからの異論を歓迎するものである。しかし、当初は関心のないジャーナリストなどが、HIV/AIDSに関する少数派の見解のどこが誤っているのかについて説明を受けることができなかった(Hodgkinson, 1996; Maggiore, 2000; Malan, 2001; Shenton, 1998)。分子生物学における少なくとも2人のノーベル賞受賞者を含む多くの有能な人々が、HIVが必ずしも単独でAIDSを引き起こすという正統派の見解に疑問を呈しているが、その旨の手紙は1991年にNature、Science、Lancet、The New England Journal of Medicineによって拒否されている36。世論調査でも、公式見解が一般的な見解であることが示されている37。

知識の独占が絶対的な検閲を行うことができるわけではない。反対意見も表明されるが、それをどこで探すか、つまり努力する理由がなければならない。それは悪循環を構成する。さらに、すでに述べたように、反対意見は先験的に信頼できないか、政治的に党派的であると思われがちである17。つまり、主に主流メディアに接する人々は、公式に受け入れられているケースとは異なる信頼できるケースが存在する可能性を疑うことがなく、疑う理由もないだろう。

これらの問題についての常識は、公式のドグマを強調するような断片が公に放送されることによって絶えず補強される。例えば、地球温暖化によって喘息発作が増加するという推測を公表する理由が他にあるだろうか(Daily Telegraph, 2004)。これも、石炭、ガス、石油の使用を抑制しなければならないと説得するための「事実」のひとつにすぎない。メルクが公共ラジオで、HIV/AIDS治療薬38へのアクセスを提供することに貢献していると自慢するのも、HIVとAIDSの関係を疑う余地のないものにする一助となっている。このような断片は、その真実性や証拠に価値があるのではなく、望ましい視点を補強するための「禁じ手」(Bauer, 1986)である。これはプロパガンダの科学であり、伝統的な科学ではない。

もちろん、少数意見や異端的な主張が抵抗されたり無視されたりす ることは、科学の世界でも常にあった(Barber, 1961; Hook, 2002; Stent, 1972)。しかし、今と違っているのは、抵抗の程度と公式見解の力である。多くの場合、抵抗することは検閲や弾圧されることと同然になってしまっている

改革?

商業化、不正、信頼できない公開情報といった現代科学の病弊は、デレク・プライス(1963/1986)が予見した、指数関数的に成長する現代科学の時代の終焉に伴う危機の症状として、もっともらしいと言える。21世紀の科学は、17世紀から20世紀にかけてのいわゆる「近代科学」とは別物である問題は、我々が知っている科学を改革するかどうかではなく、企業化、商業化した未来の科学を社会がアレンジして、信頼できる知識の範囲を拡大し続けられるかどうかである。Ziman (1994: 276) は、どのような研究組織であれ、次のような「寛大な措置」が必要であると指摘している。

  • 個人のイニシアチブと創造性のための部屋、
  • アイデアを成熟させるための時間。
  • 議論や批判に対する寛容さ
  • 新しさに対する寛容さ
  • 専門的知識の尊重

これらは、独立した思想家が交流する自由な知的市場を表現しており、経済生活とのアナロジーが成り立つかもしれない。経済的な自由市場は、効率的で社会的に有用であると考えられている。なぜなら、独立した起業家による相互競争のベンチャーは、需要に対する供給を調整する「見えざる手」によって自己調整されるからである。だから、ピアレビューが見えざる手として機能する科学的自由市場(Harnad, 2000)も、知識の独占や研究カルテルから保護される必要がある。独占禁止法の適用が必要である。

公的資金が関係する場合、立法が役立つかもしれない。政府機関が研究開発ベンチャーを支援する場合、例えば、反対意見を持つ過去の功績を持つ有能な人材に全体の10%を割り当てることを義務付けることができるかもしれない。そうすれば、ライナス・ポーリング(オーソモレキュラー精神医学とビタミンCの利用)、ピーター・デュースバーグとロバート・ルート=バーンスタイン(HIVはエイズの必要十分原因ではない)、トーマス・ゴールド(非生物起源の石油、その他多くの突飛な提案)のような人たちを支援できるはずである。このような立法は、直接的な効果に加え、科学の進歩が実際にどのようにもたらされたかを公に認めるものとなり、それによって民間の財団が同様の措置を取ることを促すかもしれない。

また、科学諮問委員会や助成金審査体制に、主流とは異なる意見の代表者を含めることを法制化すべきである。これは、知的に誠実な助言と審査を保証する方法として、金銭的利害の衝突を制限するよりもはるかに効果的な方法である。主流派から見れば、反体制派は有能ではないので、こうした権利放棄の存在は、官僚が内部の人間からしか助言を求めないようにするための常套手段なのである。

科学的な問題を含む公共政策の立法が検討されている場合、主流派と異端派の意見を調整するために科学法廷が設置されるかもしれない。これは1960年代に議論されたが、実行には移されなかったことである39。

学術雑誌、学術雑誌のコンソーシアム、民間財団、政府機関などが、誤解を招くような主張、不当な出版、不健全な解釈などに関する告発を調査するオンブズマン40事務所を設立することができるかもしれない。そのような事務所があれば、内部告発者を支援し保護することもできるだろう。

知識官僚のプロパガンダが自動的に流されないように、精力的に調査する科学ジャーナリズムが切実に必要である。これを可能にするためには、メディアは与えられた問題についての科学的意見の全範囲について知り、それにアクセスする必要がある。上に述べた提案はすべて、そのための一助となるものである。記者にとって絶え間ないジレンマは、情報源にアクセスする必要があることだ。公式見解を疑うような記事を掲載すれば、公式情報源にアクセスできなくなる危険性がある41。

かつての時代には、信頼できる科学とは、たとえそれが個人的な目的に即していなくても、正しいことを行う科学者に依存していた。企業科学の新時代では、公共の利益に貢献したいという個人の願望は、企業の行動が公共の利益に貢献することを保証するのに十分ではない。

注釈

  1. 信頼性の低さについては、Malan (2001, 2003)がUNAIDSの公式発表がいかに誤解を招き、証拠に反しているかについて、章立てで述べている。1999年にUNAIDSが25万人の南アフリカ人がエイズで死亡したと発表したとき、その数字はコンピュータモデルの出力であることが判明し、その後のモデルの「改良」によってその数は6万5000人にまで減少している。関連する死亡診断書は集計されていない。同様に、2004年世界報告(UNAIDS, 2004)では、本文では憂慮すべき流行の広がりを語っているが、表には疑わしい仮定と暫定的なコンピューターモデルに基づく推定値が記載されている。
  2. 無能な報告書の例として、CGCED (2000)を参照。図中のデータは本文中の記述と一致せず、グラフの軸のラベル付けは不正確であり、引用も不正確である。
    パーキンソンの法則で最も広く引用されているのは、「仕事は使える時間を埋めるために拡大する」というものである。しかし、パーキンソンの著書には、官僚のやり方について時代を超えた洞察を与えてくれる法則や傍証が他にもたくさん含まれている。
  3. 社会学者ハーバート・スペンサー(1820-1903)は、社会ダーウィニズムの提唱者として有名だが、すべての生活は科学の知見から本質的な教訓を得るべきであると主張した。T・H・ハックスレー(1825-1895)は、科学教会のために説教をした(Knight, 1986)。
  4. 科学そのものの内部構造の機能不全と、科学が果たす社会的役割の機能不全とは区別されるものである。しかし、これらの区別された側面は互いに独立したものではなく、一方が他方を養うものであり、本目的のためには、これらの複雑さは無視されなければならない。
  5. プライスは、科学的活動を論文数、雑誌数、コスト、引用数などの定量的な観点から調査するサイエントロメトリックスを創設した。彼は、第二次世界大戦後、科学のコストは、行われている科学の量の二乗として増加していることを示した。コストと優秀な人材の獲得競争というプレッシャーの下、科学の焦点はもはや科学的知識の状態に左右されることはなく、社会的、政治的な要求に従うことになるだろうと。彼の予言がいかに的確であったかは、例えば、ガンとの戦いを見れば明らかである。
  6. 1940年代に社会学者ロバート・K・マートンによって提唱された。
  7. ジマンが言うように、科学者は伝統的に共産主義、普遍主義、無関心を実践することで得られるCUDOSによって報われてきた。独創性、懐疑心。企業の世界では、科学者は、独占的、地域的、権威主義的、委託的、専門的に実施された結果に対して、仕事場において報酬を受けるのである。
  8. このような変則的な主張に関する問いかけに対する科学界からの典型的な現代の反応は、その主張と提示された証拠が実際に何であるかについての正確で詳細な知識に基づいていない。時には、ヴェリコフスキーの著書を批判する人々が、その著書を読んでいないことを自慢したように、この無知が公然と認められることもある(Bauer, 1986)。
  9. 近世の科学には、聖職に就いている人々が創造主への崇拝に付随する自然現象として、世界の仕組みを探求するために多くの貢献をしている。
  10. 近代科学は、独立した個人による自由な結社や企業活動が許される社会的条件のもとで、その初期に最も大きな飛躍を遂げた。ガリレオがカトリック教会で不幸な経験をした後、オランダやイギリスを中心とするプロテスタントの北西ヨーロッパで科学の大きな進歩がもたらされたのである。
  11. 下院科学技術委員会の調査・監視小委員会を通じて。
  12. 例えば、http://grants1.nih.gov/grants/guide/notice-files/NOT-OD-04-051.html。2004年7月17日アクセス。
  13. ori.dhhs.gov/html/about/historical.asp. 2004年7月17日アクセス。
  14. 「アカウンタビリティ・イン・リサーチ」(ISSN 0898-9621)は1989年から発行されている。
    「科学技術倫理」(ISSN 1471-5546)は1995年から発行されている。
    応用研究倫理全国機構ARENA(http://www.primr.org/arena.html)も存在する。1995年には、政府の支援を受けてonlineethics.orgというウェブサイトが開設された。職業倫理や研究倫理に関連するセンターや研究所は、この10~20年の間に多くの大学で設立されている。
    関連するウェブページのコレクションは、http://www.web-miner.com/ researchethics.htm#top (accessed 17 July 2004)にある。研究倫理に関する文献目録(1997年まで)については、http://www.chem.vt.edu/chem-ed/ethics/(最初のページの最終行には、最終更新日が1970年1月1日と誤って記載されているが、実際には1997年である)。
  15. アイゼンハワー大統領が産業・軍事複合体の危険性について警告したことにならっている。
  16. この点だけでも一冊の本に値する。以下は、考えられる多くの例のうちのいくつかである。
    リピトールやクレストールのようなスタチン系薬剤は積極的に販売され、何十億ドルも稼いでいる(ロイター、2002年)。たとえ広告の細かい文字が、それらが心臓発作や心臓病のリスクを減らすという証拠がないことを認めなければならないとしても。スタチン系薬剤(ベイコール)は、100人以上が死亡し、785件の訴訟が発生したため、販売が中止された(http://www.adrugrecall.com/baycol/ baycol.html)。重篤な副作用として挙げられているのは、肝障害と筋肉の衰弱(横紋筋融解症)である。を続ける他のスタチン系薬剤があることが知られている。
    H. H. Bauerは、同様の副作用を持つことが知られている(http://www.fda.gov/ cder/drug/infopage/baycol/baycol-qa.htm, point 9 at bottom of page)。
    アスピリンの上位互換である、いわゆるNSAIDsやCox-2阻害剤は、アスピリンよりも深刻な副作用を持つことが判明している(http://www.adrugrecall.com/ vioxx/vioxx.html; Hensley, 2004)。
  17. たとえば、HIV/AIDSや地球温暖化に関する反体制的な意見は、保守的な政治観に関連する出版物、たとえば『スペクテイター』(イギリス)や『ワシントン・タイムズ』、あるいはレグナリーなどの出版社の本で最もよく見かけることができる。
    1990年代初頭、英国のSunday Times紙とその編集者であるアンドリュー・ニールは、科学的礼節の象徴とされるNature誌を含め、広く批判を浴びました。
    HIV/AIDS反対派の見解とその根拠を説明したネヴィル・ホジキンソンの記事を掲載したことで、科学的な礼儀作法の代表格であるネイチャー誌も含め、広く批判を浴びたのである。
  18. 実際、引用した報告書(CGCED, 2000; UNAIDS, 2004)の「謝辞」セクションは、技術的に有能なピアレビューというよりは、官僚たちの相互軋轢を反映したものである。
  19. これらの免除は、「科学的方法」が真の知識を得るための非人間的な公式であるという科学者的信念を示すものである。そうであれば、科学的方法の真の成果がたとえ不愉快なものであったとしても、人々はそれを見ないわけにはいかない。しかし、その方法は神話であり(Bauer, 1992)、人間、中でも科学者は、自分の気に入らないものを見ず、見たいと思うものを見ていると想像するのが得意なのである。
  20. 1978年、ケンタッキー大学の化学部では、最近助成金を獲得した教員の経験を調査した。その結果、全米科学財団からの助成金1件に対して、我々は約10件の助成金プロポーザ ルを作成していることが判明した。10年前には、この比率は2対1だったのである。
  21. 例えば、1970年代、全米科学財団は「産学協同ベンチャー」なるものをちらつかせていた。参加しようとした我々は、自分の研究を発表したいという気持ちと、研究結果を秘匿し て独占したいという産業界の圧力との間の葛藤を解決することが難しい、あるいは不可能であること に気づいたのである。
    Ziman (1994: 272, 265) が指摘するように、”科学的事業は…. … 信頼の上に成り立っており、それは「無関心」という規範に合理的に適合しているかどうかにかかっている。. . . この規範は商業的慣行と相容れない。. . . このような異文化間のショットガン結婚は、両親のどちらよりも知性や技術の面ではるかに劣る子孫を生むかもしれない」。
  22. テクノバイオドットコムバブルの全盛期の株式市場に関するアラン・グリーンスパンの表現を採用する。
  23. 1945年、ヴァネヴァー・ブッシュが大統領に提出した報告書『科学-終わりなき開拓』は、連邦政府による大規模な研究費助成を促したと広く評価されている。
  24. プライス(1963/1986)は、科学の質は量の平方根に比例することを発見した。優秀な科学者の数を2倍にするには、全科学者の数を4倍にしなければならない。
  25. 現代の大学院生や教員の多くは、第二次世界大戦後のある時期まで、多くの学生や科学の実践者たちがどれほど理想主義的であったか、簡単に信じることはできないだろうと思う。10年前、私が研究倫理に関するセミナーを開いていたとき、私と同世代の学科長 は、今でも大学院生に『アロースミス』(ルイス、1925年)を読ませていると言った。このほかにも、科学者の回想録には、理想主義にまつわる逸話が無数にある。Andrew Szent-Gy.rgyiは、いとこのノーベル賞受賞者Albert Szent-Gy.rgyiから「科学をやることはすべてを犠牲にする価値のある特権だと教えられた」と回想している(Hargittai, 2004)。
    半世紀を経た今でも、大学院生たちが『アルバート・ウッズの闘い』(クーパー、1952年)を読んだとき、非常にショックを受けたことを思い出す。この本には、王立協会特別研究員(F.R.S.)などの賞は、功績よりもむしろ政治的行為によって与えられると示唆されていた。我々2人は動揺し、冷静さを欠いたまま、F.R.S.のA・G・オグストン教授に声をかけ、これが現実のことなのかどうか尋ねたのである。(オグストン教授は、謙遜の見本であり、クエーカー教徒でもあったので、とても親切で理解ある人だった。この時の仲間、アンソニー・W・”トニー”・リネンは、後に完全に実力でF.R.S.を取得した)。
  26. しばらく前に、この婉曲表現が以前の「オーバーヘッド」という用語に取って代わった。
    1966年、ケンタッキー大学の研究部門は、私が国立科学財団から受けた助成金の申請書の予算 を、2年間で5万ドルから25万ドルに書き換え、私の年俸の一部とそれに見合った手当、そして 多くの「オーバーヘッド」の償還を要求してきた。私の抗議に、所長は、連邦政府はこれらの助成金を大学への一般的な支援として使っているのだと説明した。
  27. 1960年代以降、多くの大学が、このように連邦政府からの助成金や大学院生へのフェローシップを取引材料にして、研究大学を目指すようになったのである。1940年代には107校あった博士号取得可能な大学は、30年後には307校になった(National Academy of Sciences, 1978)。大学における科学研究費は、1940年の3100万ドルから1980年には30億ドルに増加した(Krimsky, 2003: 27)。
  28. ”現代において成功した癌研究者とは、「謎を解く」研究者ではなく、「そのために多くの資金を得る」研究者である” (Chargaff, 1977: 89)。
    ケンタッキー大学(Wethington, 1997)やバージニア工科大学(Steger, 2000)などは、研究費の総額のみでランキングされる「トップ研究大学」の20校、30校に入ることを表明している(それぞれ間違いなくそうである)。
    1980年代、バージニア工科大学では、工学部のテニュアと昇進の基準は、大学の昇進・テニュア委員会の会合で学長によって次のように述べた。
    テニュアには外部からの年間10万ドル程度の研究支援、正教授への昇格にはその3倍程度の研究支援が必要であると述べている。
  29. 私が初めて読んだ世界銀行の報告書(CGCED, 2000)に対する詳細な批評を別の場所で発表する予定である。他の報告書も読んでみたが、同様に質が低く、データ、解釈、出典の引用に関して信頼できないことがわかった。
  30. Root-Bernstein(1995a)は、HIVに感染してから実際に病気になるまでの期間、すなわちAIDSを発症するまでの期間が、異なるグループ間で大きく異なることを発見した:乳児は6ヶ月、移植を受けた人は2年、血液を受け取った人は6年、ゲイ男性と高齢の重度の血友病患者は10年、若い重度の血友病患者は14年、軽い血友病患者は20年以上。UNAIDSの推計値961年と比較するためには、ルート・バーンスタイン氏の数字に、エイズ発症から死亡までの期間を加えなければならない。この期間は、それ自体が非常に変化しやすい。AZTなどの抗レトロウイルス薬を避けたMichael Callenは、本格的なAIDSと診断された後も12年間現役で生き続け(Hodgkinson, 1996: 14)、Richard Berkowitzは診断から20年経っても生きている(Berkowitz, 2003)。HIV陽性と診断された後、優れた健康状態で長期間生存していることについては、Maggiore (2000)を参照。
  31. 前述のように、現在では深刻な利益相反のない有能な査読者を見つけるのは決して容易ではない。しかし、世界銀行やUNAIDSのような機関は、報告書を発行する前に外部の人間による批判的な検証を受けようとする気配すらない。官僚がやるようなことではないのだ。
  32. 例えば、フライシュマンとポンズは1989年に冷温核融合を巡っている。
  33. 世論調査でも示されているように、例えば www.americans-world. org/digest/global_issues/global_warming/gw_summary.cfm. 2004 年 7 月 13 日アクセス。
  34. 例えば、著名な環境科学者であるS. Fred Singerが代表を務めるScience & Environmental Project (www.sepp.org/)を参照。
  35. 数十人の有名な宇宙論者が共同で書いたこの趣旨の手紙は、ネイチャー誌への掲載を拒否されたが、最終的にはニューサイエンティスト誌(2004年)に掲載された。主流のドグマは、「ネイチャー誌はこの手紙の掲載を拒否した」と指摘するだけで、このような見解を軽蔑することができる。このことは、ほとんどの人がこの手紙の信憑性に重大な疑問を投げかけていると受け止めるだろう。
  36. www.virusmyth.net/aids/group.htm を参照。2004年7月19日アクセス。
  37. ”Aid for HIV/AIDS Crisis in Africa: アフリカにおけるHIV/AIDSの問題に対処するための米国の援助を支持する人が圧倒的に多い。圧倒的多数がこの危機はかなり深刻だと考えており、アメリカ人にも影響があると信じている。しかし、この危機がアメリカの国家安全保障を脅かすかどうかについては、国民の意見は分かれている。国民の約半数は、米国はもっと援助すべきだと考えているが、アフリカ人、製薬会社、国連など他の関係者ももっと援助すべきだと考えている人が非常に多い。過半数の国民が、米国は以下のことを行うべきであると考えている。
    AIDS孤児の問題に関与すべき”; www.americans-world.org/ digest/regional_issues/africa/africa_sum.cfm. 2004 年 7 月 13 日アクセス。
  38. 例えば、PRIインターナショナルで、2004年8月から9月にかけて、クリスチャンバーグ(バージニア州)のAM1260でよく聞かれた。
  39. www.piercelaw.edu/risk/vol4/spring/bibliography.htm: ”The Sci-ence Court:” を参照。
    ence Court: A Bibliography” by Jon R. Cavicchi. 2004年7月19日アクセス。
  40. ”Ombudsman”は独立した、利害関係のないことを意味する。
  41. ロバート・ギャロがジャーナリストのセリア・ファーバーに明確に警告したように、非常に現実的なリスクである(Hodgkinson, 1996: 160, citing Lauritsen [1994]).
この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました