ワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

信頼と科学教育とワクチン
Trust, Science Education and Vaccines

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9039980/

マイケル・J・ライスscorresponding author

要旨

近年、科学への信頼という問題がクローズアップされている。私はワクチンに焦点を当て、まずワクチンへの信頼について何が知られているかを調べ、次にワクチンについて科学教育が教えていることは信頼できるのかどうかに集中する。

ワクチンの接種をためらうという現象を信頼の問題と結びつける議論を展開し、学校の理科でワクチンについて教える際には、理科の先生が反対するようなワクチン接種に関する考えを持つ生徒も含めて、生徒を尊重するという考え方に真剣に取り組むべきことを主張する。

他者(人や制度)に対する信頼は、国や地域によって大きく異なり、また信頼する側とされる側の双方の特性にも左右されるものであり、ワクチンをどの程度信頼するかについても大きな差がある。

しかし、ワクチンを信頼しない人が単に情報弱者であると考えるのは間違いである。ワクチンについてしばしば検証されない物語、すなわちワクチンは常に望ましいものであるという物語を拒否する様々な理由がある。多くの人々は、政府、企業、医学界の権威によって語られることを疑うに足る十分な理由がある地域社会から来ている。

COVID-19や、ワクチン接種に関する健康不安に対する以前の反応は、ワクチンに関する質の高い教育がいかに重要であるかを示している。その教育の多くは学校の外で行うことができるが、基礎は学校で築かれるのである。

ワクチンに対する拒否反応や躊躇は、世界的な公衆衛生に大きな影響を与える。質の高いワクチン教育は、生徒が関連する生物学や科学の本質を理解するのに役立つはずである。また、ワクチンを拒否したり躊躇したりする家庭の生徒を含む、すべての生徒を尊重するものでなければならない。

背景

この記事では、科学に対する信頼の問題が、学校でのワクチン教育にどのように関連しているかを考察する。私は、アストラゼネカ社のCOVID-19の2回目の接種を受け、喜んだその日からこの記事を書き始めた。しかし、現在、多くの人がこのワクチンの安全性を心配しており、多くの国の規制当局が、一定の年齢以上(あるいはそれ以下!)の人に使用を制限している。当初は、低コストで保管が簡単なことから、ゲームチェンジャーとして歓迎されたが、その後、副作用(Wise, 2021a)や有効性(Mallapaty & Callaway, 2021)に関する疑問、欧州内での流通に関する論争など、一連の問題に直面した。信頼できる世論調査機関が行った調査によると、2021年3月、フランス、イタリア、スペインでは、アストラゼネカのワクチンは安全であると考える人よりも安全でないと考える人の方が多く、フランスでは61対23%という驚くべき差をつけている(Smith, 2021)。ロンドン大学衛生熱帯医学大学院の欧州公衆衛生学教授であるマーティン・マッキーは、ワクチンと試験に関する情報伝達の方法について、次のように語っている。ワクチンにとって、信頼と信用は非常に重要であり、この2つを切り離すことはできない」(Wise, 2021b: 1)。懸念は、アストラゼネカのワクチンに限定されたものではない。2021年3月から5月にかけて行われた国際調査では、他のメーカーのワクチンについても懸念があり、COVID-19ワクチンをまだ受けていない理由として、受ける資格がある人が最も多く挙げたのは、副作用への懸念とワクチンが十分な検査を受けているかどうかであった(Imperial College London, 2021)。しかし、この2つの調査結果は多くの点で大きく異なっており、態度が時間の経過とともに急速に変化することが多いことを示している。

本稿では、ワクチンの安全性や有効性に関する科学的な疑問(cf. Larson, 2020; Oreskes, 2019)よりも、ワクチンについて科学教育が教えていることを信頼できるかどうかに特に焦点を当てる。私の主張は、ワクチンの安全性と有効性、ワクチンへの反論の歴史、ワクチンに対する国民の信頼、現在のワクチンへの反論、自律性と権利に関する哲学的議論(ワクチン摂取の文脈で)、ワクチン教育の目的、そして学校生徒が教えられることに対する信頼とそうでないことの間に関連性があるということだ。この主張について、以下、検討し、擁護する。

ワクチンは、学校の理科でそれ自体がトピックとして教えられることがあり、多くの場合、ワクチン接種の強化を通じて公衆衛生を改善することを最終目的としている(Frayon, 2020; García-Toledano et al, 2022)。しかし、多くの場合、免疫系、病気、DNAなどのトピックが教えられた後に、科学の応用例として教えられているのが現状である。私の全体的な主張は、Dillon and Avraamidou(2020)が主張しているように、学校の科学教育はワクチンについてもっとうまく教えることができるのではないかということだ。これらの著者は、COVID-19のパンデミックに照らして、「科学教育研究は、大惨事から社会を守る知識を生み出しているか」(Dillon & Avraamidou, 2020: 1)など、科学教育に対するいくつかの質問を投げかけ、科学教育界にそれへの対応を求めている。

現在、教師の立場には様々なものがあるだろうが、学校の科学カリキュラムや教科書では、ワクチンは一般的に問題なく「良いもの」として紹介されている。もちろん、カリキュラムや教科書を解釈して授業を行っているのは個々の教師であるが(Ogborn, 2002)。こうした解釈は重要である。Berkman and Plutzer (2010) とLong (2012) は、もう一つの論争テーマである進化というトピックに関する教師個人の信念や見解が、カリキュラムや教科書で表現される進化を教室で教える際にどのように影響するかについて論じている。

より一般的には、科学教育は生徒の多様性の問題を考慮する必要がある(Lee & Luykx, 2006)。しかし、多くの学校の科学教育は、ワクチンについて懸念を持つ生徒や、懸念を持つ家庭の生徒を考慮に入れていない。また、上記のアストラゼネカのケースのように、ワクチンの安全性や一般的価値について矛盾した説明を読んだり聞いたりした場合、学校を去った後に起こりうる状況への準備をすべての生徒にさせることもできていないのである。

この記事は、新しい実証的データを提示するものでも、文献の正式なレビューでもない。むしろ、概念的なものである。ワクチンの接種をためらうという現象を信頼の問題と結びつけるために、学生が何を教わるかという問題について、証拠に基づく議論を展開する。そして、学校の理科でワクチンに関する教育を行う場合、生徒への敬意という概念を真剣に考慮した上で、どのような教育が必要かを論じている。その際、たとえワクチン接種に否定的・躊躇的な考えを持つ生徒を教える教師であっても、そのような教師の敬意が必要であると主張する。特にCOVID-19については、現在のパンデミックの重要性と、多くの生徒にとって非常にトピックであることを考慮し、注意を払っている。しかし、COVID-19で生じるワクチンへのためらいの問題の多くは、後述するように、他のワクチンへの不信感に以前から関わっていたものである。したがって、私はところどころでワクチン接種の問題が一般市民にどのように見られてきたかという歴史的な議論を利用している。

私の目的は、学校の科学教育を非難することではなく、科学教育界(学者や学校のカリキュラムを決定し、教科書を書き、学生を教師に育て、正式な科学試験に貢献する人々)が、学校におけるワクチン教育の質を改善し、豊かにするために何ができるかを考えることだ。そのためには、進化論教育や気候変動教育との共通点があり、科学の本質を理解することが重要であると考える。

信頼

このセクションでは、信頼の意味を検討し、一般市民がどの程度、科学や科学者を信頼しているかを考察する。科学教育の世界では(Halliday & Martin, 1993; Sutton, 1992)、また一般的には(Heidegger, 1962)、用語の起源や使い方を検証し、それらがどのように理解され使用されているかを探るという長い伝統がある。英語では、「trust」という単語は動詞と名詞の両方として存在する。この言葉は古ノルド語の traustr に由来し、「強い」、「安全」、「信頼できる」という意味である(Oxford English Dictionary, 1971)。様々な辞書によると、最近の信頼は、さらなる証拠や調査なしに発言の真意を受け入れることを伴うとされており、私があなたを信頼できると考えた場合、同じ発言を信頼できないと考える人が行った場合よりも、あなたが述べたことを事実であると受け入れる可能性が高くなるとされている。言葉の意味は形式的な定義よりも使われ方に依存するが(Wittgenstein, 1953)、信頼とは「(誰かが)我々にとって有益な、あるいは少なくとも有害でない行動をとる確率が、我々が(彼ら)と何らかの形で協力することを考えるのに十分高い」(Gambetta, 1988, p. 217)と定義されてきた。もし私があなたを信頼すれば、私はあなたの言うことの真偽を確かめるためのチェックをする可能性は低くなり、あなたが私の利益に反する行動をとらないと仮定する可能性が高くなる。信頼の決定には現実が重要である一方、判断や認識も重要であり、それゆえ信頼には社会的側面がある。

信頼に関する学術文献は、概念的なものと経験的なものに分かれる。概念的な文献としては、キリスト教の聖典(新約聖書)におけるπίστισ(ピスティス)の考察から派生した神学的なものがあり、この言葉は当時の世俗的なギリシャ語で「信頼」「忠実」「保証」「誓約」といった意味で使われ、「信仰」としても翻訳されている。興味深いことに、ヘブライ語聖書(キリスト教徒にとっては「旧約聖書」)をギリシャ語に翻訳した紀元前3、2世紀のセプトゥアギンタでは、ピスティスはおそらく「信仰」や「信頼」ではなく、「堅固」や「保証」に近い意味を持つ(ハワード、1974年)。したがって、この意味は人の心を変えること、つまりワクチンに関する人々の見解に直接関係するものであると言えるかもしれない。

より広範で一般的な最近の社会科学の文献では、信頼(委託者が受託者に置くもの)は、信頼が受託者の能力に対する信念であるという点で、自信と区別されると論じられている。信頼の崩壊は、委託者がその理由を、受託者の誠実さや慈悲深さではなく、受託者の能力の失敗と解釈すれば、より容易に修復できるかもしれない(Nooteboom, 2017)。Tschannen-Moran(2017)は、「信頼が学校機能のあらゆる側面、特に生徒の成果に対して果たす重要な役割についての認識が高まっている」ことについて書き、信頼は「相手の博愛、誠実、開放性、信頼性、能力に対する信頼」にかかっていると論じている。

幸いなことに、「信頼」という言葉は英語でも他の言語でも広く理解されているが、これは、例えば調査などを通じて実証的に測定する際の問題を最小化するものではない(Miller & Mitamura, 2003)。他者(大学、政府研究機関、企業など、科学研究開発に資金を提供したり引き受けたりする様々な機関)に対する信頼は、国間でも国内でも大きく異なり、信頼する側とされる側の両方の特徴に依存する。例えば、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドでは、世界価値調査の回答者の60%以上が「人は信頼できる」と考えているのに対し、コロンビア、ブラジル、エクアドル、ペルーでは、そう考えているのは10%未満である(Ortiz-Ospina & Roser, 2016)。こうした違いは、少なくとも部分的には、国特有の歴史の産物であるように思われる。英国では、表表11にさまざまなタイプの人々への信頼が示されている。看護師、医師、エンジニア、教師、科学者はいずれも非常によく、科学教育者としての我々を勇気づけるかもしれない。世界では、73%の人が、家族、友人、宗教指導者、有名人を含む他のどの健康アドバイス源よりも医師や看護師を信頼し、72%の人が、57%が自分自身は科学についてほとんど、あるいは全く知らないと思うにもかかわらず、科学者を信頼している(Wellcome Trust、2019年)。世界的に、科学、科学者、医師や看護師に対する信頼のレベルは、COVID-19パンデミックの最初の年にすべて上昇した(Wellcome Trust、2021年)。COVID前の研究(Hamiltonら、2015年)では、民主党支持者は、茶会党(特に右派の共和党)支持者よりも、科学者の情報を信頼すると答える確率が大幅に高いことが米国で示された。その後、COVIDの期間中、アメリカでは共和党より民主党の方がワクチン接種率が大幅に高くなっている(Albrecht, 2022)。

表1

信頼は、委託者(居住国など)と受託者(職業など)の特性によって大きく異なる。これらのデータは、Ipsos MORIが2020年10月に18歳以上の1873人の英国成人を対象に行った「では、さまざまなタイプの人のリストを読み上げる」という質問に対して「はい」と回答したものである。それぞれについて、その人が真実を語ることを一般的に信頼するか、しないか教えてほしい』(Clemence, 2020)

人物の種類 信頼
看護師 93%
ドクターズ 91%
エンジニア 89%
講師陣 85%
審査員 84%
教授陣 83%
科学者たち 82%
美術館学芸員 82%
介護福祉士 76%
宅配便ドライバー 75%
警察 71%
弁護士 61%
公務員 60%
街で見かける普通の男性/女性 57%
聖職者/神父 56%
エコノミスト 53%
世論調査会社 53%
テレビニュースの読者 50%
労働組合関係者 49%
銀行関係者 44%
地方議員 42%
個人宅の家主 37%
ビジネスリーダー 33%
プロサッカー選手 30%
エステートエージェント 27%
ジャーナリスト 23%
政府閣僚 16%
政治家は一般的に 15%
広告宣伝担当役員 13%

科学の手法に対する国民の信頼と、科学が行われることに責任を持つ人々(科学者、政府、産業界、その他の資金提供者)に対する信頼は、区別することができる。科学の原理と方法に対する支持は一般に高いが、科学者と資金提供者に対する支持は低くなることがある(Huber et al.、2019)。科学者(政府、大学、民間企業で働く自然科学者を意味する)は完璧ではない。彼らは、証拠が厳密に保証するよりも長く好みの理論に固執することが少なくなく(Kuhn, 1970)、時には不適切に研究結果を操作することもある(Briggs & Reiss, 2021)。科学的な剽窃や不正行為が、一般に認められている以上に頻繁に行われていることが次第に認識されるようになり(Reydon, 2020)、科学に対する信頼を損なう一因となっている。科学における不正行為がどの程度一般的であるかを判断するのは非常に難しい。ある研究では、科学者の2%が少なくとも一度はデータや結果を捏造、改ざん、修正したことがあると認めており、この数字はおそらく過小評価であると論じている(Fanelli, 2009)。

科学と科学者に対する信頼の問題は、ワクチンが応用科学の一例であることから、ワクチンとワクチン教育に対する信頼の問題とも関連している。次のセクションでは、ワクチンへの信頼の問題と、なぜワクチン接種を拒否する人々がいるのかについて見ていく。

ワクチンへの信頼

学童のワクチン接種をめぐる認識や意思決定プロセスについては、保護者や一般人に比べてはるかに知られていないが(Sandlerら、2020)、COVIDを踏まえて学童に関する研究が増え始めている。米国の9年生を対象とした研究で、Willisら(2021)は、COVID-19ワクチンを接種することに全く躊躇しないと答えたのは42%、少し躊躇する22%、やや躊躇する21%、非常に躊躇する15%であったことを明らかにした。イギリスの9~18歳の小学生を対象とした同様の調査では、50%がワクチン接種を受けることを選択すると答え、37%が未定、13%が選択しないと答えている(Fazel et al.、2021)。学齢期の生徒のワクチン接種のためらいは、高くなることは明らかである。Fazelら(2021: 1)は、『オプトアウトする学生は、疎外感や不信感が高いという指摘があった』と明記している。

ワクチンは医学の偉大な成功例の一つであり、(COVID以前は)年間約200万から300万人の死亡を防いでいる(世界保健機関、2019年)。しかし、ワクチン接種率はCOVID-19が登場する以前から低下しており、その一因は、はしか・おたふくかぜ・風疹(MMR)ワクチン接種の結果、自閉症率が上昇したという、今では反論されている指摘である(Flaherty、2011年)。2019年、世界保健機関は、ワクチン接種のためらいを世界の健康に対する10の脅威の1つとし、例えば麻疹では30%の症例増が見られた(世界保健機関、2019年)。ある大規模な研究(これもCOVID以前に行われたもの)では、2015年11月から2019年12月の間に、アフガニスタン、アゼルバイジャン、インドネシア、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、セルビア、韓国でワクチンの重要性や安全性、有効性に対する国民の信頼が低下したことが分かった(de Figueiredo et al.、2020)。これには様々な理由がある。例えば、フィリピンとインドネシアでは、2017年にワクチンメーカーのサノフィが、新しく導入したデング熱ワクチンが、それまでウイルスにさらされたことのない人にリスクをもたらすと発表したことで、ワクチンの信頼度が急落し、韓国では、ANAKI(「薬なしで子どもを育てる」の韓国語略称)というオンラインコミュニティがこの時、小児予防接種に対して強く主張し、国民の信頼度が低下したのだそうだ。

予防接種は、1796年にエドワード・ジェンナーが8歳のジェームズ・フィプスに、酪農家のサラ・ネルムスから得た牛痘病変の抽出液を接種したのが始まりであるが、それ以前にも長い間、天然痘の痘痕を採取し、皮膚をひっかくか鼻孔から治療対象者に導入する「天然痘ワクチン」の歴史があった。しかし、天然痘の予防接種が成功したことにより、予防接種が普及するようになった。しかし、天然痘の予防接種に対して異論が出るのに時間はかからなかった。予防接種の安全性や有効性など、信頼に足るものであるかどうかということだ。もちろん、どんな技術も安全性や有効性が保証されているわけではないが、初期のワクチンの製造方法が現在求められる水準に達していなかったのは当然のことだ。天然痘の場合、1960年代でさえ、ワクチンを接種された人の約3人に1人がワクチンへの反応のために仕事や学校を休まなければならず、約100万人に1人が死亡している(Belongia & Naleway, 2003)。

ワクチン接種が始まった当時、多くの人々が、たとえそれがはるかに深刻な病気(天然痘)を予防するという主張であっても、病気(牛痘)を人に感染させるという行為に疑念を持ったことは驚くには当たらない。予防接種が義務化されると、その効果ではなく、人間の自由に焦点を当てた、全く異なる反対意見が生まれた。1853年に制定された英国予防接種法(Compulsory Vaccination Act)の目的は、そのタイトルが示すとおりである。この法律では、子どもは生後3ヶ月以内(孤児の場合は4ヶ月以内)にワクチン接種を受けなければならず、十分な理由なくこれを怠った親や保護者には1ポンド(当時の一般市民にとっては非常に大きな金額)の罰金が科せられた。この政策は天然痘の発生をかなり減らすのに役立ったが、物議をかもし、一部の人々から深く反感を買った。1854年、反ワクチン主義者のジョン・ギブスはこう言っている。我々は議会法によって、浸出液、出血、水ぶくれ、火傷、消毒、凍結、ピルド、ポーション、ローション、唾液を塗らされるのだろうか」。(Durbach, 2000: 45)。

ワクチン接種の義務化に反対すると同時に、ワクチンは安全でない、あるいは効果がないと考える人々がいたことは間違いない。しかし、原理的には、ワクチンが効果的で安全だと考えていても、ワクチン接種の義務化に反対することはできる(しうる)のである。このような場合、ワクチンの有効性や安全性に不信感を抱くのではなく、その使用を義務化しようとする試みを拒否し、信用しないのである。これは自律性と権利に関する議論である。功利主義的な視点に立てば、強制に反対する少数派の懸念を上回るだけの全体的な利益がある限り、ワクチン接種を義務化することは容認されると主張できるかもしれない。現在、ワクチン接種を義務化している国は多岐にわたり、義務化している場合でも、旅行者、医療従事者、保育園や幼稚園に通う人など、特定のカテゴリーに限定されているのが一般的である(Vaz et al.、2020)。

1914年の百日咳、1926年のジフテリア、1938年の破傷風など、予防接種によって制圧される疾病が増えるにつれ、予防接種に対する反対意見も減少していった。アメリカでは、20世紀半ばまでに、ある権威者は「医療行為が改善され、公衆衛生における州政府や連邦政府の役割が一般に受け入れられるようになると、反ワクチン主義者は徐々に視界から消え、運動は崩壊した」(Kaufman, 1967: 478)と結論付けている。しかし、図1に示されるように、これは長続きしなかった。ワクチンは効かない、安全でない、個人の自由を侵害する、といった、今日のワクチン接種に対する異論は、かつての異論と類似しているが、新たな領域を植民地化しているのである。道徳的な異議申し立てが追加され、陰謀論の台頭もあって、多くの国で政府の助言と製薬会社などの大企業の活動に対する懐疑心が強まっている(Foster & Frieden, 2017; Miller, 2013)。

図1 2021年4月5日、ニューヨーク・ブルックリンのバークレイズ・センターで、COVID-19のワクチン接種を証明しなければバスケットボールの試合を見ることができない反ワクチン抗議者たち

撮影:フェルトン・デイビス commons.wikimedia.org/wiki/File:21-04-05_03_Vaccine_Protest_at_Barclays_(51106744481).jpg


ある種のワクチンに対する道徳的な反対は、その製造に中絶された胎児が歴史的に使用されていることから生じている。風疹に対するいくつかの生ワクチン(メルバックス、ルディバックス、MR-VAX)、肝炎に対するワクチン(A-VAQTA、HAVRIX)、水痘(バリバックス)、ポリオ(ポリバックス)がこのカテゴリーに該当し(ペルチッチら、2016)、ローマカトリック教会は、これらのワクチンは避けるべきと示唆してきた(Pontifical Academy for Life、2006)。ジョンソン・エンド・ジョンソンのCOVID-19に対するワクチンも同様に、中絶された胎児の細胞株(胎児の細胞ではない)を使用していることから、この議論が再浮上している。ローマ・カトリックのニューオーリンズ大司教区は、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンには中絶由来の細胞株が多用されているため、もしモデナやファイザーのワクチンが入手可能なら、カトリック教徒はジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンではなく、そのどちらかを選ぶべきだと助言した(Archdiocese of New Orleans, 2021年)。

ここでも、強制接種に対する反対意見と同様に、ここでの問題は、ワクチンの有効性や安全性とは関係ない。むしろ、多くのローマカトリック教徒が、他の多くのキリスト教徒や他の宗教の人々、無宗教の人々と同様に、大多数の選択的中絶は本質的に間違っていると考えていることに起因している。例えば、二重結果の原則は、中絶が母親の命を救うことを第一の目的として行われる場合、その結果として胎児の命が失われても、ローマカトリックの伝統の中では道徳的に受け入れられるということを意味する。実際、大多数の選択的中絶は道徳的に容認できないというローマ・カトリックの教えにもかかわらず、そのような中絶の使用に依存するワクチンの容認性について、非常に高いレベルのものも含め、ローマ・カトリック内でさまざまな見解がある(Millies, 2021年)。もちろん、中絶を支持する倫理的な議論もあるが、おそらくその主要なものは、女性の選択権であり、中絶を禁止すると、密かに中絶を行う結果、より多くの女性が死亡するという事実である(例えば、ダ・シルバ、2009年)。一般的なポイントは、多くの宗教家にとって、いざというときに科学と宗教的信仰が緊張関係にあると感じたら、宗教の教えを信頼して行動する可能性が高いということである(O’Brien & Noy, 2018)。

ワクチンに対する非宗教的な反対は、多くの原因に起因している。特に、一部のコミュニティ、特に黒人や少数民族のコミュニティは、歴史的に政府や大企業、あるいは医療機関の言うことを信用できない正当な理由があった。例えば、悪名高い「タスキーギ梅毒研究」は40年にわたり行われた。この研究は、内部告発者であるピーター・バクスタンによって1972年に終了したが、バクスタンはこの研究についての情報をニューヨーク・タイムズ紙にリークし、その記事を一面トップで掲載した(McVean, 2019)。その結果、梅毒の黒人患者に対する治療は、抗生物質による治療が可能になった後、数十年にわたって組織的に差し控えられ、関係者は治療を受けていると聞かされていたにもかかわらず、すべては梅毒の未治療の「自然史」を研究するために行われていたことが明らかになったのである。誰も起訴されなかった。

より最近では、特に予防接種にまつわる信頼に関連して、2001年の米国同時多発テロ以降、オサマ・ビンラディンの居場所を突き止めようとした中央情報局(CIA)が、彼が隠れていたパキスタンのアボタバードの近隣でDNAを収集するために偽のB型肝炎予防接種プロジェクトを行ったことが明らかになった(Anon、2013a、b; Martinez-Bravo & Stegmann、2021)。その意図は、ビンラディンの子どもたちからDNAを採取してビンラディンの存在を確認することであり(ビンラディンの妹は2010年に米国で死亡しており、彼女のDNAは米国当局が入手できた)、それによって、実際に行われたように、ビンラディン暗殺を意図した高価で危険な作戦が進行することになったのである。

このCIA主導のニュースは、パキスタンのポリオ予防接種従事者への攻撃を引き起こし、正当な医療従事者が米国のスパイとして標的にされ、約70名が殺害されたその結果、国連などの機関はパキスタンでのポリオ予防接種活動を停止し、親たちは子供の予防接種を拒否するようになったパキスタンのタリバンは、ポリオ予防接種キャンペーンはイスラム教徒の不妊化を目的とした陰謀であると主張し、反ワクチン・プロパガンダ・キャンペーンを開始した。その結果、パキスタンではポリオの感染者が急増した。

COVIDワクチン接種への信頼

我々はCOVIDの予防接種を受けてまだ日が浅い。そのため、長期的な効果や安全性についてのデータはない。また、COVIDの予防接種が危険であるというメカニズムが知られていないため、他のワクチンのデータから推測して、その有効性や安全性を保証する必要がある。COVID-19パンデミック時のワクチン接種のためらいを調査するために実施された定性的研究では、ブラッドフォードで詳細なインタビューが行われた。この地域は、高い貧困率と民族の多様性を特徴とし、COVID-19の平均以上の発生率を示している (Lockyer et al., 2021). COVID-19を取り巻く膨大な情報により、インタビュー対象者の多くは圧倒され、混乱した気持ちになっていた。ある人が言ったように。

政府は明確ではなく、あることを言いながら、別のことも言っている。基本的に、彼らがやろうとしていることは、常にすべての人を喜ばせようとしているが、それは実現しない。(男性、45-54 歳、アジア系またはアジア系英国人) (Lockyer et al., 2021: 5)

多くのインタビュー参加者は、COVID-19ワクチンが急速に製造されたことを懸念し、副作用がまだ知られていないと考えていた。あるインタビュー対象者(男性、35-44歳、アジア系またはアジア系英国人)は、他の人への影響を見るために3~6ヶ月待ちたいと言った。また、別のインタビュイーが言った。

安全かどうかわからないし、こんなに早く作ってしまったので、将来どんな副作用が出るかわからない。でも、不妊症の原因になったり、癌の原因になったりする可能性はあるのだから、安全なのかもしれない。(女性、25-34 歳、白人のイギリス人) (Lockyer et al., 2021: 7)

多くのインタビュイーが、特定のコミュニティがCOVID-19に対するワクチン接種のテストの対象になっているという噂を報告している。

コミュニティが言っていることは、ワクチンが人々をテストしている、彼らはモルモットとして人々を使用しているだけだと思う…我々は長年にわたって差別を経験している、そして、もし我々が特にロマに焦点を当てているスロバキア当局が、彼らがこのすべてのコロナウイルスを広げることができたので、彼らをテストすることに焦点を合わせているなら、彼らは同じことを考えるかもしれない、なぜ我々は免疫の提供をしようとしているか、彼らはそれを我々で試験しようとしているからだ。(男性、35-44歳、白人、その他、ジプシーまたはアイリッシュトラベラー) (Lockyer et al., 2021: 7)

信頼の重要性は、本研究の著者らが到達した結論が示すとおりである。

ワクチンをためらう理由は、安全性への懸念、ネガティブな話、個人的な知識であり、これらはすべて、最近ソーシャルメディアを通じて誤った情報にさらされたことによって増幅された。我々は、参加者がCOVID-19中に混乱、苦悩、不信を感じるほど、COVID-19ワクチンの摂取をためらう可能性が高いことを発見した。(Lockyerら、2021年:8)。

こうしたワクチン躊躇の理由は、他の場所で行われた研究でも繰り返されている(例えば、(Hacquinら、2020年;Wangら、2021年)。Jonesら(2021)は、英国の16-29歳(最もワクチンをためらう年齢層)を対象とした質的研究において、ワクチンをためらう理由は、安全性への懸念を理由としたワクチンへの不信、政府やワクチン摂取を促す人々への不信、(生殖能力を含む)既知および未知の副作用への懸念、ウイルスによる被害のリスクが低い人には必要ないと考えることであると述べている。また、陰謀論(COVID-19ワクチンは追跡可能なマイクロチップを埋め込むための隠れ蓑であるなど)を信じる傾向が強い人は、制度に対する信頼度が低いことが知られている(Ipsos, 2021)。次節では、ワクチンへの信頼とワクチンへのためらいの問題から、ワクチン教育、特に学校の理科教育の目的は何であろうかと考え、科学の本質に関するより良い教育の場があることを主張する。

ワクチン教育

このセクションでは、学校における良質なワクチン教育とはどのようなもので、我々はそこから何を期待するのだろうかということを考える。この議論は、学校の科学教育はすべての学習者に利益をもたらすべきであり(Alberts, 2009)、主流の科学的見解を持っていない生徒であっても尊重されるべきである(McKinley et al, 1992; Reiss, 2019)という前提に基づいている。長い間、権威ある多くの人々(すべてではないが-例えばジャイル・ボルソナロ、ドナルド・トランプ)により、ワクチンは疑いなく「良いこと」であると広く仮定されてきた(例えば世界経済フォーラム(Deshpandé et al.) ワクチンについて躊躇する人、あるいは拒否する人は、情報不足か利己的(ほとんどのワクチン接種プログラムの目標である群れ免疫を達成するために、自分自身や自分の子どもにワクチンを接種するよう他人に頼る)であると推定されることがあまりにも多い(Rozbroj et al.、2019)。このアプローチは2つの理由で失敗する

  • 第一に、道具的な理由で-学習者を情報弱者や利己主義者として扱うことは、特に学習にとって有益ではない-、
  • 第二に、本質的に人を見下したもので、ほとんどの国で政治的に賢明ではなく、カント主義などの特定の主要な道徳的枠組みに相反するものであるためである。

COVID-19にまつわるワクチン接種へのためらいや、ワクチン接種の健康不安に対する以前の反応は、ワクチンに関する質の高い教育がいかに重要であるかを示している。多くの教育は学校の外で行われるが、基礎は学校で築かれる。学校教育は、人々が学校で過ごす時間の長さや、多くの学校科学教育が訓練を受けた専門家によって行われているという事実など、多くの理由からワクチン教育にとって重要なのである。

学校でのワクチン教育のカリキュラムは、歴史を真剣に考える必要がある。現在、学校のワクチン教育では、「昔は恐ろしい病気がたくさんあった。科学の進歩のおかげで天然痘のワクチンができ、その後多くの伝染病が治るようになった。西洋医学(特に予防接種、ジェンナー、ソークなど)や抗生物質が登場し、人々がより健康になり、少人数の家族が持てるようになるまで、誰もが大量の赤ん坊を産み、その多くが死ぬことを期待していたという印象を与える危険性があるためだ。

もちろん、良い学校でのワクチン教育は、科学を真剣に受け止め、しっかりと教えるべきである。しかし、ワクチン接種の科学には、時に考えられている以上のものがある。明らかに、基本的な生理学-体の免疫系が病原体に反応する方法と、ワクチン接種がそれを模倣し、刺激してその後の感染の可能性を減らす方法-がある。しかし、免疫系と病原体の間には、時間とともに変化する感染力と重症度に関して不確実な結果を伴う軍拡競争のようなものがあるという進化の観点もある(Anderson & May, 1991)。さらに、ワクチンの製造方法はますます多様化し、それぞれに利点と欠点がある。ここでは、学校の理科でよくあるように、科学の応用、つまり技術について話している。この2つの科目は、存在論や認識論に関して大きく異なり(Barlex et al.、2020;Matthews、2014)、複雑な関係を持っていると主張されているにもかかわらず、ある国ではテクノロジーは別の学校科目として扱われているが、他の国では科学と一緒にされている(Ziman、2000)。

ワクチン教育に関しては、学生がワクチンがどのように製造されるかを学ぶことで、多くの貴重な科学的学習が可能となる。COVID-19に対するワクチンの場合、ペプチド、ウイルス様粒子、ウイルスベクター(複製および非複製)、核酸(DNAまたはRNA)、弱毒生ウイルス、組み換え設計タンパク質および不活化ウイルスという複数のアプローチが用いられている(Shahcheraghiら、2021年)。これらのアプローチにはそれぞれ利点と欠点がある。学生は、このようなさまざまなアプローチが用いられる理由を学ぶことができる(現在、新しいアプローチが市場に出てきており、それが既存のアプローチに取って代わるかどうかを知るのは時期尚早です;異なるアプローチは、例えば、ワクチンの保管施設などによって、国によってより適している場合がある)。このように、教室で学ぶワクチン科学は、本質的に学ぶ価値があるだけでなく、ワクチンの有効性の問題に直結していることを学生に認識させることができる。

感染症に対するワクチンの科学という点では、ある病気によって死亡する人数を決定することさえ簡単だと考えるべきではない(Reiss, 2020)。例えば、COVID-19の場合、多くの国がそれに起因する死亡を過小に報告していることが明らかである(Whittakerら、2021)。その理由は、能力不足に起因するものもあれば、あからさまに政治的なものもある(国内の反対意見を抑えようとしたり、外国人観光客を引き続き惹きつけようとしたりと、COVID-19が持ち、現在も持っている意義を最小化しようとする一部の国で広く報告されているように)、その他は、科学的測定に関係する、より根本的な問題によるものである (Reiss, 2020). まず、死因の特定は、たとえ人の死の状況について完璧な知識を持っていたとしても、しばしば判断の問題になる。例えば、私の死後、検査によってCOVID-19に感染していたことが判明したからといって、必ずしもCOVID-19の感染によって私が死亡したとは限らない。肺炎で死んだかもしれないし、COVID-19に感染していなければ肺炎から回復する可能性が高かったかもしれないのである。学生には、COVID-19による死亡例に関するデータを調べ、そのデータがどのように決定されるかを比較することを勧めることができる。例えば、COVID-19による死亡例として分類されるには、COVID-19の死前検査が必要なのか、必要であればPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査でなければならないのか、それともラテラルフロー検査で十分なのか。臨床的根拠に基づいてCOVID-19感染が診断された場合、その症状はCOVID-19と他のいわゆる呼吸器感染症をどの程度区別するのに役立つのか?「過剰死亡」計算(Woolfら、2020年)はどの程度有用か?

科学とは何か、科学はどのように行われるか、科学は信頼できるが人間の努力であり、その発見は常に修正される可能性があるという事実を包含していると理解できる(Erduran & Dagher, 2014; Lederman, 2007; McComas, 2020)。歴史的事例の検証、討論、論証の活用など、さまざまな教育アプローチを通じて、予防接種について批判的に考え、科学の本質について理解を深めることができる。世界中の学校における科学教育の欠点は、科学が世界の客観的側面に関する確かな知識を確立する一連の方法であり、そのような知識の体系であることを理解して学校を去る生徒があまりにも少ないことだ。さらに、科学的な結論の信頼度は、その知識の性質によって異なることを理解している生徒もほとんどいない(Deng et al.) 科学はどちらの場合にも通用するが、我々がニュートンの法則を使って弾丸の軌道を計算できるのは、人間の行動と免疫に関する知識を使って、COVID-19感染を防ぐためにマスク着用や社会的距離を置くことについてどんな勧告をすべきかを決めるときよりもはるかに大きな信頼が置けるからなのである。

また、ワクチン接種に対する反対意見に対処するための科学(自然科学として)の役割は、時に考えられているよりも限定的であることを学生に理解させることができる(はずである)。ワクチンの安全性や有効性に関する懸念を示す反対者は、一般的に、有効性や安全性を理由とする費用便益分析がワクチンの使用を否定するものであると言っているのではない。むしろ、反対者は、ワクチンは常に効果があるとは限らないし、完全に安全とは言えないと言っているのかもしれない。このような反対意見に対して、科学者団体で反論することはできない。これは、いくつかの国で遺伝子組み換え食品が広く拒否されたことから学んだはずの教訓である(Reiss & Straughan, 1996)。

さらに、ワクチンはしばしば道徳的に受け入れがたい方法で作られている、という反論も考えてみよう。すべては、「道徳的に受け入れ可能な」とは何を意味するかに帰結する。例えば、前述したように、広く使われている多くのワクチンは、数十年前に選択的に中絶された胎児に由来する細胞株を使用している。多くの人々にとって選択的中絶(流産ではなく中絶)は、少なくともある状況下では許されるものであるが、他の多くの人々にとっては、宗教的な理由によって許されないものであることが多い。このような意見の相違、すなわち深く抱かれた信念は、科学のいかなる手法によっても調整することはできない(Reiss, 1999)。多くの人々は、非常に異なる視点から、つまり異なる世界観を占めて、これらの問題に取り組んでいるのである(Matthews, 2009)。

道徳哲学という学問は、結果論、奧義、美徳倫理のいずれの枠組みで検討されるにせよ、多くの点で予防接種政策と実践と交差している(例:Nuffield Council on Bioethics, 2021)。手始めに、ワクチンが不足しているときの配布の問題を考えてみよう。ワクチンのナショナリズムに関わる国際的な問題を差し置いても、例えば、問題の病気に最もかかりやすい人を優遇すべきか(例えば、COVID-19の場合。COVID-19の場合、高齢者、基礎疾患を持つ人、太り気味の人、男性、特定の職業の人、少数民族の人)、早期に接種すれば最も公共の利益になる人(誰がその人を決めるのか-医療・介護従事者に関してはほとんどの人が賛成するだろうが警察官はどうか)、質の良い生活が最も長く残せる人(QALYs-質調整生存年という考察に至る)、などであろうか。その他、ワクチン接種を義務付けるべきか、あるいは強く奨励すべきか(例えば、公立学校教育やスポーツイベント、レストランへの入場条件とする)、ワクチン接種に対する宗教的・その他の異議の正当性(徴兵や特定の食品に対する良心的反対と同等かどうかという議論を含む)、医療配給、我々にワクチン接種(あるいは子どもへのワクチン接種)の義務があるか、などの倫理問題がある。

ワクチンに関するあらゆる倫理教育について言及すると、学校におけるワクチン教育はどこで行われるべきかという問題に行き着く。理科の授業がワクチン接種に関する教育の主な場であることに変わりはないが、地理、歴史、哲学(私の国では宗教教育の授業でよく教えられる)、数学など他の科目がその一翼を担うかもしれないという議論もある。例えば、指数関数的な成長・減衰は、現在、R数よりも放射能を通して教えられることが多い。後者の方が学習者のカテゴリーによってはより魅力的であると思われるが、R数の変動は指数関数的成長・減衰のある側面を、放射能崩壊よりも人口増加・減少を通してより端的に教えることができることを意味している。病気や予防接種を題材にした学校数学は、リスク、図表、様々な関数(線形や指数関数など)、関数とその勾配の関係(感染、入院、死亡の数と変化率など)、入力変数(感染者が新しい人と出会う頻度など)の変化が出力変数(新しい感染など)に及ぼす結果を予測しようとする数理モデルについての理解を深める助けにもなるかもしれない。

いつものように、教師が生徒の意見を調査し、それを授業に生かすことが、良い授業の助けとなる。また、科学の授業では、学際的な教育や、他の教科でよく見られる討論、ロールプレイ、ディベートなどの様々なアプローチをもっと活用することができる。そのような授業は、多くの生徒にとってより動機付けができ、より良い学習につながるという証拠がある(You, 2017)。進化論や人為的気候変動を論じるときに「論争的」という言葉が使われるように、日常的な意味でワクチンを論争的な問題として扱う、つまり、科学者の間で根本的なことについて深い論争があるのではなく(もちろん、科学の最前線では常に論争がある)、一般市民のかなりの割合にとって論争的であるという意味で、このような教えが有効であると証明できるのではなかろうか。

ワクチンを論争的なものとして扱うアプローチに関連して、ワクチン教育には文化的コンピテンス(cultural competence)が必要であることを示唆している。文化的コンピテンスという概念は、学校の科学教育の文脈ではほとんど議論されない。しかし、学校外の健康教育の文脈では普及している(例:Jeffreys, 2015)。例えば、Seelemanら(2009: 229)は、医学教育の文脈で、文化的コンピテンスには以下のようなものが含まれると主張している。

疫学や様々な民族における治療の効果の違いに関する知識、文化が個人の行動や考え方をどのように形成しているかについての認識、特定の民族が生活する社会的背景についての認識、自分自身の偏見やステレオタイプ化の傾向についての認識、患者が理解できる方法で情報を伝達する能力、必要に応じて外部の助け(通訳など)を利用する能力、新しい状況に柔軟かつ創造的に適応する能力、などである。

したがって、文化的コンピテンスとは、学習者の多様性を受け入れ、様々な考えを持つ個人を尊重する教育的アプローチであると言える。ワクチンに対して拒否反応を示す生徒や躊躇している生徒も含めて、学校教師の様々な教育方法が、生徒がワクチン教育から得るものに与える影響を研究した科学教育研究があっても良いのではなかろうか。我々が望むのは、すべての生徒を尊重しながらも、ワクチンの安全性と公衆衛生における役割について教える教師である、と私は主張したい。

結論

学校教育に対する生徒の信頼の問題は、あまり研究されておらず、これまで行われた研究では、主に生徒と教師の間の信頼に重点が置かれており(Platz, 2021)、この論文の焦点とはなっていない。しかし、学校での科学教育、特に生徒の年齢が上がるにつれて、その多くに関わることができないことについて、我々はかなり多くのことを知っている(Archerら、2012年;Sheldrakeら、2019年)。進化論や気候変動など、ある種の長年の論争テーマに関しては、大学生やその他の大人に比べて学校の生徒のデータは薄いが、どれだけの人が拒否しているかに関しては、ワクチンについてよりも詳しい(Long, 2011; Reiss, 2018; Dawson & Carson, 2020)。

予防接種はすでに文字通り何億人もの人々の命を救ってきたのに、自分自身や自分の子どものために予防接種をためらう個人が増えている。学校では昔からワクチンについて教えており、科学教育の目的を分析すれば、学校を卒業するまでに、より多くの若者がワクチンについて理解することを望むようになる。しかし、ワクチン一般とワクチン教育の両方において、信頼は重要な問題である。生徒とその親が信頼するワクチン教育は、ワクチンを躊躇している人を非難しないものでなければならない。

学生は、ほとんどの科学的トピックについてそうであるように、ワクチン接種と免疫系について誤解している(Carsonら、2018年)。こうした誤解には、微生物の性質や大きさ、ワクチンの仕組み、免疫系の働きといったものがある。しかし、ワクチン教育には、概念的な変化や誤解の是正以上に重要なことがある。学校の理科教育において、ワクチン接種を社会的・倫理的な問題に取り組む社会科学的な問題として考え、一部の生徒にとっては、繊細な指導から恩恵を受けるほど個人的に重要なものであることは、言うまでもない(Reiss、2019年)。特に、他の論争的な科学トピックでは必ずしもそうでないように、単にワクチンの事実についてもっと教えれば、より多くの人がワクチンを受け入れるようになると考えるべきではない(Drummond & Fischhoff, 2017)。しかし、心強いことに、科学の本質に関するより大きな知識と、科学的な意見の相違を緩和する方法に関するより成熟した見解は、それぞれ進化、気候変動、ワクチンの受容と正の関係があるという証拠がある(Weisberg et al.、2021)。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました