メディア、ジャーナリズムロシア、プーチン政治・経済米国の犯罪・CIA・ネオコン

組織犯罪としてのCIA | 違法な作戦がアメリカと世界をいかに腐敗させるか
The CIA as Organized Crime: How Illegal Operations Corrupt America and the World

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

「ダグ・ヴァレンタインは、勇気を持ってCIAの最も恥ずべき非合法活動のいくつかに潜入し、不正になった諜報機関の悪いところをすべて暴露している。彼は公共の利益のための歩哨であり、彼の本は公共サービスである。私は、ダグ・ヴァレンタインのような愛国者がいない国には住みたくないと思う」

-ジョン・キリアコウ 「The Reluctant Spy: CIAの対テロ戦争における私の秘密の生活』の著者。

FBN/DEAに関するダグラス・ヴァレンタインの2冊の本は、大きな業績である。

-ピーター・デール・スコット アメリカン・ディープ・ステート』の著者。

ダグ・ヴァレンタインは、人々が拷問収容所や秘密戦争の「ダークサイド」を認識する何年も前から、アメリカの外交政策の暗い底辺を調べていた。

-ロバート・パリー

目次

  • 謝辞
  • はじめに
    • 第1章 ウィリアム・コルビーが私にCIA王国への鍵を与えた方法
    • 第2章 あることがきっかけで別のことに薬物戦争を調査した私の貴重な体験
  • 第1部 ベトナムにおけるCIAのフェニックス計画:組織的支配の雛形
    • 第3章 ベトナム戦争の銀色の裏地。官僚的な人口管理モデルの誕生
    • 第4章 組織的な情報収集
    • 第5章 我々がベトナムから本当に学んだことアフガニスタンとその他の地域の戦争犯罪モデル
    • 第6章 アフガンの「汚い戦争」は激化する
    • 第7章 アフガニスタンの離反者をめぐるベトナムの再演
    • 第8章 融和を乱す。CIAの殺害はアフガニスタンの勝利とアメリカの敗北を意味する
    • 第9章 ウクライナのCIA
    • 第10章 政策としての戦争犯罪
    • 第11章 新しいゲーム、同じ狙い-CIAの組織変更
  • 第2部 CIAはいかにして麻薬戦争を利用し、管理したか?
    • 第12章 犯罪の創出-CIAはいかにして麻薬取締局を徴用したか
    • 第13章 ダーティ・ウォーズを超えて-CIA/DEAのつながりとラテンアメリカの現代のテロリズム
    • 第14章 プロジェクト・ガンランナー
  • 第3部 国土安全保障のフェニックス財団
    • 第15章 下院議員になったスパイCIA職員が公職に就くことが許されない理由
    • 第16章 ブルース・ローラー少将-ベトナムのCIA職員から国土安全保障省の本省人へ
    • 第17章 国土安全保障省不死鳥がねぐらに帰ってくる
  • 第4部  共謀の製造:アメリカの世界観の形成
    • 第18章 ボブ・ケリーのフラグ立てCIAと戦争犯罪法廷の必要性
    • 第19章 トップシークレット・アメリカの影武者システム
    • 第20章 政府はどのようにあなたの心を惑わそうとするか
    • 第21章 オバマの汚い戦争の偽装
    • 第22章 征服の平行線、過去と現在
    • 第23章 テロとしてのプロパガンダ
    • 第24章 史上最大の秘密作戦としての対テロ戦争
  • 巻末資料
  • 頭字語
  • 索引

個人的な暴力は優位に立つアマチュアのためのものであり、構造的な暴力はプロの道具である。支配しようとするアマチュアは銃を使い、プロは社会構造を使う。

-ヨハン・ガルトゥング

謝辞

私はインタビュー記録や記事に多くの自由を与え、関連性を説明し、更新し、繰り返しを避けるために情報を編集し、統合してきた。編集物とはいえ、この資料は、教育的であると同時に、できれば楽しんでもらえるように、物語形式にアレンジされている。

インタビューに答えてくれた方々に感謝する。

  • ライアン・ドーソン(Ryan Dawson):ウェブマスター兼司会者。www.ANCreport.com、世界中の専門家と政治・経済に関するポッドキャストを配信。
  • ギレルモ・ヒメネスは「Traces of Reality」のオーナー兼編集者で、「Pan American Post」のレギュラー・コラムニストである。DHSの「憲法無用地帯」の奥深くにあるテキサス州南部を拠点としている。
  • ケン・マッカーシーは、米国の活動家、教育者、起業家、インターネット商業化のパイオニアである。Brasscheck TVは、幅広い現代的なトピックに関するビデオを提供し、電子メールによる購読が可能である。
  • ルー・ロックウェルは、アメリカのリバタリアン作家、編集者、自称オーストリア学派の無政府資本主義者、ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス研究所の創設者兼会長である。
  • ジェームズ・トレーシーは、数多くの学術的な出版物の著者である。彼の週刊インタビュー番組「Real Politik」は2014年からTruthFrequencyRadio.comで放送されており、自身のウェブサイトMemoryHoleBlog.comではポッドキャストとして公開されている。
  • Kourosh Ziabariは、受賞歴のあるイラン人ジャーナリスト、作家、メディア特派員として世界中の新聞やジャーナルに執筆している。
  • 「政策としての戦争犯罪」の共著者であるニコラス・J・S・デイヴィスは、Blood on Our Hands: the American Invasion and Destruction of Iraq(Nimble Books: 2010)の著者である。

この本を構想してくれたダイアナ・コリアー、私の考えをまとめてくれたトーマス・ウィルキンソン、アダム・エンゲル、カーラ・ズーグマン・デラシオッパ、国家安全保障アーカイブで私の仕事を保存してくれたジョン・プラドス、オープンロードでフェニックス・プログラムに新しい命を与えてくれたマーク・クリスピン・ミラーに感謝の言葉を述べたいと思う。Consortium NewsのRobert Parry、Counterpunchの故Alex CockburnとJeff St.Clairには、私の記事を掲載していただいたことに特に感謝する。

そして何より、アリスに感謝する。

ダグラス・ヴァレンタイン

2016年8月1日


先行公開のクレジットは、以下にお願いしたい。

  • 第1章 How William Colby Gave Me the Keys to the CIA Kingdom(Real PoliticのJames Tracy教授の2015年7月のインタビューから転用、原題は”Interview 56: Douglas Valentine”)。
  • 第2章 あることが別のことにつながる。My Rare Access in Investigating the War on Drugs(2015年1月、ANC Reportでのライアン・ドーソンとのインタビュー、原題「Cops,the CIA,Drugs and the Mafia」から改作)。
  • 第3章 ベトナム戦争の銀の裏地(どんな不幸にも良い面はある)A Bureaucratic Model for Population Control Emerges(ディセンダント・ボイスの2015年5月の記事からの転用で、原題は「Inside the CIA’s Use of Terror During the Vietnam War(ベトナム戦争中のCIAのテロ利用)」)。
  • 第4章 組織的な情報収集(カウンターパンチの2004年5月の記事、原題「ABCs of American Interrogation Methods」から改作)。
  • 第5章 ベトナムから本当に学んだこと。アフガニスタンとその他の場所での戦争犯罪モデル(2009年11月、Consortium Newsに掲載された記事を改編、原題は「Learning the Wrong Vietnam Lessons」)。
  • 第6章 アフガニスタンの「汚い戦争」は激化する(Consortium Newsの2010年1月の記事から引用)。
  • 第7章 アフガニスタンの脱走兵に関するベトナムの再現(Consortium Newsの2010年2月の記事から転用)。
  • 第8章 宿泊施設の崩壊。CIA Killings Spell Victory in Afghanistan and Defeat in America(Dissident Voiceの2010年1月の記事から改編、原題は「Disrupting the Accommodation: CIAの殺害はアフガニスタンでの敗北を告げる」)。
  • 第9章 ウクライナのCIA(2014年5月のライアン・ドーソンとのインタビューから改編、原題は「Doug Valentine on the CIA and NGOs in Ukraine、日付は2014年5月」
  • 第10章 政策としての戦争犯罪(2013年5月、カウンターパンチでのニコラス・デイヴィスとの記事から転用)95~101頁。
  • 第11章 新しいゲーム、同じ狙い:CIAの組織変更(原題「The CIA Has Become the Phoenix」と題するギレルモ・ヒメネスとの2014年11月のインタビュー記事からの転用)。
  • 第12章 犯罪の創出:CIAはいかにしてDEAを徴用したか(カウンターパンチの2015年9月の記事から引用)。
  • 第13章 ダーティ・ウォーズを超えて:ラテンアメリカにおけるCIA/DEAのつながりと現代のテロ(2013年8月のギレルモ・ヒメネスとのインタビューから改稿)。
  • 第14章:Project Gununner(2012年8月、Brasscheck TVでのKen McCarthyとのインタビューから改編、原題は「The War on Drugs Part 1」)。
  • 第15章 下院議員になったスパイ。Why CIA Officers Cannot Be Allowed to Hold Public Office(原題:The Spook Who Would Be a Congressman)(カウンターパンチの2000年11月の記事から改編)。
  • 第16章 ブルース・ローラー少将:ベトナムのCIA職員から国土安全保障省の大物へ(カウンターパンチの2002年8月の記事から改編)。
  • 第17章 国土安全保障省2001年から2004年にかけて書かれた国土安全保障省のいくつかの記事に基づいている。
  • 第18章:ボブを束縛する。CIAと戦争犯罪裁判の必要性(2001年5月にカウンターパンチに掲載された記事を基に作成された)。
  • 第19章 トップシークレット・アメリカの影の報酬システム(コンソーシアム・ニュースの2010年7月の記事から転用、原題は「The Other Top Secret America」)。
  • 第20章 政府はいかにしてあなたの心を弄ぼうとするか(ルー・ロックウェルとのインタビューから改作)。
  • 第21章 オバマの汚い戦争(コンソーシアム・ニュースの2009年12月の記事から転用)。
  • 第22章 征服の類似性、過去と現在(コンソーシアム・ニュースの2010年2月の記事から改作)。
  • 第23章:テロリズムとしてのプロパガンダ(カウンターパンチの2013年10月のKourosh Ziabariとのインタビュー、原題は「An Interview with Douglas Valentine」から改作)。
  • 第24章 最大の隠密作戦としての対テロ戦争(メイン州ポートランドで行われた「ベテランズ・フォー・ピース」でのスピーチから改編)。この講演は2010年8月に行われ、その1週間後にConsortium Newsに掲載された記事である。

はじめに

第1章 ウィリアム・コルビーが私にCIA王国への鍵を与えた方法

JAMES TRACY

あなたは40年近くも歴史研究をしているわけですが、プロジェクトに対してどのように方向性を定めているのか、お聞きしたいと思います。ある物語に関連する情報をどこで探せばいいのか、どうやって知ることができるのでしょうか。

ヴァレンタイン

それは複雑なことで、私の経験は、このことについて話をした他の作家や研究者とは異なっていました。1967年に大学に入学したときから、私は作家になりたかったのです。そして、それ以来、私の人生哲学は、言語と文芸批評の研究がベースになっています。私は非常に幅広いアプローチを持っています。最初はギリシャ・ローマ文学を学び、ノートンの英米文学アンソロジーを読み、古典神話や聖書の講義を受けました。勉強を始めてからかなり早い時期に、詩人で『白い女神』の著者でもあるロバート・グレイヴスや、『The Golden Bough』を書いたサー・ジェームズ・フレーザーなどの文芸批評に出会いました。フレイザーは、文学の世界を社会人類学的に見る方法を提唱しました。その結果、カール・ユング、エリック・ニューマン、ノースロップ・フライなど、心理学、政治学、人類学、社会学、歴史学、哲学など、さまざまな観点から文学にアプローチする人たちに出会いました。そういったものすべてに興味を持ちました。私はあるテーマを見るとき、それらの異なる視点すべてから総合的に見るのです。

文芸批評は、象徴的な変換の力、経験をアイデアや意味へと加工する力を教えてくれます。マディソン・アベニューのアドマンになるには、商品を売るためにシンボルと神話をどう使うかを理解する必要があります。アドマンはロゴやスローガンを使いますが、それは政治的な宣伝家も同じです。左翼か右翼かは関係ない。左翼も右翼と同様にブランディングに長けています。スピーチライターや広報コンサルタントになるには、何よりも英雄の神話が持つ原型的な力を理解しなければなりません。そうすれば、配管工のジョーや大量殺人犯でさえも、言葉によって国民的英雄に変身させることができるのです。

CIAの「フェニックス計画」1について研究し、書こうと決めたとき、私はそのように取り組んだ。私は、中央情報局(CIA)の長官だったウィリアム・コルビーのもとへ直接出向いた。コルビーは、ベトナム戦争中に何万人もの民間人を死に至らしめたCIAの「暗殺」プログラムであるフェニックスに最も関係の深い人物でありました。このプログラムについて誰も本を書いていなかったので、私はコルビーに手紙を書き、私の最初の本『ホテル・タクロバン』を送りました。私は、フェニックス計画を脱神秘化するような本を書きたいと告げると、彼は大賛成してくれました。コルビーは私のアプローチ、つまりあらゆる異なる視点から見ることを気に入り、私の後ろ盾となって多くのCIA幹部に私を紹介し始めたのです。それで私は内部からアクセスできるようになりました。それからは、とても簡単でした。私は面接の腕がいいんです。フェニックスについて話すように、多くのCIA関係者を説得することができました。

CIAやDEAのような官僚組織について書くときには、組織的な視点が不可欠です。官僚機構には歴史的な弧があることを理解する必要があります。どこかで始まり、議会の指令があり、目的があり、組織や管理の仕組みがあります。その点では、私は本当に運がよかったと思います。私が最初にインタビューしたのは、フェニックス計画を実際に組織したCIAのネルソン・ブリッカムという人物でした。ブリッカムはエール大学を優秀な成績で卒業し、組織の天才といわれる人物でした。CIAのさまざまな部門や支部の説明もしてくれたので、私にも理解することができました。

ですから私は幸運でした。コルビーを通じて、フェニックス・プログラムを作ったCIAの人たちと接触することができ、彼らが何を考えていたか、なぜそのようなことをしたのかを知ることができました。もし私がコロンビア大学ジャーナリズム学部に行っていたら、あるいは長年ジャーナリズムに携わっていたら、このようなことは決して起こらなかったでしょう。もっと狭い視野で物事を考えていたかもしれません。しかし、私が話したCIA職員は、私がこのテーマに持ち込んだ広い視野を気に入ってくれました。彼らは、私が彼らの哲学について質問するのを好んだのです。そのおかげで、私はこのテーマを包括的に理解することができたのです。

トレイシー

ウィリアム・コルビーの同僚で、CIA職員でもあったエヴァン・パーカーについてお話しいただいたことがありますね。彼から多くの人物の名前を聞き出し、その人たちにインタビューを申し込んだのですね。取材対象者の多くはCIA職員で、コルビーやパーカーのところに戻って、あなたと話してもいいかどうか尋ねるんです。そうでしょう?

ヴァレンタイン

その通りです。コルビーの承認が得られると、多くのCIA職員は私がCIAに所属していると考えるようになりました。誰も私のことを知りませんでした私はモーリー・セーファーでもシーモア・ハーシュでもなく、ベトナムで有名な記者でもなかった。私は、エドゥアルド・ガレアーノが言うところの「ノーバディ」だったのです。私は、第二次世界大戦での父の体験について本を出版したのですが、それを読んでくれる人たちもいました。『ホテル・タクロバン』を読んだ人たちは、兵士に同情的で、私が兵士であることの意味を理解していることを示す本として、好意的に受け止めてくれたようです。CIAの将校の多くは、自分たちを兵士だと考えています。CIAは命令系統のある軍事組織として設立されています。誰かに指示されたら、敬礼してそれを実行します。

エヴァン・パーカーは私に対してそのように感じていました。私が軍人だった父について同情的な本を書いていたことと、コルビーが私を彼のところに送ってくれたことで、彼なら個人的に、なぜ彼がそのようなことをしたのかを理解できるだろうと。コルビーの紹介で、私はコルビーと興味深い体験をしました。彼は私をインタビューのために自宅に招き、私が到着すると、ウェールズの歴史や詩の本でいっぱいの本棚が積み上げられた彼の小さな書斎に私を招いたのです。パーカーというのはウェールズの名前です。私は文学を専攻していたので、『マビノギオン』(ウェールズの神話に関する書物)などについて話すことができました。幅広い知識があったからこそ、彼のような人たちとの交流ができたのです。安心感を与えることができました。

また、インタビューを始める前の1年間は、ベトナムやCIAについて調べられるものはすべて読んでいました。私は知識が豊富で、しかもメソジストらしく見えたんです。スーツにネクタイをしてね。1時間ほど話して、パーカーは私を気に入ってくれました。私はCIAのことは何も聞いていません。まだお互いを知り合ったばかりでした。しかし、彼はコーヒーテーブルの上に公文書の束をおいていました。彼はその書類に目を通すと、紅茶とクッキーを買ってくると言って、丁寧に下りました。「15分くらいかかるよ。すぐ戻ってくるよ」といって、彼はウインクして下に降りていていきました。

私は一番上のフォルダーを開けました。1967年の夏、パーカーがフェニックス研究所を立ち上げたときからの全員の名簿です。私は、彼らの名前と階級、そしてプログラムでの役職を猛烈に書き始めました。15分後、最後の1人の名前を書いていると、階下から彼が叫んだんです。

「ダグ、紅茶が沸いたぞ、今行くからな」私はファイルを閉じ、ノートを片付けました。彼は紅茶とクッキーを乗せたトレーを持って上がってきました。彼はウインクして座り、私はフェニックスのことを聞き始めました。

彼の机の上の書類にはたどり着けませんでした。でも彼は私を気に入ってくれて、人を紹介してくれました。私が会ったほとんどのCIAの人たちはそうでした。コルビーが私を送り込んですから、彼らは協力したのです。パーカーが言ったように、「(コルビーは)長官だったし、今でも長官だと考えています。彼が大丈夫と言えば、それを信じる」と言っていました。

彼は「今なら秘密保持の誓約を放棄できる」とは言いませんでした。しかし、彼らはそうしたのです。

私はCIAのほぼすべての部署のメンバーと話し、組織的にインタビューに臨みました。どのような予算があったのか?上司は誰で、どのように報告したのか?誰が働いていて、どんな仕事を与えているのか。書斎には大きな組織図があり、名前と役職を記入していきました。私は誰にも、「誰かを殺したか?こんな違法なことをしたのか」とも聞きませんでした。そうやって穏便に話を進めたから、彼らは私がプログラムを神秘化せず、事実に忠実であると確信したんです。これは、逆心理学の効果でした。私が秘密を聞かなかったので、彼らは私を信頼し、秘密を教えてくれたのです。

私が秘密をすべて暴露したため、彼らは最終的にそれを好まなかったのです。私はあまりに多くの人と話したので、最終的には全員が私をCIAだと思うようになりました。CIAは自らを区分けしているので、結局、私はCIAのどの個人よりもプログラムについて知っていることになりました。私はネズミ算式に、彼らを互いに戦わせました。彼らはライバルについての秘密を私に話し始めました。彼らは皆、神話の中のヒーローになりたがっているのです。

トレイシー

あなたが行ったインタビューと、あなたが記録した多くの会話は、かなりの量の調査によって入手しなければならなかった実際の文書と一緒に置かれました。

ヴァレンタイン

インタビューの中で、人々は自分の主張を確認するためにオリジナルのドキュメントを渡してくれました。ネルソン・ブリッカムはCIAのサイゴンにおける対外情報活動の責任者でした(1965-1967)。ブリッカムは、CIAが地方に配置した南ベトナム警察特殊部隊(FBIのような組織)と連携する連絡員を管理していました。CIAは特別警察を創設し資金を提供し、ベトコンの文民指導部やアメリカの傀儡政権を弱体化させようとする人物を追って送り込みました。フェニックスとは政治戦争です。彼は、地方でそれらすべての作戦を実行するスタッフを管理していました。

1966年末、サイゴンのCIA支局長ジョン・ハートは、ワシントンのCIA職員ロバート・コマーと一緒に、VCの指導者に対する作戦の改善に取り組んでいた。コマ-はリンドン・ジョンソンの個人的な補佐官で、「もう一つの戦争」と呼ばれたベトナムの平和化について考えていました。とにかく、ハートはブリックハムに平和化のための参謀本部を作る仕事を与え、ブリックハムはコーマーのもとで働くことになりました。平和化のための参謀本部を作るにあたって、ブリッカムはフェニックス・プログラムをこつこつと作り上げました。ブリッカムは、コマーとハートのために書いた書類の原本を、何度か取材して私に渡してくれた。これらは、フェニックス計画の実現に向けた文書でした。

よくあることです。ある人物に、自分の言っていることを裏付けるような文書を持っているかどうかを尋ねると、持っていれば自分の書斎にあるもののコピーをくれました。コルビーが私を送り込んだのですから、これで大丈夫だろうと皆思っていました。私はこのようなことをすべて明らかにするつもりはありませんでしたし、コルビーがすべてを明らかにしても良いと判断したのです。

ブリッカムが私にくれた文書には、フェニックス・プログラムを作ったときに彼が何を考えていたのかが、彼自身の言葉で書かれていました。私はこれらの文書を、ブリッカム、コルビー、パーカー、その他CIAや軍の将校とのインタビューテープとともに、クリプトコムのオンラインサイトに掲載しました。これらは「CIAは語ります」と題されたコレクションの一部です。私はこれらの文書をオンラインにアップしたので、私の批評家は事実について私に異議を唱えることができません。私はこれらの文書と私のインタビューから引用しただけです。ですから、正確な報道なのです2。

トレイシー

ジョージ・ワシントン大学の国家安全保障アーカイブスには、ダグラス・ヴァレンタイン・コレクションがあります。

ヴァレンタイン

このコレクションには、フェニックス計画に関与した100人近いCIA将校や軍将校への私のインタビューノートが含まれています。人から何度も紹介され、素晴らしい人脈もできました。最近亡くなったトゥリアス・アカンポラという人物に会いました。彼は90歳代でした。彼は陸軍の防諜担当将校で、第二次世界大戦後は上海のダグラス・マッカーサー元帥の下で働いていました。CIAが設立されると、多くの陸軍防諜将校と同じように、タリーもCIAの防諜スタッフと仕事をするようになりました。彼はCIAに詳しくなりました。軍隊の階級はそのままに、タリーは長年にわたってCIA職員として活躍した。1958年にイタリアに渡り、ローマで麻薬局の捜査官と出会い、密接に仕事をした。50年代から60年代にかけて、連邦麻薬捜査官はその半分の時間をCIAのために費やし、その代わりにCIAは彼らが追うマフィアに関する情報を与えていました。

タリーは1966年にベトナムに派遣され、フェニックスのベースとなりました「反インフラ」プログラムのひとつに携わった。タリーのプログラムは「コン・タックIV」と呼ばれ、フェニックスと同様、ベトコンの秘密工作員として機能している民間人を対象としていました。CIAと軍がフェニックスを創設したとき、エヴァン・パーカーはタリーのオフィスに移った。タリーはベトナムの高官やCIAの幹部と顔見知りで、麻薬局や後のDEAで活躍したイタリア系アメリカ人も知っていました。タリーとは個人的に親しくなり、麻薬局や麻薬取締局の幹部を紹介してもらった。

コルビーを通じてCIAに入ったのと同じように、タリーを通じて連邦麻薬取締局の高官に入り込むことができたのです。歴史的に重要な人物に会い、歴史的に重要な文書を入手した。そのほとんどは新しい歴史です。私がインタビューした連邦薬物取締官のテープはまだデジタル化していませんが、国家安全保障アーカイブには、私のCIA/フェニックス・プログラムの資料と連邦薬物取締官の資料が別々に収蔵されています。

トレイシー

元ペンシルベニア州知事でブッシュ政権の役員であるトム・リッジが、この件にどう関わっているのか気になりますね。彼はフェニックス作戦に関与していなかったのでしょうか?

ヴァレンタイン

リッジについてはよくわかりません。彼は1969年末から1970年にかけてベトナムの歩兵部隊に所属していました。彼は4人のアメリカ人と7人のベトナム人兵士とチームを組んで、北ベトナムの正規軍ではなく、反乱軍を追いかけていました。つまり、彼は平和化プログラムの一部だったのです。ジャガイモの袋を持った若者を殺して銅星章をもらいました。彼はスナイパーだったかもしれないし、フェニックスがコーディネートしたプログラムの一つに関与していたかもしれませんが、フェニックスのアドバイザーだったとは思えませんね。

リッジは知事の経験があり、国土安全保障局、後の国土安全保障省(DHS)の運営に任命されたときには、経営管理の経験もありました。共和党の政策遂行を任せられる政治的幹部でありました。

同時に、国土安全保障省は、ネルソン・ブリッカムがベトナムで開発したフェニックス・プログラム・モデルをベースにしていました。リッジは、国土安全保障と関連した平和化の経験はあったかもしれませんが、組織運営の方法を理解していたことは確かです。キーワードは「調整」だ。国家安全保障局がDHSを通じて、ここ米国で対テロ戦争を一元化しようとしたとき、彼らはフェニックスがベトコンのインフラ(VCI)に対する戦争の合理化と官僚化を図るために複数の機関を調整した方法を真似たのです。

フェニックスは、南ベトナムの平和化において信じられないほどの成功を収めたモデルであることが証明されました。それは、ベトナム戦争における希望の光でした。政治的には大失敗でしたが、官僚的にはフェニックス・プログラムは成功した。中央アメリカにおけるCIAの作戦、すなわちサルバドール・オプションのモデルとなりました。

フェニックス計画は、南ベトナムの地方と地区に情報操作・調整センター(PIOCCとDIOCC)を設立した。同様に、国土安全保障省は、全米の各州と主要都市に「融合センター」を設置した。融合センターは、ベトナムのIOCCとまったく同じように、ある地域のすべての機関を調整し、システム化、コンピュータ化し、貢献する情報アナリストやオペレーションユニットを調整します。これは、同化できない人や物を排除するための高度に官僚化されたシステムと同じものです。

トレイシー

フェニックス・プログラムを深く研究している人にしては、不吉な観察結果ですね。フェニックス・テンプレートはアメリカ本土に接ぎ木されたものだと言うのですね。

ヴァレンタイン

その通りです。それを語っているのは私ひとりではありません。デビッド・キルカレンは、ブッシュ政権とオバマ政権の対反乱戦アドバイザーで 2004年に世界的なフェニックス作戦を呼びかけました3。

Tom Haydenは、キルカレンをDavid Petraeus将軍の「(イラクにおける)2007年の米軍急増を計画する際の対反乱戦の最高顧問」であったと述べています。彼はまた 2005年と2006年に国務省のテロ対策室の首席戦略官を務め、イラク、パキスタン、アフガニスタン、アフリカの角、東南アジアで勤務してきました。2004年の論文の「A Global Phoenix Program」と題するセクションで、キルカレンはベトナムのフェニックス・プログラムを「不当に悪者にされ」、「非常に効果的」であると述べています。CIAのスポンサーシップと拷問の疑惑を「俗説」として一蹴したキルカレンは、フェニックスを誤解されました「民間援助と開発プログラム」と呼び、南ベトナムの農村部の広大な範囲を支配していたベトコンを崩壊させます「平和化」作戦によって支えられていた、と述べています。世界的なフェニックス計画」は、今日の世界的なジハード主義のインフラを解体するための出発点になるでしょう、と彼は書いています4。

トレイシー

キルカレンは、どのようにフェニックス計画が世界に課せられることを望んでいたのでしょうか。

ヴァレンタイン

もし彼が正しく理解していれば、フェニックス・プログラムの強みがIOCCセンターにあり、政治的な支配を可能にすることだと分かるはずです。フェニックスセンターのネットワークを通じて、経営陣はターゲットとメッセージングをコントロールすることができるのです。キルカレンは、CIAや軍がテロリストを追っている国やその近くに、このような高度に官僚化されたセンターを設置したかったのではないでしょうか。そのようなセンターがあれば、ホワイトハウスはCIAに指示して、適切なテロリストをターゲットにするよう軍に指示することができます。私たちのことは放っておいてください。

シーモア・ハーシュは、CIAについての洞察を求めて常に注目されています。2003年12月、彼はニューヨーカー誌に、軍の特殊作戦部隊がイラクでフェニックスをモデルとして使おうとしているとする記事を書きました。5彼のハイトーンなスタイルに忠実に、ハーシュはフェニックスのセンセーショナルな「死の部隊」の側面に焦点を当て、明らかになった組織の側面には触れません。彼は焦点を絞り込んでいる。

フェニックスは、象徴的な意味を持つので、その部分の総和よりも大きな存在です。しかし、ハーシュが強調する死の部隊のような薄気味悪い側面は、皆の注意を引くのです。イラクでは、CIAがサダム・フセイン政権のスンニ派高官の写真を使った「トランプ」を配った。これはまさにフェニックス計画から生まれた心理戦の仕掛けであり、専門用語でした。

フェニックス計画の目的は、南ベトナムの地下革命政府の民間人を「無力化」することでありました。この「無力化」という言葉には、さまざまな施策が含まれています。まず、破壊活動家と疑われる人物を特定します。その後、1967年に「フェニックス」を創設したCIAのネルソン・ブリッカムは、そのプロセスを次のように説明してくれた。

「私のモットーは、スカウトすること。スカウトできなければ亡命させます(チエウホイ)。それが私のVCI高官に対する態度でした」

VCIとは、ベトコンインフラストラクチャーの頭文字で、革命家の地下政府とゲリラ支援システムのメンバーにCIAがつけた名前です。

CIAは議会の委任により、アメリカ国外での破壊工作に対抗する任務を負っています。したがって、アメリカがイラクやアフガニスタンなどの国で対反乱戦を行う場合、CIAは政治的な戦闘秩序を追求し、アメリカ軍は軍事的な戦闘秩序を追求することになります。しかし、実際には、反乱戦での破壊工作は準軍事警察的な機能です。このように、南ベトナムでは、米軍は CIAのフェニックス計画を兵力と装備で支援した。

1969年、CIAは表向きフェニックス計画を米軍に移管し、この時点で初めて兵士が政治的な戦闘秩序を追求し、外国人民間人に対する組織的な対破壊工作を開始した。フェニックスの誕生はブレイクスルーことでした。それ以前は、軍人が民間人を標的にできるのは、軍の基地や人員を攻撃する秘密工作員やゲリラの場合だけでした。しかし、ベトナム戦争で勝利のために狂奔した軍は、破壊者と罪のない一般市民との境界線を意図的にあいまいにし、ミライや他の千の場所で行ったように、子供も含めて邪魔な者はすべて殺してしまったのです。

ベトナムでの無残な敗北の後、アメリカは世界的な支配を再び確立しようとする反動的な衝動に駆られた。フェニックスを合理化するために使われた正当化は、9・11と対テロ戦争の開始で明らかになったように、政策として制度化されました。それ以来、CIAと米軍は、アフガニスタンとイラクを筆頭に、世界中で平然とフェニックス方式の共同作戦を展開するようになりました。

また、CIA、軍とメディアとの関係も進化しています。ベトナムでは報道の自由度が高く、毎晩のように殺戮の様子が撮影され、テレビで放映されました。しかし、CIAと軍はその映像が国民の反感を買うと考え 2003年にアメリカがイラクに侵攻する頃には、記者は軍の部隊に組み込まれるようになったのです。メディアは軍とCIAの広報部隊となり、その結果、国民はバラバラになった遺体の映像を見ることができなくなったという、オーウェル的な結果になりました。そして、チェルシー・マニングがコラテラル・マーダーの映像をウィキリークスにリークすると、彼女は即座に裁判にかけられて投獄されたのです6。

私が『The Phoenix Program』の取材をしていたとき、あるCIA職員は、CBSやニューヨーク・タイムズの特派員が自分たちのオフィスにやってきて、自分たちが管理しているプログラムについて質問してきたことを話してくれたものです。CIA職員は自分たちの作戦についてオープンに話しますが、ベトナム時代の特派員はその詳細を公表しません。編集者がCIAと紳士協定を結んでいて、秘密を明かさないことになっているからです。彼らは秘密を知ることができ、それを明かさない限り、アクセスし続けることができたのです。

フェニックスを取材している間、シーモア・ハーシュやグロリア・エマーソンといった人たちに会いに行きましたが、彼らは口をきいてくれませんでした。CIAの人たちよりも記者に話をさせる方が大変でした。というのも、彼らがフェニックスについて何らかの知識を示すと、すぐに次のような質問が返ってくるからです。

なぜ記事にしないんです?そうすると、CIAとの紳士協定を明かさなければならなくなります。

「オールドボーイ」ネットワークはベトナムにもありましたが、もっと悪くなっています。イランコントラ以来、官僚機構は信じられないような障害を設け、人々が彼らのプライベートクラブの内部で何が起こっているかを見ることを不可能にしているのです。国民は、チェルシー・マニングやエドワード・スノーデンのような内部告発者に完全に依存しており、彼らはその後、中傷され、投獄され、亡命するよう追われます。

トレイシー

例えば、1990年代半ばにゲイリー・ウェッブに起こったことを見てみましょう。彼は、重要な情報を漏らした人物を何人か持っていましたが、CIAはそれを否定し、そのために彼のキャリアはほぼ失われてしまいました。彼がやっていたことは、あなたのような調査ジャーナリストや歴史家がやるべきことだったので、彼を業界内に留めておくために、実際に彼のために動いてくれた同僚は誰もいなかったのです。

ヴァレンタイン

そうですね。ゲイリー・ウェブは調査報道ジャーナリストで、1996年に「ダーク・アライアンス」シリーズで、中央アメリカのCIAの「コントラ」とロサンゼルスのコカイン密売人のつながりを暴きました。この記事はCIAを震撼させました。黒人社会は大騒ぎになりました。そしてCIAのオールドボーイ・ネットワークが動き出し、ウェッブは同僚のジャーナリストたちから、彼の仕事のちょっとした不正確さについて死ぬほど小言を言われるようになりました。しかし、彼の本当の罪は、麻薬戦争を通じてCIAが組織的な人種弾圧に犯罪的に関与していることを明らかにしたことでした。

ウェッブは2004年に自殺しました。しかし、麻薬密売におけるCIAの中心的役割について真実を語ったことで攻撃されたアメリカ市民は、彼が初めてではありませんでした。アル・マッコイは、1972年に出版した『東南アジアにおけるヘロインの政治』の中で、ベトナムとラオス、ビルマ、タイのゴールデントライアングル地域におけるCIAの麻薬ネットワークの大部分を詳述しています。CIAはマッコイの活動を知ると、最高幹部の一人であるコード・マイヤーが、マッコイの出版社に本を押収するように仕向けました。それがうまくいかないと、CIAはマッコイの電話を盗聴し、国税庁は彼の所得税を監査した。裏では、CIAはマッコイの情報源を無理やり撤回させた。CIAの秘密を多く暴露した有名な教会委員会は、マッコイの疑惑を調査し、CIAが麻薬取引に関与していないことを明らかにしました。マッコイはオーストラリアに移住し、11年間アメリカに戻ることはありませんでした。

CIAが国際的な麻薬密売を支配していることは、アメリカの最も暗い秘密であり、ウェッブ疑惑の後、オールドボーイ・ネットワークはメディアに対してさらに多くの制限を課しました。CIAがメディアに課す圧力は、アメリカ国民に向けられた政治戦争に等しいのです。CIAが海外で行う破壊工作と何ら変わりありません。

今、何が起こっているのかを見極めるには、これらの官僚組織の歴史的な弧を研究し理解することです。CIAはどこから来たのか?どこへ行こうとしているのか。歴史的に見れば、スピンを超えて見ることができ、脱神秘化されます。そして、それは決してハッピーな話ではないのです。

トレイシー

ジェイド・ヘルムは、主要メディアでは、ほとんど報道されていません。代替メディアで報道され、議論され、分析されるだけです。

ヴァレンタイン

そうです。ジェイド・ヘルム(Jade Helm 15)はテキサス、アリゾナ、フロリダ、ルイジアナ、ミシシッピ、ニューメキシコ、ユタで行われた軍事訓練です。軍と地元当局がフェニックス型の調整センターを設置し、特殊作戦部隊と「民政局」職員に、国内の対反乱作戦における現実的な「戦争体験」と呼ばれる超軍国主義警察部隊との連携を体験させる方法として行われました。メディアのブラックアウトは、この計画の不可欠な部分でありました。この検閲は、資本集中の結果、通信・メディア産業が中央集権化され、政治戦争装置の一部となったことを象徴するものでありました。メディア産業は、ほとんどの放送局を支配する少数の巨大企業に絞られてしまいました。情報のコントロールが寡頭政治の成功の鍵になりました。独立した報道機関はほとんどなく、巨大企業に対抗することも、全国に情報を発信することもできないので、人々はインターネットで事実を探すしかないのです。

トレイシー

20年ほど前にはよかったオルタナティブな進歩的左派メディアでさえ、財団からのひも付き資金に頼ることが多くなり、かつてのように限界を超えようという気にはならなくなってきていますね。

ヴァレンタイン

CIAが政治や社会の動きをコントロールするために、どのように言語や神話を利用しているかに興味がある者として、この展開は不吉なものだと思います。グレン・グリーンウォルドのように億万長者から金を受け取っている人たちは、それが編集に影響を与えることはないと主張しています。しかし、億万長者やCIAとつながりのある財団から金を受け取っているメディア関係者は、彼らが書いたものが原因で一瞬にして彼らの活動を沈めることができるということを理解しなければなりません。そしてその知識が、彼らが進んで行う言動に確実に影響を与えるのです。

億万長者から金を受け取ることは、非常に大きな象徴的意味を持ちます。それは、30億の人々がやっと生きているときに、80億のお金を一人で持つことを、お金を受け取った人が認めることを意味します。グリーンウォルドのような有名メディア関係者は、自分たちの例を通して、自分たちの後援者が行っている搾取と帝国主義を支持していることをフォロワーに伝えているのです。

広告関係者なら誰でも知っているように、象徴的なメッセージは明確に表現する必要がなく、サブリミナルに理解されます。グリーンウォルドの信奉者たちは、それが好きなのです。つまり、彼らは不正なシステムを暗黙のうちに支持していることを意識的に直視する必要がないのです。その自己検閲によって、グリーンウォルドやその相棒ジェレミー・スケーヒルのような有名ジャーナリストは、自分たちを体制に対する英雄的敵対者として宣伝することができるのです。そして、彼らの信奉者が彼ら自身の基本的な前提に挑戦し始めるまで、彼らは二重のゲームから逃れ続けるでしょう。人々が快適な暗闇から抜け出し、システムの不平等を拒絶し始めるまで、システムは決して変わらないでしょう、その代わりに、不平等を食い物にするのではなく。

トレイシー

グリーンウォルドの話をされましたね。左派の著名な人物の中にも、情報の領域で自由の戦士のようなファッションをしている人がいますが、それは間違いなく事実ではありません。これは、40年以上前のダニエル・エルズバーグに遡ることだと思います。20世紀における報道の自由において最も重要な事件は、国の歴史とまではいかないまでも、ペンタゴン・ペーパーズでした。

ヴァレンタイン

まあ、グリーンウォルドとエルズバーグは確かに「左翼」ではないし、エルズバーグもCIAの完全に統合された、後ろ盾のある職員ではありませんでした。しかし、1965年から1966年にかけて、彼はCIAのサイゴン支局長であるジョン・ハート(フェニックス計画を始めた人物であることは先に述べました)のために働き、南ベトナムの著名な政治家や役人が何を考えているかについての情報を集めました。エルズバーグは会話をそのまま思い出すことができ、社交の場でこうした重要な政治家を紹介され、その考えをハートに報告したと聞いています。また、「フェニックス」のベースとなった平和化計画にも、高いレベルで取り組んでいた。エルズバーグは、CIAのエドワード・ランズデール、ルシアン・コネイン、米国情報局のフランク・スコットンと働いていましたが、これらについてはまだ語られることがありません。

問題は、エルズバーグが自伝の中で、国務省に勤務していたことを明かしたことです。それが彼の偽装だったのです。そして、彼を描いた映画では、軍隊の制服を着てパトロールしている姿が描かれています。彼は自分を偽っていたのです。彼は正直ではありませんでした。CIAでの仕事はすべて欠落しています。なぜ?

それはエルズバーグがベトナム戦争に反対する本格的なタカ派であったことに起因しています。しかし、彼がペンタゴンペーパーをリークした後、左派は彼を光を見た人のシンボルとして採用した。戦争を終わらせたのは左翼の手柄であり、エルズバーグはその物語の中心人物なのです。ですから、特に反戦運動と左翼(それが何であれ)一般は、そのカバーストーリーに従うのです。

しかし、ペンタゴン文書の意義やベトナム戦争の本質を理解するためには、エルズバーグのCIAでの仕事を理解することが不可欠です。彼の世界観は、師であるエド・ランズデール7や、ベトナムで共に働いた他の政治戦争関係者、特にフランク・スコットンとの親密な関係によって定義されたものです。エルズバーグ、スコットン、および他の少数の専門家は、1966年8月の重要な「役割と任務」報告書で、南ベトナムの民間人を平和にするためのアメリカの組織の青写真を準備しました。この報告書が「フェニックス計画」の基礎となりました。

このことは、「アクセス」の問題に帰結します。私は、1986年にコルビーから紹介されるまで、スコットンのことを知りませんでした。コルビーが紹介した他の人たちと同様、スコットンは私がCIAに承認されていると考えていました。彼は私に好印象を与えようとし、バージニア州マクリーンの彼の家でインタビューをした時、彼は「私たち」(彼とコルビーしか意味しません)がエルズバーグにペンタゴンペーパーズを公開するように指示したと言いました。スコットンはその後自伝を書き、その中でエルスバーグにそうするよう指示したことを否定しています。彼は現在、エルスバーグは1970年にペンタゴン・ペーパーズの文書を見せただけだと言っています。

このことは、CIAの麻薬密売にもつながっています。先ほど、アル・マッコイの情報源が撤回したことを述べました。マッコイの情報源の中で、特に撤回したのは、ダン・エルズバーグの元同僚、ルー・コーニンです。1971年の夏、マッコイが彼に話を聞くと、コニンは1965年にCIAとコルシカの麻薬密売人の間の停戦を取り決めたと告白した。

1971年の夏も忙しい時期でした。コルビーは7月にフェニックス計画について議会で証言することになっていましたが、より大きな出来事が見出しを飾った。1971年6月13日、ニューヨーク・タイムズ紙が「ペンタゴン・ペーパーズ」からの長い抜粋を掲載し始めたのです。その結果、1971年7月15日、タイムズ紙が次のように報じたとき、世間の注目はほとんど集められませんでした。

「下院政府活動小委員会で今日読み上げられた以前の機密情報は、フェニックス作戦によって14カ月で26,843人の非軍事ベトコンの反乱軍と同調者が無力化されたことを明らかにした」

これらの糸はすべて、アメリカ人が信じているCIAについての神話を作るために織り込まれており、エルズバーグのカバーストーリーは、フィクションの物語の一部です。

トレイシー

あなたが調査し、エルズバーグについて明らかにしたことを、ある編集者が出版したがらないのは、エルズバーグの伝説、彼がそうなったことの象徴を維持したいだけだということも関係しているのでしょうか?

ヴァレンタイン

もちろん、彼らはCIAが影響を及ぼしている管理職レベルのメディア関係者と同じネットワークの一員であり、CIA職員コード・マイヤーが「互換性のある左翼」と呼んでいるものです。

この「相思相愛の左翼」についての私の経験をお話ししましょう。ウィリアム・モロー社は1990年に『フェニックス・プログラム』を出版しましたが、書店に並ぶ前にニューヨーク・タイムズ紙がひどい批評をしたのです。その後、メディアは10フィート棒でこの本に触れないようになりました。左派にとって、この本は消化できない新素材を提示するものだったのです。ベトナム戦争の歴史に関する彼らの独自の主張を脅かしたのでしょう。

過激な右派は、いずれにせよ、この本を認めようとはしませんでした。しかし、左派の指導者はCIAのオールドボーイ・ネットワークの一員であり、他のアメリカの知識人同様、タイムズに方向性と妥当性を求めているのです。この本がCIAの秘密を暴露したというだけでなく、メディアが、特にタイムズが、国民がCIAの正体をはっきり見抜けない原因であると特定したため、この本を無視するようにとの指示が出たのです。

裕福な資本家のための犯罪的陰謀です。

私はまた、ペンタゴン・ペーパーズの公開が、フェニックスに対する議会の公聴会から注意をそらすことになったとも述べていました。その後の本では、CIAの麻薬取引に関する報告書からも注意をそらしたと付け加えた。

いずれにせよ、私がCIAに接触したことは無意味でありました。CIAはメディアの友人たちを通じて、私を「無力化」することができたのです。この本の歴史的価値を認めてくれたのは、ほんの一握りの人たちでした。アル・マッコイは、アイユニバース版の宣伝文句で、この本を「決定的な記録」と呼びました。

しかし、私の支持者は皆、同じ反応を示した。

私は一線を越えてしまったのですから、もうアメリカで本を出版することはできないでしょう」と。そこで私は、CIAには情報産業の管理職レベルの戦略的情報網があり、タイムズの書評欄のような手段を使って、どの本や著者を疎外すればよいかを知っていることを、身をもって知ったのです。

ピーター・デール・スコットも、1972年に出版した『戦争の陰謀』や1993年の『深層政治とJFKの死』によって、疎外された経験があります。ピーターは私を支持してくれて、『フェニックス』が出版されてから数年後、私はスコトンとコネインのインタビューをもとに、エルズバーグとCIAとの深い政治的関わりについて記事を書いていることを彼に告げました。ピーターはエルズバーグの友人で、その記事はエルズバーグを困らせる可能性があったにもかかわらず、私が彼にインタビューできるように手配してくれたのです。ピーターは私にエルズバーグの電話番号を教えてくれ、私はあらかじめ約束した時間に電話をかけた。すると、エルズバーグはまず、「あなたは有名人ではないから、私を理解することはできないでしょう」と言ったんです。

社会が何を本物、価値あるものとして受け入れるかを決定する上で、有名人が果たす重要な役割を理解したければ、ギー・ドゥボールの著書『スペクタクルの社会』とその続編『コメント』を読むとよいでしょう。ドゥボールは、私たちが現実と混同している幻想を維持するために、有名人が(時には不用意に)演じている象徴的な役割について説明しています。

ドゥボールは、ドイツの哲学者ルートヴィヒ・フォイエルバッハの有名な言葉を引用しています。

「しかし、記号を記号化されたもの、複製を原本、表現を現実、外観を本質に優先させる現代にとって、確かに幻想だけが神聖であり、真実は冒涜です。いや、真実が減少し、幻想が増加するのに比例して、神聖さが高まるとされています。「幻想の最高度が、神聖さの最高度になるのだ」

エルズバーグが私に自分は有名人だと言ったのは、ペンタゴンペーパーズをリークした瞬間に象徴的な変容を遂げ、私のような非有名人から疎外される社会的領域に降り立ったということです。彼はアイコンとなり、左翼の誰も「なんてこった!」とは言わないのです。ヴァレンタインは、エルズバーグについてこのような啓示を受けたのです。私たちが信じていることをすべて考え直しましょう」と言う人はいません。

右派と同じように、左派の経営者層も、自分たちのビジネス上の利益を代表する有名人のヒーローに投資しています。グリーンウォルドとスキャヒルが、ピエール・オミダイアがキエフのCenter for the United Actionに資金提供していたことを無視するように、彼らはシンボルに焦点を当て、矛盾するが本質的な事実を無視します。

象徴の所有者が、自分たちのビジネス上の利益を損なうような恥ずかしい事実について話さざるを得ない場合、その事実を狭く解釈します。これは、政党やその傘下にあるメディアが用いる手法の一つです。

9秒という短い時間で問題点をまとめ、誤魔化し、何度も何度も繰り返します。文芸評論家のようなアプローチはとらず、政府が慎重に選んだ言葉の意味を正直に見ようとしません。語られていないことを探すこともしません。実は、彼らは同じゲームをしているのです。やり方が同じなのです。

私もエルズバーグに関する記事を書いたときに同じことを経験しました。アメリカの左派は誰もそれを出版しようとしませんでした。結局、ロビン・ラムジーがイギリスの『ロブスター』誌に掲載した。その記事は「アイコンの衝突」というタイトルで、ベトナムの麻薬密売人とCIAの関係について、エルズバーグとアル・マッコイが矛盾した立場をとっていることを実証した9。マッコイは1965年にCIA職員のエド・ランスデールとルー・コニンがコルシカの麻薬密売人と協力していると非難したが、同じ時期にエルズバーグも彼らと緊密に協力していたのです。しかし、私が彼にインタビューしたとき、エルズバーグは、それに反する圧倒的な証拠があるにもかかわらず、これらのCIA職員は麻薬取引に関与していないと言い張ったのです10。

数年後、アレックス・コックバーンとジェフ・セントクレアは、カウンターパンチに私のエルズバーグの記事を掲載した。彼らは、左翼の奇抜な思い込みや、イスラエルのような聖なる牛を揶揄することに楽しみを感じていました。彼らは、私のフェニックス・プログラムの本と、私たちが「Will the Real Daniel Ellsberg Please Stand Up」と改名したエルズバーグに関する私の記事を気に入ってくれた。

エルズバーグのイメージを維持することは、ほとんどビジネス上の判断です。なぜなら、エルズバーグはマフィアが言うところの「金儲け主義者」だからです。互換左派のメディアが主催する平和会議でエルズバーグを講演させれば、100人のファンが現金を払って彼を見に行くでしょう。互換左翼は、資本主義社会に依存したビジネス・ベンチャーなのです。同時に、エルズバーグは、このシステムの中で変革が可能であるという幻想の象徴でもある。彼は確かに改革を求め、互換左翼のように、多くの重要な進歩的プログラムを支持しています。しかし、もっと重要なのは、彼自身がCIAとのつながりを隠すことによって、こうしたメディアを購読するブルジョアジーに、自分たちのリーダーについて思い込んでいることはすべて正しいのだと安心させることです。こうして、象徴的な英雄は道を誤らせる。

これがエルズバーグの象徴的機能です。有名人の地位を獲得した認定された英雄として、彼はシステムが機能していることを証明します。彼はペンタゴンペーパーをリークし、戦争を止めました。そして、彼はそのために苦しんだ。ニクソン大統領は、彼を反逆罪で裁判にかけようとした。ニクソンのスタッフは彼を脅し、信用を失墜させるためにあらゆる汚い手口を使ったが、彼は頑強にやり通した。それが英雄の神話です。

しかし、英雄などいませんし、制度は万人のために働くわけではありません。「デモクラシー・ナウ!」のエイミー・グッドマンが報われるように。あるいはグリーンウォルドやスキャヒルがそうであるように。

もしエルズバーグがCIAの秘密を暴露したら、リベラルなブルジョアジーに安心感を与えるような効果はなくなります。だからスポンサーは、彼がサイゴンでコルシカ人の麻薬密輸業者の愛人と関係を持っていたことには決して触れません。それは本にも映画にも出てこない。彼はCIAの仲間が麻薬取引に関与していたにもかかわらず、それを否定しています。彼は、自分が目撃したCIAの戦争犯罪や資本主義の矛盾については語ろうとしません。シーモア・ハーシュや他のリベラル・メディアの象徴のように、彼はCIA幹部の名前を挙げたり、CIAの階級的機能を詳しく説明したりすることを避けます。彼は、ブルジョアジーにすべてがコントロールされていると伝える専門家なのです。彼はこの象徴的な機能を果たし、40年間それを続けてきました。そして私のように、真実を明らかにすることで、彼の聖域を侵すならば、互換性のある左派から出版されることはないでしょう。アクセス権を失うのです。

トレイシー

ダニエル・エルズバーグの最近の化身はジェレミー・スケーヒルかもしれませんね。先ほどデモクラシー・ナウ!の話をしましたね。の特派員でした。2000年代初頭、イラク戦争がテロとの戦いとともに激化していた頃です。

ヴァレンタイン

エルズバーグは、スケーヒルのような記者やメディアの大物ではありませんでしたが、二人とも有名人です。また、スキャヒルは自分自身について壮大なドキュメンタリー映画を制作し、その中で自分自身をヒーローとして特徴づけたという点でも似ています。彼は映画の中でCIAについてほとんど触れず、彼の出版物「The Intercept」は資本主義や帝国主義の道具としてのCIAの分析を避けています。

スキャヒルとグリーンウォルドは、リベラルなブルジョワジーに対して、エルズバーグと同じような平和的な効果を与えています。彼らは、再利用された暴露記事で彼らを少し怒らせるが、象徴的に彼らはシステムの一部です。彼らは自らをオルタナティブと称していますが、自己批判はしないし、個々のCIA職員が起訴されるような重大な証拠を明らかにする危険も冒さない。

これはキャッチボールに過ぎません。メディアがCIAをかばうのを止めない限り、人々は違法な秘密活動がいかに組織的に私たちの基本的な前提を歪めているかを理解することはないでしょう。一方、これらのメディアの有名人は、階級制度の基礎となるすべての神話を永続させています。グリーンウォルドとスキャヒルは、お菓子を手に取り、自分たちを英雄や大成功を収めた勝者として描くことに忙しすぎるのです。

トレイシー

著書にあるように、1960年代後半から1970年代初頭にかけて「薬物戦争」は根本的に変化しました。現在に至るまでのCIAの関与の度合いについて、概要を教えてください。

ヴァレンタイン

1968年、麻薬局は財務省から切り離され、司法省の麻薬・危険物局として生まれ変わりました。CIAがゴールデン・トライアングルの麻薬ビジネスを運営しているという議論の余地のない証拠を集めていたからです。ベトナムでアメリカ兵に売られていたヘロインは、ラオスにいるCIAの顧客からもたらされていたのです。アル・マッコイは1972年にこのことを書いています。CIAはゴールデン・トライアングルの主要なアヘン生産者を守っていました。この15年間、アフガニスタンの主要な麻薬密売人を守ってきたのと同じように。彼らは、自国に不利なアメリカの政策を進めるための見返りとして、南ベトナムの軍閥にヘロインとアヘンを流していたのです。CIAは彼らに麻薬の取引を許可することで、そのサービスを買っていました。そして、多くの麻薬が、進取の気性に富む兵士やさまざまな犯罪組織を通じて、本国に戻ってきたのです。まさに、最高レベルの犯罪的陰謀です。

国家安全保障機構は、1968年にこの陰謀が露見しそうになると、BNDDからさまざまな経営管理、執行、情報機能を引き抜いてCIAに渡し、CIAは世界中の麻薬密輸資産を保護できるようになりました。その時点で、連邦薬物法の施行は国家安全保障の付属物となったのです。

トレイシー

つまり、海外とアメリカにおけるCIAの活動の間に理論上存在するこのファイアウォールは、麻薬戦争の中でバイパスされたのですね。

ヴァレンタイン

そうです。CIAと連邦薬物取締局の関係を調べれば、私がなぜCIAを米国政府の組織犯罪部門と呼んでいるのかがわかります。CIAが国際的な麻薬ネットワークをどのようにコントロールしているか、これほど明白なことはないでしょう。もしあなたがボリビアの将軍で、左翼を暗殺するならば、CIAは麻薬の取引を許可するでしょう。南ベトナムの将軍やアフガニスタンの将軍であっても、アメリカの国家安全保障上の利益、つまりアメリカの企業利益、政治的・社会的利益を促進するため、麻薬の売買は許されるのです。

そのためには、次の二つのことが重要です。

CIAは、DEAの特定の部門を支配しなければなりません。そして、メディアを支配しなければなりません。そして、これらの機関に対するコントロールを体系化したのです。

第2章 あることがきっかけで別のことに薬物戦争を調査した私の貴重な体験

ライアン・ドーソン

犯罪と法の執行の関係についてお話ししましょう。まず、あなたが若いころに学んだことから始めましょう。そして、犯罪と法の執行の関係について、もしその線引きができるのであれば、教えてください。

ヴァレンタイン

私が学んだのは、境界線は存在しないということです。これからお話しする私の体験は、寓話的なものです。世界の縮図であり、プロパガンダとマディソンアベニューの広告が、悪の勢力と戦う善の勢力が存在すると人々に信じ込ませる方法です。しかし、もし人々がプロパガンダを見破れば、人々の態度は変わり、この国の構造も変わってくるはずです。しかし、政府の法制定部門はプロの犯罪者の手に委ねられているのです。彼らが行うことはすべて犯罪のためであり、貧しい人々を押さえつけ、あるいは奪い、金持ちを保護し、あるいは与えるためのものです。私は若い頃、父のおかげでこのことに気がつきました。

父が私に教えてくれたのは、第二次世界大戦からわずか23年後の1968年のことです。それから50年近く経っているので、私が経験したのは、文脈的には「悪い」ベトナム戦争よりも「良いです」戦争に近かったのです。1968年当時の成人男性は、アメリカが民主主義のために世界を救ったという見方をしていました。何百万人もの中流階級の白人男性が、ベトナムのダウ・ケミカル社やダウ・ジョーンズ社のために殺されないために、自分自身を再教育し、互いに支え合わなければならなかった当時、反抗することは容易だったのです。

私の父は、子供の頃に住んでいた村の郵便局で働いていました。彼は墓場勤務で、私は町の木工会社で働いていました。私は大学の夏休みを利用して、コッゲスツリー社で木登りの仕事をしていました。

父とは仲が悪かったんです。しかし、私は父が墓場勤務を終えた後、同じダイナーで朝食を食べ、コーヒーを飲んでいたのです。当時は「ジェネレーションギャップ」の時代です。父はダイナーの片側の勝手口に座り、警官や年配のブルーカラー労働者たちと一緒にいた。ベトナムに行くのを拒否したムハマンド・アリや、ジョー・ウィリー・ネイマスがいかに憎いか、という話をするんです。私と友人は長髪で、戦争に抵抗していました。私たちは麻薬を吸い、酸を飲み、ガールフレンドは若くてきれいで、ピルのおかげで性的に解放されていたので、彼らも私たちを憎んでいました。

ある日、父と私はレジで出会いました。私が外に出ると父は待っていました。「明日銀行で会おう」と言いました「見せたいものがあるん。1時間前に来い」

私たちは仲が悪かったのですが、彼は私の父親でしたので、私は彼の言うとおりにしました。

銀行はウィーラー通りの反対側にありましたが、ダイナーからそう遠くない。大叔父のトム・コリガンはそこで警備員として働いていました。トムは長年、この町で警官をやっていました。私の父の父も、禁酒法時代には警官でした。

とにかく、私たちは翌朝、銀行で待ち合わせ、ウィーラー通りをダイナーに向かって歩いた。ちょうど日が昇り始めた頃で、通りには誰もいませんでした。ウィーラー通りの端にある角の店まで行き、マンビル通りを右に曲がった。ダイナーは、その通りの数歩先にあり、その前にパンの配達トラックが停まっているのが見えました。その横にもう1台、車が止まっていました。その車が誰のものかはわかっていました。

父は、私と一緒に通りへ出て行きました。父は配達車の後ろに立って、後ろのドアを開け、私に言いました。

「よく見ておけよ。これが犯罪と警察の本当の関係だ」と。

中に入っていたのは、パン屋のトラックの運転手で、地元のノミ屋から金と伝票を受け取っていたマフィアの代理人です。ノミ屋は食堂で働いていて、パン屋のトラックの運転手の横に座っていました。トラックの荷台には3人の村の警官が乗っていました。私は彼らをずっと知っていました。彼らの子供たちと一緒に学校に通っていました。彼らの名前も知っていました。

彼らは現行犯で捕まり、口をあんぐりと開けていました。彼らが罵声を浴びせ始めると、父は突然ドアを閉めた。彼は立ち去り、自分の仕事に取り掛かった。私もそうでした。

次の日、私は食堂に戻りましたが、誰も何も言わなかった。まるで私が秘密結社に入会したようでした。町のほとんどの人は、こんなことが起こっているなんて知りませんでした。警察はスピード違反の切符を切るものだと考えています。警察はスピード違反の切符を切るだけだと思っていました。学生時代にいじめられっ子で、配管工になる技術も身につかず、大学にも行けなかったような人間が制服を着ると、徳が高くなると信じているのです。しかし、法執行機関に入るような連中は、保護し奉仕すべき市民よりも、日常的に付き合う悪党と関係が深いのです。彼らは堕落しています。

CIAも同じような人たちばかりです。前章でフェニックス・プログラムを作ったCIA職員として紹介したネルソン・ブリッカムは、同僚についてこう語っています。

「私は諜報活動を、犯罪傾向を表現するための社会的に許容される方法と表現した。犯罪傾向が強くても、臆病でなれないような奴は、教育があれば、CIAのようなところに入ることになる」ブリッカムはCIAの将校を傭兵と表現しました。「社会的に受け入れられる方法を見つけて、付け加えると、そのために非常に高い報酬を得ている」と。

時々、警察は犯罪者を逮捕して刑務所に入れなければなりませんが、それは大抵、マフィアに属さない者かマフィアの連中が何らかの契約を破った場合です。もしあなたが黒人やマイノリティなら、警官が組織犯罪と結んでいるこの便宜供与の恩恵を受けることはほとんどないでしょう。

私が目撃したのは呆れるようなことで、18歳だった私はその時まだ考える準備ができていませんでした。しかし、その後20年間、私はそのことを考え続けてきました。ケネディ暗殺事件へのマフィアの関与など、裏社会への関心が高まりました。そういうことを知りたかったんです。

1981年、父が私に執筆のきっかけとなる教えを与えてくれました。私たちは10年ぶりに話をしました。しかし、父は2度目の開胸手術を終えて退院したばかりで、守備範囲が狭くなっていたんです。父は私を呼び出して、「あなたが作家になりたいというのはわかりました。家に来てくれ。「話すことがあるんです」と。

彼は第二次世界大戦で捕虜になったことがあるんです。彼は誰にも話しませんでしたが、フィリピンの捕虜収容所で、約120人のオーストラリア兵と40人のイギリス兵と一緒にいたそうです。父は唯一のアメリカ人で、オーストラリア兵と一緒に行動していました。収容所長はイギリス軍の少佐で、日本軍と取引をしていました。収容所の規律を管理する代わりに、脱走を試みないようにすることでした。

オーストラリア人は、このイギリス人少佐の言うことなど気にせず、4人が脱走を試みました。しかし、少佐はそれを知り、彼らに告げ口した。4人のオーストラリア人は収容所に連れ戻され、1943年のクリスマスの日に首をはねられました。

その数日後、2人のオーストラリア人が、私の父と一緒に、報復としてこのイギリス人少佐を殺害したのです。1944年10月に収容所が解放されるまで何も起こりませんでしたが、その時点で収容所の存在は隠蔽されました。軍は父に新しい軍歴を与え、もしこの収容所のことを誰かに話したら、英軍少佐殺害に関与した罪で起訴すると警告したのです。

そのことは、私の最初の著書『ホテル・タクロバン』に書きました2。

私は犯罪と法執行機関の関係を目の当たりにし、父から収容所の話を聞いて、軍隊は歴史を書き換えることができるのだと知りました。軍隊は、心臓病を引き起こすほど深く、有害な沈黙を強要することができるのです。それが私にとっての転機となりました。腐敗がいかに深く根付いているかを理解し、人種差別など、社会の中でそれがどのような形で行われているかを観察するようになったのです。人種差別に伴う二重基準は、ある集団が法律を破っても逃げおおせ、同じ法律を破った別の集団を不当に罰することを可能にします。それが腐敗であり、組織犯罪です。組織犯罪です。

一方、CIA、軍、警察は、プロパガンダを通して、自分たちの集団の尻拭いをしています。彼らは、私たちが受け取る情報をコントロールすることで、世界への理解を腐敗させているのです。彼らは、私たちが信じる神話を創りだしているのです。CIAを理解することが許されるなら、それが世界中の政府と社会を腐敗させる犯罪組織であることがわかるでしょう。何も悪いことをしていない一般市民を殺害しています。軍隊は同じことをもっと暴力的にやっています。警官もです。

ベトナム戦争は私の世代に大きな影響を与えたので、CIAがベトナムでどのような秘密工作を行ったのか知りたかったのです。最初のステップとして、当時住んでいたニューハンプシャー州の退役軍人団体の責任者に話を聞きました。私は、戦争について書かれていない側面はないかと尋ねた。すると、彼は迷うことなく「フェニックス計画」と答えました。

そこで、私は「フェニックス」について書くことにしました。私は、CIA長官を務め、フェニックスと密接な関係にあったウィリアム・コルビーに『タクロバン』のコピーを送りました。コルビーは『タクロバン』を読み、気に入ったようです。彼の反応は、「ベトナムで何が起こったかを理解するための基礎ができたね」というものでした。私たちは2回インタビューを行い、フェニックス計画の一端に関わったCIAの高官を何人か紹介されました。

それは私にとって信じられないほど目から鱗の出来事でした。そのあたりのことは『フェニックス・プログラム』に書きました。

ベトナムでCIAを調査する過程で、ビルマ、タイ、ラオスのゴールデン・トライアングル地域から大量の麻薬が流れていることを知りました。このネットワークは、第二次世界大戦後、CIAがビルマに国民党軍を設置したことに始まります。国民党は、1947年に共産党に中国を追われた国民党系中国人の与党です。

CIAは、国民党の中国人が1947年に台湾で約3万人の人々を虐殺するのを見守っていました。国民党は中国を再征服するという幻想を抱いていました。CIAはその幻想に乗じ、ビルマに国民党軍を設立し、中国を攻撃するのに利用しました。同時にCIAは、麻薬密売に手を染めていたタイ政府と共謀していました。アヘン密売はタイでは嫌われ者であり、マスコミはほとんど関心を示しませんでした。

1960年代には、CIAはラオスに秘密軍隊を持ち、モン族のリーダーであるバン・パオの下でアヘンを栽培し、CIAの多大な援助を受けて自給自足をしていました。モン族はラオスの支配者である民族から見下されており、CIAが保護したヘロイン処理事業を営んでいた。CIAはモン族とラオス族を、ちょうどニューヨーク郊外のノミ屋を取り仕切る警察やマフィアと同じように動かしていたのです。

ビルマの国民党軍のアヘンは、ラオスのホウエイサイにキャラバンで運ばれた。ホウエイサイはCIAの118A基地ナムユーの隣にあり、ホウエイサイからマフィアと連携する台湾の仲買人に空輸されたのです。モン族のアヘンは、ビエンチャンでヘロインに変換されました。CIAはこの作戦をコントロールし、ヘロインとアヘンの一部がサイゴンに届くようにしました。ベトナムの将軍たちは、軍閥のようにさまざまな地方を支配していました。CIAは、この将軍たちに麻薬が行き渡るようにしました。彼らはそれぞれ流通のフランチャイズを持っていて、自分の地域で麻薬を売って莫大な利益を得ていました。だからこそ、彼らはアメリカの政策を支持し、CIAに自由裁量権を与えたのです。

1960年代後半には、麻薬のほとんどがアメリカ兵の手に渡っていました。1970年になると、ニクソン政権は、何千人もの兵士が麻薬中毒者であり、この問題が戦争の行方に影響を及ぼしていることを認識するようになりました。退役軍人が麻薬中毒になったままアメリカに帰国し、CIAがそのすべてを引き受けていたのです。

私は、アメリカの麻薬取締局が、アメリカ兵が麻薬中毒になり、CIAのおかげで大量の麻薬がアメリカに流入しているという事実にどのように対処したのかに興味がありました。DEAはこのCIAの麻薬密輸作戦に関与しているはずで、私はそれに関する本を書こうと決心しました。

次の2冊の本、『The Strength of the Wolf』と『The Strength of the Pack』は、CIAが米国の法執行機関内で育てた腐敗に焦点を当てたものです3。私は捜査官へのインタビューを行い、多くの資料を提供した。4この本では、麻薬取締機関が、軽蔑される少数民族や、支配者が刑務所に入れたい人々、政治的権利を剥奪された人々に麻薬を供給していることも明らかにしています。私は、麻薬取締局がいかにして、適切な人々に麻薬を与えるという国家安全保障の機能を果たしているかを示しています。

この仕組みに不可欠なのは、CIAが組織犯罪と手を組むことです。暴力団は、麻薬捜査官にどのストリート・ディーラーに麻薬を供給しているかを教える代わりに、大都市の麻薬を輸入し、流通させることを許可されます。ギャングたちは情報提供によって金持ちになり、CIAが用済みになると、ベトナムの将軍のように捨てられるのです。

ドーソン

もっともらしい反証の話をしましょう。

ヴァレンタイン

CIAは否定できないことは何もしません。トム・ドナヒューというCIAの上級士官が教えてくれました。コルビーがドノヒューを紹介してくれましたが、彼はとても積極的でした。コルビーが紹介してくれた人たちの中には、自分の話をする機会を望んでいる人もいました。酒場で自分の武勇伝を語るような連中でなければ、危険なことをする意味がありません、というわけだ。彼らは私を、自分たちを英雄として記念するチャンスだと考えていました。しかし、その過程で、彼らはCIAの仕組み、つまり情報源はともかく、少なくともその方法について少し説明する必要がありました。

ドノヒューはその典型的な例でした。彼はコロンビア大学で比較宗教学を専攻し、象徴的変容を理解していました。彼はクック・カウンティーの政治家であり、第二次世界大戦後、冷戦を「成長産業」と考えてCIAに入局した。CIAの末期にはフィリピン支局長を務め、私が話を聞いたときには、フィリピンの元国防相とビジネスをしていました。彼は自分の人脈を有効に使っていたのです。上級官僚の汚職はこうして行われるのです。

ドナヒューによれば、CIAは2つの基準を満たさない限り、何もしません。第一の基準は「諜報活動の可能性」です。政府を転覆させる方法とか、役人を脅迫する方法とか、報告書の隠し場所とか、諜報員を国境を越えさせる方法とかがわかるかもしれません。婉曲的に言えば、「諜報活動の可能性」とは、それがCIAにとって何らかの役に立つということです。第二の基準は、それを否定できることです。否定できる方法を見つけられなければ、それを実行することはないでしょう。

CIAが行うことはほとんど否定できます。それは議会の任務の一部です。議会はCIAの犯罪行為について責任を負いたくありません。事故や内部告発を除いて、CIAのやることが公になるのは、議会や大統領がCIAがやっていることを人々に知らせることが宣伝上役に立つと考えたときだけです。

拷問はその良い例です。9.11以降、イラク侵攻まで、アメリカ国民は復讐を望んでいました。イスラム教徒の血が流れるのを見たかったのです。そこでブッシュ政権は、自分たちが悪人を拷問していることをリークしたのです。彼らはそれを「尋問の強化」と呼んでごまかしましたが、誰もが象徴的に理解していたのです。

ドーソン

彼らは4年間も人々を拷問していたかもしれません。

ヴァレンタイン

彼らは常に人々を拷問してきました。奴隷制度を見てください。アメリカではボスがそれを隠蔽しています。それは私が最初に話したことに戻ります。トーマス・ジェファーソンのモンティチェロ邸を訪ねても、奴隷宿舎を見ることはできません。ホテル・タクロバンのように隠蔽されているのです。しかし、残念なことに、多くの人はそのような状態を好み、知らないことを好みます。みんなが手をつないでペプシを飲めば世界は平和になる、というようなハッピーな決まり文句が書かれたポスターの方がいいのです。他の広告と同様、プロパガンダは情報を与えるのではなく、欺くためのものです。しかし、事実を直視した方がいいです。

フェニックスについて調べているうちに、CIAが麻薬取引に関与していることを知りました。また、ベトナム戦争が終結する頃、CIAはラオスやベトナムに駐在する将校の数を減らし始めていることも知りました。ベトナム戦争が終結すると、CIAはラオスやベトナムに駐在する将校の数を減らし始め、事態をコントロールできるようになったと考えて、将校たちの新しい居場所を探していたのです。私は、100人以上の将校がBNDDとDEAに流されたことを発見しました。このリサイクルされたCIA職員は、フェニックスや関連プログラムに関与していました。私は、「なぜ彼らはDEAに入り、誰のために働いているのだろう」と疑問に思いました。

CIAの知り合いに、タリー・アカンポラという魅力的な男がいた。タリーは第2次世界大戦の退役軍人で、韓国でCIAの仕事を始め、結局キャリアの大半をCIAに引き抜かれた。ベトナムでは、1966年からグエン・ゴック・ローン将軍のアドバイザーを務めた。ローンは、1968年のテト攻勢でVCゲリラの頭を撃ったところを写真に撮られた人物として有名です。

アル・マッコイは、「ヘロインの政治学」の中で、ローンについて詳しく説明しています。ローンは、グエン・カオ・カイ空軍大将の副官であったとマッコイは説明します。1965年7月にカイが首相に任命されると、彼はローンを国家警察、軍事安全保障局、中央情報局のトップに任命した。ローンは、「都市ゲリラ戦に対抗するために組織的な腐敗を利用します」ことによって、キーの政治機構を確立し、管理した。汚職は諜報員への現金報酬の財源になりました。ローンは「汚職を体系化し、各機関がいくら集め、各将校がいくら私的に使い、何パーセントをカイの政治組織に回すかを規制した」5。

マッコイが指摘するように、「アヘン貿易は紛れもなく最も重要な不正な収入源だった」友人のタリーは1968年までローンのCIA顧問でしたCIAがキーの政治組織をグエン・バン・チエウ大統領に交代させるまで

タリーは1970年代初頭にCIA職員がDEAに流れ込んだ一人です詳細は省きますが、なぜ彼がそのような立場にあったのかを知ることは重要です。1958年から1965年まで、タリーはCIAのためにイタリアで働き、その間にローマに駐在します3人の連邦麻薬捜査官と親しくなりました。彼らは、連邦麻薬局(FBN)の捜査官でした。彼らはタリーと同じイタリア系アメリカ人で、ヨーロッパから中東にかけてマフィアとその仲間を摘発する仕事をしていました。

タリーは、FBN捜査官のチャーリー・シラグーザ、ハンク・マンフレディ、アンディ・タルタグリーノと親交を深めた。シラグーザはボスでした。彼はOSSに所属し、第二次世界大戦中にイタリアでジェームズ・ジーザス・アングルートンと働いていました。CIAの防諜責任者として、アングルトンはマフィアの人脈をシラグーザに頼るようになりました。CIAがどうして裏社会に手を伸ばし、マフィアに汚れ仕事をさせることができるのか(カストロ暗殺計画のように)不思議に思ったかもしれません。そう、CIAはしばしばチャーリー・シラグサのような法執行機関の幹部を通してそれを行うのです。

タリーによれば、アングルトンは「正午にメイシーズのウィンドウでシラグサの尻にキスした」そうです。

ハンク・マンフレディは第二次世界大戦中、陸軍CIDに所属していましたが、実はFBNに隠れて働いていたCIAの将校でありました。彼は1968年に心臓発作で倒れ、米国に戻るまでイタリアでキャリアを積んだ。その頃、FBNはBNDDとして改組されており、Andy Tartaglinoはその副局長の1人でありました。タルタグリノは、マンフレディをBNDDに入社させ、最初は検査官として、後に海外事業部のマネージャーとなるように仕向けました。

私がCIAとDEAの調査を始めた時、シラグーザとマンフレーディはもう生きていませんでしたが、タルタグリーノは生きていました。タリーに「CIAの麻薬取引への関与について知りたい」と言ったら、アンディのところに行かされた。

アンディは、1973年にDEAが設立されたとき、その事務局次長になりました。彼は、CIAが連邦法執行機関をいかに堕落させたかを最もよく知る人物の一人でした。つまり、アンディに会うことは、コルビーに会うようなもので、私はこれでDEAの最高レベルへの入り口を手に入れたことになります。

タリーは私をアンディのもとに送り、アンディは「よし、タリーの頼みとして話をしましょう。1年かけてできるだけ多くの人に話を聞いて、それからまた来てくれれば話を聞きます」と言われました。

そうしたら、驚くべきことがわかったんです。タルタグリーノは、1965年から1968年まで続いた汚職事件の捜査を指揮していたのです。その結果、32人の捜査官があらゆる犯罪を犯して辞職することになりました。27人の情報提供者が、FBNのエージェントによって殺害されたと言われています。捜査官の誰一人として、それらの殺人について起訴されませんでしたが、疑いのある捜査官たちは辞職させられました。4,5人の捜査官が他の犯罪で起訴され、1968年に麻薬局は財務省から司法省に移管されました。タルタグリノがニューヨークを中心とした汚職を調査した結果、他の機関と合併して麻薬・危険物局(BNDD)に改組されたのです。

メディアは外国の汚職の話をしたがるが、汚職を理解しようと思ったら、ニューヨークの犯罪と法執行機関の関係を勉強しなければなりません。シラグーザもマンフレディもアカンポラもニューヨークの出身です。私は郊外出身ですが、母とそのイタリア系アメリカ人の家族は市出身です。

フランク・セルピコは、1970年代前半にニューヨーク市警の汚職を暴いた警官です。彼は麻薬課の刑事でしたが、仲間の警官に顔を撃たれました。一命を取り留めた彼は、ナップ委員会に出向き、ニューヨーク市警の汚職の実態を明らかにしました。それはFBNで起こったことと関連していて、タルタグリーノはその調査にも参加していました。裁判官、検察官、政治家の間に横行する腐敗が明らかになりましたが、それもほとんど隠蔽されました。法執行機関の関係者は皆、汚職に依存しているので、子供を大学に行かせたり、郊外に引っ越したり、メキシコで休暇を過ごしたりすることができるのです。そうしなければ、十分な報酬を得られない。しかし、私は先走りすぎました。

ご存知のように、アヘンは1914年まで合法でした。議会がハリソン麻薬法を可決し、連邦政府はアヘンとコカインの規制を開始した。この法律は税収対策で、アヘンやカカオの葉をアメリカに輸入していた人たちは、輸入量を報告することで課税され、政府が儲かるようになったのです。アヘンやカカオの葉をアメリカに輸入している人たちは、輸入量を申告することで、課税され、政府が儲かるという仕組みになっていました。ですから、麻薬局が最初に財務省に設置されたのです。

数年のうちに、議会は、麻薬は法執行の対象とすべきであると決定しました。医師、製薬会社、医薬品メーカーに独占させ、それ以外の規制薬物を使用したり販売したりする者を刑務所に送るというものでした。麻薬取締局を設立し、中毒者とその供給者を探し出し、刑務所に入れるようにしたのです。麻薬捜査官には銃を持たせた。これは禁酒法時代のことで、禁酒法について知っている人なら誰でも、大量の酒が警察のバンで国内に運び込まれ、警官が浜辺に出て、船から荷揚げするギャングを守り、警察署長に最高のスコッチのボトルを持たせるようにしたことを知っているはずです。禁酒法は、アメリカの法執行機関の指示のもとに犯罪を組織化することを可能にした、議会の天才的な発明だったのです。

ドーソン

史上最大の闇市にしたんです。

ヴァレンタイン

突然、犯罪が石油産業と同じくらい大きな産業になったんです。メイヤー・ランスキーの有名な言葉にあるように、「私たちはゼネラルモーターズよりも大きいです!」というわけです。

ドーソン

ロシアで禁酒法が施行されたときと同じことが起こったんです。

ヴァレンタイン

需要は膨大でした。だから違法薬物はビジネス社会の大きな金儲けの一角を占めるようになり、酒やヤクを密輸する連中は政治的な力を持つようになったのです。ユダヤ系マフィアのアーノルド・ロスティーンのような人間が、アメリカのノミ屋経営のほとんどを資金援助していたんです。ロススタインはニューヨークの労働組合を恐喝していました。彼はカナダやヨーロッパ、アジアから船で入ってくる酒を支配していました。彼はアルコール密輸のインフラを持っていたので、麻薬も管理していました。東欧から上海まで、ユダヤ人ギャングのネットワークがありました。最初の国際的な麻薬密輸ネットワークは、差別によって密輸など特定の不法な職業に追いやられたユダヤ人たちで構成されていました。彼らはこのビジネスに押し出され、得意とした。

ロススタインの組織は1928年に終わりを告げた。彼が独占していたため、マフィアと若いユダヤ人マフィアのグループが怒ったからです。ラッキー・ルチアーノはマイヤー・ランスキーと手を組み、ロススタインを追い出し、彼の帝国を分割した。彼らは犯罪を法人化し、中国の国民党と取引を始めました6。それがオリジナルのシンジケートです。CIAができる前、アメリカ政府は国民党の中国人を保護していました。彼らは共産主義者と戦っていましたから。政府は国民党のアヘンやヘロインをメキシコやアメリカ西海岸に運ぶルートを保護し、これもマフィアが運営するこの麻薬密輸シンジケートにとって好都合でありました。

ルチアーノとランスキーは、全体主義的な企業モデルで犯罪を組織した。彼らは銀行を設立し、ペーパーカンパニーを作り、あらゆる段階で警官に金を払った。それが彼らのもっともらしい反証です。CIAは、第二次世界大戦中に、身分を偽り、密輸品を持って国境を越え、警官から逃れる専門知識を持つ麻薬密売人を何人か雇った。マフィアはまた、支配階級が自分たちの目的のために破壊し利用しようとする多くの組合を支配していました。軍とCIAが、ヴェルナー・フォン・ブラウンやラインハルト・ゲーレンといったナチスを大量にリサイクルし、第二次世界大戦後のソビエトとの秘密戦争に利用したことを考えれば、麻薬密売人を雇うことは大したことではありません。

ドーソン

彼らは権力も強化しました。バグジー・シーゲルに、ドンたちを蹴散らさせました。まさにシンジケート、ラ・コーザ・ノストラになったのです。おっしゃるとおり、本当の意味での企業組織になったのです。マフィアの力を統合したんです。

ヴァレンタイン

実際はラ・コーザ・ノストラとは呼ばれないと信じてくれそれはFBIの発明です。1963年の議会公聴会でFBIがジョー・ヴァラキに紹介するように言うまで、誰もそのフレーズを聞いたことがなかったんです。ラ・コーザ・ノストラは「私たちのもの」という意味です。これが「ラ・コーザ・ノストラ」の直訳です。

「われらのもの」

腐敗がどのように進化していくかを説明してみる。ロススタインが暗殺されたとき、警察は彼の事務所に駆け付けた。彼はパークセントラルホテルのスイートルームに住んでいたが別の場所にオフィスを持っていました残念なことに、誰かが先に着いてロススタインの会計帳簿を奪ってしまいました。それが殺された理由の一つかもしれません?とにかく、ニューヨークでは誰もが彼の給料をもらっていたので、パニックが起こった。共和党はタマンニ民主党員を追って調査を開始した。共和党員は「対立候補はロススタインの給与支払者」と言い、ここにその文書があります。

結局は共和党にも行き着いた。スキャンダルは、ニューヨークの連邦麻薬捜査官のトップ、そして1920年に国税庁禁酒法部門の麻薬課の責任者に任命されたレヴィ・ナット大佐にまでさかのぼります。禁酒法部門は悪名高く腐敗していました。財務省にあり、レヴィ・ナットはその麻薬課の責任者であり、その捜査官は禁酒法捜査官よりも腐敗していることで有名でありました。ロススタインの捜査は、結局、麻薬捜査官レヴィ・ナットの義理の息子がロススタインの税理士であることが判明した。

村の警官がパンのトラックの荷台にマフィアのフードを乗せてナンバーズ・ラケットを走らせるのは、Corruption 101だ。麻薬課長の娘婿が世界最大の麻薬密輸業者のために確定申告書を書くというのは博士レベルのコースですある麻薬捜査官は、40年代から50年代にかけて、シカゴで行われた麻薬取引で、警察を通さず政治家に渡ったものはなかったと語っています。現在もそうです。ただし、偽装が上手になりました。CIAの500億ドルの予算を隠すことができるようになったのです。国民を騙すのも上手です。ですから、自分を食い物にしている連中を、自分の保護者が相手にしているとは、夢にも思わないでしょう。しかし、これは事実であり、犯罪と法執行機関との間の融和が、このシステムを支えているのです。

彼らの最も悪質な犯罪は、歴史の組織的改ざんです。最初は諜報員の報告書の水増しだったものが、それらの報告書がすべて集まると、警官や兵士やCIA諜報員が英雄であるという神話になるのです。

FBNエージェントのフランキー・ウォーターズが私に説明してくれました。「私の才能の一つは法廷で証言することでした」とウォーターズは言いました。「最初は怖かったけど、何度かやっているうちに好きなことだと気づいたんです、自分についての壮大な考えをかき立てるからね。そして、私はそれが得意だった。シカゴで起きた事件について証言することができたんだ!」ウォーターズは、にっこり笑った。「ピンチヒッターと呼ばれてね」

特に、20人もの捜査官が関与する大きな事件では、うまく証言できない捜査官がいても問題ないと、ウォーターズは付け加えました。「例えば、ジョー・ブロー捜査官が、陪審員が事件を理解する上で最も重要な証拠となるメモを押収したとします。ジョーは優秀な捜査官ですが、人前で話すとなると固まってしまいます。1ブロック先にいるのは、口達者な彼のパートナー。私はケース・エージェントで、二人がメモを提出する相手です。私が最終報告書を書くとき、誰がメモを押さえたと思います?」

ウォーターズは、組織的な報告書の改ざんを正当化する方法として、悪人を捕まえるために規則を曲げなければならない熟練捜査官の神話を呼び起こした。そして、「もっと大きな視野で見なければなりません」と強調した。「正義が勝つのは、偶然の産物であるように思えた。正義が勝つのは偶然のようでした。一方では、道徳的な理由や無能であることを理由に裁判を起こせない評論家たちがいた。犯罪者たちが私たちを圧倒できないのは、私たちのチンピラ部隊に逃げられたら、彼らの周辺が一掃されると知っていたからです」

予算を管理する政治家に成功を見せるために、あらゆる官僚機構のトップ・マネージャーは、虚構の報告に頼ります。規則を曲げる必要性など、本質的な虚構は新人捜査官に教えられます。諜報員が昇進するためには、それを丸暗記しなければなりません。時間が経つにつれ、諜報員はその虚構を信じるようになり、社会とその中での自分の役割に関するすべての誤った思い込みを強化します。例えば、FBNの黒人捜査官は、白人を監督することが許されませんでした。上司は、黒人は十分な文章を書けません、報告書の中で白人至上主義という虚構に従わないからです、と言いました。

1968年まで、FBNで黒人のエージェントがグループリーダーになることはありませんでした。この組織は、一般的なアメリカ社会と、特にそのセキュリティサービスのように、白人優位性を福音として受け入れ、その福音を強制的に信じることで、組織のトップにいる政治幹部が、共産中国人が心理戦の一種としてアメリカ人に麻薬を押し付けているという神話や、マリファナはヘロインと同じくらい危険だという神話のような他の神話を広める道を開いていたのです。

最も重要な虚構は、国家安全保障を維持するために秘密が必要だというものです。時折、それは真実ですが、役人が汚職や犯罪を隠すために秘密を利用することの方がはるかに多いのです。

ですから、レヴィ・ナットはバッファローに飛ばされ、ニューヨーク州北部で罪のない仕事を与えられた。そして、政治のボスはハリー・アンスリンガーを雇い、1930年にできた麻薬局を運営させることにしました。

アンスリンガーは、FBNができたときにその長官となりました。彼の仕事は汚職を一掃することで、その方法のひとつが検査員の制限でした。FBNには全国に約300人のエージェントがいましたが、Anslingerはミシシッピ川以東のエージェントとそれ以西のエージェントのために、2人のインスペクターだけをスタッフに置きました。定期的に列車に乗り込み、全国の事務所を訪問し、誰も汚職をしていることが新聞に暴露されていないことを確認したのです。明らかに腐敗は進んでいた。

私は、1930年代後半にFBNに所属していたエージェントたちに会いました。私がインタビューしたFBN諜報員のほとんどは、第二次世界大戦後に入隊した人たちでした。彼らはAndy Tartaglinoが私に紹介してくれた人たちで、物事の本当の仕組みを知っている古い捜査官たちです。もし詳細を知りたければ、私の著書『狼の力』と『群れの力』を読んでください。

しかし、タルタグリーノが私に紹介したのは、腐敗を根絶するために彼と一緒に働いてきました「真っ当な」捜査官たちだけでした。私はすぐに、それでは話が通じないことに気づきました。しかし、タルタグリーノとその一派を通じて、汚職捜査官が誰であるかを知っていたので、彼らのところへ行き、取引を持ちかけました。フランキー・ウォーターズが話していました「事件を起こします」捜査官とは、マフィアとそのフランス人脈を崩壊させた人たちのことです7。この人たちには恐れも倫理もなく、だから最初の本が『狼の力』と呼ばれているのです。

私は、この10人ほどのエージェントたちのところに行って、私がやりたいことを個別に話しました。父とパンのトラックの話、CIAについて知っていることを話しました。殺人や犯罪に巻き込まないと約束しました。それに基づいて、彼らは私と話すことに同意しました。どのように事件を起こすかについて話してくれました。彼らの視点から状況を理解したいなら本を読んでください。1時間では説明しきれません。しかし、要約してみましょう。

麻薬捜査官は挑発者です。彼らは一連の潜入捜査を仕掛けて「犯罪を作り出す」のですが、それは主に、捜査官が逮捕した人物に麻薬を売買して報酬を得る情報提供者を通じて行います。最高の潜入捜査官は、ヘロインを注射して、中毒者や密売人を装うことができます。この人たちは何でもやるんです。しかし、彼らは情報提供者にヘロインを提供する必要がありました。捜査官は中毒者を治すのではなく情報提供者として中毒者を使い、その中毒を維持しながら、供給者への「出世街道」を歩むことが目的でした。ですから、捜査官はヘロインの供給者になりました。彼らは、基本的なレベルでは、この問題の重要な一部となりました。そして、それは現在も同じですが、より大規模になりました。

エージェントは、公式・非公式両方の立場で、違法な麻薬ビジネスを行っているのです8。

旧FBN内では、ある程度の違法薬物の流通が公式に許されていました。しかし、その裏では、事件を起こす捜査官たちが競って事件を起こしていました。ニューヨークには5つの捜査官グループがあり、1つのグループに10人くらいの捜査官がいて、彼らは皆、いつまでもストリート捜査官でなくてもいいように、昇進してボスになれるようにと努力していたのです。理想は、野心的な捜査官が、マフィアのメンバーについて大きな事件を起こせるような情報提供者にひっかかることです。そうすれば、成功は約束されたようなものです。しかし、競争は激しく、あるグループの野心的な捜査官が、他の捜査官の情報提供者を麻薬取引でわざと逮捕することもありました。ある事件屋が別の事件屋を陥れる、今度は狼同士の生死をかけた争いが起こります。

こうして情報屋が殺されていくんです。捜査官たちはお互いの情報提供者をぶつけ合うようになり、そしてお互いにぶつけ合うようになりました。殺し合いをしたんです。アンディ・タルタグリーノを怒らせたのは、捜査官が他の捜査官に「ホットショット」を与えていたことです。誰かのビールにヘロインを入れたり、その人を縛り付けてヘロインを注射して殺したりするんです。そんなこともあったんです。そういうレベルの腐敗が、麻薬取締局には蔓延していたわけです。中央集権的なコントロールがなければ、ホッブズ戦争と同じです。

大きな事件を起こすためには、事件を起こす捜査官が非公式にヘロインを入手する必要がありました。彼らは大物ディーラーがどこに隠しているかを知っていたので、アパートに忍び込み、麻薬を盗むのです。そして、その麻薬を裁断し、情報提供者を通じて転売し、利益を分配し、さらに事件を起こします。捕まらなければ、昇進してボスになります。

捜査官たちは女性をレイプしていました。中毒者の情報提供者の多くは売春婦で、腐敗した捜査官は刑務所に入るのを避けるために、彼女らにセックスを強要していました。捜査官たちは、浮き輪やギャンブラーから金を盗んでいた。彼らは右往左往してみんなから金を巻き上げていました。彼らは人々を殺害していたのです。ですからFBNは1968年に解散し、司法省のBNDDとして再編成されたんです。

BNDDの長官には、ノースカロライナ州シャーロット警察署長だったジョン・インガーソルが就任した。ジョンソン政権は、彼に汚職撲滅を課し、インガーソルはまず、CIA長官のリチャード・ヘルムスに助けを求めました。インガソルはヘルムスに、BNDDの上級管理職はほとんどが元FBN捜査官で、まだ汚職にまみれていることを告げました。BNDDには16の地域事務所があり、そのほとんどを元FBNエージェントが率いていました。インガソールは、彼らがこの新しい組織全体に汚職を蔓延させていることを心配していました。

ヘルムスはこの状況を利用した。彼は連邦薬物法の執行を引き継ぎたかったので、表向きは腐敗したボスを調査するためにCIAの一団をBNDDに潜り込ませたのです。このことは、1975年のロックフェラー委員会の報告書に、CIAの違法な国内活動として記載されました。この報告書は2ページを割いており、一読の価値があります。

私はそれについて「二重作戦」と呼ばれる記事を書きました9。CIAはBNDDに20人ほどの職員を潜入させた。彼ら一人一人に、ある地域での仕事が与えられました。彼らは地域のボスの近くに配置され、彼をスパイするように言われた。インガーソルはCIAが自分に好意を持ってくれていると思っていましたが、それはとてもナイーブなことでした。なぜなら、CIAはこの秘密プログラムを自分たちの邪悪な目的のために使っていたからです。古い格言で、ラクダがテントの中に鼻を入れると、すぐにラクダ全体がテントの中に入ってしまうというのをご存じでしょう。CIAはすぐにBNDDのある面を引き継ぐことになったのです。

1970年当時、アル・マッコイのような人物が、東南アジアにおけるCIAの麻薬取引に気づき始めていました。CIAはベトナムで麻薬密輸を守らなければ、戦争に負ける恐れがありました。50年代、60年代とは違っていました。プレス関係者は世界中を飛び回っていました。船で移動することもなくなりました。通信速度も速くなり、今まで知らなかったことがわかるようになりました。突然、CIAが20年間やってきたとんでもないことが暴かれる危険があったのです。20年間、CIAは各国の犯罪組織と手を組み、かつての麻薬捜査官と同じように、犯罪を作り出し、それを隠蔽してきたのです。

そのため、CIAは連邦麻薬取締局を徴発しようとした。そこでCIAは、「オペレーション・トゥーフォールド」と称して、BNDDの検査官と情報部門に潜入した。BNDDの特殊作戦室を創設し、人員を配置した。BNDDの対外活動部門と経営管理部門を引き継ぎ、現在もDEAの中で運営されています。

ドーソン

アメリカはアフガニスタンからアヘンを入手していたんですか?

ヴァレンタイン

米国がアフガニスタンの麻薬法執行を引き継いだとき、アヘンの生産量が劇的に増加しました。突然、アフガニスタンのヘロインがアメリカやヨーロッパに溢れ出したんです。今もそうです。アヘン将軍がCIAに雇われていることを除けば、偶然の一致と言えるでしょう。DEAはアフガニスタンに600人の捜査官を送り込み、誰にも知られないようにしています。

ドーソン

金の流れを明らかにするのは重要です個人的な利益以上のものです。彼らは麻薬から得た闇資金で他の悪事を働き、レンタルテロ集団の支援をしているのです。

ヴァレンタイン

CIAは米国で最も腐敗した影響力を持っています。DEAを腐敗させたのと同じように税関を腐敗させました。国務省や軍も腐敗させます。市民団体やメディアに潜入し、その違法な活動が一切露見しないようにしています。多くのCIA職員は、連邦麻薬捜査官を装ってキャリアを積んできました。

ドーソン

彼らはカルテルの経営陣なんです。

ヴァレンタイン

ゲイリー・ウェブストーリーで語られていない部分だDEAは一体どこにいた?DEAはCIAの売人が事件に巻き込まれないようにしてたんです麻薬が黒人やラテンアメリカに流れるようにしてるんです国家安全保障局の最も重大な秘密ですそれを暴露したことがウェッブの問題になったのであって、彼の報道が多少不正確だったということではありません。

メディアの仕事は、それが議会であれ、法執行機関であれ、CIAであれ、腐敗に関する記事を葬り去ることです。虚構の脚本に固執し、物事がどのように組織され、どのように運営されているかについての偽情報を広めるのです。フランキー・ウォーターズがFBNグループのリーダーの報告書の書き方を説明したように、彼らはある方法でストーリーを伝えることによってそれを行います。DEAには広報部門があり、クリエイティブなライターが働いていて、悪いことは除外して、ボスが知ってほしいことだけを伝えます。メディアはDEAとCIAの広報担当者の言うことを鵜呑みにします。しかし、それは大きな嘘であり、蔓延しています。

保護記事

限定公開・管理用

第23章 テロリズムとしてのプロパガンダ

インタビュアーのコメント

著者のダグラス・ヴァレンタイン氏は、米国は国際的な義務を一切守らず、シリアに対する戦争の要請は国際法および国連憲章に違反していると言います。

「米国は約50カ国に軍事攻撃をすると脅しています。左右の戦争屋は、アメリカが「例外的」な国家であるという理由で、この権利を主張しています。つまり、アメリカはあらゆる法律の例外であるということです。アメリカは世界の警察官であり、警察官は法律を守るのではなく、他者に法律を強制しているのです」と、ダグラス・ヴァレンタイン氏はファース通信との独占インタビューで語りました。

以下は、現在進行中のシリア危機とそれに対する米国の戦争の脅威に関する、2013年10月のFNAによるヴァレンタイン氏へのインタビューのテキストです。インタビューは更新されていますが、一般的な概要としての意味であり、すべての出来事を包括的にレビューしているわけではありません。

クーロッシュ・ジアバリ

このところ、シリアに対する米国の戦争レトリックが大きくクローズアップされており、シリアの化学兵器を国連のセーフガード下に置くという米露の合意(および2016年9月にケリー国務長官とロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が取り決めた停戦合意)にもかかわらず、米国議会と政権の一部の過激派ネオコンはシリアへの軍事攻撃を求め続けています。(実際、9月17日から18日にかけて、米英軍は米国やイスラエルが支援するISIS軍に対するシリア軍のcessを空爆し、停戦合意を弱体化させようとしました)。なぜ米国はタカ派的な政策に固執するのでしょうか。アフガニスタン、イラク、リビアでの軍事的冒険から教訓を得なかったのでしょうか。

ヴァレンタイン

アメリカの最大の強みは、膨大な軍事力と諜報活動です。これこそが、アメリカを世界の支配的な大国にしているのであって、外交団は、主に付和雷同の役割を担っているのではありません。アメリカ人は、その軍事力、数々の戦争、そして名誉ある戦没者に共感し、それを称えます。過激派のネオコンは、アメリカのこの戦闘的な倫理観に最も関連するグループでしたが、タカ派のヒラリー・クリントン率いる民主党も同じ倫理観を採用しています。徹底的に洗脳されたアメリカ国民の支持を得るために、この戦争利得者の保護グループは、自分たちを軍隊に象徴されるアメリカの威信の守護者として描き、その結果、軍隊は常に英雄視されるのです。

軍隊の側からは、常に行動を求める傾向があります。それは、利益を上げるために弾薬を消費し、常に新しい武器を開発する必要があるアメリカの兵器産業における財政的支援者や将来の雇い主に配慮することを強く望んでのことです。常に声の大きい例外はありますが、この政策は何世代にもわたって実施されており、空母艦隊のように特定のコースで前進しているため、微調整することはできてもコースを外れることはありません。

もちろん、もっと複雑です。多くのアメリカ人が抱いている、自分たちは「例外的」であり、「アメリカン・ウェイ」に敵対する世界を鉄拳で支配する運命にあるという意識など、アメリカ文化の力学も考慮しなければなりません。ドナルド・トランプは、この「被害者としてのアメリカ」という妄想を大衆的に表現したものです。それは、アメリカがその集団的な「影」を「他者」に投影することを可能にする「魂の嘘」です。

このことは、何十年も前から認識されていました。1967年4月4日、キング牧師はリバーサイド教会で、有名な「ベトナムを越えて」という演説を行いました。キング牧師は、「ベトナム戦争と私や他の人々がアメリカで繰り広げている闘いとの間に、非常に明白で、ほとんど安易なつながりがある」ことを挙げ、「さらに深いレベルの意識」に移ったのだと言いました。その中で彼は、「今日世界で最も大きな暴力の提供者である自分自身の政府にまず明確に語りかけなければ、ゲトーで虐げられる人々の暴力に対して再び声を上げることはできない」と悟ったのです。

自国の政府に対してです。

FBI、軍情報部、地元警察の24時間体制の監視下にありながら、マフィアと南部の人種差別主義者の一団から金を受け取った小悪党、「単独犯」によって暗殺されたとされています。

1970年5月7日、英国の著名な歴史家アーノルド・トインビーは、ニューヨーク・タイムズ紙で次のように述べ、自らの命を危険にさらしました。

「全世界にとって、CIAはアメリカにとっての共産主義のような厄介者になっている。トラブル、暴力、苦しみ、悲劇があると、われわれはすぐにCIAの仕業と疑うようになった」トインビーは、ヘンリー・キッシンジャーのカンボジアへの野蛮な侵攻に反応していました。トインビーはこう続けました。「実際、世界の目にはアメリカとロシアの役割が逆転して映っています。アメリカは世界の悪夢と化したのだ」

いわゆる左翼と呼ばれる人々でさえ、アメリカはソ連と生死をかけた戦いにあると信じていました。この冷戦は、主に第三世界において戦われましたが、アメリカはヨーロッパにおいても、経済的利益を脅かす産業国家が現れないように、あらゆる種類の秘密の政治的行動をとっていたのです。アメリカ人は、自分たちがアフリカの「全体主義」共産主義と戦っていると信じていましたが、実際には、資本主義エリートが、国内の発展に有利な新興国のナショナリズムと独立した経済政策を抑圧していたのです。私たちは彼らの富と資源を盗んでいたのですが、それは国民を納得させる方法で行わなければなりませんでした。そこで、この仕事はCIAに委ねられました。CIAは、加担するメディアに覆われながら、今もなお、そしてより強力に、アメリカ人の精神の暗部、強欲な側面を投影する存在として影で活動しています。

1979年にイランで「原理主義者」が台頭し、その10年後にソビエト連邦が崩壊すると、アメリカの支配エリートはアメリカ人のエネルギーを共産主義や社会主義の国々からイスラム諸国へと振り向けることができるようになりました。

イスラムに対する聖なる十字軍とそれに伴うアメリカを覆う憎悪の波は、ブッシュ政権の特別計画室のリチャード・ペールと親イスラエルのネオコンの一団が、9・11以降、CIAの宣伝機関であるマイティ・ウーリッツァーを掌握したときに始まいました(第20章を参照)。彼らは、イスラエルがパレスチナの土地を占有する能力を確保し、ロシアとイランが中東で影響力を行使するのを阻止するために、新植民地帝国主義の条件を作り出したのです。イスラエル・ロビーやその他のイデオロギーに同調する組織の支援を受け、慎重に組織されたプロパガンダ・キャンペーンを通じて、彼らはアメリカ国民を訓練し、トランプが声高に歌っている歌を好きにさせました。

イスラム教徒とメキシコ系移民を禁止せよこの「他者」に対する帰化主義者の呼びかけは、平等を求める闘争がいまだに多くのアメリカ人に恨まれている黒人アメリカ人を包含しています。キング牧師が公民権運動をアメリカの主流政治に持ち込んでから60年、黒人はいまだに警官に銃殺され、隔離されたコミュニティに閉じこめられています。

その憎悪は直感的で、どこにでもあります。トランプは、アメリカの中に埋め込まれた人種差別を象徴しています。アメリカを再び偉大にするということは、アメリカを再び白人にするということです。人種差別主義者たちはそれを誇りにしています。個人がアメリカをリードするためには、この至上主義的な「力こそ正義」の倫理を代表する必要があります。これは、私が空母艦隊を連想した際に言及した、不可逆的な戦略方針の一部であり、米国の国家安全保障は白人至上主義と同一視されています。これからもそうでしょう。

戦略全体が、嘘と欺瞞とダブルスタンダードに包まれているのです。2015年5月のダートマス大学での講演で、ヒラリー・クリントンはイランをイスラエルにとって「存立」の脅威と定義し、イスラエルの保護が必要なら大統領として喜んでイランを「消滅」させると約束しました。イランには核兵器がなく、イスラエルには200発の核兵器があり、コリン・パウエル元国務長官が指摘したように、そのすべてがイランに向けられているという事実にもかかわらず、彼女はこの発言をしたのです。これが存亡の危機でないなら、何もありません。

クリントンは、核兵器だけでなく、クラスター爆弾や毒物も使用する意志を表明しています。彼女はまた、ブッシュの「先制攻撃」政策の支持者です。国務長官として、彼女はリビアを破壊し、シリアに同じことをしないオバマを非難することで、その過激さを証明しました。彼女は実に悪辣ですが、それこそがアメリカ人がリーダーに求めるものなのです。

一例を挙げましょう。最近、歯のクリーニングをしてもらっているとき、衛生士に息子さんはどうしているのかと尋ねました。空軍でサウジアラビアの戦闘機を修理しているそうです。それについてどう思うか聞いてみました。彼女は何のためらいも自覚もなく、「ここで殺される前に、向こうで殺したほうがいいです」と言いました。

彼女は一般的な感情を代弁しています。ごく少数の賢明な人々だけが、この問題を認識しています。そして、彼らは金持ちの政治エリートが、CIAが引き起こすあらゆる問題に対して軍事的解決策を求めるのを阻止することができないのです。闊達な指導者たちが好んで宣言するように、彼らは世界を支配しており、誰もそれについてできることはないのです。

プーチン大統領がニューヨーク・タイムズ紙の論説で述べたように、アメリカのエリートは、欲しいものを手に入れるために、ますます武力に頼るようになっています。そして、その目的は、権力を主張し、世界の他のすべての国々を支配することです。政治エリートは、イスラエル・ロビーや兵器産業といった財政的支援者にも配慮しなければなりません。確かにアメリカには、様々な国から外圧がかかっています。しかし、いわゆる左翼のほとんどは同化しており、ウルトラと同様にこれらの至上主義的な目的のために献身しています。これらの目的の達成は、彼らの優越感を正当化し、彼らの繁栄を可能にするからです。

この観点から見ると、イラク、リビア、アフガニスタン、ソマリア、スーダン、シリアでの戦争はうまくいっていることになります。アメリカは、教育、医療、水処理、電気、郵便、裁判所などのインフラストラクチャーにおいて、これらの国々が成し遂げた重要な進歩を破壊してしまったのです。敵対します」国の人々の生活水準を下げることで、アメリカの支配階級は自らを強化し、アメリカ国民の安全と威信を確保したと主張します。時には、その犯罪行為が「人道的」であり、破壊した国の人々を解放するためのものであると、国民を納得させることさえできます。

ジアバリ

ここ数日、特に米国が化学兵器に関するロシアとの合意を受けてシリア攻撃の計画を破棄した後(2013年9月のこと)、シリアの危機を解決し、3年近く続いたアラブの内戦を終わらせるためにイランが果たす役割に注目が集まっています。米国はこれまで、シリアに関する包括的な国際協議にイランを加えることを拒否してきましたが、米国の新聞やテレビの多くは、シリアのジレンマを解決するための協議にイランが加わる必要があることを示唆しています。シリアの暴力と不安を終わらせるためにイランが果たせる役割について、どのような見解をお持ちですか。

ヴァレンタイン

米国は、シリアを不安定にし、アサドを追放する計画を捨てていません。今後もそうでしょう。ロシアが仲裁に入り、ISISを攻撃し始めたことで、方程式は変わりました。その結果、2016年初頭には、イランをはじめとする地域のプレーヤーが発言力を持つ、微妙な停戦が実現しました。しかし、オバマはその時点でレームダックになっており、ジョン・ケリーは、この地域におけるロシアの影響力を決して受け入れない凝り固まった国家安全保障機構から、店を譲り渡すと見られていたので、これは無駄な行為だっました。ロシアは依然としてISISを攻撃し、CIAとアメリカの顧客であるアラブ諸国は依然として反アサド勢力を武装し支援していました。最終的に米軍は、新政権が控えているときにやりがちなように、自分たちの手で問題を解決し、シリア軍を空爆し、何十人もを殺傷しました。

いつもそうであるように、アメリカのプロパガンダマシンはこのテロ攻撃を「間違い」と位置づけましたが、結果がそれを物語っています。アメリカの国家安全保障機構は国際法に従わず、何の影響もなく、それが政策であると認めることなく、望むだけ多くの人々を殺す権利を留保しています。

とは言うものの、私はイランの支配エリートの計画や戦略を知りません。その計画や戦略を決定する上で、相反する勢力が存在するのでしょう。イランはロシアと同様にアサドを公然と支持し、CIA、イスラエル、ヨルダン、トルコ、サウジアラビアから訓練と資金提供を受けた外国人傭兵が多い反乱軍を倒す手助けをしようとしている、と私は理解しています。イランは、直接的な交渉、間接的な交渉、あるいは交渉がない場合でも、できる限り自らの意思を押し通すと推測されます。

ケリー氏の停戦を妨害したことからも、国家安全保障機構が危機打開の交渉に応じないことは明らかです。イスラエルを防衛し、人種差別的で拡張主義的な政策を実現するための長期的な戦略の一環として、この危機を作り出し、一方でこの地域の資源を食い尽くし、ロシアの影響力に対抗しているのです。アメリカはシリアの主権を認めておらず、秘密行動やシリアを攻撃する傭兵部隊への支援を通じて、何年も主権を侵してきました。

イランは、シリアの運命をめぐる交渉に公式に参加するべきでしょう。しかし、歴史が示すように、アメリカは信頼できない交渉相手です。アメリカの国家安全保障担当者や政治家の中には、イランの交渉参加を受け入れる者もいるかもしれませんが、それは粉飾やより秘密裏に行われる政治的行為の隠れ蓑に過ぎません。トランプ氏がどうするかはわかりませんが、国家安全保障機構の捕虜になることは間違いないでしょう。

ヒラリー・クリントンがイランと正直に取引せず、シリアをパレスチナ人の住む地獄と同じ状態にする取引しか受け入れないことは分かっています。トランプはこれ以上難民を増やしたくないと言いましたが、クリントンはシリアの政権交代を求め続けています。彼女の政策は、シリア難民がヨーロッパに流れ込む状況を作り出し、その結果、ヨーロッパの特定の国々は不安定化し、シリアはもはやゴラン高原をかなり併合したイスラエルに脅威を与えなくなったのです。オバマとケリー国務長官は疎外され、シリアはヒラリー・クリントンが反乱を始めたときの意図通り、完全に不安定化しました。

私たちは、アメリカとイランが合意に達するのを見ました。イランは核兵器プログラムを放棄することに同意し、アメリカはその見返りとして、クリントンが脅したようにイランを「消滅」させないことに同意したのです。しかし、イランはまだシリアの分割に同意しておらず、古い合意は一掃される可能性があります。そのために、米国とその地域の同盟国は、秘密行動を続け、イランに対する制裁を維持し、トランプまたはクリントンの下でウルトラに、何らかの形でイランを攻撃する「青信号」を与えるような反応を引き起こすことを期待しているのです。

アメリカのエリートは、イランを主権国家とは考えていないことを忘れてはなりません。1953年にCIAがクーデターを起こして国王を就任させてから、1979年に学生、左翼、イスラム教徒が彼を放り出すまで、アメリカの植民地だったのです。しかし、アメリカの国家安全保障機構は、その威信に対する打撃を許していません。先に述べたように、威信とはあらゆる政策決定のためのあいまいな尺度です。同じ理由で、米国はロシアを許さないでしょう。イランをメキシコに一時的に逃れた奴隷のような植民地とまだ考えています。アメリカはかつての植民地と誠実に交渉することはありませんから、交渉に何の意味があるのでしょうか。

ジアバリ

サウジアラビア、イスラエル、ヨルダン、カタールがダマスカスや他のシリアの都市で反政府勢力に化学兵器や不正な材料を供給することに関与していたことを示す大規模な報告がなされています。このような兵器があれば、反体制派はシリアを不安定にし、そこに不安と恐れを抱かせることができます。なぜ国際機関は、彼らや彼らの危険な行動を阻止するための行動をとらないのでしょうか?

ヴァレンタイン

「国際機関」というのは、国連やヒューマン・ライツ・ウォッチのことでしょうか。ラッシュ・リンボーのようなウルトラの識者でさえ、オバマが挑発として化学物質攻撃を演出したと非難しているのに、なぜこれらの組織がアサド軍に責任があるというアメリカの「ライン」に固執するのか、私にはよくわからないのです。単純に考えて、CIAがこれらの国際機関の幹部を買収したということでしょう。NSAが全ての人を監視していることも、NSAがCIAに情報を流していることも知っています。おそらくこれらの高官は賄賂を受け取ったり、脅迫されたりしているのでしょう。確かに汚職は十分にあります。また、イデオロギー的な理由でアメリカと同盟を結んでいる人もいるかもしれません。確かに客観性はありません、あるいは客観性を装うことさえない。世界裁判所やICCも同じ理由でアメリカに対して何もしません。国際機関に救済を求めるのは馬鹿げています。

ジアバリ

フランスのマニュエル・ヴァルス内相によると、2013年、シリアでバッシャール・アル・アサド大統領政権と戦うフランス人テロリストは110人だったそうです。これは、当時、シリアの内戦に参加していたヨーロッパの戦闘員の半数がフランス出身であることを意味します。フランスはシリアに対する植民地支配を取り戻す方法を探しており、そのためにフランソワ・オランド大統領は対シリア戦争を継続的に推し進めたと指摘するコメンテーターもいます。それについて、あなたはどのようにお考えですか?

ヴァレンタイン

歴史が指標となるのであれば、その通りです。100年前、フランスはドイツがロシアとようやく合意に達した後、皇帝を説得してドイツに出動させました。それがイギリス政府の同意を得て、第一次世界大戦の引き金になったのです。

フランスのエリートは、経済的にも思想的にもアメリカやイギリスのエリートたちと足並みをそろえており、どこであれ社会主義に反対し、主権を求める他国のナショナリズムに反対しています。そしてそれは、社会党を含みます。それは主要な植民地支配国です。フランスは植民地(植民地主義がもたらす富とともに)と威信を取り戻したいと思っています。アメリカが韓国軍を支配し続けるように、フランスはアルジェリア軍の支配をあきらめない。英国はリビアでの主要な戦闘員でした。

オランドは立候補したときは社会主義者ですが、他のフランス大統領と同様、帝国主義者のような統治をしています。2016年7月17日、CIAの情報を利用して、フランスはシリアで120人の民間人を虐殺しました1チュニジア出身の非修行イスラム教徒がニースで数十人を殺害したことを復讐するために行われた象徴的なジェスチャーでした。それ以外にシリアを攻撃する理由はありませんでした。

ヨーロッパへのシリア難民の流入、2015年のパリでのシャルリー漫画家襲撃、2016年のブリュッセルでの爆破事件、そしてついにニースが、フランスとアメリカのプロパガンダ担当者によって帝国侵略の口実として利用されるようになったのです。フランスではイスラム恐怖症がクレッシェンドを迎えています。フランスのベルナール・カズヌーブ大臣は、憎悪と暴力を説くモスクの閉鎖を開始すると述べました。フランス国内のすべてのモスクとイマームをチェックするそうです2。トランプとその生粋主義者一派は、アメリカでも同じことをしたいのです。

ジアバリ

国連憲章やアメリカが加盟しています「国策としての戦争放棄に関する一般条約」によれば、主権国家に対する一方的な武力行使や武力行使の威嚇は、国際法違反の違法行為です。しかし、米国はシリアに対して軍事攻撃の威嚇を繰り返しており、米国の戦争の呼びかけに抗議の声を上げる国際機関はありません。この点について、あなたはどう思われますか?

ヴァレンタイン

アメリカはこれまで約50カ国に軍事攻撃の脅威を与えてきました。アメリカの左右の過激派は、アメリカが「例外的」な国家であることを根拠に、この権利を主張しています。つまり、国際法は適用されないということです。世界の警察官であり、誰もが知っているように、警察官は法律を守らず、他者に法律を強制します。

誰もそれについてどうすることもできません。アメリカは武力を独占しているのです。国際機関や国際法の立場からは、主権が重要な問題です。しかし、国連が、アメリカが侵略行為を行っていると認めることは不可能です。なぜなら、1)アメリカは十分な数の国連加盟国を威嚇することができ、2)国連自体、韓国やコンゴに遡る長い介入の歴史があるためです。国連は主にアメリカの外交政策の道具なのです。

ジアバリ

多くの元米国政府高官や情報機関の幹部の発言を見ると、彼らの多くが米国のシリアに対する軍事攻撃に反対していることがわかります。米国には法的・政治的権限がありません、国際警察官の仕事をするのはワシントンの仕事ではない、と主張しているのです。あなたはどう思いますか?

ヴァレンタイン

私がどう思おうが、彼らがどう思おうが、法律がどうだろうが、関係ないでしょう?もし望むなら、アメリカは空と海軍の力だけで、シリアに死と破壊の雨を降らせることができます。リビアにされたことをシリアにすることができます。2009年にイスラエルがガザで行ったこと、そして2014年に再び行ったことを行うことができるのです。

確かに、米政権にはシリアで何かをする法的権限はありません。しかし、いわゆる反政府勢力に武器を与えることで、すでに国際法を犯しています。米軍とCIAは、やれと言われたことをやる。CIAの将校の仕事は、違法な命令に従うこと、危機を引き起こすことです。私は元軍人や情報将校の言うことは-たとえ私が同意するときでも-信用しません。彼らはその発言に微妙な欺瞞や下心を織り交ぜる傾向があるからです。あることを言いながら、内心は別のことをやっているのです。

ジアバリ

米国外交政策のアナリストや批評家の中には、米国はシリアで戦うアルカイダやISISと連携する傭兵を支援し武装させることで、テロという概念に対して偽善的な態度をとっていると言う人がいます。なぜ米国はこのような不誠実な行動をとるのでしょうか。

ヴァレンタイン

「テロとの戦い」は、史上最大の秘密作戦であり、記念碑的詐欺です。最近ロシア・トゥデイで報道されたように、オバマはシリアで傭兵を武装させるためにアメリカ独自の反テロ規定を放棄しました。このプロセスはCIAが5年間管理してきたもので、違法薬物の国際取引を管理するのと同じです。レーガンはニカラグアでCIAに支援されたテロリストを「自由の戦士」と呼びました。それが延々と続いているのです。

アルカイダとISISは 2002年9月20日に公布されました「米国の国家安全保障戦略」のように、世界中のあらゆるイスラム国家に介入し、先制攻撃戦争を行う口実をアメリカに与えているのです。それは、ヒラリー・クリントンが受け入れた帝国的な「先制攻撃」戦略です。

アルカイダとISISは、シリアのようにアメリカが好まない政府を倒すために傭兵を提供することもあります。

アメリカはこれまでアルカイダと「対立」したことはありません。CIAはソビエトに対抗するためにアフガニスタンでアルカイダを作り、チェチェン、コソボ、ボスニアなどで戦うためにアルカイダの一派を使ってきました。アメリカは、イギリスがネパールのグルカ族にしたように、傭兵による植民地軍を作り上げました。アメリカの傭兵はイスラム圏のあちこちから集まっています。彼らは今、アフリカで戦っています。これは、CIAの管理下にあるアメリカの特殊部隊によって訓練された、世界中のアメリカの代理人軍なのです。

結局のところ、アルカイダという言葉は、アメリカ政府が自国民に対して戦争を正当化するために必要なストーリーを語るために使われる空っぽの器なのです。オーウェルはこの現象を非常にうまく表現しています。

1984年は、敵味方が日々変化する戦争報道で満ちています。テレビ画面を見ている人々にとって、敵や味方という言葉は認識できる意味を持たなくなりました。それが今の私たちです。

ジアバリ

イランとロシアは、シリアの危機に対処し、アラブの国の過激派や狂信者を撲滅するには外交が一番だと言っていますが、アメリカはこれまで外交や対話がうまくいくようにはしていませんでした。包括的な国民対話による交渉ですべての問題を解決できるのに、なぜシリアの危機を軍事的に解決することにこだわっているのでしょうか。

ヴァレンタイン

米国は、圧倒的多数の強制力がない限り、交渉はしません。1980年にテヘランのアメリカ大使館で起きた事件を考えてみてください。レーガンは、イスラエルのためにイラクとイランを不安定にする政策の一環として、密かにイランに武器を売りながら、テロリストとの交渉を拒否したことは有名ですCIAとMOSSADがSAVAKを支援している実態や、国王がCIAにイラン国民と領土を使ってロシアでスパイ活動をすることを許可していた事実は、決して言及されませんでした。重要なのは、アメリカ人が縛られ、目隠しされ、人質として拘束されている写真だけでした。

重要なのは、イラク、アフガニスタン、リビアでアメリカ人が死亡したことです。なぜカダフィ殺害に手を貸し、それを称賛したのか、追い詰められると、ヒラリー・クリントンは「人道的介入」というカバーストーリーをすっかり忘れてしまういました。重要なのは、カダフィの手が血に染まっていることだと彼女は言いました。まるで、そうでないかのように。

和解や交渉は、国家が支配と復讐にのみ没頭しているときには不可能です。それは、より大きなゲームにおける戦術的な操作に過ぎません。

アメリカのシリアに対する戦争とイランに対する秘密行動は、ロシアを弱体化させ、包囲するための大きな戦略の一部です。アメリカが軍事的解決にこだわるのは、イランとロシアがアメリカとの戦争を避けるために、最終的にシリアを犠牲にすると考えているからです。シリアは、倒れようとしているもう一つのドミノに過ぎません。

アメリカのエリートの目標は、シリアを、そしてイランを、さらにロシアを、韓国、ベトナム、アフガニスタン、リビア、イラクの仲間入りをさせることです。民族的、宗教的な線引きで粉砕し、これらのグループ間の戦闘を長年にわたって煽る計画です。

私が正しいかどうかは、時間が解決してくれるでしょう。

第24章 史上最大の秘密作戦としての対テロ戦争

対テロ戦争は、史上最大の秘密作戦である。ビジネス、政治、テロを論じるとき、言葉のマネジメントがすべて重要だからだ。

FBIはテロリズムを「政治的あるいは社会的な目的を推進するために、政府や民間人、あるいはその一部を威嚇あるいは強制するために、人や財産に対して武力や暴力を行使する不法行為」と定義している。

この曖昧な定義が、どのような場合にテロリズムが合法となるのかという疑問を生んでいることは明らかである。

米国政府のテロリズムに関する方針はよく知られている。アメリカは常にテロを非難しており、それゆえ、アメリカは決してテロの加害者ではなく、常にテロの被害者である。テロとの戦争は、この方針の究極の表現である。政治的あるいは社会的目的のために、非国家主体による不法な暴力ではなく、自衛のための合法的な暴力である。

国防総省と国務省の飽和状態の広告キャンペーンによって、薄暗いアメリカの集合意識に絶え間なく叩き込まれているのが、この明文化された方針である。しかし、政府の明文化されていない政策を取り囲む秘密、検閲、プロパガンダという息苦しいマントの背後に目を向ければ、大規模に行われた意図的な人道に対する戦争犯罪について、まったく別のストーリーが浮かび上がってくるのである。

ディオゲネスが提灯を高く掲げたように、私は2012年11月21日にマサチューセッツ州スプリングフィールドのFBI事務所を訪れた。アポは取っていなかったが、常駐する捜査官の一人が私の話を聞いてくれることになった。私の意図は、CIAがシリアでテロに関与し、支援している証拠を彼に回答させることだった。そのために、私は2012年6月21日のニューヨークタイムズの記事を引用した。「アメリカ政府関係者やアラブの諜報員によれば、少数のCIA職員がトルコ南部で秘密裏に活動し、国境を越えてシリア政府と戦うために武器を受け取るシリアの反対派戦闘員を決める同盟国を助けている」1というものであった。

私はFBI捜査官に、この記事はCIA職員がテロに従事している証拠ではないのか、と尋ねた。CIAの暴力はシリア政府を転覆させるために行われただけでなく、何千人もの市民を貧困や破滅、早期の墓場、亡命の絶望に追いやっていたのだ。大統領と議会がCIAにシリア政府を転覆させる法的権限を与えたことは間違いないが、罪のないシリアの市民に対する暴力は確かに違法である、そうだろう?

タイムズ紙によると、CIA職員はトルコの国境を越えて大量の武器を密輸するよう手配した。その中には、アメリカ政府自身がテロリストと認定した「ジハード主義者」が含まれていた。違法な武器と麻薬の密輸ネットワークの犯罪的陰謀を管理することとは別に、CIAによるアルカイダへの武装は、たとえアメリカのメディアがCIAが支援するシリアのテロリストを親切にも「反政府勢力」と呼んだとしても、テロ支援に当たると私は言った。

あきれたFBI捜査官は私にFBI本部に照会し、巧みにかわした挙句、FBI広報官のキャサリン・ライトは、「CIAや、CIAに関するアメリカ政府の政策についての質問には、我々の権限では答えられない(中略)」と投げやりに答えた。

言い換えれば、全米一の法執行機関が、CIAに対して法的権限を持たないということだ。そして、この制度化されたダブルスタンダードの文脈の中でこそ、アメリカのテロリズムという儲かるビジネスを正しく理解することができるのである。

この章で示したいように、CIAはこの国際的な犯罪事業において好ましい武器である。なぜなら、CIAはテロを秘密裏に行い、そのことを知ることがないからである。そして、(最近のギュレン「騒動」のように、あるいはプロパガンダのために)偶然に明らかになったとき、CIAのテロは常に国家安全保障と同一視されるのである。超法規的自衛権として定義される場合は、テロ対策と呼ばれる。

CIAは国際的な武器取引を麻薬取引と同じように管理している。あらゆる国から集まった傭兵の秘密軍隊を通じて、戦闘経験を持つ殺人狂で、さらにそれを渇望している者ばかりである。ベトナム戦争では、この軍隊を担当するCIA準軍事将校は「ナックルドラッガー」と呼ばれた。傭兵部隊は、ヌーガン・ハンドのようなオフショア銀行を運営する「ディープ・カバー」CIA財務官、独自で否認可能な海運会社を運営するエド・ウィルソンのような「ディープ・カバー」物流官、CIAのバックチャンネル対テロネットワーク内の外国情報スタッフ官によって支えられ、軍人と特殊警察官(しばしばアメリカの学校で訓練を受ける)、政治家を戦略的に汚し、必要に応じて麻薬密売人のための安全通路や拷問用のブラックサイトを提供している-すべてCIA中央のボスによって区分され管理されているのだが。

CIA職員とその政治的ボスは、テロに関与しても決して処罰されない。最近わかったことだが、彼らはバージニア州のスクールバスにプラスチック爆弾を仕掛けることさえやってのけたのだ。それは「訓練」だったと言われている。しかし、なぜCIA職員がスクールバスに爆発物を仕掛ける訓練を受けるのだろうか。

CIAに入ったら、他の人間は、たとえ小学生であっても、CIAに関する限り、実験用ネズミか大砲の餌になるからだ。

心理戦と秘密工作

政治は、人々が集団で意思決定を行うプロセスだと言われている。しかし、アメリカにおける包括的な政治的決定は、実際には誰が行っているのだろうか。誰がテロリズム政策を決定するのだろうか?

アメリカは表向きは法治国家であるが、国の最高法規制定機関である議会で選ばれた議員たちは、テロに従事するCIA職員をテロリストを対象とする連邦法の対象から除外している。CIA職員がテロに関与していることが明らかになると、シリアのように、メディアは自分の仕事をし、台本に従う。国家が支援するテロを容認する矛盾を明らかにすることはない。

この大嘘が存在し続けることは、それを暴く大量の利用可能な証拠を考えると、実に驚異的である。しかし、それは壮大な支配の本質的な特徴として、例外なく組織的に適用され、望ましい効果をもたらしている。大多数のアメリカ人はそれを信じるだけでなく、拍手喝采しているのだ。彼らは、CIA職員が自分たちを守るためにテロリズムに従事していると信じている。これを信じ込ませることが、史上最高の秘密工作なのである。

カール・ユングが言ったように、「誰もが影を背負っており、それが個人の意識生活の中で具現化されていないものほど、より黒く濃くなる」のである。

アメリカを支配するビジネス・パーティーは、この集団精神病を顧客や消費者に押し付けることに貢献してきた。それは、人口の1パーセントが国家の富のほとんどを所有する資本主義システムを永続させるために不可欠である。もし人々が自己欺瞞の影から抜け出し、自分たちの不合理を他人に投影するのをやめれば、カードハウスは崩壊するだろう。

アメリカはテロに関与していないという虚構を維持するために、政府とメディアは大企業を代表して、様々な実践的方法で国民を欺いている。それは、標準的な隠密行動プログラムとして見れば、最もよく見分けられ理解できるだろう。

CIAは2つの基準を満たした場合のみ、諜報活動を開始する。まず、「諜報活動の可能性」を持っていなければならない。CIAの計画や目的を促進するような事象を形成できるような知識を得ることができなければならない。例えば、シリアのテロリストに武器を密輸すれば、CIA職員はその地域の軍事・犯罪活動について情報を収集することができる。また、「諜報の可能性」には、CIA職員が国内およびISISのような海外での政治・社会運動を管理する手段として、大勢の人々に心理的影響を与えることができるような情報を得ることが含まれる場合もある。

諜報活動プログラムの第二の基準は、「もっともらしい否認権」である。1975年、上院の公聴会でCIAの外国人指導者暗殺計画について議論した際、CIAの作戦副長官によって「もっともらしい否認」とは、正確な定義があれば諜報活動を暴露し、それを終わらせることができる議論において婉曲と婉曲を用いることである、と定義された。合法化された二重基準は、政府の偽情報やプロパガンダの全範囲と同様に、このカテゴリーに入る。

標準的な諜報活動プログラムは、何層ものカバーストーリーに埋もれている。ウィンストン・チャーチル(後のジョー・ペシ)が有名に言ったように、「それは謎の中の謎に包まれた謎だ」チャーチルはこうも言っている、「戦時中、真実は非常に貴重であるため、常に嘘のボディガードが付き添うべきである」

他のところでも説明したように、CIAの作戦は人々を助けるための「市民活動プログラム」に見せかけることが多い。オサマ・ビンラディン暗殺につながったパキスタンでのワクチン接種プログラムや、「国民をテロから守る」と宣伝したベトナムのCIAのフェニックス・プログラムのようにね。

米国民に向けられた秘密行動もまた、この二つの条件を満たしている。つまり、政府の明文化されていない計画を推進し、もっともらしく否定することができる。「偶発的な」死が起こることは知られているが、それらは主に心理的なものである。それらは意識の領域で発生し、抽象的であると同時に決定的である。

政府は、さまざまな目的のために、さまざまな方法でアメリカ国民に対して心理戦を仕掛けている。CIAは、最近のパナマ文書のリークのように、外国の新聞に欺瞞的な記事を仕掛ける。国内メディアにはその旨が伝えられ、忠実に報道される。このような偽情報、あるいは記事が嘘である場合の「ブラック・プロパガンダ」は、誤った認識を生み出し、アメリカ政府が破壊したい外国政府に対する軍事行動や経済制裁への国民的支持を生み出すのである。また、イスラエル、エジプト、サウジアラビアのような虐待的な政権が、巨額の税金を使った援助プログラムに値するとアメリカ人に確信させることもある。いずれの場合も、アメリカ国民が国家テロとして否認するような非道徳的あるいは違法な政策を正当化するための認識と仮定を作り出す鍵は、言語である。

欺き、脅迫し、強制する言葉を通して、アメリカ政府の秘密行動計画は究極的にはアメリカ人を恐怖に陥れること、つまり劣等感、幼児性、無力感を抱かせることを目的としているのだ。これは、アメリカ人を特別な存在だと思わせ、ナンバーワンであることを身をもって楽しむプロパガンダの陰の部分である。彼らはまた、被害者意識を持ち、その結果生じる混乱によって、真実を知っていれば選ばないような有害な方法で支配されるようになるのだ。

CIAは、もちろん、偽情報に関与している唯一の政府機関ではない。あらゆるところで行われている。重要なのは、その手口と、特に悪意を隠すために使われる言葉を見分けることだ。語られないことは、語られることよりも重要な意味を持つことが多い。

イラク戦争はその最たる例である。イスラエルのためにイラクの石油を奪い、地域を不安定にする侵略戦争を始める口実を必要としたブッシュ政権は、イラクが実存的脅威をもたらすとアメリカ人に信じ込ませるために偽情報キャンペーンを展開した。そのために、イラクが「イエローケーキ」ウランを備蓄しており、それがアメリカに差し迫った「きのこ雲」をもたらすというような偽りのストーリーを植え付けたのであった。

ブッシュ政権の「きのこ雲」という表現は、クリス・ヘッジズによるニューヨーク・タイムズの記事で、イラクがアメリカを攻撃するテロリストを訓練しているという亡命者の主張を引用したのと同様に、国民を恐怖に陥れた。もちろん、亡命者はCIAの主人に代わって捏造したものであり、アメリカに対して使用する核兵器を製造するための「イエローケーキ」は存在しなかったのと同じである。

実際に起こったことは、腐敗した役人たちが政府の秘密の機構を使って、個人的利益のためにテロの究極形態である大規模な侵略戦争を行い、世界を混乱に陥れ、アメリカ国民を負債と混乱に陥れたということだ。そして、国民が騙されたことを断続的に見抜き理解したとしても、第二次世界大戦以降に整備された社会的・官僚的システムが、国民が抵抗したり意味のある変化を起こしたりする力を持たないことを保証しているのである。

これは秘密でもなんでもない。特に9.11以降、我々の公的支配者を導く見えざる手は、現実の認識を形成する能力を誇っている。ロン・サスキンドは 2004年10月17日付のニューヨーク・タイムズ誌に「信仰、確信、ジョージ・W・ブッシュ大統領」と題する記事でこの問題について報告している。その中でサスキンドは、ブッシュの政治顧問であるカール・ローブの言葉を引用し、「我々は今、帝国であり、我々が行動するとき、我々自身の現実を作り出すのだ。そして、あなた方がその現実を研究している間(賢明にも)、われわれはまた行動し、別の新しい現実を創り出すだろう。我々は歴史の役者であり……君たち全員は、我々が行うことを研究するだけでいいのだ」3。

この帝国的傲慢さは、アメリカが第二次世界大戦の灰塵から無傷で、世界で唯一の超大国として浮上した1945年以来、この国の原動力となってきたそれ以来、米国を密かに支配する人々は、米国の軍事力と経済力を冷酷に利用し、世界覇権の計画を妨げる外国を罰してきた。彼らは、アメリカ国民が外国勢力の永遠の犠牲者であると信じるように徹底的に仕向けたが、実際には、彼ら自身の秘密の利益を持つ名もなき支配者によって犠牲になっているのである。

世界覇権のための計画は、言語に根ざしている。第二次世界大戦後に導入された反共産主義の言説は、ソ連の崩壊とイスラム原理主義の台頭を経て、現在の新たな敵であるテロリズムの言説に発展した。2001年9月11日の同時多発テロ以降、似非批評の領域外で活動する者であれば、このような政策の大きな変化を見て取ることができた。9.11の後、それは明確に打ち出された。共和党の重鎮で、ビル・クリントン大統領の弾劾審問官を務めたケネス・W・スターは、テロの危険性から「国家安全保障の問題に関しては、政治部門の判断に敬意を払う必要がある」と述べた4。

つまり、これまで無党派であった国家安全保障が、今後はアメリカ政治の超保守的なビジネス部門に支配されることになるのである。レーガン、ブッシュ両大統領の下で司法長官を務めたリチャード・ソーンバーグによれば、アメリカは今後、法律を遵守することも止めるべきだという。ソーンバーグ氏は、「デュー・プロセスは時として我々の首を絞めることになる」と述べている。テロ対策に関しては、法的に認められる証拠が「全てではないかもしれない」と、元司法長官は述べている5。

ソーンバーグとスターがこのように周到に計画された声明を発表したとき、政府高官はすでにアメリカ人を対象とした行政拘留法を起草し、グアンタナモに拷問室を設立していたことは偶然ではないだろう。

9.11以降、アメリカの反動的なウルトラ集団は、国家安全保障機構の所有権を主張し、それを使ってアメリカ国民に自分たちのイデオロギーを押し付けるようになった。彼らの教義を採用しない者は、国家の敵とみなされた。テロ専門家と称するマイケル・レディーン氏は、「今こそ『皆殺し、神に任せよ』という古いモットーが必要だ」と主張する。「政治界全体がそれを理解し、拍手を送るだろう。そして、それは我々に勝利のチャンスを与えてくれるだろう」6。

ここで、言葉の象徴的な意味が優先される。「政治的世界」とは、戦争プロセス全体の仕組みの深い裏側を本当に理解している人々のことであり、急成長するテロビジネスの所有者、秘密支配者、資本家略奪者たちは、その発端からアメリカの政治と社会の動きを操ってきたのである。スター、ソーンバーグ、レディーンのレトリックを総合すると、アメリカ人が伝統的に抱いてきた被害者意識と例外主義に関する誤った認識を象徴している。ウルトラスのレトリックは、永遠の一騎打ちの対テロ戦争を戦うためにアメリカ社会を再編成する道を開き、その結果、アフガニスタン、イラク、リビア、シリアに対する悲惨な新植民地戦争を正当化するために利用された。そして、それはすべて少数の保護された個人を豊かにするために作られた大嘘だった。

アメリカ人がテロ攻撃よりも蜂に刺されて死ぬ可能性の方が高いということは問題ではない。それに比べて、自動車事故で毎年3万人が亡くなっていることも問題ではない。彼らはSUVに乗り込み、危険を顧みず、時速80マイルでハイウェイを疾走する。しかし、彼らが恐れるのはテロである。2015年12月に行われた調査では、「回答者の約79%が、今後数カ月の間にテロ攻撃の可能性がやや高い、または非常に高いと信じていることがわかった。また、約19パーセントの回答者が、テロが最も重要な国家的課題であると思うと答え、先月の4パーセントから上昇した」7。

この非合理的な恐怖は、対テロ戦争という史上最大の秘密作戦のきっかけであり結果でもある。この作戦では、アメリカの秘密支配者が情報産業を操作して自分たちを豊かにし、国家国民を奴隷にする一方で、世界中に正義の残忍な一線を画しているのだ。

そこで疑問が生じる。この秘密の支配者とは誰なのだろうか?

国家安全保障機構

アメリカの秘密支配者は、メディア、政治、官僚システムをコントロールすることで、海外でも国内でも経済目的のためにテロリズムを行う。この海外と国内の対称性は、マルクスとエンゲルスによって明確にされた。彼らは、資本家が国内で労働者を抑圧するシステムを作るのと全く同じ理由で、海外で帝国戦争を行う方法を示した。その目的は、利潤を最大化し、富と政治力をますます少数の手に集中させることだ。

グローバルな対テロ戦争と国内の国土安全保障は、同じ偽物のコインの裏表である。これらは、資本主義のイデオロギーが外交と国内の安全保障政策に適用されたものである。そして、それが奉仕する資本主義システムのように、帝国が拡大し、その矛盾がより明らかになるにつれて、イデオロギー的に正しい人物はますます少なくなり、国家安全保障政策が集約されていく。

このような権力の統合は、民主主義制度に反し、米国民の安全保障の向上ではなく、適正手続きのような法的保護が失われる結果となる。国家安全保障政策の統合は、二大政党制の選挙制度の劣化も意味する。

理論的には、アメリカの二大政党は、相反するイデオロギーを代表している。民主党は労働者支持だが、大銀行潰しを望む社会主義左派と、ゴールドマンサックス、イスラエル、帝国戦争マシーンと手を組むヒラリー・クリントンの相反する左派に分かれる。ジョー・バイデンの進化は、労働者のボスがいかに共倒れになったかを示しているが、彼はもはやそうではないものの壮大な表現として、その役割を果たし続けている。バイデンのレトリックを信じるならば、民主党のエリートは、ウクライナを破壊し、その政府と市民機関を乗っ取り、その富を盗むのではなく、所得格差と人種的不公正を終わらせ、少数民族の権利を獲得しようとしているのである。共和党は公然と人種差別を行い、戦闘的でビジネス志向が強い。トランプのポピュリストとしての魅力はレーガン・エリート主義からの脱却のように見えたが、それは人口動態が変化した結果であって、体制側の政策ではない。共和党の支持層がトランプに投票したのは、彼が人種差別を公然と行ったからだ。トランプは党指導部のようなコードワードを使わなかった。

どちらの党が一定期間政府を支配しても、理論的には、彼らのオープンで正直な弁証法がイデオロギーの対立を解決し、彼らを否応なく中央に引き寄せ、その結果、すべての人に利益をもたらす民主主義を作り上げるのである。一方、舞台裏では、「国家」は耐え忍び、危機の時には議論もなく勝利を収める。両政党の指導者たちは、国家の優位性を擁護する。そして、国旗の周りに集まり、国のために最善を尽くすと主張する。

問題は、テロとの戦いによって、アメリカは常に危機にさらされていることだ。国家が(時には偶然に、多くの場合はプロパガンダのために国家自身が)危機を作り出したことが明らかになったとき、選ばれた政治家は、国家が政治を超越して国家の永続的利益を代表していることを確認することがこれまで以上に重要である。だからこそ、選挙期間中、クリントンはイラク、リビア、シリアを破壊した自分の役割を徹底的に避け、その代わりに、国家のフェニックス委員会と理解される初の女性委員長として、システムの複雑さを理解し、厳しい決定を下すことができる冷静な官僚であることを示したのだ。

ヨーロッパでは、国家は「産業」として認識され、特定の国家に最も大きな財政的利害関係を持つ人々で構成されている。この産業界のエリートは、その富と影響力から、古代の貴族のように、政治を行うための経験と独立性を持っていると理解されている。産業は所有であり、賃金労働者、移民、難民、権利を奪われたマイノリティを排除する。

アメリカでは、国家はエスタブリッシュメントと呼ばれている。American Heritage辞書に定義されているように、Establishment with a capital Eは、「私的な合意や決定によって政府や社会を支配する権力者の排他的なグループ」である。

CIAは、「私的な合意と決定によって政府や社会を支配する」この犯罪的陰謀の組織犯罪部門である。

国家の私的、商業的利益は、軍事、司法、法執行、諜報、警備サービス、つまり国家安全保障機構によって守られる。これらのサービスを管理する官僚やテクノクラートは、超党派で、アメリカ市民を守ることだけに専念していると教えられている。民間・公共部門のトップマネジメントに身を置くこれらの官僚たちは、自分たちを法律より上位に置くことによってのみ「神聖な信頼」に応えることができると主張している。誰もが知っているように、警官は法律に従っているのではなく、法律を執行しているのだ。

国家のテロ行為-イラク、リビア、シリア、そしてそれ以前のベトナムや他の多くの国々への不必要な破壊-は、国家安全保障機構が政治の上にあるという前提の上に成り立っている。しかし、それは史上最大の秘密工作のためのカバーストーリーに過ぎない。

その仕組みはこうだ。各政党のヒエラルキーのメンバーは、イデオロギー的に適格な候補者を公職に立候補させるために育成する。当選すると、これらの公職者は、様々な官僚機構のトップマネジメントに自分たちの党のメンバーを任命する。しかし、国家安全保障に関しては、実際の左翼は許されない。これが対テロ戦争の決定打となる。赤色テロからマッカーシー時代の忠誠宣誓を経て、対テロ戦争という「永遠の現在」に至るまで、何世代にもわたるプロパガンダの末に、左翼であることは、資本主義に徹する国家安全保障機構で働く候補者として自動的に不適格とされるのである。

9.11以降、イスラムのテロと戦い、アメリカがテロに関与する気配を断ち切るという公約は、反共産主義と同じくらい厳しい要件となっている。

このような本を書く人は、決して所属することはできないだろう。国家が自国の労働者だけでなく、憧れの天然資源を手に入れた外国に対しても、公然の政策としてテロを行っている現実を理解し、それを認めない限り、所属することはできない。擬人化された神の存在、アメリカの正義、資本主義の恩恵に関する一般的な仮定を否定しながら、役職に就こうとはできない。これらの神話は、国家の違法な活動が可能な哲学的・心理的背景を記述しているからだ。神話は究極のカバーストーリーであり、真の信者の中で体現され、信奉されるものである。

逆に、国家の秘密工作は、こうした信念や前提を超越することによってのみ、見分け、理解することができる。

このような自己破壊的な信念や思い込みを超えることは、アメリカ人が直面する最も困難な課題である。それはまた、国家安全保障機構の構成要素を客観的に分析するための第一歩でもある。しかし、このような分析は簡単にはできない。なぜなら、国家安全保障機構は市民に対して説明責任を負っていないからである。企業幹部や大統領ならともかく、CIA職員やFBI捜査官、警官を犯罪行為で市民逮捕することはできない。

意図的に混乱させた「似非評論」によって、われわれがはしゃいでいる光景を定義するのは別として、国家安全保障機構は、(ローブ、スター、ソーンバーグ、レディーンが主張したように)まさにその汚いビジネスから探究心を持つ市民を締め出すために、徹底的に反民主主義の堀の迷宮を自らの周りに構築してきたのである。彼らは可能な限り多くの証拠を隠滅してきた。

軍隊が最も分かりやすい例だ。国内および世界中の基地にバリケードを築き、独自の司法制度で固めた軍隊は、下層階級と交わることのない、高度に教化された将校の上層階級に分かれている。将校は下級兵士を戦場に送り込み、負傷させたり殺したりするように訓練されている。下級兵士は疑問の余地なく従うように訓練され、手足を失い、死んでも、ディック・チェイニーやハリバートンのような、今日我々が1パーセントと呼んでいる人たちの利益を増進するためではなく、国のために死んだ英雄として美化されるのだ。

アメリカの軍事機構は、世界最大のエネルギー消費国であり、世界最大の汚染国である。利己的な目的のために政府の外交政策機構を管理し、国民の税金を食い潰して、アメリカ企業が海外市場を開拓できるように航路を確保するためだけに存在する世界的な保護貿易を維持するためである。ファシストによって支配され、軍隊は国家の柱であり、ビジネスや政治と関係があるとは決して言われない。そしてその幻想こそが、エスタブリッシュメントの最大の功績なのだ。

軍隊とは異なり、CIAはロシアや中国、その周辺諸国、イスラエルを取り巻くイスラム諸国での紛争を誘発し、軍隊が介入する口実を与えるために、隠れて活動している。軍事介入と脅迫は、軍隊のスポンサーである企業が、軍隊が帝国を維持するために必要な資源を支配することを保証している。

FBIは、前述のように、CIAの違法行為に干渉する法的義務もイデオロギー的傾向も持っていない。その「レーン」はアメリカのムスリムグループに潜入し、組織犯罪とエスタブリッシュメントの間の「レーン」を曖昧にしながら、時にはテロ事件を防ぎ、時には誘発することだ。

ベトナムで開発され、ラテンアメリカで完成されたフェニックス計画モデルに基づいて、国土安全保障省は(テロとの戦争に完全に依存している)アメリカでの反対意見を抑制する目的で、国家安全保障機構の下層メンバーを調整する。それは、暗黙の暴力によって行われる。

フェニックス計画を作ったネルソン・ブリッカムのようなトップ官僚とテクノクラートは、信頼できる上院議員や下院議員、大企業、メディア、学会の代表者とともに、国家安全保障会議のような目に見えない「情報・作戦センター」の中から弾圧システムを調整する。官僚とテクノクラートは、特定の目的のために特定の分野に権力を集中させるために、指揮系統を組織する。第一の目標は、CIAがエスタブリッシュメントの明文化されていない政策を犯罪として追求する際に、もっともらしい否認権を享受することを保証することだ。選挙で選ばれた代表者が「知らなかった」と言えるようにするための駆け引きである。このシステムは、真の権力は一般に公開された組織図から流出するように構成されている。公団につながるすべての証拠は隠され、誰も責任を問われることはない。

国家安全保障機構に招かれ、アメリカ社会を組織し管理する地位に就くには、生まれつきの名士であるか、トランプのように何十億ドルも稼ぐか、イデオロギー的に同化できない人物を拒絶するように設計された一連の制限的な保安資格に合わせた長年の教化に服する必要がある。様々な問題(イスラエル、イスラム、テロ、黒人の生活、メキシコ移民など)について教義を受け入れたことを延々と証明し続けることは、ヒラリー・クリントンのような個人が、自主規制の国家安全保障機構に入るために渡らなければならない橋なのだ。教義を暗唱し、大規模な戦争犯罪に従事する能力は、支配的な死のカルトの中で権威ある地位に昇格することを可能にするものである。

国家安全保障機構は、外国と国内の敵から国家を守ること、その一方で、海外での経済的・軍事的影響力を拡大し、国内での自由を守ることをその任務としている。秘密裡に行われる表向きの仕事とは、下層階級が公的にも私的にも政治的支配力を行使しないようにすることであり、その結果、公団の富を公正かつ公平に再分配することができるかもしれないのである。死のカルト」の支配者が、保護するふりをしている人々に対して、秘密裏に大規模なテロを行うのは、この明文化されていない目的のためである。

資本主義と国家テロリズム

アメリカでは、権利を奪われた人々は政策決定において何の発言権も持たない。ウルフ・ブリズターは、パレスチナ人に汚名を着せるのと同様に、彼らや彼らの視点を認めることを避けている。彼らはガレアーノの「ノーボディ」である。彼らはニューヨーク・タイムズで引用されることはない。彼らはアクセスすることもできず、慣習を変えることも、アメリカに関する基本的な前提を変えることもできない。そのすべてが、うまく設計された象徴的な方法で永続しているのだ。

しかし、エスタブリッシュメントが政府にその包括的な影響力を行使するとき、メディアはそれを政治と定義せず、中立的で無党派な現状維持とする。

2008年の金融危機のように、大銀行は「大きすぎて潰せない」と言われた。彼らは雇用を創出したと信じられ、何兆ドルもの救済措置がとられ、その費用は年金を失い、一時解雇された労働者によってまかなわれることになった。何の疑問も持たずに。トランプが納税申告書を公開する必要も、クリントンがゴールドマン・サックスへの講演を公開する必要もない。

リベラルな大義を代表する政治家たちは 2003年のイラク侵略のような国家が作り出した危機の時には、エスタブリッシュメントに迎合し、システムを浮揚させ続けなければならない。そうしなければ、非米国人というレッテルを貼られる。こうして、所有権が国家の安全保障と同一視されるのである。

アメリカ独立戦争を組織した裕福な地主や商人たちが、自分たちの懐から軍隊を調達し、その費用を支払って以来、このような状況が続いているのである。建国の父たちは、彼らが購入した特権を維持するために憲法を書いた。だから、メディアは減税やオフショアのタックスヘイブンから利益を得ている富裕層を特定しないし、暴露も調査もしないのである。黒人が人種差別をするように、富裕層がビジネスカードを使うとは決して言われない。

従来のアメリカの前提によれば、資本主義は政治的権力に基づくものではなく、イデオロギー的に中立な利益と、共通善をもたらす経済「成長」に基づくものである。また、減税やタックスヘイブンのスキャンダルが一部の不謹慎な政治家や実業家に及んでも、違反者に法的な罰則が課されることはない。卑猥な富は違法でもなければ、ますます非道徳的でもない。

史上最大の秘密作戦の一環として、国家安全保障機構は、不必要な貧困と苦痛に直面しながらも、不平等と猥雑な富を保証する制度を維持することを、公然の任務としているのである。自由なアメリカ社会のモデルとして高く掲げられている軍隊における階級区分と同様に、下層階級は上層階級と同程度の特権と安全を享受することは許されないのである。労働者は最低賃金で、仕事も家も医療保障も失う恐怖に常に怯えながら、給料日前の生活を余儀なくされている。

金持ちは贅沢なライフスタイルを楽しんでいてもサディスティックだとは言われない。一方、貧しい人々は、自分の子供たちが永遠の負債という絶望に追い込まれるのではないか、あるいは、軽蔑される少数民族や移民であれば、刑務所で腐敗するのではないか、という恐怖で身動きが取れなくなっているのだ。富裕層はその富と権力を共有し、貧困層の苦しみを和らげることが容易にできるのに、そうしない。貧困層に恐怖を与えることで、政治的に抑圧し続けるからである。下層民の中には完全に希望を捨てた者もいれば、ドナルド・トランプやヒラリー・クリントンのような雨乞い師にしがみつく者もおり、また、潜在能力や無限の商品というファンタジーの世界に満足して生きている者もいる。いずれにせよ、自由の国の投票率は54%前後に保たれている。自己満足、有権者リストの削減、投獄、あるいは変革の希望を抱かせる候補者の不足などによるものだ。

一方では疎外感と絶望感、他方では俗説への信奉が蔓延し、政治的権利の剥奪は、カール・ローブが上でほくそ笑んだような現実になっているのである。

ビジネス・アズ・ユージュアルとしてのテロリズム

国家が支援するテロリズム、すなわち海外での植民地化と国内での弾圧は、利益を引き出し、所有権を維持するためのエスタブリッシュメントの主要な手段である。奴隷所有者で連続強姦魔のトーマス・ジェファーソンが、アフリカ人、女性、そして独立宣言に書いたように、「年齢、性別、条件を問わず、無慈悲なインディアンの野蛮人は、戦争のルールとして知られている通り、見事に破壊する」以外は「すべての人間は平等に作られている」と宣言してからずっとそうであった。

当然のことながら、ジェファーソンとその共謀者たちは、すぐにインディアンの土地をすべて所有するようになった。建国の父たちは、盗んだ土地とアフリカ人奴隷の無償労働の上に国家を建設した。同様に、自由な土地という見込みが、海から海へと入植者を駆り立て、ホレイショ・アルジャーの神話にあるような、自分の靴ひもで立ち上がるような特別なアメリカ人にまで至ったのである。

史上最大の秘密作戦は、こうした伝統的な価値観を、偉大で例外的なアメリカ人の神話へと象徴的に変容させる。ジョン・ウェインのカウボーイとインディアンの映画が、悪いイスラム教徒のテロリストと戦う善良なアメリカ人のスナイパーに変身するのである。

この物語の目的は、単にアメリカの英雄を創造し、美化することではなく、その物語を受け入れないことを恐れさせることだ。これがテロリズムの部分である。どの警備会社も知っているように、監視への恐怖は監視そのものと同じくらい効果的だ。彼らは、泥棒があなたの家に侵入するのを待っていると示唆するだけで、あなたにADTシステムを売り込むことができるのである。同様に、大規模なインターネット監視への恐怖は、人々が本当の気持ちを表現することを抑制してしまう。ビッグブラザーに見られているという恐怖は、彼が見ていると信じていない限りはない。

ひとたび恐怖を抱かせたら–本書で説明したように、それは海外で延々と続くCIAの挑発行為によって達成され、それが国内で延々と続くFBI、DHS、警察の挑発行為を可能にする–彼らは、あなたを安心させるものを売りつけるのである。提案とセールスマンシップがあればいいのだ。トランプの壁はメキシコ人の強姦魔や麻薬に狂った黒人の若者からあなたを守り、ヒラリーの政権交代戦争はサダムやカダフィやアサドのような悪魔からあなたを守るだろう。彼女の政権交代戦争がISISを生み出したことは忘れよう。彼女はイスラム教徒を殺すことができることを証明したし、またそうするだろう。彼女は、自分が作り出した悪魔を喜んで退治してくれるだろう。

偉大なアメリカの神話を売ることは、イラク戦争やクリントン候補やペプシコーラを売るのと同じくらい簡単だ。どの場合も同じように、より良いものを約束するのだ。それが資本主義である。

資本主義は我々に楽観的になれといい、買えるものによって明るい未来を信じろという。オルガスティックな未来は、頭金なしで手に入れることができるのである。クリントンが雇用を海外に流出させ、スポンサー企業が低賃金を支払えるようにしたことは忘れろ、と。あなたの緊縮財政が彼女の繁栄であることを忘れてほしい。ヒラリーに一票を

商品の請求書

CIAの役割は説明したが、なぜそのようなプロセスが存在するのかを説明したい。

史上最大の秘密作戦は、ペンタゴンが12ものプロサッカーチームの億万長者オーナーに、あなたの連邦納税者のお金からそれぞれ最高100万ドルを贈与し、軍に所属し対テロ戦争を行う都市の「ホームタウンヒーロー」を美化させた、甘言詐欺に表れている。

テロとの戦いは、あなたのような人たちによって、あなたのために行われているのだと、あなたは教えられている。しかし、史上最大の秘密作戦、別名「テロとの戦争」は、あなたのような人々、特に貧しい人々から搾取するビジネス企業である。

ホメロスのカバーストーリーを語ることは、この犯罪企業を可能にするだけでなく、それと区別がつかない。労働者の権利を剥奪し、国家全体を残虐に扱うことに余念のない軍隊に、労働者を送り込むのだ。その見返りとして、彼らはフットボールの試合で賞賛されるのだ。

頑張れ、チーム! ナンバーワン!

アメリカの英雄の物語を売ることは、国防総省やネットワーク・ニュースのビジネス・パートナーにとってだけでなく、国家安全保障機構の戦略的情報網、腐敗したハリウッドやテレビ制作会社にとっても、我々の壮大な夢を形作るための大仕事なのである。

広告会社の重役、広報の専門家、スパイや将軍、テレビニュースや映画のプロデューサー、そして政治家が同じ台本を読んでいるのだ。彼らは調査を行い、人口統計の地図を作る。高度に洗脳されたフェニックス・コーディネーターのように、販売ノルマを達成するために、彼らは選ばれた消費者グループをターゲットにし、彼らが自分自身について信じる神話を強化する商品を売り込むのである。

億万長者のトランプは、Fox Newsによって、移民や少数民族が自分たちの仕事を奪っていると信じ込まされたプレカリアートに、反体制の変革者として自らを売り込んだ。クリントンは、そのメッセージ、その伝達者、その聴衆を”deplorable”(嘆かわしい)と名付けた。しかし、MSNBCの彼女の政治的支持者もまた、リベラルのターゲット視聴者が望むメッセージと商品を届けるために、我々共通の苦境の現実を歪曲しているのだ。メッセージは異なっているように見えるかもしれないが、どちらも商品の札を売っているのである。

それが資本主義だ。Fox Newsのタッカー・カールソンにせよ、MSNBCのクリス・マシューズにせよ、ニュースを伝える人は売り込みをするセールスマンである。コマーシャルブレークに切り替わると、あなたの層にアピールする商品が売られる。

共和党と民主党のエリートが下層階級の人々を互いに追い込んでいる間、彼らはカントリークラブで酒を酌み交わしているのである。彼らにとってはゲームなのだ。楽しいのである。クリントン夫妻が上流社会のチャリティーイベントでたまにやるように、彼らが集まると、締め出された労働者階級を笑いる。彼らが搾取する人々には代替手段がない。第三の道はない。

クリントン夫妻やトランプ夫妻、そしてフォックスニュースやMSNBCのおしゃべり番長たちは、緑の党が小銭で芝生を刈るために存在していると思っている。

毎日毎分、本書で説明されている国家安全保障の仕組みを通じて、アメリカを所有し、アメリカを通じて世界を所有しようとする寡頭政治家は、象徴的に自分たちを殺人的な獣から守るための善の力へと変貌させている。

彼らはそれを「アメリカ」と呼ぶが、その言葉は何を表しているのだろうか。実り豊かな平原の上にある丘の上の輝く都市、あるいは殺人的な暗黒面を持つ隔離された寡頭政治国家だろうか。

答えは明らかである。あなたは巨大な犯罪組織の犠牲者であり、その成功の鍵は、その犯罪と腐敗を秘密にしておく能力にある。秘密支配者たちは、自分たちが何をしているのかについて内部告発することを違法としている。言論の自由も国民の知る権利もない。

プロフットボールチームの億万長者のオーナーと、彼らやネットワークニュースのパートナーがストーリーを形成し、商品を売るために雇ったトークヘッドは、コリン・キャパニックのような黒人選手が国歌斉唱中にひざまづくと、愕然とする。彼らは、そのような行動がアメリカに対して「無礼」であると観客に感じさせようとする。食料品店の前でタバコを売ったために警官に射殺された黒人の子供が後を絶たないことに同情すべきではないと観客に思わせようとするのである。自分たちと自分たちの商品であるフットボールの試合を軍国主義と法執行機関の装いで包むことによって、選挙に立候補する候補者のように自分たちのメッセージを強化するのだ。

トップクラスの警官が組織犯罪のボスと癒着していることも、CIAが世界の違法武器・麻薬ビジネスを仕切っていることも、国防総省が外国に不法に侵攻して破壊し、企業がその国の人々の所有物をすべて盗むことができるようにしていることも問題にはならない。企業犯罪のボスが、利益のために環境を破壊して逃げ出すことは問題ではない。

ギー・ドゥボールが言ったように、「マフィアはこの世界の部外者ではなく、完全に自分の家にいるのだ」実際、統合された光景の中で、それはすべての高度な商業企業のモデルとして立っている

ウルフ・ブリッツァーのようなメディア・ボタンマンが、パレスチナ人が祖国での抑圧の非合法な犠牲者であると正直に話すのを聞くことはないだろう。また、ReMax社がパレスチナ人の土地を盗んで住宅を販売・賃貸していることを批判する声も聞かれないだろう。イスラエルを批判することは、「アメリカ」を批判することと同じで、台本にはないのである。あったとしても、外国語で語られる話だ。

ブリッツァーがアメリカの金融政策を、まともな生活ができないから兵士や警官になるしかないように仕組まれた国家支援テロだと描くのを聞くことはないだろう。なぜなら、国家が後援する検閲は-特にCIAの違法行為に関しては-国家が後援するテロと区別がつかないからだ。

貧しく奪われた「非国家主体」が採用する「選択的」スタイルのテロリズムだけが、テロリズムとして描かれることがある。国家の組織的で超法規的なテロは、単に通常通りのビジネスと見なされる。

ウルフ・ブリッツァーは、アメリカには政治犯がいないと自由に発言できる。なぜなら、麻薬戦争は彼のようなエリートに安全と同時に利益をもたらすからだ。黒人の権利を剥奪し、投獄することは、すべての労働者の賃金を低く抑えるのに役立つ良いビジネスだ。それは問題ではなく、ビジネスなのだ。女性の収入が男性より少なく、最低賃金が貧困レベル以下に保たれているのは、政治とは無関係な理由だと言われている。そしてそれは真実であり、ビジネスとして成り立っているのである。

権力者と安全保障担当者は、自分たちが何をしているのか知っている。Johan Galtungが言ったように、「社会システムとその制度、政府、そして対人レベルにおける個人の合法的犯罪性は、暗黙の暴力である」と繰り返す価値がある。構造的暴力とは、搾取と社会的不公正の構造である」

政治とビジネスは相互に排他的であると言われ、その大嘘が史上最大の秘密工作を可能にする。ビジネスマンは、CIAのような手段を使って、テロリストや反テロリストを含む政治的・社会的な動きを操作し、より多くのお金を稼げるようにする。警察は、抵抗力のある貧困層や黒人居住区を封鎖している。FBIは、道に迷った人、不安な人、知的障害者まで操って、テロ行為を試みさせ、それを阻止するために飛び込んでくる。CIAは世界中で偽旗作戦を行い、国民のテロリストに対する恐怖心を煽り、シリアやイラクなどでは選挙で選ばれた政府を転覆させるためにテロリストを武装させ訓練している。

何十年にもわたって秘密裏に実施されてきた対テロ戦争は、アメリカの法的に犯罪的な社会構造の輪郭を規定している。この構造は、国民をテロから守るという名目で、貧しい人々から盗んで、金持ちに与えるというものである。

国家が支援するテロリズムという「構造的暴力」の根底には、100万人近い幹部からなる拡大し続ける国家安全保障機構があり、彼らはみな、自分たちが維持する構造的暴力から利益を得ているのである。下層では、警官や兵士が英雄になる。寡頭政治家は笑うしかない。中間層の国土安全保障省では、彼らは仕事を得ることができる。

超秘密のCIAから生まれたこの犯罪組織は、他のすべての政府官僚に情報を提供し、アメリカのあらゆる社会運動や政治運動を腐敗させ、神話や商品の消費者を、彼らを抑圧するエリート組織を取り囲む真の信奉者の堀に形成している。これは完璧なシステムであり、日々作り出される危機によって安定化し、予測可能な方向へと不可避的に向かっている。

次の国家的緊急事態、すなわち次の金融メルトダウンや環境大災害では、幹部が動員され、スローガンを叫び、伝統的価値観や多様性をアピールすることになる。幹部たちは、テロリストの代理人の疑わしい活動に関する報告書を検討する。テロリストの定義は、公序良俗に反する危険人物にまで拡大され、その時点で非信仰者は、気候変動への抗議などの政治的犯罪で刑事告発される。

最も意欲的な幹部数名が縄をつかんでリンチ集団となり、国歌斉唱を拒否した人たちを狙うことは想像に難くない。

米国にファシスト独裁者を設置するためには、国民のわずか5パーセントがこのようなやり方で組織化される必要がある。それが、史上最大の秘密作戦、オリガルヒがあなたの所有物をすべて盗むという究極の目的だ。

抵抗する5%の人々は、FBIがマーティン・ルーサー・キング牧師に送った自殺を促す手紙のような「妥協と信用失墜」作戦にさらされることになる。ブッシュ政権が違法なイラク侵攻を正当化するために使ったような偽造文書は、本物と見分けがつかなくなるだろう。

ロシアがDNCをハッキングしたのか、それとも不満を持ったDNCの幹部がハッキングしたのか?知る由もない。

偽りの噂は広まり、従わない人の評判を落とすだろう。人々はこれまで以上に恐怖を感じるだろう。彼らは大事な銃を手に取り、撃ち始めるだろう。夜中の逮捕や行政収容所への失踪も日常茶飯事となる。

混乱の中、CIAは各地に配置したフロント組織の中で暗殺部隊を作動させ、スクールバスにプラスチック爆弾を仕掛け、訓練としてではなく、軍国主義化した警察を呼び出すための挑発を行うだろう。

資産価値は急落し、通りには血が流れ、1万人のトランプとクリントンは、安全なイスラエル式バンツァンに安全に身を置き、あらゆるものを安く買い叩くことになるだろう。

これがフェニックスの未来であり、史上最高の秘密作戦の最終目標である。

用語解説

  • ACLU 米国自由人権協会(American Civil Liberties Union
  • BPP 国境警備隊(タイ)
  • CNC カウンターナコティクスセンター
  • AFIO 元情報将校協会
  • ARVN ベトナム共和国陸軍
  • ARPANET 高等研究計画局ネットワーク
  • CI 対反乱戦または対諜報戦
  • BNDD 麻薬・危険物局(1968-1973)
  • BUNCIN 麻薬局秘密情報ネットワーク
  • CIA 中央情報局
  • CORDS 市民作戦と革命的開発
  • CT 対テロリズムまたは対テロリスト
  • CTC テロ対策センター
  • CTT カウンターテロチーム
  • DEACON 麻薬取締局秘密作戦ネットワーク
  • DEASOG Drug Enforcement Administration Special Operations Group(麻薬取締局特殊作戦グループ)。
  • DHS Department of Homeland Security(国土安全保障省)
  • DIOCC District Intelligence and Operations Coordination Center(地区情報業務調整センター)
  • FEMA 連邦緊急事態管理庁
  • FBI 連邦捜査局(Federal Bureau of Investigations
  • FBN 連邦麻薬局
  • FI フォーリン・インテリジェンス
  • GVN ベトナム政府
  • HUMINT ヒューマン・インテリジェンス
  • ICEX-SIDE:Intelligence Coordination and Exploitation-Screening Interrogation and Detention of the Enemy(情報調整と活用-敵の尋問と抑留のスクリーニング
  • IDIU Interdepartmental Intelligence Unit(省庁間情報ユニット)。
  • IGO インテリジェンス・グループ-オペレーション
  • IOCC 情報・作戦調整センター
  • ITG 国際テロリズムグループ
  • JTF-CS 統合任務部隊-民間支援
  • 国民党 国民党
  • MACV ベトナム軍事支援司令部 MIG:ミリタリーインテリジェンスグループ
  • MSS ミリタリーセキュリティサービス
  • NATO 北大西洋条約機構
  • NED 全米民主化基金
  • NIC 国家尋問センター
  • NIO 麻薬情報担当官
  • NLF 民族解放戦線
  • NSA 国家安全保障局
  • NSC 国家安全保障会議
  • NVA 北ベトナム軍
  • OSS 戦略サービス機関(Office of Strategic Services
  • PA 主な代理人
  • PA&E パシフィック・アーキテクツ・アンド・エンジニアーズ
  • PAT Political Action Team(政治活動チーム)
  • PHMIS Phung Hoang Management Information System(フン・ホアン・マネジメント・インフォメーション・システム
  • PIC 省尋問センター
  • PICC 省情報調整センター
  • PIOCC 省情報操作調整センター
  • PRT 地方復興チーム
  • PRU 省内偵察部隊
  • RD 革命的開発
  • RDC 革命的開発幹部 RIU:地域情報ユニット
  • SAD 特別活動部 SIO:戦略情報局
  • SOA スクール・オブ・ザ・アメリカズ
  • SOD 特殊作戦部 SIFU:Special Intelligence Field Unit(特殊知能フィールドユニット)
  • TIPS テロ情報・防止システム
  • TLO テロ連絡官
  • USAID 米国国際開発庁
  • USIS 米国情報サービス
  • VC ベトコン
  • VCI ベトコンインフラストラクチャー
この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました