プロパガンダ・全体主義抵抗戦略政治・経済暗号通貨・地域通貨・CBDC

カウンター・エコノミクス | 路地裏から星まで by SEK3 /レビュー | ウェンディ・マクエルロイ
Counter-Economics: From the Back Alleys… To the Stars by SEK3 Reviewed by Wendy McElroy

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.agoristnexus.com/counter-economics-from-the-back-alleys-to-the-stars-by-sek3-reviewed-by-wendy-mcelroy/

byWendy McElroy

サミュエル・エドワード・コンキン3世 (SEK3,1947-2004)は、著書『カウンター・エコノミクス』(原題:カウンターエコノミクス:裏通りから星へ』は、彼が15年以上にわたって行ってきたアゴリズムに関する執筆、活動、研究の最高傑作である。アゴリズムとは、SEK3が創始し、説き、実践してきた独自の反国家主義的哲学である。この哲学は、カウンター・エコノミクスという戦略とライフスタイルを通して実現される。

本書の「はじめに」で、SEK3はカウンターエコノミクスを定義している。「カウンターエコノミクスとは、公式の正当性(政府の立法)にもかかわらず行われる人間の行為の部分の研究と実践である」それは、「国家に受け入れられず、いかなる開始的暴力や暴力の脅威も伴わない、すべての人間的行為の理論と実践」である。言い換えれば、カウンターエコノミクスは、すべての非強制的な人間行動を実践的に受け入れるものであり、Agorismはその完全な実現であると同時に、その哲学的な基盤でもある。

また、「はじめに」には、この本の目的が書かれている。「自己啓発書なのか、個人的な解放のためのマニュアルなのか、財務アドバイザーなのか、難解な経済学のテキストなのか、反政治的な綱領なのか、泥臭い歴史書なのか、地下生活のセンセーショナルな暴露本なのか、無政府主義の料理本なのか」と問いかけている。答えは、「上記のすべて」である。というと混乱するかもしれないが、この文章の主目的は、今日のほとんどの人の頭の中では通常つながっていないこれらのトピックから統一性を引き出すことである」本書は、「カウンター・エコノミクスとは何か」を実践的に「読者に示す」ための「自己啓発書」である。

2004年2月23日、SEK3が急逝したため、この計画は中断された。彼が残した未完成の原稿は、SEK3による序論と6つの全章、そして残りの12章のアウトラインで構成されている。SEK3が亡くなった時には、10章まで書かれていたらしいが、6章までしか見つかっていない。幸いなことに、アウトラインには、欠落した章の意図する内容がスケッチされており、発想の展開に流れがある。また、SEK3による「付録」と、SEK3の最も親しい友人であり、現在もアゴリズムの提唱者であるビクター・コマンによる「あとがき」が掲載されている。

ほとんど書きかけの本をレビューするのは奇妙なことだ。ただ、ひとつだけ難しいのは、SEK3が完成品に向かって進むにつれて、概要で発表された内容が変容している可能性があることだ。しかし、SEK3の遺作が、どんな形であれ広く流通することなく、埃をかぶっているのは間違っているように思う。この人物は、回収できる限り世間に公表する必要があるのだ。

小欄も明らかに同意見で、彼の出版ベンチャーKoPubCoは2019年に『カウンターエコノミクス』の電子書籍版を発行し、それが唯一のバージョンとして残っている。彼は、キーが不規則なタイプライターで書かれた原稿をスキャンするという大変な作業を行った。つまり、スキャンしたものを修正する作業は手ごわいものだった。また、3分の1世紀も前の作品、しかも日進月歩の時代であるため、どうしても古くなってしまう歴史的な文献を削除するなどの慎重な編集も行われた。しかし、「たとえ引用文献が古くても、『カウンター・エコノミクス』の根底にある原理は一貫しており、タイムリーであることがわかった」とコーマンは説明している。

このレビューも同じ結論で、歴史的な言及はほんの少しか全くなく、原則が強調されている。しかし、私は、SEK3の歴史的な解釈にも、それを強調する理由にも、大きく同意できないからだ。歴史はアゴリズムの表現にプラスになるどころか、マイナスになると思っている。

私がSEK3と意見が合わないのは、「物事が悪くなればなるほど、物事は良くなる」という彼の主張をめぐって、彼と私がよく議論したことに端を発している。彼は、社会の自由度が低下すると、より多くの人々がカウンターエコノミクスに傾倒し、アゴリズムやアナーキーに近づくと信じていた。カウンターエコノミー主義者は、イデオロギーではなく、必要性から闇市を受け入れるかもしれない、と彼は認めたが、どんな動機でも個人の自由を高めるのである。第3章「ソ連のカウンターエコノミクス」では、SEK3が逆説的な真実と呼ぶものが説明されている。「カウンター・エコノミー理論の大前提はこうだ:経済への政府の介入が多ければ多いほど、カウンター・エコノミーは大きくなる。..だから私たちの理論の積極的なテストは、全体主義国家を詳しく調べ、カウンター・エコノミー活動の程度を観察することだ」と。

SEK3が全体主義国家、特にソ連の経済史に多くのスペースを割いているのはこのためだ。

歴史の利用はいくつかの点で問題があり、本書の目的にとって極めて重要であるため、ある程度深く分析する必要がある。ひとつは、彼の理論が要求するように、ある国家内のカウンターエコノミクスのレベルを測定することはもちろん、他の国家と正確に比較することも不可能であることだ。闇市の活動はレーダーに映らない。第二の問題点は、SEK3の証拠に説得力がないことだ。彼の理論の証明は、巨大で深い歴史の貯水池の表面に沿ってスキップし、あらかじめ確立された仮定の道筋をたどっているのだ。その仮定は正しいかもしれないが、SEK3は事実を検証して結論を導き出すことはしない。結論ありきで、その裏づけを探す。第三の問題点は、新聞報道など信頼できない情報源に大きく依存していることだ。新聞報道は、偏向していたり、不正確であったり、競合する証言と矛盾している可能性がある。

しかし、もっと大きな困難がある。「もし、SEK3が、国家がより抑圧的になればなるほど、国家に対する経済的抵抗が増すということだけを意味しているならば、全体主義は生活を地獄のようにするから、「より良い」という言葉は不適切である。しかし、SEK3はもっと多くのことを意味している。カウンターエコノミクスとは、非国家的かつ非暴力的な人間の行動すべてを含むと定義されている。つまり、「より良い」という言葉は、単に全体主義下の経済活動だけではなく、人生のほとんどに適用される。これは少なくとも2つのレベルで奇妙である。第1に、自由は物事を「悪く」するということを暗に示している。第2に、抑圧的な国家は、絶望した人々をカウンターエコノミクスに走ることで法を破るように駆り立てるかもしれないが、これは状況の悪化が彼らにとって物事を良くすることを意味するのではない。全体主義をアゴリスムへの入り口に変えるものでもない。

それに対して、私は、物事が悪くなればなるほど、物事は悪くなり、物事が良くなったり、自由になればなるほど、物事は良くなり、自由になると考えている。

SEK3の理論を、人間の苦しみに鈍感だと誤解してはいけない。彼の著書は、その逆の表現である。『カウンター・エコノミクス 』は、個人生活や社会生活において、「今日の論争を解決し、明日の選択を導く方法」を教えることによって、人々の生活を向上させるために書かれたものである。「私は、この本が読者にとって、もう一つの身近な生き方について、実に楽しく、興奮するものであり、私たちの社会生活を悩ますいくつかの厄介な問題に新しい説明を与え、おそらくいくつかの問題を解決してくれることを願っている」

未完成の『カウンター・エコノミクス』も人々を刺激している。How to Opt-Outof the Technocratic State』の著者であるデリック・ブロズ氏は、SEK3の使命を引き継いでいる。彼のカウンター・エコノミクス』の書評では、「コンキンの最後の作品の最も重要な点の一つは、ほとんどの人が法律を破っても間違っていないと感じるように仕向けた国家の心理操作とプロパガンダに対する議論を具体化しようとしたことである。国家の教化センター(別名、公立学校)を通じて、国民は、収入をすべて報告しなかったり、政府の税金マシーンを養うことを伴わない任意の交換をしたりすると、罪悪感を感じるべきだと信じるように仕向けられてきたのだ」

ブロゼは、SEK3の本のユニークな点を指摘している。それは、カウンター・エコノミクスの心理学を展開している点である。SEK3は、「急進的なリバタリアニズムの最も危険な考えは」、「国家機構に対する自発的な代替案」ではないと宣言している。「最も危険なのは、国家に従わないことは良いことだという道徳的な考えであり、人は法律を破って自分のしたいことをすることに罪悪感を感じるべきでなく、誇りを感じるべきだ!」反国家主義であることや法を犯すことに一片の恥も感じないようにすることが、Agorismの前提条件である。

もう一つの前提は、カウンターエコノミクスがすでに社会に浸透しており、異常なもの、忌まわしいものとしてスティグマ(汚名)を着せるべきではないという認識である。それは普通のことであり、誇り高いことなのだ。日常生活は規制され、法律を破ることは規制する側にとっても必然である。些細なこと(例:赤信号に逆らって渡る)であれ、大きなこと(例:脱税)であれ、誰もがカウンターエコノミー的な行動をとっている。犯罪者になるのだ。そうすると、たとえ意識的でなくても、国家に対する尊敬の念が薄れ、自由が増すのである。

カウンターエコノミー主義者の多くは、アナーキストでもリバタリアンでもなく、自分たちを豊かにしたい人たち、あるいは国家の介入に憤慨している人たちである。例えば、高い税金に対する憤りは、イデオロギー的な議論よりもカウンターエコノミー主義者を多く生み出す。しかし、やはり、イデオロギー的でない意図は、闇市の活動の有益な影響を弱めることはない。社会主義者やファシスト、あるいはイデオロギーや思想を持たない者がカウンターエコノミー的行為を学び、実践するならば」、SEK3は「最も純粋なリバタリアニズムが、私の考えでは前進したことになる」と主張している。「そのために、『カウンターエコノミー』の哲学的な意味合いは、あえてこの本の最後に残してある」

カウンター・エコノミクスは、イデオロギーのためではなく、繁栄と自由を求める人間の生来の欲求のために広まっている。国家は人間の本性を止めることができないので、国家がカウンター・エコノミクスに対して無力になるのは、ミーゼスが広めた人間の行動に関する学問である「プラクセオロジー」である。しかし、このことは、人々が自分自身の自由の力学を理解していることを意味しない。したがって、アゴリストの最初の仕事は、人々にカウンター・エコノミクスの方法を教えることであり、いったん人々が自由のために積極的に参加するようになったら、彼らの行動がなぜ正しいのかを教育することである。カウンター・エコノミクスはHowから始まる。

第1章 税金カウンターエコノミクス麻薬市場と脱税は、カウンター・エコノミクスにとって最大の「勧誘・意識改革」活動だろう。どちらも、SEK3が「Counter-Economyの税法違反者の中で最もハードコアなコミットメント部門」と見なす「アンダーグラウンド・エコノミー」の一部である。彼らは社会の地下で最大のセクターを形成している。おそらく、彼らがハードコアであるのは、その選択がランダムで脈絡のない行為ではなく、計画的な行動の持続的なパターンを構成しているからであろう。日常的にはどうなのだろうか?

経済学から始める地下に潜るには、3つの方法がある。1つ目は、取引を完全に「簿外」にすることである。路地裏取引や握手による取引では、紙の痕跡が残らない。2つ目は、利益を隠蔽しつつも、国家が調査できるように帳簿を操作することである。これは、受け取った現金や収入の一部を記入しないといった簡単なものである。第三は、二重会計を行うことである。お金を隠すために二重会計を行う場合、一方の帳簿は税金対策として、実際よりも低い所得を反映し、もう一方の帳簿は現実を反映している。

最初の「帳簿外」の方法は、個人が最もよく使う方法であり、ほとんどの場合、追跡不可能な(あるいは追跡困難な)金銭と共謀が含まれる。「彼ら(国家捜査官)は記録と証言を必要とする」違法取引が追跡不可能であれば、国は犯罪の発生を証明することができない。このため、経済対策担当者にとってプライバシーは最重要事項となっている。取引には危険な他人が関与しているため、証言の欠如を確保することは不可欠である。いわゆるホワイトマーケットと呼ばれる表立った取引では、「共謀はもちろん値引きで買われる」サービス提供者は、現金で買う人に広告価格の10%引きをするのが普通である。アングラ取引に協力した場合、その人たちも同様に「有罪」であるため、共犯となる。麻薬の売人のように、「商品の独自性によって共犯関係を購入できる」場合もある。特定の麻薬を手に入れるには、地下に潜りリスクを共有するしかない場合もあるのだ。物々交換も共犯関係を成立させる。物々交換の利益は、単に参加者が得る利益だけでなく、他のカウンターエコノミストを生み出すことでもある。間接的な参加者もまた、カウンターエコノミーに近づき、国家から遠ざかる。彼らは、ある取引について知っていながら当局に報告しない人たち、つまり家族、友人、知人、偶然の観察者、取引のことを又聞きした人たちで構成されている。

2つ目の「帳簿の操作」は、個人よりも企業でよく使われる方法である。例えば、店頭やレストランでは、オーナーが収入の一部を記録せずにポケットに入れるスキミングが一般的である。(これは従業員のスキミングとは異なり、オーナーが盗んだお金ではなく、正直に稼いだお金である)。しかし、個人でも帳簿を操作することは可能だ。SEK3では、2つの例を挙げている。「ある退職者グループは、競馬場で大金を賭ける人たちのために賞金を集め、それを高額所得者を避けた人たちのバックに回している。経費口座は、個人の収入帳簿に載らないようにするために、あらゆる種類の取引を吸収することができるし、実際にそうしている」

三番目の二重会計は、自分用の帳簿と国用の帳簿を用意することである。現金収入の半分を申告せずにポケットに入れることもある。SEK3は、「5年間1パーセントも税金を払っていない」と豪語するカリフォルニアの商人の話を紹介する。この商人は、「一番大事なのは一貫性だ」とアドバイスしている。「毎年、同じ額を払うこと。1年間何も取らずに放っておいて、次の年に20%取ったら、バレますよ」プライバシーと一貫性は、「帳簿」をいじくる人間にとって重要なことである。

第2章:国際カウンターエコノミーSEK3は、個人からグローバルへ。理想的な世界には国境はない。あるのは、成功した起業家が競争的な方法で乗り越えなければならない、川や山といった地理的条件だけである。国際カウンターエコノミクスは、「国家が架空の境界と、軍隊や海軍はもちろん、税関検査官、入国管理官、財務官などの実際の執行者を押しつけるときに生じる」ものである。

国際カウンターエコノミー市場は2つに分かれる。合法的な商品のホワイト・マーケットは、国家を障害とみなし、賄賂や抜け道などのメカニズムによって克服する。違法な商品のブラックマーケットは、政府を避ける。どちらも、程度の差こそあれ、カウンターエコノミクスを表現している。そして、海賊版放送や産業スパイなどの「情報」も、「国境回避型商業」の一種である。残念ながら、SEK3は、グローバルなカウンターエコノミクスの「方法」については、ほとんど教えてくれない。

その代わりに、様々な全体主義国家の具体的な状況や歴史を探求している。その際、SEK3は重要な問いを投げかけている。「国家の力が大きくなりすぎて、カウンターエコノミーがそれに応えて成長するどころか、潰されてしまうことはあり得るのか」しかし、それは例と結論を通してでなければ、完全には答えられない。

もう一つ興味深いのは、「カウンターエコノミー」は、単に利益を最大化するためのビジネスモデルとして成功するのか、という点である。この問題の核心は、法を犯すビジネスマンが、法を守るビジネスマンよりも「安い-はるかに安い」製品やサービスを提供することになるのかどうかということだ。法律を犯すことは、賢明なビジネスモデルなのだろうか?もしそうなら、その利益動機は闇商人を生み出し、やがてアゴリストになる可能性がある。残念ながら、SEK3は、この思考回路を「本の最後に」展開することを約束している。

第3章 ソ連のカウンターエコノミーソ連のカウンター・エコノミクス「カウンター・エコノミー理論の大前提はこうだ:政府の経済への介入が多ければ多いほど、カウンター・エコノミーは大きくなる」第3章の冒頭でそう述べている。第3章はこう始まる。SEK3は、アメリカの保守主義が反対の意見、すなわち、全体主義の共産主義体制によって起業家精神は「ほとんど消滅した」と主張していることをよく承知している。

彼は、「現実はどうなのか」と問う。SEK3が答えを求めて分析に選んだ現実はソビエト連邦であり、彼は自説にとって最も困難なケースとみなしている。「ソビエト社会主義共和国連邦は、アメリカよりも国家による介入が多いことは、多くの人が認めるところだろう。したがって、カウンター・エコノミクスもより多く存在するはずだ。(注:上記の仮定は、カウンターエコノミクスを反国家主義的または反国家主義的活動と定義した場合のみ有効であり、非国家主義と定義した場合は、全体主義国家よりも力の弱い国家の方がカウンターエコノミクスが少ないと考える根拠はない。実際,かなり多く存在すると思われる)。

この章の多くは、ソ連の闇市場やカウンターエコノミー的な逸話を断片的に説明し、それが規範を示すものとして提示されている。国家は無力か加担しているように描かれている。このようなソ連の歴史の描写の正確さを扱うよりも、この章が提供する一般的な洞察や原則に焦点を当てる方が興味深い。

例えば、SEK3は、北米のカウンターエコノミーとソ連のカウンターエコノミーの違いが、2つのダイナミクスを形成していることを指摘している。北米のものは、ほとんどが「禁断の果実」または脱税を目的としたものである。ソ連のそれは、合法だが入手不可能な、あるいは国から入手できるものよりはるかに品質の良い消費財が主体である。これはしばしば密輸された外国製品を意味する。これに対し、北米では、入手可能で高品質であることは当然と考えられている。

闇市に対するソ連国家の反応は魅力的である。一方では、「並行市場の活動が巨大化し、「経済と人民に対する支配力」が損なわれることに脅威を感じている。しかし、経済を維持するためには、ある程度の闇市の活動が必要であることを認識している。さらに、並行輸入市場に追加の法律を課すと、従順でないと採算がとれず競争力がなくなるため、カウンターエコノミー主義者が増えることになる。法律を守っている人たちは、単に生活のためにカウンターエコノミーに押され、それが彼らの心理に影響を与えるのである。「秘密裏に行われる地下活動は、ソビエト国民の大部分に広範囲に及ぶ心理的影響を与える。そして、私企業は公式の共産主義イデオロギーと絶対に矛盾する。..ここで重要なのは、カウンターエコノミー活動に対する国家の無力さと個人の潜在力である」

SEK3は、自分の理論の欠点に気づいている。カウンターエコノミーがそれほど強力で止められないのであれば、なぜそれが経済本体になり、国家を駆逐しないのだろうか。彼はこう答えている。「これまでのところ、カウンター・エコノミーの失敗は、精神的、霊的、心理的なレベル、つまり抽象的なレベルである。これからわかるように、抽象化の科学者や技術者、つまり知識人は、これまでのところ、カウンター・エコノミーを分析し、正当化することに失敗している。したがって、カウンター・エコノミストは、得体の知れない罪悪感の重荷の下で活動している。この状況を変え、カウンターエコノミーに本格的な自己正当化哲学-アゴリズム-を提供する努力が始まったばかりである。カウンターエコノミーがもたらす利益のためにカウンターエコノミストになった人は、状況が変わるとそれを放棄してしまい、カウンターエコノミックのエンジンになることはできない。ライフスタイルとして取り入れるには、アゴリズムの哲学の素地が必要だ。

第4章麻薬のカウンターエコノミーほとんどの人は、「麻薬の消費、生産、農業、流通網、資金調達、輸送、密輸、さらには代替通貨としての利用などのカウンターエコノミー」についてよく知っている。これらの問題は、メディアで非常に多く取り上げられているからだ。しかし、この「身近さ」が、「このテーマを取り巻く強烈な非合理性(と不正確さ)」のために、薬物カウンターエコノミクスを伝えることをより困難にしている。教育が必要である。

例えば、禁酒法は政治改革によって破られたのではないことを理解することだ。市民的不服従と、違法なアルコールが「合法的な課税価格とほとんど変わらない価格で大量かつ容易に入手でき、この市場に参入する「コスト」(追加リスクという意味)は非常に低く、上院議員や保安官の前でさえ平気で酒を飲むことがあった」という事実によって、禁酒法は潰された。その結果、「禁酒法が禁止できなかったことは、アメリカにおけるカウンター・エコノミクスの最も見事な勝利であった。適度なアルコール(それが何であれ)は、今やほとんど完全に容認されている」

しかし、必要な教育の多くは心理学的なものである。ここでは、第1章で紹介したテーマ、「共謀者あるいは共犯者の重要性」を発展させたものである。麻薬の使用者や売人と共謀することで、麻薬に関するカウンターエコノミクスへの態度が変化する。SEK3は、この現象を「資本ピラミッド」と「水平ネットワーク」という2つの概念で説明している。(「資本ピラミッド」という言葉は、オーストリアの経済学者オイゲン・フォン・ベーム・バウエルクに最も関連する専門的な経済用語である)。ピラミッドの底辺にいるのは薬物消費者で、使用したことのない人でさえ、友人や家族の中に使用したことのある人や使用している人を知っているほど浸透している。「家族の誰かが違法薬物を使用していることを知っている人は、全員共謀罪の対象となる」これらの共謀者は、「違法なものに手をつけることなく、組織犯罪の一員となっている。..この時点で、北米のほぼ全人口がすでに関与している」のである。売人にも「友人、親戚、知人が「援護」してくれる。..そして、街角やキャンパスの広場、マリブのカクテルパーティで、取引を見て、それを放置し、おそらく自発的に法執行機関の通過を起業家に警告している人たちもいる」共謀が下から上へ(資本ピラミッド)流れるか、水平に動くか、共謀者が積極的に協力するか、黙認するかは別として、麻薬使用者や売人を保護する人は、麻薬市場の一面となる。このことは、彼らをカウンターエコノミクスに開眼させる。

第5章インフレーション カウンターエコノミクス インフレーションは偉大なカウンターエコノミクスである。何世紀にもわたって、不換紙幣(国家が課したお金)は、流通量を増やすことで価値を希釈してきた。この窃盗は、直接税と同じくらい有害である。そして、代替通貨の人気を考えると、人々は不換紙幣が窃盗であるという事実に目覚めつつある。SEK3は、「インフレは、税金から麻薬に至るまで、カウンターエコノミクスのすべてとつながり、相互作用している。その効果は。..北米の人々を大きく先鋭化させている」

インフレが進めば進むほど、カウンター・エコノミーは強くなる。価格統制のような反インフレ策でさえ、「熱に対抗するために体温計の水銀を抑えるようなもの」なので、カウンターエコノミーを強化する。インフレとそれに対抗するための措置は、「一夜にしてほとんどすべての市場を闇市場に変えてしまう」ことがある。インフレは人々を国家に敵対させる。SEK3は、人々がカウンターエコノミクスになるスピードと完成度には、「実現」が重要であることを改めて強調している。

(カウンターエコノミー銀行について述べている。このテーマは、アンソニー・L・ハービスと彼のプライベートバンキング業務に関するAgorist Nexusの記事ですでに深く取り上げられている)。

インフレはもう一つのカウンターエコノミー的な道、物々交換を促進する。SEK3は、出発点として、常識的なルールを綴ったアシモー・ダイアン・サイモンの『物々交換の本』(1979年)を推奨する。その中で、特にカウンターエコノミー的なものが二つある。

  • 直接交換を行う。物々交換クレジットシステムや物々交換クラブは便利であるが、その代償としてプライバシーが損なわれる。
  • トランザクションを記録しない。

第6章情報カウンターエコノミクス「国家公務員のモニタリングの目がある場合とない場合の街頭取引の初歩的な違いを考えてみよう。情報のコントロールは、国家の機能そのものをめぐる戦いである。もし、政府への情報の流れをすべて断つことができたら、政府は行動できなくなる」

情報によって国家による捕食から人を守るには、3つの基本的な方法がある。そのうちの2つは、人が単独で、あるいは比較的そうであることを想定しており、3つ目はその逆を想定したものである。

3つ目は、国家の犠牲者であることにできるだけ注意を喚起する「知名度向上」のアプローチである。「有名なシカゴ8人組は、有罪判決を受けた後でも、何年も刑務所から出られないようにするために、世間の注目を浴んだ。国家は、殉教者を作ることを嫌う」殉教者という概念は、「情報の力を示すものであり、良いストーリーを持った死体以外の何ものでもない」のである。殉教者とは、いい話のできる死体のことなのだ。

他の2つの戦略はより安全である。

別人格を作り、分身にすべてのリスクを負わせる。これが危険すぎるようであれば、その身分を捨てることもできる。バリー・リードの「The Paper Trip II」は、この戦略を検討するのに適した本であるが、この本の具体的なアドバイスは時代遅れになっている。しかし、分身にも問題がある。もし国家が第二のアイデンティティに迫ってきたら、国家はあなたに迫ってきている。身分を捨てるということは、銀行口座、クレジットカード、連絡先など、その利点を捨てるということだ「複数のID-それをきちんと管理できるのであれば-は改善される」

SEK3は、「レイヤー情報フロー」と呼ばれる、他者との関係性によって共有する情報の種類を変えるアプローチを採用した。最も内側の層は、信頼できる親しい人たちであり、その人たちとは非常に個人的な情報や危険な情報を共有することができる。しかし、今日の親友が明日の敵になる可能性もあるため、注意が必要である。「すべての商業情報の最も奥にあるのは、あなたの記録である。あなたの帳簿は、あなた以外の誰が見るべきものだろうか?うまくいけば、誰も見ないはずだ」第二層は、気の置けない友人や遠い家族である。次に、「顧客、クライアント、サプライヤー、パートナー」である。彼らは、あなたについて何か特定のことを知っているだけでなく、もしあなたが彼らと親しくなりすぎると、彼らは。..2つを一緒にすることができる立場にある。第3層は最も危険である。

親しい人を除いては、仕事と遊びを混同してはいけない。そして、相手があなたを危険にさらさないという既得権益を持つように、あらゆるつながりの層でリスクを交換することだ。テーブルの下でお金を払う人は、それを受け取ったあなたを警察に突き出さない理由がある。どのような場合でも、カウンターエコノミー的な活動を明らかにすることの危険性を評価し、そのリスクに見合う利益があることを確認することだ。

プライバシーをコントロールすることが重要SEK3は、当時としては、プライバシーを確保しないまでも、プライバシーを強化するための技術、特にコンピュータの利用について、最先端を走っていた」鍵「は公開鍵暗号方式である」と述べるが、「暗号通貨はダイナミックに進化するシステムである。一方が暗号を解読すると、もう一方がまた解読を逃れるために新しいシステムを開発する、非暴力的な軍拡競争なのである」と述べている。SEK3は、暗号やその他のe-protectionが常に更新される必要があることを率直に認めている。

第7章から第10章までは、執筆済みで、デジタルで存在すると噂されている。..どこかにあるはずだ。残念なことに、それぞれの簡単なあらすじが書かれたアウトラインしか見つかっていない。未執筆のものを批評するのは明らかに不公平なので、各章のヒントとなる内容を簡単に列挙し、コメントは控えめにすることにする。

第7章密輸のカウンターエコノミクス。密輸の遍在性が強調されている。国境を越えて何かを密輸したことがない人はいないだろう。

第8章輸送のカウンターエコノミクス「物を移動させる必要性は基本である。方法は、徒歩、自家用車、商業輸送、政府が管理する公共手段などを挙げ、すべてにおいてカウンターエコノミー的な利用例を示す」

第9章エネルギーカウンターエコノミクス。この章では、「小規模な代替エネルギーや太陽光発電に対する政府の「奨励策」が、実は独占的な電力会社を保護している」という欺瞞を暴露している。公共エネルギーラインの盗聴と株の偽装のカウンターエコノミクスを調査することが約束されている。

第10章人間のカウンターエコノミクス。この章は、「カウンター・エコノミーが冷淡で非情であるという長引く疑念を払拭する」ためのものである。不法滞在者、カウンターエコノミーとしての労働、難民を扱っている。

コマンは、第7章から第10章が見つかれば出版すると書いている。一方、第11章から第18章は間違いなく未執筆であり、簡単な説明が付されている。

第11章 異端者と知的カウンターエコノミクス反体制派と知的カウンターエコノミクス。この章は、「地下の政治・宗教・学術活動とそのマーケティング」を提示することで、「学者やより知的な批評家をつかむ」ことを意図している。

全世界の反対運動 地下の新聞や出版も含まれ、公立学校に代わる教育についてのセクションもある。SEK3はアングラ出版の内部事情に通じていた。

第十二章セックス・カウンターエコノミクス。「誰もがやっているが、ほとんど誰も気にしていない」がテーマで、「それ」とは違法だが合意のある大人の性行為のことである。ポルノと売春に焦点が当てられている。「南カリフォルニアの路上販売されるセックス新聞のクラシファイド広告が、他のタイプのカウンターエコノミー的なビジネス取引や広告ニーズのモデルとして引用・展示される」SEK3はこのような出版物のレイアウトを担当したので、ここでもインサイダー的な視点があったのだろう。

第十三章フェミニストのカウンターエコノミクス 国家は性差別を行い、その例として助産師が挙げられるが、カウンターエコノミーは「性差別、色差別、信条差別」であるため、人々がそのような障害を回避することを可能にする。

第十四章正義のカウンターエコノミクスこれは、「読者の心の中にある燃えるような疑問、すなわち、政府なしで、実際、契約と正義の両方の積極的な敵としての政府で、正義と契約はどのようにして維持できるのか」に答えるものである。仲裁とカウンター・エコノミックの正義のメカニズムが探求されている。

第十五章心理学カウンターエコノミクス。テーマは、「心理的な「健康」、つまり自立と責任をとることを客観的な行動で補強すること」小項目に分かれている。「権威主義」「人間力運動」「具体的事例」「相互補強」に分かれている。

第16章、第17章、第18章は、『カウンターエコノミクス』の第2部を構成している。これらの章は、本書全体を支える思想的な支えとなるものであり、「アゴリズム」を提供するものである。

第十六章カウンターエコノミクスを理解する「どうして私はこんなに頭がいいのだろう」?がこの章のテーマである。他の社会はせいぜい部分的にしか「理解」していないのに、どうして著者はこれだけのことを理解できるのでしょう?を綴ることを約束している。

「人間の行動を予測し 科学的に記述するために」「よくできた実証済みの理論である」Praxeology(プラクセオロジー)。カウンターエコノミクスがなぜ、どのように機能するのかを説明している。

第十七章カウンターエコノミーに対抗する。この章では、「国家の起源と本質」、「確立経済学」、「行き詰まり運動」を取り上げて、「カウンターエコノミクス」がまだ経済学」になっていない理由に答えている。これにより、最終章で提示される以外の選択肢はすべて排除される。

第十八章社会的カウンターエコノミー。リバタリアン理論とカウンターエコノミックの実践が統合されている。SEK3は、最終章を「重厚で学術的な文体の全集」に発展させることを約束している。

もしこの意図が実現されていれば、SEK3の次著は、ハードコアなリバタリアン理論とカウンターエコノミックの実践との詳細な統合という、アゴリズムの提示における空白の穴を埋めるものとなっていたことだろう。この2つの組み合わせは、ほとんどアゴリズムの定義と言えるものであるが、まだ深く実現されてはいなかった。

SEK3の未練たらたらなヒントの本が、今、切実に求められている。彼の文章が取りがちな荒削りな形であっても、SEK3は自由運動に多大な影響を及ぼしている。この言葉を疑う人は、有名なシルクロードの生みの親であるロス・ウルブリヒトの言葉を引用したフォーブスの記事より先に行く必要はないだろう。シルクロードは、匿名性のためにTorとBitcoinを使用した無政府主義的な電子市場であった。ウルブリヒトは、SEK3とその副官であるJ・ニール・シュルマンからインスピレーションを受けて設立した。ウルブリヒトはこう宣言する。

「経済と自由への理解を深めるために、あらゆる本を読んだが、それは知的なものばかりで、自分が学んだことを周りの人に伝え、できればその人たちに光を見てもらいたいと思う以外、行動を起こすきっかけはなかった。シュルマンのプロメテウス賞受賞作「夜と共に歩む」やサミュエル・エドワード・コンキン3世の著作を読むまでは、そう思っていた。ついに、パズルのピースが見つかった。政府のコントロールの範囲外で行うすべての行動が、市場を強化し、国家を弱体化させるということが、突然、明らかになった。国家がいかに世界の生産的な人々に寄生しているか、そして税収がなければいかに早く崩壊してしまうかを目の当たりにした。給料が払えないなら、兵士はいらない。抑圧している人々から何十億ドルも吸い上げられなければ、麻薬戦争もできない。

SEK3の最大の仕事は、理論と実践の融合であり、その実現が待たれている。カウンターエコノミクス』はその青写真である。それはSEK3からの餞別であり、カウンターエコノミクスが必要とするイデオロギーを具体化するエネルギーを持つアゴリスト作家のための知的DIYキットなのである。

ウェンディ・マクエルロイ

ウェンディ・マッケロイは、カナダの個人主義者であり、フェミニストである。1982年に雑誌「ボランタリスト」と現代運動を共同設立し、10数冊の本と数十本のドキュメンタリーを執筆している。FOX Newsに数年間勤務し、Reason Magazine、Bitcoin.com、Mises Institute、Penthouseなどの学術誌や現代ジャーナリズムのサイトに何百もの記事を掲載している。ウィキリークスとジュリアン・アサンジを声高に擁護している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました