プロパガンダ・全体主義ロバート・マローン民主主義・自由資本主義・巨大企業

我が国の腐敗 逆全体主義:世界経済フォーラムは、資本主義による世界的な政治的掌握を象徴している Robert Malone

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

The Corruption of our Nation

rwmalonemd.substack.com/p/the-corruption-of-our-nation?s=r

ロバート・W・マローン医学博士、MS

われわれ人民は、議会と裁判所の両方において、憲法を転覆させるためではなく、憲法を曲解する者を転覆させるために、正当な主人である。

– エイブラハム・リンカーン

科学、医学、政治は、公共政策という同じ布に織り込まれた3つの糸なので、3つを同時に解決するよう努力しなければならない。 グローバル企業家による政治システムの腐敗は、科学、医学、医療システムにも波及しており、暴露されなければならない。さらに、企業の利益による科学と医学の倒錯は、その範囲を拡大しつつあり、悪質かつ対処不能である。 企業利益による規制の捕捉は、我々の政治、政府機関、研究所の至る所で横行している。 企業主義者は政府の3つの部門すべてに浸透しており、コントロールを取り戻すのは我々国民にかかっている。企業-公共パートナーシップは、もう一つの名前がある。その名前はファシズムで、企業と国家の利益の融合のための政治学用語である。基本的に、共和国と市民の利益(ジェファーソンはこれを第一義と考えた)と、ビジネスと企業の財政的利益(ハミルトンの理想)の間の緊張は、一般市民を犠牲にして、企業とその億万長者の利益にあまりにも大きく揺らいでいる。

国家とその統治部門(「ディープ・ステート」や凝り固まった官僚機構を含む)は現在、国民に奉仕するのではなく逆に、主に多国籍企業やその経営者、所有者の利益のために働いている。このような政府の仕組みを最もよく表す言葉を「逆全体主義」と呼ぶ。この言葉は、政治理論家であり作家でもあるシェルドン・ウォリン博士によって2003年に初めて作られた。博士は何年も前に『Democracy Incorporated』という本の中で、こうなる可能性を警告していた。米国は管理された民主主義に組み込まれてしまったのだ。 この民主主義は、官僚的な要請と経営的な原則と慣行によって寡頭政治家の手に委ねられ、全体主義の忍び寄る形を作り出したのである。

今、我々は、ウォーリンが予測したように、この民主主義の自由と解放が急速に侵食されていくのをはっきりと見ることができる。 その結末が、この新しい形の全体主義であり、(古典的な全体主義とは異なり)権威主義の指導者を持たず、その代わりに、内部から国を運営する透明性のない管理者やエリートの集団によって運営されている。トランプ大統領が 「ディープ・ステート 」と呼ぶようなものだ。あるいは、スティーブ・バノンがもともと 「Uniparty 」と呼んでいたもの。事実上、我々の民主主義は権威主義的な政策を是とする企業利益に取り込まれながら、逆さまになっている–だから「逆全体主義」なのである。

このバージョンのファシズムの浸透は、政治領域の日常的な側面さえも企業の利益によって決定されるまでに至った。このことは、100年来の選挙資金規制法を覆した最高裁の「市民連合対連邦選挙管理委員会」判決で決定的となった。 この判決によって、企業やその他の外部団体が選挙に無制限に資金を使うことができるようになった。

我々国民は、ジェファーソンとハミルトン、そしてこの国の建国にまでさかのぼる歴史的な対立に再び直面している。 簡単に言えば、これは資本主義が(代表的な立憲)民主主義の道具なのか、それとも民主主義が資本主義の道具なのか、という古い問題である。 民主主義が資本主義を支配するのか、資本主義が民主主義を支配するのか。 ジェファーソンとハミルトンという二人の建国の父は、この緊張関係におけるコインの表裏を象徴しており、このダイナミックな対立の意識は、我々の憲法に組み込まれたのである。理論的には、国民は民主的代表制を通じて指導者を選出し、法律を制定する権限を与えられている。しかし、企業の金融利益があまりにも強力になると、この関係を覆し、金融力と政治プロセスへの影響力を行使することによって政治支配を獲得することが可能になる。

21世紀になって、民主主義と人民の支配に対する新たな脅威が出現している。 それは、ダボス会議の当事者である多国籍企業(TNC)とその代表者が、グローバル・ガバナンスの指導者・管理者であるという同盟である。これによって、地球規模で逆全体主義の体制が出現している。多国籍企業の支配は、国家の規則や規制によって制限されることはなく、その触手はあらゆるところに伸びている。 国家レベルでは、司法、立法、行政府にその影響が見られる。 国際レベルでは、多国籍企業の資金と権力によって、世界保健機関のような組織が買収された。 資本主義によって世界を支配しようとするこのグローバル化の努力の名目上のトップと調整機関は、世界経済フォーラムとなった。その主要な信念は、国境はコーポラティズムによるグローバルな連結と管理よりも重要ではないということだ。

そして、今日に至っている。 多くの点で、この選挙で選ばれないコーポラティズム政府機構の隠れたトップは、スイスのダボスで毎年開かれる世界経済フォーラムのリーダーである。ダボスでは、企業や頂点捕食者の金融会社のトップが集まり、世界の統治決定(医療行為を含む)を行い、政治家やその他の影響者は、皇帝や法王に近づく廷臣と同様の臣下として旅行している。

では、逆全体主義がこのようなグローバルなコーポラティズムの支配エリートの発展とともに粉砕されるとしたら、誰が米国を動かしているのかが問題となる。 可能な限り大きな筆致で言えば、世界経済フォーラムとダボス会議のパーティに行き着く。COVIDの時代、我々が世界中で見てきたのは、行き過ぎた管理、無能、権威主義への反射的傾向であり、その結果、ここアメリカでは生命、自由、幸福を追求する能力が著しく損なわれているのである。

米国憲法の統治形態と建国文書で保証された自由を維持したいのであれば、何とかして達成しなければならないのは、個人の優先順位に戻ることだ。「人民の、人民による、人民のための政府は、この地上から消滅することはない。政府のレバーをコントロールすべきは人であり、ジェファソニアンとハミルトンの理想の間のバランスを取り戻さなければならない。代表的な民主主義に奉仕する資本主義、その逆ではない。それこそが、この偉大な国家が基礎としたものなのである。

レジスタンスは、これを戦うことができるほとんど唯一の方法である。 抵抗は組織化されなければならない。資金調達とそのための努力は、専門の組織者を必要とする。

レジスタンスは、主に教会のコミュニティや自己組織的なソーシャルメディアの集合体において、人々が2大政党を含む正式な権力構造の外で自律的なグループを形成するために組織され、始まっている-どちらも企業の利益に大きく取り込まれている(Uniparty)。このレジスタンス運動を成功させるためには、これらのグループは企業の影響や資金提供から離れなければならない。

これが、政府、企業利益団体、「主流」(企業が取り込んだレガシー)メディアが、自分たちがコントロールできない別のソーシャルメディアプラットフォームを脅威と感じる理由である。 彼らは、これらのフォーラムが主要な脅威であり、権力構造が合衆国憲法で元々想定されていたような人民によるコントロールに戻るには、これらのフォーラムが鍵であることを知っている。

グローバルエリートや物語に縛られない強力な大衆主義者も、逆全体主義の力を断ち切るために活動することができる。だからこそ、欠点だらけのトランプ大統領が人気を博したのである。アメリカ啓蒙主義と深く結びついた思想である代議制民主主義の優位性が崩れたという彼のメッセージに、人々は反応したのである。 トランプが好んで口にする「ディープ・ステート」が実在しているということだ。 そして、彼の言う通り、それは現実のものとなっている。現在、米国の統治機関を構成している官僚的な命令や経営的な原則や慣行は、建国の父たちが意図した境界線を外れているということ。 私自身について言えば、私もポピュリストであるため、ある程度は強力なエリートを脅かしていると思うし、これが(企業が管理する)レガシーメディアからの不釣り合いなプロパガンダ、検閲、中傷の反応を引き起こしているのだと思う。 私はシステムの外にいる。 私は、一党支配の企業化された科学や医学を代表しているのではない。このため、私は、グローバル・ファシズムに対する抵抗の、ますます人気が高まっているリーダーの一人となり、排除されなければならない脅威となるのである。

ポピュリストの役割を超えて、企業のエリートや管理職は、過去50年間のアメリカの偉大な思想家や実行者の多くを沈黙させた。科学と医学の具体的な事例について、シェルドン・ウォリンは先見の明をもってこう書いている。

「過去30年、40年の間に見られたことの一つは、医師や科学者である人々が徐々に沈黙していることだ。彼らは、契約という管理的な方法論によって沈黙させられているのである。雇用契約書にサインをすると、あなたの知っていることはすべてあなたを雇った人たちのものになる。発言することは許されない。それを取り上げると、巨大な教育を受けた集団ができ、彼らは言いたいこともやりたいこともたくさんあるのに、縛られている。しかし、彼らは縛られていて、それを解く術を知らないのである。博士号を取得した彼らは、多額の借金を抱えている。仕事を得るには、知的自由をあきらめるしかない。彼らは囚人なのである」。

病院、健康保険、医師に対する規制と運営の捕捉は、今やほぼ100%完了している。 政府、大手製薬会社、大手ハイテク企業、病院関係者は、科学者や医師を黙らせるために共同して働いてきた。これは新しいことではない。 Sheldon Wolinは10年前にこの問題を定義した。 新しいのは、インターネットとソーシャル・メディアが 「タウンホール 」となったことだ。 我々が力を取り戻すために使えるのは、このツールなのである。

我々一人ひとりが、自分自身や家族の健康管理について、力を取り戻さなければならない。自分の体に対して責任を持ち、その権利を他人に譲ってはならない。 我々は、慎重に、良心的に医師を選択しなければならない。 企業主義的な医学と科学は、第一の情報源として避けなければならない。 新しい、企業の影響を受けない医学と科学の情報源を開発する必要がある。 これには、企業の影響を受けない医療情報収集サイトやジャーナルが含まれる。

独立したソーシャルメディアプラットフォームと代替的なニュースソースは、逆全体主義に抵抗できるコミュニティと組織を構築するための鍵である。 政府や企業のエリートは、そのようなプラットフォームを検閲し、排除しようとするだろう。 これには、完全な買収と、代替メディアソースに置かれるさまざまな政府のコントロールが含まれる。 レガシー・メディア、ビッグ・テック、そして催眠術にかかった手下たちによる検閲を受け入れようとする現在の動きは、我々の未来がどうなるかを示す一例である。 プラットフォームを飛び越える準備をしよう。 電子メールリストをアーカイブし、新しいアカウントをすぐに使えるようにしよう。 重要なのは抵抗であり、プラットフォームではない。

これは、我々の偉大な国を救うための戦争なのだ。この新しい形のグローバル・ファシズム、別名「逆全体主義」は、これまで誰も見たことのないような敵なので、覚悟しておかなければならない。 世界を救う戦いを前進させるとき、我々には1つの大きな手段があることを忘れないでほしい。それは、抵抗する能力である。 抵抗し、変化し、企業が命令で支配する世界を受け入れない人々はたくさんいる。 医療が単なる数字や新薬やワクチンを売るための手段ではない世界を作るために努力する人たちである。

エイブラハム・リンカーンの言葉を忘れないように。

我々国民は、議会と裁判所の正当な支配者であり、憲法を転覆させるためではなく、憲法を曲解する者たちを転覆させるためにある。」

タイトルとURLをコピーしました