COVID-19パンデミックにおける補完的・統合的医療の意義 文献の質的レビュー

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

コロナウイルスメンタルヘルス(COVID-19)免疫予防身体活動(免疫)食事・栄養素(免疫)
The Relevance of Complementary and Integrative Medicine in the COVID-19 Pandemic: A Qualitative Review of the Literature

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7761649/

オンラインで公開2020年12月11日

Georg Seifert,1,2,*† Michael Jeitler,3,4,† Rainer Stange,3,4 Andreas Michalsen,3,4 Holger Cramer,5,6 Benno Brinkhaus,4 Tobias Esch,7 Annette Kerckhoff,7 Anna Paul,5 Michael Teut,4 Pirus Ghadjar,8 Jost Langhorst,9 Thomas Häupl,10 Vijay Murthy,11 and Christian S. Kessler,3,4

概要

背景

COVID-19パンデミックの際、人々は検疫措置、社会的接触の減少、自己隔離などの実施された制限により、健康への悪影響のリスクに直面している。この質的レビューでは、COVID-19パンデミックの際に役立つ可能性のある補完・統合医療(CIM)の予防および治療上の健康上の利点に関するデータを収集した。現在のパンデミックの状況下で、人々の身体的・精神的な健康と幸福を向上させるために有益と思われるCIMの実践方法を要約するために、科学文献をレビューした。なお、このレビューはSARS-CoV-2に特化したものではなく、我々はこの論文でSARS-CoV-2に特化した健康上の主張をするつもりはないことを明示しておく。

方法と結果

心身の健康を強化するための予防的および治療的なCIMアプローチを記述した文献を特定するために、Medlineで質的かつ非体系的な文献レビューを行った。様々なCIMアプローチについて、有益な効果を示す臨床的証拠が確認された。CIMアプローチには、特定の食生活と選択された微量栄養素、身体活動、心身医学の手法、単一の植物または植物化合物、自然の中での時間の過ごし方などが含まれている。肥満や高血圧のような状態に対するCIM対策の効果は、COVID-19の重篤な経過の危険因子として考えられているため、ここでは特に重要である。さらに、インフルエンザなどの呼吸器感染症における免疫機能や臨床パラメータにCIMアプローチが直接的に影響を与える可能性があることが確認された。本レビューで得られた知見は、現在のパンデミックにおいて、臨床医、患者、一般住民がCIMの選択肢を議論・検討する際の参考になると考えられる。

結論

CIMは、身体的および精神的な回復力を強化するための様々な予防および治療の選択肢を提供しており、現在のCOVID-19パンデミックにおいても有用であると考えられる。様々な地域におけるCOVID-19パンデミックに役立つ可能性のあるCIMアプローチのエビデンスは分析する価値がある。この質的レビューにはいくつかの明らかな限界があるが、このテーマに関するさらなる研究のための有用な出発点となるかもしれない。

キーワード

COVID-19,統合医療、補完医療、SARS-CoV-2,伝統医療システム、植物療法、植物、心身医学

はじめに

COVID-19の大パンデミックにより、人類は世界的な健康上の脅威に直面しているが、その治療法はまだ科学的に確立されていない。全世界では 2020年10月末までに、SARS-CoV-2に関連する感染者数は4,600万人以上、死亡者数は120万人以上となっている(1)。COVID-19のパンデミックに加えて、重症急性呼吸器症候群(SARS)中東呼吸器症候群(MERS)エボラウイルス病、豚インフルエンザなどの過去のウイルス疫病やパンデミックの脅威は、今後も世界中の医療システム、社会、経済を脅かすものであると考えられる(2, 3)。

個人のライフスタイルは、全体的な健康や幸福に影響を与えるだけでなく、関連する個人的なリスク要因にも影響を与え、それが伝染病(CD)の蔓延や悪影響の原因となることもある(4, 5)。さらに、個人や集団の栄養状態やライフスタイルは、環境の持続可能性や人間の健康に影響を与える可能性がある(6)。SARS-CoV-2のようなパンデミックの際には、ウイルスの原因となる要因に主眼が置かれるが、個人や集団の身体的・精神的健康も重要であり、特に危険因子を持つ人々にとっては重要だ(7)。

集中治療室(ICU)の患者において、COVID-19の重症化に関連する危険因子として最も多く確認されているのは、高血圧(非生存者48%対生存者23%)糖尿病(31対14%)冠動脈疾患(24対1%)慢性閉塞性肺疾患(7対1%)腎機能障害(4対0%)である(7)。ここで、CIMのアプローチは、現在の健康上の課題に直面している個人の回復力、自己効力感/自己啓発、およびその他の健康関連リソースを促進することにより、前述のリスク要因を軽減する可能性がある(8)。

ロックダウンは公衆衛生を守るための重要な安全対策であるが、いくつかの横断的な研究によると、運動不足、「不健康な」食事パターン、睡眠障害、不安や抑うつなどの心理的症状など、さまざまなネガティブなライフスタイルの変化を引き起こす可能性があることが示されている(9,10)。

SARS-CoV-2に対するワクチンやCOVID-19の特効薬がまだないという事実から、補完・統合医療(CIM)の介入によって、現在の予防・治療のギャップをどのように埋めることができるかを検討する必要がある。心身医学(Mind-Body Medicine)栄養医学(Nutritional Medicine)植物医学(Phytomedicine)など、エビデンスに基づいたCIMアプローチは、総合的な健康管理の一環として、従来の医療戦略を補完し、個別化することができる(11,12)。

CIMの実践は、一般的に、健康、ヘルスケア、および幸福に対するホリスティックで患者中心のアプローチを強調しており、しばしば精神的、感情的、機能的、社会的、さらには精神的な側面を含んでいる(11, 12)。何世紀にもわたって進化してきたCIMの知識には注目すべきものがあり、さまざまな病気の予防や管理に利用されていた。また、世界中のヘルスケアシステムで利用される機会が増えている(13)。世界保健機関(WHO)は、医療遺産としての伝統医学の役割を「伝統医学および補完医学のサービスを医療サービスの提供や自己健康管理に統合することで、国民皆保険を促進する」と強調している(14)。国際的な科学的取り扱いでは、TMSは主にCIMの下に含まれている。

免疫系と、運動、ストレス解消、健康的な栄養、自然の中での過ごし方、ポジティブな心構え、幸福感などの様々なライフスタイルとの間には、複雑な相互関係があることがすでに明らかになっている(15-20)。社会的な距離を置くことや検疫措置などの制限されたライフスタイル要因により、世界中の人々が直面している課題にもかかわらず、一般市民や患者は、程度の差こそあれ、国内での退避を余儀なくされているこの時期を利用して、簡単な予防手段やセルフケアによってレジリエンスを強化することができる。このように、CIM対策は、世界中の個人や社会にストレス、恐怖、不安、抑うつをもたらすCOVID-19危機のような異常な状況において、生活の質を向上させるために使用することができる(8)。

本レビューで得られた知見は、公的な公衆衛生対策や従来の医学的アドバイスに代わる推奨事項となることを意図したものではない。これらは、世界的な疾病対策や主流の治療戦略を補完する、シンプルで効果的な、できれば証拠に基づくツールとして理解されるべきである。一方で、コロナウイルスやCOVID-19に関する科学的データを無視・否定し、根拠のない特定の健康強調表示を行う傾向が、各国政府の間にも見受けられる。したがって、著者らは、この論文で示された結果はSARS-CoV-2ウイルスに特異的なものではなく、現在のエビデンスベースに基づいてCOVID-19に特異的なCIMの主張を行うことはできないことを明確に強調したい。

方法

電子データベース「Medline」での文献調査を2020年7月24日に実施し 2020年10月29日に更新した。4人の著者(GS、MJ、AM、CK)が、COVID-19パンデミック時の心と体の健康強化に役立つ可能性のあるCIM介入策をコンセンサスプロセスで選択した。これに基づき、検索戦略には、「Complementary」「Integrative」「Traditional」「Medicine」「CIM」「CAM」「Stress」「Mind-Body-Medicine」「Meditation」「Yoga」「Qi gong, “太極拳」、「植物療法」、「ポジティブウェルビーイング」、「楽観主義」、「レジリエンス」、「ウイルス」、「ウイルス感染」、「COVID-19」を別々に、またはブール演算子で組み合わせて検索した。関連するメタアナリシスと、前向き試験、疫学的な集団ベースの研究とレトロスペクティブ分析、レビュー、ガイドラインを含む原著論文を対象とした。英語とドイツ語の論文を対象とした。

結果

様々な研究、介入、アウトカム、調査サンプルサイズ、治療期間、観察時間が確認された。レビューされた研究によると、CIMの介入は以下を通じて身体的および精神的健康を強化するようである。(1)栄養とビタミンの補給、(2)心身医学、(3)人生と人間関係に対する前向きな姿勢、(4)運動、(5)自然療法、(6)アロマセラピー、(7)睡眠医学、(8)植物・植物療法(フィトメディシン)。これらのテーマは、いわゆる伝統的な医療システム(TMS)にも一部含まれている。以下にその詳細を紹介する。

栄養とビタミンの補給

栄養

現在、栄養は惑星の健康(21)や現在進行中の気候危機(22)のゲームチェンジャーとして議論されているだけでなく、エボラ出血熱、MERS、SARS(23)などのウイルスの出現や、工場飼育(25,26)や野生動物市場(23)による多剤耐性菌(24)の発生の潜在的な源や貯水池としても議論されている。不健康な食べ物が健康に及ぼす悪影響とは対照的に、抗酸化物質や抗炎症作用のある栄養素を豊富に含む特定の食生活は、病気の予防・管理や長寿に関して大きな影響を与える(27, 28)。

このような栄養の健康への影響は、特に高齢者にとって重要であり、マクロ・ミクロ栄養素や植物化学物質を含む食習慣は、健康に良い影響を与える(29)。とりわけ栄養は、細菌やウイルスの感染に対する「個人の感受性」や、感染した場合の感染症の経過や転帰に大きな役割を果たす。

低カロリー、高カロリーの栄養状態は、ある種の微量栄養素の欠乏と並んで、感染症にかかりやすくなる危険因子として認識されている(30)。COVID-19のパンデミックでは、高齢者や慢性疾患を持つ患者が特に栄養バランスを崩しやすく、最も危険な状態にあった(31)。COVID-19に関連して、いくつかのポジションペーパーと臨床調査のための提案が発表されているが、観察データはまだほとんどない(31-34)。

栄養状態の最適化は、免疫系に様々な良い影響を与える(35)。果物、野菜、豆類、ナッツ類、オリーブオイルなどの植物性食品を中心とした食生活は、感染症への感受性に影響を与える可能性がある。特に、苦味物質、ビタミンC、マスタードオイル、ハーブやスパイス、ハーブティーなど、抗菌、抗酸化、抗炎症、免疫調整作用のあるフィトケミカルを含む食品は要注意です(19)。

栄養、特に栄養素の割合が最適化され、主に植物性で有機栽培されたもの(36)は、関連する抗炎症効果を発揮し(37)、一般的な健康や、肥満、高血圧、がんなどのNCDに長期的な影響を与える可能性がある(38, 39)。植物由来の栄養と慢性炎症(40)、気管支喘息などの病的な免疫反応(41)との間には、負の相関関係があるという証拠が増えている。29件のRCT、2.689人の参加者を含むメタアナリシスでは、植物性食品の摂取は、CRPの平均濃度の低下と関連していた(効果の大きさ、-0.55 mg/l、95%信頼区間(CI)。-0.55 mg/l, 95%信頼区間 (CI): -0.78; -0.32, I2 = 94.4%] および IL-6 [効果の大きさ, -0.25 ng/l, 95% CI: -0.56; 0.06, I2 = 74%] の平均濃度の低下と関連していた (37) 。

例えば、果物と野菜の摂取量が5%多いと、インフルエンザ感染による入院率が12%低下し(43)、結核菌の暴露による感染リスクが低下し(44)、妊婦の尿路感染症の頻度が低下する(45)などの結果が得られている。さらに、食事に含まれる植物の部分が増えると、ワクチン接種の効果が高くなる可能性がある(46)。

最近のシステマティックレビューでは、ビタミンAとDは、特に不足している集団において、ウイルス性呼吸器感染症に効果がある可能性が示された(47)。また、微量元素のうち、セレンと亜鉛もウイルス性呼吸器感染症において有益な免疫調整作用を示している(47)。COVID-19患者の栄養状態はまだ十分に調査されていないが、栄養関連の障害は病気の進行や発生が悪くなり、おそらく感染症にかかりやすくなることと関連しているという予備的な証拠がある(48)。

以下では、ビタミンDとCについて、より詳しく説明したいと思う。

ビタミンD

ビタミンD3は、免疫系の多くの機能に重要な影響を与える(49)。400 IU/dのサプリメントを用いたランダム化比較試験(RCT)では、血清25-ヒドロキシビタミンD濃度の改善は、291の遺伝子の発現に少なくとも1.5倍の変化をもたらし、その多くが免疫細胞の機能や炎症の制御に関連していた(50)。臨床的に重要な点として、ビタミンDの欠乏は、ヒト免疫不全ウイルスやC型肝炎など、さまざまなウイルス疾患の有病率の上昇と関連している。インフルエンザにおけるビタミンDの役割については、依然として議論の余地がある(51)が、学童にサプリメントを投与することで発症率が低下するという予防的な研究もある(52)。このRCTでは、A型インフルエンザは、ビタミンD群では167人中18人(10.8%)に発症したのに対し、プラセボ群では167人中31人(18.6%)に発症した[相対リスク(RR),0.58;95%CI:0.34,0.99;P=0.04]。最近のメタアナリシスでは、11.321人の参加者を含む25のRCTのうち、ほとんどがウイルス性と想定または証明された呼吸器感染症におけるビタミンDの補給について、すべての参加者でリスクが均一に減少したことが明らかになった(調整オッズ比0.88,95%信頼区間0.81-0.96,異質性のpは0.001未満)(53)。

ビタミンD3の欠乏は、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)発症の危険因子であることが示されている(54)。COVID-19に関しては、イスラエルで行われた最近のレトロスペクティブな人口ベースの研究で、14,000人の分析対象者において、ビタミンDの欠乏とCOVID-19の感染と入院の両方の可能性が高いこととの関連が示された(55)。一方、別の研究では、英国の348.958人のデータを分析した結果、ビタミンDレベルとCOVID-19感染症との間に関連性は認められなかった。COVID-19感染症におけるビタミンD補給の効果を明らかにするためには、今後の(特に無作為化)研究が必要である。

ビタミンD3(25-OH)の血清濃度が少なくとも20ng/mlあれば、骨の健康には十分であると考えられている。感染症の予防のためには、40~60ng/mL(corr.100~150nmol/L)の増量が推奨される。

ビタミンC

風邪予防のためにビタミンCを1日0.2g以上経口投与した31件のRCTを対象としたシステマティックレビューでは、通常の環境下では発症率を下げることはできなかったが、症状の持続時間および/または重症度の減少という形で何らかの効果が認められた(56)。しかし、肉体的および/または熱的に異常なストレスがかかる条件下で、平均以上の能力を持つ参加者を対象とした5つのRCTでは、プールされた危険率(RR)が0.48となり、均一な効果が示された(56)。これは、COVID-19の症状の発生率や重症度を軽減するための長期的な予防的使用のモデルとなる可能性がある。最近では、ビタミンCの経口投与が、発熱、胸痛、悪寒、体の痛みなどの急性呼吸器ウイルス感染症の症状の期間を短縮する可能性があると結論づけたレビューがある(57)。

最近のビタミンCの臨床研究では、集中治療医学/集中治療室(ICU)などで、より高用量のビタミンCを静脈内投与することが注目されている。18件のRCTをプールした解析では、必要に応じた人工呼吸の長さと、主に心臓疾患を理由にしたICUでの全入院期間が短縮された(58)。換気時間の短縮を考慮した場合、心臓および敗血症を適応とした8つのRCTでは、プールされた結果、全患者で14%、換気時間が10時間を超えた場合には25%の削減が得られた(59)。COVID-19 肺炎の状況と同様に、敗血症と ARDS の患者を対象とした RCT では、28 日目の生存率に 17%の差があり、ビタミン C が有利であったが、これはあくまでも副次的なパラメータであった(60)。一方、最近発表されたRCTでは、敗血症性ショックの集中治療患者にビタミンCを静脈内投与しても、7日間の生存期間と血管拡張剤の投与を受けていない期間に有意な改善は見られなかった(61)。現在、進行中のRCTでは、重度のCOVID-19疾患の治療における高用量ビタミンCの静脈内投与の効果が検討されている[例えば、(62)]。

心身医学(MBM)

MBMは,脳,心,身体,行動の相互作用を利用して,健康増進経路を活性化することができるという仮定に基づいている(63)。MBMには、運動、リラクゼーション、瞑想、ストレス調整などの介入に加えて、行動的なアプローチやテクニックが含まれる(63,64)。MBMは、心理学的パラメータを改善し、個人および細胞のストレス、炎症を軽減し、免疫機能を向上させ、エピジェネティックな経路を関与させることで、自己調整および自律調整を促進し、一般的な回復力を高めることが示されている(65-68)。

心理学的・行動的パラメータが健康に与える影響は、小児期や高齢期などの人生の脆弱な時期(69)や困難な状況(70)において特に重要だ。

例えば、心理的なストレスは、上気道のウイルス感染症に対する感受性を高める可能性がある(71)。慢性的なストレスが健康に与える影響は甚大です(66, 72)。CIMとストレス研究では、慢性ストレスと急性・中等度ストレスの健康への影響を明確に区別している(70)。肯定的に評価された永続的なストレスであっても、健康上のリスクが生じる可能性があるため、肯定的に認識されたストレスであっても、その量と期間が重要な役割を果たす(70)。

パンデミックにおけるストレス軽減の分野では、マインドフルネス、思いやり、ヨガ、瞑想など、いくつかのCIM介入が有効であると考えられる(15-17)。免疫系(16, 66, 73, 74)ポジティブな心理的幸福(75)生理的機能(76, 77)さらに慢性疾患に対する心の影響など、心理的プロセスや心理的・行動的介入の影響については、かなりよく研究されている(78)。

MBM療法は、炎症活性やウイルス特異的な免疫反応に良い影響を与えることが知られている(79)。今回のパンデミックで特に注目すべき知見は、慢性ストレスを抱える人、免疫不全の人、高齢者において、瞑想によって抗体反応が改善される可能性があることである。抗体を直接測定した研究は3件(80~82)あり、そのうち2件はインフルエンザワクチン接種に対する抗体反応を調べたもので(82)1件はマインドフルネスに基づくストレス軽減(MBSR)により、ヘマグルチネーション阻害インフルエンザ抗体価が有意に増加したことを示した(80)。2つ目の研究では、高齢者の血清インフルエンザ抗体や鼻腔内免疫グロブリンA(IgA)に関連する変化は見られなかった。キーホールリンペットのヘモシアニン抗原を投与した高齢者を対象とした3つ目の研究では、MBSRの介入直後に免疫グロブリンG(IgG)の比較的大きな増加が見られた(81)。

ストレス解消法としての瞑想に関する文献は、現在のパンデミックに応用できる可能性を示している(76,77)。ある無作為化研究では、MBSRが高齢者の孤独感などの社会的危険因子や炎症性遺伝子の分子発現を減少させる新たな治療法になる可能性が示された(83)。一般的に、瞑想は、遺伝子発現、細胞や染色体の健康を含む炎症の軽減につながる可能性があるようだ(84)。これには、自己調整能力や自己治癒能力、すなわち、心と体の生来の回復能力も含まれる(64)。

さらに、他のいくつかのMBMの介入が有益な効果を示した。ヨガは、免疫機能のいくつかのパラメータを増加させ(74)、高血圧(85)、肥満(86)、さらに心血管危険因子(87)や慢性閉塞性肺疾患など、COVID-19関連のいくつかの危険因子を減少させることが示されている。ヨガと瞑想は、インドの伝統医学(TIM)の観点からも議論されており、世界的に普及していることから、現在のパンデミックの状況下で有効な手段となる可能性がある(88-90)。

また、気功は科学的な証拠が増えてきている(91,92)。気功に関するメタアナリシスでは、メタボリックシンドロームの参加者の心血管危険因子の改善に気功が有効であることが示されている(91)。

マルチモダリティグループプログラムの枠組みの中で、リラクゼーション、栄養カウンセリング、運動を含む複合的なMBMトレーニングは、動脈硬化や収縮期血圧などCOVID-19の心血管危険因子にポジティブな影響を与えることができる(93)。

MBMの分野におけるCIMの介入については、現在のパンデミックの中で、オンライン経過で指導するなど、さらなる研究が必要である。

人生に対する前向きな姿勢

心理的ストレスは、新型コロナウイルス29E型やその他の季節性病原体への感染率を有意かつ用量依存的に上昇させることがわかっている(94)。したがって、感情的な状態は、免疫防御において重要な変数であると考えられる。多くの大規模な疫学研究では、慢性的な非伝染性疾患においてポジティブな生活態度が保護的な影響を与えることが示されており、さらに多くの研究では、慢性的なストレスが多くの健康状態において有害な結果と関連していることが示されている(94)。ポジティブな心理的幸福は、いくつかの心血管系の問題だけでなく、より広い意味でのレジリエンスにも重要であると思われる(75)。人生が有意義で前向きなものになれば、高濃度のストレスホルモンを減らすことで、慢性心疾患(75)や高血圧(95)の危険因子を減らすことができる(96)。人生に対する前向きな姿勢は、健康な人と病気の人の生存率に大きな影響を与える(97)。さらに、人生に対する前向きな姿勢は、心血管イベントや全死亡のリスクの低下と関連している(98)。

人間関係

人間関係は、さまざまな病気において、健康と生存に重要な変数である(99)。孤立感や孤独感は、隔離された状況(シチュエーション)から生じやすい感情であり(100)その結果、免疫機能(102)などの特定の生理学的パラメータ(73, 101)に著しい悪影響を及ぼし、喫煙と同様に健康に悪影響を及ぼす可能性がある(103)。特に、パンデミックのように不安が増大し、社会的な接触が否定的な意味を持つ状況では、社会的な関係(100)を強化することが重要であり、場合によってはアウトドアやオンラインサービスを利用することもできる。一般的に、強い人間関係を維持することは、客観的な健康状態や健康に対する認識の向上につながる可能性がある(99)。

運動

一般的な精神的・身体的健康や、免疫系を含む特定の生理機能に対する運動のプラス効果は、いくつかのシステマティックレビューやメタアナリシスで実証されている(18)。運動不足は、慢性疾患の最も一般的な原因の一つであり、患者が感染症にかかりやすくなり、疾患の経過が複雑になる(104,105)。高齢者に対する運動の予防効果に関するエビデンスは、圧倒的に肯定的である(106)。CIMエクササイズは、MBMアプローチを含む予防の可能性を提供する(91, 92, 107-109)。ノルディックウォーキングや森の中の散歩など、屋外で行う運動は、スタジオや家の中で行うフィットネストレーニングよりも、全体的にポジティブな効果をもたらす可能性がある(110, 111)。

自然と森林セラピー

自然の中で時間を過ごすことは、個人やコミュニティの健康関連の自己調整メカニズムを促進するために、森林、都市の緑地、治療用ランドスケープにおける自然の刺激の対象となる効果を利用する、予防的かつ治療的なアプローチであると言える(15, 112)。自然療法や森林療法は、シンプルで、簡単にアクセスでき、低コストで、持続可能で、効果的な健康増進のための支援方法である。特に現在のパンデミックでは、自然療法は屋外で個人的に行うことができるため、重要な意味を持つ。したがって、これらの手段は、近い将来、予防医学において重要な役割を果たす可能性が高いと考えられる(113)。最近の研究では、生活の質、幸福感、自律神経系の機能、血圧、内分泌活動、幸福感、精神的健康、免疫活動、さらには近所付き合いの満足度などに、総合的なストレス軽減効果があることが示された(114, 115)。これらは、現在のパンデミックにおいて貴重な要素となる可能性がある。

アロマセラピー

自然療法や森林療法と密接な関係にあるのが、アロマテラピーの分野である。多くの植物に含まれるエッセンシャルオイルに含まれる特定の生物活性化合物の効果に関する前臨床および臨床研究が盛んになり、発表される機会が増えている(116)。特に関心が高いのは、炎症および感染反応の抑制に対するテルペンおよびテルペノイドの効果と、これらの化合物の免疫調節特性である(117)。アロマセラピーは、特に植物医学の分野では、不安を軽減するなど、特定の治療目標を達成するためにそのような特性が使用されており(118-120)世界中でCIMの一部として明示的・暗黙的に行われてきた(121)。これらの物質のいくつかは、その抗菌性により、(呼吸器)感染症の予防、従来の治療法の補助的な治療、または軽度の呼吸器感染症の場合の単独のCIM療法として注目されている(122)。

睡眠

健康的な睡眠は、間違いなく健康に不可欠な資源である。睡眠不足、睡眠の質の低下、時間生物学的睡眠リズムの変化は、慢性疾患の増加と関連している(123)。また、睡眠不足(7時間未満)は、上気道感染症の著しい増加と関連している(105,124,125)。CIMでは、ラベンダーなどのアロマテラピー(126)の混合オイルの塗布をはじめ、MBSR、ヨガ、太極拳など、睡眠時間と睡眠の質を改善するさまざまな方法を提供している(127)。ある小規模な研究では、COVID-19で隔離された患者において、進行性筋弛緩法が不安を軽減し、睡眠の質を改善する可能性が示されている(128)。

植物性/植物性医薬品

呼吸器系ウイルス感染症に対する漢方薬の使用は広く行われており、現在のパンデミックに関連すると思われる臨床データがある(8, 129)。上気道のウイルス感染症の治療については、個々の成分や植物全体の抽出物について、多くの前臨床データがある。現在のCOVID-19パンデミックに関連する可能性のある有望な生薬(Pelargonium根エキス、Sambucus nigra、緑茶、Glycyrrhiza、Echinacea species、Cistus incanus、Cannabinoids)を以下に紹介する。7つのRCT(成人732人)を含む最近のメタアナリシスでは、漢方薬(CHM)が標準治療(SC)のみと比較して有利であることが示された。漢方薬とSCの併用は、症状・徴候スコアの変化(SMD:-1.30,95%CI[-2.43, -0.16]、3件の研究、n=261,P=0.03)炎症マーカーであるC反応性タンパク質(CRP、mg/L、-11.82,MD、95%CI[-0.16])に優れた効果を示した。 82(MD、95%CI[-17.95,-5.69]、5件の研究、n=325,P=0.0002)肺のCTスキャンが改善した患者数(リスク比1.34,95%CI[1.19,1.51]、4件の研究、n=489,P<0.00001)などであった(130)。対象となったRCTでは、有意な有害事象は記録されなかった。現在進行中のいくつかのRCTでは、COVID-19の治療における漢方薬の効果が検討されている。

ペラルゴニウム根エキス

南アフリカの伝統的な医学では、Umckaloabo(Pelargonium sidoides DC由来)の根が気道感染症の主な治療薬となっている。西洋諸国での使用と研究により、その抗菌性と抗ウイルス性が確立された。14種類のウイルスに対していくつかの従来のアッセイでテストしたところ、パラインフルエンザウイルス、A型インフルエンザウイルス(H1N1およびH3N2株)ヒトコロナウイルスなどに活性を示したが、鳥類のA型インフルエンザウイルス(H5N1)には活性を示さなかった(131)。別のモデルでは、粘膜繊毛のクリアランスの要因として毛様体の拍動回数が増加した(132)。

様々な上気道感染症に対してPelargonium sidoidesの根から異なる抽出物を使用した8つのRCTのシステマティックレビューでは、急性鼻副鼻腔炎、大人の風邪、子供と大人の急性気管支炎の治療において中程度のエビデンスが示された(133)。さらに最近のレビューでは、風邪に限定した場合(5つのRCTのメタ分析)(134)と、小児と青年に限定して様々な呼吸器感染症を認めた場合(6つのRCTのメタ分析、8つのRCTのナラティブレビュー)(135)にこのことが確認されている。後者では、喘息児や免疫不全児などの特殊な状況下での症状緩和効果も結論づけられている(136)。

Sambucus Nigra

何世紀にもわたって、ヨーロッパや北アメリカのTMSでは、風邪やインフルエンザにブラックエルダーベリー(Sambucus nigra L.)を使用していた。18種類のインフルエンザ菌に対して、シロップを用いた試験管内での活性が示され(137)、感染したチンパンジーはインフルエンザからの回復が良好であった(138)という。他の多くの植物性医薬品とは対照的に、Sambucus nigraは、標準的な抗ウイルス療法がなかった時代に、少なくとも2つのプラセボ対照RCTですでにテストされていた。これらの試験は、10年程度の違いがあり、場所も(それぞれイスラエルとノルウェー)が異なるため、優勢なインフルエンザ株も異なっていた。結果は非常によく似ており、自己申告による症状の緩和が平均4日早まったという。どちらの研究でも、有効成分と考えられるフラボノイドの含有量を標準化したシロップが投与された(139, 140)。

緑茶

ポリフェノール性フラボノイドの一種であるカテキンは、緑茶や他の多くのお茶の主な有効成分であり、他の特性と合わせて、ウイルス、特にインフルエンザ感染に対する免疫力を強化することができる(141)。その中でも最も有名なエピガロカテキンガレート(EGCG)は、血清型に関係なく、薬理学的応用に適した濃度で、試験管内試験でデングウイルスの感染を抑制した(142)。いくつかの疫学研究では、緑茶を定期的に摂取することで、インフルエンザの感染率が低下することが示唆されているが(143)、臨床試験ではほとんどが標準化されたカテキン抽出物を使用している。ある研究では、低リスクの医療従事者のコホートが、標準化された緑茶カテキンまたはプラセボを1,000mg/日、150日間摂取した。その結果、ウイルス性インフルエンザの発生率がオッズ比0.25で低下し、同時に症状の持続時間も短くなった(144)。

全身の免疫機能を最適化することに加えて、緑茶でうがいをすることで、喉の粘膜に最初に接触するインフルエンザウイルスを防御する効果を調べる実験が行われた。5つのRCTをプールして分析した結果、緑茶うがいは、水うがいや介入なしと比較して、インフルエンザの発生率の相対リスクが0.7であった(145)。

カンゾウ(Glycyrrhiza)

有効な抗ウイルス剤がないため、いくつかの植物性医薬品が抗ウイルス剤として使用されており、主にインフルエンザや風邪の予防・治療に用いられている(146)。Glycyrrhiza glabra(地中海沿岸)またはGlycyrrhiza uralensis Fisher(東アジア)のサポニンであるグリチルリチンは、ほぼ世界中で使用されている甘草の根の有効成分と考えられている。その免疫調整作用や抗炎症作用はよく知られている。致死量のインフルエンザウイルスを感染させたマウスにグリチルリチンを投与したところ、生存率が大幅に向上した(147)。A型インフルエンザウイルスのヒト肺細胞への取り込みと細胞内での複製は明らかに減少したが、これは感染前にグリチルリチンを投与した場合のみであった(148)。グリチルリチンは、頻繁に使用されているにもかかわらず、日本の伝統医学である「漢方」でインフルエンザに最も頻繁に用いられる処方である「麻黄湯」の4つの成分のうちの1つとしてのみ、RCTで検証されている。システマティックレビューによると、単独または標準的なノイラミニダーゼ阻害剤治療との併用により、発熱期間を短縮する可能性があるとされている(149)。

エキナセア種

Echinacea種、特にpurpurea L.とangustifolia L.の様々な部位や抽出物を用いた数多くの製剤が、グリチルリチンと同様の目的で使用されている。Cochraneのレビューでは、風邪の発症率と経過を抑える効果は小さいとされている(150)。搾りたてのエキナセアプルプレアからの全植物ヒドロエタノール抽出物は、RCTにおいてインフルエンザが証明された患者に投与され、オセルタミビルによる標準治療と比較して劣っていなかった(151)。最近のレビューでは、サイトカイン・ストームやARDSの進行に関与する炎症性サイトカインの減少とほぼ一致する研究結果が示された。サイトカインストームの治療におけるエキナセアの治療効果に関する研究は現在行われていない(152)。

Cistus Incanus

最近の研究では、前臨床試験(153)と動物試験(154)において、高重合ポリフェノールを有効成分として含む地中海の伝統的な薬用植物Cistus incanus(またはCistus creticus)の有望な抗ウイルス特性がインフルエンザモデルで確立された。しかし、臨床的な有効性は風邪を対象とした1つのRCTでしか示されていない(155)。

カンナビノイド

最近、COVID-19に関連した「サイトカイン・ストーム」に関連して、カンナビノイドに関連した免疫調節特性に基づいて、ある種のカンナビノイドがこの文脈で有用である可能性が議論されている。しかし、利用可能な証拠は前臨床分野のみであり、急性ウイルス感染症の文脈でのカンナビノイドの潜在的効果に関する結論を出すことはできない(156)。

伝統的医療システム(TMS)

上述した多くの側面は、TMSの一部として見られる。TMSには、世界中の膨大で多様な遺産があり、WHOはTMSを「医療における必須資源」と定義している(14)。

現在、中国のCOVID-19患者の大部分は、公的な医療戦略の枠組みの中で、従来の医療に加えて中国伝統医学(TCM)による治療を受けている(157-159)。インドでも同様に、インド伝統医学(TIM)が発展しつつある(88,90,160)。

TMSを用いた自己調整アプローチの主な作用機序は、主に予防的側面における食生活やライフスタイルの変化に起因している(161)。しかし、TMSは、多種類のハーブを配合した製剤など、感染症に対する様々な定義された支持的治療法を提供することもできる(157, 158, 162)。これらの効果は、例えば、個々のウイルスのサブタイプに合わせた標的抗ウイルス戦略に比べて、通常、はるかに非特異的である。TMSの非特異性は、副作用が少なく、より広い範囲に適用できるという点で、確かに有利であるかもしれない。

COVID-19関連疾患に関連する様々なテーマについて、TCMの分野でシステマティックレビューやメタアナリシスを行うためのプロトコルがいくつかあり、その結果は今後数ヶ月のうちに発表される予定である(163-167)。一方、TCMには希少な野生動物の産物が含まれている可能性があり、したがってTCMはSARS-CoV-2のような新規ウイルスの供給源として機能する可能性がある(168)。SARS-CoV-2の急速な蔓延と、中国の野生動物市場の役割を想定して、中国政府は2020年2月、多数の野生動物種の狩猟、取引、消費を一時的に禁止する措置を発表した(169)。しかし、この措置は野生動物の取引の一部にしか影響を与えない。政府は特定の野生動物のみを「特別な農場動物」と定義し、取引禁止の対象から外したのである(170)。また、野生動物禁止令は消費のみに適用され、中医学での使用には適用されない(169)。これでは、アーユルヴェーダなど南アジアの大部分が菜食主義のTMSを考慮することができない(171)。

一般的な推奨事項

ここでは、臨床医、患者、健康な人々を対象としたCIMの推奨事項を一般的な用途に合わせてまとめたが、これらの推奨事項は、現在のCOVID-19パンデミックの際に、特に人々の役に立つ可能性がある(図1および表1)。

図1 パンデミック時の心と体の健康強化におけるCIMの重要な側面

表1 患者への推奨事項
心身医学とリラクゼーション

心の平穏、熟考、内省、瞑想を促すために、時間を有効に使おう(63)。ヨガ、瞑想、その他のリラクゼーションクラスをオンラインで試してみるのもいいかもしれない。

人間関係の強化

愛情を注ぐ。自分の人生にとって大切な人たちを思い浮かべ、その人たちが自分にとって良い意味での存在であることを考えよう。自分の考えを相手に伝え、コミュニケーションをとる(103)。電話をかけたり、オンラインで話したりする。愛情と感謝の気持ちを伝えよう。

他人をサポートする

家族の中のお年寄りや一人暮らしの人に電話をしたり、ビデオ通話で楽しませたり、買い物をしたり、ただそばにいるだけで隔離の寂しさを和らげることができる(172)。

前向きな姿勢

ポジティブな面に意識を向けてください(94,97)。そうすることで気分が高揚し、回復力が高まる。今日することで美しいことは何か、将来したいことはどんなポジティブなことかを考えてみよう。現在の危機に関するニュースを読んだり見たりする時間を制限しよう。

ユーモアと笑い(98)。困難な状況にあっても、笑えることをしたり、心配事を忘れたりす

ることは可能である。面白い本を読んだり、面白い映画を見たり、ジョークを交わしたりしよう。

運動

朝のストレッチ、ウォーキング、ジョギングなど、自分に合った運動を1日15〜30分以上行おう(18)。窓際、テラス、庭、公園、森など、家の中の可能な限りのスペースを使って、創造的に考えてみよう。

健康的な食事と飲み物(21)

食事は規則正しく、できれば座ったままで行おう。1日に少なくとも1回は温かい食事をし、できれば調理したてのものを食べよう。様々な種類のハーブやスパイスを使う。水をたくさん飲み、無糖のハーブティー、ジンジャーティー、甘草入りのお茶、緑茶などの温かい飲み物を食生活に取り入れる。エルダーベリージュースがあれば、少量ずつ飲む。

  •  色とりどりの果物や野菜を選ぶ。果物や野菜は、新鮮なものや冷凍のもの、できればオーガニックのものをたくさん食べよう。
  • 苦味のある食べ物(例:ラディッキオ、エンダイブ、チコリ、チャード、ナス、オリーブに含まれる成分)。
  • ビタミンCを多く含む食品(例:パセリ、ピーマン、カリフラワー、カブのキャベツ、ブロッコリー、クレス、レモン、オレンジ、芽キャベツ、チャイブ、シーバックソーンジュースに含まれる成分
  • マスタードオイル(例:ニンニク、ニラ、タマネギ、ネギ、キャベツなど
  • ハーブとスパイス(タイム、オレガノ、クローブ、ローリエ、ジンジャー、ターメリック、バジル、レモンバーム、ペパーミント、ローズマリー、シナモンなど、料理やお茶に使う
  • 全粒粉や豆類を取り入れよう。
  • スナックや甘いものが好きな方は、ダークチョコレート、ナッツや種子、ナツメヤシ、甘い果物、甘草、低温で抽出した(森の)ハチミツなどを選ぶとよいであろう。
  • 砂糖や塩分、高血糖食品、飽和脂肪(コンビニエンスフードなど)を減らすか避ける。
よく眠る

長時間の安静な睡眠は、免疫系を強化する。画面を消し、部屋を涼しく、静かに、暗くするなどして、規則正しい睡眠時間を確保し、良い睡眠衛生を実践しよう。寒さを感じる場合は、湯たんぽを足元に置くとよいであろう。最低でも7時間は寝ましょう(127)。

栄養補助食品

もしかしたら、必要ないかもしれない。ほとんどの人は、健康的な食事によって、必要なビタミンやミネラルをすべて摂取することができる。しかし、食事だけでは十分なビタミンやミネラルを摂取できない人や、特定の病気を患っている人の中には、ビタミンDなどのサプリメントを摂取した方が良い場合もある(49)。

このリストは、免疫系を強化するための生活習慣の改善を目的としている。治療法を推奨するものではないし、COVID-19に効果があることが示されているわけでもない。これらの方法は、他の推奨される治療法に取って代わるものではない。開始する前に必ず医師または医療従事者に相談してほしい。

考察

この定性的レビューの目的は、現在のCOVID-19パンデミックに予防および/または治療に関連する可能性のあるCIMアプローチについて、入手可能なエビデンスをまとめることであった。SARS-CoV-2に特化した主張は行っていない。利用可能なデータによると、CIMは、パンデミックによって課される公的制限措置が個人やコミュニティの健康や福祉に与える潜在的な影響に対処するのに役立つ対処戦略をサポートする可能性がある。

COVID-19パンデミックにおけるCIMアプローチの妥当性は、主に以下の4つの側面に基づいている。(1) CIM は、食事、ストレス軽減、運動、その他のセルフケアなどのライフスタイルの改善を通じて、リスク要因に好影響を与えることができる(8, 158, 161)。(2) CIM、特に MBM の介入は、パンデミックの状況下で、ストレスや心理的パラメータに好影響を与えることができる。(3) CIMは非伝染性疾患(NCD)やCDの場合、免疫システムを強化することができる(173)、(4) CIMはターゲットを絞った栄養介入や選択された植物療法の場合、抗菌効果があるかもしれない(8)。上述のアプローチやその作用機序がSARS-CoV-2やCOVID-19には(まだ)特異的ではないという事実は、この世界的危機において選択されたCIM対策を使用することに反対する説得力のある論拠とはならない。効果的で病原体や疾患に特化した予防法や治療法の選択に関する科学的データがほとんどない場合、CIM手段を検討することは、このパンデミック中の行動を求める我々の呼びかけの中で、賢明な対応であるかもしれない。

現在、COVID-19に対する特異的な治療法で、少なくとも1つの説得力のあるRCTで検証された有効性を示すものはない。この分野の世界的な研究は驚くほど緊急に進められているが(174)、当初有望視されていた薬剤でさえ、これまでのところエビデンスは否定的(ヒドロキシクロロキン)または曖昧(レムデセビル)である。さらに、実績のある予防法は、ウイルスの移入を促進するあらゆる接触の禁止に限られている(175)。特にリスクが高いのは、高齢者や、高血圧、糖尿病、肺疾患、がん、リウマチ、自己免疫疾患などの慢性疾患を併発しているCOVID-19患者である。これらの人口集団は、現在の危機に対処するための戦略を必要としている(7)。リスクのある人々に対して、その感受性を低下させたり、感染しても経過や転帰を改善したりするための、証明された、あるいは推奨される戦略はない(33)。さらに、COVID-19集中治療を受けた生存者には、効果的なリハビリテーション対策が必要となる。ここでも、栄養、運動、植物療法、TMS、MBM などの分野から、特異的、非特異的な対策を特定し、それらの付加的な貢献の可能性を探ることが重要である。

また、必須微量栄養素を十分に摂取することで免疫機能を向上させ、防御・生理的対処メカニズムを構築し、再生機能を高めることも目的とすべきである。例えば、SARS-CoV-2ではまだないが、抗ウイルス効果が実験的に証明されている食品を選んで、感染時にウイルスの複製を遅らせることを試みる方法や、抗ウイルス効果が期待できる食品化合物が多く存在するので、他の粘膜(腸など)の病原体を減らすことで間接的に免疫防御を向上させるCIMのアプローチも考えられる。いくつかの異なる栄養素やビタミン化合物とその用途は、粘膜表面を改善してきれいにすることで、粘膜表面でのウイルスの複製を妨げ、ウイルスの複製と免疫防御の間の組織のホメオスタシスを改善することが分かっている(132)。例えば、ビタミンCは、免疫細胞の代謝に特に重要であり、抗酸化物質として、免疫防御の一環として、酸素ラジカルによる細胞や組織の副次的な損傷からの保護を行っている。結合組織構造を構築・維持する再生プロセスもビタミンCによって改善されるが、この効果はビタミンC欠乏症である壊血病では徐々に失われていく(176)。

先に述べたように、CIM対策の多くは、重度のCOVID-19経過の危険因子を減らすだけでなく、予防や対処メカニズムの強化の分野で最大の効果を発揮する可能性がある。しかし、CIMの介入は、急性の感染症の状況にも役立つ可能性がある。例えば、説明した物質の多くは、口の中や喉の周辺でお茶として作用する場合(緑茶でうがいをするなど)消化中に腸の粘膜に作用する場合、あるいは腸の粘膜から吸収された後に循環から呼吸器表面に放出される場合(ニンニク、ショウガ、タイムなど)など、すでに十分な濃度で病原体と直接接触している場合に最も効果があると思われる。これらの食品の有意なプラス効果は、腸内フローラへの影響も考えられる。腸内のマイクロバイオームは、私たちの食生活に強く影響を受ける。特に栄養状態が悪い(精製糖、飽和脂肪酸、動物性タンパク質、揚げ物、加工食品が多い)と、マクロファージの掃気プロセスの増加による負担や、免疫系の微生物代謝物除去へのストレスにより、急性感染症の防御能力が低下してしまう。したがって、健康的で、できれば植物性の食事は、予防の基本的な要素としてさらに重要であると考えられる(177-179)。

この非系統的定性的レビューの限界としては、(1)COVID-19患者で(まだ)試験されていないCIM介入と物質を最大限に提示していること、(2)COVID-19感染症の場合のそのような介入の安全性が不確かであること、(3)個々の患者にとってどのCIM介入が最も適切であるかが不確かであること、(4)CIM介入を非系統的に選択していること、などが挙げられる。したがって、出版バイアスを排除することはできなかった。さらに、報告されたメタアナリシスのほとんどは、エビデンスの質が非常に低いか中程度であると報告されている。したがって、以下のレビューや臨床研究では、CIM介入の安全性を体系的に評価し、COVID-19患者の症状の予防と治療において方法論的に質の高いCIM研究を実施し、現在および今後のCIM介入を体系的にレビューする必要がある。

結論

現在のCOVID-19パンデミックでは、世界レベルでの効果的な予防や特定の治療法に関する確固たるエビデンスはまだ得られていない。現在のところ、SARS-CoV-2感染症を予防・治療するためのCIM対策の臨床的証拠はない。とはいえ、検疫や物理的な距離を置くことが人間の福利に与える潜在的な悪影響を軽減し、COVID-19の罹患率や死亡率を低減するために、今から行動を起こさなければならない(180)。CIMは、ライフスタイルや食生活の見直し、ハーブの利用、心身の健康増進、ストレスの軽減などの対策を通じて、回復力を高め、予防的資源を強化する大きな可能性を秘めている。特に、植物医学とアロマテラピーの分野は、さらなる科学的注目と臨床研究の対象とすべきである。なぜなら、多くの植物が呼吸器系ウイルスを防御する特性を持っていることが、前臨床研究と限定的な臨床研究から知られているからである。

CIMは、呼吸器感染症の予防や治療、肉体的・精神的な回復力の強化のために、容易に実現可能でアクセス可能な、エビデンスに基づいた様々な選択肢を提供しており、COVID-19の予防や治療にも役立つ可能性が高い。COVID-19の予防接種や特定の治療戦略の開発に加えて、CIMの予防・治療の可能性を高め、持続的に利用することはもっともであり、必要であると思われる。CIMに関する文献の量は着実に増加しているが、これは必ずしも質の高いエビデンスの増加には対応していない。特に、方法論的に質の高い研究を含む、さらなる臨床研究が必要である。レビューは、利用可能なデータのバランスのとれた見解を提供するために、継続的に更新されるべきである。要約すると、COVID-19の予防と治療におけるCIMの介入の使用を明確にするためには、より多くの科学的研究が必要である。しかし、潜在的に有効で安全かつ容易にアクセスできるCIM対策の実施は、今すぐにでも検討すべきである。さらに、SARS-CoV-2に関しては、CIM対策の根拠のない主張を特定する必要がある。このようなことを考えると、COVID-19のパンデミックやそれ以降におけるCIMの貢献の可能性を定義するために必要な実質的な研究を促進するための国家的または超国家的なイニシアチブが必要になるだろう。

  • 翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 機械翻訳による誤訳、文章省略の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker