2. コロナウイルス科学主義・啓蒙主義

Covid-19の科学者と科学的根拠を信じることのダークサイド
The dark side of belief in Covid-19 scientists and scientific evidence

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8913370/

2022年3月11日オンライン公開

マーヤ・グラソ、a、⁎アマンダ・ヘンウッド、bカール・アキノ、cポール・ドーラン、bファン・スアン・チェンド

概要

我々は、信念に関する学際的な文献から、COVID-19(C19)科学における強固な信念の発現と帰結を検証する。3つの研究(N = 743)において、参加者のC19専門家に対する信念、および支持された経験的証拠と支持されていない経験的証拠に対する信念を評価した。

研究1では、基本的な理論的つながりを確立し、C19の科学に対する個人の信念が、科学に対する気質的信念およびC19緩和策の道徳化と関連していることを示す。続く2つの研究では、C19の科学に対する信念の強さが、義務付けを過ぎたマスクされていない個人に対する不信感や、パンデミック緩和の権威主義をより支持することにどのように影響するかを示している。

C19の科学に対する信念が、一般的に望ましいとされる科学リテラシーを超えて、公衆衛生の専門家だけがパンデミックに対処できるという確信として現れ、C19に関する裏付けのない主張でさえ科学的根拠によって裏付けられている(例:屋外感染のリスクが高い)ときに現れるダークサイドを記録している。

また、リベラル派と保守派がそれぞれ異なる方法でC19のリスクを誤って認識していることを示す我々の政治的イデオロギーに関する知見を紹介し、最後に、科学的信念の暗黒面を調べることが、パンデミックに対する人々の反応に対する我々の理解にいかに役立つかを論じて、結論とする。

キーワード:COVID-19、科学への信頼、信念、確信、信頼、政治的イデオロギー、権威主義、道徳化、科学主義


人間は、その生存と幸福に対して数多くの脅威に直面している。その中には、目に見え、決定的で、即座に現れるものもある。しかし、病原体による感染症のように、発見が難しく、その危険性が顕在化するまでに時間がかかるものもある。C19の世界的流行は、後者の例である。

C19はウイルスなので肉眼では見えず、咳や鼻水などの自覚症状がない限り、感染しているかどうかを知ることは不可能だ。また、目に見える症状であっても、他の病気(例えば、伝染性のないアレルギー)で現れるため、断定できないこともある。それでも、C19を緩和するためには、マスク、社会的距離の取り方、ワクチン接種、様々な移動制限の遵守など、大規模かつ協調的な行動が必要である。

*

C19が目に見えない敵であるならば、普通の人々はなぜ、目に見えない脅威を、テストもできない解決策を適用して最小化すると想定される行動に踏み切れるのだろうか。その理由の一つは、科学者の知恵、誠実さ、権威を信じることである。多くの人々にとって、C19は、(例えば宗教的な導きや民間療法に頼るのとは対照的に)科学的手法を適用することによって最もよく理解され改善される問題なのである。

こうして、何百万人もの人々が、当局の要求に応じて生活を大きく変えることになった。このような大規模な遵守が行われるためには、十分な数の人々が、C19が実際に重大な脅威であり、緩和策がたとえ制限的で他の点で有害であっても(Lewis & Hsu, 2020)、その重大性に比例し、コストに見合うものであるという科学的根拠を信じる必要があると我々は提唱している。

*

科学的専門性に敬意を払うこと、つまり、自分が理解できないような事柄について、より熟練した者が指導を行うことを信頼することは、複雑で技術的に進歩した社会では機能する。なぜなら、不確実性やその他の不安定な力に直面しても、集団の適応性と応答性が高まるからだ(レイら 2011)。

C19では、科学者の能力と誠実さに対する信念が広く浸透しており、それが適応の力となっていることが証明されている。たとえば、主要な保健機関や専門家(WHO、CDC、SAGEに関連するものなど)を信頼することは、健康志向の勧告をより遵守し、ワクチンの使用を抑制し、ウイルスを制御する公衆衛生努力を狂わせる非科学的理論を信じることが少ないことと関連している(Agley & Xiao, 2021; Calvillo et al, 2020; Hughes & Machan, 2021; Islam et al, 2021; Lammers et al, 2020; Leibovitz et al, 2021)。

こうした信念は、日常の社会的相互作用を調節するのにも役立ってきた。強制力に裏打ちされた永続的なモニタリングがない場合、共通の目標へのコミットメント(Axelrod, 1986; Fehr et al., 2002; Sunstein, 1996)や健康志向の推奨事項を自発的に遵守するためには、信念の共有、価値、相互信頼といった要因が不可欠である。

*

この研究では、C19科学の妥当性について、確信に近い強い信念を持つことの意味を調査している。我々の研究には2つの目的がある。第一に、C19の科学を強く信じることが健康志向の一般的な順守に及ぼすプラスの効果と、科学的専門知識を拒否し、C19について現在認められている科学的事実を否定することのマイナスの効果を記録した先行研究を建設的に再現することである。

第二に、我々はこの研究を拡張し、同時に研究されていない疑問にも取り組む。

C19の科学とパンデミック緩和に関連する科学者の発表を、人々が過剰に、あるいは排他的に信じた場合、どのような影響があるのか?

*

また、世界の事実に関する信念は、知識の源としての科学に対する妥協のない信仰に変容し、道徳的な指導にさえなりうるからである(Skitka et al, 2021; Sorell, 1991)。検証も批判もされないまま放置されると、C19科学に関する様々な主張を信じる人々が、信念や信仰の領域に近づく、つまり、完全な証拠を持たないまま命題に同意し、これらの命題に基づいて行動することを約束する場合、人々が自分の特定の信念体系の無謬性と道徳的優位性についていかなる不屈の立場を採用した場合に起こる典型である態度を示し、他者に要求するようになると、私たちは主張する。我々は信念に関する学際的な文献から、C19科学に対する過剰な信仰や確信が、社会的結束や対人信頼に与えるかもしれない意味を考察する。我々のモデルを図 1 に示す。

図1 研究の概要

* *

「」


1. 理論・仮説

ビリーフは、決定的な証拠がなくても、何かが存在する、あるいは真実であると受け入れることを意味し1、多くの心理的な利点があることが示されている。例えば、信念は不確実性を最小化し、意味の感覚を提供することができる。これらはいずれも、人々を特定の目的に向かわせることによって、不安やストレスを軽減する(Heine et al.2006; Proulx & Heine, 2006)。

こうした信念、特に宗教やイデオロギーに基づく信念が他者と共有されると、共通の目標に対する人々のコミットメントを一致させ、見知らぬ人々の間の信頼を高め、外的脅威と戦うために集団を団結させるのに役立つ(Haidt, 2013)。

しかし、ヒューマニズム、人類の進歩、科学といった世俗的な信念も、究極的には検証不可能な主張に関する準宗教的な性質を持ち、宗教と同様に不安を軽減し、社会的拘束力をもたらすことが示されている(Farias et al. 2013)。例えば、Fariasら(2013)は、人々が脅威的な状況(例えば、アスリートがレースで競うなど)に直面したとき、科学をより強く信じている人は、競争を考慮してより少ないストレスを示すことを示した。

*

科学に信頼を置くことのメリットは、C19への世界的な対応において特に顕著になった。C19 ウイルスの一般的な見えなさと対応の有効性から、当局への信頼とコンプライアンスによって軽減できる不確実性が生まれている (Dolan & Henwood, 2021)。

ある研究では、科学と科学的プロセスへの信頼が高い人ほど、保健の義務付けを遵守し、マスクを着用し、予防接種を受ける可能性が高いことが示された(Stosic et al. 2021)。他の研究では、C19の科学者を信頼している人は、陰謀論や、一般的にウイルスの深刻さを割り引き、治療の効果を疑問視するさまざまな不正確な情報などの非科学的情報を信じる傾向が低いことが示された(Agley & Xiao, 2021; Islam et al, 2021; Leibovitz et al,2021)。

科学への高い信頼は、健康志向や予防対策の尊重とも関連し(Plohl & Musil, 2021)、異なる文化圏でその関係が現れている(Algan et al, 2021; Bicchieri et al, 2021)。

一方、C19パンデミックはグローバルパワーによって計画されたというような陰謀論に対する信念や、証明されていない治療法(WHO, 2020b)を信頼することは、多くの健康志向の対策へのコンプライアンスの低さと関連している(Leibovitz et al.) 結果の一部をプレビューすると、我々は科学への信頼がもたらすこのようなプロソーシャルなメリットも観察している。

しかし、信念は、モチベーション、勇気、前向きな変化の源となり得る一方で、信念が「(自分を)バカにする最も確実な方法の一つ」(Abelson, 1988, p.274)であり続けるように、より過激な発現には暗い側面もある。

 

1.1. 揺るぎない信念と確信のダークサイド

哲学者や学者は長い間、反論や批判、修正を免れない信念を採用することの危険性を警告してきた(Abelson, 1988)。深く抱かれた信念は、道徳的確信(Skitkaら 2021)、宗教的過激主義(Iannaccone & Berman 2006)、検閲の努力(Kuran & Sunstein、1999;Sunstein 2002)、反対者の処罰(Haidt 2013;Hoffer、1951/2010)の背景にあり、権威主義(Applebaum 2021)さらには全体主義(Arendt、1951)の性向と広く関連付けられている。

ホッファー(1951/2010)は、こうした硬直した信念を批判する中で、「宗教狂信者の反対は狂信的な無神論者ではなく、神がいるかどうかを気にしない優しい皮肉屋だ」と注意を促している。「無神論者は宗教家である。無神論があたかも新しい宗教であるかのように信じている」。

 

科学でさえも、過激な信念から免れることはできない。一般人、科学者、政治家の間で科学に対する信念が、健全な懐疑心と結びついた一般的な科学リテラシーの望ましい状態から、存在論的硬直性と道徳的確信に移行するとき、それらは科学主義に陥ってしまうのである。

科学主義とは、「学問や文化の他の分野と比較して、自然科学にあまりにも高い価値を置くこと」(Sorell, 1991)、「教育を受けた人々にとって科学が唯一の真の知識源とみなすこと」(Hutchinson, 2011)、「他の知識手段よりも科学が誤りにくいと思い込んで、社会問題の規制を正当化するために科学を頼ること」と定義される。

 

科学について極端な信念を抱くことで起こりうる結果のひとつに、客観的であるはずの科学者が発する科学的な宣言や主張が道徳化されることがある。経験的証拠や科学的に導き出された結論は、定義上、常に暫定的なものであり、確認されないこともあるが、それが道徳化されると、それに従うことが、合理性と共通善へのコミットメントの両方を示すために人に求められる柔軟性のない要求となりえる。

これとは対照的に、こうした主張に異議を唱えたり、それに反する行動をとったりすると、無知や原始的思考という非難を招き、そう考えない人たちから道徳的な怒りや非難、社会的不信、排斥、非信者への処罰を受けることになる(Skitka et al. 2021)。

*

パンデミックを通じて、科学的主張の道徳化の証拠は、排除と封じ込めを促進するC19の取り組みがしばしば道徳的要請や義務として投げかけられる一方で、重点的に予防を促進するものが不道徳または非倫理的として非難されることに見られる(Davidsonら 2020;Grasoら 2021;Prosserら 2020)。

論争や反論の余地のある事実を道徳化することは、複雑な問題に対処する代替方法や、科学的方法の原則によって、修正の対象として扱われるべき科学者の主張への疑問を、人々に拒絶させることにつながる可能性がある。

たとえば、C19の研究提案を評価する際、一般人は、同じ量の情報を含んでいるにもかかわらず、制限の結果(対制限の放棄によるもの)の害を調査しようとする研究は、方法論的に劣ると見なした(Grasoら 2021)。Grasoら(2021)は、このような反応は、準宗教的または神聖な価値が問われるときに予想されることだと論じている(Tetlockら 2000)。

*

Kuran and Sunstein (1999)は、リスク評価の観点を用いて、疑われない信念の採用について研究している。このカスケードとは、あらゆる出来事やリスクの可能性をいかに容易に思い浮かべることができるかに依存する精神的近道である「入手可能性ヒューリスティック」によって推進される社会環境における連鎖反応と定義している。

新しい情報を放置すると、既存の一方的な情報と信念のカスケードの中に流布され、それが永続する(Brannon et al, 2007)。そのため、正統派の考え方に異を唱える情報を発信する専門家は、風評攻撃や検閲の対象となり得る(Sunstein, 2021)。

*

科学的主張は、道徳化、あるいは利用可能性カスケードやナラティブの歪曲効果に無縁ではない(Dolan & Henwood, 2021)。オブライエンら(2021)は、科学に対する極端な信仰が、情報を批判的に評価する気がなくできない、疑似科学や誤情報に敏感になるといった望ましくない結果につながる可能性があることを示している。

さらに、科学情報の報道プロセスそのものが高度に政治化されることもある。このため、学者の関心は特定の質問へと向かい、他の質問からは遠ざかり、科学者が不快な結果を公表することは難しくなる(Clark & Winegard, 2020)。

*

図1にまとめたように、こうした力が、科学、科学が生み出す事実、科学的証拠の有効性に関する信念の極端化や確信につながるというのが、我々の理論である。これらのプロセスは相互に強化され、確信が信念と一致する情報の保持と、信念と一致しない情報の棄却または検閲につながる(Kuran & Sunstein, 1999; Skitka & Mullen, 2002)。

そして、信念と一致する情報を保持することで、科学と科学的権威に関する信念が強化される。C19の科学と証拠に過度に高い信念を抱く人は、C19に対応して、何を言うべきか、何をすべきか、他の人はどう行動すべきかについて、同様に強く柔軟性に欠ける見解を採用することになる

1.2. 本研究:概要、測定上の問題点、公開実践声明

我々は、信念に関する文献から、科学に対する信念の極端さが、個人がC19に関連する脅威を知覚する異なる方法をどのように説明できるかを調査するために利用する。まず、C19科学に対する信念が強いほど、義務付けに対する自己申告の遵守率が高まり、科学と対立する陰謀説を拒否することと関連するかどうかを検証し、次に、C19に関する信念が社会不信や権威主義の支持に及ぼす他の未調査の結果について考察する。

1.2.1. 態度強度の関数としての個人の信念に関する幅広い文献

(Abelson, 1988; Holbrook et al. 科学的専門知識への合理的な敬意が終わり、独断的で準宗教的な信念が始まる決定的なポイントを特定しない(特定できない)。我々は、C19科学に対する信念を2つの関連した方法で運用することで、この難題を説明する。

1)専門家や科学者に対する信頼(BEX)、2)C19の主張を裏付ける科学的証拠に対する信頼(BSE)である。後者は、支持される主張と支持されない主張に対する認識として測定した(それぞれBSE-S、BSE-Uと略記)。C19の科学をより信頼することは、専門知識や科学的リテラシーへの一般的に望ましい敬意(=BSE-S)を超えて、以下のように現れると仮定している。

1)C19の科学者こそがパンデミックに対処する十分な資格を持つ唯一の科学者であるという信念(研究3のBEX)、2)C19に関する支持されていない主張でさえ科学的証拠によって裏付けられているという信念(BSE-U)である。我々は、基本的な予測の一般化可能性を示すために、研究間で3つのセットを少しずつ異なる方法で評価している。

*

以下に示すように、我々は確立された個人差測定に依存しているが、複数のCOVID-19の主張と政策に対する参加者の認識も評価している。後者の評価は信頼性が高いが(α>0.75)、2-4項目を削除することによって因子構造を改善できることが確認された。

我々の結論が測定上の課題によって左右される可能性を減らすために、我々は特定の項目のセットの複数の指標を用いてデータを分析した(すなわち、2つまたは3つの項目を排除することによって出現した集約的かつ単一因子構造)。縮小された単一因子構造に基づく結果はここに、12項目の集計に基づく結果は補足オンライン資料(SOM)にて提供する。我々の結論は変わらないことを強調する。

1.2.2. Open Practice Statement 研究2および3は事前登録済みであり、以下にリンクを掲載する

追加分析、C19信念の理解を深めるための探索的項目(例:C19リスクの推定)、BSE-Sおよび-U項目の参考文献については、我々のSOMに大きく依存している。私たちのデータと構文コードは、https://osf.io/fxeqs/?view_only=2632802eb660489bb616d733219dc6b1 から入手可能である。

2. 研究1:科学に対する信念変数の予備評価

研究1では、C19科学に対する信念が、他の種類の深く抱いた信念によって予測されるかどうかを検証する。具体的には、C19科学に関する信念は、科学に対する気質的信念(Farias et al., 2013)およびC19科学を信頼する(すなわち「科学を信頼する」)ことを道徳的命令(Skitka et al., 2021)の地位に高めることと正の関係があると仮定する。

我々は、C19科学に対する信念を、C19専門家や科学者に対する信念(BEX;ファウチ博士、WHOやCDCなどの機関)とC19に関わる証拠に対する信念(BSE)として運用する。BSEは、WHOやCDCなどの公衆衛生メッセージから直接抽出した12項目で、実際に証拠によって裏付けられている主張に対する参加者の信念(BSE-S)を、科学の範囲外であったり科学界で未解決の規範的・命題的主張を表す12項目に分けて評価した。

これらの理由から、BSE-UはBSE-Sよりも真実性に関する証拠の強さが相対的に低いと参加者に判断されると予想されるが、このパターンを示すことは、C19関連の3つの信念すべてが、科学への信頼と科学を信頼する道徳的義務によって予測されるという我々の主要仮説を検証するための必要条件とはなっていない。

*

また、我々の知見に対する代替的な説明となりうる、あるいは参加者のC19科学に対する信念に影響を与える可能性のあるいくつかの変数についても評価した。1)リベラル派は保守派よりもC19に関心があるため(Calvillo et al., 2020; Conway et al., 2021)、2)宗教心は、宗教心が低いと一般的に科学に対する信念が強いことと関連するため(Farias et al., 2013)、3)C19に対する一般的な関心は、関心がC19道徳化と関連するため(Graso et al., 2021)、4)陰謀説はC19に対する多くの態度と関連しているため(Leibovitz et al., 2021)、である。最後に、過去の研究を再現するために、参加者に義務化の遵守について質問した。

2.1. 参加者と手続き

2021 年 7 月中旬、Amazon Mechanical Turk (Mturk) から 230 名の米国ユーザーを招き、C19 の認識に関する研究に参加させた。失敗した注意力チェックを排除した結果、最終的なサンプル数は220名(男性52.1%、M年齢=40.49、SD年齢=11.77)であった。

2.2. 測定方法

2.2.1. C19科学への信頼度測定

2.2.1.1. BEX(C19専門家・科学者への信頼)

「C19パンデミックの管理方法について提言している科学者や保健機関について考えてみてほしい」と問い、「一般的に、私は以下の専門性を信頼している」と回答してもらった。1)主要メディアでよく取り上げられる科学者、2)保健機関(例:WHO、CDC、SAGE)、3)政府保健長官、4)ファウチ博士の専門知識を一般的に信頼している。参加者は、1=強く反対から7=強く賛成までのスケールで、その同意に注目した、α=0.92。

2.2.1.2. BSE-Sと-U(科学的証拠とコンセンサスに対する確信)

C19に関する24項目(すなわち、BSE-Supported12項目とBSE-Unsupported12項目、リストは付録A、文献はSOM参照)を読んでもらい、両方の信念を同時に評価した。それぞれの主張が明確な証拠と科学的(専門家)なコンセンサスによってどの程度裏付けられていると思うか、参加者に尋ねた。

回答は1(証拠なし、科学的コンセンサスなし)から7(明確な証拠、高い科学的コンセンサス)の範囲であった。中間点は、Mixed evidence and some scientific consensusと表示された。因子構造を検討した結果、各セットから3項目(付録Aで*印)を削除することで、評価を改善することができると判断した。そこで、BSE-Sと-Uの尺度を1因子化した結果を報告する(α係数はそれぞれ0.82と0.86)。集計結果に基づく結果は、SOMを参照されたい。我々の結果はほとんど変わらない。

2.2.1.3. 科学的権威の個人的道徳化

我々は、Mullen and Skitka (Skitka et al., 2005) の課題別道徳指令の尺度を適応して、人々がどの程度その課題を個人的に道徳化しているかを調べた。参加者は、以下の5つの文に対する同意の度合いを示した(1=強く同意しない~7=強く同意しない)。

1) C19科学に基づく勧告に従うことについての私の態度は、私の中核的な道徳的価値観や信念と密接に関係している、2) C19科学の勧告に従うことについての私の気持ちは、「正しい」「間違っている」についての私の信念と深く結びついている、3) C19科学の言うことに従うことは道徳的問題(私の態度が道徳的価値に基づいている問題)と感じる、そして 4) 全体としてはC19科学の基づく勧告に従わないことは非道徳だと考える、そして 5) 私はC19科学の基づく勧告に従わないことが間違っていると「知っているだけ」だ、と。クロンバッハのα=0.86。

2.2.1.4. 科学への信頼(BIS; dispositional)

参加者は10項目のBIS尺度(Farias et al.2013)を記入し、「科学は宗教よりも宇宙をよく理解してくれる」などの記述への同意の度合いを示した(1=強く同意しない~6=強く同意する、Cronbachのα=0.94)。

2.2.2. 潜在的なコントロール変数と探索的変数

2.2.2.1. 契約に対する不安

C19 参加者に尋ねた。

“あなたやあなたの身近な人がC19に罹患したら、どの程度心配・不安だか?」 (0=全く心配しない~100=非常に心配する)

2.2.2.2. 宗教性

参加者に、「あなたは自分をどの程度宗教的だと思うか?」と記すよう依頼した。

(0=全く宗教的でない~6=深く宗教的である)

2.2.2.3. 政治的イデオロギー

参加者は、自分の政治的イデオロギーを1=非常にリベラルまたは左翼から9=非常に保守的または右翼のスケールで示した

2.2.2.4. 陰謀論的信念

以下の項目を使用した。1) C19(ウイルス)は存在しない、2) C19はデマである、3) C19の大流行は世界権力者によって意図的に計画されたものである、である。参加者は、1=強く反対から6=強く賛成までのスケールで同意を示した(Cronbach’s α=0.86)。

2.2.2.5. コンプライアンス

以下の記述にどの程度強く同意するか、参加者に尋ねた(1=強く同意しない~6=強く同意する)。「1)マスク、2)身体的距離、3)コンタクトトレーシング。各遵守指標を用いた結果を個別に報告する。

2.3. 結果および考察

記述統計量と相互相関は表 1 のとおりである。

表1研究1:記述統計と相互相関
変数 平均 SD 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
1. BSE-S(1ファクター) 5.93 0.94 0.70⁎⁎ _ 0.66⁎⁎ _ 0.49⁎⁎ _ 0.48⁎⁎ _ 0.06 0.13⁎ _ 0.47⁎⁎ _ −0.48⁎⁎ _ −0.29⁎⁎ _ −0.73⁎⁎ _ 0.61⁎⁎ _ 0.61⁎⁎ _ 0.40⁎⁎ _
2. BSE-U(1ファクター) 4.80 1.21 0.76⁎⁎ _ 0.57⁎⁎ _ 0.59⁎⁎ _ 0.01 0.03 0.58⁎⁎ _ −0.61⁎⁎ _ −0.26⁎⁎ _ −0.55⁎⁎ _ 0.67⁎⁎ _ 0.69⁎⁎ _ 0.52⁎⁎ _
3.BEX 4.67 1.59 0.60⁎⁎ _ 0.59⁎⁎ _ 0.08 0.02 0.47⁎⁎ _ −0.61⁎⁎ _ −0.34⁎⁎ _ −0.59⁎⁎ _ 0.67⁎⁎ _ 0.62⁎⁎ _ 0.52⁎⁎ _
4.BIS 4.17 1.18 0.51⁎⁎ _ 0.09 −0.14⁎ _ 0.35⁎⁎ _ −0.51⁎⁎ _ −0.57⁎⁎ _ −0.43⁎⁎ _ 0.43⁎⁎ _ 0.43⁎⁎ _ 0.36⁎⁎ _
5.道徳化 5.03 1.39 0.04 −0.04 0.44⁎⁎ _ −0.54⁎⁎ _ −0.23⁎⁎ _ −0.35⁎⁎ _ 0.54⁎⁎ _ 0.49⁎⁎ _ 0.37⁎⁎ _
6.性別(1 =男性) 0.52 0.50 −0.11 0.02 0.01 −0.08 −0.10 0.03 0.01 0.03
7.年齢 40.49 11.77 0.12 0.14⁎ _ 0.03 −0.12 0.02 0.10 −0.03
8.C19の懸念 59.46 32.21 −0.37⁎⁎ _ −0.08 −0.33⁎⁎ _ 0.55⁎⁎ _ 0.55⁎⁎ _ 0.49⁎⁎ _
9.イデオロギー(保守主義) 4.18 2.29 0.47⁎⁎ _ 0.46⁎⁎ _ −0.49⁎⁎ _ −0.44⁎⁎ _ −0.33⁎⁎ _
10.宗教性 1.89 2.08 0.36⁎⁎ _ −0.19⁎⁎ _ −0.18⁎⁎ _ −0.06
11.陰謀 1.49 0.86 −0.57⁎⁎ _ −0.56⁎⁎ _ −0.32⁎⁎ _
12.コンプライアンス(マスク) 6.19 1.44 0.85⁎⁎ _ 0.52⁎⁎ _
13.コンプライアンス(距離) 5.99 1.52 0.52⁎⁎ _
14.コンプライアンス(トレース) 4.53 2.05

対の標本t検定では、参加者はBSE-SがBSE-Uよりも科学的根拠でサポートされていると認識した、t(220) = 19.42, 95% CI [1.01, 1.24], p < .001が示された。次に、Mplus 7を用いて、BSE-S、BSE-U、BEXを道徳性、科学に対する信念に回帰し、その結果を図2に示した。

図2 研究1の結果 非標準化係数、標準誤差、P値

「」

BSE-S、BSE-U、BEX の 3 つの信念に基づく変数には、強い正の相関が見られた。科学的証拠に対する信念(BSE-S、BSE-U、BEX)が強いほど、緩和策に対する道徳性が高く、BISが高いことが予測される。また、科学に対する気質的確信(BIS)は、C19の有効な発言は科学的根拠によって裏付けられていると認識し(すなわちBSE-Sで高得点)、科学者をより信頼するようになる(すなわちBEXで高得点)、正の特性を有していることが観察された。

しかし、BISのスコアが高く、科学的権威を道徳化する人は、C19に関する主張が支持されていない、あるいは不確かな場合でも、科学的コンセンサスに裏付けられていると思い込む(=BSE-Uのスコアが高い)ことも観察された。この結果は、宗教性、イデオロギー、陰謀論、C19への関心などを考慮しても変わらない。なお、BEXはBSE-SよりもBSE-Uと強く相関していた(z = -4.157, p < 0.001)。

*

最後に、C19への懸念、保守的なイデオロギー、高い宗教心、陰謀論への信奉はすべて、科学への信奉が低く、義務への遵守が低いことと関連していることが観察された。性別、年齢、C19信条変数の間には、有意な関係や一貫した関係は見出せなかった。

3. 研究2:科学的根拠に対する信念とマスクされていないものに対する不信感(過去のマスク義務化)

BSEと不信感の関係を検証する。信頼に注目したのは、その侵食の可能性(Lo Iacono et al., 2021)が、口語的なニューノーマル ; C19の生活への一般的な長期調整を表す言葉としてよく使われる社会で人々がお互いをどう見るようになるかという重要な問いを投げかけるからである(Cohen, 2021)。

信頼はまた、社会的結束の基本的な部分であり、多くの有害な社会的結果を伴う現象である偏向の増加から保護することができる(Rapp 2016)。こうした社会では、ある種の行動は、ニューノーマルに適合しているか、あるいはそこから逸脱しているかのどちらかと見なすことができる。先に述べたように、確信犯の結果の1つは、科学的証拠に基づくと推定される当局の指示を受け入れていないように見える仲間を、人々が不信に思うようになることである。

*

データ収集時(2021年6月、米国でデルタ変種により再義務化される前)、ある個人がマスクを着用していない場合、彼らは完全にワクチンを接種しているのでマスクを着用する必要がないか、義務化を遵守する気がなく、潜在的脅威と見なされる可能性があることを示していると思われる。

このような場合、マスクは自分を汚染から守るために着用するものであるが、予防接種の有無にかかわらず、他者の福祉に対する配慮や集団的な権威を尊重する姿勢を示すものでもある。マスク着用によるメリットが強調されている以上、マスクをしていない人と関わることに躊躇するのは当然だが、マスクをしていない人に対するイメージには個人差があることも予想される。

*

したがって、確信と不信の関係を仮定した我々の理論的基盤に沿えば、BSE-Uのスコアが高い人は、マスクをしていない人に不信感を抱くと予想される。この関係は、C19の科学に対する信念(BSE-S)やBISをコントロールした後でも持続すると予想される。BSE-Sは、マスク着用とは関係なく、裏付けされた主張に対する信念を反映しているため、不信感との正の関係を期待しない。

*

これらの予測、データ収集、サンプルサイズ、変数、除外戦術は事前に登録され、ここで入手可能である: aspredicted.org/blind.php?x=ki8b6m.

3.1. 参加者と手続き

2021年7月中旬、Mturkから230人を本調査に招待し、研究1で述べたのと同じ品質保証のステップを踏んだが、1つの例外があった。事前登録計画により、4つの注意力チェックのうち1つ以上失敗した参加者は、分析から除外された。最終的なサンプルサイズは223名(男性49.8%、M年齢=37.97、SD年齢=12.25)であった。

3.2. 測定方法

3.2.1. BSE-S と U

研究 1 と同じ評価を用いた(項目は付録 A、参考文献は SOM を参照)。Cronbach のα係数は BSE-U と-S でそれぞれ 0.83,0.77 であった。また、研究1と同様に、ここでは評価を1因子に縮退した結果を報告する(分散の36.02%(BSE-U),32.87%(BSE-S)を説明する)。12項目の集約による結果は、SOMを参照されたい。我々の結論はすべて同じである。

3.2.2. マスクなし個人に対する不信感

マスクなし個人に対する不信感を評価するために、Evans and Revelle(2008)に基づく 10 項目を適用した。参加者は、完全未接種の人がマスクや身体的距離を置かずに活動を再開できるようにしたCDCの規則変更について検討し、次のように指摘した。

「このときフェイスマスクを着用していない人は、私を(1=強く反対から7=強く賛成):」接触を避ける、関わりたくない、疑わしい、不快、不安、信用したくない、安全だと思う、完全に予防接種を受けていると思う、尊敬する(最後の3項目は逆符号化)。数値が高いほど、覆面をしていない個人に対する不信感が強いことを示す。Cronbachのαは0.90であった。

3.2.3. 潜在的なコントロール変数と探索変数

研究1と同じ項目を用いて、参加者にデモグラフィックと個人属性の質問を行った。それらは、思想、年齢、性別、C19の契約に対する懸念、陰謀論的信念(クロンバックのα=0.75)、科学に対する信念(クロンバックのα=94、Farias et al. 2013)である。さらに、SOMは、国家の開放性、基本的な統計リテラシー、C19のリスク推定に関する質問などの探索的変数を追加で報告している。

3.3. 結果および考察

記述統計量と相関関係を表 2 に示す。

表2研究 2:記述統計量と相互相関
変数 平均 SD 2 3 4 5 6 7 8 9
1.不信 4.16 1.31 0.18⁎⁎ _ 0.51⁎⁎ _ 0.30⁎⁎ _ −0.02 0.06 0.54⁎⁎ _ −0.33⁎⁎ _ −0.25⁎⁎ _
2. BSE-S(1因子) 5.83 0.88 0.53⁎⁎ _ 0.38⁎⁎ _ 0.02 0.12 0.36⁎⁎ _ −0.42⁎⁎ _ −0.62⁎⁎ _
3. BSE-U(1因子) 4.59 1.15 0.44⁎⁎ _ 0.04 0.00 0.52⁎⁎ _ −0.52⁎⁎ _ −0.44⁎⁎ _
4.BIS 4.16 1.10 0.16⁎ _ −0.21⁎⁎ _ 0.31⁎⁎ _ −0.39⁎⁎ _ −0.31⁎⁎ _
5.性別(1 =男性) 0.50 0.50 −0.24⁎⁎ _ −0.10 0.03 −0.06
6.年齢 37.97 12.25 0.18⁎⁎ _ 0.09 0.00
7.C19の懸念 60.37 32.81 −0.32⁎⁎ _ −0.27⁎⁎ _
8.イデオロギー(保守主義) 4.03 2.27 0.40⁎⁎ _
9.陰謀 1.41 0.70
参加者は、BSE-SがBSE-Uよりも科学的証拠によってサポートされていると認識した、t(222) = 19.61, 95% CI [1.12, 1.36], p < 0.001.

次に、信頼をBSE-SとBSE-Uに同時に回帰した。このモデルの不信の予測能力は有意で、修正R 2 = 0.25, F(2,220) = 16.34, p < .001、そしてBSE-Uによって駆動された、b = 0.58, SE = 0.08, t = 7.07, p < .001であった。

BSE-Sは、BSE-Uの効果をコントロールした後、有意ではない予測因子として現れ、p = 0.687であった(表3のモデル1参照)。最終的な頑健性チェックとして、BSE-Uが、不信との正の関連から我々の知見の代替説明となりうる変数を超えて、不信を増分的に予測するかどうかを検討した。これらの変数は、表 3 のモデル 2 で入力されている。表 3 に示すように、BSE-U は他の変数よりも高い確率で不信感を予測することがわかった。

表3不信感に対するBSEの増加的予測妥当性
DV:不信: モデル1


モデル2


b SE p b SE p
インターセプト 1.73 0.51 0.001 2.74 0.81 0.001
予測因子
 BSE-S −0.04 0.11 0.687 −0.16 0.12 0.166
 BSE-U 0.58 0.08 <0.001 0.33 0.09 0.000
 C19懸念 0.02 0.01 <0.001
 ビス 0.04 0.08 0.565
 陰謀の信念 −0.81 0.13 0.541
 イデオロギー(保守主義) −0.04 0.04 0.324
モデルR2 0.25 0.38

以上のことから、研究2では、C19の主張が根拠をもって支持されていると強く信じている人ほど(BSE-U)、マスクが必要ないときには、マスクをしていない人に対してより大きな不信感を示すことが示された。重要なことは、BSE-Uの不信感に対する予測力は、BSE-Sや他の予測因子(陰謀論に対する信念、C19に対する懸念、政治的イデオロギー、BIS)を制御した後でも有意に維持されることである。研究1と同様に、C19への懸念、保守的イデオロギー、陰謀論への信奉が低いほど、科学への信奉が低いことが観察された。性別、年齢とC19信念の変数との間には、有意な関係や一貫した関係は見出せなかった。

4. 研究3:構成的複製とパンデミック緩和の権威主義を予測する

研究3では、人々の関心事を、他の人々が特定のパンデミック緩和の実践に従事することを要求することに広げ、パンデミック緩和権威主義(PMA; Manson, 2020)に注目した。PMAを選択した理由は、序文で述べたように、強い信念を持つ人は権威主義的または強制的な実践を支持する傾向があり、その強制力によって、他の人が遵守し、C19の蔓延を減らすために必要な集団行動に貢献するようにするためである。

しかし、我々は権威主義という言葉を注意深く使っている。ある行動や実践が権威主義とみなされるかどうかは(例えば、不幸な付随的結果を伴う切迫した必要性に対して)、その人のイデオロギーや信念によって決まる(Manson, 2020)。

我々は、独断主義、適合性の支持、他者を強制して行動を遵守させる意思、脅威と認識される人々に対する懲罰的姿勢、検閲を含む態度の一般セットとしての権威主義の既存の定義に従った(Bostynら 2016;Costelloら 2021;Manson, 2020)。BEXとBSE-Uをより強く支持することは、より強いPMAと関連すると仮説を立てる。

*

また、これまでの結果が測定上のアーチファクトである可能性を改善するため、BEXには異なる項目を含めることで評価を精緻化し(排他的信念に着目)、BSEには証拠と合意を混同しないような回答アンカーを使用することとした。研究2と同様に、BEXとBSE-UはともにPMAを予測することが期待される。

我々はBSE-Sを測定しているが、BSE-SがPMAと有意な相関を示すとは考えていない。なぜなら、支持されたC19命題の知識は、特定のPMA測定やC19に対する消去法とは相容れない可能性があるからだ(Phillips, 2021)。

*

我々の予測、データ収集、サンプルサイズ、変数、除外戦術は事前に登録され、ここで入手可能である:https://aspredicted.org/QMV_HHL.

4.1. 参加者と手続き

2021年8月、C19の認識に関する研究に参加するため、Prolific Academicから310名の参加者を募集した。注意力チェックの失敗を取り除いた最終的なサンプル数は300名(男性42.7%、M年齢=25.26、SD年齢=7.70)であった。

4.2. 測定方法

4.2.1. パンデミック緩和の権威主義

我々は、PMAの一般的な評価(PMA General)とオーストラリアの実践の評価(PMA Australia)という2つの補完的な評価を使用した

4.2.1.1. PMA

全般 13 項目を用いて、参加者の PMA に対する支持を評価した(付録 A 参照)。項目は Manson(2020)をベースとし 2020 年の論文発表以降に緊急性を増したワクチンパスポートなどの問題 を補完する形で設定した。

C19に対応するために各国が継続的に実施すべき政策を示し、その回答を1(強く反対)から7(強く賛成)までのスケールで記すよう求めた。2つの項目(付録Aで*印)を削除したEFAでは、分散の50.10%を説明する1因子解が得られ、αは0.92のままであった。ここでは 1 因子による結果と SOM で 13 項目の集計を行った結果を示したが、両者は一致していた。

4.2.1.2. PMA

オーストラリア Manson (2020)に基づく一般化されたPMAを補完する形で、オーストラリアの政策が権威主義的であるとする報道が複数あったため(例:Friedersdorf, 2021; Lee, 2021)、参加者に評価を依頼した。

データ収集時(2021年8月下旬)のオーストラリアのC19の状況を描いた2つのグラフを参加者に提示した。グラフはJohn Hopkinsのデータベースから直接コピーペーストしたもので、過去7日間、オーストラリアは毎日平均して974人のC19感染者と2人の死者を出していることが示唆された。参加者には、次のようなプロンプトを提示した。

オーストラリアは現在、Covidの蔓延を抑えるために厳しい制限を受けている。自分の住んでいる地域でも、C19の蔓延を抑えるためにオーストラリアの方法を取り入れたいと思うかどうか考えてみてほしい。以下の各制限をどの程度支持するかを示してほしい。

付録Aで提供された5つの項目は、データ収集時にオーストラリアのテリトリーで実際に使われていたルールであるため、選択した(NSW.gove 2021)。参加者は、それらの政策を支持する程度を1(強く反対)から7(強く賛成)までの尺度で示した。Cronbachのαは0.88であった。

4.2.2. BSE-S と -U

各 BSE 評価について、10 項目の調整項目を実施した(項目は付録 A、参考文献は SOM を参照)。BSE-Uの項目は、一見、事実と思われる記述のみを含むように修正した。また、エビデンスとコンセンサスを混同するのではなく、それぞれの主張がどの程度エビデンスで裏付けられていると思うかを1(科学的根拠なし)から7(明確な科学的根拠あり)までの尺度で回答させた。中間点は混合証拠とした(BSE-Sと-Uのαは0.74と0.76)。ここでは 1 因子構造(付録 A の*印の項目なし)、SOM では 10 項目の集計を報告したが、一貫性は保たれた。

4.2.3. BEX

C19の専門家・科学者に対する独占的信頼 政府の対応を指導している国際保健機関(WHO、CDC、SAGEなど)、主要科学者、保健専門家、疫学者を考慮し、それらの保健専門家がどの程度、完全な資格を持つ唯一の人であるかを示すように参加者に依頼した。

1) 全市民の健康と幸福を考える、2) C19パンデミックを効果的に管理する、3) C19の取り扱いについて最終決定権を持つ、4) 制限のコストを予測する、5) C19に対する道徳的対応を決める、6) 制限がコストに見合うかどうか決める、7) 最適なC19対応(社会のほとんどのメンバーに利益をもたらすもの)を生み出す、8) C19に関する完全な情報提供、9) C19について正しい情報を提供する、。参加者は、1=強く反対から7=強く賛成までのスケールで同意を記し、α=0.89とした。

4.2.4. コントロール変数と探索変数の可能性

これまでの研究と同様に、参加者は、C19指令の遵守(「全体として、C19指令(マスクなど)を遵守している」)、政治思想、性別、年齢などの個人属性に関する質問を提供した。また、本研究で新たに、医療経験の有無(1=ある、0=ない)を尋ねた。

さらに、C19への懸念変数として、C19になった場合、あるいはすでにC19になっている場合、C19の長期的な影響を懸念しているかどうかを尋ねることで、よりポイントを絞った(1=全く懸念していない、100=非常に懸念している)。C19に対する一般的な懸念を反映させるため、回答を統合した。

4.3. 結果および考察

表 4 に相関関係と記述統計量を示す。

変数 平均 SD 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1.PMA 4.32 1.38 0.56⁎⁎ _ 0.39⁎⁎ _ 0.51⁎⁎ _ 0.59⁎⁎ _ −0.15⁎⁎ _ −0.02 0.10 −0.36⁎⁎ _ −0.02 −0.05 0.29⁎⁎ _
2.PMA-AUS 3.73 1.63 0.19⁎⁎ _ 0.41⁎⁎ _ 0.39⁎⁎ _ −0.02 0.09 0.06 −0.23⁎⁎ _ −0.04 0.01 0.21⁎⁎ _
3. BSE-S 5.24 0.86 0.35⁎⁎ _ 0.37⁎⁎ _ −0.10 0.04 0.12⁎ _ −0.22⁎⁎ _ 0.11 0.14⁎ _ 0.35⁎⁎ _
4. BSE-U 3.53 1.01 0.45⁎⁎ _ −0.08 0.06 0.16⁎⁎ _ −0.18⁎⁎ _ −0.01 −0.03 0.20⁎⁎ _
5.BEX 5.02 1.19 −0.08 −0.06 0.14⁎ _ −0.21⁎⁎ _ 0.11 −0.09 0.26⁎⁎ _
6.性別(1 =男性) 0.43 0.50 0.07 −0.09 0.27⁎⁎ _ −0.03 −0.08 −0.15⁎ _
7.年齢 25.22 7.73 −0.03 0.06 −0.06 0.09 0.00
8.懸念 44.72 40.66 −0.09 0.21⁎⁎ _ 0.01 0.15⁎ _
9.イデオロギー(保守主義) 3.68 2.04 −0.01 0.04 −0.20⁎⁎ _
10. Covid History 0.16 0.37 −0.03 0.00
11.ヘルスケア経験 0.11 0.31 −0.06
12.コンプライアンス 6.21 1.27

参加者はBSE-SがBSE-Uよりも科学的根拠でサポートされていると認識していた、t(299) = -33.07, 95% CI [-2.45, -2.18], p < 0.001. 次に、PMAの2つの変数(一般、オーストラリア)をBEX、BSE-S、-Uに回帰した。結果は図3である。

図3 研究3 の結果(非標準化係数、標準誤差、P 値) 研究 3 の結果(非標準化係数、標準誤差、P 値

「」


BEX、BSE-S、BSE-U の 3 つの科学に対する信念は、いずれも PMA(全体)を正に予測する。BSE-UとBEXは、参加者のPMA支持を正に予測した。BSE-SはPMA(グローバル)を正に予測したが、PMA(オーストラリア)は予測しなかった。

これは、BSE-Sのスコアが高くても、必ずしも、より厳しい措置を支持することにはつながらないことを示唆している。また、「リベラル」「女性」と回答した人は、PMAへの支持をより強く示した。保守的なイデオロギーはコンプライアンスと負の相関があり、科学に対する信念はコンプライアンスと正の相関があった。

5. 総論

宗教や政治に関する信念が過激な意見や検閲、懲罰的な反応につながるように、C19科学の妥当性に過剰な、あるいは妥協のない信頼を置くことも同様の意味を持つのではないかと推察された。その結果、人々は科学的権威の勧告に目に見えて従わない同胞に不信感を抱き、ウイルスを封じ込めるための極端な手段を支持するようになるかもしれない。

我々はこの前提を3つの研究で検証し、C19科学に対する信念が、科学に対する気質的信念と、C19科学に従うことは道徳的義務であるという信念と関連していることを示した。これらの信念(BEX、BSE-S、BSE-Uとして運用)は、義務付けがない期間でもマスクをしていない人への不信感(研究2)、権威主義的緩和制限の支持(研究3)に関連することを示した。

*

その結果、不信感と厳しい措置の支持は、C19科学者(例:ファウシ博士、CDC、WHO、SAGEなどの機関)に対する強い信念と、C19に関する特定の主張が証拠によって裏付けられているという強い(正しい)信念によって予測されることが示された。(例えば、C19ワクチンはC19による入院や死亡を減らすのに有効である、「Long-Covid」の症状には精神・神経障害やその他のBSE-S項目が含まれるなど)。

しかし、特に興味深いのは、C19に関する裏付けのない主張に関する知見である。BSE-Uの「誰もが保健所の指示に従えばC19はなくなるはず」「地域で発生した場合、屋外(ビーチや公園)は閉鎖すべき」などの主張に賛同していることである。

C19に関するこれらの裏付けのない主張を裏付けがあると評価することは、他の競合する説明(例:イデオロギー)を差し置いて、最も一貫して我々の従属変数を予測するものであった。このような結果は、信念と結果に対する異なる、しかし補完的な評価を用いて観察された。

*

最後に、我々の結果は、コンプライアンスに関する過去の研究を再現するものであった。科学を信じている人は(それが気質的BIS、BEX、BSEのいずれで捉えられたかにかかわらず)、親社会的なコンプライアンス行動(例えば、マスク着用)をとる傾向が強く、根拠のない主張や陰謀論に信頼を置く傾向は弱いことが示された。

5.1. 理論的・実践的貢献

我々の研究はいくつかの貢献をしている。第一に、個人の科学に対する信念に関する既存の文献を基にする(Farias et al.) 最近の知見(Leibovitz et al., 2021; Stosic et al., 2021)と連動して、科学に対する信念は、健康志向の施策を受け入れる、陰謀論に不信感を持つ、C19科学(BSE-S)でサポートされている科学的記述を信じるなどのポジティブかつプロソーシャルな特徴を持つことを示す。

しかし、我々はそのような信念の暗黒面も示す。科学を信頼することが疑似科学への支持を高めることと関連するように(O’Brien et al., 2021)、科学を信じる人は、科学で裏付けられていないC19の発言も信じる傾向が強いことが観察された(BSE-U)。BISよりもBSE-Uの方が、覆面をしていない人への不信感を予測した(研究2)ことを想起し、科学に対するC19の信念の複数の表出を捉えることの重要性を証明する。

*

第二に、我々の知見は、強固に保持された信念とその結果に関する多くの文献と一致している。彼らは、C19事項に関して強く保持された信念が、マスクを被らない個人(過去の命令)に対する不信や、権威主義の蔓延(Manson, 2020)に関する不適応な反応をもたらすことを示しているからである。

このような結果は、社会の結束を弱め、より偏った文化を生み出し、意見の合わない他者が罰せられる可能性が高くなる。例えば、これまでの研究では、中絶やユーテナジアといった道徳的な問題に関連して、不信感と意見の分極化の間に強い関連性があることが確認されており、社会的結束に負の影響を及ぼすことが示されている(Haidt, 2013; Rapp, 2016)。

*

第三に、我々の知見は、政治的イデオロギーとそのC19反応における役割に関する現存する文献に情報を提供するものである。リベラルは、BIS (Farias et al., 2013) とBSE-Sをより高く支持することで示されるように、科学に対するより高い信念を示したが、科学が答えを提供しない場合でも、より高い信念も示した(BSE-Uで高得点を得た)。

また、マスクをかぶっていない個人を不信に思い、C19に対抗するための権威主義的な実践を支持する傾向が強かった。一方、保守派は、科学的裏付けのない事柄を信じることに抵抗があるが(BSE-Uで低い)、科学一般をあまり信用せず(BIS)、実際に科学的裏付けのある発言をあまり信じない(BSE-Sでこれも低い)。

このことは、公衆衛生コミュニケーターや意思決定者にとって大きな課題であると考えられる。なぜなら、リベラル派も保守派も、分裂を減らすためには、C19の健康への脅威に対する認識を再調整する必要があることを示唆しているからである。

したがって、今後の研究では、一方的な情報の「利用可能性のカスケード」(Kuran & Sunstein, 1999)を断ち切る努力をするよう求め、C19 に関する認識がより正確で共有されて初めて、既存の緊張を緩和することが可能になることを認識する必要がある。

5.2. 限界と今後の方向性

本研究にはいくつかの限界がある。まず、我々のすべての記述、特にBSE-Sと-Uは、データが収集された時間的背景(すなわち 2021年6月~9月)の中で解釈されるべきものである。我々は、確信犯と不適応な結果を関連付ける強固な文献に基づいた予想であるため、この進化する情報が我々の基礎となる関係の性質と強さを大きく変えるとは予想していない。とはいえ、一般人の信念に関する新しい研究は、新しい証拠と同時に実行されるべきものである。

*

第二に、我々の発見は、我々が用いたBSE-Sと-Uの主張によっても制限される。C19の科学的証拠に関する知識は、低いもの(例えば、利害関係のない一般人)から高いもの(例えば、医学と経済学の博士号を併せ持つ専門家)まで様々であろう。

我々は、一般人の専門性を定量化することが困難であることを想定し、研究1および2(SOMで報告)では探索的リスク推定項目を用い、異なるBSE項目を用い、正当な情報源から得られた主張(BSE-S)とそうでないもの(BSE-U)を使用した理由である。

それでもなお、我々のセットは、素人なら誰でも知っているようなC19の主張の可能性を示す、かなり小さなリストである。したがって、今後の研究者には、新しい情報が入手可能になった時点でそれを取り入れるよう強く注意を促したい。

*

第三に、BSE-Uの評価において、現時点では経験的証拠によって裏付けられていない記述を多数紹介した。しかし、虚偽の記述と証拠が不十分な記述を区別しておらず、これらは明らかに互換性がない。さらに、今回使用した項目の中には、例えば、この項目(Young children should wear masks until they are vaccinated)が支持されるかどうかを参加者に尋ねる際、回答に影響を与える可能性のある子供の年齢を示さなかったなど、ある程度の不正確さによって制限されているものもある(WHO, 2020a)。

同様に、EU諸国はC19からの回復を健康パスの有効条件として認めているが、アメリカは認めていない(Block, 2021)ため、我々の項目「すでにC19にかかった人も、保護されるためにワクチンを受ける必要がある」の解釈は困難であった。

こうした定義上の課題は、COVID-19の誤情報の他の領域でも明らかである。例えば、かつて陰謀とされたいくつかの主張(例:実験室漏洩仮説)は、現在では調査されている(Maxmen & Mallapaty, 2021)。

研究者には、事実誤認の発言(例えば、子どもはコビッドで重症化する「リスク」カテゴリーと考えられる)と、現時点では圧倒的な証拠を享受できない発言(例えば、新しい変異株はより速く広がり、かつ元の変異株よりもはるかに致命的である)を区別することを奨励する。

*

第四に、私たちは、より広範なBSE対策に一定の限界があることを認識している。これらの項目は、参加者の科学的コンセンサスに対する認識を評価するものであるため、態度ベースというよりも知識ベースの指標に近いと言える。知識ベースの項目は項目反応理論のようなツールで分析されるべきだが、唯一の正解がなく、ある記述は規範的な性質を持っているため、このアプローチは適切でなかった。

*

最後に、一般的な信念(BEX)と情報ベースの信念(BSE-S、-U)の因果関係を解き明かすことはしていない。信念と確信に関する多くの文献が示唆しているように、2つの力(情報と信念)は相互に強化し合っている。情報-信念の語りのサイクルを遅らせる方法の1つは、認知的に利用できない可能性のある情報を導入することである。

C19の文脈では、ある問題が科学的証拠によって一様に裏付けられていないことを一般大衆に知らせることがこれにあたる。しかし、このような「利用不可能性カスケード」(Kuran & Sunstein, 1999)を引き起こすと、潜在的に相反する結果を招く可能性がある。人々の信念に疑問を投げかけて、固く信じていたことを考え直させることもあれば、不用意にそれを強化することもある。

*

C19パンデミックに対する研究者の目的やアプローチにかかわらず、我々は、親社会的行動や非常に望ましい科学的リテラシー(BSE-Sとして緩やかに示される)と、非常に硬直した信念や裏付けのない主張は科学的証拠を享受するという認識(研究3におけるBSE-UまたはBEX)の間に深く絡み合った性質を認識することをすべての人に勧める。

BSE-Uに取り組もうとする研究者は、そうすることで一般的な親社会的信念も低下させる危険性があることを念頭に置く必要がある。これらの効果を解明し、不適応な信念を除去するリスクがコストに見合うかどうかについては、明確な答えはない。

それでも、ネガティブなCOVID-19情報(Sacerdote et al., 2020; Stolow et al., 2020)やメディアチャンネルを通じて提示される誤情報(Jamieson & Albarracin, 2020)に注目が集まっているが、こうした情報は消費者が視聴を求め、それに報いるために流布されるものである。

ネガティブな情報や誤解を招く情報を発信することは(よりポジティブな情報を発信することなく)、透明性の欠如が、短期的には有効であっても、当局や科学者に対する長期的な信頼を損なう可能性があるため、結果をもたらすだろう(Petersen et al. 2021)。

5.3. 結論

理解できない事柄について科学者を信頼することで、不確実性に直面したときの適応力が高まる。我々は、科学を信頼しすぎることが、C19の社会的結束に意図しない負の結果をもたらす可能性がある場合、またそうであるかどうかを検討するよう人々に呼びかけた。

その結果、科学への信頼は適応的で善意であるが、放置すれば破壊的になりうることがわかった。誤算となった信念から生じる分裂は、それが脅威を低く評価しているか高く評価しているかにかかわらず、緩和し修正しなければならない。このような誤算を認識しなければ、社会は不信と権威主義の破壊的なサイクルを継続しがちである。

このような要因に細心の注意を払うことは、今回の危機においても、またそれ以降においても、分極化が進む社会に伴う危険性を軽減するために極めて重要である。さらに、パンデミック後の私たちの回復力は、それにかかっているかもしれない。

脚注

1オックスフォード辞典では、信念を次のように定義している。1)「何かが存在する、あるいは真実であるということを、特に証明なしに受け入れること、人が真実あるいは現実として受け入れる何か、固く抱いた意見、宗教的確信」または2)「(誰かまたは何か)に対する信頼、信仰、確信」である。従って、信頼と信念という言葉は、対人関係に依存する文脈では不適切であることに留意して、互換的に使用している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました