肉は禁止されるのか?
Will Meat be Banned?

グローバルリサーチジョセフ・マコーラローカリゼーション・脱中央集権・分散化食事・栄養素(免疫)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

ジョセフ・マコーラ博士

www.globalresearch.ca/will-meat-banned/5818276

グローバルリサーチ、2023年05月05日

肉は、人類が誕生して以来、主食として親しまれていた。動物性タンパク質を食べることを正当化する必要があった人は、今まで一人もいなかった。

食料供給の完全独占を目指す世界の陰謀団によれば、肉食は人為的な気候変動の核心であり、止めなければならないとのことである。

肉食の全面的な禁止を求める声に加え、農業補助金や貿易法の変更、病院や学校での食生活の変更、警告ラベルの追加、教育(プロパガンダと読む)、肉に対する特定の税金やより一般的な炭素税などの各種税金などの強制的な戦略も提案されている。

オックスフォード大学の研究者によると、農業部門が排出する温室効果ガスのうち、肉と乳製品の生産が60%を占めているそうだ。また、牛は利用可能な農地の83%を使用している一方で、カロリーは18%、食事性タンパク質は37%に過ぎないとしている。

しかし、環境への配慮は、それだけで済ませることはできない。研究者は、培養肉や植物性代替肉の長期的な健康への影響について、ほとんど何もわかっていないと警告している。最近の調査では、植物性肉には、鉄や亜鉛などのミネラルの体内吸収を妨げる抗栄養素が多量に含まれており、栄養不足を引き起こす可能性があることがわかった。

*

肉は、人類が誕生して以来、主食として珍重されていた。食糧供給の完全な独占を目指すグローバリストの陰謀団によれば、肉食は人為的な気候変動の核心であり、「地球を救う」ために止めなければならないという。

2019年9月には、イギリスのバリスター(裁判弁護士)が、環境保護のために肉食を禁止する新法制定を求めるまでになったが、時が経つにつれ、このような狂気はますます強まっていくことだろう。当時のガーディアン紙が報じたように:2

「法曹界のマイケル・マンスフィールドは、エコサイド(地球を破壊する行為)に対する新しい法律を作るべきであり、その下で食肉をターゲットにすることができると提案した。肉食が地球に与えているダメージを見れば、いつかそれが違法になると考えるのは、決して荒唐無稽なことではないと思う」

肉食の全面的な禁止以外にも、農業補助金や貿易法の変更、病院や学校での食生活の変更、警告ラベルの追加、教育(読み方はプロパガンダ)、肉に対する特定の税金やより一般的な炭素税など様々な税の導入など、多くの強制的な戦略も提案されている3.

環境のために犠牲となる人の健康

ガーディアン紙は、2018年夏に発表されたオックスフォード大学の研究4,5,6を引用し、肉と乳製品の生産が農業部門が排出する温室効果ガスの60%を担っており、牛が利用可能な農地の83%を使用しながら、カロリーの18%、食事性タンパク質の37%しか提供していないと主張している。

環境への配慮は、それだけで済ませることはできない。人間の健康も考慮しなければならない。研究者は、培養肉や植物性代替肉の長期的な健康影響について、事実上何もわかっていないと警告している。

しかし、この方程式において、環境問題だけが有効な要素なのだろうか?人間の健康についてはどうだろうか?食糧生産が気候に悪影響を及ぼすと、権力欲の強い小さな組織が主張したからといって、全人類を意図的に不健康と低認知能力に陥れることは妥当なのだろうか?

グローバリストが追求する活動の多くは、環境に有害な影響を与えるものだが、それらに対処する姿は見られない。その代わりに、彼らは食料を追い求めているのだ!

この議論で最も腹立たしく感じるのは、人間の健康と環境の健康は同時に最適化が可能であるという事実によってだ。もし世界の陰謀団が本当に善意を持っているならば、農家が再生農法や全人的な家畜管理に移行するよう奨励するはずだ。

問題は解決した。私たちはより健康的で、より栄養価の高い食品を手に入れ、環境は急速に再生されるだろう。気候の正常化もすぐに訪れるだろう。詳しくは、「再生可能な食品と農業:サバイバルとリバイバル」を見てほしい。

しかし、再生農業は議論の一部にもなっていない。意図的に無視されている。これこそ、グローバリストが実際の問題を解決するつもりがないことを示す証拠だろう。彼らの意図は、すべての食品を特許化し、自分たちのものにすることで、食糧供給をコントロールすることなのである。

研究は警告する:食肉禁止は人間の健康に害を及ぼすと

この議論の反対側では、人間の食事から肉と乳製品を取り除くと、健康に大きな害をもたらすことを示す研究7がある。2023年4月中旬にNutrition Insightが報じた通りである:8。

肉食の減少を様々な健康上の利点と関連付ける研究が増えている中、新しい研究では、肉は「人間の健康と発達に重要な役割を持ち続ける」栄養豊富な食品であるため、食事から肉食を取り除いたり減らしたりすることは危険であると結論付けている。

研究者らは、肉は高品質のタンパク質と、肉を使わない食事では必ずしも容易に得られない栄養素の供給源であり、世界の集団ではしばしば最適でない、あるいは不足していると説明している。

フロリダ大学グローバル・フード・システム研究所のディレクターである共著者のアデグボラ・アデソガン博士は、「動物性食品は植物性食品よりも、成長と認知の発達に重要な、いくつかの生物学的に利用可能な微量栄養素と高品質の多量栄養素を同時に供給することに優れている」と指摘している。動物性食品を食事から排除するよう勧める食事療法は、その重要性を無視している。…

実際、本論文で述べたように9、人間の解剖学、消化、代謝は、人類が比較的多くの肉の摂取に適合するだけでなく、依存していることを示している。全人類を進化的な食事パターンから切り離すことは、栄養不足と慢性疾患のリスクを下げるのではなく、むしろ上昇させる。

肉は個々の栄養素の総和ではない

西洋の食事は加工食品が多く、それが現在の疾病の原因になっていることはすでに分かっているし、数少ないホールフードである肉を除去することは、間違いなく状況を悪化させるだけだ。

肉に含まれる特定の栄養素で、肉を使わない食事ではなかなか摂取できないものには、ビタミンB群、特にビタミンB12、レチノール、長鎖オメガ3脂肪酸、生物学的に利用できる形の亜鉛、タウリン、クレアチン、カルノシンがあり、これらはすべて重要な健康機能を有している。著者らによって指摘されているように:10

フードマトリックスとして、肉は個々の栄養素の総和を超えるものである。さらに、食事マトリックスの中では、特に穀物主食に大きく依存している地域において、栄養状態を改善するための食品ベースの食事介入において、キーストーン食品として機能することができる。

環境問題やその他の理由で、世界の肉摂取量を限界を超えて減らす努力は、栄養不足とそれが身体的・認知的な結果に及ぼす影響の軽減に向けた進展を妨げ、ひいては経済発展を阻害する可能性がある。…

肉が人間や地球の健康に関わる様々な要素に与える悪影響の程度はさておき…本稿の目的は、肉食の栄養学的なプラス面をまとめることである。

フードシステムの変革、特に肉の摂取を強く減らしたい、あるいはなくしたいと考える場合の適切な費用対効果の分析を可能にするためには、こうしたパラメータの概説、理解、計量が必要である。

私たちは人工的な問題を抱えている

私たちは人為的な問題を抱えているが、それは気候変動そのものではない。問題は、食糧生産が幼稚化したことである。2023年4月24日付の『The Scotsman』の記事で、コラムニストのフィリップ・リンベリーが、イタリアの農業の谷を旅したときの思い出を語っている11。

「きれいな村」「どこまでも続く牧草地や畑」を巡りながら、彼はすぐに「何かが足りない」と気づいた:家畜だ。一度も家畜を見たことがない。絵に描いたような牧草地には、誰もいない。

「世界的に有名なパルメザンチーズやグラナ・パダーノの牛乳を生産する牛はどこにいたのだろうか?パルマ産の生ハムで有名な豚は?カルボナーラの卵を作るニワトリは?イタリアで最も豊かな農業地帯の農家は、動物を外で飼うことを忘れていたのである。

彼らは盲点だった。毎日毎日、牛を室内に閉じ込めておくことがなぜいけないのかを知らないのだ。収容されている牛の餌となる草を育て、刈り取り、俵に詰めるという皮肉なことを理解できなかったのである」と彼は書いている。

「牛も豚も鶏も、私たちと同じように新鮮な空気や太陽の光を感じたいのだということを、彼らは見失っていたのである。ロカテッリも言っていた。『毎日、無造作に飼育された安い肉でお腹を満たすより、週に一度でも素晴らしい肉を食べたほうがいい。私たちは皆、量ではなく質に慣れる必要があるのである」

イタリアの有名なパルミジャーノ・レッジャーノ・パルメザンチーズのように、「牧草を食べた」牛から作られたと宣伝されている食品でさえ、室内で育てられていることをリンベリーは発見した。牛を放牧する代わりに、刈り取った草を暗い工場に持ち込み、何百頭もの牛が窮屈な思いをしている。

Lymberyによると、パルメザンの製造に乳製品を供給しているイタリアの農場のうち、2016年に牛を屋外で自由に放牧させていたのは1%未満だった。(パルメザンの製造を統括するコンソーシアムに2023年の最新統計を求めたが、回答はなかった)。その代わりに、「ゼロクレージング」(zero grazing)が主流となっている。これは、牛を室内で永久に飼うというものである。

「ゼロクレージング」とは、牛を屋内に閉じ込め、飼料や水を与え、必要な栄養素を管理された環境で摂取させる方法である。牛が屋外に出ることができないため、運動不足に陥り、精神的・身体的なストレスや病気のリスクが高まる。(by GPT-4)

また、リュンベリーがイタリアを旅して発見したのは、農作物畑が人間の食料ではなく、主に家畜の飼料を育てるためのものであるという事実だった。このようなやり方が、環境に悪影響を及ぼしている。問題なのは工場での農業であって、農業や食料生産全般ではない。前述したように、解決策は再生可能な農業とホリスティックな飼育方法であり、加工された偽物の食品を増やすことではない。

偽物の肉は本物の肉の代替品にはなり得ない

赤身肉は健康リスクではない」(日本語)で詳述したように、加工されていない赤身肉は、健康への悪影響があるとしても、そのリスクは極めて低いことが研究により証明されている。一方、培養肉はCO2を大量に排出し、植物性の肉は人間のミネラル吸収を阻害することが示されている。

これらの代替肉はいずれも超加工食品であるため12、他の加工食品と同様の健康悪化を引き起こす可能性がある。肥満、132型糖尿病、心血管疾患、がん、うつ病は、加工食品の食事によって促進・悪化することが知られている疾患のほんの一例に過ぎない14,15,16,17,18。

2022年12月、スウェーデンの研究者たちは、植物性の代用肉はフィチン酸塩レベル(人体へのミネラルの吸収を阻害する抗栄養素)が非常に高いと警告した。その結果、代替肉には鉄分など必要な栄養素が多く含まれているように見えても、体内で吸収することができない。植物性の代用肉が健康を損なうような栄養素の欠乏をもたらすことは、十分に予想されることである。Nutrition Insightが報告しているように:19

Nutrients誌に掲載されたこの研究は、スウェーデンのスーパーマーケットで販売されている、主に大豆とエンドウ豆のタンパク質でできた44種類の代用肉について分析したものである。また、テンペやマイコプロテイン(菌類)の発酵大豆製品も含まれている。

すべての製品は、鉄と亜鉛の含有量は高いが、バイオアベイラビリティは低かった(テンペとマイコプロテインを使った製品を除く)。これは、ミネラルが吸収されずに消化管を通過してしまうことを意味する』と、この研究の共著者でチャルマース大学の食品・栄養科学教授のAnn-Sofie SandbergはNutritionInsightに語っている。

Sandbergは、このマイコプロテインには鉄が含まれておらず、亜鉛が比較的多く含まれていることを明らかにしている。亜鉛の吸収は、真菌の細胞壁によって悪影響を受ける可能性があるとのことだが、まだ不明である。

『これらの製品の中で、栄養成分や健康の観点からどの程度持続可能であるかに大きなばらつきが見られた。一般的に、製品からの鉄と亜鉛の推定吸収量は極めて低いものだった』と、本研究の主執筆者であるCecilia Mayer Labbaは述べている。…

サンドバーグは、吸収に最も利用できる鉄は、非常に吸収されやすいヘム鉄を含む肉や魚から得られると説明している。

『ミートファクターと呼ばれる筋肉組織やアミノ酸も肉や魚には含まれており、食事全体の中で非ヘム鉄の吸収を促進させる。このように、動物性タンパク質が鉄の吸収に優れている理由は2つある。また、亜鉛の吸収も動物性タンパク質によって刺激される』

エグゼクティブ・オーダー、ラボで作られる食品の基礎を築く

しかし、政府の指導者たちは、本物のホールフードから加工食品や合成食品の代替品への全面的な移行に伴うリスクについて、まったく無知であるように見える。

2022年9月、ジョー・バイデン米大統領は、バイオテクノロジーが食料生産を担う道を開く「持続可能で安全・安心なアメリカのバイオ経済のためのバイオテクノロジーとバイオ製造イノベーションの推進に関する大統領令」20に署名した。

2023年3月下旬、バイデンは「米国のバイオテクノロジーとバイオ製造のための大胆な目標」報告書の中で、この前提をさらに拡大した21。この計画によると、食品産業はバイオテクノロジーが主導することになり、私たちが期待できる「改善」はより多くの実験室で育った肉と生物工学的に作られた植物食品である。同様の計画は、英国の「2023年遺伝子技術および精密育種法」にも詳述されている22。

バイデンの「ボールド・ゴール」報告書23で強調された具体的な目標には、反芻家畜からのメタン排出を削減することなどにより、20-30年までに農業からのメタン排出を30%削減することが含まれている。

ビル・ゲイツは、牛のメタン捕獲用フェイスマスクの開発に投資しているが24、家畜からの排出を減らす最も簡単な方法は、単に動物を完全に排除することであり、これはもちろん、本当の食料を減らすことを意味する。

この計画の多くの問題点は、偽食品産業に関わる民間企業に政府が資金を提供することを納税者が負担することになるという事実である。その結末は予想がつく。農業補助金と同じことが繰り返されるのだ。

政府の農業補助金は、最も栄養価の高い食品を補助するのではなく、遺伝子操作されたトウモロコシや大豆、その他加工食品に使われる基本的な原材料を栽培する大規模な単一栽培農場にのみ、ほぼ独占的に使われている。その結果、加工食品産業は私たちの金で成長し、一方で公衆衛生は悪化している。

同じことがここでも起こるだろう。政府は再生農業に投資する代わりに、実験室で育った肉から大規模な昆虫生産まで、偽物の食品というまったく新しい産業を支援しようとしている。一方、植物由来の肉、合成培養肉、昆虫タンパク質の安全性データは、極めて不足している。

ほんの一例だが、英国食品基準庁(FSA)と食品基準スコットランドによる2023年3月の食品危害特定報告書25では、細胞ベースの肉製造に関しては「知識にかなりのギャップがある」と強調されている。これらの製品を人間が食べた場合の毒性、栄養プロファイル、製品の安定性、アレルギーリスク、汚染リスク、有害作用に関するデータはほとんどないか、まったくない

潜在的な危険の例

金融庁が指摘する潜在的な問題領域は、以下の通りである:26,27

フードハザードの識別報告書に記載されているように:28

培養肉の製造には、多くの開発段階がある。小さなバイアルや生検から細胞株を採取し、段階的に培養量を増やし(増殖)、商業サイズのバイオリアクターに播種できるようになるまで、そして最終的に希望する細胞タイプに細胞を分化させるまでである。

その後、(通常は足場上で)熟成させてタンパク質含有量を増やし、足場ごと/足場から細胞を剥離/粉砕して、肉のような細胞を作るのに使える最終製品を作る。各段階で、培養を成功させるために、さまざまな化学物質、生物製剤、培地配合、添加物、サプリメントが使用される。

汚染はこれらのどの段階でも発生する可能性がある。また、各添加物は、その過程でさまざまな副産物を生み出すため、既知・未知を問わず潜在的な危険性をはらんでいる。上のビデオでは、偽物の肉に関連するさまざまな潜在的な危険性について解説している。

屠殺、加工、包装、流通、保管の各段階で汚染リスクが限定される従来の食肉と比較して、培養肉が多段階に処理されることを考慮すると、安全性を確保することは不可能であると言える。偽装肉では、こうした従来の「弱点」に加え、製造中のどの時点でも危険な汚染が発生する可能性がある。

超加工食品は「グリーン」ではない

超加工食品はまた、環境的に「グリーン」で持続可能な目標には完全に逆効果である。例えば、超加工食品はすでに、食生活に関連する総エネルギー使用量の17%から39%、食生活に関連する総生物多様性損失の36%から45%、食生活に関連する総温室効果ガス排出量の最大3分の1を占めている29。

では、さらに超加工食品の製造・消費を拡大することで、どのように温室効果ガス排出量を下げることができるのだろうか。2022年9月のJournal of Cleaner Productionの論文で指摘されているように:30。

超加工食品は基本的に持続不可能な製品であり、健康や社会的成果の低下と関連し、その生産のために有限の環境資源を必要とする…食事に関連するエネルギー、(および)温室効果ガス排出に大きな責任を負う。

また、「公平性」に対するリップサービスの割には、加工食品の消費を増やすと、経済的不平等が悪化する。小規模農家や独立した家庭の主から、低賃金の労働者に依存する多国籍企業へと資金が振り向けられるからだ。

牛肉は禁止されるのか?

おかしな話だが、食肉禁止令がいずれ現実のものとなる可能性は十分にある。個人的には、肉の消費を禁止する法律で実現されるとは思っていない。

むしろ、農家が肥料の使用制限や二酸化炭素排出量の制限に対応するために牛の数を制限せざるを得なくなり、食肉は段階的に減少していくだろう。そして、偽の代替食品がその代わりとなり、やがて人々は自分たちで食料を育てる方法を忘れてしまうだろう。その時、人類は完全に捕らえられ、奴隷となる。

ソリューションの一端を担う

最終的に、私たちが自由になりたいのであれば、そして食の安全や食の安心を求めるのであれば、持続可能な方法で本物の食料を育て、その食料を地元で流通させる農家とコミュニティをつなぐ分散型システムの構築に力を注ぐ必要がある。

そこに至る戦略は、Children’s Health Defenseの2023年3月4日のAttack on Foodシンポジウムで取り上げられた(上の動画)。例えば、ジョン・デイ博士とビバリー・ヨハンソンは、自分で食べ物を育て、育てた食べ物を保存する方法についてのヒントを共有した。その他にも、地元の農家やファーマーズマーケットから食品を購入したり、中間業者を排除した独立したフードハブを作ったりすることも、役に立つ戦略である。

シンポジウムの最終セッションでは、食料戦争に対抗するための、より大きな社会的解決策について議論された。トーマス・マシー下院議員は、米国の食糧供給における中核的な脆弱性を強調した。パンデミックの際には、農家が動物を処理できないために安楽死させなければならなかった。

そのうちの1社は中国、1社はブラジル、残りの2社は多国籍企業が所有している。食料価格は上昇する一方で、農家は破産している。2017年、マッシーは「Processing Revival and Intrastate Meat Exemption (PRIME) Act」を提出したが31、この法案は下院に提出されて以来、動いてはいない。

PRIME法は、農家が小規模な食肉処理施設で処理された肉を販売できるようにし、各州が独自の食肉処理基準を設定できるようにするものである。小規模な食肉処理施設には検査官が常駐していないため、大規模な施設でなければ容易に満たすことができない要件であり、食肉の販売が禁止されている。PRIME Actは、安全性を犠牲にすることなく、この規制を解除するもので、米国農務省の抜き打ち検査は引き続き実施される可能性がある。

「農家が豚肉や牛肉、羊肉を消費者に売りたい場合、その消費者と農家、加工業者が同じ州にいて、州境を越えていない限り、連邦政府はその取引から外れることになる」と述べた。

マッシーはまた、生乳へのアクセスを保護する法案(HR 4835, the Interstate Milk Freedom Act of202132)を提出している33。この法案は2021年7月末に、2018年農業法案の修正として提出された。あなたの代表者に連絡し、これらの法案を支持するよう促してほしい。

備考

1、7、9、10アニマルフロンティア 2023年4月15

2,3The Guardian 2019年9月23

4サイエンス 2018年6月1日; 360: 987-992

5サイエンス・エラタム 2019年2月22

6ガーディアン紙 2018年5月31

8ニュートリション・インサイト 2023年 4月 17

11The Scotsman 2023年4月24日号

12地球の友社『From Lab to Fork』2018年6月号(PDF)

13Cell Metabolism, 2019; doi: 0.1016/j.cmet.2019.05.008

14JAMA Internal Medicine 2019年2月11日;179(4):490-498

15BMJ 2018年2月14日号; 360

16JAMA 2017;317(9):912-924

17BMJ, 2019;365:i1451

18BMJ, 2019;365:l1949

19ニュートリション・インサイト 2022年 12月 9

20ホワイトハウスによるバイオテクノロジーの推進に関する大統領令 2022年9月12

21,23米国のバイオテクノロジーとバイオ製造業の大胆な目標 2023年3月

22遺伝子技術(精密育種)法 2023

24カウボーイステートデイリー 2023年3月23日号

25,26Food standards Agency Hazards Identification Report 2022年11月号

27食品安全ニュース 2023年3月24

28Food standards Agency Hazards Identification Report November 2022, Page 8.

29,30Journal of Cleaner Production 2022年9月25日; 368: 133155

31HR 2657 PRIME Act

32HR4835 インターステートミルク自由法 2021

33トーマス・マッシー プレスリリース 2021年7月30日

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました