哲学/思想

哲学/思想

臓器提供における利他主義、贈与、互恵主義 文化的視点の見直しと概念の課題

Altruism, gift giving and reciprocity in organ donation: A review of cultural perspectives and challenges of the concepts C. Sharp, G. Randhawa 受理された日 2014年5月20日 ...
哲学/思想

高収入は人生の評価を向上させるが、情緒的幸福度は向上させない

High income improves evaluation of life but not emotional well-being ダニエル・カーネマン1,アンガス・ディートン 概要 最近の研究では、主観的幸福の2つの側面を区別し始めている。すなわち、喜び、ストレス、悲しみ、怒り、愛情など、人生を楽しいものにする体験の頻度...
思案問答

死はあなたにとって悪いのか?

Is Death Bad for You? 私たちは皆、死は悪いことだと思っている。しかし、なぜ死は悪いことなのであろうか。 この質問について考えるとき、私は単純に、自分の体の死が人間としての私の存在の終わりだと仮定しておこう。(私を信じないなら、私の本の最初の9章を読んでほしい)。しかし、もし死が私の終わりだとし...
歴史/未来学

終末論法

Doomsday argument 紀元前1万人から西暦2000年までの世界人口 終末論法(DA)とは、これまでに生まれた人間の総数を推定して、人類の将来のメンバーの数を予測しようとする確率論的な議論である。簡単に言えば、それはすべての人間がランダムな順序で生まれていることを仮定すると、チャンスは、任意の1つの人間...
哲学/思想

「意識の問題への熱力学的アプローチ 」へのコメント

 Comment on “A thermodynamic approach to the problem of consciousness 要旨 最近、Beshkarはクオリアの性質についての論文を発表した。彼の議論は、クオリアには否定的な性質があり、意識と同じように否定的な性質があるという推測につながるいくつかの仮定に基づい...
歴史/未来学

脆弱世界仮説 ニック・ボストロム

The Vulnerable World Hypothesis ニック・ボストロム オックスフォード大学フューチャー・オブ・ヒューマニティー研究所 要旨 科学技術の進歩は、市民生活を不安定にするような形で人々の能力やインセンティブを変化させる可能性がある。例えば、DIY のバイオハッキング・ツールの進歩により、生物学の基本...
歴史/未来学

デジタルマインドで世界を共有する ニック・ボストロム

Sharing the World with Digital Minds (2020)ドラフト バージョン1.8 カール・シュルマン & ニック・ボストロム 人類の未来研究所 オックスフォード大学 要旨 生物の心は、人工知能の技術を使いこなせば創造される可能性のある心の空間のほんの一角を占めている。しかし、...
歴史/未来学

人類の影 観測選択効果と人類絶滅リスク

Anthropic Shadow: Observation Selection Effects and Human Extinction Risks ミラン・M・シーコビッチ、1 アンダース・サンドバーグ、2,ニック・ボストロム2 我々は、稀な確率的な大災害イベントの予測を導く際に、人類のバイアスを考慮に入れることの重要な実用...
哲学/思想

あなたはコンピュータシミュレーションの中にいるか?

Are You in a Computer Simulation? ニック・ボストロム 「マトリックス」は、そうでなければ哲学的ではない多くの人々に現実の本質について熟考させた。しかし、映画の中で描かれているシナリオはばかげている。人間の脳は、パワーを生み出すためだけにインテリジェントな機械によってタンクに入れられているのだ。...
哲学/思想

幸福であること – 善さを楽しむものとして

WELL-BEING AS ENJOYING THE GOOD Shelly Kagan シェリー・ケイガン Yale University イェール大学 この論文では、私が魅力的に感じる幸福の本質についての見解を探ってみたい。しかし、冒頭に述べておくが、私の目的はこの見解を擁護することではなく、あくまでも検証することで...