ディスラプターとカオスエージェント
無能なリーダーシップと第5世代戦の戦い。その違いを見分けるのは難しい

ロバート・マローン全体主義・監視資本主義操作された反対派、認知浸透、分断

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

rwmalonemd.substack.com/p/disruptors-and-chaos-agents

2023/06/13

この3年間、コロナ危機の厳しい現実の中で、私が学んだ多くの教訓のひとつは、政府やその他の利害関係者に代わって、闇工作員として抵抗勢力や内部告発グループを標的にする機能を持つ人々が実際に存在することである。このような人々は通常、黒眼鏡とイヤホンをつけたトレンチコートを着て、すねたような顔をしているわけではない。彼らは、あなたや私と同じように、日常生活を営む理性的な人々に見える。

そう、プロカオスエージェント(混乱工作員)ディスラプター(破壊工作員)は存在するのだ。無知な私は、かつてその一人を自分のパーソナルスペースに入れたことがある。彼女はアメリカのトラック運転手の抗議運動に身を投じ、早くからChildrens Health Defenseに潜入し(CHD主催の「医療の自由」集会に銃を持参するよう提唱)、リンカーン記念館の「Stop the Mandates」集会に「プラウドボーイズ」グループのメンバーを勧誘することを自慢していた。念のため申し添えるが、この行動により、様々な企業メディアはこの集会を極右の活動として非難したが、私自身はこの集会で「プラウドボーイズ」と名乗る人物を見たことはなく、企業メディアは写真やその他の証拠を提示せず、むしろこれが事実であると根拠のない自己主張をするだけだった。また、この人物は、コロナ危機レジスタンスの主要な指導者としてよく挙げられる著名な医師を説得し、自分のソーシャルメディア活動をサポートするために彼女を雇った。

その詳細は、テミス・レポート、ボニータ・レポート, 「新しい報告書は、健康の自由運動に潜入し、混乱させる努力を詳述する」(「The Defender” – Childrens Health Defense), and related coverage (linked)」を見てほしい。

The Themis Report(テミスレポート) | 草の根健康自由化運動への潜入を解剖する
テミス - ギリシャ神話の神、自然法、秩序、正義の女神。 「調査報告書」 「自由を守る市民の会」による調査報告書 2021年10月6日 この報告書は、破壊的な工作員の手口を詳細に説明し、活動家たちに自分たちの組織と健康の自由運動全体を保護するための提案をする。 目次 セクション

テミス・レポートに詳述されているように、この種の専門的な活動や戦略は、政府、その代理人や請負業者、企業によって、政府や企業が推進しようとする物語や政策に対する脅威を緩和したり排除したりするために、法を守る市民に対して展開されてきたサイ・オプスや第5世代戦争戦略という豊富な武器庫の、また別の武器である。これらの活動の主な目的の2つは、抗議グループのリーダーやメンバーの士気を損ない、真の草の根運動からエネルギーを奪う破壊的な混乱を作り出すことである。

テミス・レポートは、このような第5世代戦争に対処するための具体的な提言を行っている(これらはレポート執筆者の見解を示したものであり、私はこれらすべてを支持するものではない):

提案活動家は、最終的に自分たちの地域のグループの保護に責任を持たなければならない。活動家が不審な活動に気づくために、以下は、自分のグループが狙われているかどうかを判断するためのいくつかの提案である。

  • せっかく作った集会のチラシが、時間や場所を変えて回覧されている、あるいは中止されている。
  • 未知のグループが、あなたのイベントを主催したと主張している。
  • 気がつくと、参加していない知らないTelegramのグループに入っていた。
  • 本レポートに掲載されているTelegramのグループのいずれかに所属していることを確認する。
  • ボットを使って個人情報を勧誘するグループに身を置いていることに気づく。多くの合法的なオーガナイザーは、スパムを最小限に抑えるためにTelegramでボットを使用している。特に、グループ、特に複数のグループのハイパーコントロールを維持するために使用されるボットや、個人データを要求するボットに警戒してほしい。
  • あなたは、管理者がメンバーに恥をかかせて行動させるようなグループにいることに気づいた。
  • 監査/選挙、批判的人種理論(CRT)、党派政治など、右翼にとって重要な問題と健康の自由を結びつけているグループにいることに気がついた。(私たちはこれらの大義に関心を持ち、多様性を素直に尊重して包括的であることを目指す。しかし、もしあなたが無党派であり続けることができない、あるいは代替的な大義と健康の自由の中核的な問題を切り離せないグループにいるなら、問題があるのかもしれない)
  • 突然、何年も集会を開いてきたのに、今まで出会ったことのないような「ドラマクイーン」のような主催者を相手にすることになった。(この人たちは、分裂、混乱、崩壊を引き起こすための工作員かもしれない)。
  • 法的支援、免責フォーム、代替医療などに関連する情報の入手や共有には十分注意すること。
  • 署名活動、主催者、医師、弁護士、自分自身に関する質問に答えるなど、自分自身や他人の個人情報を求めるものの共有には十分注意する。リストが作成されていることを想定してほしい。情報源は、信頼できる組織から得るようにしよう。
  • 暴力、銃、民兵、政府転覆、アメリカ最後の抵抗など、平和的な運動としての健康自由運動に沿わない話には近づかないことである。
  • 新しいタイプの潜入者を警戒してほしい。暗いサングラスをかけた筋肉質な男性が目立っていた過去の時代とは異なり、今日の工作員は、多民族で生意気なミレニアル世代、あるいは無邪気な顔をした主婦である可能性が高くなっている。
  • 潜入者と関わることが戦略的でない理由を消化するのに苦労している同僚をサポートする。

注意深く慎重であることのパラドックスとして、信頼できるメンバーを含め、偏執的で過度に疑心暗鬼になる可能性がある。そのバランスが重要なのだが、多くの活動家はこのようなジレンマに陥った経験が少ないようだ。自己認識を深め、自分の直感に耳を傾けることで、不確実性を解消することができる。

活動家のための2つのリソースがある:

立ち向かう– 市民忍者:権力に メアリー・ベイカー著

メディアの認知的浸透「オルタナティブ」 (日本語)- ジェームズ・コルベットによる

私たちは、既知の工作員に正当性を与えないように注意する必要がある。活動家の中には「害はない」と言う人もいるかもしれないが、おそらくその工作員は単に善処しているだけだろう。しかし、時間が経つにつれて、いったん信頼関係が公に確立されると、メッセージングや行動が微妙に変化し始め、健康の自由運動を支援しないように設計されている可能性がある。これが、「操作された反対派」の典型的なやり方である。

「限られたたまり場」という言葉を理解することは重要である。もし私たちが運動における潜入者「ブランド」を特定しなければ、集団的に操作された反対派のメッセージングが私たちを群衆化させることを狙い、私たちの本物の健康自由への声はますます小さくなってしまうかもしれない。

多くの歴史的な事例を考えると、コインテルプロについて少しばかり勉強することは有益かもしれない。

潜入者の計画的な成果の1つは、活動家を意気消沈させることである。 気を失ってはいけない!人類の自由と平和という私たちの運動が共有する目標に集中しながら、その戦術とそれを回避する方法を学ぼう。

困難な状況を、権威や指導を必要とする自分を探る機会として利用する。あなたは、自分の仕事を導くために組織に依存しているだろうか?それとも、あなた自身が信頼できるリーダーなのだろうか? コミュニティで信頼できる長年のオーガナイザーと協力し、安全な空間を作り、運動の目標に集中し続ける文化を奨励するとき、私たちは勝利することができる!

オンラインメディアの経済政策 反対意見の捏造
The Economic Policy of Online Media: Manufacture of Dissent オンライン・メディアの経済政策 本書は、オンライン・メディアの経済政策モデルが、主に反対意見の組織的捏造に基づいているという説を軸に、オンライン上のコミュニケー

この種の専門的な潜入/妨害活動は、明らかに悪質であり、私はそれを悪と呼びたい。宗教的な用語や比喩を使って考える傾向があるのなら、彼らは悪魔の仕事をしている人たちであり、しばしば宗教的に敬虔であることを隠している。彼らの行動によって、あなたは彼らを知ることができる。

しかし、すべてのカオスエージェントやディスラプターがプロフェッショナルであるわけではなく、その多くは、自分たちが分裂や不信、反対意見をまき散らし、そうでなくても価値ある大義に対する勢いや熱意を破壊するために行動していることにさえ気づいていないかもしれない。このカテゴリーへの入門編として、人気の高いサブスタックのエッセイ「ろくでなしルール」を再読されることをお勧めする。

同じコンセプトは、悪意のあるゴシップや風説の流布を行うネガティブなお喋りにも当てはまる。この点については、Mikki Willisの「Our Birthright」という深い洞察に満ちたビデオエッセイを強くお勧めする(Rumbleにリンクあり)。

このエッセイでは、プロのカオスエージェントやディスラプターの例と、彼らに利用されないように自分を守るためにできることを紹介したが、もっと日常的に遭遇する(そして一般的にもっと破壊的な)のは、あらゆるものに入り込んでいるような陰湿な悪意のある噂話である。まるでゴキブリのように。この種の破壊的な行為者は、さまざまな形態をとり、さまざまな動機と意図によって動いているのが一般的である。精神病理学の「ダークトライアド」が関与していることが多い。

よるとサイコロジートゥデイに:

ダークトライアッドとは、3つのネガティブな性格に traits—ナルシシズム、マキャベリズム、サイコパシーの共通する悪意のある特徴を指す言葉である。2002年にデルロイ・L・ポールフス氏とケビン・M・ウィリアムズ氏によって提唱された概念である。これらの特徴を持つ人は、冷淡で人を操ることが好きで、自分の思い通りにするためなら、ほとんど何でもする、あるいは言うことを厭わない傾向がある。また、自分を高く評価し、自己顕示欲が旺盛である。また、衝動的で、自分の行動が他人に与える影響を全く考慮せず、危険な行動、場合によっては犯罪に手を染める可能性もある。

多くの研究者がサイコパスナルシシズム、マキャベリズムを、重複する特徴を持つ3つの異なる特性だと考えている一方で、共通点は、されていない根本的な性格 まだ完全に解明構成を示唆していると考える人もいる。

研究において、ダークトライアッドに関連する身体的・行動的な手がかりが示されているが、これらの特徴を持つ人は、特に最初は自分の本性を隠すことに長けている場合がある。示唆する証拠がある 高いという認識による例えば、ナルシストは初対面では魅力的で好感が持てるように見えることが多い。これは、である自尊心が社会的に望ましい特性ものではないかと。

ダークトライアッドの特徴を持つ人を見分けるのは難しく、正式な評価を受けなければ、はっきりしたことはわからないかもしれない。しかし、繰り返し嘘をつく人、共感性が著しく欠如している人、自分の目標を達成するために他人をいじめる人は、1つまたは複数の暗黒特性を持つ可能性がある。

あるいは、この種の人々を「アホ」と呼ぶこともできる。そこで「ろくでなしルール」に戻るのであるが

この3年間、COVID危機、「医療の自由運動」、そして関連する抗議グループ、組織、フォーラムを通して私が繰り返し遭遇したことは、恐怖とストレスの時代には、人々は自分の利益を増進するために悪意ある噂を流す傾向がある人たちに簡単に影響を受けて操られてしまうということである。何度も何度も、騒動、陰口や刺し違え、「悪女」(や悪ガキ)の行動、「アウト」なグループや個人を集団で狙う、しばしばギャングストーキングと呼ばれるサイバーストーキングのパターンが目立つ組織に出会ったとき、こうしたドラマの繰り返しで中心となっている少数の個人(時には一人)が存在することがある。これらは、樽を台無しにする悪いリンゴであり、ダークトライアドの「ろくでなし」である。彼らの足跡をたどれば、被害と混乱の道筋が見えてくるので、簡単に見分けることができる。

ここで、キッカケがある。このような活動パターンが見られる場合、それはリーダーシップの失敗を示すものである。このような「ろくでなし」たちは、しばしば暗黒の三重人格を備えており、自分たちではどうしようもないのだが、結局のところ、組織のリーダーシップの観点からは、彼らに罪はない。いや、本当に悪いのは、こうした人々がいかに腐敗し、ダメージを与えるかを認識しようとしない、あるいはできないリーダーシップであり、迅速かつ決定的な是正措置をとらないことである。

プロテスト運動のリーダーは、組織や活動を大きくしようと躍起になり、あらゆるボランティアに「イエス」と答える傾向がある。そして、悪い木を剪定し、樽全体を汚染する前に悪いリンゴを取り除くことに非常に消極的である。だから、先送りし、合理化し、ソフトな叱責をする。さあ、子供たちよ、いい加減にしろ。特にボランティアで運営されている組織で、誰が内部政治に介入したいと思うだろうか。二人以上の子供を持ったことのある責任感のある親なら、誰でもわかることだ。兄弟や姉妹の喧嘩を仲裁するにはどうしたらいいのだろうか? 結局は「言った、言わない」の繰り返しで、どちらも叱責することになる。完全に負け組だ。

そこに罠がある。いい人ぶっている罠 「私はただ好かれたいだけなんだ、みんな仲良くできないか」という罠である。なぜなら、世の中には、嫌な奴になることで得られる注目や権力で成長する人たちがいるからだ。そして、ろくでなしはろくでなしになるしかない。嫌われ者が嫌われ者であるように。同じこと、同じ人が多い。そして、もし組織内で存続することが許され、破壊的な行動を繰り返しながらテーブルにつくことを許されるだけで正当性が認められるなら、彼らは士気を空洞化し、結局、陰口や悪意のあるゴシップが標準となる組織文化を育むことになる。

なぜ、こんなことをするのだろう? 理由はいくらでもあるはずだ。真のプロのカオスエージェント、侵入者、破壊者の影響下にある可能性がある。彼らの個人的な目標や目的(つまりアジェンダ)が、組織やそのリーダーのそれとは異なっているかもしれない。もしかしたら、彼らはボスになりたがっているかもしれない(上記の「ダークトライアッド」:マキャベリズムを参照)。誰が知っている?しかし、それは重要ではない。動機がどうであれ、治療法は同じだ。

彼らが後に残す混乱と破壊のパターンをたどれば、彼らを見つけることができる。また、彼らと接触した善良な人々が、組織から去っていくパターンもある。あなたは、彼らの行動と、彼らが組織や時間の中を移動する際に残した遺体によって、彼らを知ることができる。

真のリーダーは、難しい決断を下さなければならない。しかし、これは簡単なことだ。あなたはただ、カウボーイになって、やるべきことをやればいい。ろくでなしルール」を適用する。まだ読んでいないのなら、この本を読もう。あなたの組織のカオス・エージェントが価値を高めているように見えても、あなたには2つの選択肢しかない。このまま放置しておくと、やがて企業全体が腐ってしまう。あるいは、排除することだ。一刻も早く。

つまり、あなたには本当に選択肢がない。だからカウボーイになって、それをやり遂げるんだ。

タイトルとURLをコピーしました