市民に対する心理戦と認知戦 ロバート・マローン博士のスピーチ
ワシントンDCでの国際危機サミット-5での私のスピーチ

ロバート・マローン情報戦・心理戦・第5世代戦争・神経兵器

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

“Psychological and Cognitive Warfare on Citizens”

rwmalonemd.substack.com/p/psychological-and-cognitive-warfare

ロバート・W・マローン
2024/02/27

「市民に対する心理的・認知的戦争」

講演録は以下の通り:

主催者を代表してお越しいただき、ICSイニシアチブを代表してお越しいただき、本当にありがとうございます。この場にいることだけでも、あなたの勇気と献身に感謝します。あなたが自由と個人の自律と主権にコミットしている一人であることは明らかです。今、私が最も頭を悩ませていることについてお話したいと思います。

実は、医療の自由ではありません。コビッド危機について語られてきた嘘や、コビッド危機の重大な不始末の問題でもありません。それは、政府が現代の認知戦争や心理戦争のツールや技術を、現代のビッグテクノロジーの力と組み合わせ、特に自国民に対して展開しようとする意欲の問題なのです。

私たちは皆、この4年間に起こったことに当惑しています。そして、私たちは皆、このような小さな目覚めを少しずつ繰り返してきたのだと思います。先日、私の友人が私に言ったように、私たちは今、さまざまなウサギの穴、事実発見のさまざまな旅に出かけ、自分たちの間で議論することができるという特権を持っています。私たちは皆、嘘の海の中で真実の小さな事実を見つけ、その小さな事実の断片を注意深く集め、互いに分かち合い、その深い内的な意味や含意について話し合います。年後には、そんなこともできなくなっているかもしれません。

振り返って、「やれやれ、2024年当時はこんなに自由だったんだ」と言うかもしれません。今日から2020年を振り返って、「私たちは世間知らずだった」と言うように。私もそう思います。私は今、自分の人生を振り返って、自分が信じていたことをすべて振り返っています。

私はアメリカを愛しています。この土地を愛しています。人々が大好き。多様な文化が大好きです。自由と個人の成功、そして生命、自由、幸福、財産を追求する個人の能力へのコミットメントが大好きです。しかし、特にここ6~9カ月の間に、私たちは善人ではないのではないかという懸念が心の奥底で大きくなってきました。もしかしたら、政府がやってきたことのいくつかが、私たちをここまで導いてきたのかもしれません。もしかしたら、私たちが目にしているのは、私の全人生にわたって築かれてきた一連の決定や活動、政策、慣行、インフラの成熟なのかもしれません。モッキンバード作戦、CIAの誕生、情報戦、心理戦について振り返って読んでみると……。

第二次世界大戦以来、つまりOSS(戦略サービス局)からCIAが創設されて以来、米国政府は特にオフショアにおいて、自国の利益や大規模な金融組織の利益を支援するような行動を長年にわたってとり続けてきましたが、私が信じていたような米国の価値観は尊重されていませんでした。

自由、主権、個人の自律、社会で成功するための個人の権利。マルクス主義や社会主義、共産主義の論理に対する抵抗。これらはアメリカの基本原則だと私は思っていました。つまり、自治へのコミットメント。国民国家の市民、アメリカの市民、カナダの市民、ヨーロッパの市民、ルーマニアの市民が、選挙プロセスを通じて付与する社会契約に対する信念。政府が国民の自治、主権、意思を尊重することを約束する代わりに、私たちは政府に権利を与えるというものです。

これは社会契約と呼ばれています。この4年間で私が学んだこと、そしてそれは加速しているようですが、この認識は、私たちが考え、感じ、聞き、信じることすべてに影響を与えることができる、数十年にわたって開発されてきた一連のテクノロジーと能力があるということです。これらのテクノロジーは、国務省や情報機関、国防総省を通じて、アメリカの国益を増進させるために開発・配備されてきました。それらは外に向けられてきました。カナダ、英国、オーストラリア、米国、ニュージーランドを含むファイブ・アイズ諸国も同様です。この同盟は、非常に困難な世界、非常に挑戦的な世界で必要と思われることを行うために、このようなプロパガンダや汚い手口を展開することを容認するという立場をとっています。

例を挙げましょう。第二次世界大戦直後、イタリアは選挙に直面し、選挙は崖っぷちに立たされ、イタリアをソビエト連邦の勢力圏に引き入れる政党に傾きそうでした。アメリカ国務省と諜報機関は、選挙に影響を与え、親欧米の結果を有利にするために、どんな汚い手を使ってでも介入することが正当化されると考えました。

彼らはマフィアと同盟を結び、成功したのです。さて、それは良いことだったのでしょうか、それとも悪いことだったのでしょうか?倫理的だったのでしょうか?おそらく違います。イタリアがソ連圏ではなく、西欧圏やEU圏に入ったことは良い結果だったのでしょうか?しかし、多くの人は「比較的良い結果だった」と。つまり、心理操作、情報操作、メディア操作、認知操作を含むダーティートリック能力の開発が進んでいることを正当化するために、その後に使われた一つの例があるのです。そして、政府における多くの事柄がそうであるように、それは滑りやすい坂道と化したのです。「あそこは大丈夫。ここでもいいんじゃない?この政府に影響を与えなければ。あの政府を覆す必要がある」と。

しかし、米国内の両党のコンセンサス、つまり一党独裁は、これが外交問題や外国への影響という外向きの手段であり続ける限り、全体的な… アメリカの帝国的な利益と、それに関連する企業が、それをアメリカ国民に向けない限りは、容認できるということでした。それが民主党と共和党の合意であり、外交政策に関する一般的なコンセンサスであり、国家、国防総省、諜報機関が協力し、世界情勢に影響を与え、特にヨーロッパに影響を与えようとする意思でした。私たちはヨーロッパをほとんど自分たちの庭、保護国として扱っていました。

ヨーロッパの政党がアメリカの政治的・経済的利益に沿うように、私たちは行動することを選びました。その後、インターネットが発達しました。そして、インターネットが発展し、成熟したシステム、真に自由なシステムになるにつれて、現代心理学の学習や教育がインターネットのツールと統合され、選挙の結果に大きな影響を与えることができるという認識が生まれました。たしか2015年だったと思いますが、グーグルが、視聴者が個人的に目にする情報を一過性の方法で操作するだけで、選挙を20ポイントも変動させることができることを実証した重要な論文が査読付きで発表されました。査読を受け、慎重に検証された情報であり、そのデータはその後さらに強力になっています。ロバート・エプスタインは、このイニシアチブのリーダーの一人です。グーグルが国家やアメリカの国家と協力し、外交問題で行動することで、選挙を最大20ポイントも揺るがすことができるのです。

これは事実です。その方法は、あなたが何を聞き、何を考え、何を感じ、何を議論することを許されるかをコントロールすることです。何が気に入らない?アメリカは突然、中東の選挙などに影響を与えることができる素晴らしいツールを手に入れたのです。ツイッターのようなソーシャルメディア・ツールを開発することができたのです。以前にも書きましたが、ツイッターはビジネスとしてではなく、兵器として作られました。意図的なソーシャルメディア心理操作兵器として作られたのです。詳細を説明する時間はありません。あなたのすべてをマッピングします。これは、基本的に世界中のあらゆる人のすべてを把握し、それをどんな目的であれ操作することを意図して作られた、驚くべきデータベース基盤の一部です。アメリカ政府は「アラブの春」の際にツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのツールを導入し、中東全域の政権を転覆させるという大成功を収めました。それは信じられないほど強力で、かつて見たこともないようなものでした。まさに「稲妻」でした。

そして2つのことが起こりました。ブレグジットとドナルド・トランプです。そして突然、国務省、国防総省、そしてアメリカでは国土安全保障省が、情報検閲産業複合体のリスクに気づいたのです。彼らが構築し、海外に配備してきた技術や能力が、突然リスクを生むことになったのです。そのリスクとは、ヨーロッパが分断され、ヨーロッパが分断されればNATOが崩壊するというものでした。私たちはBrexitやFrexitなどに直面していました。ソーシャルメディアがポピュリスト的なメッセージを発信し、選挙を混乱させるため、ヨーロッパの大部分(EU)が崩壊しそうでした。国内でも何かしなければなりませんでした。カナダで何かをしなければなりませんでした。イギリスでも何かしなければなりませんでした。そして突然、Trusted News Initiativeのような組織が設立されたのです。これらの組織は、ポピュリストやオルタナティヴ・メディアがこのような突然の変化を引き起こすことに対抗するために作られました。

それが発展するにつれて、中核的な盟友たちの間でコンセンサスを得ることができるという決断がなされました。それは、第二次世界大戦直後のイタリアの選挙に介入する必要があると信じられていたのと同じように、民主主義を維持するために必要なことなのです。「民主主義を守るため」に必要だという決定があったのです。民主主義とは、基本的には、大きな既得権益を持つ人々が、誰が候補者としてふさわしいかを定義し、そのポートフォリオの中から残りの人々が投票できるという考え方です。それがコンセプト。今、民主主義を救おうとしているのはこの考え方です。民主主義を救うために、私たちはこの非常に強力なテクノロジーを導入しなければなりませんでした。

そのテクノロジーを市民に対して展開する必要があったのです。私が主張するのは、これはおそらく、私がこのすべてについて考え、検閲の意味を理解しようとし、心理操作や神経言語プログラミング、その他すべてについて教えてくれた多くの専門家に耳を傾ける中で生まれた最も重要なことのひとつだと思います。あなたはこれに抵抗できると思っているでしょうが、実は最も影響を受けやすいのは、最も教育を受けている人であることが多いというデータが示しているのです。私たちは皆、現代の心理戦争や認知戦争技術の影響を受けやすいのです。認知戦争とは、潜在意識に入り込むように設計された一連の能力のことです。このような大衆の動きの影響を避けるために、これは容認できるという決定、コンセンサスがあります。

それが現在の状況です。これは当初、ロシアのボットファームとロシアの選挙干渉の脅威というテーゼに基づいて正当化されました。ロシアの侵入に対抗するために設計された能力を、国内で展開する必要があると判断されたのです。そして特に、反ワクチン派運動の台頭という、この技術を使うために必要な具体的な事例が生まれました。子供たちにワクチンを受けさせたくない人たちや、不安を募らせる親たち。この決定が下された直後、このTrusted News Initiativeは方向転換し、「反ワクチン派」に対応するよう再構築されました。そして、2019年末に突然、武漢で人工コロナウイルスが人体に侵入し、急速に拡散するという事件が起きました。

SARS-CoV-2というウイルスの脅威のために、この技術、心理的・認知的戦争技術を一般集団に使用する必要があると考えられたのです。そう言われていました。これは、2019年秋のイベント201で彼らが「モデル化」した数字とまったく同じです。第二次世界大戦後、イタリアの選挙に介入することが容認されたように、この致死性の高いウイルスは甚大な脅威をもたらすものであり、公益を増進するためにこの種の技術を導入することは容認され、必要なことなのだと。世界保健機関(WHO)の助言の下、政府が私たち全員に対して定めた対策を完全に遵守させるために。

テドロス氏は現在、自分が誰かを閉じ込めたり、社会的距離を置いたり、ワクチンを受け入れるように言ったことはないと主張しています。これはすべての政府が行ったことです。それが正当化だったのです。そして今、私たちは検閲産業複合体という産業全体の爆発的な成長と成熟を目の当たりにしています。

今あるのは、機能的には一連の傭兵軍団や傭兵組織のようなもので、互いに競争しています。彼らはほとんどすべて、ハーバード・ミシガン大学やスタンフォード大学のようなアカデミックなつながりをもっています。これらの組織は、私たち全員を検閲し、プロパガンダし、「すべては公共の利益のために」、「民主主義を維持するために」、「ワクチンの完全遵守を確実にするために」、思いつく限りの最先端の心理操作ツールを展開するために、互いに活発に競争しています。さて、最後にもうひとつ、皆さんのお役に立つかもしれない洞察をお話しします。

重要な質問です。検閲はなぜいけないのでしょうか?道徳的に間違っていると言えます。まあ、それはふにゃふにゃしていると言う人もいるかもしれません。機能的に言えば、もし私たちが今ハビエル・ミレイのところに行き、「なぜ検閲をしてはいけないのですか?それに反対する論拠は何ですか?」なぜなら、世界経済フォーラムや国連の様々な権力者である行政国家によって、あらゆる種類の議論がなされているからです。彼らは皆、それが好きなのです。彼らはメッセージをコントロールしたいのです。その意味を考えてみてください。イノベーションの観点から考えてみてください。つまり、政府、経済単位、大規模な投資ファンドなどの権力や勢力が、クラウス・シュワブの言う「偉大な物語」をコントロールできるということです。彼らにできることは、現在の解決策や現状をめぐるコンセンサスを固定化することです。

国民に検閲や心理技術を導入する理由は、現状を維持するためです。現状は、あるグループ、あるエリートグループ(オリガルヒと呼んでもいいでしょう)にとって好ましいものです。彼らは現状を維持したいのであり、この種のテクノロジーを所有することでそれを実現したいのです。その結果、特に今のような変化の時代には、現状と最適な解決策との差がどんどん大きくなるという状況が生まれます。納得できますか?1つの解決策に閉じこもってしまうのです。文化、環境、経済、政府が変化に適応することを許さないのです。現状に留まることを強要しているのです。民衆は、あるべき姿に対して自分たちの状況がどんどん悪くなっていくのを観察しています。最適な解決策と現在の解決策の間には、ますます大きなギャップがあります。

やがてそのギャップは大きくなり、ある方法でしか解決できなくなります。私たちはその方法が何であるかを知っています。私たちはそれを革命と呼んでいます。さて、分散化された環境で自由な言論とアイデアの交換による相互作用を認めれば、あるのは漸進的な改善です。悪い解決策に縛られ、人々が不満を募らせるような状況にはなりません。大きな混乱はありません。どのような問題であれ、より良い解決策に向かって社会は徐々に進化していくのです。しかし、プロパガンダ、つまり「心理戦」を容認することで、私たちがやっていることは、欧米の人々、そしてますます増えつつある世界の人々を、最適とは言えない解決策に閉じ込めることなのです。さて、このような大きな混乱が起こったときに起こるもうひとつのことは、その時点で国民が…

フランス革命を思い出してください。

すべての革命を思い出してみてください。

一般的な人々は、これを混乱と見なします。「自分の利益にならない」と。アルゼンチン人がそうであったように、私はどんどん悪い経済状況に追い込まれています。私は反乱を起こすつもりです。何か大きな変化を起こしたい”それで彼らはどうするのですか?マルクス主義のような、実際にテストされたことのない解決策を持ち出すでしょう。一度もテストされたことがないのに、解決策として売りつけられるのです。そして、それを手に入れようとするのです。革命と呼ばれるような突然の混乱や、社会や経済における段階的な進化の失敗だけでなく、これまで一度もテストされたことのないような解決策を押しつけられたり、売りつけられたりすると、人々はそれを喜んで受け入れ、同化してしまうのです。そうして、このような厄介な状況に陥ってしまうのです。

細かい配線図やCISAと国務省の関係などに立ち入っている時間はありません。最近のタッカー・カールソンとのマイク・ベンツのインタビューは、このような事態がどのように進展していったのか、歴史の弧を知る上で本当に目から鱗が落ちるようなものです。この短い発言の中で、もしこのようなことを許せば、私たちは即座に主権と自治を失うということを申し上げたかったのです。選挙の完全性などという概念は窓から消えてしまいます。

覚えておいてください、査読され、検証された論文は20ポイントの違いを示しています。グーグルはノブを回すだけで、世界中のどの国のどの政党が勝とうが、どのような政策をとろうが、基本的に選ぶことができるのです。しかしさらに、この検閲プロパガンダ産業複合体が成長し発展し続けることを許せば、私たちは世界を最適とは言えない解決策に閉じ込め、私たち全員にとってより良い世界を生み出すための進化を妨げるような状況に陥るでしょう。それでは、ご清聴ありがとうございました。また、お集まりいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました