グレート・アウェイクニング vs グレート・リセット(2022)- アレクサンドル・ドゥーギン

LGBTQ、ジェンダー、リベラリズムグローバリズムマルサス主義、人口管理ロシア、プーチン全体主義・監視資本主義新世界秩序・多極化

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Contents

Great Awakening Vs the Great Reset

1. グレート・リセット

チャールズ皇太子の5つのポイント

2020年、ダボスで開催された世界経済フォーラムで、同フォーラムの創設者クラウス・シュワブとチャールズ皇太子は、人類の新たな針路「グレート・リセット」を宣言した。

プリンス・オブ・ウェールズによれば、この計画は5つのポイントで構成されている:

  • 1. 人類の想像力と意志を取り込むこと。変化を本当に望む人でなければ、変化は起こらない;
  • 2. 経済回復により、世界を持続可能な雇用、生活、成長の道へと導かなければならない。地球環境と自然そのものに逆効果をもたらしてきた長年のインセンティブ構造を改革しなければならない;
  • 3. 世界全体でネット・ゼロの移行を進めるために、制度と経路を再設計しなければならない。カーボンプライシングは、持続可能な市場への重要な道筋を提供することができる;
  • 4. 科学、技術、イノベーションは再活性化する必要がある。人類は、持続可能な未来の枠組みの中で、何が可能で何が有益であるかについての私たちの見方を変えるような、触媒的なブレークスルーを目前にしている;
  • 5. 投資のバランスを見直さなければならない。グリーン投資を加速させることで、グリーンエネルギー、循環型経済、バイオ経済、エコツーリズム、グリーンな公共インフラに雇用機会を提供することができる。

「持続可能」という言葉は、ローマクラブの最も重要な概念である「持続可能な開発」の一部である。この理論は「成長の限界」という別の理論に基づいており、それによると、地球の過剰人口は臨界点に達している(出生率を下げる必要があることを意味する)。

一部のアナリストによれば、人口減少につながるはずのCOVID-19パンデミックの文脈で「持続可能」という言葉が使われたことは、世界的に大きな反響を呼んでいる。

グレート・リセットの主なポイントは以下の通り:

  • 世界規模での大衆意識のコントロール、これは「キャンセル・カルチャー」の核心であり、グローバリストがコントロールするネットワークへの検閲の導入である(ポイント1);
  • エコロジー経済への移行と近代産業構造の否定(ポイント2と5);
  • 人類の第4の経済秩序への参入(前回のダボス会議ではこれに焦点が当てられた)、すなわち、労働力のサイボーグによる段階的な置き換えと、高度な人工知能の世界規模での導入(ポイント3)。

グレート・リセットの主なアイデアは、反グローバリストのトランプ大統領の保守的な就任、多極化する世界、特に中国とロシアの影響力の増大、トルコ、イラン、パキスタン、サウジアラビアなどのイスラム諸国の台頭と西側諸国の影響力からの離脱など、一連の失敗の後のグローバリゼーションの継続とグローバリズムの強化である。

ダボス・フォーラムでは、世界のリベラル・エリートの代表が、バイデンの大統領就任と、彼らが強く望んでいるアメリカ民主党の勝利を見越して、彼らの組織の動員を宣言した。

実施

グローバリストのアジェンダの目印は、ジェフ・スミスの曲「Build Back Better」(ジョー・バイデンの選挙スローガン)である。台風やハリケーン・カトリーナのような)一連の挫折の後、人々は(グローバリストを意味する)以前よりも良いインフラを作り直すという意味だ。

グレート・リセットはバイデンの勝利とともに始まる。

世界の指導者たち、大企業のトップたち(ビッグテック、ビッグデータ、ビッグファイナンスなど)が、トランプ、プーチン、習近平、エルドアン、ハメネイ師などの敵対勢力を打ち負かすために結集し、動員された。その始まりは、「想像力をかきたてる」(ポイント1)、インターネット検閲の導入、郵送投票の操作など、新しいテクノロジーを駆使してトランプから勝利を奪い取ることだった。

バイデンがホワイトハウスに到着したことは、グローバリストたちが次のステップに進むことを意味する。

これは生活のあらゆる分野に影響を与えるだろう。グローバリストたちは、トランプや他の多極化の極が彼らを阻止した地点に戻ろうとしているのだ。そして、マインドコントロール(検閲やソーシャルメディアの操作、すべての人の全面的な監視とデータ収集を通じて)と新技術の導入が重要な役割を果たす。

COVID-19の流行はそのための口実だ。衛生衛生を装って、グレート・リセットはグローバリスト・エリートによる世界人口の支配構造を劇的に変えることを期待している。

ジョー・バイデンの就任と、彼がすでに署名した政令(トランプの決定を事実上すべて覆す)は、計画が実行に移され始めたことを意味する。

バイデンはアメリカ外交の「新しい」方針に関する演説で、グローバリストの政策の主な方向性を表明した。「新しい」と思われるかもしれないが、それは部分的なものであり、トランプの政策と比較したものに過ぎない。全体としては、バイデンは以前のベクトルへの回帰を表明したに過ぎない:

  • 国益よりもグローバルな利益を優先する;
  • グローバルな超国家的組織と経済構造という形で、世界政府とその支部の構造を強化する;
  • NATOブロックを強化し、すべてのグローバリスト勢力や体制と協力する;
  • 世界規模での民主的変革の推進と深化:
    • 1. グローバリゼーションを拒否する国や体制(まずロシア、中国、イラン、トルコなど)との関係をエスカレートさせる;
    • 2. 中東、ヨーロッパ、アフリカにおけるアメリカの軍事的プレゼンスが高まる;
    • 3. 不安定性と「カラー革命」の蔓延;
    • 4. グローバリストの意見と異なる意見を持つすべての人々(海外でもアメリカ国内でも)に対する「悪魔化」、「脱プラットフォーム」、ネットワーク追放(キャンセル・カルチャー)の広範な使用。

このように、ホワイトハウスの新指導部は、誰とも対等に対話しようという姿勢を微塵も見せないばかりか、いかなる異論も許さないリベラルな言説を強化するだけだ。グローバリズムは全体主義の段階に入りつつある。このことは、新たな戦争の可能性-第三次世界大戦のリスクの増大を含む-をより可能性の高いものにしている。

グレート・リセットの地政学

米国の新保守主義サークルの立場を表明するグローバリストの民主主義防衛財団は最近、バイデンに以下のようなトランプの立場のいくつかを推奨する報告書を発表した:

  • 1. 中国への反発を強める、
  • 2. イランへの圧力強化

バイデンは外交政策においてこれらの軸に沿って動き続けるべきだと提言している。

一方、報告書の著者は、トランプの外交政策上の行動を次のように非難している:

  • 1. NATOを崩壊させようとしている;
  • 2. 「全体主義的指導者」(中国、朝鮮民主主義人民共和国、ロシア)との和解;
  • 3. タリバンとの「悪い」取引;
  • 4. シリアからの米軍撤退。

このように、地政学におけるグレート・リセットとは、「民主化推進」と「新保守主義的な全面支配の攻撃戦略」の組み合わせを意味し、これが「新保守主義」政策の主要なベクトルである。同時にバイデンは、イランや中国との対決を継続・強化するよう忠告されるが、その主眼はロシアとの戦いにあるはずだ。そしてそのためには、NATOを強化し、中東と中央アジアにおける米国のプレゼンスを拡大する必要がある。

トランプと同様、ロシア、中国、イラン、その他一部のイスラム諸国が主な障害と見られている。

こうして、環境プロジェクトや技術革新(まずは人工知能やロボット工学の導入)が、攻撃的な軍事政策の台頭と結びついていくのである。

2. 自由主義イデオロギーの小史: 集大成としてのグローバリズム

唯名論

バイデンの勝利とワシントンの「新たな」グレートリセット路線が歴史的規模で何を意味するのかを明確に理解するためには、リベラル・イデオロギーの歴史全体を、そのルーツから見ていかなければならない。そうして初めて、私たちが置かれている状況の深刻さを理解することができる。バイデンの勝利は偶然のエピソードではないし、グローバリストの反撃の発表は単なる失敗プロジェクトの苦悩ではない。それよりもはるかに深刻なことなのだ。バイデンと彼の背後にある勢力は、中世に始まり、資本主義社会の出現とともに近代に成熟し、そして今日、その最終段階、つまり最初から理論的に説明されていた段階に到達しつつある歴史的プロセスの集大成を体現している。

自由主義(=資本主義)体制のルーツは、普遍をめぐるスコラ学論争にさかのぼる。この論争は、カトリックの神学者たちを2つの陣営に分裂させた。ある者たちは共通のもの(種、属、普遍)の存在を認め、他の者たちは特定の具体的なもの、つまり個々のものだけを信じ、その一般化された名称を純粋に外的な従来の分類体系として解釈し、「空っぽの音」を表現した。一般的なもの、種の存在を確信していた人々は、プラトンやアリストテレスの古典的な伝統を参考にした。彼らは「実在論者」、つまり「普遍の実在」を認める人々と呼ばれるようになった。「現実主義者」の最も著名な代表者はトマス・アクィナスであり、一般的にはドミニコ会修道士の伝統であった。

個々の事物や存在のみが実在するという考え方の支持者は、ラテン語のnomenから「唯名論者」と呼ばれるようになった。「実体は必要なしに増殖すべきではない」という要求は、まさに「唯名論」の主要な擁護者の一人であるイギリスの哲学者ウィリアム・オッカムにまで遡る。それ以前にも、コンピエーニュのロスセランが同じ考えを擁護していた。「現実主義者」が対立の第一段階を制し、「唯名論者」の教えは忌み嫌われたが、その後、西欧哲学の道、特にニューエイジの道がオッカムによってたどることになった。

「唯名論」は、思想的にも経済的にも、将来の自由主義の基礎を築いた。ここでは、人間は個人としてのみ見られ、それ以外の何ものでもなく、あらゆる形態の集団的アイデンティティ(宗教、階級など)は廃止されることになっていた。同様に、モノは絶対的な私有財産であり、所有者個人の所有物として容易に帰属させることができる具体的で独立したモノと見なされた。

唯名論は、まずイギリスで広まり、プロテスタント諸国で広まり、次第に宗教(神と人間の個人的関係)、科学(原子論と唯物論)、政治(ブルジョア民主主義の前提条件)、経済(市場と私有財産)、倫理(功利主義、個人主義、相対主義、プラグマティズム)など、ニューエイジの主要な哲学的母体となった。

資本主義第一段階

唯名論から出発すると、ロスセリンやオッカムからソロスやバイデンまで、歴史的自由主義の全経路をたどることができる。便宜上、この歴史を3つの段階に分けてみよう。

第一段階は、宗教の領域への唯名論の導入である。カトリシズム(そして正教はさらにそうであった)によって理解された教会の集団的アイデンティティは、プロテスタントによって、以後、自分たちの理性だけに基づいて聖典を解釈し、いかなる伝統も拒否することのできる個人として取って代わられた。こうして、聖餐、奇跡、天使、死後の報い、世の終わりなど、キリスト教の多くの側面が再考され、「合理的基準」を満たさないとして破棄された。

「キリストの神秘体」としての教会は破壊され、下からの自由な同意によって作られた趣味のクラブに取って代わられた。その結果、プロテスタントには多くの宗派が生まれた。唯名論が最も徹底的な実を結んだヨーロッパとイングランドそのものでは、このプロセスはいくぶん沈静化し、最も熱狂的なプロテスタントは新大陸に殺到し、そこに独自の社会を設立した。その後、ロンドンとの闘争を経て、アメリカ合衆国が誕生した。

「集団的アイデンティティ」(「共通のもの」)としての教会の破壊と並行して、エステートの廃止が始まった。司祭、貴族、農民という社会階層は、「ブルジョワ」という言葉の本来の意味によれば、不定形の「町民」に取って代わられた。ブルジョアジーはヨーロッパ社会の他のすべての階層に取って代わった。しかし、ブルジョワはまさに最高の「個人」であり、氏族、部族、職業を持たず、私有財産を持つ市民であった。そしてこの新しい階級は、ヨーロッパ社会のすべてを再構築し始めた。

同時に、教皇庁と西ローマ帝国の超国家的統一も、「集団的アイデンティティ」のもう一つの表現として、廃止された。その代わりに、主権国家に基づく秩序、一種の「政治的個人」が確立された。三十年戦争の終結後、ウェストファリア講和がこの秩序を強化した。

こうして17世紀半ばまでに、ブルジョア秩序(つまり資本主義)が西ヨーロッパの主要な特徴として出現した。

新しい秩序の哲学は、多くの点でトマス・ホッブズによって先取りされ、ジョン・ロック、デイヴィッド・ヒューム、イマヌエル・カントによって発展させられた。アダム・スミスはこれらの原理を経済分野に応用し、経済イデオロギーとしての自由主義を生み出した。事実、唯名論の体系的な実践に基づく資本主義は、首尾一貫した体系的世界観となった。歴史と進歩の意味は、以後、論理的限界まで「あらゆる形態の集団的同一性から個人を解放する」ことにあった。

20世紀になると、植民地征服の時代を経て、西欧資本主義は世界的な現実となった。科学や文化、政治や経済、西欧の人々や全人類の日常的な思考において、唯名論的アプローチが優勢だった。

20世紀とグローバリゼーションの勝利第二段階

20世紀、資本主義は新たな挑戦に直面した。今度は、宗教、階級、職業など、通常の集団的アイデンティティの形態ではなく、個人主義を否定し、集団的アイデンティティの新しい形態(概念的に組み合わされた)で対抗する、人為的で、また近代的な理論(自由主義そのものなど)であった。

社会主義者、社会民主主義者、共産主義者は、階級的アイデンティティでリベラル派に対抗し、世界中の労働者が団結して世界のブルジョアジーの権力を覆すよう呼びかけた。この戦略は効果的であることが証明され、いくつかの主要国では(共産主義の創始者であるカール・マルクスが期待した先進国や西欧諸国ではなかったが)プロレタリア革命が勝利した。

共産主義者と平行して、今度は西ヨーロッパで極端な民族主義勢力による権力の掌握が起こった。彼らは「国家」や「民族」の名の下に行動し、再び自由主義的個人主義と「共通」なもの、ある種の「集団的存在」とを対比させた。

リベラリズムの新たな敵対勢力は、もはや過去の惰性に属するものではなく、西欧そのものが発展させたモダニズムのプロジェクトを代表するものであった。しかし、それらはまた、個人主義と唯名論の拒絶の上に成り立っていた。このことは、自由主義の理論家たち(とりわけハイエクとその弟子ポパー)によって明確に理解され、彼らは「共産主義者」と「ファシスト」を「開かれた社会の敵」という共通の名のもとに統合し、彼らとの死闘を始めた。

ソビエト・ロシアを戦術的に利用することで、資本主義は当初ファシスト政権に対処することに成功し、これが第二次世界大戦のイデオロギー的な結果であった。1980年代末までの東西冷戦は、共産主義者に対する自由主義の勝利に終わった。

こうして、リベラル派が理解する、あらゆる形態の集団的アイデンティティからの個人の解放と「イデオロギーの進歩」というプロジェクトは、新たな段階を経た。1990年代、リベラルの理論家たちは「歴史の終わり」(フクヤマ)や「一極集中の瞬間」(クラウトハマー)について語り始めた。

これは、資本主義がその最も進んだ段階、すなわちグローバリズムの段階に入ったことを鮮明に証明するものだった。第一次世界大戦ではウィルソンの「14のポイント」によって概説されたが、冷戦の終わりには民主党と共和党の両党のエリートが団結し、主に「新保守主義者」によって代表された。

ジェンダーとポストヒューマニズム: 第3段階

最後のイデオロギー的敵である社会主義陣営を打ち破った資本主義は、重大な局面を迎えた。個人主義、市場、人権イデオロギー、民主主義、西欧的価値観が世界的規模で勝利を収めたのだ。「個人主義」や唯名論に、真剣で体系的なもので対抗する者はもはやいない。

この時期、資本主義は第3段階に入る。よく見ると、外敵を打ち負かした後、リベラル派はさらに2つの集団的アイデンティティの形態を発見している。まずジェンダーである。結局のところ、ジェンダーもまた、男性的か女性的かという集団的なものなのだ。だから次の段階は、客観的で本質的でかけがえのないものとしてのジェンダーを破壊することだった。

ジェンダーの廃止は、それ以前に廃止されていた他のすべての集団的アイデンティティの形態と同様に必要だった。それゆえジェンダー政治は、ジェンダーというカテゴリーを「任意」のもの、個人の選択に依存するものへと変容させたのである。ここでもまた、私たちは同じ唯名論を扱っている。なぜ二重の実体なのか?人は個人として人だが、ジェンダーは、宗教、職業、国家、生き方が以前選ばれていたように、任意に選ぶことができる。

これは、ソビエト連邦の敗北後、1990年代のリベラル・イデオロギーの主要議題となった。そう、ジェンダー政策を阻んだのは、伝統的な社会や家族の価値観などの名残を残す国々や、西側諸国の保守派であった。保守派や「同性愛嫌悪者」、つまり伝統的な男女の存在観の擁護者と闘うことが、進歩的リベラリズムの信奉者の新たな目標となった。多くの左派もこれに加わり、ジェンダー政治と移民保護を以前の反資本主義的目標に置き換えている。

ジェンダー規範の制度化が成功し、大量移民が成功したことで、西側諸国では人口がバラバラになりつつある(これもまた、文化的、宗教的、社会的、国家的側面を無視して個人を対象とする人権のイデオロギーにぴったり当てはまる)。

結局のところ、人間とは集団的アイデンティティでもあり、それは克服され、廃止され、破壊されなければならないということだ。「人」は単なる名前であり、何の意味も持たない。恣意的で、したがって常に議論の余地のある分類である。人間か否か、男性か女性か、宗教者か無神論者か、それは本人の選択次第である。

こうして、目標に向かって何世紀も旅をしてきたリベラル派に残された最後の一歩は、サイボーグ、人工知能ネットワーク、遺伝子工学の産物によって、部分的にではあるが、人間を置き換えることである。オプションの人間は、オプションのジェンダーに論理的に従う。

このアジェンダは、哲学におけるポストヒューマニズム、ポストモダニズム、思弁的リアリズムによってすでに予兆されており、技術的にも日に日に現実味を帯びてきている。未来学者や歴史的プロセスを加速させる支持者(加速論者)は、人工知能が基本的なパラメーターにおいて人間と同等になる近未来を確信している。この瞬間は「特異点」と呼ばれている。その到来は10~20年以内と予測されている。

リベラルの最後の戦い

これが、バイデンのアメリカでの勝利の背景である。これがグレート・リセット、あるいは「より良いものを取り戻す」というスローガンの意味である。

2000年代、グローバリストたちは、イデオロギー的というより「文明論的」な多くの問題に直面していた。1990年代後半以降、世界には自由主義、資本主義、グローバリズムに対抗しうる、多かれ少なかれ首尾一貫したイデオロギーは事実上存在しない。程度の差はあれ、これらの原則はすべて、あるいはほとんどすべての人々に受け入れられてきた。とはいえ、リベラリズムとジェンダー政治の実現、そして世界政府を支持する国民国家の廃止は、いくつかの面で停滞している。

プーチンのロシアは核兵器を持ち、西側諸国と対立する歴史的伝統を持ち、社会には保守的な伝統が数多く残っている。

中国は、グローバリゼーションと自由主義改革に積極的に取り組んでいたが、政治システムへの適用は急がず、共産党の優位を維持し、政治的自由化を拒否していた。さらに、習近平のもとで、中国政治における国家的潮流が拡大し始めた。北京は「開かれた世界」を巧みに利用し、自国の国益、さらには文明的利益を追求してきた。そして、これはグローバリストの計画の一部ではなかった。

イスラム諸国は西欧化に対する闘争を続け、制裁や圧力にもかかわらず、(シーア派のイランのように)不倶戴天の反欧米・反自由主義体制を維持した。トルコやパキスタンなど主要なスンニ派国家の政策は、欧米からの独立を強めている。

ヨーロッパでは、大量移民やジェンダー政治に対するヨーロッパ土着の不満が爆発し、ポピュリズムの波が高まり始めた。ヨーロッパの政治エリートたちは、ダボス会議の理論家シュワブやチャールズ皇太子の報告に見られるように、グローバリズムの戦略に完全に従属したままだったが、社会そのものが動き出し、時にはフランスの「黄色いベスト」デモのように、当局に対する直接的な反乱を起こした。イタリア、ドイツ、ギリシャなどでは、ポピュリスト政党が議会にまで進出した。

ついに2016年、アメリカではドナルド・トランプが大統領に就任し、グローバリズムのイデオロギー、慣行、目標を厳しく直接的な批判にさらした。そして彼はアメリカ人の約半数に支持された。

グローバリストたちの目には、こうした反グローバリズムの傾向がすべて不吉な図式に映った。唯名論者やリベラル派が連綿と歩んできたように見える過去数世紀の歴史が、疑問視されるようになったのだ。それは、単に政治体制の災難というだけではなかった。リベラリズムの終焉の危機だったのだ。

グローバリズムの理論家たちでさえ、何かが間違っていることを感じていた。例えば、フクヤマは「歴史の終わり」というテーゼを放棄し、国民国家が依然として自由主義エリートの支配下にあるのは、厳格な手法に支えられたポスト・ヒューマニティへの最終的な変容に向けて大衆をよりよく準備するためだと示唆した。もう一人のグローバリスト、チャールズ・クラウトハマーは、「一極集中の瞬間」は終わり、グローバリストのエリートたちはそれを利用することに失敗したと宣言した。

これはまさに、グローバリスト・エリートの代表者たちがこの4年間過ごしてきたパニック状態であり、ほとんどヒステリックな状態である。だからこそ、トランプ大統領の罷免問題は彼らにとって死活問題だったのだ。もしトランプが大統領の座を維持していたら、グローバリストの戦略の崩壊は不可逆的なものになっていただろう。

しかし、バイデンはトランプを追い落とし、彼の支持者を悪者にすることに、あの手この手で成功した。ここでグレート・リセットが登場する。リベラル・イデオロギーと唯名論哲学の精神に則って解釈された、進歩の方向へ向かう西欧文明の主要なベクトルの継続である。個人を集団的アイデンティティの最後の形態から解放し、ジェンダーの廃止を完了させ、ポストヒューマニズムのパラダイムに移行することである。

ハイテクの進歩、社会が社会的ネットワークに統合され、リベラルなエリートが公然と全体主義的なやり方で強固に管理しているように見えるが、大衆を追跡し影響を与える方法が洗練されたことで、世界的なリベラルな目標の達成は間近に迫っている。

しかし、その決定的な一撃を与えるためには、加速モードで(そしてもはやそれがどのように見えるかに注意を払うことなく)、歴史の最終的な完成への道を速やかに切り開かなければならない。そしてそれは、トランプ大統領の掃討が、他のすべての障害物を攻撃する合図になることを意味する。

つまり、私たちは歴史の尺度の中で自らの位置を決定したのだ。そうすることで、グレート・リセットの全貌が見えてきた。それは「最後の戦い」の始まりにほかならない。グローバリストたちは、唯名論、自由主義、個人の解放、市民社会のための闘いにおいて、自分たちを「光の戦士」として見せ、進歩、何千年もの偏見からの解放、新たな可能性、そしておそらくは肉体的な不死や遺伝子工学の驚異さえも大衆にもたらす。

彼らに反対する者はすべて、彼らの目には「闇の勢力」と映る。そして、この論理に従えば、「開かれた社会の敵」は、彼らなりの厳しさで対処されなければならない。「敵が降伏しないなら、滅ぼされる」のである。敵とは、自由主義、グローバリズム、個人主義、唯名論に疑問を抱くすべての人である。これがリベラリズムの新しい倫理である。個人的な問題ではない。誰もがリベラルである権利はあるが、それ以外のものである権利はないのだ。

管理

付録

グレート・リセットについて

(2021年1月2日、ドイツの雑誌『ドイチェ・スティンメ』でのインタビュー(アレクサンドル・マルコビッチによるもので、一部は印刷物、一部はオンライン版で公開されています)https://deutsche-stimme.de/alexander-dugin-nach-dem-tod-gottes-folgt-logischerweise-der-tod-des-menschen/)

『Deutsche Stimme』誌: 親愛なるドゥギン教授。グローバル・エリートは「グレート・リセット」と呼ばれる戦略を議論しており、コロナ危機での失敗の後、資本主義とポストリベラル体制のリセットを求めています。この目的のために、資本主義は、開かれた社会を存続させるために、より持続可能なものにされなければなりませんが、同時に、日常生活に対する統制をさらに強め、大衆監視システムを設置するために、より抑圧的なものにされなければなりません。グローバリズムを救おうとするこの新しいプロジェクトについてどう思いますか?

アレクサンドル・ドゥーギン

これはまさに新しい戦略ではなく、グローバリストの新しい言葉だと思います。グローバリゼーションの歴史において、リセットという言葉は非常に興味深い概念です。その内容は、新世界秩序、グローバリゼーション、一つの世界、歴史の終わり、超リベラルな価値観の推進と同じです。グレート・リセットの内容は、グローバリゼーションの内容とさほど違いませんが、グローバリゼーションは単なる技術的、地政学的、政治的プロセスではなく、異なるレベルを統合するイデオロギー的プロセスでもあることを理解する必要があります。例えば、これはあらゆる国、あらゆる社会が西側へと変容していくことを意味します。これは非常に重要なことです。

西洋化はこのグローバリゼーションの大きな部分であり、西洋の価値観と西洋社会を全人類に投影するものだからです。つまり、グローバリゼーションでは、西洋が手本とされます。グローバリゼーションの第二段階は、西洋化への近代化の投影です。つまり、西洋的価値観のますますアップデートされたバージョンであり、昨日と同じ西洋的価値観ではありません。これは、西洋の価値観とパラダイムの変化という、特別な変容の進行中のプロセスです。これは重要なことで、西洋そのものを更新し、更新されたバージョンを投影するという二重のプロセスなのです。これは西洋とモダンのポストモダンの組み合わせのようなものです。

近代化は非西洋社会だけに適用されるべきものではなく、西洋の国内プロセスでもあります。つまり、グローバリゼーションは近代化でもあるのです。次の段階は、リベラルなグローバリゼーションの内部におけるイデオロギーの転換であるべきです。それは単に永遠に安定したものへの信仰ではなく、あらゆる形態の集団的アイデンティティから個人を解放する思想なのです。

ドイツ的刺激: 個人は何から解放されなければならないのでしょうか?

アレクサンドル・ドゥーギン

それは歴史的なプロセスです。それはカトリック教会からの解放から始まいました。その後、中世の地所からの解放、ある社会への帰属意識からの解放があり、20世紀には国民国家からの解放、あらゆる人為的な集団的アイデンティティからの解放がありました。そして、ナチズムと共産主義の敗北の後には、次の段階、つまり集団的ジェンダー・アイデンティティーからの人間の解放が続いた。それは、新しい種類の自由主義への移行の印でした。つまり、ジェンダー政治は不可欠なのです。それは単なる二次的なものではなく、リベラリズムの発展の論理に本質的に組み込まれているものなのです。

つまり、グローバリズムは本質的に、自然にジェンダー政治と結びついています。これは極めて重要なことです。それは自由主義社会そのものの近代化の一部なのです。そして次のポイントは、人間の集合的アイデンティティとポスト人間の集合的アイデンティティの交換です。それが今日から始まる明日の政治課題であり、グローバリゼーションの主要な論理です。それは単なる国境開放ではなく、非常に深遠で重層的なグローバリゼーションのプロセスなのです。

ドイツ・スティム

しかし、グレート・リセットという考え方のどこが新しいのでしょうか?

アレクサンドル・ドゥーギン:

新しいのは、これまでの段階が非西洋社会、特にロシアと中国のあまり西洋的でなく、あまり近代化されていない社会で、さまざまな種類の対立を生み出したという事実です。これらの社会の保守的な特徴のある側面はグローバル化に反発し、その主権を守ることは、核保有大国ロシアと経済大国中国がこのプロセスの障害となったことを示しています。同時に、リベラル、モダニズム、ポストモダニズムの価値観の押し付けに反発しようとする文明も現れた。それは、このイデオロギー的アジェンダに対する文明の有機的で自然な反応でした。

同時に、「大中東」プロジェクトの立ち上げやアラブ世界におけるカラー革命の推進など、地政学における経済的な誤りや戦略的な敗北もありました。失敗に次ぐ失敗の連鎖であり、最後の失敗はトランプの登場でした。

つまり、このアジェンダを拒否するアメリカ社会の反乱でした。例えば、彼らは昨日のバージョンの近代性、自由主義、民主主義にとどまる意志を表明しました。継続的な近代化と更新のプロセスを拒否したのです。プーチンからではなく、ヨーロッパのポピュリズムの台頭からでもなく、アメリカ社会そのものの分裂からです。

彼らは、あらゆる種類の集団的アイデンティティからの個人の解放に基づく自分たちのアジェンダを推進しようとした。彼らは依然として西洋化を推進し、より強力な近代化を達成し、西洋におけるあらゆる種類のアイデンティティの破壊を達成しようとした。文明、主権、イデオロギー、文化、地政学、経済、そして政治的な要素など、さまざまな層の代替勢力やアクターが集積し、トランプ、プーチン、イスラムの拡大、イラン、中国、そして経済面ではベルト・アンド・ロード構想に代表される一種の戦線、ヨーロッパにおけるポピュリズムの波、エルドアンの独立した主権政治に端を発したNATO内部の分裂などが生じたからです。

すべてが制御不能に陥りました。そしてグローバリゼーションへの道筋を阻むものすべてが増大しました。2000年からのこの20年間は、まさに大惨事でした。その結果、一極集中は終わりを告げ、敗北が拡大しました。グローバリストたちはあらゆる場所で、あらゆる陣営で地位を失い、最後の一撃はトランプによってもたらされました。アメリカ国民はグローバル・アジェンダとの戦いに参加したのです。

ドイツ・スティム

つまり、ドナルド・トランプはグローバリストから見れば大失敗だったということか?

アレクサンドル・ドゥーギン:

そうです。今、彼らは危機的状況にあります。彼らがリセットについて語るとき、それは彼らのアジェンダの継続への思い切った暴力的な回帰を意味します。しかし、それは一見したところ、ある種の自然な発展の過程ではありません。20年前には、すべてがほとんど当然のことのように思われたのに、今ではこの戦略のあらゆる要素のために戦わなければなりません。グローバリストたちは、もはや同じ手段、同じ方法では戦略を実行できません。そして、彼らは3つの言葉を意味している: 「より良いものを作り直そう」です。これは一種のスローガンであり、キャッチフレーズです。ビルド・バックとは、反グローバリズムの瞬間の前に戻ることであり、90年代に戻り、当時よりも良いポジションに戻ることです。

ドイツ・スティム

つまり、新世界秩序への道程で犯した誤りを正すために、過去に戻りたいということか?

アレクサンドル・ドゥーギン:

そうです。これは、あらゆる前線で最後の戦いに勝利し、あらゆる場所を突破するために、すべてのグローバリスト勢力を動員するための一種の呼びかけだ。トランプを倒すことが最初の目標です。彼らは、プーチンを滅ぼし、習近平を殺し、イランの政権を変え、エルドアンを毒殺し、ヨーロッパのあらゆるポピュリズムの信用を失墜させ、イスラムの抵抗勢力を終わらせ、ラテンアメリカのあらゆる反グローバリズムの傾向を破壊したいと考えています!平和的な方法ではなく、全体主義的な手段で攻撃するのです。

つまり、コンセプトとしてのリセットは同じ内容ですが、アジェンダを実行するためのまったく新しい手段を前提としており、その手段は今や公然と全体主義的なものだと思います。検閲を課し、政治的圧力をかけ、反対側にいるすべての人々に対して具体的な警察措置を取ろうとしています。グレート・リセットは、このような障害の積み重ねに対する、失敗したグローバリストの戦略の継続(一種の絶望的な継続)です。彼らは失敗を受け入れることができませんでした。それは、傷ついたドラゴンが死のうとしていますが、まだ生きているために殺すことができる苦悩です。BBB(ビルド・バック・ベター)、それがドラゴンの最後の叫びだ。「オープン・ソサエティの敵はすべて殺せ。開かれた社会の敵は殺されるべきです。民主的なプロセスで勝利したら拷問にかけるべきです。民主主義を廃止すべきです。あらゆる障害を破壊せよ。人類を滅ぼそう。ワクチンに毒を入れよう。そうしましょう!」 これが終末論的な戦いであり、グローバリゼーションの最後の戦いです。

そして今、グレート・リセットでは、前段階では考えられなかったようなあらゆる手段を用いていることがわかります。では、「グレート・リセットとは何か? - それは何も新しいことではありません。同じグローバリゼーションのアジェンダ、同じイデオロギー、同じ価値観、同じプロセスですが、まったく新しい手段を使っています。それは今や明らかに、そして公然と全体主義的です。検閲、政治的抑圧、殺害、戦闘、敵の悪魔化、これに反対するすべての人々をファシスト、狂人、テロリストとして糾弾し、まさにそのように対処します。

まず、敵をすべてファシストとみなす。その後、ファシストであることを理由に殺し始める。誰も何も調査しません。ボリシェヴィキ革命やフランス革命と同じです。革命の敵とされた者は皆、抹殺されるべきというものです。このグレート・リセットの最初の段階を、私たちはアメリカ合衆国で見ています。「グローバリストは選挙に負けたのでしょうか?選挙を破壊しましょう!抗議に参加した人々を皆殺しにしましょう!デモをしている何百万人もの人々を、狂人とファシストの小さな暴徒と見なそう。だから、彼らはあらゆる種類のリアリティチェックを破壊します。もうリアリティチェックは必要ない。グレート・リセットの全体主義へようこそ!」

ドイツ・スティム

ワシントンの国会議事堂での抗議行動で、あなたはグレート・リセットに対するアンチテーゼとして「大いなる目覚め」という言葉を使った。それはどういう意味か?

アレクサンドル・ドゥーギン:

「大いなる目覚め」とは、アレックス・ジョーンズをはじめとするアメリカの抗議者たちが自発的に使った言葉です。これはつい最近生まれた概念で、アメリカ国民がグローバリストの真の悪魔的本性をより意識するようになったときに生まれました。それはまず、すべてが多かれ少なかれうまくいっていて、アメリカ国内の民主党と共和党は同じ自由民主主義の両翼を代表しているという幻想の下にいたアメリカ人全員に関係します。彼らにとっての大いなる目覚めとは、民主党という仮面の裏側に、グローバリスト、狂人、テロリストによって組織された一種のクーデターという、まったく別のものがあるという発見でした。

彼らはアメリカ国民に対して、あらゆる全体主義的な手段を適用しようとしています。それは以前には考えられなかったし、不可能でした。それはトランプ大統領の4年間に始まり、不正選挙、つまり盗まれた選挙でクライマックスを迎えました。それはリセット、グローバリストの本性を理解することです。アメリカ国民はアメリカのシステムの中に隠されていました。そして今、アメリカ国民(トランプ主義者、あるいは普通のアメリカ人)とグローバリストのアメリカという、まったく異なる2つのものが存在しています。そしてそれこそが、グレート・リセットとグレート・アウェイクニングを分ける境界線なのです。

ドイツ・スティム

大いなる覚醒はアメリカの愛国者だけに意味があるのか、それとも私たちにも意味があるのでしょうか?

アレクサンドル・ドゥーギン

アメリカにおける抗議運動の高まりの波に乗って、アメリカの愛国者たちに関することが第一義であるのに対して、グレート・リセットが持つ普遍的な意味を、大いなる覚醒が持つ可能性のある普遍的な意味と比較することができます。それは、一部の愚かな集団の邪悪な意志というだけでなく、近代の否定的な結果や段階の蓄積なのです。それは人間性の否定であり、段階的に主人となり、道具であることをやめる技術的道具の創造です。つまり、道具が主人になったとき、すべてが変わる。それがシンギュラリティの瞬間であり、この疎外と人間のアイデンティティの喪失は、宗教的アイデンティティから始まり、あらゆる種類の集団的アイデンティティを破壊するふりをする、現在進行中の唯名論によって、段階的に起こっています。そして今、人間のアイデンティティの喪失に近づいています。人間であることはまだ許されています。明日になれば、人間であることはトランプ主義者やファシストであることと同じ意味になります。これは非常に深刻なプロセスであり、グレート・リセットです。

大いなる覚醒は、グレート・リセットがそうであるように、普遍的なものであるべきです。なぜなら、グレート・リセットの内容が、ハイデガーがSeinsgeschichteと呼ぶもの、歴史の運命、つまり歴史の存在論的側面に刻み込まれているのであれば、グレート覚醒はその代替策となるはずだからです。しかし、それは同じレベルであるべきで、表面的なものであってはなりません。私たちはグローバリゼーションやグローバリズムという、形而上学的に非常に深いものによって攻撃されています。それは技術的であり、リベラルであり、モダンであり、ポストモダンです。グローバリストの背後には哲学があり、この哲学と闘うためには、世界規模でほぼ達成されていますが、ますます多くの問題や失敗を経験しています。例えば、西洋と東洋、西洋とその他の国々との関係を見直す必要があります。アジアからヨーロッパに至るまで、他の国々を、このユニークな西側の支配に対抗するために統合する必要があります。それは、一極集中から多極化へのシフトであり、西側はこの多極化構造の中に自らの居場所を見つけるべきです。

私たちは、このヨーロッパ中心/西洋中心の態度を破壊する必要があります。文明の多元性を受け入れる必要があり、それが大いなる目覚めの多くの特徴のひとつとなるでしょう。第二に、地政学を見直す必要があります。地政学を多極化する必要があります。東洋のランドパワーに対する西側のシーパワーだけでなく、西側のシーパワーとランドパワーを特定する必要があります。アメリカは、この新しい地政学の明確な例です。赤い州や共和党のトランプ派に代表されるランドパワーがあるとき、シーパワーを代表する沿岸地帯があります。これは地政学的ビジョンの完全な変化です。それ以上に、私たちはジェンダー政治や非人間化、ポストヒューマニズムやポストモダニズムと闘うだけでなく、そのような政治を見直す必要があります。私たちは、近代の初めに失ったものに立ち返る必要があります。私たちが放棄し、近代を置き去りにしてしまった著者や哲学者、形而上学者や思想の学派の哲学的宝物を再利用する必要があります。プラトンへの回帰、古代への回帰、中世への回帰、アリストテレスへの回帰、キリスト教への回帰、伝統的な宗教(すべての伝統的な宗教)への回帰。それが伝統主義です。

大いなる目覚めとは、近代化によって失ったものを理解することでもあるはずです。だから、それは単なる近代やポストモダンの継続であってはなりません。左派からも右派からも批判的な近代性の修正であるべきです。近代そのものを完全に見直す必要があります。『大いなる目覚め』は一種の哲学的・形而上学的プログラムであり、絶対悪としてのグレートリセットを扱うマニフェストです。それは正反対の価値の結晶です。アメリカにおける民主党に対する共和党の擁護だけではありません。私たちは今、大いなる覚醒の世界的な共通戦線を作り上げることに挑戦していると思います。中国の翼、イスラムの翼、パキスタンの翼、シーア派の翼、アフリカの翼、ラテンアメリカの翼など、多くの翼を持つ天使のような存在となるでしょう。

だから私たちは、この大いなる覚醒をひとつの教義に基づかせるだけでなく、組織化する必要があります。次の段階として、さまざまなアイデンティティ、そして彼らの居場所を見つける必要があります。この大覚醒の終末論は、キリスト教の伝統の中に見出すことができます。反キリストとの終末的な戦いのためにキリストが再臨するという特別な図が見られます。イスラム教のシーア派の伝統にも、イスラム教のスンニ派の伝統にも同じものがあり、インドのカリ・ユガの伝統、カリ・ユガの終わりについての物語、堕落した時の悪魔に対する第10のアヴァターの戦いもあります。

だから、この大いなる目覚めには、別の伝統、別の理解、別の人物像、別のイメージが必要であり、すべてが今重なっています。グレート・リセットを政治的、経済的に拒否するだけであってはなりません。グレート・リセットを最大の挑戦として理解する必要があります。グレート・リセットは、反キリストの概念的な戦車のようなものであり、彼と戦うためには、技術的なものだけでなく、精神的な武器を持つ必要があります。物質的なものも必要ですが、まずは精神的なものです。大いなる目覚めとは、精神の目覚めであり、思想の目覚めであり、文化の目覚めであり、ヨーロッパ、ユーラシア、アジア、イスラムの伝統など、私たちの失われかけたルーツの目覚めであるべきだと思います。だから私は、始まったばかりの大いなる目覚めとは、歴史、現在、未来に対するこの新しい精神的理解の形成、創造、顕現のプロセスであり、近代性、西欧中心主義、技術進歩、時間概念の見直しなどすべてに対する急進的な批判の組織化であると理解しています。

ドイツ・スティム

あなたはトランスヒューマニズムという重要なトピックに言及し、レザ・ネガレスタニのオブジェクト指向の存在論についても多くの論文を書いています。これらの発展から生じる危険はどこにあるとお考えか?

アレクサンドル・ドゥーギン

オブジェクト指向の存在論は、むしろ近代の真の目標を囲い込み、開示し、顕在化させたものだと思います。それは、近代が人間の名のもとに行動した最終的な終着点のようなものであり、オブジェクト指向の存在論によって、私たちは本当の目標の現実の地点に到達します。つまり、レザ・ネガレスタニ、ニック・ランド、ミアソ、ハーマンは、人間性を捨て、物事そのもの、つまり主体なき対象へと向かうよう私たちを誘うのです。それこそが唯物論の真の目的なのです。つまり、唯物論は、その始まりではなく、唯物論の終わりに現れたこの対象志向の存在論に触発されたのです。この論理的帰結は、もっと早く受け取ることができたはずですが、物事は物事であり、哲学の歴史において、対象志向の存在論は最後に登場したのです。そしてそれこそが、ニック・ランドが言うように、人類と地球上の生命をすべて破壊することへの誘いなのです。以前は、進歩主義者に対する伝統主義者の黒い戯画に過ぎなかです。進歩主義者は常に、人類の解放のため、地球上の生命のため、あるいは人間と自由のために戦っているのだと断言していたからです。今、より進歩的で、より近代化され、より未来志向の思想家たちが現れた。「そんなことはありません。人間であることはファシズムです。人間であることは、主体を客体に押し付けることです。私たちは、対象を主体から、人間性から解放する必要があります。そして、より興味深いのは、人間なし、人間の道具なし、ハイデガーの用語で言うところの「手元にある」ことなしのありのままの姿を探求することです。

彼らは物体の反対側に到達したのです。無の空虚であるはずの場所に、彼らは別の主体を発見しているのです。彼らはラヴクラフトの馬鹿な神々と呼ばれる「古き者たち」、つまり対象を超え、同時に対象の内側にいる存在なのです。つまり、物体は人間の主体、人間性から解放され、隠された次元を開くのです。オブジェクト指向の存在論は、哲学的悪魔の出現を予感させるものです。哲学的な悪魔はオブジェクトの向こう側にいて、学問の世界やジェンダー研究の世界に少しずつ現れています。

つまり、オブジェクト指向の存在論では、嘘ではなく本当の真実を扱っているのです。近代は初めて、自分自身について真実を語ったのです。以前は近代性の嘘でした。近代は誰に対しても嘘をついていました。「私たちは人間性を支持しています。私たちは生命を支持しています。超越的なファシズムの神から人間と自然を解放しようとしている」それは嘘であり、人類を支持するものではなく、人類と神に反対するものでした。主なアイデアは、地獄に固定された鎖から悪魔を解放することでした。そして今、悪魔を人類と生命から解放する時が来たのです。そして、それをはっきりと、公然と、明確に肯定するのが目的論的存在論であり、彼らは目的論的哲学者です。彼らは私たち伝統主義者に近いです。なぜなら、私たちは常に近代に悪魔的、悪魔的な側面を見ていたからです。

伝統主義者にとって近代は中立ではありませんでした。近代は最初から悪魔的な創造物であり、それが伝統的な主要路線なのです。今、最も進歩主義的な哲学者たちの中にも、同じように悪魔を支持する学派が現れています。アレイスター・クローリーや黒ミサやラヴィーではなく、本当の黒魔術は近代科学と近代文化です。現代文明は、反キリストの出現のための一種の準備であり、イスラム教の伝統はそれをダジャルと見なしています。キリスト教では反キリストと見なす。ラヴクラフト、黒魔術、人類と自然の抹殺へのこの訴えは、ニック・ランドによって科学と近代の本性としても開示され、だからこそ大覚醒に役立つのだと思います。

オブジェクト指向の存在論は、私たちの意識が現実の進歩とは何かという事実に目覚める、大いなる目覚めの裏側です。それは私たちの精神的な力を動員し、人間としての尊厳の残りを目覚めさせます。しかし、嘘つきを相手にするよりも、彼らの否定的な目的と原則について真実を語る人々を相手にする方がずっといいです。だから、嘘の内側に、人生についての最も根本的な真実が現れる。だからこそ私は、分析哲学や実証主義、あるいはニュートンやガリレオの自然科学が嫌いなのと同じように、自然や人間性についての純粋な破滅であり嘘であることを非難できないのです。例えば、私はバイデンやカマラ・ハリスを憎んでいますが、レザ・ネガレスタニやニック・ランドやハーマンを憎むことはできません。だから、このような嘘で固めるよりも、ありのままの現実と向き合った方がいいです。例えば、アメリカの進歩主義者が、自分たちはサタンに仕えている、サタンは戻ってくるべきです、と宣言すれば、私たちは彼に対処するのがずっと簡単になります。だから私は、たとえ真実が非常に暗く、非常に恐ろしいものであっても、常に真実を好みます。私たちの思考に染み込もうとする心地よい嘘よりも、私はいつも真実を好みます。悪は目を覚ますのに役立ち、それは恐ろしいからです。カマラ・ハリスと民主党によってアメリカ人が今経験していることは、本当の恐怖だと思います。恐怖は多ければ多いほどいいと思います。

ドイツ・スティム

つい最近、あなたが主催しました「Wozu Philosophen in dürftiger Zeit? (そこであなたは、アリストテレスとヨハネス・タウラーの思想から生まれたラディカルな主体という概念を提示しました。それが何なのか、読者に説明してください。

アレクサンドル・ドゥーギン

大覚醒に対するグレートリセットの急進化において、主体という概念が戦いの中心にあるからです。保守派は人間の主体を救おうとしていますが、進歩派はポスト・ヒューマン/非・ヒューマンな人工知能、テクノロジーによるサイバースペース、つまりサイバー・オントロジーを支持して、今や公然とそれを破壊しようとしています。つまり、ラディカル・オブジェクトの党派は、人間を肉体の主人として定義することにもう満足していないのです。彼らは人間を尺度として捉えようとします。だからゲノムを解読し、DNAを改良しようとするのです。人間を尺度として扱います。それが現代医学であり、現代ワクチンであり、現代テクノロジーです。つまり、人間はある種の尺度に過ぎず、完全な尺度ではないということです。そしてこの会議の要点は、急進的な自己とはまさに、近代と近代哲学の時代に理解され、提示された方法を受け入れるなら、私たちが救い、守ることができない考えであるということでした。それはすでに切断された主体であり、不十分な主体でした。根元から切断された主体であり、二次的な周辺主体を救うためには、この主体を復元すること、つまり根元に戻す必要があります。それは、完全に放棄され破壊された主体を救うために到達すべき、ある種の内なる超越なのです。つまり、それは私たちが忘れてしまった非常に重要なことなのです。ラテン語で、「ホモ・インティマス」と呼ばれる、自分の内側にあるものを考察する方法を、私たちは忘れてしまいました。私たちは自分の知性を、アリストテレスが受動的知性とみなしたものと考えています。中世のスコラ学の伝統から始まって、私たちは能動的な知性を忘れてしまいました。私の考えは、この根本的な主体への回帰、あるいは回復です。これが重要です。この能動的な知性は、すべての主体に挑戦するすべての人々と根本的に闘うためのものです。私の考えでは、哲学の分野から何世紀も前に姿を消した急進的な主体を回復することなしに、私たちはまだここにある非急進的な主体を擁護し、救うことはできません。つまり、私たちの魂の内部、心の内部にある能動的な知性の再発見は、ヘーゲルやシェリング、あるいは「絶対的な私」を持つフィヒテにおける絶対精神の再発見とほとんど同じなのです。左翼ヘーゲル主義やマルクス主義やその他の応用によって変質させられたドイツの古典哲学を読み解くことです。まずはハイデガー、そして他のドイツの哲学者たちによって、哲学の尊厳を再発見する必要があります。現象学的手法を用いてアリストテレスを再発見すべきです。聖アウグスティヌス、ディートリッヒ・フォン・フライベルク、タウラー、マイスター・エッカルド、フォン・スーゾなどの哲学者、パラケルスス、ヤーコプ・ベーメのような哲学者たちに、このイメージの例を付け加えることから始めて、哲学における近代性を、この根本的な主体の喪失の段階として再評価する必要があります。彼らは皆、この根本的な自己を明確に理解し、体験していました。それは中心にあり、必然であり、主要な問題なのです。つまり、人類を救うための主要な問題は、何百年もの間、哲学の中で忘れ去られ、疎外されてきた急進的な主体を救うことなのです。この能動的知性の回復によってのみ、私たちは、目的論的哲学と進歩主義に最終決戦を挑む準備ができます。だから、大覚醒におけるトランプ主義者の主な理論的武器は哲学でなければなりません。ドイツ哲学、ギリシャ哲学、伝統的な西洋哲学、彼らは西洋のために戦っています。彼らはインド・ヨーロッパ文化のために戦っているのです。したがって、彼らはその原理を知るべきです。そうでなければ、戦いは最初から負けてしまう。だから、この急進的な主体という層がなければ、勝利を夢見ることはできないと思います。

大いなる目覚め: 未来は今始まる

2021年1月

歴史上、私たちは地政学的なレベルで米国と多くの対立や問題を抱えてきたし、今も抱えています。私たちは、幾度となく異なる立場で対立してきました。しかし、今アメリカで起きていることは別の問題です。それは原則の問題です。

米国の半分は、もう半分による全体主義的な支配下にあります。左翼・リベラルの独裁政権が誕生したのです。このような状況において、私たちは抑圧された半分と全面的な連帯を表明せざるを得ない。

今回は選挙はなく、非合法なエリートたちの陰謀によってクーデターが行われた。アメリカの大統領職は乗っ取られました。今、アメリカは過激派政権の支配下にあります。マイダンか第三世界へようこそ。

しかし、グローバリストが同じカラー革命のシナリオを使ったのは今回が初めてだ。盗まれた選挙、詐欺、偽情報キャンペーンを含みます。つまり、彼らの顔が完全に露わになり、はっきりと見えるようになったのです。以前は、彼らは「アメリカの国益」によるこのような戦術を認めていました。今やアメリカ人自身が犠牲者なのです。これは論理的な結論です。嘘と暴力を使い始めると、ある時点で嘘に利用されてしまう。

主な争いは、今や明らかに国際的なものです。グローバリスト対反グローバリストは、ロシア人対アメリカ人よりも、西洋対東洋よりも、あるいはキリスト教徒対イスラム教徒よりも、今日の方がはるかに重要なのです。

私たちの名前はアシュリ・バビットです。しかし、2021年1月6日の彼女の犠牲は、アメリカ国家とアメリカ国民への最後の奉仕以上のものです。彼女は真の自由と真の正義のために命を捧げたのです。そして自由と正義は普遍的な価値です。ロシアとアメリカ、イスラム教徒とキリスト教徒、西洋と東洋。

私たちの戦いは、もはやアメリカに対するものではありません。私たちが知っていたアメリカはもう存在しません。アメリカ社会の分裂は、今後不可逆的なものとなります。私たちは、アメリカ国内でも国外でも、どこでも同じ状況に置かれています。つまり、世界規模で同じ戦いをしているのです。

テクノロジーに対する姿勢を見直すべきです。マイクロソフト、グーグル、ツイッター、アップル、ユーチューブ、フェイスブックなどは、単なる商業的な、おそらくは「中立的」なツールではありません。それらはイデオロギー兵器であり、監視と検閲の機械なのです。私たちはそれらを破壊する必要があります。グローバリストの狂人たちによって支配されたテクノスフィアからの大脱出を成し遂げる必要があるのです。問題は、テクノロジー全般を解体するか(エコの解決策であり、早急に軽視したり衰退させたりすべきではありません)、イデオロギー的に偏った束縛の支配から解放された独立したネットワークを発展させるかです。私たちは、その両方向に同時に進むことができます。メディアも同様です。メディアは今、本当にメッセージであることを証明しています。そしてそれは一方的なメッセージです。

私は、国会議事堂への襲撃を挑発行為や第五列の仕業とみなす多くのオブザーバーには同意できません。いや、あれは、盗まれた選挙と民主党の恥知らずな不正行為によって完全に屈辱を味わったアメリカの残り半分による対称的な反応でした。トランプ主義者たちは、擬態戦争を組織し、政治的目的のために暴力を行使する左派・リベラルの特権はないことを示しました。暴力を使い始めたら、同じ見返りを期待すべきです。アンティファとBLMが暴動を起こした。キャピトル・ヒルは論理的な対応でした。議会は詐欺師や汚いトリックスターによって占拠されており、死者の偽票や誰も送ったことのない投票用紙で占拠されています。

今、私たちの戦いは実にグローバルな次元に達しています。私たちは民主党と、つまり米国の半分と、戦争しているのであって、米国と戦争しているのではありません。この事実がすべてを変えます。ハートランドがすべてに優先します。アメリカのハートランドであり、ユーラシアのハートランドでもあります。2020年の選挙の地政学は、2つのアメリカ大陸の境界を示しています。沿岸部、大西洋主義、超リベラルでグローバリストの青いアメリカ大陸と、保守的で伝統主義のハートランドが赤く塗られています。青い倒錯と赤い正常。

本当の闘いは、まさに今始まります。国会議事堂での平和的な抗議行動で民主党議員が感じた恐怖は、彼ら全員にとって思い知らされたことでしょう。素朴なアメリカ国民、つまり大多数を奪われ、沈黙し、「嘆かわしい」人々が議会に集まってくるのを見ること、それが真実の瞬間でした。そして副大統領はベンチの下に身を隠した…。本当の「嘆かわしい」のは、この臆病者たちだ。彼らはこの素晴らしい瞬間に、自分たちはもうどこへ行っても安全ではないということを理解したのです。ようこそ、私たちの仲間入りです。今後、民主党は世界中で攻撃されるでしょう。私たちは、彼らがしているように彼らを観察し、彼らがしているように彼らを追跡し、彼らがしているように情報を収集し、すべての民主党、グローバリスト、彼らの操り人形に関する書類を作成します。これからは、民主党とその代理人とのいかなる関係も、協力主義であり、人道に対する犯罪への参加とみなされるでしょう。彼らは米国外で何千人、何十万人を殺しました。しかし、悪は限界を認識しません。それは常に傲慢さに基づいています。だから彼らはアメリカ人自身を殺し始めました。アシュリ・バビットは始まりに過ぎません。彼らは今回、アメリカ国内での本当の大量虐殺を計画しています。そしてそれはすでに始まっています。

世界には2つの政党しかありません。グレート・リセットのグローバリスト政党と、グレート・アウェイクニングの反グローバリスト政党です。そしてその中間には何もありません。両者の間には深淵があります。それは血の海で満たされることを望んでいます。アシュリ・バビットの血が最初の一滴です。

戦いは普遍的なものとなります。アメリカの民主党とそのグローバリストの代理人たち(すべてのハイテク産業と大金融を含みます)は、現在のところ、絶対悪の明確な体現者です。

巨悪はアメリカの大地に巣を作りました。地獄の中心から今、最後の反乱、大覚醒が始まります。

最後の発言だ: トランプ自身よりもトランプ主義の方がはるかに重要です。トランプはそのプロセスを始めたという栄誉に浴しています。今、私たちはさらに前進する必要があります。

大覚醒の理論的原則(第四の政治理論に基づく)

2021年1月18日

21のポイント

1. リベラリズムは崩壊している

今、グローバルな世界秩序が崩壊しつつあることを容易に観察することができる。グローバリズムは崩壊しつつある。例えば、アメリカでは実際に苦悩が見られる。グローバル・リベラルのアジェンダに対してより穏健なトランプ大統領の脅威は、グローバリストにとって致命的なものであり、実存的なものである。グローバリストたちは、自分たちの候補者を推し進めるために、そして自分たちのアジェンダを守るために、米国を破壊しようとしているのだ。

トランプは、キャンセル・カルチャーを新しい種類のポストモダン全体主義と呼んでいる。例えば、ニューヨーク・タイムズ紙は、アリストテレス(https://www.nytimes.com/2020/07/21/opinion/should-we-cancel-aristotle.html)を取り消す必要があると宣言している。私たちは、リベラル・イデオロギーの明確な全体主義の顔を扱っている。プラトン、アリストテレス、中世、近代作家、近代哲学……急進的で完全に不寛容なリベラリズムのますます狭くなる基準と一致しないものはすべて、歴史を抹消することを要求しているのだから。

これらは明らかに全体主義の兆候である。ナチス(国家社会主義者)はユダヤ人の抹殺を要求した。ソ連の全体主義(社会主義全体主義)は、反体制派の抹殺を要求した。今、リベラルなイデオロギーは、ブラック・ライブズ・マター、ソロスのLGBT+、一部の選ばれたマイノリティ・グループを除き、すべて、あるいはほとんどすべてを中止することを要求している。それが苦悩なのだ。

2. リベラリズムとその代替案

苦悩とは何か?リベラリズムは苦悩である。

最初の政治理論自由主義

第二の政治理論共産主義

第三の政治理論ファシズム、あるいは国家社会主義

自由主義は20世紀のライバル(共産主義とファシズム)に勝利した。

これら3つの理論は政治的近代、つまり西洋の政治的近代を象徴している。

共産主義もファシズムも、自由主義に代わる真の選択肢とは見なされなかったからである。

共産主義とファシズムは自由主義と共通の基盤を持っている: 唯物論 – 無神論 – 進歩主義 – 人間に対する純粋に唯物的なアプローチ。

共産主義やファシズムは過去の選択肢である。なぜなら、共産主義やファシズムは過去の代替案だからである。

第4の政治理論は、(最初の政治理論としての自由主義の苦悩に代表される)この歴史的な機会の窓を利用して、政治的近代のすべての形態に共通するもの、すなわち政治的近代の哲学的、形而上学的、政治的、イデオロギー的な分野を克服するようにという招きなのである。

3. 第四政治理論対西欧近代

第4の政治理論は、フクヤマの『歴史の終わりと最後の人』(1992)の時点から現在に至るまで、主要かつ唯一無二の政治イデオロギーであることを意図していた、衰退しつつあるリベラリズムに代わるものを模索するよう呼びかけるものである。

20世紀における共産主義とファシズムの終焉後、リベラリズムは唯一の政治イデオロギーとなり、自由市場、自由民主主義、議会主義、個人主義、テクノロジー、アイコン・カルチャー、LGBT+の倫理観など、ある種の普遍的な言語、つまり完全に押し付けられたものとなることを意図した。そのすべてが普遍的なものとみなされていた。そして今、この普遍性は終わりを告げようとしている。

第四の政治理論は、社会主義や共産主義の立場からではなく、民族主義・ファシストや国家社会主義の立場からでもなく、第一の政治理論を批判し、闘うことへの招待である。なぜなら、どちらも過去のものだからである。これは、リベラリズムと闘うことによって、西欧の政治的近代性を克服しようという誘いである。

4.なぜ自由主義は絶対悪なのか?

私たちが絶対悪の象徴として自由主義を選んだのは、自由主義がいまだにここに存在し、自由主義者が世界を自由主義的な多国籍エリートの支配下に置こうとしているからである。

リベラリズムは、理論的な観点からだけでなく、共産主義やファシズムよりも悪い。リベラリズムが共産主義やファシズムより悪いのは、理論的な観点からだけではない。共産主義やファシズムは過去のものであり、キメラであり、政治史の残り物、残滓にすぎない。

だから、まず第一に、私たちは自由主義と戦う必要がある。開放的個体論、人権、個人主義、唯物主義、進歩主義、人民の完全な疎外と社会的つながりの消滅に基づくソロス流自由主義システムのすべての産物を終わらせる必要がある。

個人主義は自由主義の最後の言葉だ。だから、個人主義という概念で締めくくる必要がある。

5. 共産主義とファシズムは罠である

私たちは、過去の選択肢に立ち戻るべきではない。共産主義やファシズムの罠にはまるべきではない。リベラリズムからだけでなく、西洋の政治的近代性全体から、根本的に異なるものを想像する必要がある。これこそが第4の政治理論なのだ。

今日、われわれの主な敵は、リベラリズム、開かれた社会、ソロスが資金を提供するリベラル・テロリスト集団(左翼や極左ファシストともいえる)に代表される。リベラル派は宗教団体や民族団体を利用しようとしている。例えば、神聖な宗教的伝統としてのイスラム教と戦うとき、グローバリストはヨーロッパのアイデンティティを破壊するために一部のイスラム教徒を利用している。あらゆる種類の民族的アイデンティティと闘うとき、彼らは、一極的でリベラルな世界という彼らのビジョンに属さない代替的な極を不安定化させるために、一部の民族的アイデンティティ(例えば、ウイグル人やウクライナ人)を利用する。その意味で、彼らは皮肉屋であり、偽善者である。必要であれば、批判しているものを利用することができる。彼らは二重の道徳を持っている。

しかし、リベラリズムと戦うということは、西洋の政治的近代性と戦うということだ。それが敵なのだ。第4の政治理論』は、すべての人を戦いに誘っている。

6. 敵の名は西洋近代である

敵の名前は絶対的に重要である。敵の名前を西洋近代政治イデオロギー、西洋近代政治とするならば、我々はすでに正しい道を歩んでいる。

私たちは西洋と戦うよう人々を誘うわけではない。そうではない。西洋は敵ではない。

例えば、ある社会における現代の状況などだ。というのも、近代世界にはさまざまな社会、さまざまな文明が存在しており、西洋近代に属しているわけではないからだ。私たちは、西洋の政治的近代性以外の近代世界でも生きていくことができる。

つまり、私たちは西洋や近代に挑戦しているのではなく、西洋近代に挑戦しているのだ。そしてそれは、西洋史における反キリスト教的、反霊的、反伝統的、反神聖的な転回に基づく一種の形式であり、植民地主義や啓蒙主義の始まりなどと–偶然ではなく–重なった。西洋史の科学的、唯物論的、植民地主義的なこの現代こそが悪であり、これが問題なのだ。

7. 資本主義、奴隷制、啓蒙主義に反対する

私たちは、哲学的、科学的、地政学的、経済的な意味での西洋政治的近代、あるいは西洋近代全般を主な敵としている。資本主義、唯物論、無神論、植民地主義は、西洋のキリスト教文化において数百年間奴隷制度が存在しなかった後、奴隷制度を再び導入したからである。奴隷制度は、西洋の政治的近代によって再び導入されたのである。

植民地時代、アメリカやアフリカにおける奴隷制度は、近代以前の西洋の古い伝統から続いている現象だと思われることがある。そうではない。それはまったく新しい制度、つまり近代的な制度だった。現代の奴隷制度は、いわゆる「民主的自由主義」近代の道である。植民地主義と戦っている人々は、それをよく理解すべきだ。彼らは西洋の政治的近代と戦っているのだ。

その新しい奴隷制の概念は、人種と生物学的側面に基づくものであり、進歩に基づいていた。黒人や有色人種を奴隷として使う合理的な説明は、進歩とは別に存在しなかったからだ。それは進歩の測定に基づく奴隷制の新しい概念だった。進歩主義は、奴隷制の背後にある主な原動力だった。

奴隷制度と植民地主義の結果を解放するためには、西洋の政治的近代性を消滅させる必要がある。これが唯一の方法だ。奴隷制を西洋の政治的ブルジョア・資本主義的近代の外に誤って投影すれば、誤った結論に導かれるだろう。この現象はすべて、西欧の政治的近代が生み出し、説明し、資金を提供したものなのだ。

8. 東洋からのインスピレーション

西洋政治的近代という認識論的な場から、どうすれば抜け出すことができるのだろうか?西洋政治的近代という名称に注目すれば、すでに解決策はある。この境界線から抜け出すためには、西洋を超えることをお勧めする。東洋へようこそ。非西洋文明へようこそ。

イスラムへようこそ、インドへようこそ、偉大な古代中国文明へようこそ、アフリカへようこそ、古代の社会へようこそ。これらの文明はすべて、私たちが手本とすべきものである。

西洋史は人類史の一部門に過ぎないと考えるべきだ。西洋人の普遍主義を否定すれば、中国の政治思想、イスラムの政治思想、キリスト教正統派の政治思想の価値を再発見することができる。インドの伝統を再発見することもできるし、古代の人々を再発見することもできる。

あらゆる形態の、あらゆる社会に生きる人々は、やはり人間である。あらゆる文化や社会の多様性を再発見し、それらを受け入れるべきだ。いわゆる。「文明」の外に住む、最も古風な人々、最も古風な社会、部族を、見習うべき、あるいは発見すべき、研究すべき手本として受け入れるのだ。

私たちは西洋以外のあらゆる文明を再発見している。それは素晴らしいことだ。西洋の外には、膨大な量の政治思想、文化思想、哲学、宗教がある。そして、私たちはそれらを新しいものを創造するためのインスピレーションの源とすることができる。非西洋的なものを提案し、それを第4の政治理論の導き星とすることができる。

もちろん、新しい普遍主義に到達することはできない。その必要はない。各文明、各文化が、植民地的な西洋近代によって必然的、運命的に押しつけられたものとは別に、自らの政治的未来を創造するための展望を開く必要がある。

まず第一に、招待は地理的なものである。西洋以外の政治思想の価値を認識すべきである。例えば、オーストリアの哲学者ケルゼンの普遍法史に関する研究は、すべてローマ法に捧げられていると、ロシアのユーラシア主義者たちは指摘している。他の非西洋法体系については、わずか数ページしか割かれていない。だからといってローマ法が悪だというわけではない。西洋文明の外にもローマ法以外の法制度があり、それは素晴らしいことだ。イスラム法、中国法、儒教の伝統、インド法、それに古風な合法性や正当性のシステムもある。それらすべてを考慮する必要がある。

すべての文明は、それぞれの政治思想からインスピレーションを得ることができる。それが第4の政治理論の意味である。リベラリズムの終焉(それは近づいている)の後、我々は非西洋的な政治システムを復興させる必要がある。これらの制度は、西洋人にはひどい、市民的でない、ひどいと思われるかもしれないが、それは議論にならない。西洋人は自分たちの文明を心配すべきだが、それは数ある文明の中の一種類に過ぎない。そして、誰も他の文明を判断することはできない。ソロスも、ビル・ゲイツも、ヒラリー・クリントンも、ワシントンも、ブリュッセルも、モスクワも、リヤドも、ニューデリーも、北京もだ。

誰も他者を判断することはできない。政治思想に普遍的な基準はなく、それが第四政治理論の大原則である。

9. 真の普遍主義は複数の主体に基づいている

ポスト・リベラルな世界秩序の積極的な意味を発展させるためには、このことを主要な法則として認識すべきである。すべての文明は、いかなる普遍的なパラダイムの外側でも、とりわけ、普遍的なものとして受け入れられ、あるいは押しつけられた近代西洋の政治パラダイムの外側でも、独自の政治体制を確立することができる。民主主義、自由主義、人権、LGBT+、ロボット化、進歩、デジタル化、サイバースペースなどはオプションである。それらは普遍的な価値観ではない。あらゆる文明が同意できる価値以外は、普遍的な価値など存在しないのだ。

私たちは真の国際秩序を欠いている。なぜなら、そのような法を確立できる本格的な主体を欠いているからだ。今、私たちはまだ植民地化の中にいる。主体はただ一つ、近代西欧のリベラルな主体だけである。この主体は、自分たちの価値観を普遍的な形式的秩序として、他のすべてのものに押し付けようとしている。これは絶対に間違っている。私たちは、まさにこの虚勢と戦っているのだ。西洋は西洋である。西洋がすべてではない。西洋は全体の一部である。西洋人は人類の一部である。西洋を受け入れるか否かは、他の文明の自由な決定にかかっている。西洋は多くの文明の中の一つの文明である。

だからこそ、非西洋的な政治思想が重要なのだ。本当の意味での普遍的な法の歴史には、現存するすべての文明のすべての法体系が含まれるべきである。儒教の重大な部分、インドの政治思想の重大な部分、イスラム法の大部分、ビザンチン法の大部分、さまざまな古代の法体系の大部分……。それぞれの古代の部族が独自の体系を作ることができる。もちろん、ローマ法の大部分もそうだ。しかし、それは人類の政治思想全体のごく一部であるべきだ。

私たちは価値体系の再配分を主張すべきだ。これは西洋政治的近代から抜け出す道である。非西洋的政治思想の本格的な尊厳を認めるべきである。これは非常に具体的なことだ。それぞれの文明において、膨大な量の政治的条約、思想、流派……を簡単に見つけることができる。しかし、私たちはそれらを完全に無視し、開かれた社会とその敵(カール・ポパー、ハイエク、カール・マルクス)を普遍的な思想家やシステムとして扱っている。たしかに、それらは多かれ少なかれ興味深い。しかし、儒教、インドの政治思想、イスラムの政治思想に比べれば、自由主義、マルクス主義、西洋のナショナリズムは非常に貧弱だ。それらは政治思想の可能な形態に過ぎず、人類のごく一部、非常に傲慢な割合に過ぎない。それらはほんの一部であり、全体ではない。そして、これは極めて重要なことである。

10. 欧米は残りの一部でしかない

アフリカ、インド、アメリカ大陸を含むすべての非西洋政治哲学の尊厳を回復する必要がある。オセアニアの小さな古風な社会だけでなく、偉大で発展した文明も含む。

西洋とそれ以外ではなく、人類を人類として受け入れる必要がある。西洋とそれ以外ではなく、人類を人類として受け入れる必要がある。「それ以外」は人類の名前であり、「西洋」は人類の体についた病気の名前なのだ。西洋ではなく、休息こそが中心なのだ。

今、私たちは、近代西洋が唯一無二の極(一極)であり、その他の国々に対する支配を確立しようとするシステムの中に生きている。私たちは、それに対抗するグローバルな地政学的人間革命を組織する必要がある。われわれは、主体としての地位を残りの国々の間に均等に配分すべきである。西側諸国は他の諸国の一部であり、他の諸国のごく一部である。

西側を罰するべきではない。西側を通常の歴史的、有機的な境界線の中に置くべきだ。西洋人なのか?そうだが、あなたは普遍的ではない。LGBT+の人権を強く信じるか?それはあなた次第だ。あなたが決めることであって、私が決めることではない。その必要はない。私たちは同性婚やゲイ・プライドを禁止することができる。- それは絶対に私たち自身の権利であり、私たちが取ることのできる最高の決断だ。あるいは、それを許すこともできる……。

何事も普遍的に非難されたり正当化されたりすべきではない。すべては、それぞれの文明が下す決断のバランスにかかっている。

この原則に基づいて世界秩序を確立するためには、普遍的なルールを確立するという西洋の政治的近代性の主張を否定する必要がある。非西洋社会を優先すべきである。西洋のコンセンサスなど存在しない。体制があり、植民地化があり、占領がある。これが、私たちが闘うべき西洋帝国自由主義である。

11. 西洋そのものを近代性から解放すべきである

これは非常に重要なことだ。私たちは西洋を非難すべきではなく、近代西洋を非難すべきだ。なぜなら、世界の多くの民族が西洋近代によって植民地化され、搾取されているだけでなく、西洋文化(西洋文明、西洋社会)のアイデンティティも近代に乗っ取られているからだ。そして今、キャンセル・カルチャーの隆盛によって、私たちはその仕組みを目の当たりにしている。現代のリベラル派は、西洋のアイデンティティの原理そのものをキャンセルしようとしている。アリストテレスを抹消し、プラトンを抹消し、ヘーゲルを抹消し、ニーチェを抹消し、ハイデガーを抹消する。この過激で不寛容な左翼リベラル・イデオロギーの狭隘な限界に収まらないものはすべて、偉大な西洋思想と文化のすべてを悪者扱いする。すべてがファシズムとして、受け入れがたいものとして裁かれる。

近代西洋は、ますます西洋(前近代西洋)の原則を破壊している。だから、西洋を解放する必要がある。一休を西洋から解放するだけでなく、同時に西洋を近代から解放する必要がある。近代は西洋のアイデンティティの起源や源泉を打ち消そうとするからだ。今、それはかなり開かれている。誰もが西洋の政治的近代性に植民地化されている。非西洋の文化や文明だけでなく、西洋そのものが近代に植民地化されているのだ。

西洋を解放する必要がある。プラトン、アリストテレス、古代ギリシャ・ローマを解放する必要がある。政治思想、文化的価値観、哲学、形而上学……。リベラリズムによる新たな粛清によって、完全に抹殺されようとしている前近代西欧の遺産を回復する必要がある。

私たちは、西洋の政治的近代性に対する世界的な革命の中で団結すべきである。しかし、私たちは西洋と戦っているのではないことを理解すべきである。私たちは近代という体制と戦っているのだ。

近代は反西洋である。西欧ではない。西欧の歴史の逸脱であり、西欧の自己に対する完全な誤解に基づくものだ。西洋近代は病である。西洋の病気だが、まず第一に、西洋そのものを殺す。だから私たちは、西洋が近代性から解放されるのを助ける必要がある。

ヨーロッパとアメリカを自由主義から解放する必要がある。社会正義を回復しようとするあらゆる民衆運動や傾向を支援し、ますます近代化、自由主義、自殺を推進するリベラルな政治エリートから人々を解放する必要がある。なぜなら、ポストモダンの西洋教育は、あらゆる西洋的価値観の完全な破壊に焦点を当てているからだ。それは新たな野蛮主義だ。リベラルは文化をもたらすのではなく、野蛮をもたらすのだ。LGBT+、ブラック・ライブズ・マター、その他のフェミニズムの傾向を含む)このキャンセル・カルチャーは、他のすべての種類の文化をキャンセルするよう呼びかけているようなものだ。それは西洋文化の大量虐殺である。

近代は西洋ではない。それは病気であり、西洋のアイデンティティを殺す近代病である。この病気を引き起こすのは、人間の敵ではない。

資本主義、西洋近代、唯物論、近代科学……あらゆる種類の政治的、文化的、哲学的な近代の果実を終わらせる必要がある。それはニヒリズムではない。なぜなら、近代性を消滅させることによって、私たちは(現在中止されている、あるいは根本的に中止される過程にある)ギリシャ・ローマ文化の巨大な遺産を認識することができるようになるからだ。精神的、宗教的、哲学的、政治的なルーツである西洋のアイデンティティのルーツを発見することができる。

世界が脱植民地化されるだけでなく、西洋自体も脱植民地化され、その真の威厳を取り戻すべきである。

つまり、西洋に反対しているのではない。自由主義とグローバリズム、西欧の政治的近代性に反対しているのだ。

12. 右から見たポストモダン

第4の政治理論は、前へ、前へと進むことを促している。過去からインスピレーションを得ることはできるが、我々は現在に生きている。過去に戻るのではなく、何歩も後退するのではなく、一歩でも前に進む必要がある。過去は永遠の模範として、プラトニックなアイデアとして、私たちにインスピレーションを与えてくれる存在として考えるべきだ。しかし、私たちが扱っているのは時間であり、現代は破局である。崩壊、崩壊、最終的な破局の時なのだ。だから、私たちはさらに前進する必要がある。

西洋の政治的近代を脱構築するために、ポストモダンのいくつかの方法を使うことができる。ポストモダニズムには2つの部分がある。第一に、西洋の政治的近代の暴力的で倒錯した部分を全体主義として批判することである。このポストモダン批判には同意できる。しかし、ポストモダニズムには第二の部分がある。モダニティの道徳的な継続、つまり、さらなる解放、平等主義、左翼・リベラルの道徳の他の主題への呼びかけへの同意である。その道徳的側面において、ポストモダンは近代よりもはるかに悪い。しかし、この2つの部分を分けて考える必要がある。モダニティの批判と脱構築のプロセスを受け入れ、利用し、ポストモダニズムにふさわしい道徳的連帯の方法を拒否することができる。私たちは、ある種の「正しい」ポストモダニズム、つまり右派から見たポストモダニズムを持つ必要がある。政治的、経済的な右派ではない。この言葉は、西洋的でグローバルな人間のアイデンティティをますます破壊するためにポストモダンを利用する左派リベラルと区別するために使われているに過ぎない。だから我々は、ポストモダンの道徳的前提を共有することなく、西洋の政治的近代の脱構築過程に焦点を当てる必要がある。

13. コロナウイルス:グローバリズムは完全に失敗した

コロナウイルスはペストであり、終末論的な兆候(これは非常に重要である)であると同時に、伝染病のような問題を管理するグローバリストの完全な無能力の象徴である。これはグローバリゼーションの終わりを示す明らかなサインである。

コロナウイルスと閉鎖は、グローバリストのシステムがいかに脆弱であるかを示した。そして、深刻な脅威にさらされると、すぐに国境を閉鎖する。国境を閉鎖することは、何事においても短期的な解決策である。国境を開いたり取り除いたりすることは、万能の解決策ではない。国境を開いたり取り除いたりすることは、普遍的な解決策ではない。リベラル・エリートが相手である以上、普遍的な解決策はない。

石油で火を消そうとするリベラル・エリートは自殺行為だ。その一例が、今アメリカで起きていることだ。民主党はトランプに対する正当な権力闘争に敗れつつあるため、内戦を論拠にして結果を出そうとしている。これは自殺行為であり、自殺の政治である。

14. リベラリズム:過激主義、犯罪、自殺、憎悪

今日、リベラル派がやっていることは自殺行為だ。だから、彼らを止め、彼らを克服すべきだ。リベラリズムはだめだ。リベラリズムは今日のファシズムの名前だ。過去にファシズムを悪者にしていたとすれば、今はリベラルという言葉は損傷であるべきだ。リベラルであれば、人間以下であり、病んだ生き物であり、変態的な生き物である。内戦、社会的不公正、占領、植民地化、非人間化に拍車をかけているのだから。リベラリズムは犯罪であり、人類に対する犯罪であり、ファシズムや共産主義よりも悪い。だからといって、ファシズムや共産主義を復活させるべきだという意味ではない。彼らは全体主義体制だった。それらも脇に置くべきだ。それらは過去のものだ。そして、自由主義こそが真の危険であり、いまだに存在する世界秩序の真の犯罪システムなのだ。

反ファシストや反共産主義であることは、過去の影と戦うことだ。本当の挑戦は、反自由主義であることだ。今日、彼らと私たちがいる。「彼ら」はリベラル派であり、ロシア人、中国人、イスラム教徒、ヨーロッパの愛国者たちだけでなく、北米人、ラテンアメリカ人、アフリカ人、ヨーロッパ人、その他すべての人々に対している。彼らは自分たちの社会から疎外されている。なぜなら、彼らは簒奪者であり、搾取者であり、殺人者だからだ。リベラルであることは、殺人者であることなのだ。

『第四政治理論』は、まさにそのように状況を理解している。そして、それこそが、第四政治理論に関する第一回国際会議において、私たちが皆さんとともに行いたい議論の枠組みなのである。

15. 第四政治理論と新しい教育プロジェクト

最後に、私たちは行動する必要がある–これらの考察を(もしあなたがそれらに共感し、同意するならば)ある種の実践に移すために。そして、最も重要で中心的な実践は教育である。なぜなら、リベラル派が社会に浸透し、子供たちを変質させ、文化や国の原理そのものを破壊し、アイデンティティを破壊し、溶解させるのは教育を通じてだからだ。

主な闘いは大学レベルであるべきだ。私たちは、この世界的な封鎖を利用して、西洋の政治的近代性の外にあるオルタナティブ教育のオンライン構造を推進することを提案する。宗教的、キリスト教的、イスラム教的、ヒンズー教的、仏教的など、あらゆる種類の非近代的な西洋の教育へのアプローチである。

16. 第一カーストのためのプログラム: バラモン、哲学者

教育のレベルでは、私たちは3つのタイプの人々に対応している。第一のタイプは、哲学、宗教、神学を信奉する傾向にある世界人口の少数派である。そして、リベラル派によって失われようとしている精神文化の全体像を伝えることによって、彼らの要求を満たすべきである。この宗教的、伝統的、古代的、そして現代的な知恵の宝を救う必要がある。この精神的遺産を救い、保存する必要がある。それが私たちの使命である。異なる宗教、異なる文化の精神的伝統の真の内容にアクセスできるようにすることで、思考する人々、つまり世界の哲学者の必要を満たすのだ。

形而上学、神学、中世の伝統、そして非西洋的な思想体系を含む伝統主義的な教育を推進する必要がある。例えば、フィヒテ、シェリング、ヘーゲルに始まるドイツの古典哲学や、ニーチェ、ハイデガー、保守革命、伝統主義、イタリア思想、近代西洋の資本主義や自由主義の影響をあまり受けない芸術領域などである。

それらすべてを保存し、世界中の人々がアクセスできるものに変えるべきだ。なぜそれが重要なのか?西洋型の教育では、まさにこうしたものが目の前から消えつつあるからだ。今日、最高の高校や大学では古典教育は行われていない。彼らはこの遺産を失いつつある。彼らはますます文化にのめり込んでいる。彼らは教育のすべてをキャンセルしようとしている。

インドの言葉を使えば、これはバラモン(哲学者、司祭、聖職者、知識人)のレベルでの第四政治理論プロジェクトだ。高度に知的な人々のための一種の特別な取り組みだ。大衆のためではない。このような孤立した個人のためのものなのだ。我々は彼らに注意を払い、彼らのニーズを満たす必要がある。リベラルな教育システムが進めば、彼らは完全に疎外されるだろう。そしてそれは、西洋の大学だけでなく、西洋のパターンを真似るだけの東洋の大学にも影響を及ぼすだろう。

17. 第二カーストのためのプログラムクシャトリア、戦士、活動家

しかし、私たちは政治的エリート、すなわち戦士、クシャトリア、活動家に対しても教育的呼びかけを行う必要がある。彼らは知識だけでは満足せず、知識を実践しなければならない。彼らは、戦士としての知識、すなわち敵といかに戦うかという知識を創造するために、特別なオンライン教育プログラムに参加すべきだ。そのためには、特別な資質が必要だ。私たちは、潜在的なヒーローとなりうる人々の価値観を取り戻すべきだ。彼らはポストモダンからもリベラリズムからも完全に排除されている。

西洋の政治的近代が、最初の2つの身分である司祭と貴族(戦士)の根絶を促したのは偶然ではない。資本主義は、この2種類の人間の人格を破壊するためにやってきたのだ。今、私たちは世界中でバラモンとクシャトリアが根絶される最後の段階に到達した。私たちは、彼らが自らを取り戻し、実存的かつ形而上学的な使命を果たすのを助ける必要がある。

だから、現代のクシャトリアが自由主義、一極的世界秩序、西洋の政治的近代性と戦うためのネットワークを作る必要がある。これは非常に重要なことだ。例えば、中国人とインド人、インド人とパキスタン人、シーア派とスンニ派、キリスト教徒とイスラム教徒、アフリカ人と白人、ある民族と別の民族などである。これがリベラルの戦略だからだ。彼らは分裂と支配(divide et impera)を望んでいる。そして、社会に戦士の魂が出芽るのを見つけると、それを操り、他の潜在的なライバルや競争相手、あるいは開かれた社会の敵に向けようとする。私たちもこの罠にはまるべきではない。世界中のクシャトリヤの連帯を促進する必要がある。

まずはグローバリズムを終わらせ、その後にお互いの問題を解決する。しかし、このクシャトリア、戦士、英雄の共通のネットワークは非常に重要だ。私たちは、戦士タイプの男女の連帯に基づく教育を、これらすべてのクシャトリアたちに提供する必要がある。なぜなら、このタイプの人間の性格は男女に均等に分布しているからだ。女性に対して傲慢であってはならない。女性の伝統的な尊厳を回復させるべきだ。

今日の政治的近代性においては、資本主義的・物質主義的論理が支配的であるため、女性はモノと見なされている。私たちは、女性自身の運命のために女性を解放する必要がある。稀なケースだが、哲学は稀なものだ。プラトンが言ったように、哲学は男性にはめったに見られないものだが、女性にもめったに見られない。そのように稀なのだ。哲学や形而上学に完全に傾倒している男性は稀であるが、そのような女性もまた稀である。

女性の尊厳を回復し、男性と同じ条件で第四政治教育を受けられるようにする必要がある。ジェンダーの違いよりも、魂の形而上学的構造の違いの方がはるかに重要である。だから、世界中の男女に開かれたバラモン教育を創設した後、現代世界と戦うために、女性にも開かれた現代のクシャトリヤのネットワークを促進すべきである。

18. 第3のカーストのためのプログラムヴァイシャ、農民、田舎者

バラモン(思想家、哲学者、知識人)は希少であり、戦士(真の英雄)もまた希少である。そして、リベラルの犠牲者でもある膨大な数の人々をどうするのか?このようなエリート主義的なアプローチ以外に何を提案できるだろうか?主なアイデアは、国民の絶対多数のために第三レベルの教育を組織することであり、それは伝統的な家庭と農業を伴う伝統的な生活様式の回復に結びつくべきである。農民がその答えだ。

まず第一に、ヨーロッパの農民は資本主義によって破壊された。第三身分のブルジョワになろうとした人々は、ヨーロッパの伝統における真の第三身分の代表ではなかった。ヨーロッパの農民、それがヨーロッパ社会の第三身分だった。それは商人によって代表されるものではなかった。貿易商は寄生虫であり、社会の上流階級と農民という巨大な海の間の仲介者だった。

私たちは、小さな村落を基盤とした自給自足の農業社会のシステムを回復する必要がある。コロナウイルスの封鎖は、人々の最も単純な欲求を満たす栄養へのアクセスがいかに重要であるかを示した。これは今後ますます重要になるだろう。

19. 都市からの退出:大地への大いなる回帰

私たちは、人口の大半が農業に回帰するという、大地に回帰する新しい傾向に注目する必要がある。大都市からの脱出を促進し、援助し、支援する必要がある。

大都市は近代西洋の人工的な建造物である。工業都市は消滅させるべきであり、人々はそれを捨てて、大地の上で本当の生活を送るべきである。

新しい農民に焦点を当てた第三レベルの教育を創設する必要がある。『第4の政治理論』のネットワークにオンラインで参加することはできるが、大都市の外で、伝統的な家族に基づいて組織されるべきである。

私たちは大地に向かう必要がある。それは、ポストヒューマニズムや、人間の遺伝子を操作し、私たちを変容させ、私たちの静脈や魂から私たちの文化を支配し、抹殺するために人工物質で私たちに印をつけようとする新しいテクノロジーに代表されるこの現実の病から人類を救う唯一の方法である。私たちはこのグローバリゼーションと闘わなければならない。

大多数の人々にとって、第4の政治理論は、大地への回帰、すなわち、人々への回帰、起源への回帰、源泉への回帰を提案している。それは、第四政治理論のネットワークが提供するシステムと構造によって世界中で結ばれた農業共同体、すなわち農業協同組合を大規模に創造する運動となりうる。

新しい農民を教育する必要がある。彼らが生まれながらの伝統、ルーツ、祖先、文化を回復するのを助ける必要がある。なぜなら、農耕生活は象徴性と神聖さに満ちていたからだ。ルーマニアの伝統主義者ミルチャ・エリアーデは、この非常に豊かな農民の神聖さの代表だった。彼は、新しい農民にとっての第三の伝統主義の代表者かもしれない。私たちはこの考えを討論の中で発展させることができるだろう。

20. 人民:第四次政治理論の主体

人民は常に、具体的、象徴的、神聖な意味での大地との関係を前提としているからである。だから、ニーチェの「同胞よ、大地に忠実であれ」という言葉を考慮に入れるべきだ。なぜなら、人々にとっての大地とは存在であり、物質的な欲求のために利用される疎外された物質ではないからだ。大地は神聖なものなのだ。

都市から大地へ回帰すること、大都市を放棄することは、実存的かつ形而上学的な動きであるべきだ。第四政治理論の使命は、このプロセスを促進することである。

21. 開かれたプロジェクトとしての『第四政治理論』とアピール

ご意見、ご見解、ご提案、ご批判をお聞かせいただきたい。第四次政治理論は独断的なものではなく、完全にオープンである。あくまでも理論化である。リベラリズムと西欧政治的近代性の外側に、開かれた理論を形成するための、誰にでも開かれたプロセスなのだ。それぞれの文明、それぞれの社会、それぞれの文化は、外ではなく、その内部でのみ意味をなす特別な何かを求めている。