米国行政国家の起源と運営
The Origin and Operation of the US Administrative State

ブラウンストーン研究所官僚主義、エリート、優生学

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

brownstone.org/articles/the-origin-and-operation-of-the-us-administrative-state/

BYJEFFREY A. TUCKER JUNE 11, 2022

1881年7月2日、ジェームズ・A・ガーフィールド大統領の最初の任期が始まってわずか4ヶ月のとき、イリノイ出身の怒れる弁護士チャールズ・J・ギトーは、メリーランド州ボルチモアの駅でガーフィールドの胴体を撃ち抜いた。ギトーには動機があった。彼は、選挙キャンペーンに参加したことで、ガーフィールドが新政権で仕事を与えてくれると信じていたからだ。しかし、それは叶わなかった。復讐だったのだ。ガーフィールドはこの傷で数ヵ月後に死んだ。

衝撃的なことであった。議会はすぐに次の暗殺を防ぐ方法を考え始めた。彼らは、政府のひいき制度をなくせば、人々が怒って大統領を撃つことはなくなるだろうという理論を持っていた。あまり良い理論ではないが、これが政治の仕組みである。その結果、ペンドルトン法が制定され、恒久的な公務員が創設された。新大統領のチェスター・アーサーは1883年にこの法案に署名した。行政国家が誕生したのである。

その時、議会は自分たちがアメリカの統治システムを根本的に変えてしまったということを理解していなかった。憲法は、議会がその権限を外部に委託することができる永続的な行政官僚のクラスについて、どこにも規定していない。また、行政府の下に、技術的に大統領がコントロールできない機械が存在するとは、どこにも書いていない。ペンドルトン法は、もはや民主的な統制を受けない国家主義的な押しつけの新しい層を作り出したのである。

最初はそれほど悪くなかったが、その後、連邦準備制度、所得税、そして第一次世界大戦がやってきた。官僚機構はその範囲と権力を拡大した。10年ごとに事態は悪化していった。冷戦は軍産複合体を定着させ、「偉大なる社会」は巨大な民衆支配の福祉国家を築いた。こうして、選挙で選ばれた政治家が重要であるかどうかさえはっきりしない今日まで続いてきたのである。

一例を挙げると、ドナルド・トランプがアンソニー・ファウチに騙されたことを突き止めると、トランプはファウチの解雇を検討した。すると、「彼はできない。法律がそれを許さないのだ。これを聞いたトランプは、きっと驚いたことだろう。彼は不思議に思ったに違いない。こんなことがあり得るのか?可能性は大いにある。行政国家の一員として誰を含めるかにもよるが、200万から900万人の何百万人もの連邦政府職員に同じ状態が関係しているのである。

変革は可能か?

従来の常識では、11月になるとワシントンの政治情勢は劇的に変化すると言われている。その2年後には、大統領職がある政党から次の政党に変わる。この政権とそれを代表する政党は、おそらく破滅的であることが非常に明白になってきている。次の選挙を待てばいいだけの話だ。

民主主義のありがたさ、だね。正しい質問は、それが何かを変えるかどうかということだ。あまり変わらないと疑っているなら、あなたはひねくれ者ではない。問題は今日の政府の構造に焼き付いていて、憲法の起草者たちが想像していたものとは違っていることだ。

民主主義の理念は、選挙で選ばれた代表者を通じて国民が主導権を握ることだ。その反対は、例えば、世論、選挙、選挙で選ばれた指導者とその任命に全く注意を払わない、膨大で永続的な行政官僚の階級である。

悲しいことだが、それがまさに今のシステムなのである。

あなたの真の支配者

この2年間で、この国を本当に動かしているのは誰なのかということを、私たちは冷ややかに学ぶことができた。それは、何に対しても誰に対しても全く無反応な行政機関である。おそらく、回転ドア人事を前後に持つ民間部門の権力者以外は。CDCやHHSなどの機関のトップに抜擢された政治任用者は、基本的に無関係で、キャリア官僚が少しでも注意を払えば笑いものにするマリオネットのような存在である。

昔、環状線沿いのマンションに住んでいたことがあるのであるが、隣人はみんな連邦政府機関のキャリア組ばかりだった。運輸、労働、農業、住宅、何でもありだ。運輸、労働、農業、住宅、その他何でもだ。彼らは生涯現役で、それを自覚していた。給料は、書類上の資格と勤続年数で決まる。よっぽどのことがない限り、クビになることはありえない。

私は、当初、素朴な気持ちで、政治の問題について話そうとした。すると、彼らは無表情で私を見つめた。その時、私は、彼らは強い意見を持っているが、それを話すことを妨げられているに違いないと思った。

その後、私はもっと恐ろしいことに気がついた。政治の話をするのは、フィンランドのホッケーチームの話をするようなものだ。自分の生活には関係ない話題なのだ。彼らは、政治的な変化にはまったく無関心なのだ。彼らはそれを知っている。それを誇りにしている。

壁に貼る絵

同じ頃、ひょんなことから、住宅都市開発省のオフィスに数週間滞在することになった。当時は、一般市民でも調査が可能な時代だった。当時は、政治的に任命された古いHUDの長官が退任し、新しい長官が就任する時期であった。

黙って仕事をしていたら、廊下でガラスの大きな音が何度も聞こえた。私は頭を出して見ていた。男が歩いていて、壁から老人の写真をはじいて、地面に落としていた。1時間後、男が箒を持ってやってきて、そのゴミを掃き出した。その1時間後、男がやってきて、新しい男の写真を壁に掛けた。

この騒々しい試練の間、他の職員は誰一人として、何が起こっているのか、少しも興味を示さなかった。何十回となく見てきたことだが、気にも留めなかったのだろう。今にして思えば、このシーンに集約されているのは明らかだ。永久官僚は、政治が表面的に変化しても、全く影響を受けない。

軍隊や郵便局員のようなものを除いた常用行政国家を200万人が占めているとしよう。新大統領に与えられる政治任用は約4000人で、彼らは行ったり来たりしている。政治は不死身だが、官僚は不死身である。

確かに、共和党はこの問題に対して何かできるかもしれないが、そうするだろうか?選挙で選ばれた指導者のほぼ全員が、何か隠していることがある。そうでなくても、メディアはいつでも何かをでっち上げることができる。トランプ時代に見られたように、行政国家はこうして政治家階級を維持しているのだ。

変革の見込みを甘く見ないようにしよう。民主主義のプロセスを通じて、新しい支配者とされるクラスを選出する以上のことが必要になってくるはずだ。真の支配者たちは、選挙というビジネスに身を投じるにはあまりに賢い。選挙は、民主主義がまだ存続しており、したがって結果に責任を負うのは政府ではなく有権者であるという信念で、私たちの心を忙しくさせるために行われるものだ。

国民がこのゲームを理解するまで、真の変革はまだ非常に長い時間がかかるだろう。一方、経済危機が顕在化することで、行政国家はかつてないほど解き放たれることになるだろう。

著者

ジェフリー・A・タッカー

ブラウンストーン研究所の創設者兼所長であり、学術誌や一般誌に数千の論文を発表。また、『The Best of Mises』の編集者でもある。エポックタイムズ紙に経済に関するコラムを毎日執筆しているほか、経済、テクノロジー、社会哲学、文化などのテーマで広く講演を行っている。

タイトルとURLをコピーしました