集団心理・大衆形成・グループシンク

科学におけるグループシンク
欲望、病的利他主義、イデオロギー、競争、そして文化

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Groupthink in Science

目次

  • 前書き
  • 第1部:はじめに定義、発現、理論的課題
    • 1.科学バイアスの神経化学的特徴
    • 2. 集団思考と理性の進化 3.
    • 3.グループシンクの維持のための精神的・対人的メカニズム
    • 4.誤った信念と科学の社会構造。いくつかのモデルとケーススタディ
    • 5.7つのケース。重要なアイデアが当初どのように専門家から攻撃され、あるいは嘲笑されたかの例
  • 第 II 部. 科学における社会的影響力の操作と利用。研究調査の資金調達、設計、および結果の普及について
    • 6. 学術出版における偽装取引と偽装査読-メキシコの大学における事例からの展望
    • 7. 研究助成金とアジェンダ・シェーピング
    • 8. 臨床家の信念を伝える役割-プラシーボ効果を臨床に活かすために
    • 9. 科学の査読制度における偏見と集団思考
    • 10. 法律と科学の比較
    • 11. 事実と見せかけた推測
  • パート III. 例と個人的な経験
    • 12. キーオピニオンリーダーと知の支配
    • 13. 公衆衛生科学と市場の間の対立 タバコ研究の事例-タバコとCO2からの挿話
    • 14. ヒトの脳の性差をグローバルに考察するための懇願
    • 15. 科学・技術・工学・数学分野への参加における性差の研究におけるイデオロギーの盲点
    • 16. セックスとポルノグラフィーの「依存症」における集団思考 セックス・ネガティビティ、理論的無力、政治的操作
    • 17. 正規曲線の専制「ベル・カーブ」が教育研究と実践をいかに堕落させるか
    • 18. KETEK
    • 19. 野生動物の避妊と政治的キュイジーヌ
    • 20. スタンレー・ミルグラムの服従研究発案における集団思考の影響
    • 21. 医師のジレンマ:現代社会の医療と官僚主義
    • 22.バイアス、偽装、そして共依存的な科学「科学化された」イデオロギーとしての利他主義-英語の専門職における「エボニックス」の特異なケース-
  • 巻末資料

科学におけるグループシンク はじめに

今日、科学界で最もホットな話題の1つは、科学界におけるある種の問題行為に対する懸念である。標本数の少ない研究、効果の小さい研究、無効な探索的分析、明白な利益相反、そして重要性の疑わしい流行の追求への執着などである。「科学における集団思考」は、このような問題の核となることが多い、集団における人々の心理と行動の問題点という、広く見られる現象を深く解明する。

もちろん、本書が科学が問題のある方法で行われることがあることを認めていることは、決して科学そのものを非難しているわけではない。科学がうまく機能すれば、宇宙がどのように機能しているかについて正確な情報を発見し、客観的な知識を得るための最良の方法となる。私たちは、科学的手法の大いなる支持者である。しかし、私たちは、科学者が非の打ち所がないという命題を支持しているわけではない。実際、この本は科学の大義を推進するためのものであり、科学を攻撃するためのものではない。

集団思考とは、ある集団が調和と結束を示そうとするあまり、別の視点を考慮せず、最終的に深く問題のある意思決定を行ってしまうことである。Haidt (2012)は、お互いを知り、目標や価値観を共有している人たちの集団における行動に注目すると、「私たちの協力、分業、助け合い、チームとして機能する能力は、あまりにも普遍的で、私たちも気づいていない」(p.198)と指摘している。また、「穴あけ作業に伴う長時間の一体感のある動きに喚起される感動は、言葉では表現できない」(p.221)とも述べている。「それは、私たちが心ない、あるいは無条件にチームプレーヤーであるという意味ではなく、(私たちが)選択的であるという意味なのである」(p.223)。しかし、集団思考は、コンセンサスを求める心理があまりにも強く、そのコンセンサスからの逸脱が無視されたり拒絶されたりすると、大きなバイアスにつながる可能性がある。

科学研究においては、集団思考が、現状に疑問を投げかける革新的なアイデア、仮説、方法論などを研究者に拒絶させることがある。哲学者、歴史家、社会学者は、科学者がオープンマインドであるという評判にもかかわらず、しばしば新しいアイデアに抵抗することを観察してきた (Barber, 1961; Kuhn, 1962)。偉大な量子物理学者であるマックス・プランクは、次のように言っている。新しい科学的真理は、反対者を説得して光を見出させることによって勝利するのではなく、反対者がやがて死に、それをよく知る新しい世代が育つからだ」 (Planck, 1962:33-34)。

クーンは、科学史に関する代表的な著作である『科学革命の構造』の中で、科学の進歩にお ける適合性と閉鎖性の役割について述べている。クーン(1962)によれば、科学はさまざまな段階を経て進歩する。第一段階は、通常の科学と呼ばれるもので、科学者は、その分野を定義するパラダイムの中で研究を行っている。パラダイムとは、通常の科学の伝統の中で問題を解決する方法を確立する基本的な前提、信念、原理、理論、方法、認識論的価値を含む科学のやり方のことであり、通常の科学は科学者コミュニティ内のコンセンサスを必要とする。例えば、ニュートン物理学は、運動と電磁波に関する問題を解決する方法を確立した通常の科学の伝統であった (Kuhn, 1962)。

正常科学の段階では、科学者は自分たちが解決できる問題にパラダイムを適用しようとし、パラダイムに挑戦する特定の理論、方法、考え方に抵抗する。この段階では、科学者はパラダイムの理論的限界の中で思考する傾向があり、斬新な発想が制限される。しかし、パラダイムの範囲では解決できない問題が出てくると、科学者は新しいアイデア、理論、方法を検討し始め、それが新しいパラダイムの基礎となる。そして、新しいパラダイムが古いパラダイムに取って代わるとき、科学革命が起こる。例えば、20 世紀初頭、ニュートン物理学は、量子力学と相対性理論に屈した (Kuhn, 1962)。しかし、パラダイムシフトは、論理的な議論や経験則に基づく純粋に合理的なプロセスではなく、むしろ、認識の変化や世界を異なる方法で見ようとする意思を伴う (Kuhn, 1962)。革命の後、新しいパラダイムが定着し、再びそのプロセスが繰り返され始める。

哲学者の中には、科学的研究において、認識論的保守主義と呼ばれるある種の閉鎖性が正当化されると主張する人がいる。この認識論的スタンスの根拠は、信念のネットワークの変化は、実質的な経験的証拠に基づくべきであるというものである。信念の変更さらには相当な時間と労力がかかるし、人間の認知資源は限られているので、特に世界観の中心的な役割を果たす信念は、説得力のある証拠がない限り変更すべきではない (Lycan, 1988; Quine, 1961; Resnik, 1994; Sklar, 1975)。例えば、アインシュタインの一般相対性理論は、空間と時間は不変であるというニュートン物理学の基本原理と矛盾するため、その理論を確認するためには、並外れた証拠、すなわち、1919年の日食の際に太陽の重力が星からの光を曲げていることを観測することが必要だった (Buchen 2009)。研究においてある程度の保守性が必要なことは明らかであるが、科学者は独断専行を避けるよう注意しなければならない。現状を否定するような仮説や理論に対しては懐疑的であるべきだが、新しいアイデアに対してはオープンであるべきである (Resnik, 1994)。

このように、一部の学生や実務家が理想化しているにもかかわらず、科学者ももちろん人間であり、すべての人間の思考に悪影響を及ぼす可能性のあるものにさらされている。特に、科学者は、財政的、官僚的、政治的、あるいはイデオロギー的にせよ、自分が属する集団の利益のために行動することから免れることはできない。他人や自分自身にさえ嘘をつき、不正を行い、あらかじめ決められた結果を導くような形で研究を計画し、決して認められることのない誤った先験的仮定に基づいて結論を出し、集団として行動し、自分たちの見解と対立する根拠を持つ他の科学者を敬遠することがある。また、利益を追求する産業界に買収されることもある。

また、人間はヒエラルキーやカルト的な人格を形成しやすく、その中でリーダーは獅子身中の虫となり、羊のように無意識のうちに従わされる。特に大学や研究資金を提供する組織では、プロジェクトの資金提供やデータの公開が、学部長や思慮深い終身教授の恣意によって左右され、学問のトーテムポールの下位に位置する人々が犠牲となることがあるのだ。学問の政治は、学部のメンバーが権力者との間で影響力を求めて駆け引きする熾烈な競争であることが広く知られている。

第1章でロレッタ・ブルーニングが述べたように、人間が階層を形成する傾向には進化的な利点がある。しかし、残念なことに、この性質は、場合によっては大きなマイナス面をもたらす。特に、個人の生い立ちから、もともとナルシスト的な傾向がある場合、ヒエラルキーの頂点に立つ人は、ある意味、その地位の力を頭から捨ててしまうかもしれない。デイヴィッド・ロブソンは、著書『The Intelligence Trap: Why Smart People Make Dumb Mistakes』(2019)で、比較的高い知能を持つ人が愚かなことをするという観点から、この問題を考察している。2つのプロセスが際立っている。獲得された独断論 : 専門知識という自己認識は、自分は心を閉ざし、他の視点を無視する権利を得たと感じることにつながる。このようなことは、すでに地位を確立している専門家によく見られる。彼らは、自分の成功が、自分の言葉やアイデア、意見にふさわしい重みを与えていると考えている。特に、(どんな分野でも)大金を稼いだり、賞賛や賞を受けたりしている人は、そうである。

定着化: 地位の高い専門家の考えは、しばしば硬直化し、固定化する。このような考えは、しばしば見られるように、地位の低い他の人々にも受け入れられると、そのグループのイデオロギーの基礎となり、事実上、特定の科学分野における「流行」となることがある。これには通常、コミュニティ内で一定の「専門家レベル」に達し、リーダーの信念に従うことの利点が定着したために、多くの人が単に信じていることが含まれる。

また、ロブソンは、科学界で最も有能なリーダーは、少なくともいくらか謙虚であることが有益であると指摘している。他の人たちの意見に耳を傾けるには、謙虚さが必要である。他の意見に耳を傾けることは、独断的な思考を避けることにつながる。集団思考や盲目的な偏見によって守られた考えに対して、外部から反論することは、そのような考え方に挑戦する勇気を持つ人にとって、しばしば息苦しくなる。医学のような分野では、これは時に文字通り致命的な効果をもたらす。

その最も致命的な例の一つが、サニー・アナンド博士がオックスフォード大学医学部の最終学年に体験したことである (Paul, 2008)。アナンド博士の志は、未熟児を扱うことだった。彼は、暇さえあれば病院の保育室で未熟児の世話をしていた。ところが、手術のために連れて行かれた赤ちゃんが、青くなって戻ってきたり、まったく戻ってこなかったりすることに気づいた。

もちろん、そのことが気になったが、当時はまだ医学部の上級生であり、この問題の原因を突き止めることができるかどうかは分からなかった。そこで、保育所の責任者のところに行き、「この中から1人か2人、手術室に行って見てくれないか」と頼んだ。すると、赤ちゃんたちは麻酔をかけずに手術を受けていることがわかった。

新生児は痛みを感じないから、麻酔の悪影響は受けないというのが、この病院だけでなく世界的なコンセンサスだったからだ。

学者が重要な真実を否定してしまうもう一つの理由は、政治的な正しさへの懸念である。これは社会科学や人文科学の分野で最も見られやすいことで、教授たちは一般大衆よりもはるかに進歩的であると考えられている。彼らの結論はしばしば「左寄り」というレッテルを貼られる。大学キャンパスにおける「言論の自由」に対する彼らのアプローチは、皮肉にも、実際に言論の自由を抑圧する抑圧的な行為と結びついている (Beinhart, 2017)。このプロセスは近年、大学キャンパスでより極端になっているようで、グループは時に、適切な正統性を示していないとして、自らのメンバーにさえ牙をむく (Lukianoff & Haidt, 2018)。

しかし、この問題は、社会科学や人文科学に限ったことではない。ハードサイエンスにおいては、科学教育が、特定の理論や方法を特権化し、証拠の選択的な認識や検証をもたらす一種の教化として機能することがある。2015年にロンドンのウェルカム・トラストと医学アカデミーが共同で開催したシンポジウムでは、この種のバイアスを示唆する生物医学研究の信頼性と再現性の失敗が拡大していることが検証された。この状況は、データに期待を持たせる「データの浚渫」否定的な結果の非公開、信頼性の低い小さなサンプルの使用、不十分な手法、弱い研究デザインなど、帰無仮説(2つの特定の集団の間には有意差がなく、観察された差はサンプリングや実験の誤差に起因するという意味)を棄却することが困難であることに起因すると、さまざまに説明されている。

ロンドン大学では、実験心理学者による別のシンポジウム「科学は壊れているのか」が開催され、同様の結論に達した (Woolston, 2015)。そこでは、持論の統計的有意性を求めて定量モデルを任意に再実行する「p-ハッキング」や、推進者の視点に有利な結論のチェリーピックが蔓延していることが認められた。

こうした問題は、時に分野全体に相当な期間の挫折をもたらすことがある。例えば、心理学では、「自尊心」こそが成功や自己改善の鍵であるという考え方が、アメリカ国民に蔓延した最大の欺瞞である (Lilienfeld, Lynn, Ruscio, & Beyerstein, 2010)。この国では、学生やその他の個人の自尊心を高めさえすれば、誰もが幸せになり、より成功することができると言われた。この考え方は、メンタルヘルスの多くの分野で今日まで受け継がれ、多くの研究がこの概念を無意味であると暴露しているにもかかわらず、いまだに多くの専門家によって支持されている。自尊心と自信の間には大きな違いがある。心理学はまた、独立した実験者が堅牢とされる発見を再現することに失敗していることをますます認識するようになっている (Baker, 2015)。

神経科学の文献の多くも、通常は使用するサンプルサイズが小さいため、その信頼性は疑問視されている。現在バース大学のキャサリン・S・バトン博士は、同僚たちと一緒に、神経科学文献の大規模なスペクトルの統計的検出力を再検討した(バトンら、2013)。その結果、統計的検出力が約20%と非常に低いことがわかった。これでは、研究されている効果について声明を出すことはほとんど不可能である。

2010年、Ivan OranskyとAdam Marcusは、社会科学だけでなくあらゆる種類の査読付き出版物の公的否認と撤回を記録するウェブサイトretractionwatch.comを作成した。ロンドンのどちらの会場でも、参加者の主な仮説は、これらの多様な分野における現代科学の危機は、むしろ無意識のバイアスや遺憾ながら(しかし故意ではない)ずさんな方法と手続きの失敗であるというもので、クーンの通常の科学が予測した種類のものであった。ただし、出世のためのデータの捏造に基づく科学的不正行為が排除されているわけではない。これは実際に起こることであり、再現実験や査読プロセスの失敗よりも、内部告発によって明らかになる可能性が高い (Stroebe, Postmes & Spears, 2012)。しかし、これは通常、集団思考によって生み出されるものではない。

研究者や学術界の管理者が、特定の集団の利益や集団の指導者の利益を支持するために、科学的客観性のかけらも、そしておそらく彼ら自身の倫理基準さえも犠牲にして行動するとき、そうすることでわれわれ以外の人々のために科学の進歩を妨げるだけでなく、科学者が所属する集団の利益に裏打ちされ悪影響を及ぼす可能性がある。一度も取り上げられなかった科学に対する問題が、しばしば顕在化し、非常に激しくなり、グループのプロセスにマイナスの影響を与えるのである。さらに、より正確なアイデアを推し進める競合グループの他の科学者が最終的に優勢になる傾向があり、最初のグループが急降下することもある。

Oakley(2012)は、このようなシステムの振る舞いを、集団の利益のために自己を犠牲にする個人が最終的に集団に損害を与えるプロセス、すなわち病的利他主義とみなしている。もちろん、このような行動は内集団に対してのみ利他的であり、部外者に対しては利他的ではない。私たちは特に、「正しいことをするため」「他人を助けるため」という現実的な理由や建前から、ある分野のリーダーがしばしば挑戦者の研究を妨げていることに関心を持っている。

グループシンクの過程でしばしば起こる科学における問題の多くは、ここ数十年の間にいくつかの発展により非常に悪化している。

  • 1.あらゆる学術活動の産業化が進んでいること。
  • 2.研究の質が徐々に過剰な量に取って代わられ、大学や専門学校で昇進や終身在職、さらには継続雇用のために、年に数本の査読付き出版物が必要とされるようになった。
  • 3.生産と資金調達にますます重点を置くようになり、大学はますます企業の様相を呈し、科学者はますます商人の様相を呈している。
  • 4.研究論文を集めなければ潰れる専門誌の乱立。
  • 5.世界のリゾート地を巡り、「新しい」科学的事実や理論を発表するために、1年に2回から5回、同じ会議出席者のサイレンコール(何かしら興味をそそるが、潜在的に危険な誘惑的なアピール)がますます大きくなっていること。

集団の忠誠心は、科学的プロセスのあらゆる段階で、科学に悪影響を及ぼしかねない。前述のように、研究者は自分の研究をどのように終わらせたいかに基づいて統計的検定を選び、ジャーナル記事では、明らかにすれば読者がその結論に強く懐疑的になるような仮定について書かない。ある種の学術誌は他の学術誌より上位にランクされており、多くの場合、もはや妥当でないかもしれない過去の歴史に基づいており、「より劣る」学術誌で発表された研究結果は無視されることがある。学術雑誌の編集委員会と助成金審査委員会の査読者は、無意識のうちに、自分の理論や専門家集団の偏見に沿った論文や提案を好むことがある。学術雑誌の編集者は、たとえ十分な査読がなされていても、論文を拒絶することがある。新聞やテレビのニュース番組は、見出しの意味合いと重要な注意事項のバランスをとることなく、センセーショナルな発見を強調することがある。

このようなプロセスを理解することは、システム思考 (Senge, 1990)を提唱する人々による大きな貢献である。システム思考とは、時間的・空間的に離れていることが多い事象やプロセスが、しばしば明白ではないものの、様々な結果をもたらすような形で相互に関連し合っていることを分析する全体論的なアプローチである。ある「システム」の中の構成要素も、より大きなシステムの文脈の中で機能している。

本書の目的は、科学者、医療専門家、政治的擁護団体、関心を持つ一般の人々にこれらの問題について教育し、疑わしい科学の伝播を最小化するのに役立つ解決策を提案することである。

本書は、集団行動の進化的・文化的起源に関する議論から始まり、今日の科学において、真実を犠牲にして採用されている「集団に合わせる」ことの様々な現われについて詳しく見ている。この本では、科学者が「内集団」の利益を促進するために研究を偏らせ、それによって他の人々を知らず知らずのうちに誘導する多くのテクニックについて説明している。私たち自身が不適応な集団思考を避けるために、この巻では、さまざまな異なる、時には対立する政治的視点を持つ著者たちを取り上げている。

略語

  • AAVE アフリカン・アメリカン・ヴァナキュラー・イングリッシュ
  • AML 適切な管理水準
  • BIT 行動的投資理論 (Behavioral Investment Theory
  • BLM 土地管理局
  • CMS メディケア・アンド・メディケイド・サービスセンター (Centers for Medicare & Medicaid Services
  • DNC メリーランド州天然資源局 (Maryland Department of Natural Resources
  • DOI デジタルオブジェクト識別子
  • EPA 環境保護局
  • FIIS ファイアーアイランド国立海浜公園
  • HEI 高等教育機関
  • HMA 牛群管理区域
  • JH 正当化仮説 (Justification Hypothesis
  • KOL キーオピニオンリーダー
  • NIST 米国国立標準技術研究所 (National Institute of Standards and Technology
  • NPS 国立公園管理局
  • RSVI 関係価値/社会的影響

保護記事

閲覧にはパスワードが必要です。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました