ワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ抵抗戦略

ニール・オリバー この国は、私たちが馬鹿にされているという現実に目覚めなければならない
Neil Oliver: This country must awaken to the realisation that we are being taken for fools

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

国家が英国に対して行う、かつて英国であった国の国民一人一人を、不法入国者が私たちを捕まえようとしているという厳しい現実についに追い込むような、あまりにもひどい裏切りを私は待ち続けているのです。

風力や太陽光がガスや石油や石炭の代わりになるという嘘を追求し、西側諸国の人々の貧困化を保証する「グリーン・アジェンダ」?今日、ガソリン車やディーゼル車を運転している私たちが、明日は電気自動車を持つことになるという、明らかにナンセンスなことを推し進める「グリーン・アジェンダ」とは、すべての証拠が明白であるのに、自称支配者がどこへでも行く一方で、あなたと私はどこへも行く場所がないというものでしょうか?

グリーン・アジェンダは、ネット・ゼロやその他が、すでに豊かな人々をさらに豊かにする一方で、私たちの権利や自由を奪う以上のものであると考えるよう、私たちを誘うのでしょうか。

COP27の代表団はプライベートジェットでエジプトの豪華な宿泊施設に向かい、そこで1回100ポンドのアバディーン・アンガス牛の特選肉、フォアグラ(強制飼育のガチョウの肝臓)、サーモン、シーバス、クリームソースを食べ、ゲップの合間に、二酸化炭素排出や虫や遺伝子組み換え草を食べる必要性について私たちプロルを講義したのでしょうか。

何百万人もの人々が食糧難に陥っている今、世界中の農業を最大で半減させるという、農業を骨抜きにする計画を議論している代表者たちがいるのです。

これらの計画は地球を救うこととは何の関係もなく、単に農民を破産させ、土地を追い出し、多国籍企業に買収させるための手段であることは、目に見えて明らかではないでしょうか。

政府と医師が一緒になって、歴史上最も悲惨な医療介入を行ったという認識です。「まず危害を加えない」「インフォームド・コンセント」を脇に置き、代わりに破滅的な監禁と強制を選ぶことで、悪い状況をさらに悪化させたということでしょうか。

いわゆるワクチンは、コビドウイルスの感染を止めるかどうかのテストさえ行われていないことが明らかになり、それによって、おばあさんを救うために注射針を刺せという政府とメディア主導のプロパガンダが明らかな嘘であることが判明したのです。

それらの医療製品は、人がどんなウイルスにも感染するのを止めない、止めないということが明らかになったのです。

大手の製薬会社が何十億も儲けている医療用医薬品が、宣伝文句通りに効かないということを、ごく簡単に表現すれば、実感しているのでしょうか。

それは、コビッドとは無関係の原因で死亡する人の数が急増していることでしょうか。緊急時使用許可の条件下でのみリリースされるジャブに服従した結果、死亡したり人生を変えるような結果に見舞われる人たちでしょうか。

若者を含む健康な人々が死んだり、ベッドで死んでいるのを発見されることでしょうか?それは、いわゆるワクチンがこれらの過剰な死と関係があるのかどうか尋ねることが、未だに全て禁止されているという事実でしょうか?

あるいは、ポンド、ドル、ユーロといった世界中の通貨は、今やねずみ講に過ぎず、最終的にはすぐに破綻する運命にある詐欺的な信用詐欺であり、その運営者はとっくの昔に刑務所に入るべきものだという認識なのでしょうか。

30歳の奇才が所有・運営する暗号通貨取引所「FTX」という別のネズミ講が暴落し、数十億ドルを忘却の彼方へ持っていったという米国からのニュースか。

バイデン政権からウクライナに数百億円の米ドルが送られました。ウクライナはその一部をFTXに投資しました。そして、FTXは中間選挙で民主党の選挙運動に4000万ドルを寄付しました。これが利益供与かマネーロンダリングかと問うのは、どの時点で正当化されるのでしょうか?

今、FTXの崩壊は、バイデン政権が暗号通貨を管理するための法案を通過させるために待っていた口実として、潜在的に捕捉される可能性があるのでは?一石二鳥ですね。

大学を中退したコンピューターソフトのセールスマン、ビル・ゲイツが米国内の25万エーカー以上の農地を目的不明のまま取得しているという情報はどうでしょう。

あるいは、毎日、毎晩、何万人もの若者がディンギーでイギリスの南海岸にやってきて、無料の宿泊施設、無料のお金、無料の食事、あなたが受けられないようなGPや歯の予約を取るためのホテルへ渡されて、そのすべてが税金で賄われているのでしょうか。

Serco社は、戦時中に海岸防衛を誓い不死身となったウィンストン・チャーチルの孫にあたるルパート・ソームズが最高経営責任者を務めている会社です。皮肉なものです。

あるいは、Sercoが移民のための宿泊施設を探す契約をしているという事実もあります。Sercoは、ホテル経営者に1回数百万ドルを提供し、従業員を解雇してその施設を若者たち(常に若者たち)のためのホステルにして、大きな利益を得ているのです。

私の目には、ここで生まれ育ったイギリス人は、自分たちの税金で賄われているものすべてに対して、列の最後尾に追いやられているという現実があります。

権力者たちは、イギリス人の士気と精神を破壊することに熱心で、私たちを、次に押しつけられるかもしれないどんな屈辱をも受け入れることのできる、従順で依存的で疑うことを知らない群れに変えようとしているということを理解したのでしょうか。

核戦争の脅威は、20世紀の最後の3分の1の間、私たちが恐れて育った実存的な脅威であり、そのクライマックスは避けられないものとして受け入れるように誘われています。毎月のように続く戦闘の中で、すべての男性、女性、子供の存在そのものが、すべての政治のバランスにぶら下がっているように見えます。

そして……そして……まるですべてが十分でないかのように……この政治を見よ。先週は、ハント首相による決算発表がありました。私たちのために国の決定を下す市場以外、誰も望んでいなかった首相です。

私は、喉の奥が痛くなる前に、彼のくだらない話をできるだけたくさん聞きました。きっと、この侮蔑の言葉の数々、ユニットグルーミング、難解さ、そしてまさに恩着せがましい小言は、眠っている、寝ぼけた大衆を、国家の大役を占める者たちがイギリスとイギリス人を壊すために24時間働いているという、今や否定できません、見逃せない事実に目覚めさせるだろうと、私は思ったのです。

労働者の助けになりません。パブやレストランには何の助けもありません。あらゆる種類の中小企業への支援はなく、さらに傷つくだけです。私たちの社会のすべてが依存しているささやかな利益を生み出す人々には何の助けもありません。

一時帰休を受けなかった人たち、つまり一銭も受けなかった人たちは、空っぽのポケットから、受けた人たちの分の支払いをしなければならないのです。これは、ディナー・パーティーを開き、何人かを招待して食べ放題を楽しんでもらい、そして、レストランの外からお腹を空かせてグラスに鼻を押し付けながら見ていた人たちは、食べなかった料理の代金を負担するようにと主張するのと同じことです。これだけでも、潔くない、ひどいスキャンダルです。

いわゆるバウンス・バック・ローンは、それを受けた人たちの銀行口座から取り戻されています。しかし、一時帰国・・・いや・・・そのお金は出て行って戻ってこない・・・そして、政府が嫌っている同じ自営業者たちは、そのツケを払うように命じられているのです。

ハントが言ったことを聞いてください。 「私たちは弱者も守ります」

そして、こう続けます。「イングランド銀行は、その独立以来、素晴らしい仕事をしてきましたが、現在、インフレを打破するという使命において、私が全面的に支援しており、本日、その付託事項を変更しないことを確認しました」。

最後に、議長、私は今日、英国の価値観、すなわち思いやり、勤勉さ、尊厳、公正さについて多くを語ってきたのです

私たちの住む国を築いた人々を守り、敬意を表するという約束ほど、英国の価値観はないでしょう。

しかし、英国の人々はタフで、創意に富み、機知に富んでいます。

私たちはこれまでにも、より大きな課題に立ち向かってきました。

しかし、安定、成長、公共サービスに関するこの計画によって、私たちは嵐に立ち向かうことができるのです。

何百万人もの人々がひざまずいているこの時に、どうしてあの男が公の場でこんな軽薄な決まり文句を言うことができるのか、私には理解できません。彼と彼の同僚議員たちは、私たちをこのような状況に追い込んだ人たちだ。半分でも頭の回る人なら災害の到来を予見できた後も、彼らはずっと政策を推し進め続けました。

保守党は、労働党が何世代にもわたってそうであったように、自分自身のために何かを成すためにあらゆる時間を使って働く人々の敵、つまり、子供たちを育て、彼らも同じ志の道を歩ませるかもしれない存在になっているのです。

あらゆる種類の政府が、自営業者や起業家を嫌い、嫌悪しています。なぜなら、そのような主権を持つ個人は、定義上、国家を必要としないからです。なぜなら、そのような主権者である個人は国家を必要としないからです。そのような人々が必要としているのは、国家が彼らの邪魔をしないことである-そして、この最新の国家はそれを拒否しています。それどころか、中流階級を破滅させ、代わりに助けを求めるように仕向けることだけを求めています。

この国の他の人たちが、私たちは騙されている、遊ばれている、馬鹿にされているという現実に目覚めるには、何が必要でしょうか。私たちから目をそらし、大志を妨げ、自称領主や主人からわずかな金を得るために手を差し出して、臆病で従順になるように仕向けた犯罪企業のなすがままになっていることに、市民が気づくまでに何が必要でしょうか?

ここで重要なのは、私たちが止めようと言えば、すべてが止まるということです。

一人一人が、騎兵隊が来るわけでもなく、助けが来るわけでもないことに気づくだけでいいのです。

赤、青、そしてその間のすべての色で、このチャラ男たちを見分け、無視し、彼らに背を向け、他の何か、まともな何か、私たちの何かを作るために協力するのは私たち次第なのです。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました