デビッド・A・ヒューズへのインタビュー ジェームス・グルンドヴィッグ 2024年6月11日

CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪テクノクラシーデビッド・A・ヒューズネオナチ・アゾフ大隊レジスタンス・抵抗運動ロシア・ウクライナ戦争第三帝国・ドイツナチス

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Interview with James Grundvig, June 11, 2024

substack.com/inbox/post/145659232

ジェームス・グルンドヴィッグの 番組に招待してくれてありがとうございます 。

インタビューでは、次のようなことが話し合われました:

  1. Covid-19 “時代の著名人が公の場から引退しようとしている;
  2. テクノクラシーと科学独裁;
  3. 2006年の博士号取得を頂点とするナチスの過去に関する私の歴史教育が、2020年に再び意味を持つようになることへの衝撃;
  4. 非暴力の原則;
  5. 支配階級の絶望
  6. 嘘のダムは真実の奔流に道を譲ろうとしている;
  7. ウクライナとナチスの関係
  8. 1945年以前と以後における優生学課題の連続性;
  9. 1973年のチリのクーデター以来、新自由主義経済は社会不安を引き起こしてきた;
  10. 2020年以降、労働者階級と中産階級への攻撃が続いている;
  11. 「世界的な人口過剰」;
  12. 良心を乗っ取る;
  13. ヒトラーが権力を握り、ナチスが戦争マシーンを構築し、そして第二次世界大戦が、アメリカやイギリスの有力な金融業者や実業家の後ろ盾なしには不可能であったこと;
  14. ブッシュ/ハリマンとナチス・ドイツとのつながり、そしてジョージ・H.W.ブッシュの極悪非道な歴史;
  15. 脱ナチス化の失敗
  16. 国際決済銀行
  17. 1945年以降も現在も、ナチスの子孫が権力の座に就いている;
  18. ウォール街、ナチス、ディープ・ステートの犯罪についての1~2分のあらすじが 39m~40mあたりで 紹介されている;
  19. 国境を越えたディープ・ステート
  20. 見えない敵
  21. ナチス・ドイツに倣った現在の全体主義的な歴史的軌跡は、世界的な技術主義的クーデターを鎮圧しなければ、どこへ向かうのか。

ジェームス・グルンドヴィッヒ 0:46

こんにちは。分散化ドットメディア、無制限戦争のジェームス・グルンドヴィッヒです。今回は特別ゲストとして、イギリスから初めてのゲスト、デビッド・A・ヒューズさんをお招きしました。彼はウォール街とナチス、そしてディープ・ステートについて真新しい本を出版しました。歴史はしばしば繰り返されるからです。20世紀から21世紀にかけて、私たちはあらゆるテクノクラシーに飛び込んでいます。全体主義に飛び込んでいます。

第三帝国、第四帝国、ウォール街、マネー、借金奴隷制度。EUで政治的な地震が起きている間に、これらすべてが起こっているのです。実際、今年の狂気を乗り越えたら、私たちはこれまで以上に自由になれると思います。では、ゲストをお迎えしましょう。

ウォール街とナチス とても魅力的な本です。すぐに取り掛かります。私の居場所はお分かりでしょう。これは私が話していることです、本当に早く。デヴィッド、何かコメントしたいことがあるのかな。ボリス・ジョンソン マクロン・ダンは、ニュージーランドは終わり。クラウス・シュワブは辞任。トルドーは一人残されました どう思いますか?

デビッド・A・ヒューズ 2:00

はい、そしてこの国でも、次の総選挙を前にして、過去最多の国会議員が辞職しています。そのため、コビド時代に指揮を執っていた重役の多くが、何らかの理由で辞めたがっているように見えます。

ジェームズ・グルンドヴィグ 2:14

どんな理由であれ、私には考えがあります。これはあなたの本ではありませんが、これは重要なことです。これは私がここ数年言い続けていることですが、アメリカと連合国は第二次世界大戦に厳密には勝利していないのです。

書籍:『ナチスは地下に潜る』 1948
The Nazis Go Underground ナチスは地下に潜る。by カート・リース トータル・スパイ活動 アンダーグラウンド・ヨーロッパ ハイ・ステークス 裏切られた自己 ガーデンシティ 1944年ニューヨーク 目次ページ 序論 1. パーティーは続けなければならない 2

第二次世界大戦に勝利したのはエリートたちです。ナチス、第三帝国は前進しましたよね?彼らは地下に潜りました。

私はこの本を読んでいませんが、これは私がみんなに見せたいイメージです。コビドも5年前には始まったわけではありませんし、mRNAワクチンも15年前にはできていたかもしれません。しかし現実には、彼らはずっとずっと前から人口削減と世界征服を計画していたのです。これが、私たちが今直面していることなのです。

これはデイヴィッドの著書「ウォール街、ナチス、そしてディープ・ステートの犯罪」です。アマゾンで購入できます。

当然ながら、私はこの本の中で、人々が全体主義的な企業エリートに仕えるテクノクラートの台頭を恐れてきた約1世紀を賞賛する言葉の一つを読みたいと思います。そうでしょう?ナチスのロゴは外されました。ブーツを脱ぎ、ユニフォームの軍服から、ケースやブリーフケース、企業のスーツやネクタイに着替えたのです。

これこそ、私たちが博士として対処してきたことなのです。デビッド博士が、支配的な多国籍犯罪と犯罪階級、そして慎重に選ばれた守護者たちを除いて、全人類にとって悲惨な結末を迎える瞬間が到来したことを明確に立証しています。

そう、私たちは上流階級と戦っているのです。彼らは私たちからすべてのお金を盗みました。私たちの自由を奪ってきました。彼らはほとんどの国に国家債務を押し付けています。組織犯罪としてのCIAの著者、ダグラス・バレンタインの言葉です。デービッド 何か反論は?褒め言葉ですか?

デビッド・A・ヒューズ 4:05

まずは、ダグラスには感謝しています。

テクノクラシーとは、1930年代の世界恐慌の時代にさかのぼるイデオロギーで、資本主義や予測不可能な好不況に代わるシステムを模索するものです。もともとは、生産と使用のエネルギーコストに応じてあらゆるものに値段をつけるという考えに基づいていました。そして本来は、すべての人に大きな余暇をもたらすはずのものでした。つまり、社会を科学的に管理し、効率を高めるということです。原理的には素晴らしいことです。問題は、その後1世紀を経て、この考え方が科学的独裁という考え方に変化していったことです。

20世紀半ばには、ロックフェラー財団から莫大な資金が注入されました。1970年代以降、アジアから中国へ、特に研究開発の面で中国の台頭の一因となった資金が投入されました。(中国は)イアン・デイヴィスが言うところの世界初のテクノクラシー、つまりテクノクラシーを国全体で展開できることを証明した最初の国であり、世界で最も人口の多い国です。

ですから、私たちが今直面しているのは、うまくいくことが証明されたこのモデルを、西側諸国全体にも展開し、本質的にグローバル化するプロジェクトなのだと思います。ただし、全体主義の一形態であることを付け加えておきます。

ジェームズ・グルンドヴィグ 5:37

ここにいる聴衆のために、あなたの経歴を紹介します。デビッド・A・ヒューズ(David A Hughes)英国リンカーン大学国際関係学上級講師。

ドイツ語が話せますね、

デイヴィッド・A・ヒューズ 5:52

そうですね、20年ぶりくらいになりますが。

ジェームズ・グルンドヴィッヒ 5:56

今はまだ、その理由はありません。とにかく、あなたは心理戦についても研究していますね。911はグローバリストが皆を団結させるために利用しました。コビッド19はその逆で、みんなを分断するために使われました。これがディープステート、グローバリストのゲームのやり方です。何か付け加えることは?

デビッド・A・ヒューズ 6:19

そうですね、ただ、まさか私がドイツ学の最初の博士号を持ち帰り、それをほじくり返すことになるとは、夢にも思っていませんでした。オックスフォードで4年間ドイツ語を学び、さらにオックスフォードで1年間修士号を取得し、デューク大学で博士号を取得しました。ですから、私はナチスの過去について、かなり重要な背景と教育的基盤を持っています。そして、それが2020年代に関係してくるとは少しも思っていませんでした。

ジェームズ・グルンドヴィグ 6:59

私見ですが、実に良いことだと思います。私たちは今、ダニエル235章の瞬間にいるのだと思います。神の岩、神の法則が、新世界、あるいはナチスの世界秩序である第5の王国、そして最後の王国を破壊するのです。破壊されるのです。私たちは勝利すると信じています。政治的な地震は、起こっていることのほんの一部だと思います。多くの人々が目覚め、大衆が目覚めれば、その勢いを止めることはできません。

デビッド・A・ヒューズ 7:25

私たちは今、非常に不安定な時代に生きています。彼らは2020年と2021年に心理戦を仕掛けてきましたが、ますます多くの人々が彼らの企み、技術主義的で全体主義的なアジェンダが何であるかに気づき、抵抗は日々徐々に強まっています。ですから、彼らは本当に困っていると思います。

ジェームズ・グルンドヴィグ 7:49

そうですね。私たちは立ち上がり、地歩を固め、暴力的なことはしない、そうでしょう?

デヴィッド・A・ヒューズ 7:57

そうです。合法的な平和的抗議を。テクノクラシーのあらゆる側面に対する大規模な不服従、適切な場合には市民的不服従。また、スマートテクノロジーを捨て去り、それを規範とすることも付け加えたいと思います。しかし、暴力は必要ありません。

ジェームズ・グルンドヴィグ 8:17

いいえ、そうではありません。実際、CBDCは予定より大幅に遅れています。私の情報筋によれば、彼らが考えていたような展開ができるはずがないとのことです。そして今、予定外、順序外、順番外ということで、彼らの世界計画は本当に大変なことになっています。

デビッド・A・ヒューズ 8:38

私が以前の本で主張したことのひとつは、いわゆるパンデミックが始まったとき、ゲイツやシュワブ、IMFのクリスタリナ・ジョージバーなど、多くの幹部が18ヶ月という時間枠を提示したことです。これは18カ月以内にやらなければならないと。

そうして2021年の9月、10月がやってきました。世界経済フォーラムでゲル・ウッズが「良いニュースだ」と話していたのを覚えていますか?良いニュースは、エリートたちがお互いをますます信頼し合っていることです。

もし彼らが私たちを信頼しないのであれば、私たちはリードすることができますが、彼らはついてきません。私たちがリードすることはできても、彼らがついてくることはないのです。実際、世界経済フォーラムが信頼再構築イニシアチブを立ち上げたのは、そのわずか数カ月後のことでした。なぜ信頼を再構築する必要があるのでしょうか?想像もつきませんが、そううまくいく見込みがあるとはとても思えません。

ジェームズ・グルンドヴィグ 9:50

今年1月のダボス会議で発表されました。あなたが言ったように、信頼の再構築がテーマだったのに、彼らはウルスラ・ベンダーの台詞をひっくり返しました。偽情報とは何ですか?誤情報は世界にとって一番の脅威です。

デヴィッド・A・ヒューズ 10:07

その通りです。そして、彼らは自分たちの本当の姿を隠すことができないのです。そして、インフォデミックに関するこのナンセンスは、最初からありました。誤情報、偽情報、マル情報、ファクトチェック、その他もろもろのインチキ概念は、単に検閲のための言い訳に過ぎません。真実が大量に明らかになりつつある今、唯一の手段は検閲で覆い隠そうとすることです。これまた必死です。

ジェームズ・グルンドヴィグ 10:36

特にTwitterなどでは、YouTube以外にも新しいプラットフォームがあります。キャンセルの文化は、彼らが考えていたようには機能していません。ですから、真実は明らかになりつつあり、私は毎日、新しい市民記者を目にします。

彼らは5年前にはいませんでしたし、4年前にもいませんでした。ですから、誰かが彼らを教育したのです。彼らは1つのテーマを取り上げ、2分間で偽旗を解体し、偽の物語を解読します。エリートたちを馬鹿にしています。何百万人もの視聴者がいるそうです。

デヴィッド・A・ヒューズ 11:19

ええ、その通りです。10年かそこら前まで遡ればいいんですよ。偽旗という言葉は、もう少し前からありました。その比較的最近のことでさえ、どれだけの人が理解していたでしょうか。今では、ほとんどの人がその意味を知っています。

例えば、911は非常に明確な偽旗であり、他にも多くの偽旗があったことを、ほとんどの人が理解していると思います。これは21世紀の統治の手口の一部です。このような非常に悪質な手段に強く依存しているのです。欺瞞や、恐怖や恐怖の手段に非常に強く依存しているのです。私たちはこうして統治されているのです。本質的に。人々がこのことに目覚めれば、大規模な抵抗が起こると思います。

ジェームズ・グルンドヴィグ 11:59

ええ、あなたの本に少し飛び込んでみましょう。目の前に目次があります。序章では、世界的なテロリズムの出現とナチズムの復活について説明しています。さて、その章に入る前に、西ウクライナについてですが、私が調査したところ、マルティン・ボルマンが、第二次世界大戦後、あるいは第二次世界大戦の終わりに、バチカンと赤十字が5万人のナチスをウクライナ西部に護送し、彼らは店を構えたようです。そして、それが今日ロシアがウクライナで戦っている相手であり、アゾフのナチスであるゼレンスキーやその他の連中なのです。それは正確ですか?

デヴィッド・A・ヒューズ 12:35

単純化したイメージです。ウクライナとナチズムのつながりについては、今後数週間から数ヶ月のうちに、私のサブスタック(dqs.substack.com)でかなり長い文章を書くつもりです。何十年も前にさかのぼると、ウクライナ国内には、東方殲滅戦争中にナチス・ドイツの最悪の要素とともに、またその代表として戦っていた要素があり、最悪の戦争犯罪のいくつかに共同参加していたことがわかります。

21世紀になり、ウクライナをロシアに対抗させようとする試みが行われるようになると、そのような歴史はすべて掃き清められなければなりません。しかし、このようなウクライナのために旗を振るといったことは、つまり、ウクライナ国内で政治的反対運動が禁止されていることを人々が知ってさえいればいいのです。

ウクライナの軍部内にはナチスの勢力が大きな影響力を持っています。ですから、ウクライナでは非常に暗いことがたくさん起こっていて、それがこの件に関係しているのです。この本では触れませんが、この全体主義的な国境を越えた支配者層のナチス嗜好のようなものを理解すれば、確かにそうです。どれも驚くようなことではありません。

ジェームズ・グルンドヴィグ 14:12

とても、とても、とても良い。私も同感です。あなたの第2章では、ナチスのプロパガンダから多くの古い歴史に飛び込んでいますね。アメリカでは、ペーパークリップ作戦がロケット科学者を輸入したことは知っていますが、バイオテロリストの科学者も輸入したんですよね?

つまり、そのプログラム全体が輸入されたわけです。オバマ大統領は2013年に米国防衛法(Defense Act United States)を制定し、検閲やガスライティングを合法化しました。そしてもちろん、彼らはMKウルトラ計画を輸入しました。あなたはナチスの ひょっとして、ナチスのウルトラ計画をご存知ですか?

デビッド・A・ヒューズ 15:02

ああ、大いに。それは4月に出たばかりの私の前著『covid 19 心理作戦とテクノクラシーのための戦争』に書いてあります。トラウマに基づくマインド・コントロールとMKウルトラ、そして2020年と2021年に国際的にどのようにそのような技術が集団に対して使われたかという章があります。

ジェームズ・グルンドヴィグ 15:20

手に入れました。とてもいいですね。第二次世界大戦前の安楽死と優生学プログラムは、第二次世界大戦後には遺伝学に変わったのですか?彼らはただ、本当は何をしていたのかを隠すために、スコットランドの名前を変えただけなのです。あなたの考えは?

デビッド・A・ヒューズ 15:36

ええ、つまり、遺伝学よりも人口管理の方がいい言葉かもしれません。しかし、繰り返しになりますが、これはナチス・ドイツだけの専売特許ではないということを明確にしておくことが重要です。ナチス・ドイツに限ったことではないのです。例えば、彼らはベルリンのカイザー・ヴィルヘルム研究所に資金を提供し、そこで多くの医学実験が行われました。

もちろん、アメリカでもカリフォルニアや不妊手術などが行われました。このような優生学プログラムの多くは、イギリスが起源です。繰り返しますが、優生思想は支配階級の思惑と結びついているのです。1945年以降、優生学は、ナチスが行ったことで、当然ながら悪名高いものとなりましたが、ロックフェラー家は、人口抑制などの考えを推進するために、優生学をあきらめなかったと思います。

その後、成長の限界や1968年のローマクラブ、世界人口削減アジェンダなど、1960年代後半から1970年代前半にかけての有名な文献がいくつかあります。世界人口は?総人口は増え続けていますが、アフリカを除く世界のすべての地域で、女性1人当たりが生む子どもの数は、その時期以来、置換率2.1を下回っています。

ということは、これはとんでもない偶然の一致なのか、それとも実際に何か意図があるのか、どちらかでしょう。ですから、私はこのような考えは消えていないと思います。優生学はまだ私たちの中にあると思います。今日ではトランスヒューマニズムというバッジの下に再ブランド化されたとさえ言えるでしょう。

ジェームズ・グルンドヴィグ 17:29

全てはまだそこにあります。経済学はどのような役割を果たしているのでしょうか?つまり、2.1……60年代のアメリカでは、父親は家族全員分のお金を持って帰ることができました。今はそんな余裕はありません。妻でさえ働かなければなりません。

両親が共働きであっても、60年代と同じように、一人で、つまり賃金労働者であっても、非常にうまくいっているわけではありません。経済学が大きな役割を果たしているのは明らかですね。インフレ、バスの循環、おっしゃったように税金、それもこのアジェンダの一部です。そうでしょう?中産階級の背中を折ろうとしているようなものです。

デビッド・A・ヒューズ 18:12

その通りです。そして、それは新自由主義の50年前にさかのぼります。新自由主義経済の実験台となったのはチリで、1973年にアジェンデを打倒してピノチェトを政権に就け、CIAがクーデターを起こしたとき、彼らがやったことのひとつは、独裁政権をバックに新自由主義的な自由主義経済学をチリに導入することでした。

それ以来、この新自由主義モデルが西側諸国をはじめ世界各地に徐々に広がっていった結果、1960年代後半以降、インフレ調整後の実質賃金や実質生活水準は上昇していないか、ほとんど上昇していません。しかし、その富は圧倒的に上位1%の1%の1%といった具合に、上位1%の人々によって搾り取られてきたのです。

このカーブを上っていくと、指数関数的に上昇します。そして、その少数派、つまり権力を握っているごく少数の人たちは、80億人の世界人口を支配し続けようとする自分たちの立場を非常に心配しています。2019年には5カ国に1カ国の割合で大規模な抗議デモが発生し、社会不安が顕著になりました。

そして2020年、そのコビド非常事態宣言が出され、すべての抗議行動はピタリと止まりました。その代わりに、私たちはコビッドの下で何を見たのでしょうか?経済的に言えば、ナチス・ドイツで起こったようなプロセスが見られたのです。つまり、大企業が強く優遇されたのです。

コビトの間、大企業は営業を続けることが許され、その一方で、中小企業は実質的に壁際に追いやられたのです。その結果、世界全体で3兆3000億ドルもの富が下層階級や中間層から超富裕層へと移転したのです。繰り返しになりますが、このような極端な富の不平等と、中流以下の階級への懲罰。これはウォール街の支援を受けたナチス・ドイツの特徴であり、2020年に起こったことの特徴でもあります。

ジェームズ・グルンドヴィグ 20:54

そのことに疑問の余地はありません。ですから、国連や世界経済フォーラムなど、いわゆるグローバル組織の言うことはもう信用できません。1カ月ほど前に80億人という話を聞いたとき、デビッド、実は少し調べてみたんです。私は以前、建築の見積もりをしていたので、ナプキンで簡単に見積もることができました。

そこで、インドの20の大都市を調べてみました。その都市の人口は1億500万人。100万人は21番目の都市だけです。次の300都市はそれぞれ50万人。これはかなり余裕のある数字だと思いました。そして、上位320都市を合わせても、インドの人口は6,000万人です。

インドに10億人なんているわけないじゃないですか。もしそれが嘘なら、中国にも10億人はいないことになります。私は過剰人口説に疑問を持っています。その根拠は?過剰人口に基づいています。ですから、10億人というのは疑わしい。50億人に近いと思います。その数字について考えたことがあるかどうかわかりませんが、あなたはどう思いますか?

デヴィッド・A・ヒューズ 22:03

(笑)。私は個人的に調べたことはありません。ですから、その主張の正確さや真実性についてはコメントできません。しかし、私たちが相手にしている人々は、大きな嘘を通して活動しています。ですから、世界的な過剰人口問題は、それ自体が非常に欺瞞的であるという点で、原理的には可能性があります。

世界のほとんどの地域で、女性1人当たりの出生率が2.1人を下回っているのです。つまり、1950年頃に15億人だった世界人口が、現在では80億人にまで激増したと言われていますが、重要なのは、私たちは非常に急な曲線の頂点に達しているということです。例えば、イタリアや日本のように、人口危機を迎えている国もあります。ですから、世界的な過剰人口という考え方は、ある程度は策略のように見えます。

ジェームズ・グルンドヴィグ 23:29

良心の100%乗っ取りは、第2章のセクションの1つですね。それは何ですか?

デビッド・A・ヒューズ 23:37

これは2003年にクラウディア・クーンが書いた「ナチスの良心」という本にさかのぼります。彼女はナチス・ドイツの研究者でした。彼女はデューク大学で私に教えてくれましたが、その本の中で、普通のドイツ人は単なる秩序追従者であるという陳腐なイメージに反して、実際には多くのドイツ人が、完全にではないにせよ、実質的に、起こっていることのすぐ近くで関わっていたという素晴らしい主張をしています。ホロコーストの前の8年間で、こうしたことが常態化し始めたのです。ユダヤ人やその他のマイノリティに対する考え方が常態化し、受け入れられるようになったのです。

良心の乗っ取りに関する私のセクションで、私はこのことと、コビッドの時代に起こった道徳の逆転のようなものとの間に類似点を見出しました。数ヶ月の安全性データしかない実験的物質を体内に取り入れたくない人たちが(受け入れられるよう)組織化されたのです。

ご存知のように、彼らは反ワクチン派などの汚名を着せられました。ワクチン未接種のパンデミックは、汚名の度合いが本当に桁外れでした。また、私の前著『covid』(邦題『科学技術戦争における19の心理作戦』)の第7章では、「ワクチン接種を拒否する人たちに対する汚名は、本当に常軌を逸していた」と述べています。

その第7章では、社会的分断のメカニズムについて詳しく述べています。そしてまた、ある意味で良心が乗っ取られたのです。すべてが裏から表へ。マスクをつけ、6フィート離れて立ち、注射を打たれることで、人々は自分がとても高潔な人間だと思い込んでいたのですが、実際にはこれらのことはすべて極悪非道なことだったのです。

しかし実際には、こうしたことはすべて極悪非道なものであり、害を与え、衰弱させ、混乱させることを意図した心理作戦の一部だったのです。気候変動についても同じようなことが言えます。炭素クレジットを賛美することが美徳とされ、気候変動を隠れ蓑にした全体主義的な意図が見えます。つまり、ここで起こっていることは1930年代と非常によく似ているのです。

ジェームズ・グルンドヴィグ 26:24

確かに同じ脚本です。間違いなく。先週、私の映画『スプリンティング・バビロン』のためにジキル島に行きました。この島は、第二次世界大戦前の実業家、当時の7人の銀行家が所有していました。彼らが島全体を所有しているんですね。昔はクラブで、今はホテルになっています。

連邦準備制度が、1910年に創設され、1913年のクリスマス・イブに、合衆国議会で可決されました。私はその全体像がとても興味深かったです。そしてウォール街とヒトラーの台頭。デュポン、ゼネラルモーターズ、IBM、ロックフェラー、チェース・ナショナル銀行、サリバンアクロモ、ニューヨークの大手法律事務所、フォード、ヘンリー・フォード、フォード社、ハーマン、ブッシュ。この章について、聴衆に話してください。

デビッド・A・ヒューズ 27:23

ええ、つまり、とても簡単に言うと、歴史が私たちに教える方法は、ナチスは悪者で、私たち、この場合はアメリカとイギリスは善人だったということです。白か黒かの二分法です。

しかし、実際にこのことについて下調べをしてみると、ナチスが戦争マシンを構築し、経済的に回復し、実際に戦争に突入し、戦争を遂行し、戦争を維持することは不可能だったでしょう。特にウォール街やロンドン周辺の、非常に裕福な実業家や金融業者の後ろ盾がなければ。これは本当にショッキングなことです。

例えば、ドイツ空軍が戦闘機を飛ばすために必要だった合成燃料は、ロックフェラーのスタンダード石油会社から供給されたもので、国際法に反することもしばしばありましたが、実際に大陸横断輸送することができました。

この章では、このような資金調達、資金提供、あらゆる種類の原材料を送る仕組みについて、何十種類も何十種類も紹介しています。そしてこれは、1942年の敵国との取引に関する法律の後でも、戦争が終わるまでずっと続きました。この人たちに正義はなかったのです、

ジェームズ・グルンドヴィグ 29:06

戦争当時のプレスコット・ブッシュ、特にジョージ・HW・ブッシュの父親のことですか?そうです。

デビッド・A・ヒューズ 29:14

ですから、これは非常に、非常に複雑になります。ハリマン一家、これもまた非常に裕福な一家ですが、彼らはナチス・ドイツと様々なつながりを持っていました。通貨交換。つまり、彼らはアウシュビッ

ツが最終的に設置されたシレジアにも権益を持っていたのです。

ジョン・ロフタスが主張しているように、アウシュビッツはもともと死の収容所ではありませんでした。もともと労働収容所として設置され、ロシアから原材料を輸送できる場所に設置され、ナチスによって奴隷労働力が搾取されたのです。そして繰り返しますが、ブッシュとハリマンはこれに関係していたのです。いわばブッシュの財産です。

これもまた、ジョン・ロフタスが主張するように、血税に基づいたものなのです。将来のアメリカ大統領の祖父と、その息子が大統領になったのですから。ですから、私たちがこれらの家族の歴史と、私たちが扱っている人たちの道徳的な資質を理解するとき、私たちは非常に困ります。私たちのリーダーが本当は誰なのかを考えるとき、それは非常に厄介なことなのです。

ジェームズ・グルンドヴィグ 31:09

私もです。ジョージ・HW・ブッシュ(私の情報源では41番目)は1972年、ヘンリー・キッシンジャーが貿易関係を開放するために中国に行きました。キッシンジャーが毛沢東と会ったりしている間に、何が起こったと思いますか?ジョージ・HW・ブッシュは700もの工場やプラントと契約を結び、アメリカの経済、アメリカの製造業をオフショア化したのです。これは絶対に起こったことです。これについて何か意見はありますか?

デビッド・A・ヒューズ 31:42

それは知りませんでした。つまり、それは新自由主義的な理にかなっているということですよね?まあ、それは搾取的モデルではありません。そしてまた、権力にどれだけ近づけるか?彼はCIA長官になりました。私の理解では、法律的に言えば、CIA長官を経て副大統領や大統領になることはできません。もちろん、彼はそうしました。つまり、この人たちにはルールが適用されないのです。彼がJFK暗殺に立ち会ったという疑惑に触れる前の話ですが、

ジェームズ・グルンドヴィグ 32:25

いえいえ、この件に関しては私も同意見です。この番組の冒頭で、中国がテクノクラシーの実験台になっているという話をしましたよね?そして、私たちは、ここ10年かそこらの間、アメリカの主要なハイテク企業、グーグル、アマゾン、マイクロソフト、それらすべて、アップル、すべてがデジタル奴隷化システムの支援に関与していることを、社会的信用スコアで見てきました。興味深いですね。なぜなら、戦後のある日、あなたが研究するためのもう1つの道だからです。多くの失敗がありましたね。国際決済銀行、バチカンの非ナチ化の失敗。それについて説明してくれますか?

デビッド・A・ヒューズ 33:11

ええ、つまり、1945年以降の全体的な考え方は、非ナチ化が行われたということです。ナチスの過去が適切に処理され、元ナチスが裁かれ、影響力のある地位などにつくことを許されないようにするプロセスが制定されたのです。残念なことに、数年、時にはそれよりも早く、ほとんど時間が経たないうちに、多くの幹部たちが冤罪を晴らされました。

彼らの多くは、そのままドイツ社会の指導的立場に戻ってきたのです。国際決済銀行のことをおっしゃいましたね。つまり、これはすべての中央銀行の頂点に位置するような特別な存在で、さまざまな国が互いに戦争をしている間、そのような存在だったのです。

1942年の間、国際決済銀行は、当時の取締役、つまり代表取締役がアメリカ人であったにもかかわらず、通常通り業務を遂行していました。理事会には英国の幹部もいましたが、大多数はナチスでした。それでどう折り合いをつけるのですか?

国際決済銀行が関与していた多くの犯罪のひとつに、ナチスのゴールドに関するものがあります。ナチスのドイツ人役員の何人かは、例えば強制収容所の犠牲者の口からゴールドを略奪することに直接手を貸していました。ですから1944年のブレトンウッズ会議では、国際決済銀行を解体すべきだという声が上がりました。

そしてどうなったと思いますか?それは今日でも続いています。問題は非ナチ化が失敗したことです。それは大失敗でした。そしてまた、正義という点では、今日、私たちは時々、一部のコビド犯罪者に対してニュルンベルク2.0を求める声を耳にします。

しかし、それに対して私は、ニュルンベルク1.0は、少なくともアメリカ人もイギリス人も起訴されず、ましてや裁かれることもなかったという点で、失敗だったと答えたいと思います。繰り返しますが、ヒトラーの台頭とナチスの戦争マシンの勃興に資金を提供する上で、英米の非常に強力な金融業者が持っていた影響力を考えると、これは本当に許しがたいことです。まさに勝者の正義なのです。

ジェームズ・グルンドヴィグ 35:43

です。それに関しては完全にあなたに賛成です。ナチスの子孫と今日の権力の座はどうですか?

デヴィッド・A・ヒューズ 35:48

ええ、ですからまた、これは不穏なほど長いセクションです。ナチスの元指導者たちはその後、政治や産業など社会の指導的立場に就くことはできなかったと思いたいかもしれませんが、ドイツに限ったことではありません。例えば、EU、特にNATO、1950年代半ばのビルダーバーグ・グループの設立、そして現在に至るまで、このような事例を何度も目にしてきました。

もちろん、世界経済フォーラムのクラウス・シュワブのような人物を考えてみると、彼はナチス・ドイツを代表する実業家であったオイゲン・シュワブという人物の息子であり、ナチスから奴隷労働の特別許可を得ていました。つまり、ナチスの直系の子孫を相手にしているわけです。

カナダのクリスティア・フリーランドは、彼女の親戚の一人で、正確な関係は忘れましたが、ウクライナのナチスとのつながりは何だったのでしょう?しかし、このような例はたくさんあります。ウルスラ・フォン・デア・ライエンもまた、そういった血統を持っています。本の中でも触れました。このように、目に見える形でたどることができる直接的なつながりという点だけでも。私たちが想像している以上に、そこには多くの人がいるのです。

ジェームズ・グルンドヴィグ 37:26

ええ、そして権力の座に就いています。それが最悪なのは、必ずしも彼らの人生とは限りませんが、技術主義、テクノクラシー、全体主義的なアジェンダを遂行し続ける権力の座に就いていることです。こんなことが起こるなんて、まったく正気の沙汰とは思えません。

しかし、私たちはこのような事態に目を覚まし、すべての犯罪者が裁かれるのを見る必要があります。それは一種のショーでした。グローバリストは、自分たちが望まない人たちを排除することができました。彼らは彼らを犠牲にしたのです。あなたは必要ありません。私たちは素晴らしいことだと思いました。そして突然、元ナチス将校がNATOの創設に関わりました。彼らは国際連合の創設に関わり、ナッソーの創設にも関わっています。次から次へと出てくるんです。私たちは戦争に勝てなかったのですね?

デビッド・A・ヒューズ 38:20

ええ。もちろん、「ペーパークリップ作戦」もそうですし、アメリカの国務省とCIAは、多くのナチスを積極的にアメリカに連れてきて、そのうちの何人かはMKウルトラ計画に関与していました。カナダも同じように、多くのナチスを輸入しました。

イギリスやオーストラリアも、何人かの元ナチスを連れて行きました。CIAやアメリカの外交政策の他の主体によって使われた、ある種の作戦様式を見始めると、非常に厄介なことになります。例えば、1970年代から1980年代にかけてのラテンアメリカでの拷問や、死の部隊などです。

これらの多くは、ナチスまでさかのぼることができます。もちろん、当時、ほとんどのアメリカ人は、メディアで報道されなかっただけで、そのことを知りませんでした。今となっては、このようなことは常識となり、その連続性をたどるのは容易なことです。

しかし、私がこの本で試みているのは、第1章と第2章の冒頭で、2020年以降に西側で起こったことと、1930年代のナチス・ドイツで起こったことの間には、多くの連続性があるということです。これらの連続性を説明するものは何でしょうか?

そこで私は一種の階級分析に入ります。そして、そこに関与している強力なアクターに注目するのです。しかし、この本の中で私が行っているのは、1930年代からその後のすべてのデッキに至るまで、時系列的、歴史的にその連続性をたどることです。それが偶然の産物ではないことがわかるように。驚くかもしれませんが、この多くはデザイン上、隠されたままであることが意図されています。

ジェームズ・グルンドヴィグ 40:16

非常に優れたディープ・ステート。私の親友は学位を持っています。博士号、ハーバード大学、9つの学位。彼の名前は挙げませんが、彼は2020年や2021年にディープ・ステートが存在するとは思っていませんでした。

ロシアの門を叩かなければならなかったのです。しかし、あなたはディープ・ステートに少し違う角度から入っています。ウォール街の角度から。ウォール街とソビエトの関係にも踏み込むでしょう?冷戦、国境を越えた階級関係。ディープ・ステートは存在するのですね?

デヴィッド・A・ヒューズ 40:44

ええ、そして私はこれが偶発的な比喩だとは全く思いません。本当に存在するものであり、非常に有用な分析カテゴリーだと思います。その起源は文字通り、第二次世界大戦後の時代、特にアメリカでは1940年代後半にさかのぼることができます。そのほとんどはCIAを中心としたものだと思います。しかし、その後、非常に興味深いことが明らかになってきました。

例えば、1970年代から1980年代にかけてイタリアで行われた、左翼のせいにされた一連の偽旗テロ「グラディオ作戦」。これは一種の権威主義的な支配構造を維持するための手段で、基本的には住民を恐怖のどん底に陥れ、安全保障と引き換えに自由を放棄させるものでした。

これはNATOの作戦であり、グラディオはイタリアの要素にすぎません。実際にはヨーロッパ全土、トルコ、ひょっとしたら他の地域にも及んでいたかもしれません。グラディオが明るみに出たのは1990年のことですが、NATOが結成された1940年代後半に、いわゆる “後方支援 “の軍隊が初めて設置されたことを考えれば、この種の秘密軍事組織が何十年も前から存在していたことがわかります。

しかし、2020年にすべての政府、主要メディアが基本的に同じような反応を示したのはなぜなのか、と多くの人が尋ねています。この前代未聞の世界的な協調体制を説明するものは何でしょうか?これは致命的なウイルスではありません。

ジェームズ・グルンドヴィグ 42:38

ただ致命的なのです。そのウイルスではありませんウイルスは私たちに対して使う道具のひとつにすぎません。ワクチンはバイナリー兵器の一部にすぎません。Bは欧米の5G電磁波タワーのはずでしたが、それが無力化されたため、彼らが考えていたような効果はまったくありません。

ですから、彼らは第二弾を展開しなければならないのです。気候変動と呼ばれるロックダウンの第二ラウンド。疾病Xと鳥インフルエンザ。彼らは2つで1つを得たいのです。なぜなら、目に見えないインフルエンザが牛や鶏を殺すからです。だから農場を燃やし、爆破し、見えない敵のせいにしているのです。4年前と同じ脚本です。私見ですが、哀れとしか言いようがありません。

デビッド・A・ヒューズ 43:26

そうですね。見えない敵というのは何十年も前のことです。911の後、曲がり角の後ろに潜んでいたテロリスト、潜入していた第5列、冷戦中に潜入していた共産主義者。これは何十年もの間、人々に恐怖とパニックの状態を作り出そうとするために使われてきたもので、人々をプロパガンダの影響を受けやすくし、心理的に柔軟にして、それによってコントロールしやすくすることが知られています。

ジェームズ・グルンドヴィグ 43:55

デーヴ、最後の質問まであと4分です。では最後の質問はあなたの最終章です。このすべてが新しい世界秩序につながるのでしょうか?エコー・ファシズム。

デビッド・A・ヒューズ 44:10

第7章は、おそらくこの本の中で最も厳しい章でしょう。というのも、この本の中で描かれている歴史的な軌跡があるからです。殲滅戦争、戦争犯罪、ホロコースト、医学実験など、ナチス・ドイツが特別に否定的な意味で記憶されていることすべてにおいてです。

この本が言いたいのは、私たち西側諸国が今辿っている歴史の軌跡は偶然のものではないということです。意図的なものなのです。全体主義を、今回は世界的な形で、意図的に導入しようとしているのです。今回は斬新なバイオベージュ。テクノクラシーとして知られる全体主義の形態です。

しかし、これも意図的なものです。大きな危機に対応するためです。1929年のウォール街の暴落や世界恐慌などです。そして2019年には、世界中で大きな社会不安が起こり、世界の通貨・金融システムに大きな危機が訪れ、西側のプロパガンダ・システムに大きな危機が訪れました。

私たちがこれを、生活のあらゆる領域で起きている世界的な技術主義的クーデターであると認識し、これを鎮圧しない限り、世界レベルで、ナチス・ドイツの最悪の恐怖の再来が予想されます。そう、私たちは奴隷制の復活、たとえば、多くの人が嘲笑する新世界秩序の概念に対処することになるでしょう。ナチスはヨーロッパの新秩序、優生学の復活、安楽死の復活、その他多くの醜悪な要素を考えていました。私たちがこれを止めない限り、このようなことが待ち受けているのです。

ジェームズ・グルンドヴィグ 46:12

ヨーロッパの人々は戦争に疲れ、自分たちの上にいる人々に疲れ、大規模な変化が近づいていると思います。私は今年3つの出来事が起こると見ています。いつ起こるかわからないけど。ひとつは世界的な金融危機、ブラック・スワンですね。私たちは?

ペトラダラーは文字通り、もう存在しません。石油の取引に関して言えば、昨日の時点で、50年、キッシンジャー、OPEC、サウジアラビア。10日の日曜日に 取引は終了しました 2つ目はロシアです キューバにはロシアのエイミー、戦術核があります。

キューバ危機2.0のように、何があろうと、ある種の核対決に突入します。人類は目覚めるのでしょうか。本格的な破壊とは言いませんが、911の10万倍大きな核の対決が起こるのでしょうか。もしみなさんが911のときに自分がどこにいたかを知っていれば、今自分がどこにいるかがわかるでしょう。

そして最後のピースがワクチン接種です。ある時点で臨界量に達し、ワクチン接種を受けた人たちの多くがターボ・ガンで死亡します。2021年の夏には心筋炎が発生しました。若者が記録的な数で死にます。今年の夏か秋か、いつになるか分かりませんが、このすべてが収束します。それについて何かお考えはありますか?

デビッド・A・ヒューズ 47:32

そうですね。以前のインタビューでも言いましたが、大局的に見れば、多国籍支配層はグローバル・テクノクラシーを推し進めるしかないのです。というのも、古い支配のパラダイムは終わったからです。大惨事に向かってトボトボ歩いているようなものです。

一方、国民は目覚めつつあり、押し返し、反撃するしかありません。今おっしゃったことを含め、いろいろな意味で、私たちはさまざまな分野で深刻な危機を目の当たりにしています。それがいつになるかは誰にもわかりませんが、おそらく今後数年のうちに起こるでしょう。

しかし、私は、私たちは今、歴史的な大転換期を目前にしているのだと思います。私は水晶玉を持っていません。でも、私や私の仕事をどこで見つけるかという点では、今、巨大な何かが差し迫っていると思います。dhews.substack.comには、前著『covid 19 psychological operations and the war for technocracy』も含め、私の作品のほとんどが無料でダウンロードできます。

クリエイティブ・コモンズ4.0ライセンスで出版することができました。ですから、もしあなたがその多大な労力と引き換えに何かをお返ししたいとお考えでしたら、有料のサブセット、有料のサブスタックの購読、あるいは私にcoffee.comをおごることをご検討ください。

フォワード・スラッシュ・ダ・ヒューズ、そして願わくば、2つの新しいウェブサイトがもうすぐオンラインになります。David A hughes.netomniwar.org です。

ジェームズ・グルンドヴィグ 49:22

どちらも大好きです。また近いうちにゲストとしてお招きしましょう。また、私は自分の本をSkyRise出版社から出版しました。SkyRise出版社はDavidのウォール街に関する最新作「ディープ・ステートのナチス」を出版しています。とても魅力的です。ありがとうございました。もうお帰りになりますね。ごきげんよう。

デヴィッド・A・ヒューズ 49:37

ありがとうございました。

ジェームズ・グルンドヴィグ 49:41

面白かったです。では、私が最初にお見せしなかったトーキングポイントのいくつかに入りましょう。どうぞ。これは週末のことです。何があったの?イスラエルは4人の人質を救出し、これはヘリコプターの映像です。そして 人質があれやこれやと連れて行かれる様子を映しています。

人質は生きています。彼らは拷問され、殴られ、飢えさせられました。ハマスというのは暴力ですから。週末はイスラエルで大騒ぎでした。そうです。でも、もっとニュースがありますよね?ニュースは常にあります。では次のビデオに行きましょう。これは面白い。霊的戦いの4つの武器があります。これは重要です。聞いてください。

スピーカー1 50:36

は予言しました。前世紀の終わりから今世紀の初めにかけて、大企業が人々から魂を奪い、人々を高次の世界から切り離そうとする動きが起こるだろうと。そのためには、パイオニアである大西洋の人々を破壊しなければなりません。パイオニア腺は私たちの中枢神経系の中で最も敏感な部分であり、アルミニウム、グリホサート、フッ素、Wi-Fiという4つのものに対して非常に、非常に、非常に敏感であることがわかりました。電気通信産業が、私たち自身、特にパイオニア腺にとって絶対的に破壊的な周波数の膨大なスペクトルの中から、周波数を選択したことは驚くべきことです。2.4ギガヘルツ以上の選択はなかったでしょう。

ジェームズ・グルンドヴィグ 52:07

ええ、彼らは邪悪です。彼らは絶対に邪悪です。

 

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました