資本主義・巨大企業

「ジャイアンツ」誰が世界を支配しているのか?
Giants: Who Really Rules The World?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

エンパイアファイル

アビー・マーティンは、Project Censoredの元ディレクターでソノマ州立大学の政治社会学教授であるピーター・フィリップスと対談した。彼の新著「ジャイアンツ」(Giants: 50兆ドル以上の富を支配する17の多国籍投資会社の詳細と、彼らがいかに活動家、推進者、保護者によって権力を維持されているかについて、彼の新著「ジャイアンツ:世界のパワーエリート」は説明している。

「Giants 」はSeven Stories Pressで入手可能。


Abby Martin 0:05

私たちは豊かすぎる世界に生きています。貧富の差は劇的に深まり続けています。地球上の26人の富裕層は、38億人の貧困層の50%と同じ富を持っています。ウォール街を占拠したことで、1%という言葉が広まった。人類の犠牲の上に富と権力を乱暴に集中させている漠然とした支配エリートという概念です。

しかし、この抑圧的で暴力的な経済秩序を動かしている金融BMXのピラミッドの頂点に座っている人々は、ほとんど影で活動してきました。これまで、よく聞かれるがあまり知られていません、「誰が本当に糸を引いているのでしょうか」という疑問に、新刊『GIANTS』(邦題:巨大企業17社とグローバル・パワーエリート)(が詳細に答えています。

社会学者であるピーター・フィリップスは、徹底的な調査を通じて、40兆ドル以上の富を支配します17兆ドルのトップ投資顧問会社の概要を明らかにし、グローバル資本の投資を決定する数100人の人物を暴露しています。

ピーター・フィリップスはソノマ州立大学の政治社会学教授であり、ベイエリアに滞在していた時はProject censoredの元ディレクターでした。私は帝国と資本主義の覇権を握る人たちについてもっと知るためにピーターと対談しました。まずは、グローバル経済システムの結果としての現在の世界情勢について、人類の文明の現状を簡単に評価していただけますか?

Peter Phillips 1:33

さて、80%の人々が1日10ドル以下で生活しています。これは全世界の人々のことです。いわば中流階級と呼ばれる人は20%しかいません。そして約1%が多国籍資本家階級で、これは本当に、本当にお金持ちの人たちなのです。

つまり、下位80%の人は1日10ドル、とてもじゃないけど、世界の半分の人は1日2.5ドル以下で生活しているわけです。

そして、下位3分の1の10億人以上の人々は、1日1.25ドルで生活しています。つまり、この総体的な不平等は劇的なものなのです。実際、栄養失調に陥っている人々が7億人おり、そのうち3万人が飢餓や栄養失調で毎日亡くなっています。

栄養失調の人々は現在も虐殺され続けています。そして、世界には全ての人を養うのに十分すぎるほどの食料があるのです。つまり、世界の食料の3分の1が浪費されているのです。

しかし、資本主義にとって、彼らに食料を売ろうとしても利益はなく、彼らに食料を与えても利益はないのです。ですから、彼らはそれをしないのです。ですから、彼らは余剰人員と見られて、死ぬことを許されているだけなんです。これは、今日の世界における大きな人道的危機だと思います。

Abby Martin 2:51

でもピーターさん、グローバル資本主義の支持者たちは、資本主義が人類にとって最良であることは、すでに決定されたことであり、他のシステムを試したのだと言っています。それに対して、あなたはどう答えますか?

Peter Phillips 3:02

まあ、彼らはトリクルダウンが起こり、資本を成長させ続けることができると主張するのです。資本主義の問題の1つです。資本という資金が集中しているため、資本は成長し拡大し続ける必要があります。なぜなら、資本は見返りを求めるからです。

ジャイアンツについて書くと、ジャイアンツとは、1兆ドル以上の資産を管理します、多国籍投資会社のことです。1兆ドルは大きいです。つまり、1000億ドルです。世界のお金、つまり自由に動くお金について語るとき、彼らはその中核を担っていることは確かです。

彼らは、100の大企業に投資しています。世界のCO2の70%は、この100の企業から排出されています。つまり、世界や環境に大きな悪影響を与え、人々は貧しくなり、毎日何千人もの人々が亡くなっているのです。

Abby Martin 4:00

それが私たちの持っている最高のものだとは考えにくいです。

Peter Phillips 4:03

もっといい方法があるはずです。つまり、世界には資源があるのですから、すべての人の面倒を見ることができるはずです。そのためには、人々をより豊かにしたり、富をより集中させたりするのではなく、よりよく共有することです。世界のすべての資源がトリクルダウン、つまり川のように流れ、人々が十分な生活をし、子供を養い、生産的な活動に従事できるようにするのです。

Abby Martin 4:34

あなたの本の著者は、主にパワーエリートのプロファイルに焦点を当てていますが、あなたは多国籍資本家階級と呼ばれるものの活動家の中核と呼ぶのでしょうか。

Peter Phillips 4:46

世界の1%、つまり彼ら8人が世界の富の半分を持ち、トップ1%が世界の富の90%を支配していることが分かっています。非常に集中しているのです。この巨大な多国籍投資会社は、3億6千万人の大富豪、2~3千億人の大富豪を代表して、彼らのために資金を管理し、彼らがリターンを得たい場所に投資しています。

この1兆ドル規模の巨大投資会社は17社あり 2017年には合計41兆ドル相当の富を支配しています。つまり、まさに富の巨大な集中なのです。そして、それらの企業の取締役を務めているのは199人しかいません。つまり、50の投資方針を決めているのは200人以下なんです。

今年は50兆ドルです。50兆ドル相当の富が世界中にあります。その決定の多くは、ほとんどの人々にとって好ましいものではなく、彼らにとって好ましいものです。ですから、彼らはリターンを得ようとするのです。それが資本の問題の1つです。

そして資本主義とは、成長し続ける必要があります。このような資本の集中の問題は、良いリターンのある投資先がなくなってしまうことです。しかし、それでも資本は増え続け、良い投資先を手に入れることができます。ニール・リベラル経済政策の一環として、文字通り世界を私物化しています。

道路や高速道路が買い上げられ、世界の水資源、大学や都市など、すべてが私物化されます。公有地は買い占められ、投資に対する見返りを得ようとする別の方法で、投資先がないにもかかわらず、より多くのお金を盗んでいきます。つまり、私たちは永久戦争というレベルにまで達してしまったのです。

Abby Martin 6:49

ここでプレーヤーに戻りましょう。ここで、これらの機関のいくつかを呼びましょう。ジェフ・ベゾスのような億万長者や、ビル・ゲイツ、これらの名前をよく耳にしますからね。

Peter Phillips 6:58

ベゾスは1600億ドルの世界一のお金持ちです。彼は先週60億ドルの損失を出したと思いますが、これはちょっとハハッて感じですね。しかし、彼は森の中の1本の大きな木に過ぎません。というのも、グローバルパワーエリートには、森の中にいる人々の社会学があり、これらの人々は、レッドウッドの木のように、すべての根が相互につながっているのです。

ベゾスは1本の大きな木にすぎません。しかし、残りの人々は、さまざまな機関を通じて政策を決定しています。投資、資金、貨幣の支配を制限しています。彼らは投資していますが、それは世界全体に影響を与え、私たち全員に影響を与えます。

彼らは皆、お互いに投資しています。相互接続された資本の集まりで、非常に類似した投資をしているもの同士が、互いにモニタリングしあっているわけです。そして、n個の人数でコントロールすることで、フィットネス、小規模、中規模の大学の講堂で、一緒にカクテルを飲んだりすることができ、彼らは皆、お互いを知っていて、私はお互いを愛していると思います。ほとんどの人が個人的にお互いを知っていて、みんな一緒にダボス会議に行き、つるんでいるのです。

Abby Martin 8:05

私たちはどのようにしてここまで来たのでしょうか?100年前、資本主義大国が心配していましたからね、第一次世界大戦では、合併した多くのものが戦っていました。基本的に、それが戦争が起こった理由です。

第二次世界大戦は、明らかにアメリカが核爆弾を投下して世界を支配したようなものです。その代わり、ジェミニで、今度はこういう協力者が出てきた。しかし、グローバル資本主義は、100年前から今日に至るまで、どのようにしてここまで来たのでしょうか?

Peter Phillips 8:32

簡単に言うと、私たちはグローバル化したのです。つまり、私たちは法人化したトランスナショナルレベルの人々を発展させ、それはしばらくの間発展してきました。つまり、世界最大の200の経済主体があります。そのうちの150社が企業です。

これらの企業は巨大で、国よりも大きく、多くの場合、国に取って代わります。そして、WTO規則やIMF規則などを使って、国にお金を貸し、資本や資本主義に利益をもたらすような製品に投資し、行うよう義務付けているのです。つまり、一部の企業は完全に世界を支配しているのです。

つまり、私たちがいるのはそこなのです。そして、これらの企業はあらゆる場所で活動しています。アマゾンはどこにでもあります。アマゾンは至る所で事業を展開しており、1兆ドル相当の富を築きました。その一部は、投資大手による大規模な投資です。

アマゾンの株式の56%は多国籍の投資大手が保有しています。それがベゾスの富をどんどん押し上げているわけです。つまり、彼の富は過去10年間で50%以上増加しました。

Abby Martin 9:46

あなたの本は、多国籍資本家階級のいくつかの構成要素を分解し、どのように自らを守り、この富を拡大させているのかを説明しています。ピーター、あなたはファシリテーターについて話してくれましたね。G30について話しましたね。三極委員会 なぜ人々は、あなたが話しているシンクタンクについて、そしてそれらが実際にどのような役割を担っているのでしょうか、全く知らないと思うのです。

Peter Phillips 10:05

進行役グループは、国際安全保障と防衛、グローバル資本の保護、世界のあらゆる場所での拡大・成長を可能にし、法律や規則で国民を守ろうとするいかなる形でも抵抗する政府を弱体化させるという政策を実際に行っている団体です。それがグローバル資本促進者の政策です。

世界貿易機関(WTO)に助言している人たちです。ルールを変え、法律を変え、資本の継続的な拡大・成長を可能にする政策を実施するために、非政府組織である第一の政策集団は大西洋評議会です。大西洋理事会はNATO諸国の政府代表で構成されていますが、彼らは必ずしも政府の代表者ではありません。

彼らは高度な安全保障の専門家であり、投資の専門家も混じっています。そして、大企業の幹部、企業の高官もいます。大西洋評議会は多額の民間予算を持っています。年次報告書を出しています。これらは非常に強力な非政府の政策立案機関であり、それを支援するために、大手の広報会社を雇っています。

大手3社はオムニコム、WPP、インターパブリックグループです。この3社の下には100以上の小さな広報会社があり、政府、国務省、企業のさまざまな政策課題についてプレスリリースを発表しています。そして、イデオロギー派と呼ばれる企業メディアも、ジャイアンツ軍が所有しています。

つまり、彼らはそれら全てに投資しているのです。今世界にある6大企業メディアは、広報会社が準備したものをニュースコンテンツとして発信しています。ですから、今日のニュースで聞くのは、ベネズエラは独裁国家です。彼らは国を破壊しています。

そして、社会主義的な方向性を持っています。非常に民主的です。しかし、ベネズエラのエリートやアメリカ資本のエリートによって、この問題に挑戦されています。ですから、イデオロギー論者やメディアは、彼らがいかにひどいか、ひどいかという話を持ち出していますが、それは滑稽な話です。

Abby Martin 12:32

イデオロギーの専門家は、これの非常に重要な構成要素です。ピーター、大西洋評議会は現在、Facebookと協調してニュースをキュレーションしています。なぜなら、ワシントンポストやニューヨークタイムズのような環状線の出版物は、私たちの客観的現実の最高の仲裁者であるにもかかわらず、彼らはすべての意見をこれらの専門家と呼ばれる人たちに伝え、政策立案者はまったく同じシンクタンクに所属しているからです。

Peter Phillips 13:06

この10年間で、そのような能力が大幅に向上したのですね。もちろん、FacebookページやTwitterアカウントで、大西洋評議会が極端すぎると判断したものがあり、それらの名前は現在、数100件がパージされています。

現在、企業メディアに深く浸透しています。テレビのニュースの80%は、政府や企業のために働く広報会社によって、パッケージ化されたり、準備されたりしています。つまり、80%というのは、検証された研究ですが、私たちは、企業のニュースが、私たちに特定のメッセージを与え、資本主義を一切批判しないように、非常に意図的な方法で管理されていることの重要性を認識していないのです。

Abby Martin 13:58

企業メディアの構造は、明らかに、資本主義を守るために存在していますね。それは非常に明白です。

しかし、企業メディアは帝国のためにどのように武器化されているのでしょうか?つまり、ベネズエラのあらゆることについて、このような誤ったシナリオを構築し、アメリカ国民の間にそのコンセンサスを構築するために、この漫画のような方法で実行しているのでしょうか?

Peter Phillips 14:16

まあ、彼らはそこにいます。資本がどのように集中しているかを象徴しているのです。50兆ドル相当の資本を200人が管理しているとしたら、それはどうでしょう。もちろん、所有権は各地に分散していますが、それは経営者や思想家であり、私たちの目の前で毎日ニュースを流している大手テレビ局も同じことです。

この30年の間に、50の主要メディア企業が6社に統合され、さらにベゾスによってワシントンポストが買収されました。つまり、彼らは世界中のメディアコンテンツを買い占め、あるいは支配しているのです。ですから、あなたのような番組で、何が起こっているのかを説明する代替的な声を発信することは、非常に重要なことだと思います。

私はオルタナティブとは言いませんが、私たちはメインストリームであり、あなた方はメインストリームなのです。そして、これらは私たちが抱いている人道的な価値観です。これらは、非常に重要な概念で、あらゆる方法で表現し続けなければなりません。検閲されたり、弾圧されたり、ジャイアンツや世界のパワーエリートに関する私の本が、 もし報道されたとしても、きっと否定的な内容でしょう。

Abby Martin 15:39

私たちの考えが主流であるとおっしゃったのは、素晴らしいことです。なぜなら、それこそが、企業メディアが私たちに力を奪われ、権利を奪われ、疎外されていると感じさせるために作られたものだからです。つまり、それは新自由主義的な教義で、あなたは個人であり、もしあなたが自分の力で成功しないなら、誰の助けも必要ないのです。

しかし、私たちには必要なんです。そして、このことをお互いに伝え合う必要があります。もちろんです。この本の中で私が一番好きなのは、多国籍資本家階級の保護者たちが、自分たちが何者であるかについて語るところです。

Peter Phillips 16:06

NATO、米軍、警察、国家、民間軍、G4Sは世界で2番目に大きな民間雇用主で、62万5千人の従業員を抱えています。私たちが大きくなったのはウォルマートだけです。G4Sはダコタ州でパイプライン周辺の抗議する人々を襲った犬を連れた人たちです。

彼らは、アフリカや南米での傭兵活動や戦争タイプの活動から、パレスチナ人からイスラエルの入植地を守ることまで、あらゆることを行っています。銀行の警備、刑務所の運営、大規模な民間警備会社で、企業がどこかの真ん中に緑地帯や保護区域を持ちたいと思えば、そうします。

企業が緑地帯や保護区域を作りたければ、どこの場所でもやってくれます。そして、彼らは人を殺します。それから、もちろん、ブラックウォーターは、今はアカデミーですが、もう一つの大きな民間軍事団体です。エリック・プリンスは、アフガニスタンでの戦争を彼らに任せるよう、トランプを説得しようとしています。

彼らは独自の民間空軍とアフリカを持ち、民間警備は国際的に急成長しています。米軍、そしてインターネット、特にNATOは今や世界中にあります。そして、1000以上の基地があり、そのうちのいくつかはアフリカのすべての国にあるリパット基地で、彼らはすぐに行くことができます。

必ずしもそこに軍隊がいるわけではありませんが、前もって基地を建設し、140カ国に軍隊を配置して、文字通り人を殺し、人を殺す訓練をしています。資本を守るためです。私たち人間を守るためではありません。資本を守り、世界のあらゆる地域に資本を浸透させるためです。そして、もし干渉があれば、彼らは政権交代をしようとします。

Abby Martin 18:14

米軍は、この世界帝国は自由と民主主義のおかげだと言っていますね。それは違うということですね。多いですね。

Peter Phillips 18:21

彼らにとっての自由と民主主義とは、世界のどこでもビジネスができる資本の自由です。そして企業は、、、民主主義が意味するものと密接に結びついています。それは自由な企業という意味です。人々が草の根レベルで、自分たちの生活について決定を下し、法律を制定し、上昇志向のものを作り、企業を規制することを意味するのではありません。それは全く逆の意味です。

Abby Martin 18:43

社会学者として、ピーターさんは、防衛会社と金融投資会社の相互作用や戦争で利益を得ることをどのように見ていますか?

Peter Phillips 18:53

それらは密接に相互に結びついています。つまり、これらの大きな投資会社はすべて戦争に投資しているのです。つまり、彼らはそれでお金を儲けているのです。

Abby Martin 19:01

ピーター、ここで例について話しましょう。ブラックロックと、この死の機械におけるその役割についてはどうでしょうか?

Peter Phillips 19:07

ブラック・ロックは世界最大の多国籍投資会社です。今年、彼らは6兆ドル相当の資産を世界中に投資しています。ロッキード・マーチンとノースロップ・グラマンにそれぞれ500億ドルずつ投資しています。彼らは膨大な量の投資を行い、戦争から利益を得ているのです。

彼らはあらゆるものに投資して利益を得ているのです。しかし、多くの軍需企業が関与しています。CO2を生産する全ての企業が関与しています。彼らは巨大な資本投資会社です。LA出身のLarry Finkという男が経営しており、最も成功しています。

銀行ではありません。銀行ではなく、ただの投資会社で、世界で最も成功しています。だから巨大です。その巨大さ、そして彼はかつての彼なのです。トランプのアドバイザリーボードにも入っていて、非常にアクティブな人です。社会保障の民営化をすすめているんです。

Abby Martin 20:03

企業メディアもまさにこうした機関から補助金を得ていることを簡単に説明します。

Peter Phillips 20:09

大口投資家は企業メディアに投資していますし、請負業者にも投資しています。ですから、明らかに資本の利害が重なっているのです。

Abby Martin 20:20

MSNBCで報道を見たかと思うと、BPやロッキード・マーチンの実際のコマーシャルが流れて、あたかも大衆が武器や石油を買うことに興味があるかのように見せるのです。

Peter Phillips 20:33

ロッキード・マーチンにはいつも驚かされます。まあ、彼らの兵器がいかに素晴らしいかについての広告を出していますよ。

Abby Martin 20:42

気候変動の話が出ましたが、これは新たな緊急事態です。ピーターさんの研究によって、世界の排出量の3分の2を100の企業が担っていることが明らかになり、新たな緊急性を帯びてきました。これはどこに向かっているのでしょうか?不平等はどこへ向かうのでしょうか?もし私たちがグローバル資本主義を正さなければ、今お話にあったような状態になるでしょう。

Peter Phillips 21:02

この本の執筆の一部は、グローバル資本主義を促進し、保護するための中心的な政策決定に不可欠な中心的人物、300人を特定することでした。しかし、これらのプレーヤーが誰であるかを特定することで、これらの政策グループと集中した資本は、実際には少数の人々によって管理されているという考えを明らかにすることができます。

そうすれば、彼らにロビー活動をしたり、圧力をかけたり、抗議をしたりすることができます。国家が彼らをコントロールしようとしているのです。最終的には、様々な方法で抵抗することになります。

政府は、内部の人々は、問題があることに気付き、抵抗することになります。ですから、世界中でレジスタンス運動が起こっているのです。南米のブールバード運動や中国の労働者運動、あるいは今回の占拠など、占拠型の運動が起きています。そのため、彼らは恐れています。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました